ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

硝酸銅(II)

索引 硝酸銅(II)

硝酸銅(II)(しょうさんどう(II)、Copper(II) nitrate)は、化学式がCu(NO3)2の無機化合物である。単に硝酸銅といえばこの硝酸銅(II)を指す。無水物の外見は青色の結晶。水和物も青色で、学校などでダニエル電池の演示実験に用いられる。.

11 関係: 塩基性酸化物定性無機分析アジ化銅(II)シアン化銅(I)硝酸硝酸亜鉛硝酸ニッケル(II)硝酸銅酸化銅(II)溶解度の一覧

塩基性酸化物

塩基性酸化物(えんきせいさんかぶつ、Basic oxide)とは、水と反応して塩基を生じる、または酸と反応して塩を生じる金属元素の酸化物である。.

新しい!!: 硝酸銅(II)と塩基性酸化物 · 続きを見る »

定性無機分析

古典的な定性無機分析(ていせいむきぶんせき、qualitative inorganic analysis)は、無機化合物の元素組成を見いだす分析化学の手法である。主に水溶液中のイオンを見つけることに焦点が当てられる。水溶液に様々な試薬を加えることにより、イオン特有の色の変化、沈殿、その他可視的な化学反応を観察するE.

新しい!!: 硝酸銅(II)と定性無機分析 · 続きを見る »

アジ化銅(II)

アジ化銅(II)(あじかどう(II)、copper(II) azide)は、組成式がCu(N3)2の無機化合物である。衝撃や摩擦に敏感で非常に爆発しやすいため起爆剤に使われる。還元されやすい物質であり、ヒドラジンなどの還元剤と反応してアジ化銅(I)となる。.

新しい!!: 硝酸銅(II)とアジ化銅(II) · 続きを見る »

シアン化銅(I)

アン化銅(I)(シアンかどう、copper(I) cyanide)は、白からクリーム色または緑色の水に溶けない粉末固体である。化学式はCuCN。毒物であり、マグネシウムと激しく反応する。熱すると分解し、猛毒のシアン化水素を放出するが、シアン化銅自身に可燃性は無い。.

新しい!!: 硝酸銅(II)とシアン化銅(I) · 続きを見る »

硝酸

硝酸(しょうさん、nitric acid)は窒素のオキソ酸で、化学式 HNO3 で表される。代表的な強酸の1つで、様々な金属と反応して塩を形成する。有機化合物のニトロ化に用いられる。硝酸は消防法第2条第7項及び別表第一第6類3号により危険物第6類に指定され、硝酸を 10 % 以上含有する溶液は医薬用外劇物にも指定されている。 濃硝酸に二酸化窒素、四酸化二窒素を溶かしたものは発煙硝酸、赤煙硝酸と呼ばれ、さらに強力な酸化力を持つ。その強力な酸化力を利用してロケットの酸化剤や推進剤として用いられる。.

新しい!!: 硝酸銅(II)と硝酸 · 続きを見る »

硝酸亜鉛

硝酸亜鉛(しょうさんあえん、zinc nitrate)は化学式 Zn(NO3)2 で表される亜鉛の硝酸塩である。.

新しい!!: 硝酸銅(II)と硝酸亜鉛 · 続きを見る »

硝酸ニッケル(II)

硝酸ニッケル(II)(しょうさんニッケル、英nickel nitrateはニッケルの硝酸塩で、化学式Ni(NO3)2で表される無機化合物。水に易溶で、水溶液は緑色となる。通常、硝酸ニッケルといえば硝酸ニッケル(II)の水和物を指す。硝酸ニッケル(II)の六水和物の化学式の表示にはNi(NO3)2.

新しい!!: 硝酸銅(II)と硝酸ニッケル(II) · 続きを見る »

硝酸銅

硝酸銅は、銅の硝酸塩で、銅の価数により二つの物質が存在する。.

新しい!!: 硝酸銅(II)と硝酸銅 · 続きを見る »

銅(どう)は原子番号29の元素。元素記号は Cu。 周期表では金、銀と同じく11族に属する遷移金属である。英語でcopper、ラテン語でcuprumと言う。.

新しい!!: 硝酸銅(II)と銅 · 続きを見る »

酸化銅(II)

酸化銅(II)(さんかどう に、copper(II) oxide)は化学式 CuO で表される銅の酸化物で、黒色の粉末。CAS登録番号は。水、アルコールに不溶。塩酸、硫酸、塩化アンモニウム溶液、アンモニア水などに可溶。融点1,026 。1,050 以上で分解して酸化銅(I)になる。 酸化銅(II)は塩基性酸化物であるので、酸と反応して塩を作る。水素または一酸化炭素気流中で250 に加熱すると容易に金属銅に還元される。また、黒鉛粉末とともに加熱することによっても還元される。天然では黒銅鉱として産出する。 釉薬の着色剤として利用される。陶磁器に酸化銅(II)を添加した釉薬をかけて焼成すると、酸化焼成では青色-緑色に、還元焼成では赤色に発色する。還元焼成で現れる赤色はかつては釉薬中の酸化銅(II)が金属銅に還元されて発色したものと考えられたが、今日では酸化銅(II)が酸化銅(I)に還元されて赤く発色すると考えられている。.

新しい!!: 硝酸銅(II)と酸化銅(II) · 続きを見る »

溶解度の一覧

溶解度の一覧では、1気圧における化合物(主に無機化合物)の水に対する溶解度を水温別にまとめた表を掲載する。数値の単位は特に注釈がない限り g/100g H2O とした。化合物は五十音順に配列している。.

新しい!!: 硝酸銅(II)と溶解度の一覧 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »