ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

UPDATE (SQL)

索引 UPDATE (SQL)

UPDATEステートメントは、SQL におけるデータ操作言語 (DML) のステートメントの1つで、テーブル内の1つもしくは複数のレコードのデータを更新する。WHERE句が省略されている場合はすべてのレコードが、指定されている場合はその条件式を満たす一部のレコードだけが、一括して更新される。.

12 関係: Adaptive Server Enterprise外部キー例示による問い合わせデータベーストリガデータ操作言語アップデートCRUDMERGE (SQL)PostgreSQLQUELSQLWHERE (SQL)

Adaptive Server Enterprise

SAP Sybase Adaptive Server Enterprise (ASE) は、旧Sybase社の中核的な製品でありエンタープライズ級の用途向けの関係データベース管理システム (RDBMS) 製品であり、現在はヨーロッパ最大級のソフトウェア企業SAP社のRDBMS製品ラインナップの1つである。 ASEはUNIXプラットフォームでは、有力なRDBMS製品である。 Windows向けのバージョンも出荷されている。.

新しい!!: UPDATE (SQL)とAdaptive Server Enterprise · 続きを見る »

外部キー

外部キー(がいぶキー、英語:foreign key、FK)は、コンピュータの関係データベースの関係モデルの文脈において、2つの関係変数(表)の間の参照整合性制約をいう。 外部キーは、参照する側の関係変数で1つの属性(列、カラム)もしくは2つ以上の属性の集合を同定し、参照する側の関係変数は、参照される側の関係変数の1つの属性もしくは2つ以上の属性の集合を参照する。 参照する側の関係変数の属性の1つの組(タプル、行)の値は、参照される側の関係変数の組の値として出現しなければならない。 このため、参照する側の関係変数の組には、参照される側の関係変数に現れない値を、含むことはできない。 このような参照関係は、2つの情報の関連づけるために作成され、関係の正規化の本質的な部分をなしている。 参照する側の関係変数の複数の組が、参照される側の関係変数の同一の組を、参照することができる。 参照する側の関係変数と参照される側の関係変数が、同一の関係変数であっても良い。 すなわちこの場合は外部キーは自分自身の関係変数を参照する。 このような外部キーは、データベース言語標準 SQL:2003 では「自己参照」外部キーあるいは「再帰的」外部キーとして規定されている。 一つの関係変数には複数の外部キーを含むことができる。 そしてこのような外部キーのそれぞれが異なる関係変数を参照する。 各々の外部キーは関係データベース管理システム (RDBMS) によりそれぞれ別個に強制適用される。 このため、関係変数間の連鎖した関連を外部キーを使って定義することができる。 外部キー-主キーの関連を本来は設計の観点から存在していてはならない場合に存在していることや、外部キー-主キーの関連が本来は設計の観点から存在しているべきである場合に存在していないことは、関係データベースおよびデータモデリング、データベース設計についての多くの問題の原因となっていることが多い。.

新しい!!: UPDATE (SQL)と外部キー · 続きを見る »

例示による問い合わせ

例示による問い合わせ (れいじによるといあわせ、QBE、英: Query by Example) は、関係データベース (リレーショナルデータベース) 向けの問い合わせ言語の一つである。 QBEは、1970年代半ばにアメリカ合衆国ニューヨーク州ヨークタウンのIBM研究センターで、別の問い合わせ言語SQLの開発と並行して、モシェ・ズルーフが考案した。 QBEは、最初の視覚的な問い合わせ言語である。 QBEでは関係の視覚的表現として表を使い、利用者は表に対して命令、例示、および条件を入力する。 現在、データベース向けの多くの視覚的なフロントエンドは、QBEを源流とする創意工夫を採用している。 QBEはもともとは、機能をデータ検索のみに限定していた。 しかし後に挿入、削除、および更新、さらに一時表の生成など、検索以外のデータ操作もできるように拡張された。 QBEが開発された背景には、利用者の操作をSQLなどのデータ操作言語 (DML) の文にソフトウェアで変換したいという事情があった。 QBEの舞台裏では、こうして変換されたDML文が実行されている。 QBEを採用した良質で包括的な視覚的フロントエンドを使うことにより、利用者はSQLなどの非視覚的なDMLの詳細を思い出す負担を、最小化することができる。 また、表と列を視覚的に選択するという操作は、非視覚的なDDLで表や列の名称を入力するよりも、利用者にとって (および場合によってはプログラマにとってさえ) 、より操作が簡単で生産性が高い。 情報検索の文脈では、QBEはまた別の意味をもつ。 QBEを採用した文書データベースの利用者は、文書を登録し、「類似した」文書を検索することができる。 類似性検索は、文書ベクトル比較に基づいている (ベクトル空間モデルを参照) 。 QBEの開発は、エンドユーザ開発 (EUD) において強く影響を及ぼした業績であり、エンドユーザ開発の初期の例として研究論文で頻繁に引用されている。 現在QBEは、いくつかの関係データベース管理システム (RDBMS) のフロントエンドでサポートされている。 Paradox、Microsoft Access では、QBEをサポートしている。 QBEはまた、いくつかのオブジェクトデータベース管理システム (ODBMS) でも実装されている (例: db4o)。.

新しい!!: UPDATE (SQL)と例示による問い合わせ · 続きを見る »

データベーストリガ

データベーストリガは、表に対するイベントに反応して自動的に実行される操作を意味する。トリガはデータ操作言語によるデータ状態の管理を自動化するために用いられる。トリガを利用することで、データ操作の限定、操作の記録、変更操作の監査などを行うことができる。.

新しい!!: UPDATE (SQL)とデータベーストリガ · 続きを見る »

データ操作言語

データ操作言語(データそうさげんご、Data Manipulation Language, DML)は、データベース利用者あるいはアプリケーションソフトウェアが、コンピュータのデータベースに対してデータの検索・新規登録・削除・更新を行うための、データベース言語もしくはデータベース言語要素である。 2007年現在、最も普及しているデータ操作言語はSQLのデータ操作言語である。 SQLは、関係データベースに対して検索や更新などのデータ操作を行うために使われる。 他のデータ操作言語としては、IMS/DL1のデータ操作言語や、CODASYLデータベース (IDMSなど) のデータ操作言語などがある。 データ操作言語は当初はアプリケーションソフトウェアによって使われるにとどまっていたが、(SQLの出現にともない) データベース利用者によっても使われるようになっていった。 データ操作言語は文の最初の単語によって示される機能をもつ。 データ操作言語における文の最初の単語は、ほとんどの場合は動詞である。 SQLの場合はこのような動詞は次のとおりである。.

新しい!!: UPDATE (SQL)とデータ操作言語 · 続きを見る »

アップデート

アップデート(update または updates).

新しい!!: UPDATE (SQL)とアップデート · 続きを見る »

CRUD

CRUD(クラッド)とは、ほとんど全てのコンピュータソフトウェアが持つ永続性の4つの基本機能のイニシャルを並べた用語。その4つとは、Create(生成)、Read(読み取り)、Update(更新)、Delete(削除)である。ユーザインタフェースが備えるべき機能(情報の参照/検索/更新)を指す用語としても使われる。 CRUDの代わりに次のような単語のイニシャルを並べたもの、あるいは頭字語が使われることもある。.

新しい!!: UPDATE (SQL)とCRUD · 続きを見る »

MERGE (SQL)

MERGEステートメントは、条件に応じて UPDATE または INSERT を実行する。UPDATE と INSERT を組み合わせた操作を行うことから、UPSERT という別名を持つ。.

新しい!!: UPDATE (SQL)とMERGE (SQL) · 続きを見る »

PostgreSQL

PostgreSQL(ぽすとぐれすきゅーえる: )はオープンソースのオブジェクト関係データベース管理システム (ORDBMS) である。その名称は Ingres の後継を意味する「Post-Ingres」に由来している。「Postgres」や「ポスグレ」と呼ばれることも多い。.

新しい!!: UPDATE (SQL)とPostgreSQL · 続きを見る »

QUEL

QUEL は、関係データベース (リレーショナルデータベース) を扱うためのデータベース言語 (問い合わせ言語) である。 QUELは、SQLと多くの面で似ている。 QUELは、カリフォルニア大学バークレー校 (UCB) での、関係モデルをソフトウェアとして実装するIngresプロジェクトの構成要素の一つとして開発された。 QUELは、エドガー・F・コッドが考案したデータサブ言語 ALPHA に基づいている。 なお ALPHA は結局実装されることはなかった。 QUELは、短い期間ではあったが、自由に使うことができる Ingres のソースコードに基づく関係データベース管理システム (RDBMS) の多くで使われていた。 1980年代初めに Oracle と DB2 が、データベース市場での存在を大きくしていく過程で、QUEL をサポートしていたデータベース企業のほとんどはデータベース言語を QUEL から SQL に切り換えた。 QUEL の文は必ず「組変数」 (タプル変数) を使うことによって定義されている。 組変数は、問い合わせを制限するために使ったり、問い合わせの結果集合として使うことができる。 次の例を考える。 オリジナルの Ingres の論文からの引用である。 e は一つの組 (タプル) である。 この例では、employee (従業員) の関係 (リレーション) で名前が "Jones" である全ての組からなる集合を定義する。 SQL では同等の問い合わせを次のように記述する。 一定の人々は、QUEL は全体的に SQL より「形式に即している」と考えている。 主なSQL命令はすべてそれぞれ独自の命令形式となっているが、QUELにおいてはすべての命令が同じ形式の構文となっているといわれる。 例えば、一つの関係を作成して、組をその関係に追加して、データを検索し更新して、最後に組を関係から削除するという、一連のセションを考える。 なおここでは、name が主キーであると前提する。 QUELでは次のようになる。 これと同等のSQL文は次のようになる。 SQLでは、すべての命令が独自の構文を持っていることに注意。 SQLでは、INSERT と UPDATE のような似た機能をもつ命令でさえ、まったく異なる命令形式になっている。 QUEL のまた別の機能としては、組の集合のすべてをシステムの外部と入出力するための組み込みの機構である。 次の命令を考える。 この命令は、student関係に含まれる全ての組から構成されるコンマ区切りファイルを作成する。 d1 は、区切り文字を示す (定義域を示しているわけではない) 。 into を from に変更すると、処理が逆になる。 いくつかの SQL のシステムにおいても同様の命令を使うことができるが、多くの場合は外部ツールとして使うという形をとるのであり、SQL言語 (の方言) 自体の命令で実行できるわけでない。 このため、こうしたシステムの外部と入出力するような命令を、ストアドプロシージャとして保存することはできない。.

新しい!!: UPDATE (SQL)とQUEL · 続きを見る »

SQL

SQL(エスキューエルよりデジタル大辞泉、IT用語がわかる辞典を参照、シークェル、シーケルよりDBM用語辞典を参照)は、関係データベース管理システム (RDBMS) において、データの操作や定義を行うためのデータベース言語(問い合わせ言語)、ドメイン固有言語である。エドガー・F・コッドによって考案された関係データベースの関係モデルにおける演算体系である、関係代数と関係論理(関係計算)にある程度基づいている。 データベース言語の国際標準としてのSQLは何かの略語ではない。 SQLは、シークェル と読まれることもある。これは、SQLの元となったデータベース言語が、IBMが開発したRDBMSの実験実装であるSystem Rの操作言語「SEQUEL (Structured English Query Language)」であったことが由来である。 SQLに対しては、関係代数と関係論理に忠実に準拠していないとして批判する意見がある(The Third Manifesto - クリス・デイト、ヒュー・ダーウェン)。.

新しい!!: UPDATE (SQL)とSQL · 続きを見る »

WHERE (SQL)

WHERE句は、SQLにおける予約語の1つである。データ操作言語 (DML) と共に使用し、DMLが操作する行を限定する役割を持つ。 WHERE句の指定は必須ではないが、データを操作する命令と一緒に使用することで対象を限定することができる。 具体的には、SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE の各命令で操作対象の行を限定することができる。.

新しい!!: UPDATE (SQL)とWHERE (SQL) · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

UPDATE

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »