ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

EFT-1

索引 EFT-1

EFT-1(Exploration Flight Test 1)は、オリオンの宇宙船初飛行となる無人試験飛行である。かつてはOFT-1(Orion Flight Test 1)と呼ばれていた。 2014年12月5日にデルタIVヘビーロケットに搭載してケープカナベラル空軍基地第37発射施設から打ち上げられた。このミッションは約4時間30分のミッションであり、その間に軌道を2周する。2周目の軌道の遠地点と20,000mphに及ぶ高速での大気圏再突入に焦点が当てられている。太平洋に着水後は、このオリオンカプセルは回収され、打ち上げ脱出システムを使う上昇中断試験に再利用される予定。宇宙船は再突入が始まるまでデルタIVの上段ステージに結合したままにされる。今回は太陽電池は積んでおらず内部に搭載したバッテリーに依存するまたESAが開発を担当しているサービス・モジュールや、新たに開発された打ち上げ脱出システム(分離用のモーターのみ装備)はダミーを使っている。 この飛行は、2018年に予定されているスペース・ローンチ・システム(SLS)ロケットによる最初の打上げとなるEM-1(Exploration Mission 1)に先駆けて、アビオニクス、耐熱シールド、パラシュート等を含むオリオンの様々なシステムを試験することを目的としたものである。 EFT-1オリオンは、ロッキード・マーティンによって製造された。2012年6月22日、最後の溶接が完了し、その後ケネディ宇宙センターに移送され、残りの部分が完成された。 試験飛行から得られたデータの分析は、2015年4月に行われるCritical Design Review (CDR)で評価される予定 。.

15 関係: 大気圏再突入太平洋太陽電池ロッキード・マーティンパラシュートデルタ IVアビオニクスオリオン (宇宙船)ケネディ宇宙センターケープカナベラル空軍基地第37発射施設スペース・ローンチ・システムスペースシャトル熱シールドSTS-135打ち上げ脱出システム

大気圏再突入

ミュレーション画像 大気圏再突入(たいきけんさいとつにゅう、atmospheric reentry)とは、宇宙船などが真空に近い宇宙空間から地球などの大気圏に進入すること。単に再突入(さいとつにゅう、)ともいう。宇宙飛行においては最も危険が大きいフェイズのひとつである。大気圏突入(たいきけんとつにゅう、atmospheric entry)と言う場合は、隕石など外来の物体も含む広義の使われ方であるのに対し、大気圏再突入は地上から打ち上げた宇宙機や物体の帰還に限って言う。.

新しい!!: EFT-1と大気圏再突入 · 続きを見る »

太平洋

太平洋(たいへいよう)は、アジア(あるいはユーラシア)、オーストラリア、南極、南北アメリカの各大陸に囲まれる、世界最大の海洋。大西洋やインド洋とともに、三大洋の1つに数えられる。日本列島も太平洋の周縁部に位置する。面積は約1億5,555万7千平方キロメートルであり、全地表の約3分の1にあたる。英語名からパシフィックオーシャン(Pacific ocean)とも日本語で表記されることもある。.

新しい!!: EFT-1と太平洋 · 続きを見る »

太陽電池

単結晶シリコン型太陽電池 太陽電池(たいようでんち、Solar cell)は、光起電力効果を利用し、光エネルギーを電力に変換する電力機器である。光電池(こうでんち、ひかりでんち)とも呼ばれる。一般的な一次電池や二次電池のように電力を蓄える蓄電池ではなく、光起電力効果によって光を即時に電力に変換して出力する発電機である。タイプとしては、シリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体などを素材にしたものが実用化されている。色素増感型(有機太陽電池)と呼ばれる太陽電池も研究されている。 太陽電池(セル)を複数枚直並列接続して必要な電圧と電流を得られるようにしたパネル状の製品単体は、ソーラーパネルまたはソーラーモジュールと呼ばれる。モジュールをさらに複数直並列接続して必要となる電力が得られるように設置したものは、ソーラーアレイと呼ばれる。.

新しい!!: EFT-1と太陽電池 · 続きを見る »

ロッキード・マーティン

ッキード・マーティン(Lockheed Martin、NYSE:)は、アメリカ合衆国の航空機・宇宙船の開発製造会社。1995年にロッキード社とマーティン・マリエッタ社が合併して現在のロッキード・マーティン社が生まれた。 ロッキード・マーティンは、ボーイング、BAEシステムズ、ノースロップ・グラマン、ジェネラル・ダイナミクス、レイセオンなどとともに、世界の主要な軍需企業である。ストックホルム国際平和研究所が発行するSIPRI Yearbookによると、軍需部門の売上高の世界ランキングは、1998年は1位、1999年は1位、2000年は1位、2001年は2位、2002年は2位、2003年は1位、2004年は2位、2005年は2位、2006年は2位、2007年は3位、2008年は2位、2009年は1位、2010年は1位である。 2012年現在で世界の最新鋭ステルス戦闘機であるF-22やF-35の開発・製造を行っていることで有名である。極秘先進技術設計チーム「スカンクワークス」が多数の傑作軍用機を生み出したことでも有名である。日本語では「ロッキード・マーチン」と表記されることもある。.

新しい!!: EFT-1とロッキード・マーティン · 続きを見る »

パラシュート

アメリカの空挺歩兵 パラシュート降下の瞬間 陸上自衛隊の60式空挺傘手前の主傘を背負い、奥の予備傘を身体前部に装着する。 ドラッグシュートを用いたスペースシャトルの着陸 イタリアの無名人士による最古のパラシュート図版(1470年) パラシュート(Parachute)は、傘のような形状で空気の力を受けて速度を制御するもの。この言葉はイタリア語の「守る」 (parare) とフランス語の「落ちる」 (chute) を組み合わせた造語である。落下傘(らっかさん)という和訳語も存在する。.

新しい!!: EFT-1とパラシュート · 続きを見る »

デルタ IV

デルタ IV(Delta IV)は、アメリカ合衆国の人工衛星打ち上げ用使い捨てロケットである。ボーイング社の統合防衛システム部門によって設計され、ユナイテッド・ローンチ・アライアンス (ULA)によって生産される。デルタロケットシリーズの最新型であり、2010年代でも運用中である。最終的な組み立てはULAの射場で行われる。.

新しい!!: EFT-1とデルタ IV · 続きを見る »

アビオニクス

アビオニクス(Avionics, エイヴィオニクス)とは、航空機に搭載され飛行のために使用される電子機器のこと。.

新しい!!: EFT-1とアビオニクス · 続きを見る »

オリオン (宇宙船)

リオン(、またオライオンとも)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) がスペースシャトルの代替として開発中の有人ミッション用の宇宙船である。 当初はCrew Exploration Vehicle(クルー・エクスプロレイション・ビークル、略称はCEV)と呼ばれていたが、2006年8月22日に、オリオン座にちなみ「オリオン」と正式に命名された。この宇宙船は国際宇宙ステーション (ISS) への人員輸送や、次期有人月着陸計画(コンステレーション計画)への使用を前提に開発されていたが、2010年にコンステレーション計画が中止されたため、新たに「オリオン宇宙船」(Orion Multi-Purpose Crew Vehicle、略称はMPCV)として、ISSへの人員と貨物の輸送と回収に用途が変更されて開発が続けられている。その後、この機体は小惑星の有人探査にも使うことが表明された。オリオンの開発は、ロッキード・マーティンが行なっている。 2014年12月4日に無人試験機による初飛行が計画されたものの天候と技術的トラブルの影響で翌日の12月5日米時間午前7時5分に打ち上げが実行された。.

新しい!!: EFT-1とオリオン (宇宙船) · 続きを見る »

ケネディ宇宙センター

ョン・F・ケネディ宇宙センター(ジョン・F・ケネディうちゅうセンター、John F. Kennedy Space Center, KSC)は、アメリカ合衆国フロリダ州ブレバード郡メリット島にある、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のフィールドセンターの一つで、有人宇宙船発射場、打ち上げ管制施設及びペイロード整備系から構成される中核的研究拠点。フロリダ州の東海岸に位置しており、ケープカナベラル空軍基地 (CCAFS) の隣にある。.

新しい!!: EFT-1とケネディ宇宙センター · 続きを見る »

ケープカナベラル空軍基地第37発射施設

ープカナベラル空軍基地第37発射施設(Cape Canaveral Air Force Station Space Launch Complex 37, SLC-37、かつてはLaunch Complex 37, LC-37)はケープカナベラル空軍基地の発射施設。 建造は1959年に始まり、1963年にサターンI計画を補助する目的でアメリカ航空宇宙局に承認された。施設はLC-37AとLC-37Bの2台の発射台から構成され、Aは一度も使用されず、BはサターンI(1966-1968)、サターンIB(1964-1965)の打上げに使用された。初の打上げはサターンIロケットによるアポロSA-5無人試験だった。 1972年に役目を終えたが、2001年にユナイテッド・ローンチ・アライアンスが運用するデルタIVの射場として変更され、2002年11月20日にデルタIVの初飛行を行った。.

新しい!!: EFT-1とケープカナベラル空軍基地第37発射施設 · 続きを見る »

スペース・ローンチ・システム

ペース・ローンチ・システム(Space Launch System, SLS)とは、NASAにより開発中の、アメリカ合衆国のスペースシャトルから派生した大型打上げロケットである。これは取り消されたコンステレーション計画に続くもので、また退役したスペースシャトルを代替するものである。 SLSは、アステロイドやラグランジュ点、また月と火星のように、地球近傍が対象となる目的地へ宇宙飛行士と装置を輸送するものである。もし必要であれば、SLSは国際宇宙ステーションへの旅行の助けとなる可能性がある。またSLS計画は、多目的有人機を配備するNASAのオリオン計画と統合された。SLSは、打ち上げの施設および地上での操作に際して、フロリダに設けられたNASAのケネディ宇宙センターを使用するものとされている。.

新しい!!: EFT-1とスペース・ローンチ・システム · 続きを見る »

スペースシャトル

ペースシャトル(Space Shuttle)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が1981年から2011年にかけて135回打ち上げた、再使用をコンセプトに含んだ有人宇宙船である。 もともと「再使用」というコンセプトが強調されていた。しかし、結果として出来上がったシステムでは、オービタ部分は繰り返し使用されたものの、打ち上げられる各部分の全てが再利用できていたわけではなく、打ち上げ時にオービタの底側にある赤色の巨大な外部燃料タンクなどは基本的には使い捨てである。.

新しい!!: EFT-1とスペースシャトル · 続きを見る »

熱シールド

熱シールド(ねつシールド、Heat shield)は、熱源からの熱を拡散、反射あるいは吸収することによって、内部の物体を高熱から守るためのものである。.

新しい!!: EFT-1と熱シールド · 続きを見る »

STS-135

STS-135は、2011年7月8日に打ち上げられたスペースシャトル アトランティスによる国際宇宙ステーション(ISS)への飛行ミッションであり、アトランティスの、そしてスペースシャトルの最後の飛行となった。.

新しい!!: EFT-1とSTS-135 · 続きを見る »

打ち上げ脱出システム

LESの発射試験(アポロPAT-1) アポロ宇宙船の打ち上げ脱出システム 炎上するロケットから脱出するソユーズT-10-1号のカプセル。これは試験や誤発射以外で打ち上げ脱出システムが用いられた唯一の例となっている。 打ち上げ脱出システム (Launch Escape System: LES)(またはLaunch Abort System: LAS) とは、有人宇宙船の乗員モジュールの先端に取り付けられているロケットモジュールである。たとえば爆発の危機など、乗員に差し迫った脅威がある緊急時に、打ち上げロケットから乗員モジュールを瞬時に離脱させることを目的とする。脱出ロケットは乗員モジュールの上に取り付けられ、ロケットエンジンの噴流が乗員モジュールに当たらないように角度が付けられた分離ノズルとなっていることが特徴である。乗員モジュールの上に立つ塔のような形態のものには、打ち上げプロセスを中断して作動させることから「アボートタワー」という通称がある。.

新しい!!: EFT-1と打ち上げ脱出システム · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »