ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

F50

索引 F50

F50.

9 関係: ファルマン (航空機メーカー)フェラーリフェラーリ・F50フォッカーフォッカー 50スポーツカー爆撃機F.50 (航空機)旅客機

ファルマン (航空機メーカー)

ファルマン航空社(英語:Farman Aviation Works)はかつて存在したフランスの航空事業会社。リチャード・ファルマン、アンリ・ファルマン、モーリス・ファルマンの三兄弟が設立し運営した。 1908年から1936年まで航空機を設計し製作していた。その後フランスが航空宇宙産業を国有化・合理化する際にファルマン社はと共にSNCAC(仏語:Société Nationale de Constructions Aéronautiques du Centre:中央航空機製造公社)に統合された。 1941年にファルマン兄弟は会社を再建しファルマン工場社(仏語:Société Anonyme des Usines Farman SAUF)とした。しかしたった3年で、SNCASO(Société nationale des constructions aéronautiques du sud-ouest SNCASO:南西航空機製造公社)に合併させられてしまう。さらに1952年にもう一度ファルマン航空社を設立したが、その努力は実らず、会社は解散した。 ファルマン兄弟は1908年から1941年までの間に200種類の航空機を開発作成している。.

新しい!!: F50とファルマン (航空機メーカー) · 続きを見る »

フェラーリ

フェラーリ (Ferrari N.V.) は、イタリア、モデナ県マラネッロに本社を置く自動車メーカー。.

新しい!!: F50とフェラーリ · 続きを見る »

フェラーリ・F50

F50(伊:effecinquanta/エッフェチンクワンタ)は、イタリアの自動車メーカーフェラーリが創設50周年を記念して製作したスポーツカーである。 サイドビュー V12気筒エンジン インテリア.

新しい!!: F50とフェラーリ・F50 · 続きを見る »

フォッカー

フォッカー・アエロプラーンバウ(Fokker Aeroplanbau 、直訳: フォッカー航空機製造)はドイツ(後にオランダに移った)の航空機メーカーである。.

新しい!!: F50とフォッカー · 続きを見る »

フォッカー 50

フォッカー50(Fokker 50)とは、オランダの航空機メーカーであったフォッカーが開発したターボプロップ双発旅客機である。また当機はベストセラーであったフォッカー F27を大型化したうえで改良した機体で、この旅客機もまた前作と同様にセールス的に成功した。.

新しい!!: F50とフォッカー 50 · 続きを見る »

スポーツカー

ポーツカー(sports car)とは、自動車のカテゴリのひとつ。.

新しい!!: F50とスポーツカー · 続きを見る »

爆撃機

撃機(ばくげきき)は、より多くの爆弾類を搭載し強力な破壊力を持たせた航空機であり、搭載量が小さいものは攻撃機と呼ばれる。 爆撃機の代表的な任務は前線後方の戦略目標(司令部、生産施設、発電所など)の破壊である。爆撃機の大きな特徴は大量の爆弾類を一度に投下することで大きな破壊力を有していることである。ただ核兵器のような大量破壊兵器を使用する場合にはこういった搭載量は必ずしも必要なくなり、爆撃機部隊を維持するコストもかかるため一定規模の爆撃機部隊を有しているのは2017年時点でアメリカ合衆国、ロシア、中華人民共和国だけである。.

新しい!!: F50と爆撃機 · 続きを見る »

F.50 (航空機)

ファルマン F.50 (Farman F.50) は、第一次世界大戦の末期にフランスのファルマン社によって開発された重爆撃機である(同名の飛行艇が存在するが、ここでは陸上機について述べる)。フランス初の本格的な重爆撃機だったが、初飛行は1918年で部隊への配備が第一次世界大戦に間に合った機体は少なかった。 日本陸軍では1921年(大正10年)フランス軍が使用した中古の機体を購入したが、これが陸軍初の制式重爆撃機となった。.

新しい!!: F50とF.50 (航空機) · 続きを見る »

旅客機

旅客機(りょかくき、りょかっき「りょきゃくき」という読み方は辞書にない。大辞林: りょかくき、大辞泉: りょかっき)とは、主に旅客を輸送するために製作された民間用飛行機(民間機)である。個人・官庁所有の小型飛行機や企業が使用するビジネスジェットなどは含まない。貨物の輸送が主用途である貨物機とは一般に区別されるが、貨客混載で運用されるコンビネーションcombination(コンビ)や、旅客輸送仕様と貨物輸送仕様とを切り替えられるコンバーチブルconvertibleなどとの違いはあいまいである。民間の貨物輸送機は旅客機を元に派生設計され製造されたものも多い。 旅客機は航空機メーカーが製造し、航空会社が乗客や貨物を乗せて運航する。航空会社は乗客が支払う運賃を主な収入とする日本の航空法の耐空類別では「航空輸送業務の用に適する飛行機」としての「輸送 T」に分類される。。 旅客機の運航形態には、あらかじめ決められた時刻表に従って航空会社により定期的に運航され、一般的な定期便のほかに、不定期に運航されるチャーター便がある。21世紀現在では旅客だけを輸送して貨物を輸送しない旅客機は存在しないチームFL370編、『旅客機が飛ぶしくみ』、新星出版社、2009年9月15日初版発行、ISBN 9784405071179。 A340-300。長距離航空路に就航している代表的な旅客機の1つである。 室津義定編著、『航空宇宙工学入門』、森北出版、2005年6月25日第2版第1刷、ISBN 4627690320) 飯野明監修、『航空力学の基本』、秀和システム、2009年12月4日第1版第2刷、ISBN 9784798024493 日本航空技術協会編、『航空機システム』、社団法人 日本航空技術協会2008年3月31日第3版第4刷発行、ISBN 9784902151237 鳥飼鶴雄著、『大空への挑戦』、グランプリ出版、2002年11月12日初版発行、ISBN 4876872392 --> 日本航空技術協会編、『航空電子・電気装備』、社団法人日本航空技術協会、2008年3月31日第2版第2刷発行、ISBN 9784902151305 日本航空技術協会編、『航空電子入門』、社団法人日本航空技術協会、2001年4月2日第1版第6刷発行、ISBN 4930858852 日本航空技術協会編、『航空電気入門』、社団法人日本航空技術協会、2002年3月12日第1版第4刷発行、ISBN 4930858844 -->.

新しい!!: F50と旅客機 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

F.50

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »