ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

10メガビット・イーサネット

索引 10メガビット・イーサネット

10メガビット・イーサネットは、10Mbpsの転送速度に対応したイーサネットである。 厳密には、「イーサネット」は10BASE5 (IEEE 802.3) のことを指した。また、それに対して安価にネットワークを構成できる10BASE2 (IEEE 802.3a) が作られ、CheapernetやThin Ethernetと呼ばれた(そこから10BASE5をレトロニムとして"Thick Ethernet"と呼ぶこともある)。追って1BASE5のスター型トポロジーを取り込む形で10BASE-T (IEEE 802.3i) が作られ、さらに光ケーブルを使う10BASE-F (IEEE 802.3j) が使われるようになった。なお、IEEE 802.3は拡張規格を統合する改訂が行われており、IEEE 802.3a, IEEE 802.3iなどはすでにIEEE 802.3に含まれている。また、双方向ケーブルテレビのインフラを利用して信号を伝送する10BROAD36がある。.

26 関係: ALOHAnetApple TVミニディスクマルチギガビット・イーサネットマンチェスタ符号ネットワーク・トポロジーハブ (ネットワーク機器)ラファイエット級フリゲートリピータプリアンブルビットレートツイストペアケーブルドリームキャストニンテンドーゲームキューブインターネット用語一覧イーサネットイーサネット・クロスオーバー・ケーブルカテゴリー6ケーブルコモン・モードサーブ 9LVDECstationMacintosh Quadra 700OSI参照モデルPC-9800シリーズTAVITAC8P8C

ALOHAnet

ALOHAnet または ALOHA は、ハワイ大学が開発した先駆的コンピュータネットワークシステム。1970年に開発された。この技術自体は既に使われておらず、歴史的存在となっているが、その中核となるコンセプトはイーサネットの基盤となった。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとALOHAnet · 続きを見る »

Apple TV

Apple TV(アップル ティーヴィー)は、アップルが開発・販売するセットトップボックスである。2006年9月12日にコードネーム「iTV」(アイティーヴィー)として発表された。 家庭内でビデオ・コンテンツをiTunesからテレビへ無線LANあるいは有線LANを通して配信することができる他、YouTubeの映像も見ることができる。また、2008年1月15日より、iTunes Storeから直接コンテンツを購入したり、映画のレンタルもできるようになった。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとApple TV · 続きを見る »

ミニディスク

ミニディスク(MiniDisc)とは、ソニーが1991年(平成3年)に発表し、翌年の1992年(平成4年)に製品化したデジタルオーディオの光学ディスク記録方式、および、その媒体である。略称はMD(エムディー)。 アナログコンパクトカセットを代替するという目標が開発の背景にあった。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとミニディスク · 続きを見る »

マルチギガビット・イーサネット

マルチギガビット・イーサネットは、2.5ギガビット/秒ないし5ギガビット/秒の仕様のイーサネットの規格。 カテゴリ5eまたはカテゴリ6のツイストペアケーブル上で2.5Gbit/sまたは5Gbit/sの速度を実現し、既存のギガビット・イーサネットと、10ギガビット・イーサネットとの間で中間的な通信速度を提供する。 2.5GBASE-Tおよび5GBASE-Tとして標準化作業が進められている。 ベンダーによってはNBASE-T、MGBASE-Tとする場合もある。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとマルチギガビット・イーサネット · 続きを見る »

マンチェスタ符号

マンチェスタ符号(マンチェスタふごう、Manchester coding)とは伝送路符号の一種である。磁気記録方式においては位相符号化(いそうふごうか、phase encoding、PE方式)とも言う。 マンチェスタ符号において、各データビットの符号化は「高→低」「低→高」のいずれかである。従って、同じレベルが連続することはないのでがなく、信号自体にクロックが含まれている()。これは、あるいは容量結合であり、符号化データからクロック信号を復元できることを意味する。その結果、マンチェスタ符号を使用した電気接続は、簡単な1対1であるを使用して簡単にされる。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとマンチェスタ符号 · 続きを見る »

ネットワーク・トポロジー

ネットワーク・トポロジー は、コンピュータネットワークのトポロジー。数学的にはグラフ理論の応用として研究されている。一般的には、ネットワーク上のノード(英: node、「節点」あるいは「頂点」を意味し、具体的にはコンピュータやネットワーク機器など端末のこと)と、ネットワークの経路(エッジ、英: edge、「枝」や「辺」を意味する)との相関をダイアグラムで抽象化した概念のことである。 「ネットワーク構成」や「網構成」とも言う。論理的な意味のほか、物理的な実装形態でも用いられ、例えばFTTHの幹線網の網構成)も同様にネットワーク構成と言う場合がある。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとネットワーク・トポロジー · 続きを見る »

ハブ (ネットワーク機器)

ハブ(HUB)とは、スター型物理トポロジを取るネットワークにおいて中心に位置する集線装置である。ハブという名前の由来は『車輪の中心』からきている。 イーサネット、トークンリング、FDDIなどさまざまなネットワーク規格に存在する機器だが、ネットワーク分野において単にハブというとイーサネット(10BASE-T、100BASE-TX など)で使われる集線装置を指す。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとハブ (ネットワーク機器) · 続きを見る »

ラファイエット級フリゲート

ラファイエット級フリゲート(Frégates légères furtives type La Fayette)は、フランス海軍が運用するフリゲートの艦級。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとラファイエット級フリゲート · 続きを見る »

リピータ

リピータ(repeater)は、電気通信における中継器であり、電気信号(信号)を受信し、より高いレベルや出力で再送信する装置のこと。また、障害を越えた反対側に信号が到達するように再送する装置のこと。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとリピータ · 続きを見る »

プリアンブル

プリアンブル(preamble)とは、ディジタル・データをシリアル(直列)に伝送する場合に,データの始まりに付加する区切り用の特殊ビット列(同期符号)。データの終わりに付加する区切りビット列はポストアンブル(postamble)と呼ぶ。 デジタル通信の分野で、受信側に「これからデータが送られてくる」ことを知らせるためにデータ本体に先立って送信される、決まったパターンのビット列のことをプリアンブルという。通信規格などで規定された常に変わらない特定のビット列で、受信側では回線を監視中にこのパターンを受信するとデータを受け取る準備を開始する。 コンピュータネットワークにおいてデータリンクをする際、データ本体の前に送られるビット列(1、0で構成されるデータ列)。データ本体の開始部分を定義し、通信の同期をとる役割をもつ。 磁気テープなどに情報を記録する際に、各ブロックの先頭に記録される2進文字列で、順方向読取り時に同期をとるために用いる。 また、目的プログラムの最初の部分に付加される情報で、そのプログラムの実行に必要な記憶容量、入出力装置の種類と数などを記録したものをさすこともある。 他のデータ局との同期確立を目的として、データ局からフレームに先行して伝送される特定のビットパターン。 プロトコルによっては、プリアンブルがフレームの一部となることがある。磁気媒体において、各ブロックの先頭に記録する、同期を目的とする2進数字の列。 プリアンブルは PLCP (Physical Layer Convergence Protocol/Procedure: 物理レイヤー集中プロトコル/プロシージャ) フレームにおける PDU (Protocol Data Unit: プロトコル・データ・ユニット) の最初の部分を構成している。データパケットの残りの部分であるヘッダーには、変調スキーム、転送レートおよび全データフレームの転送にかかる時間を指定する情報が含まれる。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとプリアンブル · 続きを見る »

ビットレート

電気通信やコンピューティングにおいて、ビットレートまたはビット速度(ビットそくど、bit rate, bitrate)とは、単位時間あたりに転送または処理されるビット数である。変数 R として表される。 ビットレートには、通常ビット毎秒(bit/s)の単位が用いられ、キロ、メガ、ギガ、テラなどのSI接頭辞と組み合わせて使用される。非公式な略称"bps"が"bit/s"の代わりに使われることが多く、例えば"1 Mbps"は100万ビット毎秒を意味する。 1バイト毎秒(1 B/s)は8ビット毎秒に相当する。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとビットレート · 続きを見る »

ツイストペアケーブル

ノイズ除去の仕組み ツイストペアケーブル(Twisted pair cable、ツイステッドペアケーブル)は、撚り対線(よりついせん)とも言い、電線を2本対で撚り合わせたケーブルである。単なる平行線よりノイズの影響を受けにくい。TPケーブルと言う場合もある。 古くからある技術であり電話線などに用いられてきたが、近年ではイーサネットの特にLANでの配線に使われる例がよく知られている。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとツイストペアケーブル · 続きを見る »

ドリームキャスト

ドリームキャスト(Dreamcast)は、セガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)が発売した家庭用ゲーム機である。一般にはDCやドリキャスの略称で呼ばれる。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとドリームキャスト · 続きを見る »

ニンテンドーゲームキューブ

ニンテンドーゲームキューブ(NINTENDO GAMECUBE)は、任天堂より発売された家庭用ゲーム機である。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとニンテンドーゲームキューブ · 続きを見る »

インターネット用語一覧

インターネット用語一覧(インターネットようごいちらん)は、通信分野の中で特にインターネットに関する用語を五十音順に列挙した目次である。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとインターネット用語一覧 · 続きを見る »

イーサネット

イーサネット (Ethernet) はコンピューターネットワークの規格の1つ。世界中のオフィスや家庭で一般的に使用されている有線のLAN (Local Area Network) で最も使用されている技術規格で、OSI参照モデルの下位2つの層である物理層とデータリンク層に関して規定している。 現代の有線LANは、OSI参照モデルの下位2層に相当するイーサネットとそれ以上の層を規定した「TCP/IPプロトコル」の組み合わせが一般的である。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとイーサネット · 続きを見る »

イーサネット・クロスオーバー・ケーブル

イーサネット・クロスオーバー・ケーブル(英文表記:Ethernet crossover cable)とは、通常のイーサネット用ツイストペアケーブル(ストレート・ケーブル)の両端には、MDI 機器と MDI-X 機器を接続するところ、両端とも MDI もしくは MDI-X の機器を接続できるように結線されたケーブルである。10BASE-T、100BASE-TXが主流の時代は一方の終端をT568Aで結線し、他方をT568Bで結線することが一般的であった。クロスオーバー・ケーブルまたはクロス・ケーブルと略す。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとイーサネット・クロスオーバー・ケーブル · 続きを見る »

カテゴリー6ケーブル

テゴリー6ケーブル(ANSI/TIA/EIA-568-B.2-1、Category 6 cable)は、高速信号転送のためのツイストペアケーブルの規格である。既存の下位規格であるカテゴリー5/5e、カテゴリー3などとの上位互換性を有する。ギガビット・イーサネットでの使用を想定し、カテゴリー5と比べ、より厳しい耐ノイズ仕様を有する。10BASE-T/100BASE-TXのケーブルとしても用いることができる。 ケーブルは4対のツイストペアケーブルで構成されている。終端はUTPケーブルではRJ-45(8P8C)コネクタとなっている。 カテゴリー5ケーブルと同様に、普及品はシールドされていないUTPケーブルが殆どであり、工業規格化されているSTPケーブルはカテゴリー6A STPのみである。そのため、カテゴリー6以前のSTPケーブル文脈上、カテゴリー6A STPを(カテゴリー6Aがカテゴリー6の特種であることを以って)「カテゴリー6 STP」と記述されることがあり、弁別に注意が必要である。については、一般での適用には機器側対策も含め注意が必要である。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとカテゴリー6ケーブル · 続きを見る »

コモン・モード

モン・モード(common-mode)正負両差動入力端子に現れる波形が同位相であることをいう。逆はノーマル・モード(normal-mode)である。 図で、上の例では正負の信号線に同じ位相、同じ大きさの雑音が乗っている。この場合、差動入力回路における減算が理想的(CMRRが無限大)であれば、雑音は完全に打ち消されてしまい、出力には現れない。逆に下の例では、両信号線における雑音の位相が逆であり、差動入力の結果雑音は倍の振幅になって現れる。前者をコモン・モード雑音、後者をノーマル・モード雑音と呼ぶ。 正負の信号線が接近しており、入出力インピーダンスが同程度で整合していれば、外来雑音は両信号線に同様に影響しコモン・モードの雑音となることが期待される。業務用マイクロホン等を平衡接続するのはこれを狙ったものである。さらに、正負の信号線を縒り合わせると効果的に信号線が接近するだけでなく、見かけのインダクタンスを小さくすることができる(両信号線のインダクタンスが打ち消し合う)。ツイステッドペアが10BASE-Tなどの高速信号線に用いられる理由である。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとコモン・モード · 続きを見る »

サーブ 9LV

ーブ9LV (Saab 9LV)は、SAAB社の艦載C4Iシステム。当初は射撃指揮システムとして開発されたが、9LV Mk.3で意思決定機能が統合された。なお、現在の開発元はセルシウステック(CelsiusTech)社である。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとサーブ 9LV · 続きを見る »

DECstation

DECstation 5000/200 の本体カバーを外した様子 DECstationは、DECのコンピュータのブランド名であり、3つの独立したコンピュータシリーズで使用された名称である。第一は1978年にリリースされたワードプロセッサシステムで、その他は(こちらの方が有名だが)1989年に2種類のシリーズとしてリリースされた。後者はMIPSアーキテクチャベースのワークステーションとPC/AT互換機である。MIPSベースのワークステーションではDEC自身のUNIXであるUltrixおよびOSF/1(1992年1月から)が動作した。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとDECstation · 続きを見る »

Macintosh Quadra 700

Macintosh Quadra 700は(Quadra 900と一緒に)1991年10月にアップルより発売された。MC68040を搭載したアップルにとって最初のコンピュータであるだけでなく最初にイーサネットを組み込んだ機種でもある。Quadra 700は、Macintosh IIcxやMacintosh IIciモデルと似た筐体を使用している。そのためユーザは、当時実施されたアップグレードサービスにより高性能のコンピュータに更新できた。1992年、iFデザイン賞受賞。 Quadra 700は20MBのRAMと25MHzのMC68040プロセッサのおかげで科学や設計に非常に利用しやすいコンピュータであった。1994年、Power Macintosh アップグレードカードが登場してPowerPC 601とPower Macintosh向けソフトを利用することができた。IIciのようにロジックボードにビデオ回路が組み込まれ、解像度1152x870までサポートしていた。VRAMはロジックボード上の6個のSIMMスロットに2MBまで増設でき、832x624の画面解像度では24-bit(1600万)色表示できた。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとMacintosh Quadra 700 · 続きを見る »

OSI参照モデル

OSI参照モデル(OSIさんしょうモデル、OSI reference model)は、コンピュータの持つべき通信機能を階層構造に分割したモデルである。国際標準化機構(ISO)によって策定された。 OSI基本参照モデル、OSIモデルなどとも呼ばれ、通信機能(通信プロトコル)を7つの階層に分けて定義している。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとOSI参照モデル · 続きを見る »

PC-9800シリーズ

PC-9800シリーズは、日本電気(以下NEC 現在はNECパーソナルコンピュータとして分社)が開発及び販売を行った独自アーキテクチャのパーソナルコンピュータ(パソコン)の製品群である。同社の代表的な製品であり、98(キューハチ/キュッパチ)、PC-98などと略称されることもある。 PC-9800シリーズに厳密には含まれる、あるいは広義の解釈として含まれる以下のシリーズについてはそれぞれの記事を参照のこと。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとPC-9800シリーズ · 続きを見る »

TAVITAC

TAVITAC(Traitement Automatique et VIsualisation TACtique)は、トムソンCSF(Thomson-CSF、いまのタレス・グループ)社が開発した軍艦用戦術情報処理装置。原型となったVegaシリーズと、発展型のTAVITAC 2000がある。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットとTAVITAC · 続きを見る »

8P8C

8P8Cプラグのピン配置 プラグとケーブル 8P8C は、8本の接続位置があり、8本全部が結線されている、通信用コネクタである。"eight positions, eight conductors" (8極8芯)の略であり、プラグ部とジャック部を総称して8P8Cモジュラーコネクタ (8P8C modular connector) とも呼ばれる。.

新しい!!: 10メガビット・イーサネットと8P8C · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

10BASE-210BASE-510BASE-T10BASE210BASE510Base-T10メガビットイーサネット

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »