ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

(300163) 2006 VW139

+ コンセプトを保存する

とは、小惑星帯に存在する彗星・小惑星遷移天体の1つである。当初は小惑星として発見・登録され、後に彗星の活動が確認された。.

40 関係: 天文単位小惑星小惑星帯小惑星番号仮符号彗星彗星・小惑星遷移天体メインベルト彗星ブランペイン彗星パンスターズテミス族周期彗星周期彗星の一覧エルスト・ピサロ彗星シアン化物スペースウォッチ短周期彗星物質量軌道傾斜角軌道長半径軌道離心率LINEAR彗星 (176P)木星(323137) 2003 BM8010月12日11月15日11月9日1819年1934年2003年2006年2011年2012年2013年2016年22世紀2月9日4月18日7月16日

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は長さの単位で、正確に である。2014年3月に「国際単位系 (SI) 単位と併用される非 SI 単位」(SI併用単位)に位置づけられた。それ以前は、SIとの併用が認められている単位(SI単位で表される、数値が実験的に得られるもの)であった。主として天文学で用いられる。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と天文単位 · 続きを見る »

小惑星

光分(左)と天文単位(右)。 ケレス(右)、そして火星(下)。小さな物ほど不規則な形状になっている。 メインベルト小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。 軌道長半径 6 AU までの小惑星の分布。縦軸は軌道傾斜角。赤い点はメインベルト小惑星。 小惑星(しょうわくせい、独: 英: Asteroid)は、太陽系小天体のうち、星像に拡散成分がないものの総称。拡散成分(コマやそこから流出した尾)があるものは彗星と呼ばれる。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と小惑星 · 続きを見る »

小惑星帯

光分(左)と天文単位(右) 小惑星帯(しょうわくせいたい、アステロイドベルト、)は、太陽系の中で火星と木星の間にある小惑星の軌道が集中している領域を指す言葉である。ほかの小惑星集中地域に対して、それらが小惑星帯と呼ばれるようになるかもしれないと考えられるようになったころから、区別のためにメインベルト()とも呼称されている。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と小惑星帯 · 続きを見る »

小惑星番号

小惑星番号(しょうわくせいばんごう、英語:minor planet number)とは、軌道要素が確定し、小惑星センターに正式登録された天体に与えられる登録番号である。なお、ここで言う「小惑星」とは岩石を主成分とする「小惑星(asteroid)」の事ではなく、それに加えて太陽系外縁天体、彗星・小惑星遷移天体や準惑星などを含んだ天体の総称としての「小惑星(minor planet)」の事である。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と小惑星番号 · 続きを見る »

仮符号

仮符号(かりふごう、provisional designation)とは、主に太陽系内で新たに発見された天体について、発見直後に命名される暫定的な呼称である。新天体の信頼できる軌道が計算されると、仮符号に代わって正式な登録番号が与えられ、命名される。小惑星の場合には膨大な数の新天体がこれまでに発見されており、これらの多くは発見者による命名を受けられない可能性もある。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と仮符号 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と元日 · 続きを見る »

彗星

アメリカ合衆国アリゾナ州のカタリナ天文台で1974年11月1日に撮影されたコホーテク彗星 クロアチアのパジンで1997年3月29日に撮影されたヘール・ボップ彗星 彗星(すいせい、comet)は、太陽系小天体のうち主に氷や塵などでできており、太陽に近づいて一時的な大気であるコマや、コマの物質が流出した尾(テイル)を生じるものを指す。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と彗星 · 続きを見る »

彗星・小惑星遷移天体

彗星・小惑星遷移天体(すいせい・しょうわくせいせんいてんたい、Comet-Asteroid Transition Object、CAT天体)は過去に彗星として活動していた天体が、それをほとんど(または完全に)示さなくなり小惑星化した場合の天体の分類名である。枯渇彗星核(こかつすいせいかく)とも呼ばれる。英語では、"Extinct comet"という。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と彗星・小惑星遷移天体 · 続きを見る »

メインベルト彗星

メインベルト彗星 (main-belt comet, MBC) は、小惑星帯内を周回し、軌道の一部において彗星のような活動が見られた天体である。 ジェット推進研究所は、メインベルトの小惑星を、軌道長半径が2天文単位以上、3.2天文単位未満であって、近日点が1.6天文単位以上のものと定義している。 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のデビッド・C・ジューイットは、これらの天体は彗星での氷の昇華ではなく小惑星の塵の動きである可能性が高いと指摘し、「active asteroids」と呼ぶようになった。 最初に発見されたメインベルト彗星は、エルスト・ピサロ彗星である。この彗星は1979年に発見され、1996年にエリック・エルストとGuido Pizarroにより尾が発見され、「エルスト・ピサロ彗星(133P / Elst-Pizarro)」と彗星に指定された。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139とメインベルト彗星 · 続きを見る »

ブランペイン彗星

ブランペイン彗星 (Blanpain) とは、1819年11月28日にフランス・マルセイユの天文家ジャン=ジャック・ブランパン (Jean-Jacques Blanpain) によって発見された周期彗星である。ブランペン彗星、ブランパン彗星とも表記する。過去に見失われ、小惑星として再発見された彗星・小惑星遷移天体でもある。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139とブランペイン彗星 · 続きを見る »

パンスターズ

PS1が設置されたハレアカラ山 パンスターズ (Pan-STARRS, Panoramic Survey Telescope And Rapid Response System) は、4台の望遠鏡で継続的に全天をサーベイ観測し移動天体や突発天体を検出する計画である。時間間隔をあけて撮影した画像を比較することにより、小惑星、彗星、変光星などを発見することができる。この計画の第一の目的は、地球に衝突する可能性のある地球近傍天体を発見することである。この計画では、望遠鏡の設置場所であるハワイから観測できる空全域(全天の約3/4に相当)にある、24等級までの天体のデータベースが作成される予定である。 PS1と呼ばれるパンスターズ計画の最初の望遠鏡は、ハワイ州マウイ島のハレアカラ山頂にあり、2008年12月6日にハワイ大学の管理のもとで観測が開始された From the print edition。残る3台の望遠鏡は1億ドルをかけて建造される予定である。PS2望遠鏡はPS1の北50フィートの、かつて東京大学のマグナム望遠鏡が設置されていた観測所に設置され、2013年にファーストライトを迎える見込みである。 パンスターズは、ハワイ大学天文学研究所、マサチューセッツ工科大学リンカーン研究所、Maui High Performance Computing Center、Science Applications International Corporationの共同計画である。望遠鏡の建設はアメリカ空軍より資金の提供がなされている。PS1が観測準備審査を合格すれば、パンスターズ計画は残り3台の望遠鏡の建造に取り掛かる。 PS1の運用は、によって行われる。PS1SCのメンバーは、ドイツマックス・プランク研究所、台湾国立中央大学、イギリスエディンバラ大学、ダーラム大学、クイーンズ大学、アメリカのハワイ大学、ジョンズ・ホプキンス大学、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターおよびLas Cumbres Observatory Global Telescopeである。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139とパンスターズ · 続きを見る »

テミス族

テミス族 (Themis Asteroid Family) は小惑星帯(メインベルト)の中でも外縁部に位置する小惑星族で、平山清次が発見した平山族のひとつ。太陽からの平均距離3.13天文単位付近に密集している。 多数の小惑星を含むかなり境界がはっきりしたコアと、少数の小惑星を含む周辺領域からなる。コアグループにはこの小惑星族の名前の由来であるテミスも含まれる。 テミス族の小惑星はほとんどが下記の範囲にある。 テミス族は最大級の小惑星族であり、最も早く見つけられた小惑星族の一つである。そして炭素質コンドライトが主成分だと考えられているC型小惑星で構成されている。2005年の時点でテミス族の小惑星はおよそ535個が知られている。有名なところでは下記のようなものが挙げられる。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139とテミス族 · 続きを見る »

周期彗星

周期彗星(しゅうきすいせい)は、公転軌道の離心率が1未満の彗星である。有限の公転周期を持ち、基本的には楕円軌道で、周期的に回帰する。彗星は、離心率が1未満の周期彗星と、離心率が1以上の非周期彗星に分けることができる。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と周期彗星 · 続きを見る »

周期彗星の一覧

周期彗星の一覧(しゅうきすいせいのいちらん) 周期が200年以下の短周期彗星か、2度以上の出現が観測され番号登録された、周期彗星の一覧である。それらは「P」(または「数字+P」)で始まる符号が与えられるが、長い間行方不明になっているか消滅した場合は「D」になる。 番号登録されていない長周期彗星は、非周期彗星の一覧にあるかもしれない。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と周期彗星の一覧 · 続きを見る »

エルスト・ピサロ彗星

ルスト・ピサロ彗星 (133P/Elst-Pizarro) またはエルスト・ピサロ (7968 Elst-Pizarro) は、周期彗星と小惑星の両方に登録された彗星・小惑星遷移天体。離心率が低く、メインベルト彗星と呼ばれるグループに属する。この天体を「彗星として」発見した二人の名前で呼ばれている。 1979年7月24日にロバート・マックノートらによって小惑星帯に新しい小惑星が発見され、という仮符号を与えられたが、正確な軌道を決定するには至らなかった。 1996年7月14日、エリック・エルストとグイード・ピサロが彗星状の尾を持つ天体を発見したが、これは が近日点付近で通常の小惑星とは違う振る舞いを見せたものであった。次に近日点を通過した2002年後半にも、数ヶ月間に渡って彗星としての活動が観測された。こうしたことから、この天体は主に氷で出来ていると考えられる。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139とエルスト・ピサロ彗星 · 続きを見る »

シアン化物

アン化物イオンの(上から)構造式、空間充填モデル、電子ポテンシャル、HOMOの図 シアン化物(シアンかぶつ、cyanide)とは、シアン化物イオン (CN-) をアニオンとして持つ塩を指す呼称。代表例としてはシアン化ナトリウム (NaCN)、シアン化カリウム (KCN) など。 広義には、配位子としてシアン (CN-) を持つ錯体(例: フェリシアン化カリウム、K3)、シアノ基が共有結合で結びついた無機化合物(例: シアノ水素化ホウ素ナトリウム、NaBH3CN)もシアン化物に含まれる。 それぞれの化合物の化学的性質は、シアン化物イオンやシアノ基が他の部分とどのように結びついているかにより大きく異なる。 有機化合物のうちニトリル類(例: アセトニトリル、別名: シアン化メチル、CH3CN)は「シアン化~」と呼ばれることがあるが、性質は大きく異なる。 シアン化合物は、一般に人体に有毒であり、ごく少量で死に至る。このことから、しばしば、シアン化合物による中毒死を目的として、毒殺や自殺に利用されてきた経緯がある。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139とシアン化物 · 続きを見る »

スペースウォッチ

ペースウォッチ (Spacewatch) とは、アリゾナ大学において小惑星の研究を専門に行っているプロジェクトのことであり、同大学教授のロバート・マクミランが代表を務めている。 スペースウォッチは、1999年10月6日に木星の衛星カリロエを発見したことで知られている。発見当初、スペースウォッチの研究チームはカリロエを小惑星であると認識していたが、2000年7月18日にティモシー・スパールによって木星の衛星であることが確認された。 また、(5145) フォルス、(20000) ヴァルナ、、などの天体を発見したことでも知られている。長期間行方不明となっていた(719) アルベルトを再発見したことや、スペースウォッチ彗星(125P)を発見したことでも有名である。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139とスペースウォッチ · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と新年 · 続きを見る »

短周期彗星

短周期彗星(たんしゅうきすいせい、short-period comet)は、公転周期が200年未満の周期彗星である。これに対し、公転周期が200年以上の彗星を、長周期彗星という。 彗星の軌道は不安定で、その度合いは周期が長いほど強くなる。そこで、周期200年を恣意的な境界に定め、軌道が比較的安定している短周期彗星と、かなり不安定な長周期彗星を分けている。 公転周期200年は、軌道長半径34.20 AUにあたる。つまり、短周期彗星は軌道長半径34.20 AU未満の周期彗星であると言ってもいい。なお、公転周期200年、軌道長半径34.20 AUは、海王星(165年、30.11 AU)と冥王星(250年、39.54 AU)の間である。ただし、彗星は軌道離心率が大きいので、離心率が1に近かったばあい、遠日点距離は最大68.40 AUになり、エッジワース・カイパーベルト (約30~50 AU) をかなり越える。 逆に、最も周期が短い短周期彗星は、エンケ彗星 (2P)(周期3.30年)である。 彗星の命名規則では、短周期彗星の符号はP/(または数字のついたnnP/)で始まる。たとえば、ハレー彗星 (1P)、シューメーカー・レヴィ第1彗星 (P/1990 V1)。それに対し、長周期彗星はC/で始まる。ただし、番号登録周期彗星、つまり、2回の回帰(またはケンタウルス族なら4回の衝)が観測された彗星は、長周期彗星であってもnnP/で始まる。それに当てはまるのは池谷・張彗星 (153P)(周期367年)の1つである。 2006年8月現在、番号登録された短周期彗星が177個(池谷・張彗星以外の全て)、それ以外の短周期彗星が約164個、計約341個の短周期彗星が発見されている。ただし、すでに消滅したり、行方不明になっているものがいくつかある。 短周期彗星は、エッジワース・カイパーベルトからやってくると推測されている。それに対して、長周期彗星は、オールトの雲からやってくると推測されている。 一般に、短周期彗星は発見前を含めれば何十回・何百回となく回帰しているため、大半の揮発成分が失われてしまい、大彗星は少ない。明るく輝く大彗星は、ほとんどが長周期彗星である。 短周期彗星の中には、遠日点が、木星、土星、天王星、海王星軌道のすぐ外側にあるものが、多数ある。これらは、それぞれの惑星の重力で、より周期が長い軌道から現在の軌道に変化したと思われる。それぞれ、木星族彗星、土星族彗星、天王星族彗星、海王星族彗星という。ただし、木星族彗星以外は、惑星からそれほど強い重力を受けるわけではなく、分類を疑問視する声もある。木星族彗星は、頻繁に木星に接近するため、軌道が不安定なことが多い。 たんしゆうきすいせい *.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と短周期彗星 · 続きを見る »

物質量

物質量(ぶっしつりょう、)は、物質の量を表す物理量のひとつ体積、質量、分子数、原子数などでも物質の量を表すことができる。である。物質を構成する要素粒子の個数をアボガドロ定数 (約 6.022×1023 mol-1) で割ったものに等しい。要素粒子()は物質の化学式で表される。普通は、分子性物質の場合は分子が要素粒子であり、イオン結晶であれば組成式で書かれるものが要素粒子であり、金属では原子が要素粒子である。 物質量は1971年に国際単位系 (SI) の7番目の基本量に定められた。表記する場合は、量記号はイタリック体の 、量の次元の記号はサンセリフ立体の N が推奨されている。物質量のSI単位はモルであり、モルの単位記号は mol である。熱力学的な状態量として見れば示量性状態量に分類される。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と物質量 · 続きを見る »

軌道傾斜角

軌道傾斜角(きどうけいしゃかく、英語:inclination)とは、ある天体の周りを軌道運動する天体について、その軌道面と基準面とのなす角度を指す。通常は記号 iで表す。 我々の太陽系の惑星や彗星・小惑星などの場合には、基準面は主星である天体、太陽の自転軸に垂直な平面つまり太陽の赤道面である。衛星の場合には基準面として主星の赤道面を採る場合と主星の軌道面を採る場合がある。人工衛星の場合には主星である地球の赤道面を基準とするのが普通である(人工衛星の軌道要素を参照)。 軌道傾斜角 iは0°≦i≦180°の範囲の値をとる。i.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と軌道傾斜角 · 続きを見る »

軌道長半径

軌道長半径(きどうちょうはんけい、英語:semi-major axis)とは、幾何学において楕円や双曲線のパラメータを表す数である。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と軌道長半径 · 続きを見る »

軌道離心率

軌道離心率(きどうりしんりつ、英語:orbital eccentricity)は、天体の軌道の絶対的な形を決める重要なパラメータである。軌道離心率は、この形がどれだけ円から離れているかを表す値であると言う事ができる。 標準的な条件下で、軌道離心率の値により、円、楕円、放物線、双曲線が定義できる。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と軌道離心率 · 続きを見る »

LINEAR彗星 (176P)

LINEAR彗星 (176P/LINEAR) またはLINEAR (118401 LINEAR) は、周期彗星と小惑星の両方に登録された彗星・小惑星遷移天体。離心率が低く、メインベルト彗星と呼ばれるグループに属する。この群の彗星はその遠日点が木星軌道よりもはるかに内側にあり、木星の摂動による大きな軌道変化を受けない特徴がある。 リンカーン研究所の自動サーベイ、地球近傍小惑星探査 (LINEAR) で1999年9月7日に撮影された写真の中から発見された。小惑星だと思われていたが、軌道が確定して小惑星番号を付与された後、2005年11月26日にハワイ大学のチームがマウナケア天文台群のジェミニ北望遠鏡で行った観測によって尾が確認され、彗星として活動していることが判明した。まだ固有名がなかったため、彗星の命名規則に基いて発見者にあたるLINEARの名が付けられた(今後「小惑星番号を持つLINEAR彗星」が複数出現した場合、どう呼び分けるのかは不明)。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139とLINEAR彗星 (176P) · 続きを見る »

水面から跳ね返っていく水滴 海水 水(みず)とは、化学式 HO で表される、水素と酸素の化合物である広辞苑 第五版 p. 2551 【水】。特に湯と対比して用いられ、温度が低く、かつ凝固して氷にはなっていないものをいう。また、液状のもの全般を指すエンジンの「冷却水」など水以外の物質が多く含まれているものも水と呼ばれる場合がある。日本語以外でも、しばしば液体全般を指している。例えば、フランス語ではeau de vie(オー・ドゥ・ヴィ=命の水)がブランデー類を指すなど、eau(水)はしばしば液体全般を指している。そうした用法は、様々な言語でかなり一般的である。。 この項目では、HO の意味での水を中心としながら、幅広い意味の水について解説する。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と水 · 続きを見る »

木星

記載なし。

新しい!!: (300163) 2006 VW139と木星 · 続きを見る »

(323137) 2003 BM80

とは、小惑星帯に存在する彗星・小惑星遷移天体の1つである。当初は小惑星として発見・登録され、後に彗星の活動が確認された。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と(323137) 2003 BM80 · 続きを見る »

10月12日

10月12日(じゅうがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から285日目(閏年では286日目)にあたり、年末まであと80日ある。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と10月12日 · 続きを見る »

11月15日

11月15日(じゅういちがつじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から319日目(閏年では320日目)にあたり、年末まであと46日ある。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と11月15日 · 続きを見る »

11月9日

11月9日(じゅういちがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から313日目(閏年では314日目)にあたり、年末まであと52日ある。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と11月9日 · 続きを見る »

1819年

記載なし。

新しい!!: (300163) 2006 VW139と1819年 · 続きを見る »

1934年

記載なし。

新しい!!: (300163) 2006 VW139と1934年 · 続きを見る »

2003年

この項目では、国際的な視点に基づいた2003年について記載する。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と2003年 · 続きを見る »

2006年

この項目では、国際的な視点に基づいた2006年について記載する。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と2006年 · 続きを見る »

2011年

この項目では、国際的な視点に基づいた2011年について記載する。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と2011年 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と2012年 · 続きを見る »

2013年

この項目では、国際的な視点に基づいた2013年について記載する。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と2013年 · 続きを見る »

2016年

この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と2016年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と2019年 · 続きを見る »

22世紀

22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と22世紀 · 続きを見る »

2月9日

2月9日(にがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から40日目にあたり、年末まであと325日(閏年では326日)ある。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と2月9日 · 続きを見る »

4月18日

4月18日(しがつじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から108日目(閏年では109日目)にあたり、年末まではあと257日ある。誕生花はアカツメクサ、ワスレナグサ。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と4月18日 · 続きを見る »

7月16日

7月16日(しちがつじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から197日目(閏年では198日目)にあたり、年末まであと168日ある。誕生花はジンジャー、ツユクサ。.

新しい!!: (300163) 2006 VW139と7月16日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

2006 VW139288PP/2006 VW139

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »