ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

電磁両立性(electromagnetic compatibility、EMC)とは、電気・電子機器について、それらから発する電磁妨害波がほかのどのような機器、システムに対しても影響を与えず、またほかの機器、システムからの電磁妨害を受けても自身も満足に動作する耐性である。電磁共存性、電磁的両立性、電磁環境両立性または電磁(環境)適合性とも呼ばれる。.

48 関係: ATACS工学工業製品の自主規制不感地帯両立性三菱・ランサーカーゴ佐藤利三郎北川工業ノイズフロアモービル1ユニバーサルレーザシステムズベリリウム銅アナログ回路アルファ磁気分光器エッチシティオープンサイトオープンサイト (実験室)シールドルーム国際無線障害特別委員会CBTCCPUバス科学情報出版系統連系直交周波数分割多重方式発光ダイオードEMC騒音計誘導障害電磁場解析電磁波電波障害電波暗室通信士ISMバンドLED照明MHealthRFIDVCCI協会柏通信所接地東京計器機能安全次世代EMC研究会残響室漏洩電磁波日産・NV150AD日本工業規格(土木および建築)の一覧早川正士

ATACS

ATACS(アタックス、Advanced Train Administration and Communications System)とは東日本旅客鉄道(JR東日本)が開発し、2017年(平成29年)11月現在、仙石線(あおば通駅 - 東塩釜駅間)と埼京線(池袋駅 - 大宮駅間)において使用している保安装置である。従来、軌道回路で行っていた列車位置検知を車上検知に変更し、地上と車上の通信をデジタル無線で行うのが大きな特徴である。また既存の信号システムにおける自動列車保安装置(ATSやATC)、連動装置、踏切の制御装置を全て内包している保安装置である。また日本初の移動閉塞(クロージング・イン)システムである。.

新しい!!: 電磁両立性とATACS · 続きを見る »

工学

工学(こうがく、engineering)とは、.

新しい!!: 電磁両立性と工学 · 続きを見る »

工業製品の自主規制

工業製品の自主規制(こうぎょうせいひんのじしゅきせい)とは、過剰な開発競争の抑止や社会的に不適合な工業製品の出現を排除する目的で、製造メーカーや業界団体などが自主的に規制を設けること。日本国内のメーカーが国内向けに販売する製品に限って規制を設ける場合、輸出用の製品は規制の枠外であるため、しばしば逆輸入品が国内に出回ることもある。.

新しい!!: 電磁両立性と工業製品の自主規制 · 続きを見る »

不感地帯

バート・バード・グリーンバンク望遠鏡 不感地帯(ふかんちたい、英語:Radio Quiet Zone、RQZ)は、電波の届かない地域あるいは電波の送信が規制されている地域。.

新しい!!: 電磁両立性と不感地帯 · 続きを見る »

両立性

両立性(りょうりつせい).

新しい!!: 電磁両立性と両立性 · 続きを見る »

三菱・ランサーカーゴ

ランサーカーゴ(LANCER CARGO )は、三菱自動車工業が販売しているライトバンである。尚、本稿ではランサーバンについても述べる。.

新しい!!: 電磁両立性と三菱・ランサーカーゴ · 続きを見る »

佐藤利三郎

佐藤 利三郎(さとう りさぶろう、1921年9月23日 - 2011年4月12日)は、日本の工学者、工学博士。東北大学名誉教授。東北学院大学名誉教授。宮城県古川市(現大崎市)に生まれる。東京タワー(日本電波塔)の放送アンテナや、新幹線の通信システムの設計、開発に従事。通信工学の権威。.

新しい!!: 電磁両立性と佐藤利三郎 · 続きを見る »

北川工業

北川工業株式会社(きたがわこうぎょう、)は、愛知県稲沢市に本社を置く工業用プラスチック部品及びEMC対策部品メーカー。.

新しい!!: 電磁両立性と北川工業 · 続きを見る »

ノイズフロア

ノイズフロアを示すスペクトラムアナライザによる測定 信号理論において、ノイズフロアとは測定システム内のすべてのノイズ源と不要な信号の合計から作成される信号の尺度である。このときのノイズはモニタしている信号以外の信号と定義する。 無線通信や電子機器においては、熱雑音、黒体、宇宙雑音、遠くの雷雨などの大気雑音と偶発的雑音と言われることのあるその他の不要な人口信号を含むおそれがある。主要なノイズが測定機器内(例えば、雑音指数の低いレシーバによるものなど)で生成された場合、これは物理ノイズフロアとは対照的な機器ノイズフロアの例である。これらの単語は必ずしも明確に定義されたものではなく、ときに混用される。 電気システム間の干渉を避けることは、電磁両立性の分野の別個の問題である。 地震計などの測定システムにおいては、物理的なノイズフロアは偶発的なノイズによって決定され、それには近くの歩行者の交通量や近くの道路を含んでいる場合がある。測定された振幅を平均したときにノイズフロアと同じくらいである可能性があるため、ノイズフロアは確実にとることのできる最小の測定値を制限するものである。 電子機器のシステムでノイズフロアを下げる一般的な方法は、主要なノイズ源となっているシステムを冷却して熱雑音を低減することである。特殊な状況下では、ディジタル信号処理の技術を使用してノイズフロアを人工的に下げることもできる。 ノイズフロアを下回る信号は異なるスペクトラム拡散通信を使用することで検出することができる。この通信は特定の情報帯域幅の信号を意図的に周波数領域に拡散することで、結果としてより広い占有帯域幅を持つ信号が得られるというものである。.

新しい!!: 電磁両立性とノイズフロア · 続きを見る »

モービル1

モービル1(モービルワン、Mobil 1)は、エクソンモービルが販売している化学合成エンジンオイルである。.

新しい!!: 電磁両立性とモービル1 · 続きを見る »

ユニバーサルレーザシステムズ

ユニバーサルレーザシステムズ本社 株式会社ユニバーサルレーザシステムズ()は、アメリカ合衆国アリゾナ州スコッツデールに本社を置く、工作機械メーカーである。 神奈川県横浜市に日本法人を構えており、日本全国とアジア全域において、サポートを提供しています。.

新しい!!: 電磁両立性とユニバーサルレーザシステムズ · 続きを見る »

ベリリウム銅

ベリリウム銅(ベリリウムどう)、BeCuは、銅に0.5 - 3%のベリリウムを加えた合金であり、さらに別の金属が加えられることもある。ベリリウム銅は高い強度を持ち、また非磁性であり火花が出ない特性を持っている。さらに、金属加工、成形、機械加工に向いた特性も持っており、危険な環境下での工具、楽器、精密測定機器、弾丸、宇宙開発用の材料など、各種の応用に用いられる。ベリリウムを含む材料には毒性があり、加工中に吸入すると危険性がある。かつてはベリリウム青銅(ベリリウムせいどう)と呼ばれたことがあったが、現在では「ベリリウム銅」の方が一般的である。.

新しい!!: 電磁両立性とベリリウム銅 · 続きを見る »

アナログ回路

アナログ回路(アナログかいろ)は、連続的に変化する電気信号を取り扱う電子回路である。これに対してデジタル回路は有限個の信号レベル(通常2つ)しか持たない信号を扱う。「アナログ」という言葉は、信号とその信号を実際に表している電圧や電流が比例関係にあることを意味している。「アナログ」の語源はギリシャ語の ανάλογος (analogos) で、「比例」を意味する。.

新しい!!: 電磁両立性とアナログ回路 · 続きを見る »

アルファ磁気分光器

アルファ磁気分光器(Alpha Magnetic Spectrometer)は、国際宇宙ステーションに搭載されている素粒子物理学の実験装置である。AMS-02とも呼ばれる。宇宙線を測定し、様々な種類の未知の物質を調査することを目的に設計されている。この実験によって宇宙の構造がより明確にされ、暗黒物質や反物質の性質を解明する手がかりになることが期待されている。代表研究者はノーベル物理学者のサミュエル・ティンで、機体の最終試験はオランダにある欧州宇宙機関のヨーロッパ宇宙研究技術センターで行われ、2010年8月にフロリダのケネディ宇宙センターに搬送された。当初は同年7月のスペース・シャトルエンデバー号の最後の飛行となるSTS-134(エンデバー号)で打ち上げられる予定であったが延期され、AMS-02を載せたSTS-134は2011年5月に打ち上げられた。 AMS-02の初期観測報告は、2013年4月3日に行われ、宇宙線の中から暗黒物質(ダークマター)の証拠を検出した可能性があると発表した。しかし、他の天文現象であった可能性も残っているため、引き続き観測・分析を続けて明らかにしていくとした。.

新しい!!: 電磁両立性とアルファ磁気分光器 · 続きを見る »

エッチシティ

ッチシティ (HCT Co., Ltd.)は韓国のKCC認証とFCC、CE認証を含めた各国の認証を進む試験機関である。尚、校正事業と物質カウンタ-とアンテナを開発事業も行っている。2000年に(株)現代電子から分社して設立されたため、最初の会社名は「現代校正認証技術院法人」だったが、2007年「HCT Co., Ltd」に変更された。韓国と中国、アメリカに支社を持っている。.

新しい!!: 電磁両立性とエッチシティ · 続きを見る »

オープンサイト

ープンサイト.

新しい!!: 電磁両立性とオープンサイト · 続きを見る »

オープンサイト (実験室)

長野県工業技術総合センターが所有する長野県岡谷市の施設 オープンサイト(open site) とは、EMC計測などに使用する、屋外に設けられた実験設備である。.

新しい!!: 電磁両立性とオープンサイト (実験室) · 続きを見る »

シールドルーム

ールドルームとは、外部からの電場や磁場の影響を受けず、かつ外部に電場や磁場を漏らさないように設計・施工された部屋である。.

新しい!!: 電磁両立性とシールドルーム · 続きを見る »

国際無線障害特別委員会

国際無線障害特別委員会(フランス語でComité international spécial des perturbations radioélectriques: CISPR、シスプル) は電気・電子機器から発する電磁波障害について、測定法・許容値などの規格を国際的に統一することを目的に、1934年に設立された、国際電気標準会議(IEC)の特別委員会。 CISPRは運営委員会と、分野ごとに分かれた以下の6つの小委員会・分科会(Sub Committee: SC)によって構成される。.

新しい!!: 電磁両立性と国際無線障害特別委員会 · 続きを見る »

CBTC

CBTC()は、列車と地上設備の間での通信を使って列車の運行と制御を行う信号保安技術である。従来型の信号システムに比べて、CBTCでは列車のより正確な位置を利用して制御を行うことができる。これにより、従来より安全かつ効率的な列車の運行を実現することができる。都市鉄道でもその他の鉄道でも、安全性を維持あるいは向上させながら、運転時隔を短縮することができる。 IEEE 1474の標準では、CBTCは「軌道回路によらない高精度列車位置検知技術と、連続大容量の双方向車上-地上間データ通信と、自動列車保安装置および、場合によっては自動列車運転装置と運行管理の機能を実現できる車上および地上装置を利用した、連続的な自動列車制御システム」と定義されているIEEE Standard for CBTC Performance and Functional Requirements (1474.1-1999).

新しい!!: 電磁両立性とCBTC · 続きを見る »

CPUバス

CPUバス (CPU Bus) とは、CPU直結のバスである。 マルチプロセッサ構成の場合はプロセッサ同士を、またCPUとノースブリッジやキャッシュメモリ(CPUがn次キャッシュまで内蔵している場合はn+1次キャッシュ)など、システムの構成上CPUにごく近い要素を接続する。CPUがそれほど高速でなかった昔は、外部まで引っ張り出されているものもあった。.

新しい!!: 電磁両立性とCPUバス · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: 電磁両立性と年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: 電磁両立性と年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: 電磁両立性とクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: 電磁両立性とクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: 電磁両立性と元日 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: 電磁両立性と新年 · 続きを見る »

科学情報出版

科学情報出版株式会社は、理工学書や技術雑誌を主に取り扱う日本の出版社。 本社は茨城県つくば市、東京都中央区に東京事業所を構える。 大学の補助教材として採用されている書籍が多数ある。.

新しい!!: 電磁両立性と科学情報出版 · 続きを見る »

系統連系

系統連系(けいとうれんけい)とは、発電設備などが商用電力系統へ並列(発電設備などを商用電力系統に接続すること)する時点から解列(発電設備などを商用電力系統から切り離すこと)する時点までの状態の事を言う。 系統連系には、電気事業者の電力系統へ電力を供給する逆潮流の有る場合と無い場合がある。.

新しい!!: 電磁両立性と系統連系 · 続きを見る »

直交周波数分割多重方式

交周波数分割多重方式(ちょっこうしゅうはすうぶんかつたじゅうほうしき、orthogonal frequency-division multiplexing, OFDM)は、デジタル変調の一種である。coded OFDM (COFDM) とは実質的に同一である。フランスの (放送通信研究所、略称:)で、第3世代移動通信システム用に開発されたが、本格的に導入されたのは第3.9世代移動通信システムからである。.

新しい!!: 電磁両立性と直交周波数分割多重方式 · 続きを見る »

発光ダイオード

光ダイオード(はっこうダイオード、light emitting diode: LED)はダイオードの一種で、順方向に電圧を加えた際に発光する半導体素子である。 1962年、ニック・ホロニアックにより発明された。発明当時は赤色のみだった。1972年にによって黄緑色LEDが発明された。1990年代初め、赤崎勇、天野浩、中村修二らによって、窒化ガリウムによる青色LEDの半導体が発明された。 発光原理はエレクトロルミネセンス (EL) 効果を利用している。また、有機エレクトロルミネッセンス(OLEDs、有機EL)も分類上、LEDに含まれる。.

新しい!!: 電磁両立性と発光ダイオード · 続きを見る »

EMC

EMC.

新しい!!: 電磁両立性とEMC · 続きを見る »

騒音計

騒音計(そうおんけい、英:Sound level meter)は、音の客観的な物理的性質を数値化する装置。集音用のマイクロフォンを搭載する。この装置によって算出された数値を騒音レベルと言う。人の聴感特性を考慮した周波数重み付け特性Aが適用されていて、通常はdB(デシベル)の単位で表す。 騒音計は日本国内では計量法やJIS C 1509、国際的にはIEC 61672で規格が定められている。また、等価騒音レベルの測定方法について日本国内ではJIS Z 8731で定められているなど、検査、測定については他にも規定が存在する。.

新しい!!: 電磁両立性と騒音計 · 続きを見る »

誘導障害

誘導障害(ゆうどうしょうがい、inductive interference)とは、送電線に流れる電流の電磁誘導や、送電線との静電誘導により、他の送電線や通信回線に電流が流れて人に危害を与えたり通信障害を引き起こしたりする現象である。.

新しい!!: 電磁両立性と誘導障害 · 続きを見る »

電磁場解析

電磁場解析(でんじばかいせき、)とは、マクスウェルの方程式を解くことにより、対象物と電磁場の相互作用を解析することである。過去には、マクスウェルの方程式から導出される偏微分方程式を解析的に(手計算にて)計算することを指していたが、現在は専らコンピュータによって計算することを指し、積分方程式を解く解法もある。 工学分野では、電磁界解析という。電磁場解析には、静電場(静電界)解析、静磁場(静磁界)解析、電磁誘導解析、電磁波解析等が含まれる。このうち、電磁波解析は高周波回路や無線通信用回路、アンテナやレーダー等の設計・解析、電磁環境適合性 回折格子などに使用される。また、比較的低周波(数十Hz - 数百Hz)の磁界解析は、モーターなどの回転器やの設計などに用いられる。.

新しい!!: 電磁両立性と電磁場解析 · 続きを見る »

電磁波

電磁波(でんじは )は、空間の電場と磁場の変化によって形成される波(波動)である。いわゆる光(赤外線、可視光線、紫外線)や電波は電磁波の一種である。電磁放射()とも呼ばれる。現代科学において電磁波は波と粒子の性質を持つとされ、波長の違いにより様々な呼称や性質を持つ。通信から医療に至るまで数多くの分野で用いられている。 電磁波は波であるので、散乱や屈折、反射、また回折や干渉などの現象を起こし、 波長によって様々な性質を示す。このことは特に観測技術で利用されている。 微視的には、電磁波は光子と呼ばれる量子力学的な粒子であり、物体が何らかの方法でエネルギーを失うと、それが光子として放出される。また、光子を吸収することで物体はエネルギーを得る。.

新しい!!: 電磁両立性と電磁波 · 続きを見る »

電波障害

電波障害(でんぱしょうがい、electromagnetic interference、EMI)とは、電波の受信に障害が発生したり、電波により電子機器が誤動作することである。.

新しい!!: 電磁両立性と電波障害 · 続きを見る »

電波暗室

電波暗室(でんぱあんしつ、英:Anechoic chamber)とは、外部からの電磁波の影響を受けず、かつ外部に電磁波を漏らさず、さらに内部で電磁波が反射しないように設計・施工されたシールド空間のことである。したがって、周囲の電波環境に影響されない空間である 日本航空電子。 無線機器の実験やEMC計測などに使用する特殊な実験室である。電波無響室とも呼ぶ。.

新しい!!: 電磁両立性と電波暗室 · 続きを見る »

通信士

通信士(つうしんし)とは、電気通信設備による情報交換に従事する者をいう。十九世紀初頭に出現した有線通信の従事者に始まり 狼煙などの視覚通信も光すなわち電磁波を必要とするので、電気通信と言えなくもない。18〜19世紀のヨーロッパに存在した腕木通信の中継所では、訓練をうけた専従者が働いていた。中野明 (作家)   日本の近畿地方でも、18世紀半ばから明治の初めまで旗振り通信が存在し、米相場などの情報伝達を業とする者がいた。また17世紀以降の琉球王国には、船舶の運航状況を狼煙で伝えるための先島諸島火番盛が存在し、島民が交代で詰めていた。、 二十世紀半ば以降は無線通信に携わる者を指すことが多い。電信技士・無線士・無電技師、などとも呼ばれる 欧米では(英)Operator(仏)Opérateur など「運用する人」と呼ばれることが多かった。ただ現在では通信関係でオペレーターというと、移動体にかかわる電気通信事業者を連想する人が多いようである。またTelegraphist/Télégraphiste という言い方もある。ちなみに日本の電波法が定める無線従事者は、ここでいう通信士には該当しない資格も含むが、総務省によるでは、これを Radio Operator としている()。 この項目では、通信士という職種の変遷と現状について解説する。関連する国家資格については、無線従事者・海技従事者・航空従事者、などを参照 主に電気通信の技術面にかかわる資格については、電気通信主任技術者および無線技術士などを参照。。 技術や制度の詳細およびネットで読める資料は、各部の注釈に記載した。なお過去の事例を解説する際に、現在の日本における用語を使用したところがある。.

新しい!!: 電磁両立性と通信士 · 続きを見る »

ISMバンド

ISMバンド(アイエスエムバンド)とは、ISM (Industry Science Medical) 周波数帯のことで、そのまま産業科学医療用バンドと言うこともある。 国際電気通信連合 (ITU) により、電波をもっぱら無線通信以外の産業・科学・医療に高周波エネルギー源として利用するために割り当てられた周波数帯である。.

新しい!!: 電磁両立性とISMバンド · 続きを見る »

LED照明

LED照明(エルイーディーしょうめい、LED lamp, LED light bulb)は、発光ダイオード (LED) を使用した照明器具のことである。2017年現在、照明器具の主力光源となっている。 LEDを使用しているため、低消費電力で長寿命といった特徴を持つ。定格範囲内で使用する限り発光素子自身は比較的長寿命であり、熱による劣化が寿命の決定要因となる。 LED照明に求められる白色の発色には青色の光源が必要なため、1990年代に青色LEDが発明されるまでは可視光LEDを使ったLED照明を作ることは現実的ではなかった。ブルーライトを伴った高輝度のLED照明が普及し環境や健康に有害であるため、2016年にはアメリカ医師会が、運転や睡眠、生態系に与える影響を低減するためのガイダンスを作成している。.

新しい!!: 電磁両立性とLED照明 · 続きを見る »

MHealth

mHealthまたはモバイルヘルスとはスマートフォンなどの携帯情報端末を積極的に医療に導入することで個人の健康を高める仕組み。.

新しい!!: 電磁両立性とMHealth · 続きを見る »

RFID

非接触ICカード RFID(radio frequency identifier)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指す。 従来のRFタグは、複数の電子素子が乗った回路基板で構成されていたが、近年、小さなワンチップのIC (集積回路)で実現できるようになってきた。 これはICタグと呼ばれ、そのサイズからゴマ粒チップと呼ばれることもある。 一般的にRFIDとはICタグ、その中でも特にパッシブタイプのICタグのみを指して用いられることが多い。 非接触ICカードも、RFIDと同様の技術を用いており、広義のRFIDの一種に含まれる。 非接触ICカードは乗車カードや電子マネー、社員証やセキュリティロックなどの認証用など色々な用途がある。日本では、FeliCa 規格が支配的である。 狭義では、タグとリーダとの間の無線通信技術であるが、技術分野としてはそれにとどまらず、タグを様々な物や人に取り付け、それらの位置や動きをリアルタイムで把握するという運用システム全般まで含めて語られる。 実世界のオブジェクトを、デジタルの仮想世界と結びつけて認識や操作ができるようになるという点が、社会的に様々な波及効果を与えると考えられている(期待される用途を参照)。.

新しい!!: 電磁両立性とRFID · 続きを見る »

VCCI協会

一般財団法人 VCCI協会(ブイシーシーアイきょうかい)は、コンピュータなどの情報機器から発生する電磁妨害波の自主規制を行う、日本の業界団体である。VCCIとは、かつての名称である情報処理装置等電波障害自主規制協議会(Voluntary Control Council for Information Technology Equipment)の略称である。.

新しい!!: 電磁両立性とVCCI協会 · 続きを見る »

柏通信所

柏通信所(かしわつうしんじょ、Kashiwa Communications StationまたはKashiwa Communication Site)は、かつて千葉県柏市大字中十余二字元山・大字十余二字南前山・流山市駒木台にかけて存在したアメリカ軍の通信施設。通称「キャンプ・トムリンソン(Camp Tomlinson)」。なお、隣接地で航空自衛隊によって現在も運用されている柏送信所は、自衛隊独自の指揮管理に関する送信業務を主として行うため、1956年(昭和31年)に設置されたもので、柏通信所の機能や任務とは関係ない。.

新しい!!: 電磁両立性と柏通信所 · 続きを見る »

接地

接地(せっち)とは、電気機器の筐体・電線路の中性点・電子機器の基準電位配線などを電気伝導体で基準電位点に接続すること、またその基準電位点そのものを指す。本来は基準として大地を使用するため、この名称となっているが、基準として大地を使わない場合にも拡張して使用されている。アース(earth)、グランド(グラウンド)(ground)とも呼ばれる。.

新しい!!: 電磁両立性と接地 · 続きを見る »

東京計器

東京計器株式会社(とうきょうけいき)は、東京都大田区に本社を置く精密機器メーカー。船舶港湾機器、油空圧機器、流体機器、防衛・通信機器の開発・製造・販売及び修理を主な事業とする会社。.

新しい!!: 電磁両立性と東京計器 · 続きを見る »

機能安全

機能安全(きのうあんぜん、functional safety)は「監視装置や防護装置などの付加機能によるリスク低減策」であり、安全方策(安全を確保する為の考え方)の1つである。人間、財産、環境などに危害を及ぼすリスクを、機能や装置の働きにより、許容可能なまでに低減する一つのやり方である。JIS C 0508(IEC 61508)は「被制御機器(EUC)及び被制御機器制御系の全体に関する安全のうち、電気・電子・プログラマブル電子安全関連系及び他のリスク軽減措置の正常な機能に依存する部分」と定義している。自動車の機能安全規格ISO 26262は、機能安全の対象を「電気電子(E/E)システムの機能不全のふるまい」 に限定しているISO 26262:2011。→#自動車の機能安全 電気・電子・プログラマブル電子(Electrical・Electronic・Programmable Electronic)は、E/E/PE(またはE/E/PES)という略号を使用している。 機能安全は、本質安全という考え方と対比して説明される事ある。例えば踏切では、列車と道路を通行する車輌等との事故の危険がある。安全を確保する為に交差しないというのが本質安全に基づいた考え方である。立体交差にするというのは、事故の原因が少なくなるので、機能安全の考え方を適用したものと言える。立体交差で鉄道が上か自動車道が上かで、物の落下や柵のつけ方によって事故の被害の大きさが変動することからも立体交差が本質安全ではないことが分かる。踏切に警報機や遮断機を設置するというのも、事故の可能性は無くなりはしないが、これらの機能や装置の働きにより、許容可能なまでに危険を低減できるので、機能安全の考え方を適用したものと言える。.

新しい!!: 電磁両立性と機能安全 · 続きを見る »

次世代EMC研究会

次世代EMC研究会(じせだいEMCけんきゅうかい)は正田英介(現鉄道総合研究所会長、東京大学名誉教授)が会長を務める技術研究会。 EMCをテーマに技術研究を行う機関。 毎年サンシャインシティにてEMC環境フォーラムを主催している。EMC環境フォーラムは2014年時点で第20回を迎えるEMC業界最大級のフォーラム。 その他、熱設計、静音化設計、モータ設計、HEMS、BEMS、など技術フォーラムも併催。.

新しい!!: 電磁両立性と次世代EMC研究会 · 続きを見る »

残響室

残響室(ざんきょうしつ)は、壁面などの音の吸収を抑え、長い残響が生じるように設計された音響実験室。 残響室は、音場 (sound field) の拡散、ないし、ランダムな発生を生み出すように、すなわち、短時間のうちに画一的な音響エネルギーが与えられ、ランダムな方向への音の発生が生じるように、設計された部屋であり、比較的大きな部屋になりがちであるが、これによって音場は広がり音波の経路は長くなる。また、露出した壁面の表面は コンクリートや、タイル貼りなど、大変硬くできている。硬い壁面によって生じる、音響インピーダンスの空気に対しての変化が大きいため、壁面に達する音響エネルギーのほとんど全てが室内に跳ね返される。室内の壁面を天井も含めて調整し平行な面を作らないようにすることで、定常波が生じないよう工夫されており、さらに、より反響を生じやす壁面を生み出すために、音響を拡散させる仕掛け (diffusers) が施されたり、さらに特定の音場が強調されることもある。 残響室はおもに、建築物の内装用素材などの吸収係数や、スピーカーの音の放射効率の計測といった音響学的実験に用いられる。また、自動車などの遮音性能を調べたり、二つの残響室を開口部でつないでそこに遮音物を設置してその遮音特性を計測することもある。 また、音響に用いられるだけでなく、電気力学でも用いられ、例えば、、音源のの計測などに使われる。こうした様々な技術的試験において、残響室の音場は拡散的なものであることが想定されており、通常は広帯域の音源であるホワイトノイズやピンクノイズが用いられ、可聴域の全体にわたって音響エネルギーが存在する音場が得られる。.

新しい!!: 電磁両立性と残響室 · 続きを見る »

漏洩電磁波

漏洩電磁波(ろうえいでんじは、compromising emanations)は、電子機器内部で発生する電磁波が、その強度が十分に弱くないため、あるいは完全なシールドは難しいために、外部で計測可能なほどに漏洩するものである。サイドチャネル攻撃などに利用可能なため、特に他者に知られたくない情報を含んだ電磁波を指すこともある。アメリカ国家安全保障局などではTEMPESTと呼び研究している。暗号の攻撃法としての利用についてはサイドチャネル攻撃の記事を参照のこと。.

新しい!!: 電磁両立性と漏洩電磁波 · 続きを見る »

日産・NV150AD

NV150 AD(エヌブイイチゴーマル エーディー)は、日産車体が製造、日産自動車が発売する商用車。OEM供給モデルとして、三菱・ランサーカーゴが販売され、かつてはマツダ・ファミリアバンとスバル・レオーネバンも存在した。 なお、この項では4代目2016年11月の改良型登場までのAD、上級モデルのADエキスパート、および旧モデルのADバン、かつて存在した乗用車登録仕様のADワゴンについても述べる。.

新しい!!: 電磁両立性と日産・NV150AD · 続きを見る »

日本工業規格(土木および建築)の一覧

日本工業規格(土木及び建築)の一覧は、日本工業規格のA分類(土木及び建築)の一覧である。.

新しい!!: 電磁両立性と日本工業規格(土木および建築)の一覧 · 続きを見る »

早川正士

早川 正士(はやかわ まさし、1944年2月26日 - )は、日本の研究者。専門は、電磁環境学で、キーワードは電波と環境。具体的なテーマは電離圏/磁気圏プラズマ波動と磁気圏診断、方探、大気雑音(雷、地球温暖化など)と中間圏発光現象、環境電磁工学(EMC)、地震電磁気学(地震予知学)等。 愛知県名古屋市出身。電気通信大学電気通信学部電子工学科教授を経て、電気通信大学名誉教授、㈱早川地震電磁気研究所代表取締役。.

新しい!!: 電磁両立性と早川正士 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: 電磁両立性と2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: 電磁両立性と2019年 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

Electromagnetic Compatibilityイミュニティエミッション環境電磁工学電磁波耐性電磁的両立性電磁環境両立性電磁適合性

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »