ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

C++/CLI

索引 C++/CLI

C++/CLIは、.NET Frameworkの共通言語基盤 (CLI)上で実行するプログラムを作るためにC++を拡張したプログラミング言語である。前身であるC++マネージ拡張に比べて単純でわかりやすい構文になり、可読性も向上している。 C++/CLIはEcma Internationalで標準化されている。C++/CLIに対応したコンパイラとしてVisual C++ 2005以降がある。ほかにもClang上で実装する試みも存在する。.

33 関係: ASP.NET依存ファイルユニバーサルWindowsプラットフォームヌルポインタプログラミング言語一覧デストラクタインテリセンスインデクサグルー言語コンピュータ用語一覧サーカムフレックスC SharpC++C++マネージ拡張Component Object Model統合言語クエリEcmaインターナショナルForeach文Intel C++ CompilerMicrosoft Foundation ClassMicrosoft Visual Basic .NETMicrosoft Visual C SharpMicrosoft Visual C++Microsoft Visual StudioMicrosoft Visual Studio ExpressMicrosoft XNANew演算子PhalangerSizeofWindows FormsWindows Presentation FoundationWindows Workflow FoundationWindowsランタイム

ASP.NET

ASP.NETは、マイクロソフトが開発・提供しているWebアプリケーションフレームワークで、動的なウェブサイトやWebアプリケーションやXML Webサービスの開発や運用を行う。ASP.NETはActive Server Pagesを.NET向けにしたものである。.

新しい!!: C++/CLIとASP.NET · 続きを見る »

依存ファイル

依存ファイル(いそんふぁいる、Dependent file)とはプログラミング用語で、プログラムの実行ファイル以外に必要となるファイルのことである。 Windows OSでは実行ファイルとはいわゆる「EXEファイル」のことであるが、通常、コンパイル、リンクによって出力された実行ファイルは、プログラム内で使用する関数、クラスなどをランタイムライブラリから呼び出すため、そういったライブラリのない環境では動作しない。こういったDLL、OCXファイルなどを総称して依存ファイルと呼び、プログラムを配布する際にはこれらのファイルの配布も必要になる。 C/C++やDelphiなどの言語ではコンパイル/リンク時に「静的リンク」を行うことによってこれらのライブラリの機能を実行ファイル内部に取り込むことが出来る。これによって依存ファイルがなくとも異なる環境での実行が可能となるが、実行ファイルのサイズは大きくなり、ライブラリのバージョンアップ時に対応するためにはコンパイルをやり直さなくてはならなくなる。「動的リンク」を行えば、実行時に都度、ライブラリにアクセスするため、ファイルサイズは抑えることが出来るが、ランタイムライブラリを別に配布する必要が生じる。 Visual Basicにおいては、バージョン6以前の場合、一連のランタイムライブラリが必須であり、これらを含んだ適切なインストーラを使用して他の環境へのインストールを行うか、あるいは共通ライブラリ群(いわゆるVBランタイム)のインストールを別途行う必要があった。 C#やVisual Basic バージョン7 (VB.net)以降ではこれらのライブラリは.NET FrameworkのCLR(Common Language Runtime: 共通言語ランタイム)として一元化された。よって.NET Frameworkがインストールされている環境(これをCLI.

新しい!!: C++/CLIと依存ファイル · 続きを見る »

ユニバーサルWindowsプラットフォーム

ユニバーサルWindowsプラットフォーム(Universal Windows Platform:ユニバーサル ウィンドウズ プラットフォーム、略称:UWP)とは、異なるデバイス向けに提供されるMicrosoft Windows用のアプリケーションソフトウェアを共通の基盤上で動作させることのできる、統合されたプラットフォームのことである。.

新しい!!: C++/CLIとユニバーサルWindowsプラットフォーム · 続きを見る »

ヌルポインタ

ヌルポインタ(null pointer)とは、何のオブジェクトも指していないことを表す特別なポインタである。 プログラムではヌルポインタを、不定長のリストの終端を表したり、何らかの動作の結果が失敗であることを表したりするのに使用する。後者の用法は、やのNothing値を使用することもできる。 ヌルポインタの値や型がいかなるものかという詳細は言語によって異なる。実際的にはいかなるオブジェクトも参照しないという言語もあり、参照先を求めようとするとJava(NullPointerException)のように例外が発生するものもある。 ヌルポインタはほとんどの処理系(この場合、言語処理系プログラムだけではなく、ハードウェアまでを含めて)で、内部的に0で表現されるが、ごく希に、0でない処理系もある。言語仕様上の意味としては普通「アドレス0(あるいは他のアドレス)を指し示すポインタ」ではなく、どこも指し示さないものとされる。 ヌルポインタを未初期化のポインタと混同してはならない。ヌルポインタは、あらゆる有効なオブジェクトとも異なることが保証されている。それに対し、言語や実装によっては、未初期化のポインタはそのような保証はなく、他のオブジェクトやヌルポインタと同じになる可能性がある。 ヌルポインタはヌル値とは意味が違う。ヌルポインタは多くのプログラミング言語において「値がない(no value)」ことを意味し、ヌル値はリレーショナルデータベースにおいて「未詳値(unknown value)」であることを意味する。ほとんどのプログラミング言語では2つのヌルポインタは等しいが、リレーショナルデータベースエンジンは2つのヌル値を等しいとはみなさない(それらは未詳値を表しているので、それらが等しいかどうかはわからない)。.

新しい!!: C++/CLIとヌルポインタ · 続きを見る »

プログラミング言語一覧

以下はプログラミング言語の一覧である。.

新しい!!: C++/CLIとプログラミング言語一覧 · 続きを見る »

デストラクタ

デストラクタ(消去子、destructor)は、オブジェクト指向プログラミング言語でオブジェクトを消去する際に呼び出されて後処理などを行なう関数、メソッドのこと。特にC++では安全なリソース管理を実現するための重要な役割を担う。 なお、本項では類似概念であるファイナライザについても合わせて述べる。.

新しい!!: C++/CLIとデストラクタ · 続きを見る »

インテリセンス

インテリセンス は、Microsoft Visual Studio の統合開発環境で使用されている、マイクロソフトによる自動補完システム。インテリセンスはプログラマが入力中のシンボル名を補完するだけでなく、メタデータベースのリフレクションを用いることにより、変数名、関数名、メソッド名のドキュメント化と曖昧性の解消に役立つ。.

新しい!!: C++/CLIとインテリセンス · 続きを見る »

インデクサ

プログラミング言語におけるインデクサ (indexer) は、クラスや構造体のインスタンスに配列と同様の添字を指定してアクセスするための構文である。.

新しい!!: C++/CLIとインデクサ · 続きを見る »

グルー言語

ルー言語 (glue language) とはプログラミング用語のひとつであり、ソフトウェアコンポーネント同士を結びつけることを主眼としたプログラミング言語の総称である。「グルー」とはにかわ状の接着剤のことを意味する。だが、ややニュアンスが異なる。 グルー言語のはしりはUNIXのシェルスクリプトである。シェルはコマンドラインインタプリタとも呼ばれるが、その名の通り簡易な制御機構を備えており、コマンド同士を結合して流れ作業や定型処理を実現する。 帰結として、機能自体を記述するよりも、機能と機能を組み合わせることを重視する言語や言語形態があり、それをグルー言語という。スクリプト言語を、機能の組み合わせに特化して利用する場合などが「グルー言語的な使用」である。。.

新しい!!: C++/CLIとグルー言語 · 続きを見る »

コンピュータ用語一覧

ンピュータ用語一覧は、コンピュータや計算機科学・情報工学などに関連する用語・項目を一覧にしたものである。 表記:長音記号「ー」、中黒「・」などの記号はとりあえず音引きに含めていない。英文字、数字は五十音の後とする。人名は最後においた。多少怪しい言葉も含んでいる。.

新しい!!: C++/CLIとコンピュータ用語一覧 · 続きを見る »

サーカムフレックス

ーカムフレックス または曲折アクセント(きょくせつアクセント)は欧文用の「山」形の記号で、フランス語、ポルトガル語、ベトナム語、ルーマニア語、エスペラント、日本語のローマ字などで用いられるダイアクリティカルマーク(発音区別符号)の一種。 別名、キャレット、ハット記号。ただしUnicodeでは、「キャレット」は別の文字 U+028C の名称になっている(そちらが原義)。 有間隔のサーカムフレックス「」はASCIIに含まれ、他の文字を修飾しない独立した記号として使われる。.

新しい!!: C++/CLIとサーカムフレックス · 続きを見る »

C Sharp

C#(シーシャープ)は、アンダース・ヘルスバーグが設計(デザイン)したプログラミング言語であり、構文(syntax)は(名前にもある通り)C言語や、C言語風に構文が設計されたC++やJavaなどの影響があるが、構文以外についてはヘルスバーグが以前の所属であるBorlandで設計したDelphiからの影響がある。 Microsoftによる謳い文句としては、マルチパラダイムプログラミング言語、強い型付け、命令型、宣言型、手続き型、関数型、ジェネリック、オブジェクト指向の要素を持つ、などといった点が強調されている。 CLIといった周辺も含め、Microsoftのフレームワーク「.NET Framework」の一部である他、VJ++で「非互換なJava」をJavaに持ち込もうとしたような以前のMicrosoftとは異なり、その多くの仕様を積極的に公開し標準化機構に託して自由な利用を許す(ECMA-334、ISO/IEC 23270:2003、JIS X 3015)など、同社の姿勢の変化があらわれている一面でもある(実際に「Mono」という、フリーソフトウェアの定義に合致したライセンスの、コミュニティによる実装がある)。.

新しい!!: C++/CLIとC Sharp · 続きを見る »

C++

C++(シープラスプラス)は、汎用プログラミング言語の一つである。日本語では略してシープラプラ、シープラなどとも呼ばれる。.

新しい!!: C++/CLIとC++ · 続きを見る »

C++マネージ拡張

C++マネージ拡張 (Managed Extensions for C++, Managed C++) は、C++で.NET Frameworkアプリケーションを記述するための、マイクロソフトによるC++の拡張である。これによって、C++でネイティブコードだけでなく共通言語ランタイム (CLR) に向けたアプリケーションを記述できる。この拡張は、2002年にリリースされたVisual Studio.NET (2002) に含まれるVisual C++.NET (2002) に初めて搭載された。 なお、2005年後半にリリースされたVisual Studio 2005では、より洗練されたC++/CLIという独立した後継言語が登場し、C++マネージ拡張は非推奨となった。さらにVisual Studio 2015では廃止され、C++/CLIへの移行が促されている。 マネージドC++およびC++/CLIで記述されたアプリケーションは、C#など他の.NET言語同様に共通中間言語 (CIL) と呼ばれる中間言語にコンパイルされる。「マネージ (Managed)」とは、.NET仮想マシンによって管理されながら動作するという意味である。このため、ガベージコレクタなどのCLRの機能を利用することができ、C#やVB.NETなどといった.NET言語のコードを呼び出したり呼び出されたりといた相互運用ができる。 しかし、必要に応じて1つのアセンブリ(EXE/DLL)にネイティブコードも混在できる点が.NET言語の中でも特殊である。このような言語はマネージドC++およびC++/CLIのほかにはない。一般の.NET言語はP/InvokeやCOMを通してC++コードとやりとりする必要がある。このため、マネージドC++およびC++/CLIはマネージコードとネイティブコードの橋渡しとしてしばしば利用される。すなわち、C/C++あるいはその他の言語で書かれたライブラリを.NET用で利用するラッパーライブラリを作ったり、その逆を作ったりするために用いられるのである。 マネージドC++は以下のコンパイラで使用できる。;Visual C++.NET 2002および.NET 2003;Visual C++ 2005以降から2013まで.

新しい!!: C++/CLIとC++マネージ拡張 · 続きを見る »

Component Object Model

Component Object Model(COM、コンポーネント オブジェクト モデル)とは、マイクロソフトが提唱するソフトウェアの再利用を目的とした技術のことである。アプリケーションソフトウェア間での通信や、オペレーティングシステムとアプリケーションソフトウェアとのAPIに用いられる。 COMを使用して開発されたソフトウェア部品をCOMコンポーネントと呼ぶ。COMコンポーネントは、特定の開発言語に依存せず、C言語やC++、Visual Basic、Smalltalk、Javaなど、様々な言語により開発を行うことができる。COMという用語はソフトウェア開発の世界ではOLE、OLEオートメーション、ActiveX、COM+、DCOMをカバーする包括的な用語としてよく使われる。COMコンポーネントは、他ソフトウェアと通信するためのインタフェースを有している。アプリケーションソフトウェアは、公開されているインタフェースを介してCOMコンポーネントと通信をし、それらを組み合わせることでサービスを提供する。言語によるメモリやその他計算資源の割り付けの違いは、参照カウントを利用してオブジェクトの生成と破棄をそのオブジェクト自身の責任とすることにより解決する。オブジェクトの異なるインタフェース間のキャストはQueryInterface関数で行う。メソッド呼び出しをデリゲート(委譲)する形でサブオブジェクトの集合(アグリゲーションと呼ぶ)を生成する方法がCOM内における最適な継承方法である。 COMは主としてMicrosoft Windows上で使用されるが、UNIXやMac OSでも使用することができる。COMの前身はOLEである。COMは.NET Frameworkに置き換えられているものも多い。たとえば.NETはDCOMの代替として、Windows Communication Foundation (WCF) を通じてWebサービスをサポートする。WCFがXMLベースのSOAPメッセージを利用するのに対し、ネットワークで接続されたDCOMはバイナリの独自仕様フォーマットを利用する。しかし、Microsoft DirectXなどに代表されるように、ネイティブC++での利用を前提としたパフォーマンス重視のAPIは、依然として.NETではなくCOMが使われる傾向にある。 COMはまたソフトウェアコンポーネントシステムとしてCORBAやJava Beansと競合関係にある。.

新しい!!: C++/CLIとComponent Object Model · 続きを見る »

統合言語クエリ

統合言語クエリ (Language INtegrated Query; LINQ, リンクと発音する) とは、.NET Framework 3.5において、様々な種類のデータ集合に対して標準化された方法でデータを問い合わせること(クエリ)を可能にするために、言語に統合された機能のことである。開発ツールはVisual Studio 2008から対応している。.

新しい!!: C++/CLIと統合言語クエリ · 続きを見る »

Ecmaインターナショナル

Ecmaインターナショナル(エクマ・インターナショナル、Ecma International)は情報通信システムの分野における国際的な標準化団体。以前は欧州電子計算機工業会という名称であったが、1994年にその国際的な立場を反映してこの名称に改められた。この名称はもはや略語ではなく、大文字にせずに「Ecma International」と表記する。 1961年にヨーロッパにおける計算機システムを標準化するために設立された。本部はジュネーヴにある。.

新しい!!: C++/CLIとEcmaインターナショナル · 続きを見る »

Foreach文

foreach文(フォーイーチぶん)とはプログラミング言語においてリストや連想配列などの「コレクション」と呼ばれるデータ構造の各要素に対して与えられた文の実行を繰り返すというループを記述するための文である。foreach文はしばしばfor文の一部という位置付けにある。for文と異なり要素の参照順序が定義されないこともある。.

新しい!!: C++/CLIとForeach文 · 続きを見る »

Intel C++ Compiler

Intel C++ Compiler (インテル シープラスプラス コンパイラ)とはインテルが開発・販売しているC++コンパイラである。日本での販売・サポートはXLsoftが行なっている。略称はICC、あるいはICL(それぞれ、Linux/macOS用およびWindows用コンパイラの実行プログラム名にもとづいている)。.

新しい!!: C++/CLIとIntel C++ Compiler · 続きを見る »

Microsoft Foundation Class

Microsoft Foundation Class (MFC) は、マイクロソフトがVisual C++用に開発した、Windows用のアプリケーション構築のためのアプリケーションフレームワーク(クラスライブラリ)である。Active Template Library (ATL) と同様に、Visual Studioに同梱されるライブラリとなっている。 ATL/MFCはもともと有償エディションのVisual C++単体製品や、有償エディションのVisual Studio製品のみに同梱されていたが、Visual Studio Communityエディションでは(ライセンス条件が厳しくなっているものの)無償でATL/MFCを利用できる。.

新しい!!: C++/CLIとMicrosoft Foundation Class · 続きを見る »

Microsoft Visual Basic .NET

Visual Basic.NET (ヴィジュアル ベーシック ドットネット)はマイクロソフトが開発したプログラミング言語およびその処理系。VB.NETと略されて呼ばれることが多い。.NETに対応していない旧来のMicrosoft Visual Basic(バージョン6.0まで、VB6)の後継である。 なおVisual Studio 2005以降では、「Visual Basic.NET」や「VB.NET」という呼称ではなく、従来のように「Visual Basic」という呼称が用いられるようになっているが、6.0以前との互換性はなく、また.NETベースであることには変わりない。.

新しい!!: C++/CLIとMicrosoft Visual Basic .NET · 続きを見る »

Microsoft Visual C Sharp

Visual C#はマイクロソフトによるC#言語処理系の実装であり、Visual Studioファミリーに含まれるC#専用の統合開発環境 (IDE) である。バージョン2010まではVisual C#単体のExpressエディション製品も存在したが、2012以降はすべてのエディションにおいてVisual Studioに統合されている。.

新しい!!: C++/CLIとMicrosoft Visual C Sharp · 続きを見る »

Microsoft Visual C++

Visual C++ (マイクロソフト ビジュアル シープラスプラス;マイクロソフト ヴィジュアル シープラスプラス)とはマイクロソフト製のC、C++、C++/CLI用統合開発環境 (IDE) であり、コンパイラやデバッガを含む。通称VCあるいはVC++、MSVCなど。前身はMicrosoft C/C++などである。.

新しい!!: C++/CLIとMicrosoft Visual C++ · 続きを見る »

Microsoft Visual Studio

Microsoft Visual Studio(マイクロソフト ビジュアル スタジオ)はマイクロソフトのソフトウェア開発製品群およびそれらを管理する統合開発環境である。.

新しい!!: C++/CLIとMicrosoft Visual Studio · 続きを見る »

Microsoft Visual Studio Express

Microsoft Visual Studio Express(ビジュアルスタジオ エクスプレス)はマイクロソフトによって開発・提供されている統合開発環境であるVisual Studio製品群のうち、無償で提供されているエディションである。バージョン2008までは「Express Edition」と名称がついていた。.

新しい!!: C++/CLIとMicrosoft Visual Studio Express · 続きを見る »

Microsoft XNA

Microsoft XNAは、マイクロソフトによるコンピュータゲームデザイン、開発および管理を促進することを目的としたゲーム開発のためのツールである。マネージ実行環境を完備する。2004年3月24日、カリフォルニア州のサンノゼのGame Developers Conferenceで発表され、2006年12月11日にリリースされた。2014年4月に終了。 XNAは「XNA's Not Acronymed」(XNAは頭字語ではない)の再帰的頭字語である。.

新しい!!: C++/CLIとMicrosoft XNA · 続きを見る »

New演算子

newまたはNewは、C++を始めとしたオブジェクト指向プログラミング言語において、インスタンスを作成する演算子である。多くの場合、ヒープ領域からの動的メモリ確保(動的記憶域確保)を伴う。 new演算子によるインスタンスの作成は、大きく分けて、記憶域を確保することと初期化を行うことに分けられる。記憶域を確保する処理は、多くの場合言語の処理系が用意するが、後述するC++のようにプログラム内で独自に定義できるものもある。初期化は、コンストラクタを呼ぶことで行われ、プログラム内で自由に定義できることが一般的である。.

新しい!!: C++/CLIとNew演算子 · 続きを見る »

Phalanger

Phalanger(ファレンジャー)とは、PHPのソースコードをMonoおよび.NET Framework向けのCILバイトコードに変換する中間コード・コンパイラである。 IISやApacheなどの各種Webサーバ向けのモジュールも提供されており、純正のPHPモジュールと同様に、PHPコンパイラであることを意識することなく、ASP.NETやXSPなどと同様の使い勝手を実現している。 また、PhalangerにはVisual Studio Shellをベースとした無償のPHP統合開発環境(IDE)も含まれる。 Phalangerはチェコ共和国のプラハ・カレル大学で始まったオープンソース・プロジェクトである。2009年には開発チームを中心にDevsense社が設立され商用サポート業務も行われている。 2008年に開催されたGoogle Summer of Codeにおいて、Mono開発チームがSilverlight互換のMoonlightのデモンストレーションのひとつとして「Silverlightの中で動くPHP」を発表し、Phalangerは一躍注目されることとなった。.

新しい!!: C++/CLIとPhalanger · 続きを見る »

Sizeof

主にCとC++において、sizeofは、データ型の大きさを求める単項の演算子である。sizeofは原則としてコンパイル時計算される演算子で、式もしくは括弧でくくった型指定子を与えるとその大きさをバイト単位で返す。これは組込の数値型(整数型や浮動小数点数型)、列挙型、ポインタ型、利用者定義の複合データ型(構造体、共用体、C++のクラス)まで全てのデータ型に対して使用できる。.

新しい!!: C++/CLIとSizeof · 続きを見る »

Windows Forms

Windows Formsはマイクロソフトの.NET Frameworkに含まれるグラフィカルユーザーインターフェイスAPIの名称である。日本語版のMSDNライブラリでは「Windowsフォーム」と表記されている。「WinForms」と略記されることもある。.

新しい!!: C++/CLIとWindows Forms · 続きを見る »

Windows Presentation Foundation

Windows Presentation Foundation (WPF) はマイクロソフトが開発した、.NET Framework 3.0以降に含まれるユーザインタフェースサブシステムである。開発時のコードネームはAvalonであった 。.

新しい!!: C++/CLIとWindows Presentation Foundation · 続きを見る »

Windows Workflow Foundation

Windows Workflow Foundation(WF)は、マイクロソフトの技術であり、ワークフローを定義・実行・管理する。この技術は.NET Framework 3.0 の一部であり、Windows Vista に含まれている。また、Windows XP SP2 および Windows Server 2003 にもインストール可能である。.

新しい!!: C++/CLIとWindows Workflow Foundation · 続きを見る »

Windowsランタイム

Windowsランタイム (Windows Runtime、略称:WinRT) はマイクロソフトによる新しいプログラミングモデルであり、Modern UIスタイルのアプリケーションを作成するバックボーンとなるAPIである。Windows 8以降のオペレーティングシステムで実装されている。 WinRTはネイティブ言語である (C++ Component Extensions)、マネージ言語であるC#およびVB.NET、そしてスクリプト言語であるJavaScriptおよびTypeScriptによる開発に対応する。 WinRTはx86/x64/ARMをネイティブサポートし、またサンドボックス環境内で動作することで従来のデスクトップアプリケーションよりもセキュリティや安定性を高めることができる。.

新しい!!: C++/CLIとWindowsランタイム · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »