ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

(99907) 1989 VA は、アテン群に属する地球近傍小惑星の一つである。1989年11月2日にキャロライン・シューメーカーがパロマー天文台にて発見した。 公転周期が金星とほぼ等しい。.

16 関係: 天文単位小惑星の一覧 (99001-100000)度 (角度)地球近傍小惑星ユリウス通日パロマー天文台アテン群キャロライン・シューメーカーキロメートルジェット推進研究所軌道共鳴金星金星横断小惑星水星横断小惑星11月2日1989年

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は長さの単位で、正確に である。2014年3月に「国際単位系 (SI) 単位と併用される非 SI 単位」(SI併用単位)に位置づけられた。それ以前は、SIとの併用が認められている単位(SI単位で表される、数値が実験的に得られるもの)であった。主として天文学で用いられる。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと天文単位 · 続きを見る »

小惑星の一覧 (99001-100000)

>.

新しい!!: (99907) 1989 VAと小惑星の一覧 (99001-100000) · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: (99907) 1989 VAとクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: (99907) 1989 VAとクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと元日 · 続きを見る »

度 (角度)

角度の単位としての度(ど、arc degree)は、円周を360等分した弧の中心に対する角度である。また、測地学や天文学において、球(例えば地球や火星の表面、天球)上の基準となる大円に対する角度によって、球の上での位置を示すのにも用いられる(緯度・経度、黄緯・黄経など)。 国際単位系では「SIに属さないが、SIと併用される単位」(SI併用単位)と位置付けられている。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと度 (角度) · 続きを見る »

地球近傍小惑星

地球近傍小惑星(ちきゅうきんぼうしょうわくせい)とは、地球に接近する軌道を持つ天体(地球近傍天体、NEO (Near Earth Object))のうち小惑星のみを指す。英語でNEAs (Near Earth Asteroid) と呼ばれることもある。NASAによると地球に接近するために監視が必要とされるものは約8500個とされる。軌道計算では、これらの小惑星が今後少なくとも100年間は地球に衝突する恐れはないとしている。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと地球近傍小惑星 · 続きを見る »

ユリウス通日

ユリウス通日(ユリウスつうじつ、Julian Day、JD)とは、ユリウス暦本稿で言うユリウス暦は、西暦8年以前についてもユリウス暦の暦法(4年に1度閏年を実施)を機械的に遡って適用したと仮定したを指す。実際のユリウス暦では、その初期である紀元前45年 から 紀元前8年の間では、閏年を3年に1度とするという正しくない運用がなされていたので(ユリウス暦#初期のユリウス暦の運用)、この先発ユリウス暦とは一致しない。また、紀元前45年以前にはユリウス暦そのものが存在しない。紀元前4713年1月1日、すなわち西暦 -4712年1月1日の正午(世界時)からの日数である。単にユリウス日(ユリウスび)ともいう。時刻値を示すために一般には小数が付けられる。 例えば、協定世界時(UTC)でのCURRENTYEAR年CURRENTMONTHNAMECURRENTDAY日 のユリウス日の値は、おおむねである。.

新しい!!: (99907) 1989 VAとユリウス通日 · 続きを見る »

パロマー天文台

パロマー天文台(パロマーてんもんだい、Palomar Observatory)は、アメリカのカリフォルニア州サンディエゴにある私設天文台である。ウィルソン山天文台の南東90マイル(145km)にあるパロマー山に作られている。日本語ではしばしば「パロマー山天文台」とも呼ばれる。この天文台はカリフォルニア工科大学(カルテク)に所属している。2005年現在、天文台には4つの主な望遠鏡:口径200インチ (5.08m) ヘール望遠鏡、48インチ (1.22m) サミュエル・オシン望遠鏡、18インチ (457mm) シュミット式望遠鏡、60インチ (1.52m) 反射望遠鏡がある。これらに加えてパロマー試験干渉計 (Palomar Testbed Interferometer) も設置されている。 パロマー天文台 320pxドームを開放状態にしたパロマー天文台 所属Caltech 位置アメリカ、カリフォルニア州サンディエゴ 座標北緯33度21分21秒 西経116度51分50秒 標高1713 m (5618 ft) 天候(# of clear nights, humidity) Webhttp://www.astro.caltech.edu/observatories/palomar/ 望遠鏡 ヘール望遠鏡200インチ (5.08 m) 反射 60インチ望遠鏡60インチ (1.52 m) 反射 オシン望遠鏡48インチ (1.22 m) シュミット式望遠鏡 JPL パロマー試験干渉計干渉計 スヌープ全天カメラ.

新しい!!: (99907) 1989 VAとパロマー天文台 · 続きを見る »

アテン群

アテン群(アテンぐん)またはアテン型小惑星(アテンがたしょうわくせい、Aten asteroid)とは、地球近傍小惑星の分類の一つで、1976年にこのグループで最初に発見された小惑星 (2062) アテンから名づけられた。軌道長半径が1天文単位より小さいことにより定義される。ただし離心率が高い軌道もありうるため、これは必ずしも、軌道の全てが地球の軌道の内部にあることを意味しない。実際に現在知られているほとんど全てのアテン群小惑星の遠日点は1天文単位よりも大きい。遠日点が0.983AU未満の物はアティラ群 (Atira asteroid) と呼ばれる別の分類に属する。2013年6月26日現在、アテン群は784個発見されている。 2008年までに発見された、軌道長半径が最も小さい小惑星は (0.635 AU)で、次に小さいのが (0.642 AU) である。 また、2007年までに発見されたアテン群の小惑星で近日点が最も太陽に近いのは (0.0920 AU) だが、アポロ群の はさらに内側 (0.0713 AU) まで入り込む。 2004年の暮れ、(翌年に (99942) アポフィスと命名)という小惑星が2029年に地球に衝突する可能性があると報じられた。その後の観測で衝突の危険性はほとんどないと分かった。2036年にも衝突する可能性はまだ少し残っていたが、2013年の観測でその可能性もなくなった。 2006年に発見されたは、2006年9月から2007年6月の間、地球の周囲を3回公転し、一時的な地球の衛星となっていたことが分かった。 2011年2月4日、1という小惑星が地球表面からわずか5,480kmまで最接近した。あまりにも近づきすぎたため、軌道が60°も折れ曲がり、アポロ群からアテン群へと変化した。.

新しい!!: (99907) 1989 VAとアテン群 · 続きを見る »

キャロライン・シューメーカー

夫が撮影した、パロマー天文台18インチ望遠鏡の前のキャロライン・シューメーカー キャロライン・ジーン・スペルマン・シューメーカー(Carolyn Jean Spellmann Shoemaker、1929年6月24日 - )は、ニューメキシコ州ギャラップ(:w:Gallup, New Mexico)生まれのアメリカ人天文学者で、1993年に夫のユージン・シューメーカー、ディヴィッド・レヴィとともにシューメーカー・レヴィ第9彗星を発見した。 彼女は、個人での彗星の最多発見記録を持っている。1980年から、カリフォルニア工科大学のパロマー天文台で地球近傍小惑星や彗星の観測を始めた。 1980年代から90年代にかけて、彼女はパロマー天文台で撮った広域写真を立体視することにより、恒星に対して移動している星を探した。 1997年7月18日、オーストラリア・アリススプリングス付近でクレーターの調査中に、乗っていた車の衝突事故により夫のユージンを失う。キャロラインは肋骨を折る重傷を負ったが助かった。 2002年までに、彼女は32の彗星と800を超える小惑星を発見している。彼女は北アリゾナ大学から名誉博士号を、1996年にはアメリカ航空宇宙局からExceptional Scientific Achievement Medalを授与された。また1998年には夫とともにジェームズ・クレイグ・ワトソン・メダルを受賞した。.

新しい!!: (99907) 1989 VAとキャロライン・シューメーカー · 続きを見る »

キロメートル

メートル(kilometre、米国のみ1977年以降 kilometer、記号:km)は、国際単位系 (SI) の長さの単位で、1000 メートルに等しい。 km の記号は、長さのSI基本単位であるメートル m に 103 倍を表すSI接頭辞であるキロ k を付けたものである。 ヘクトメートル ≪ キロメートル ≪ メガメートル.

新しい!!: (99907) 1989 VAとキロメートル · 続きを見る »

ジェット推進研究所

ェット推進研究所の外観 ジェット推進研究所のコントロール・ルーム ジェット推進研究所(ジェットすいしんけんきゅうじょ、Jet Propulsion Laboratory: JPL)は、NASAの無人探査機等の研究開発及び運用に携わる研究所。アメリカ合衆国カリフォルニア州パサデナにある。JPLの前身となったカリフォルニア工科大学のグッゲンハイム航空研究所 (GALCIT) のロケット研究プロジェクトは1936年に立ち上げられ、1943年11月にGALCITの責任者であったセオドア・フォン・カルマンによって初めてJPLと名付けられた。.

新しい!!: (99907) 1989 VAとジェット推進研究所 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと新年 · 続きを見る »

軌道共鳴

軌道共鳴(きどうきょうめい、orbital resonance)とは、天体力学において、公転運動を行なう二つの天体が互いに規則的・周期的に重力を及ぼし合う結果、両者の公転周期が簡単な整数比になる現象である。公転周期がこのような整数比になっている状態を尽数関係 (commensurability) と呼ぶ。尽数とは有理数の古い呼び名である。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと軌道共鳴 · 続きを見る »

金星

金星(きんせい、Venus 、 )は、太陽系で太陽に近い方から2番目の惑星。また、地球に最も近い公転軌道を持つ惑星である。 地球型惑星であり、太陽系内で大きさと平均密度が最も地球に似た惑星であるため、「地球の姉妹惑星」と表現されることがある。また、太陽系の惑星の中で最も真円に近い公転軌道を持っている。 地球から見ると、金星は明け方と夕方にのみ観測でき、太陽、月についで明るく見える星であることから、明け方に見えるのが「明けの明星」、夕方に見えるのが「宵の明星」という。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと金星 · 続きを見る »

金星横断小惑星

金星横断小惑星(きんせいおうだんしょうわくせい、Venus-crosser asteroid)は、その軌道が金星と交叉する小惑星である。 以下にその主なものの一覧を示す。なお、「外」は金星外接小惑星、「水」は水星横断小惑星又は外接小惑星を表す。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと金星横断小惑星 · 続きを見る »

水星横断小惑星

水星横断小惑星(すいせいおうだんしょうわくせい、Mercury-crosser asteroid)は、その軌道が水星と交叉する小惑星である。 以下に一覧を示す。なお、「外」は水星外接小惑星を表す。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと水星横断小惑星 · 続きを見る »

11月2日

11月2日(じゅういちがつふつか)はグレゴリオ暦で年始から306日目(閏年では307日目)にあたり、年末まであと59日ある。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと11月2日 · 続きを見る »

1989年

この項目では、国際的な視点に基づいた1989年について記載する。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと1989年 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: (99907) 1989 VAと2019年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

1989 VA

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »