ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

EFT-1

索引 EFT-1

EFT-1(Exploration Flight Test 1)は、オリオンの宇宙船初飛行となる無人試験飛行である。かつてはOFT-1(Orion Flight Test 1)と呼ばれていた。 2014年12月5日にデルタIVヘビーロケットに搭載してケープカナベラル空軍基地第37発射施設から打ち上げられた。このミッションは約4時間30分のミッションであり、その間に軌道を2周する。2周目の軌道の遠地点と20,000mphに及ぶ高速での大気圏再突入に焦点が当てられている。太平洋に着水後は、このオリオンカプセルは回収され、打ち上げ脱出システムを使う上昇中断試験に再利用される予定。宇宙船は再突入が始まるまでデルタIVの上段ステージに結合したままにされる。今回は太陽電池は積んでおらず内部に搭載したバッテリーに依存するまたESAが開発を担当しているサービス・モジュールや、新たに開発された打ち上げ脱出システム(分離用のモーターのみ装備)はダミーを使っている。 この飛行は、2018年に予定されているスペース・ローンチ・システム(SLS)ロケットによる最初の打上げとなるEM-1(Exploration Mission 1)に先駆けて、アビオニクス、耐熱シールド、パラシュート等を含むオリオンの様々なシステムを試験することを目的としたものである。 EFT-1オリオンは、ロッキード・マーティンによって製造された。2012年6月22日、最後の溶接が完了し、その後ケネディ宇宙センターに移送され、残りの部分が完成された。 試験飛行から得られたデータの分析は、2015年4月に行われるCritical Design Review (CDR)で評価される予定 。.

7 関係: デルタ IV ヘビーアメリカ合衆国の宇宙開発オリオン (宇宙船)オデッセイ (映画)国際宇宙ステーションSTS-13512月5日

デルタ IV ヘビー

デルタ IV ヘビー (デルタ9250H) はデルタIVシリーズの最大の型式の使い捨てロケットである。2004年に初めて打ち上げられた。2018年にファルコンヘビーが打ち上げられるまでは、その打ち上げ能力は運用中のロケットとしては世界最大であった。.

新しい!!: EFT-1とデルタ IV ヘビー · 続きを見る »

アメリカ合衆国の宇宙開発

アポロ11号の打ち上げ アメリカの宇宙開発(あめりかのうちゅうかいはつ)では、アメリカ合衆国が行っている宇宙開発について述べる。 アメリカは世界を代表する超大国としてソビエト連邦に対抗し、宇宙開発を行ってきた。アメリカはスプートニク・ショック以来早期に宇宙開発専門の部局であるアメリカ航空宇宙局(NASA)を設立し、科学研究などは主にこの機関が行ってきた。一方で、軍事的な宇宙開発は国防総省が行っており、気象衛星の開発も予算は他の省庁であったりと、分野は違えど多くの資金が宇宙開発に投入されてきた。現在でもその金額は世界でトップである。月到達以降はそれまでよりは宇宙開発に注ぐ力は減ったものの、依然として宇宙開発先進国として様々な事業を成し遂げている。 ロシア、欧州、中国などの発展著しい現在でも宇宙開発で重要な位置を占めている。現在は打ち上げ事業の民生化が進められており、政府は火星への有人飛行を目標にして開発を進めている。.

新しい!!: EFT-1とアメリカ合衆国の宇宙開発 · 続きを見る »

オリオン (宇宙船)

リオン(、またオライオンとも)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) がスペースシャトルの代替として開発中の有人ミッション用の宇宙船である。 当初はCrew Exploration Vehicle(クルー・エクスプロレイション・ビークル、略称はCEV)と呼ばれていたが、2006年8月22日に、オリオン座にちなみ「オリオン」と正式に命名された。この宇宙船は国際宇宙ステーション (ISS) への人員輸送や、次期有人月着陸計画(コンステレーション計画)への使用を前提に開発されていたが、2010年にコンステレーション計画が中止されたため、新たに「オリオン宇宙船」(Orion Multi-Purpose Crew Vehicle、略称はMPCV)として、ISSへの人員と貨物の輸送と回収に用途が変更されて開発が続けられている。その後、この機体は小惑星の有人探査にも使うことが表明された。オリオンの開発は、ロッキード・マーティンが行なっている。 2014年12月4日に無人試験機による初飛行が計画されたものの天候と技術的トラブルの影響で翌日の12月5日米時間午前7時5分に打ち上げが実行された。.

新しい!!: EFT-1とオリオン (宇宙船) · 続きを見る »

オデッセイ (映画)

『オデッセイ』(邦題英語表記: ODYSSEY, 英語原題: The Martian)は、2015年のアメリカ合衆国のSF映画である。アンディ・ウィアーの小説『』(2011年出版)を原作としている。監督はリドリー・スコット、主演はマット・デイモンが務める。火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と、彼を救いだそうとする周囲の努力を描く。.

新しい!!: EFT-1とオデッセイ (映画) · 続きを見る »

国際宇宙ステーション

CGによる完成予想図。 国際宇宙ステーション(こくさいうちゅうステーション、International Space Station、略称:ISS、Station spatiale internationale、略称:SSI、Междунаро́дная косми́ческая ста́нция、略称:МКС)は、アメリカ合衆国、ロシア、日本、カナダ及び欧州宇宙機関 (ESA) が協力して運用している宇宙ステーションである。地球及び宇宙の観測、宇宙環境を利用した様々な研究や実験を行うための巨大な有人施設である。地上から約400km上空の熱圏を秒速約7.7km(時速約27,700km)で地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行し、地球を約90分で1周、1日で約16周する。なお、施設内の時刻は、協定世界時に合わせている。 1999年から軌道上での組立が開始され、2011年7月に完成した。当初の運用期間は2016年までの予定であったが、アメリカ、ロシア、カナダ、日本は少なくとも2024年までは運用を継続する方針を発表もしくは決定している。運用終了までに要する費用は1540億USドルと見積もられている(詳細は費用を参照)。.

新しい!!: EFT-1と国際宇宙ステーション · 続きを見る »

STS-135

STS-135は、2011年7月8日に打ち上げられたスペースシャトル アトランティスによる国際宇宙ステーション(ISS)への飛行ミッションであり、アトランティスの、そしてスペースシャトルの最後の飛行となった。.

新しい!!: EFT-1とSTS-135 · 続きを見る »

12月5日

12月5日(じゅうにがついつか)はグレゴリオ暦で年始から339日目(閏年では340日目)にあたり、年末まであと26日ある。.

新しい!!: EFT-1と12月5日 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »