ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

W型16気筒

索引 W型16気筒

W型16気筒(ダブリュがたじゅうろっきとう)はピストン式内燃機関(レシプロエンジン)のシリンダー配列形式の一つで、W型エンジンの一種。W16と略される事もある。今日存在するW型16気筒エンジンは全て狭角V型エンジン技術の延長上で設計されており、8つのピストンを持つ2つのシリンダーバンクが組み合わされ、1本のクランクシャフトを回すレイアウトを採用している。 フォルクスワーゲンは現在W型16気筒を生産する唯一の自動車メーカーであり、フォルクスワーゲンのデザインはW型12気筒を延長して4気筒を追加する形を採っている。このデザインは元々はフォルクスワーゲン・VR6型エンジンで培われた技術でもある。この形式のエンジンは1999年に発表されたコンセプトカーの:en:Bentley Hunaudieresで初めて公開され、後にアウディのコンセプトカーである:en:Audi Rosemeyerにも採用された。.

11 関係: レシプロエンジンブガッティ・ヴェイロンブガッティ・オトモビルフォルクスワーゲン・VR6型エンジンベントレー・ユーノディエールシリンダー点火順序W型12気筒W型18気筒W型エンジン機関 (機械)

レシプロエンジン

レシプロエンジン(英語:reciprocating engine)は、往復動機関あるいはピストンエンジン・ピストン機関とも呼ばれる熱機関の一形式である。 燃料の燃焼による熱エネルギーを作動流体の圧力(膨張力)としてまず往復運動に変換し、ついで回転運動の力学的エネルギーとして取り出す原動機である。燃焼エネルギーをそのまま回転運動として取り出すタービンエンジンやロータリーエンジンと対置される概念でもある。 レシプロエンジンは、自動車や船舶、20世紀前半までの航空機、非電化の鉄道で用いられる鉄道車両、といった乗り物の動力源としては最も一般的なもので、他に発電機やポンプなどの定置動力にも用いられる。.

新しい!!: W型16気筒とレシプロエンジン · 続きを見る »

ブガッティ・ヴェイロン

ヴェイロン(Veyron 16.4 )は、ブガッティ・オトモビルが2005年から2015年にかけて製造していたスーパーカーである。 1998年、フォルクスワーゲングループによって設立された新生ブガッティブランド初の市販車であり、2005年から発売され同グループのフラグシップともなっている。 ヴェイロンの名は初代ブガッティのエンジニア、レーシングドライバーであり、1939年のル・マン24時間レースをジャン=ピエール・ウィミーユ(''Jean-Pierre Wimille'' )とともにブガッティ・タイプ57で制するなど活躍したピエール・ヴェイロン(''Pierre Veyron'' )から来ている。 2015年2月、ヴェイロンの完売が発表され、絶版となった。.

新しい!!: W型16気筒とブガッティ・ヴェイロン · 続きを見る »

ブガッティ・オトモビル

ブガッティ・オトモビル(Bugatti Automobiles SAS )はフランスに本社を置く自動車メーカー。フォルクスワーゲンが往年のブガッティの商標権および製造販売権を獲得し100%子会社として1998年に創業。フォルクスワーゲンの取締役会会長であったフェルディナント・ピエヒが主導した。.

新しい!!: W型16気筒とブガッティ・オトモビル · 続きを見る »

フォルクスワーゲン・VR6型エンジン

フォルクスワーゲン・VR6型エンジン(VR6)は、フォルクスワーゲングループによって開発された6気筒の狭角V型エンジンであり、1991年に登場した。VR6という名称は、VがV型エンジン、Rがドイツ語で直列エンジンを意味するReihenmotorの頭文字から付けられている。長らくVR6の名称で親しまれてきたが、現在におけるフォルクスワーゲン・VR型6型エンジンの正式名称はV6である。 特徴としては、通常のV型6気筒エンジンや直列6気筒エンジンと比べるとより緻密で高精度な設計が要求されるが、V型6気筒エンジンより全幅を細く設計でき、それでいて直列4気筒エンジンとさほど変わらない全長を保つことができるため、6気筒エンジンでありながら非常にコンパクトなエンジンが作れることにある。また、V型6気筒エンジンはシリンダーヘッドが二つ必要なところを、VR6型エンジンでは全幅が細い特徴を生かして直列型エンジンと同様にシリンダーヘッドを一つで済ませられる。これらはエンジン軽量化とともに原材料コストの低減化に貢献し、他にも、点火順序が直列6気筒エンジンと同一のため、直列6気筒エンジンに近いエンジン振動の静粛性が見込める。 現在発売されているVW車では、従来表記されてきたVR6からV6へ名称変更が行われたが、これはマーケティング上の知名度を優先したためであり、エンジンはフォルクスワーゲン・VR6型エンジンのままである。ちなみに、このエンジンの名称VR6のVRが今ではそのまま狭角V型の固有名詞になっている(V6がV型6気筒を表すように、VR6は狭角V型6気筒を表す。海外、特に欧州ではVR.

新しい!!: W型16気筒とフォルクスワーゲン・VR6型エンジン · 続きを見る »

ベントレー・ユーノディエール

ユーノディエール(Hunaudières)はイギリスの自動車メーカーであるベントレーが1999年に発表したコンセプトカーである。サロン・アンテルナショナル・ド・ロトで発表された。最高出力465 kW/6,000 rpm、最大トルク760 N·m/4,000 rpmのフォルクスワーゲン製8.0 リットル自然吸気W型16気筒エンジンが搭載され5速マニュアルトランスミッションが組み合わされる。最高速度は350 km/hを達成した。 ユーノディエールという名前はサルト・サーキットの有名なストレートの名前からとられている。ベントレー・ブロワーに乗ったヘンリー"ティム"バーキンはメルセデス・ベンツ・SSK(''Mercedes-Benz SSK'' )に乗ったルドルフ・カラツィオラをユーノディエール・ストレートで一輪を草の上に落とした状態で追い抜いた。.

新しい!!: W型16気筒とベントレー・ユーノディエール · 続きを見る »

シリンダー

リンダー (Cylinder) とは、英語で「円筒」を意味する単語である。 “シリンダー”と呼称されるものにはいくつかの種類があるが、本項では主にレシプロエンジンの構成部品の一つについて既述する。.

新しい!!: W型16気筒とシリンダー · 続きを見る »

点火順序

点火順序(てんかじゅんじょ、Firing Order)は複数のシリンダーを持つエンジンの、それぞれのシリンダーで膨張(燃焼)行程が発生する順番である。火花点火式エンジンではスパークプラグが点火する順番を指し、ディーゼルエンジンでは燃料を噴射する順番を指す。.

新しい!!: W型16気筒と点火順序 · 続きを見る »

W型12気筒

W型12気筒(ダブリュがたじゅうにきとう)はピストン式内燃機関(レシプロエンジン)のシリンダー配列形式の一つで、W型エンジンの一種。W12と略されることもある。 現在までにW型12気筒は2種類の異なる構成の物が製造された。ひとつはネイピア ライオンエンジンに代表される4個のシリンダーが3つのシリンダーバンクに振り分けられて12気筒を構成する3バンク型であり、もうひとつが狭角V型エンジンの技術を応用して2つの狭角V型6気筒エンジンを組み合わせ、見かけ上4バンクのシリンダーバンクを構成するように設計されたものである。後者のものを前者のものと区別する為にWR12という略称を用いることもある。.

新しい!!: W型16気筒とW型12気筒 · 続きを見る »

W型18気筒

W型18気筒(ダブリュがたじゅうはちきとう)はピストン式内燃機関(レシプロエンジン)のシリンダー配列形式の一つで、W型エンジンの一種。W18と略される事もある。.

新しい!!: W型16気筒とW型18気筒 · 続きを見る »

W型エンジン

W型エンジン(ダブリューがたエンジン)とは、一本のクランクシャフトに対し、3バンクまたは4バンクのシリンダーをW字状(扇状)に配置したレシプロエンジン。4列で放射状に配列したものはX型エンジン、それ以上は星型エンジンとなる。3バンクのものは 英国政府支給品のマークに似ているためブロードアロー型とも呼ばれる。.

新しい!!: W型16気筒とW型エンジン · 続きを見る »

機関 (機械)

メルセデス車のV6内燃機関 機関(きかん)は、ある形態のエネルギーを力学的運動(力学的エネルギー)に変換するために設計された機械である。エンジン(engine)またはモーター(motor)とも呼ばれる。内燃機関や蒸気機関(外燃機関)などの熱機関は、燃料を燃焼させて熱を作り出し、この熱から仕事として力学的エネルギーを取り出す。電動機は電気エネルギーを機械的運動へと変換する。空気機関は圧縮空気の圧力エネルギー(エンタルピー)を使い、ぜんまい仕掛けのおもちゃなどのぜんまい仕掛けは弾性歪エネルギーを回転運動や直線運動へ変換する。生物系において、筋肉中のミオシンのような分子モーターは化学エネルギーを用いて、骨格の力学的な運動を作り出す。.

新しい!!: W型16気筒と機関 (機械) · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »