ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

X/Open XA

索引 X/Open XA

X/Open XA とは、X/Openが策定した分散トランザクション処理のための標準規格。各ノードのローカルなリソースマネージャと、それらを分散システムとして統合するトランザクションマネージャとの間のプログラムインタフェースを規定している。 XA は、トランザクションマネージャとリソースマネージャ間で2相コミットプロトコルを実行するためのC言語プログラムインタフェースを規定している。主にTXインタフェースおよびXAインタフェースがある。 本来の XA インターフェースは製品に依存せず同一であるが、XA 準拠の各 トランザクションマネージャ では、リソースマネージャ が製品固有の方法で組み込まれている場合がある。.

8 関係: 分散トランザクションBerkeley DBJava Transaction APIOpenTP1Oracle TuxedoOW2 ConsortiumXA2相コミット

分散トランザクション

分散トランザクション(ぶんさんトランザクション、Distributed transaction)は、コンピュータ分野におけるトランザクション処理の処理形態の1つであり、ネットワーク上の2つ以上のホスト(処理するコンピュータ)が関連する、1まとまりの操作(処理、取引、トランザクション)のことを示す。.

新しい!!: X/Open XAと分散トランザクション · 続きを見る »

Berkeley DB

Berkeley DBは、アプリケーション組み込み型のデータベースライブラリである。現在はオラクルの製品であり、またオープンソースとして公開されている。.

新しい!!: X/Open XAとBerkeley DB · 続きを見る »

Java Transaction API

Java トランザクション API(Java transaction API、JTA)とは、Java EE のAPIの1つであり、XAリソース間の分散トランザクション処理を扱う。JTA は Java コミュニティ・プロセスで JSR 907 として開発された仕様である。JTA は以下を提供する.

新しい!!: X/Open XAとJava Transaction API · 続きを見る »

OpenTP1

OpenTP1は日立製作所が開発・発売している日立オープンミドルウェアシリーズのひとつで、1994年に発売されたソフトウェア。オープンシステム上でオンライントランザクション処理(OLTP)を実行する為のソフトウェア名称。1994年日経BP技術賞システム部門賞受賞。.

新しい!!: X/Open XAとOpenTP1 · 続きを見る »

Oracle Tuxedo

Oracle Tuxedo(オラクル・タキシード、Tuxedo、Transactions for Unix, Extended for Distributed Operations)は、オンライントランザクション処理 (OLTP)を扱うためのトランザクションモニター(TPモニタ)を中核としたミドルウェア製品である。1984年にAT&Tによって Tuxedo として開発され、USL、ノベル、BEAシステムズ(BEA)を経て、オラクルにより販売されている。.

新しい!!: X/Open XAとOracle Tuxedo · 続きを見る »

OW2 Consortium

OW2 Consortium(オーダブリューツー・コンソーシアム)は、オープンソースのミドルウェア、EAI, 電子商取引、クラスタリング、グリッド・コンピューティングに関する非営利の国際コンソーシアムである。2007年1月、ObjectWeb Consortium と Orientware が合併して結成された。高品質なオープンソースの分散コンピューティングアプリケーション用コンポーネントの開発を目指している。.

新しい!!: X/Open XAとOW2 Consortium · 続きを見る »

XA

XA(エックスエー)は、.

新しい!!: X/Open XAとXA · 続きを見る »

2相コミット

2相コミット(Two-Phase Commit)とは、コンピュータネットワークやデータベースにおいて、分散システム内の全ノードがトランザクションのコミットに合意するための分散アルゴリズムあるいはプロトコルである。ネットワーク障害やノード故障の場合も考慮され、結果としてトランザクションはコミットされるか失敗するかのいずれかの状態となる。しかし、Dale Skeen とマイケル・ストーンブレーカーの研究によれば、2相コミットは同時に複数のサイトが(無作為に)障害に陥った場合に対応できない。このアルゴリズムの2相とは、「調整者; coordinator」が全「参加者; cohorts」の調整を行う「コミット要求相; commit-request phase」と、調整者の決定によって全参加者がトランザクションを完了させる「コミット相; commit phase」である。.

新しい!!: X/Open XAと2相コミット · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »