ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

SABCA

索引 SABCA

SABCA(Société Anonyme Belge de Constructions Aéronautiques)はベルギーの航空宇宙分野の企業である。ダッソーのグループ会社である。破産したフォッカーの保有していたSABCAの株式は Storkが保有している。民間航空や防衛産業の分野で航空機の装備品の設計、製作や航空機の保守業務をおこなっている。SABCAの事業所は3ヶ所あって、ブリュッセルのHaren空港に本社と航空機の近代化業務の部門があり、CharleroiのGosselies空港に航空機の保守、近代化業務の部門があり、ルーメンに装備品製作とエアバスなどに納入する航空機部品を製作する工場がある。 1920年12月6日にベルギーの航空産業の育成を推進したジョルジュ・ネリスによって創設された。ベルギー政府も資金を援助し、ベルギー空軍や、航空会社SNETAに対する納入に独占的な地位を与えた。第一次世界大戦後にドイツで製作された航空機の保守と修理から始まり、モラーヌ・ソルニエ MS.35やフォッカー F-VIIなどのライセンス生産を行った。独自設計の航空機の開発も行いベルギー領コンゴ向けに出荷されたが、おもな業務は他国で開発された航空機のライセンス生産であった。 第二次世界大戦後はベルギー空軍の航空機の保守業務を再開し、1952年にF-84のオーバーホールの契約を獲得し、1953年にGosseliesの工場が完成した。ホーカー ハンター、F-104 、F-16のライセンス生産を行った。1960年代にはダッソー・ブレゲーグループが株式を支配し、資本の一部はフォッカー・VFWが保有した。フォッカーが破綻した後、株式はStorkが保有した。2003年SABCAが改修を行ったミラージュはチリに売却された。 1973年から、エアバスを含むいろいろな航空機の部品の製造に重点を置くようになり、精密計器やサーボ機器の分野で高い評価を得ている。.

9 関係: ハンドレページ W.8レナール・エペルヴィエダッソーカプロニ Ca.335ジョルジュ・ネリスF-104 (戦闘機)F-16 (戦闘機)S301920年の航空

ハンドレページ W.8

ハンドレページ W8(Handley Page W8)はイギリスの双発の複葉旅客機である。原型機は1919年12月2日に初飛行した。25機が製造され、インペリアル航空やサベナ・ベルギー航空で使用された。 W8 (またはH.P.18)はハンドレページ最初の民間向け旅客機で、開放式のコクピットに乗員が登場し、15人の乗客が搭乗する客室を持っていた。1919年のルブルージェの航空ショーに展示された後、1919年12月4日、2基のネイピア ライオンエンジン(450 hp)を搭載して初飛行した。世界で最初の化粧室を備えた旅客機であるとされる。 その後、W8b, W8e (H.P.26), W9 (H.P.27) W10 (H.P.30)などに改造された。 W8bは航空省の規格を満たすために、乗客数を12人に減らし、燃料タンクが移動させられた。1921年に航空省は3機を注文し、ハンドレページ・トランスポートで用いた。エンジンをロールスロイス イーグルIXエンジンに換装してW8bとなり、インペリアル航空で、パリ、ブリュセル便で運航された.

新しい!!: SABCAとハンドレページ W.8 · 続きを見る »

レナール・エペルヴィエ

レナール・エペルヴィエ(Renard Epervier)はベルギーの全金属製の単葉の試作戦闘機である。レナール兄弟によって設計され、1928年のベルギー政府の競争試作に参加した。ベルギーの航空機メーStampe et Vertongenで製作されたエペルヴィエType 2は、1928年に初飛行した。7.7mm同期機銃を装備したが、1928年末にフラット・スピンを起こし失われた。2機目の試作機Type 2bisはSABCA (Société Anonyme Belge de Constructions Aéronautiques).で製作された。流線型の主脚スパッツ、エンジンフェアリングに改められた。 Type 2bisは1930年にベルギー空軍の審査を受けたが、空軍はフェアリー ファイアフライを採用し、エペルヴィエは採用されなかった。さらにエンジン出力を480hpに向上、 Type 3の検討も行ったが、試作されることはなかった。.

新しい!!: SABCAとレナール・エペルヴィエ · 続きを見る »

ダッソー

ダッソー はマルセル・ダッソーが創立したフランスの複合企業で、親会社はグループ・ダッソー ((GIMD)、または単に)。航空機メーカーのダッソー・アビアシオン (Dassault Aviation) がグループ起源の企業であり、グループ・ダッソーがダッソー・アビアシオンの株式50.21%を保有している。大手日刊紙のル・フィガロやCADソフトウェアCATIA V4,V5,V6で知られるダッソー・システムズなどを傘下に持つ。 本社はサン=クルーにあり、2017年現在の会長兼最高経営責任者は()、名誉会長はマルセルの息子セルジュ・ダッソー。.

新しい!!: SABCAとダッソー · 続きを見る »

カプロニ Ca.335

プロニ Ca.335(Caproni Ca 335 Maestrale、マエストラーレ)は、1930年代のイタリアの戦闘爆撃機/偵察機である。本機はベルギーのSABCA社でSABCA S.47としてライセンス生産することを前提としたベルギー空軍の要求に応じてカプロニ社が設計した。1機のみが製作されただけで、1940年5月のドイツのベルギー侵攻により生産計画は中止された。.

新しい!!: SABCAとカプロニ Ca.335 · 続きを見る »

ジョルジュ・ネリス

ョルジュ・ネリス(Georges Nélis、1886年5月22日 - 1929年5月2日)はベルギーの航空のパイオニアである。ベルギーの軍で最初のパイロットである。サベナ・ベルギー航空の前身の航空会社SNETA(Syndicat National pour l'Étude des Transports Aériens)や航空機メーカーのSABCA(Société Anonyme Belge de Constructions Aéronautiques )の設立者であり、ベルギー民間航空の父と呼ばれる。 ハルに生まれた。士官学校に進み、Gérard Leman将軍に科学、数学の才能を認められた。航空に興味を持ち、パイロットに応募した唯一の将校となった。1910年10月3日、飛行士候補になった。航空機を購入し、飛行学校の設立を命じられた。フランスでファルマン HF3を購入し、操縦を学んだ。1910年12月21日に航空免許を得た。1911年の初め、Brasschaatに最初に軍の飛行場が造られた。ベルギーで最初の航空写真をとり、1912年頃に飛行学校の最初の技術主任となり、ファルマン機にルイス機関銃を取り付ける実験を行った。1913年4月16日ベルギー空軍が設立され、Brasschaatの飛行学校の司令官となった。 第一次世界大戦が始まると、ネリスは航空機の整備の行う部隊の司令官となり、整備はアントワープの会社、Bollekensで行われた。この会社で、ファルマン機を参考にGN1からGN6まで6機の航空機を製作した。 戦争が終わると、空港の技術サービスを設立し、1919年『航空によるベルギーの発展』("L’expansion Belge par l’aviation")を出版して民間航空の発展の必要性を説き、空軍が外国の機材に依存しないことの必要性を説いた。国王アルベール1世の援助と銀行の協力により、1919年11月11日にSNETAを設立し、軍を退役し、ディレクターとなった。SNETAは1923年に サベナ・ベルギー航空となった。1921年に航空機メーカーのSABCAを設立したが、SABCAは主に外国の航空機のライセンス生産を行った。1929年に43歳で没した。.

新しい!!: SABCAとジョルジュ・ネリス · 続きを見る »

F-104 (戦闘機)

F-104 は、ロッキード社が開発した超音速ジェット戦闘機。愛称はスターファイター (Starfighter).

新しい!!: SABCAとF-104 (戦闘機) · 続きを見る »

F-16 (戦闘機)

F-16は、アメリカ合衆国のジェネラル・ダイナミクス社が開発した第4世代ジェット戦闘機である。愛称はファイティング・ファルコン (Fighting Falcon)。 ジェネラル・ダイナミクス社軍用機部門のロッキード社への売却と、ロッキードのマーティン・マリエッタ併合によるロッキード・マーティンへの改称により、現在はロッキード・マーティン社の製品となっている。.

新しい!!: SABCAとF-16 (戦闘機) · 続きを見る »

S30

S30、S-30、S.30.

新しい!!: SABCAとS30 · 続きを見る »

1920年の航空

記載なし。

新しい!!: SABCAと1920年の航空 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »