ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

STS-135

索引 STS-135

STS-135は、2011年7月8日に打ち上げられたスペースシャトル アトランティスによる国際宇宙ステーション(ISS)への飛行ミッションであり、アトランティスの、そしてスペースシャトルの最後の飛行となった。.

26 関係: 協定世界時古川聡多目的補給モジュール宇宙兄弟小栗旬岡田将生ハーモニー (ISS)アトランティス (オービタ)オリオン (宇宙船)キロメートルケネディ宇宙センターケネディ宇宙センター第39発射施設スペースシャトルスポーツニッポンソユーズサンドラ・マグナス国際宇宙ステーションEFT-1船長 (スペースシャトル)STS-1STS-134搭乗運用技術者操縦手 (スペースシャトル)2011年7月21日7月8日

協定世界時

時間帯で色分けされた世界地図 協定世界時(きょうていせかいじ、UTC, Coordinated Universal Time, Koordinierte Weltzeit, Temps Universel Coordonné本来は「調整された世界時」の意だが、多数の国で法定常用時の基礎に採られており、日本語では協定と意訳する。)とは、国際原子時 (TAI) に由来する原子時系の時刻で、UT1 世界時に同調するべく調整された基準時刻を指す。国際原子時に調整を加えて作られた世界時で、国際協定に基づき人為的に維持されている時刻系である。.

新しい!!: STS-135と協定世界時 · 続きを見る »

古川聡

古川 聡(ふるかわ さとし、1964年(昭和39年)4月4日 - )は、日本人宇宙飛行士。神奈川県横浜市生まれ。 2011年6月8日に、ソユーズに搭乗し、約5か月半の国際宇宙ステーション(ISS)第28/29次長期滞在ミッションを行った。.

新しい!!: STS-135と古川聡 · 続きを見る »

多目的補給モジュール

ISS からデジタルカメラで撮影 (STS-102) 多目的補給モジュール(たもくてきほきゅうモジュール、Multi-Purpose Logistics Module: MPLM)とは、スペースシャトルのミッションで国際宇宙ステーション (ISS) との間で積荷を受け渡すための与圧コンテナである。スペースシャトルの貨物室で運ばれ、ロボットアームで ISS のユニティやハーモニーに接続し、そこで物資が下ろされ終了した実験機器や廃棄物が積み込まれる。その後 MPLM は 再びシャトルに積み込まれて地球に戻される。.

新しい!!: STS-135と多目的補給モジュール · 続きを見る »

宇宙兄弟

『宇宙兄弟』(うちゅうきょうだい)は、小山宙哉による日本の漫画作品。講談社の漫画雑誌『モーニング』にて2008年1号(2007年12月6日発売)から連載中。.

新しい!!: STS-135と宇宙兄弟 · 続きを見る »

小栗旬

小栗 旬(おぐり しゅん、1982年12月26日 - )は、日本の俳優、声優。東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 左利き。父は舞台監督の小栗哲家、兄は元俳優の小栗了。妻はモデル、女優の山田優。義母はモデル、ビューティーアドバイザーの山田美加子。義弟はモデル、俳優の山田親太朗。.

新しい!!: STS-135と小栗旬 · 続きを見る »

岡田将生

岡田 将生(おかだ まさき、1989年8月15日 - )は、日本の俳優。東京都出身。スターダストプロモーション所属。.

新しい!!: STS-135と岡田将生 · 続きを見る »

ハーモニー (ISS)

ハーモニー(Harmony)とは、国際宇宙ステーション (ISS) を構成するモジュールの1つで ISS に接続された6番目のモジュールである。結合モジュールの二つ目にあたりノード2(Node 2)とも呼ばれる。.

新しい!!: STS-135とハーモニー (ISS) · 続きを見る »

アトランティス (オービタ)

アトランティス(Space Shuttle Atlantis、NASA型名:OV-104)は、NASA スペースシャトルを構成する往還船モジュール=オービタとして計5隻建造された姉妹船(sister ships)の4番船である。船名「アトランティス」は、1931年から1964年までウッズホール海洋研究所で使用された調査船に由来する。 1985年10月3日にSTS-51-Jにて初飛行を行った。 2011年7月8日から7月21日までのSTS-135が最終飛行で、スペースシャトル計画における最後の飛行ともなった。 1995年にはロシアの宇宙ステーション「ミール」の修理のために、米露の宇宙船が1975年以来初めてドッキングした。 改良により、実用シャトル初番船「コロンビア」よりも3トン軽量化され、建造期間も短縮されている。 事故で失われた「チャレンジャー」とともに、日本人宇宙飛行士が搭乗することなく退役した。 2011年に最後の飛行を終えて退役した。その後はケネディ宇宙センターの組立棟に保管されていたが、2012年11月に展示施設に輸送された。2013年7月より一般公開されている。.

新しい!!: STS-135とアトランティス (オービタ) · 続きを見る »

オリオン (宇宙船)

リオン(、またオライオンとも)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) がスペースシャトルの代替として開発中の有人ミッション用の宇宙船である。 当初はCrew Exploration Vehicle(クルー・エクスプロレイション・ビークル、略称はCEV)と呼ばれていたが、2006年8月22日に、オリオン座にちなみ「オリオン」と正式に命名された。この宇宙船は国際宇宙ステーション (ISS) への人員輸送や、次期有人月着陸計画(コンステレーション計画)への使用を前提に開発されていたが、2010年にコンステレーション計画が中止されたため、新たに「オリオン宇宙船」(Orion Multi-Purpose Crew Vehicle、略称はMPCV)として、ISSへの人員と貨物の輸送と回収に用途が変更されて開発が続けられている。その後、この機体は小惑星の有人探査にも使うことが表明された。オリオンの開発は、ロッキード・マーティンが行なっている。 2014年12月4日に無人試験機による初飛行が計画されたものの天候と技術的トラブルの影響で翌日の12月5日米時間午前7時5分に打ち上げが実行された。.

新しい!!: STS-135とオリオン (宇宙船) · 続きを見る »

キロメートル

メートル(kilometre、米国のみ1977年以降 kilometer、記号:km)は、国際単位系 (SI) の長さの単位で、1000 メートルに等しい。 km の記号は、長さのSI基本単位であるメートル m に 103 倍を表すSI接頭辞であるキロ k を付けたものである。 ヘクトメートル ≪ キロメートル ≪ メガメートル.

新しい!!: STS-135とキロメートル · 続きを見る »

ケネディ宇宙センター

ョン・F・ケネディ宇宙センター(ジョン・F・ケネディうちゅうセンター、John F. Kennedy Space Center, KSC)は、アメリカ合衆国フロリダ州ブレバード郡メリット島にある、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のフィールドセンターの一つで、有人宇宙船発射場、打ち上げ管制施設及びペイロード整備系から構成される中核的研究拠点。フロリダ州の東海岸に位置しており、ケープカナベラル空軍基地 (CCAFS) の隣にある。.

新しい!!: STS-135とケネディ宇宙センター · 続きを見る »

ケネディ宇宙センター第39発射施設

ネディ宇宙センター第39発射施設(ケネディうちゅうセンターだい39はっしゃしせつ、Launch Complex 39、略称: LC-39)は、アメリカ合衆国フロリダ州メリット島にあるケネディ宇宙センター内のロケット発射場である。発射場および施設群は元々アポロ計画のために建設され、後にスペースシャトル計画のために改修された。2017年現在、運用中なのは39A発射台 (LC-39A) のみで、スペースX社のファルコン9とファルコンヘビーの打ち上げに使用されている。39B発射台 (LC-39B) はNASAのスペース・ローンチ・システム (SLS) の打ち上げに向けて改修中である。新しく、小さな39C発射台 (LC-39C) は2015年に完成し、小規模な打ち上げに対応するが、まだ使用されていない。 LC-39は、39A、39B、39Cの3基の発射台、およびビークル組立棟 (VAB)、VABと発射台との間でクローラー・トランスポーターがを輸送するために敷かれた運搬路である、オービタ整備施設 (OPF)、制御室 (the firing rooms) が入る、テレビ中継や写真撮影で象徴的に映されるカウントダウン時計で有名なに加え、さまざまな補給拠点や運用支援施設から構成されている。 スペースX社は39A発射台をNASAからリースして改修を施し、2017年以降のファルコン9の打ち上げに対応している。NASAはコンステレーション計画のために2007年から39B発射台の改修を開始していたが、2010年に同計画が中止となったため、現在は2019年12月に最初の打ち上げが予定されているスペース・ローンチ・システム (SLS) での運用に向けて準備中である。C発射台は元々アポロ計画のために建設する計画が挙がっていたが、実現することはなく、(もし建設されていたとしても)39Aと39Bの発射台の複製になっていたであろうとされる。その後、軽量級のロケットの打ち上げに対応できる、より小さな発射台となる39C発射台が2015年1月から6月までの期間に建設された。 NASAによるLC-39AおよびLC-39Bからの打ち上げは、発射台から約離れた場所に位置する打ち上げ管制センター (LCC) から管制が行われてきた。LC-39は、東部射場のレーダー管制および追尾業務を共に担う、数ある発射場のうちの一つである。.

新しい!!: STS-135とケネディ宇宙センター第39発射施設 · 続きを見る »

スペースシャトル

ペースシャトル(Space Shuttle)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が1981年から2011年にかけて135回打ち上げた、再使用をコンセプトに含んだ有人宇宙船である。 もともと「再使用」というコンセプトが強調されていた。しかし、結果として出来上がったシステムでは、オービタ部分は繰り返し使用されたものの、打ち上げられる各部分の全てが再利用できていたわけではなく、打ち上げ時にオービタの底側にある赤色の巨大な外部燃料タンクなどは基本的には使い捨てである。.

新しい!!: STS-135とスペースシャトル · 続きを見る »

スポーツニッポン

ポーツニッポンのホーロー看板 スポーツニッポンは、株式会社スポーツニッポン新聞社の発行するスポーツ新聞である。 発行元であるスポーツニッポン新聞社は毎日新聞グループホールディングス(以下、毎日新聞グループ)の主要企業であり、グループの中核事業でもある。なお、本項目ではスポーツニッポン新聞社についても述べる。.

新しい!!: STS-135とスポーツニッポン · 続きを見る »

ソユーズ

ユーズ(Союз)は、ソビエト連邦およびロシア連邦の1 - 3人乗り有人宇宙船である。2人乗りボスホート宇宙船に続くもので、ソ連の有人月旅行計画のために製作されたが、結局有人月旅行計画は実現されなかった。 当初はソ連の宇宙ステーション「サリュート」や「ミール」への連絡に使用され、登場から40年以上経た21世紀でも、国際宇宙ステーション (ISS) へアクセスする唯一の有人往復宇宙船、およびステーションからの緊急時の脱出・帰還用として、現役で使用されている。 名称の「ソユーズ」は、ロシア語で「団結、結合」という意味で、ほかに「同盟」、「連邦」、「連合」、「組合」という意味も持つ。ロシア語本来の読みは「サユース」が近い。.

新しい!!: STS-135とソユーズ · 続きを見る »

サンドラ・マグナス

ンドラ・マグナス(Sandra Hall Magnus、1964年10月30日-)は、アメリカ合衆国の技術者、アメリカ航空宇宙局の宇宙飛行士である。134日間を宇宙で過ごした後、STS-119のミッションでディスカバリーで地球に帰還した。彼女はアマチュア無線の資格も持っており、コールサインはKE5FYEである。.

新しい!!: STS-135とサンドラ・マグナス · 続きを見る »

国際宇宙ステーション

CGによる完成予想図。 国際宇宙ステーション(こくさいうちゅうステーション、International Space Station、略称:ISS、Station spatiale internationale、略称:SSI、Междунаро́дная косми́ческая ста́нция、略称:МКС)は、アメリカ合衆国、ロシア、日本、カナダ及び欧州宇宙機関 (ESA) が協力して運用している宇宙ステーションである。地球及び宇宙の観測、宇宙環境を利用した様々な研究や実験を行うための巨大な有人施設である。地上から約400km上空の熱圏を秒速約7.7km(時速約27,700km)で地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行し、地球を約90分で1周、1日で約16周する。なお、施設内の時刻は、協定世界時に合わせている。 1999年から軌道上での組立が開始され、2011年7月に完成した。当初の運用期間は2016年までの予定であったが、アメリカ、ロシア、カナダ、日本は少なくとも2024年までは運用を継続する方針を発表もしくは決定している。運用終了までに要する費用は1540億USドルと見積もられている(詳細は費用を参照)。.

新しい!!: STS-135と国際宇宙ステーション · 続きを見る »

EFT-1

EFT-1(Exploration Flight Test 1)は、オリオンの宇宙船初飛行となる無人試験飛行である。かつてはOFT-1(Orion Flight Test 1)と呼ばれていた。 2014年12月5日にデルタIVヘビーロケットに搭載してケープカナベラル空軍基地第37発射施設から打ち上げられた。このミッションは約4時間30分のミッションであり、その間に軌道を2周する。2周目の軌道の遠地点と20,000mphに及ぶ高速での大気圏再突入に焦点が当てられている。太平洋に着水後は、このオリオンカプセルは回収され、打ち上げ脱出システムを使う上昇中断試験に再利用される予定。宇宙船は再突入が始まるまでデルタIVの上段ステージに結合したままにされる。今回は太陽電池は積んでおらず内部に搭載したバッテリーに依存するまたESAが開発を担当しているサービス・モジュールや、新たに開発された打ち上げ脱出システム(分離用のモーターのみ装備)はダミーを使っている。 この飛行は、2018年に予定されているスペース・ローンチ・システム(SLS)ロケットによる最初の打上げとなるEM-1(Exploration Mission 1)に先駆けて、アビオニクス、耐熱シールド、パラシュート等を含むオリオンの様々なシステムを試験することを目的としたものである。 EFT-1オリオンは、ロッキード・マーティンによって製造された。2012年6月22日、最後の溶接が完了し、その後ケネディ宇宙センターに移送され、残りの部分が完成された。 試験飛行から得られたデータの分析は、2015年4月に行われるCritical Design Review (CDR)で評価される予定 。.

新しい!!: STS-135とEFT-1 · 続きを見る »

船長 (スペースシャトル)

船長(せんちょう、コマンダー、英語:Commander(CDR))は、スペースシャトルの操縦を担当する宇宙飛行士であり、基本的には、操縦手(パイロット)の経験を積んだクルーの中から指名される。船長も資格としてはパイロット宇宙飛行士であり、コマンダーとパイロットの差は、主に経験の差(経験と統率力)である。飛行中(あるいは打ち上げ準備段階)のスペースシャトルの安全と搭乗クルーの統率に責任を持ち、飛行中の全責任を負う(例えば、地上との通信が途絶えた場合は、船長が判断を行うこともできる)。 船長と操縦手はアメリカ国籍を持っていないとなることができない。.

新しい!!: STS-135と船長 (スペースシャトル) · 続きを見る »

STS-1

STS-1は、人類初のスペースシャトル計画のミッションである。1981年4月12日、コロンビアがアメリカのフロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられ、同年4月14日にカリフォルニア州エドワーズ空軍基地に帰還した。コロンビア号は高度307キロメートルの軌道上を36回にわたって周回した。.

新しい!!: STS-135とSTS-1 · 続きを見る »

STS-134

STS-134は、2011年5月に打ち上げられたスペースシャトル エンデバーによる国際宇宙ステーション(ISS)利用補給ミッション(ULF6)である。本飛行がエンデバーの最後の飛行となった。.

新しい!!: STS-135とSTS-134 · 続きを見る »

搭乗運用技術者

搭乗運用技術者(とうじょううんようぎじゅつしゃ、ミッションスペシャリスト、英語:Mission Specialist, MS)は、スペースシャトルの運用全般を担当し、船外活動(宇宙遊泳)やロボットアームの操作、打上げ帰還時の操縦手の補佐などを担当する宇宙飛行士のことであり、NASAの宇宙飛行士として扱われる。.

新しい!!: STS-135と搭乗運用技術者 · 続きを見る »

操縦手 (スペースシャトル)

操縦手(そうじゅうしゅ、パイロット、英語:Pilot(PLT))は、スペースシャトルの操縦を担当する宇宙飛行士のことであり、パイロット宇宙飛行士の資格を得て飛行する。船長の補佐を担っているが、実際にシャトルを操縦するのはミッション中のごく一部であり、国際宇宙ステーション(ISS)のミッションでは、ISSから分離して、ISSの周囲を回るときに操縦を担当するのが一般的である。 再突入・着陸時は、船長が必ず操縦する。 免許証・免状は存在せず、厚さ15センチにもなる各種書類を確認して署名、NASAの承認を受ける事で資格となると言う (『コクピットイズム 03(イカロス出版)』での操縦手インタビューより)。 なお、船長と操縦手はアメリカ国籍を持っていないとなることができない。.

新しい!!: STS-135と操縦手 (スペースシャトル) · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: STS-135と2011年 · 続きを見る »

7月21日

7月21日(しちがつにじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から202日目(閏年では203日目)にあたり、年末まであと163日ある。誕生花はヤマユリ、アサガオ。.

新しい!!: STS-135と7月21日 · 続きを見る »

7月8日

7月8日(しちがつようか)はグレゴリオ暦で年始から189日目(閏年では190日目)にあたり、年末まであと176日ある。誕生花はホオズキ、クロユリ。.

新しい!!: STS-135と7月8日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »