ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

神経毒

索引 神経毒

経毒(しんけいどく、Neurotoxicity)とは、神経細胞(神経単位、ニューロン)に特異的に作用する毒のことである。通常、膜蛋白質とイオンチャネルとの相互作用によって効果を及ぼす。一般的な作用は麻痺であり、それは極めて急速に起こる。.

138 関係: まだらの紐合成ムスク塩化アルミニウム外毒素小膠細胞中華料理店症候群ミナミオオガシラミリスチシンマルオアマガサマンバ属マンドレイクマダラウミヘビハルマンバトラコトキシンムダヅモ無き改革メイラード反応モノアミン酸化酵素阻害薬ヤドクガエル科ヨーロッパクサリヘビラーテルラッパウニラッセルクサリヘビリンカルスレンリソウ属ロテノントナリドトリフルオロメチルアミノインダントリクロロエチレントリコトゲウミヘビヘビヘビ毒ブラックマンバブームスラングパフトキシンパフアダーヒロオウミヘビヒガシグリーンマンバビリルビンピレスロイドピトフーイツマベニチョウテトロドトキシンディートフードコブラ属ファルカリノールファイアサラマンダーフィエステリアフグドウモイ酸...ドクトカゲ科ドクニンジンニホンマムシニオイスミレベラトリジンベルサリドベンゼンヘキサクロリドアナベナアルチトキシンアンボイナガイアニサチンアオマダラウミヘビアスプクサリヘビアスプコブラアゾキシメタンイミプロスリンイモガイインドコブライボテン酸ウミヘビ科ウラニルイオンウェルシュ菌エチルトリフルオロメチルアミノインダンエチレンジオキシメタンフェタミンエラブウミヘビエンスラポイド作戦エセロリンオルニーの病変オニダルマオコゼオクラトキシンカメムシ目カレニア・ブレビスカフェイン中毒カギノテクラゲカサゴ目キングコブラギンピ・ギンピギンコトキシンクリオキノールクロッカーウミヘビクロクビコブラクロゴケグモクロザピンクロストリジウム・ブチリカムクジャククサリヘビ科グラスピーグルタミン酸ケープコブラコノトキシンコブラ科シアノペプトリンシガトキシンジメチルシアナミドジメチル水銀ジメトエートジエチル水銀スクミリンゴガイスジイルカスズメバチセグロウミヘビサンゴヘビ属サキシトキシンサシハリアリ内海聡神経ガスDDD (小説)西遊記ヒーローGo空伝!自然毒耳腺Β-カルボリンJP-8MDMAのドーパミン作動性神経毒性についての撤回された論文MK-801毒グモ毒素毒蛇毒性学溶媒振戦せん妄有機リン化合物5-メトキシ-6-メチル-2-アミノインダン5-ヨード-2-アミノインダン6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリン6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリン6-ヒドロキシドーパミン6-クロロ-2-アミノテトラリン インデックスを展開 (88 もっと) »

まだらの紐

まだらの紐」(まだらのひも、The Adventure of the Speckled Band)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち8番目に発表された作品である。『ストランド・マガジン』1892年2月号初出。同年発行の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』(The Adventures of Sherlock Holmes) に収録された。 1927年3月号の『ストランド・マガジン』で、ドイルはこの作品をホームズの短編の中で第1位に置いている。また、『オブザーヴァー』誌の読者による順位付けでもこの作品が第1位に置かれている。.

新しい!!: 神経毒とまだらの紐 · 続きを見る »

合成ムスク

合成ムスク(ごうせいムスク、)は、麝香の香気(ムスク香)を持つ有機化合物のうち、天然に存在せず人工的に合成された香料の総称である。天然のジャコウジカから採取される麝香の国際取引はワシントン条約により禁止されており、需要のほとんどは合成ムスクで賄われる。.

新しい!!: 神経毒と合成ムスク · 続きを見る »

塩化アルミニウム

塩化アルミニウム(えんかあるみにうむ、Aluminium chloride)はアルミニウムの塩化物で、無水物と6水和物が知られている。塩基性塩化アルミニウムの重合体を指して塩化アルミニウムと呼ぶ場合もある。塩化アルミニウム(ポリ塩化アルミニウム・アルミナ10%換算値)2008年度日本国内生産量は582,542t、工業消費量は9,036tである。.

新しい!!: 神経毒と塩化アルミニウム · 続きを見る »

外毒素

外毒素(がいどくそ、exotoxin)とは細菌が菌体外に放出する毒素の総称であり、その成分はタンパク質あるいはポリペプチドである。外毒素は水に溶けやすくその多くは酵素である。内毒素が菌種間で毒性が非特異的であるのに対して外毒素の毒性は特異的である。外毒素はタンパク質であるためホルマリン等で処理すると毒性を失うが、免疫原性を有するトキソイドとなる。外毒素を産生するのはほとんどすべてのグラム陽性菌といくつかのグラム陰性菌である。代表的な外毒素としてClostridium perfringensのα毒素、破傷風菌、ボツリヌス菌の神経毒、コレラ菌のコレラ毒素、病原性大腸菌(O157)のベロ毒素、黄色ブドウ球菌の腸管毒トキシンB、ロイコシジン、毒素性ショック症候群毒素などのエンテロトキシンがある。.

新しい!!: 神経毒と外毒素 · 続きを見る »

小膠細胞

小膠細胞(しょうこうさいぼう、Microglia)またはそのまま英語でミクログリアは、脳脊髄中に存在するグリア細胞の一種。中枢神経系における細胞の約5〜20%を占めている。Hortega細胞とも呼ばれる。他のグリア細胞は外胚葉由来であるのに対し、ミクログリアは中胚葉由来であり、神経幹細胞から分化する。 マクロファージ様の神経食現象を有し、神経組織が炎症や変性などの傷害を受けるとミクログリアが活性化し、病変の修復に関与する。Fc受容体・補体受容体・MHCの発現、IL-1の分泌を行い、中枢神経系の免疫細胞としての役割を有する可能性が示唆されている。.

新しい!!: 神経毒と小膠細胞 · 続きを見る »

中華料理店症候群

中華料理店症候群(ちゅうかりょうりてんしょうこうぐん、チャイニーズ・レストラン・シンドローム、Chinese Restaurant Syndrome(CRS))あるいはグルタミン酸ナトリウム症候群(グルタミンさんナトリウムしょうこうぐん、Monosodium Glutamate Symptom Complex(MSGSC))とは頭痛、顔面紅潮、発汗、顔面や唇の圧迫感などの症状から構成される症候群である。.

新しい!!: 神経毒と中華料理店症候群 · 続きを見る »

ミナミオオガシラ

ミナミオオガシラ(南大頭)またはナンヨウオオガシラ(南洋大頭) Boiga irregularis はナミヘビ科に分類される樹上性の蛇。日本では爬虫類マニアと、外来生物や環境問題に詳しい一部の人々以外にはあまり知られていないので、学名の属名ボイガや英名そのままのブラウンツリースネイクといった呼称もよく使用される。グアム島の固有種を含む少なくとも7種の鳥類を絶滅させ、同島の生態系を壊滅に追いやった侵略的外来種として悪名高い。.

新しい!!: 神経毒とミナミオオガシラ · 続きを見る »

ミリスチシン

ミリスチシン(Myristicin)は、フェニルプロペンの一種である。ナツメグの精油中に少量存在し、また更に量は少ないが、パセリやイノンド等にも含まれる。水に不溶だが、エタノールやアセトンに可溶である。.

新しい!!: 神経毒とミリスチシン · 続きを見る »

マルオアマガサ

マルオアマガサ(丸尾雨傘、学名:)は、コブラ科アマガサヘビ属に分類されるヘビ。特定動物。.

新しい!!: 神経毒とマルオアマガサ · 続きを見る »

マンバ属

マンバ属(マンバぞく、Dendroaspis)は、有鱗目コブラ科に属する属。特定動物。.

新しい!!: 神経毒とマンバ属 · 続きを見る »

マンドレイク

マンドレイク(Mandrake)、別名マンドラゴラ(Mandragora)は、ナス科マンドラゴラ属の植物。 古くから薬草として用いられたが、魔術や錬金術の原料として登場する。根茎が幾枝にも分かれ、個体によっては人型に似る。幻覚、幻聴を伴い時には死に至る神経毒が根に含まれる。 人のように動き、引き抜くと悲鳴を上げて、まともに聞いた人間は発狂して死んでしまうという伝説がある。根茎の奇怪な形状と劇的な効能から、中世ヨーロッパを中心に、上記の伝説がつけ加えられ、魔法や錬金術を元にした作品中に、悲鳴を上げる植物としてしばしば登場する。絞首刑になった受刑者の男性が激痛から射精した精液から生まれたという伝承もあり『世界幻想動物百科』・121頁、形状が男性器を彷彿とさせることから多産の象徴と見られた。.

新しい!!: 神経毒とマンドレイク · 続きを見る »

マダラウミヘビ

マダラウミヘビ(斑海蛇、Hydrophis cyanocinctus)は、は、爬虫綱有鱗目コブラ科ウミヘビ属に分類されるヘビ。有毒で、神経毒を持っている。.

新しい!!: 神経毒とマダラウミヘビ · 続きを見る »

ハルマン

ハルマン (harmane, harman)は、コーヒー、ソース、焼かれた肉など、様々な食品に含まれる複素環式アミンの一種である。たばこの煙にも含まれる。.

新しい!!: 神経毒とハルマン · 続きを見る »

バトラコトキシン

バトラコトキシン()は、心毒性、神経毒性を持つステロイドアルカロイドの一種である。南米コロンビアのある種のカエル(モウドクフキヤガエル等)から単離された。パリトキシンに次ぐ猛毒であり、現地人の間では古くから矢毒として用いられている。 1969年に構造が決定され、1998年にハーバード大学の岸義人によって母体骨格であるバトラコトキシニンAが全合成された。 2009年現在、唯一の有毒な鳥類として知られるピトフーイは同族塩基ホモバトラコトキシンをもっている。.

新しい!!: 神経毒とバトラコトキシン · 続きを見る »

ムダヅモ無き改革

『ムダヅモ無き改革』(ムダヅモなきかいかく)は、大和田秀樹による日本の漫画。『近代麻雀オリジナル』(竹書房)誌上において2006年3月号から不定期掲載され、2009年4月からは『近代麻雀』に移籍連載されている。2015年に一旦終了したが、同誌の2017年9月15日号(2017年8月12日発売)から、新シリーズ『ムダヅモ無き改革 プリンセス オブ ジパング』が連載されている。 麻雀漫画ではあるが、構成要素のほとんどが「熱いギャグ」であるため、麻雀を知らなくても楽しめるのが特徴。日本・アメリカなどの首脳同士がF-15戦闘機などを賭けて麻雀外交を繰り広げるという型破りな内容となっている。なお、登場人物は実在の人物をモデルにしているが、あくまで「この作品はフィクションです。実在の人物とは“あまり”関係ありません」との注意書きがある。2010年にOVA化された。特に漫画版では『機動戦士ガンダム』、OVA版では『北斗の拳』のパロディが多いのも特徴。「襲来!!!バルチック艦隊」では4ページの見開きを使い話題を呼んだが、2010年12月には26ページにも及ぶ見開きを使用した。.

新しい!!: 神経毒とムダヅモ無き改革 · 続きを見る »

メイラード反応

メイラード反応(メイラードはんのう、Maillard reaction)とは、還元糖とアミノ化合物(アミノ酸、ペプチドおよびタンパク質)を加熱したときなどに見られる、褐色物質(メラノイジン)を生み出す反応のこと。褐変反応 (browning reaction) とも呼ばれる。アミノカルボニル反応の一種であり、褐色物質を生成する代表的な非酵素的反応である。メイラード反応という呼称は、20世紀にフランスの科学者がこの反応の詳細な研究を行ったことから名付けられた(日本語表記の「メイラード」は、フランス語のMaillard[マヤール:]を英語読みした「マイヤード」「メイヤード」を日本語化した表記である)。 食品工業において、食品の加工や貯蔵の際に生じる、製品の着色、香気成分の生成、抗酸化性成分の生成などに関わる反応であり、非常に重要とされる。メイラード反応は加熱によって短時間で進行するが、常温でも進行する。ただし、その場合には長時間を要する。.

新しい!!: 神経毒とメイラード反応 · 続きを見る »

モノアミン酸化酵素阻害薬

モノアミン酸化酵素阻害薬(-さんかこうそそがいやく、英:Monoamine oxidase inhibitor:MAOI)は、モノアミン酸化酵素の働きを阻害することによって、脳内の主なモノアミン神経伝達物質であるドーパミンやセロトニン、アドレナリンのような物質を分解されないようにする薬剤の総称である。MAO阻害薬とも呼ばれる。抗うつ薬や抗パーキンソン病薬として用いられる。日本では、過去に抗うつ薬にも使われたが、現在では抗パーキンソン病薬として使われる。 モノアミン酸化酵素には、AとBがあり、一番最初のイプロニアジドはその両方に作用し、肝炎などの副作用によって市場から撤退した。古典的な抗うつ薬としてのはBを阻害するMAO-B阻害剤である。食品中のチラミンによって血圧が高まるといった副作用があり、重症のうつ病以外には用いられなくなった。この副作用を改良した可逆性モノアミン酸化酵素A阻害薬(RIMA)という、可逆性MAO-A阻害剤が開発され、(オーロリクス)が海外で使われている。RIMAは社交不安障害の治療選択肢でもある。天然に由来するRIMAであるハルミンは、アヤワスカという幻覚剤の形で南米の原住民に伝統的に用いられてきた。 副作用として、最終的に体内でドーパミンとなる食品中のチラミンとの相互作用によって、発作的な高血圧が生じることがある。薬物間の相互作用も同様であり、セロトニンの再取り込みを阻害する多くの抗うつ薬では、セロトニン症候群を起こしうるため併用禁忌である。ドーパミンの放出を促進する薬物と併用も注意を要する。.

新しい!!: 神経毒とモノアミン酸化酵素阻害薬 · 続きを見る »

ヤドクガエル科

ヤドクガエル科(矢毒蛙科、Dendrobatidae)は、両生綱無尾目に属する科の1つ。.

新しい!!: 神経毒とヤドクガエル科 · 続きを見る »

ヨーロッパクサリヘビ

ヨーロッパクサリヘビ(Vipera berus) は、爬虫綱有鱗目クサリヘビ科クサリヘビ属に分類されるヘビ。.

新しい!!: 神経毒とヨーロッパクサリヘビ · 続きを見る »

ラーテル

ラーテル(Mellivora capensis)は、食肉目イタチ科ラーテル属に分類される食肉類。本種のみでラーテル属を構成する。 ラーテルは蜂の巣を襲う数少ない哺乳類であることが知られており、好物の蜂蜜を巡ってミツオシエ科の小鳥と共生関係にある。.

新しい!!: 神経毒とラーテル · 続きを見る »

ラッパウニ

ラッパウニ(、喇叭雲丹)は、ラッパウニ科に属する熱帯系のウニの一種。短い棘を持つ大型種で、有毒である。表面はラッパ型の叉棘に覆われる。.

新しい!!: 神経毒とラッパウニ · 続きを見る »

ラッセルクサリヘビ

ラッセルクサリヘビ(Daboia russelii)は、爬虫綱有鱗目クサリヘビ科Daboia属に分類されるヘビ。Daboia属の模式種。.

新しい!!: 神経毒とラッセルクサリヘビ · 続きを見る »

リンカルス

リンカルス(学名:Hemachatus haemachatus)は、爬虫綱有鱗目コブラ科リンカルス属に属するヘビ。本種一種のみでリンカルス属を形成する。有毒である。特定動物。別名リンガルス、ドクハキコブラ。.

新しい!!: 神経毒とリンカルス · 続きを見る »

レンリソウ属

レンリソウ属(レンリソウぞく)は、スイートピーやレンリソウなどを含むマメ科の属の一つで、およそ160種が含まれる。世界中の温帯地域を中心に、ヨーロッパに52種、北アメリカに30種、アジアに78種、東アフリカに24種、南アメリカ温帯地域に24種が分布する。蔓性もしくは叢生する一年草または多年草。この属には、かつては別の属に分類されていたOrobusも含め、多数の節がある。.

新しい!!: 神経毒とレンリソウ属 · 続きを見る »

ロテノン

テノン (rotenone) は無臭の化合物で、フェニルプロパノイドの一種である。殺虫剤・殺魚剤・農薬として広く効果を持つ。天然にはある種の植物の根や茎に含まれる。ラットに投与するとパーキンソン症候群の原因となる。毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている 。.

新しい!!: 神経毒とロテノン · 続きを見る »

トナリド

トナリド()は、化学式Oで表される、多環状合成ムスクの一つである。トナリドの名称は、Polack's Frutal社の商標である。.

新しい!!: 神経毒とトナリド · 続きを見る »

トリフルオロメチルアミノインダン

トリフルオロメチルアミノインダン(5-Trifluoromethyl-2-aminoindane, TAI)は、エンタクトゲンの効果を持つと考えられている向精神薬、研究用試薬である。選択的セロトニン放出薬として作用する。TAIは、ノルフェンフルラミンのアミノインダンアナログであり、神経毒性は約50%である。.

新しい!!: 神経毒とトリフルオロメチルアミノインダン · 続きを見る »

トリクロロエチレン

トリクロロエチレン (trichloroethylene) は有機塩素化合物の一種である。エチレンの水素原子のうち3つが塩素原子に置き換わったもので、示性式 ClCH.

新しい!!: 神経毒とトリクロロエチレン · 続きを見る »

トリコ

『トリコ』は、島袋光年による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2008年25号から2016年51号まで連載された。.

新しい!!: 神経毒とトリコ · 続きを見る »

トゲウミヘビ

トゲウミヘビは、コブラ科トゲウミヘビ属に分類されるウミヘビの一種である。.

新しい!!: 神経毒とトゲウミヘビ · 続きを見る »

ヘビ

ヘビ(蛇)は、爬虫綱有鱗目ヘビ亜目(Serpentes)に分類される爬虫類の総称。体が細長く、四肢がないのが特徴。ただし、同様の形の動物は他群にも存在。.

新しい!!: 神経毒とヘビ · 続きを見る »

ヘビ毒

ヘビ毒 (ヘビどく, snake venom)とは、毒蛇の持つ毒物質の総称。神経毒と出血毒、筋肉毒に大別される。.

新しい!!: 神経毒とヘビ毒 · 続きを見る »

ブラックマンバ

ブラックマンバ(学名:)は、コブラ科マンバ属に分類されるヘビ。特定動物。有毒。.

新しい!!: 神経毒とブラックマンバ · 続きを見る »

ブームスラング

ブームスラング(学名:)は、ナミヘビ科ブームスラング属に分類されるヘビ。有毒。特定動物。本種のみでブームスラング属を形成する。.

新しい!!: 神経毒とブームスラング · 続きを見る »

パフトキシン

パフトキシン(Pahutoxin)またはオストラキトキシン(Ostracitoxin)は、アルカロイドの一種。ハコフグ等のハコフグ科の魚類の皮膚から分泌される神経毒である。名称は、ハワイ語でハコフグを意味するパフに由来する。 界面活性剤の構造をしており、強いイクシオトキシンとして働く。ハコフグにストレスがかかると分泌されることが知られており、他の魚種と同じ水槽での飼育が避けられる要因となっている。この毒は、ある程度の耐性はあるもののハコフグ自体にも影響を及ぼす事が知られている。 ハコフグによる食中毒の事例はパリトキシンによるものであるが、食品衛生法に基づく通知により皮の販売も禁止されている。.

新しい!!: 神経毒とパフトキシン · 続きを見る »

パフアダー

パフアダー(、学名:)は、クサリヘビ科アフリカアダー属に分類されるヘビ。特定動物。パファダーとも。.

新しい!!: 神経毒とパフアダー · 続きを見る »

ヒロオウミヘビ

ヒロオウミヘビ(広尾海蛇、学名:)は、コブラ科エラブウミヘビ属に分類されるヘビ。エラブウミヘビ属の模式種。.

新しい!!: 神経毒とヒロオウミヘビ · 続きを見る »

ヒガシグリーンマンバ

ヒガシグリーンマンバ、別名トウブグリーンマンバ(学名:)は、コブラ科マンバ属に分類されるヘビ。特定動物。有毒。.

新しい!!: 神経毒とヒガシグリーンマンバ · 続きを見る »

ビリルビン

ビリルビン(英: Bilirubin)は、(以前はヘマトイジン(hematoidin、類血素)とも言われた)黄色のヘムの通常の分解代謝物である。ヘムはヘモグロビンの構成物であり、赤血球の主要構成物の一つである。ビリルビンは、胆汁または尿から排出され、異常な濃度上昇は何らかの疾病を指し示している。ビリルビンは、痣の黄色の原因物質であり、黄疸により黄色く変色が起こる原因物質である。 ビリルビンは、ゴクラクチョウカ科の数種の植物からも発見されている。.

新しい!!: 神経毒とビリルビン · 続きを見る »

ピレスロイド

ピレスロイド (pyrethroid) とは、除虫菊 (Tanacetum cinerariifolium (Trevir.) Sch. Bip.) に含まれる有効成分の総称で、今日では各種誘導体が合成され各国で広く殺虫剤として利用されている。天然に産するピレスロイドは菊酸を共通構造にもっており、ピレトリン I (Pyrethrin I) とピレトリン II (Pyrethrin II) を主成分とする6種の化合物の混合物である。また、微量成分のピレスロイドとしてシネリン I、シネリン II あるいはジャスモリン I、ジャスモリン II も含まれ、いずれもピレトリンと同様な作用を持つことが知られている。 ピレトリンの誘導体は合成ピレスロイドと呼ばれ、アレスリンなどが知られている。ピレスロイド類は昆虫類・両生類・爬虫類の神経細胞上の受容体に作用し、イオンチャネルの一種であるNa+チャネルを持続的に開くことにより脱分極を生じさせる神経毒である。哺乳類・鳥類の受容体に対する毒作用は無いので、安全性の高い殺虫剤である。開発初期の合成ピレスロイドには菊酸構造が存在したが、現在の合成ピレスロイドには、共通化学構造はもはや存在しない。.

新しい!!: 神経毒とピレスロイド · 続きを見る »

ピトフーイ

ピトフーイ は、かつて同じ属に分類されていた ニューギニア島固有の鳥類6種(カワリモリモズ,ズグロモリモズ,ムナフモリモズ,サビイロモリモズ,クロモリモズ,カンムリモリモズ)を指す。ピトフーイの名は鳴き声に由来する。 1990年にこのうちの1種ズグロモリモズが有毒であることがシカゴ大学において発見され,世界初の有毒鳥類と認定されたヨーロッパウズラやツメバガンなど,食餌の内容により一時的に肉が毒性を有する例は知られていたが,羽毛にまで毒を含む種は伝説を除くと世界初であった。。その後同属のうち5種が毒を持つことが判明したニューギニアの現地人はそれ以前からこれらの鳥が食用にならないことを知っていた。。 ピトフーイの名は有毒鳥類の代名詞として知られるようになったが,その後分類が見直され、これら6種は2017年現在別の科,属に分類されている。さらに2000年にはやはりニューギニア固有の別属で1属1種のズアオチメドリにピトフーイに類似した構造を有する毒成分が発見され,2013年にカワリモリモズの分類が見直され,2種増え,ニューギニアとオーストラリアにまたがり分布するチャイロモズツグミの標本からも毒性が発見されたので,2017年現在有毒鳥類はピトフーイに限らなくなり,種数も増えた。.

新しい!!: 神経毒とピトフーイ · 続きを見る »

ツマベニチョウ

ツマベニチョウ(褄紅蝶、Hebomoia glaucippe)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科シロチョウ科に分類されるチョウの一種。シロチョウ科では世界最大級の種。開張約9-10cm。.

新しい!!: 神経毒とツマベニチョウ · 続きを見る »

テトロドトキシン

テトロドトキシン (tetrodotoxin, TTX) は化学式C11H17N3O8で表され、ビブリオ属やシュードモナス属などの一部の真正細菌によって生産されるアルカロイドである。一般にフグの毒として知られるが、他にアカハライモリ、ツムギハゼ、ヒョウモンダコ、スベスベマンジュウガニなど幾つかの生物もこの毒をもっている。習慣性がないため鎮痛剤として医療に用いられる。分子量319.27、CAS登録番号 。語源はフグ科の学名 (Tetraodontidae) と毒 (toxin) の合成語である。.

新しい!!: 神経毒とテトロドトキシン · 続きを見る »

ディート

ディート (DEET) は昆虫などの忌避剤(虫よけ剤)として用いられる化合物である。IUPAC名は N,N-ジエチル-3-メチルベンズアミドだが、N,N-ジエチル-m-トルアミドとも呼ばれる。分子量 191.27。融点 −45 ℃、沸点 285 ℃で、常温では無色液体である。水には溶けにくくアルコールなどの有機溶媒によく溶ける。CAS登録番号 。消防法に定める第4類危険物 第3石油類に該当する。.

新しい!!: 神経毒とディート · 続きを見る »

フードコブラ属

フードコブラ属(フードコブラぞく、Naja)は、有鱗目コブラ科に属する属。.

新しい!!: 神経毒とフードコブラ属 · 続きを見る »

ファルカリノール

ファルカリノール(Falcarinol)またはカロタトキシン(Carotatoxin)は、ニンジンやオタネニンジン、キヅタに含まれる天然の殺虫剤、脂肪族アルコールである。ニンジンでは、約2 mg/kgの濃度になる。毒として、菌による病気から根を守っている。.

新しい!!: 神経毒とファルカリノール · 続きを見る »

ファイアサラマンダー

ファイアサラマンダー(Salamandra salamandra)は、ヨーロッパに生息する陸生有尾類。古来サラマンダー(火蜥蜴)と称されてきたのは本種である。Salamandra はギリシャ語の「火のトカゲ」または毒を発射するという意味の(ファイアー)が語源。.

新しい!!: 神経毒とファイアサラマンダー · 続きを見る »

フィエステリア

フィエステリア()は従属栄養性の渦鞭毛藻で、葉緑体を持たない単細胞生物である。アメリカのノースカロライナ州で発見されたこの藻類は揮発性の神経毒を産生すると言われ、かつては“phantom”とも称されて近隣の住民に恐れられた。藻類としてバイオハザードのレベル3に指定されている数少ない生物である。しかしながら、フィエステリアの毒性やその他の特徴に関しては論争があり、今なお議論が続いている。.

新しい!!: 神経毒とフィエステリア · 続きを見る »

フグ

フグ(河豚、鰒、、、、)は、フグ目、特にフグ科に属する魚の総称。 本項目では主に、フグの文化的側面について解説する。分類学的側面についてはフグ科を参照のこと。フグ科に属さないフグ(ハコフグ、ハリセンボンなど)は各項目を参照。 およそ120種の魚がフグ科に分類される(社団法人日本水産資源保護協会)。そのうち食用とする種として、トラフグ、マフグなどが有名。食用可能な部位はフグの種類や漁獲場所によって異なるため、素人によるフグの取扱いや調理は危険である。実際、日本における食中毒による死亡事故の原因のほとんどがキノコとフグの素人料理であり、その内、フグによる事故の多くには個人的なレジャーの釣りが関係している。.

新しい!!: 神経毒とフグ · 続きを見る »

ドウモイ酸

ドウモイ酸(ドウモイさん、ドーモイ酸、domoic acid、略称DA)は、天然由来のアミノ酸(正確にはイミノ酸)の一種で記憶喪失性貝毒の原因物質。神経毒であり、短期記憶の喪失や、脳障害を引き起こし、死に至る場合もある。 プセウドニッチア属 (Pseudo-nitzschia) の珪藻が作る水の華や珪藻Nitzschia navis-varingicaが生産することが明らかになっている。 分子式は C15H21NO6、分子量は 311.33。IUPAC名 -2-カルボキシ-4-(5-カルボキシ-1-メチル-1,3-ヘキサジエニル)-3-ピロロリジン酢酸。CAS登録番号は 14277-97-5。プロリンの誘導体でもある。構造的には神経伝達物質のL-グルタミン酸の固定アナログである。 単体は融点 213–217 で、無色の結晶性粉末。水によく溶け、有機溶媒に不溶。.

新しい!!: 神経毒とドウモイ酸 · 続きを見る »

ドクトカゲ科

ドクトカゲ科(ドクトカゲか、Helodermatidae)は、爬虫綱有鱗目に属する科。ドクトカゲ属のみで構成を形成する。.

新しい!!: 神経毒とドクトカゲ科 · 続きを見る »

ドクニンジン

ドクニンジン(毒人参、Conium)は、セリ科の有毒植物のひとつ。多年草で薬草として使われる。ヨーロッパ(特に地中海地方)が原産の Conium maculatum と、北アフリカ原産の C. chaerophylloides の2種がある。葉の見た目から、「毒パセリ」とも呼ばれる。.

新しい!!: 神経毒とドクニンジン · 続きを見る »

ニホンマムシ

草むらに潜むニホンマムシ(高精細画像) とぐろを巻いたニホンマムシ ニホンマムシ(Gloydius blomhoffii)は、有鱗目クサリヘビ科マムシ属に分類されるヘビ。「蝮」と書く。単にマムシとも呼ばれる。有毒。.

新しい!!: 神経毒とニホンマムシ · 続きを見る »

ニオイスミレ

ニオイスミレ(匂菫、学名:Viola odorata)は、スミレ科スミレ属の耐寒性多年草。.

新しい!!: 神経毒とニオイスミレ · 続きを見る »

ベラトリジン

ベラトリジン(Veratridine)は、ユリ科から得られるステロイド誘導体のアルカロイドである。ナトリウムチャネルを活性化して神経毒として働く。シュロソウ属およびSchoenocaulon属の種子から最初に単離された。膜内受容体サイト2に結合し、細胞内カルシウムイオン濃度を上昇させる。活性化したナトリウムチャネルに優先的に結合し、神経の興奮を増加させることで作用する。.

新しい!!: 神経毒とベラトリジン · 続きを見る »

ベルサリド

ベルサリド()は、化学式Oで表される、多環状合成ムスクの一つである。ベルサリドの名称はジボダン社の商標で、使用上の融通性を表すversatilityから名付けられた。.

新しい!!: 神経毒とベルサリド · 続きを見る »

ベンゼンヘキサクロリド

ベンゼンヘキサクロリド (benzene hexachloride, BHC)、別名HCH(hexachlorocyclohexane) とは、分子式 C6H6Cl6 と表される有機塩素化合物。シクロヘキサン環が持つ6個の炭素のそれぞれに塩素原子と水素原子がひとつずつ結合したもの。すなわち、ベンゼンに6個の塩素原子が付加した構造を持つ。毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている。.

新しい!!: 神経毒とベンゼンヘキサクロリド · 続きを見る »

アナベナ

アナベナ(Anabaena)は、藍藻綱ネンジュモ目ネンジュモ科アナベナ属に分類される生物群の総称。青緑色の藻類で、プランクトンとしても認識される。.

新しい!!: 神経毒とアナベナ · 続きを見る »

アルチトキシン

アルチトキシン(Altitoxin)は、キョクトウサソリ科のジャイアントデスストーカー(Parabuthus transvaalicus)が持つ神経毒である。マウスに注射すると、無動症、抑鬱、そして死に至るB.

新しい!!: 神経毒とアルチトキシン · 続きを見る »

アンボイナガイ

アンボイナガイ、学名 Conus geographus は、新腹足目イモガイ科に分類される巻貝の一種。インド太平洋のサンゴ礁域に広く分布する。口内に猛毒を注入する毒針を隠し持ち、刺毒による死者や重症者が多いことで知られる。日本の貝類図鑑では単にアンボイナと表記されることも多い。沖縄県ではハブガイ(波布貝)、ハマナカー(浜中)とも呼ばれる吉良哲明, 1959.

新しい!!: 神経毒とアンボイナガイ · 続きを見る »

アニサチン

アニサチン (anisatin) は、化学式 C15H20O8 の有機化合物である。猛毒であり、アニサチンが多く含まれるシキミの果実は植物として唯一劇物に指定されている。誤飲するとγ-アミノ酪酸受容体に作用して神経毒性を呈する。.

新しい!!: 神経毒とアニサチン · 続きを見る »

アオマダラウミヘビ

アオマダラウミヘビ(青斑海蛇, Laticauda colubrina)は、爬虫綱有鱗目コブラ科エラブウミヘビ属に分類されるヘビ。.

新しい!!: 神経毒とアオマダラウミヘビ · 続きを見る »

アスプクサリヘビ

アスプクサリヘビ(Vipera aspis) は、クサリヘビ科クサリヘビ属に分類されるヘビ。特定動物。有毒。.

新しい!!: 神経毒とアスプクサリヘビ · 続きを見る »

アスプコブラ

アスプコブラ(Naja haje)は、コブラ科フードコブラ属に分類されるヘビ。特定動物。有毒。 日本の古い文献や図鑑では「エジプトコブラ」の名称で記載されている。.

新しい!!: 神経毒とアスプコブラ · 続きを見る »

アゾキシメタン

アゾキシメタン(Azoxymethane)は、生物学研究に用いられる発癌性物質、神経毒である。アゾメタンのアミンオキシドである。特に結腸癌を効率的に誘導する。.

新しい!!: 神経毒とアゾキシメタン · 続きを見る »

イミプロスリン

イミプロスリン(Imiprothrin)は、合成ピレスロイド系の殺虫剤の1種である。室内用の殺虫剤製品の成分として含まれていることがある。ヒトに対する急性毒性は低いのに対して、昆虫には神経毒として作用し、麻痺を引き起こす。なお引火点は110℃である。.

新しい!!: 神経毒とイミプロスリン · 続きを見る »

イモガイ

イモガイ(芋貝)は、20世紀末頃まではイモガイ科の貝類の総称、21世紀初頭ではイモガイ科のうちのイモガイ亜科の貝類の総称、もしくはイモガイ上科のうち“イモガイ型”の貝殻をもつ貝類の総称。別名ミナシガイ(身無貝)。.

新しい!!: 神経毒とイモガイ · 続きを見る »

インドコブラ

インドコブラ(Naja naja)は、コブラ科フードコブラ属に分類される毒蛇。特定動物。.

新しい!!: 神経毒とインドコブラ · 続きを見る »

イボテン酸

イボテン酸(イボテンさん、ibotenic acid)はアミノ酸の一種であり、テングタケ科のキノコに含まれる。竹本常松らによってイボテングタケから1962年に発見される。テングタケやベニテングタケからも単離される。 イボテン酸は興奮性に働くが、主に抑制系のγアミノ酪酸(GABA)の作動薬であるムッシモールとなって中枢神経系に作用する。.

新しい!!: 神経毒とイボテン酸 · 続きを見る »

ウミヘビ科

ウミヘビ科(ウミヘビか)は、.

新しい!!: 神経毒とウミヘビ科 · 続きを見る »

ウラニルイオン

ウラニルイオン (uranyl ion) は、化学式が UO22+ と表されるウランのオキシカチオンで、ウランの酸化数は+6である。ウランと酸素の間に多重結合性があることを示す短い U-O 結合をもち、直線形構造をとる。4つまたはそれ以上のエカトリアル配位子がウラニルイオンに結合する。特に酸素ドナー原子をもつ配位子と多くの錯体を形成する。ウラニルイオンの錯体は、鉱石からのウランの抽出、そして核燃料再処理において重要である。.

新しい!!: 神経毒とウラニルイオン · 続きを見る »

ウェルシュ菌

ウェルシュ菌(ウェルシュきん、学名:Clostridium perfringens)とはクロストリジウム属に属する嫌気性桿菌である。河川、下水、海、土壌中など自然界に広く分布している『スタンダード栄養・食物シリーズ8 食品衛生学(第3版)』 一色賢司編、2010年、東京化学同人、p.69-70、ISBN 978-4-8079-1603-0。ヒトを含む動物の腸内細菌叢における主要な構成菌であることが多い。少なくとも12種類の毒素を作り、α, β, ε, ιの4種の主要毒素の産生性によりA, B, C, D, E型の5つの型に分類される。Clostridium perfringens B型菌の毒素はヒツジの赤痢の原因となる。 かつてClostridium welchiiという学名で呼ばれていたことがある。が分離培養し1892年にBacillus aerogenes capsulatusと命名したが、後年ウェルチにちなんでBacterium welchii Migula 1900という学名が与えられ、ついでBacillus welchiiやClostridium welchiiと呼ばれるようになった。しかし命名規約上はBacterium welchiiよりも早く命名されたBacillus perfringens Veillon and Zuber 1898に優先権があるため、これが1937年にクロストリジウム属に移されて現在の学名として登録されている。 一般に、ビフィズス菌などと対比され、悪玉菌の代表とされている。臭い放屁の原因、悪玉の常在菌である。.

新しい!!: 神経毒とウェルシュ菌 · 続きを見る »

エチルトリフルオロメチルアミノインダン

チルトリフルオロメチルアミノインダン(N-Ethyl-5-trifluoromethyl-2-aminoindane, ETAI)は、エンタクトゲンの効果を持つと考えられている向精神薬、研究用試薬である。選択的セロトニン放出薬として作用する。ETAIは、フェンフルラミンのアミノインダンアナログであり、神経毒性は約50%である。.

新しい!!: 神経毒とエチルトリフルオロメチルアミノインダン · 続きを見る »

エチレンジオキシメタンフェタミン

チレンジオキシメタンフェタミン (3,4-Ethylenedioxy-N-methylamphetamine、EDMA) はアンフェタミン系のエンタクトゲンである。メチレンジオキシメタンフェタミン (MDMA) のアナログで、メチレンジオキシ環がエチレンジオキシ環に置き換わっている。アレクサンダー・シュルギンによって初めて合成された。彼の著書 PiHKAL では、投与量は150-250 mg、持続時間は3-5時間とされている。シュルギンによると、EDMAは、痺れ、眼球震盪、入眠時心像等の影響があり、その他の効果はほぼない。EDMAはMDMAと比べて作用が弱く、ドーパミン放出にはほとんど影響を与えない非神経毒性セロトニン放出薬として作用することが示されている。これはシュルギンの150-250 mgの投与量の報告に基づいており、より大量の投与ではより作用が強い可能性がある。.

新しい!!: 神経毒とエチレンジオキシメタンフェタミン · 続きを見る »

エラブウミヘビ

ラブウミヘビ(永良部海蛇、Laticauda semifasciata)は、コブラ科エラブウミヘビ属に分類されるヘビ。有毒の特定動物ではあるが、人に危害を与えることはほとんどない。.

新しい!!: 神経毒とエラブウミヘビ · 続きを見る »

エンスラポイド作戦

ンスラポイド作戦(エンスラポイドさくせん、Operation Anthropoid)は、第二次世界大戦中、大英帝国政府とチェコスロバキア駐英亡命政府により計画された、ナチス・ドイツのベーメン・メーレン保護領(チェコ)の統治者ラインハルト・ハイドリヒの暗殺作戦のコードネームである。日本語では、「類人猿作戦」などとも訳される。ハイドリヒは、ナチスの秘密警察を束ねる国家保安本部の長官であり、ユダヤ人や他の人種の虐殺に対する「ユダヤ人問題の最終的解決」(ナチスはユダヤ人や少数民族の絶滅政策のことを婉曲的に「最終的解決」と称していた)を行うナチスの主要計画遂行者であった。.

新しい!!: 神経毒とエンスラポイド作戦 · 続きを見る »

エセロリン

リン(Eseroline)は、オピオイドアゴニストとして作用する薬剤である。アセチルコリンエステラーゼ阻害剤フィゾスチグミンの代謝物質であるが、フィゾスチグミンとは異なり、アセチルコリンエステラーゼ阻害作用は弱く、容易に逆行し、μ-オピオイド受容体に媒介されるかなり強い鎮痛剤効果を示す。この混合型の活性のため、エセロリンの薬理作用のプロファイルはかなり独特なものとなるが、低換気障害や神経毒性等の副作用のため、利用は限られている。.

新しい!!: 神経毒とエセロリン · 続きを見る »

オルニーの病変

ルニーの病変(Olney's lesions)は、NMDA受容体拮抗薬神経毒性(NMDA receptor antagonist neurotoxicity、NAN)とも呼ばれいずれも日本語文献が示されず定訳ではない。、潜在的なの形態である。命名は、研究者の名前に由来する。オルニーはフェンサイクリジン (PCP) と類薬によるラットにおける神経毒性を研究した。.

新しい!!: 神経毒とオルニーの病変 · 続きを見る »

オニダルマオコゼ

ニダルマオコゼ(鬼達磨鰧、鬼達磨虎魚、学名:Synanceia verrucosa)はカサゴ目フサカサゴ科『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.321-325(あるいはオニオコゼ科『日本の海水魚』 pp.210-213)に属する魚類の一種。背鰭の棘条から強力な毒を分泌するため、非常に危険な魚類として知られている『日本の海水魚』 p.212。.

新しい!!: 神経毒とオニダルマオコゼ · 続きを見る »

オクラトキシン

ラトキシン(ochratoxin)類は、アオカビ属 (Penicillium) やコウジカビ属 (Aspergillus) のカビが産生するカビ毒(マイコトキシン)の一種で、A、B、C、TAなど数種類の関連物質の総称。名前は、産生菌のA.

新しい!!: 神経毒とオクラトキシン · 続きを見る »

カメムシ目

メムシ目(カメムシもく)あるいは半翅目(はんしもく) は、昆虫の分類群のひとつで、口が針状になっているのが特徴である。カメムシ目と言ってもカメムシだけを指すのではなく、非常に多様性に富み、タガメ、アメンボ、セミ、ウンカ、アブラムシなど、人間に関わりのあるものも多い。.

新しい!!: 神経毒とカメムシ目 · 続きを見る »

カレニア・ブレビス

レニア・ブレビス(Karenia brevis)は海洋性の渦鞭毛藻の一種である。神経毒であるブレベトキシンを産生する有毒渦鞭毛藻である。.

新しい!!: 神経毒とカレニア・ブレビス · 続きを見る »

カフェイン中毒

フェイン中毒(カフェインちゅうどく、)は、カフェインによって引き起こされる中毒である。カフェインの引き起こす症状は、カフェイン自体が持つ神経毒性によって引き起こされる。精神性の症状は『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV-TR)では、同じくカフェイン中毒()として診断コード305.90に分類される。死亡例は少ないが、まれに報道される。 カフェイン依存() は、カフェインの使用を止められない状態である。DSM-IV-TRでは実際に乱用や依存症を満たすほど深刻となるというデータが不足するため、診断名は用意されていない。 過剰摂取によって深刻な急性中毒が生じることがあるが、コーヒー、コーラ、栄養ドリンク、緑茶、紅茶、ココアなどカフェインを含む食品の常用によることが多い。カフェインを含有するこれらの飲料からカフェインを除去した「デカフェ」が存在する。.

新しい!!: 神経毒とカフェイン中毒 · 続きを見る »

カギノテクラゲ

ノテクラゲ(鉤手海月)はヒドロ虫綱淡水クラゲ目ハナガサクラゲ科に属するクラゲの一種。海に生息し、春から夏にかけアオサなどの海藻の間に見られる。 別種とみなされていたキタカギノテクラゲは現在は同種と見られている。.

新しい!!: 神経毒とカギノテクラゲ · 続きを見る »

カサゴ目

(学名:)は、硬骨魚類の分類群の一つ。7亜目26科279属で構成され、カサゴ・メバル・オニオコゼ・ホウボウ・コチ・アイナメなど底生性の海水魚を中心に、およそ1,477種が含まれる。眼下骨棚と呼ばれる骨格上の特徴を唯一の根拠としてまとめられた一群であり、所属する魚類の形態ならびに生態は多様性に富んでいる。カジカ目とも呼ばれる。.

新しい!!: 神経毒とカサゴ目 · 続きを見る »

キングコブラ

ングコブラ(学名:)は、コブラ科に分類されるヘビ。本種のみでキングコブラ属を形成する。 日本では「特定動物」に指定されている。.

新しい!!: 神経毒とキングコブラ · 続きを見る »

ギンピ・ギンピ

ンピ・ギンピ(Gympie gympie、学名:Dendrocnide moroides)は、イラクサ科に属する被子植物。この他にも、ギンピ(Gympie)、スティンギング・ブラッシュ (stinging brush)、ギンピ・スティンガー(Gympie stinger)、マルベリー=リーヴド・スティンガー(Mulberry-leaved stinger)や、単にスティンガー(Stinger)、ザ・スーサイド・プラント(The suicide plant)、ムーンライター(Moonlighter)とも呼ばれる。オーストラリア北東部の熱帯雨林に自生する。英名に含まれるスティンガー(stinger、「刺すもの」の意)に表されているように、ギンピ・ギンピ全体を刺毛が覆っており、この刺毛に触れたものに人間にも有毒な神経毒を送り込む。ギンピ・ギンピは、オーストラリアに自生するイラノキ属(学名:Dendrocnide)の中で、最も毒性の強い植物である。ただしギンピ・ギンピの果実は、その表面を覆う刺毛の除去さえ行えば食用にすることが可能である。.

新しい!!: 神経毒とギンピ・ギンピ · 続きを見る »

ギンコトキシン

ンコトキシン()とは、4'-O-メチルピリドキシンとも呼ばれ、自然のイチョウで生成される神経毒である。ギンコトキシンは、ビタミンB6(ピリドキシン)と構造的に拮抗する抗ビタミンである。ギンコトキシンは、てんかん発作を誘発することがある。.

新しい!!: 神経毒とギンコトキシン · 続きを見る »

クリオキノール

リオキノール(Clioquinol)またはキノホルム(Chinoform、Quinoform)またはヨードクロルヒドロキシキン(Iodochlorhydroxyquin)またはPBT1は、抗真菌作用と抗原虫作用を持つ化合物である。多量投与で神経毒性を持つ。8-キノリノール誘導体であり、DNA複製に関する酵素を阻害する。これはウイルスや原生動物感染症に対しても有効である。日本ではスモンを引き起こして1970年に使用が中止されたが、2015年時点で販売が継続されている国もある。.

新しい!!: 神経毒とクリオキノール · 続きを見る »

クロッカーウミヘビ

ッカーウミヘビ(学名:)は、コブラ科エラブウミヘビ属に分類されるヘビ。.

新しい!!: 神経毒とクロッカーウミヘビ · 続きを見る »

クロクビコブラ

ビコブラ(学名:Naja nigricollis)は、爬虫綱有鱗目コブラ科フードコブラ属に属するヘビ。有毒である。エジプト南部から南アフリカ北部にかけて生息する。別名、クロクビドクフキコブラ。.

新しい!!: 神経毒とクロクビコブラ · 続きを見る »

クロゴケグモ

モ(黒後家蜘蛛、学名:)は、英名では「ブラックウィドウ(black widow)」、あるいはSouthern black widowと呼ばれ、ゴケグモ属に属する北アメリカ原産のクモの一種である。この種のメスにみられる特有の黒と赤の模様や、メスが交尾し終わった後のオスを捕まえて食べる場合があることでよく知られている。その猛毒は、健康な人間が危機に陥ることは滅多になく、咬まれることでの死亡率は1%未満である。.

新しい!!: 神経毒とクロゴケグモ · 続きを見る »

クロザピン

ピン(Clozapine)は、治療抵抗性の統合失調症を治療する非定型抗精神病薬である。日本では2009年6月より、商品名クロザリルがノバルティスファーマより発売されている。規制区分は、劇薬/処方箋医薬品である。クロザピンは、従来の抗精神病薬による遅発性ジスキネジアの副作用が生じにくいとして、1971年にヨーロッパで使用が始まり、後の非定型抗精神病薬のモデルとなったが、致命的な無顆粒球症を起こすことが判明し、販売中止された。後に治療薬物モニタリングの技術が向上し、定期的な血球数等の検査が義務付けられる。 クロザピンは、リチウムと共に自殺を減少させることが判明している数少ない医薬品である。.

新しい!!: 神経毒とクロザピン · 続きを見る »

クロストリジウム・ブチリカム

トリジウム・ブチリカム(Clostridium butyricum)は、基質として細胞内に蓄積されたアミロペクチン様α-ポリグルカン(微粒子状)を発酵することによって生育する偏性嫌気性、芽胞形成性、グラム陽性、酪酸産生性の桿菌である。クロストリジウム・ブチリカムはヒトの病原体として報告されることは珍しく、アジア(特に日本、韓国、中国)のプロバイオティクスとして広く使用されている。クロストリジウム・ブチリカムは、世界中の様々な地域の土壌や健康な子供や大人の便から培養されており、ミルクやチーズによく使われている。.

新しい!!: 神経毒とクロストリジウム・ブチリカム · 続きを見る »

クジャク

マクジャク コンゴクジャク クジャクを観察する南蛮人たち クジャク(孔雀)はキジ科の鳥類で、中国から東南アジア、南アジアに分布するクジャク属2種とアフリカに分布するコンゴクジャク属1種から成る。通常クジャクといえば前者を指す。.

新しい!!: 神経毒とクジャク · 続きを見る »

クサリヘビ科

リヘビ科(クサリヘビか、Viperidae)は、爬虫綱有鱗目に属する科。模式属はクサリヘビ属。特定動物。.

新しい!!: 神経毒とクサリヘビ科 · 続きを見る »

グラスピー

ラスピー(Grass pea、学名:Lathyrus sativus)は、マメ科レンリソウ属に属する植物。ガラスマメとも呼ばれ、また学名からラチルスピー、ラチルスマメとも呼ばれる。地中海沿岸から西アジア、インドにいたるまで広い範囲で栽培される食用植物で、豆を食用とするが、この種子には有毒成分が含まれ、多量に常食した場合下半身麻痺を引き起こす可能性がある。しかし、乾燥に強くやせ地でも生育し湿潤にも強く収量も多いため、他の作物が不作の時にも生育しやすく、そのためコムギ畑など他の作物と混栽されることが多い。 インドでは畑の後作や混栽などで広く栽培され、栽培面積は200万ヘクタールにのぼり、生産量も100万トンにのぼる。食べ方としてはそのまま煮たり、練ってチャパティにしたりする。収量は多く栄養価も高いが、多収と危険性のために価格は安くしばしば貧民の食糧とされる。 グラスピーの種子には神経毒性を持つアミノ酸の一種であるオキサリルジアミノプロピオン酸(ODAP、またはBOAA)が含まれているため、グラスピーを大量に食べることは下半身が麻痺するラチルス病(ラチリズム)という難病を引き起こす可能性がある。よく水にさらしたり何度もゆでこぼすことで無毒化することはできるが、この無毒化処理の際に栄養分が多く失われ、これを常食すると今度は栄養失調となりがちとなる。1日に200グラムまでの消費であれば中毒症状を起こさないことが知られており、実際にほかに食べ物のある時にはラチルス病が起こることはない。しかし、飢饉の際にはほかの植物が大打撃を受ける一方でグラスピーは順調に生育することが多く、そのため飢饉のときには貧困層は食糧の大半がグラスピーという状態になってしまう。こうした時に、ラチルス病は大流行する。ラチルス病は古代ギリシア時代から知られており、近年の流行としては、1940年から1941年にかけて内戦中のスペインで起きた流行や、1961年及び1975年にインドで起きた流行などがある。 対策として毒性の少ない改良品種が育成されたものの、収量や環境耐性に難があり、またグラスピーはそもそも捨て作りするものであって、グラスピーを栽培する大多数の農民には新品種を購入する資金も必要性もないため、普及は遅々として進んでいない。.

新しい!!: 神経毒とグラスピー · 続きを見る »

グルタミン酸

ルタミン酸(グルタミンさん、glutamic acid, glutamate)は、アミノ酸のひとつで、2-アミノペンタン二酸のこと。2-アミノグルタル酸とも呼ばれる。Glu あるいは E の略号で表される。小麦グルテンの加水分解物から初めて発見されたことからこの名がついた。英語に準じ、グルタメートと呼ぶこともある。 酸性極性側鎖アミノ酸に分類される。タンパク質構成アミノ酸のひとつで、非必須アミノ酸。動物の体内では神経伝達物質としても機能しており、グルタミン酸受容体を介して神経伝達が行われる、興奮性の神経伝達物質である。 グルタミン酸が多くつながると、納豆の粘性物質であるポリグルタミン酸になる。 致死量はLD50.

新しい!!: 神経毒とグルタミン酸 · 続きを見る »

ケープコブラ

ープコブラ(学名:)は、コブラ科フードコブラ属に分類されるヘビ。特定動物。有毒。.

新しい!!: 神経毒とケープコブラ · 続きを見る »

コノトキシン

ノトキシン (conotoxin) とはイモガイが作り出す多種類のペプチドの混合物から構成される神経毒である。11–30個のアミノ酸がつながったペプチドで、3か所のシスチン結合を有する(硫黄−硫黄結合、図の黄色い部分)。カルシウムチャネルを塞いで神経の伝達を阻害することで毒性を発揮する。イモガイはこの毒を狩りに利用しており、口吻を魚に撃ち込んで麻痺させ丸呑みにしてしまう習性を持つ。人間も刺されると重症に陥り、抗毒血清も存在しないので死亡率が高い。 しかしこの作用を利用し、2005年から強力な鎮痛剤としても使用され始めている 。 コノトキシンには5種類あり、それぞれ作用点が異なる。.

新しい!!: 神経毒とコノトキシン · 続きを見る »

コブラ科

ブラ科(コブラか、Elapidae)は、ヘビの科の一つ。.

新しい!!: 神経毒とコブラ科 · 続きを見る »

シアノペプトリン

アノペプトリン(Cyanopeptolin)は、オリゴペプチドの分類の一つである。ミクロキスティス属やプランクトスリックス属等の藻類が生成し、神経毒になりうる。非リボソームペプチドである。.

新しい!!: 神経毒とシアノペプトリン · 続きを見る »

シガトキシン

トキシン (ciguatoxin) はシガテラ食中毒の原因物質のひとつ。非常に強い神経毒。ある種の藻類(有毒渦鞭毛藻)がつくり魚類に蓄積される。ポリケチド経路によって生合成され、中員環を含む多数のエーテル環が連結した特異な構造を持つ。シガトキシン (CTX) には数多くの類縁体が存在するが、一般的にシガトキシンとはCTX1Bを指す。.

新しい!!: 神経毒とシガトキシン · 続きを見る »

ジメチルシアナミド

メチルシアナミド()は、化学式C3H6N2で表される有機化合物である。シアナミドにメチル基が二つ結合した構造で、溶媒や有機合成化学の中間体として用いられる。.

新しい!!: 神経毒とジメチルシアナミド · 続きを見る »

ジメチル水銀

メチル水銀(ジメチルすいぎん、Dimethylmercury)は、無色の可燃性の液体で、最も強い神経毒の一つである。わずかに甘い香りを持つとされている。0.001ml吸入しただけで致命的である。ジメチル水銀の高い蒸気圧では、どのように漏洩したとしても直ちに危険なレベルに達する。分子は直線形である。 システインと錯体を形成するため、ジメチル水銀は容易に血液脳関門を突破する。ジメチル水銀はこの錯体から非常にゆっくりと遊離するため、生物濃縮される傾向がある。中毒の兆候は暴露より何か月も遅れて現れるため、効果的な治療を行うのに手遅れになる恐れがある。 ジメチル水銀は速やかにラテックス、PVC、ポリイソブチレン、ネオプレンを通過し、皮膚を通して吸収される。したがって、ほとんどのゴム手袋は手を保護するために不十分である。唯一の安全策は、長い折り返しのついたネオプレン手袋などの下に、強力なラミネート加工をされた手袋をしてジメチル水銀を扱うことである。また、換気フードの下で顔にシールドをつけて扱うことも重要であると示されている。 アメリカ合衆国ダートマス大学の化学教授カレン・ヴェッターハーン (Karen Wetterhahn) は、1996年8月にラテックス手袋に数滴のジメチル水銀をこぼし、被曝した。5か月以内に水銀中毒の症状を示し、治療が行われたが、更に5か月後に死亡した。これにより、ジメチル水銀の毒性が注目されることとなった。.

新しい!!: 神経毒とジメチル水銀 · 続きを見る »

ジメトエート

メトエート(Dimethoate)は、殺虫剤として広く用いられるリン酸エステルである。1950年代にAmerican Cyanamid社によって発明され、特許が取られた。他のリン酸エステルと同様にジメトエートは、中枢神経系の機能に不可欠な酵素であるコリンエステラーゼを阻害するコリンエステラーゼ阻害剤である。.

新しい!!: 神経毒とジメトエート · 続きを見る »

ジエチル水銀

チル水銀(ジエチルすいぎん、)は、化学式C4H10Hgで表される有機水銀化合物。可燃性のある無色の液体で、極めて強い神経毒性を持つ。水俣病の原因物質のひとつである。わずかに甘い香りがあり、この物質の漏洩に気付くことができるが、蒸気は有毒である。.

新しい!!: 神経毒とジエチル水銀 · 続きを見る »

スクミリンゴガイ

ミリンゴガイ(学名 )は、リンゴガイ科(リンゴガイ、アップルスネイル)の1種の淡水棲大型巻貝である。俗にジャンボタニシと呼ばれるが、タニシとは異なる。.

新しい!!: 神経毒とスクミリンゴガイ · 続きを見る »

スジイルカ

イルカ(条海豚、Stenella coeruleoalba)はクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科スジイルカ属に属するイルカである。世界中の温帯から熱帯の海域に棲息する。.

新しい!!: 神経毒とスジイルカ · 続きを見る »

スズメバチ

メバチ(雀蜂、胡蜂)は、ハチ目スズメバチ科に属する昆虫のうち、スズメバチ亜科(Vespinae)に属するものの総称である。 スズメバチ亜科はハチの中でも比較的大型の種が多く、性質はおおむね攻撃性が高い。1匹の女王蜂を中心とした大きな社会を形成し、その防衛のために大型動物をも襲撃する。また凶暴かつ好戦的で積極的に刺してくることも多いことで知られるが、これは巣を守るためで、何もせずとも襲ってくるように見えるのは、人間が巣の近くにいることに気付かないためである。スズメバチ科は4属67種が知られ、日本にはスズメバチ属7種、クロスズメバチ属5種、ホオナガスズメバチ属4種の合計3属16種が生息する。スズメバチの刺害による死亡例は熊害や毒蛇の咬害によるそれを上回る。 スズメバチの幼虫 スズメバチは、狩りバチの仲間から進化したと見られており、ドロバチやアシナガバチとともにスズメバチ科に属する。そのスズメバチ科はアリ科、ミツバチ科と同じハチ目に含まれている。なお、昔の分類ではスズメバチ上科の下にハナドロバチ科、ドロバチ科、スズメバチ科を置くことも多く、この3科の中ではスズメバチ科のみが社会生活を行う。 スズメバチはミツバチと並び、最も社会性を発達させたハチであり、数万もの育室を有する大きな巣を作る種もある。アシナガバチ等と違い、雄バチは全く働かず、女王蜂が健在の間は他の蜂は一切産卵しない。女王蜂を失った集団では、働き蜂による産卵も行われるが、生まれるハチは全て雄で、巣は遠からず廃絶する。 スズメバチは旧ローラシア大陸で誕生、進化しユーラシア大陸、北アメリカ大陸、アフリカ大陸北部に広く分布している。分布の中心は東南アジアにあり、オオスズメバチやヤミスズメバチ等多様な種が生息している。旧ゴンドワナ大陸であるオセアニアと南アメリカにはもともと野生のスズメバチはいなかったが、現在ではオセアニアや南アメリカでも人為的に進入したスズメバチが生息地域を広げている。.

新しい!!: 神経毒とスズメバチ · 続きを見る »

セグロウミヘビ

ウミヘビ(背黒海蛇、学名:)は、コブラ科(ウミヘビ科とする説もあり)セグロウミヘビ属に分類されるヘビ。本種のみでセグロウミヘビ属を形成する。特定動物。有毒。.

新しい!!: 神経毒とセグロウミヘビ · 続きを見る »

サンゴヘビ属

ンゴヘビ属(サンゴヘビぞく、Micrurus)は、有鱗目コブラ科に属する属。特定動物。.

新しい!!: 神経毒とサンゴヘビ属 · 続きを見る »

サキシトキシン

トキシン(、)は、主にアレクサンドリウム属( など)の赤潮を形成する有毒渦鞭毛藻がつくる麻痺性毒物の一種。その藻類を食べることで、通常は毒を持たない貝類などが毒化することがある。また、水の華を形成するシアノバクテリア や淡水性ラン藻 などが生産するシアノトキシンの一種であるが、生合成経路は未解明である。 サキシトキシンは1962年に北米産の二枚貝の学名にちなみ命名され、1975年にSchantzら、Rapoportらによって、X線結晶構造解析により構造決定された。サキシトキシンには約30種の同族体が存在する。.

新しい!!: 神経毒とサキシトキシン · 続きを見る »

サシハリアリ

ハリアリ (Paraponera clavata) はアリの一種である。ニカラグアからパラグアイまでの、湿潤な低地多雨林に生息する。刺された時に24時間痛みが続くことから、現地では“Hormiga Veinticuatro”(24時間のアリ)という名を持つ。また、英語では“lesser giant hunting ant”と呼ばれる。.

新しい!!: 神経毒とサシハリアリ · 続きを見る »

内海聡

内海 聡(うつみ さとる、1974年(昭和49年)12月9日 - )は、日本の内科医、漢方医。数々の著書を出版している作家。自らキチガイ医と名乗り、医療だけでなく政治や社会の問題点に切り込んでいる。断薬のためのTokyo DD Clinicを立ち上げ、自らが理事長のNPO法人薬害研究センターに食事療法、栄養療法、東洋医学、量子力学を応用した治療法、ホメオパシー、アロマテラピー、(ナルコノンの)ピュアリフィケーション・プログラムを導入し、反精神薬・薬害ネットワークという向精神薬に反対するネットワークも立ち上げている。 意に反して親の強い要求で内科医となり、治らない医学の現実を突きつけられ東洋医学を学んだ。2009年2月から意気投合した笠陽一郎の「精神科セカンドオピニオン」にかかわる。2010年8月時点では西洋医学と東洋医学の融合を目指していた が、2011年11月には「精神医学など存在していい代物ではない」として「笠陽一郎とその一派、この稀代の詐欺師たち」と述べ、2013年5月には『医学不要論』を出版した。日本東洋医学財団に賛同する医師として講演会を行っている。.

新しい!!: 神経毒と内海聡 · 続きを見る »

神経ガス

MGR-1 オネスト・ジョン用M190弾頭) 神経ガス(しんけいガス)または神経剤(しんけいざい)は有機リンの一種で、神経伝達を阻害する作用を持つ化合物の総称である。神経伝達物質であるアセチルコリンを分解する酵素アセチルコリンエステラーゼの働きを阻害することにより、神経伝達を阻害する。慣習的に「神経剤」と呼ばれているが、脳内の中枢神経や感覚神経に対する作用は弱く、実質的には筋肉の正常な動きをできなくするコリンエステラーゼ阻害剤であるため、神経毒ではなく酵素毒に分類されることがある。化学兵器(毒ガス)としても認知されており、国際連合から大量破壊兵器としての指定も受けている。1993年に締結され1997年4月29日に発効した化学兵器禁止条約により、多くの国で製造と保有が禁止されている。 曝露すると瞳孔の収縮、唾液過多、痙攣、尿失禁、便失禁などが毒性症状として表れ、最終的には呼吸器の筋肉が麻痺し窒息死する。ある種の神経ガスは気化しやすい、あるいはエアロゾルになりやすい。体内への主要な侵入経路は呼吸器系であるが、皮膚からも吸収されるため、安全に取り扱うには防毒マスクのほかに全身を覆う化学防護服が必要となる。.

新しい!!: 神経毒と神経ガス · 続きを見る »

DDD (小説)

『DDD』(ディーディーディー、デコレーション・ディスオーダー・ディスコネクション、Decoration Disorder Disconnection)は、奈須きのこの小説作品。こやまひろかず・画。題名を直訳すると、「装飾 障害 切断」となる。.

新しい!!: 神経毒とDDD (小説) · 続きを見る »

西遊記ヒーローGo空伝!

『西遊記ヒーローGo空伝!』(さいゆうきヒーローごくうでん)は、小西紀行作のギャグ漫画。本項では続編である『ゴゴゴ西遊記 新悟空伝』(ゴゴゴさいゆうき しんごくうでん)と、スピンオフ作品である『ゴゴゴサンゴーキ 西遊記外伝』についても併せて記述する。.

新しい!!: 神経毒と西遊記ヒーローGo空伝! · 続きを見る »

自然毒

自然毒(naturally occurring poison)とは生物が生産、保有する生理活性物質で、他の生物に対してのみ有害作用を示すもの。植物性自然毒と動物性自然毒に大別される。日本では事件数、患者数は植物性自然毒によるものが多く、致命率は動物性自然毒のほうが高い。.

新しい!!: 神経毒と自然毒 · 続きを見る »

耳腺

耳腺(じせん、)とは、カエル、及びサンショウウオの背中、首、および肩の上の外表皮膚腺のこと。耳腺からは、神経毒の乳白色のアルカロイド物質を分泌する。 Category:脊椎動物の解剖学 Category:両生類.

新しい!!: 神経毒と耳腺 · 続きを見る »

Β-カルボリン

β-カルボリン(ベータ-カルボリン、β-carboline, 9H-pyridoindole)は、β-カルボリン類として知られる化合物の一分類の基本骨格である有機アミン。.

新しい!!: 神経毒とΒ-カルボリン · 続きを見る »

JP-8

JP-8は、JP-4 ジェット燃料の代わりとして使用するために、アメリカ合衆国で1990年に制定されたジェット燃料である。民間規格のJet-Aと類似した組成を持ち、JP-4よりも高い安全性を持つ。少なくとも2025年まで使用されると思われる。JP-8は、JP-4よりベンゼン(発癌物質)とn-ヘキサン(神経毒)が減らされている。 高い安全性から、近年では航空機用としてだけではなく、戦車や軍用車両のガスタービンやディーゼルエンジンの燃料としても使用されている。.

新しい!!: 神経毒とJP-8 · 続きを見る »

MDMAのドーパミン作動性神経毒性についての撤回された論文

MDMA3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)は、一般的に「エクスタシー」として知られる向精神薬の化学名である(エクスタシー)の一般的な娯楽的用法後の霊長類での重度のドーパミン作動性神経毒性」"("Severe dopaminergic neurotoxicity in primates after a common recreational dose regimen of MDMA("ecstasy")")とは、による論文であり、一流雑誌『サイエンス』に掲載され、後になって撤回されたものである。 論文が撤回されたことで、そもそもこれが掲載されたのは妥当だったのかという疑問が呈された。また、この論文によって査読のプロセスにも疑問がある、とも言われた。多くの人が、論文における欠陥(指定外の物質の使用)は査読では見つけることができなかったのではないか、とか、あるいは、科学的なプロセスは結果的には首尾よく働いたのだ、なぜなら論文が最終的には撤回されたのだから、などと論じた。 この論文は『サイエンス』の2002年9月27日号(297巻、2260-3頁)で公表された。論文は2002年5月29日に『サイエンス』に対して提出され、2002年8月14日に出版に向けて受理された。査読に要した期間も、出版のための受理日から実際の出版日までの期間も普段と特に違ったところはなかった。.

新しい!!: 神経毒とMDMAのドーパミン作動性神経毒性についての撤回された論文 · 続きを見る »

MK-801

ゾシルピン(Dizocilpine)は、MK-801としても知られる、水溶性の非競合的NMDA受容体アンタゴニストである。研究用試薬としてマレイン酸塩が市販されている。習慣性が示唆されているが、精神作用物質としての法規制はされていない。.

新しい!!: 神経毒とMK-801 · 続きを見る »

GHSの高い急性毒性を示す標章 EUでの一般的な毒のシンボル(2015年までの使用)。 毒(どく)、毒物(どくぶつ)は、生物の生命活動にとって不都合を起こす物質の総称である。 毒物及び劇物指定令で定められる「毒物」については毒物及び劇物取締法#分類の項を参照のこと。.

新しい!!: 神経毒と毒 · 続きを見る »

毒グモ

毒グモ(毒蜘蛛、どくぐも)は、ヒトに対して有害なクモの総称。.

新しい!!: 神経毒と毒グモ · 続きを見る »

毒素

有毒な物質あるいは環境を示すハザードシンボル。 毒素(どくそ、toxin)は、生細胞あるいは生体内で産生される有毒物質である。したがって、人為的過程によって作り出された人工物質は除外される。Toxinは古代ギリシャ語のτοξικόν (toxikon) に由来する。この用語 (toxin) は有機化学者ルートヴィヒ・ブリーガー(1849年-1919年)によって初めて使用された。 生体内で産生されたものではない有毒物質には、英語では「toxicant」および「toxics」が使われることがある。 毒素には低分子、ペプチド、タンパク質があり、生体組織と接触あるいは吸収され、酵素あるいは受容体といった生体高分子と相互作用することにより病気を引き起こすことができる。 毒素によってその重症度には、軽度のもの(例えばハナバチの針に含まれる毒素)から致死のもの(ボツリヌストキシンなど)まで大きく差異がある。.

新しい!!: 神経毒と毒素 · 続きを見る »

毒蛇

毒蛇(どくへび、どくじゃ)は、毒を持つヘビの総称。.

新しい!!: 神経毒と毒蛇 · 続きを見る »

毒性学

毒性学(どくせいがく、Toxicology)とは、毒性、すなわち物質等による生物への悪影響に関する科学の分野である。具体的には、物質の種類や物理的・化学的性質と毒性との関係、毒性による症状およびその治療法、生物体内で毒性が発現する機序などを対象とし、物質のほかに放射線や紫外線などの物理的作用を対象に含める場合もある。一般に毒あるいは毒物、毒薬などという場合には毒性(特に急性毒性)が強い場合をいうが、毒性学の対象にはそれ以外の物質(たとえ食塩や砂糖でも大量に摂取すれば毒性がある)も含める。薬学、医学あるいは獣医学の1分野である。特に医薬品はその効力とともに強い毒性も併せ持つことが多く、開発に当たっては毒性を明らかにすることが不可欠である。また化学物質の法的規制の基礎を科学的に研究する分野<レギュラトリ・サイエンスRegulatory science>の中でも重要な位置を占める。.

新しい!!: 神経毒と毒性学 · 続きを見る »

溶媒

水は最も身近で代表的な溶媒である。 溶媒(ようばい、solvent)は、他の物質を溶かす物質の呼称。工業分野では溶剤(ようざい)と呼ばれることも多い。最も一般的に使用される水のほか、アルコールやアセトン、ヘキサンのような有機物も多く用いられ、これらは特に有機溶媒(有機溶剤)と呼ばれる。 溶媒に溶かされるものを溶質(solute)といい、溶媒と溶質を合わせて溶液(solution)という。溶媒としては、目的とする物質を良く溶かすこと(溶解度が高い)、化学的に安定で溶質と化学反応しないことが最も重要である。目的によっては沸点が低く除去しやすいことや、可燃性や毒性、環境への影響などを含めた安全性も重視される。水以外の多くの溶媒は、きわめて燃えやすく、毒性の強い蒸気を出す。また、化学反応では、溶媒の種類によって反応の進み方が著しく異なることが知られている(溶媒和効果)。 一般的に溶媒として扱われる物質は常温常圧では無色の液体であり、独特の臭気を持つものも多い。有機溶媒は一般用途としてドライクリーニング(テトラクロロエチレン)、シンナー(トルエン、テルピン油)、マニキュア除去液や接着剤(アセトン、酢酸メチル、酢酸エチル)、染み抜き(ヘキサン、石油エーテル)、合成洗剤(オレンジオイル)、香水(エタノール)あるいは化学合成や樹脂製品の加工に使用される。また抽出に用いる。.

新しい!!: 神経毒と溶媒 · 続きを見る »

振戦せん妄

振戦せん妄(しんせんせんもう、英語圏で一般的にDelirium tremensと呼ばれ、ラテン語で「震える錯乱」の意味である。またDT、the horrors、the shakes.とも)は、通常はアルコールからの離脱によって引き起こされるせん妄の急性発作である。文献への記載は、1813年が初である。鎮静催眠剤からの離脱は、アルコールの離脱と本質的に同じものが生じうる。 ベンゾジアゼピン系薬は、振戦せん妄(DT)に対する治療法の選択肢である。共にGABAA受容体に作用するためである。 アルコール以外には、ベンゾジアゼピン系やバルビツール酸系のような鎮静催眠剤からの離脱も適切に管理されなかった場合に発作や振戦せん妄、死亡を引き起こしうる。カフェインやコカインのような鎮静催眠薬以外の薬物からの離脱は、医療的に複雑な事態には至らず致死的ではない。 アルコールにおける身体依存に起因する離脱反応は、最も危険で致死的になりうる。通常は、震え、動悸、発汗のような身体的な影響につながり、一部ではけいれんを引き起こし治療が伴わなければ死亡しうる。 アルコールが原因となる場合、アルコール依存症の既往歴を有する患者にのみ生じる。ベンゾジアゼピン系が原因の同様の症状の発生は、長期間にわたって摂取されていた場合に限らない。 アメリカ合衆国において、アルコール依存症者の50~60%未満に、アルコール摂取をやめた場合に何らかの明白な離脱症状が発症する可能性があり、5%の急性のアルコール離脱症候群がDTに進行する。 アヘンのようなオピエート依存症に伴う離脱症状とは異なり、DT(および一般的にアルコール離脱)は致命的となる可能性がある。死亡率は、集中治療と高度な薬物治療が実現する以前は35%と高かった;医学の時代である現代では、死亡率は5%から15%の範囲である。 似たようなや幻覚は、も原因となる。.

新しい!!: 神経毒と振戦せん妄 · 続きを見る »

有機リン化合物

有機置換基で置き換えたものが有機リン化合物と呼ばれる 有機リン化合物(ゆうきリンかごうぶつ、 organophosphorus compound)は炭素−リン結合を含む有機化合物の総称である。リンは窒素と同じく第15族元素であり、それらを含む化合物は共通の性質を持つことが多いDillon, K. B.; Mathey, F.; Nixon, J. F. Phosphorus.

新しい!!: 神経毒と有機リン化合物 · 続きを見る »

5-メトキシ-6-メチル-2-アミノインダン

5-メトキシ-6-メチル-2-アミノインダン(5-Methoxy-6-methyl-2-aminoindane)またはMMAIは、1990年代にパデュー大学のデヴィッド・E・ニコルズらが開発した薬剤である。非神経毒性で選択性の高いとして作用し、ヒトにの効果を引き起こす。2010年以降、デザイナードラッグ及び研究用試薬として、オンライン販売されている。 MMAIは、ラットの実験で、セルトラリンよりも強力にストレスによる鬱を緩和することが示され、その結果、MMAIやなどの選択的セロトニン放出薬が選択的セロトニン再取り込み阻害薬よりも効能が早く現れ、高い効果を持つ抗うつ薬として開発されるようになった。.

新しい!!: 神経毒と5-メトキシ-6-メチル-2-アミノインダン · 続きを見る »

5-ヨード-2-アミノインダン

5-ヨード-2-アミノインダン(5-Iodo-2-aminoindane)または5-IAIは、セロトニン、ノルエピネフリン、ドーパミンの放出薬として作用する薬剤である。1990年代に、パデュー大学のデヴィッド・E・ニコルズらによって開発された。日本では2012年12月17日より薬事法の指定薬物に指定されている。 ネズミの実験で、5-IAIは完全にメチレンジオキシメタンフェタミンの代替となり、ヒトにエンタクトゲンとして作用すると考えられている。5,6-メチレンジオキシ-2-アミノインダンや5-メトキシ-6-メチル-2-アミノインダン等の他の2-アミノインダン誘導体と異なり、5-IAIは、ラットでいくらかのセロトニン性の神経毒性を示すが、アンフェタミンのホモログであるパラヨードアンフェタミンと比べるとかなり低く、観測される障害が統計的優位性に達することは滅多にない。.

新しい!!: 神経毒と5-ヨード-2-アミノインダン · 続きを見る »

6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリン

6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリンまたはMDATは、パデュー大学のデヴィッド・E・ニコルズらによって開発された薬剤である。ネズミを用いてこれをメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)と比較した実験によると、として作用することが示されている。この実験では、機能ではこれを代替したが、セロトニン性の神経毒性は示されなかった。従って、MDATは、非神経毒性の、ヒトにとってになりうる物質であると考えられている。.

新しい!!: 神経毒と6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリン · 続きを見る »

6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリン

6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリンまたはMDMATは、非神経毒性の選択的セロトニン放出薬で、エンタクトゲンをもたらすと考えられている薬剤である。6,7-メチレンジオキシ-2-アミノテトラリン(MDAT)のN-メチル化誘導体であり、メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)の3,4-メチレンジオキシアンフェタミン(MDA)に対する関係、または5,6-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノインダン(MDMAI)の5,6-メチレンジオキシ-2-アミノインダン(MDAI)に対する関係と類似している。2010年以降、オンラインで研究用試薬として販売されている。.

新しい!!: 神経毒と6,7-メチレンジオキシ-N-メチル-2-アミノテトラリン · 続きを見る »

6-ヒドロキシドーパミン

6-ヒドロキシドーパミン(6-hydroxydopamine または 6-OHDA)は神経科学においてドーパミン作動性ニューロンおよびノルアドレナリン作動性ニューロンを選択的に変性除去するために用いられる神経毒。6-OHDAは、ドーパミンおよびノルアドレナリンの再取り込み輸送体によってニューロンに取り込まれる。ドーパミン作動性ニューロン特異的に除去するためには選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(デシプラミンなど)と併用されることがしばしばある。この逆も可能であるが、実際の研究においての実例は少ない。 科学研究における6-OHDAの主な使用目的はパーキンソン症候群をマウス、ラット、サルなどの実験動物に誘導することであり、この実験系はヒトのパーキンソン病に対する新しい医療を追求するために用いられている。MPTPも同様の目的に使用される。 IUPAC名は5-(2-アミノエチル)ベンゼン-1,2,4-トリオール、CAS登録番号は1199-18-4、28094-15-7(塩酸塩)、 636-00-0(臭化水素酸塩)である。.

新しい!!: 神経毒と6-ヒドロキシドーパミン · 続きを見る »

6-クロロ-2-アミノテトラリン

6-クロロ-2-アミノテトラリンまたは6-CATは、選択的セロトニン放出薬として作用する薬剤である。ヒトにとって、エンタクトゲンになると推測されている。パラクロロアンフェタミン(PCA)のアナログである。 デヴィッド・E・ニコルズらによると、6-CATは、PCAの非神経毒性のアナログである。.

新しい!!: 神経毒と6-クロロ-2-アミノテトラリン · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

神経毒性

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »