ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

萎縮

索引 萎縮

萎縮(いしゅく、atrophy)は、正常な容積に発育した臓器や組織の容積が様々な原因により減少した状態。萎縮の形式により、実質細胞の縮小による単純萎縮と実質細胞数の減少による数的萎縮とに分類される。萎縮の原因によっても分類され、加齢などによる生理的な原因とする生理的萎縮、栄養不足を原因とする栄養障害性萎縮、神経障害を原因とする神経性萎縮、持続的な圧迫を原因とする圧迫性萎縮、活動の停止や制限を原因とする不使用性萎縮、ホルモンの欠如や不足を原因とする内分泌性萎縮、局所の貧血を原因とする貧血性萎縮に分類される。萎縮に対して、正常な臓器や組織が容積まで達しない場合を低形成あるいは形成不全、全く発育しない場合を無発生と呼ぶ。.

36 関係: 失調干し首乳房再建亜鉛欠乏症伝染性ファブリキウス囊病心的外傷後ストレス障害ミオパチーリポフスチンプログラム細胞死ファーストパーソン・シューティングゲームステロイド皮膚症セレン欠乏症るいそう犬ジステンパー皮疹矮小歯窩洞筋ジストロフィー筋萎縮性側索硬化症精子無力症粘液水腫義眼生体組織診断過形成遠位型ミオパチー頭部外傷頭蓋内圧褐色萎縮鶏伝染性気管支炎鶏貧血ウイルス車椅子赤点病肥大退縮悪液質急性灰白髄炎

失調

失調(しっちょう)とは、医学用語で、ある機能が調節を失うこと。様々な機能について用いられ、複数の英語またはラテン語の訳語になる。運動失調、自律神経失調症、統合失調症など語尾に用いられることが多い。これに対して単に失調という場合は、英語の ataxia の訳語運動失調と同義に用いられることが最も多いが、incontinence(または incontinentia)の訳語として、失禁と同義に用いられることもある。 運動が円滑に行われるためには多くの筋肉の協働、協調が必要だが、その協調を欠いた状態が失調と呼ばれる。個々の筋肉の力は正常であるが運動は拙劣にしか行えなくなる。大脳性失調、小脳性失調の他、平衡感覚が損なわれた前庭性失調、深部感覚が損なわれた脊髄性失調がある。.

新しい!!: 萎縮と失調 · 続きを見る »

干し首

干し首(ほしくび)とは、装飾用に加工された人間の頭部のことである。 かつては首狩りを実践していた多数の部族の風習として干し首が作られていた。最も有名な例としては、現在のエクアドルとペルーにあたる地域に住んでいたヒバロー族あるいはシュアール族の干し首が挙げられる。シュアール族の間では、干し首はツァンツァの名で呼ばれていた。干し首の製作には宗教的な意義があり、ヨーロッパ人との交易用に非宗教的な干し首も作られたが、宗教的な干し首と非宗教的な干し首とは明確に区別されていた。 第二次世界大戦中には、ドイツの強制収容所において囚人の頭部を使用した干し首が作られていたことが報告されている。最も有名な報告はブーヘンヴァルト収容所で行われたもので、そこでは他の囚人を威嚇するために収容所の中央に干し首が掲げられていた。.

新しい!!: 萎縮と干し首 · 続きを見る »

乳房再建

乳房再建(にゅうぼうさいけん、Breast reconstruction)とは、外傷や奇形、乳癌除去手術などの理由で形状が大きく損なわれた乳房を再建する形成外科術である。.

新しい!!: 萎縮と乳房再建 · 続きを見る »

亜鉛欠乏症

亜鉛欠乏症(あえんけつぼうしょう)は、「亜鉛欠乏の臨床症状」と「血清亜鉛値」によって診断される疾患である。味覚障害、貧血、皮膚炎、口内炎、脱毛症、難治性の褥瘡(じょくそう、床ずれ)、食欲低下、発育障害(小児で体重増加不良、低身長)、性腺機能不全、不妊症、易感染性のうち1つ以上の症状を示し、血清亜鉛値が60μg/dL未満で亜鉛欠乏症と診断される。.

新しい!!: 萎縮と亜鉛欠乏症 · 続きを見る »

伝染性ファブリキウス囊病

伝染性ファブリキウス囊病(でんせんせいふぁぶりきうすのうびょう、英:infectious bursal disease,IBD)とは伝染性ファブリキウス囊病ウイルス感染を原因とする感染症。ガンボロ病とも呼ばれる。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はニワトリ。伝染性ファブリキウス嚢病ウイルスはビルナウイルス科アビビルナウイルス属に属するRNAウイルス。ウイルスはファブリキウス囊で増殖し、汚染糞便が感染源となる。鶏における症状は元気消失、緑色下痢便、免疫抑制などであり、治療法は確立されていない。伝染性ファブリキウス囊病ウイルスは感染するとファブリキウス囊のB細胞を破壊し、病理学的特徴としてファブリキウス囊に浮腫を起こした後に速やかに萎縮、胃や筋胃内出血、脾腫、胸腺の出血や萎縮、リンパ性細胞の壊死が認められる。従来型と高病原性のvvIBDに分類される。診断には中和試験、寒天ゲル内沈降反応、蛍光抗体法、ELISAが用いられる。種鶏に生ワクチン、不活化ワクチン接種を行い、移行抗体により孵化直後の感染を防ぎ、移行抗体消失直後に雛に生ワクチンを接種することにより予防を行う。.

新しい!!: 萎縮と伝染性ファブリキウス囊病 · 続きを見る »

心的外傷後ストレス障害

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である『』2003年1月。27頁。「外傷後ストレス障害」項目A。症状がまだ1か月を経ていないものは急性ストレス障害である。 心的外傷(トラウマ)には事故・災害時の急性トラウマと、児童虐待など繰り返し加害される慢性の心的外傷がある。 治療では、精神療法においては認知行動療法やEMDR、ストレス管理法である。成人のPTSDにおける薬物療法はSSRI系の抗うつ薬であるが、中等度以上のうつ病が併存しているか、精神療法が成果を上げないあるいは利用できない場合の選択肢である。日本および国際的なガイドラインにおいて、ベンゾジアゼピン系の薬剤の効果は疑問視されている。.

新しい!!: 萎縮と心的外傷後ストレス障害 · 続きを見る »

ミオパチー

ミオパチー(ミオパシー、Myopathy)とは、「Myo-(筋肉)」と「-pathy(病、苦痛)」からなる単語であり、一般的には筋肉の疾患の総称を指し、非常に多くの病気を含んでいる。筋疾患の症状の大半は、筋肉(骨格筋)が萎縮することによっておこる筋力の低下である。筋肉が萎縮する原因には大まかに2つあるが、1つは筋肉自体に問題がある場合であり、もう1つは筋肉を動かす神経に問題がある場合である。前者を筋原性疾患(ミオパチー、Myopathies)といい、後者を神経原性疾患(ニューロパチー、Neuropathies)という。ミオパチーの中では筋ジストロフィー (Muscular Dystrophy)が非常に有名であり、ニューロパチーでは筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis、ALS)がよく知られている。いずれも極度の筋力低下を伴う重篤な難病である。.

新しい!!: 萎縮とミオパチー · 続きを見る »

リポフスチン

リポフスチン(lipofuscin)は、細胞質内の不飽和脂肪酸の過酸化によりリソソーム内に形成される不溶性色素。リソソームによって細胞内消化された異物の残余物質であり、加齢性色素あるいは消耗性色素とも呼ばれる。ヘモジデリンと異なり鉄を含まない。重度の栄養不良あるいは老齢個体の肝細胞、心筋線維、神経細胞において出現する。シュモール反応陽性であり青緑色を呈する。萎縮した肝臓あるいは心臓にリポフスチンが認められる場合は褐色萎縮と呼ばれる。.

新しい!!: 萎縮とリポフスチン · 続きを見る »

プログラム細胞死

プログラム細胞死(プログラムさいぼうし、Programmed cell death, PCD)は多細胞生物における不要な細胞の計画的(予定・プログラムされた)自殺である。組織傷害などで細胞死を起こす壊死と異なり、一般にはPCDは生物の生命に利益をもたらす調節されたプロセスである。PCDは植物、動物、一部の原生生物で正常な組織形成や病原体などによる異常への対処として働く。.

新しい!!: 萎縮とプログラム細胞死 · 続きを見る »

ファーストパーソン・シューティングゲーム

FPSの1つである『S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyat』。 『OpenArena』のゲーム画面。 ファーストパーソン・シューター(英:First Person shooter、略称FPS)とは、主にシューティングゲームの一種で、主人公の本人(第一者)視点(FPSまたはFPV(en))でゲーム中の世界・空間を任意で移動でき、武器もしくは素手などを用いて戦うアクションゲームのスタイルを指す。基本的に画面に表示されるのはプレイヤーキャラクターの一部(腕など)と武器・道具のみである。混同されがちだが、プレイヤーキャラクターの姿が見えるゲームはサードパーソン・シューティングゲーム(TPS:第三者視点)として区別される。 日本で用いられる「ファーストパーソン・シューティングゲーム(First Person shooting game)」は和製英語で、アメリカではファーストパーソン・シューター(First Person shooter)と表現する。「本人(一人称)視点シューティングゲーム」と訳される。また、「ファーストパーソン・シューティングゲーム」という呼称が定着する以前は「3Dシューティングゲーム」や、「DOOM系シューティングゲーム」などと呼ばれており、現在でもそのように表現する人も少なくはない。 広義ではフライトシミュレータのうち主観による空中戦や、剣や魔法による主観型アクションロールプレイングゲームなどを含む、単なる本人視点を指す言葉として用いられる。ここではもっとも狭義となるゲームジャンルとしてのFPSについて解説する。.

新しい!!: 萎縮とファーストパーソン・シューティングゲーム · 続きを見る »

ステロイド皮膚症

テロイド皮膚症(ステロイドひふしょう)とは、ステロイド外用薬を使用し続けることによって起こるとされる一群の副作用が現れた皮膚の症状名。.

新しい!!: 萎縮とステロイド皮膚症 · 続きを見る »

セレン欠乏症

レン欠乏症(Selenium deficiency)は、セレンの欠乏によって引き起こされる病気である。ヒトでは極めて稀で、通常ではほとんど報告されていない。.

新しい!!: 萎縮とセレン欠乏症 · 続きを見る »

るいそう

るいそう(羸痩、emaciation, Abmagerung)とは、脂肪組織が病的に減少した症候をいう津田、VI.〔冒頭〕。いわゆるやせ(痩せ、leanness, thinness)の程度が著しい状態であり鈴木、1)、症候であることを強調するためにるいそう症『日本国語大辞典』第二版、13巻、小学館、2002年1月。、あるいは症候性やせ藤枝、7.などと称することもある。脂肪組織が過剰に蓄積した症候である肥満症(obesity)、あるいは症候性肥満(symptomatic obesity)と対極にある概念である出村、2)。 通常、脂肪組織が減少すると、それに伴って筋肉などの非脂肪組織も減少するが、脂肪組織のみが特異的に減少するリポジストロフィーのような例外もある『医学大辞典』第19版、南山堂、2006年3月。『内科診断学』、3章 §14 1. 金芳堂。。 関連する用語に体重減少(weight loss)が挙げられるが、厳密には別概念とみなすべきという意見もある。一方で体重減少が特に急激であったり、あるいは慢性化したりすると、るいそうに至るため、臨床的には体重を基準に診断を行うのが現実的である。また、乳幼児期においては、体重が減少しない場合であっても、単に体重の増加が不良であるだけで、速やかにるいそうをきたす。なお、飢餓による栄養失調(malnutrition)の状態を「るいそう」と総称することもある。 るいそうは、組織各部が萎縮(atrophy)し、体積が小さくなることによって生じると解釈することもできるが、先天的に組織の体積が小さいものは「」(hypoplasia)と呼び、区別される伊藤正男・井村裕夫・高久史麿 編『医学大辞典』第2版、医学書院、2009年2月。。また、小児における身長、体重、発達など全般的な発育の異常は、「成長障害」(failure to thrive)と呼ぶ。なお、るいそうは、成長障害を伴うことが多い。 るいそうや体重減少には、重要な疾患が背後に存在することも決して珍しいことではなく、早期に原因を検索し、適切に治療を行うことが必要となる。.

新しい!!: 萎縮とるいそう · 続きを見る »

犬ジステンパー

テンパー(いぬジステンパー、Canine distemper)は、犬ジステンパーウイルス(CDV)を原因とするイヌをはじめとしたネコ目(食肉目)の感染症である。.

新しい!!: 萎縮と犬ジステンパー · 続きを見る »

皮疹

疹(ひしん)とは、皮膚に出現する肉眼的変化である発疹(はっしん、ほっしん、rash, eruption, exanthem, exanthema)の表現方法のことである。以下に示す用語は、皮膚科学をはじめ医療分野で一般的に使用される言葉である。また、口などの粘膜に生じるものを粘膜疹(ねんまくしん)と特別に言う。.

新しい!!: 萎縮と皮疹 · 続きを見る »

矮小歯

小歯(わいしょうし、microdont)とは、ヒトの歯の平均的な解剖学的大きさを基準とした際に、それよりも異常に小さい歯のこと。 歯冠が萎縮した形態をしているために、歯の退化現象とも表現される。その形は、もとの歯の形態をそのまま小さくしたようなものから、円錐や栓状といった形に変化してしまっているものもある。過剰歯は矮小歯となる傾向が強い。 好発部位は上顎側切歯や第三大臼歯、過剰歯で、前者は円錐歯、後者は蕾状歯となることが多い。巨大歯とは違い、乳歯にもみられ、上下顎乳側切歯に多く、下顎では乳側切歯と乳犬歯が両方とも栓状の矮小歯となることがやや多く見られる。 原因としては、下垂体性小人症やダウン症候群、また顎骨が大きいために相対的に小さく見える場合などがある。.

新しい!!: 萎縮と矮小歯 · 続きを見る »

窩洞

窩洞(かどう、Cavity)とは、歯の硬組織病巣部(例:齲蝕)の除去などの欠損を修復する為に、歯にある一定の条件に従って形成した洞を指す。 歯学の臨床、特に保存修復学の専門領域であり、医療行為の為、窩洞形成は歯科医師にしかできない行為である。.

新しい!!: 萎縮と窩洞 · 続きを見る »

筋ジストロフィー

筋ジストロフィー(きんジストロフィー、英語:Muscular Dystrophy)とは、筋線維の破壊・変性(筋壊死)と再生を繰り返しながら、次第に筋萎縮と筋力低下が進行していく遺伝性筋疾患の総称である。発症年齢や遺伝形式、臨床的経過等から様々な病型に分類される。その内、最も頻度の高いのはデュシェンヌ型である。.

新しい!!: 萎縮と筋ジストロフィー · 続きを見る »

筋萎縮性側索硬化症

筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、、略称: )は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。治癒のための有効な治療法は現在確立されていない。ICD-10ではG12.21。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病である。 治療薬としては1999年から「リルゾール」がALS治療薬として日本では保険収載されている。2015年6月、急性脳梗塞などの治療薬として使われてきたエダラボン(商品名:ラジカット)が「筋萎縮性側索硬化症における機能障害の進行抑制」として効能・効果の承認をうけた。.

新しい!!: 萎縮と筋萎縮性側索硬化症 · 続きを見る »

精子無力症

精子無力症とは精子の運動性が低下した状態を示す用語。精子無力症では精子の質が低下し、男性側の要因による不妊症あるいは受精率の低下の主要な原因の1つである。家畜においては採精時に活発な前進運動を示す精子が50%以下である場合に精子無力症と判断され、精巣萎縮、精巣、副生殖腺、尿道の炎症、尿の混入などが原因となり、治療は原因を除去するための処置を行うが、一般に予後は不良である。精子無力症に対して採精時に精子が死滅している状態を精子死滅症と呼ぶ。.

新しい!!: 萎縮と精子無力症 · 続きを見る »

粘液水腫

粘液水腫()とは一般的に高度に進行した甲状腺機能低下症に続発する皮膚や組織の疾病。皮膚に水和力の高い酸性ムコ多糖類が蓄積することによって、顔面は眼瞼、鼻、頬及び口唇等が浮腫状を呈する。他に四肢の皮膚、手掌、足底等においても浮腫が出現し、体毛等も脱毛して減少する状態をいう。甲状腺機能低下症は外科的に甲状腺を除去することによって発生する萎縮性疾病である橋本病を原因とすることがあり、粘液水腫はさらに稀な疾病である。粘液水腫の一形態である前脛骨粘液水腫は、時として甲状腺機能亢進症を原因とする成人のバセドウ病や甲状腺機能低下症を伴わない橋本病で出現することがある。.

新しい!!: 萎縮と粘液水腫 · 続きを見る »

義眼

義眼(ガラス製) 義眼(ぎがん)とは、人工的に製作された眼球のこと。.

新しい!!: 萎縮と義眼 · 続きを見る »

生体組織診断

生体組織診断(せいたいそしきしんだん)は、病変部位の組織を採取し顕微鏡で病変部位を観察することによって、病気の診断または病変の拡大の程度を調べるために有用な臨床検査の一つである。生検(せいけん)・バイオプシーとも呼ばれる。.

新しい!!: 萎縮と生体組織診断 · 続きを見る »

過形成

過形成(かけいせい).

新しい!!: 萎縮と過形成 · 続きを見る »

遠位型ミオパチー

遠位型ミオパチー(えんいがた - 、Distal Myopathy)とは胸・腰など『駆幹』や上腕・大腿部など『躯幹』から離れた部位から筋肉が萎縮していく病気である。ミオパチー(Myopathy)とは単に筋肉の病気(筋疾患)のことを呼び、筋ジストロフィーやミオパチーが含まれる。しかし、医学的に筋疾患の患者さんの筋細胞膜の構造をみるとDystrophy(ジストロフィー)とMyopathy(ミオパチー)に分類されていて、筋疾患で言うミオパイーと病名でのミオパチーには違いがある。筋疾患には、体幹に近い部位から侵されるもの(近位型、proximal)と体幹から離れた部位から侵されていくもの(遠位型、distal)が存在すると報告されている。デュシェンヌ型筋ジストロフィーなど体幹から近い所の筋肉が萎縮する疾患を近位型、手足の先の方から筋肉が萎縮する疾患を遠位型として報告されているが、遠位型で報告されている3つの病気の病状には違いがあり必ずしも遠位型とは言えない。近年、遠位型ミオパチーは病名と言うよりは病気の進行をあらわしたものと見られている。.

新しい!!: 萎縮と遠位型ミオパチー · 続きを見る »

頭部外傷

頭部外傷(とうぶがいしょう、、)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。.

新しい!!: 萎縮と頭部外傷 · 続きを見る »

頭蓋内圧

頭蓋内圧(ずがいないあつ、; )とは、特殊な医療機器によって測定される頭蓋骨内部の圧力である。脳圧、脳髄液圧とも言う。その圧はホメオスタシスによって極めて一定に保たれており、その大きな変動は、重大な疾患の表徴であると共に、それ自体が死あるいは致死的な合併症をもたらす。.

新しい!!: 萎縮と頭蓋内圧 · 続きを見る »

褐色萎縮

褐色萎縮()とはリポフスチン(消耗性色素)の沈着を伴う臓器、組織、細胞の萎縮。消耗性疾患や慢性栄養不良を呈する動物の心臓、肝臓、腎臓、副腎などで認められる。褐色萎縮はナイル青染色、シュモール染色で青染、ズダン染色、チール・ネルゼン染色で赤染、ベルリン青反応陰性。.

新しい!!: 萎縮と褐色萎縮 · 続きを見る »

鶏伝染性気管支炎

鶏伝染性気管支炎(にわとりでんせんせいきかんしえん、英:avian infectious broncchitis)とは鶏伝染性気管支炎ウイルス感染を原因とするニワトリの感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はニワトリ。鶏伝染性気管支炎ウイルスはコロナウイルス科ガンマコロナウイルス属に属するRNAウイルス。本ウイルスは致死率は低いが、伝播力が強く、潜伏期が1〜3日間と短い。品種、性、日齢に関係なく発生し、呼吸器症状を特徴とし、極期には猫の鳴き声様の奇声が認められる。気管、鼻道、副鼻腔に滲出液が認められる。病理学的には呼吸器におけるカタル性炎症、腎臓の腫大、産卵鶏では輸卵管の萎縮が認められる。診断には発育鶏卵や鶏腎培養細胞によるウイルス分離が最も確実な方法であるが、中和試験、寒天ゲル内沈降反応、蛍光抗体法、ELISAも用いられる。予防には生ワクチンおよび不活化ワクチンが使用されるが、抗原性が異なる場合には十分な予防効果が見込めない。肺脳炎型ニューカッスル病、伝染性喉頭気管炎、伝染性コリーザとの鑑別が必要である。.

新しい!!: 萎縮と鶏伝染性気管支炎 · 続きを見る »

鶏貧血ウイルス

鶏貧血ウイルス(にわとりひんけつウイルス、Chicken anaemia virus;CAV)とは家禽に影響を与えるウイルスの1種。環状一本鎖DNAをゲノムに持ち、エンベロープを保有しない。鶏貧血ウイルスは感受性動物に貧血、骨髄萎縮、深刻な免疫抑制を引き起こす。移行抗体を持つ雛では抵抗性を示し、移行抗体を持たない若い雛が感染すると臨床症状を示すことがある。1か月齢以上の雛では発症しない。ワクチンを使用した飼養形態が普及したため、鶏貧血ウイルス感染症は現在では稀であるが、鶏貧血ウイルスの不顕性感染は蔓延している。.

新しい!!: 萎縮と鶏貧血ウイルス · 続きを見る »

車椅子

一般的な車椅子。公共の施設などでの車椅子利用者のために設けられたスペースの一例。詳しくは車椅子スペース参照 国際シンボルマーク(International Symbol of Access)。車椅子に限らず、障害者全般が利用できる施設である事を示す。ピクトグラムを参照 車椅子(くるまいす、wheelchair)とは、身体の機能障害などにより歩行困難となった者の移動に使われる福祉用具。日本の道路交通法では、そもそも「車両」とは異なり、「身体障害者用の車いす」として扱われ、さらに通行のために供されている物、つまり通行中に限っては歩行者として扱われる。一般的なものは、椅子の両側に自転車に似た車輪が1対、足元にキャスター(自在輪)が1対の、計4輪を備える。 筋力などの理由により一般的なものの利用が困難な場合、「電動車いす」の利用が検討される。こちらは動力に電動モーターを使用したものであるが、いわゆる「セニアカー(シニアカー)」などと呼称されるものとは構造が異なる。そのほかにも、重度な障害者向けにストレッチャーのような形態のものや、各種障害者スポーツに特化したものも存在しており、以下、該当項目を参照して欲しい。 かつて長期にわたり「椅」(い)が常用漢字外であった常用漢字外だったのは2010年11月30日まで。こともあり、日本の法令では「椅子」を平仮名にした車いすと表記されているほか、法令以外でも車いすの表記が用いられることも多い。 使用者として、身体障害者の内でも下肢障害者が思い浮かべられるが、脳性まひなどによる不随意運動やパーキンソン病などによる振戦により身体の動作がうまくいかない場合や、内部疾患(心臓や呼吸器)により中長距離の歩行が困難な者、加齢による筋力低下、怪我(骨折など)による一時的使用者など、幅広く使われており、そのため、普段は使わない人でも、中長距離歩行に不安の有るものが移動の時には使用しており、これらの方々の利用に供する為、公共施設や病院には備え付けのものが常備されていたり、自治体などでは貸し出しのシステムが備えられている場合がある。.

新しい!!: 萎縮と車椅子 · 続きを見る »

赤点病

赤点病()とは、シュードモナス・アンギリセプチカ(Pseudomonas anguilliseptica)の感染を原因とするニホンウナギの感染症。ヨーロッパウナギやアユで発生することもある。体表に点状出血、肝臓のうっ血、脾臓の褪色・萎縮、腹膜の点状出血が認められる。25℃以上の水温で終息する。P.

新しい!!: 萎縮と赤点病 · 続きを見る »

肥大

肥大(ひだい、hypertrophy)は、組織あるいは器官が通常の容積よりも大きさを増した状態。狭義の肥大では細胞数の増加を伴わず個々の細胞の容積の増大による組織や器官の容積の増大を示すが、細胞数の増加による組織や器官の容積の増大を意味する過形成と同時に起こることが多く、厳密に両者を区別することは困難である。労働性肥大、代償性肥大のように生理的な肥大と病的な肥大が存在する。肥満も肥大に含まれる。腫脹とは定義が違う。.

新しい!!: 萎縮と肥大 · 続きを見る »

退縮

器官の退縮()とは器官が縮小あるいは通常の容積に戻ること。.

新しい!!: 萎縮と退縮 · 続きを見る »

悪液質

悪液質(あくえきしつ、cachexia)は、何らかの疾患を原因とする栄養失調により衰弱した状態。同義語としてカヘキシーがある。 悪性腫瘍や白血病でよく発生する。悪性腫瘍の末期における、炭水化物やタンパク質の代謝変化などを原因とする悪液質を癌悪液質と呼ぶ。下垂体性悪液質は下垂体の広範な破壊を原因とする悪液質性疾患であり、体重減少、低タンパク血症、脱毛、粘液水腫、臓器の萎縮などが認められる。 悪液質の顕著な臨床的特徴は、成人の場合は体重減少(体液貯留を補正)、小児の場合は成長障害(内分泌疾患を除く)である (Washington definition)。 がん細胞が増殖するとミトコンドリアの好気的代謝が機能不全となって嫌気的解糖が亢進し(「ワールブルク効果」を参照)、産生された多量の乳酸は肝臓にてコリ回路を通じて多量のATPを消費した後、糖新生によりグルコースが再生される一連の工程を経て大量のグルコースとエネルギーが非効率に消費されることになる。このような機構から、悪液質の諸症状と低栄養が古典的に説明されている。.

新しい!!: 萎縮と悪液質 · 続きを見る »

急性灰白髄炎

急性灰白髄炎(きゅうせいかいはくずいえん、poliomyelitis)は、ポリオ (Polio) とも呼ばれ、ピコルナウイルス科、エンテロウイルス属のポリオウイルスによって発症するウイルス感染症のこと。ポリオは、Poliomyelitis(ポリオマイアライティス)の省略形。ポリオウイルスが原因で、脊髄の灰白質(特に脊髄の前角)が炎症をおこす。はじめの数日間は胃腸炎のような症状があらわれるが、その後1パーセント以下の確率で、ウイルスに関連した左右非対称性の弛緩性麻痺(下肢に多い)を呈する病気である。.

新しい!!: 萎縮と急性灰白髄炎 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »