ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

顕微鏡

索引 顕微鏡

顕微鏡(けんびきょう)とは、光学的もしくは電子的な技術を用いることによって、微小な物体を視覚的に拡大し、肉眼で見える大きさにする装置である。単に顕微鏡というと、光学顕微鏡を指すことが多い。 光学顕微鏡は眼鏡屋のヤンセン父子によって発明された。その後、顕微鏡は科学の様々な分野でこれまで多大な貢献をしてきた。その中で様々な改良を受け、また新たな形式のものも作られ、現在も随所に使用されている。顕微鏡を使用する技術のことを顕微鏡法、検鏡法という。また、試料を顕微鏡で観察できる状態にしたものをプレパラートという。.

473 関係: AigoAPOPO培養原形質原形質流動原清敬ぎょう虫感染症はてなをさがそうまんがはじめて物語まんがサイエンスの専門家一覧みどり荘事件みやぎ県南中核病院けんびきょう座けんこう仮面かに座55番星印旛医科器械歴史資料館単細胞生物卵菌吸着吸管虫吉田ヒロ大鉄人17天保異聞 妖奇士太陽光夜な夜なニュースいぢり X-Radio バツラジ外村彰変形体子午環学習材実体顕微鏡実験器具の一覧宝石学宮部金吾記念館宗方俊彦安藤緑山対物レンズ小川宏小牧那凪小林米作尿円柱少毛類山口県立図書館分類表屈折岸和田市岸本正壽上山博康不等毛藻中井履軒中耳炎...中性子顕微鏡丹羽公雄希釈平板法三鷹光器乳房再建京セラオプテック二十世紀の豫言二クロム酸アンモニウム井上信也佐野公俊御池山クレーター微化石微細構造微生物微生物学微視的便の色・尿の色土井利位土佐のほっぱん地方病 (日本住血吸虫症)医学史医用画像処理医療機器化学略語一覧化膿レンサ球菌ナマコナラタケペル・イングヴァール・ブローネマルクペッター・アドルフ・カーステンナイルブルーミラーアップミリ波帯近接場顕微鏡ミード (天体望遠鏡メーカー)ミドリムシミカヅキモミクロメーターミクロトームミクロストリアミジンコ目ミズニラマラリアマリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャマリア・ジビーラ・メーリアンマルチェロ・マルピーギマルサン商店マンガン団塊ノープリウスマツマティアス・ヤーコプ・シュライデンマイルズ・ジョセフ・バークリーマイクロネットマイクロンマイクロフィラメントチマーゼネヘミア・グルーネフローゼ症候群ハロクアドラトゥム・ワルスビイハンセン病ハディズ・インターナショナルハイロックスバーチャル顕微鏡バカヤロー!4 YOU! お前のことだよバシビウスメハノモエギタケ科ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェヤーコプ・ヘンレヤガミヨハネス・フェルメールラムスデン式接眼鏡ランダムコイルライカリモートレリーズルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインルイージ・ブスカリオーニルイジ・コラーニレチクルレンズレンズマウントレンズメーカーレーウェンフック (小惑星)レトロニム一覧ロバート・フックロンズデーライトロジャー・ベーコンヴェッツラートランスフォーマー (マーベルコミック版)トランスフォーマー ザ・ムービートランスフォーマー/リベンジトプコントクサヘマトキシリンヘリトリゴケヘリコバクター・ピロリヘンリー・ソービーブラック・オパールブラウンフェルス (ヘッセン)ブラウン運動にまつわる誤解プラスティネーションプラズモン顕微鏡プレパラートパリ工芸博物館パーライト (岩石)パーセプターパップテストパウル・ラムドールビデオ会議ビクセン (企業)ピール法ピーテル・ファン・ミュッセンブルークテラヘルツ顕微鏡テッポウエビ属テトリス効果ディフ・クイック染色デストロン (トランスフォーマー)フランチェスコ・ステルッティフランツ・バウアーフランシス・ウェナムフリードリヒ・ヨハン・カール・ベッケフルオレセインファインダーフィリップ・エドゥアール・レオン・ヴァン・ティガンフィッショントラック法フィアメッタ・ウィルソンフェリックス・デュジャルダンフェルディナント・バウアーフェデリコ・チェージドラえもんのひみつ道具 (け)ドリーム・トレイン・インターネットドイツマルクドゥルセ・デ・レチェニューミクロマンニューモノウルトラマイクロスコーピックシリコヴォルケーノコニオシスニワトコニプコー円板ニコンホーザン (工具メーカー)ダーウィン4078ベルゴニー・トリボンドーの法則分子イメージング分光法分解能切片アポクロマートアルバート・バエズアルフレッド・ギルバートアントニ・ファン・レーウェンフックアントニオ・ヴァリスネリアブラミミズアエロピュルム・ペルニクスアオカビアカリンダニアタナシウス・キルヒャーイェーナイオン顕微鏡ウィリアム・モリノーウィルソン・ベントレーウイルスウォームギヤエナメル質エルンスト・ユンガーエームズ試験エティオロジーエアリー関数エウスタキオ・ディヴィーニエオシンオナニークラブオリンパスオディロン・ルドンオオイカリナマコオオスカシバカナダドルカメラ・ルシダカンジダカール・ツァイスカール・フリードリヒ・ツァイスカイアシ類ガム・クロラール系封入剤ガラスキノコクモクモ学クリスチャン・ゴットフリート・エーレンベルクグリースケルナー式接眼鏡ケルビンプローブフォース顕微鏡ケイブパールコメットアッセイコリネバクテリウム属コルネリウス・ドレベルコルネルス・アントニー・ヤン・オーデマンコルポスコープコスモクロア輝石ゴミムシシーグラスジュール・ボルデジョバンニ・ファベールジョン・ショウ・ビリングスジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナジョゼフ・ライディジアルジアジェームズ・ボワーバンクスマートフォンスギナスクレロメータースコープ (曖昧さ回避)スターライト・コーポレーションズイコーセレストロンセンモウヒラムシセカンドソースセクストン・ブレイクゼアーズ・プレンティ・オブ・ルーム・アット・ザ・ボトムソマチットタイムカプセルよゐこ部サハリアス・ヤンセンサッカロミケス属サイバトロン冷却CCDカメラ円柱内臓逆位写真免疫染色全反射照明蛍光顕微鏡八丈小島のマレー糸状虫症八洲光学工業公衆衛生共焦点レーザー顕微鏡共進化先行研究光学顕微鏡光学機器光音響効果顕微鏡光電子顕微鏡前川虚舟前成説創造性の育成塾動物学動物病院国立国際医療研究センター個体Black bullet石川県立自然史資料館球菌磁気力顕微鏡磁気共鳴力顕微鏡神経病理学神経断裂福島孝徳科学と学習科学実験の年表科学写真窮理図解精索静脈瘤細胞小器官細胞説細胞接着細胞接着分子細胞検査士細胞毒性編布縞状鉄鉱床真菌学真正細菌眼外傷結合組織結節性多発動脈炎結晶学絶対無敵ライジンオー組織 (生物学)組織学組織球性壊死性リンパ節炎病原体病因学病理学病理診断生命の起源生物学生物学と有機化学の年表生物学に関する記事の一覧生物学史生薬学生気論田島弥平画像無惨異常分散レンズ界 (分類学)牧野富太郎発火法発生学発生生物学発酵発明の年表花粉分析音響顕微鏡法鞭虫症鎌状赤血球症落書き非アルコール性脂肪性肝疾患蝶の舌顕微鏡図譜血球計算盤血液サラサラ袋形動物食用キノコ西洋教育史観察見えないもの診察診断超音波顕微鏡超解像顕微鏡法超昂天使エスカレイヤー黒島亀人黄色ブドウ球菌鼻血蜂窩織炎胚発生胞子体胃炎鈴木雅洲赤血球走化性走査型マイクロ波顕微鏡走査型トンネル顕微鏡走査型プローブ顕微鏡走査型近接場光顕微鏡闇 (X-ファイルのエピソード)蒙古斑肉眼脱髄疾患脳神経外科学脳脊髄液脂肪肝脂肪肉腫膨張する宇宙の未来野外手術システム自動絞り自然の芸術的形態自然写真長崎市科学館長谷川泰酢酸ダーリア溶液酢酸オルセイン溶液酢酸カーミン溶液腸内細菌腹毛動物酵素反応速度論酵母酒呑場遺跡蛍光顕微鏡蛍石レンズ雪の結晶の観察と研究の年表雪華図説蛭子能収電子スピン共鳴顕微鏡電子顕微鏡電界放射顕微鏡雑菌耳嚢耳掻き陰茎癌FromAスキーチームJNNニュースコープNV中心磁気顕微鏡RiPPsSM5SM6UPシリーズX線顕微鏡X線撮影Zemax LensMechanix暗視野検鏡染めQ染色 (生物学)染色体接眼レンズ排気ガス処理東京航空計器松浪硝子工業桿菌桂川甫周梶田半古植物学横紋筋肉腫標準レンズ標本 (分類学)機工魔術士-enchanter-水からの伝言気象学河内源一郎法医病理学渡辺万次郎潜水艦スーパー99朝永振一郎朝日乾電池木綿望遠鏡メーカー一覧戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010星座の一覧流星塵流星痕日本工業規格(医療安全用具)の一覧日本工業規格(化学)の一覧 (K 2000-2999)日本工業規格(鉄鋼)の一覧日本初の一覧日本自然科学写真協会悪性腫瘍感染症の歴史懸濁液数取器手術材料病理診断拡大鏡1-ブロモナフタレン110フィルム2光子励起顕微鏡2光子吸収過程5秒ルール600万ドルの男 インデックスを展開 (423 もっと) »

Aigo

aigo(アイゴ、中国語:爱国者)は、中華人民共和国のデジタル家電メーカーの愛国者数碼科技有限公司(英文: Aigo Digital Technology Co.

新しい!!: 顕微鏡とAigo · 続きを見る »

APOPO

APOPOは、ベルギー人社会的起業家、バート・ウィートジェンスによって創設された、タンザニアに本拠を置く社会的企業である。アフリカオニネズミと呼ばれるアフリカ原産のネズミを訓練し、その優れた嗅覚を活用して、地雷を探知・除去する事業を展開している。厳しい訓練を乗り越え、基準に合格したネズミたちはヒーローラッツと呼ばれている。ヒーローラッツの特色は、アフリカ地域が抱える人道上の問題に対し、アフリカにある資源を用いながら、アフリカの人間の手によって育成・展開可能な、低コストで、しかし他の地雷探知技術と同レベルの成果を上げることが期待される、全く新しい地雷探査の技術を提供しているという点である。近年では、訓練されたネズミの嗅覚を利用して、人々の唾液から結核菌を検出する技術の開発も進められており、既にタンザニアの5か所の病院にて実用段階に入っている。ヒーローラッツは、人間社会が抱える人道的な問題、危険に対して、ネズミの嗅覚という新しい解決を提案するものである。.

新しい!!: 顕微鏡とAPOPO · 続きを見る »

培養

炭疽菌の培養 培養(ばいよう、culture)とは、微生物あるいは多細胞生物の細胞や組織の一部を人工的な環境下で育てることである。多細胞生物を個体単位で育てる場合は飼育や栽培として区別される。本稿では主に微生物の培養を扱う。組織の培養に関しては組織培養を参照。.

新しい!!: 顕微鏡と培養 · 続きを見る »

原形質

原形質(げんけいしつ、)とは、細胞の微細構造が知られていなかった時代に作られた言葉で、細胞の中にある「生きている」と考えられていた物質のことである。具体的には、核と細胞質(一般に細胞膜を含む)を指す。 細胞の活動によって作られた「生きていない」物質、例えば細胞膜外の細胞壁や、細胞膜内の脂肪滴や澱粉粒などは原形質に含まず、後形質(副形質)と呼ぶ。.

新しい!!: 顕微鏡と原形質 · 続きを見る »

原形質流動

原形質流動(げんけいしつりゅうどう)とは、生きている細胞の内部で、原形質が流れるように動く現象である。 狭義には植物細胞で見られるような細胞の外形が変わらない運動だけを意味するが、広義にはアメーバ運動のような細胞全体の運動も含む。 原形質流動は細胞内小器官に様々な生体分子を細胞内で輸送するための細胞運動である。 ATPをエネルギー源とし、細胞骨格を形成しているマイクロ(アクチン)フィラメントとモータータンパク質(ミオシンなど)との相互作用によって流動力が生じる。 これは動物の筋肉の収縮運動と発生機構的には極めてよく似ている。.

新しい!!: 顕微鏡と原形質流動 · 続きを見る »

原清敬

原 清敬(はら きよたか、1974年8月 - )は、日本の生物学者・環境学者(生化学・応用微生物学・生物工学・合成生物学)。学位は博士(理学)(東京工業大学・2001年)。静岡県立大学食品栄養科学部准教授・大学院食品栄養環境科学研究院准教授。 協和醱酵工業株式会社研究員、早稲田大学先端科学・健康医療融合研究機構特任助手、神戸大学自然科学系先端融合研究環特命准教授などを歴任した。.

新しい!!: 顕微鏡と原清敬 · 続きを見る »

ぎょう虫感染症

ぎょう虫感染症は、ぎょう虫によりヒトに寄生し感染する疾患である。一般的によくある症状は、肛門周囲のかゆみである。このかゆみにより睡眠が困難になることがある。虫卵を嚥下してから新たな虫卵が肛門周辺に現れるのは4~8週間後である。一部のヒトは感染しても症状が出ないヒトもいる。 ぎょう虫感染症はぎょう虫の卵によりヒトに拡散される。虫卵は肛門周辺で初期発生し最大3週間その環境で生存できる。汚染された手や食品や物などにより虫卵を飲み込むことになる。これらのリスクがあるのは学校に通うヒト、医療介護施設または刑務所に住んでるヒト、または感染者の介護をしてるヒトである。この感染症はその他の動物によっては拡散されない。診断は1センチ程のぎょう虫の発見または顕微鏡で見られる虫卵である。 一般的な治療はメベンダゾール、ピランテル、またはアルベンダゾールの2週間おきの2度の服用である。感染患者と暮らしているヒトまたは介護しているヒトも同時に治療するべきである。薬の服用後は私物の熱湯洗浄が勧められる。正しい手洗い、毎朝の入浴、日々の下着の着替えにより再感染の予防ができる。 ぎょう虫感染症は世界各地で一般的に診られる感染症である。先進国ではよく診られる線虫感染症である。学校に通う年齢の子供の感染が最も一般的である。米国では約20%のヒトが1度は感染したことがる。 感染リスクの高い団体の感染率は50%である。この感染症は重度の病気ではない。ぎょう虫は歴史を通しヒトに影響を与えてきたと信じられる。.

新しい!!: 顕微鏡とぎょう虫感染症 · 続きを見る »

はてなをさがそう

『はてなをさがそう』は、1990年4月2日から1996年3月11日までNHK教育テレビで放送されていた小学校4年生向けの学校放送(教科:理科)である。.

新しい!!: 顕微鏡とはてなをさがそう · 続きを見る »

まんがはじめて物語

『まんがはじめて物語』(まんがはじめてものがたり)とは、1978年5月6日から1984年3月31日までTBS系列局で放送されたダックスインターナショナルとTBS共同製作の子供向けの教養番組である。全305回。.

新しい!!: 顕微鏡とまんがはじめて物語 · 続きを見る »

まんがサイエンスの専門家一覧

まんがサイエンスの専門家一覧では、あさりよしとおの漫画作品『まんがサイエンス』に登場する専門家について記述する。長期連載なので、専門分野が重なる専門家も多い。彼らの名前は何かのパロディになっていることも多い。.

新しい!!: 顕微鏡とまんがサイエンスの専門家一覧 · 続きを見る »

みどり荘事件

みどり荘事件(みどりそうじけん)は、1981年(昭和56年)6月に大分県大分市で起こった強姦・殺人事件である浅野健一 「6月27日時効成立 検証・みどり荘事件報道被害(上)時効成立」『創』26巻8号、創出版、1996年、132頁。押田茂實・岡部保男編著 『Q&A見てわかるDNA型鑑定』 現代人文社、2010年、116頁。。大分女子短大生殺人事件とも呼ばれる。隣室の男が逮捕・起訴され、第1審で無期懲役の判決が下されたものの本田克也 『DAN鑑定は魔法の切り札か-科学鑑定を用いた刑事裁判の在り方』 現代人文社、2018年、238頁。勝又義直 『最新 DNA鑑定』 名古屋大学出版会、2014年、146頁。、控訴審では逆転無罪となり確定した浅野健一 「6月27日時効成立 検証・みどり荘事件報道被害(上)時効成立」『創』26巻8号、創出版、1996年、132-133頁。みどり荘事件弁護団編著 『完全無罪へ13年の軌跡-みどり荘事件弁護の記録』 現代人文社、1997年、369頁。。控訴審の判決理由では被告人以外の真犯人の存在が示唆されたが浅野健一 「6月27日時効成立 検証・みどり荘事件報道被害(上)時効成立」『創』26巻8号、創出版、1996年、133頁。みどり荘事件弁護団編著 『完全無罪へ13年の軌跡-みどり荘事件弁護の記録』 現代人文社、1997年、85頁。、1996年(平成8年)6月28日に公訴時効が成立し、未解決事件となった。 日本で初めて裁判所の職権でDNA鑑定が採用された事件みどり荘事件弁護団編著 『完全無罪へ13年の軌跡-みどり荘事件弁護の記録』 現代人文社、1997年、59頁。日本弁護士連合会人権擁護委員会編 『DNA鑑定と刑事弁護』 現代人文社、1998年、95頁。、当番弁護士制度創設のきっかけになった事件、また、被疑者や家族に対する報道被害事件としても知られている。.

新しい!!: 顕微鏡とみどり荘事件 · 続きを見る »

みやぎ県南中核病院

みやぎ県南中核病院(みやぎけんなんちゅうかくびょういん)は、宮城県柴田郡大河原町にある総合病院である。.

新しい!!: 顕微鏡とみやぎ県南中核病院 · 続きを見る »

けんびきょう座

けんびきょう座(顕微鏡座、Microscopium)は、南天の星座の1つ。.

新しい!!: 顕微鏡とけんびきょう座 · 続きを見る »

けんこう仮面

『けんこう仮面』(けんこうかめん)は、唐沢なをき・唐沢よしこによる日本の漫画作品。キャッチコピーは『体当たり肉体癒やし系ギャグ漫画』。.

新しい!!: 顕微鏡とけんこう仮面 · 続きを見る »

かに座55番星

かに座55番星(55 Cancri、55 Cnc、かに座ρ(ロー)星とも)とは、太陽系から41光年の距離にあるかに座の連星系である。太陽に似たG型主系列星(かに座55番星A)と赤色矮星(かに座55番星B)から構成され、2つの天体は1000天文単位以上離れている。 2008年までに、かに座55番星Aの周りには5つの太陽系外惑星が発見されている。最も内側の惑星は海王星に近い質量を持つ岩石惑星かガス惑星、外側の4つの惑星は木星のようなガス惑星と考えられている。 かに座55番星はNASAのTerrestrial Planet Finderの100の優先観測目標のうち63番目に選ばれていたが、この計画は中止された。.

新しい!!: 顕微鏡とかに座55番星 · 続きを見る »

印旛医科器械歴史資料館

印旛医科器械歴史資料館(いんばいかきかいれきししりょうかん)は、千葉県印西市(千葉ニュータウン)にある医療機器関連資料を展示・保存している資料館である。.

新しい!!: 顕微鏡と印旛医科器械歴史資料館 · 続きを見る »

単細胞生物

単細胞生物(たんさいぼうせいぶつ)とは、1個の細胞だけからできている生物のこと。体が複数の細胞からできている多細胞生物に対する言葉である。 原核生物と、原生生物に多く、菌類の一部にもその例がある。 単細胞生物には寿命が無いと思われがちだが、接合による遺伝子交換をさせないよう注意深くゾウリムシを培養するとやはり死に至る。.

新しい!!: 顕微鏡と単細胞生物 · 続きを見る »

卵菌

卵菌(らんきん)は、不等毛類に属する原生生物の一つ。近縁のサカゲツボカビ類とともに菌類様の外見を持つものが多い。 化石記録としては、石炭紀の地層からヒカゲノカズラ類の内部寄生者、 属の化石が発見されているほか、白亜紀の琥珀からも卵菌類と考えられる構造が見つかっている。.

新しい!!: 顕微鏡と卵菌 · 続きを見る »

吸着

吸着(きゅうちゃく、adsorption)とは、物体の界面において、濃度が周囲よりも増加する現象のこと。気相/液相、液相/液相、気相/固相、液相/固相の各界面で生じうる。 反対に、吸着していた物質が界面から離れることを脱着または脱離(desorption)と呼ぶ。.

新しい!!: 顕微鏡と吸着 · 続きを見る »

吸管虫

吸管虫(きゅうかんちゅう、すいくだむし、Suctoria)は、特殊化した繊毛虫の一群で、触手によって捕食を行う単細胞生物である。単細胞生物としては大型で、大きいものでは体長数百μmに達する。.

新しい!!: 顕微鏡と吸管虫 · 続きを見る »

吉田ヒロ

吉田 ヒロ(よしだ ひろ、1967年8月4日-)は、日本のお笑いタレント。本名は吉田弘典(よしだ ひろのり)。よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する。吉本新喜劇で活躍する。O型。東京で活躍するお笑いプロデューサー・ヒロ吉田とは別人。.

新しい!!: 顕微鏡と吉田ヒロ · 続きを見る »

大鉄人17

『大鉄人17』(だいてつじん ワンセブン)は、1977年(昭和52年)3月18日から同年11月11日まで、TBS系で毎週金曜19:00 - 19:30 (JST) に放送された石森章太郎原作、毎日放送・東映製作の特撮テレビ番組、および作中に登場する架空の巨大ロボットの名称。全35話。 新聞のテレビ欄では、『大鉄人ワンセブン』と表示されている。.

新しい!!: 顕微鏡と大鉄人17 · 続きを見る »

天保異聞 妖奇士

『天保異聞 妖奇士』(てんぽういぶん あやかしあやし)は、ボンズ制作のテレビアニメ。.

新しい!!: 顕微鏡と天保異聞 妖奇士 · 続きを見る »

太陽光

雲間から差す太陽光。 太陽光(たいようこう、sunlight)とは、太陽が放つ光である。日光(にっこう)とも言う。地球における生物の営みや気候などに多大な影響を与えている。人類も、太陽の恵みとも言われる日の光の恩恵を享受してきた。.

新しい!!: 顕微鏡と太陽光 · 続きを見る »

夜な夜なニュースいぢり X-Radio バツラジ

『夜な夜なニュースいぢり X-Radio バツラジ』(よなよなニュースいぢり バツラジ)は、かつてTBSラジオが2003年9月29日から2008年9月25日の間、月曜〜木曜24:00〜25:00(火曜〜金曜午前0:00〜1:00)に生放送していた深夜のラジオ番組。パーソナリティは宮川賢。.

新しい!!: 顕微鏡と夜な夜なニュースいぢり X-Radio バツラジ · 続きを見る »

外村彰

外村 彰(とのむら あきら、1942年4月25日 - 2012年5月2日)は、日本の物理学者。元沖縄科学技術大学院大学教授、学習院大学理学博士、名古屋大学工学博士。日本学士院賞恩賜賞受賞。文化功労者。日本学士院会員。米国科学アカデミー外国人会員。日本学術会議議員。.

新しい!!: 顕微鏡と外村彰 · 続きを見る »

変形体

変形体(へんけいたい)というのは、変形菌類の栄養体のことである。変形運動をしながら、微生物等を捕食して成長する。.

新しい!!: 顕微鏡と変形体 · 続きを見る »

子午環

子午環(しごかん)とは、天体の南中時刻を正確に測ると同時に天体の高度を測定して基本星表のデータとするための観測機材。.

新しい!!: 顕微鏡と子午環 · 続きを見る »

学習材

学習材(がくしゅうざい)とは、学ぶにあたって考察などに使用するもののことである。教育の場においては、教えるにあたって解説などに使用する教材(きょうざい)が学習材としても機能する。.

新しい!!: 顕微鏡と学習材 · 続きを見る »

実体顕微鏡

実体顕微鏡(じったいけんびきょう、英:Stereo microscope)とは、比較的低倍率(2-30倍程度)で、観察対象を薄切標本などにせず、そのままの状態で観察するための顕微鏡である。双眼実体顕微鏡ともいう。 顕微鏡観察を行いながら解剖などの作業する場合などに使われるので、対物レンズから接眼レンズまで双眼で、立体視が可能なものもある。たとえば、脳外科手術用の顕微鏡などもこれに類するものである。 普通は落射照明によって物体表面を観察するように使うが、透過光を用いる場合もあり、この両方の光源を組み込んだ装置もある。.

新しい!!: 顕微鏡と実体顕微鏡 · 続きを見る »

実験器具の一覧

実験器具の一覧(じっけんきぐのいちらん)は、科学の実験に用いられる器具(実験器具)の一覧である。 各分類内での記載は五十音順とする。.

新しい!!: 顕微鏡と実験器具の一覧 · 続きを見る »

宝石学

宝石学(ほうせきがく、gemology)は貴金属、宝石類などを鑑定し評価する学問。学問としては地質学や、鉱物学などの地球科学の一端である。 宝石学の専門教育があり、宝石を評価する資格もある。さらに教育を受け、経験をつめば、宝石鑑定士という資格もあるが、この資格は日本国内で権威付けられた資格ではなく、欧米など諸外国における認定機関の権威を借りてきているだけなので、そこで学習する宝石評価は日本国内におけるそれと大きな齟齬があり、その辺についてまったく無知で不勉強でありながら、その権威だけは声高に主張し、顧客に対してでかい態度で臨む鑑定士も存在するので、顧客はこうした資格の有無について信用しないほうが賢明である。日本以外の世界各国にも多くの専門学校や、宝石士協会がある。また、ダイヤモンド専門など、1種の宝石のみを専門に鑑定する人たちもいる。 宝石学者は質量、反射率、多色性、その他の光学特性などの特徴に基づいて、天然石と人工石、宝石の傷の修復の有無、彩色の有無の識別などの判別の仕事を行う。 粗い状態にある宝石はまず母体の岩石と鉱物会合、自然と磨かれた色のような表面特徴を判別し、さらにその色、反射率、光学特性、質量、拡大部の内部の特性で鑑別される。その特徴をつかんだ上で、カッティング、磨きなどの要素について研究する。宝石学の微細な内部構成の鑑定によって含有する流体を明らかにするという区分もある。色を高めるための熱処理をした場合、その熱で部分的に融解した晶石を含むために人工発色が行われたものか天然のままかどうかを判別できる。 宝石のスペクトル分析での原始構造を理解し、宝石の起源を特定する。これは宝石を鑑定する上で重要な要因であり、たとえば、ミャンマー産のルビーはタイ産のルビーと明確に内部構造や光学的な特徴が違うからである。硬度も宝石を扱う上では重要であり、物理的な硬度は非線形のモース硬度によって定義される。 近年、ジルコニアやモアサナイトなどの人工宝石が製造され増えているが、諸外国では人工合成石についてはそれなりの評価が存在し、日本のようにハナから真っ赤なニセモノとして扱い、事実上無価値と評価することはない。合成石か否かについて見極める過敏なまでに特殊な技量を要求されるのが日本の宝石学の特徴であり、そうした技量に長けた宝石学者や鑑定士が必要とされるのも日本だけである。.

新しい!!: 顕微鏡と宝石学 · 続きを見る »

宮部金吾記念館

宮部金吾記念館(みやべきんごきねんかん)は北海道札幌市中央区にある北海道大学植物園(北海道大学北方生物圏フィールド科学センター耕地圏ステーション植物園)の初代園長・宮部金吾の遺品を展示している博物館である。北海道大学植物園設立に関わる資料の他、宮部金吾が学生時代に使用していたノートや植物採集記録、愛用していた顕微鏡等を展示している。1992年(平成4年)9月に記念館として一般公開が開始され、2000年(平成12年)4月には建物が国の登録有形文化財に登録された。.

新しい!!: 顕微鏡と宮部金吾記念館 · 続きを見る »

宗方俊彦

宗方 俊遃(むねかた としゆき、1933年3月7日- )は、日本の教育者。元都立高等学校生物学の教員、教頭、学校長を歴任。.

新しい!!: 顕微鏡と宗方俊彦 · 続きを見る »

安藤緑山

安藤 緑山(あんどう ろくざん/りょくざん、明治18年(1885年)5月16日 - 昭和34年(1959年5月6日)は大正から昭和初期の彫刻家。本名は和吉(わきち)小林(2018)。。萬蔵、萬造、萬象の号を使用したという中村雅明 「超絶技巧の世界1 象牙彫刻」(『目の眼』179号、1991年9月)。)。また緑山の読みは、今日「ろくざん」と呼ばれることが多いが、本人は「りょくざん」と称していたという。.

新しい!!: 顕微鏡と安藤緑山 · 続きを見る »

対物レンズ

対物レンズ(たいぶつレンズ)とは顕微鏡や双眼鏡や望遠鏡において、観察される物体に最も近いレンズである。物体からの光は、まず対物レンズを通過して鏡筒(きょうとう)内に入射する。対物レンズは、光束を集光して像面に実像をつくる。 対物レンズの性能で光学機器の性能は決まるといっても過言ではなく、良く収差補正された光学系ではその性能は概ね開口数や口径で決まる。 収差といわれるずれは、ガラスの屈折率が光の波長によって異なるためやレンズが球面形状のためなどによって発生する。1枚の凸レンズだけでは綺麗な像が得られないため屈折率の異なる特殊ガラスや凹レンズ、非球面レンズなどの組み合わせによって収差を補正しているものもある。.

新しい!!: 顕微鏡と対物レンズ · 続きを見る »

小川宏

小川 宏(おがわ ひろし、1926年4月17日 - 2016年11月29日)は、日本のフリーアナウンサー・司会者。元NHKアナウンサー。東京都墨田区出身。.

新しい!!: 顕微鏡と小川宏 · 続きを見る »

小牧那凪

小牧 那凪(こまき なな、1997年6月6日 - )は、日本の女優。埼玉県出身。太田プロダクション所属。旧芸名は「のえる」、「さがら のえる」、「相楽 聖夜」。.

新しい!!: 顕微鏡と小牧那凪 · 続きを見る »

小林米作

小林 米作(こばやし よねさく、1905年7月15日 - 2005年11月6日)は、記録映画カメラマン、映画プロデューサー。 十字屋映画部から日本映画社、戦後は東京シネマで科学映画の撮影を担当。顕微鏡を使用した撮影を得意とし、自ら、プロダクションを立ち上げ、多くの科学映画を製作した。その間、国際賞・国内賞含め、数々の賞を受賞した。長男の小林武史と、次男の小林健次はヴァイオリニスト。.

新しい!!: 顕微鏡と小林米作 · 続きを見る »

尿円柱

尿円柱(にょうえんちゅう、urinary cast)とは主として遠位尿細管あるいは集合管で形成される、Tamm-Horsfallムコタンパク質とアルブミンが凝固沈殿したものを基質として、細胞あるいはその変性成分が封入された円柱状構造物。尿中に出現し、光学顕微鏡下で観察が可能である。尿円柱が多量に出現する場合は重度の腎疾患の存在を示唆する。尿円柱は硝子円柱、上皮円柱、蝋様円柱、顆粒円柱、脂肪円柱、赤血球円柱、白血球円柱、血色素円柱などに分類される。.

新しい!!: 顕微鏡と尿円柱 · 続きを見る »

少毛類

小毛類 (Oligotrichia) は、繊毛虫の一群で、淡水域、海水域共に広く分布する。主に単細胞遊泳性で、群体性や固着性の種は稀である。 細胞は球形から壷型ないしは逆釣り鐘型であり、概形は同じ繊毛虫の有鐘類に似るが殻(ロリカ)は持たない。壷あるいは釣鐘の開口部周縁にあたる位置に繊毛が配列している。この繊毛は複数本が密に並んで隣接しており、膜のように振舞う。この繊毛で機敏に遊泳するほか、水流を起こして餌粒子の収集も行う。.

新しい!!: 顕微鏡と少毛類 · 続きを見る »

山口県立図書館分類表

山口県立図書館分類表『新現代図書館学講座10 資料組織概説』、220頁。(やまぐちけんりつとしょかんぶんるいひょう)とは、山口県立山口図書館が1909年(明治42年)に定めた図書分類法である。山口図書館分類表とも。.

新しい!!: 顕微鏡と山口県立図書館分類表 · 続きを見る »

屈折

光が屈折しているため、水中の棒が曲がって見える。 屈折(くっせつ、)とは、波(波動)が異なる媒質を通ることによって進行方向を変えることである。異なる媒質を通るときに、波の周波数が変わらずに進む速度が変わるため進行方向が変わる(エネルギー保存の法則や運動量保存の法則による)。観測されやすい屈折は、波が0度以外の角度で媒質を変えるものである。 光の屈折がもっとも身近な例であるが、例えば音波や水の波動も屈折する。波が進行方向を変える度合いとしてはホイヘンスの原理を使ったスネルの法則が成り立つ。部分的に反射する振る舞いはフレネルの式で表される。なぜ光が屈折するかについては、量子力学的にファインマンの経路積分によって説明される。.

新しい!!: 顕微鏡と屈折 · 続きを見る »

岸和田市

岸和田市(きしわだし)は、大阪府泉南地域に位置する市。施行時特例市に指定されている。 岸和田藩の城下町を中心に発展してきた。泉南地域の中心都市でもあり、大阪府の出先機関や企業の支店などが集中している。岸和田だんじり祭で有名。行政の特徴として、永住外国人と国内在住期間が3年を越え満18歳以上で3ヵ月以上市内に住む「定住外国人」に住民投票の投票権(参政権ではない)を認めている。市のキャッチフレーズは「世界にいちばん近い城下町」。.

新しい!!: 顕微鏡と岸和田市 · 続きを見る »

岸本正壽

岸本 正壽(きしもと まさとし、1935年12月12日 - )は、日本の実業家。オリンパス光学工業で社長・会長を歴任した。.

新しい!!: 顕微鏡と岸本正壽 · 続きを見る »

世界の島 島(とう、しま)は、大陸の面積より小さく、四方を海洋に囲まれた陸地である。.

新しい!!: 顕微鏡と島 · 続きを見る »

上山博康

上山 博康(かみやま ひろやす、1948年 - )は、日本の脳神経外科医。禎心会脳疾患研究所所長、旭川赤十字病院脳神経外科顧問、札幌北脳神経外科顧問、コスモ脳神経外科顧問。.

新しい!!: 顕微鏡と上山博康 · 続きを見る »

不等毛藻

不等毛藻(ふとうもうそう、)はストラメノパイルのうち葉緑体を持った(またはかつて持っていた)グループである。不等毛植物とも訳す。 オクロ植物またはオクロ藻 とも呼ぶ。古くは黄色植物 と呼んだ。 不等毛藻に対し、不等毛類 は、近縁な従属栄養生物を含めたグループでストラメノパイルの別名だが、まれにこれを不等毛藻または不等毛植物と呼ぶことがある。 大型の海藻である褐藻以外は全て単細胞性の藻類で、淡水から海水まで広く分布する。.

新しい!!: 顕微鏡と不等毛藻 · 続きを見る »

中井履軒

中井 履軒(なかい りけん、享保17年5月26日(1732年6月18日) - 文化14年2月15日(1817年4月1日))は江戸時代中・後期の儒学者(折衷学派)である。中井甃庵の次男として生まれ、名は積徳、字 は処叔(しょしゅく)、通称は徳二、号は幽人。 五井蘭洲に朱子学を学び、兄中井竹山(なかい・ちくざん)とともに大坂の学問所懐徳堂の全盛期を支え、懐徳堂学派で最大の学問的業績を残したと言われる。.

新しい!!: 顕微鏡と中井履軒 · 続きを見る »

中耳炎

中耳炎(ちゅうじえん)とは、中耳に炎症が起こる病気であり、多くは急性の中耳炎のことを指す。基本的には、細菌感染症であることが多いが、ウイルス感染、膠原病の場合もある。.

新しい!!: 顕微鏡と中耳炎 · 続きを見る »

中性子顕微鏡

中性子顕微鏡(ちゅうせいしけんびきょう)とは、中性子線で観察する顕微法の総称である。.

新しい!!: 顕微鏡と中性子顕微鏡 · 続きを見る »

丹羽公雄

丹羽 公雄(にわ きみお、1946年5月21日 - )は、日本の物理学者、天文学者。専門は素粒子物理学。名古屋大学名誉教授。 丹生潔の下で宇宙線の反応を記録した「原子核乾板」からチャームクォークを観測し、小林・益川理論のきっかけを与えた(1971年)。さらに、原子核乾板中の粒子の軌跡を自動で読み取る原子核乾板全自動走査機を開発(1975年)。これによって初めてタウニュートリノ反応の結果つくられたタウ粒子を直接観測することが可能になり(1998年)、タウニュートリノの存在が証明された(2000年)。.

新しい!!: 顕微鏡と丹羽公雄 · 続きを見る »

希釈平板法

希釈平板法(きしゃくへいばんほう、dilution plate method)とは、微生物の分離法の一つで、調査対象とする試料を無菌の希釈液に合わせて懸濁液を作り、これを適当な割合で希釈し、寒天平板培地に広げて培養するものである。単独細胞由来のコロニーが出来ることから量的計測に利用できる利点があり、そのような目的にも用いられる。微生物の分離培養法の標準的な方法と目されている。.

新しい!!: 顕微鏡と希釈平板法 · 続きを見る »

三鷹光器

三鷹光器株式会社(みたかこうきMitaka Kohki co.,Ltd. )は東京都三鷹市にある精密機器メーカーである。望遠鏡を始めとする天文機器、探査衛星に搭載する宇宙開発用観測機器、非接触三次元測定装置等の産業機器、手術用顕微鏡を始めとする医療機器を生産している。.

新しい!!: 顕微鏡と三鷹光器 · 続きを見る »

乳房再建

乳房再建(にゅうぼうさいけん、Breast reconstruction)とは、外傷や奇形、乳癌除去手術などの理由で形状が大きく損なわれた乳房を再建する形成外科術である。.

新しい!!: 顕微鏡と乳房再建 · 続きを見る »

京セラオプテック

京セラオプテック株式会社(きょう-、KYOCERA OPTEC CO.,LTD.)は、レンズ・光学機器の設計、製造を行う光学機器メーカーである。 ヤシカ、京セラのコンタックス一眼レフ用カール・ツァイスレンズを製造していたことで知られる。.

新しい!!: 顕微鏡と京セラオプテック · 続きを見る »

二十世紀の豫言

『二十世紀の豫言』(にじっせいきのよげん、二十世紀の予言)は、『報知新聞』が1901年(明治34年)1月2日と3日の2日にわたって同紙紙面に掲載した未来予測記事の題名である。記事は、電気通信、運輸、軍事、医療、防災などの23項目について、20世紀に実現するであろう科学・技術の内容を予測している。 1997年(平成9年)に放送されたNHK連続テレビ小説「あぐり」では、登場人物である「望月エイスケ」がそれを語る場面が描かれた。また、文部科学省が発行した2005年(平成17年)度版の『科学技術白書』では、23項目すべてについて予測が的中しているか否かを検証し、12項目が実現、5項目が一部実現、6項目が未実現と評価している。 内容を後述の『スポーツ報知』サイトから転載して説明する。なお、旧漢字については【】内に新漢字を記し、難読語には【】に読みを記している。.

新しい!!: 顕微鏡と二十世紀の豫言 · 続きを見る »

二クロム酸アンモニウム

二クロム酸アンモニウム(にクロムさんアンモニウム、ammonium dichromate)は化学式 (NH4)2Cr2O7 で表される無機化合物。CAS登録番号は 。重クロム酸アンモニウムとも呼ばれる。6価クロム化合物のひとつである。擬似火山噴火の実験によく用いられるため、ヴェスヴィオ火山とも呼ばれる。.

新しい!!: 顕微鏡と二クロム酸アンモニウム · 続きを見る »

井上信也

井上 信也(いのうえ しんや、ラテン文字: Shinya Inoué、1921年1月5日 - )は、生物学者、顕微鏡学者。アメリカ合衆国国籍。 医学生物学における偏光顕微鏡、ビデオ顕微鏡の開祖とされる。彼の著書「Video Microscopy」は、顕微鏡学者必携の名著である。彼以前には存在を疑問視すらされた紡錘体を直接観察することにより、その存在を最終的に証明し、長年にわたる論争に終止符を打った。また、レクチファイ偏光光学系など、偏光顕微鏡をはじめ各種の顕微鏡の革命的な技術を発明・開発してきた。.

新しい!!: 顕微鏡と井上信也 · 続きを見る »

佐野公俊

佐野 公俊(さの ひろとし、1945年3月11日 - )は、日本の医学者、脳神経外科医。藤田保健衛生大学名誉教授。東京都出身。 世界でも極めて少ない無血手術が出来る腕を持っており「神の手・仏の心を持つ医師かつブラックジャックならぬホワイトジャック」と呼ばれるクリッピング手術の世界的権威。藤田保健衛生大学退任後、困難な症例のオペなどを、川崎にある医療法人明徳会 総合新川橋病院で週2回の手術、および外来を行っている。また静岡県の藤枝平成記念病院、豊川市の青山病院でもオペを行ってペる。東京都江戸川区の森山記念病院付属の東京脳神経センター病院の脳動脈瘤手術センターで脳動脈瘤の患者さんが見つかれば今後オペを行う予定。名古屋脳神経外科クリニックで行っている脳ドックの検査後、脳動脈瘤が発見された患者の診察、またジャパン藤脳クリニックでは、脳ドックで見つかった患者の外来診療も行っている。世界脳神経外科連盟の脳血管障害部門での委員長など歴任。.

新しい!!: 顕微鏡と佐野公俊 · 続きを見る »

御池山クレーター

テレオ空中写真(1976年) 国土航空写真 写真の白線の内側にある扇形のくぼみがそれにあたる。写真右側が北。 御池山クレーター(おいけやまクレーター)とは、赤石山脈(南アルプス)南部を構成する山の1つである標高約1905 メートルの御池山付近に存在する、隕石衝突によって形成されたクレーターである。地球上に痕跡が現存するクレーターとしては小型ながら、日本国内では初めて確認された隕石衝突の結果の痕跡として知られる。このクレーターは、長野県飯田市(旧上村)内、南アルプス南部の御池山(1905メートル)付近のに位置する。このクレーターは直径約900メートルで、現在残っているのは全体の4割ほどである。以前からこの地形の中を遊歩道が通っており、実際にクレーター内を散策でき、展望台からも一望できる。.

新しい!!: 顕微鏡と御池山クレーター · 続きを見る »

微化石

代表的な微化石、有孔虫。写真のものは微化石としては大型の部類に入る。 微化石(びかせき)とは、主に顕微鏡でしか同定できない、大きさが数mm以下の特に小さい化石のことである。大型化石(普通の肉眼サイズの化石)の対語ではあるが、厳密な区別は無い。一般にはあまり知られていないが、産出する数としては化石の中で最も多い。.

新しい!!: 顕微鏡と微化石 · 続きを見る »

微細構造

微細構造(びさいこうぞう 英 Ultrastructure)は、生物学の分野では生物体に見られるさまざまな構造のうちで、光学顕微鏡では判別できないくらい細かな構造のことを指す。英原語を直訳すると超構造になり、用語の対訳としては超微細構造という語があるが、現実的にはこの語が使われることが増えている。.

新しい!!: 顕微鏡と微細構造 · 続きを見る »

微生物

10,000倍程度に拡大した黄色ブドウ球菌 微生物(びせいぶつ)とは、肉眼でその存在が判別できず、顕微鏡などによって観察できる程度以下の大きさの生物を指す。微生物を研究する学問分野を微生物学と言う。.

新しい!!: 顕微鏡と微生物 · 続きを見る »

微生物学

微生物学(びせいぶつがく、microbiology)は、微生物を対象とする生物学の一分野。 微生物とは(真正)細菌、古細菌、原生生物、真菌類など、顕微鏡的大きさ以下の生物を指す。しかし、微生物学という用語を用いられる場合、主として原核生物(細菌、古細菌)をその対象とする場合が多い。また、ウイルスをその対象に含める場合もある。 生化学的な解析(化学療法)を行う。現在は地球科学的因子の一つとして微生物を含めた微生物生態学のようなラージスケールでの解析も行っている。.

新しい!!: 顕微鏡と微生物学 · 続きを見る »

微視的

微視的(びしてき、)とは、肉眼で見えない微小な物や事ブリタニカ国際大百科事典-小項目電子辞書版。。ミクロスコピックまたはミクロともいい、通常は物の構成要素(分子、原子、原子核、素粒子)を意味する。顕微鏡で見られる大きさの物を対象とすることもある。広義には、一つの体系を構成する個々の要素またはその挙動も意味する。 これに対して、巨視的(きょしてき、、マクロ)は、本来は肉眼で見える大きさの物や事柄を意味するが、分子、原子などの多数の集合体の意味として用いられている。巨視的な対象が古典力学で記述されるのに対し、微視的な対象はしばしば現代物理学である量子力学での取り扱いを要する。.

新しい!!: 顕微鏡と微視的 · 続きを見る »

便の色・尿の色

便の色・尿の色(べんのいろ・にょうのいろ)では人の便(大便)と尿の色について記述する。 健康な人の便・尿は一部の例外を除いて、食物・飲み物の色に関わらず便は黄土色、尿は無色透明(厳密には淡黄色)〜黄色の特徴的な色を示す。 健康人の便・尿を特徴的な色に染めている色素は主に古い赤血球が壊されヘモグロビンが代謝されて作られるビリルビンが細菌などの作用によってさらに変化して作られるステルコビリンやウロビリン(ウロクローム)によるものである村川 裕二 総監修『新・病態生理できった内科学(5)血液疾患』第2版、医学教育出版社、2009年、ISBN 978-4-87163-435-9、p.21Boron, Walter F 、Boulpaep, Emile L 編集『ボロンブールペープ生理学』泉井亮 総監訳 河南洋, 久保川学 監訳、西村書店、2011年、ISBN 978-4-89013-413-7、pp.1016-1018。 また、薬剤や疾患などによって便・尿の色が左右される事もある。.

新しい!!: 顕微鏡と便の色・尿の色 · 続きを見る »

土井利位

土井 利位(どい としつら)は、下総古河藩の第4代藩主。土井家宗家11代。江戸幕府の老中首座。雪の結晶の研究を行い「雪の殿様」の異名で知られる。.

新しい!!: 顕微鏡と土井利位 · 続きを見る »

土佐のほっぱん

土佐のほっぱん(とさのほっぱん)とは、高知県南西部の太平洋沿岸に面した地区(現在の幡多郡黒潮町伊田)にかつて存在した風土病。「ほっぱん」とは当該地域における赤い発疹の方言名。1951年(昭和26年)にトサツツガムシが媒介するツツガムシ病であると判明した。本項では、同じ病因で発症する香川県の馬宿病についても言及するが、双方を合わせて「四国型ツツガムシ病」とも呼ばれる。.

新しい!!: 顕微鏡と土佐のほっぱん · 続きを見る »

地方病 (日本住血吸虫症)

肝臓に蓄積した日本住血吸虫の卵殻。甲府盆地の住民に多大な被害を与えた。 甲府盆地(定期航空機より2006年11月13日)。左上方から中央部に弧状を描き下方へ流れるのが釜無川、右方向から左下方へ流れるのが笛吹川。 地方病(日本住血吸虫症)撲滅に尽力した杉浦健造医師 (1866 - 1933山梨日日新聞社編『山梨 歴史カレンダー』p.242) の胸像(2010年9月撮影) 本項で解説する地方病(ちほうびょう)とは、日本住血吸虫症(にほんじゅうけつきゅうちゅうしょう)の山梨県における呼称であり、長い間その原因が明らかにならず、住民に多大な被害を与えた感染症である。ここではその克服・撲滅に至る歴史について説明する。 日本住血吸虫症とは住血吸虫科に分類される寄生虫である日本住血吸虫(にほんじゅうけつきゅうちゅう)の寄生によって発症する寄生虫病であり、ヒトを含む哺乳類全般の血管内部に寄生感染する人獣共通感染症でもある 2016年1月2日閲覧。日本住血吸虫はミヤイリガイ(宮入貝、別名カタヤマガイ)という淡水産巻貝を中間宿主とし、河水に入った哺乳類の皮膚より吸虫の幼虫(セルカリア)が寄生、寄生された宿主は皮膚炎を初発症状として高熱や消化器症状といった急性症状を呈した後に、成虫へと成長した吸虫が肝門脈内部に巣食い慢性化、成虫は宿主の血管内部で生殖産卵を行い、多数寄生して重症化すると肝硬変による黄疸や腹水を発症し、最終的に死に至る。病原体である日本住血吸虫については日本住血吸虫を、住血吸虫症全般の病理については住血吸虫症を参照のこと。 病名および原虫に日本の国名が冠されているのは、疾患の原因となる病原体(日本住血吸虫)の生体が、世界で最初に日本国内(現:山梨県甲府市)で発見されたことによるものであって、日本固有の疾患というわけではない。日本住血吸虫症は中国、フィリピン、インドネシアアジアにおける日本住血吸虫症の分布は撲滅された日本を含め、中華人民共和国、フィリピン、インドネシアの4カ国(厳密には台湾でもかつて分布が見られたが、ブタ、イヌ等の感染は認められたものの、ヒトへの感染事例は未確認である。)であるが、このうちインドネシアでの流行地は小規模なものでスラウェシ島(旧称セレベス島)中部にあるLindoe湖西岸の3ヶ村(人口約1,500人)に有病地が確認されている。ただしスラウェシ島の大部分は未開発の熱帯雨林であり、未発見の日本住血吸虫症有病地が存在する可能性も指摘されている。飯島利彦 日本住血吸虫病の疫学 第1節分布 インドネシアにおける流行、台湾における流行 山梨地方病撲滅協力会編 (1981) pp.38-39の3カ国を中心に年間数千人から数万人規模の新規感染患者が発生しており、世界保健機関 (WHO)などによって2017年現在もさまざまな対策が行われている2017年1月17日閲覧 Uganda National Health Consumers' Organisation (UNHCO) ウガンダ国民健康消費者機構 2016年1月2日閲覧。 日本国内では、1978年(昭和53年)に山梨県内で発生した新感染者の確認を最後に、それ以降の新たな感染者は発生しておらず、1996年(平成8年)の山梨県における終息宣言をもって日本国内での日本住血吸虫症は撲滅されている。 日本は住血吸虫症を撲滅、制圧した世界唯一の国である日本は日本住血吸虫症 (Schistosomiasis japonica) を撲滅した世界唯一の国である。林 (2000) 序文pp.1-3。 日本国内での日本住血吸虫症流行地は水系毎に大きく分けて次の6地域であった。.

新しい!!: 顕微鏡と地方病 (日本住血吸虫症) · 続きを見る »

医学史

医学史(いがくし)とは、医学に関する歴史である。このページでは、西洋を中心に医学の歴史を説明する。薬の歴史は薬学史、薬草を参考のこと。.

新しい!!: 顕微鏡と医学史 · 続きを見る »

医用画像処理

医用画像処理はMedical image processingを意味し、Medical imagingと同意ではない。 以降、医用画像処理を医用イメージングに替えて記述する。 医用イメージング(いよういめーじんぐ、Medical imaging)は、臨床(病気の診断および検査)や医学(解剖学的研究)のために人体(およびその部分)の画像を生成する技法およびプロセスを指す。人間に限らない「生体画像処理」の一部であり、放射線医学、内視鏡検査、サーモグラフィー、医用写真撮影、顕微鏡検査などとも密接に関連する。本来、画像を生成するよう設計されていなかった測定手法や記録手法(脳波や脳磁図)も一種の地図のように表せるデータを生成することから、医用イメージングの一形態と見ることもできる。 画像診断学(放射線診断学)において扱う医用画像には、単純X線画像、CT、MRI、超音波断層画像(US)、血管造影(血管撮影)などがある。画像を(時には撮影も行い)医学的に解釈する医師を放射線診断医あるいは画像診断医と呼び、医師の専門分野のひとつである。診療放射線技師は診断用医用画像の撮影を行う。 撮影された画像に対し必要に応じた画像処理を施すことは、医用イメージングの一分野であり、医療施設内では特にラジオロジストあるいは診療放射線技師がその行為を行うことが多い。 科学的研究としては、その観点に応じて医用生体工学、医用物理学、医学などの一分野に位置づけられる。撮影機器や画像生成機器の研究開発は医用生体工学、医用物理学、情報工学の領域である。そういった機器の利用や画像の解釈は、放射線診断学や撮影部位に対応した医学の下位分野(脳科学、循環器学、精神医学、心理学など)の領域である。医用イメージングのために開発された様々な技術は、他の科学や産業にも応用されている。 医用イメージングは、人体内部を可視化した画像を生成する技法であると見なされることが多い。例えば、超音波検査の場合、超音波を発することで組織内のエコーから内部構造を知ることができる。X線の場合、骨や脂肪などでX線の吸収率が異なることを利用して画像を得る。.

新しい!!: 顕微鏡と医用画像処理 · 続きを見る »

医療機器

医療機器(いりょうきき/medical devices)は、人もしくは動物の疾病の診断、治療もしくは予防に使用され、または人もしくは動物の身体の構造もしくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等(医療用品、歯科材料、衛生用品など)である。.

新しい!!: 顕微鏡と医療機器 · 続きを見る »

化学略語一覧

化学略語一覧は、化学および関連分野で使用される略語を一覧にしたものである。 ただし、元素および化学式のみで記述される事項 (ZnやH2Oなど)については記載していない。.

新しい!!: 顕微鏡と化学略語一覧 · 続きを見る »

化膿レンサ球菌

化膿レンサ球菌(かのうレンサきゅうきん、Streptococcus pyogenes)とは、レンサ球菌属に属する真正細菌の一種。血液寒天培地上で培養するとβ溶血性を示し、またレンサ球菌の鑑別に用いられるランスフィールド抗原分類ではA群に属する。この性質から、A群β溶血性レンサ球菌(えーぐんべーたようけつせいれんさきゅうきん)とも呼ばれ、臨床医学分野ではこの名称が用いられることが多い。A群溶レン菌、あるいは単に溶レン菌(溶連菌)、またGAS(Group A Streptococci)という略語が用いられることもある(#名称の節を参照)。 健康なヒトの咽頭や消化管、表皮にも生息する常在細菌の一種であるが、GAS感染症(溶レン菌感染症)と呼ばれる各種の化膿性疾患や、産生する毒素による全身性疾患、あるいは感染後に一種の合併症として起きる免疫性疾患など、多様な疾患の原因になる。ごくありふれた病原菌・常在菌の一種であるものの、場合によっては劇症型レンサ球菌感染症(壊死性筋膜炎など)と呼ばれる、進行の早い致死性疾患の原因となることがあり、俗に人食いバクテリアと称されることがある細菌の一種である(人食いバクテリアと呼ばれるものには、他にグラム陰性桿菌のビブリオ・バルニフィカス Vibrio vulnificusがある)。.

新しい!!: 顕微鏡と化膿レンサ球菌 · 続きを見る »

ナマコ

ナマコ(海鼠、sea cucumber)は棘皮動物門のグループの一つで、ナマコ綱 に分類される。体が細長く口が水平に向くなどの特徴を共有する一群である。世界に約1,500種、日本にはそのうち200種ほどが分布する。食用になるのはマナマコなど約30種類。寿命は約5-10年。.

新しい!!: 顕微鏡とナマコ · 続きを見る »

ナラタケ

ナラタケ(楢茸、Armillaria mellea subsp.

新しい!!: 顕微鏡とナラタケ · 続きを見る »

ペル・イングヴァール・ブローネマルク

ペル・イングヴァール・ブローネマルク(Per-Ingvar Brånemark 1929年5月3日 - 2014年12月20日 )はスウェーデンの整形外科医、医学者、歯学者。デンタルインプラントにブレークスルーを起こしたオッセオインテグレーションの発見者であり、世界的に著名なデンタルインプラントシステムであるブローネマルクインプラントシステムの開発者。『現代デンタルインプラントの父』と呼ばれる。エピテーゼの研究者でもある。.

新しい!!: 顕微鏡とペル・イングヴァール・ブローネマルク · 続きを見る »

ペッター・アドルフ・カーステン

ペッター・アドルフ・カーステン(Petter Adolf Karsten、1834年2月16日 - 1917年3月22日)は、フィンランド大公国の菌学者である。19世紀後半のフィンランドの菌類の研究の第一人者である。 トゥルク近くのMerimaskuで生まれた。ヘルシンキ大学で学んだ後、タンメラに移り、教師をした後、Mustialan農業研究所(Mustialan Maatalousopistossa、現在はHAMK 大学の農学部)の研究者、講師として働いた。 自ら採集したものや協力者が採集した膨大な菌類のコレクションを作り上げ、200の新しい属や2000の新しい種を記載、命名した。菌類の研究に顕微鏡を用いる手法のパイオニアでもある。 フィンランド菌類学会の発行する学術誌"Karstenia"はカーステンを記念して命名されている。ヌメリガサ科の種Hygrophorus karstenii などに献名されている。.

新しい!!: 顕微鏡とペッター・アドルフ・カーステン · 続きを見る »

ナイルブルー

ナイルブルー(Nile blue、Nile blue A)は、生物学および組織学で使われている染色剤である。生きた細胞にも固定した細胞にも使われ、細胞核を青色に染める。 また、原核生物または真核生物細胞のポリヒドロキシ酪酸顆粒の存在のために蛍光発光顕微鏡法にも使われる。 ナイルブルーの硫酸溶液を沸騰させるとナイルレッドが生じる。.

新しい!!: 顕微鏡とナイルブルー · 続きを見る »

ミラーアップ

ミノルタSR-T101でのミラーアップ ミラーアップ(Mirror lock-up )とは、一眼レフカメラにおいて、シャッターを切る前に前もってミラー(反射鏡)を上げた状態で止めておく機能である。.

新しい!!: 顕微鏡とミラーアップ · 続きを見る »

ミリ波帯近接場顕微鏡

ミリ波近接場顕微鏡(ミリはきんせつばけんびきょう Scanning Near Field Millimeter-Wave Microscopy)とはミリ波により画像を得る顕微鏡。.

新しい!!: 顕微鏡とミリ波帯近接場顕微鏡 · 続きを見る »

ミード (天体望遠鏡メーカー)

ミード(Meade Instruments 、)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州アーバイン市にある1972年設立の世界最大の天体望遠鏡メーカー。天体の自動導入、自動追尾などの高度な技術を積極的に取り入れてきた。ETXシリーズなどが有名。 日本での販売、保証、修理等は代理店のケンコー・トキナーが行っている。 オハイオ州にかつて存在した紙製品・文房具メーカーの「」とは無関係。.

新しい!!: 顕微鏡とミード (天体望遠鏡メーカー) · 続きを見る »

ミドリムシ

ミドリムシ(緑虫)は、ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に属する鞭毛虫の仲間であるミドリムシ属 の総称。 の由来は、(eu 美しい + glena 眼点)。名称としてミドリムシの代わりに「ユーグレナ」を用いる場合も多い。古くはユーグレムシの名称が使われたこともある。本項目では や などを含む、典型的なミドリムシに関して記述する。 ミドリムシの名は、広義にはミドリムシ植物 (≒ 現在のユーグレナ類 )全体の総称として用いられる。鞭毛運動をする動物的性質をもちながら、同時に植物として葉緑体を持ち光合成を行うため、「単細胞生物は動物/植物の区別が難しい」という話の好例として挙げられることが多い。これはミドリムシ植物がボド類のような原生動物と緑色藻類との真核共生により成立したと考えられる生物群であるためである。それゆえミドリムシ植物には 属のように葉緑体を持たず捕食生活を行う生物群も現存する。.

新しい!!: 顕微鏡とミドリムシ · 続きを見る »

ミカヅキモ

ミカヅキモ(三日月藻、学名:)は、淡水に棲む接合藻の仲間であるミカヅキモ属の総称。細胞の形状が細長く湾曲し、両端が窄まって三日月のような形状を呈することからこの名が付いた。水田や池、沼などから容易に採集できるほか、土壌にも生息している。学名はギリシア語の "klosterion" 「小さな紡錘」より。 ミカヅキモは単細胞生物ながら比較的大型で、細胞の長さが 0.5mm を超える種も存在する。詳細な観察には顕微鏡が必要であるが、十数倍程度の倍率のルーペでも個体の確認などは可能である。顕微鏡を用いる場合でも、その大きさや運動性の低さから、普及型の光学顕微鏡があれば様々な細胞内構造が観察できる。そのためミカヅキモは珪藻などと共に小学校・中学校の多くの教科書や資料集に登場し、教材としても利用されている。.

新しい!!: 顕微鏡とミカヅキモ · 続きを見る »

ミクロメーター

ミクロメーターとは顕微鏡での観察時に対象物の大きさを計測するために用いられる器具。.

新しい!!: 顕微鏡とミクロメーター · 続きを見る »

ミクロトーム

滑走式ミクロトーム 回転式ミクロトーム(電動) ミクロトーム(Microtome)とは、顕微鏡での観察に用いる試料を極薄の切片にするために用いられる器具のことである。.

新しい!!: 顕微鏡とミクロトーム · 続きを見る »

ミクロストリア

ミクロストリア(イタリア語:Microstoria、英:Microhistory)とは、境界などがはっきりと定義された小さな単位を対象とし、集中的に歴史学的な調査・記述を行うことである。多くの場合、ひとつの出来事やひとつの村など小さな共同体、あるいはひとりの個人を対象とする。ミクロストリアは「小さい」「微小な」を意味する"micro"に「歴史」を意味する"storia"を組み合わせた語であり、「小さい歴史」を意味する。しかしながらミクロストリアのmicroは必ずしも観察する対象の規模が小さいということのみを示しているのではなく、むしろ観察する尺度が小さい、つまり細部まで詳細に記述を行うということを意味して使用される。ミクロストリアは、その野心的展望においてはチャールズ・ジョイナーの定義を用いれば「小さな場所で大きな問い」をたてようとすることがあるものであり、このかぎりにおいて単なるケーススタディと区別されうる。日本語の表記としてはイタリア語由来の「ミクロストリア」のほかに英語由来の「マイクロヒストリー」や「ミクロヒストリー」も使用される。.

新しい!!: 顕微鏡とミクロストリア · 続きを見る »

ミジンコ目

ミジンコ目(ミジンコもく)は節足動物門 甲殻亜門 鰓脚綱に属する分類群の名称。枝角亜目(しかくあもく)とも言う。.

新しい!!: 顕微鏡とミジンコ目 · 続きを見る »

ミズニラ

ミズニラ(水韮、学名:)は、ミズニラ属に属する水草、またミズニラ属の植物の総称でもある。見た目は種子植物に近いが、シダ植物の仲間である。.

新しい!!: 顕微鏡とミズニラ · 続きを見る »

マラリア

マラリア(麻剌利亜、「悪い空気」という意味の古いイタリア語: mal aria 、Malaria、malaria)は、熱帯から亜熱帯に広く分布する原虫感染症。高熱や頭痛、吐き気などの症状を呈する。悪性の場合は脳マラリアによる意識障害や腎不全などを起こし死亡する。古典などで出てくる瘧(おこり)とは、大抵このマラリアを指していた。 マラリアは予防可能、治療可能な病気である。全世界ではマラリアに年間2.16億人が感染し、うち44.5万人が死亡している(2016年)。.

新しい!!: 顕微鏡とマラリア · 続きを見る »

マリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャ

マリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャ(Marie Francois Xavier Bichat、1771年11月14日 - 1802年7月22日)は18世紀のフランスの解剖学者、生理学者である。『一般解剖学』を著し、人体に21種の組織を区別し、疾病は組織にあるという説をたてた。.

新しい!!: 顕微鏡とマリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャ · 続きを見る »

マリア・ジビーラ・メーリアン

マリア・ジビーラ・メーリアン(Anna Maria Sibylla Merian、1647年4月2日 - 1717年1月13日)は、ドイツ生まれの、植物や昆虫などを詳細に描いたイラストで知られる画家で、自然科学者でもある。芸術家としての名声に加え、蝶や蛾の変態を緻密な観察眼と描写力で描いた彼女は、昆虫学に多大な貢献をもたらした人物として高く評価されている。また彼女は、その業績をほぼ独力で成し遂げた点から、自立した女性の代表例とみなされることもある。.

新しい!!: 顕微鏡とマリア・ジビーラ・メーリアン · 続きを見る »

マルチェロ・マルピーギ

マルチェロ・マルピーギ(Marcello Malpighi, 1628年3月10日 - 1694年)は、イタリアの医者であるが、生物学的な研究で知られ、特に解剖学者、生理学者として有名。顕微鏡的な部位にいくつも彼の名を残している。.

新しい!!: 顕微鏡とマルチェロ・マルピーギ · 続きを見る »

マルサン商店

マルサン商店(マルサン、1947年 -1968年、1969年- )は日本の玩具・模型メーカーである。20世紀中盤にブリキ玩具や国産プラモデル、怪獣のソフトビニール人形で人気を博した。本社は東京都台東区浅草寿町1-12にあった。1967年にマルザンに改名後、1968年に倒産。1969年にマルサンとして再建されたが、新会社は旧マルサンの資産や従業員はほとんど継承していない。ソフビ怪獣関連の業務は、同時期に設立されたブルマァクに実質的に引き継がれた。.

新しい!!: 顕微鏡とマルサン商店 · 続きを見る »

マンガン団塊

マンガン団塊、 (manganese nodule)、多金属団塊(polymetallic nodule)とは、深海の海底に存在する球状の凝結塊であり、コアの周りに同心円状に水酸化鉄と水酸化マンガンが層状に凝結したものである。コアは、微化石(放散虫や有孔虫)の殻On the cruise of H.M.S. Challenger p.39や、燐灰石などのリン酸塩鉱物に置換されたサメの歯や、玄武岩のデブリ、さらには既に形成されていた別の団塊(ノジュール)の破片であることもある。 コアは顕微鏡的大きさであることもあり、結晶化作用により完全にマンガン鉱物に置換されていることもある。.

新しい!!: 顕微鏡とマンガン団塊 · 続きを見る »

ノープリウス

ノープリウス(Nauplius、ノープリウス幼生)は甲殻類に共通の最も初期の幼生の名である。ノウプリウス、あるいはナウプリウスと表記される場合もある。.

新しい!!: 顕微鏡とノープリウス · 続きを見る »

マツ

マツ属(マツぞく、学名:)は、マツ科の属の一つ。マツ科のタイプ属である。日本に広く分布するアカマツ、クロマツは英語でそれぞれJapanese red pine、Japanese black pineと呼ばれる。.

新しい!!: 顕微鏡とマツ · 続きを見る »

マティアス・ヤーコプ・シュライデン

マティアス・ヤーコプ・シュライデン(Matthias Jakob Schleiden、1804年4月5日 − 1881年6月23日)は、神聖ローマ帝国(現ドイツ)ハンブルク出身の植物学者、生物学者。元々は弁護士であった。 1838年にシュライデンと同じくフンボルト大学ベルリンで研究していた同国出身の動物学者テオドール・シュワンと知り合い、2015年5月5日閲覧。、シュワンと食事をしていた所、植物の細胞の話になり、お互い「あらゆる生物は細胞から成り立っている」と言う意見が一致した。シュライデンは同年1838年に論文『植物発生論(Beiträge zur Phytogenesis)』の中で「植物は独立した細胞の集合体」であるとして植物の細胞説を、シュワンは1839年に論文『動物及び植物の構造と成長の一致に関する顕微鏡的研究』で動物の細胞説を提唱し、こんにち呼ばれる「細胞説」の提唱者として名高い。 その他の業績に、従来の乾燥標本による分類学的植物学に強く反対し、植物学研究に顕微鏡などの物理学的、化学的な機械器具の導入を主張した業績でも名高い。 小惑星番号37584の小惑星に名を残している。.

新しい!!: 顕微鏡とマティアス・ヤーコプ・シュライデン · 続きを見る »

マイルズ・ジョセフ・バークリー

マイルズ・ジョセフ・バークリー(Miles Joseph Berkeley、1803年4月1日 - 1889年7月30日)は、イギリスの植物学者、聖職者である。植物病理学の創設者の1人である。.

新しい!!: 顕微鏡とマイルズ・ジョセフ・バークリー · 続きを見る »

マイクロネット

マイクロネット.

新しい!!: 顕微鏡とマイクロネット · 続きを見る »

マイクロン

英語表記における""は、日本語読みで「マイクロン」とも「ミクロン」とも言われるため、本項においてはこれら両方を取り扱う。.

新しい!!: 顕微鏡とマイクロン · 続きを見る »

マイクロフィラメント

マイクロフィラメント、ミクロフィラメントとは、微小線維(びしょうせんい)、微細線維(びさいせんい)とも呼ばれ、細胞内にあって、細胞の形を維持したり、形を変化させたり、細胞内の物質移動を担っている細胞骨格を構成する線維のうちのひとつ。 その実体は、蛋白質であるアクチンが線維状に重合してできるポリマーで、線維状アクチン(Fアクチン)と呼ばれる高分子が主な構成成分である。このことから、アクチンフィラメントと呼ばれることもあるが、必ずしもアクチンのみからなる線維構造ではないので、この呼称の扱いには注意が必要となる。 マイクロフィラメントを構成するアクチンは、筋に含まれるαアクチンとは型が異なり、βアクチンである。外径は6 nm前後。二重らせん構造となっており、アクチン分子13.5個、35 nmでちょうど1回転ねじれている。 マイクロフィラメントは、電子顕微鏡により直接観察するほか、アクチンと結合する性質を持ったファロイジンという分子を利用することでも観察できる。ローダミンなどの蛍光色素を結合させたファロイジンをアクチンに作用させることでアクチン繊維を染色し、蛍光顕微鏡下で観察できる。.

新しい!!: 顕微鏡とマイクロフィラメント · 続きを見る »

チマーゼ

チマーゼ(Zymase)は、スクロースをエタノールと二酸化炭素に発酵させる酵素複合体である。酵母が天然に生成する。 チマーゼは1897年にドイツの化学者エドゥアルト・ブフナーによって酵母の細胞から初めて単離された。彼は無細胞の環境で砂糖を発酵させ、1907年にノーベル化学賞を受賞した。 チマーゼは、アミラーゼ、ペプチダーゼ、リパーゼ等を含むサプリメントのブランド名にもなっている。これは消化酵素が十分分泌されない人の消化を助けるために販売されている。.

新しい!!: 顕微鏡とチマーゼ · 続きを見る »

ネヘミア・グルー

ルーのスケッチ ネヘミア・グルー(英語:Nehemiah Grew、1641年9月26日 - 1712年3月25日)は、イングランド王国(イギリス)コヴェントリー出身の植物解剖者、医者。 イタリアの医者マルチェロ・マルピーギと共に植物解剖学の創設者とされ、「植物解剖学の父」と呼ばれる。 グルーは植物に性別があると考え、花(特に雄しべ)が植物の性器であると予言した最初の人物で、ドイツの植物学者ルドルフ・ヤーコプ・カメラリウスによって実証された。また、顕微鏡を用いた植物観察に優れ、同国出身の植物学者、物理学者であるロバート・フックのような華々しさこそなかったが、グルーが生きた時代当時、単純に外形的観察のみに終わっていた植物形態学に顕微鏡を用いた解剖法を導入し、マルピーギと並んで細胞説の土台を築いた。 主著に『植物解剖学』があり、この著書は精密な解剖図が記載されており、「小胞」や小嚢」と言った用語を作った。ほか、比較解剖の研究も行い、『樹木比較解剖学』と言う著書も著している。 その他の業績として、指紋鑑定の先駆者であり、1684年に『指紋に関する研究報告』と言う論文を著し、皮膚紋様の持つ特殊性を科学的に記録した最初の人物としても名高い。 スウェーデンの植物学者カール・フォン・リンネはグルーに敬意を表してシナノキ科の一種にと名付けた。.

新しい!!: 顕微鏡とネヘミア・グルー · 続きを見る »

ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群(ネフローゼしょうこうぐん、)は、高度の蛋白尿により低蛋白血症を来す腎臓疾患群の総称である。.

新しい!!: 顕微鏡とネフローゼ症候群 · 続きを見る »

ハロクアドラトゥム・ワルスビイ

ハロクアドラトゥム・ワルスビイ (ハロクアドラタム・ウォルズビイ、Haloquadratum walsbyi) は、特徴的な形状を持つ高度好塩菌の一種。薄っぺらい四角形のタイル状の細胞形状を持つ。高濃度のNaCl環境に適応し、世界中の塩湖や潮にまみれた砂に分布する。 1980年にシナイ半島の紅海沿岸の塩湖より発見された。特徴的な形状から顕微鏡下で比較的簡単に見つけられるが、培養は困難を極め、2004年に初めて培養に成功するまで生態は20年以上にわたって不明であった。2007年に正式に記載され、生育環境と形状、発見者に因み、Halo+quadratum(塩+正方形) Walsbyi(発見者Anthony Walsby)と命名された。 生育環境は中性の高塩環境(至適NaCl濃度3.3M)。塩湖などで比較的広く見つけられる。加えて高濃度(最高2M)の塩化マグネシウム環境にも耐性が有り、塩田などで海水が濃縮され、完全に無菌になる直前まで繁殖する。 形状は郵便切手にも例えられる、厚み0.1-0.2μm、一辺2-5μmの正方形。鞭毛があり、運動性を持つ。複数の細胞が集まり碁盤の目のようになったシート状の群体を形成することがある。細胞内には泡のようなものが見えるが、これは光化学反応を効率よく起こすための浮力調整用ガス胞と、蓄積したPHB(ポリ-3-ヒドロキシ酪酸)である。.

新しい!!: 顕微鏡とハロクアドラトゥム・ワルスビイ · 続きを見る »

ハンセン病

ハンセン病(ハンセンびょう、Hansen's disease, Leprosy)は、抗酸菌の一種であるらい菌 の皮膚のマクロファージ内寄生および末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症である。 病名は、1873年にらい菌を発見したノルウェーの医師、アルマウェル・ハンセンに由来する。かつての日本では「癩(らい)」、「癩病」、「らい病癩が常用漢字に含まれないため、平仮名で書かれることが多い。」とも呼ばれていたが、それらを差別的に感じる人も多く、歴史的な文脈以外での使用は避けられるのが一般的である。その理由は、「医療や病気への理解が乏しい時代に、その外見や感染への恐怖心などから、患者への過剰な差別が生じた時に使われた呼称である」ためで、それに関連する映画なども作成されている。 感染経路は、らい菌の経鼻・経気道よりのものが主であるが、他系統も存在する(感染経路の項にて後述)。感染力は非常に低く、治療法も確立した現状では、重篤な後遺症を残すことや感染源になることは稀であるものの、適切な治療を受けない・受けられない場合、皮膚に重度の病変が生じ、他者へ感染することもある。 2007年の統計では、世界におけるハンセン病の新規患者総数は年間約25万人である。一方、近年の日本国内の新規患者数は年間で0〜1人に抑制され、現在では稀な疾病となっている。ハンナ・リデルは日本のハンセン病史に名を刻んだ。.

新しい!!: 顕微鏡とハンセン病 · 続きを見る »

ハディズ・インターナショナル

有限会社ハディズ・インターナショナル(英文社名:Hadis INTERNATIONAL)は、中古機械・中古工具のリサイクルショップを運営する日本の企業。本社と店舗は埼玉県狭山市に所在。.

新しい!!: 顕微鏡とハディズ・インターナショナル · 続きを見る »

ハイロックス

株式会社ハイロックスは、日本のデジタルマイクロスコープ、3D表示機能付マイクロスコープ、ズームレンズのメーカーである。東京都杉並区高円寺南2-15-17。.

新しい!!: 顕微鏡とハイロックス · 続きを見る »

バーチャル顕微鏡

バーチャル顕微鏡(バーチャルけんびきょう、バーチャルマイクロスコピー、ヴァーチャル顕微鏡、Virtual microscope、バーチャルスライド)はバーチャルマイクロスコープともいい、光学顕微鏡像をデジタル化し、ディスプレイ上で顕微鏡観察できるものをいう。訳すと仮想顕微鏡である。主に生物顕微鏡の分野で用いられている用語。.

新しい!!: 顕微鏡とバーチャル顕微鏡 · 続きを見る »

バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ

『バカヤロー!4 YOU! お前のことだよ』(バカヤロー!フォー ユー! おまえのことだよ)は、1991年の日本映画。.

新しい!!: 顕微鏡とバカヤロー!4 YOU! お前のことだよ · 続きを見る »

バシビウス

バシビウス (Bathybius)またはバチビウスとは、イギリスの科学者トマス・ヘンリー・ハクスリーが、大西洋の3700mの深海から採取したというアメーバに似た架空の原始生物。 1857年、ハクスリーは海底の泥から原始生物を発見し、これこそ生命の原始的な姿であると唱え、「バシビウス・ヘッケリ」 (Bathybius haeckelii) という学名まで与えた。しかし、その後の調査により、これはただの化学変化で生じた物質であることが判明し、ハクスリーも自らの過ちを認め、この説を撤回した。海洋生物史上有名な話である。.

新しい!!: 顕微鏡とバシビウス · 続きを見る »

メハノ

メハノ (Mehano) は、スロベニアのイゾラに本社を置く模型・玩具のメーカーである。主に玩具と鉄道模型を生産している。.

新しい!!: 顕微鏡とメハノ · 続きを見る »

モエギタケ科

モエギタケ科 (Strophariaceae) は、ハラタケ目に分類されるキノコの科のひとつ。優れた食菌も多いが、一方では強い毒を持つニガクリタケや、幻覚性のあるシビレタケ属のキノコも分類される。そのほとんどが半陰性の腐生菌であるため、日当たりの悪い湿気た場所に群生する。傘の裏側はヒダ状で、つばとつぼは明確でないものが多い。胞子は大部分の種で平滑。胞子紋は暗色系のものが多いが、紫色や黄褐色、黒錆色のものまで様々で、あまり共通性はない。子実体の色彩も多様である。幼菌時にはぬめりの強い種が多いが、それも特に共通ではない。 毒性に関する研究は不十分と指摘されているが、従来は食用きのこ種とされていた P.SPumosa(キナメッムタケ)からニガクリタケと同じ毒性分のファシクロールが検出されたと報告された。.

新しい!!: 顕微鏡とモエギタケ科 · 続きを見る »

ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ

ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ(チェコ語:Jan Evangelista Purkyně 、ドイツ語:Johannes Evangelista Purkinje、1787年12月17日 - 1869年7月28日)はボヘミア(チェコ)の解剖学者、生理学者。数々の業績を残し、彼の名前は多くの専門用語に残っている。プルキニエ、プルキンエとも書かれる。.

新しい!!: 顕微鏡とヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ · 続きを見る »

ヤーコプ・ヘンレ

ヤーコプ・ヘンレ フリードリヒ・グスタフ・ヤーコプ・ヘンレ(Friedrich Gustav Jacob Henle, 1809年7月19日 - 1885年5月13日)はドイツの解剖学者、病理学者、医師である。顕微鏡を使った解剖学の分野で、腎臓のヘンレのループなど多くの発見をした。疾病の微生物原因説を唱えたパイオニアである。 バイエルン州フュルトのユダヤ人商人の家に生まれた。家族とともにラインラントに移り、ボン大学とハイデルベルク大学で薬学を学んだ。1832年に博士号を得て、ヨハネス・ペーター・ミュラーの解剖学研究所の助手となった。1940年にチューリッヒ大学の解剖学と生理学の教授となった。 1844年にハイデルベルク大学の病理学の生理学の教授となり、『合理的病理学ハンドブック』(Handbuch der rationellen Pathologie) を著した。1865年にクロム酸カリウム溶液による組織の染色法を開発し、組織学の発展に貢献した。 ジローラモ・フラカストロとアゴスティーノ・バッシーの研究をうけて、病気の微生物原因説のパイオニアの一人で、病気の原因となる病原体を発見したと証明するための必要な条件を定めた。これはロベルト・コッホによって発展させられコッホの公準となった。.

新しい!!: 顕微鏡とヤーコプ・ヘンレ · 続きを見る »

ヤガミ

株式会社ヤガミ()は、愛知県名古屋市中区に本社を置く教育理科機器や保健福祉機器の専門商社。.

新しい!!: 顕微鏡とヤガミ · 続きを見る »

ヨハネス・フェルメール

フェルメールのサイン デルフトに現存する居住跡を示すプレート ヨハネス・フェルメール(, 1632年10月31日- 1675年12月15日)は、ネーデルラント連邦共和国(オランダ)の画家で、バロック期を代表する画家の1人である。映像のような写実的な手法と綿密な空間構成そして光による巧みな質感表現を特徴とする。フェルメール(Vermeer)の通称で広く知られる。本名ヤン・ファン・デル・メール・ファン・デルフト。.

新しい!!: 顕微鏡とヨハネス・フェルメール · 続きを見る »

ラムスデン式接眼鏡

構成図 ラムスデン式接眼鏡(ラムスデンしきせつがんきょう)は接眼レンズの一形式である。1783年『天文アマチュアのための望遠鏡光学・屈折編』pp.201-234「接眼鏡」。にイギリスのジェッセ・ラムスデン(''Jesse Ramsden'' )が発明した。.

新しい!!: 顕微鏡とラムスデン式接眼鏡 · 続きを見る »

ランダムコイル

ランダムコイル(Random coil)とは、ポリマーを構成するモノマーが隣接したモノマーと結合しながらランダムに配向したものである。1つの決まった形はないが、分子全体の統計的な分布というものは考えられる。安定化の力や相互作用が働かなければ、水溶液中や溶解温度ではポリマーの主鎖は直鎖状や分岐状などを含めた取りうるあらゆる形をとるが、全体としてはコイル状と見なせることからランダムコイルと名づけられた。サブユニットが相互作用を持たないとすると、モノマーと共存する短いコポリマーもランダムコイルの仲に分散する。また分岐ポリマーの一部もランダムコイルと見なせる。 融点以下では、ポリエチレンやナイロンなどの熱可塑性プラスチックは結晶性領域とアモルファス領域を持ち、アモルファス領域では鎖はほぼランダムコイルの状態をとっている。アモルファス領域は弾力性に、結晶性領域は強度に寄与している。 タンパク質の様なより複雑なポリマーでは、様々な相互作用により、特定の形に自己組織化が行われる。しかしタンパク質やポリペプチドの二次構造を欠いた領域はしばしばランダムコイルの形状を取る。アミノ酸の側鎖が相互作用することでエネルギーが低くなりやすく、また任意のアミノ酸配列でも水素結合を作ることはよくあるので、タンパク質のランダムコイルはなかなか起こらない。ランダムコイルの配座エントロピーはエネルギーの安定化をもたらし、フォールディングのエネルギー障壁となっている。 ランダムコイル構造は顕微鏡を使って検出できる。また円偏光二色性でも、平面的なアミド結合が際立ったシグナルとして、核磁気共鳴分光法でも特徴的なケミカルシフトとして検出できる。結晶のX線回折では、ランダムコイルの領域は電子密度の低い部分として見える。 タンパク質は変性させればランダムコイル状態になると言われるが、変性では真のランダムコイルの状態にはならないという報告もある(Shortle & Ackerman)。.

新しい!!: 顕微鏡とランダムコイル · 続きを見る »

ライカ

ライカ I, 1927 ライカM3 ライカ(Leica) とは.

新しい!!: 顕微鏡とライカ · 続きを見る »

リモートレリーズ

リモートレリーズ (remote release) は、カメラのシャッターボタンに取り付け、離れた場所からシャッターを切るカメラアクセサリーである。単に「レリーズ」と称される場合も多いただし、本来「レリーズ」とはシャッターを切る(開放する)動作を指す。カメラ本体の部品である「レリーズボタン」や「レリーズレバー」を省略して「レリーズ」と呼ぶ場合もある。。.

新しい!!: 顕微鏡とリモートレリーズ · 続きを見る »

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ヴィトゲンシュタイン(Ludwig Josef Johann Wittgenstein、1889年4月26日 - 1951年4月29日)は、オーストリア・ウィーン出身の哲学者である。のちイギリス・ケンブリッジ大学教授となり、イギリス国籍を得た。以後の言語哲学、分析哲学に強い影響を与えた。.

新しい!!: 顕微鏡とルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン · 続きを見る »

ルイージ・ブスカリオーニ

ルイージ・ブスカリオーニ(Luigi Buscalioni、1863年1月30日 - 1954年1月23日)は、イタリアの生物学者、植物学者である。.

新しい!!: 顕微鏡とルイージ・ブスカリオーニ · 続きを見る »

ルイジ・コラーニ

ルイジ・コラーニ(Luigi Colani 、1928年8月2日 - )はドイツ・ベルリン出身の工業デザイナー。自然をモチーフにした緩やかかつ生物的な曲面を持つデザインで知られている。 ルイジ・コラーニ トラクタヘッド.

新しい!!: 顕微鏡とルイジ・コラーニ · 続きを見る »

レチクル

レチクル(Reticle).

新しい!!: 顕微鏡とレチクル · 続きを見る »

レンズ

レンズ レンズの断面形状の種類 レンズ()とは、.

新しい!!: 顕微鏡とレンズ · 続きを見る »

レンズマウント

引き伸ばしレンズのLマウント レンズマウント (Lens Mount) は、レンズ交換式の光学機器において、レンズとボディーを接続する機構である。.

新しい!!: 顕微鏡とレンズマウント · 続きを見る »

レンズメーカー

レンズメーカーとは、レンズを製造しているメーカー。レンズを専門に生産しているところと、レンズを主力としつつカメラなどその他の製品も生産しているところが存在する。写真・ビデオ撮影用レンズや産業用レンズ、望遠鏡、顕微鏡、双眼鏡、内視鏡などを製造。他社からのOEMを引き受けることもある。.

新しい!!: 顕微鏡とレンズメーカー · 続きを見る »

レーウェンフック (小惑星)

レーウェンフック (2766 Leeuwenhoek) は、小惑星帯にある小惑星。1982年に、クレット天文台でズデニカ・ヴァーヴロヴァーによって発見された。 顕微鏡を使って微生物の観察したオランダの生物学者、アントニ・ファン・レーウェンフックに因んで命名された。.

新しい!!: 顕微鏡とレーウェンフック (小惑星) · 続きを見る »

レトロニム一覧

レトロニム一覧(レトロニムいちらん)は、レトロニムの一覧である。「レトロニム」とは旧来からある「もの」や「概念」が、新たに誕生した同種の区別されるべきものの登場により、区別されるために用いられる「新たな表現や用語」のことである。 「←」の右側に、もともとは何と呼ばれていたかを示す。 なお新しいものができた際に、それまで○○とだけ呼ばれていた古い方を「旧○○」、「第一次○○」、「○○1世」と呼ぶ例はあまりに多いのでここには載せない。.

新しい!!: 顕微鏡とレトロニム一覧 · 続きを見る »

ロバート・フック

バート・フック(Robert Hooke、1635年7月28日 - 1703年3月3日)は、イギリスの自然哲学者、建築家、博物学者。王立協会フェロー。実験と理論の両面を通じて科学革命で重要な役割を演じた。.

新しい!!: 顕微鏡とロバート・フック · 続きを見る »

ロンズデーライト

ンズデーライト()は六方晶系の結晶構造をもつ炭素の同素体。その結晶構造から六方晶ダイヤモンド(ろっぽうしょうダイヤモンド、)とも呼ばれる。ロンズデーライトという名称は結晶学者キャスリーン・ロンズデールに由来。.

新しい!!: 顕微鏡とロンズデーライト · 続きを見る »

ロジャー・ベーコン

ャー・ベーコン(、1214年 - 1294年)は、「驚嘆的博士」()とよばれた13世紀イギリスの哲学者。カトリック司祭で、当時としては珍しく理論だけでなく経験知や実験観察を重視したので近代科学の先駆者といわれる。.

新しい!!: 顕微鏡とロジャー・ベーコン · 続きを見る »

ヴェッツラー

ヴェッツラー (Wetzlar) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州ギーセン行政管区のラーン=ディル郡の市である。ヘッセン州中部のこの都市は、かつての帝国都市であり、の最後の所在地であった。この街は現在、ラーン=ディル郡の郡庁所在地であり、ヘッセン州に7つある特別市Stadt mit Sonderstatus、郡所属市であるが、郡独立市と同等の権限を持つ都市。ヘッセン州ではバート・ホムブルク・フォア・デア・ヘーエ、フルダ、ギーセン、ハーナウ、マールブルク、リュッセルスハイム・アム・マイン、ヴェッツラーの7都市の一つである。これは、郡の機能と同時に郡独立市の多くの機能を有する都市である。大学を有するこの街は、重要な文化・工業・商業の中心都市として、ヘッセン州で10都市の上級中心都市Oberzentrum、ヘッセン州ではダルムシュタット、フランクフルト・アム・マイン、フルダ、ギーセン、ハーナウ、カッセル、オッフェンバッハ・アム・マイン、ヴェッツラー、ヴィースバーデン の一つになっている。 ヴェッツラーとギーセンは、人口約20万人(その周辺部を含めた地域圏全体の人口は約32万人に達する)のヘッセン中部人口集中地域の二大中心都市である。近隣のライン=マイン地方とは緊密な関係にある。 ヴェッツラーの光学、精密機械、電子工学、金属加工産業は国際的な評価を受けている。ヴェッツラーは、重要なスポーツ指導者、スポーツ選手、スポーツクラブで知られるスポーツ都市でもある。様々なブンデスリーガでチャンピオンを輩出している。スポーツ奨励のために、多くの全国的なトレーニングセンターや拠点が存在している。市域は、ディル川とラーン川とが合流する高台に位置している。.

新しい!!: 顕微鏡とヴェッツラー · 続きを見る »

トランスフォーマー (マーベルコミック版)

トランスフォーマー (マーベルコミック版)は、アメリカ、イギリスなどで発売されていたトランスフォーマーシリーズのコミック作品である。発行はマーベル・コミック。製作はハズブロ。.

新しい!!: 顕微鏡とトランスフォーマー (マーベルコミック版) · 続きを見る »

トランスフォーマー ザ・ムービー

『トランスフォーマー ザ・ムービー』(The Transformers: The Movie)は、1986年に公開された『トランスフォーマー』シリーズのアニメーション映画の一作。.

新しい!!: 顕微鏡とトランスフォーマー ザ・ムービー · 続きを見る »

トランスフォーマー/リベンジ

『トランスフォーマー/リベンジ』(原題: Transformers: Revenge of the Fallen)は、2009年のアメリカ映画。2007年の映画『トランスフォーマー』の続編である。 日本版のキャッチコピーは「リベンジが始まる…」「新たなる「変身」(トランスフォーム)はリベンジから始まる。」「人類よ、覚悟しろ!!」「世界を繋ぐ 世界が変わる(玩具版)」。.

新しい!!: 顕微鏡とトランスフォーマー/リベンジ · 続きを見る »

トプコン

株式会社トプコン()は、日本の光学機器メーカー。眼科関連の医療機器や測量機器等に強みを持つ。旧社名は東京光学機械株式会社(とうきょうこうがくきかい)で、本社は東京都板橋区。東京証券取引所一部上場(証券コード:7732)。.

新しい!!: 顕微鏡とトプコン · 続きを見る »

トクサ

トクサの花(胞子葉群) 仕上用研磨材となるトクサの顕微鏡写真、2-1-0-1-2は1mm間隔、1/20mm目盛、無数のケイ酸の蓄積が見える('''拡大して見る''') トクサ(砥草、木賊、学名:)は、シダ植物門トクサ科トクサ属の植物。.

新しい!!: 顕微鏡とトクサ · 続きを見る »

ヘマトキシリン

ヘマトキシリン(Haematoxylin、カラーインデックス名:Natural Black 1, C.I. 75290)は、アカミノキの心材から抽出される染料である。酸化によりヘマテインとなり、Al(III)やFe(III) と錯塩を形成して強く青に発色する。媒染剤により色調が異なり、アルミニウムの場合には青白色、鉄の場合には青黒色となる。.

新しい!!: 顕微鏡とヘマトキシリン · 続きを見る »

ヘリトリゴケ

ヘリトリゴケは、地衣類の一つ。岩の上に生える普通な痂状地衣の一つで、最も判別がしやすいものの一つでもある。日本最大の地衣と認定されているのもこの種であり、それについても後述する。.

新しい!!: 顕微鏡とヘリトリゴケ · 続きを見る »

ヘリコバクター・ピロリ

ヘリコバクター・ピロリ (Helicobacter pylori) とは、ヒトなどの胃に生息するらせん型のグラム陰性微好気性細菌である。単にピロリ菌(ピロリきん)と呼ばれることもある。ヘリコバクテル・ピロリと表記されることもある。1983年にオーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルにより発見された。 胃の内部は胃液に含まれる塩酸によって強酸性であるため、従来は細菌が生息できない環境だと考えられていた。しかし、ヘリコバクター・ピロリはウレアーゼと呼ばれる酵素を産生しており、この酵素で胃粘液中の尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、生じたアンモニアで、局所的に胃酸を中和することによって胃へ定着(感染)している。この菌の発見により動物の胃に適応して生息する細菌が存在することが明らかにされた。 ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃癌や MALTリンパ腫やびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫などの発生に繋がることが報告されているほか、特発性血小板減少性紫斑病、小児の鉄欠乏性貧血、慢性蕁麻疹などの胃外性疾患の原因となることが明らかとなっている。細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となり得ることが明らかになっている病原体のひとつである。ピロリ菌検査で陰性でも胃炎など胃疾患が続く場合は、ヘリコバクター・ハイルマニイの感染が疑われることがある。.

新しい!!: 顕微鏡とヘリコバクター・ピロリ · 続きを見る »

ヘンリー・ソービー

ヘンリー・クリフトン・ソービー(Henry Clifton Sorby、1826年5月10日 - 1908年3月9日)はイギリスの顕微鏡学者、地質学者である。岩石や鉱物の顕微鏡的観察のパイオニアである。.

新しい!!: 顕微鏡とヘンリー・ソービー · 続きを見る »

ブラック・オパール

Black Precious-Opal ブラックオパール(Black opal)とは、通常不透明な濃灰色から黒色を主色とし、地色として、様々な色彩が輝きを見せる単一(ソリッド)の天然石を言う。黒蛋白石(くろたんぱくせき)ともいう。 淡色のオパール(蛋白石)では白色光が散乱し、色彩の輝きが拡散するのに対し、ブラックオパールではそれを暗色の地色が吸収するため、視覚的効果が引き立つ。最上級のブラックオパールでも、最表面の色の下に色彩のない地色がちらついて見えることがある。 ブラックオパールは様々な場所で発見されるが、宝石品位のものが商業規模で探鉱されているのはオーストラリア、ニューサウスウェールズ州北部のライトニングリッジ産地のみ。.

新しい!!: 顕微鏡とブラック・オパール · 続きを見る »

ブラウンフェルス (ヘッセン)

ブラウンフェルス (Braunfels) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州ギーセン行政管区のラーン=ディル郡の市である。本市は(空気の清浄な保養地)である。 ブラウンフェルスは、13世紀からの居城であった城館で有名である。.

新しい!!: 顕微鏡とブラウンフェルス (ヘッセン) · 続きを見る »

ブラウン運動にまつわる誤解

ブラウン運動にまつわる誤解(ブラウンうんどうにまつわるごかい)とは、日本語で記された文献などにおいてブラウン運動を説明する際、溶媒中の微粒子が不規則に動く現象のことを、しばしば「水中で花粉が動く」と誤って記述されている事例を指す。 これは専門家でも思い込みで誤りを犯すこと、そして権威に惑わされ実際に確かめる態度を欠いてしまうことへの警鐘となっている。.

新しい!!: 顕微鏡とブラウン運動にまつわる誤解 · 続きを見る »

プラスティネーション

プラスティネーション (Plastination) とは、人間や動物の遺体または遺体の一部(内臓など)に含まれる水分と脂肪分をプラスチックなどの合成樹脂に置き換えることで、それを保存可能にする技術のことである。 近年では同技術をプラストミック (Plastomic) と呼称する団体もある。.

新しい!!: 顕微鏡とプラスティネーション · 続きを見る »

プラズモン顕微鏡

プラズモン顕微鏡(プラズモンけんびきょう)とはプラズモンにより画像を得る顕微鏡の総称。.

新しい!!: 顕微鏡とプラズモン顕微鏡 · 続きを見る »

プレパラート

プレパラート(Präparat)とは、顕微鏡観察を行うにあたり観察対象(試料)を検鏡可能な状態に処理したものである。通常、光学顕微鏡の観察用に調製 (preparation) したものをこう呼ぶ。.

新しい!!: 顕微鏡とプレパラート · 続きを見る »

パリ工芸博物館

パリ工芸博物館(Musée des Arts et Métiers)とは、フランス国立工芸院(CNAM)付属の博物館。.

新しい!!: 顕微鏡とパリ工芸博物館 · 続きを見る »

パーライト (岩石)

パーライト(perlite)は、加熱により膨張する性質をもつガラス質火山岩の総称。一般的に真珠岩原石を指す。工業上、その種類は含まれる水分量、組成により真珠岩、黒曜石、松脂岩と分類される。 化学組成上は流紋岩(まれにデイサイト)で、石基はほぼガラス質で少量の結晶(斑晶)を含むことがある。球状や楕円体状のひび割れが多数あり、その割れ目から真珠のように丸い破片がぽろぽろ落ちることから、この名が付けられた。肉眼で丸いひび割れが見られない場合でも、顕微鏡で見ると円形や楕円形の割れ目が多数見られる。このような丸い割れ目を真珠状割れ目という。肉眼で真珠状割れ目が見えない場合は、半透明なガラスまたは色の薄い黒曜岩のように見え、不規則にぽろぽろと割れる。 流紋岩質マグマが水中など特殊な条件で噴出することにより、真珠状割れ目ができると考えられている。真珠状割れ目がまったくなければ黒曜岩であるが、その違いが何に起因するかはまだわかっていない。 熱をかけると4 - 20倍の体積に膨張発泡し、工業製品であるパーライト (発泡体)となる。.

新しい!!: 顕微鏡とパーライト (岩石) · 続きを見る »

パーセプター

パーセプター(Perceptor)はハスブロとタカラ(現・タカラトミー)が展開するロボット玩具シリーズ、トランスフォーマーに登場する架空のキャラクター。.

新しい!!: 顕微鏡とパーセプター · 続きを見る »

パップテスト

パップテスト(ぱっぷてすと、Pap testPapは剥離細胞を用いた病変診断を実用化(1928年)したパパニコロウから取ったもの。、Pap smear test)とは、子宮頸癌を発見するために使われる細胞診検査。子宮頸部細胞診(しきゅうけいぶさいぼうしん)。子宮頸癌は子宮頸部に発生するため、子宮頸部の細胞を擦り採って、細胞診検体(パップスメア)を作製し、顕微鏡検査を行う。観察される細胞を正常から癌までに段階を付け、ClassⅠからClassⅤに分類される。子宮がん検診では、要再検や要精密検査を振り分ける役割を果たしている。 がん細胞や前がん状態(癌になる前の異形成)の細胞を見つけるために、子宮がん検診で利用されている。 アメリカで検査の対象となるのは21-65歳で、毎年の検査は必要なく30歳までは3年ごと、それ以上では5年ごと。はじめての性行為から3年以上が経過していること。.

新しい!!: 顕微鏡とパップテスト · 続きを見る »

パウル・ラムドール

パウル・ラムドール(Paul Ramdohr または Paul A. Ramdohr、1890年1月1日 - 1985年3月8日)はドイツの鉱物学者である。鉱物の顕微鏡研究および、石質隕石の研究をおこなった。 Überlingen に生まれた。ハイデルベルク大学で学んだ後、ゲッティンゲン大学で博士号を得た。1926年にアーヘン工科大学 (University of Aachen) の鉱物学、岩石学の教授となり、1934年からベルリン大学、1951年からハイデルベルク大学の鉱物学の教授を務めた。1936年から1947年の間ドイツ鉱物学会の会長を務めた。 ハイデルベルクのマックスプランク核物理研究所で石質隕石の分析をおこない、いくつかの新鉱物を発見し、隕石に関する著書を執筆した。.

新しい!!: 顕微鏡とパウル・ラムドール · 続きを見る »

ビデオ会議

ボスニア・ヘルツェゴビナでの軍隊のビデオ会議の様子(2006年) ビデオ会議(英: Videoconferencing)とは、対話型電気通信テクノロジーにより複数の遠隔地を結んで双方向の画像および音声による会議を行うこと。グループウェアの一種でもある。会議向けに設計されているという点で個人向けのテレビ電話とは異なる。テレビ会議あるいはTV会議とも呼ばれる。.

新しい!!: 顕微鏡とビデオ会議 · 続きを見る »

ビクセン (企業)

ビクセンの望遠鏡 株式会社ビクセン( Vixen CO.,Ltd )は、埼玉県所沢市に本社を置く天体望遠鏡や双眼鏡、顕微鏡などの総合光学機器メーカーおよびそのブランド名( Vixen )である。「星空を楽しみたくなる」時代や文化を作り出すことを目指し、「星を見せる会社」になるというビジョンを掲げている。.

新しい!!: 顕微鏡とビクセン (企業) · 続きを見る »

ピール法

ピール法(ぴーるほう)は植物化石の組織構造を効率よく調べるための研究技法のひとつである。 植物化石は多くの場合、細胞壁が化石内に保存されているため、岩石標本と同様にダイアモンドカッターでスライスして研磨し、薄片にしたものを顕微鏡で観察すると、現生植物と同様に組織構造が観察できる。しかし、化石をスライスして研磨すると、ひとつの化石からせいぜい数枚の薄片しか得られず、化石の組織の大半は研磨によって失われるため、貴重な化石の無駄が大きくなってしまう。この問題を解決するべく考案されたのがピール法である。 植物化石の一部を平らに研磨して塩酸やフッ化水素酸といった腐食剤で化石の鉱物部分をわずかに溶かすと、有機物からなる細胞壁部分が薄い層になって浮かび上がる。この面を乾燥させ、アセトンで濡らして薄いアセチルセルロース樹脂のシート、すなわちアセテートフィルムをかぶせると、残存している植物組織がアセトンで軟化膨潤したアセテートフィルム内部に沈み込む。これを十分乾燥させてフィルムを剥ぎ取ると生きた植物から切り出した切片と同様の標本がアセテートフィルムに埋没して得られる。これをスライドガラスの上に載せ、カナダバルサムなどの封入剤とカバーガラスとで封入して顕微鏡観察する。 剥ぎ取りが終わった研磨面は再度研磨して同じ工程を繰り返すことで、化石組織の連続切片が得られる。.

新しい!!: 顕微鏡とピール法 · 続きを見る »

ピーテル・ファン・ミュッセンブルーク

ピーテル・ファン・ミュッセンブルーク(Pieter van Musschenbroek、1692年3月14日 - 1761年9月19日)はオランダの科学者。彼はデュースブルク、ユトレヒト、ライデンで数学、哲学、医学、占星術の教授の地位にあった。彼は最初のキャパシタであるライデン瓶を1746年に発明したことで知られている。 姓の日本語表記は他にミュッセンブルック、ムスケンブルックなどあり一定しない。名の"Pieter"(ピーテル / ピーター)はしばしばラテン語化された"Petrus"(ペトルス)の形で言及される。.

新しい!!: 顕微鏡とピーテル・ファン・ミュッセンブルーク · 続きを見る »

テラヘルツ顕微鏡

テラヘルツ顕微鏡(テラヘルツけんびきょう)とはテラヘルツ波により画像を得る顕微鏡の総称。.

新しい!!: 顕微鏡とテラヘルツ顕微鏡 · 続きを見る »

テッポウエビ属

テッポウエビ属(鉄砲蝦 Alpheus)は、エビ目(十脚目)・テッポウエビ科に分類されるエビの総称である。温暖な地方の浅い海に生息し、はさみをかち合わせて音を出す行動が知られる。 テッポウエビという場合には、本属に含まれる種の総称であるほか、狭義にはそのうちの1種Alpheus brevicristatusの和名であり、広義にはテッポウエビ科の総称としても使われる。.

新しい!!: 顕微鏡とテッポウエビ属 · 続きを見る »

テトリス効果

テトリス効果(Tetris effect, 俗に「テトリス病」や「テトリス症候群」とも)とは、思考、イメージ、夢が支配されるほどに、何かに充分な時間と精力を割り当てる能力のことである。この効果はコンピュータゲーム「テトリス」にちなんで命名された。テトリスでは、プレーヤーは4つのブロックで構成されるテトロミノ (tetromino) を回転・移動させる。プレーヤーがうまく形を整え、水平方向に隙間無くブロックをそろえることができれば、そのブロックの段は除去される。ゲームの目的は、画面がブロックで埋め尽くされるまでに、できるだけ多くの段を取り除くことである。 テトリスを長時間プレイした経験をもつ人物の多くは、スーパーマーケットの棚にある箱や道にある建物など、実世界のさまざまな形を互いにはめ込む方法について、いつのまにやら自分が考えていたことに気づく、ということがあるEarling, A. (1996, March 21-28).

新しい!!: 顕微鏡とテトリス効果 · 続きを見る »

ディフ・クイック染色

ディフ・クイック染色(Diff-Quik stain™)は染色法のひとつで、血球形態検査に汎用されるメイ・ギムザ染色の迅速簡易法である。全染色工程が1分前後と迅速性に秀でているため穿刺吸引細胞診や術中捺印細胞診の際に威力を発揮する。パパニコロウ染色が湿式固定(95%エタノールに浸漬)であるのに対して、ディフ・クイック染色はスメア標本を風乾してから染色直前に短時間固定する点が根本的に異なる。したがって患者から検体を採取する段階で、ディフ・クイック染色とパパニコロウ染色に用いるスライドグラスをそれぞれ用意する必要がある。 迅速性だけでなくギムザ染色の特性である繊細な核内構造の観察に優れ、乾燥標本のため核の大小不同や核形不整などが明瞭に観察される。またメタクロマジア反応による酸性ムコ多糖の可視化や血球観察も可能である。乳腺、甲状腺、唾液腺の腫瘍性病変の診断には、パパニコロウ染色に勝るとも劣らない検査結果が得られる。日本ではパパニコロウ染色のみを細胞診に用いる場合が多いが、欧米では積極的にメイ・ギムザ染色が細胞診で利用されている。.

新しい!!: 顕微鏡とディフ・クイック染色 · 続きを見る »

デストロン (トランスフォーマー)

デストロン(Destron)は、『トランスフォーマー』シリーズに登場する架空の組織。英語版ではほとんどの作品で「ディセプティコンズ(Decepticons)」、ビーストウォーズ及びカーロボットのデストロンガー・メタルビーストは「プレダコンズ(Predacons)」と呼ぶ。日本語版ではほとんどの作品で敵トランスフォーマーの組織名は「デストロン」に統一されていたが、2007年の実写映画版公開以降は日本でも英語版に基づいて「ディセプティコン」と呼ばれるようになった。日本国内においては「ディセプティコンズ」と「プレダコンズ」の区別が曖昧になっており、『ビーストウォーズⅡ』のデストロン機甲部隊はディセプティコン的な特徴を持つにも関わらずプレダコンズのエンブレムを使用している。なお、プレダコンズに対しG1時代のデストロンを「旧デストロン」と呼ぶこともある。.

新しい!!: 顕微鏡とデストロン (トランスフォーマー) · 続きを見る »

フランチェスコ・ステルッティ

フランチェスコ・ステルッティ(Francesco Stelluti、1577年1月12日 - 1652年11月)はイタリアの博物学者である。数学や顕微鏡学、文学、天文学の分野で働いた。顕微鏡を用いて観察した研究として最も古いハチの研究を発表した。科学アカデミー、アッカデーミア・デイ・リンチェイの創立メンバーの一人である。.

新しい!!: 顕微鏡とフランチェスコ・ステルッティ · 続きを見る »

フランツ・バウアー

フランツ・アンドレアス・バウアー(Franz Andreas Bauer、1758年10月4日 - 1840年12月11日)は、オーストリア生まれの植物画家である。.

新しい!!: 顕微鏡とフランツ・バウアー · 続きを見る »

フランシス・ウェナム

F.H. Wenham in 1866 フランシス・ウェナム(Francis Herbert Wenham、1824年 – 1908年)は、イギリスの船舶技術者である。有人飛行に関する先駆的な論文を1866年の最初の王立航空協会で発表した。 ケンジントンに軍医の息子として生まれた。船舶用エンジン、船のスクリューやエンジン、高圧ボイラーの設計の仕事で働いた。顕微鏡の改良の研究も行った。航空の研究は余暇に行われた。 1866年の王立航空協会で発表された論文、"Aerial Locomotion"で示されたグライダーの構想図は、翼面積と構造の強さの面から複葉機の利点を示し、操縦者は腹ばいで搭乗するメリットを示したもので、王立航空協会の会誌に掲載され、1890年代にオクターブ・シャヌートの"Progress In Flying Machines"などに転載されて、ライト兄弟などに影響を与えた。ウェナムは1858年に多葉のグライダーを作ってテストしたが、強風にあおられて飛行することはできなかった。1866年に多葉機の特許を得た。 1871年にウェナムとジョン・ブラウニングは世界最初の風洞を作り、模型実験して翼のアスペクト比が大きいほうが、抗力と揚力の比が優れていることを見出した。.

新しい!!: 顕微鏡とフランシス・ウェナム · 続きを見る »

フリードリヒ・ヨハン・カール・ベッケ

フリードリヒ・ヨハン・カール・ベッケ(Friedrich Johann Karl Becke、1855年12月31日 - 1931年6月18日)はオーストリアの鉱物学者、岩石学者である。鉱物の屈折率を調べるのに顕微鏡観察で生じる干渉縞である、「ベッケ線」を用いる方法を開発した。 当時、オーストリア=ハンガリー帝国であったプラハに生まれた。1982年からチェルニウツィー大学 (Chernivtsi University) の教授となり、その後プラハ大学、ウィーン大学の教授を務めた。鉱物の切片を液中に浸して、干渉縞(ベッケ線)を観察する方法を開発した。 1929年にロンドン地質学会からウォラストン・メダルを受賞した。.

新しい!!: 顕微鏡とフリードリヒ・ヨハン・カール・ベッケ · 続きを見る »

フルオレセイン

フルオレセイン (fluorescein) は顕微鏡観察に用いられる蛍光色素の一種である。他にも色素レーザーの媒体、法医学や血清学における血痕の探索、用途などに広く利用されている。.

新しい!!: 顕微鏡とフルオレセイン · 続きを見る »

ファインダー

ファインダー(finder)は、カメラにおいて撮影前に目で構図を決めたりピントを合わせたりするのに使用する覗き窓などで、カメラのタイプによってさまざまなものがある。光学系のみによるものでは、撮像用またはファインダー用のレンズによってスリガラス上に結像された画像を見るレフレックスファインダー・ビューカメラ用ピントグラス、結像させず負光学系を用いて虚像または透視実像による視野を見るビューファインダー、などがある。ディジタルカメラでは、光学系によるファインダーを持つものもあるが、撮影用の撮像素子そのものをプレビュー像の取得用に使用して、モニタ画面に出力する電子的ファインダーを持つものもある。.

新しい!!: 顕微鏡とファインダー · 続きを見る »

フィリップ・エドゥアール・レオン・ヴァン・ティガン

フィリップ・エドゥアール・レオン・ヴァン・ティガン(Philippe Édouard Léon Van Tieghem、1839年4月19日 – 1914年4月29日)は、フランスの植物学者、菌学者である。.

新しい!!: 顕微鏡とフィリップ・エドゥアール・レオン・ヴァン・ティガン · 続きを見る »

フィッショントラック法

フィッショントラック法(フィッショントラックほう、FT法、fission track)とは、放射年代測定の方法の一つである。.

新しい!!: 顕微鏡とフィッショントラック法 · 続きを見る »

フィアメッタ・ウィルソン

フィアメッタ・ウィルソンの肖像 フィアメッタ・ウィルソン(、旧姓Worthington、1864年7月19日 – 1920年7月21日)は、イギリスの天文学者。1916年に女性としては初めてイギリスの王立天文学会フェローに選ばれた。.

新しい!!: 顕微鏡とフィアメッタ・ウィルソン · 続きを見る »

フェリックス・デュジャルダン

フェリックス・デュジャルダン(Félix Dujardin 、1801年4月5日 - 1860年4月8日)は、フランスの自然科学者、地質学者、動物学者である。原生動物の研究などで知られる。.

新しい!!: 顕微鏡とフェリックス・デュジャルダン · 続きを見る »

フェルディナント・バウアー

フェルディナント・ルーカス・バウアー(Ferdinand Lucas Bauer、1760年1月20日 – 1826年3月17日)は、オーストリアの植物画家である。マシュー・フリンダースのオーストラリア大陸周回航海に参加した。.

新しい!!: 顕微鏡とフェルディナント・バウアー · 続きを見る »

フェデリコ・チェージ

フェデリコ・チェージ(Federico Angelo Cesi、1585年2月26日 - 1630年8月1日)はイタリアの貴族、博物学者である。歴史的な学会、アッカデーミア・デイ・リンチェイの設立者である。.

新しい!!: 顕微鏡とフェデリコ・チェージ · 続きを見る »

ドラえもんのひみつ道具 (け)

ドラえもんのひみつ道具 (け) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「け」で始まるものを列挙する。.

新しい!!: 顕微鏡とドラえもんのひみつ道具 (け) · 続きを見る »

ドリーム・トレイン・インターネット

株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(Dream Train Internet:DTI)は、日本の電気通信事業者の一つである。個人向けには「DTI」、法人向けには「MeX」という2つのブランドで主にインターネット接続サービスを手がける。 設立当初は三菱電機傘下だったが、2003年(平成15年)1月29日に東京電力の子会社である東京通信ネットワーク(TTNet、のちのパワードコム)の子会社(東京電力の孫会社)となる。さらにKDDIとパワードコムが2006年(平成18年)1月1日に合併するのに伴い、2005年(平成17年)12月31日付けでパワードコム所有の全株式が東京電力に譲渡され、東京電力の直接の子会社となる。その後、東京電力が通信事業を縮小するのに伴い2007年(平成19年)7月25日には株式が売却され、フリービットの完全子会社となる。.

新しい!!: 顕微鏡とドリーム・トレイン・インターネット · 続きを見る »

ドイツマルク

ドイツマルク(Deutsche Mark, DM, DEM )は、1948年6月20日から1998年12月31日までのドイツ連邦共和国(1990年のドイツ再統一までは西ドイツ、それ以降はドイツ)の法定通貨。単にマルクとも呼ばれる。「マルク」の名は、貨幣に刻印(ドイツ語でこれをマルクという)があることから。補助単位はペニヒ (Pfennig) で、1ドイツマルク=100ペニヒ。 ライヒスマルクに代わって導入され、1999年1月1日のユーロ導入により廃止された。1ユーロは1.95583ドイツマルクと等価とされた。ドイツマルクの硬貨と紙幣は2002年に市場から回収されたが、ユーロへの交換はドイツ連邦銀行によって永久保証されている。.

新しい!!: 顕微鏡とドイツマルク · 続きを見る »

ドゥルセ・デ・レチェ

ドゥルセ・デ・レチェ(Dulce de Leche)は、固体または液体キャラメルでラテンアメリカの伝統的な糖菓である。砂糖を入れた牛乳をゆっくりと加熱して作る。 アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルを中心に、ボリビア、ペルー、エクアドル、コロンビア、ベネズエラ、パナマ、コスタリカ、エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラ、メキシコ、ドミニカ共和国などで広く食されている。.

新しい!!: 顕微鏡とドゥルセ・デ・レチェ · 続きを見る »

ニューミクロマン

ニューミクロマンは、株式会社タカラ(現・タカラトミー)から発売されていたミクロマンシリーズの1981年からのラインナップ。 本項ではこの1981年から1985年までのニューミクロマンについて詳述する。.

新しい!!: 顕微鏡とニューミクロマン · 続きを見る »

ニューモノウルトラマイクロスコーピックシリコヴォルケーノコニオシス

ニューモノウルトラマイクロスコーピックシリコヴォルケーノコニオシス (Pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis, -koniosis) とは、超微視的珪質火山塵肺疾患(非常に微視的な珪質の火山塵を吸い込むことによって引き起こされる肺の病気)を意味する英語の語である。「珪性肺塵症」とも訳される。実際は医学用語ではなく、アメリカのパズル愛好家組織、National Puzzlers' League の会長だったエヴェレット・スミスが 1935年に造語したとされる。 ラテン文字 45 字で書かれるこの言葉は、一般的な英語辞書に記載されている中では最も長い実用的な語とされている。また、複数形については語尾の i が e に変わり、 pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconioses となる。この語は 1936年にオックスフォード英語辞典に最初に記載され、続いてウェブスター辞典、ランダムハウス英語辞典などに記載された。この病気を表す実際の術語は pneumoconiosis (塵肺)あるいは silicosis (珪肺)である。.

新しい!!: 顕微鏡とニューモノウルトラマイクロスコーピックシリコヴォルケーノコニオシス · 続きを見る »

ニワトコ

ニワトコ(接骨木、庭常、学名:Sambucus sieboldiana var.

新しい!!: 顕微鏡とニワトコ · 続きを見る »

ニプコー円板

ニプコー円板(Nipkow disk または Nipkov disk、ニポー円板、ニポウディスクとも。)とは、パウル・ニプコウが発明した機械式画像走査器具である。この走査円板は1920年代の機械式テレビジョンの基本構成部品であった。.

新しい!!: 顕微鏡とニプコー円板 · 続きを見る »

ニコン

株式会社ニコン()は、日本の光学機器メーカー。カメラ、デジタルカメラ、双眼鏡、望遠鏡、顕微鏡、ステッパー、メガネ、測定機、測量機、光学素材、ソフトウェアなど光学関連装置の大手メーカーであり、三菱グループの一員。三菱金曜会及び三菱広報委員会の会員企業である。.

新しい!!: 顕微鏡とニコン · 続きを見る »

ホーザン (工具メーカー)

ホーザン株式会社は、大阪府大阪市浪速区に本社をおく、総合工具メーカーである。.

新しい!!: 顕微鏡とホーザン (工具メーカー) · 続きを見る »

ダーウィン4078

『ダーウィン4078』(だーうぃんよんぜろななはち)は、データイーストが1986年に発売したアーケードゲーム。オーソドックスな『ゼビウス』(1983年)式上下撃ち分けの縦スクロールシューティングゲーム。チャールズ・ダーウィンの名を冠する通り進化をモチーフにしたゲームシステムを盛り込んだ異色のゲーム。.

新しい!!: 顕微鏡とダーウィン4078 · 続きを見る »

ベルゴニー・トリボンドーの法則

ベルゴニー・トリボンドーの法則(ベルゴニー・トリボンドーのほうそく、, 山崎昶編著『法則の辞典』朝倉書店、2006年9月10日、p.327、またはベルゴニエ-トリボンドーの法則医用放射線辞典編集委員会編『医用放射線辞典 第5版』共立出版、2013年4月5日、p.562)は、放射線の生体組織への影響に関する法則である三橋 2009, p.110。放射線の影響は、(1)細胞分裂頻度が高いほど、(2)将来行う細胞分裂の数が多いほど、(3)形態および機能が未分化なほど、強く現れるというものである。.

新しい!!: 顕微鏡とベルゴニー・トリボンドーの法則 · 続きを見る »

分子イメージング

分子イメージング(英語:molecular Imaging)とは、生体内での分子プロセスの可視化に関する基礎的・臨床的研究、および開発された可視化手法を利用する応用研究およびそれらの方法の総称。近年登場した新しいイメージング技術によって生命体を明らかにしていこうとするものである。より効果的な創薬や病理の追求、オーダーメードな医療などへの手がかりとして期待が集まっている。.

新しい!!: 顕微鏡と分子イメージング · 続きを見る »

分光法

プリズムによる光線の波長分割 分光法(ぶんこうほう、spectroscopy)とは、物理的観測量の強度を周波数、エネルギー、時間などの関数として示すことで、対象物の定性・定量あるいは物性を調べる科学的手法である。 spectroscopy の語は、元々は光をプリズムあるいは回折格子でその波長に応じて展開したものをスペクトル (spectrum) と呼んだことに由来する。18世紀から19世紀の物理学において、スペクトルを研究する分野として分光学が確立し、その原理に基づく測定法も分光法 (spectroscopy) と呼ばれた。 もともとは、可視光の放出あるいは吸収を研究する分野であったが、光(可視光)が電磁波の一種であることが判明した19世紀以降は、ラジオ波からガンマ線(γ線)まで、広く電磁波の放出あるいは吸収を測定する方法を分光法と呼ぶようになった。また、光の発生または吸収スペクトルは、物質固有のパターンと物質量に比例したピーク強度を示すために物質の定性あるいは定量に、分析化学から天文学まで広く応用され利用されている。 また光子の吸収または放出は量子力学に基づいて発現し、スペクトルは離散的なエネルギー状態(エネルギー準位)と対応することが広く知られるようになった。そうすると、本来の意味の「スペクトル」とは全く異なる、「質量スペクトル」や「音響スペクトル」など離散的なエネルギー状態を表現した測定チャートもスペクトルとよばれるようになった。また「質量スペクトル」などは物質の定性に使われることから、今日では広義の分光法は「スペクトル」を使用して物性を測定あるいは物質を同定・定量する技法一般の総称となっている。.

新しい!!: 顕微鏡と分光法 · 続きを見る »

分解能

分解能(ぶんかいのう、Optical resolution)は、装置などで対象を測定または識別できる能力。顕微鏡、望遠鏡、回折格子などにおける能力の指標のひとつである。.

新しい!!: 顕微鏡と分解能 · 続きを見る »

切片

切片(せっぺん).

新しい!!: 顕微鏡と切片 · 続きを見る »

アポクロマート

アポクロマート(Apochromat )とは、本来「3色に対して軸上色収差を補正し、そのうち2色についてアプラナートになっている顕微鏡対物レンズ」のこと『天文アマチュアのための望遠鏡光学・屈折編』pp.161-200「対物レンズ」。である。 カール・ツァイスのエルンスト・アッベが命名したが、その後光学ガラスの発達により不明瞭となり、一時は「3種類のガラスを使い色収差補正をアクロマートより向上したレンズ」という意味となりまた写真レンズや望遠鏡でも使用されるようになった。その後異常分散レンズや蛍石レンズの発達により2枚構成の対物レンズでも本来の「アポクロマート」の意味以上の補正状態を実現できるようになった。また1989年頃には4色以上に軸上色収差補正をした製品も現れており、4色補正したものをスーパーアクロマート、5色補正したものをハイパーアクロマートと呼ぶ人もいる。.

新しい!!: 顕微鏡とアポクロマート · 続きを見る »

アルバート・バエズ

アルバート・ヴィニシオ・バエズ (Albert Vinicio Báez, 1912年11月15日 – 2007年3月20日) は傑出したメキシコ系アメリカ人物理学者。娘に歌手のジョーン・バエズとミミ・ファリーニャがいる。メキシコのプエブラ生まれ。父がメソジスト牧師であったため2歳の時に家族でアメリカへ引っ越した。ブルックリンで育ち数学と物理に転じるまでは牧師になることを考えていた。X線顕微鏡と後のX線望遠鏡の初期の発展に重要な貢献を果たした。.

新しい!!: 顕微鏡とアルバート・バエズ · 続きを見る »

アルフレッド・ギルバート

アルフレッド・カールトン・ギルバート(Alfred Carlton Gilbert、1884年2月13日 - 1961年1月24日)は、アメリカ合衆国オレゴン州セイラム出身の玩具開発者。陸上競技選手。1908年ロンドンオリンピックの金メダリスト。.

新しい!!: 顕微鏡とアルフレッド・ギルバート · 続きを見る »

アントニ・ファン・レーウェンフック

アントーニ・ファン・レーウェンフック(レーベンフック、Antonie van Leeuwenhoek 、1632年10月24日 - 1723年8月26日)はオランダの商人、科学者。歴史上はじめて顕微鏡を使って微生物を観察し、「微生物学の父」とも称せられる。.

新しい!!: 顕微鏡とアントニ・ファン・レーウェンフック · 続きを見る »

アントニオ・ヴァリスネリ

アントニオ・ヴァリスネリ(Antonio Vallisneri、1661年5月3日 - 1730年1月18日)は、17世紀生まれのイタリアの医師、博物学者である。顕微鏡解剖学のパイオニア、マルチェロ・マルピーギの弟子で、観察と実験に主眼をおいた科学者の一人である。 ガッリカーノに生まれた。ローマのカトリックの学寮で学んだ後、ボローニャ大学でマルピーギのもとで学んだ。1684年にモデナ・レッジョ・エミリア大学から医師の学位を得た。1706年、パドヴァ大学に招かれ、実験医学の教授となり終生その職を務めた。 昆虫の発生に関して観察的研究を行ったマルピーギの後をついで1696年から1700年に発生の観察と実験を行い『多くの昆虫の奇妙な起源』 (Dialoghi sopra la curiosa origine di molti insetti)、『人体に発生する虫の発生の考察』(Considerazioni ed esperienze intorno alla generazione de' vermi ordinari del corpo umano e nel) などの論文を発表した。医学者としても、観察と実験的方法を尊び、病気が顕微鏡的な寄生体による「生きた感染毒」が原因であるとする説を支持した。ガリレオ・ガリレイと同じく、著書をラテン語でなくイタリア語で書いた先駆者である。医学的な見解は論争の中心となったが、1705年にロンドン王立協会の会員に選ばれ、モデナ公リナルド・デステから世襲貴族に任じられた。自然発生説の歴史に関するヘンリー・ハリスの著書は「ヴァリスネリの名声は実験の独創性と同じ程度の論争の上手さによっていた」と評している。著書の内容が革新的であるにもかかわらず、異端審議所に教義になんら反することはないという判断をうけたと記した。 セキショウモ属 (Vallisneria)にヴァリスネリの名前がつけられている。.

新しい!!: 顕微鏡とアントニオ・ヴァリスネリ · 続きを見る »

アブラミミズ

アブラミミズ(油蚯蚓、脂蚯蚓)は、淡水に住むごく小型のミミズ類である。剛毛がはっきりしており、一見ではミミズとは思えない。.

新しい!!: 顕微鏡とアブラミミズ · 続きを見る »

アエロピュルム・ペルニクス

アエロピュルム・ペルニクス(アエロピルム- 、エーロパイラム・パーニックス、Aeropyrum pernix)は浅海の熱水噴出孔に生息する古細菌の一種で、2008年現在知られている生物の中では最も高温で増殖が可能な偏性好気性生物(増殖に酸素を要求する生物)である。属名はギリシャ語をラテン語化したもので、空気(Aero)+ 炎(Pyr)。種形容語は、顕微鏡で観察したこところ活発に動いていたことから、ラテン語で「敏捷な」「素早く動く」を意味するpernixと名づけられた。 1996年6月に鹿児島県十島村・小宝島の水深20mの浅海から分離された。鞭毛を持たない(線毛を持つ)直径0.8-1.0μmの不規則な形をした球菌で、好気条件下で従属栄養的に増殖する。至適生育温度は90-95(生育可能範囲は70-100)、至適pHは7(同pH5-9)、至適塩濃度は3.5%(同1.8-7.0%)。世代時間は200分とそれ程速くないが、培養終了時の菌収量は比較的多く、好気条件で簡便に培養でき、有毒なガスも出さないため研究材料としては使いやすい。現在、デスルフロコックス科に所属しているが、Aeropyrum以外は全て偏性嫌気性であり、系統的にやや離れているとする説もある。2004年には小笠原諸島の水曜海山水深1385mにある深海熱水噴出孔から近縁種Aeropyrum caminiが発見されている。 1999年には全ゲノム配列が日本で解読された(Aeropyrum pernix K1株.

新しい!!: 顕微鏡とアエロピュルム・ペルニクス · 続きを見る »

アオカビ

アオカビ(Penicillium)はアオカビ属(ペニシリウム属)に属するカビの総称で、もっとも普遍的に見られる不完全菌の一つである。胞子の色が肉眼で青みを帯びた水色であることからその名がある。ただし、白や緑がかった色のものも見られ、必ずしもすべてのアオカビ属(Penicillium属)のカビが青いわけではない。 顕微鏡で観察すると、筆状体(ひつじょうたい、penicillus)と呼ばれる筆のような形の構造が見られ、その先端に胞子がついているのが判る。これがこのカビの学名の由来になっている。世界で初めての抗生物質であるペニシリンが、この種のカビから発見されたことは有名である。また、ゴルゴンゾーラ、ロックフォールなどの代表的なチーズの製造に用いられるカビもアオカビの仲間である。.

新しい!!: 顕微鏡とアオカビ · 続きを見る »

アカリンダニ

アカリンダニ(Acarapis woodi)は、ミツバチの体内に寄生するホコリダニ科のダニである。クモの仲間で8本の脚を持つ。アカリンダニはハチの気管内で生活し、繁殖する。メスは気管壁に5個から10個の卵を産み、孵化した幼虫は2週間から3週間で成虫になる。このダニは、気管が開いている生後2週間以内の若いハチに寄生して口吻を気管壁に刺し、ハチの血リンパを食糧とする。100匹以上が気管に寄生して、ハチを弱らせる。アカリンダニは通常175μm以下ととても小さく、顕微鏡を使わないと見ることができない。 Acarapis externusやAcarapis dorsalis等の種と外見が似ている。.

新しい!!: 顕微鏡とアカリンダニ · 続きを見る »

アタナシウス・キルヒャー

アタナシウス・キルヒャー アタナシウス・キルヒャー(アタナージウス-、Athanasius Kircher,, 1601年5月2日 - 1680年11月27日)は17世紀のドイツ出身の学者、イエズス会司祭。東洋研究、地質学、医学など幅広い分野で優れた業績を残した。ヒエログリフの科学的研究と読解に取り組んだパイオニアとしても有名。また伝染病がなんらかの微小生物によって引き起こされるという考えをはじめて実証的に示し、その説にもとづいた予防法を提案した。当時のヨーロッパ学会における最高権威であったが、最晩年はルネ・デカルトなどの合理主義の立場から批判にさらされた。その後忘れられていたが、20世紀の後半になって再びその業績の先進性と多彩さが評価されるようになり、「遅れてきたルネサンス人」とも呼ばれるようになった。アリストテレス的方法論を自在に駆使しながら、同時に観察や実験を重視したという点において中世と近代をつないだ学者であるともいえる。.

新しい!!: 顕微鏡とアタナシウス・キルヒャー · 続きを見る »

イェーナ

イェーナ (Jena) は、ドイツのテューリンゲン州(チューリンゲン州)の都市。イエナと表記されることもある。人口10万。ヴァイマル(ワイマール)から列車で15分ほどの距離にある。フリードリヒ・シラー大学イェーナ(通称:イェーナ大学)を擁する歴史の古い大学町であることや、精密機械メイカーのカール・ツァイスがここで創業したこと、1806年にナポレオン戦争の戦いのひとつであるイエナ・アウエルシュタットの戦い(プロイセン軍対フランス軍)が近郊のコスペダで行われたことなどで知られる。.

新しい!!: 顕微鏡とイェーナ · 続きを見る »

イオン顕微鏡

イオン顕微鏡とはイオンを試料の画像化に使用する顕微鏡の総称で複数の形式がある。.

新しい!!: 顕微鏡とイオン顕微鏡 · 続きを見る »

ウィリアム・モリノー

ウィリアム・モリノー(William Molyneux、1656年4月17日 - 1698年10月11日)(モリニュークス、モリヌークス、モリヌー)はアイルランドの科学者、弁護士で、政治に関する著述家でもある。.

新しい!!: 顕微鏡とウィリアム・モリノー · 続きを見る »

ウィルソン・ベントレー

ウィルソン・アルウィン・ベントレー(Wilson Alwyn Bentley、1865年2月9日 - 1931年12月23日)はアメリカ合衆国の雪のアマチュア研究家。雪の結晶の写真家として知られる。 バーモント州ジェリコー(Jericho)に農夫の子として生まれた。学校教育としてはジェリコーの公民学校を出ただけであった。15歳のときに、母が顕微鏡を通して見せた雪の結晶に魅了され、以後生涯にわたって農業のかたわら雪の結晶の写真を撮り続けた。雪の研究のために彼が撮影した写真は全部で5381枚にのぼる。うち2453枚の写真を収録した『Snow Crystals(雪の結晶)』と題する写真集が、当時のアメリカ気象学会の会長であったウィリアム・ジャクソン・ハンフリース(w:William Jackson Humphreys)の尽力により、1931年の秋、ベントレーが亡くなる直前にマック・グロービル社から出版された。生涯独身であった。 その生涯を絵本化した『雪の写真家ベントレー』は1999年度のコールデコット賞を受賞している。.

新しい!!: 顕微鏡とウィルソン・ベントレー · 続きを見る »

ウイルス

ウイルス()は、他の生物の細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体で、タンパク質の殻とその内部に入っている核酸からなる。生命の最小単位である細胞をもたないので、非生物とされることもある。 ヒト免疫不全ウイルスの模式図.

新しい!!: 顕微鏡とウイルス · 続きを見る »

ウォームギヤ

ウォームギアの実例。このウォームは3条であり進み角が大きく、ウォームホイールからウォームを回転させることができる(セルフロックがかからない)。またウォームとウォームホイールの材質が異なっており、これにより摩擦係数の低減の図っている。なお青いギアケース内の右下部にはウォームギアとは別に斜歯歯車がある。 ウォームギヤ(worm drive)は、ねじ歯車(ウォーム)とそれに合うはす歯歯車(ウォームホイール)を組み合わせた機構である。.

新しい!!: 顕微鏡とウォームギヤ · 続きを見る »

エナメル質

ナメル質(エナメルしつ、enamel)または琺瑯質(ほうろうしつ)は、歯の歯冠の最表層にある、生体で最も硬い硬組織でRoss ''et al.'' (2002), p. 441藤田尚男、藤田恒夫 (2001) p.94ある。モース硬度は6 - 7を示す。このエナメル質と、象牙質、セメント質、歯髄で歯は構成される。通常目に見える部分がこのエナメル質であり、象牙質に支えられている。象牙質の支持がなければエナメル質は硬くてもろいため、容易に割れてしまう。重量比で96%は無機質で残りが水と有機質でありCate (1998), p. 1:日本語版p.

新しい!!: 顕微鏡とエナメル質 · 続きを見る »

エルンスト・ユンガー

ルンスト・ユンガー(Ernst Jünger, 1895年3月29日 - 1998年2月17日)は、ドイツの思想家、小説家、文学者、自然科学者、軍人である。第一次世界大戦及び第二次世界大戦に従軍。戦闘にかかわる体験記や日記の他、戦争を主題とする随筆や論考を残した。.

新しい!!: 顕微鏡とエルンスト・ユンガー · 続きを見る »

エームズ試験

ームズ試験(Ames test)とは、物質の変異原性を評価するためのバイオアッセイ試験法である。カリフォルニア大学バークレー校の ブルース・エイムス(Bruce N. Ames)教授らにより1970年代に開発されたため、エームズ試験の名がある。 変異原性物質には発癌性物質(イニシエーター)でもあるものが多いため、エームズ試験は発癌性予測の意味でも実施されている。ただしエームズ試験陽性物質と発癌性物質は重ならない部分も多い。.

新しい!!: 顕微鏡とエームズ試験 · 続きを見る »

エティオロジー

ティオロジー(英語: Etiology)には、主に次の2つの意味がある。.

新しい!!: 顕微鏡とエティオロジー · 続きを見る »

エアリー関数

物理科学におけるエアリー函数(エアリーかんすう、Airy function)あるいは第一種エアリー函数 (Airy function of the first kind) は、イギリスの天文学者ジョージ・ビドル・エアリー (1801–92) に因んで名づけられた特殊函数である。この函数 および第二種エアリー函数とも呼ばれる関連の函数(A を次の文字 B に変えて、故に冗談めかしてベアリー (Biry) 函数とも) は、エアリー方程式あるいはストークス方程式と呼ばれる微分方程式 の線型独立な解としても言及される。これは転回点(turning point: 方程式の解が振動型から指数型へ変わる特徴点)を持つ最も単純な二階線型微分方程式である。 エアリー函数は三角ポテンシャル井戸に留め置かれた粒子に対する、あるいは一次元定力場における粒子に対するシュレーディンガー方程式の解である。同じ理由により、ポテンシャルが位置の線型函数で局所近似されるときの、転回点の周りでのWKB近似として、エアリー函数は一様半古典近似を与えるのに利用できる。三角ポテンシャル井戸解は、多くの半導体デバイスを理解することに直接的に関係がある。 エアリー函数はまた、虹のような。歴史的にはこれがエアリーがこの特殊函数を導入するに至った数学的問題であった。またエアリー函数はや天文学においても重要である。つまり、エアリー函数は(顕微鏡や望遠鏡の解像限界よりも小さな)によって与えられる回折や干渉のパターンを記述する。.

新しい!!: 顕微鏡とエアリー関数 · 続きを見る »

エウスタキオ・ディヴィーニ

ウスタキオ・ディヴィーニ(Eustachio Divini、1610年10月4日 - 1685年)はイタリアの光学機器製作者、天文観測者である。 サン・セヴェリーノ・マルケに生まれた。ローマでw:Benedetto Castelliに幾何学と天文学を学び、光学機器製作者としての評判を得た。顕微鏡の分野では、接眼レンズに2枚のレンズを組合わせることによって、高い倍率でも像の変形を防ぐ発明を行った。望遠鏡の分野では長焦点のレンズを使った16mの望遠鏡を製作した。自作の望遠鏡を使って観測を行った。月面図を製作し1649年に銅版画が出版された。土星の衛星について、ホイヘンスより先に発見したと主張した。.

新しい!!: 顕微鏡とエウスタキオ・ディヴィーニ · 続きを見る »

エオシン

ン(Eosin)は、フルオレセインを臭素化してできる赤い蛍光色素。エオジンとも表記される。 顕微鏡検査の際に細胞質、膠原線維、筋線維の染色に用いられる。このエオシンに染まりやすい組織をエオシン好性と呼ぶ。エオシンYとエオシンBの2つの誘導体がある。.

新しい!!: 顕微鏡とエオシン · 続きを見る »

オナニークラブ

ナニークラブ、オナクラとは、個室内で男性客がオナニーする様子を女性店員に見てもらう風俗店の一種。女性店員は基本的に着衣のまま見ているだけで、ファッションヘルスのように女性店員から男性客への性的サービスは無いものとされる。草創期の一時期、「プラトニッククラブ」を略し「プラクラ」と呼称されていたこともある。.

新しい!!: 顕微鏡とオナニークラブ · 続きを見る »

オリンパス

リンパス株式会社(Olympus Corporation)は、日本の光学機器・電子機器メーカーである。本社は東京都新宿区西新宿に所在。.

新しい!!: 顕微鏡とオリンパス · 続きを見る »

オディロン・ルドン

=気球(1878)ニューヨーク近代美術館 トルコ石色の花瓶の花(1911頃)個人蔵 ビーナスの誕生(1912) オディロン・ルドン(Odilon Redon、1840年4月20日〈※異説では4月22日〉 - 1916年7月6日)は、19世紀後期から20世紀初期にかけて活動したフランス人画家である。本名 Bertrand-Jean Redon(ベルトラン=ジャン・ルドン)。ボルドーで生まれ、出生地および近郊の町で育つ。.

新しい!!: 顕微鏡とオディロン・ルドン · 続きを見る »

オオイカリナマコ

イカリナマコ Synapta maculata は、ナマコの1種。よく伸びると3mにもなり、ナマコ最大の種の一つとされる。珊瑚礁の浅い海底に長く伸びて這っているのが見られる。.

新しい!!: 顕微鏡とオオイカリナマコ · 続きを見る »

オオスカシバ

バ(大透翅、学名:)は、チョウ目スズメガ科の昆虫。ガの一種。和名のとおり、翅が透明なガで、夏の日中によく活動する。スカシバという名がついているが、スカシバガの仲間ではない。.

新しい!!: 顕微鏡とオオスカシバ · 続きを見る »

カナダドル

ナダドル(Canadian dollar、Dollar canadien)は、カナダの通貨である。記号は通常ドル記号「$」で示され、他のドル通貨と区別するために「C$」と記することもある。ISO 4217でのコードはCAD。1カナダドルは100セント(¢)。 2011年現在、カナダドルは国際為替取引において世界で7番目に取扱量の多い通貨となっている。.

新しい!!: 顕微鏡とカナダドル · 続きを見る »

カメラ・ルシダ

メラ・ルシダ(英語:camera lucida、カメラ・ルシーダ、カメラ・ルキダとも)は、かつて画家が素描やスケッチを描く際の補助に使った光学装置。1806年、ウィリアム・ハイド・ウォラストンが発明し特許を取得した。もっとも、実際にはカメラ・ルシダはヨハネス・ケプラーが著書『屈折光学』(Dioptrice, 1611年)で詳述した装置の再発明にほかならないといえるが、19世紀までにケプラーの記述は忘れられ、誰もウォラストンの発明に異議を唱えなかった。「カメラ・ルシダ」(ラテン語で「照らされた部屋」)という名前はウォラストンがつけたものである。(Edmund Hoppe, "Geschichte der Optik", Leipzig 1926 を参照) カメラ・ルシダを覗くと、覗いた先にある物体の姿と、覗く人物の手もとにある紙など描画する対象の表面の画像とが重ねあわされる。画家は目の前に、描きたい物体や光景と描くための紙とを同時に二重写しのように見ることができる。これによって画家は、目の前の光景から手もとの紙へ、遠近法の要となる部分の点や物体の輪郭線を転写できるので、遠近感の正しい透視画や本物そっくりの絵を描くことができる。.

新しい!!: 顕微鏡とカメラ・ルシダ · 続きを見る »

カンジダ

ンジダ(カンディダ、Candida)とは、酵母の姿の菌類の属名である。無色の不完全酵母に対してこの名が与えられる。一部はかつてトルロプシス属(Torulopsis)と呼ばれていた。カンジダはもっとも普通な不完全酵母を含むものである。出芽によって増殖する酵母であり、条件によっては菌糸に近い姿(偽菌糸)をとるものもある。.

新しい!!: 顕微鏡とカンジダ · 続きを見る »

カール・ツァイス

1910年頃のツァイス工場 カール・ツァイス (Carl Zeiss) は、.

新しい!!: 顕微鏡とカール・ツァイス · 続きを見る »

カール・フリードリヒ・ツァイス

ール・フリードリヒ・ツァイス(Carl Friedrich Zeiss 、1816年9月11日 - 1888年12月3日)は、ドイツの光学機器製造業者で、現代のレンズ作製技術に大きく貢献した。彼の設立した「カール・ツァイス・イェーナ」(現「カール・ツァイス」)はよく知られている。.

新しい!!: 顕微鏡とカール・フリードリヒ・ツァイス · 続きを見る »

カイアシ類

イアシ類(橈脚類)とは、節足動物門 甲殻亜門 カイアシ亜綱に属する動物の総称である。現在10目約11,000種が報告されている。ケンミジンコまたは、英名Copepodaのカタカナ読みでコペポーダとも呼ばれる。多くは浮遊生物として生活する微小な甲殻類であるが、底生性、寄生性なども存在する。海洋生態系においては食物連鎖上、重要な位置付けである。.

新しい!!: 顕微鏡とカイアシ類 · 続きを見る »

ガム・クロラール系封入剤

ム・クロラール系封入剤は、生物学系の研究で標本作成に用いられるプレパラート封入剤のひとつ。.

新しい!!: 顕微鏡とガム・クロラール系封入剤 · 続きを見る »

ガラス

ガラス工芸 en) 建築物の外壁に用いられているガラス ガラス(、glass)または硝子(しょうし)という語は、物質のある状態を指す場合と特定の物質の種類を指す場合がある。.

新しい!!: 顕微鏡とガラス · 続きを見る »

キノコ

野生のエノキタケ キノコ(茸、菌、蕈、Mushroom)とは、特定の菌類(Fungi)のうちで、比較的大型の(しばしば突起した)子実体(Fruiting body)あるいは、担子器果そのものをいう俗称である。またしばしば、キノコという言葉は特定の菌類の総称として扱われるが、本来は上述の通り構造物であり、菌類の分類のことではない。子実体を作らない菌類はカビである。植物とは明確に異なる。ここでいう「大型」に明確な基準はないが、肉眼で確認できる程度の大きさのものをキノコという場合が多い。食用、精神作用用にもされるが毒性を持つ種もある。語源的には、「木+の+子」と分析できる。 目に見える大きさになる子実体を持つ菌は、担子菌門 Basidiomycotaか子嚢菌門 Ascomycota に属するものが多い。日本では約300種が食用にされ、うち十数種が人為的にキノコ栽培されている。日本では既知の約2500種と2、3倍程度の未知種があるとされ、そのうちよく知られた毒キノコは約200種で、20種ほどは中毒者が多かったり死に至る猛毒がある。.

新しい!!: 顕微鏡とキノコ · 続きを見る »

クモ

モ(蜘蛛)、クモ類は、節足動物門鋏角亜門クモ綱クモ目に属する動物の総称である。網を張り、虫を捕食することで、一般によく知られている。この類の研究分野はクモ学と言われる。.

新しい!!: 顕微鏡とクモ · 続きを見る »

クモ学

モ学(クモがく、蜘蛛学、Arachnology)は、クモのほか、クモ綱に属するサソリ、カニムシ、ザトウムシなどについて科学的に研究する学問である。ただし同じクモ綱に属していてもマダニやダニに関してはクモ学では扱わず、独立にダニ学と呼ぶ場合もある。クモを研究する学者のことをクモ学者という。.

新しい!!: 顕微鏡とクモ学 · 続きを見る »

クリスチャン・ゴットフリート・エーレンベルク

リスチャン・ゴットフリート・エーレンベルク(Christian Gottfried Ehrenberg、1795年4月19日-1876年6月27日)はドイツの博物学者・動物学者・比較解剖学者・地質学者、そして優れた顕微鏡の使い手であり、当時最も有名で活動的な研究者の一人であった。.

新しい!!: 顕微鏡とクリスチャン・ゴットフリート・エーレンベルク · 続きを見る »

グリース

リース(grease)またはグリスとは、液状潤滑油、またはその他の液状潤滑剤に増稠剤(増稠剤)が添加、均一に混合させられたものである。潤滑剤の一種で、油よりも粘度が高く流動性が低いため常温では半固体または半流動体である。.

新しい!!: 顕微鏡とグリース · 続きを見る »

ケルナー式接眼鏡

構成図 ケルナー式接眼鏡(けるなーしきせつがんきょう)は接眼レンズの一形式である。1849年『天文アマチュアのための望遠鏡光学・屈折編』pp.201-234「接眼鏡」。にカール・ケルナーが顕微鏡用として発表した。.

新しい!!: 顕微鏡とケルナー式接眼鏡 · 続きを見る »

ケルビンプローブフォース顕微鏡

ルビンプローブフォース顕微鏡(ケルビンプローブフォースけんびきょう、Kelvin probe Force Microscopy:KFM)は、原子間力顕微鏡 (AFM) を元に開発された顕微鏡の一種。.

新しい!!: 顕微鏡とケルビンプローブフォース顕微鏡 · 続きを見る »

ケイブパール

イブパール(cave pearl)もしくは洞窟真珠とは、鍾乳洞の中でカルシウム炭酸塩が沈着して生成する洞窟生成物の一種である。様々な形状のものがあるが、いずれも細かな層が同心円状に重なってできている。最大のものでは直径 15cm もの球体が発見された例があるが、大抵は直径 1cm 以下である。単独で見つかる場合と、密集して存在している場合とがある。 ケイブパールは砂粒などを核とし、周囲に方解石の結晶が幾層にも薄層を成して成長している。これは貝の内部でつくられる真珠の構造とよく似ている。 一般にケイブパールは水流によって粒が回転し、均等に沈着が起こることで成長すると言われる。これにより、球形をはじめ円柱や様々な形状のケイブパールが形成される。中にはブドウの房のように複数個が融合したケイブパールができる場合もある。さらに水流の撹乱により水底で転がることで、ケイブパールは自然に研磨されて光沢を得るとも言われる。また絶えず動き続けることにより、底に付着してしまうことも避けられる。しかし光沢を有したケイブパールの断面を顕微鏡で観察しても、同心円状の細かな成長縞に研磨(磨耗)の痕跡はみられないことが多い。ケイブパールの生成には微生物が関与しているという意見もある。 ケイブパールは乾燥すると劣化することもある。また、ケイブパールは魚卵石(oolite:ウーライト)とは異なるものであると見なされている。しかし魚卵石サイズのものが普通サイズのものと共存することもある。 ケイブパールに類似のものとして、形状が立方体に近いケイブキューブ(cave cube)と呼ばれるタイプのものも報告されている。立方体の成因については様々な説があるが、未だ明らかでない。日本では岩手県岩泉町の氷渡洞から世界で8例目のケイブキューブが発見されている。.

新しい!!: 顕微鏡とケイブパール · 続きを見る »

コメットアッセイ

メットアッセイ(comet assay)は変異原性試験の一種。電気泳動の原理を利用し真核生物の細胞または細胞核におけるDNAの切断を検出する方法で、単細胞ゲル電気泳動法(Single cell gel electrophoresis;SCGE)とも呼ばれる。DNAの損傷から修復の過程を指標として変異原性(遺伝毒性)を調べる方法としてよく用いられる。またアポトーシスの検出にも用いられる。.

新しい!!: 顕微鏡とコメットアッセイ · 続きを見る »

コリネバクテリウム属

リネバクテリウム属(コリネバクテリウムぞく、Corynebacterium)はグラム陽性桿菌で、放線菌に分類される真正細菌の一属。.

新しい!!: 顕微鏡とコリネバクテリウム属 · 続きを見る »

コルネリウス・ドレベル

ドレベル(1831年ごろの絵) コルネリウス・ヤコプスゾーン・ドレベル(Cornelis Jacobszoon Drebbel 、1572年 - 1633年11月7日)は、オランダの発明家。1620年に史上初の航行可能な潜水艇(人力推進)を作った。光学、化学に関しても業績がある。 オランダ西部のアルクマール生まれ。ロンドンで没。.

新しい!!: 顕微鏡とコルネリウス・ドレベル · 続きを見る »

コルネルス・アントニー・ヤン・オーデマン

ルネルス・アントニー・ヤン・オーデマン(、1825年10月7日 - 1906年8月29日)は、オランダの医師、植物学者である。.

新しい!!: 顕微鏡とコルネルス・アントニー・ヤン・オーデマン · 続きを見る »

コルポスコープ

ルポスコープ(Colposcope)とは、コルポマイクロスコープ(Colpomicroscope)、もしくは、腟拡大鏡とも呼ばれ、膣や子宮頸管の観察をおこなう拡大鏡、顕微鏡。 子宮がん(子宮頸管癌)の検診などで広く使われている。 製品は主にカール・ツァイスやライカなど、手術用顕微鏡のメーカーが取り扱う。(もっとも、ライカの手術用顕微鏡は、基本的には三鷹光器からのOEM品である) なお、コルポスコープを膣鏡と呼ぶこともあるが、一般に「膣鏡」はクスコ式、桜井式のような光学系を持たないものを指す。.

新しい!!: 顕微鏡とコルポスコープ · 続きを見る »

コスモクロア輝石

モクロア輝石(コスモクロアきせき、kosmochlor)は単斜輝石の一種である。ユレーアイト(ureyite)とも呼ばれる。 化学組成はNaCrSi2O6であり、翡翠輝石NaAlSi2O6のアルミニウムがクロムに置換したものに相当する。名称は、この鉱物が隕石から初めて発見されたことに因み、「宇宙の緑」を意味する。.

新しい!!: 顕微鏡とコスモクロア輝石 · 続きを見る »

ゴミムシ

ミムシ(塵虫、芥虫)は、コウチュウ目(鞘翅目)オサムシ科、あるいはこれに近縁な科の類の中から目立ったものを除いた、雑多なものをまとめて呼ぶ名称である。研究の進歩により、その多様性が明らかになりつつある。 狭義にはその中の一種、オサムシ科ゴモクムシ亜科に属する Anisodactylus signatus (Panzer, 1797) の和名である。.

新しい!!: 顕微鏡とゴミムシ · 続きを見る »

シーグラス

ーグラス(sea glass)もしくはビーチグラス(beach glass)とは、海岸や大きな湖の湖畔で見付かるガラス片のことである。波に揉まれて角の取れた小片となり、曇りガラスのような風合いを呈する。.

新しい!!: 顕微鏡とシーグラス · 続きを見る »

ジュール・ボルデ

ュール・ボルデ(Jules Jean Baptiste Vincent Bordet、1870年6月13日 - 1961年4月6日)はベルギーの細菌学者。1919年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。ノーベル賞受賞理由である補体結合反応の発見や、百日咳菌(Bordetella pertussis:ボルデテラ属の細菌の一種)の発見で知られる。ブリュッセル自由大学医学部卒業。.

新しい!!: 顕微鏡とジュール・ボルデ · 続きを見る »

ジョバンニ・ファベール

ョバンニ・ファベール(Giovanni Faber 、ドイツ語名 Johann Faber、1574年 – 1629年9月29日)は現ドイツ、バイエルンのバンベルク生まれの医師、博物学者で、1598年からローマで働いた。バチカン薬草園(後のローマ大学植物園)でも働き、ガリレオ・ガリレイが会員として参加したアッカデーミア・デイ・リンチェイの会員でもあり、ガリレオの改良した顕微鏡(ガリレオは"occhiolino"(小さな目)と呼んでいた)を、望遠鏡の"telescope"に対して、"microscope"と名付けた人物として知られる。.

新しい!!: 顕微鏡とジョバンニ・ファベール · 続きを見る »

ジョン・ショウ・ビリングス

ョン・ショウ・ビリングス(John Shaw Billings、1838年4月12日 - 1913年3月11日)は、アメリカ合衆国の軍医・司書。アメリカ陸軍軍医総監代理を務めた後にニューヨーク公共図書館初代館長となった。.

新しい!!: 顕微鏡とジョン・ショウ・ビリングス · 続きを見る »

ジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナ

ョヴァンニ・バティスタ・オディエルナ ジョヴァンニ・バティスタ・オディエルナ(Giovanni Battista Hodierna 、1597年4月13日-1660年4月6日)は、モンテキアーロ家に仕えていたイタリアの天文学者である。少なくとも19個のそれまで彗星と混同されていた星雲を含め、約40個の天体が収録された天体カタログを編集した。これはメシエカタログよりも前だったが、ほとんど影響は与えなかった。シャルル・メシエはこのカタログを知らなかったと考えられている。 オディエルナは、1644年に顕微鏡による観測結果をまとめた L'ochio della mosca(ハエの眼)を著している。これは、最初に細胞の構造の詳細まで顕微鏡で観察を試みた例である。しかし、シチリアを出ることがなかった彼の研究の多くは20世紀になるまで埋もれてしまっていた。 オディエルナはラグーザで生まれ、パルマで死去した。 小惑星(21047)オディエルナに命名されている。.

新しい!!: 顕微鏡とジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナ · 続きを見る »

ジョゼフ・ライディ

ョゼフ・ライディ(Joseph Leidy、1823年9月9日 – 1891年4月30日)は、アメリカ合衆国の古生物学者である。 ペンシルベニア大学の解剖学の教授として働き、後にスウォスモア・カレッジの博物学の教授となった。著書、『ダコダとネブラスカの絶滅植物』("Extinct Fauna of Dakota and Nebraska":1869年)はそれまで記載されていなかった多くの種や北米大陸の知られていなかった種についての記述が含まれる。.

新しい!!: 顕微鏡とジョゼフ・ライディ · 続きを見る »

ジアルジア

アルジア は、エクスカバータ メタモナス門ディプロモナス目ヘキサミタ科に分類される、原生動物の属である。 哺乳類、鳥類、爬虫類などの脊椎動物に寄生し、ジアルジア症を引き起こす。.

新しい!!: 顕微鏡とジアルジア · 続きを見る »

ジェームズ・ボワーバンク

ェームズ・スコット・ボワーバンク(James Scott Bowerbank FRS 、1797年7月14日 - 1877年3月8日)は、イギリスの博物学者、古生物学者である。.

新しい!!: 顕微鏡とジェームズ・ボワーバンク · 続きを見る »

スマートフォン

マートフォン(smartphone)は、先進的な携帯機器用OSを備えた携帯電話の一種。略称は「スマホ」。.

新しい!!: 顕微鏡とスマートフォン · 続きを見る »

スギナ

ナ(杉菜、学名:)は、シダ植物門トクサ綱トクサ目トクサ科トクサ属の植物の1種。日本に生育するトクサ類では最も小柄である。浅い地下に地下茎を伸ばしてよく繁茂する。生育には湿気の多い土壌が適しているが、畑地にも生え、難防除雑草である。その栄養茎をスギナ、胞子茎をツクシ(土筆)と呼び、ツクシの方は食用とされる。根が深いことから「地獄草」の別名を持つ。.

新しい!!: 顕微鏡とスギナ · 続きを見る »

スクレロメーター

レロメーター (sclerometer)、ないし、ターナー・スクレロメーター (Turner-sclerometer) は、材料科学者や、冶金学(金属工学)研究者が、材料のを計測するために使用する道具。名称は「硬い」を意味するσκληρός (スクレロス)に由来する。1896年にイギリスで最初に冶金学の教授となった、バーミンガム大学教授トマス・ターナー(1861年 - 1951年)によって発明された。 ターナー・スクレロメーターによる試験は、一定の荷重をかけたダイアモンドで表面を引っかいて痕をつくり、顕微鏡を用いてその痕の幅を計測するというものである。日本語では「引っかき試験機」などとも表現される。 ダイアモンドの針先を支える芯に、炭化タングステンを用いたものなどもある。 スクレロメーターの導入によって、モース硬度の間隔が均一ではないことが明らかにされた。.

新しい!!: 顕微鏡とスクレロメーター · 続きを見る »

スコープ (曖昧さ回避)

ープ (SCOPE, Scope, scope,範囲).

新しい!!: 顕微鏡とスコープ (曖昧さ回避) · 続きを見る »

スターライト・コーポレーション

ープテック スコープテックとは、東京都町田市成瀬が丘にある、天体望遠鏡、科学教材の企画・制作を手がける株式会社。天体望遠鏡メーカービクセンの望遠鏡に付属する「星空ガイドブック」天文情報誌「SO-TEN-KEN」の記事や図版の作成も行っている。日本国産の天体時計の販売も手がける。 自社開発した天体望遠鏡が、世界天文年2009日本委員会の主催した世界天文年セレクションで受賞している。.

新しい!!: 顕微鏡とスターライト・コーポレーション · 続きを見る »

ズイコー

イコー(Zuiko)は、オリンパスが展開する写真レンズのブランドである。.

新しい!!: 顕微鏡とズイコー · 続きを見る »

セレストロン

レストロン(英:Celestron, LLC. )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州トーランスに本社を構える、天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、および自社製品のアクセサリーを製造、輸入する会社である。.

新しい!!: 顕微鏡とセレストロン · 続きを見る »

センモウヒラムシ

ンモウヒラムシ (Trichoplax adhaerens) は、単純な風船あるいは煎餅に似た形の海産動物である。軟体性であり、直径は約0.5mm。巨大なアメーバのような見かけだが、多細胞であり、裏表の区別がある。板形動物門(または平板動物門、板状動物門 Placozoa)唯一の種(すなわち単型)として分類される。.

新しい!!: 顕微鏡とセンモウヒラムシ · 続きを見る »

セカンドソース

ンドソース (Second source) とはある会社が市場に供給している製品(オリジナル製品)に対し、他社が供給している同じ仕様の製品。半導体製品の分野で使用されることが多い。セカンドソースに対し、元々の製品はオリジナルやオリジナル製品、英語では"the first source"と呼ばれる。 狭義には、他社がオリジナル製品の製造会社と正規にセカンドソース製造契約を結んだ上で、設計情報の開示を受けて製造・販売する同一仕様の製品を指す。 広義には、需要者の視点でオリジナル製品と仕様が同じ他社製品全般を指す。この中には、オリジナル製品製造会社と契約を結ばず、無断で同一仕様の製品を製造・販売するものも含む。リバースエンジニアリングでマスクパターンを抽出して同一製品を作るものから、仕様を元に独自開発するものまで、さまざまな形態がある。 また「セカンドソース」はハードウェア的に直接置き換え可能な製品に対して使用される。 例えば、インテル製のCPUであるi80286に対しAMD製のAm80286は差し替えてもそのまま動作するため、セカンドソースと呼ばれる。一方、インテル製のPentium-IIIシリーズのCPUに対し、AMD製のAthlonシリーズのCPUは、命令セットなどに互換性があり同じソフトウェアを動作させることはできるが、パッケージ形状やピン配置が異なり直接置き換えることはないため、通常はセカンドソースと呼ばれない。 セカンドソースの例 Image:MC6809EP.jpg|オリジナルモトローラ MC6809EP Image:HD63C09EP.jpg|セカンドソース日立 HD63C09EP.

新しい!!: 顕微鏡とセカンドソース · 続きを見る »

セクストン・ブレイク

トン・ブレイク(Sexton Blake、ブレーク、セキストン・ブレーキの表記もある)は、イギリスのパルプ・マガジンおよびコミック・ストリップなどに登場する架空の探偵。別名「貧しきもののシャーロック・ホームズ」。 セクストン・ブレイクの物語は、1893年から1978年まで、英国を始めとする多くの国で英語およびその他の多くの言語で発表された。200人以上の作家によって4,000編以上の作品が書かれた。ブレイクものに取り組んだ作家のなかには、ジョン・クリーシー(John Creasey)、J・T・ストーリィ(Jack Trevor Story)、マイケル・ムアコックなども含まれる。 また、多くの無声映画、映画、ラジオドラマ、テレビドラマとなった。.

新しい!!: 顕微鏡とセクストン・ブレイク · 続きを見る »

ゼアーズ・プレンティ・オブ・ルーム・アット・ザ・ボトム

『ゼアーズ・プレンティ・オブ・ルーム・アット・ザ・ボトム』('''''There's Plenty of Room at the Bottom'''''.)は物理学者リチャード・ファインマンによる講演。1959年12月29日、カリフォルニア工科大学(カルテク)で開催されたアメリカ物理学会の年会において行われた。題目は「ナノスケール領域にはまだたくさんの興味深いことがある」と意訳されることがある。 この講演において、個々の原子を直接操作して化学合成を行うという画期的なアイディアが初めて提示された。当初この講演は注目を得られず、ナノテクノロジーという概念の形成に直接寄与することはなかった。しかし1990年代に再発見されてからは、ファインマンの威光もあってか、ナノテクノロジー研究の嚆矢として位置づけられるようになった。.

新しい!!: 顕微鏡とゼアーズ・プレンティ・オブ・ルーム・アット・ザ・ボトム · 続きを見る »

ソマチット

マチット(ソマチッドの表記もある)とはフランス系カナダ人のガストン・ネサン(1924年 - )が「ヒトの血液中に極微小な生命体が存在する」とした仮説のこと。もしくはその生命体のことを指す。生物学・医学的に存在を認められておらず、科学的研究の対象ではない。.

新しい!!: 顕微鏡とソマチット · 続きを見る »

タイムカプセル

パナソニックと毎日新聞が大阪万博の年に設置したタイムカプセルのモニュメント。現物はこの地下 タイムカプセル()とは、カプセル状の容器にその時代のものを入れて地中に埋め(そうしないものもある)、ある年月後に開けるものである。 日本で知られるものとしては、1970年の日本万国博覧会の年に、松下電器(現・パナソニック)と毎日新聞により企画、製作され大阪城公園に埋められたタイムカプセルがあるが(6970年開封予定)、学校においての卒業記念や、会社の創業○周年記念、建物竣工記念などでつくられることがある。.

新しい!!: 顕微鏡とタイムカプセル · 続きを見る »

よゐこ部

『よゐこ部』(よいこぶ)は、一部TBS系列局で放送された毎日放送(MBS)製作のバラエティ番組である。制作局の毎日放送では、2008年4月8日から2010年12月21日まで毎週火曜23:55 - 24:55 (JST) に放送。前身番組の『よゐこのワケアリ』から続くお笑いコンビ・よゐこの冠番組である。.

新しい!!: 顕微鏡とよゐこ部 · 続きを見る »

サハリアス・ヤンセン

ヤンセン サハリアス・ヤンセン(, 1580年頃 - 1638年頃)はオランダ(ネーデルラント連邦共和国)のミデルブルフの眼鏡職人で、1590年頃、父親のハンス・ヤンセン()とともに2枚のレンズを組合わせた顕微鏡の原型を発明したとされる人物の一人である。ただし、顕微鏡の発明が誰によってなされたかについては様々な議論がある。ヤンセン父子の顕微鏡は筒の両端にレンズがついただけのもので倍率は3から9倍であった。名前はZachariasとも綴る。 望遠鏡の発明についても、後にサハリアスの兄弟は、ハンス・リッペルスハイ(同じミデルブルフの職人で望遠鏡の発明者とされ、オランダ総督に特許を申請した)がハンス・ヤンセンの望遠鏡のアイデアを盗んだと証言している。逆に、ベックマン(ヤンセンの息子サカリアセンからレンズ研磨を習った)の日誌によると、サハリアスが望遠鏡を作ったのは1604年で、あるイタリア人の所有する1590年と書かれた望遠鏡を真似て作ったのだという。.

新しい!!: 顕微鏡とサハリアス・ヤンセン · 続きを見る »

サッカロミケス属

ッカロミケス属(Saccharomyces)は、菌類の一種であり、酵母の多くの種類を含む。「サッカロミケス」とは、ギリシア語の「σάκχαρ(砂糖)」と「μύκης(きのこ)」の合成語である。この属の多くの種が食品製造で非常に重要だと考えられている。例えば、出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeはワイン、パン、ビール等を製造するのに不可欠である。またSaccharomyces bayanusはワインを、Saccharomyces boulardiiは医薬品を作るのに用いられる。.

新しい!!: 顕微鏡とサッカロミケス属 · 続きを見る »

サイバトロン

イバトロン(Cybertron)は、『トランスフォーマー』シリーズに登場する架空の組織。 英語版ではほとんどの作品で「オートボッツ(Autobots)」と呼ぶ。日本語版ではほとんどの作品で「サイバトロン」に統一されていたが、2007年の実写映画版公開以降は日本でも英語版に準拠した「オートボット」と呼ばれるようになった。日本版ではAutobotsの単数形である「オートボット(Autobot)」が、どのサブグループにも属さないサイバトロン戦士の意で用いられることがある。.

新しい!!: 顕微鏡とサイバトロン · 続きを見る »

冷却CCDカメラ

冷却CCDカメラ(れいきゃくシーシーディーカメラ)は、CCDイメージセンサを低温で動作させ、高感度・低ノイズの画像を得ることを目的にしたデジタルカメラの一種である。.

新しい!!: 顕微鏡と冷却CCDカメラ · 続きを見る »

円柱

円柱.

新しい!!: 顕微鏡と円柱 · 続きを見る »

内臓逆位

内臓逆位(ないぞうぎゃくい、Situs inversus)は、内臓の配置が、鏡に映したようにすべて左右反対になる症状をいう。 内臓がすべて左右逆に配置されているだけであれば機能的には問題ない。ほとんどの医師が逆位の患者の診療経験を持たないため、病気や事故などによる診療や手術などで、判断が困難となる場合もある。心臓など、非対称である臓器が左右対称になる症状は、内臓錯位(Situs ambiguus、ヘテロタキシー heterotaxy ともいう)として区別される。内臓錯位では、心機能不全など重篤な症状が現れることが多い。所謂「右心臓」も、この一種。.

新しい!!: 顕微鏡と内臓逆位 · 続きを見る »

写真

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、.

新しい!!: 顕微鏡と写真 · 続きを見る »

免疫染色

免疫染色(Immunostaining)とは抗体を用いて、組織標本中の抗原を検出する組織学(組織化学)的手法のこと。正確には免疫組織化学(Immunohistochemistry; IHC)と言い、「染色」とは異なるが、本来不可視である抗原抗体反応(免疫反応)を可視化するために発色操作を行うことから、俗に「免疫染色」とか「抗体染色」と呼ばれることも多く、医療従事者・医学研究者・生命科学研究者の「業界用語」的な呼び方では、しばしば免染と略される。なお、保険診療に用いる場合、診療報酬上は「免疫抗体法」とされている。 抗体の特異性を利用して組織を“染め”わけ、抗原の存在および局在を顕微鏡下で観察できるので、特定遺伝子の発現確認や、各種のいわゆる「マーカータンパク質」を用いることで病理組織の診断にもよく使われている。また電気泳動したタンパク質分子を特殊な膜に転移させ、その膜を特定タンパク質に対する抗体で免疫染色する方法がウェスタンブロッティングである。"染色"には抗体に色素や蛍光色素を結合させる方法の他、金コロイドを用いたり、酵素抗体法を用いたりする。直接法と間接法があり間接法の方が一般に検出感度が高い。 この方法は基本的には抗原抗体反応(免疫反応)と可視化の2つのプロセスよりなっている。具体的には、組織標本中の抗原(または抗体)に対して抗体(または抗原)を含む液を一定時間反応させることによって抗原と抗体を結合させて免疫複合体を形成させる。その際、反応させる抗体などに前もって可視化できるように細工をしておく必要がある。.

新しい!!: 顕微鏡と免疫染色 · 続きを見る »

全反射照明蛍光顕微鏡

全反射照明蛍光顕微鏡、TIRF(Total Internal Reflection Fluorescence)顕微鏡、エバネッセント場顕微鏡とは、カバーガラスなどの全反射面の裏側にトンネル効果によりしみだすエバネッセント光を励起光源とした顕微鏡である。 拡散しない光源が必要なため、通常レーザー光源が用いられる(オリンパス社には楔形プリズムを使用した、アーク光源のシステムも存在する)。.

新しい!!: 顕微鏡と全反射照明蛍光顕微鏡 · 続きを見る »

八丈小島のマレー糸状虫症

八丈小島のマレー糸状虫症(はちじょうこじまのマレーしじょうちゅうしょう)とは、伊豆諸島南部の八丈小島(東京都八丈町)にかつて存在したリンパ系フィラリア症を原因とする風土病である。 この風土病は古くより八丈小島および隣接する八丈島では「バク」と呼ばれ「バク」の語源については渉猟した資料、文献中に記載などがなく不明である。、島民たちの間で恐れられていた。 本疾患の原因はフィラリアの一種であるマレー糸状虫 Brugia malayi ICD-10 (B74.1) 2017年9月27日閲覧によるものであり、八丈小島は日本国内で唯一のマレー糸状虫症の流行地であった多田・大友(2002)、p.153。 フィラリアはイヌの心臓などに寄生する犬糸状虫 Dirofilaria immitisから、イヌの病気としても知られている。だが、かつての日本国内ではヒトが発症するフィラリア症(以下、本記事で記述するフィラリア症はヒトに発症するものの意として扱う)のひとつバンクロフト糸状虫 Wuchereria bancrofti、ICD-10 (B74.0) による流行地が、北は青森県から南は沖縄県に至る広範囲に散在していた。特に九州南部から奄美・沖縄へかけての南西諸島一帯は、世界有数のフィラリア症流行地として世界の医学界で知られていた佐々(1982)、pp.10-11。しかし、1977年(昭和52年)に沖縄県の宮古諸島および八重山諸島で治療が行われた患者を最後に、ヒトに感染するフィラリア症の日本国内での発生事例は確認されなくなった。そして1988年(昭和63年)の沖縄県宮古保健所における根絶宣言により、日本は世界で初めてフィラリア症を根絶した国となった エーザイ株式会社 2017年10月9日閲覧。 日本におけるフィラリア症の防圧防圧とは寄生虫疾患の流行制圧の意味として使用されることのある言葉。実例を挙げると、フィラリア防圧記念事業期成会「フィラリア防圧・沖縄方式: 宮古方式 フィラリラ防圧の三原則」、平成12年に外務省が作成した4ページ目の(*5)文中記載参照。などがある。・克服へ向けた本格的な研究は、1948年(昭和23年)から始まった東京大学付属伝染病研究所(現東京大学医科学研究所)の佐々学による八丈小島でのフィールドワークと、それに続く同島での駆虫薬スパトニンを用いた臨床試験が端緒である。この八丈小島で得られた一連の治験本記事での『治験』の表記は「治療の臨床試験」の略として扱っており、医薬品医療機器等法上の『治験』の定義とは異なる臨床研究も含まれる。データや経験は、後に続く愛媛県佐田岬半島、長崎、鹿児島、奄美、沖縄各所での集団治療を経て、最終的に日本国内でのフィラリア症根絶へ向かう契機となる日本の公衆衛生史上重要な意義を持つものであった。 ヒトに寄生して発症するフィラリア症はフィラリア虫の種類ごと世界各地に8種あるといわれ佐々(1978)、p.15、そのうち日本国内のフィラリア症はバンクロフト糸状虫によるものがほとんどであった。だが、不思議なことに八丈小島のフィラリア症はバンクロフト糸状虫ではなく、東南アジアを中心とする地域で流行するマレー糸状虫によるものであり、これは日本国内では唯一の流行地であった。 この記事では、かつて八丈小島でバクと呼ばれ恐れられていたマレー糸状虫症と、その防圧の経緯について解説する。.

新しい!!: 顕微鏡と八丈小島のマレー糸状虫症 · 続きを見る »

八洲光学工業

八洲光学工業株式会社(やしまこうがくこうぎょう、Yashima Optical Co.,ltd )は、東京都中野区に所在する老舗顕微鏡メーカーである。現在本社は東京都中野区中央5-10-6に所在している。.

新しい!!: 顕微鏡と八洲光学工業 · 続きを見る »

公衆衛生

公衆衛生(こうしゅうえいせい、public health)は、集団の健康の分析に基づく地域全体の健康への脅威を扱う。健康は多くの機関により、さまざまに定義されている。疾病の実態調査の標準を設定・提供する国際連合の機関である世界保健機関は、健康を「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない」と定義している。.

新しい!!: 顕微鏡と公衆衛生 · 続きを見る »

共焦点レーザー顕微鏡

共焦点レーザー顕微鏡(きょうしょうてんレーザーけんびきょう)とは、高解像度のイメージと三次元情報の再構築が可能な顕微鏡の一種。共焦点顕微鏡(Confocal microscopy)の主な特徴は、焦点距離がばらばらになるような厚い試料であってもボケのない像を得られることである。イメージは微小なポイント毎に撮られ、それをコンピュータで再構成して全体の画像が得られる。共焦点顕微鏡の原理自体はマービン・ミンスキーによって1953年に開発されたものであったが、理想に近い光源としてレーザーが一般化し共焦点「レーザー」顕微鏡となることで1980年代にようやく普及するようになった。通常のポイントスキャン型の他に、ニポウディスクを利用してスキャンする方式がある。 共焦点レーザー走査型顕微鏡 (Confocal laser scanning microscopy) とも呼ばれ、CLSM あるいは LSCM と略記される。.

新しい!!: 顕微鏡と共焦点レーザー顕微鏡 · 続きを見る »

共進化

共進化(Co-evolution)とは、一つの生物学的要因の変化が引き金となって別のそれに関連する生物学的要因が変化することと定義されている。古典的な例は2種の生物が互いに依存して進化する相利共生だが、種間だけでなく種内、個体内でも共進化は起きる。.

新しい!!: 顕微鏡と共進化 · 続きを見る »

先行研究

先行研究(せんこうけんきゅう)は、学術論文の執筆において、当該領域で、自分の研究よりも先んじて発表された研究を指す。学術論文では、先行研究を自分の研究の参考にし、その結果とそこから生じた判断をふまえた上で、それに独自の見解を接木し、あるいはそれを批判して、自己の学説として発表することが求められる。.

新しい!!: 顕微鏡と先行研究 · 続きを見る »

光学顕微鏡

'''研究・実習用光学顕微鏡の例''' 1:接眼レンズ、2:レボルバ、3:対物レンズ、4:粗動ハンドル、5:微動ハンドル、6:ステージ、7:鏡、8:コンデンサ、9:プレパラート微動装置 '''1900年代初頭に用いられていた顕微鏡の模式図''' 1:接眼レンズ、2:レボルバ、3:対物レンズ、4:粗動ハンドル、5:微動ハンドル、6:ステージ、7:鏡、8:絞り 双眼実体顕微鏡(ズーム機構・写真撮影対応鏡筒つき) '''双眼顕微鏡の光学系'''A:対物レンズ、B:ガリレオ望遠鏡接眼側に凹レンズを用いて正立像を得る光学系、C:調整ハンドル、D:内部対物レンズ、E:プリズム、F:リレーレンズ、G:網線、H:接眼レンズ 光学顕微鏡(こうがくけんびきょう)は、可視光線および近傍の波長域の光を利用する、顕微鏡の一種。単に顕微鏡と言う場合、これを指す。.

新しい!!: 顕微鏡と光学顕微鏡 · 続きを見る »

光学機器

光学機器(こうがくきき、、)とは、光の作用や性質を利用した機器の総称である。レンズやミラー、プリズムなどで構成され、光の直進や屈折、反射、干渉などを利用する器械で、視覚に絡んだものや計測機器のようなものが多い。.

新しい!!: 顕微鏡と光学機器 · 続きを見る »

光音響効果顕微鏡

光音響効果顕微鏡(ひかりおんきょうこうかけんびきょう Photoacoustic effect Microscope: PAM)は光音響効果を利用する顕微鏡。.

新しい!!: 顕微鏡と光音響効果顕微鏡 · 続きを見る »

光電子顕微鏡

光電子顕微鏡(こうでんしけんびきょう Photoemission Electron microscopy: PEEM)は放射光を利用した顕微鏡。.

新しい!!: 顕微鏡と光電子顕微鏡 · 続きを見る »

前川虚舟

前川 虚舟(まえかわ きょしゅう、男性、生卒年不詳)は、江戸時代後期の日本の篆刻家である。 名は利渉、虚舟は字。号は石鼓館。通称一右衛門または清三郎。浪華の人。生卒年不詳であるが享保末年(1735年)頃に生誕し66歳まで生存が確認されている。.

新しい!!: 顕微鏡と前川虚舟 · 続きを見る »

前成説

Nicolaas Hartsoekerが唱えた精子の姿。中にホムンクルスが入っている。精虫論における前成説的主張の典型である。 前成説(ぜんせいせつ)とは、生物、特に動物の発生に関する古い仮説であり、卵などの内部に生まれてくる子の構造が既に存在しているという考え方のことである。古くは支配的であったが、18世紀にほぼ否定された。しかしより広い見方からは現在においても一定の重要性が認められる。.

新しい!!: 顕微鏡と前成説 · 続きを見る »

創造性の育成塾

創造性の育成塾とは、「創造性豊かな中学生の育成」を目的とした、日本全国の中学2年生を対象に毎年行われる夏季合宿である。.

新しい!!: 顕微鏡と創造性の育成塾 · 続きを見る »

動物学

動物学(どうぶつがく、英語:zoology)は動物を対象とする学問。 自然史学の一部門に由来し、現在では生物学の一分野とされる。古典的には物質を鉱物・植物・動物にわけることが一般的だったため、博物学も鉱物学、植物学、動物学にわけられていた。 動物学の始まりは古代ギリシアにあると見ることも出来るとされる。発生学、生理学、生態学、動物行動学、形態学などの視点から研究が行われてきた。 近年では生物の分類が様変わりし、研究分野が細分化されたため、動物学の内容が多様化し、この語が用いられる頻度は低くなった。対象とする分類群によって哺乳類学、昆虫学、魚類学などと分けられることもある。動物の古生物を対象とする場合は古動物学と呼ぶ。.

新しい!!: 顕微鏡と動物学 · 続きを見る »

動物病院

動物病院(どうぶつびょういん)とは、獣医療法第2条第2項に定める、獣医師が飼育動物の診療の業務を行う施設の通称である。ここでは、飼育動物のうち産業動物を除いた、小動物(いわゆるペット)を対象とする診療施設について述べる。 アニマルメディカルセンターや犬猫病院などとも呼ばれる。数名から数十名の獣医師の他、動物看護師などで成り立つ。犬猫病院などと呼ばれることもあり、実際に病院名として使っている獣医師も多い。 なお獣医師であれば犬猫以外の動物の知識も持ち合わせており、犬猫病院という名称であっても、他の動物の診察を行う場合も多い。.

新しい!!: 顕微鏡と動物病院 · 続きを見る »

国立国際医療研究センター

国立研究開発法人国立国際医療研究センター(こくりつこくさいいりょうけんきゅうセンター、National Center for Global Health and Medicine, NCGM)は、日本の厚生労働省所管の国立研究開発法人で、国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)である。 2010年4月1日、「高度専門医療に関する研究等を行う独立行政法人に関する法律」に基づき、厚生労働省所管の施設等機関であった国立国際医療センター(International Medical Center of Japan, IMCJ)が組織移行する形で発足した。附属施設として国立看護大学校がある。.

新しい!!: 顕微鏡と国立国際医療研究センター · 続きを見る »

個体

'''個体と群体''' 群体ボヤ ''Symplegma rubra''の例 ホヤはヒトと同じ脊索動物門に属する動物である。入水口を一つずつ備える各個体は心臓と血管系をもつ。しかしながら、血管系は互いに接続されており、協調して動作する。 個体(こたい)とは、個々の生物体をさす言葉である。生物体の単位と見なされるが、その定義や内容は判断の難しい部分が多い。.

新しい!!: 顕微鏡と個体 · 続きを見る »

Black bullet

black bullet」(ブラック・ブレット)は、fripSideの楽曲。八木沼悟志が作詞・作曲を手掛けた。fripSideの通算9枚目第2期としては8作目。のシングルとして、2014年5月14日にNBCユニバーサルから発売された。.

新しい!!: 顕微鏡とBlack bullet · 続きを見る »

石川県立自然史資料館

石川県立自然史資料館(いしかわけんりつ しぜんししりょうかん)とは、石川県金沢市にある自然博物館、及び文化施設である。.

新しい!!: 顕微鏡と石川県立自然史資料館 · 続きを見る »

球菌

球菌の顕微鏡像(黄色ブドウ球菌) 球菌(きゅうきん)とは、個々の細胞の形状が球形を示す原核生物(真正細菌および古細菌)のこと。桿菌、らせん菌と併せて、原核生物を形態によって分類するときに用いられる用語である。 ラテン語の「coccus(複数形はcocci)」は「(穀物などの)粒」あるいは「木の実」を表すギリシャ語「κόκκος」に由来している。.

新しい!!: 顕微鏡と球菌 · 続きを見る »

磁気力顕微鏡

磁気力顕微鏡(じきりょくけんびきょう、Magnetic Force Microscopy;MFM)とは、磁気双極子相互作用を利用する走査型プローブ顕微鏡の一種であり、表面の微小磁区を測定する事ができる顕微鏡である。.

新しい!!: 顕微鏡と磁気力顕微鏡 · 続きを見る »

磁気共鳴力顕微鏡

磁気共鳴力顕微鏡(じききょうめいりょくけんびきょう Magnetic resonance force microscopy:MRFM)とは高周波を試料に印加して核磁気共鳴信号を検出して画像を得る顕微鏡。.

新しい!!: 顕微鏡と磁気共鳴力顕微鏡 · 続きを見る »

神経病理学

経病理学(しんけいびょうりがく、Neuropathology)とは神経学の分野における病理学である。具体的には中枢神経(脳、脊髄)、末梢神経、筋肉などの材料を顕微鏡で観察し、病理診断や病気の原因や発生機序を研究する学問である。.

新しい!!: 顕微鏡と神経病理学 · 続きを見る »

神経断裂

経断裂(しんけいだんれつ、英:division of the nerve、独:Neurotmesis)は、外傷などによって神経の連続性が断たれた状態である。.

新しい!!: 顕微鏡と神経断裂 · 続きを見る »

福島孝徳

福島 孝徳(ふくしま たかのり、1942年10月15日 - )は、アメリカ合衆国在住の日本人医師。脳腫瘍に対する「鍵穴手術」の考案者として知られる。カロライナ脳神経研究所、デューク大学、ウェストバージニア大学、カロリンスカ研究所、マルセイユ大学、フランクフルト大学教授を兼任。.

新しい!!: 顕微鏡と福島孝徳 · 続きを見る »

科学と学習

科学・学習(かがく・がくしゅう)は、かつて学研教育出版(学研グループ)から刊行されていた小学生向け学習雑誌の総称。一般に「科学と学習」もしくは「学習と科学」と称される。 雑誌の名称としては「科学と学習」というものは存在せず、実際の名称は『○年の科学』と『○年の学習』とし、それぞれ1年〜6年の各学年向けに発行されていた。また、教材付録がついており、学習・実験などが行える様になっていた。 学習の中高生版として中一コース~高三コース(高三コースはのちに大学受験Vコースに改題)も存在した。 なお、ここでは関連商品だった問題集、『毎日の学習』および『トップラーン』についても述べている。.

新しい!!: 顕微鏡と科学と学習 · 続きを見る »

科学実験の年表

科学実験の年表 (かがくじっけんのねんぴょう) は、有名な科学実験を時代順に配列した年表である。.

新しい!!: 顕微鏡と科学実験の年表 · 続きを見る »

科学写真

科学写真(かがくしゃしん)とは、自然科学の対象となるようなものを撮影した写真(自然写真(ネイチャーフォト)を含む)、又は、通常のカメラやその周辺機材だけでなく、それ以外の科学技術・機器を用いて撮影された写真のことをいう。自然科学写真と呼ばれることもある。 前者の例としては、昆虫、魚類、鳥類、哺乳類、植物などの生物、火山、地層、雲、昼間の空、星空などを撮影した写真が、後者の例としては、超高速度撮影による写真(高速度写真)、人工衛星から撮影された写真(衛星写真)、望遠鏡や顕微鏡による写真、航空写真・空中写真、X線写真・レントゲン写真・紫外線写真・赤外線写真などが挙げられる。天体写真は、両方の意味で、科学写真に該当する。医学写真と呼ばれるもの(患者や患部の写真)も含まれる。 科学写真は、科学技術や機材の発展とともに展開・拡大するという受身の位置にいつつ、逆に、科学写真の作品が科学の発展や普及を促すという能動的な働きも持ち合わせている。.

新しい!!: 顕微鏡と科学写真 · 続きを見る »

窮理図解

『窮理図解』(きゅうりずかい)は、福澤諭吉の著書のひとつ。正式名称は、『訓蒙 窮理圖解』(きんもう きゅうりずかい)。1868年(明治元年)の初秋に、慶應義塾から和装の3巻本として出版された。1861年から1867年にかけてイギリスとアメリカで出版された物理書、博物書、地理書を参考にして、日常の身近な自然現象を平易に図解した書物である。日本で最初の科学入門書とされる。 訓蒙とは子供や初心者に教え諭すという意味であり、窮理学とは、当時の言葉で広義の物理学のことをさす。1872年(明治5年)に発布され施行された学制から、「窮理」という言葉が使われなくなり、代わりに「物理」という言葉が使用されるようになった。さらに、本書は小学校の教科書として使用されるようにもなった。.

新しい!!: 顕微鏡と窮理図解 · 続きを見る »

精索静脈瘤

精巣より上の陰嚢部分がミミズ腫れの状態になる 静脈弁である。血液の逆流を防ぐ。精索静脈瘤ではこの弁が壊れる。 画像を見ても分かるように、右精索静脈は直接下大静脈に繋がっているが、左精索静脈は腎静脈を経て下大静脈に繋がっている。これが精索静脈瘤に深く関与している。 下大静脈は心臓に戻る血管で、直径が約3.5cmあり人間の血管の中では一番太い。 精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう、英語 Varicocele)は、睾丸上部に流れる静脈の異常肥大のことを言う。精子異常、精巣萎縮につながる。.

新しい!!: 顕微鏡と精索静脈瘤 · 続きを見る »

細胞小器官

細胞小器官(さいぼうしょうきかん、)とは、細胞の内部で特に分化した形態や機能を持つ構造の総称である。細胞内器官、あるいはラテン語名であるオルガネラとも呼ばれる。細胞小器官が高度に発達していることが、真核細胞を原核細胞から区別している特徴の一つである。 細胞小器官の呼称は、顕微鏡技術の発達に従い、それぞれの器官の同定が進むとともに産まれた概念である。したがってどこまでを細胞小器官に含めるかについては同定した経過によって下記のように混乱が見られる。細胞小器官を除いた細胞質基質についても、新たな構造や機能が認められ、細胞小器官を分類して論じることは今日ではあまり重要な意味をなさなくなってきつつある。 第一には、最も早い時期に同定された核、小胞体、ゴルジ体、エンドソーム、リソソーム、ミトコンドリア、葉緑体、ペルオキシソーム等の生体膜で囲まれた構造体だけを細胞小器官と呼ぶ立場があり、またこれらはどの場合でも細胞小器官に含められている。これらを膜系細胞小器官と呼ぶ場合もある。膜系細胞小器官が内を区画することにより、色々な化学環境下での生反応を並行することを可能にしている。また膜の内外で様々な物資の濃度差を作ることができ、このことを利用してエネルギー生産(電子伝達系)や、物質の貯蔵などを行っている。さらに小胞体、ゴルジ体、エンドソーム、リソソームは、小胞を介して細胞膜と連絡しあっており、このEndomembrane systemと呼ばれるネットワークを通じて物質の取込み(エンドサイトーシス)や放出(分泌)を行うことで、他の細胞や細胞外とのコミュニケーションを達成している。 なおこれらのうちミトコンドリアは、独自の遺伝構造を持つことから、生物進化の過程や種の拡散において注目される場合があり、例えばヒトではミトコンドリア・イブのような共通祖先も想定される。ミトコンドリアに関しては、元来別の細胞が細胞内共生したものに由来するとの説(細胞内共生説)が有力視されている。葉緑体に関しても共生に由来するのではないかという見方もあるが、その起源は依然不明である。 第二には、細胞骨格や、中心小体、鞭毛、繊毛といった非膜系のタンパク質の超複合体からなる構造体までを細胞小器官に含める場合もある。 さらには、核小体、リボソームまで細胞小器官と呼んでいる例も見いだされる。.

新しい!!: 顕微鏡と細胞小器官 · 続きを見る »

細胞説

細胞説(さいぼうせつ)とは、あらゆる生物は細胞から成り立っているとする学説。さらに細胞が生物の構造および機能的な単位であり、生命を持つ最小単位であるとする現在の認識の基礎となった。ある意味で細胞説は近代的な生物学の始まりである。「すべての生物の構造的、機能的基本単位は細胞である.

新しい!!: 顕微鏡と細胞説 · 続きを見る »

細胞接着

細胞接着(さいぼうせっちゃく、英: cell adhesion、cell attachment)は、細胞同士が付着、あるいは細胞が細胞外マトリックスに付着していることをさす。血液細胞のような浮遊性の細胞を除くと、多細胞生物では、個々の細胞は独立して存在することはない。すべての細胞は細胞接着し、特定の組織・器官の構造と機能を形成・維持し、コミュニケートし、感応し、修復し、個体の生存をつかさどっているのである。 なお、同じような用語に「細胞結合」(cell junction)がある。「細胞結合」と「細胞接着」の用語の上下関係は、専門家でも曖昧だが、1つの考え方は、同格の用語で、「細胞結合」は形態的な細胞の構造に重点を置き(細胞組織学の用語)、細胞接着は結合(接着)するプロセスや仕組みに重点をおいた(細胞生理生化学の用語)というものだ。.

新しい!!: 顕微鏡と細胞接着 · 続きを見る »

細胞接着分子

細胞接着分子(さいぼうせっちゃくぶんし、英: cell adhesion molecules、略称:CAMs)は、細胞接着を担う分子の総称である。多細胞生物の実験動物でもあるマウス・ラット、ニワトリ、ショウジョウバエ、線虫、ゼブラフィッシュなどと、培養細胞やヒトを中心に研究され、発見された。分子の実体は、主にその生物が合成するタンパク質(高分子)で、ファミリーやアイソフォームを含めると数百種類に及ぶタンパク質性の細胞接着分子が発見されている。細胞接着分子のミメティックス(模造品)の有機合成化合物や組み換えDNA産物は、考え方にもよるが、人工的な細胞接着分子とみなす人が多い。、非生物の合成高分子などにも細胞接着をする物質がある。 生物が合成する低分子有機化合物、有機合成化合物、無機化合物にも細胞に接着する分子はあるが、一般的には、これらは細胞接着分子の範疇に入れない。 細胞は、細胞接着部位で細胞表面に細胞接着装置を作る。細胞接着装置は、1.細胞外タンパク質、2.細胞膜タンパク質、3.細胞膜裏打ちタンパク質(細胞質内に接着装置を支える)、4.細胞内シグナル伝達タンパク質(含・アダプタータンパク質)、5.細胞骨格、の5大分子群で構築されている。考えようによっては、これら全部が「細胞接着分子」だが、通常は、「1と2」を細胞接着分子とし、「3、4、5」は細胞接着分子の範疇に入れない。ここでもその定義に従った。 細胞接着分子は、ファミリーやアイソフォームを含めると数百種類におよぶため、ここでは、ファミリーやアイソフォームは代表分子を示した。.

新しい!!: 顕微鏡と細胞接着分子 · 続きを見る »

細胞検査士

細胞検査士(さいぼうけんさし、cytotechnologist )とは、細胞病理検査(:en:cytopathology)を専門業務とする病理検査室の臨床検査技師のことである。 細胞病理検査は一般には細胞診と略称されている。癌の早期発見や早期診断を目的に、人体の細胞の一部を採取し形態学的基準に基づき、癌細胞だけでなく癌細胞と紛らわしい異型細胞や前癌病変に相当する異形成細胞の存在を顕微鏡で観察して発見することが主な検査実務である。実際には細胞検査材料の採取の介助、適切な細胞処理の選択、検査に必要な染色法の選択、検査結果の精度管理、標本の管理と保存など一連の検査実務を担当している。.

新しい!!: 顕微鏡と細胞検査士 · 続きを見る »

細胞毒性

細胞毒性(さいぼうどくせい、cytotoxicity)とは、細胞に対して死、もしくは機能障害や増殖阻害の影響を与える、物質や物理作用などの性質をいう。細胞傷害性ともいう。ただし「細胞毒性」は外来物質による傷害の意味に用いることが多く、一方免疫系、補体系やサイトカインによる作用(細胞傷害性 の項参照)に関しては普通「細胞傷害性」の語を使う(英語ではいずれも同じCytotoxicity)。細胞毒性の要因としては、細胞を形作る物質・構造の破壊、細胞の生存に必須な活動(呼吸、基本的代謝、DNA複製、転写、翻訳等)の阻害、細胞周期や細胞内シグナル伝達への影響など、様々なものが考えられる。.

新しい!!: 顕微鏡と細胞毒性 · 続きを見る »

編布

編布(あんぎん)とは、縄文時代から続く編み物の技法により作られた布・衣服。命名者は伊東信雄(縄文期の布に対する呼称としての命名)。.

新しい!!: 顕微鏡と編布 · 続きを見る »

縞状鉄鉱床

21億年前の縞状鉄鉱床から採掘された鉄鉱石、幅3m高さ2m 縞状鉄鉱床(しまじょうてっこうしょう、Banded Iron Formation、BIF)あるいは縞状鉄鉱鉱床(しまじょうてっこうこうしょう)『学術用語集 地学編』(文部省編、1984年、ISBN 4-8181-8401-2、)の表記は「しま状鉄鉱鉱床」。は、写真のように縞模様が特徴的な鉄鉱石の鉱床である。一般に非常に大規模な鉱床を形成しており、現在工業的に使われる鉄鉱石の大半がこの縞状鉄鉱床から採掘されている。縞状鉄鉱層とも呼ばれる。.

新しい!!: 顕微鏡と縞状鉄鉱床 · 続きを見る »

真菌学

真菌学(しんきんがく、英語:mycology)とは真菌についての学問のことである。菌学、菌類学とも呼ばれる。どちらかといえば医学の分野で真菌学を、生物学の分野では菌類学を用いる。.

新しい!!: 顕微鏡と真菌学 · 続きを見る »

真正細菌

真正細菌(しんせいさいきん、bacterium、複数形 bacteria バクテリア)あるいは単に細菌(さいきん)とは、分類学上のドメインの一つ、あるいはそこに含まれる生物のことである。sn-グリセロール3-リン酸の脂肪酸エステルより構成される細胞膜を持つ原核生物と定義される。古細菌ドメイン、真核生物ドメインとともに、全生物界を三分する。 真核生物と比較した場合、構造は非常に単純である。しかしながら、はるかに多様な代謝系や栄養要求性を示し、生息環境も生物圏と考えられる全ての環境に広がっている。その生物量は膨大である。腸内細菌や発酵細菌、あるいは病原細菌として人との関わりも深い。語源はギリシャ語の「小さな杖」(βακτήριον)に由来している。.

新しい!!: 顕微鏡と真正細菌 · 続きを見る »

眼外傷

外傷(がんがいしょう、英:ocular injuries、独:Verletzungen des Auges)は、眼球自体、もしくは眼瞼、涙器などの付属器が外力により損傷を受けた状態であり、性質上、機械的外傷と非機械的外傷に2分される。.

新しい!!: 顕微鏡と眼外傷 · 続きを見る »

結合組織

結合組織(けつごうそしき、connective tissue)は、伝統的な分類における組織の4種のうちの1種(他に上皮組織、筋組織、神経組織がある)。詳細に定義された分類ではなく、むしろ他組織に当てはまらない組織を集合させたことによる大きなカテゴリである。ただし、結合組織に分類される全て(あるいはほとんど)の組織は以下のような類似点を持っている。.

新しい!!: 顕微鏡と結合組織 · 続きを見る »

結節性多発動脈炎

結節性多発動脈炎(けっせつせいたはつどうみゃくえん、Polyarteritis nodosa; PNまたはPAN)は全身性の炎症性疾患である。血管炎の一つであるが、中でも最も古くから知られており代表的な疾患である。.

新しい!!: 顕微鏡と結節性多発動脈炎 · 続きを見る »

結晶学

結晶学(けっしょうがく、英語:crystallography)は結晶の幾何学的な特徴や、光学的な性質、物理的な性質、化学的性質等を研究する学問である。今日では結晶学の物理的側面は固体物理学、化学的側面は結晶化学で扱われる。.

新しい!!: 顕微鏡と結晶学 · 続きを見る »

絶対無敵ライジンオー

『絶対無敵ライジンオー』(ぜったいむてきライジンオー)は、1991年4月3日から1992年3月25日までテレビ東京系で毎週水曜日18:00 - 18:30に全51話が放送された、サンライズ製作のロボットアニメ。勇者シリーズと共に1990年代を代表するロボットアニメシリーズ『エルドランシリーズ』(エルドラン三部作)の第1作。.

新しい!!: 顕微鏡と絶対無敵ライジンオー · 続きを見る »

組織 (生物学)

生物学における組織(そしき、ドイツ語: Gewebe、フランス語: tissu、英語:tissue)とは、何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のことで、全体としてひとつのまとまった役割をもつ。生体内の各器官(臓器)は、何種類かの組織が決まったパターンで集まって構成されている。.

新しい!!: 顕微鏡と組織 (生物学) · 続きを見る »

組織学

組織学(Histology、ギリシア語で「組織」を意味するἱστός histosと、「科学」を意味する-λογία ''-logia''の複合語)は、植物・動物の細胞・組織を観察する顕微解剖学。解剖学から発展し、生物学や医学の重要な方法論の一つである。細胞学が細胞の内部を主な対象とするのに対し、組織学では細胞間に見られる構造・機能的な関連性に注目する。 組織学で最も基礎的な手技は、固定や染色といった手法を用いて用意した標本の顕微鏡観察である。組織学研究は組織培養を活用することも多い。組織培養とは、ヒトや動物から採取された、生きた細胞を単離し、様々な研究目的に、人工環境で培養することを指す。組織染色は、標本の観察や、微細構造の見分けを容易にするために、しばしば行われる。 組織学は発生生物学の基本技術である他、病理学でも病理組織の検査に用いられる。がんなどの病気の診断を付ける上で、検体の病理的検査が日常的に使われるようになってからは、病態組織を顕微鏡的に観察するが、の重要なツールとなった。海外では、経験を持った内科医(多くは資格を持った病理医である)が、組織病理の検査を自ら行い、それに基づいた診断を下す。一方で日本では、病理専門医が検査と診断を行うことが多いが、各地でこの病理医不足が叫ばれている。 海外では、検査のための組織標本を作成する専門職を、「組織学技術者」(histotechnicians, histology technicians (HT), histology technologists (HTL))「医療科学者」(medical scientists)、(Medical Laboratory Assistant, Medical laboratory technician)、(Biomedical scientist)などと呼ぶ(以上は全て訳者訳)。彼らの研究領域は histotechnology(訳:組織科学)と呼ばれる。.

新しい!!: 顕微鏡と組織学 · 続きを見る »

組織球性壊死性リンパ節炎

組織球性壊死性リンパ節炎(そしききゅうせい・えしせい・リンパせつえん)とは、リンパ節の腫脹・疼痛を伴う良性疾患。亜急性壊死性リンパ節炎、菊池病とも呼ばれ報告者の菊池昌弘に由来する菊池昌弘、 日本内科学会雑誌 91 巻 (2002) 7 号 p. 2057-2058, 。.

新しい!!: 顕微鏡と組織球性壊死性リンパ節炎 · 続きを見る »

病原体

病原体(びょうげんたい)とは、病気を引き起こす微生物などを指す。ウイルスのようなものも含む。病原体によって起こされる病気のことを感染症という。.

新しい!!: 顕微鏡と病原体 · 続きを見る »

病因学

病因学(びょういんがく)とは、医学で疾病の原因を研究する領域のこと。特に医学史でよく用いられる名称である。英語ではEtiology(Aetiology)といい、原義は「原因論」である。.

新しい!!: 顕微鏡と病因学 · 続きを見る »

病理学

病理学(びょうりがく、pathology)とは、病気の原因、発生機序の解明や病気の診断を確定するのを目的とする、医学の一分野である。 細胞、組織、臓器の標本を、肉眼や顕微鏡などを用いて検査し、それらが病気に侵されたときにどういった変化を示すかについて研究する学問である。 歯科分野においては、口腔病理学という分野で存在し、歯学部に設置されている。.

新しい!!: 顕微鏡と病理学 · 続きを見る »

病理診断

病理診断(びょうりしんだん、pathology diagnosis、diagnostic pathology)とは、人体から採取された材料について顕微鏡で観察し、病理学の知識や手法を用いて病変の有無や病変の種類について診断すること。略して「病理」。画像診断や内視鏡検査で異常所見があった場合に病変部を採取して診断したり、病変の広がりや病気の程度を評価するために行われることもある。また治療選択や治療効果判定を目的としている場合もある。.

新しい!!: 顕微鏡と病理診断 · 続きを見る »

生命の起源

生命の起源(せいめいのきげん、Origin of life)は、地球上の生命の最初の誕生・生物が無生物質から発生した過程『岩波生物学事典』 第四版 p.766「生命の起源」のことである。それをテーマとした論や説は生命起源論(Abiogenesis)という。.

新しい!!: 顕微鏡と生命の起源 · 続きを見る »

生物学

生物学(せいぶつがく、、biologia)とは、生命現象を研究する、自然科学の一分野である。 広義には医学や農学など応用科学・総合科学も含み、狭義には基礎科学(理学)の部分を指す。一般的には後者の意味で用いられることが多い。 類義語として生命科学や生物科学がある(後述の#「生物学」と「生命科学」参照)。.

新しい!!: 顕微鏡と生物学 · 続きを見る »

生物学と有機化学の年表

生物学と有機化学の年表(せいぶつがくとゆうきかがくのねんぴょう)では、生物学と有機化学を年表にする。.

新しい!!: 顕微鏡と生物学と有機化学の年表 · 続きを見る »

生物学に関する記事の一覧

---- 生物学に関する記事の一覧は、生物学と関係のある記事のリストである。ただし生物学者は生物学者の一覧で扱う。また生物の名前は生物学の研究材料としてある程度有名なもののみ加える。 このリストは必ずしも完全ではなく、本来ここにあるべきなのに載せられていないものや、ふさわしくないのに載せられているものがあれば、適時変更してほしい。また、Portal:生物学の新着項目で取り上げたものはいずれこのリストに追加される。 「⇒」はリダイレクトを、(aimai) は曖昧さ回避のページを示す。並べ方は例えば「バージェス動物群」なら「はしえすとうふつくん」となっている。 リンク先の更新を参照することで、このページからリンクしている記事に加えられた最近の変更を見ることが出来る。Portal:生物学、:Category:生物学も参照のこと。.

新しい!!: 顕微鏡と生物学に関する記事の一覧 · 続きを見る »

生物学史

生物学史(せいぶつがくし、英語:history of biology)とは、生物学の歴史、またはそれを扱う科学史の一分野である。.

新しい!!: 顕微鏡と生物学史 · 続きを見る »

生薬学

生薬学(しょうやくがく、)とは、生薬の生産や鑑定方法、品質評価、有効成分、薬理作用などを取り扱う薬学の分野。 日本では、天然資源から新しい化学構造を持つ医薬品を開発する天然物化学を中心に研究されてきたため、薬用資源学(やくようしげんがく)、薬品資源学(やくひんしげんがく)と称されることもある。.

新しい!!: 顕微鏡と生薬学 · 続きを見る »

生気論

生気論(せいきろん、vitalism)は、「生命に非生物にはない特別な力を認める」仮説である。生気説、活力説、活力論とも呼ばれる。.

新しい!!: 顕微鏡と生気論 · 続きを見る »

田島弥平

島弥平(たじま やへい、文政5年8月15日(1822年9月29日) - 明治31年(1898年)2月10日)あるいは田島邦寧(たじま くにやす)は、明治時代前期に広く普及した養蚕技法「清涼育」(せいりょういく)を確立した、島村(現群馬県伊勢崎市境島村)の養蚕農家・蚕種製造業者である。主著に『養蚕新論』『続養蚕新論』があり、養蚕業・蚕種製造業への貢献によって緑綬褒章を受章した。太平洋戦争後まもない時期に群馬県が刊行した『上毛篤農伝』では、「群馬県の誇り」「蚕糸群馬が生んだ最大の巨人」等と賞賛されている。 弥平が自らの理論に基づいて改築した住居(田島弥平旧宅)は国の史跡に指定されており、「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産として世界遺産リストに登録された。.

新しい!!: 顕微鏡と田島弥平 · 続きを見る »

画像

画像(がぞう)とは、事象を視覚的に媒体に定着させたもので、そこから発展した文字は含まない(例:文字と画像、書画)。定着される媒体は主に2次元平面の紙であるが、金属、石、木、竹、布、樹脂や、モニター・プロジェクター等の出力装置がある。また、3次元の貼り絵、ホログラフィー等も含まれる。.

新しい!!: 顕微鏡と画像 · 続きを見る »

無惨

『無惨』(むざん)は、黒岩涙香が明治22年(1889年)に発表した短編小説。日本人初の創作推理小説とされる。.

新しい!!: 顕微鏡と無惨 · 続きを見る »

異常分散レンズ

常分散レンズ(英:Extra-low dispersion lens 、Extraordinary low dispersion lens )は異常部分分散性を持ったガラスを使ったレンズのこと。特殊低分散レンズなどとも呼ばれる。.

新しい!!: 顕微鏡と異常分散レンズ · 続きを見る »

界 (分類学)

(かい、kingdom、regnum)は、生物分類のリンネ式階級分類における階級の1つである。界の上に上界、下に亜界・下界を置くことがある。界は基本的階級(必ず置かなければならない階級)の1つで、基本的階級のうち最上位に位置するが、近年では界の上のドメインを基本的階級とみなすことがある。 界は長らく、(基本的階級以外を含めても)最上位の階級で、動物界と植物界の2つのみが認められてきた(二界説)。この考えは現在でも一般社会では広く通用している。しかし、19世紀末からさまざまな界が新設され、特に20世紀末以降は、界分類の再編が日常的に唱えられている。は10前後の界を置くことが多いが、分類の前提となる系統の段階で諸説あり、一致には遠い。.

新しい!!: 顕微鏡と界 (分類学) · 続きを見る »

牧野富太郎

牧野富太郎像(牧野植物園内) 牧野 富太郎(まきの とみたろう、1862年5月22日(文久2年4月24日) - 1957年(昭和32年)1月18日)は、日本の植物学者。高知県高岡郡佐川町出身。 「'''日本の植物学の父'''」といわれ、多数の新種を発見し命名も行った近代植物分類学の権威である。その研究成果は50万点もの標本や観察記録、そして『牧野日本植物図鑑』に代表される多数の著作として残っている。小学校中退でありながら理学博士の学位も得て、生まれた日は「植物学の日」に制定された。.

新しい!!: 顕微鏡と牧野富太郎 · 続きを見る »

発火法

火溝式発火法を行うバヌアツ人の男性 発火法(はっかほう)は、火を起こす方法のこと。発火剤や機械、電気を使う近現代の方法だけでなく、木による摩擦熱などを利用する原始的な火起こしを含めて、様々なものがある。.

新しい!!: 顕微鏡と発火法 · 続きを見る »

発生学

生学(はっせいがく、Embryology)は、胚の発生を研究する学問である。胚とは、動物では誕生や孵化の前、植物では発芽の段階にある全ての組織と定義できる。 発生学では主に、受精卵の発生と組織や器官への分化を扱っている。分割が起こると、桑実胚から端に極のある胞胚となる。 左右相称動物では、胞胚の発達の仕方には大きく2通りあり、これによって動物界が二分されている。胞胚の最初にできた極が口になるのが旧口動物であり、肛門になるのが新口動物である。旧口動物には、昆虫などの多くの無脊椎動物が含まれ、新口動物には脊椎動物などの進化した動物の多くが含まれる。また、この過程を原腸形成という。 原腸形成が起こるとすぐに細胞は3つの層に分かれ、全ての器官や組織はここから作られる。.

新しい!!: 顕微鏡と発生学 · 続きを見る »

発生生物学

生生物学(はっせいせいぶつがく, Developmental biology)とは多細胞生物の個体発生を研究対象とする生物学の一分野である。個体発生とは配偶子の融合(受精)から、配偶子形成を行う成熟した個体になるまでの過程のことである。広義には老化や再生も含む。.

新しい!!: 顕微鏡と発生生物学 · 続きを見る »

発酵

酵(はっこう。醱酵とも表記).

新しい!!: 顕微鏡と発酵 · 続きを見る »

発明の年表

明の年表は、特に重要な技術的発明を時系列に列挙したものである。 発明の時期(具体的な日付)は常に論争の的になっている。同じ時期に複数の発明家が独自に発明したこともあれば、原形となる発明が世に知られず、後世の発明家がそれを改良したものが一般に知られている場合もある。ここでは、不明瞭な点がある場合は最初に一般に知られたものを採用している。.

新しい!!: 顕微鏡と発明の年表 · 続きを見る »

花粉分析

花粉分析(かふんぶんせき、pollen analysis)とは花粉や胞子の含まれる堆積物を分解して花粉や胞子化石を取り出す方法である。.

新しい!!: 顕微鏡と花粉分析 · 続きを見る »

音響顕微鏡法

音響顕微鏡法(おんきょうけんびきょうほう Acoustic microscopy)は音波を利用する顕微鏡法。.

新しい!!: 顕微鏡と音響顕微鏡法 · 続きを見る »

鞭虫症

鞭虫症(べんちゅうしょう)は鞭虫感染(べんちゅうかんせん)とも呼ばれ、寄生虫の1種であるヒト鞭虫(鞭虫)によって起きる感染症である。少量の鞭虫による感染の場合、通常は症状がみられない大量の鞭虫による感染の場合は、腹痛、疲労、下痢などの症状がみられる。時によって、下痢から出血が起こることがある。小児が感染した場合、知能発達と身体発育が遅れる可能性がある。出血により赤血球値の低下が起こることがある。.

新しい!!: 顕微鏡と鞭虫症 · 続きを見る »

鎌状赤血球症

鎌状赤血球症(かまじょうせっけっきゅうしょう)は遺伝性の貧血病で、赤血球の形状が鎌状になり酸素運搬機能が低下して起こる貧血症。鎌状赤血球貧血症ともいう。ICD-10分類ではD57。主にアフリカ、地中海沿岸、中近東、インド北部で見られる。 常染色体不完全優性遺伝をする。遺伝子型がホモ接合型の場合、常時発症しているのでたいていは成人前に死亡するが、遺伝子型がヘテロ接合型の場合、低酸素状態でのみ発症するので通常の日常生活は営める。.

新しい!!: 顕微鏡と鎌状赤血球症 · 続きを見る »

落書き

壁面に描かれた落書き(グラフィティ)の例(1997年8月、渋谷駅近辺) JR北海道の西帯広駅、跨線橋での落書き(2004年8月) 落書き(らくがき、落書)とは、以下のようなものである。.

新しい!!: 顕微鏡と落書き · 続きを見る »

非アルコール性脂肪性肝疾患

非アルコール性脂肪性肝疾患(ひあるこーるせいしぼうせいかんしっかん、non-alcoholic fatty liver disease, NAFLD)とは、脂肪肝の原因のひとつであり、アルコール依存症以外の原因によって肝臓に脂肪が蓄積している (脂肪変性) 場合に生じる。NAFLD は先進国で最も頻度の高い肝障害である。 NAFLD の最も極端な形態が 非アルコール性脂肪性肝炎 であり、NASH は原因不明の肝硬変の重要な原因だとみなされ、肝細胞癌に進行することもある丸山剛、鈴木康裕、石川公久 ほか、 日本理学療法士協会 Vol.39 Suppl.

新しい!!: 顕微鏡と非アルコール性脂肪性肝疾患 · 続きを見る »

蝶の舌

『蝶の舌』(ちょうのした、スペイン語:La lengua de las mariposas、ガリシア語:A lingua das bolboretas)は、1999年公開のスペイン映画。マヌエル・リバスの短編集『¿Que me queres, amor?』の中の同名小説の映画化。監督はホセ・ルイス・クエルダ、出演はマヌエル・ロサノ、フェルナンド・フェルナン・ゴメス。1999年スペインアカデミー・ゴヤ賞脚色賞を受賞。.

新しい!!: 顕微鏡と蝶の舌 · 続きを見る »

顕微鏡図譜

ノミの拡大図。『顕微鏡図譜』より。 顕微鏡図譜(正式な邦題は"微小体の顕微鏡図譜とその学問的記述について")。原題はMicrographia。.

新しい!!: 顕微鏡と顕微鏡図譜 · 続きを見る »

血球計算盤

血球計算盤(ノイバウエル盤) 血球計算盤(けっきゅうけいさんばん)とは、赤血球、白血球、精子や培養細胞などの細胞の数を計測できる実験器具。しばしば「血球計算版」と誤記される。.

新しい!!: 顕微鏡と血球計算盤 · 続きを見る »

血液サラサラ

血液サラサラ(けつえきサラサラ)とは、健康的な血液の流動性のイメージを期待できるとして、2000年ごろからメディアに頻繁に登場した表現、またはキャッチコピーである。従来、高脂血症(脂質異常症)ではないような血液の状態を印象付けるような言葉として用いられてきたが、後に人工の毛細血管のモデルを通過しやすい血液の状態を表すためにも用いられるようになった。 この表現の流行の火付け役は、1999年に放映されたNHKの「ためしてガッテン」とされる - この放送の中で血液サラサラが本来の意味であるMC-FANで観察した血液の状態から逸脱してしまったことを明らかにしている。。以降、ためしてガッテンで継続的に取り上げられるようになり、血液サラサラに関連した料理本が頻繁に出版されている。悪徳業者が物品やサービスを売りつけるために、この表現をインチキな検査法と組み合わせて用いたことも問題となり、2007年には違法な行為として逮捕者が出たこともあった。 この項では、赤血球、白血球、および血小板の物性について、すなわち血液の細胞成分の物性についての説明である。なお、ワーファリンなどの抗凝固薬を「血液をサラサラにする薬」と表現する医師や薬剤師は少なくない。血栓を予防するために使用される抗凝固薬は、血液の非細胞成分である凝固因子に作用するため、この項の説明とはかなり異なる。.

新しい!!: 顕微鏡と血液サラサラ · 続きを見る »

袋形動物

袋形動物(ふくろがたどうぶつ)Phylum Aschelminthes はかつて認められていた動物門の一つである。偽体腔を有することを共通の特徴とする。なお、「袋形」の読みは「ふくろがた」であるが「たいけい」も使われる。.

新しい!!: 顕微鏡と袋形動物 · 続きを見る »

食用キノコ

調理前のマッシュルーム。この他にも多くの種類のキノコが栽培され、食べられている。 バスケットに入った食用キノコ 食用キノコ(しょくようキノコ)は、食用とされる菌類の子実体。子実体が肉眼的な大きさに成長する、いわゆるキノコと呼ばれるものである。地上や地中で生育し、手で収穫できる。食用か否かは、人間にとっての毒物が含まれているかどうかや、味や香りが好ましいかどうかで決まる。ある統計では、食用になるものはキノコ全体の10%以下であろうと言われている。 食用キノコは、食用や医薬用として消費される。健康のために食べられるキノコは「メディカルマッシュルーム」として知られている。一方、幻覚を催すキノコ(マジックマッシュルーム)はレクリエーションや宗教的な目的で食べられることがあるが、これらは深刻な吐き気や失見当識を引き起こす場合もあり、一般には食用キノコとは考えられていない。 食用キノコにはさまざまな種類が含まれ、自生するものも栽培されるものもある。簡単に栽培できたり収穫できるキノコは市場で手に入るが、トリュフやマツタケのように入手するのが難しいキノコは、小規模にしか流通しない。また、調理法によっては、ある種の毒キノコも食用になる場合がある。 野生のキノコが食用か否かを判断する際には、しっかりと同定を行わなければならない。確かな種の同定は、安全を確保する唯一の方法である。多くの人に安全に食べられているキノコでも、個人によってはアレルギー反応を起こすことがあるほか、古くなったり保存状態の悪いキノコが食中毒を起こすこともある。致死毒を持つキノコがしばしば食用キノコと混同され、死亡事故が起こることもある。実際、日本における食中毒による死亡事故の原因のほとんどがキノコとフグの素人料理である。.

新しい!!: 顕微鏡と食用キノコ · 続きを見る »

西洋教育史

西洋教育史(せいようきょういくし)は、古代ギリシアから現代までの主として欧米の教育のありかたとその制度、教育内容や教育の思想の歴史を扱う、教育学の部門の一つである。.

新しい!!: 顕微鏡と西洋教育史 · 続きを見る »

観察

観察(かんさつ、)とは、対象の実態を知るために注意深く見ること。その様子を見て、その変化を記録すること。どれだけその変化を見つけられるかが重要である。.

新しい!!: 顕微鏡と観察 · 続きを見る »

見えないもの

見えないもの(みえないもの Invisible)とは、人間などの動物が直接目で見ることができない事象を指す。 見えないものに関しては種々の分類がある。以下は主な例を示す。.

新しい!!: 顕微鏡と見えないもの · 続きを見る »

診察

診察(しんさつ)とは、医師・歯科医師が患者の病状を判断するために、質問をしたり体を調べたりすること。医療行為の一つである。医療系国家資格者以外は行うことができない。 診察や検査の結果をもとに医師・歯科医師は診断を行い、治療方針を決定する。.

新しい!!: 顕微鏡と診察 · 続きを見る »

診断

一般的に診断(しんだん、英語:diagnosis)とは、医療においては健康状態あるいは病気を患者の徴候や他方向の結果から見分ける診断手続きである。結果に達するこの過程を診断と呼ぶ。 診断と言うプロセスは、いくつかの分析で検査する広い範囲を扱う。このような検査はいくつかの推論の上に基づいており、これは診断方法と呼ばれる。検査の結果はよく考えられた理想的なものであるが、必ずしも正確なものではない。診断を誤ることは誤診と呼ばれる。医師が行っている診断のうち約10~30%ほどが誤診だと各種調査によって明らかになっている(数字は調査ごとに異なる)。 医療以外においてもこの語は用いられており、機械或いはある種の系について異常の有無を判断し、異常があればその種類を同定し、何らかの介入(修理)が必要かどうかを判断する作業を診断と言う。コンピュータを備えた機械は自己診断機能を持ったものが多い(ハードディスクのSMARTなどが代表的)が、最終的な判断(本当に異常なのか、修理を行うか)を行うのが人間である点は医学と同様である。.

新しい!!: 顕微鏡と診断 · 続きを見る »

超音波顕微鏡

超音波顕微鏡(ちょうおんぱけんびきょう)とは超音波を印加、検出して画像を得る顕微鏡の総称。.

新しい!!: 顕微鏡と超音波顕微鏡 · 続きを見る »

超解像顕微鏡法

超解像顕微鏡法(ちょうかいぞうけんびきょうほう)は光の回折限界以下の分解能に到達する顕微鏡法。.

新しい!!: 顕微鏡と超解像顕微鏡法 · 続きを見る »

超昂天使エスカレイヤー

『超昂天使エスカレイヤー』(ちょうこうてんしエスカレイヤー、Beat Angel Escalayer)は、2002年8月2日にアリスソフトより発売されたアダルトゲーム(以後『無印』と表記)。およびそれを原作として制作され、2002年9月27日に発売されたアダルトアニメ(以後『OVA』と表記)である。 2014年7月25日には、『無印』のリメイク版『超昂天使エスカレイヤーR』(ちょうこうてんしエスカレイヤー・リブート / 以後『リブート』と表記)が発売された。.

新しい!!: 顕微鏡と超昂天使エスカレイヤー · 続きを見る »

黒島亀人

黒島 亀人(くろしま かめと、1893年(明治26年)10月10日 - 1965年(昭和40年)10月20日)は、日本の海軍軍人。海兵44期卒業。最終階級は海軍少将。.

新しい!!: 顕微鏡と黒島亀人 · 続きを見る »

黄色ブドウ球菌

色ブドウ球菌(グラム染色) 黄色ブドウ球菌(おうしょくブドウきゅうきん、Staphylococcus aureus)とは、ヒトや動物の皮膚、消化管(腸)常在菌(腸内細菌)であるブドウ球菌の一つ。 ヒトの膿瘍等の様々な表皮感染症や食中毒、また肺炎、髄膜炎、敗血症等致死的となるような感染症の起因菌でもある。学名はStaphylococcus aureus (スタフィロコッカス・アウレウス)。属名Staphylococcus のStaphylo-は「ブドウの房状の」、coccus は「球菌」の意であり、種小名aureus は「黄金色の」を意味する(金の元素記号や、オーロラなどと同じ語源)。.

新しい!!: 顕微鏡と黄色ブドウ球菌 · 続きを見る »

鼻血

鼻血(はなぢ)とは鼻、特に鼻腔からの出血を意味する。医学的には鼻出血(びしゅっけつ、英: nosebleed、epistaxis)と呼称される。.

新しい!!: 顕微鏡と鼻血 · 続きを見る »

蜂窩織炎

蜂窩織炎(ほうかしきえん、cellulitis, phlegmon)とは、好中球の浸潤が限局せず組織内にびまん性に広がり、細胞間質を広範囲に融解し細胞実質を壊死させている、進展性の化膿性炎症である。蜂巣織炎(ほうそうしきえん)、蜂巣炎(ほうそうえん)、フレグモーネともいう。 「蜂窩」とはハチの巣のことで、顕微鏡標本上に見える、浮遊している好中球をハチの幼虫に見立て、融解し切らずに残っている間質を巣の仕切りに見立てた名称である。 皮下組織などの疎性結合組織に好発する。また、指趾の先端部皮下で発生したものは瘭疽(ひょうそ)という。口腔内にできたものは口底蜂窩織炎と呼ぶ。関節周囲に生じた蜂窩織炎は感染性関節炎の鑑別疾患となる。蜂窩織炎がある場合は関節穿刺が禁忌になるからである。.

新しい!!: 顕微鏡と蜂窩織炎 · 続きを見る »

胚発生

胚発生(はいはっせい、英語:embryogenesis)または生物学における発生(はっせい)とは、多細胞生物が受精卵(単為発生の場合もある)から成体になるまでの過程を指す。広義には老化や再生も含まれる。発生生物学において研究がなされる。.

新しい!!: 顕微鏡と胚発生 · 続きを見る »

胞子体

胞子体(ほうしたい)または造胞体(ぞうほうたい)とは、世代交代を行う植物、藻類もしくは菌類などで、複相(二倍体)、すなわち相同染色体を2組持つ世代もしくは多細胞体をいう。対義語は配偶体。.

新しい!!: 顕微鏡と胞子体 · 続きを見る »

胃炎

胃炎(いえん、)とは、胃に起きる炎症のことである。.

新しい!!: 顕微鏡と胃炎 · 続きを見る »

鈴木雅洲

鈴木 雅洲(すずき まさくに、1921年(大正10年)5月21日 - 2015年(平成27年)11月23日)は、日本の産婦人科医、東北大学名誉教授。仙台市青葉区出身。 東京帝国大学医学部卒。1955年東北大学医学博士。東北大学医学部産婦人科教室、1964年新潟大学医学部教授、1970年東北大学医学部教授。1983年日本で初めて体外受精児の誕生に成功、1992年顕微鏡下での授精による出産を成功させる。1985年東北大退官、名誉教授、小山市民病院院長、1986年スズキ病院(現・スズキ記念病院)院長。 2015年、「ヒト体外受精・胚移植の確立と普及に関する研究」により日本学士院賞を受賞。.

新しい!!: 顕微鏡と鈴木雅洲 · 続きを見る »

赤血球

各血球、左から赤血球、血小板、白血球(白血球の中で種類としては小型リンパ球)色は実際の色ではなく画像処理によるもの 赤血球(せっけっきゅう、 あるいは)は血液細胞の1種であり、酸素を運ぶ役割を持つ。 本項目では特にことわりのない限り、ヒトの赤血球について解説する。.

新しい!!: 顕微鏡と赤血球 · 続きを見る »

走化性

走化性(そうかせい、英:chemotaxis)とは、生物体(単一の細胞や多細胞の生物体を問わず、細胞や細菌など)の周囲に存在する特定の化学物質の濃度勾配に対して方向性を持った行動を起こす現象のことであり、化学走性(かがくそうせい)ともいう。 この現象はたとえば細菌がブドウ糖のような栄養分子の濃度勾配のもっとも大きな方向に向かって移動するために、あるいはフェノールのような毒性物質から逃げるために重要である。多細胞生物でも走化性は通常の生命活動においてだけでなく、その生命の初期(たとえば受精の際の精子の卵への運動)やそれに続く諸段階(神経細胞やリンパ球の遊走など)にも必須の性質である。しかしがんの転移では、動物の走化性を起こす機構がくずれることもわかっている。 対象となる化学物質の濃度勾配に対し、それが高い方向へ運動することを「正の走化性」とよび、その逆への運動は「負の走化性」とよばれる。.

新しい!!: 顕微鏡と走化性 · 続きを見る »

走査型マイクロ波顕微鏡

走査型マイクロ波顕微鏡(そうさがたマイクロはけんびきょう Scanning Microwave Microscopy: SMM)とはマイクロ波の走査により画像を得る顕微鏡。.

新しい!!: 顕微鏡と走査型マイクロ波顕微鏡 · 続きを見る »

走査型トンネル顕微鏡

走査型トンネル顕微鏡 模式図 Co原子(STMにより観察) 走査型トンネル顕微鏡(そうさがたトンネルけんびきょう、Scanning Tunneling Microscope)は1982年、ゲルト・ビーニッヒ(G. Binnig)とハインリッヒ・ローラー(H. Rohrer)によって作り出された実験装置。STM、走査トンネル顕微鏡とも言う。非常に鋭く尖った探針を導電性の物質の表面または表面上の吸着分子に近づけ、流れるトンネル電流から表面の原子レベルの電子状態、構造など観測するもの。トンネル電流を使うことからこの名がある。走査型プローブ顕微鏡の一形式。.

新しい!!: 顕微鏡と走査型トンネル顕微鏡 · 続きを見る »

走査型プローブ顕微鏡

走査型プローブ顕微鏡 (そうさがたプローブけんびきょう、Scanning Probe Microscope; SPM) は、先端を尖らせた探針を用いて、物質の表面をなぞるように動かして表面状態を拡大観察する顕微鏡の種類である。 実際の例としては、表面を観察する際、微少な電流(トンネル電流)を利用する走査型トンネル顕微鏡(STM)、原子間力を利用する原子間力顕微鏡(AFM)をはじめ、数多くの種類がある。.

新しい!!: 顕微鏡と走査型プローブ顕微鏡 · 続きを見る »

走査型近接場光顕微鏡

走査型近接場光顕微鏡(そうさがたきんせつばこうけんびきょう、; )は、近接場光という特殊な光を利用した走査型の顕微鏡のことである。しばしば ()とも呼ばれる。 細いプローブで試料を走査するという点では走査型トンネル顕微鏡()や原子間力顕微鏡()などと同様の仕組みであり、 も走査型プローブ顕微鏡()の一種類といえる。.

新しい!!: 顕微鏡と走査型近接場光顕微鏡 · 続きを見る »

闇 (X-ファイルのエピソード)

闇」(原題:Darkness Falls)は『X-ファイル』のシーズン1第20話で、1994年4月15日にFOXが初めて放送した。.

新しい!!: 顕微鏡と闇 (X-ファイルのエピソード) · 続きを見る »

蒙古斑

蒙古斑(もうこはん、、)は、先天的に発生する幼児の、主に仙椎の部分の皮膚にでる薄青い灰色の母斑のこと。発疹の様に見える。通常3~5歳で消失する。通常、所々に現れるか、一つの大きなものが、腰椎、仙椎、臀部、脇腹、肩に現れる。 胚の発育の段階で、真皮内のメラノサイトが神経堤から表皮までの移動する間に受ける刺激によって発生する。性差は認められず、男女とも同じ割合で発生する。真皮メラノサイト(蒙古斑細胞)は、生後の種々の色素病変に関係する。太田母斑、口唇裂に合併した蒙古斑、後天性太田母斑様メラノージス、色素血管母斑症などである。 江戸時代の日本人は、妊娠中の性行為で出血した跡と考えた。ドイツから内科学教授として東京大学に招かれたエルヴィン・フォン・ベルツはこれをモンゴロイドの特徴ととらえ、1885年に"Mongolian Spot"を提唱した。1930年、師岡浩三は、本邦人の蒙古斑について、という120ページに亙る学位論文を発表、顕微鏡的には胎児3か月、肉眼的には7か月で蒙古斑細胞が出現する。またその細胞は、2歳まで増加し、顕微鏡的には一生つづくと発表した。臀部以外の蒙古斑を仙骨部外蒙古斑(異所性蒙古斑)といい、消えにくい。.

新しい!!: 顕微鏡と蒙古斑 · 続きを見る »

肉眼

肉眼(にくがん)とは光学機器を付けずに観測すること。 またその行為である。.

新しい!!: 顕微鏡と肉眼 · 続きを見る »

脱髄疾患

脱髄疾患(だつずいしっかん、demyelinating disease)とは神経疾患の一種で、有髄神経の髄鞘が障害されることで起こる疾患である。いったん形成された後に障害される疾患のことを言い、髄鞘形成が不完全なために起こる髄鞘形成不全疾患とは分けて考えられる。.

新しい!!: 顕微鏡と脱髄疾患 · 続きを見る »

脳神経外科学

脳神経外科学(のうしんけいげかがく、neurosurgery)は、脳、脊髄、末梢神経、脊椎などに関する臨床医学の1分野。これらの内科的疾患は概ね 神経内科学が担い、外科的疾患を脳神経外科が担うという役割分担がある。 近年は診療科として神経内科(脳神経内科)と脳神経外科が共に脳神経センターや脳卒中センターを設置している施設もある。.

新しい!!: 顕微鏡と脳神経外科学 · 続きを見る »

脳脊髄液

脳脊髄液(のうせきずいえき、cerebrospinal fluid、CSF)とは、脳室系とクモ膜下腔を満たす、リンパ液のように無色透明な液体である。弱アルカリ性であり、細胞成分はほとんど含まれない。略して髄液とも呼ばれる。脳室系の脈絡叢から産生される廃液であって、脳の水分含有量を緩衝したり、形を保つ役に立っている。一般には脳漿(のうしょう)として知られる。.

新しい!!: 顕微鏡と脳脊髄液 · 続きを見る »

脂肪肝

脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)とは、肝臓に中性脂肪が蓄積し脂肪空胞が形成された状態を指す。 正常な肝臓に於いても湿重量で 5%程度の脂肪を持っているが、30%以上の脂質(主に中性脂肪)が過剰に蓄積している状態である斎藤征夫、柳生聖子、服部泰子 ほか、 日本衛生学雑誌 Vol.44 (1989-1990) No.5 P.953-961, 。ボディマス指数(BMI) 30 以上の人はほとんどが脂肪肝との報告もある宮本敬子、小野正文、西原利治、 日本消化器病学会雑誌 Vol.110 (2013) No.9 p.1597-1601, 。希に疲労や腹部の軽い不快感を感じることがあるが特徴的な自覚症状は無く、非肥満者でも生じ肝障害の単なる合併症として捉えられていたため、医師の関心が低く臨床的に軽視され臨床研究や対策が不十分と指摘されている。 ガチョウや鴨の肝臓を強制肥育によって肥大化させた高級食材「フォアグラ」や、稀にニワトリの雌鶏に見られる「白肝」も実は脂肪肝である。.

新しい!!: 顕微鏡と脂肪肝 · 続きを見る »

脂肪肉腫

脂肪肉腫(しぼうにくしゅ 英:liposarcoma)は悪性軟部腫瘍(軟部肉腫)の一種で、脂肪細胞に似た腫瘍細胞が増殖するものである。世界保健機関(WHO)の組織型分類で5種類の組織亜型に分けられており、型によってその予後は大きく異なる。悪性腫瘍の中では軟部腫瘍自体数が少なく珍しいが、軟部腫瘍の中では脂肪肉腫は20%ほどを占めており、悪性線維性組織球腫(MFH)についで多い。組織的には脂肪芽細胞の存在が特徴となっている。よく似た名前の「脂肪腫」は良性の腫瘍であり、脂肪肉腫とは別のものである。.

新しい!!: 顕微鏡と脂肪肉腫 · 続きを見る »

膨張する宇宙の未来

これまでの観測結果から推測すると、宇宙の拡大が永遠に続くことが示唆されている。 もしこの推測が正しければ、宇宙が膨張するのに伴い、宇宙は冷却され、最終的に生命を維持する事ができなくなるというのが定説である。 そのため、この宇宙の終焉のシナリオは、熱的死と一般に呼ばれている。 もし宇宙定数で表されている通り、定常的にエネルギーが宇宙に対して均一に分布しているか、クインテッセンスのようなスカラー場が時間と空間を変えるエネルギーの密度の係数が動的に変化し、宇宙の膨張を加速させるのであれば、銀河団の間の距離はますます遠ざかっていくだろう。さらに赤方偏移により、古代の宇宙からの光はより波長が引き伸ばされ、光度も弱いものになり、いずれ観測できなくなるKrauss, Lawrence M.; Starkman, Glenn D. (2000).

新しい!!: 顕微鏡と膨張する宇宙の未来 · 続きを見る »

野外手術システム

野外手術システム(やがいしゅじゅつシステム, )は、陸上自衛隊衛生科装備。 主として後方支援連隊の衛生隊などに配備されて、医療施設の無い場所で初期外科手術を行うことで、傷病者の救命率向上を図るものである。コンテナ4つに収容されて、73式大型トラックに搭載されている。.

新しい!!: 顕微鏡と野外手術システム · 続きを見る »

自動絞り

自動絞り(じどうしぼり)とは、一眼レフカメラにおいて、ファインダー使用時は絞りを開放し、露光時のみ絞りを絞る機構である。.

新しい!!: 顕微鏡と自動絞り · 続きを見る »

自然の芸術的形態

Discomedusae(クラゲの一種)」。中央の二匹(''Desmonema annasethe'')の流れる触手が、ヘッケルの後妻の長い髪を思わせる(本文参照)。 『自然の芸術的形態』(Kunstformen der Natur、英名“Art Forms of Nature”、邦訳『生物の驚異的な形』他)は、ドイツの生物学者エルンスト・ヘッケルが著した本である。彼が描いた様々な生物のスケッチが収められている。印刷はリトグラフ及びオートタイプ法による。.

新しい!!: 顕微鏡と自然の芸術的形態 · 続きを見る »

自然写真

自然写真(しぜんしゃしん)とは、自然を撮影した写真のこと。ネイチャーフォトとも呼ばれる。 自然の風景を撮影した風景写真、山岳写真、野生の動植物等の生物(すなわち、人間やペットは通常除かれる)を対象とした写真、水中写真等を含む。 科学写真と異なり、科学的な機器や方法を用いたような写真(顕微鏡写真、X線写真等)は含めないことが多い。ただし、一般の消費者が購入できるレベルの天体望遠鏡を用いた天体写真は含まれることが多い。また、科学写真と言葉を一緒に合わせて、「自然科学写真」という呼び方も存在する。例えば、「日本自然科学写真協会」という協会が存在する。 さらに、「環境写真」という用語もあり、自然環境の重要性やその保護を訴えるために撮影された写真を意味するようであるが、撮影対象からすると、自然写真との境界はあいまいである。なお、世界環境写真家協会も参照のこと。 自然写真を撮る者を「自然写真家」と呼ぶことがある。インターネットで検索すると、ウェブページにおいて、「自然写真家」と自称している場合が多いことがわかる。 日本写真史において、自然写真がどのように評価されているかについては、極めて微妙である。例えば、東京都写真美術館が執筆・監修している『日本写真家事典』(2000年。328名の写真家を掲載)には、岩合光昭、白川義員、中村征夫は掲載されているが、大山行男、白籏史朗、星野道夫は掲載されていない。.

新しい!!: 顕微鏡と自然写真 · 続きを見る »

長崎市科学館

長崎市科学館(ながさきしかがくかん、Nagasaki City Science Museum)は、長崎県長崎市油木町にある、地球科学・天文学をメインにおいた科学館である。別名はスターシップ。.

新しい!!: 顕微鏡と長崎市科学館 · 続きを見る »

長谷川泰

長谷川 泰(はせがわ たい/やすし、天保13年(1842年)6月 - 明治45年(1912年)3月11日)は、幕末期の越後長岡藩軍医、「済生学舎」(日本医科大学の前身、本記事内で詳述)創立者、内務省衛生局長、衆議院議員。従三位勲三等。幼名は多一、字は子寧、通称は復庵。号に蘇山・蘇門道人・柳塘・八十八峰外史・信水漁夫など。綽名は「ドクトル・ベランメー」。.

新しい!!: 顕微鏡と長谷川泰 · 続きを見る »

酢酸ダーリア溶液

酢酸ダーリア溶液(さくさんダーリアようえき)は酢酸カーミン溶液などと同じく顕微鏡での観察に際し、細胞核や染色体の染色に用いる染色固定剤。30%の酢酸水溶液100mLに、ダーリアバイオレットダーリアバイオレットは一時、製造中止になっていたが、2016年には販売されている。ケニス株式会社から酢酸ダーリアとして調整済みの染色液が販売されている。ダーリアバイオレットの代わりにメチルバイオレットも使用可能である。30%の酢酸水溶液100mLに、メチルバイオレット0.5gを溶かし、酢酸バイオレット液とする。0.5gなどを加えて作る。生物の細胞にこの溶液を加えると、酢酸によって固定が起こり、負に荷電した核や染色体に、正に荷電したダーリアが吸着して紫色(青色)に染まる。同じく細胞などを染める酢酸カーミン溶液や酢酸オルセイン溶液よりも少々値段が高いが、染色の成功率が高い。ただし、染まりすぎることがあるので、そのときは塩酸を用いて少しなら脱色することが可能である。 中学校での染色の実験では、酢酸オルセイン溶液や酢酸カーミン溶液も使用される。.

新しい!!: 顕微鏡と酢酸ダーリア溶液 · 続きを見る »

酢酸オルセイン溶液

酢酸オルセイン溶液(さくさんオルセインようえき)は、細胞染色に用いられる固定染色液。この液により細胞が酢酸によって固定され、細胞核或いは染色体が塩基性色素のオルセインによって紫色に染色される。酢酸オルセイン溶液は光学顕微鏡で核を観察する際に汎用されている。中学校での実験では、酢酸オルセイン溶液の他に酢酸カーミン溶液が使用されることがある。.

新しい!!: 顕微鏡と酢酸オルセイン溶液 · 続きを見る »

酢酸カーミン溶液

酢酸カーミン溶液(さくさんカーミンようえき)は顕微鏡観察に際し、細胞核や染色体の染色に用いる赤色の染色固定剤。45%酢酸水溶液を煮沸し、そこに塩基性色素であるカーミンを加えて飽和させ、さらに鉄イオンを含む物質を微量加えて作る。生物の細胞にこの溶液を加えると、まず酢酸によって固定が起こり、負に荷電した核や染色体に、正に荷電したカーミンが吸着して赤く染まる。鉄イオンは媒染剤としての効果がある。同様なDNA染色法として酢酸オルセイン染色法があるが、それに比べて生細胞の核が染色されやすいとされる。 アセトカルミン(acetocarmine)溶液とも呼ぶ。 中学校での実験では、染色に酢酸オルセイン溶液や酢酸ダーリア溶液も使用されることがある。.

新しい!!: 顕微鏡と酢酸カーミン溶液 · 続きを見る »

腸内細菌

腸内細菌(ちょうないさいきん)とは、ヒトや動物の腸の内部に生息している細菌のこと。ヒトでは約3万種類、100兆-1000兆個が生息し、1.5kg-2kgの重量になる。.

新しい!!: 顕微鏡と腸内細菌 · 続きを見る »

腹毛動物

腹毛動物(ふくもうどうぶつ、学名:Gastrotricha)とは、淡水および海産の微小な多細胞動物である。現在では独立の動物門と考えることが多い。.

新しい!!: 顕微鏡と腹毛動物 · 続きを見る »

酵素反応速度論

''大腸菌''のジヒドロ葉酸還元酵素。活性部位に2つの基質ジヒドロ葉酸 (右) とNADPH (左) が結合している。蛋白質はリボンダイアグラムで示されており、αヘリックスは赤、ベータシートは黄、ループは青に着色されている。http://www.rcsb.org/pdb/explore.do?structureId.

新しい!!: 顕微鏡と酵素反応速度論 · 続きを見る »

酵母

酵母(こうぼ)またはイースト(英語:yeast)は、広義には生活環の一定期間において栄養体が単細胞性を示す真菌類の総称である。 狭義には、食品などに用いられて馴染みのある出芽酵母の一種 Saccharomyces cerevisiae を指し、一般にはこちらの意味で使われ、酵母菌と俗称されている。 広義の「酵母」は正式な分類群の名ではなく、いわば生活型を示す名称であり、系統的に異なる種を含んでいる。 狭義の酵母は、発酵に用いられるなど工業的に重要であり、遺伝子工学の主要な研究対象の1つでもある。明治時代にビール製法が輸入されたときに、yeast の訳として発酵の源を意味する字が当てられたのが語源であるが、微生物学の発展とともにその意味するところが拡大していった。.

新しい!!: 顕微鏡と酵母 · 続きを見る »

酒呑場遺跡

酒呑場遺跡(さけのみばいせき)は、山梨県北杜市(旧北巨摩郡長坂町長坂上条)にある遺跡。縄文時代の集落遺跡。出土品683点が国の重要文化財に指定されている。.

新しい!!: 顕微鏡と酒呑場遺跡 · 続きを見る »

蛍光顕微鏡

リンパス製の落射型蛍光顕微鏡・鏡筒上にデジタルカメラが接続されている。この蛍光顕微鏡には微分干渉顕微鏡のユニットも組み込まれている。 蛍光染色を行って蛍光顕微鏡で観察したリンパ管内皮細胞 蛍光顕微鏡(けいこうけんびきょう、Fluorescence microscope, Epifluorescent microscope, MFM)は、生体または非生体試料からの蛍光・燐光現象を観察することによって、対象を観察する顕微鏡である。反射光や透過光画像と同時に観察することもある。生物学・医学における研究、臨床検査、浸透探傷検査などに用いられる。.

新しい!!: 顕微鏡と蛍光顕微鏡 · 続きを見る »

蛍石レンズ

蛍石レンズ(けいせきレンズ『カメラ年鑑'82年版』p.415。)またはフローライトレンズ()とは、素材として蛍石(フッ化カルシウム、CaF2の単結晶)を用いたレンズのことである。「珪石レンズ」と間違えられるのを防ぐため「ほたるいしレンズ」と読むこともある。.

新しい!!: 顕微鏡と蛍石レンズ · 続きを見る »

雪の結晶の観察と研究の年表

雪の結晶の観察と研究の年表(ゆきのけっしょうのかんさつとけんきゅうのねんぴょう)は、雪の結晶の観察と研究に関する年表である。 空から降る雪の結晶は自然の状態で正六角形であり、これを美しい形として古くから多くの人が関心を持っていた。その結晶を観察しそれを詳細にスケッチしたり、写真に残し記録した、さらに地上や宇宙空間において人工的にその結晶を作り出したことなど、関わった人物と功績の要約の年表である。.

新しい!!: 顕微鏡と雪の結晶の観察と研究の年表 · 続きを見る »

雪華図説

『雪華図説』(せっかずせつ)は、下総国古河藩の第4代藩主、土井利位が著した雪の結晶の観察書である。1832年刊行。.

新しい!!: 顕微鏡と雪華図説 · 続きを見る »

蛭子能収

蛭子 能収(えびす よしかず、1947年10月21日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター、タレント、エッセイスト、ギャンブラー、俳優、映画監督。ファザーズコーポレーション所属。.

新しい!!: 顕微鏡と蛭子能収 · 続きを見る »

電子スピン共鳴顕微鏡

電子スピン共鳴顕微鏡(でんしスピンきょうめいけんびきょうESRM)とは電子スピン共鳴(ESR)により画像を得る顕微鏡。.

新しい!!: 顕微鏡と電子スピン共鳴顕微鏡 · 続きを見る »

電子顕微鏡

電子顕微鏡(でんしけんびきょう)とは、通常の顕微鏡(光学顕微鏡)では、観察したい対象に光(可視光線)をあてて拡大するのに対し、光の代わりに電子(電子線)をあてて拡大する顕微鏡のこと。電子顕微鏡は、物理学、化学、工学、生物学、医学(診断を含む)などの各分野で広く利用されている。.

新しい!!: 顕微鏡と電子顕微鏡 · 続きを見る »

電界放射顕微鏡

電界放射顕微鏡(でんかいほうしゃけんびきょう 英名:Field Emission microscope;FEM)は尖鋭化した試料先端部を陰極として電子を放射することにより、実空間実時間で観測できる投影型の顕微鏡。.

新しい!!: 顕微鏡と電界放射顕微鏡 · 続きを見る »

雑菌

雑菌(ざっきん、Germ)とは、日常生活や生物学研究、産業としての発酵(醸造/発酵食品生産の場)などの場において、人間の意図に反して増殖した微生物(特に有害な細菌や菌類)の総称である。これらは通常、環境に普遍的に存在する微生物に由来するため、これらの環境微生物のことを指す一般的な名称として用いられる場合もあり、この場合はウイルス(ビールス)や細菌、菌類全般を意味する黴菌(ばいきん)とほぼ同義に用いられる。.

新しい!!: 顕微鏡と雑菌 · 続きを見る »

耳嚢

耳嚢(みみぶくろ)は、江戸時代中期から後期にかけての旗本・南町奉行の根岸鎮衛が、天明から文化にかけて30余年間に書きついだ随筆。同僚や古老から聞き取った珍談、奇談などが記録され、全10巻1000編に及ぶ。耳袋と表記もされる。.

新しい!!: 顕微鏡と耳嚢 · 続きを見る »

耳掻き

竹製耳掻き 金属製耳掻き 耳掻き(耳かき、みみかき、Ear pick)は、耳の穴を掃除する行為。また、その際に用いる、先端がへら状になった細長い棒状の道具。耳掃除、耳垢取り、耳掘りなどといわれることもある。 耳垢を取るためだけではなく、単にかゆいときなどにも用いられる。.

新しい!!: 顕微鏡と耳掻き · 続きを見る »

陰茎癌

茎癌(いんけいがん;英:Penile cancer)は陰茎の皮膚や組織内に発症する癌腫(悪性腫瘍)である。主に亀頭や包皮から発生する。オーストラリアで、発症率は年間25万人に1人である。アメリカで、発症率は年間10万人に1人である。 デンマークで、発症率は年間10万人に0.8人である。.

新しい!!: 顕微鏡と陰茎癌 · 続きを見る »

FromAスキーチーム

FromAスキーチーム(フロムエースキーチーム)は、かつて日本に存在した、スキーチーム。リクルート社発行のアルバイト求人情報誌「フロム・エー」をメインスポンサーとし、主に深夜のテレビ番組で、1980年代後半(バブル景気期)から多シーズンに渡り活動。同じFromAのスポンサーのスキーチーム「FromA Snow Riders」とは異なる。.

新しい!!: 顕微鏡とFromAスキーチーム · 続きを見る »

JNNニュースコープ

『JNNニュースコープ』(ジェイエヌエヌ - 、通称:ニュースコープ)とはTBS(JNN)にて1962年10月1日から1990年4月1日まで日曜日は1965年4月4日から放送開始。 27年半の長期に渡って放送された夕方の総合ニュース番組であり、日本初の本格的キャスターニュースショーとしても知られている。 タイトルはニュース(NEWS)とスコープ(Scope)を絡ませた造語NEWSCOPE。NEW SCOPEやNEWS CORPやNEWS COOPではない。 であり、その日の注目ニュースを望遠鏡や顕微鏡などのスコープのように鋭く、わかりやすく注目するということで名づけられた。 なお、国内の民放ネットワークによるニュース番組で、かつ同一タイトルの夕方のニュース番組としては最長記録を誇っている2015年3月までは夕方に限らずとも放送年数の最長記録を誇っていたが、同年4月にフジテレビの昼のニュース番組『FNNスピーク』に記録を更新された。現在TBSで放送されているニュース番組では、『JNNフラッシュニュース』と『NEWS23』が最長である。。.

新しい!!: 顕微鏡とJNNニュースコープ · 続きを見る »

NV中心磁気顕微鏡

NV中心磁気顕微鏡(NVちゅうしんじきけんびきょう)または磁気共鳴顕微鏡とはダイヤモンド窒素-空孔中心を検出器として微小領域における磁気の分布を検出して画像を得る顕微鏡。.

新しい!!: 顕微鏡とNV中心磁気顕微鏡 · 続きを見る »

RiPPs

RiPPs (Ribosomally synthesized and post-translatinally modified peptides; リボソーム翻訳系翻訳後修飾ペプチド) はリボソーム翻訳系のペプチドを基にした天然物の総称であり、リボソーム系天然物 (Ribosomal natural products)とも呼ばれる。20以上の亜種に分けられるRiPPsは、真核生物、真正細菌、古細菌など様々な生物によって生合成され、広範囲な生化学的特徴を有する。 RiPPsはアルカロイドやテルペノイドのような天然物に比べて、遺伝的データからその構造が予測しやすいため、ゲノム内の塩基配列からその存在や構造を早く正確に予測することができる。そのため、ここ数十年の科学技術の進歩によってゲノム解析が安価になり遺伝的データが増えていくにしたがって、新たな生物活性天然物のターゲットとしてRiPPsへの注目度は上昇し続けている。.

新しい!!: 顕微鏡とRiPPs · 続きを見る »

SM5

SM5、SM-5.

新しい!!: 顕微鏡とSM5 · 続きを見る »

SM6

SM6、SM-6.

新しい!!: 顕微鏡とSM6 · 続きを見る »

UPシリーズ

『UPシリーズ』(Up Series)は、1964年に英国グラナダ・テレビが制作したドキュメンタリー番組『seven up!』及びその派生シリーズである。.

新しい!!: 顕微鏡とUPシリーズ · 続きを見る »

X線顕微鏡

走査型X線顕微鏡の回折パターン 菜種のX線顕微鏡画像 X線顕微鏡(—せんけんびきょう)とは、X線をプローブとして観察する顕微法の総称である。.

新しい!!: 顕微鏡とX線顕微鏡 · 続きを見る »

X線撮影

X線撮影(エックスせんさつえい)は、エックス線を目的の物質に照射し、透過したエックス線を写真乾板・写真フィルム・イメージングプレート・フラットパネルディテクターなどの検出器で可視化することで、内部の様子を知る画像検査法の一種である。 医療のほか、空港の手荷物検査などの非破壊検査に利用されている。X線の発見者であるヴィルヘルム・レントゲンに因み、レントゲン撮影または単にレントゲンとも呼ぶ。医療従事者は を略して X-P ともいう。.

新しい!!: 顕微鏡とX線撮影 · 続きを見る »

Zemax LensMechanix

Zemax LensMechanix(ゼマックス レンズメカニクス) は、米国 Zemax, LLC 社が開発、販売している光学メカ設計者向けSOLIDWORKS用アドインプログラムで光学機械設計のパッケージ化、解析、検証ツールである。 日本国内では日本法人のZemax Japan株式会社が製品の販売とサービスの提供を行っている。.

新しい!!: 顕微鏡とZemax LensMechanix · 続きを見る »

暗視野検鏡

暗視野検鏡(あんしやけんきょう, Dark field microscopy)とは、顕微鏡を用いた観察において、観察試料による散乱光(ビーム)を観察することにより、高コントラスト・超微細構造の観察を行う技術のこと。光学顕微鏡や電子顕微鏡で用いられる手法。 暗視野検鏡を行うことを目的としている光学顕微鏡のことを暗視野顕微鏡とよぶ。.

新しい!!: 顕微鏡と暗視野検鏡 · 続きを見る »

染めQ

染めQ(そめキュー、Somay-Q)とは株式会社染めQテクノロジィ(旧:テロソンコーポレーション)が発売する塗料ならびにスプレー型塗料であり、かつ同社の主力商品である。.

新しい!!: 顕微鏡と染めQ · 続きを見る »

染色 (生物学)

染色(せんしょく)とは、特定の生物組織、細胞、オルガネラなどに、特殊な色素を用いて色を付ける実験技術のこと。特に、顕微鏡での観察をより容易にするため、観察に先立って染色が行われることが多い。例えば、組織中の一つの細胞を顕微鏡で観察する場合、そのままでも形態の違いだけから結合組織中の細胞や、細胞中の細胞核を見分けることは可能であるが、あらかじめ細胞質や核を染色すればそれぞれの観察が容易になる。 染色の原理には、観察する標本に含まれている特徴的な生体分子(タンパク質、核酸、脂質、炭化水素など)に対して、特定の色素が強く結合する性質を利用したものや、特定の酵素と反応して発色する基質を用いたものなどがある。用いる色素が蛍光色素(主に生物由来物や蛍光染料)の場合、特に蛍光染色と呼ばれる。観察しようとする対象と目的に応じて、さまざまな色素を用いた染色法が考案され、利用されている。 染色は生物学や医学のさまざまな分野で幅広く利用されている。組織学や病理学の分野では、特定の疾患に伴って起きる、組織や細胞の形態的な変化nの観察や、疾患の指標となる酵素やタンパク質の発現を確認するときなどに染色が用いられ、病気の診断などにも応用されている。微生物学の分野では、グラム染色などの染色法が、細菌の同定や形態観察に用いられている。一般的には微視的観察に用いられることが多いが、分類学や発生学の分野では、透明骨格標本の染色など、巨視的観察に用いられることもある。また生化学の分野では、生体から分離したタンパク質や核酸を電気泳動で分析するとき、これらの高分子を可視化するためにも利用されている。.

新しい!!: 顕微鏡と染色 (生物学) · 続きを見る »

染色体

染色体(せんしょくたい)は遺伝情報の発現と伝達を担う生体物質である。塩基性の色素でよく染色されることから、1888年にヴィルヘルム・フォン・ヴァルデヤー(Heinrich Wilhelm Gottfried von Waldeyer-Hartz)によって Chromosome と名付けられた。Chromo- はギリシャ語 (chroma) 「色のついた」に、-some は同じく (soma) 「体」に由来する。.

新しい!!: 顕微鏡と染色体 · 続きを見る »

接眼レンズ

さまざまな接眼レンズ 接眼レンズ(せつがんレンズ、 )、とは望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡などの光学機器で目に接する側に取り付けるレンズ。対物レンズや主鏡で集めた光によって焦点に作られた実像を拡大する。アイピース()。 光学機器の多くは焦点を合わせるために接眼レンズの取り付け位置を調整する機構を持つ。 大抵の望遠鏡や顕微鏡では拡大率を調整できるように異なる拡大率を持つ接眼レンズに交換できるようになっている。.

新しい!!: 顕微鏡と接眼レンズ · 続きを見る »

排気ガス処理

排気ガス処理(はいきガスしょり)は、燃焼などによる排出ガス(排気ガス)を周辺環境に影響を与えないように処理してから排出することである。.

新しい!!: 顕微鏡と排気ガス処理 · 続きを見る »

東京航空計器

東京航空計器株式会社(とうきょうこうくうけいき)は、東京都町田市に本社を置く精密機器を製造する会社。航空機搭載品・車両速度計測装置・半導体装置等の開発・製造・販売及び修理を主な事業とする。.

新しい!!: 顕微鏡と東京航空計器 · 続きを見る »

松浪硝子工業

松浪硝子工業株式会社(まつなみがらすこうぎょう)とは、大阪府岸和田市に本社を持つ、顕微鏡用スライドグラス、タッチパネル用カバーグラスや臨床検査関連製品を製造・販売する会社である。弘化元年(1844年)の創業以来、一貫してガラス製品の開発製造を行っている。 とくに極薄ガラス製品の分野では、日本におけるリーディング・カンパニーとされ、大阪ものづくり優良企業賞2009 最優秀企業賞を受賞している。.

新しい!!: 顕微鏡と松浪硝子工業 · 続きを見る »

桿菌

桿菌(かんきん、杆菌)とは、個々の細胞の形状が細長い棒状または円筒状を示す原核生物((真正)細菌および古細菌)のこと。球菌、らせん菌と併せて、微生物を形態によって分類するときに用いられる慣用的な分類群である。.

新しい!!: 顕微鏡と桿菌 · 続きを見る »

桂川甫周

桂川 甫周(かつらがわ ほしゅう、宝暦元年(1751年)- 文化6年6月21日(1809年8月2日)は、医師及び蘭学者。桂川家第4代当主。名は国瑞(くにあきら)であり、甫周は通称である。月池・公鑑・無碍庵などの号を用い、字は公鑑。桂川甫三の子で、弟に森島中良(蘭学者・戯作者)がいる。 桂川家において甫周を名乗るものは2名居り、それぞれ桂川家の祖である桂川甫筑から数えて、4代目と7代目に当たる。また5代目にあたる桂川甫筑国宝(ほちく・くにとみ)も一時期甫周を名乗った記録がある。本稿では4代目甫周について記述する。.

新しい!!: 顕微鏡と桂川甫周 · 続きを見る »

梶田半古

梶田 半古(かじた はんこ、明治3年6月25日〈1870年7月23日〉 - 大正6年〈1917年〉4月23日)とは、明治時代から大正時代にかけての日本画家。本名は錠次郎(ていじろう)。初め英洲と号す。二度目の妻は尾崎紅葉門下の閨秀作家北田薄氷。.

新しい!!: 顕微鏡と梶田半古 · 続きを見る »

植物学

植物学(しょくぶつがく、)は、植物を対象とする生物学の一分野。自然史学の一部門に由来する。古くは生物を動物と植物に分けることが一般的であり、生物学が誕生する以前から動物学と植物学は存在していた。.

新しい!!: 顕微鏡と植物学 · 続きを見る »

横紋筋肉腫

横紋筋肉腫(英語:Rhabdomyosarcoma)とは骨、そして筋肉や脂肪といった軟部組織にできる腫瘍である。小児や青少年がかかることが多く、特に小児の発症率は高い。腫瘍は体の様々な部分にできるが、自覚症状がなく発症頻度が低いため、腫瘍が大きくなってから初めて気が付くこともある。胎児型と胞巣型の2種類に大別されるが、胞巣型の方が概して悪性である。また腫瘍の種類によって予後は異なり、特定の疾患との関連があることも指摘されている。.

新しい!!: 顕微鏡と横紋筋肉腫 · 続きを見る »

標準レンズ

標準レンズ(35mm判)ニコンAiAFニッコール50mmF1.8D 標準レンズ(ひょうじゅんレンズ)とは、写真レンズの分類の1つである。広角レンズと望遠レンズの中間に位置する。.

新しい!!: 顕微鏡と標準レンズ · 続きを見る »

標本 (分類学)

アの木 (''Vitellaria paradoxa'') の乾燥標本 生物の標本(ひょうほん、)とは、生物体の全部、あるいは一部を保存可能な状態にしたものである。分類学においては、標本はその生物の存在を証明し、その特徴を明らかにするための大事な証拠である。分類群によって扱いはやや異なるが、うまく保持するために、さまざまな方法が使われている。.

新しい!!: 顕微鏡と標本 (分類学) · 続きを見る »

機工魔術士-enchanter-

『機工魔術士-enchanter-』(エンチャンター)は、河内和泉による日本の漫画作品。『月刊ガンガンWING』(スクウェア・エニックス発行)にて2002年10月号から2008年7月号まで連載された。番外編である『機工魔術士-enchanter- SEQUEL』(エンチャンター シキュール)が『月刊ガンガンWING』2008年11月号2009年3月号まで連載された。単行本は全19巻。各単行本末には作者によるナニワ人戦記がオマケでついている(15巻と16巻には掲載されていない)。2004年11月26日と2005年1月28日に前後編でドラマCDが発売され、またマックスファクトリーからユウカナリアのフィギュアが発売された。.

新しい!!: 顕微鏡と機工魔術士-enchanter- · 続きを見る »

水からの伝言

『水からの伝言』(みずからのでんごん)は、水の結晶である氷から言葉や音楽への反応が読みとれるとする江本勝の著作。水に向かって様々な文字を見せ、または音楽を聴かせた上で氷結させて、融解の過程で生じた結晶を顕微鏡を通して撮影した写真集となっている。シリーズで4巻までが発行された。.

新しい!!: 顕微鏡と水からの伝言 · 続きを見る »

気象学

気象学(きしょうがく、meteorology)は、地球の大気で起こる諸現象(気象)や個々の流体現象を研究する学問。自然科学あるいは地球科学の一分野。 気象を長期的な傾向から、あるいは地理学的観点から研究する気候学は、気象学の一分野とされる場合もあるが、並列する学問とされる場合もある。現代では気象学と気候学をまとめて大気科学(atmospheric science)と呼ぶこともある。 なお、将来の大気の状態の予測という実用に特化した分野を天気予報(気象予報)という。.

新しい!!: 顕微鏡と気象学 · 続きを見る »

河内源一郎

河内 源一郎(かわち げんいちろう、1883年4月30日 - 1948年3月31日)は、日本の官僚、科学者、実業家。 「河内菌」の発見により焼酎の品質を飛躍的に向上させた近代焼酎の父。広島県深津郡吉津村(現・福山市吉津町)生まれ。.

新しい!!: 顕微鏡と河内源一郎 · 続きを見る »

泡(あわ、あぶく、、)または泡沫(ほうまつ、うたかた)とは、液体もしくは固体がその中に空気などの気体を含んで丸くなったもの。気体を包む液体の表面張力により作られる。固体の泡は、液体の状態で形成されたものが固体化されたものが普通である。 液体中に生じた気泡は密度が小さく、上昇して水面に姿を現すとあぶくとなる。液面に出た場合、液体側はやや平らになり、空気中に丸く突出する。空気中の部分は薄い液体の膜からなるが、次第にそれを構成する液体が流下するので薄くなり、最終的には壊れる。これはシャボン玉と同じである。 すぐに割れてなくなるさまから、一時的なブームやバブル経済といった「はかなく消えるもの」の比喩に用いられる。.

新しい!!: 顕微鏡と泡 · 続きを見る »

法医病理学

法医病理学(ほういびょうりがく、Forensic Pathology)、あるいは法病理学は法医学の根幹をなす学問領域の一つである。病理学は一般的に組織標本を顕微鏡で観察することにより、人間の臓器に起きている変化や異変(病変)を発見し、その病態を研究する学問であるが、法医学における病理学は、(1)顕微病理学と(2)人体解剖学の2つに大別される。すなわち、解剖も法医病理学に含まれ、法医解剖学という分野は存在しない。 法医病理学では、死者の死因や生前に負った損傷およびその程度を解剖や組織検査等を実施した上で、医学的な診断を下す。死因のみならず、内因性でも外因性でも起こりうる病気が問題となった場合、所見などから内因性、外因性の判定を行う。 Category:法医学 Category:病理学.

新しい!!: 顕微鏡と法医病理学 · 続きを見る »

渡辺万次郎

渡邉 萬次郎(わたなべ まんじろう、1891年7月2日-1980年3月20日)は、日本の地球科学者。専門は鉱床学。福島県生まれ。.

新しい!!: 顕微鏡と渡辺万次郎 · 続きを見る »

潜水艦スーパー99

『潜水艦スーパー99』(せんすいかんスーパーナインナイン)は、松本零士による漫画作品。単行本は全2巻。.

新しい!!: 顕微鏡と潜水艦スーパー99 · 続きを見る »

朝永振一郎

朝永 振一郎(ともなが しんいちろう、1906年(明治39年)3月31日 - 1979年(昭和54年)7月8日)は、日本の物理学者。相対論的に共変でなかった場の量子論を超多時間論で共変な形にして場の演算子を形成し、場の量子論を一新した。超多時間論を基に繰り込み理論の手法を生み出し、量子電磁力学の発展に寄与した功績によってノーベル物理学賞を受賞した。また、非摂動論の一般理論である中間結合理論は、物性や素粒子の状態を調べる基本手法となった。東京生まれで京都育ち。なお、朝永家自体は長崎県の出身。武蔵野市名誉市民。.

新しい!!: 顕微鏡と朝永振一郎 · 続きを見る »

朝日乾電池

朝日乾電池株式会社(あさひかんでんち)は、大阪の電池メーカー。現在はパナソニックの子会社。.

新しい!!: 顕微鏡と朝日乾電池 · 続きを見る »

木綿

収穫期の綿 走査型電子顕微鏡で見た木綿繊維 木綿・木棉(もめん)は、ワタの種子から取れる繊維。コットン(cotton)とも。ワタ自体のことを木綿と呼ぶこともあるが、ここでは繊維としての木綿について述べる。 ワタとはアオイ科ワタ属の多年草の総称で、木綿は種子の周りに付いている。繊維としては伸びにくく丈夫であり、吸湿性があって肌触りもよい。このため、現代では下着などによく使われるが、縮みやすいという欠点もある。主成分はセルロース。 単に棉・綿(めん)とも言う。摘み取った状態までのものが棉、種子を取り除いた後の状態のものが綿だが、区別しないことも多い。 ただし、「綿」と書いて「わた」と読むのは、本来は塊状の繊維全般を指す語である。布団や座布団の中身を繊維の種類を問わず「綿(わた)」と呼ぶが、これはその本来の用法である。古くは、中でも真綿(絹の原料)を意味することが多かった。.

新しい!!: 顕微鏡と木綿 · 続きを見る »

望遠鏡メーカー一覧

望遠鏡メーカー一覧(ぼうえんきょうメーカーいちらん)は、天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡や観測装置、プラネタリウム、星座早見盤等を製作しているメーカの一覧を示す。.

新しい!!: 顕微鏡と望遠鏡メーカー一覧 · 続きを見る »

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』(たたかえ!ちょうロボットせいめいたいトランスフォーマー)は、トランスフォーマーシリーズのアニメ作品。 米国版『THE TRANSFORMERS』シーズン1-2に相当する。 米国では1984-86年、日本では1985年-86年にかけ、初回放映された。.

新しい!!: 顕微鏡と戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー · 続きを見る »

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』(たたかえ!ちょうロボットせいめいたいトランスフォーマーにいぜろいちぜろ)は、トランスフォーマーシリーズのアニメ作品第2弾で、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の続編。 米国版『THE TRANSFORMERS』シーズン3に相当する。 1986年11月14日 - 1987年6月26日。全32話。日本テレビ系列などで放送。.

新しい!!: 顕微鏡と戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010 · 続きを見る »

星座の一覧

それぞれの文化は、通常神話に基づいたそれぞれの星座を持っている。本項では近代の天文学で使われる88の星座を取り上げる。 古代バビロニア、そして後のギリシア(プトレマイオスによって記述された)では、今日国際的に使われている北半球の星座の多くが制定された。ヨーロッパの探検家が南半球の星空をマッピングすると、ヨーロッパやアメリカの天文学者は、伝統的な星座の隙間を埋めるような新しい星座を提案した。このような提案の全てが受け入れられた訳ではないが、1922年に国際天文学連合は近代の88の星座のリストを採択した。この後、ウジェーヌ・デルポルトがそれぞれの星座の正確な境界を描き、これによって天空上の全ての点は正確に1つの星座に属することになった。.

新しい!!: 顕微鏡と星座の一覧 · 続きを見る »

流星塵

流星塵の顕微鏡写真 流星塵(りゅうせいじん、英語:micrometeorite,micrometeoroid)とは、文字どおり流星から生まれた塵(ちり)である。大きさは数マイクロメートル程度である。.

新しい!!: 顕微鏡と流星塵 · 続きを見る »

流星痕

流星痕(りゅうせいこん)は流星が通った跡に残る物質を指す。比較的明るい流星が通った跡などに見られる。 主に流星が発光した際に残した流星物質の大気中における残骸でもある。これらは宇宙塵(うちゅうじん)として地上に降り注ぐが、一般的には大気中の塵を集め、顕微鏡などで観察することにより見分けられる。 流星痕は数秒から数十分にも及んで残存することがある。流星の発光後、残存物質は濃く残っているが、上層大気にかき消され次第に見えなくなる。大きな火球の通った後では残存物質の濃度が濃いため、かき消されるまでに時間がかかるためである。 また、流星痕は時々淡く発光することが知られている。流星の発光物質が残りそれが発光しているためだともいわれる。 主に流星痕を残す流星群として、しし座流星群などが知られている。 Category:流星 Category:光.

新しい!!: 顕微鏡と流星痕 · 続きを見る »

日本工業規格(医療安全用具)の一覧

日本工業規格(医療安全用具)の一覧は、日本工業規格のT項目(医療安全用具)の一覧である。 いりょうあんせんようく.

新しい!!: 顕微鏡と日本工業規格(医療安全用具)の一覧 · 続きを見る »

日本工業規格(化学)の一覧 (K 2000-2999)

日本工業規格(化学)の一覧 (K 2000-2999)では、日本工業規格のK項目(化学)のうち、番号がK 2000-2999にあたるもの一覧である。 かかく2000.

新しい!!: 顕微鏡と日本工業規格(化学)の一覧 (K 2000-2999) · 続きを見る »

日本工業規格(鉄鋼)の一覧

日本工業規格(鉄鋼)の一覧では、日本工業規格 (JIS) のG分類(鉄鋼)の一覧を示す。.

新しい!!: 顕微鏡と日本工業規格(鉄鋼)の一覧 · 続きを見る »

日本初の一覧

日本初の一覧(にほんはつのいちらん)は、現存の是非にかかわらず、日本で(あるいは日本人による)初めてのことがらの一覧である。.

新しい!!: 顕微鏡と日本初の一覧 · 続きを見る »

日本自然科学写真協会

日本自然科学写真協会(にほんしぜんかがくしゃしんきょうかい、Society of Scientific Photography)は、自然科学分野を中心に活動する写真家、写真愛好家の団体。略称「SSP」。 自然科学の観察や記録のなかで写真撮影の占める割合が高く、研究者や教育者の間でも接写、ハイスピード撮影、望遠鏡・顕微鏡との接続など、プロ並みの撮影技術、機材が要求されることが少なくない。これに加えて、医学、工学分野まで、自然科学分野の写真撮影は広がっている。同協会には各分野で写真撮影に取り組む研究者と技術者、教職員、編集関係者らが参画している。.

新しい!!: 顕微鏡と日本自然科学写真協会 · 続きを見る »

悪性腫瘍

悪性腫瘍(あくせいしゅよう、malignant tumor)は、遺伝子変異によって自律的で制御されない増殖を行うようになった細胞集団(腫瘍)のなかで周囲の組織に浸潤し、または転移を起こす腫瘍である。悪性腫瘍のほとんどは無治療のままだと全身に転移して患者を死に至らしめる大西『スタンダード病理学』第3版、pp.139-141Geoffrey M.Cooper『クーパー細胞生物学』pp.593-595とされる。 一般に癌(ガン、がん、cancer)、悪性新生物(あくせいしんせいぶつ、malignant neoplasm)とも呼ばれる。 「がん」という語は「悪性腫瘍」と同義として用いられることが多く、本稿もそれに倣い「悪性腫瘍」と「がん」とを明確に区別する必要が無い箇所は、同一語として用いている。.

新しい!!: 顕微鏡と悪性腫瘍 · 続きを見る »

感染症の歴史

Michael Wolgemut『死の舞踏』1493年、版画 ---- 「生」に対して圧倒的勝利をかちとった「死」が踊っているすがた — 14世紀の「黒死病」の流行は全ヨーロッパに死の恐怖を引き起こした。 感染症の歴史(かんせんしょうのれきし)では、世界の歴史において、特に後世に社会的、経済的、文化的に甚大な影響を与えた感染症について記述する。.

新しい!!: 顕微鏡と感染症の歴史 · 続きを見る »

懸濁液

小麦粉を分散させた水。青っぽく見えるのは、青い光は赤い光よりも小麦粉の粒子で反射しやすいためである 懸濁液(けんだくえき)とは、固体粒子が液体中に分散した分散系。英語ではサスペンション (suspension)。サスペンジョンともいうが、ドイツ語のズスペンジオーン (Suspension) が混ざった呼び名である。 粒子はコロイド粒子(100nm程度以下)のこともあるが、それより大きな光学的粒子のこともある。コロイド粒子の場合は懸濁コロイドなどと呼び、光学的粒子の懸濁液を特に懸濁液と呼ぶこともある。 光学的粒子の懸濁液は、コロイド溶液とは異なり、時間がたつと定常状態に落ち着く。懸濁粒子は顕微鏡で見ることができ、静かな場所に置くと時間の経過に連れて沈静化する。この点で懸濁液は、粒子がより小さく、沈静化することのないコロイド液と異なる。 (真の)溶液では、溶質は固体では存在せず、溶質と溶媒は均質に混ざり合っているため、懸濁液は存在しない。 懸濁状態において、分散媒は流体(液体、気体等の総称)である。つまり、気体中に固体粒子が分散した状態のものも懸濁している状態である。 .

新しい!!: 顕微鏡と懸濁液 · 続きを見る »

数取器

台湾の自転車競技大会で使われた機械式数取器 数取器(かずとりき、Tally counter)とは、人手により目的の計測物の数量を迅速に数え上げるために用いられる計数用の道具で、度数計(どすうけい)とも呼ばれる。 計測した数量は随時整数により数字で表示される。 品物の個数の検査、迅速なカウントが必要な野鳥や顕微鏡の微生物数などの個体数調査や人や車両の種類を計測する交通量調査などで多く用いられる。 長い間、機械式のものが主流であったが、近年は電池などを用いる電子式のものも登場している。.

新しい!!: 顕微鏡と数取器 · 続きを見る »

手術材料病理診断

手術材料病理診断(しゅじゅつざいりょうびょうりしんだん)は手術等で切除された組織や臓器について病理診断を行うこと。肉眼診断、病理標本による病理組織診断(病理組織学的検索)、特殊病理診断、病変部組織の検体検査等から構成される。.

新しい!!: 顕微鏡と手術材料病理診断 · 続きを見る »

拡大鏡

拡大鏡(かくだいきょう、)とは、ルーペ()、虫眼鏡とも呼ばれるレンズで物体を拡大して観察する光学機器。凸レンズ(虫眼鏡のしくみ)か、フレネルレンズが使われる。.

新しい!!: 顕微鏡と拡大鏡 · 続きを見る »

1-ブロモナフタレン

1-ブロモナフタレン()は、化学式で表される有機臭素化合物である。常温常圧下では、無色ないし黄色の液体である。異性体に2-ブロモナフタレンがある。.

新しい!!: 顕微鏡と1-ブロモナフタレン · 続きを見る »

110フィルム

110フィルムのカートリッジ(裏面・表面)。フジカラー200の24枚撮(生産終了)。 110フィルム(ワンテンフィルム、2011年12月20日閲覧。)は、スチル写真用のフィルムの規格である。カートリッジに16mm幅のフィルムが充填されており、画面サイズは13×17mmである。日本ではポケットフィルムなどとも呼ばれる。1972年(昭和47年)にコダックが導入した規格であり、先行する126フィルムより小さくなったほか、横長のフォーマットとなった。 110フィルム用の写真機を110カメラ(ワンテンカメラ、2011年12月20日閲覧。)、ポケットカメラなどと呼ぶ。⇒ #写真機.

新しい!!: 顕微鏡と110フィルム · 続きを見る »

2光子励起顕微鏡

2(多)光子励起顕微鏡(Two-photon excitation microscopy)とは、物質励起に2光子吸収過程を利用した顕微鏡である。2光子吸収過程は、本来一つの光子しか占有し得ない空間に2つ(またはそれ以上)の光子が飛び込むことである。この2光子吸収過程は自然界では非常に稀にしか起こりえない事象であるが、光子の密度を高めることで起こる確率を高めることができる。 2光子過程では、原理的には2つの光子から元の光子の2倍のエネルギーを持った1つの光子、すなわち波長が1/2の光子が生まれる。 2光子吸収過程の光源は、高い密度の光子と、試料へのダメージを避けるために、フェムト秒超短パルスの高出力ポンプ・レーザーが用いられる。チタンサファイアレーザーは対物レンズ焦点面で集約され、2光子吸収過程が惹起される。このように焦点面のみを励起できる性質から、共焦点顕微鏡と同様に3次元の撮像が可能である。画像構築の方法論は、共焦点走査顕微鏡と同じく、ガルバノ・ミラーと光電子増倍管、光学スリットなどを用いる。ピンホールは必要ないので、蛍光のロスは少なくなる。 光源に最も良く用いられる赤外域レーザーは、長波長であるので、可視光や紫外線領域のレーザーよりも組織透過性が優れている上、焦点面でのみ目的の励起光が発生するため、組織表面から数百マイクロメートルといった深部の顕微鏡像を少ない侵襲で取得することができる。このため、たとえば生きた動物の脳内で起こっている神経細胞活動や血流などを観察可能である。一方で、励起光の発生が確率論的に支配されるので、画像解像度は共焦点に劣る。 対物レンズには、少なくともレーザーの波長から蛍光の波長までを同焦点でカバーできる高性能なものが要求される。 透過性が優れているため、マウスの頭骨を薄く削るなどすれば生きたままの脳の細胞が観察でき、2000年代後半から樹状突起の成長を長期間にわたって追跡するなどの研究が可能となった。.

新しい!!: 顕微鏡と2光子励起顕微鏡 · 続きを見る »

2光子吸収過程

2光子吸収過程とは、多光子吸収過程のうち、同時に2個の光子が吸収されることによって、電子や原子の状態が励起され高いエネルギー準位に遷移すること。通常、非常に低い確率で発生する現象だが、レーザー光を収束させるなどの方法によって光子密度の大きな電磁波を作ると、多数個の光子が同時に吸収される状態が観測できるようになる。 特に、レーザーを収束させることによって生じる2光子吸収が発生する確率は、光子密度に対して非線形である(発生効率が光強度の自乗に比例して発生する)ため、2光子吸収が発生する範囲は、波長によって規定されるビームウェストより小さくなる。そのため、高分解能な顕微鏡や、光造形に応用されることがある。また、エネルギーの低い光で、高い遷移エネルギーを作り出すことができるため、例えば通常紫外線によって生じるような励起を赤外線レーザーによって発生させることもできる。.

新しい!!: 顕微鏡と2光子吸収過程 · 続きを見る »

5秒ルール

w:en:Wikipedia:WikiProject WikiWorldより、5秒ルールの漫画「このポテトチップスにはまだ触っちゃいかんぞ! 1...2...3...4...」「もう遅いよ」 5秒ルール(ごびょうルール)とは落とした食品などを区別する法則である。古くから存在している迷信と思われていたが、イギリスのバーミンガムにあるアストン大学の微生物学のアンソニー・ヒルトン教授率いる研究チームは時間が食品の安全性に影響を与えることを実証した。食品については日本だけでなく北アメリカからイギリスまで世界的規模で認知されている。.

新しい!!: 顕微鏡と5秒ルール · 続きを見る »

600万ドルの男

600万ドルの男(ろっぴゃくまんドルのおとこ、The Six Million Dollar Man)は、1973年から1978年までアメリカ合衆国のABCネットワークで放送されたテレビドラマシリーズで、3本のパイロット版と、5シーズン108話が制作された。.

新しい!!: 顕微鏡と600万ドルの男 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

マイクロスコープ顕微鏡法

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »