ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

Standard Generalized Markup Language

索引 Standard Generalized Markup Language

Standard Generalized Markup Language(スタンダード ジェネラライズド マークアップ ランゲージ、略:SGML)は、マニュアルなどの文書のためのマークアップ言語である。SGMLとXMLの対応(比較)については、ジェームズ・クラークによる「Comparison of SGML and XML」というタイトルの、1997年12月15日に議論のためにまとめられた(何らかの公式のものではない)ノートがあり、それによればSGML (ISO 8879) とXMLの関係はスーパーセットともサブセットとも結論付けられてはいない。XML 1.0のAppendix CではNon-Normative(参考)として、XMLはSGMLのサブセットとなるべく設計され(designed to be)、全てのXML文書は同時にSGMLにもconforming(準拠)でもあるべき(should)と書かれており、前述のノートを参照せよとされている。国際標準は ISO 8879:1986 であり、対応するJISとして JIS X 4151:1992 が存在する。.

42 関係: 厚生省医薬品マークアップ言語マニュアルメタ言語レポートレイアウトワープロソフトプレーンテキストプロジェクトマネージャデジタイズベストセラーアメリカ国防総省ウェブページエアバスジェームズ・クラーク (ソフトウェア技術者)スネクマスタイルシート国際標準化機構Cascading Style Sheets特許庁Document Style Semantics and Specification LanguageDocument Type DefinitionExtensible Markup Language製薬軍需産業軍艦航空宇宙産業自動車産業電子文書通信FORTRANGeneralized Markup LanguageHyperText Markup LanguageIBMSGML実体構文解析欧州原子核研究機構欧州共同体文書型宣言1979年1986年

厚生省

厚生省(こうせいしょう、Ministry of Health and Welfare)は、かつて存在した日本の行政機関である。医療・保健・社会保障などを所管していた。 2001年(平成13年)1月、労働省(当時)と統合されて厚生労働省にかわった。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと厚生省 · 続きを見る »

医薬品

リタリン20mg錠。 医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。 医師の診察によって処方される処方箋医薬品、薬局で買える一般用医薬品がある。医薬品は治験を行って有効性が示されれば新薬として承認され、新薬の発売から20年の期間が経過したらその特許がきれることで他の会社も販売可能となり、後発医薬品が製造される。 臨床試験による安全性の検証は限られたもので、グローバル化によって超国家的に薬の売り出し(ブロックバスター薬)を行っており、国際化されていない有害反応監視システムが手を打つ前に有害反応(副作用)の影響が広がる可能性がある。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと医薬品 · 続きを見る »

マークアップ言語

HTMLへの変換が容易となるだけでなく、高度なクエリの実行が可能となる。 マークアップ言語(マークアップげんご、markup language)は、視覚表現や文章構造などを記述するための形式言語である。テキストファイルであることが多いが、バイナリデータによる形式もある。 “markup”という語は英語圏の出版業界で著者、編集者、印刷者の間で指示を伝える方法を意味していた(語源を参照)。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとマークアップ言語 · 続きを見る »

マニュアル

マニュアル(英語:Manual).

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとマニュアル · 続きを見る »

メタ言語

メタ言語(メタげんご、英 Metalanguage)とはある言語について何らかの記述をするための言語である。それだけでは具体的な利用に関する目的をもっておらず、特定のルールを加えることで具体的な応用として利用可能となる。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとメタ言語 · 続きを見る »

レポート

レポート、リポート (report) は、「報告(する)」の意。転じて、以下の意味でも使用される。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとレポート · 続きを見る »

レイアウト

レイアウト(layout、 lay-out)とは、デザイン(紙、ウェブ等)、建築設計、インテリア(展示会場・展覧会場設計、ショールーム設計などを含む)、書籍・雑誌・新聞などの編集等々において、何をどこにどのように配置(割り付け)するかということ、また、そのような配置(割り付け)をする行為も意味する。 デザインや編集の分野では、エディトリアルデザインとも呼び、グラフィックデザイナー、エディトリアルデザイナー、アートディレクターなどが担当する。 なお、レイアウトという言葉を日本に初めて紹介したのは、当時『廣告界』の編集長であった室田庫造であるという(1929年)。(「近代広告の誕生 ポスターがニューメディアだった頃」(竹内幸絵、青土社、2011年)、120ページ参照).

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとレイアウト · 続きを見る »

ワープロソフト

OpenOffice.org Writer (バージョン 3.0) ワープロソフトとは、コンピュータ上で動作するワードプロセッサの機能を実現したソフトウェア(プログラム)である。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとワープロソフト · 続きを見る »

プレーンテキスト

プレーンテキスト (plain text) とは、コンピュータ上で文章を扱うための一般的なファイルフォーマット、または文字列の形式である。厳密にはASCIIのみ、さらに厳密には7ビットASCIIで構成された文書だけを指すが、パソコンが多言語化し様々な文字コードが扱われている現在では、特定の文字コードに準拠したバイナリファイルだと定義できる。ワープロで作成した文章とは違い、文字ごとの色や形状、文章に含まれる図などといった情報を含まない。プレーンテキストに対して、文字ごとの色や形状、文章に含まれる図などといった情報を含む文章のことをマルチスタイルテキストと呼ぶ。しかし、マルチスタイルテキストの一部もファイルフォーマットとしてはプレーンテキストのみで構成されているものもある。 プレーンテキストには文字情報以外の情報は一切含まず、テキストデータのみで構成されている。バイナリデータや文字の整形情報を持たないので、最低限の機能しか持たないテキストエディタや表示用のソフトウェアで扱えると言う点で利便性が高い。その反面、格納できる情報が純粋にテキストのみに限定される為、文字の強調や加工や言語情報、フォント情報を持つことが出来ない。これらの情報を格納する場合は、HTMLのような工夫が必要になる。 MS-DOS、Windowsでは、EDLINやメモ帳、UNIXやLinuxの場合はviやEmacs、Mac OSの場合はSimpleText、macOSの場合はテキストエディットなどといったOSに標準的に付属するソフトウェアで編集することが出来る。 なお、テキストエディタを使うことで、プログラミング言語のソースコードやHTML、XML、TeXといった純粋なテキストのみで構成されているファイルを編集する事も可能である。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとプレーンテキスト · 続きを見る »

プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャ(project manager)とはプロジェクトの計画と実行に於いて総合的な責任を持つ職能あるいは職務である。プロマネと略されることもある。 プロジェクトマネージャには系統的な経営管理能力は勿論、透徹とした質問を発し、暗黙の前提を発見し、プロジェクトチームの意見をまとめ上げる能力が必須となる。 プロジェクトマネージャの職務に於いて鍵となるのは、プロジェクトの実行に影響を与えるリスクを認識することと同時にそのリスクをプロジェクト期間を通じて公式・非公式に見積もらなければならないことを理解することである。 リスクは主として不確実性から発生する(プロジェクト管理においては、この不確実性を「リスク要因」、その結果発生する問題を「リスク」と呼ぶ)。そして、主な関心事としてリスク対策に集中して取り組むことが成功するプロジェクトマネージャの条件と言える。また、プロジェクトに影響を与える問題の多くが様々なリスク要因から起こる。優れたプロジェクトマネージャは開かれたコミュニケーションの方針を順守し、全ての重要な関係者に意見と関心を述べる機会を与えることで時としてリスクを減らすことに成功する。 以上より、リスクをコントロールし不確実的ながら極小化させることで大なり小なり意思決定に責任を持つのがプロジェクトマネージャだと言える。プロジェクトマネージャによって下されたあらゆる決定は、直接プロジェクトに資する方法で下されるべきである。 やや抽象的ではあるが、上述の事を言い換えると下記の様になる。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとプロジェクトマネージャ · 続きを見る »

デジタイズ

デジタイズ(digitize)は連続的な値を離散的な値に変換すること。その手法全般を含めてデジタイゼーション (digitaization)ともいう。離散値をデジタル値(digital value)といい、コンピュータを用いた手法では2値のビット(bit)を使った量子化が主流となっている。発展した情報理論を応用して、既存のオブジェクト・画像・信号(通常アナログ信号)などの情報をデジタイズすることを電子化 、またはデジタル化(digitalize)という。デジタイズの結果で得られた情報は、元の情報との対比として「デジタル表現」あるいは「デジタル形式」、画像であれば「デジタル画像」などと呼ぶ。 デジタル化された情報はビット量子化された単なる数列であるため、人間が知覚や認識ができるようにデータを画像としてディスプレイで表示させたり、文字列を割り当てて印字したり、電気信号へ変換してスピーカーから発音させたりなどの加工を行う。これをレンダリング(rendering)といい、レンダリングを行う仕組みや装置をレンダラー(renderer)という。 近年では、非デジタルの情報をデジタイズするだけでなく、情報そのものが作成された時点ですでにデジタル化されている場合が増えた。このような情報やコンテンツをボーン・デジタル (born-digital)という。書籍や出版では文章をワープロ、図版をデジタイザ (digitaizer)などで入力し、紙媒体への印刷を後から行う(デジタルファースト - digital-first、ペーパーレイター - paper-later) ことも一般化してきている。 以下ではデジタイズ、電子化の両方について述べる。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとデジタイズ · 続きを見る »

ベストセラー

ベストセラー(best seller)とは、よく売れた商品のこと。狭義には「ある特定の期間内に驚異的な売上を記録した物のこと」を言う。特に書籍について言うことが多い広辞苑。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとベストセラー · 続きを見る »

アメリカ国防総省

アメリカ合衆国国防総省(アメリカがっしゅうこくこくぼうそうしょう、、略称:DoD)は、アメリカ合衆国の国防省である。アメリカ軍の七武官組織のうち、沿岸警備隊、アメリカ公衆衛生局士官部隊、合衆国海洋大気局士官部隊を除く陸軍、海軍、空軍、海兵隊の4つの軍を傘下に収める。陸海空軍の各省の統括組織であるため、日本では「国防総省」と訳されることが多いが、単に「国防省」とされることもある。2015年現在、同国の官庁の中で最大規模の組織となっている。 本庁舎は、五角形の形をしていることからペンタゴンと呼ばれている。アメリカ合衆国大統領の官邸組織がホワイトハウスと呼ばれるように、ペンタゴンという名称自体が国防総省を指す呼称となっている。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとアメリカ国防総省 · 続きを見る »

ウェブページ

ウェブページ (Web page, webpage) は、ウェブ上にあり、ウェブブラウザで閲覧可能な、ページ単位の文書のこと。ホームページと表記することもあるが、誤用であるという主張もある(詳しくはホームページの項を参照)。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとウェブページ · 続きを見る »

エアバス

アバス(Airbus SE )は、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の航空宇宙機器開発製造会社。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.(G.I.E. Airbus industrie)であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。民間航空機メーカーとしてのエアバスは、2000年以降親会社の航空防衛企業であるエアバス・グループの子会社として位置づけられていたが、2017年1月に両社が合併、存続会社名をエアバスとすることで、この関係を解消した。本社はフランス・トゥールーズ。 2017年3月1日、経済産業省はエアバスと日本企業の連携を強化する覚書をフランス政府と締結した 。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとエアバス · 続きを見る »

ジェームズ・クラーク (ソフトウェア技術者)

ェームズ・クラーク(James Clark、1964年2月23日 - )は、タイで活動しているソフトウェア技術者である。SGML/XML 技術、オープンソースなどにおいて、多くの業績がある。W3C (World Wide Web Consortium) の XML ワーキンググループで、技術リーダとして他の人々とともにマークアップ言語 XML1.0 の仕様を設計した。村田真とともにXMLのスキーマ言語、RELAX NGの仕様を設計した。 クラークはイングランド(イギリス)のロンドンで生まれ、Charterhouse(パブリックスクール)で学び、オクスフォード大学の Merton College で数学と哲学を専攻した。1995年にタイのバンコクに移住して現在に至る。 クラークは、2004年11月からタイのソフトウェア産業振興庁 (SIPA; Software Industry Promotion Agency) に勤務している。SIPAでタイにおけるオープンソース技術とオープンな標準技術の振興を仕事としている。また、タイの農村地域での教育を支援する活動を行っている。 クラークは、タイオープンソースソフトウェアセンターという名前の小さな会社を所有している。この会社は、クラークのオープンソースに関わる活動について、法的な側面を取り扱っている。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとジェームズ・クラーク (ソフトウェア技術者) · 続きを見る »

スネクマ

ネクマ(Snecma)はフランスの民間及び、軍用航空機や艦船、ロケット用、発電用のエンジンを生産する会社である。 スネクマの正式名称はフランス語でSociété Nationale d'Étude et de Construction de Moteurs d'Aviationである。直訳すると「航空機用発動機研究製造国営会社」となる。 2005年、スネクマはSAGEMを傘下に収めた。今日ではスネクマはサフラングループの子会社であり、グループは再構成され、以前よりも拡大している。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとスネクマ · 続きを見る »

スタイルシート

タイルシート (style sheet) とは、構造化文書などにおける表示形式を制御するしくみ。見栄えと構造を分離するという目的で提唱された。HTML、XML、SGMLといったマークアップ文書や、オフィスソフトにおいて広く使用されている。 Web上で広く使われているHTML文書にスタイルシートを適用する場合には、一般的にCSSが利用される。CSSが圧倒的に普及しているので、単にスタイルシートといえばCSSを指すことがある。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageとスタイルシート · 続きを見る »

国際標準化機構

国際標準化機構(こくさいひょうじゅんかきこう、International Organization for Standardization)、略称 ISO(アイエスオー、イソ、アイソ)は、各国の国家標準化団体で構成される非政府組織である。 スイス・ジュネーヴに本部を置く、スイス民法による非営利法人である。1947年2月23日に設立された。国際的な標準である国際規格(IS: international standard)を策定している。 国際連合経済社会理事会に総合協議資格(general consultative status)を有する機関に認定された最初の組織の1つである。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと国際標準化機構 · 続きを見る »

Cascading Style Sheets

Cascading Style Sheets(CSS、カスケーディング・スタイル・シート、カスケード・スタイル・シート)とは、HTML や XML の要素をどのように修飾(表示)するかを指示する、W3Cによる仕様の一つ。文書の構造と体裁を分離させるという理念を実現する為に提唱されたスタイルシートの、具体的な仕様の一つ。 CSSはHTMLで表現可能と考えられるデザインの大部分を実現できる要素を取り入れつつ、新たなデザイン機能を備える。また、以下のような特徴を持つ。.

新しい!!: Standard Generalized Markup LanguageとCascading Style Sheets · 続きを見る »

特許庁

特許庁(とっきょちょう、英語:Japan Patent Office、略称:JPO)は、工業所有権関連の事務を所掌する経済産業省の外局である。発明、実用新案、意匠及び商標に関する事務を行うことを通じて、経済及び産業の発展を図ることを任務とする(経済産業省設置法22条)。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと特許庁 · 続きを見る »

Document Style Semantics and Specification Language

Document Style Semantics and Specification Language (DSSSL; 文書スタイル意味指定言語) は、マークアップ言語 SGML もしくは XML で記述された文書のための、スタイルシート言語の一つである。 DSSSL は「ディッセル」と読む。 DSSSL は、Scheme(LISPの方言の一つ)というプログラミング言語をもとに開発された。 DSSSL の開発には、ジェームズ・クラークなどの人々が関わった。 1996年に ISO/IEC 10179:1996 として規格が定められた(対応する日本工業規格は JIS X 4153)。 DSSSL を使うことにより、SGML文書やXML文書を、TeX、PDF、HTML、RTF などの、人間にとって読みやすいさまざまな形式に変換して、コンピュータの画面に表示することや紙に印刷することができる。 SGML文書やXML文書の内容は、コンピュータのソフトウェアにとっては読みやすい構造であるが、人間にとってより読みやすい形式が望まれることがある。 DSSSL のようなスタイルシート言語を使うことにより、SGML文書やXML文書を、人間にとって読みやすい組版された形式に変換することができる。 DSSSL がよく使われる用途の一つは、DocBook(文書を記述するための SGML/XML技術)で記述された文書の組版である。 DSSSL は、当初は SGML文書のためのスタイルシート言語として開発されたが、XML文書のスタイルシート言語としても、使うことができる。 現在では、DSSSL とは別のスタイルシート言語である XSL (XSLT、XSL-FO) や CSS が使われる事例が多くなっている。 XSL (XSLT、XSL-FO) は、DSSSL の技術をもとに開発された。.

新しい!!: Standard Generalized Markup LanguageとDocument Style Semantics and Specification Language · 続きを見る »

Document Type Definition

Document Type Definition(文書型定義、DTD)とは、マークアップ言語 SGMLおよびXMLにおいて、文書構造(文書型)を定義するためのスキーマ言語の一つである。 DTDでは、SGMLやXMLの文書内に記述することができる要素やその発生順序、発生回数、要素がもつ属性、属性の型などを記述することができる。 他のスキーマ言語と同様に、DTDにおいても、文書構造を厳密に定義することによって、SGMLやXMLの技術を利用する際の、処理の正確性や安全性を高めることができる。SGMLやXMLの文書処理を支援するライブラリの多くは、SGMLやXMLの文書がDTDによる文書構造に従っているかどうかを検証する機能を備えている。 もともとはSGMLのスキーマ言語として開発され、SGMLから派生したXMLにおいても、スキーマ言語として採用されている。例えば、SGMLの応用技術であるHTMLや、XMLの応用技術である XHTMLでは、DTDによって文書構造が定義されている。 現在では、XML技術を利用する場合には、スキーマ言語としてDTDを採用するケースは少なくなる傾向にある。XMLが勧告された後、DTDに対してはいくつかの欠点(XMLの文法とは異なる文法を採用している、XML名前空間に対応していない など)が問題として指摘されてきたためである。そのため、XML技術は広く普及したものの、DTDの欠点が XML技術を柔軟に活用する際の障害の一つとなっていた。 この問題を解決するために、新たなスキーマ言語としてRELAX NGやW3C XML Schemaなどが開発され、それらを採用する事例が増えている。.

新しい!!: Standard Generalized Markup LanguageとDocument Type Definition · 続きを見る »

Extensible Markup Language

Extensible Markup Language(エクステンシブル マークアップ ランゲージ)は、基本的な構文規則を共通とすることで、任意の用途向けの言語に拡張することを容易としたことが特徴のマークアップ言語の総称である。一般的にXML(エックスエムエル)と略称で呼ばれる。JISによる訳語は「拡張可能なマーク付け言語」。 SGMLからの移行を目的として開発された。文法はSGMLの構文解析器と互換性を保つようにSGMLのサブセットに定められシンプルになり、機能はSGMLに無いものが追加されている。 XML の仕様は、World Wide Web Consortium (W3C) により策定・勧告されている。1998年2月に XML 1.0 が勧告された。2010年4月現在、XML 1.0 と XML 1.1 の2つのバージョンが勧告されている(#バージョン)。 ちなみに、「eXtensible Markup Language の略である」と書かれることがあるが、これは間違いであり、XはExの発音を表している。.

新しい!!: Standard Generalized Markup LanguageとExtensible Markup Language · 続きを見る »

製薬

医薬品産業(いやくひんさんぎょう、pharmaceutical industry)とは、認可医薬品を創薬、開発、生産、市場販売する一連の産業をさす。医薬品産業には、法的規制や特許権、広告宣伝規制など、様々な法的権利が関わってくる。 とくに製薬(せいやく)とは、医薬品を製造することである。化学工業と関連性がある。その企業は、製薬会社と呼ばれる。製薬会社は研究開発の視点から従業員数が多く、新薬開発には莫大な費用が必要とされるため、製薬企業は大規模な企業であることが多い。近年はバイオテクノロジー(生物工学)の発展を背景に、その技術を応用した創薬に力を入れている企業も多い。 医薬品産業は医療と密接に関わっており、世界的な高齢化と人口増加により医薬品の需要が高まっている。世界の医薬品市場規模は約80兆円(2006年)といわれており、そのうち日本の医薬品市場規模は7兆円(2004年)となっている。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと製薬 · 続きを見る »

軍需産業

軍需産業(ぐんじゅさんぎょう)とは、軍隊で使われるものを製造したり販売したりする産業のことである。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと軍需産業 · 続きを見る »

軍艦

軍艦(ぐんかん、warship)とは、戦闘力を持つ艦艇(非武装であっても補給艦や輸送艦などを含む)の総称。特に、海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)29条に定める船舶を指すことが多いDefinition of warships: For the purposes of this Convention, "warship" means a ship belonging to the armed forces of a State bearing the external marks distinguishing such ships of its nationality, under the command of an officer duly commissioned by the government of the State and whose name appears in the appropriate service list or its equivalent, and manned by a crew which is under regular armed forces discipline.:条文で軍艦などの「艦」とつく船の定義(乗員についても)が行われている。政府用船(巡視船等)などについては“government ships”としている。。対義語は商船。 なお「戦艦」は、「軍艦」の艦種の一つだが、軍事分野以外では、両者を同義とする用例が見られるので注意が必要である。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと軍艦 · 続きを見る »

航空宇宙産業

航空宇宙産業 (Aerospace Industry) とは、航空機や航空機の部品、ミサイル、ロケット、宇宙船を製造する産業である。この産業には、設計、製造、テスト、販売、整備などの工程がある。その規模が大きければ部分的に関わる企業、組織が存在する。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと航空宇宙産業 · 続きを見る »

自動車産業

自動車産業(じどうしゃさんぎょう)とは、自動車および自動車部品の生産、販売、利用、整備に関連した産業をさす。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと自動車産業 · 続きを見る »

電子文書

電子文書(Electronic Document)は、任意の電子媒体の(プログラムやシステムファイル以外の)コンテンツであり、電子的形態または印刷した形態で使われる。 日本での関連する法律としてe-文書法(電子文書法)があるが、条文では「電子文書」という用語は使っておらず、「電磁的記録」と呼んでいる。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと電子文書 · 続きを見る »

通信

通信(つうしん)とは、情報の伝達を意味する言葉である。有史以前から徐々に発展し、近代における様々なそして急激な技術的発展によって、より多様で利便性の高い、大衆的なものに発展してきた。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと通信 · 続きを見る »

FORTRAN

FORTRAN(フォートラン)は、1954年にIBMのジョン・バッカスによって考案された、コンピューターにおいて広く使われた世界最初の高級言語である。.

新しい!!: Standard Generalized Markup LanguageとFORTRAN · 続きを見る »

Generalized Markup Language

Generalized Markup Language(ジェネラライズド マークアップ ランゲージ、GML)は、IBMにより開発されたマークアップ言語の一つである。後のSGMLのベースともなった。.

新しい!!: Standard Generalized Markup LanguageとGeneralized Markup Language · 続きを見る »

HyperText Markup Language

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ、HTML(エイチティーエムエル))は、ハイパーテキストを記述するためのマークアップ言語の1つである。World Wide Web (WWW)において、ウェブページ(1990年代後半頃からはコンテンツという語も利用されている。「中身」という意味の語であり、大層な意味は無い)を表現するために用いられる。ハイパーリンクや画像等のマルチメディアを埋め込むハイパーテキストとしての機能、見出しや段落といったドキュメントの抽象構造、フォントや文字色の指定などの見た目の指定、などといった機能がある。 2012年7月以降、WHATWG により仕様が作られ、それを元に W3C により勧告が行われるという流れになっている。W3C は、XML ベースの規格である XHTML の勧告も行っている。.

新しい!!: Standard Generalized Markup LanguageとHyperText Markup Language · 続きを見る »

IBM

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。.

新しい!!: Standard Generalized Markup LanguageとIBM · 続きを見る »

SGML実体

Standard Generalized Markup Language (SGML) における実体(entity)は、プリミティブデータ型の1つであり、固有のエイリアス(ユーザーが指定した名前など)またはSGML予約語(#DEFAULT など)を1つの文字列と関連付けるものである。XMLやHTMLにおける実体 (entity) も同様である。 実体はSGML文書の構造と定義の基盤である。SGML仕様では様々な実体型 (entity type) を定義しており、キーワード修飾子と文脈で決まる。実体文字列の値としては、プレーンテキスト、SGMLタグ、事前定義された実体への参照から成る。外部文書を参照する実体型もある。実体は参照渡しである。.

新しい!!: Standard Generalized Markup LanguageとSGML実体 · 続きを見る »

構文解析

構文解析(こうぶんかいせき、syntactic analysis あるいは parse)とは、文章、具体的にはマークアップなどの注記の入っていないベタの文字列を、自然言語であれば形態素に切分け、さらにその間の関連(修飾-被修飾など)といったような、統語論的(構文論的)な関係を図式化するなどして明確にする(解析する)手続きである。自然言語については自然言語処理における要点のひとつであり、プログラミング言語など形式言語の場合は、形式文法に従い構文木を得る。構文解析を行う機構を構文解析器(parser)と呼ぶ。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと構文解析 · 続きを見る »

欧州原子核研究機構

欧州原子核研究機構(おうしゅうげんしかくけんきゅうきこう、) は、スイスのジュネーヴ郊外でフランスと国境地帯にある、世界最大規模の素粒子物理学の研究所である。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと欧州原子核研究機構 · 続きを見る »

欧州共同体

欧州共同体(おうしゅうきょうどうたい、European Community)とは、1992年に調印された欧州連合条約のもとで導入された欧州連合の3つの柱のうち、第1の柱を構成する政策の枠組み。またはその政策の実現のために設置されている国家間の共同体。ECとも。欧州共同体は超国家主義の原則に基づいており、欧州連合の前身である欧州経済共同体が起源となっており、共同体としても欧州経済共同体設立条約から改称された欧州共同体設立条約が法的根拠となってきた。2009年のリスボン条約発効で3本柱構造が廃止されたことにより欧州共同体と残りの2つの柱は統合され、法人格を持つ共同体としても消滅した。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと欧州共同体 · 続きを見る »

文書型宣言

文書型宣言(ぶんしょかたせんげん)、DOCTYPE宣言(DOCTYPEせんげん)は、SGMLやXML文書を、文書型定義(DTD)と結びつけるための宣言である。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと文書型宣言 · 続きを見る »

1979年

記載なし。

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと1979年 · 続きを見る »

1986年

この項目では、国際的な視点に基づいた1986年について記載する。.

新しい!!: Standard Generalized Markup Languageと1986年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ISO 8879JIS X 4151SGML汎用マークアップ言語規約

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »