ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

BRCA1

索引 BRCA1

BRCA1(breast cancer susceptibility gene I、乳がん感受性遺伝子I)とは、がん抑制遺伝子のひとつ。BRCA1遺伝子の変異により、遺伝子不安定性を生じ、最終的に乳癌や卵巣癌を引き起こす(遺伝性乳癌・卵巣癌症候群)。BRCA1の転写産物であるBRCA1タンパク質は他の多数の腫瘍抑制因子とともに核内で大きな複合体を形成し、相同性による遺伝子の修復に関わっている。.

18 関係: がん抑制遺伝子乳癌メチル化ラスカー・コシュランド医学特別業績賞プロヒビチンファンコーニ貧血アンジェリーナ・ジョリーオラパリブカールトン・カレッジBRCA2細胞周期チェックポイント発がんプロモーションDNAメチル化遺伝子疾患遺伝子診断遺伝性非ポリポーシス大腸癌膵癌悪性腫瘍

がん抑制遺伝子

がん抑制遺伝子(がんよくせいいでんし、tumor suppressor gene)は、がんの発生を抑制する機能を持つタンパク質(がん抑制タンパク質)をコードする遺伝子である。特に有名ながん抑制遺伝子として、p53、Rb、BRCA1などが挙げられる。2倍体の細胞において2つのがん抑制遺伝子両方が損傷することなどにより、結果としてがん抑制タンパク質が作られなくなったり、損傷遺伝子からの異常ながん抑制タンパク質が正常がん抑制タンパク質の機能を阻害すると、組織特異的にがん化が起きると考えられている。 今までに、十数以上のがん抑制遺伝子が知られており、組織特異的であることが多い。ただしp53の変異は大腸癌、乳癌など非組織特異的とみられる。一方、Rbの変異は網膜芽細胞腫、骨肉腫など、BRCA1の変異は家族性乳がん、子宮がんなど、MSH2の変異は大腸癌などに見られる。これらのがん抑制タンパク質の機能は細胞周期チェックポイント制御、転写因子制御、転写、DNA修復など多岐にわたっている。これらのがん抑制遺伝子群の諸機能が解明されることにより、がん発生メカニズムの巨大な謎が解かれつつあると考えられている。.

新しい!!: BRCA1とがん抑制遺伝子 · 続きを見る »

乳癌

乳癌(にゅうがん、Breast cancer, 独:Brustkrebs, 羅:Carcinoma mamae)とは、乳房組織に発生した癌腫のことである。.

新しい!!: BRCA1と乳癌 · 続きを見る »

メチル化

メチル化(メチルか、methylation)は、さまざまな基質にメチル基が置換または結合することを意味する化学用語である。この用語は一般に、化学、生化学、生物科学で使われる。 生化学では、メチル化はとりわけ水素原子とメチル基の置換に用いられる。 生物の機構では、メチル化は酵素によって触媒される。メチル化は重金属の修飾、遺伝子発現の調節、タンパク質の機能調節、RNA代謝に深く関わっている。また、重金属のメチル化は生物機構の外部でも起こることができる。さらに、メチル化は組織標本の染色におけるアーティファクトを減らすのに用いることができる。.

新しい!!: BRCA1とメチル化 · 続きを見る »

ラスカー・コシュランド医学特別業績賞

ラスカー・コシュランド医学特別業績賞(ラスカー・コシュランドいがくとくべつぎょうせきしょう)は、アルバート・ラスカー医学研究賞の一部門。アメリカ合衆国のラスカー財団によって授与される国際的な医学賞の一つで、1994年から概ね2年ごとに授与されている。 設立当初の名称はアルバート・ラスカー特別功労賞(Albert Lasker Special Achievement Award)であったが、1998年に同賞を受賞したアメリカの生化学者の業績を讃え、2008年に改名された。.

新しい!!: BRCA1とラスカー・コシュランド医学特別業績賞 · 続きを見る »

プロヒビチン

プロヒビチン(prohibitin)あるいはPHBは、ヒトにおいてPHB遺伝子によってコードされているタンパク質である。Phb遺伝子は、動物や真菌、植物、単細胞真核生物においても記載されている。プロヒビチン類は、酵母のPHB1およびPHB2に対する類似性に基づいて、それぞれType-IプロヒビチンとTyp2-IIプロヒビチンの2つのクラスに分類される。それぞれの生物は、それぞれのタイプのプロヒビチンを少なくとも1コピー有している。.

新しい!!: BRCA1とプロヒビチン · 続きを見る »

ファンコーニ貧血

ファンコーニ貧血(ファンコーニひんけつ、Fanconi anemia、FA) は遺伝子疾患のひとつであり、350,000人に1人の割合で生じるが、アシュケナージユダヤ人や南アフリカのアフリカーナーではより高い確率で発症する。 ファンコーニ貧血は、DNA修復に関与する一連のタンパク質に遺伝的な欠陥が生じたために起きる疾患である。そのため、ファンコーニ貧血の患者は大部分が癌(おもに急性骨髄性白血病)に罹患したり、90%が40歳までに骨髄の機能不全(血球細胞を作れない)を示したりする。ファンコーニ貧血の患者の60-75%が先天性疾患を有しており、その主なものには低身長、皮膚・腕・頭部・眼・腎臓・耳の異常所見、発達障害がある。また75%の患者には何らかの内分泌障害を有し、重篤度は患者により異なる。平均死亡年齢は2000年の時点で30歳であった。 アンドロゲンや造血細胞増殖因子を用いた治療法で骨髄機能不全を一時的に補うことができるが、長期治療は、もしドナーが見つかるならば造血幹細胞移植(骨髄移植)である。 DNA修復における遺伝的欠陥のため、ファンコーニ貧血の患者から採った細胞は、マイトマイシンCのようなDNA架橋結合による抗がん剤に対して敏感である。 ファンコーニ貧血の名称は、この疾患を初めて記述したスイスの小児科医グイドー・ファンコーニ (en:Guido Fanconi)に由来する。同様にファンコーニの名から付けられた疾患に腎疾患のファンコーニ症候群があるが、こちらと混同してはならない。.

新しい!!: BRCA1とファンコーニ貧血 · 続きを見る »

アンジェリーナ・ジョリー

アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie, 出生名: Angelina Jolie Voight, 1975年6月4日 - )は、アメリカ合衆国の女優、映画プロデューサー、ファッションモデル。愛称は「アンジー」である。.

新しい!!: BRCA1とアンジェリーナ・ジョリー · 続きを見る »

オラパリブ

ラパリブ (Olaparib, AZD-2281, Ku-0059436) は、進行した卵巣癌への分子標的治療薬として、アストラゼネカの リムパーザ(Lynparza) が2014年12月に米国食品医薬品局(FDA)と欧州医薬品庁(EMA)から承認を得ている。日本でも2018年1月に「白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法」を効能・効果として承認。 DNA修復に関与する酵素を阻害するである。がん抑制遺伝子の一つであるBRCA1やBRCA2の変異により 卵巣癌、乳癌、前立腺癌、膵臓癌 を引き起こすとされ、その治療に用いられる。 400mgを1日2回経口摂取する。1日の合計摂取量は800mg。1週間分となる 50mgカプセル112個入りボトル が $3,000 で販売されている。 選択的阻害剤の一種であり PARP-1 と PARP-2 への作用 IC50 はそれぞれ 5 nM と 1 nMである。400mgを1日2回摂取した時の血中濃度は Cmax ss.

新しい!!: BRCA1とオラパリブ · 続きを見る »

カールトン・カレッジ

ールトン大学 カールトン・カレッジ(カールトン大学、Carleton College)はアメリカ合衆国ミネソタ州ノースフィールドにある中西部有数の名門リベラル・アーツ・カレッジ。1866年11月14日に設立。 USニューズ&ワールド・レポート誌の大学ランキングでは、リベラル・アーツ・カレッジ部門で常にトップ10を維持し、2017年は第7位。同誌は同大学を「Best Undergraduate Teaching」という点で全米1位に掲げている。 在学生のSAT Composite Rangeは1340 - 1520、ACT は30-33であり、ハーバード大学、イェール大学、プリンストン大学などのアイビー・リーグ校のスコアに匹敵し、ヒドゥン・アイビーに含まれる。入学難易度、卒業難易度が共に非常に高く、米国の大学ランキングでは常に最上位グループに位置する。潤沢な資金により、奨学金が充実している。 留学生はTOEFL 100点(iBT)以上のスコアとSAT Reasoning Test 又はACTのスコアの提出が必要。人気の専攻分野は社会科学(22%)、物理・化学(13%)、生物・生命科学(11%)等となっている。 カールトン・カレッジのミッション(使命)は学部学生に最高の教養(リベラル・アーツ)教育をすることであり、大学院はない。米国では珍しく3学期制をとる大学で、1学期10週間、履修科目を集中的に学ぶ。 全米の多くのリベラル・アーツ・カレッジ同様少数精鋭制をとり、学生数は一学年約500人で、総数約2,000人である。それに対し、常勤(フルタイム)の教官が200名以上である。97%の教官はPh.D.あるいは担当分野の最高の学位を有する。.

新しい!!: BRCA1とカールトン・カレッジ · 続きを見る »

BRCA2

BRCA2(breast cancer susceptibility gene II)とは、がん抑制遺伝子の一種であり、その変異により遺伝子不安定性を生じ、最終的に乳癌を引き起こす。.

新しい!!: BRCA1とBRCA2 · 続きを見る »

細胞周期チェックポイント

細胞周期チェックポイント(さいぼうしゅうきチェックポイント)とは、細胞が正しく細胞周期を進行させているかどうかを監視(チェック)し、異常や不具合がある場合には細胞周期進行を停止(もしくは減速)させる制御機構のことである。細胞自体がこの制御機構を備えている。一回の細胞分裂の周期の中に、複数のチェックポイントが存在することが知られており、これまでにG1/Sチェックポイント、S期チェックポイント、G2/Mチェックポイント、M期チェックポイントの4つが比較的よく解析されている。この機構は正確な遺伝情報を娘細胞、ひいては子孫に伝達するための、生命にとって根源的な役割を果たしていると考えられており、この機構の異常はヒトなどのがん発生の主要な原因のひとつといわれる。その基本概念は、1988年、リーランド・ハートウェルらにより提出された。 500px.

新しい!!: BRCA1と細胞周期チェックポイント · 続きを見る »

発がんプロモーション

多段階発がん説において、発がんプロモーション(はつがんプロモーション、tumor promotion)または発がん促進は、様々な因子がを受けた単一の細胞の子孫の生存および増殖、すなわちアポトーシスに抵抗しクローン性増殖を遂げるための発がん過程の一つである。この過程はへの一歩である。 腫瘍細胞が生存するためには、p53やBRCA1、BRCA2、RB1、fas受容体といったがん抑制遺伝子の発現を低下させなければならない。がん抑制遺伝子は、DNA損傷や倍数化、無制御の細胞成長が起こった際にがん細胞においてアポトーシス経路を始動させる。 同時に、腫瘍細胞は、RasやMAPKK、VEGF、Aktといった下流の成長因子や細胞生存シグナルの活性化を促進あるいは引き起こすがん遺伝子の発現上昇を必要とする。.

新しい!!: BRCA1と発がんプロモーション · 続きを見る »

DNAメチル化

ピジェネティックな遺伝子制御で重要な役割を果たしている。 DNAメチル化(ディーエヌエイメチルか)とは、DNA中によく見られるCpG アイランドという配列の部分などで炭素原子にメチル基が付加する化学反応。エピジェネティクスに深く関わり、複雑な生物の体を正確に形づくるために必須の仕組みであると考えられている。がんにも関わっている。.

新しい!!: BRCA1とDNAメチル化 · 続きを見る »

遺伝子疾患

遺伝子疾患(いでんししっかん、Genetic disorder)は、遺伝子の異常が原因になって起きる疾患の総称。遺伝性疾患、遺伝疾患。 狭義に遺伝病とも称されるが、現在では次世代に遺伝しない場合も含めた概念となっている。.

新しい!!: BRCA1と遺伝子疾患 · 続きを見る »

遺伝子診断

遺伝子検査 、DNA検査としても知られる 遺伝子 診断 は、受け継いだ 疾患や、親子鑑定(遺伝的な母親-父親または、多くの人々の間の 祖先 関係) を知ることができる。 染色体 の個々の遺伝子を調べ、変異体の遺伝子をもつことに伴う遺伝性疾患のリスクを測定する。 遺伝子検査は、染色体、遺伝子、タンパク質の違いを検知する。 様々な遺伝子検査が毎年開発されている。 古くは、遺伝子検査の主なものは、染色体数が異常かどうかや、遺伝疾患につながる珍しい染色体をもつかどうかを調べるものだった。 今では、遺伝子検査は、心臓病やがんなどの疾病に関するリスクを決定する複数の遺伝子を分析したりする。 遺伝子検査の結果、遺伝病になりやすいかがわかる。 数百の遺伝子検査が現在利用可能で、ますます開発されている。 遺伝子の変異は直接タンパク質の構造に影響を及ぼすため、特定の遺伝子診断は、タンパク質又はその代謝物や、染色、蛍光染色を観察することにより行う。 この記事では医療目的のための遺伝子検査に焦点をあてる。.

新しい!!: BRCA1と遺伝子診断 · 続きを見る »

遺伝性非ポリポーシス大腸癌

遺伝性非ポリポーシス大腸癌(いでんせい・ひポリポーシス・だいちょうがん、HNPCC; Hereditary nonpolyposis colorectal cancer )とは常染色体優性の遺伝的素因による大腸癌である。子宮癌、卵巣癌、胃癌、小腸腫瘍、胆嚢癌、尿管癌、脳腫瘍、皮膚癌など、他臓器における発癌もしばしばみられる。これらの発癌リスクの上昇はDNAミスマッチ修復酵素の変異による。.

新しい!!: BRCA1と遺伝性非ポリポーシス大腸癌 · 続きを見る »

膵癌

膵癌(すいがん、Pancreatic cancer)は、膵臓から発生した癌腫。膵臓癌(すいぞうがん)とも呼ぶ。早期発見が非常に困難な上に進行が早く、きわめて予後は悪い。このため、「膵臓癌は見つかった時点で手遅れ」とも言われる。 膵臓の位置。膵頭部に総胆管が走行しており、これが癌に巻き込まれると黄疸が出現する。.

新しい!!: BRCA1と膵癌 · 続きを見る »

悪性腫瘍

悪性腫瘍(あくせいしゅよう、malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめる大西『スタンダード病理学』第3版、pp.139-141Geoffrey M.Cooper『クーパー細胞生物学』pp.593-595とされる。 一般に癌(ガン、がん、cancer)、悪性新生物(あくせいしんせいぶつ、malignant neoplasm)とも呼ばれる。 「がん」という語は「悪性腫瘍」と同義として用いられることが多く、本稿もそれに倣い「悪性腫瘍」と「がん」とを明確に区別する必要が無い箇所は、同一語として用いている。.

新しい!!: BRCA1と悪性腫瘍 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »