ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

陳・高彗星

索引 陳・高彗星

陳・高彗星(ちぇん・がおすいせい)とは、非周期彗星の1つである。2008年に中国人天文学者の陳韜(陈韬)と高興(高兴)によって発見された。彗星の命名規則による名称はC/2008 C1。中国名は陳-高彗星。 2012年現在、軌道の値がある程度定まっている天体の中では、最も大きな軌道長半径と遠日点距離、1に近い離心率を持つ彗星かつ太陽系の天体である。測定された値は、遠日点距離4.9光年、公転周期は6200万年という壮大なものである。ただし、この値を信用する限りでは、その距離は最も近い恒星であるプロキシマ・ケンタウリの4.24光年を超える。彗星の源とされるオールトの雲は、太陽の重力が他の恒星や銀河系の重力と同等になる1.6光年までと推定されているため、実際には離心率が1を超えた双曲線軌道を持つ非周期彗星の可能性が高い。また、仮に近日点距離と離心率で求まる巨大な楕円軌道が正しいとしても、太陽の摂動や他の重力元による影響によって途中で軌道が変わる可能性が高い。.

27 関係: 天文単位天文学者太陽太陽系中国人彗星ボーエル彗星プロキシマ・ケンタウリ周期彗星オールトの雲コワル・LINEAR彗星光年銀河系非周期彗星非周期彗星の一覧軌道長半径近点・遠点重力長周期彗星離心率恒星核 (彗星)池谷・張彗星2008年2月8日3月8日4月16日

天文単位

天文単位(てんもんたんい、astronomical unit、記号: au)は長さの単位で、正確に である。2014年3月に「国際単位系 (SI) 単位と併用される非 SI 単位」(SI併用単位)に位置づけられた。それ以前は、SIとの併用が認められている単位(SI単位で表される、数値が実験的に得られるもの)であった。主として天文学で用いられる。.

新しい!!: 陳・高彗星と天文単位 · 続きを見る »

天文学者

リレオ・ガリレイはしばしば近代天文学の父と呼ばれる。 天文学者(てんもんがくしゃ)とは、惑星、恒星、銀河等の天体を研究する科学者である。 歴史的に、astronomy では天空で起きる現象の分類や記述に重点を置き、astroplane ではこれらの現象の説明やそれらの間の差異を物理法則を使って説明することを試みてきた。今日では、2つの差はほとんどなくなっている。プロの天文学者は高い教育を受け、通常物理学か天文学の博士号を持っており、研究所や大学に雇用されている。多くの時間を研究に費やすが、教育、施設の建設、天文台の運営の補助等にも携わっている。アメリカ合衆国のプロの天文学者の数は少なく、北米最大の天文学者の組織であるアメリカ天文学会には7,700人が所属している。天文学者の数の中には、物理学、地学、工学等の別の分野出身で天文学に関心を持ち、深く関わっているの者も含まれている。国際天文学連合には、博士課程以上の学生を含めて89カ国から9259人が所属している。 世界中のプロの天文学者の数は小さな町の人口にも満たないが、アマチュア天文学者のコミュニティは数多くある。多くの市に、定期的に会合を開催しているアマチュア天文学者のクラブがある。太平洋天文協会は、70カ国以上からプロやアマチュアの天文学者、教育者が参加する世界最大の組織である。他の趣味と同様に、自身をアマチュア天文学者だと考える多くの人々は、月に数時間を天体観測や最新の研究成果を読むことに費やす。しかし、アマチュアは、いわゆる「アームチェア天文学者」と呼ばれる人々から、自身の天体望遠鏡を所持して野望を持ち、新しい発見をしたりプロの天文学者の研究を助けたりする者まで、幅広く存在する。.

新しい!!: 陳・高彗星と天文学者 · 続きを見る »

太陽

太陽(たいよう、Sun、Sol)は、銀河系(天の川銀河)の恒星の一つである。人類が住む地球を含む太陽系の物理的中心尾崎、第2章太陽と太陽系、pp. 9–10であり、太陽系の全質量の99.86%を占め、太陽系の全天体に重力の影響を与えるニュートン (別2009)、2章 太陽と地球、そして月、pp. 30–31 太陽とは何か。 太陽は属している銀河系の中ではありふれた主系列星の一つで、スペクトル型はG2V(金色)である。推測年齢は約46億年で、中心部に存在する水素の50%程度を熱核融合で使用し、主系列星として存在できる期間の半分を経過しているものと考えられている尾崎、第2章太陽と太陽系、2.1太陽 2.1.1太陽の概観 pp. 10–11。 また、太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の中心の恒星を比喩的に「太陽」と呼ぶことがある。.

新しい!!: 陳・高彗星と太陽 · 続きを見る »

太陽系

太陽系(たいようけい、この世に「太陽系」はひとつしかないので、固有名詞的な扱いをされ、その場合、英語では名詞それぞれを大文字にする。、ラテン語:systema solare シュステーマ・ソーラーレ)とは、太陽および、その重力で周囲を直接的、あるいは間接的に公転する天体惑星を公転する衛星は、後者に当てはまるから構成される構造である。主に、現在確認されている8個の惑星歴史上では、1930年に発見された冥王星などの天体が惑星に分類されていた事もあった。惑星の定義も参照。、5個の準惑星、それを公転する衛星、そして多数の太陽系小天体などから成るニュートン (別2009)、1章 太陽系とは、pp.18-19 太陽のまわりには八つの惑星が存在する。間接的に太陽を公転している天体のうち衛星2つは、惑星では最も小さい水星よりも大きい太陽と惑星以外で、水星よりも大きいのは木星の衛星ガニメデと土星の衛星タイタンである。。 太陽系は約46億年前、星間分子雲の重力崩壊によって形成されたとされている。総質量のうち、ほとんどは太陽が占めており、残りの質量も大部分は木星が占めている。内側を公転している小型な水星、金星、地球、火星は、主に岩石から成る地球型惑星(岩石惑星)で、木星と土星は、主に水素とヘリウムから成る木星型惑星(巨大ガス惑星)で、天王星と海王星は、メタンやアンモニア、氷などの揮発性物質といった、水素やヘリウムよりも融点の高い物質から成る天王星型惑星(巨大氷惑星)である。8個の惑星はほぼ同一平面上にあり、この平面を黄道面と呼ぶ。 他にも、太陽系には多数の小天体を含んでいる。火星と木星の間にある小惑星帯は、地球型惑星と同様に岩石や金属などから構成されている小天体が多い。それに対して、海王星の軌道の外側に広がる、主に氷から成る太陽系外縁天体が密集している、エッジワース・カイパーベルトや散乱円盤天体がある。そして、そのさらに外側にはと呼ばれる、新たな小惑星の集団も発見されてきている。これらの小天体のうち、数十個から数千個は自身の重力で、球体の形状をしているものもある。そのような天体は準惑星に分類される事がある。現在、準惑星には小惑星帯のケレスと、太陽系外縁天体の冥王星、ハウメア、マケマケ、エリスが分類されている。これらの2つの分類以外にも、彗星、ケンタウルス族、惑星間塵など、様々な小天体が太陽系内を往来している。惑星のうち6個が、準惑星では4個が自然に形成された衛星を持っており、慣用的に「月」と表現される事がある8つの惑星と5つの準惑星の自然衛星の一覧については太陽系の衛星の一覧を参照。。木星以遠の惑星には、周囲を公転する小天体から成る環を持っている。 太陽から外部に向かって放出されている太陽風は、太陽圏(ヘリオスフィア)と呼ばれる、星間物質中に泡状の構造を形成している。境界であるヘリオポーズでは太陽風による圧力と星間物質による圧力が釣り合っている。長周期彗星の源と考えられているオールトの雲は太陽圏の1,000倍離れた位置にあるとされている。銀河系(天の川銀河)の中心から約26,000光年離れており、オリオン腕に位置している。.

新しい!!: 陳・高彗星と太陽系 · 続きを見る »

中国人

中国人(ちゅうごくじん)とは、ユーラシア大陸東部に存在する地域としての中華圏、またはそれに根ざした国家、民族などにまつわる多数の意味を持つ広範な概念上の呼称であり、さまざまな場所、あるいは立場上により全て異なる概念になることがある。.

新しい!!: 陳・高彗星と中国人 · 続きを見る »

彗星

アメリカ合衆国アリゾナ州のカタリナ天文台で1974年11月1日に撮影されたコホーテク彗星 クロアチアのパジンで1997年3月29日に撮影されたヘール・ボップ彗星 彗星(すいせい、comet)は、太陽系小天体のうち主に氷や塵などでできており、太陽に近づいて一時的な大気であるコマや、コマの物質が流出した尾(テイル)を生じるものを指す。.

新しい!!: 陳・高彗星と彗星 · 続きを見る »

ボーエル彗星

ボーエル彗星 (Bowell) とは、非周期彗星の1つ。彗星の命名規則による仮符号はC/1980 E1。 軌道離心率は発見当時、太陽系の天体の中では最大の1.0575だったが、2017年10月19日に発見されたA/2017 U1(軌道離心率1.196)に大幅に記録を更新された。 1980年2月11日にエドワード・ボーエルによって発見された。1980年12月9日に木星からたったの3400万km(0.2284AU)まで接近した。1982年5月12日に近日点を通過した。.

新しい!!: 陳・高彗星とボーエル彗星 · 続きを見る »

プロキシマ・ケンタウリ

プロキシマ・ケンタウリ()は、ケンタウルス座の方向に4.246光年離れた位置にある赤色矮星である。太陽系に最も近い恒星として知られている。.

新しい!!: 陳・高彗星とプロキシマ・ケンタウリ · 続きを見る »

周期彗星

周期彗星(しゅうきすいせい)は、公転軌道の離心率が1未満の彗星である。有限の公転周期を持ち、基本的には楕円軌道で、周期的に回帰する。彗星は、離心率が1未満の周期彗星と、離心率が1以上の非周期彗星に分けることができる。.

新しい!!: 陳・高彗星と周期彗星 · 続きを見る »

オールトの雲

ールトの雲(オールトのくも)あるいはオールト雲(オールトうん)とは、太陽系を球殻状に取り巻いていると考えられる仮想的な天体群をいう。オランダの天文学者ヤン・オールトが長周期彗星や非周期彗星の起源として1950年に提唱した。存在を仮定されている天体は、水・一酸化炭素・二酸化炭素・メタンなどの氷が主成分であると考えられている。.

新しい!!: 陳・高彗星とオールトの雲 · 続きを見る »

コワル・LINEAR彗星

ワル・LINEAR彗星 (158P/Kowal-LINEAR) とは、158番目に周期彗星に登録された彗星である。 はじめは1979年7月24日にチャールズ・トーマス・コワルによって発見され。その後2002年になって、LINEARによって再発見され、周期10.26年の周期彗星となって発見された。 2012年現在、離心率が最も小さく、最も円に近い軌道を巡っている彗星である。木星軌道の内側にあり、時々木星に接近する。最近で最も接近したのは、1943年8月8日に約3730万km(0.24998AU)まで接近した。ちなみに土星には1936年8月10日約2億4200万km(1.6147AU)まで接近した。.

新しい!!: 陳・高彗星とコワル・LINEAR彗星 · 続きを見る »

光年

光年(こうねん、light-year、Lichtjahr、記号 ly)は、主として天文学で用いられる距離(長さ)の単位であり、正確に 、約9.5兆キロメートルである。1981年まではSI併用単位であった。.

新しい!!: 陳・高彗星と光年 · 続きを見る »

銀河系

銀河系(ぎんがけい、the Galaxy)または天の川銀河(あまのがわぎんが、Milky Way Galaxy)は太陽系を含む銀河の名称である。地球から見えるその帯状の姿は天の川と呼ばれる。 1000億の恒星が含まれる棒渦巻銀河とされ、局部銀河群に属している。.

新しい!!: 陳・高彗星と銀河系 · 続きを見る »

非周期彗星

非周期彗星(ひしゅうきすいせい)は、軌道離心率が1以上の彗星である。放物線軌道または双曲線軌道を持つ。公転周期は定義できず、一度太陽に接近した後は、二度と戻ってこないか、仮に摂動などによって戻ってくるとしても数十万年以上未来である。非周期彗星に対し、離心率が1未満の楕円軌道の彗星を周期彗星という。 ただし、非周期彗星は、長周期の周期彗星と区別する意義が少ないので、あわせて長周期彗星として論じられることが多い。 離心率1の軌道は放物線軌道、離心率が1より大きい軌道は双曲線軌道である。ただし現実には、離心率がぴったり1になるようなことはない。発表されている軌道要素で離心率が1になっているのは、観測が不十分だったため、離心率を1と仮定して、自由変数を1つ減らして求めたものである。現実には、双曲線軌道か、長周期の楕円軌道であろう。 非周期彗星には、軌道長半径 (a)、遠日点距離 (Q)、公転周期 (P)は定義できない。ただし計算上、放物線軌道では、a、Q、Pは全て無限大になる。双曲線軌道では、aとQはマイナス、Pは虚数になる。 非周期彗星の離心率は1以上だが、そう大きく超えるわけではなく、最大級のボウエル彗星 (C/1980 E1) でも1.058程度である。これは、力学的エネルギーがほぼゼロであったこと、すなわち数万AUというような"遠方"では速度および角速度がゼロに近かったことを意味する。ただし、そうであるからといって、必ずしも"遠方"から来たとは限らない。惑星等の他天体との重力相互作用によって軌道が変化した可能性があるからである。.

新しい!!: 陳・高彗星と非周期彗星 · 続きを見る »

非周期彗星の一覧

非周期彗星の一覧(ひしゅうきすいせいのいちらん)では、非周期彗星および周期200年以上の長周期彗星のうち著名なものの・特筆すべきものの一覧である。 非周期彗星は、軌道離心率が1以上、つまり、放物線軌道か双曲線軌道の非周期軌道を取る。近傍恒星による摂動や非重力効果を無視すれば、それらは太陽系内部に1度だけ回帰し、二度と現れることはない。一方、周期が非常に長い長周期彗星は、遠い未来に再帰する。しかし実際には摂動や非重力効果により、二度と回帰しないかはるか未来に再帰するかは確実なことは言えず、これらを区別する意味は乏しい。 非周期彗星および長い長周期彗星の公式な符号は「C/」で始まる(ただし再帰した彗星は短周期長周期問わず「数字+P」となる)。見失われたか消滅した彗星の符号は「D/」で始まる。後者の一例としてはレクセル彗星(D/1770 L1)がある。この彗星は木星の重力によって太陽系から追い出されたことで知られている。.

新しい!!: 陳・高彗星と非周期彗星の一覧 · 続きを見る »

軌道長半径

軌道長半径(きどうちょうはんけい、英語:semi-major axis)とは、幾何学において楕円や双曲線のパラメータを表す数である。.

新しい!!: 陳・高彗星と軌道長半径 · 続きを見る »

近点・遠点

近地点と遠地点の位置関係 近点・遠点(きんてん・えんてん、periapsis and apoapsis) とは、軌道運動する天体が、中心天体の重力中心に最も近づく位置と、最も遠ざかる位置のことである。両者を総称して軌道極点またはアプシス(apsis) と言う。 特に、中心天体が太陽のときは近日点・遠日点(きんじつてん・えんじつてん、perihelion and aphelion )、主星が地球のときは近地点・遠地点(きんちてん・えんちてん、perigee and apogee )、連星系では近星点・遠星点(きんせいてん・えんせいてん、periastron and apastron)と言う。地球を周回する人工衛星については英単語のままペリジー・アポジーとも言う。主星が惑星の場合、例えば木星の衛星や木星を周回する探査機(ジュノーなど)の軌道の木星に対する近点・遠点は近木点・遠木点(きんもくてん・えんもくてん、perijove and apojove)、土星ならば近土点・遠土点(きんどてん・えんどてん、perichron and apochron)と表現することもある。 中心天体の周りを周回する天体は楕円軌道を取るが、中心天体は楕円の中心ではなく、楕円の長軸上にふたつ存在する焦点のいずれかに位置する。このため周回する天体は中心天体に対して、最も接近する位置(近点)と最も遠ざかる位置(遠点)を持つことになる。遠点・近点および中心天体の重力中心は一直線をなし、この直線は楕円の長軸に一致する。 中心天体の重力中心から近点までの距離を近点距離(近日点距離、近地点距離)、遠点までの距離を遠点距離(遠日点距離、遠地点距離)といい、それぞれ軌道要素の1つである。軌道長半径、離心率、近点距離、遠点距離の4つの軌道要素のうち2つを指定すれば、軌道の2次元的な形状が決まる。通常、軌道長半径と離心率が使われるが、放物線軌道・双曲線軌道(特に、彗星の軌道)については通常の意味での軌道長半径を定義できないので、近点距離と離心率が使われる。なお、人工衛星については近地点高度・遠地点高度という言葉もあるが、これらは地球の海面(ジオイド)からの距離である。 他の天体による摂動、一般相対論的効果により、近点は(したがって遠点も)少しずつ移動することがある。これを近点移動(近日点移動、近地点移動)という。.

新しい!!: 陳・高彗星と近点・遠点 · 続きを見る »

重力

重力(じゅうりょく)とは、.

新しい!!: 陳・高彗星と重力 · 続きを見る »

長周期彗星

長周期彗星(ちょうしゅうきすいせい、long-period comet)は、公転周期が200年以上の周期彗星と非周期彗星の総称である。これに対し、公転周期が200年未満の周期彗星を短周期彗星という。 彗星の軌道は不安定で、その度合いは周期が長いほど強くなる。そこで、周期200年を恣意的な境界に定め、軌道が比較的安定している短周期彗星と、かなり不安定な長周期彗星を分けている。 長周期彗星に非周期彗星を含めず使うこともあるが、専門用語としては、非周期彗星を含むことが多い。本稿でも、非周期彗星を含めた長周期彗星について述べる。 公転周期200年は、軌道長半径34.20 AUにあたる。つまり、長周期彗星は軌道長半径34.20 AU以上の周期彗星(および非周期彗星)であると言ってもいい。なお、公転周期200年、軌道長半径34.20 AUは、海王星(165年、30.11 AU)と冥王星(250年、39.54 AU)の間である。ただし、彗星は軌道離心率が大きいので、遠日点距離は軌道長半径の2倍近くになる。通常、エッジワース・カイパーベルト(30~50 AU)よりも外側である。 彗星の命名規則では、長周期彗星の符号はC/で始まる。たとえば、百武彗星 (C/1996 B2)。それに対し、短周期彗星はP/(または登録番号がついたnnP/)で始まる。ただし、番号登録周期彗星、つまり、2回の回帰が確認された彗星は、長周期彗星であってもnnP/で始まる。2006年現在、それに当てはまるのは池谷・張彗星 (153P)(周期367年)の1つである。 2006年8月現在、約2100個の長周期彗星が発見されている。これは、発見された彗星の80 %以上であり、彗星の大半は長周期彗星であるといえる。(残りは、短周期彗星と、軌道が求まらなかった彗星) 長周期彗星は、オールトの雲からやってくると推測されている。それに対し、短周期彗星は、エッジワース・カイパーベルトからやってくると推測されている。 一般に、短周期彗星は発見前を含めれば何十回・何百回となく回帰しているため、揮発成分はほとんど失われてしまい、大彗星は少ない。明るく輝くのは、ほとんどが長周期彗星である。 Category:彗星 *.

新しい!!: 陳・高彗星と長周期彗星 · 続きを見る »

離心率

離心率(りしんりつ)とは、円錐曲線(二次曲線)の特徴を示す数値のひとつである。.

新しい!!: 陳・高彗星と離心率 · 続きを見る »

恒星

恒星 恒星(こうせい)は、自ら光を発し、その質量がもたらす重力による収縮に反する圧力を内部に持ち支える、ガス体の天体の総称である。人類が住む地球から一番近い恒星は、太陽系唯一の恒星である太陽である。.

新しい!!: 陳・高彗星と恒星 · 続きを見る »

核 (彗星)

テンペル第1彗星の核 彗星の中心をなし、一般に汚れた雪だまと呼ばれている個体の小天体。彗星の核は、岩石、チリ、凍ったガスからできている。太陽に温められると、ガスは昇華し、核の周りにコマとして知られる大気圏を形成する。太陽の放射圧と太陽風がコマに及ぼす力により太陽とは逆の方向に巨大な尾が形成される。一般的な彗星核のアルベドは、0.04である。.

新しい!!: 陳・高彗星と核 (彗星) · 続きを見る »

池谷・張彗星

池谷・張彗星(いけや・チャンすいせい、153P/Ikeya-Zhang)は、2002年2月1日に発見された周期彗星である。登録番号がついた周期彗星の中では、最長の周期(366年)を有する。.

新しい!!: 陳・高彗星と池谷・張彗星 · 続きを見る »

2008年

この項目では、国際的な視点に基づいた2008年について記載する。.

新しい!!: 陳・高彗星と2008年 · 続きを見る »

2月8日

2月8日(にがつようか)はグレゴリオ暦で年始から39日目にあたり、年末まであと326日(閏年では327日)ある。.

新しい!!: 陳・高彗星と2月8日 · 続きを見る »

3月8日

3月8日(さんがつようか)はグレゴリオ暦で年始から67日目(閏年では68日目)にあたり、年末まであと298日ある。.

新しい!!: 陳・高彗星と3月8日 · 続きを見る »

4月16日

4月16日(しがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から106日目(閏年では107日目)にあたり、年末まであと259日ある。誕生花はヤマブキソウ、ライラック、スノーフレークなど。.

新しい!!: 陳・高彗星と4月16日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

C/2008 C1チェン・ガオ彗星陈-高彗星陈・高彗星

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »