ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

生理学

索引 生理学

生理学(せいりがく、physiology)は、生命現象を機能の側面から研究する生物学の一分野。フランスの医師、生理学者であるによりこの用語が初めて導入された。.

796 関係: -logy加藤元一原色とある科学の超電磁砲どりこのしきい値こいのことばうしおととらの登場キャラクター一覧博士(獣医学)博士(薬学)千葉県立船橋東高等学校反復説反デューリング論口蓋口腔前庭口腔生理学古典的条件づけ古武弥正名古屋大学の人物一覧名取礼二吸入麻酔薬合田敏尚坪川孝志坂田隆増田修一壊死夢占い夢幻花 (東野圭吾)大島大島寛史大島清大隅良典大西祥平大阪府立市岡高等学校大脳半球の働きについての講義太陽と鉄夜間陰茎勃起現象外菌根奥山虎章姿節雄子午線弧学士(獣医学)学問の一覧学習学術用語実験者効果宮村実晴宇宙医学寿命...寒天培地小原一男小坂隆雄小西正一小脳小野三嗣小酒井不木小林公子小林誠 (医学者)小松市小清水卓二尖圭コンジローマ射精管理山口県立図書館分類表山口正義 (生理学者)山口明彦山内繁雄岡山県出身の人物一覧岡山県立岡山朝日高等学校岡山県立津山中学校・高等学校岡田弘隆岡芳包岩田久二雄岩月謙司岩手県立盛岡第一高等学校島崎敏樹 (精神科医)川上光正川村多実二川村清一 (菌類分類学者)上原賞上皮細胞上野賢一丁度可知差異中腎傍管中腸腺中村嘉男三浦進司平衡平澤彌一郎幻肢久保田競久野寧京城医学専門学校京都大学の人物一覧人工心臓弁人体人体科学会人生125歳説人類学人類生物学人間の性人間の性の諸相人間学人間工学人間総合科学大学人格の次元府立高等学校 (旧制)広島県出身の人物一覧五十里彰五感井口阿くり井上和幸井門富二夫仰臥位任意単位伊藤正男 (生理学者)形態学 (生物学)体操体性感覚心理学心理学原理心理学の歴史心理性的発達理論心身問題心臓ペースメーカー土佐三郎地衣類学医学医学史医学教育医化学医術開業試験北一郎國保塁ペイトン・ラウスナタリー・デュトワマリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャマリア・モンテッソーリマルチナ・バーグマン=オスターバーグマルチェロ・マルピーギマルチタスク (心理学)マルティン・ラトケマーティン・ホールドゲイトノーベル生理学・医学賞マーガレット・レア・セッドンノックアウトマウスマックス・ルブナーマイクロバイオロジーマイケル・フォスター (生理学者)チャールズ・ハギンズチャールズ・シェリントンチェコ人の一覧ネイティブアメリカンフルートネオダーウィニズムハルダン・ケファー・ハートラインハーバート・ガッサーハイルプラクティカーバーナード・ウッセイバッフ・クランバイロイトバイベル・パラーデ小体バイオマーカー (薬学)バクスター効果ポリメラーゼ連鎖反応ポリオワクチンメアリーの部屋メタルギアシリーズの用語一覧モリエールの医者諷刺モルモットモンテッソーリ教育モンディディエヤン・ファン・デル・フーフェンヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェヤン・ジャビンスキヤング=ヘルムホルツの三色説ユルゲン・クルツユーザインタフェースユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンヨハネスヨハネス・ペーター・ミュラーヨハネス・ポンペ・ファン・メーデルフォールトヨーゼフ・ブロイアーラベサ・ザフェラ・アントワーヌラウロ・フレッド・カヴァゾスリンダ・バックルネ・カントンルッジェーロ・オッディルイ・ケルヴランルイジ・ローランドルイス・ウェイド・サリヴァンレオナルト・ランドイスレオナルド・ダ・ヴィンチレオポルト・グメリンレオロジーロバート・ボイルロバート・ケードロバート・G・エドワーズロータル・マイヤーロベルト・レーマクロベルト・レーマク (数学者)ロイヤル・メダルロジェ・ギルマンワンダービートSヴァルター・ヘスヴィルヘルム・ヴントヴィルヘルム・ヴェーバーボーアボヘミアン・スポテッド・ドッグトマス・ヘンリー・ハクスリートマス・ピーター・アンダーソン・ステュアートトラザメトゲウオ科トゲウオ目ヘラジカヘルマン・フォン・ヘルムホルツヘルマン・グラスマンヘルメス文書ヘザー・アシュトンブリトン・チャンスプルキニェ現象パラケルススパンの大神パンデリクティスパーヴェル・ブロンスキーヒポクラテスヒメツリガネゴケヒル (動物)ヒルデ・ブルックビウレット反応ピーター・マーク・ロジェピエール・シャンボンテレゴニーテオドール・シュワンデヴィッド・ジュリアスディキソン・W・リチャーズフランクリン (ニューハンプシャー州)フランソワ・マジャンディーフランソワ・ボアシエ・ド・ソヴァージュ・ド・ラクロワフランソワ・プルフール・デュ・プチフリチオフ・ホルムグレーンフリードリッヒ・ミーシェルフリードリヒ・ブルダッハフレーメン反応フンティア (小惑星)フィネアス・ゲージフィリッポ・デ・フィリッピフィッツウィリアム・カレッジフィッシャーの方程式フェリクス・ホッペ=ザイラーフォアダイスドナルド・ヘッブドイツ現代思想ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸ニコライ・ベルンシュテインホスホリパーゼCダイアナ・ドイチュベルナールベルンハルト・カッツベル現象ベンジャミン・リベットベンジャミン・ファインゴールドベイリス効果ベインブリッジ反射呪術医味の素食の文化センター味覚呉建咬合和光寺アメリカの医学教育アメリカン航空191便墜落事故アメリカ国立衛生研究所アラン・ロイド・ホジキンアルバート・ラスカー基礎医学研究賞アルトゥル・ベルソンアルトゥル・ショーペンハウアーアルブレヒト・ペンクアルベルト・フォン・ケリカーアレクセイ・ウフトムスキーアンリ・デュトロシェアントワーヌ・ラヴォアジエアントワーヌ・ルイアントニオ・スカルパアンドリュー・フィールディング・ハクスリーアンドレアンドレ・フレデリック・クルナンアーチボルド・ヒルアーウィン・ローズアブドラ国王大学病院アドルフ・ブロンニャールアドルフ・ブーテナントアドルフ・オイゲン・フィックアニオンギャップアイザック・ベレンブラムアウグスト・クローグイワン・パブロフイワン・セチェノフインプロ!イデユウシノシタウラディスラフ・トレチャクウルフ・スファンテ・フォン・オイラーウィリアム・ボーモントウィリアム・カウパーウィリアム・ジェームズウィルヘルム・キューネウィレム・アイントホーフェンウィンドケッセルモデルウォルター・B・キャノンエミール・デュ・ボア=レーモンエミール・アブデルハルデンエマヌエル・スヴェーデンボリエルンスト・マッハエルンスト・ヴェーバーエルンスト・ヘッケルエルヴィン・シュレーディンガーエヴァルト・ヘリングエール・サザランドエーレンフリート・ヴァルター・フォン・チルンハウスエティエンヌ=ジュール・マレーエドワード・ティチェナーエドワード・S・モースエドゥアルト・ヴェーバーエドウィン・アストウッドエウダモス (医者)エクステンションエコロジーオリヴァー・スミティーズオレゴン大学オーガズムオーギュスト・コントオットー・ワールブルクオッディ括約筋オフィスマッサージオウム目オキシリピンオステオパシーカラーコーディネーターカルル・ダヴィドフカール・ルートヴィヒ・ハラーカール・ピーター・ヘンリク・ダムカール・グスタフ・ユングカーディフ大学カッセルカタ計ガーナ大学ガイウス・プリニウス・セクンドゥスキネシオロジーギャンブル依存症クリメントクリアランス (医学)クリスティアン・ベルクマンクリスティアーン・エイクマンクロールクローディ・エニュレクロード・ベルナールグレゴール・ヨハン・メンデルグロース=ウムシュタットケネス・クーパーケッテイゲータレードゲオルギー・ロザノフゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲンコハク酸デヒドロゲナーゼコリン (栄養素)コルネイユ・ハイマンスコレステロールコンラート・ローレンツシバリングシャルル・ロベール・リシェシュリ・プリュドムシュヴェービッシュ・グミュントシラキュース大学シッダ医学シェレバングラ農科大学システム生物学ジャレド・ダイアモンドジャン・ポアズイユジャック・レーブジョン・メーヨージョン・ユドキンジョン・ブラウン (医師)ジョン・スコットジョン・C・エックルスジョヴァンニ・ボレリジョージ・ロマネスジョージ・フィリップ・ウェルズジョージ・H・ウィップルジョセフ・アーランガージークムント・フロイトジーザス (漫画)ジェネンテックジェリーフィッシュレイクスポーツ科学スヴァンテ・アレニウススーザン・ブラックモアステファノ・サンドローネスティーヴン・ヘールズスケルタルアニメーションスタンレー・シャクタースターリングセントラルサイエンスセント=ジェルジ・アルベルトタマム・シュッド事件タラットスクス亜目タウリンサミュエル・アレクサンダー・キニア・ウィルソンサル目サントーリオ・サントーリオサーディー・ウルマクサブラクセーションサピア=ウォーフの仮説サイバネティックスサイバーサイバーパンク哲學大辭書唯物論唾液唾液腺内薗耕二写真銃処女膜出産児童性的虐待全か無かの法則全体光吉俊二副腎皮質ホルモン創薬勝木保次動物学動物福祉動物発生論動物運動論動物誌 (アリストテレス)動物進行論国立科学アカデミー・レオポルディーナ国際統合リハビリテーション協会国際生命情報科学会BioRxivBOYS BE…石原誠石川県出身の人物一覧石井好二郎石井康子王立協会フェロー火星の植民獣医学獨協大学球菌理療科教員理論生物学琉子友男磁気生理学神は死んだ神経内分泌学神経科学神経発生福岡県立修猷館高等学校の人物一覧福島大学の人物一覧福田邦三科学研究費助成事業科学教育稲恭宏空軍士官学校 (アメリカ合衆国)笹川久吾筑波大学附属中学校・高等学校の人物一覧米国国立医学図書館分類法精神医学精神分析学精神障害の診断と統計マニュアル糖新生細谷精一細谷雄太細谷雄二細谷洋一細胞生物学紀元前3世紀緊張纐纈群集生態学羽太鋭治真珠様陰茎小丘疹真鍋求猫砂絞扼反射疼痛疾病学病態生理学為る生体物質生化学生ハムメロン生命の階層生理生理学生理学女性研究者の会生理心理学生理食塩水生理活性生物のカテゴリ一覧生物学生物学に関する記事の一覧生物学者の一覧生物無機化学生物物理学生気論生気象学田口貞善田崎一二田中弘文無音無重量状態熊澤茂則畑正憲畔上道雄片頭痛牛島純一瀧川修発芽白岩善博DNAワクチン音響学音響信号処理適応聴覚過敏草食動物青木まりこ現象青木良仁 (生理学者)須藤新吉血液循環説血液脳関門食品栄養科学部飲酒の化学西洋医学診療放射線技師国家試験訃報 1997年5月訃報 2003年4月訃報 2009年4月訃報 2010年3月訃報 2012年5月訃報 2015年6月訃報 2018年5月試薬語学教授法骨相学調節高岡倉太郎高知大学高瀬幸子高橋華王高橋順太郎高橋迪雄高気圧酸素治療高木健太郎高木貞敬谷津直秀鳥山英雄鳥類鳥潟隆三黒羽根忠雄齊藤真也辛味錯視茹でガエル郡場寛鈴木美希鈴木直義 (獣医学者)鈴木裕一防犯灯阿闍梨関西女子短期大学薬力学薬学薬剤学薬理学薬理凶室閉口反射開口反射藤本守還元主義脊柱管脳の10パーセント神話脳機能イメージング脳波野菜野間昭典臨床工学技士自律神経系自然学小論集自然治癒力金光不二夫金沢大学の人物一覧長崎県出身の人物一覧酪農学園大学の人物一覧酸性食品とアルカリ性食品酒井邦嘉酒井文徳酒井敏夫酔い酔拳色素苦味蛍光顕微鏡難波成任電磁波電解質電解質代謝電気生理学連鎖状態記述記号進化生物学陳全壽In vitroIn vivoL-アラビノースオペロンMr.FULLSWINGの登場人物NNO.6PPPRDG レッドデータガールRGBUSMLE抱合暉峻義等柘植秀臣柔道整復学科柔道整復師国家試験林久由恐怖症杏林大学条件反射東京大学大気海洋研究所東京都神経科学総合研究所東京都立大学附属高等学校東京都立西高等学校の人物一覧東京慈恵会医科大学の人物一覧東龍太郎松原英多村上悳村元辰寛村松郁延桐谷滋桿菌桑原厚和森田茂 (畜産学者)森昭雄森昌夫植物植物学榎本秀一概日リズム横山正松橋健行橋田邦彦武田厚司比較発生学水島昇水上置換水晶髑髏永井潜永男永松東海沢柳事件注意深層心理学渡航医学渋み漿液木々高太郎木村正裕木村昌由美末武弘章有村章戸塚ヨットスクール星猛星野稔明治乳業浜松医科大学斎藤環新見市新潟県立新潟高等学校の人物一覧文部省師範学校中学校高等女学校教員検定試験斉藤清史日高敏隆日本の脚気史日本大学文理学部・大学院文学研究科及び総合基礎科学研究科日本女性医学学会日本学士院日本建築医学協会日本体育大学日本畜産学会日本運動生理学会日本菌学会日本歯科麻酔学会感覚感覚器感情感情労働感情地図整体教職課程教授と美女拷問性科学性科学映画晶エリー時実利彦時間10月19日12月17日12月20日12月22日12月25日12月26日12月4日12月5日1608年1677年1679年1771年1795年1802年1806年1813年1821年1832年1849年1857年1858年1864年1865年1871年1882年1886年1887年1894年1895年1901年1903年1904年1909年1911年1912年1913年1914年1922年1928年1933年1963年1973年1977年19世紀の哲学1月26日1月5日20世紀2月27日2月5日2月7日3月17日3月22日3月26日3月28日3月30日3月4日3月5日3月9日4月10日4月12日4月17日4月20日5月11日5月18日5月26日6月24日6月3日6月6日7月18日7月20日7月22日7月26日8月11日8月12日8月16日8月21日8月29日8月31日8月3日9月26日9月4日9月8日 インデックスを展開 (746 もっと) »

-logy

-logy (ロジー) は、英語の接尾辞のひとつ。「〜話」、「〜論」、「〜説」、「〜学」、「〜科学」などを意味する。 (「〜学」と訳されている場合が多いが、そうでないものもかなり多い。).

新しい!!: 生理学と-logy · 続きを見る »

加藤元一

加藤 元一(かとう げんいち、1890年(明治23年)2月11日 - 1979年(昭和54年)5月1日)は日本の生理学者、医学博士。 1928年(昭和3年)、1935年(昭和10年)、1937年(昭和12年)の3度ノーベル生理学・医学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している。.

新しい!!: 生理学と加藤元一 · 続きを見る »

原色

原色(げんしょく、、単に とも)とは、混合することであらゆる種類の色を生み出せる、互いに独立な色の組み合わせのこと。互いに独立な色とは、たとえば原色が三つの場合、二つを混ぜても残る三つ目の色を作ることができないという意味である。 人類の目においては、原色は三つの色の組み合わせであることが多い。たとえばテレビモニターや照明などで、異なる色の光を重ねて新たな色を作る加法混合の三原色は、通常赤・緑・青の三色である。また、絵具を混ぜたりカラー印刷で色インクを併置するときに行われる減法混合の場合の三原色は、シアン・マゼンタ・イエロー(黄色)の三色である。 原色とされる色の選択は基本的には恣意的なものである。加法混合の三原色に使う赤・緑・青も多様であり、表現のしやすさなどを考えに入れてさまざまな基準が定められている。またたとえば、リュミエール兄弟が開発した初期のカラー写真・オートクローム (Autochrome Lumière) では、赤・緑・青のほかに橙(オレンジ)・緑・紫の組み合わせも使われた。.

新しい!!: 生理学と原色 · 続きを見る »

とある科学の超電磁砲

『とある科学の超電磁砲』(とあるかがくのレールガン)は、原作:鎌池和馬、作画:冬川基、キャラクターデザイン:灰村キヨタカによる日本の漫画作品。また、それを原作・題材とした派生作品群。メディアワークスの『月刊コミック電撃大王』にて、2007年4月号より連載中。 正式タイトルは『とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲』。鎌池和馬のライトノベルシリーズ『とある魔術の禁書目録』のスピンオフ作品。略称は「超電磁砲」、「レールガン」など。 また、『月刊コミック電撃大王』2017年6月号から乃木康仁作画のスピンオフ『とある科学の超電磁砲外伝 アストラル・バディ』が連載されている。.

新しい!!: 生理学ととある科学の超電磁砲 · 続きを見る »

どりこの

どりこのは昭和時代前期に大日本雄弁会講談社(講談社)から発売された、滋養強壮を謳った清涼飲料水。.

新しい!!: 生理学とどりこの · 続きを見る »

しきい値

しきい値(しきいち)あるいは閾値(いきち)()は、境目となる値のこと。 「しきいち」は慣用読み。「閾」(しきい)の字は日本の当用漢字外である。.

新しい!!: 生理学としきい値 · 続きを見る »

こいのことば

『こいのことば』は、緑のルーペによる日本の漫画作品。WEBサイト『ぽこぽこ』(太田出版)にて2013年6月から2014年6月まで連載された。単行本は全1巻。 エロ漫画家の青年と中学生の美少女の複雑な恋愛関係を描いていく物語。キャッチコピーは「6畳2間の秘密の恋。」であり、「美少女・悠里と漫画家の「せんせー」が繰り広げる、切なくてエロティックな物語。」と銘打たれる(単行本の宣伝帯より)。また、主人公の職業柄による私生活やエロ漫画家としての緒事情にも劇中で触れられており、ヒロインの目線で物語が進む場合、同級生の思春期の心理描写が描かれている。.

新しい!!: 生理学とこいのことば · 続きを見る »

うしおととらの登場キャラクター一覧

うしおととらの登場キャラクター一覧(うしおととらのとうじょうキャラクターいちらん)では、藤田和日郎による『週刊少年サンデー』に連載されていた少年漫画作品『うしおととら』の登場人物及び妖怪について記述する。声の項はOVA版 / テレビアニメ版の順。.

新しい!!: 生理学とうしおととらの登場キャラクター一覧 · 続きを見る »

博士(獣医学)

博士(獣医学)(はくし じゅういがく)は、博士の学位であり、獣医学(解剖学、病理学、薬物学、生理学、薬理学、家畜衛生学など)に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。 1991年以前の日本では、獣医学博士(じゅういがくはくし)という博士の学位が授与されており、獣医学博士は、現在の「博士(獣医学)」とほぼ同じものである。.

新しい!!: 生理学と博士(獣医学) · 続きを見る »

博士(薬学)

博士(薬学)(はくし やくがく、英:Doctor of Pharmacy)は、博士の学位であり、薬学(医薬化学、天然物化学、生薬学、薬理学、病理学、薬物動態学、生理学、生化学など)に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。学士(薬学)、修士(薬学)の上位の学位に当たる。 1991年以前の日本では、薬学博士(やくがくはくし)という博士の学位が授与されており、薬学博士は、現在の「博士(薬学)」とほぼ同じものである。.

新しい!!: 生理学と博士(薬学) · 続きを見る »

千葉県立船橋東高等学校

千葉県立船橋東高等学校(ちばけんりつ ふなばしひがしこうとうがっこう)は、千葉県船橋市芝山二丁目にある県立高等学校。通称は「東」(ひがし)、「東高」(ひがしこう)、「船東」(ふなひが)、「船橋東」(ふなばしひがし)。.

新しい!!: 生理学と千葉県立船橋東高等学校 · 続きを見る »

反復説

反復説(はんぷくせつ)とは、動物胚のかたちが受精卵から成体のかたちへと複雑化することと、自然史における動物の複雑化との間に並行関係を見出したものである。.

新しい!!: 生理学と反復説 · 続きを見る »

反デューリング論

ンゲルス(1877年) 『反デューリング論』(はんデューリングろん、Herrn Eugen Dührings Umwälzung der Wissenschaft)は、1878年のフリードリヒ・エンゲルスの著作。1880年に社会主義への入門書として作られた抜粋版パンフレット『空想から科学へ』のオリジナルにあたる書物である。『反デューリング論』は哲学、経済学、社会主義の全領域にわたってマルクス主義の世界観を初めて包括的に叙述したものとして『共産党宣言』や『資本論』と並ぶ重要な古典的著作である。.

新しい!!: 生理学と反デューリング論 · 続きを見る »

口(くち)は、消化管の最前端である。食物を取り入れる部分であり、食物を分断し、把持し、取り込むための構造が備わっていると同時に、鼻腔と並んで呼吸器の末端ともなっている。文脈により口腔(こうこう)ともいう。なお口腔の読みの例外として、日本医学界においては(こうくう)を正式とする。 生物学に限らず、一般に穴等の開口部を指して口と呼び、それを機軸として、慣用句として様々な意味合いを持つ言葉に発展してきた。.

新しい!!: 生理学と口 · 続きを見る »

口蓋

口蓋(こうがい)とは、脊椎動物において口腔と鼻腔を分離している口腔上壁のことである。 構造上の違いから、1次口蓋と2次口蓋に分けられる。.

新しい!!: 生理学と口蓋 · 続きを見る »

口腔前庭

口腔前庭(こうくうぜんてい、Vestibulum oris)とは、口腔内における前方部をさす。外方からは口唇とその後外側へのつづきである頰により境される。頰の深部には頰脂肪体がある。 口腔前庭は、内方からは上下両顎の歯槽突起を被っている粘膜及び歯列弓によって境され、全体として馬蹄形をなしており、歯列が完全な場合には口を閉じると、その後内方にある狭義の口腔からはっきりと分かれる。 口腔と頰は哺乳動物において初めて完全に発達し、従って口腔前庭も出来上がって乳の吸収が可能となる。 上下の両唇の縁で粘膜が皮膚に移行する部は特に赤くて、外面に露出している。これを赤唇縁(唇紅、Rubor labiorum)といい、その存在は人類の特徴である。 口唇内面の粘膜は歯槽突起前面に移る所には、人中線において縦走のヒダをつくる。これを上唇小帯 (Frenulum labii superioris) 及び下唇小帯 (Frenulum labii inferioris) という。また、歯槽突起を被う粘膜は厚く、かつ骨膜と密着する。これを歯肉 (Gingiva) という。.

新しい!!: 生理学と口腔前庭 · 続きを見る »

口腔生理学

口腔生理学(こうくうせいりがく、英語:oral physiology)とは、基礎歯学の一分野の専門学問である。 主に生理学を基礎に口腔の機能を生理学的に研究することを中心としている。 また、顎関節症や歯科矯正、味覚障害など臨床歯科系分野にとってはなくてはならない基礎分野であり、治療に際しては口腔生理学者が共に参加することが多い。研究に従事している者は、生理学を専攻する歯科医師の他に薬剤師、理学者など様々な分野の研究者が従事している。.

新しい!!: 生理学と口腔生理学 · 続きを見る »

古典的条件づけ

古典的条件づけ(こてんてきじょうけんづけ、Classical conditioning、またはPavlovian conditioning)とは、学習の一形態であり、刺激の対呈示によって刺激間に連合が起こり反応が変化容することである。行動主義心理学の基本理論である。 1903年、ロシアの生理学者イワン・パブロフによって、犬に餌を与える前にベルの音を鳴らすことで、次第にベルの音を聞くだけで唾液を分泌するという条件反射の研究観察がもとになった理論である。刺激に応答(respondent)するというレスポンデント条件づけ、あるいはパブロフ型条件づけとも呼ばれる。 後の1938年、バラス・スキナーがオペラント条件づけを提唱する。.

新しい!!: 生理学と古典的条件づけ · 続きを見る »

古武弥正

古武 弥正(こたけ やしょう、1912年9月19日-1997年11月13日)は日本の心理学者。医学博士。「人間における条件反射の研究」などで顕著な業績を挙げた。 関西学院大学名誉教授、元関西学院大学学長、兵庫医科大学名誉教授、元兵庫医科大学理事長。 勲二等旭日重光章受章(1984年)、毎日学術奨励賞(1955年)、兵庫県功労者表彰(1971年)、西宮市民文化賞(1983年)。.

新しい!!: 生理学と古武弥正 · 続きを見る »

名古屋大学の人物一覧

名古屋大学の人物一覧(なごやだいがくのじんぶついちらん)は、名古屋大学に関係する人物の一覧記事。.

新しい!!: 生理学と名古屋大学の人物一覧 · 続きを見る »

名取礼二

名取 礼二(なとり れいじ、名取 禮二、1912年(明治45年)1月2日 - 2006年(平成18年)11月20日)は、日本の生理学者。名取筋線維の創出と研究で知られる。文化勲章受章者。贈従三位(没時陞位)、贈勲一等瑞宝章(没後叙勲)。.

新しい!!: 生理学と名取礼二 · 続きを見る »

吸入麻酔薬

吸入麻酔薬(きゅうにゅうますいやく)は、呼吸器から吸収され作用を発現する麻酔薬である。主に呼吸器から排出される。現在存在する吸入麻酔薬はすべて全身麻酔薬である。 笑気以外は標準状態で液体であり、使用するには専用の気化器が必要である。また揮発させて使用することから揮発性麻酔薬と呼ばれる。.

新しい!!: 生理学と吸入麻酔薬 · 続きを見る »

合田敏尚

合田 敏尚(ごうだ としなお、1955年12月 - )は、日本の栄養学者・生理学者(栄養生理学・保健栄養学)。学位は保健学博士(東京大学・1984年)。静岡県立大学副学長・「ふじのくに」みらい共育センターセンター長(初代)・食品栄養科学部教授・大学院食品栄養環境科学研究院教授。 アリゾナ大学研究助教授、静岡県立大学食品栄養科学部助教授、静岡県立大学食品栄養科学部准教授、静岡県立大学大学院生活健康科学研究科研究科長、静岡県立大学大学院食品栄養環境科学研究院研究院長(初代)、静岡県立大学大学院薬食生命科学総合学府副学府長、静岡県立大学食品栄養科学部学部長(第8代)などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と合田敏尚 · 続きを見る »

坪川孝志

坪川 孝志(つぼかわ たかし、1930年 - 2010年8月26日)は、日本大学教授、脳神経外科医。.

新しい!!: 生理学と坪川孝志 · 続きを見る »

坂田隆

坂田 隆(さかた たかし、1951年 - )は、日本の生理学者。農学博士(東北大学)。前石巻専修大学学長。愛知県名古屋市出身。.

新しい!!: 生理学と坂田隆 · 続きを見る »

増田修一

増田 修一(ますだ しゅういち、1969年2月 - )は、日本の生理学者(食品衛生学・環境衛生学)。学位は博士(食品栄養科学)(静岡県立大学・2006年)。静岡県立大学食品栄養科学部准教授・大学院食品栄養環境科学研究院准教授。 新日本気象海洋株式会社大阪支店環境化学部研究員、国立公衆衛生院水道工学部研究員、国土環境株式会社環境創造研究所主査研究員、静岡県立大学食品栄養科学部助手、静岡県立大学食品栄養科学部助教などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と増田修一 · 続きを見る »

壊死

壊死(えし)またはネクローシス(Necrosis、ギリシア語のνέκρωσις〔死〕由来)とは、自己融解によって生物の組織の一部分が死んでいく様、または死んだ細胞の痕跡のことである。.

新しい!!: 生理学と壊死 · 続きを見る »

夢占い

夢占い(ゆめうらない)とは、夢に出てきたものや状況を元に、現在の心理状態や近い未来に起こる出来事などを判断する作業のことである。夢の内容には、見えない世界や無意識領域からの意味のあるメッセージが隠されているということを前提にしている。.

新しい!!: 生理学と夢占い · 続きを見る »

夢幻花 (東野圭吾)

『夢幻花』(むげんばな)は、東野圭吾の推理小説。2013年度の柴田錬三郎賞受賞。.

新しい!!: 生理学と夢幻花 (東野圭吾) · 続きを見る »

大島

大島(おおしま、おおじま、おしま)は、漢字文化圏の地名、なかでもとりわけ日本語で多く用いられる地名であり、地名に由来する日本語姓やその他の名称でもある。 「島」には「嶋」「嶌」「㠀」「隝」「嶹」など数多くの異体字があることから、「大島」にも「大嶋」「大嶌」の他、希に「大隝」「大㠀」「大嶹」などの別表記がある。 「大きな島」を原義とすることから、英語圏の地名 "'''Big Island''' (ビッグアイランド)" やフランス語圏の地名 "'''Grande Île''' (グランディル)などと対比できる。.

新しい!!: 生理学と大島 · 続きを見る »

大島寛史

大島 寛史(おおしま ひろし、1949年8月 - )は、日本の厚生官僚、国際公務員、生理学者(食品栄養科学・腫瘍生化学・がん予防学・がん分子疫学)。学位は農学博士(東京大学・1987年)。静岡県立大学名誉教授。 国立予防衛生研究所食品衛生部勤務を経て、国際がん研究機関内因性発がん要因部門部長、静岡県立大学食品栄養科学部教授、静岡県立大学食品栄養科学部学部長(第7代)などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と大島寛史 · 続きを見る »

大島清

大島 清(おおしま きよし).

新しい!!: 生理学と大島清 · 続きを見る »

大隅良典

大隅 良典(おおすみ よしのり、1945年2月9日 - )は、日本の生物学者(分子細胞生物学)。学位は理学博士(東京大学・1974年)。東京工業大学科学技術創成研究院特任教授・栄誉教授、自然科学研究機構特別栄誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、基礎生物学研究所名誉教授、東京大学特別栄誉教授。福岡市名誉市民、大磯町名誉町民、京都大学名誉博士。 自然科学研究機構基礎生物学研究所教授兼総合研究大学院大学生命科学研究科教授、東京工業大学フロンティア研究機構特任教授などを歴任した。「オートファジーの仕組みの解明」により2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学と大隅良典 · 続きを見る »

大西祥平

大西 祥平(おおにし しょうへい、1952年9月17日 - 2010年3月18日)は、日本の医学者、医師。慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科元教授、同大学スポーツ医学研究センター元所長。専門はスポーツ医学、循環器内科、運動生理学。博士(医学)(慶應義塾大学、1993年)。.

新しい!!: 生理学と大西祥平 · 続きを見る »

大阪府立市岡高等学校

大阪府立市岡高等学校(おおさかふりつ いちおか こうとうがっこう、英称:Osaka Prefectural Ichioka High School)は、大阪市港区にある公立の高等学校。.

新しい!!: 生理学と大阪府立市岡高等学校 · 続きを見る »

大脳半球の働きについての講義

『大脳半球の働きについての講義』(Лекции о работе больших полушарий головного мозга) とは1926年に出版されたロシアの生理学者イワン・パブロフによる講義録であり、条件反射についての研究である。.

新しい!!: 生理学と大脳半球の働きについての講義 · 続きを見る »

太陽と鉄

『太陽と鉄』(たいようとてつ)は、三島由紀夫の自伝的随筆・評論。三島自身は、「告白と批評との中間形態」としている。主に自らの肉体と精神、生と死、文と武を主題に書かれたもので、三島の文学、思想、その死(三島事件)を論じるにあたり重要な作品である井上隆史「太陽と鉄」()。刊行に際しては、終章として自衛隊の戦闘機「F104機」に搭乗し、成層圏を超音速飛行した経験の随筆と長詩を付加している。〈太陽〉との2度の出会い(昭和20年の夏の敗戦と昭和27年の海外旅行体験)を通じて「思考」が語られ、〈鉄〉はボディビルの鉄塊の重量(肉体をあるべきであつた姿に押し戻す働き)」として「筋肉」との関連で語られている。.

新しい!!: 生理学と太陽と鉄 · 続きを見る »

夜間陰茎勃起現象

夜間陰茎勃起現象(やかんいんけいぼっきげんしょう、英語: nocturnal penile tumescence)は、性的興奮や自意識とは関係のない状態でペニス(陰茎)が勃起している現象。就寝中に勃起が起こるものを夜立ち(よるだち、夜勃ち、夜起ち)、それが朝睡眠より目覚めたときまで維持されているものを朝立ち(あさだち、朝勃ち、朝起ち、英語: morning wood、morning glory)ともいう。この現象は睡眠のメカニズムによるものであり、性的な夢を見たことに起因するという考えは間違いである。また朝立ちといえば多く男性のそれを指すが、構造が似ている女性のクリトリス(陰核)にも同様の現象(夜間陰核勃起現象)は起こる。.

新しい!!: 生理学と夜間陰茎勃起現象 · 続きを見る »

外菌根

外菌根(がいきんこん、ectomycorrhiza)とは、植物の根と菌類との共生体である菌根の一種であり、菌糸が根の細胞壁の内側に侵入しないタイプである。典型的には樹木ときのこの菌とによって形成される。外生菌根と呼ばれることも多い。.

新しい!!: 生理学と外菌根 · 続きを見る »

奥山虎章

奥山 虎章(おくやま とらふみ / こうしょう、1848年1月9日(弘化4年12月4日「『医語類聚』の著者 海軍大軍医 奥山虎章」38頁。) - 1887年(明治20年)4月16日)は、上山藩出身の医学者、水産学者、大日本帝国海軍軍医寮教官。通称・又三郎(またさぶろう)、玄良。.

新しい!!: 生理学と奥山虎章 · 続きを見る »

姿節雄

姿 節雄(すがた せつお、1916年5月15日 - 1999年2月18日)は日本の柔道家(講道館9段)。広島県神石郡神石町(現・神石高原町)古川出身。.

新しい!!: 生理学と姿節雄 · 続きを見る »

子午線弧

子午線弧(しごせんこ、Meridian arc)とは、測地学において、地球表面または地球楕円体に沿った子午線(経線)の弧を指す。子午線は楕円弧で南北方向に延びる測地線となる。 天文学において、2地点の天文緯度測定と子午線弧の長さとを結合することで地球の円周・半径を決定した。その始まりは、紀元前3世紀のエジプトのエラトステネスで、地球が球体であることを定量的に示した。 緯度差1分に相当する子午線弧長は、海里の定義にも参考にされた。.

新しい!!: 生理学と子午線弧 · 続きを見る »

学士(獣医学)

学士(獣医学)(がくし じゅういがく)は、日本の大学の学位の一つ。農学部や共同獣医学部、農獣医学部などで獣医学(解剖学、病理学、薬物学、生理学、薬理学、家畜衛生学など)に関する専攻分野を学ぶことによって、授与される。また、獣医師国家試験の受験資格でもある。.

新しい!!: 生理学と学士(獣医学) · 続きを見る »

学問の一覧

学問の一覧(がくもんのいちらん)は、大学・大学院レベルで学ばれる学問分野を分類したものである。それぞれの分野には下位分野があり「(例)物理学→素粒子物理学」、この下位分野にはそれぞれ学術雑誌、学会があることが多い。 学問の分類には図書分類法のような分類法がなく、日本とアメリカ、ヨーロッパなど地域や教育機関ごとに差異がある。例えば法学を社会科学に含める場合もあればそうでない場合もある。 今日ますます各学問に分野横断的な傾向が強まるなかで、ある学問を単一の分野に分類することが困難な場合が多くなっている(学際研究)。.

新しい!!: 生理学と学問の一覧 · 続きを見る »

学習

ンピュータを利用した学習 学習(がくしゅう)は、体験や伝聞などによる経験を蓄えることである。生理学や心理学においては、経験によって動物(人間を含め)の行動が変容することを指す。繰り返し行う学習を練習(れんしゅう)という。.

新しい!!: 生理学と学習 · 続きを見る »

学術用語

学術用語(がくじゅつようご、terminology)は、学問に関する事柄を記述するために用いられる用語のこと。しばしば術語(じゅつご)と略される。一般の言葉と比較して、定義のはっきりしていることが求められる。議論を進めるにあたって、事柄の意味自体にずれがあっては結論が導けないからである。 結果として学術用語は、一般で使われる場合よりも意味の範囲が狭いことが多く、何らかの定義がなされている。用語によっては、一般で使われる場合と意味が違っているものもある。 経時的な意味の変化を防ぐため、ラテン語やギリシア語など変化の少ない言語を利用することも多い。.

新しい!!: 生理学と学術用語 · 続きを見る »

実験者効果

実験者効果(英:experimenter effect)とは、実験者が意図せずに被験者の行動に及ぼす実験統制外の影響のこと。.

新しい!!: 生理学と実験者効果 · 続きを見る »

宮村実晴

宮村 実晴(みやむら みはる、1940年 - )は、日本の体育学者。名古屋大学名誉教授。日本国内における呼吸と生理学の第一人者。.

新しい!!: 生理学と宮村実晴 · 続きを見る »

宇宙医学

宇宙医学(うちゅういがく、英語:space medicine)とは宇宙空間、宇宙飛行下の諸条件が人体に及ぼす影響を解明し、その適性、順応、保護などを研究する学問。生理学的、心理学的研究が行われる。ロケット打ち上げや降下の際の加速度、放射線(宇宙線)、強い光線、高・低温からの人体の保護、宇宙船内での酸素濃度や気圧の変化、無重力状態下の生活と人体への影響、生活周期の乱れや孤独感、不安感などの精神的負荷など、研究内容は多岐にわたる。スペースシャトルや宇宙ステーション内での人為的活動を行なう際に、健康維持の方法を考察する。今後の宇宙開発の重要テーマでもある。 かつては、初期のクラーク作品に見られるように、宇宙の無重力空間に人間が進出したら重力に起因する様々な健康上の問題から解放され、長寿にもなるだろうという意見があったが、実際に有人ロケットが打ち上げられ、百日単位で宇宙に滞在する人間が出るようになると、様々な弊害が出ることが判明した。宇宙空間では重力がないため、重い体重を支える必要のない骨からカルシウムが溶け出したり(長期間生活すると止まるという説あり)、負荷がかからないため筋力が弱まって地上に降りると立つことも困難になるなどの現象が起きたのである。そのため、宇宙進出にあたっては、宇宙空間の特性に応じた医学が必要となった。.

新しい!!: 生理学と宇宙医学 · 続きを見る »

寿命

寿命(じゅみょう)とは、命がある間の長さのことであり、生まれてから死ぬまでの時間のことである。転じて、工業製品が使用できる期間、あるいは様々な物質・物体の発生・出現から消滅・破壊までの時間などを言うこともある。.

新しい!!: 生理学と寿命 · 続きを見る »

寒天培地

寒天培地(かんてんばいち、Agar medium)とは、寒天を用いた培地のこと。特に、寒天を約1.5%の濃度で加えて固化させた固形培地のことを意味する場合が多い。微生物学や植物学の分野で、微生物や細胞を培養するために用いられる。対象とする生物の種類や用途に応じてさまざまな処方がある。.

新しい!!: 生理学と寒天培地 · 続きを見る »

小原一男

小原 一男(おばら かずお、1950年10月 - )は、日本の生物学者(薬理学・生理学)。学位は医学博士(札幌医科大学・1985年)。 札幌医科大学医学部助手、シンシナティ大学医学部助手、静岡県立大学薬学部講師などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と小原一男 · 続きを見る »

小坂隆雄

小坂 隆雄(こさか たかお、1901年8月11日 - 1979年8月20日)は、日本の生理学者、公衆衛生学者。.

新しい!!: 生理学と小坂隆雄 · 続きを見る »

小西正一

小西 正一(こにし まさかず、1933年2月17日 - )は日本の生物学者、動物行動学者。京都市出身。.

新しい!!: 生理学と小西正一 · 続きを見る »

小脳

小脳(しょうのう、cerebellum、ラテン語で「小さな脳」を意味する)は、脳の部位の名称。脳を背側から見たときに大脳の尾側に位置し、外観がカリフラワー状をし、脳幹の後ろの方からコブのように張り出した小さな器官である。脳幹と小脳の間には第四脳室が存在する。重さは成人で120〜140グラムで、脳全体の重さの10%強をしめる。大脳の10分の1しかないのに、大脳の神経細胞よりもはるかに多くの神経細胞がある。脳の神経細胞の大部分は、小脳にあり、その数は1000億個以上である。小脳の主要な機能は知覚と運動機能の統合であり、平衡・筋緊張・随意筋運動の調節などを司る。このため、小脳が損傷を受けると、運動や平衡感覚に異常をきたし、精密な運動ができなくなったり酒に酔っているようなふらふらとした歩行となることがある。小脳が損傷されると、そうした症状が起きるが、意識に異常をきたしたり知覚に異常を引き起こすことはない。このため、かつては高次の脳機能には関係がなく、もっぱら運動を巧緻に行うための調節器官だとみなされ、脳死問題に関する議論が起きた際も人の生死には関係がないので、小脳は脳死判定の検査対象から外すべきと主張する学者もいた。ところがその後、小脳がもっと高次な機能を有していると考えられる現象が相次いで報告された。また、アルツハイマー病の患者の脳をPETで調べたところ、頭頂連合野や側頭連合野が全く機能していないにもかかわらず、小脳が活発に活動していることが判明した。アルツハイマー病の患者では例外なく小脳が活動しており、通常より強化されている。これは大脳から失われたメンタルな機能を小脳が代替していると考えられている。伊藤正男は、小脳は大脳のシミュレーターであって、体で覚える記憶の座と表現した立花隆『脳を究める』朝日文庫 2001年3月1日。 小脳の傷害が運動障害を引き起こすことを最初に示したのは、18世紀の生理学者たちであった。その後19世紀初頭〜中盤にかけて、実験動物を用いた小脳切除・病変形成実験が行われ、小脳傷害が異常運動・異常歩様・筋力低下の原因となることが明らかにされた。これらの研究成果に基づき、小脳が運動制御に重要な役割を果たすという結論が導かれたのである。 協調運動制御のため、小脳と大脳運動野(情報を筋肉に伝達し運動を起こさせる)および脊髄小脳路(身体位置保持のための固有受容フィードバックを起こす)を結ぶ多くの神経回路が存在する。小脳は運動を微調整するため体位に対し絶えずフィードバックをかけることで、これらの経路を統合している。.

新しい!!: 生理学と小脳 · 続きを見る »

小野三嗣

小野 三嗣(おの みつつぐ、1921年(大正10年)4月19日 - 2007年(平成19年)3月22日)は、日本の運動生理学者。 秋田県大館生まれ。1942年陸軍航空士官学校卒、45年大尉に昇進、航空第二師団参謀部付、1950年東京慈恵会医科大学医学部卒業。同名取礼二生理学教室所属、60年 東京慈恵会医科大学医学博士。論文の題は「所謂光力学的作用による骨格筋収縮の機転について」62年慈恵医大講師、1963年東京学芸大学助教授。1964年東京オリンピックで重量挙げのトレーニング-ドクターとなり、全員入賞に貢献した。1966年横浜国立大学教授、1970年東京学芸大学教授。85年定年退官、名誉教授。1991年川崎医療福祉大学教授。1992年小野スポーツ体力研究財団理事長。95年川崎医療大退職。慈恵会医科大客員教授。.

新しい!!: 生理学と小野三嗣 · 続きを見る »

小酒井不木

小酒井 不木(こさかい ふぼく、本名:小酒井 光次(こさかい みつじ)、1890年(明治23年)10月8日 - 1929年(昭和4年)4月1日)は、日本の医学者、随筆家、翻訳家、推理作家。別名「鳥井零水」。.

新しい!!: 生理学と小酒井不木 · 続きを見る »

小林公子

小林 公子(こばやし きみこ、1960年5月 - )は、日本の生理学者(生物学・人類遺伝学)。学位は医学博士(筑波大学・1989年)。静岡県立大学食品栄養科学部教授・大学院食品栄養環境科学研究院教授・男女共同参画推進センター副センター長。旧姓は山川(やまかわ)。英語論文等では旧姓と現姓を併記したKimiko Yamakawa-Kobayashiの名義を用いることもある。 筑波大学基礎医学系助教授、静岡県立大学食品栄養科学部助教授、静岡県立大学食品栄養科学部准教授などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と小林公子 · 続きを見る »

小林誠 (医学者)

小林 誠(こばやし せい)は、日本の医師、医学者(生理学)。医学博士(九州大学・1988年)。山口大学大学院医学研究科教授。.

新しい!!: 生理学と小林誠 (医学者) · 続きを見る »

小松市

小松市(こまつし)は、石川県の南部に位置する日本海に面した市。.

新しい!!: 生理学と小松市 · 続きを見る »

小清水卓二

小清水 卓二(こしみず たくじ、1897年(明治30年)6月15日 - 1980年(昭和55年)10月24日)は、日本の植物生理生態学者。理学博士。.

新しい!!: 生理学と小清水卓二 · 続きを見る »

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマ(せんけいコンジローマ、condylomata acuminata)あるいは尖圭コンジロームとは、ヒトパピローマウイルス (HPV) の感染によって発症する性感染症。ウイルスのうち主にHPV6型と11型が原因となる。 陰茎・亀頭・陰嚢・肛門・小陰唇・大陰唇・膣内・会陰部・大腿・まれに口唇・口腔内に、乳頭状・鶏冠状の疣贅(ゆうぜい)、俗に言うイボを形成する。 視認により診断されたり、検査では採取して鑑別される。治療には、液体窒素による繰り返しの凍結や、軟膏が用いられる。大きなものにはレーザーなどが用いられることもある。予後はよいが完治するまで長期となる場合がある。.

新しい!!: 生理学と尖圭コンジローマ · 続きを見る »

射精管理

射精管理(しゃせいかんり)とは、男性の射精行為を他者が管理すること。.

新しい!!: 生理学と射精管理 · 続きを見る »

山口県立図書館分類表

山口県立図書館分類表『新現代図書館学講座10 資料組織概説』、220頁。(やまぐちけんりつとしょかんぶんるいひょう)とは、山口県立山口図書館が1909年(明治42年)に定めた図書分類法である。山口図書館分類表とも。.

新しい!!: 生理学と山口県立図書館分類表 · 続きを見る »

山口正義 (生理学者)

山口 正義(やまぐち まさよし)は、日本、アメリカ合衆国の薬学者(生物系薬学・医療系薬学)。学位は薬学博士(静岡薬科大学)。静岡県立大学大学院生活健康科学研究科教授、米国 エモリー大学 医学部客員教授 および Adjunct Professor, カリフォルニア大学 ロスアンジェルス校 (UCLA) 医学部 客員教授などを歴任。.

新しい!!: 生理学と山口正義 (生理学者) · 続きを見る »

山口明彦

山口 明彦(やまぐち あきひこ、1962年 - )は、日本の生理学者。歯学博士(北海道医療大学)。専門は、運動生理学・体育学。この他、成人スティル病など研究。 1985年群馬大学教育学部卒業。1990年筑波大学大学院体育学研究科修士課程修了。その後、筑波大学体育学群助手や札幌医療福祉専門学校講師を経て、1992年東日本学園大学(現・北海道医療大学)教養部専任講師。1997年北海道医療大学基礎教養部助教授。2000年同歯学部助教授。2002年論題「下肢筋と咀嚼筋の肥大のメカニズムに関する研究」で北海道医療大学にて歯学博士取得博論データベース。2007年北海道医療大学歯学部准教授。2013年同歯学部教授。現在、同リハビリテーション科学部理学療法学科教授。.

新しい!!: 生理学と山口明彦 · 続きを見る »

山内繁雄

山内 繁雄(やまうち しげお、1876年〈明治9年〉 - 1973年〈昭和48年〉)は、日本の生物学者、理学博士。.

新しい!!: 生理学と山内繁雄 · 続きを見る »

岡山県出身の人物一覧

岡山県出身の人物一覧(おかやまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する岡山県出身の人物の一覧表である。.

新しい!!: 生理学と岡山県出身の人物一覧 · 続きを見る »

岡山県立岡山朝日高等学校

岡山県立岡山朝日高等学校(おかやまけんりつおかやまあさひこうとうがっこう, Okayama Prefectural Okayama Asahi High School)は、岡山県岡山市中区古京町にある県立の高等学校である。通称は「朝日(あさひ)」。岡山五校の1つ。.

新しい!!: 生理学と岡山県立岡山朝日高等学校 · 続きを見る »

岡山県立津山中学校・高等学校

岡山県立津山中学校・高等学校(おかやまけんりつ つやまちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、岡山県津山市椿高下に所在する公立中学校・高等学校。併設型中高一貫校。略称は「津高(つこう)」。.

新しい!!: 生理学と岡山県立津山中学校・高等学校 · 続きを見る »

岡田弘隆

岡田 弘隆(おかだ ひろたか、1967年2月22日 - )は、日本の柔道家(講道館7段)。岐阜県揖斐郡大野町出身。 得意技は小内刈・大内刈・大外刈。身長170cm。.

新しい!!: 生理学と岡田弘隆 · 続きを見る »

岡芳包

岡 芳包(おか よしかね、1915年(大正4年) - 1991年(平成3年)9月1日)は、日本の医学者。生理学者。大阪府大阪市出身。大阪府立市岡中学校、浪速高等学校、大阪帝国大学医学部卒業。.

新しい!!: 生理学と岡芳包 · 続きを見る »

岩田久二雄

岩田 久二雄(いわた くにお、1906年5月25日 - 1994年11月29日)は、大阪生まれの昆虫学者・生態学者。学位は理学博士(京都大学)である。.

新しい!!: 生理学と岩田久二雄 · 続きを見る »

岩月謙司

岩月 謙司(いわつき けんじ、1955年2月8日 - )は、日本の生物学者、理学博士、元香川大学教授。専門は動物生理・行動学。著作業としては社会心理学、対人関係学。実質的には愛着理論を叩き台にした恋愛や親子関係に関する著書が多い。.

新しい!!: 生理学と岩月謙司 · 続きを見る »

岩手県立盛岡第一高等学校

岩手県立盛岡第一高等学校(いわてけんりつ もりおかだいいちこうとうがっこう, Iwate Prefectural Morioka Daiichi High School)は、岩手県盛岡市上田三丁目にある県立高等学校。.

新しい!!: 生理学と岩手県立盛岡第一高等学校 · 続きを見る »

島崎敏樹 (精神科医)

島崎 敏樹(しまざき としき、1912年11月8日 - 1975年3月17日)は、日本の医学者、精神科医。専門は精神病理学。東京医科歯科大学名誉教授。医学博士。 東京医科歯科大学医学部精神医学教室初代教授となり、日本における精神病理学の礎を築いた。西丸四方、村上仁らと共に、日本の精神病理学第一世代を代表する人物である。.

新しい!!: 生理学と島崎敏樹 (精神科医) · 続きを見る »

川上光正

川上 光正(かわかみ みつまさ)は、ヨガ・瞑想・呼吸法・潜在心理学・精神哲学の指導者、精神世界・スピリチュアル系の著作家。長崎県出身。.

新しい!!: 生理学と川上光正 · 続きを見る »

川村多実二

川村 多実二(かわむら たみじ、1883年5月4日 - 1964年12月16日ただし宮地(1965)では、密葬が12月7日に行われたとされており、矛盾がある。)は日本の動物学者。岡山県津山市出身。河川・湖沼をふくむ淡水域の生物学を創始。動物生態学や動物心理学などが研究の中心で、多くの研究者を育成したが、一般には鳥類の研究でより知られている。日本野鳥の会京都支部初代支部長でもあり、京都大学総合博物館や大阪市立自然史博物館には、川村が収集した日本周辺産と北米産の鳥類コレクションなどが所蔵されている。実兄は植物学者(キノコが中心)の川村清一。実弟は生理学者の福田邦三。 日本陸水学会の第2代会長も務め、名誉会員にもなっている。なお「陸水」という言葉は、海水を除く湖水や河水、地下水などの総称として川村が提唱した造語である宮地(1965)p.40。.

新しい!!: 生理学と川村多実二 · 続きを見る »

川村清一 (菌類分類学者)

川村 清一 (かわむら せいいち、1881年5月11日 - 1946年3月11日)は日本の菌類分類学者。実弟は生物学者の川村多実二と生理学者の福田邦三。孫は建築家の川村純一。.

新しい!!: 生理学と川村清一 (菌類分類学者) · 続きを見る »

上原賞

上原賞(うえはらしょう)は、生命科学、特に健康の増進、疾病の予防、および治療に関する諸分野の研究において顕著な功績をあげ、引き続き活躍中の研究者に対し、上原記念生命科学財団より贈られる賞。財団は、大正製薬社長・会長として経営にあたり国会議員として科学振興に尽力した上原正吉の足跡の記念と、大正製薬創業70周年記念事業として1985年(昭和60年)2月に設立された。.

新しい!!: 生理学と上原賞 · 続きを見る »

上皮細胞

上皮細胞(じょうひさいぼう)とは、体表面を覆う「表皮」、管腔臓器の粘膜を構成する「上皮(狭義)」、外分泌腺を構成する「腺房細胞」や内分泌腺を構成する「腺細胞」などを総称した細胞。これら以外にも肝細胞や尿細管上皮など分泌や吸収機能を担う実質臓器の細胞も上皮に含められる。.

新しい!!: 生理学と上皮細胞 · 続きを見る »

上野賢一

上野 賢一(うえの けんいち、英文はKenichi Uyeno 、1927年 - 2012年4月4日)は、日本の医学者、エッセイスト。筑波大学初代皮膚科教授。.

新しい!!: 生理学と上野賢一 · 続きを見る »

丁度可知差異

精神物理学において、丁度可知差異(ちょうどかちさい、just noticeable difference、jnd )あるいは最小可知差異(さいしょうかちさい)とは、ある標準となる感覚刺激からはっきりと弁別できる刺激の最小の差異のことである。弁別閾(べんべついき、difference threshold あるいは difference limen)と呼ばれることもある。 マーケティングの分野ではこの考え方の応用として、いったん構築されたブランドイメージの一貫性を維持しながら市場の変化に対応していくために加え続けるパッケージや味などへのわずかな変更のことを丁度可知差異と表現する。.

新しい!!: 生理学と丁度可知差異 · 続きを見る »

中腎傍管

中腎傍管()またはミュラー管()とは発生途中、両側にできる管で女性の卵管や子宮や膣の上半分のもとになる。尿生殖堤(尿生殖隆起)の側面を走っており、ミュラー丘で終わる。中腎傍管は中胚葉(中間中胚葉)由来である。.

新しい!!: 生理学と中腎傍管 · 続きを見る »

中腸腺

Deroceras laeve''の中腸腺。 中腸腺(ちゅうちょうせん)は、節足動物や軟体動物の消化管の中腸に開口する、盲嚢状の器官。.

新しい!!: 生理学と中腸腺 · 続きを見る »

中村嘉男

中村 嘉男(なかむら よしお、1933年 - )は日本の医師、生理学者、歯学者、医学博士。東京医科歯科大学名誉教授。専門は口腔生理学、基礎歯科学、脳科学。.

新しい!!: 生理学と中村嘉男 · 続きを見る »

三浦進司

三浦 進司(みうら しんじ)は、日本の薬学者、栄養学者(運動生理学・運動生化学・エネルギー代謝・栄養化学・分子栄養学)。学位は博士(薬学)(静岡県立大学・1996年)。静岡県立大学食品栄養科学部副学部長・大学院食品栄養環境科学研究院教授。 第一製薬株式会社勤務を経て、独立行政法人国立健康・栄養研究所生活習慣病研究部主任研究員、独立行政法人国立健康・栄養研究所基礎栄養研究部脂質・糖代謝研究室室長、静岡県立大学食品栄養科学部准教授などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と三浦進司 · 続きを見る »

平衡

平衡(へいこう、balance, equilibration, equilibrium)は、物が釣り合って安定していること、あるいはその釣り合い。平衡させることを英語で といい、そのときの状況が である。 および は「平衡」の他に「均衡」とも訳される。平衡と似た概念として詳細釣り合いがある。.

新しい!!: 生理学と平衡 · 続きを見る »

平澤彌一郎

平澤 彌一郎(ひらさわ やいちろう、1923年(大正12年)8月5日 - 2002年(平成14年)6月28日)は、日本の運動生理学者(医学博士)。専門は、神経生理学。.

新しい!!: 生理学と平澤彌一郎 · 続きを見る »

幻肢

幻肢(げんし、phantom limb)は、事故や病気が原因で手や足を失ったり、生まれながらにして持たない患者が、存在しない手足が依然そこに存在するかのように感じること。幻影肢(げんえいし)ともいう。 幻肢をもつ患者はしばしばそれを意図的に動かすことができる。 逆にそれが動かせない場合、その幻の部位に非常に強い痛みを感じることがあり、それを 幻肢痛(げんしつう)という。 脳科学者で神経科医のラマチャンドランは、幻肢や幻肢痛とその原因・治療に関する医学的見地からの種々の報告を行っている。 またかつて現象学の立場から、こうした場面での心の意識の志向性について、フランスの現象学的哲学の代表者、モーリス・メルロー=ポンティがその著書『知覚の現象学』の中で議論を展開したことがある。 スイスのチューリッヒ大学病院の神経科医ピーター・ブラッガー()は、幻肢だけでなく、ドッペルゲンガー(doppelganger)、体外離脱体験(out-of-body experience)をも視野に入れた包括的な説明を模索している。.

新しい!!: 生理学と幻肢 · 続きを見る »

久保田競

久保田 競(くぼた きそう、1932年6月19日 - )は、日本の生理学者、京都大学名誉教授。大脳生理学の権威。川島隆太・東北大学教授や澤口俊之・元北海道大学教授の指導者としても知られている。大阪市出身。妻は幼児教育者の久保田カヨ子。父は宣伝会議(久保田宣伝研究所)創業者の久保田孝。2011年春、瑞宝中綬章を受章。.

新しい!!: 生理学と久保田競 · 続きを見る »

久野寧

久野 寧(くの やす、1882年(明治15年)3月30日 - 1977年(昭和52年)12月30日)は、日本の生理学者。発汗と体温調節の生理についての研究で知られる。日本学士院会員、文化勲章受章者。 1936年(昭和11年)、1938年(昭和13年)、1953年(昭和28年)と三たびにノーベル生理学・医学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している。.

新しい!!: 生理学と久野寧 · 続きを見る »

京城医学専門学校

京城医学専門学校 (けいじょういがくせんもんがっこう, 朝鮮語:경성의학전문학교) は、1916年 (大正5年)に日本統治下の朝鮮半島に設立された旧制医学専門学校である。略称「京城医専」。 本項では前身の京城医学校、朝鮮総督府医院附属医学講習所についても記述する。.

新しい!!: 生理学と京城医学専門学校 · 続きを見る »

京都大学の人物一覧

京都大学の人物一覧(きょうとだいがくのじんぶついちらん)は、京都大学に関係する人物の一覧記事。(※数多くの卒業生・関係者が存在するためウィキペディア日本語版内に既に記事が存在する人物のみを記載する(創立者・役員・名誉教授・公職者等は除く)。.

新しい!!: 生理学と京都大学の人物一覧 · 続きを見る »

人工心臓弁

人工心臓弁 (じんこうしんぞうべん、Artificial heart valve)または人工弁 とは、心臓弁膜症患者の心臓に移植される医療機器である 。 心臓弁は心臓の一つの心腔心腔(しんくう,Heart chamber)とは、心臓を構成する区画(心房や心室)を表す解剖学用語である。から他の心腔へ一方向に血液を流し逆流を防ぐことにより、心臓の生理学的機能に重要な役割を果たしている。人工弁はこの心臓弁の持つ機能を代替するものである。.

新しい!!: 生理学と人工心臓弁 · 続きを見る »

人体

ウィトルウィウス的人体図(en:Vitruvian Man) (レオナルド・ダ・ヴィンチ) 人体(成人の男女) 人体(じんたい、human body)とは、人間の体を指す。.

新しい!!: 生理学と人体 · 続きを見る »

人体科学会

人体科学会(じんたいかがっかい, Society for Mind-Body Science)とは、東西の文明の古い英知を現代において問い直すという立場から1991年11月に作られた学術団体である。現在は日本学術会議協力学術研究団体。従来の学問分野の境界を越えて、文科系から医療体育系、理工系まで総合した観点に立ち、各学系総力で未知の領域(身体・気・意識・霊性など)の洞察を深め、人間の本質を探究し、将来の世界における思想的理念を求めてゆくことを目標とする。会員には物理学者や科学哲学者から東洋医学者、超心理学者、宗教家まで非常に幅広い専門家が名を連ねている。代替医療・超心理学・気功など、科学の枠を超えた分野をも研究対象としている。 学術誌「人体科学」(Journal of Mind-Body Science、査読あり)を年に1・2回、機関誌「Mind-Body Science」を年1回発行している。.

新しい!!: 生理学と人体科学会 · 続きを見る »

人生125歳説

大隈重信 人生125歳説(じんせいひゃくにじゅうごさいせつ)とは、早稲田大学の創立者である大隈重信が唱えていた、人間の寿命に関する見解。「人間は本来、125歳までの寿命を有している。適当なる摂生をもってすれば、この天寿をまっとうできる」(「人寿百歳以上」)早稲田大学学生寮ウェブサイト 2013年1月12日閲覧とした。 来訪者に「我輩は百二十五まで生きるのじゃ」と豪語した奥島孝康、中村尚美監修『エピソード 大隈重信 125話』早稲田大学出版部、1989年7月、p.164 - 165のがその発端とも、野口英世との雑談中に思い付いたとも言われる。.

新しい!!: 生理学と人生125歳説 · 続きを見る »

人類学

人類学(じんるいがく、anthropology)とは、人類に関しての総合的な学問である。生物学的特性について研究対象とする学問分野を形質人類学もしくは自然人類学と呼び、言語や社会的慣習など文化的側面について研究する学問分野を文化人類学もしくは社会人類学と呼ぶ。さらに言語学や考古学、民俗学や民族学、芸能も包括する。.

新しい!!: 生理学と人類学 · 続きを見る »

人類生物学

人類生物学(じんるいせいぶつがく、英語:human physiology)は、ヒトを対象とした生物学の一分野であり、医学、霊長類学や他の様々な分野と密接に関連している。 ヒトは、数100兆個の細胞からなる多細胞の真核生物である。ただし人体を構成する細胞の数については諸説あり、幅広い値が提唱されている。種としてみると、ヒトは霊長類に属し、高度に発達した脳によって霊長類の他の種と区別される。ヒトは多細胞の動物であるが、生物学的プロセスの多くは酵母などの真核単細胞生物や、さらには原核生物とさえ共通している。 ヒトと酵母の生物学的に最も大きな違いの一つは、酵母は単細胞生物であるということである。酵母は分裂し、新しい個体を作ることができる。ヒトも発生の初期は受精卵という一つの細胞であるが、細胞分裂し、胚になる。初期の胚は全能性幹細胞であり、のちに全能性を失って心臓、肝臓、筋肉などそれぞれに特有の細胞になる。全能性を失う過程で、ある遺伝子は発現が止まり、またある遺伝子は発現が高まるが、この過程は複雑に制御されている。結果的に、それぞれの細胞は特有の組織になり、それぞれの機能を果たすことになる。また全能性を失う過程で、細胞の大きさ、形、極性、代謝活性、シグナルへの応答など、物理的な性質も大きく変わる。.

新しい!!: 生理学と人類生物学 · 続きを見る »

人間の性

人間の性(にんげんのせい)あるいはセクシュアリティ(human sexuality)とは、人間における性的本能の充足に関係する行動や性的振る舞いの総体を指す。 人間の性は多様な位相を備え、それらは時として相互に矛盾することがある。生殖、健康、快楽などの位相で、葛藤が起こりえる。 また、人間関係、社会、法律、道徳や、宗教的禁忌などの位相においても、性をめぐって葛藤が生じることがある。 人間の性存在性を研究し、またその障害の克服について研究する科学が性科学である。.

新しい!!: 生理学と人間の性 · 続きを見る »

人間の性の諸相

人間の性の諸相 (にんげんのせいのしょそう、英語:Aspects of Human Sexuality) この項目では高度な精神をもつ人間における性(人間の性)の特殊性を、さまざまな局面から補足する。 ヒトは生物であり、生殖としての性行為を行うと同時に、性は深く人間存在の精神面に関係している。そのため、人間の性の行動や現象が、様々な分野に横断的に関係することになる。実際、精神を持つ人間は、プライドを持ち、社会の規範、他者の視線を意識し、性行動は、人の心理のありようと密接な関係を持つ。また人間は、社会的な存在であり、文化を持つ存在でもあるため、人間の性の現象は、社会や文化などにおいても多様な位相を備えることになる。.

新しい!!: 生理学と人間の性の諸相 · 続きを見る »

人間学

人間学(独:Anthropologie 英:anthropology)は、一般に「人間とは何か?」、「人間の本質とは何か」という問いに哲学的な思考と実証的な調査で答えようとする学問で、通常は哲学の一部門として、哲学的人間学(独:Philosophische Anthropologie、英:philosophical anthropology、仏:anthropologie philosophique)の名で呼ばれることもあるが、民族学、文化人類学、生物学的人間学など、他の諸科学にもその学問分野での人間学を語る人たちも少なくない。.

新しい!!: 生理学と人間学 · 続きを見る »

人間工学

人間工学(にんげんこうがく)は、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問である。また、人々が正しく効率的に動けるように周囲の人的・物的環境を整えて、事故・ミスを可能な限り少なくするための研究を含む。 日本語でいう「人間工学」は、アメリカではヒューマンファクター(:en:Human Factors)、ヨーロッパではエルゴノミクス(:en:Ergonomics)と呼ばれる分野に相当する。.

新しい!!: 生理学と人間工学 · 続きを見る »

人間総合科学大学

テライトキャンパスは、東京都千代田区神田駿河台の「お茶の水ユニオンビル」5階にある。設立母体は、学校法人早稲田医療学園(理事長 久住眞理)である。.

新しい!!: 生理学と人間総合科学大学 · 続きを見る »

人格の次元

『人格の次元』(Dimensions of Personality)とは心理学者ハンス・アイゼンクによって1947年に発表された研究である。.

新しい!!: 生理学と人格の次元 · 続きを見る »

府立高等学校 (旧制)

旧制府立高等学校(きゅうせいふりつこうとうがっこう)は、1929年(昭和4年)2月に東京市(現東京都)に設立された公立(東京府立)の旧制高等学校(のち都立高等学校と改称)。.

新しい!!: 生理学と府立高等学校 (旧制) · 続きを見る »

広島県出身の人物一覧

広島県出身の人物一覧(ひろしまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する広島県出身の人物の一覧表である。.

新しい!!: 生理学と広島県出身の人物一覧 · 続きを見る »

五十里彰

五十里 彰(いかり あきら、1971年9月 - )は、日本の薬学者(生理学・分子生物学・薬理学)。学位は博士(薬学)(富山医科薬科大学・1999年)。岐阜薬科大学薬学部教授。 静岡県立大学薬学部准教授などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と五十里彰 · 続きを見る »

五感

五感(ごかん)とは、動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来の分類による5種類、すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をさす。この伝統的な分類を前提として、人間の感覚全体を指すために「五感」という表現が用いられる場合もある(「五感を鋭くする」など)。.

新しい!!: 生理学と五感 · 続きを見る »

井口阿くり

井口 阿くり(いのくち あくり、1871年1月12日(明治3年11月22日) - 1931年(昭和6年)3月26日)(通名井口あくり)は、現・秋田県秋田市南通亀の町出身の教育学者、体操家。アメリカ留学後女子高等師範学校や日本体育会体操学校の教授を勤め、学校体育にスウェーデン体操を導入した。女子体育の先駆者で「日本女子体育の母」と呼ばれる。1911年(明治44年)藤田積造と結婚し藤田姓となる。.

新しい!!: 生理学と井口阿くり · 続きを見る »

井上和幸

井上 和幸(いのうえ かずゆき)は、日本の薬剤師、薬学者(医療系薬学)。学位は博士(医学)(秋田大学・2004年)。静岡県立大学薬学部准教授・大学院薬学研究院准教授。 秋田大学医学部附属病院薬剤部薬剤師、東北大学医学部附属病院薬剤部薬剤師、秋田大学医学部附属病院薬剤部主任、静岡県立大学薬学部講師などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と井上和幸 · 続きを見る »

井門富二夫

井門 富二夫(いかど ふじお、1924年10月2日-2016年3月29日 )は、日本の宗教学者。筑波大学名誉教授。桜美林大学名誉教授。元日本宗教学会会長。専攻は宗教社会学、比較文化論。.

新しい!!: 生理学と井門富二夫 · 続きを見る »

仰臥位

仰臥位(ぎょうがい、supinus、supine position内薗耕二・小坂樹徳(監修)『看護学大辞典』第四版、メヂカルフレンド社、1994年11月、449頁。張替直美「仰臥位」『看護学辞典』日本看護学協会、2003年3月、150頁。)または背臥位(はいがい、Rückenlage、英: dorsal position)とは、主にヒトの解剖学やその応用である介護・看護学、スポーツ医学やその他分野(人間工学など)における体位の表現のひとつ。.

新しい!!: 生理学と仰臥位 · 続きを見る »

任意単位

任意単位(にんいたんい、arbitrary unit、省略形: arb.

新しい!!: 生理学と任意単位 · 続きを見る »

伊藤正男 (生理学者)

伊藤 正男(いとう まさお、1928年(昭和3年)12月4日 - )は、日本の生理学者。小脳の研究における世界的な権威である。愛知県名古屋市出身。.

新しい!!: 生理学と伊藤正男 (生理学者) · 続きを見る »

形態学 (生物学)

形態学(けいたいがく、独:Morphologie、英:Morphology)とは、生物学の一分野であり、生物の構造と形態に関する学問。形態学的記述では、主に、生物の器官や組織の肉眼的・可視的な特徴を得る。 光学器械と、染色技法の発達によって、19世紀にはすでに細胞や細胞以下のレベルまで研究されていた。20世紀には、電子顕微鏡のレベルで研究が進んだ(微細構造)。.

新しい!!: 生理学と形態学 (生物学) · 続きを見る »

体(體、躰、躯、身体、からだ)、身体(しんたい)は、生物学的かつ文化的に規定された、有機体としての人間や動物の構造を指す。人間は身体を通じて世界を経験し、世界を構成する。.

新しい!!: 生理学と体 · 続きを見る »

体操

体操(たいそう、Gymnastics)は、飛んだり跳ねたりするなど、ある程度の激しい動きとリズムを伴って、いろいろなポーズに身体を動かす運動をいう。.

新しい!!: 生理学と体操 · 続きを見る »

体性感覚

体性感覚(たいせいかんかく)は、生理学や医学の用語で、皮膚感覚、深部感覚、内臓感覚を指す(内臓感覚を除外する立場もある)。 視覚や聴覚といった特殊感覚と異なり、感覚器が外からははっきり見えず、皮膚・筋肉・腱・関節・内臓の壁そのものに含まれる。体性感覚は視床で処理され、対側の大脳半球に送られる他、自律神経系や賦活系にも影響を及ぼす。また、深部感覚は小脳でも処理される。 脳機能局在論でヒトの脳皮質の中で主に体性感覚に関わる部分は、中心後回(頭頂葉)に位置する。人間の脳のこの部分の領域は、体の領域ごとにそのエリアから来る体性感覚の入力の量または重要性に応じて区分けされている。例えば、手の感覚に対しては脳皮質の大きい面積が割り当てられているのに対して、背中はずっと小さい面積しかない。この体性感覚の区分はホムンクルスと呼ばれる。 体性感覚は視床と小脳皮質で直接入力を受ける。.

新しい!!: 生理学と体性感覚 · 続きを見る »

心理学

心理学(しんりがく、psychology)とは、心と行動の学問であり、科学的な手法によって研究される。そのアプローチとしては、行動主義のように行動や認知を客観的に観察しようとするものと、一方で、主観的な内面的な経験を理論的な基礎におくものとがある。研究法を質的研究と量的研究とに大別した場合、後者を主に学ぶ大学では、理数系として心理学を位置付けている例がある。 起源は哲学をルーツに置かれるが、近代の心理学としては、ドイツのヴィルヘルム・ヴントが「実験心理学の父」と呼ばれ、アメリカのウィリアム・ジェームズも「心理学の父」と呼ばれることもある。心理学の主な流れは、実験心理学の創設、精神分析学、行動主義心理学、人間性心理学、認知心理学、社会心理学、発達心理学である。また差異心理学は人格や知能、性などを統計的に研究する。 20世紀初頭には、無意識と幼児期の発達に関心を向けた精神分析学、学習理論をもとに行動へと関心を向けた行動主義心理学とが大きな勢力であったが、1950年代には行動主義は批判され認知革命がおこり、21世紀初頭において、認知的な心的過程に関心を向けた認知心理学が支配的な位置を占める。.

新しい!!: 生理学と心理学 · 続きを見る »

心理学原理

『心理学原理』(The Principles of Psychology)とは、1890年にアメリカの哲学者および心理学者であるウィリアム・ジェームズによって発表された心理学の研究書である。 1841年に生まれたジェームズはハーバード大学で医学を学び、ドイツ(当時の北ドイツ連邦)でヘルマン・フォン・ヘルムホルツから生理学の指導を受けており、医学博士となる。本書『心理学原理』はヨーロッパで医学生として勉学をする中で触れた心理学の知識から12年にわたって著された大作である。本書の公開から2年後には、要約された『心理学要論』(psychology:briefer course, 1892)が出版されている。 ジェームズは1875年にハーバード大学で心理学を教えており、アメリカで最初の実験心理学研究所を開設したことから、現代心理学の発展に寄与した心理学者として評価されている。他の著作には『信仰の哲学』、『プラグマティズム』などがある。 生物一般の活動には習慣の存在が認められると指摘する。ジェームズは生理学的観点から習慣を神経系における一定の経路が連続的に活性化することだと定義し、これには習慣性を伴っていると論じた。しかしながら、人間には他の生物と異なる重要な差異があり、それは多様な欲望を持つということである。したがって人間は動物にはない意識によって習慣を形成することを余儀なくされる。欲望を達成するために意識的に行動することによって脳は発達していく。つまり行動を習慣化することの意義は人格形成にまで及ぶものと考えることができる。 心理学を個別的な自己を問題とする学問であると捉え、感情一般や思考一般を抽象的な概念として論考するのではないと考えた。人間にとって心理学の関心は普遍的な原理を知ることではなく、自身の心理を理解するためであると述べている。そして人間が自己と他者に世界を分断して認識しており、自己以外の他者を認識し続ける生理的実感を心理として把握している。これは時間や環境によって常に流動的な実感であり、感受性は変化し続けるものであると考えられている。例えばある事柄について検討を重ねると、自分の思考が抜本的に変化することがある。これは思考が常に流動することによって絶え間ない変化に対応する世界に対処するための人間の性質である。.

新しい!!: 生理学と心理学原理 · 続きを見る »

心理学の歴史

心理学の歴史(しんりがくのれきし)とは、心理学という学問が生まれ辿ってきた歴史のことである。心理学の起源は古代ギリシアの時代に遡ることができ、また、古代エジプトに心理学的な思索活動の証拠が残されている。また、近代の心理学が哲学から独立して一つの学問として成立したのは、1879年にドイツの心理学者ヴィルヘルム・ヴントがライプツィヒ大学に心理学実験室を開き、アメリカ合衆国でも心理学の研究が始まった1870年代という見解が一般的である。心理学が境を接する様々な領域として、生理学、神経科学、人工知能、社会学、人類学、さらに哲学やその他の人間的活動がある。.

新しい!!: 生理学と心理学の歴史 · 続きを見る »

心理性的発達理論

心理性的発達理論(しんりせいてきはったつりろん, Psychosexual development)とは、精神分析学のジークムント・フロイトによる、ヒトの発達段階についての理論。フロイトの「性理論三篇」(1905年)にて発表された。子どもには幼児性欲理論(infantile sexuality)に基づいて、口唇期、肛門期、男根期(エディプス期)、潜伏期、性器期という5つの成長段階があり、その期間には身体成長と性的発達が複雑に絡み合って進展するとする。 日本ではなじみが薄い理論だが、欧米、特にアメリカでは「ピアジェの思考発達段階説」と並び、発達(児童)心理学を支える2本の柱の一つとして重要視されている相場均『異常の心理学』(講談社現代新書)。 ちなみに自我心理学ではこの心理性的発達理論を社会的発達理論まで拡張したエリクソンの心理社会的発達理論(ライフサイクル)という考えがある。この考えがフロイトの性理論に基づいている事にはあまり認識されていないが、それでもこの理論自体は広く受け入れられているようである。.

新しい!!: 生理学と心理性的発達理論 · 続きを見る »

心身問題

心身問題(しんしんもんだい、英語:Mind–body problem)とは哲学の伝統的な問題の一つで、人間の心と体の関係についての考察である。この問題はプラトンの「霊―肉二元論」にその起源を求めることも可能ではあるが、デカルトの『情念論』(1649年)にて、いわゆる心身二元論を提示したことが心身問題にとって大きなモメントとなった。現在では心身問題は、認知科学・神経科学・理論物理学・コンピューターサイエンスといった科学的な知識を前提とした形で語られている。そうした科学的な立場からの議論は、哲学の一分科である心の哲学を中心に行われている。 本稿では、デカルトの時代における心身問題の議論から、心の哲学による科学的な心身問題の議論に至るまでの、大きな流れを記述する。.

新しい!!: 生理学と心身問題 · 続きを見る »

心臓ペースメーカー

心臓ペースメーカー(米GUIDANT社製) 心臓ペースメーカー(しんぞうペースメーカー、)は、心筋に電気刺激を与えることで必要な心収縮を発生させる医療機器である。電気パルスの生成装置である本体と、生成した電気パルスを心筋に伝達するための導線から構成される。前者はペーサーまたはパルスジェネレーターとも呼称し、後者はリードまたは電極と呼称される。心臓ペースメーカーは狭義には本体のみを指し、広義には本体とリードを含むシステム全体を指す。.

新しい!!: 生理学と心臓ペースメーカー · 続きを見る »

土佐三郎

土佐 三郎(とさ さぶろう)は、日本の柔道家、柔道指導者。日本屈指の強豪天理大学柔道部監督などの要職を歴任し、世界王者も育てた。.

新しい!!: 生理学と土佐三郎 · 続きを見る »

地衣類学

地衣類学(ちいるいがく、英語:lichenology)は、植物学から分岐した学問領域のひとつで、微細な藻類と糸状菌の複合体である地衣類を研究対象とする、分類学、生理学、生態学などの部分の集合体である。 現在は真核生物全体を貫く系統分類学の植物の定義が非常に流動的となっていて藻類を植物とみなすべきかどうかの判断が分かれてきており、また菌類はむしろ動物に近い系統群であることが判明しているため、地衣類を植物と判断すべきかどうかは微妙な位置にあるが、歴史的経緯や組織運用の便宜上、自然史系の博物館に地衣類学のセクションがある場合には、植物部門の中に含めていることが多い。 地衣類を近代科学的な分類学の一部分として最初に研究したのは、カール・フォン・リンネの弟子であり、「地衣類学の父」と言われるスウェーデン人植物学者のエリク・アカリウスである。彼は以下のような著書を書いて、地衣類学を創始した。.

新しい!!: 生理学と地衣類学 · 続きを見る »

医学

医学(いがく、英:Medicine, Medical science)とは、生体(人体)の構造や機能、疾病について研究し、疾病を診断・治療・予防する方法を開発する学問である広辞苑「医学」。 医学は、病気の予防および治療によって健康を維持、および回復するために発展した様々な医療を包含する。.

新しい!!: 生理学と医学 · 続きを見る »

医学史

医学史(いがくし)とは、医学に関する歴史である。このページでは、西洋を中心に医学の歴史を説明する。薬の歴史は薬学史、薬草を参考のこと。.

新しい!!: 生理学と医学史 · 続きを見る »

医学教育

本記事では医学教育(いがくきょういく)について解説する。 医学教育とは、医学の教育のことで、国ごとに制度が異なっている。.

新しい!!: 生理学と医学教育 · 続きを見る »

医化学

医化学(いかがく)は医学における生化学的分野を指す。主にヒトの生理学的現象、細菌の代謝系などを化学的に解明することを目的とする。たとえば、クエン酸代謝経路に関与する酵素の精製、同定、酵素のアロステリック効果などが研究対象であった。近年では必ずしも生化学によらず、分子生物学を用いた研究がなされるようになっている。.

新しい!!: 生理学と医化学 · 続きを見る »

医術開業試験

医術開業試験(いじゅつかいぎょうしけん)は、1875年(明治8年)より1916年(大正5年)まで行われていた、医師の開業試験である。1885年(明治17年)以降、「医術開業試験」の名称となる。.

新しい!!: 生理学と医術開業試験 · 続きを見る »

北一郎

北 一郎(きた いちろう、1961年(昭和36年) - )は、日本の生理学者。首都大学東京人間健康科学研究科教授。博士(医学)(東邦大学)。運動生理学・神経生理学が専門で、ストレス・覚醒・情動反応の脳内メカニズムの研究や呼吸循環の神経性調節に関する研究を行っている。.

新しい!!: 生理学と北一郎 · 続きを見る »

國保塁

國保 塁(こくぼ るい、1976年11月3日 - )は、奈良県天理市出身のサッカー指導者。.

新しい!!: 生理学と國保塁 · 続きを見る »

ペイトン・ラウス

フランシス・ペイトン・ラウス(Francis Peyton Rous, 1879年10月5日、ボルチモア - 1970年2月16日、ニューヨーク)はアメリカ合衆国の病理学者、医師。発がん性ウイルスの発見により、1966年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学とペイトン・ラウス · 続きを見る »

ナタリー・デュトワ

ナタリー・デュトワ(、1984年1月29日 - )は、南アフリカのケープタウン出身の女子競泳選手。.

新しい!!: 生理学とナタリー・デュトワ · 続きを見る »

マリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャ

マリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャ(Marie Francois Xavier Bichat、1771年11月14日 - 1802年7月22日)は18世紀のフランスの解剖学者、生理学者である。『一般解剖学』を著し、人体に21種の組織を区別し、疾病は組織にあるという説をたてた。.

新しい!!: 生理学とマリー・フランソワ・クサヴィエ・ビシャ · 続きを見る »

マリア・モンテッソーリ

マリア・モンテッソーリ マリア・モンテッソーリ(Maria Montessori、1870年8月31日 - 1952年5月6日)は、イタリアの医学博士、幼児教育者、科学者、フェミニスト。モンテッソーリ教育法の開発者として知られる。.

新しい!!: 生理学とマリア・モンテッソーリ · 続きを見る »

マルチナ・バーグマン=オスターバーグ

マルチナ・バーグマン=オスターバーグ(Martina Bergman Österberg、(スウェーデン語の読みではマルティナ・ベルィマン・エステルベルィ)1849年10月7日 - 1915年6月29日)は、スウェーデンの教育者、体操家。広く“マダム・オスターバーグ”(Madame Osterberg)と呼ばれた。婦人参政権獲得運動の後援者だった。イギリスにスウェーデン体操を普及させ、ロンドン留学中の永井道明、二階堂トクヨにスウェーデン体操を教授した。 1849年10月7日、スウェーデンの穀倉地帯スコーネに生まれる。家庭教師の後25歳で図書館員となり、同時期に婦人科マッサージの創始者トゥセ・ブラントにマッサージの指導を受けた。28歳で医療とマッサージを含む体操を習得するためスイス・ドイツ・イギリス・フランスに渡る。 1879年、30歳のときスウェーデン王立中央体操学校に入学。2年間医療体操と教育体操を学び優秀な成績で卒業すると、ロンドン学校委員会に招かれ1881年から8年間スウェーデン体操の普及と女子体操教師の養成に努めた。さらに1885年にはロンドンにハンプステッド体操専門学校を開設し、イギリスにおける女子体操のスペシャリスト・体操教師の養成に初めて組織的に取り組んだ。1886年、図書館員時代の同僚だったパー・オスターバーグと結婚。1887年には初等教育における体操の実施と、解剖学・生理学・衛生学の知識を持った体操教師の養成に公的政策が必要となることを述べ、体操教師向けに『体操要覧(Gymnastic Tables)』を出版した。1888年にはロンドン学校委員会を辞してハンプステッドの仕事に専念。このとき既にイギリスで資格を持ったスウェーデン体操の教師は1200人以上、スウェーデン体操を採用した女学校の数は300に達していた。 1893年、アメリカを訪問しシカゴで「世界教育会議」に出席。このときニルス・ポッセの体操学校とスカンジナビア体操クラブを訪問し、ダイオ・ルイス、ダドリー・アレン・サージェント博士と面会した。彼女はボストンではエドワード・マッシー・ハートウェル博士によってすべての公立学校にスウェーデン体操が導入され、6万人の子供たちが訓練を受けていることを知るが、しかしそれはスウェーデン体操の4領域のうち教育体操だけの実践であり、医療体操としての側面が欠落していると感想を述べている。 1895年、ハンプステッド体操専門学校をケント州ダートフォードへ移転。寄宿制のバーグマン・オスターバーグ体操専門学校として再出発する。永井道明、二階堂トクヨが留学してくるのはこのダートフォードである。1915年6月29日没。死の直前、彼女はバーグマン・オスターバーグ体操専門学校を国家へ寄贈した。その後学校はテムズ・ポリテクニクと名前を変え、現在ではグリーンウィッチ大学のカレッジとなっている。.

新しい!!: 生理学とマルチナ・バーグマン=オスターバーグ · 続きを見る »

マルチェロ・マルピーギ

マルチェロ・マルピーギ(Marcello Malpighi, 1628年3月10日 - 1694年)は、イタリアの医者であるが、生物学的な研究で知られ、特に解剖学者、生理学者として有名。顕微鏡的な部位にいくつも彼の名を残している。.

新しい!!: 生理学とマルチェロ・マルピーギ · 続きを見る »

マルチタスク (心理学)

マルチタスク (multitasking) とは、複数の作業を同時にもしくは短期間に並行して切り替えながら実行することをいう。 マルチタスクの最初の記述は、IBM System/360 の機能を記述する1965年のIBMの論文に登場した。この論文におけるマルチタスクは、同時に複数の作業を同時処理するコンピュータの能力を指していた。 以来、この用語はヒューマン・タスクにおいても適用されている。 本項においては、人間のマルチタスクについて心理学・生理学の観点から言及する。.

新しい!!: 生理学とマルチタスク (心理学) · 続きを見る »

マルティン・ラトケ

マルティン・ラトケ マルティン・ハインリヒ・ラトケ(Martin Heinrich Rathke, 1793年8月25日 - 1860年9月3日)は、ドイツの解剖学者、発生学者、動物学者である。発生学の分野では、口蓋が作られる前の時期の原始口腔外胚葉の天井部分が凹んで形成される「ラトケ嚢」を発見した。.

新しい!!: 生理学とマルティン・ラトケ · 続きを見る »

マーティン・ホールドゲイト

ー・マーティン・ワイアット・ホールドゲイト(Sir Martin Wyatt Holdgate CB、1931年1月14日 - )は、イングランド南部出身のイギリスの生物学者、環境科学者。.

新しい!!: 生理学とマーティン・ホールドゲイト · 続きを見る »

ノーベル生理学・医学賞

ノーベル生理学・医学賞(ノーベルせいりがく・いがくしょう、Nobelpriset i fysiologi eller medicin)はノーベル賞6部門のうちの一つ。「生理学および医学の分野で最も重要な発見を行った」人物に与えられる。選考はカロリンスカ研究所のノーベル賞委員会が行う。 ノーベル生理学・医学賞のメダルは、表面にはアルフレッド・ノーベルの横顔(各賞共通)、裏面には膝の上に本を広げつつ、病気の少女のために岩から流れる水を汲んでいる医者の姿がデザインされている。.

新しい!!: 生理学とノーベル生理学・医学賞 · 続きを見る »

マーガレット・レア・セッドン

マーガレット・レア・セッドン(Margaret Rhea Seddon、1947年11月8日-)は、医師、アメリカ航空宇宙局の宇宙飛行士である。女性を含む最初の宇宙飛行士のグループに選ばれ、STS-51-D、STS-40にミッションスペシャリストとして、STS-58にペイロードコマンダーとして参加した。宇宙飛行士であった期間の前後は、テネシー州、ミシシッピ州、テキサス州等で医師として活動している。.

新しい!!: 生理学とマーガレット・レア・セッドン · 続きを見る »

ノックアウトマウス

ノックアウトマウス()は、遺伝子ノックアウトの技法によって1個以上の遺伝子が無効化された遺伝子組換えマウスである。塩基配列は解明されているが機能が不明な遺伝子の研究において、ノックアウトマウスは重要なモデル生物である。マウスの特定の遺伝子を不活性化させ、正常のマウスとの行動や状態を比較することで、研究者はその遺伝子の機能を推定することができる。 マウスは現時点では、遺伝子ノックアウト技法の適用が容易な動物の中で、もっとも人間に近い。これらは遺伝子ノックアウト実験に幅広く使用されており、とりわけ人間の生理機能に関連した遺伝子研究に使われる。ラットでの遺伝子ノックアウトはより難しく、2003年に成功したばかりである。 最初のノックアウトマウスは、1989年、マリオ・カペッキ、マーティン・エヴァンズ、オリヴァー・スミティーズらによって作り出された。これによって彼らは2007年のノーベル生理学・医学賞を受賞している。ノックアウトマウスを生成する方法と、マウス自身について、多くの国で私企業に特許が与えられている。.

新しい!!: 生理学とノックアウトマウス · 続きを見る »

マックス・ルブナー

Max Rubner マックス・ルブナー(Max Rubner、1854年6月2日 - 1932年4月27日)はドイツの生理学者、衛生学者、医師である。ルブネルとも。 ミュンヘンに生まれた。ミュンヘン大学で、アドルフ・フォン・バイヤー、カール・フォン・フォイトのもとで学んだ。マールブルク大学、ベルリン大学のロベルト・コッホ衛生研究所の教授を務めた。カイザー・ヴィルヘルム生理学研究所の設立者の一人で、1913年から1926年の間、所長を務めた。 代謝や生理学、衛生学、栄養学の研究で知られ、オットー・ホイブナーとともにエネルギー代謝の研究を行い、1883年、「表面積の法則」、すなわち鳥や哺乳類のような恒温動物の代謝の量がその動物の体の表面積に比例することを示した。 ルブナーは自作の熱量計をつかって体内で蛋白質、脂肪、炭水化物から発生する熱量を算定した。ルブナー指数と呼ばれる。この発表によって食物の熱量を評価する研究がさかんになった。.

新しい!!: 生理学とマックス・ルブナー · 続きを見る »

マイクロバイオロジー

マイクロバイオロジー(Microbiology)は生化学、細胞生物学、分子生物学、発生生物学、生理学、病理学、進化学、遺伝学等を含む微生物学の全ての側面についての研究論文を収録する査読付き学術雑誌である。植物と微生物の相互関係、環境的、理論的な微生物学等も範疇としている。イギリスのレディングでSociety for General Microbiologyにより発行されている。 1947年にJournal of General Microbiologyとして創刊され、1994年にMicrobiologyに改名された。2005年時点での編集長はアイルランドトリニティ・カレッジのCharles J. Dormanである。 1997年以降の論文はPDF形式とテキスト形式でオンラインにより入手できる。現在は、印刷物が出た12ヶ月後にオープンアクセスになっており、また特別な重要性を持つ論文については印刷物の出版の前にアクセス可能になるものもある。 2007年のインパクトファクターは3.110である。.

新しい!!: 生理学とマイクロバイオロジー · 続きを見る »

マイケル・フォスター (生理学者)

マイケル・フォスター(Sir Michael Foster, KCB, DCL, MD、1836年3月8日 – 1907年1月29日)は、イギリスの医学者である 。.

新しい!!: 生理学とマイケル・フォスター (生理学者) · 続きを見る »

チャールズ・ハギンズ

チャールズ・ブレントン・ハギンズ(Charles Brenton Huggins、1901年9月22日 - 1997年1月12日)は、カナダ出身のアメリカ合衆国の生理学者で外科医。前立腺癌の専門家としてシカゴ大学でガンの研究を行った。ホルモンによりある種のガンの転移が抑えられることを発見し、ペイトン・ラウスとともに1966年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。この発見は、ガンが化学物質で制御できることを示す初めての成果だった。 ハギンスはカナダのノバスコシア州ハリファックスで生まれ、1920年にアカディア大学を卒業した。彼はその後ハーバード大学に進学し、1924年に医学博士号を取得した。1997年にイリノイ州のシカゴで亡くなった。.

新しい!!: 生理学とチャールズ・ハギンズ · 続きを見る »

チャールズ・シェリントン

ー・チャールズ・スコット・シェリントン(Sir Charles Scott Sherrington, 1857年11月27日– 1952年3月4日)はイギリスの生理学者である。1932年神経細胞の研究でノーベル生理学・医学賞をエドガー・エイドリアンと受賞した。 近代神経生理学のパイオニアでシナプスの命名者である。関節の筋が収縮すると、その逆側の筋(拮抗筋)が弛緩すると言う『シェリントンの法則』に名前が残っている。 シェリントンはロンドンに生まれた。ケンブリッジ大学でマイケル・フォスターに生理学を学び、1887年からはセント・トマス・メディカル・スクール(現キングス・カレッジ・ロンドン)に務めた。1895年にリヴァプール大学の教授になり、1913年にはオクスフォード大学の生理学の教授になった。1893年に王立協会のフェローに選出され、1920年から1925年の間は会長を務めた。1924年メリット勲章を叙勲した。1935年に引退した。.

新しい!!: 生理学とチャールズ・シェリントン · 続きを見る »

チェコ人の一覧

チェコ人の一覧(チェコじんのいちらん)は、世界的に知られている、有史以来から現代まで現在のチェコ出身の人物、チェコ系の人物、チェコ人のリスト。 前者には、ズデーテン・ドイツ人を初めとしたドイツ人(オーストリア人)、様々なユダヤ系住民(チェコ語を話す住民、ドイツ系・ドイツ語を話す住民(たとえばチェコ語の姓を持ちチェコ語を話す伝統的コミュニティーの出であったが、ドイツ文化に同化していたフランツ・カフカの一族など))、その他全てが含まれている。.

新しい!!: 生理学とチェコ人の一覧 · 続きを見る »

ネイティブアメリカンフルート

ネイティブアメリカンフルート (Native American flute) は、木管楽器の一種であり、リードを使わないエアリード(無簧)式の縦笛である。その名の通り、北米ネイティブ・アメリカンによって伝えられた楽器である。.

新しい!!: 生理学とネイティブアメリカンフルート · 続きを見る »

ネオダーウィニズム

ネオダーウィニズム(neo-Darwinism)または新ダーウィン主義(しんダーウィンしゅぎ)は生物学において、自然選択説と遺伝学を中心に生物学諸分野のアイディアの結合によって形成されている理論的なフレームワークで、しばしば現代進化論 (英: modern evolutionary synthesis)と同一視される。総合進化説、総合説、現代の総合とも呼ばれる。現在では単にダーウィン主義といった場合には新ダーウィン主義/総合説を指す場合が多い。本項では新ダーウィン主義と総合説を同じものとして扱う。1920年から1930年代にかけて成立した集団遺伝学を刺激として、 1940年代に成立した。 遺伝学の成果により、新ダーウィン主義はダーウィニズムが進化の原動力とした自然選択に加えて倍数化、雑種形成なども進化の原動力として視野に入れるようになった。さらに、ダーウィニズムの選択説とは異質な説として議論を呼んだ中立進化説なども取り込んだ総合説が現代進化論の主流であり、これも含めて新ダーウィン主義と称する。近年では生態学や発生学(進化発生学)の知見なども取り入れており、自然選択と突然変異を中心とはするがそれだけで進化を説明しようとするのではなく、より大きな枠組みとなっている。 「現代の総合(Modern synthesis)」という呼称はジュリアン・ハクスリーが1942年に提唱した。1930年以降、ロナルド・フィッシャー、J・B・S・ホールデン、シューアル・ライト、テオドシウス・ドブジャンスキーといった集団生物学者が自然選択説と遺伝学が統合できることを示した。さらにエルンスト・マイヤー、エドモンド・フォードなどの生態学者、古生物学者ジョージ・ゲイロード・シンプソン、植物学者レッドヤード・ステビンズ、そのほか細胞学者や分類学者などの生物諸分野の研究者たちが、集団遺伝学に新たな広範な洞察を加えた。.

新しい!!: 生理学とネオダーウィニズム · 続きを見る »

ハルダン・ケファー・ハートライン

ハルダン・ケファー・ハートライン(Haldan Keffer Hartline、1903年12月22日 - 1983年3月17日)は、アメリカ合衆国の生理学者で、視覚の神経生理学的メカニズムを研究し、ラグナー・グラニト、ジョージ・ワルドとともに1967年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学とハルダン・ケファー・ハートライン · 続きを見る »

ハーバート・ガッサー

ハーバート・ガッサー(Herbert Spencer Gasser、1888年7月5日 - 1963年5月11日)はアメリカ人の生理学者、医師。神経線維中の活動電位の研究で、ジョセフ・アーランガーとともに1944年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。 ウィスコンシン州プラットヴィルで生まれ、ジョンズ・ホプキンス大学で医学博士号を取得した。ロックフェラー医学研究所の生理学部門の教授を務めた。.

新しい!!: 生理学とハーバート・ガッサー · 続きを見る »

ハイルプラクティカー

ハイルプラクティカー(Heilpraktiker/in、女性の場合はドイツ語の文法により語尾が変化してハイルプラクティカリンと呼ばれる、略称:HP)とは、ドイツ連邦共和国における国家資格を所有した医療従事者の職業名である。ハイルプラクティカー資格は、補完代替医療('''C'''omplementary and '''A'''lternative '''M'''edicine: CAM)分野に限定した医業免許である。ハイルプラクティカー法は、ナチスドイツによって1939年に制定された服部伸 著 『世界史リブレット82 近代医学の光と影』 山川出版社、2004年。.

新しい!!: 生理学とハイルプラクティカー · 続きを見る »

バーナード・ウッセイ

バーナード・アルバート・ウッセイ(Bernardo Alberto Houssay、ベルナルド・ウサイとも、1887年4月10日-1971年9月21日)はアルゼンチンの生理学者。彼は1947年、カール・コリ、ゲルティー・コリ夫妻と共に、脳下垂体ホルモンが動物の血糖であるグルコースを調整する役割を見つけ出し、「糖の物質代謝において脳下垂体前葉ホルモンの演ずる役割の発見」の功績が認められノーベル生理学・医学賞を授与された。また彼は、ラテンアメリカの科学発展にも大きく寄与した。.

新しい!!: 生理学とバーナード・ウッセイ · 続きを見る »

バッフ・クラン

バッフ・クランは、アニメ『伝説巨神イデオン』に登場する架空の種族(異星人)。.

新しい!!: 生理学とバッフ・クラン · 続きを見る »

バイロイト

バイロイト(Bayreuth)は、バイエルン州オーバーフランケン行政管区の郡独立市。オーバーフランケン行政管区、オーバーフランケン郡市連合およびバイロイト郡の本部庁舎が存在している。グリューネン・ヒューゲル地区の祝祭歌劇場で毎年開催されるバイロイト音楽祭(リヒャルト・ワーグナー音楽祭)で世界的に有名である。.

新しい!!: 生理学とバイロイト · 続きを見る »

バイベル・パラーデ小体

バイベル・パラーデ小体は血管、心臓を裏打ちする血管内皮細胞に存在する貯蔵顆粒である。主に2つの物質、ヴォン・ヴィレブランド因子とP-セレクチンの貯蔵、放出を行う。これらはそれぞれ止血と炎症に関与する。名前は1964年にこれを発見した2人の科学者に由来する。.

新しい!!: 生理学とバイベル・パラーデ小体 · 続きを見る »

バイオマーカー (薬学)

薬学においてバイオマーカー(Biomarker;あるいは生物指標化合物)は、ある疾病の存在や進行度をその濃度に反映し、血液中に測定されるタンパク質等の物質を指す用語である。さらに一般的にはバイオマーカーは特定の病状や生命体の状態の指標である。NIH(アメリカ国立衛生研究所)の研究グループは1998年に「(バイオマーカーとは)通常の生物学的過程、病理学的過程、もしくは治療的介入に対する薬理学的応答の指標として、客観的に測定され評価される特性」と定義づけた。過去においては、バイオマーカーは主として血圧や心拍数など生理学的指標のことであった。近年になるとバイオマーカーは、前立腺癌の分子バイオマーカーとなる前立腺特異抗原、肝機能測定のための酵素測定などに例えられる、分子バイオマーカーの同義語となってきた。最近では、大腸癌やその他のEGFR(上皮成長因子受容体)関連癌におけるKRAS遺伝子の役割など、腫瘍学におけるバイオマーカーの有用性が注目されている。変異したKRAS遺伝子を発現している患者では、EGFRシグナル伝達経路の形成しているKRASタンパクが、常に「オン」状態である。この過剰活性したEGFRシグナル伝達は、たとえシグナル経路上流がセツキシマブなどのEGFR阻害剤でブロックされていても、シグナルが経路下流に伝達され続け、結果として癌細胞が成長し、増殖し続けることを意味する。腫瘍のKRAS状態(野生型対変異型)を試験して、患者がセツキシマブを用いた療法において効果を期待できるかが判断できる。 また、ヒトパピローマウイルスや、タバコへの暴露を示す4-(メチルニトロソアミノ)-1-(3-ピリジル)-1-ブタノン(NNK)のような特定のマーカーなど、疫学的研究における、環境暴露を評価する分子指標の使用も、バイオマーカーに含まれる。今までのところ、頭部と頸部の扁平上皮癌のためのバイオマーカーは見つかっていない。 バイオマーカの評価が原因となって根本的な医療過誤が起こることがある。バイオマーカーは病気の進行状態や治療の効果を測るための、化学的、物理学的、または生物学的指標である。分子(生物)学用語ではバイオマーカーは「ゲノミクス、プロテオミクス技術、または画像技術を用いて発見されうるマーカーの一部」とされる。バイオマーカーは医薬品生物学において重要な役割を担っており、早期診断、病気予防、医薬品ターゲット識別、医薬品に対する反応の確認、などの補助となりうる。これまでに血漿LDL(低比重リポタンパク)、血圧、p53遺伝子、マトリックスメタロプロテアーゼなど、いくつかの病気に対するバイオマーカーが発見されている 。 現代科学の領域では、遺伝子に基づいたバイオマーカーは有効で好ましいマーカーとされている。.

新しい!!: 生理学とバイオマーカー (薬学) · 続きを見る »

バクスター効果

ドラセナ バクスター効果(バクスターこうか、Backster effect)は、アメリカ合衆国のポリグラフ専門家であるクリーヴ・バクスターが1966年から行なっていた研究で発見した現象。植物にポリグラフ(嘘発見器)を接続することで検出される、あたかも思考のような反応のことをいう。.

新しい!!: 生理学とバクスター効果 · 続きを見る »

ポリメラーゼ連鎖反応

ポリメラーゼ連鎖反応(ポリメラーゼれんさはんのう、polymerase chain reaction, PCR)は、DNAを増幅するための原理またはそれを用いた手法で、手法を指す場合はPCR法と呼ばれることの方が多い。英語をそのまま片仮名読みにして「ポリメラーゼ・チェーン・リアクション」とも呼ばれる。次の特徴を持つ。.

新しい!!: 生理学とポリメラーゼ連鎖反応 · 続きを見る »

ポリオワクチン

ポリオワクチン(ぽりおわくちん polio vaccine)は、ポリオウイルスの感染によって発症する、主として片側性の急性弛緩性麻痺(aute flaccid paralysis:AFP)や、急性灰白髄炎(もしくは脊髄性小児麻痺)を疾患した人、およびポリオウイルスによる感染を予防するための薬品。 ポリオワクチンには不活性化ワクチン(IPV)と経口生ポリオワクチン(OPV)の2種類がある。 1952年、最初のポリオワクチンは、ジョナス・ソークによってHeLa細胞株に使用された臨床が初の試みとされている。 1955年4月12日、トーマス・フランシス・ジュニアによって不活性化した(死んだ)ポリオウイルスを注射したと世界中に公式に発表され、アルバート・サビンによって開発された経口生ポリオワクチンは,ポリオウイルスを弱毒化したものが使用された。 サビンワクチンの治験は1957年に開始され、1962年にワクチンとして認可される。 ポリオワクチンの接種対象は、生後3か月以上90ヵ月未満であるが、乳幼児がおもに罹患するため、生後3〜18ヵ月が標準の接種年齢として示されている。 ワクチン接種によって人から人へのウイルス感染を防止することは、世界規模のポリオ根絶のために重要である。なぜなら免疫を得たヒトの体内ではポリオウイルスは短期間しか保因状態になりえず、霊長類以外が保有宿主になることは決してなく、また宿主から離れた環境でウイルスが長期間生きることはまずありそうにないからだ。 二種類のワクチンによって世界のほとんどの国からポリオは根絶され、1988年には350,000件発生していたポリオは2012年には223件に減少した。 一般的に予防接種は、免疫原と共に免疫系を賦活するために行われる予備刺激を働かせ、免疫応答を刺激する事で、感染因子から免疫性を与えるとされる。野生株のポリオウイルスからの感染(人から人)を防ぐために効果的な免疫性の開発こそが、ワクチンを受けた接種者と免疫集団を保護する。 ポリオワクチンは、基本的医療システムで必要とされる最も重要な医薬品を列挙したWHO必須医薬品モデル・リストに含まれている。.

新しい!!: 生理学とポリオワクチン · 続きを見る »

メアリーの部屋

  メアリーの部屋(メアリーのへや、Mary's Room)またはスーパー科学者メアリー(スーパーかがくしゃメアリー、Mary the super-scientist)とは、フランク・ジャクソンが「随伴現象的クオリア」"Epiphenomenal Qualia" (1982)、さらに「メアリーが知らなかったこと」"What Mary Didn't Know" (1986) という論文の中で提示した、哲学的思考実験である。この思考実験は、性質二元論または中立一元論の立場から物理主義(心的なものも含む宇宙は全て物理的なものであるという立場)に対して展開されるもので、しばしば知識論法(Knowledge Argument)とも呼ばれる。最近、この思考実験が発表された後に出来した議論がまとめられ、『メアリーに首ったけ』"There's Something About Mary" (2004) として公刊された。これには、ダニエル・デネット、デイヴィド・ルイス、ポール・チャーチランドなどの回答も採録されている。.

新しい!!: 生理学とメアリーの部屋 · 続きを見る »

メタルギアシリーズの用語一覧

* メタルギアシリーズの用語一覧では、コナミが発売しているアクション潜入ゲーム「メタルギアシリーズ」で登場する用語について詳細に解説する。複数作品に跨って関係する用語については、原則として作品名の略称は付けない。.

新しい!!: 生理学とメタルギアシリーズの用語一覧 · 続きを見る »

モリエールの医者諷刺

モリエールの医者諷刺(モリエールのいしゃふうし)では、モリエールの、最初期から最晩年までの作品に見られる医者への批判、風刺を取り扱う。17世紀の医学においては、古代の賢人たちの教えを只管守ろうとする守旧派と、少しずつでも医学を進歩させようとする改革派との熾烈な戦いが行われていた。モリエールが批判したのは、守旧派の面々である。 当然、戯曲で医師について扱うには、それなりに豊富な知識が必要である。彼がどのように知識を仕入れていたか確証は何一つないが、彼の交友関係から推察するに、医者で自由思想家であったが情報源ではないかと考えられる。ベルニエは哲学者ピエール・ガッサンディの弟子で、かつてモリエールやシラノ・ド・ベルジュラックと同じ学窓で学んだ旧友であった。ベルニエは守旧的な医師と反りが合わなかったようで、ニコラ・ボアロー=デプレオーにまで情報を流していたようである。 他にはモリエールの母・マリー・クラッセのいとこに当たる、外科医のピエール・クラッセや、モリエールの主治医であったモーヴィランなども有力である。特にモーヴィランは晩年のモリエールと親しかったようで、ジャン=レオノール・グリマレによって書かれたモリエール最初の伝記にも記述がある。.

新しい!!: 生理学とモリエールの医者諷刺 · 続きを見る »

モルモット

モルモット(学名:Cavia porcellus、guinea pig)は、テンジクネズミ属の一種。温和で比較的飼いやすいため、愛玩用、実験動物として養殖されている齧歯類。guinea pigをモルモットと呼ぶのは、山に生息する他の齧歯(げつし)動物 リス科マーモット属、山鼠またはウッドチャック、英名マーモットmarmot に由来する。1843年最初に長崎に天竺ネズミを持ち込んだオランダ商人がこれらをモルモットと称した。オランダではというが、オランダ商人の語弊が広まった。.

新しい!!: 生理学とモルモット · 続きを見る »

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育(モンテッソーリきょういく、英:Montessori education または the Montessori method)は、20世紀初頭にマリア・モンテッソーリによって考案された教育法。 イタリアのローマで医師として精神病院で働いていたモンテッソーリは知的障害児へ感覚教育法を施し知的水準を上げるという効果を見せ、1907年に設立した貧困層の健常児を対象とした保育施設「子どもの家」において、その独特な教育法を完成させた。以後、モンテッソーリ教育を実施する施設は「子どもの家」と呼ばれるようになる。 シュタイナー教育と共に、既存の教育に不信感を持つニューエイジャーの支持を集めた。.

新しい!!: 生理学とモンテッソーリ教育 · 続きを見る »

モンディディエ

モンディディエ (Montdidier)は、フランス、オー=ド=フランス地域圏、ソンム県のコミューン。.

新しい!!: 生理学とモンディディエ · 続きを見る »

ヤン・ファン・デル・フーフェン

ヤン・ファン・デル・フーフェン(Jan van der Hoeven、1801年2月9日 - 1868年3月10日)は、オランダの動物学者である。主著の『動物学ハンドブック』("Handboek der Dierkunde" 1827–1833)はドイツ語や英語に翻訳された。爬虫類、哺乳類や昆虫、原始的な脊索動物までを簡明に解説した。.

新しい!!: 生理学とヤン・ファン・デル・フーフェン · 続きを見る »

ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ

ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ(チェコ語:Jan Evangelista Purkyně 、ドイツ語:Johannes Evangelista Purkinje、1787年12月17日 - 1869年7月28日)はボヘミア(チェコ)の解剖学者、生理学者。数々の業績を残し、彼の名前は多くの専門用語に残っている。プルキニエ、プルキンエとも書かれる。.

新しい!!: 生理学とヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ · 続きを見る »

ヤン・ジャビンスキ

ヤン・ジャビンスキ(Jan Franciszek Dionizy Żabiński 、1897年4月8日 - 1974年7月26日ワルシャワ)と、その妻アントニーナ・ジャビンスキ(Antonina Maria Żabińska (pl)、旧姓:エルドマン(Erdman)、1908–1971)は、ワルシャワに住んでいたポーランド人夫婦であるZofia Gasiorowska-Szmydtowa, Rocznik literacki 1971, wyd.

新しい!!: 生理学とヤン・ジャビンスキ · 続きを見る »

ヤング=ヘルムホルツの三色説

ヤング=ヘルムホルツの三色説(ヤング=ヘルムホルツのさんしょくせつ、Young-Helmholtz theory)は、トマス・ヤングの説を、ドイツの生理学者ヘルマン・フォン・ヘルムホルツが発展させた色覚学説の一つをいう。 色覚に赤、緑、青(あるいは紫)の3要素があり、これらが同じ割合で刺激されると白色を感じる。色別は3要素の刺激の比率に応じて生じる、というものである。その後、網膜の色覚受容器である錐状体に、赤、緑、青 (RGB) に最もよく反応する3種が区別された。これらの要素の1つないし2つを欠くと色盲となり、感度の鈍いものは色弱となる。大部分の色盲表やカラーフィルム、カラーテレビはこの説を応用している。.

新しい!!: 生理学とヤング=ヘルムホルツの三色説 · 続きを見る »

ユルゲン・クルツ

ユルゲン・クルツ(Jürgen Kurths, 1953年3月11日 - )はドイツの物理学者・数学者。 (PIK) 分野横断的研究部門長、フンボルト大学ベルリン教授、アバディーン大学・キングスカレッジの複雑系・数理生物学研究所において主任教授を務める。研究分野は主に非線形科学と複雑系、およびその地球科学、生理学、システム生物学と工学への応用である。特に非線形振動子の同期現象に関する研究で知られる。.

新しい!!: 生理学とユルゲン・クルツ · 続きを見る »

ユーザインタフェース

ユーザインタフェース(User Interface, UI)または使用者インタフェースは、機械、特にコンピュータとその機械の利用者(通常は人間)の間での情報をやりとりするためのインタフェースである。ユーザインターフェース/ユーザインタ(ー)フェイス/ユーザーインターフェ(イ/ー)スなどの表記ゆれが見られるが、本記事では「ユーザインタフェース」で統一する。ユーザインタフェースは以下の手段を提供する。.

新しい!!: 生理学とユーザインタフェース · 続きを見る »

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(University College London, UCL)は、イギリスのロンドン市中心部ブルームズベリー及びカナリー・ワーフにキャンパスを置く、1826年設立の総合大学である。UCLはロンドン大学群最初の高等教育機関であるが、現在ではロンドン大学を構成する他の教育・研究機関同様、独立した学位授与機関である。イギリスの大規模研究型大学連盟ラッセル・グループおよびヨーロッパ研究大学連盟 (LERU) に加盟している。 1899年、電気工学部にペンダー・チェアというポストがジョン・フレミングを初代に据えられた。これはケーブル・アンド・ワイヤレスをグリエルモ・マルコーニと共に誕生させたジョン・ペンダーを偲ぶものであり、現在も継承されている。.

新しい!!: 生理学とユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン · 続きを見る »

ヨハネス

ヨハネス(Johannes、Duden, Das Aussprachewörterbuch (Der Duden in zwölf Bänden; Bd. 6), Auflage.

新しい!!: 生理学とヨハネス · 続きを見る »

ヨハネス・ペーター・ミュラー

ヨハネス・ペーター・ミュラー(Johannes Peter Müller、1801年7月14日・コブレンツ - 1858年4月28日)は、19世紀のドイツの生理学、解剖学者、医師。ベルリン大学教授。 医学、動物学の多方面にわたって、多くの業績を残した。高等動物の生殖器のミュラー管、扁形動物のミュラー幼生などに名前を残している。また彼はプランクトン学の端緒を開き、ウニの発生の研究中、顕微鏡下に微細な生物(ヴィクトール・ヘンゼンによりプランクトンと後に名づけられた)を見つけ、これを大量に採取するため、目の細かい絹の布き網を考案した。これによって新しいプランクトンが続々と発見されていった。弟子には、テオドール・シュワンなど。.

新しい!!: 生理学とヨハネス・ペーター・ミュラー · 続きを見る »

ヨハネス・ポンペ・ファン・メーデルフォールト

ヨハネス・レイディウス・カタリヌス・ポンペ・ファン・メールデルフォールト(Johannes Lijdius Catharinus Pompe van Meerdervoort, 1829年5月5日、ブルッヘ - 1908年10月7日、ブリュッセル)は、オランダ海軍の二等軍医。ユトレヒト陸軍軍医学校で医学を学び軍医となった。幕末に来日し、オランダ医学を伝えた。日本で初めて基礎的な科目から医学を教え、現在の長崎大学医学部である伝習所付属の西洋式の病院も作った。また、患者の身分にかかわらず診療を行ったことでも知られている。日本には1862年(文久2年)まで滞在し、その後はオランダに戻った。後年、日本での生活を振り返って「夢のようであった」と発言している。 長崎奉行所西役所医学伝習所において医学伝習を開始した1857年11月12日(安政4年9月26日)は、近代西洋医学教育発祥の日であり、現在長崎大学医学部の開学記念日とされている。.

新しい!!: 生理学とヨハネス・ポンペ・ファン・メーデルフォールト · 続きを見る »

ヨーゼフ・ブロイアー

ヨーゼフ・ブロイアー(Josef Breuer、1842年1月15日 - 1925年6月20日)は、オーストリアの生理学者、内科医、精神科医。ウィーン生まれ。ヨゼフ、ブロイヤー、ブロイエルの表記もある。 父(Leopold Breuer)は、ユダヤ教のラビ。母親は彼が幼いうちに死去し、8歳まで母方の祖母によって育てられ、父から教育を受けた。.

新しい!!: 生理学とヨーゼフ・ブロイアー · 続きを見る »

ラベサ・ザフェラ・アントワーヌ

ラベサ・ザフェラ・アントワーヌ(Rabesa Zafera Antoine、1950年5月20日 - )は、マダガスカルの植物学者、政治家。ニックネームは。.

新しい!!: 生理学とラベサ・ザフェラ・アントワーヌ · 続きを見る »

ラウロ・フレッド・カヴァゾス

ラウロ・フレッド・カヴァゾス ラウロ・フレッド・カヴァゾス(Lauro Fred Cavazos, 1927年1月4日 - )は、アメリカ合衆国の政治家、医学者、教育者。ヒスパニック系として初めて閣僚職に就き、ロナルド・レーガン政権からジョージ・H・W・ブッシュ政権にかけての1988年から1990年まで教育長官を務めた。動物学と生理学に精通し、大学学長および教授として医科学や医学教育に関する書籍を複数執筆した。また公衆衛生問題に関する国際的権威でもあった。.

新しい!!: 生理学とラウロ・フレッド・カヴァゾス · 続きを見る »

リンダ・バック

リンダ・バック(Linda B. Buck、1947年1月29日 - )は、アメリカの生物学者。嗅覚系の研究により、リチャード・アクセルと共に2004年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。 ノーベル賞の対象となった画期的な論文は1991年に発表された。彼女とリチャード・アクセルは、嗅覚の受容器がGタンパク質受容体の一種であることを見いだし、その遺伝子群の同定に成功した。さらに哺乳類のゲノム中には、約一千種の異なった嗅覚受容体をコードする遺伝子が存在すると予想した。この研究は、嗅覚作用の分子遺伝学的解析に大きな道を開いたものとして評価されている。.

新しい!!: 生理学とリンダ・バック · 続きを見る »

ルネ・カントン

ルネ・カントン ルネ・カントン(René Quinton、1866年12月15日 - 1925年7月9日)は、フランスの生理学者、航空機産業の先駆者である。.

新しい!!: 生理学とルネ・カントン · 続きを見る »

ルッジェーロ・オッディ

ルッジェーロ・オッディ(Ruggero Oddi、1864年7月20日 - 1913年3月22日解剖実習の手びき 南山堂発行 ISBN 978-4-525-10311-8)は、イタリアの解剖学者かつ生理学者。総胆管及び膵管の出口に当たる、大十二指腸乳頭周囲に存在する括約筋であるオッディ括約筋の発見者としてその名を残す。.

新しい!!: 生理学とルッジェーロ・オッディ · 続きを見る »

ルイ・ケルヴラン

ルイ・ケルヴラン(Corentin Louis Kervran, 1901年 - 1983年2月2日)は、フランスの科学者。生体内における酵素やバクテリアの作用によって、一つの元素が別の元素に転換するという生物学的元素転換(Biological Transmutations)という理論を提唱したことで知られる。1993年、「錬金術の熱心な崇拝者」としてイグノーベル賞を受賞。.

新しい!!: 生理学とルイ・ケルヴラン · 続きを見る »

ルイジ・ローランド

ルイジ・ローランド(Luigi Rolando、1773年6月16日 - 1831年4月20日)はイタリアの解剖学者、生理学者。1773年にイタリアのトリノで生まれた。トリノ大学の教授として脳の解剖学的の研究を行い、脳機能の局在を予測した。.

新しい!!: 生理学とルイジ・ローランド · 続きを見る »

ルイス・ウェイド・サリヴァン

ルイス・ウェイド・サリヴァン ルイス・ウェイド・サリヴァン(Louis Wade Sullivan, 1933年11月3日 - )は、アメリカ合衆国の医師、政治家。モアハウス医科大学院の創設に携わり、ジョージ・H・W・ブッシュ政権で第5代保健福祉長官を務めた。.

新しい!!: 生理学とルイス・ウェイド・サリヴァン · 続きを見る »

レオナルト・ランドイス

レオナルト・ランドイス(Leonard Landois、1837年12月1日 - 1902年11月17日)は、ドイツの生理学者である。1874年に異なる動物の間での輸血が、溶血反応などを起こすことを、試験管内と動物の生体実験で証明し、それまでに350例あまりも行われたヒトへの動物の血の輸血の結果をまとめ、危険で有害な治療であることを示した。その結果、動物の血液の輸血は行われなくなった。.

新しい!!: 生理学とレオナルト・ランドイス · 続きを見る »

レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルドのサイン レオナルド・ダ・ヴィンチ (Leonardo da Vinci、 )1452年4月15日 - 1519年5月2日(ユリウス暦))は、イタリアのルネサンス期を代表する芸術家。フルネームはレオナルド・ディ・セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチ (Leonardo di ser Piero da Vinci) で、音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学、気象学、地質学、地理学、物理学、光学、力学、土木工学など様々な分野に顕著な業績と手稿を残し、「万能人 (uomo universale)」 という異名などで親しまれている。.

新しい!!: 生理学とレオナルド・ダ・ヴィンチ · 続きを見る »

レオポルト・グメリン

レオポルト・グメリン レオポルト・グメリン(Leopold Gmelin、1788年8月2日 - 1853年4月13日)は、ドイツゲッティンゲン出身の化学者である。 1822年にフェリシアン化カリウムを発見し、1827年にはドイツの生理学者であるフリードリヒ・ティーデマン(:en:Friedrich Tiedemann)と共にウシの胆汁中からタウリンを発見した。1848年にはエステルと考案したLeopold Gmelin, Handbuch der Chemie, vol.

新しい!!: 生理学とレオポルト・グメリン · 続きを見る »

レオロジー

レオロジー(rheology)とは、物質の変形および流動一般に関する学問分野である。日本語では「流動学」とも呼ばれる。レオロジーという用語は、ヘラクレイトス(異説もあり)の有名な言葉 "panta rhei "「万物は流転する」による造語で、(1920年)による。 適用範囲は広く、大きさ的に見れば分子サイズから宇宙サイズまで、様々な大きさでの議論がある。基本的に物体間での作用を議論する学問であるため、ニュートン力学の範囲で議論される。ただし、量子力学は適用されない。 レオロジーは、古典的な弾性やニュートン流体など連続体力学の理論を、より一般的で複雑な物質へ拡張するものである。塑性と非ニュートン粘性の流体力学という一見無関係の二分野を、「いずれの対象も静的平衡においてせん断応力に耐えられない」という認識で結び付ける。この意味で可塑性固体は液体である。レオロジーの課題の 1 つは、測定により変形とストレスの間の関係を実験的に確定することにある。これらの実験技術はレオメトリー (rheometry) として知られる。 レオロジーは工学、地球物理学や生理学への応用においても重要である。レオロジーには以下のような応用がある。; 粉体レオロジー (granular rheology); ヘモレオロジー (hemorheology) または 血液レオロジー (blood rheology); サイコレオロジー (psychorheology).

新しい!!: 生理学とレオロジー · 続きを見る »

ロバート・ボイル

バート・ボイル(Sir Robert Boyle、1627年1月25日 - 1691年12月31日)は、アイルランド・出身の貴族、自然哲学者、化学者、物理学者、発明家。神学に関する著書もある。ロンドン王立協会フェロー。ボイルの法則で知られている。彼の研究は錬金術の伝統を根幹としているが、近代化学の祖とされることが多い。特に著書『懐疑的化学者』 (The Sceptical Chymist) は化学という分野の基礎を築いたとされている。.

新しい!!: 生理学とロバート・ボイル · 続きを見る »

ロバート・ケード

ロバート・ケード(James Robert Cade, 1927年9月26日 - 2007年11月27日)は、アメリカフロリダ大学医学部の医学・生理学の教授、医師。スポーツドリンクの『ゲータレード』を開発したことで知られている。 1927年にテキサス州サンアントニオに生まれた。テキサス大学オースティン校、テキサス大学サウスウエスタン医療学校を卒業後、1961年にフロリダ大学医学部の助教授に就任。同大学のアメリカンフットボールチームから相談を受け、スポーツドリンク『ゲータレード』を開発した。ケードは大学に対して飲料の権利を売ろうとしたが、大学側がこれを拒否したため、ケードはストークリー・ヴァンキャンプ社と契約し販売されることとなった。 販売が軌道に乗った頃、大学側が権利の譲渡を求めてきたがケードはこれを拒否した。ケードは、ゲータレードから得られた利益から奨学金や地元企業に還元する基金をいくつか設立した。大学側はケードに対して訴訟を行ったが、最終的には大学とケードの間で和解が成立している。 ケードにまつわる話は、ゲータレードの共同開発者の一人であるダレン・ロベルによって、『First in Thirst: How Gatorade Turned the Science of Sweat into a Cultural Phenomenon』にまとめられている。 2007年、腎不全のため亡くなった。 Category:アメリカ合衆国の生理学者 Category:アメリカ合衆国の医師 Category:フロリダ大学の教員 Category:サンアントニオ出身の人物 Category:1927年生 Category:2007年没.

新しい!!: 生理学とロバート・ケード · 続きを見る »

ロバート・G・エドワーズ

バート・ジェフリー・エドワーズ(英:Robert Geoffrey Edwards、CBE、1925年9月27日 - 2013年4月10日)は、イギリス出身の生物学者。ケンブリッジ大学名誉教授。ロンドン王立協会フェロー(FRS)。専門は生殖医学。特に体外受精(IVF)のパイオニアであり、イギリスの外科医パトリック・ステプトーとともに体外受精の技術を完成させ、1978年7月25日に世界初の試験管ベビーであるルイーズ・ブラウンを誕生させた。体外受精技術を確立した業績により2010年度ノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学とロバート・G・エドワーズ · 続きを見る »

ロータル・マイヤー

ユリウス・ロータル・マイヤー(Julius Lothar Meyer、1830年8月19日 - 1895年4月11日) は、ドイツの化学者・医師。元素の周期表の作成をメンデレーエフとほぼ同時に行った。 スイスのチューリッヒで薬学を学び、その後ドイツ語圏のいろいろな大学で研究し、最初は呼吸の生理学的研究を行い、1857年に血液中のヘモグロビンが酸素と結合することを発見した。 1864年、マイヤーは28の元素を原子価の値によって6つのグループに分けた初期の周期表を発表した。当時原子量の測定値は不正確であったので、原子量順に並べることは、まだ有効ではなかった。 1869年、メンデレーエフは当時知られていたすべての元素を修正された原子量の順にならべ、いくつかの未発見の元素も予測した周期表を発表した。数ヶ月後メンデレーエフとはまったく独立に、マイヤーは1864年の周期表を改良、拡張した周期表を発表した。マイヤーの原子量の順に図示された周期表は、メンデレーエフの周期表が化学者たちの信頼をえることを支援することになった。 1868年からカールスルーエ大学理工学部、1876年からテュービンゲン大学で化学の教授を務めた。 category:ドイツの化学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:ドイツの医師 Category:エバーハルト・カール大学テュービンゲンの教員 Category:カールスルーエ大学の教員 Category:1830年生 Category:1895年没.

新しい!!: 生理学とロータル・マイヤー · 続きを見る »

ロベルト・レーマク

ーベルト・レーマク ロベルト・レーマク(Robert Remak, 1815年7月26日 ポズナニ - 1865年8月29日 バート・キッシンゲン)は、ドイツの動物学・生理学・神経病学者。レマーク、レマクとも書かれる。ドイツ語ではと発音される。 ベルリンで学び、ヨハネス・ペーター・ミュラー(1801-1858) の指導を受けて組織学の研究に従事し、後にヨハン・ルーカス・シェーンライン (1793-1864) の助手となり、1859年、ベルリン大学医学部員外教授の資格を得るが、ユダヤ人差別のため終生正式な講座を持つことができなかった。しかし、彼はプロシアでユダヤ教に背教せずに教授資格を得た最初のユダヤ人である。 研究分野は大きく、神経線維の微細構造に関するもの、発生学、神経症の三方面にわたる。 細胞分裂説と、神経・筋肉の治療に電気を用いる方法を使用したことでは先駆者である。また、受精卵が分裂増殖するにつれて形成されてくる胚葉を内・中・外の三葉に区別・命名した。 子のエルンスト・レーマク Ernst Julius Remak は神経病学者。 孫のロベルト・レーマクは数学者。.

新しい!!: 生理学とロベルト・レーマク · 続きを見る »

ロベルト・レーマク (数学者)

ベルト・エーリヒ・レーマク(Robert Remak, 1888年2月14日 ベルリン - 1942年11月13日 アウシュヴィッツ)は、ドイツの数学者。ユダヤ系。レマクともいう。祖父ロベルト・レーマクは生理学者・神経病学者。 ベルリン大学でフロベニウスのもとで学位を取得。代数学、トポロジー、代数的整数論、加群と有限群に関するクルル・レマク・シュミットの定理などに業績を残す。経済学への数学の応用にも関心があった。 1929年からベルリン大学で講師を務めていたが、33年にナチスが政権を取ると、ユダヤ系のため職を追われオランダに移住。だが42年にナチスがオランダを占領すると、逮捕されてアウシュビッツに送られ殺害された.

新しい!!: 生理学とロベルト・レーマク (数学者) · 続きを見る »

ロイヤル・メダル

ョージ4世が1826年にこの賞を創設した。 ロイヤル・メダル(Royal Medal)は、王立協会が毎年イギリス連邦内で「自然界についての知識の発展に最も重要な貢献をした」2人の人物と「応用科学の分野で顕著な貢献をした」1人の人物に与える賞で、金メッキされた銀メダルが授与される。1826年、ジョージ4世が創設した。当初は毎年2つのメダルを、前年に重要な発見をした者に与えていた。その後対象期間が5年間に伸び、さらに3年間に短縮された。形式はウィリアム4世とヴィクトリア女王が受け継ぎ、特にヴィクトリア女王は1837年に条件を変更したため、数学も3年おきに選考対象とされるようになった。1850年に再び条件が変更され、イギリス連邦内で10年前から1年前までの間に発表された自然科学への重要な貢献2件を表彰することになった。 1965年、現在の形式となり、王立協会の推薦に基づいてイギリス王室が3つのメダルを毎年授与するようになった。自然科学全般を対象とするため、選考委員会は生物学関連部門と物理学関連部門に分かれている。.

新しい!!: 生理学とロイヤル・メダル · 続きを見る »

ロジェ・ギルマン

ェ・シャルル・ルイ・ギルマン(Roger Charles Louis Guillemin, 1924年1月11日 - )はフランス・ディジョン生まれの生理学者。1977年にノーベル生理学・医学賞を受賞。 結婚して6人の子供がいるが、妻と5人の子供が音楽家または画家という芸術家一家であり、ギルマン本人も引退後はコンピュータを活用した芸術活動を行っている。.

新しい!!: 生理学とロジェ・ギルマン · 続きを見る »

ワンダービートS

ワンダービートS-スクランブル-(Wonder Beat Scramble)は、1986年4月16日から11月19日にかけてTBS系列で放送された日本のアニメーション番組。晩年の手塚治虫が企画と監修を手がけた。.

新しい!!: 生理学とワンダービートS · 続きを見る »

ヴァルター・ヘス

ヴァルター・ルドルフ・ヘス(Walter Rudolf Hess、1881年3月17日 - 1973年8月12日)はスイスの生理学者。内臓の調節を含む間脳の機能領域をマッピングして、アントニオ・エガス・モニスとともに1949年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。 トゥールガウ州のフラウエンフェルトに生まれる。1906年にチューリッヒ大学で医学士となり、外科学と眼科学の研修を受けた。1912年に眼科医としての仕事を辞め、研究の道に進んだ。ヘスの興味は、血液循環と呼吸の調節にあった。このような興味から、ヘスは内臓の働きを統御する間脳の機能のマッピングを始めた。1917年から1951年にかけてチューリッヒ大学の生理学の教授を務める。1973年にスイスのロカルノで亡くなった。.

新しい!!: 生理学とヴァルター・ヘス · 続きを見る »

ヴィルヘルム・ヴント

ヴィルヘルム・ヴント ヴィルヘルム・マクシミリアン・ヴント(Wilhelm Maximilian Wundt、1832年8月16日 - 1920年8月31日)は、ドイツの生理学者、哲学者、心理学者。 実験心理学の父と称される。哲学者のマックス・ヴント(ドイツ語)は息子である。.

新しい!!: 生理学とヴィルヘルム・ヴント · 続きを見る »

ヴィルヘルム・ヴェーバー

ヴィルヘルム・エドゥアルト・ヴェーバー(Wilhelm Eduard Weber、1804年10月24日 - 1891年6月23日)は、ドイツの物理学者。電気や磁気の精密な測定器具を製作して電磁気学の形成に貢献したほか、ガウスとともに電磁気の単位系の統一に努力し磁束のSI単位「ウェーバ」に名を残している。また、電気が荷電粒子の流れであるということを最初に主張した人物でもある。 生理学者のエルンスト・ヴェーバーは兄、エドゥアルト・ヴェーバーは弟。.

新しい!!: 生理学とヴィルヘルム・ヴェーバー · 続きを見る »

ボーア

ボーア(Bohr、Boer).

新しい!!: 生理学とボーア · 続きを見る »

ボヘミアン・スポテッド・ドッグ

ボヘミアン・スポテッド・ドッグ(Bohemian Spotted Dog)は、チェコ共和国(チェコスロバキア共和国)原産の犬種である。チェコ語ではチェスキー・ストラカティ・ペス(Český strakatý pes)といい 藤原尚太郎『日本と世界の愛犬図鑑 2009』辰巳出版、2008年、220ページ。、その英訳としては「チェック・スポッテッド・ドッグ」(Czech Spotted Dog)が使われている。チェコのケネルクラブ(ボヘミア・モラヴィア犬学連盟)で公認されているが、国際畜犬連盟の公認には至っていない。.

新しい!!: 生理学とボヘミアン・スポテッド・ドッグ · 続きを見る »

トマス・ヘンリー・ハクスリー

トマス・ヘンリー・ハクスリー(Thomas Henry Huxley、1825年5月4日 - 1895年6月29日)は、イギリスの生物学者。姓はハックスリー、ハクスレーと表記されることもある。「ダーウィンの番犬(ブルドッグ)」の異名で知られ、チャールズ・ダーウィンの進化論を弁護した。 リチャード・オーウェンとの論争においては、人間とゴリラの脳の解剖学的構造の類似を示して進化論を擁護した。 興味深いことにハクスリーは、ダーウィンのアイディアの多くに反対であった(たとえば漸進的な進化)。そして、自然選択よりも唯物論的科学を弁護することに興味を示した。 科学啓蒙家としての才能があった。「不可知論」の語を作って自らの信仰を表現した。 ハクスリーは「生物発生説(続生説ともいう、生物の細胞は他の生物の細胞からのみ発生する説)」と「自然発生説(無生物から生物が発生するという説)」の概念を作ったと信じられている。.

新しい!!: 生理学とトマス・ヘンリー・ハクスリー · 続きを見る »

トマス・ピーター・アンダーソン・ステュアート

ー・トマス・ピーター・アンダーソン・ステュアート(Sir Thomas Peter Anderson Stuart、1856年6月20日 - 1920年2月29日)は、スコットランド生まれの生理学者、シドニー大学医学校の創設者J.

新しい!!: 生理学とトマス・ピーター・アンダーソン・ステュアート · 続きを見る »

トラザメ

トラザメ はトラザメ科に属するサメの一種。北西太平洋の岩礁域に分布する普通種である。底生で、水深320mまで生息する。最大でも50cm。体は細く、吻は丸い。皮膚は粗く、体色は褐色で鞍状の模様がある。雄のクラスパーには無数の鈎状構造がある。鼻孔と口の間に溝はなく、口角の溝は上顎には伸びない。 餌は軟体動物など。卵生で、雌は卵鞘に包まれた卵を一度に2個産む。卵は四隅の巻きひげで海藻などに絡みついて固定される。人には無害で、飼育しやすいためモデル生物とされることもある。IUCNは保全状況を軽度懸念としている。.

新しい!!: 生理学とトラザメ · 続きを見る »

トゲウオ科

トゲウオ科(Sticklebacks、学名:)は、トゲウオ目に所属する魚類の分類群の一つ。独特な巣作りや求愛および子育てなど、よく発達した繁殖行動を示すことで知られ、動物行動学の研究対象として利用される一群である『The Diversity of Fishes Second Edition』 pp.297-298。イトヨ・トミヨなど少なくとも5属8種が認められているが、1つの「種」の中に多様な生態および形態学的特徴を示す個体群が存在し、実際にはさらに多くの種が含まれることが確実視されている『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.309-310。.

新しい!!: 生理学とトゲウオ科 · 続きを見る »

トゲウオ目

トゲウオ目(学名:)は、硬骨魚類の分類群の一つ。2亜目11科71属で構成され、イトヨなど278種が所属する。タツノオトシゴやヘコアユなど、一般的な魚類とはかけ離れた、独特な体型をもつ種類が多く含まれる。.

新しい!!: 生理学とトゲウオ目 · 続きを見る »

ヘラジカ

ヘラジカ(箆鹿、Alces alces)は、哺乳綱偶蹄目シカ科ヘラジカ属に分類されるシカ。本種のみでヘラジカ属を形成する。別名オオジカ。.

新しい!!: 生理学とヘラジカ · 続きを見る »

ヘルマン・フォン・ヘルムホルツ

ヘルマン・ルートヴィヒ・フェルディナント・フォン・ヘルムホルツ(Hermann Ludwig Ferdinand von Helmholtz, 1821年8月31日 - 1894年9月8日)はドイツ出身の生理学者、物理学者。.

新しい!!: 生理学とヘルマン・フォン・ヘルムホルツ · 続きを見る »

ヘルマン・グラスマン

ヘルマン・ギュンター・グラスマン(Hermann Günther Graßmann, 1809年4月15日 - 1877年9月26日)はドイツの数学者・物理学者・言語学者。 まず数学を研究し、現在グラスマン代数と呼ばれる成果をあげたが、時代に先んじていたため認められなかった。しかし他の分野でも才能を開花させ、色彩論および言語学においてそれぞれグラスマンの法則と呼ばれる業績を残した。.

新しい!!: 生理学とヘルマン・グラスマン · 続きを見る »

ヘルメス文書

ヘルメス文書(-もんじょ)、または、ヘルメティカ文書とは、ヘルメス・トリスメギストスが著したと考えられた、神秘主義的な古代思想の文献写本の総称である。.

新しい!!: 生理学とヘルメス文書 · 続きを見る »

ヘザー・アシュトン

リスタル・ヘザー・アシュトン(Chrystal Heather Ashton)は、イギリスの医学者、医師。ニューカッスル大学神経科学研究所名誉教授。 ベンゾジアゼピン系薬剤の離脱を専門とする診療所で多くの患者を減薬、断薬させ、その経験から段階的な減薬法などに関する手引書(アシュトンマニュアル)をまとめた。この手引書は日本語を含む10か国語に翻訳され、インターネットで公開されている。.

新しい!!: 生理学とヘザー・アシュトン · 続きを見る »

ブリトン・チャンス

ブリトン・チャンス(Britton Chance、1913年7月24日 - 2010年11月16日)は、アメリカ合衆国の生物物理学者。.

新しい!!: 生理学とブリトン・チャンス · 続きを見る »

プルキニェ現象

プルキニェ現象(英: Purkinje Phenomenon)もしくはプルキニェ効果(英: Purkinje effect)は、19世紀のチェコの生理学者ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェが解明したことから名付けられた視感度がずれる現象をいう。「プルキニエ」や「プルキンエ」と表記されることもある。 色は網膜の視細胞で感知しているが、明るい場所では赤が鮮やかに遠くまで見え、青は黒ずんで見える。一方、暗い場所では青が鮮やかに遠くまで見えるのに対して、赤は黒ずんで見える。これは、桿体と呼ばれる視細胞の働きによるもので、人の目は暗くなるほど青い色に敏感になる。 防犯のために活用する動きも見られる。奈良県警はイギリスのグラスゴーの防犯対策に倣い(ただし、グラスゴーでは当初景観改善のために導入された)、奈良市で青色街路灯を導入し一定の効果をあげたため、奈良市以外でも天理市、生駒市など県北部の都市を中心に導入を進めている。現在は兵庫県においても多数採用されている。.

新しい!!: 生理学とプルキニェ現象 · 続きを見る »

パラケルスス

ンティン・マサイスによって描かれたパラケルスス Beratzhausen) パラケルススの『長寿の書(''De vita longa'')http://www.geocities.jp/bhermes001/paracelsuslounge42.html パラケルスス研究のラウンジ その4 最近の研究動向2 フランス語圏 bibliotheca hermetica ナイメーヘン・ラドバウド大学研究員 ヒロ・ヒライ)』フランクフルト・アム・マイン、1583年 パラケルスス(スイスドイツ語:Paracelsus)こと本名:テオフラストゥス・(フォン)・ホーエンハイム(Theophrastus (von) Hohenheim, 1493年11月10日または12月17日 - 1541年9月24日)は、スイス出身の医師、化学者、錬金術師、神秘思想家。悪魔使いであったという伝承もあるが、根拠はない。後世ではフィリップス・アウレオールス・テオフラストゥス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム(Philippus Aureolus Theophrastus Bombastus von Hohenheim)という長大な名が本名として広まったが、存命中一度も使われていない。バーゼル大学で医学を講じた1年間を例外に、生涯のほとんどを放浪して過ごした。.

新しい!!: 生理学とパラケルスス · 続きを見る »

パンの大神

『パンの大神』(パンのおおがみ、パンのたいしん)は、英国の小説家アーサー・マッケンによる中編怪奇小説である。原題はThe Great God Pan。 古代からの魔術的な力と人間の内奥にかかわる恐怖を、性的な仄めかしを交えて描き、発表当時大変な物議を醸した。現在ではマッケンの代表作の一つと見なされている。 パンをめぐるギリシア・ローマ時代からの伝説を背景にしているが、作品に近代的な説得力を持たせるため黎明期の生理学と近代心霊主義の混交物を援用している。錬金術師オズワルド・クローリウス(Oswald Crollius、パラケルススの弟子)やGaius Julius Solinusの'DE MIRABILIBUS MUNDI'(『世界の不思議』)、ノーデンス神の石版等への言及も作品に奥行きを与えている。最後に明かされる魔性の女性の出自がミッシング・リンクとなり、ストーリー全体を支えている。『黒い封印(石印)の話』"Novel of the Black Seal"、『白い粉薬の話』"Novel of the White Powder"、『白魔』"The White People"、『小人』"The Little People"と共通した様々な要素が見られる。.

新しい!!: 生理学とパンの大神 · 続きを見る »

パンデリクティス

パンデリクティスは3億8000万年前のデボン紀後期、ラトビアに生息していた肉鰭綱の魚類である。四肢動物に似た大きな頭をしており、肉鰭綱とアカントステガのような原始的な四肢動物の間に存在するミッシングリンクを埋めるものと考えられている。.

新しい!!: 生理学とパンデリクティス · 続きを見る »

パーヴェル・ブロンスキー

パーヴェル・ペトローヴィチ・ブロンスキー(、1884年 5月26日(ユリウス暦5月14日)- 1941年 2月15日)は、ロシア、ソビエト連邦の心理学者、生理学者、教育学者。キエフ出身。労働教育、総合技術教育の理論的基礎の形成に尽力した。児童学に関する著作もあるが、1936年の決定「教育人民委員部の系統における児童学的偏向について」以降は、心理学研究に重点を置いた。.

新しい!!: 生理学とパーヴェル・ブロンスキー · 続きを見る »

ヒポクラテス

ヒポクラテス(ヒッポクラテース、古代ギリシア語: Ἱπποκράτης、Hippocrates, 紀元前460年ごろ - 紀元前370年ごろ)は古代ギリシアの医者。 エーゲ海に面したイオニア地方南端のコス島に生まれ、医学を学びギリシア各地を遍歴したと言い伝えられるが、その生涯について詳しいことは分かっていない。ヒポクラテスの名を冠した『ヒポクラテス全集』が今日まで伝わるが、その編纂はヒポクラテスの死後100年以上経ってからとされ、内容もヒポクラテス派(コス派)の他、ライバル関係であったクニドス派の著作や、ヒポクラテスの以後の著作も多く含まれると見られている。 ヒポクラテス(或いはヒポクラテス派)の最も重要な功績のひとつに、医学を原始的な迷信や呪術から切り離し、臨床と観察を重んじる経験科学へと発展させたことが挙げられる。さらに医師の倫理性と客観性について『誓い』と題した文章が全集に収められ、現在でも『ヒポクラテスの誓い』として受け継がれている。 人生は短く、術のみちは長い "ὁ βίος βραχύς, ἡ δὲ τέχνη μακρή." と言う有名な言葉もヒポクラテスのものとされており、これは「ars longa, vita brevis アルスロンガ、ウィータブレウィス」というラテン語訳で現代でも広く知られている。病気は4種類の体液の混合に変調が生じた時に起こるという四体液説を唱えた。また人間のおかれた環境(自然環境、政治的環境)が健康に及ぼす影響についても先駆的な著作をのこしている。 これらヒポクラテスの功績は古代ローマの医学者ガレノスを経て後の西洋医学に大きな影響を与えたことから、ヒポクラテスは「医学の父」、「医聖」、「疫学の祖」などと呼ばれる。.

新しい!!: 生理学とヒポクラテス · 続きを見る »

ヒメツリガネゴケ

ヒメツリガネゴケ()はコケ植物の一種。成長した個体の大きさは数mmから1cm程度で、モデル生物として植物の進化や発生、生理学の研究に用いられている。ヒメツリガネゴケのゲノムサイズは 511Mb、27本の染色体を構成する PMID 18079367。2006年にゲノム解読が完了し、2008年に発表された。.

新しい!!: 生理学とヒメツリガネゴケ · 続きを見る »

ヒル (動物)

ヒル(蛭)は、環形動物門ヒル綱(学名: )に属する生物の総称。体の前後端に吸盤を持つのが特徴である。.

新しい!!: 生理学とヒル (動物) · 続きを見る »

ヒルデ・ブルック

ヒルデ・ブルック、ヒルデ・ブルッフ(、、、הילדה ברוך‎、1904年3月11日1984年12月15日)は、ドイツ生まれのアメリカ合衆国の医学者、精神科医、精神分析家。元ベイラー医科大学精神科教授。摂食障害と病的肥満に関する先駆的研究で知られる。 1973年、彼女は画期的研究成果である『摂食障害—肥満、拒食症、その中にいる人』を出版した。本書は数十年間に渡る拒食症などの摂食障害の観察と治療を基礎にしている。1978年には一般読者を対象として摂食障害の要旨を記した『思春期やせ症の謎—ゴールデンケージ』を出版した。他の著作は『あなたの子どもをこわがるな』(1952)、『過体重の重要性』(1957。日本語訳未公刊)、『心理療法を学ぶ』(1974) などがある。終の著作となった『やせ症との対話』(1988) は彼女の死後に出版された。.

新しい!!: 生理学とヒルデ・ブルック · 続きを見る »

ビウレット反応

ビウレット反応の説明によく使われる、誤った図。 トリペプチドは銅(II)イオンに対し、平面の錯イオンを作るように配位する。 ビウレット反応(Biuret test)は、タンパク質や、ポリペプチドを検出する方法の1つ。アミノ酸が3つ以上つながった(トリペプチド以上の)ペプチドは、ビウレットに似た構造を持ち、アルカリ性溶液中で銅(II)イオンに配位し、赤紫色から青紫色に呈色する。この反応は1833年にドイツで発見されたが、1857年にそれとは別にポーランドの生理学者、G.ピオトロウスキーによって再発見された。タンパク質がペプチド結合を多く含むほど強く呈色し、さらに、タンパク質のグラムあたりに現れるペプチド結合の数はほぼ同じであるため、タンパク質のおおよその濃度を測定するのにもビウレット反応は有効である。この反応で使う液体をビウレット溶液(Biuret solution)という。ただし、ビウレット反応という名前だが、ビウレットは生成しない。 いくつかの派生形も考え出されており、BCAテストやロウリー(Lowry)テストなどがその一例となる。.

新しい!!: 生理学とビウレット反応 · 続きを見る »

ピーター・マーク・ロジェ

ピーター・マーク・ロジェ(Peter Mark Roget FRS、UK: /ˈrɒʒeɪ/ or US: /roʊˈʒeɪ/、;1779年1月18日 - 1869年9月12日)は医師、生理学者、自然神学者、辞書編集者である。1852年に出版された、『英語語句宝典』("Thesaurus of English Words and Phrases"、『シソーラス類語辞典』とも)の編集者として知られる。.

新しい!!: 生理学とピーター・マーク・ロジェ · 続きを見る »

ピエール・シャンボン

ピエール・シャンボン(Pierre Chambon、1931年2月7日 ミュルーズ - )はフランス、ストラスブールのInstitute for Genetics and Cellular and Molecular Biologyの所長である。フランス科学アカデミーの会員になり、コレージュ・ド・フランスで教鞭を執る。 核内受容体(細胞核にあるステロイドホルモンなどの受容体)を発見し、その構造を明らかにし、どのように生理学に寄与するかを示したことで知られる。.

新しい!!: 生理学とピエール・シャンボン · 続きを見る »

テレゴニー

テレゴニー(telegony)は、ある雌が以前ある雄と交わり、その後その雌と別の雄との間に生んだ子に、前の雄の特徴が遺伝する、という説、理論。つまり未亡人や再婚した女性の子は先の夫の性質を帯びる、という考え。19世紀後半までは広く信じられてきたが証拠は見つかっていなかった。 現在では類似の現象がハエで発見されている。日本語では先夫遺伝(せんぷいでん)、または感応遺伝(かんのういでん)と呼ばれるブリタニカ国際大百科事典 Windows対応小項目版。.

新しい!!: 生理学とテレゴニー · 続きを見る »

テオドール・シュワン

ルドルフ・ホフマンによって作られたシュワンのリトグラフ シュワンの生まれ故郷ノイスにある記念碑 テオドール・シュワン(ドイツ語:Theodor Schwann、1810年12月7日 - 1882年1月11日)は、フランス第一帝政(現:ドイツ)ノイス出身の生理学者、動物学者。動物に於ける「細胞説」の提唱者として著名だが、組織学にも貢献し組織学の創始者と言われる、2015年5月4日閲覧。。 1836年に豚の胃の胃液からペプシンを発見、2015年5月4日閲覧。。タンパク質に肉を溶かす働きがあることを確認し、「消化」を意味するギリシャ語の「ペプトス(πέψις)」に因んで「ペプシン」を命名した。 1838年にはシュワンと同じくフンボルト大学ベルリンで研究していた同国出身の植物学者マティアス・ヤーコプ・シュライデンと知り合い、2015年5月4日閲覧。、シュライデンと食事をしていた所、植物の細胞の話になり、お互い「あらゆる生物は細胞から成り立っている」と言う意見が一致した。シュライデンは同年1838年に論文『植物発生論』の中で「植物は独立した細胞の集合体」であるとして植物の細胞説を、シュワンは1839年に論文『動物及び植物の構造と成長の一致に関する顕微鏡的研究』で動物の細胞説を提唱し、今日呼ばれる「細胞説」の提唱者として名高い。 その他の業績に、解剖学の分野でも末梢神経細胞の軸索を取り囲む神経膠細胞である「シュワン細胞」を発見したことや、生物に於ける化学的過程を意味する「代謝 (metabolism)」と言う言葉を造語した業績が挙げられる。 1845年にイギリス王立協会からコプリ・メダルが授与され、1875年にはプロイセン王国からプール・ル・メリット勲章が授けられた。.

新しい!!: 生理学とテオドール・シュワン · 続きを見る »

デヴィッド・ジュリアス

デヴィッド・J・ジュリアス(David J. Julius, 1955年11月4日 - )はアメリカ合衆国の生理学者。カリフォルニア大学サンフランシスコ校教授。 1977年マサチューセッツ工科大学から学士号を取得後、1984年カリフォルニア大学バークレー校から博士号を取得。指導教授はランディ・シェクマンであった。 痛覚の様々な側面に関わるイオンチャネルを同定し、痛みや熱感覚の分子基盤を発見した。.

新しい!!: 生理学とデヴィッド・ジュリアス · 続きを見る »

ディキソン・W・リチャーズ

ディキソン・ウッドラフ・リチャーズ・ジュニア(Dickinson Woodruff Richards, Jr.、1895年10月30日 - 1973年2月23日)は、アメリカ合衆国の内科医、生理学者。心臓カテーテル法の開発と心臓病の研究によって、アンドレ・フレデリック・クルナン、ヴェルナー・フォルスマンとともに1956年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学とディキソン・W・リチャーズ · 続きを見る »

フランクリン (ニューハンプシャー州)

フランクリン (Franklin)は、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州中央部、メリマック郡のメリマック川沿いの市である。2010年国勢調査では、人口8,477 人であり、ニューハンプシャー州の13市の中で最少である。市内にはウェストフランクリンのビレッジがある。.

新しい!!: 生理学とフランクリン (ニューハンプシャー州) · 続きを見る »

フランソワ・マジャンディー

フランソワ・マジャンディー(François Magendie、1783年10月6日 - 1855年10月7日)はフランスの生理学者、医師。ボルドーで生まれた。1830年からコレージュ・ド・フランスで医学の教鞭を執った。ベル・マジャンディーの法則の発見で知られる。.

新しい!!: 生理学とフランソワ・マジャンディー · 続きを見る »

フランソワ・ボアシエ・ド・ソヴァージュ・ド・ラクロワ

フランソワ・ボアシエ・ド・ソヴァージュ・ド・ラクロワ(François Boissier de Sauvages de Lacroix、1706年5月12日 - 1767年2月19日)は、フランスの医師、植物学者である。.

新しい!!: 生理学とフランソワ・ボアシエ・ド・ソヴァージュ・ド・ラクロワ · 続きを見る »

フランソワ・プルフール・デュ・プチ

フランソワ・プルフール・デュ・プチ(François Pourfour du Petit、1664年6月24日 - 1741年6月18日)はパリ出身の解剖学者、眼科医、外科医である。モンペリエ大学で医学を学び、その後パリの慈善病院で外科学を学んだ。この時期、ギシャール・ジョゼフ・デュヴェルネ(1648年-1730年)から解剖学も、ジョゼフ・ピトン・ド=トゥルヌフォール(1656年-1708年)から植物学も学んだ。1693年から1713年にかけてルイ14世軍の軍医を務め、ユトレヒト条約(1713年)後は目の専門家としてパリに戻った。1722年から1741年まで科学アカデミー会員であった。 プチは交感神経系の生理学的調査同様に目の解剖学的研究で記憶されている。軍医としてプチは兵士の頭部の受傷と解剖学における方向の表現作用に相関関係があると述べ、Lettres d’un medecin des hopitaux du roi a un autre medecin de ses amisという1710年の論文に記した。脊髄の構造に関する調査のパイオニアであり、錐体交差の早くて正確な描写をしている。後にホルネル症候群として知られることになる症状を初めて医学的に描写もしている。.

新しい!!: 生理学とフランソワ・プルフール・デュ・プチ · 続きを見る »

フリチオフ・ホルムグレーン

フリチオフ・ホルムグレーン(Frithiof Holmgren、1831年 - 1897年)は、スウェーデンの生理学者。.

新しい!!: 生理学とフリチオフ・ホルムグレーン · 続きを見る »

フリードリッヒ・ミーシェル

フリードリッヒ・ミーシェル ヨハネス・フリードリッヒ・ミーシェル(ミーシャ)(Johannes Friedrich Miescher, 1844年8月13日 - 1895年8月26日)は、スイスの生理学者、生化学者、医師である。1869年に、細胞核中に核酸を発見してヌクレインと命名し、核酸研究の始まりとなった。.

新しい!!: 生理学とフリードリッヒ・ミーシェル · 続きを見る »

フリードリヒ・ブルダッハ

ール・フリードリヒ・ブルダッハ(Karl Friedrich Burdach、1776年6月12日 - 1847年7月16日)はドイツの解剖学者、生理学者である。"Biologie"(英:Biology,「生物学」)という言葉を造語した人物とされる。.

新しい!!: 生理学とフリードリヒ・ブルダッハ · 続きを見る »

フレーメン反応

ウマのフレーメン反応 フレーメン反応(フレーメンはんのう、ドイツ語:Flehmen)とはウマなどの哺乳類に起こる、臭いに反応して唇を引きあげる生理現象である。この動作には主としてフェロモン受容を行う嗅覚器官である鋤鼻器(ヤコブソン器官)を空気に晒し、より多くの臭い物質を取り入れる機能があると考えられている。この反応はウマの他には、ネコ、ウシ、ヒツジ、ゾウ、コウモリなどにも見られるが、ウマは唇を大きく捲り上げるため見た目がわかりやすい。胎児期に鋤鼻器が退化してしまうヒトでは起こらない。フレーメン現象、あるいは単にフレーメンとも言う。 野生においては異性の尿の臭いを嗅いだときによく起こるが、飼育下ではタバコの煙や揮発油の臭いに対しても起こることが観察できる。また、この反応によって、発情しているかどうか調べることができる個体も存在する。 人間にはこの反応は「ウマが笑っている」、「ネコが顔をしかめる」などと受け取られるが、特に動物の感情と結びついているわけではない。しかし、ヒツジなどでは腹部の痛みと関連している場合があるという。.

新しい!!: 生理学とフレーメン反応 · 続きを見る »

フンティア (小惑星)

フンティア (635 Vundtia) は、小惑星帯に位置する小惑星である。非常に小規模な小惑星族であるラオディカ族に属するとされる。 K・ローネルトによってハイデルベルクで発見され、ドイツの生理学者ヴィルヘルム・ヴント (Wilhelm Max Wundt) にちなんで命名された。.

新しい!!: 生理学とフンティア (小惑星) · 続きを見る »

フィネアス・ゲージ

Harlow (1868), Fig. 2, p. 347 フィネアス・P.ゲージ(Phineas P. Gage、日本語ではフィニアスとも表記、1823 - 1860) ゲージの両親は、ジェス・イートン・ゲージ (Jesse Eaton Gage)とハンナ・トルッセル・ゲージ (Hannah Trussell Gage)であるが(Macmillan (2000), pp. 490–1)、Macmillan (2000), pp. 11, 16ではゲージの誕生と成長に関する他の状況(とりわけ正確な生誕地)の不確かさについて述べられている。生まれ故郷として候補になっているのは、ニューハンプシャー州レバノン (Lebanon, New Hampshire)、エンフィールド (Enfield, New Hampshire)、グラフトン (Grafton, NH)である(これらはすべてニューハンプシャー州グラフトン郡 (Grafton County, N.H.)に位置する)が、ハーロウは1868年の論文でこのうちからレバノンをゲージの「生まれた地」であり、ゲージが事故後10週間めに帰った「彼の故郷」(おそらくゲージの両親の故郷でもある)としている。 ゲージの死と埋葬は Macmillan (2000), p. 108 で議論されている。ハーロウはゲージの死亡日を”ぴったり”1年ずらしていて、ゲージの人生の後半に生じた事でハーロウが日付を提示しているいくつかの出来事-チリからサンフランシスコへの帰還や痙攣の発症-の日付も、おそらく同じだけ異なっている可能性がある。この記事では日付を正すためマクミランの文献に従う。 ゲージのミドルネームの頭文字が「P」であることはまず間違いないが (figure, Macmillan 2008, p. 839; Harlow 1848/1868; Bigelow 1850)、Pが何の頭文字であるかを示す情報はない。突き棒に彫り込まれたゲージのファーストネームについての注意書きも参照のこと。は、米国の鉄道建築技術者の職長である。今日では、大きな鉄の棒が頭を完全に突き抜けて彼の左前頭葉の大部分を破損するという事故に見舞われながらも生還したこと、またその損傷が彼の友人たちをして「もはやゲージではない」と言わしめるほどの人格と行動の根本的な変化を及ぼしたことによって知られている。 このフィネアス・ゲージの事故は、長年「アメリカの鉄梃事件 (the American Crowbar Case)」とよばれ、一時は「他のいかなる事件よりも我々の興味をそそり、予後というものの価値を落とし、生理学の理論を覆しまでした事件」とまで言われた事件であり、19世紀当時の精神と脳とに関する議論、とりわけ脳内の機能分化に関する議論に影響を及ぼした。またこの事件は、脳の特定の部位への損傷が人格に影響を及ぼしうることを示唆したおそらく初めての事例である。 ゲージは、神経学、精神医学、およびこれらの関連分野の課程では必ず登場する名前であり、書籍や論文でもしばしば言及されている。また大衆文化においても多少知られている。 この知名度の高さに比べ、事件の骨子で知られている内容は明らかに少なく、このため長年にわたって、脳と精神に関する互いに矛盾した様々な理論の裏付けとして引用されるという状態になっている。出版物を対象とした調査では、ゲージについての現代の科学的な発表でさえも、過度に誇張されたり既知の事実に明らかに反していたりと、激しく歪曲させられていることが多いことがわかった。 ダゲレオタイプの肖像写真 - "凛々しい…身だしなみよく、自信ありげで、堂々としてすら見える"、彼を傷つけた鉄の突き棒を手にした姿が、2009年にゲージのものであると確認された (''下部参照'')。ある研究者は、この姿を「社会復帰」仮説と矛盾がないものと指摘している。この仮説では、ゲージの精神変化の最も深刻な部分は事故後ほんのしばらく続いただけであって、後年の彼は以前考えられていたよりももっと機能的に行動でき、社会的にもずっと適応できていたとされている。もう一枚の肖像写真(右)が2010年に発見された。.

新しい!!: 生理学とフィネアス・ゲージ · 続きを見る »

フィリッポ・デ・フィリッピ

フィリッポ・デ・フィリッピ(Filippo De Filippi、1869年4月6日 - 1938年9月23日)は、イタリアの外科医、旅行家。.

新しい!!: 生理学とフィリッポ・デ・フィリッピ · 続きを見る »

フィッツウィリアム・カレッジ

フィッツウィリアム・カレッジ (Fitzwilliam College) は、イングランドにあるケンブリッジ大学を構成するカレッジの一つ。経済学、生化学、生理学、医学などのノーベル賞受賞者の著名な研究者や、イギリスを含む様々な国の政治家、裁判官、弁護士、実業家を多数輩出しているカレッジとして知られる。現在のフィッツウィリアム・カレッジは、イギリスの自然科学者であったチャールズ・ダーウィンの妻のが晩年に過ごした別邸ザ・グローブ (The Grove) をシンボルに形成されている。.

新しい!!: 生理学とフィッツウィリアム・カレッジ · 続きを見る »

フィッシャーの方程式

数学におけるフィッシャーの方程式(フィッシャーのほうていしき、)あるいはフィッシャー=コルモゴロフ方程式またはフィッシャー=KPP方程式として知られる方程式は、ロナルド・フィッシャー(およびアンドレイ・コルモゴロフ)の名にちなむ、次の偏微分方程式のことを言う: フィッシャーはこの方程式を、優性アレルの空間伝播を表現するために提唱し、その進行波解を発見したFisher, R. A., The genetical theory of natural selection.

新しい!!: 生理学とフィッシャーの方程式 · 続きを見る »

フェリクス・ホッペ=ザイラー

ルンスト・フェリクス・イマニュエル・ホッペ=ザイラー(Ernst Felix Immanuel Hoppe-Seyler, 1825年12月26日 - 1895年8月10日)は、ドイツの生理学者、化学者である。 近代生化学、応用化学、分子生物学における草分けの一人であり、その研究は教え子であるノーベル生理学・医学賞受賞者のパウル・エールリヒに影響を与えた。その他の教え子にもフリードリッヒ・ミーシェルやノーベル生理学・医学賞受賞者のアルブレヒト・コッセルがいる。.

新しい!!: 生理学とフェリクス・ホッペ=ザイラー · 続きを見る »

フォアダイス

茎のフォアダイス 陰茎のフォアダイス(拡大) フォアダイス(英:Fordyce's spot)は口唇や陰茎などに発生する生理的現象の一つである。「フォアダイス」は「異所性(本来ないところに出現する)」という意味である。脂腺は元来は毛根であるが、もともと毛根がなく独立して表皮下に現れた脂腺(独立脂腺)となっている。出現部位は口唇が最も多い。.

新しい!!: 生理学とフォアダイス · 続きを見る »

ドナルド・ヘッブ

ドナルド・ヘッブ(Donald Olding Hebb、1904年7月22日 - 1985年8月20日)は、カナダの心理学者。神経心理学の開拓者の一人であり、ニューラルネットワーク研究の先駆者でもある。ヘッブの法則でその名を知られる。 神経生理学をもとに人間の学習を説明しようとした。 カナダのノバスコシア州チェスターに生まれる。医師であった両親のもとで英才教育を受ける。作家を志してダルハウジー大学に入学。さらにマギル大学の大学院に進み修士号を取得した。その後、母校の教員や農場労働者など職を転々とする中で、ウィリアム・ジェームズ、ジークムント・フロイト、ジョン・ワトソンらの著作に触れる。これをきっかけに心理学を志し、マギル大学の心理学教室を訪ねて、読むべき本、学ぶべき事柄について手ほどきを受ける。再び教職に戻り、モントリオールの学校で校長をしながらマギル大学の大学院生となる。1931年、大病を患い、病床でチャールズ・シェリントンやイワン・パブロフの著作に触れる。1933年には事故で妻を亡くし、校長をしていた学校も立ち行かなくなる。1934年、シカゴ大学のカール・ラシュレーの研究室に入り、翌年、ラシュレーの異動に伴いハーバード大学に移る。1936年、ハーバード大学にて博士号取得。フロリダのヤーキーズ霊長類研究所にて知覚や学習についての神経学的研究を行なう。1937年、再婚してモントリオールに戻り、モントリオール神経学研究所のワイルダー・ペンフィールドのもとで頭部損傷やロボトミーによる心理的影響の研究を行なう。1947年、マギル大学心理学教授。.

新しい!!: 生理学とドナルド・ヘッブ · 続きを見る »

ドイツ現代思想

ドイツ現代思想(ドイツげんだいしそう)は、近世の後のドイツの哲学ないし思想のこと。.

新しい!!: 生理学とドイツ現代思想 · 続きを見る »

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリンさん、)とは、光合成経路あるいは解糖系のエントナー-ドウドロフ経路などで用いられている電子伝達体である。化学式:C21H21N7O17P3、分子量:744.4。ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドと構造上良く似ており、脱水素酵素の補酵素として一般的に機能している。略号であるNADP+(あるいはNADP)として一般的には良く知られている。酸化型 (NADP+) および還元型 (NADPH) の2つの状態を有し、二電子還元を受けるが中間型(一電子還元型)は存在しない。 かつては、トリホスホピリジンヌクレオチド (TPN)、補酵素III、コデヒドロゲナーゼIII、コエンザイムIIIなどと呼称されていたが、現在はNADP+に統一されている。別名、ニコチン酸アミドジヌクレオチドリン酸など。.

新しい!!: 生理学とニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸 · 続きを見る »

ニコライ・ベルンシュテイン

ニコライ・ベルンシュテイン (右) ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ベルンシュテイン(、1896年11月5日(ユリウス暦10月24日)モスクワ - 1966年1月16日モスクワ)は、ロシアの生理学者であり、人間の動作の可変性に取り組んだ現代運動科学を基礎づけた科学者の一人。 本名はソロモンでユダヤ系。オデッサ出身のセルゲイ・ナタノヴィチ・ベルンシュテインの甥にあたる。 ベルンシュテインはこう認識した。動作は書き留められた神経運動プログラムによって操作されることはあり得ない。むしろ目前の状況に柔軟に適応するものでなければならない。よって、動作のコーディネーションにおける主要課題は、人間の身体が許す多様な自由度を目前の状況に合わせて適応させることではないか、と。 ベルンシュテインの出版物は、随分後になってから初めて露語から英語へ翻訳された。それに伴い、西側の科学者たちの知るところとなったのだが、それらは基礎的な認識であるがゆえに科学的な運動研究の底流深くにまで影響を及ぼすとみられていた。例えばダイナミックシステム理論が運動コーディネーションにも応用される元となった。 1966年に癌のため死去。71歳。.

新しい!!: 生理学とニコライ・ベルンシュテイン · 続きを見る »

ホスホリパーゼC

ホスホリパーゼの切断部位。ホスホリパーゼC酵素はR3部分に付いているリン酸エステルの直前を切る。 ホスホリパーゼC(ホスホリパーゼ・シー、phospholipase C, PLC)は、リン酸エステル基の直前でリン脂質を切断する酵素群の総称である。真核生物の細胞生理学、とりわけシグナル伝達経路において重要な役割を果たしている。13種類のほ乳類ホスホリパーゼCは構造に従って、6種類のアイソタイプ(β, γ, δ, ε, ζ, η)に分類される。.

新しい!!: 生理学とホスホリパーゼC · 続きを見る »

ダイアナ・ドイチュ

ダイアナ・ドイチュ(Diana Deutsch、1938年2月15日 -)は、イギリス・ロンドン出身の認知心理学の研究者。カリフォルニア大学サンディエゴ校の教授で、音楽心理学の第一人者の一人。家系はドイツ系イギリス人。.

新しい!!: 生理学とダイアナ・ドイチュ · 続きを見る »

ベルナール

ベルナール (Bernard) は、フランス語の男性名および姓。他国のバーナード、ベルナルドやベルンハルトに相当する。.

新しい!!: 生理学とベルナール · 続きを見る »

ベルンハルト・カッツ

ベルンハルト・カッツ(Bernhard Katz)あるいはサー・バーナード・カッツ(Sir Bernard Katz, 1911年3月26日 - 2003年4月20日)は、ドイツ出身のイギリスの生理学者。.

新しい!!: 生理学とベルンハルト・カッツ · 続きを見る »

ベル現象

ベル現象(ベルげんしょう、Bell)とは、閉眼した時、眼球が上転する現象のことである。 これは、生理学的な協調運動だが、末梢性顔面神経麻痺では閉眼すると眼裂が閉じないので白い強膜が露出する現象である。.

新しい!!: 生理学とベル現象 · 続きを見る »

ベンジャミン・リベット

ベンジャミン・リベット(Benjamin Libet, 1916年4月12日 - 2007年7月23日)は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の生理学者、医師。人間の意識、とりわけ自由意志の問題とかかわりを持つ、自発的な筋運動の際に観測される準備電位(readiness potential)についての研究の先駆者として知られる。2003年には、クラーゲンフルト大学の「仮想ノーベル心理学賞」を受賞。.

新しい!!: 生理学とベンジャミン・リベット · 続きを見る »

ベンジャミン・ファインゴールド

ベンジャミン・ファインゴールド(Benjamin F. Feingold, M.D、1899年6月15日 - 1982年3月23日)は、アメリカの小児アレルギー専門医。食品に含まれるサリチル酸塩や、食品添加物の合成着色料や合成香料が子供の注意欠陥・多動性障害(ADHD)を引き起こすのではないかと提起した。.

新しい!!: 生理学とベンジャミン・ファインゴールド · 続きを見る »

ベイリス効果

ベイリス効果( - こうか、Bayliss effect)は、1902年にイギリスの生理学者ウィリアム・ベイリス(William Bayliss)によって発見された学説である。平滑筋が急に伸展すると収縮する反応に転じることを示す。.

新しい!!: 生理学とベイリス効果 · 続きを見る »

ベインブリッジ反射

ベインブリッジ反射( - はんしゃ)は、1915年にイギリスの生理学者フランシス・アーサー・ベインブリッジ(w:Francis Arthur Bainbridge)によって発見された心臓の循環における反射である。心房後壁大静脈、右心房中隔、肺静脈心臓部などで静脈環流量が増加し、機械的に引き延ばされ、これの部位に分布している伸展受容器が興奮して迷走神経の心臓枝に含まれている求心性神経を介して反射機構が作動、心拍数が増加する。これは、フランク・スターリングの心臓の法則が成立する一因となっている。.

新しい!!: 生理学とベインブリッジ反射 · 続きを見る »

呪術医

ンバブエ・ショナ人の呪術医 呪術医(じゅじゅつい)または呪医(じゅい)とは、医療専従者のうち医療効果の根拠を超自然的なものに求めるもの、もしくは周囲の人間によって超自然的な根拠によって治療する能力があるとされるもののことである。呪術医は病名の診断にトランスや占いを行ったり、治療に際して治療儀礼を施すことがある。民俗学や文化人類学ではシャーマニズムによるシャーマンドクター(shaman doctor)やウィッチドクター(witch doctor)とも呼ばれる。必ずしも伝統的な徒弟制度や秘密結社に所属している必要はなく、つまり呪術医であることは伝統医であることは意味せず、現代社会において広く、同種業態の活動が見られる。.

新しい!!: 生理学と呪術医 · 続きを見る »

味の素食の文化センター

公益財団法人 味の素食の文化センター(Ajinomoto Foundation for Dietary Culture)とは食文化の研究支援・普及活動を行う組織である。1979年に味の素が70周年記念事業として始めたものが前身である。1989年に財団法人として設立、2013年に公益財団法人へ移行した。学際的研究会「食の文化フォーラム」を主催し、研究成果は公開シンポジウムにおいて一般向けに発表されている。また、食文化雑誌『vesta』(ヴェスタ)の発行、映像記録の自主制作、図書・文献などの資料収集を行っている。財団事務局のある東京都港区高輪において、食文化に関する専門図書館「食の文化ライブラリー」と食文化に関する錦絵などを展示する「食文化展示室」を運営している。また、公益社団法人日本フードスペシャリスト協会の賛助会員でもある。.

新しい!!: 生理学と味の素食の文化センター · 続きを見る »

味覚

味覚(みかく)は、動物の五感の一つであり、食する物質に応じて認識される感覚である。生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味に位置づけられる。基本味の受容器はヒトの場合おもに舌にある。基本味が他の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚としての味は、風味(ふうみ)と呼ばれることが多い。また、認識の過程を味わう(あじわう)と言う。.

新しい!!: 生理学と味覚 · 続きを見る »

呉建

呉 建(くれ けん、1883年(明治16年)10月27日 - 1940年(昭和15年)6月27日)は、日本の医師、内科学者、洋画家。医学博士(東京帝国大学)、アテネ大学名誉教授。帝国学士院恩賜賞受賞。 1930年代に6度ノーベル生理学・医学賞候補となるがノーベル財団(英語)、結局、受賞には至らなかった。6度の候補は同賞で日本人最多であるノーベル財団(英語)。 チャールズ・シェリントン、ジークムント・フロイト、イワン・パブロフに次ぐ中枢神経生理学の権威とされる。.

新しい!!: 生理学と呉建 · 続きを見る »

咬合

咬合(こうごう)とは、上下顎の歯が接触することで、さまざまな様式がある。その咬合様式により、顎関節症や開口障害、嚥下障害、齲蝕、歯周病の発生など多岐にわたる症状を起こすことがあり、正しい咬合が求められる。 上下の歯が接触している時の上顎に対する下顎の位置関係を咬合位といい、中心咬合位・中心位・咬頭嵌合位・最大開口位・最前方位・下顎安静位に分類される。 咬合は、顎口腔機能の回復という点で補綴科(全部床義歯、部分床義歯、クラウン・ブリッジ、インプラント)、保存科(保存修復、歯内療法、歯周病)、矯正歯科、小児歯科、口腔外科といった全ての診療科に関わっている。 咬合については様々な考え、研究が発表されているものの、決定的に正しいとされる理論発見には至っておらず、今なお考えは変遷を続けている。 咬合には、歯科医師をはじめ基礎歯学の解剖学(口腔解剖学)や生理学(口腔生理学)など様々な分野の専門家が研究に従事しており、専門医(認定医)制度も施行されている。.

新しい!!: 生理学と咬合 · 続きを見る »

和光寺

和光寺(わこうじ)は、大阪府大阪市西区北堀江にある浄土宗の仏教寺院。尼僧が住職をつとめる。山号は蓮池山。院号は智善院。摂津国八十八箇所第3番札所。 あみだ池(あみだいけ)の通称で知られ、大阪市の南北幹線道路のひとつであるあみだ池筋の名称は当寺院に由来する。.

新しい!!: 生理学と和光寺 · 続きを見る »

アメリカの医学教育

アメリカ合衆国の医学教育では、医師 (Physician) 免許を取得する教育課程を紹介する。医師免許は各州の医事委員会(State Medical Board)が所管している。 米国の各州において医師免許を有し医業を行える者は、M.D.(Medicinae Doctor)とD.O.(Doctor of Osteopathic Medicine)の2種類があり、それぞれ法律上は医師としてすべての医療行為を行うことができる。 日本では大学病院が研修・研究の中心となっているが、米国ではティーチングホスピタル(Teaching Hospital)という大きな総合病院で行う。通常は大学病院や州立や郡立の病院が指定されている。.

新しい!!: 生理学とアメリカの医学教育 · 続きを見る »

アメリカン航空191便墜落事故

アメリカン航空191便墜落事故(アメリカンこうくう191びんついらくじこ、American Airlines Flight 191)とは、1979年5月25日、アメリカン航空が運航するDC-10型機が墜落した航空事故である。191便はアメリカ合衆国のシカゴ・オヘア国際空港発、ロサンゼルス国際空港行きの定期旅客便であり、オヘア国際空港を離陸した直後に墜落した。搭乗者全員の271人と地上で巻き込まれた2人が死亡し、2016年現在、テロ事件を除く航空事故のなかでアメリカ航空史上最大の犠牲者数を出した。 事故のきっかけは、離陸のための機首上げ操作中に左主翼下の第1エンジンとパイロンが分離したことであった。これにより油圧系統が損傷して左翼のスラットが意図せず格納されてしまい、左翼だけが低速で失速しやすい状態となった。さらに、第1エンジンからの給電も無くなったことで警報装置の一部が機能しなくなり、機体が意図しない空気力学特性となったことをパイロットは認識できなかった。パイロットはエンジン停止時の緊急時の手順通りに離陸・上昇を継続したが、その手順では飛行速度を落とすことになっていた。これにより左翼のみ失速域に入ってしまい、機体が急激に左に傾き始めた。さらに左旋回と機首下げも発生して制御不能に陥り、離陸からわずか30秒で空港近郊に墜落した。 当初は事故原因として設計不良が疑われ、アメリカ連邦航空局 (Federal Aviation Administration) はDC-10型機の型式証明の効力を停止した。この措置はアメリカ国外にも波及し、世間からDC-10型機の安全性に厳しい目が向けられた。詳細な調査の結果、エンジンとパイロンが分離した原因は、航空会社の不適切な整備手順であることが判明した。事故調査報告書の発行後、連邦航空局による整備手順の監督体制が強化されたほか、機体の安全性を向上するための設計変更命令が発行され、エンジン停止時の飛行速度も見直された。2011年に遺族らの活動により墜落地点の近くに追悼施設が建設された。.

新しい!!: 生理学とアメリカン航空191便墜落事故 · 続きを見る »

アメリカ国立衛生研究所

アメリカ国立衛生研究所(アメリカこくりつえいせいけんきゅうじょ、National Institutes of Health、NIH)は、アメリカ合衆国の保健福祉省公衆衛生局の下にあり、1887年に設立された合衆国で最も古い医学研究の拠点機関。本部はメリーランド州ベセスダに置かれている。Institutesと複数形であるように、国立癌研究所、国立心肺血液研究所、国立老化研究所、国立小児保健発達研究所、国立精神衛生研究所など、それぞれの専門分野を扱う研究所と、医学図書館などの研究所以外の組織、合わせて全部で27の施設と所長事務局によって構成されている。1万8000人以上のスタッフのうち6000人以上が科学者(医師、生命科学研究者)である。.

新しい!!: 生理学とアメリカ国立衛生研究所 · 続きを見る »

アラン・ロイド・ホジキン

ー・アラン・ロイド・ホジキン(Sir Alan Lloyd Hodgkin、1914年2月5日 - 1998年12月20日)は、イギリスの生理学者で生物物理学者。中枢神経系の調節に応じて各器官が動くために必要な、神経細胞の活動電位の研究により、アンドリュー・フィールディング・ハクスリーとともに1963年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。1963年にはシナプスの研究者のジョン・C・エックルスも同賞を受賞している。ホジキンとハクスリーはイオンチャネル仮説を打ちたてたが、この仮説はわずか10年後に検証された。.

新しい!!: 生理学とアラン・ロイド・ホジキン · 続きを見る »

アルバート・ラスカー基礎医学研究賞

アルバート・ラスカー基礎医学研究賞(アルバート・ラスカーきそいがくけんきゅうしょう)は、アルバート・ラスカー医学研究賞の一部門。ラスカー財団によって授与される国際的な医学賞の一つで、障害や死の原因を取り除くための技術・情報・概念をもたらす基礎的な発見を成し遂げた科学者を対象とする。 ノーベル生理学・医学賞の受賞者がそれに先行して本賞を受賞している場合が多く、その割合は約50%に達する。.

新しい!!: 生理学とアルバート・ラスカー基礎医学研究賞 · 続きを見る »

アルトゥル・ベルソン

アルトゥル・ベルソン(右)とリヒャルト・アスマン(左) アルトゥル・ヨーゼフ・スタニスラウス・ベルソン(Arthur Josef Stanislaus Berson) (1859年8月6日-1942年12月3日)はドイツの気象学者で、高層気象学の先駆者である。ガリツィア・ロドメリア王国のノイ・ザンデツ(現在のポーランドのノヴィ・ソンチ)出身。 ノイ・ザンデツのギムナジウムで学んだ後、ベルソンはウィーン大学で文献学を学んだ。その後、彼はフンボルト大学ベルリンにおいて気象学と地理学を学んだ。その時の教官の中には、フェルディナント・フォン・リヒトホーフェンやヴィルヘルム・フォン・ベゾルトらがいた。1890年、彼はベルリンの気象研究所でリヒャルト・アスマンの助手となった。また、この頃彼はドイツ最初の航空工学分野の組織である「Deutschen Verein zur Forderung der Luftschiffahrt」の幹事も務めていた。1900年、ベルリンのテーゲル地区に新設された航空観測所において彼は「Hauptobservator」(主任観測官)となった。その後、ベースコウにあるリンデンベルク航空観測所に移転した。1896年から1899年にかけて、ベルソンは「Zeitschrift fur Luftfahrt und Physik der Atmosphare」誌(航空および大気物理に関する雑誌)の編集者であった。 ベルソンは、科学調査のために熱気球による長距離飛行を行った事で広く知られている。1894年12月4日、彼は「Phoenix」と名づけた水素気球に乗り込んで、当時の最高記録であった高度9,155mまで上昇した。1901年1月10日、彼は砲兵将校のAlfred Hildebrandt (1870-1949)と共に気球に乗り、ベルリンから飛び立ってスウェーデンのMarkarydまで飛行した。これは史上初めてバルト海を飛行によって越えた快挙であった。1902年1月10日、彼は気球乗りのHermann Elias (1876-1955)と共に、気球による長距離飛行のドイツ国内記録を更新した。この時は二人でベルリンからウクライナ中央部のポルタヴァまで飛行した(1,470kmを30時間で飛行した)。 1890年代、彼は外国の気球乗り達と国際的な「同時上昇飛行」に参加していた。これらの上昇飛行はヨーロッパ域内の異なる場所の上空でどのような気候状況の違いがあるかを研究するために行われ、この作業を通じて観測方法の統一が図られるとともに、高層気象学という新しい科学の分野において国際協力が進んでいくこととなった。 1901年7月31日、彼は気象学者のラインハルト・シューリンクと共に飛行した。これが彼の行った飛行の中で最も有名なものである。ベルリンのTempelhofから「Preussen」号に乗って飛び立ち、ベルソンとシューリンクは最終的に海抜10,800mに到達した。高度6,000mで圧縮空気が必要になり、10,000mで二人とも気を失ったが、その後正気に戻りブランデンブルク州オーダー=シュプレー郡のブリーセンに着陸させる事が出来た。着陸したのは飛行を始めてから7時間半後の事であった。彼らの記録的な上昇は、科学的にも重要な意義を持っていた。飛行と同時に飛揚された無人の大気観測気球の気象観測結果が、ベルソンとシューリンクの上昇飛行で観測された結果と一致したのである。この結果を受けて、リヒャルト・アスマンらの科学者たちは、そういった無人気球によって観測された気温データを疑う理由はもはや何もないと考えるようになり、この事が1902年のアスマン及びレオン・ティスラン・ド・ボールによる成層圏発見につながる重要な要素となったのである。 高高度飛行のもう一つの重要な側面として、気球乗りがかなりの高高度に達した場合に経験する生理学的な問題があった。そこでベルソンは生理学者のヘルマン・フォン・シュレーター(Hermann von Schrotter)やネーサン・ツンツ(Nathan Zuntz)を補助して、航空医学の分野での先駆的な実験を行った。その実験では上記の二人の生理学者と共に高高度気球飛行を行った他、ベルリンの「Judischen Krankenhaus」(ユダヤ人病院)にあった減圧室を使って、減圧症に関する詳しい研究が行われた。 その他の主なベルソンの業績としては、スヴァールバル諸島での気象観測凧を用いた気候学的研究や、ドイツ領東アフリカにおける先駆的な気象観測、そしてアマゾン盆地上空の高層大気の研究などがある。.

新しい!!: 生理学とアルトゥル・ベルソン · 続きを見る »

アルトゥル・ショーペンハウアー

アルトゥル・ショーペンハウアー(、ショーペンハウエル、ショウペンハウエルとも)1788年2月22日 - 1860年9月21日)は、ドイツの哲学者。主著は『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille und Vorstellung 1819年)。 仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家であり、その哲学は多くの哲学者、芸術家、作家に重要な影響を与え、生の哲学、実存主義の先駆と見ることもできる。フリードリヒ・ニーチェへの影響は有名であるが、その他にもリヒャルト・ワーグナー、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン、エルヴィン・シュレーディンガー、アルベルト・アインシュタイン、ジークムント・フロイト、オットー・ランク、カール・グスタフ・ユング、ジョーゼフ・キャンベル、レフ・トルストイ、トーマス・マン、ホルヘ・ルイス・ボルヘスなど様々な学者、思想家、文筆家に影響を与え、その哲学は現代思想においても受け継がれている。.

新しい!!: 生理学とアルトゥル・ショーペンハウアー · 続きを見る »

アルブレヒト・ペンク

アルブレヒト・ペンク(Albrecht Penck、1858年9月25日 - 1945年3月7日)はドイツの地理学者および地質学者。ヴァルター・ペンク(Walther Penck)の父である。 陸半球・水半球の名付け親である。 ペンクは地形学と気候学の研究に専念し、ウィーン大学の自然地理学科の国際的な評判を高めた。地形学に関しては、アメリカの地理学者ウィリアム・モーリス・ディヴィスによる「地形は幼年期、壮年期、老年期、準平原という一連の流れで変化する」という地形輪廻(侵食輪廻)説に対して懐疑的だったとされるが、ベルリン大学にディヴィスを招いて講義をさせている。一方で地誌学や人文地理学の論文・著述も発表している。特に、ヨーロッパにおけるドイツの文化の広がりに関する研究やフリードリヒ・ラッツェルの提唱した「生活圏」(Lebensraum)の概念の洗練が知られる。 画家・彫刻家のラルフ・ヴィンクラーは、1966年にペンクを偲び、A.R.ペンク(A. R. Penck)を筆名に採用した。 ペンクの名前に因んだ月の表の山がペンク山となる。.

新しい!!: 生理学とアルブレヒト・ペンク · 続きを見る »

アルベルト・フォン・ケリカー

アルベルト・フォン・ケリカー X線写真 ルドルフ・アルベルト・フォン・ケリカー(Rudolf Albert von Kölliker, 1817年7月6日 - 1905年11月2日)はスイスの解剖学者、生理学者。19世紀半ばから後半にかけての最も重要な動物学者、生理学者の1人である。.

新しい!!: 生理学とアルベルト・フォン・ケリカー · 続きを見る »

アレクセイ・ウフトムスキー

アレクセイ・アレクセーエヴィチ・ウフトムスキー(、1875年 6月25日(ユリウス暦6月13日)- 1942年 8月31日 )は、ソビエト連邦の生理学者。ルイビンスク郡出身。ロシア生理学創成期の功労者。神経系における興奮と制止の諸過程を研究し、ヴヴェデンスキーとパブロフの学理を発展させてドミナントの原理を提起した。ドミナントとは、「ある時点において経過する中枢反応の性格を著しい程度予め定める支配的興奮巣」すなわち一定時間内の身体行動を規定するところの確かな興奮の動因のことであるソビエト教育科学アカデミヤ版『ソビエト教育科学辞典』明治図書出版、1963年。ドミナントは他の興奮より優位でそれと共存する他の興奮層を制止するだけでなく、外部からの刺激により生じる興奮の作用でドミナント自体の興奮を一層強くする機能を持つ。通常の反射を制止し、外部刺激によりさらに興奮を強化するドミナントの機能を、ウフトムスキーは「注意を想起させる過程」であると評価した。また、リズム同化の説を提起した。これは、ヴヴェデンスキーの生理学的可変性に関する学説の展開で、個々の器官と同様に身体全体もまた、外部から作用する刺激のリズムに応じて自己の興奮のリズムを変調させ得るものであることを示す説である。また、ドミナントの原理とリズム同化の説は疲労の性質の解明の転機をもたらしたソビエト教育科学アカデミヤ版『ソビエト教育科学辞典』明治図書出版、1963年。刺激と反応という心理学草創期の基底の発展限界を見極めた業績であった。.

新しい!!: 生理学とアレクセイ・ウフトムスキー · 続きを見る »

アンリ・デュトロシェ

アンリ・デュトロシェ(、1776年11月14日 - 1847年2月4日)は、フランスの医師、植物学者、生理学者である。生物組織の浸透の研究で知られる。 ネオン=シュル=クルーズで生まれた。貴族の出身で、1799年に軍務につき、海軍、陸軍で働いた後、トゥーレーヌの屋敷に戻った。1802年にパリで医学を学び、医師として働き、スペインに少しの間、滞在した後、1809年にフランスへ戻り、母親の資産で、自然科学の研究に専念することになった。1821年に『植物の成長と再生に関する研究』("Recherches sur l'accroissement et la reproduction des végétaux")を発表して実験生理学アカデミーの賞を受賞し、1837年に『植物と動物の解剖学および生理学の歴史の回顧』("Mémoires pour servir a l'histoire anatomique et physiologique des végétaux et des animaux")を発表した。 デュトロシェの特筆される業績には、浸透計を開発し、有機質の膜で隔たられた液体間の濃度の差によって膜を水が浸透して濃度の差が小さくなるような圧力が働くことを示したことや、1824年に細胞が独立した存在であることの証拠として硝酸で煮ると細胞が分離されることを示したことや声帯の働きの研究などがある。 アオイ科の属名、に献名されている。.

新しい!!: 生理学とアンリ・デュトロシェ · 続きを見る »

アントワーヌ・ラヴォアジエ

Marie-Anne Pierrette Paulzeの肖像画 『化学要論』(名古屋市科学館展示、金沢工業大学所蔵 『化学要論』(名古屋市科学館展示、金沢工業大学所蔵 マリー=アンヌが描いた実験図。A側の方を熱してAは水銀、Eは空気である 呼吸と燃焼の実験 ダイヤモンドの燃焼実験 宇田川榕菴により描かれた『舎密開宗』。蘭学として伝わったラヴォアジエの水素燃焼実験図 Jacques-Léonard Mailletによって作られたラヴォアジエ(ルーヴル宮殿) アントワーヌ・ラヴォアジエ Éleuthère Irénée du Pont de Nemoursとラヴォアジエ アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ(ラボアジェなどとも、フランス語:Antoine-Laurent de Lavoisier, 、1743年8月26日 - 1794年5月8日)は、フランス王国パリ出身の化学者、貴族。質量保存の法則を発見、酸素の命名、フロギストン説を打破したことから「近代化学の父」と称される - コトバンク、2013年3月27日閲覧。。 1774年に体積と重量を精密にはかる定量実験を行い、化学反応の前後では質量が変化しないという質量保存の法則を発見。また、ドイツの化学者、医師のゲオルク・シュタールが提唱し当時支配的であった、「燃焼は一種の分解現象でありフロギストンが飛び出すことで熱や炎が発生するとする説(フロギストン説)」を退け、1774年に燃焼を「酸素との結合」として説明した最初の人物で、1779年に酸素を「オキシジェーヌ(oxygène)」と命名した。ただし、これは酸と酸素とを混同したための命名であった。 しばしば「酸素の発見者」と言及されるが、酸素自体の最初の発見者は、イギリスの医者ジョン・メーヨーが血液中より酸素を発見していたが、当時は受け入れられず、その後1775年3月にイギリスの自然哲学者、教育者、神学者のジョゼフ・プリーストリーが再び発見し、プリーストリーに優先権があるため、厳密な表現ではない; 。進展中だった科学革命の中でプリーストリーの他にスウェーデンの化学者、薬学者のカール・ヴィルヘルム・シェーレが個別に酸素を発見しているため、正確に特定することは困難だが、結果としてラヴォアジエが最初に酸素を「酸素(oxygène)」と命名したことに変わりはない。またアメリカの科学史家の トーマス・クーンは『科学革命の構造』の中でパラダイムシフトの概念で説明しようとした。。なお、プリーストリーは酸素の発見論文を1775年に王立協会に提出しているため、化学史的に酸素の発見者とされる人物はプリーストリーである。 また、化学的には誤りではあったが物体の温度変化を「カロリック」によって引き起こされるものだとし、これを体系づけてカロリック説を提唱した。.

新しい!!: 生理学とアントワーヌ・ラヴォアジエ · 続きを見る »

アントワーヌ・ルイ

アントワーヌ・ルイ(Antoine Louis, 1723年2月13日 - 1792年5月20日)は、フランスの外科医で生理学者。 ギロチンの発明者であり、ギロチンは導入当初はルイ博士の名前を取って「ルイゼット(Louisette)」や「ルイゾン(Louison)」と呼ばれていた。 Category:フランスの生理学者 Category:18世紀の学者 Category:フランスの外科医 Category:1723年生 Category:1792年没.

新しい!!: 生理学とアントワーヌ・ルイ · 続きを見る »

アントニオ・スカルパ

アントニオ・スカルパ(Antonio Scarpa、1752年5月9日 - 1832年10月31日)は、イタリアの解剖学者、外科医。.

新しい!!: 生理学とアントニオ・スカルパ · 続きを見る »

アンドリュー・フィールディング・ハクスリー

アンドリュー・フィールディング・ハクスリー(Andrew Fielding Huxley、1917年11月22日 - 2012年5月30日)は、ロンドン出身のイギリスの生理学者で生物物理学者。 中枢神経系の調節に応じて各器官が動くために必要な、神経細胞の活動電位の研究により、アラン・ロイド・ホジキンとともに1963年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。1963年にはシナプスの研究者のジョン・C・エックルスも同賞を受賞している。ホジキンとハクスリーはイオンチャネル仮説を打ちたてたが、この仮説はわずか10年後に検証された。.

新しい!!: 生理学とアンドリュー・フィールディング・ハクスリー · 続きを見る »

アンドレ

アンドレは、フランス語(André)・ポルトガル語(Andre)の人名。主に男性名として使われるが、女性名(Andrée)も存在する。.

新しい!!: 生理学とアンドレ · 続きを見る »

アンドレ・フレデリック・クルナン

アンドレ・フレデリック・クルナン(André Frédéric Cournand, 1895年9月24日 - 1988年2月19日)は、フランスの医師、生理学者。 彼は心臓カテーテル法の開発によって、ディキソン・W・リチャーズ、ヴェルナー・フォルスマンとともに1956年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。 パリ生まれ。1930年にアメリカ合衆国に移住し、1941年に帰化した。人生の大半を、ニューヨーク市にあるコロンビア大学医学部の教授、Bellevue Hospital の臨床医として過ごした。.

新しい!!: 生理学とアンドレ・フレデリック・クルナン · 続きを見る »

アーチボルド・ヒル

アーチボルド・ヴィヴィアン・ヒル(Archibald Vivian Hill、1886年9月26日 - 1977年6月3日)はイギリス生まれの生理学者で生物物理学やオペレーションズリサーチの創始者の1人である。筋肉中の熱発生に関する研究により、1922年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学とアーチボルド・ヒル · 続きを見る »

アーウィン・ローズ

アーウィン・ローズ(Irwin A. Rose、1926年7月16日 - 2015年6月2日)は、アメリカの生物学者。2004年に「ユビキチンを介したタンパク質分解の発見」により、アーロン・チカノーバーとアブラム・ハーシュコと共にノーベル化学賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学とアーウィン・ローズ · 続きを見る »

アブドラ国王大学病院

アブドラ国立大学病院 (مستشفى الملك المؤسس عبد الله الجامعي)、略称KAUHは、ヨルダンのアル・ラムサにある病院。 イルビド県、アジュルン県、ジャラシュ県、マフラク県の住民約100万人を対象に医療サービスを提供しており、ヨルダン北部最大の医療施設となっている。.

新しい!!: 生理学とアブドラ国王大学病院 · 続きを見る »

アドルフ・ブロンニャール

アドルフ・ブロンニャール(Adolphe Théodore Brongniart、1801年1月14日 - 1876年2月19日)は、フランスの植物学者である。古植物学のパイオニアの一人である。.

新しい!!: 生理学とアドルフ・ブロンニャール · 続きを見る »

アドルフ・ブーテナント

アドルフ・フードリヒ・ヨハン・ブーテナント(Adolf Friedrich Johann Butenandt, 1903年3月24日 - 1995年1月18日朝日新聞大阪版夕刊 1995年1月19日 13面。)は、ドイツ帝国ブレーマーハーフェン出身の生化学者で性ホルモン(エストロゲンとアンドロステロンの結晶単離、プロゲステロンの結晶化)研究の功績により1939年にノーベル化学賞を受賞している。またそれらの研究成果により避妊薬開発に道を開いた。 ブレーマーハーフェンとベフェアーシュテットで幼年期をすごした。アドルフ・ヴィンダウスの元、ゲッティンゲン大学でマメ科デリス属における生理学的効果を持つ化合物たるロテノンの化学構造について研究を行い卒業した。学位取得後の1931年から女性ホルモンの研究を始め、ゲッティンゲン大学の有機化学及び生化学の研究室の指導者となった。1933年、ダンツィヒ工業大学(現グダニスク工科大学)の教授となる。1935年にはハーバード大学を視察し、1936年にはダーレムのカイザー・ヴィルヘルム研究所の生化学部部長となった。ドイツ第三帝国では人の肝臓を使った抗生作用を研究したので現在でも物議をかもしている。1938年にはベルリン大学名誉教授となった。1939年に性ホルモンの研究でノーベル化学賞受賞が決定したが当時のナチス政権により辞退させられ、第二次世界大戦後に改めて受賞した。その後カイザー・ヴィルヘルム研究所はマックス・プランク生化学研究所となったがそこでも研究を続けた。1960年から1971年までは同研究所の所長となり、同研究所の所在地であるミュンヘンの名誉市民となった。1995年1月18日、同市で死没、91歳。死因は非公表。.

新しい!!: 生理学とアドルフ・ブーテナント · 続きを見る »

アドルフ・オイゲン・フィック

アドルフ・オイゲン・フィック アドルフ・オイゲン・フィック(Adolf Eugen Fick, 1829年9月3日 - 1901年8月21日)はドイツの生理学者、物理学者、医師である。1855年膜を通過する気体の拡散についてフィックの法則を導いた。 マールブルク大学で物理を学んだが、すぐに生理学に転向した。1851年乱視の研究で学位を得る。チューリッヒ大学で解剖学の教授になった。1867年からヴュルツブルク大学で生理学の教授になった。.

新しい!!: 生理学とアドルフ・オイゲン・フィック · 続きを見る »

アニオンギャップ

アニオンギャップとは医学、生理学で用いられる指標のひとつであり、体内における有機酸の寄与をあらわす指標である。正常値は12±2 (mEq/l)である。英語では「Anion gap」と書かれるので、頭文字を取ってAGと略す場合がある。類似概念として尿中アニオンギャップがあるが本記事の説明とは異なることに注意。.

新しい!!: 生理学とアニオンギャップ · 続きを見る »

アイザック・ベレンブラム

アイザック・ベレンブラム(Isaac Berenblum、יצחק ברנבלום、1903年8月26日 ビャウィストク - 2000年4月18日 レホヴォト†)は、ポーランド、ビャウィストク生まれのイスラエル人生化学者である。 ベレンブラムはポーランドのポグロムのため3歳の時に家族と離れ、第一次世界大戦まではベルギーで、その後はイングランドで育った。リーズ大学で生理学および生化学を学び、1923年に学士を取得した。その後、1926年に医学学士(MB)および外科学士(Ch.B.)、1936年に修士(M.Sc.)、1930年に博士号 (MD) を取得した。1927年から、リーズ大学のDepartment of Biology and Experimental Cancer ResearchでRiley-Smith Research Fellowとなり、1936年から1940年まで、オックスフォード大学のDunn School of PathologyにおいてBeit Memorial Research Fellowとなった。ベレンブラムはオックスフォード大学で、1938年から1948年まで、British Empire Cancer Campaign内のがん研究グループの長を務めた。1940年から1948年までオックスフォードで病理学のDemonstrator(講師)を務めた。1948年から1950年まで、ベセスダ(アメリカ合衆国メリーランド州)の国立がん研究所で働き、1950年から1971年に引退するまで、レホヴォト(イスラエル)のワイツマン科学研究所でDepartment of Experimental Biologyの長と、がん研究の教授を務めた。また、エルサレム・ヘブライ大学において非常勤の腫瘍学の教授を務めた。1966年にヒューストンのテキサス大学、1971年に国立がん研究所で客員教授となった。 ベレンブラムは1940年代に、化学物質により誘導される発がんの機構の基礎研究を主導し、1948年にシュービック (Shubik) と共に発がんの3段階モデル(イニシエーション、プロモーション、レイテンシー/プログレッション)を提唱した。 受賞歴はAlfred P. Sloan, Jr.

新しい!!: 生理学とアイザック・ベレンブラム · 続きを見る »

アウグスト・クローグ

アウグスト・クローグ(Schack August Steenberg Krogh、1874年11月15日 - 1949年9月13日)はデンマークの生物学者。1916年から1946年までコペンハーゲン大学の動物学の教授を務めた。生理学の様々な分野で基礎的な発見を行った。.

新しい!!: 生理学とアウグスト・クローグ · 続きを見る »

イワン・パブロフ

イワン・ペトローヴィチ・パブロフ(イヴァーン・ピトローヴィチ・パーヴロフ, Ivan Petrovich Pavlov, 1849年9月14日(グレゴリオ暦9月26日) - 1936年2月27日)は、帝政ロシア・ソビエト連邦の生理学者。.

新しい!!: 生理学とイワン・パブロフ · 続きを見る »

イワン・セチェノフ

イワン・ミハイロヴィチ・セチェノフ(、1829年 8月13日(ユリウス暦8月1日)- 1905年 11月15日 (ユリウス暦11月2日))は、ロシアの生理学者、心理学者、医師。テプリスタン出身。ロシア生理学の創始者。「ロシア生理学の父」と称された。心理活動の条件となる生物学的メカニズムを解明することにより、大脳生理学および実験心理学双方の基礎を形成した。中枢制止を発見した。また、空間と時間の知覚における運動と運動感覚の役割の研究から、子どもの精神発達における運動感覚の重要な意義を解明した。1848年、ペテルブルクの工兵士官学校を卒業。工兵士官となるが、のちにモスクワ大学医学部に入学。卒業後、三年間の外国留学。1863年、最初の研究「脳の反射」を発表。1866年、『脳の反射』を単行本として出版。ペテルブルクの外科医専門学校で生理学を研究し、教鞭をとったが、官憲から圧迫を受けるようになり、メンデレーエフの研究室、オデッサの新ロシア大学、ペテルブルク、モスクワと転々とする。.

新しい!!: 生理学とイワン・セチェノフ · 続きを見る »

インプロ!

『インプロ!』は、真田一輝による日本の4コマ漫画作品。『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)で2011年6月号から2013年8月号にかけて連載された。.

新しい!!: 生理学とインプロ! · 続きを見る »

イデユウシノシタ

イデユウシノシタ(Symphurus thermophilus)はウシノシタの一種。西部太平洋に分布する。カレイ目として唯一熱水噴出孔のみに生息し、高濃度の硫黄や高温などに耐えることができる。形態的には他のアズマガレイ属に類似し、熱水噴出孔への適応は比較的最近のことだと考えられる。 最初に観察されたのは1988年で、新種と認められるまではアズマガレイ(Symphurus orientalis)とされていた。種小名thermophilusは古代ギリシャ語thermos(熱)、philos(好む)に由来し、熱水噴出孔に生息することに因んだものである。.

新しい!!: 生理学とイデユウシノシタ · 続きを見る »

ウラディスラフ・トレチャク

ウラディスラフ・トレチャク(トレチヤーク、Vladislav Aleksandrovich Tretiak、(Владисла́в Алекса́ндрович Третья́к, 1952年4月25日- )は、ソ連・モスクワ出身の元アイスホッケー選手。歴史上最も偉大なゴールテンダーの1人と考えられており、国際アイスホッケー連盟20世紀オールスターチームに選ばれている 。1989年にホッケーの殿堂入りを果たした。現在はロシアアイスホッケー連盟の会長を務めている。 トレチャクはアイスホッケー世界選手権では史上最多である10回の優勝経験を持っている。.

新しい!!: 生理学とウラディスラフ・トレチャク · 続きを見る »

ウルフ・スファンテ・フォン・オイラー

ウルフ・スファンテ・フォン・オイラー(Ulf Svante von Euler、1905年2月7日 - 1983年3月9日)は、スウェーデンの生理学者で薬理学者。神経伝達物質の研究で、1970年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学とウルフ・スファンテ・フォン・オイラー · 続きを見る »

ウィリアム・ボーモント

ウィリアム・ボーモント(William Beaumont、1785年11月21日 – 1853年4月25日)は、アメリカ合衆国の軍医である。事故で腹部に穴があいたままになった患者の治療を行い、胃の生理学的機能についての研究に成果をあげた。.

新しい!!: 生理学とウィリアム・ボーモント · 続きを見る »

ウィリアム・カウパー

ウィリアム・カウパー(出典:米国国立医学図書館) ウィリアム・カウパー(ウィリアム・クーパー、William Cowper、1666年 - 1709年3月8日)は、イギリスの外科医・解剖学者である。尿道球腺について初めて詳細な解剖図を描いた功績により、カウパー腺とカウパーの名前が付けられていることで知られる。苗字の発音にはカウパー 、クーパー 、クパー の3種類がある。.

新しい!!: 生理学とウィリアム・カウパー · 続きを見る »

ウィリアム・ジェームズ

ウィリアム・ジェームズ(William James、1842年1月11日 - 1910年8月26日)は、アメリカ合衆国の哲学者、心理学者である。意識の流れの理論を提唱し、ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』など、アメリカ文学にも影響を与えた。パースやデューイと並ぶプラグマティストの代表として知られている。弟は小説家のヘンリー・ジェームズ。著作は哲学のみならず心理学や生理学など多岐に及んでいる。 日本の哲学者、西田幾多郎の「純粋経験論」に示唆を与えるなど、日本の近代哲学の発展にも少なからぬ影響を及ぼした。夏目漱石も、影響を受けていることが知られている。後の認知心理学における記憶の理論、トランスパーソナル心理学に通じる『宗教的経験の諸相』など、様々な影響をもたらしている。 ジェームズは1875年には、アメリカで初の心理学の講義を開始し、研究室を設けた。ドイツのヴィルヘルム・ヴントが研究室を用意したのは、この4年後の1879年である。.

新しい!!: 生理学とウィリアム・ジェームズ · 続きを見る »

ウィルヘルム・キューネ

ウィルヘルム・キューネ ウィルヘルム・キューネ(Wilhelm Kühne、1837年3月28日 - 1900年6月10日)は、ドイツのハンブルク生まれの生理学者。 リューネブルクのギムナジウムを修了後ゲッティンゲン大学に進んだ。そこで化学をフリードリヒ・ヴェーラーに生理学をルドルフ・ワーグナー(Rudolph Wagner)に学んだ。1856年に修了後、ベルリン大学のエミール・デュ・ボア・レーモン(Emil du Bois-Reymond)、 パリ大学のクロード・ベルナール、ウィーンのカール・フレドリッヒ・ウイルヘルム・ルドウィッヒ(KFW Ludwig)やエルンスト・ウイルヘルム・フォン・ビューケ(Ernst Wilhelm von Brücke)などさまざまな有名な薬理学者の下で研究を重ねた。 1863年の終わりには、 ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョーの下でベルリン大病理学研究所化学研究室に席を置いた。1868年にはアムステルダム大学の生理学教授職、1871年にはハイデルベルク大学のヘルマン・フォン・ヘルムホルツの後任に就き、1900年6月10日に死去するまでその地位にあった。 彼の研究分野は2つの分野に大別され、初期には筋肉 と 神経の生理学、後期にはベルリンのウィルヒョーの下で研究を開始した消化作用の化学である。また光の影響下における視覚と網膜の化学的変化に関する研究でも知られている。1876年にフランツ・クリスチャン・ボールが発見したロドプシンで視覚における光化学の基礎理論を確立しようと試みた。しかし光の強度が弱い場合での視覚の結合の重要な点は明らかにしたものの、網膜での視覚の識別については理論は完璧とは言えず学会の支持は得られなかった。 彼は"enzyme"〈酵素〉という用語の命名者でもある(Kühne、1876年)。.

新しい!!: 生理学とウィルヘルム・キューネ · 続きを見る »

ウィレム・アイントホーフェン

ウィレム・アイントホーフェン(Willem Einthoven、1860年5月21日 - 1927年9月29日)はオランダの生理学者、医師。ユトレヒト大学医学部卒業。1886年ライデン大学の教授に就任した。1903年に心臓から電気が発せられていることを発見し、心電図法(ECG/EKG)を発明した。その功績で、1924年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。 彼は、オランダ領東インド諸島(今のインドネシア)のジャワ島のスマランで生まれ、オランダのライデンで亡くなり、ウーグストヘーストのHaarlemmerstraatwegに有る改革派教会に埋葬されている。.

新しい!!: 生理学とウィレム・アイントホーフェン · 続きを見る »

ウィンドケッセルモデル

ウィンドケッセルモデル(Windkessel model)とは、医学、特に循環生理学においての波形をと動脈壁のコンプライアンスの相互作用の観点から説明する際に使われる概念である。.

新しい!!: 生理学とウィンドケッセルモデル · 続きを見る »

ウォルター・B・キャノン

ウォルター・ブラッドフォード・キャノン(Walter Bradford Cannon,1871年10月19日 - 1945年10月1日)は、アメリカの生理学者。 ウィスコンシン州 Prairie du Chien 生まれ。1906年からハーバード大学医学部の教授を務めた。.

新しい!!: 生理学とウォルター・B・キャノン · 続きを見る »

エミール・デュ・ボア=レーモン

ミール・ハインリヒ・デュ・ボア=レーモン(Emil Heinrich du Bois-Reymond, 1818年11月7日 - 1896年12月26日)は19世紀のドイツの医師、生理学者。「エミール」が名前、「デュ・ボア=レーモン」が姓である。動物筋肉中での活動電位の研究を行い、電気生理学の基礎を築いた人物の一人。ベルリン大学生理学教室教授。 科学的研究と並び、生涯最後の20年間は科学史、芸術、哲学などの広く一般の問題についても論じた。彼が行ったそうした議論の中でも最もよく知られているのは、人間が持ちうる世界認識の限界についての議論(『自然認識の限界について』)である。.

新しい!!: 生理学とエミール・デュ・ボア=レーモン · 続きを見る »

エミール・アブデルハルデン

ミール・アブデルハルデン (Emil Abderhalden、1877年3月9日 - 1950年8月5日) は、スイスの生化学者、生理学者。ドイツの科学的生化学の創始者と言われ、ドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナの会長を務めた。彼の主な研究成果は1920年代には既に議論となっていたが、結局1990年代後半まで否定されなかった。彼の誤解を招く研究成果が捏造に基づいているのか、あるいは単純に科学的緻密性の欠如によるものなのかは、未だ明らかになっていない。.

新しい!!: 生理学とエミール・アブデルハルデン · 続きを見る »

エマヌエル・スヴェーデンボリ

マーヌエル・スヴェーデンボーリ(Emanuel Swedenborg, 1688年1月29日 - 1772年3月29日)はスウェーデン王国出身の科学者・神学者・神秘主義思想家。スヱデンボルグとも。しかし多くはスウェーデンボルグと表記される。生きながら霊界を見て来たと言う霊的体験に基づく大量の著述で知られ、その多くが大英博物館に保管されている。スヴェーデンボリは貴族に叙された後の名。.

新しい!!: 生理学とエマヌエル・スヴェーデンボリ · 続きを見る »

エルンスト・マッハ

ルンスト・ヴァルトフリート・ヨーゼフ・ヴェンツェル・マッハ(、 1838年2月18日 - 1916年2月19日)は、オーストリアの物理学者、科学史家、哲学者。 オーストリア帝国モラヴィア州ヒルリッツ Chirlitz(現チェコのモラヴィア、フルリツェ Chrlice)出身のモラヴィア・ドイツ人である。.

新しい!!: 生理学とエルンスト・マッハ · 続きを見る »

エルンスト・ヴェーバー

エルンスト・ハインリヒ・ヴェーバー(Ernst Heinrich Weber、1795年6月24日 - 1878年1月26日)は、ドイツの生理学者、解剖学者。重量や温度などの感覚を実験的に研究し、刺激強度と感覚の増分の関係を発見した。これは後に弟子のフェヒナーによって定式化され、ウェーバーの法則と名付けられた。 物理学者のヴィルヘルム・ヴェーバー、生理学者のエドゥアルト・ヴェーバーらは弟。 ヴィッテンベルクに生まれ、ヴィッテンベルク大学で医学を学んだ。1815年にナポレオン戦争でライプツィヒに避難したが、そこで研究を続け、1817年にライプツィヒ大学で大学教授資格を得た。1818年からライプツィヒ大学比較解剖学員外教授、1821年からは解剖学正教授(1871年まで)となり、1840年からは生理学教授(1866年まで)も兼任した。 ヴェーバーは初め解剖学を研究し、コイ類が聴覚に優れているのはうきぶくろと内耳の間に音を伝える骨片があるからだということを発見した。この器官はウェーバー器官(Weberscher Apparat, Weberian apparatus)と呼ばれている。 のち、ヴェーバーは生理学に研究を移した。脈拍の伝わる速度について弟ヴィルヘルム・ヴェーバーと共同研究を行ない、1825年の"Wellenlehre auf Experimente gegründet"として出版した。同年、聴力障害の検査であるウェーバー検査を記述した。特定の条件下で頭内定位を確認したのはヴェーバーが初めてであった。 最も有名なのは1834年に行なった錘を持ち上げる実験である。彼は、錘の重さの変化を感じ取る感覚は、何g増えたかといった差ではなく、何倍になったかという比に依存していることを示した。この結果は1846年の"Zusätze zur Lehre vom Bau und von der Verrichtung der Geschlechtsorgane"や1851年の"Die Lehre vom Tastsinn und Gemeingefühl"(『触覚と一般感覚』)の中で発表され、後に弟子のフェヒナーによってウェーバーの法則として定式化された。この業績により、ヴェーバーは実験心理学や精神物理学の先駆者といわれている。 1859年、ヴェーバーはプール・ル・メリット科学芸術勲章を受章した。1871年からはライプツィヒの名誉市民となった。 Category:19世紀の自然科学者 Category:ドイツの生理学者 Category:ドイツの解剖学者 Category:ドイツの医師 Category:王立協会外国人会員 Category:感覚 Category:ライプツィヒ大学の教員 Category:1795年生 Category:1878年没.

新しい!!: 生理学とエルンスト・ヴェーバー · 続きを見る »

エルンスト・ヘッケル

ルンスト・ハインリッヒ・フィリップ・アウグスト・ヘッケル(, 1834年2月16日 - 1919年8月8日)は、ドイツの生物学者、哲学者である。ドイツでチャールズ・ダーウィンの進化論を広めるのに貢献した。 ヘッケルは医者であり、後に比較解剖学の教授となった。彼は心理学を生理学の一分野であると見なした最初期の人々の一人である。彼はまた、現在ではごく身近な「門」や「生態学」などの用語を提唱した。.

新しい!!: 生理学とエルンスト・ヘッケル · 続きを見る »

エルヴィン・シュレーディンガー

ルヴィーン・ルードルフ・ヨーゼフ・アレクサンダー・シュレーディンガー(オーストリア語: Erwin Rudolf Josef Alexander Schrödinger、1887年8月12日 - 1961年1月4日)は、オーストリア出身の理論物理学者。 1926年に波動形式の量子力学である「波動力学」を提唱。次いで量子力学の基本方程式であるシュレーディンガー方程式や、1935年にはシュレーディンガーの猫を提唱するなど、量子力学の発展を築き上げたことで名高い。 1933年にイギリスの理論物理学者ポール・ディラックと共に「新形式の原子理論の発見」の業績によりノーベル物理学賞を受賞。1937年にはマックス・プランク・メダルが授与された。 1983年から1997年まで発行されていた1000オーストリア・シリング紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 生理学とエルヴィン・シュレーディンガー · 続きを見る »

エヴァルト・ヘリング

エヴァルト・ヘリング ヘリング錯視 エヴァルト・ヘリング(Karl Ewald Konstantin Hering, 1834年8月5日 - 1918年1月26日)は、ドイツの生理学者、神経科学者。ザクセン王国で生まれ、ライプツィヒ大学で学んだ。のちに、プラハ大学の教授に就任した。 ヘリングは色覚についての研究を行ったことで知られ、ヤング=ヘルムホルツの三色説に対し、赤と緑を加法混合によって黄が知覚されるのは無理があると考え、反対色説(en:Opponent process)を唱えた。 1861年にヘリング錯視を発表した。1868年にはヨゼフ・ブロイウェルとともにヘーリング・ブロイウェル反射を発表した。 息子にはツェルマク・ヘーリング反射を発見したハインリッヒ・エヴァルト・ヘリング、おじに医師のコンスタンティン・ヘリング、祖父に構成者のカール・ゴットリープ・ヘリング、門下には呉建がいる。 Category:ドイツの生理学者 Category:ドイツの神経科学者 Category:王立協会外国人会員 Category:プラハ・カレル大学の教員 Category:1834年生 Category:1918年没.

新しい!!: 生理学とエヴァルト・ヘリング · 続きを見る »

エール・サザランド

ール・ウィルバー・サザランド・ジュニア(Earl Wilbur Sutherland Jr.、1915年11月19日 - 1974年3月9日)は、アメリカ合衆国の生理学者。カンザス州バーリンゲームにて生まれる。1971年、(cAMPの様な)セカンドメッセンジャーによる「ホルモンの作用機作に関する発見」により、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学とエール・サザランド · 続きを見る »

エーレンフリート・ヴァルター・フォン・チルンハウス

ーレンフリート・ヴァルター・フォン・チルンハウス エーレンフリート・ヴァルター・フォン・チルンハウス(Ehrenfried Walther von Tschirnhaus, 1651年4月10日 - 1708年10月11日)は、ドイツの哲学者、数学者、物理学者、生理学者。.

新しい!!: 生理学とエーレンフリート・ヴァルター・フォン・チルンハウス · 続きを見る »

エティエンヌ=ジュール・マレー

ティエンヌ=ジュール・マレー(Etienne-Jules Marey、1830年3月5日、ボーヌ - 1904年5月16日、パリ)はフランスの生理学者、医師。1867年からコレージュ・ド・フランスで教鞭を執った。 1882年、ライフル銃の形をした連続写真撮影機である写真銃を発明し、映画撮影機の原型となった。鳥の飛翔や人物の動きの連続写真を撮り、その動きを解析することで自らの研究に役立てた。 1882年頃マレーが捉えた飛翔するペリカン。彼は動作のいくつもの段階を一枚の写真に記録する方法を発見した.

新しい!!: 生理学とエティエンヌ=ジュール・マレー · 続きを見る »

エドワード・ティチェナー

エドワード・ティチェナー エドワード・ティチェナー(Edward Bradford Titchener、1867年 - 1927年)は心理学者。オックスフォード大学で哲学や生理学を学ぶ。ヴントの実験室に留学する。その後、アメリカに渡りコーネル大学の実験室を指導した。 ティチェナーの心理学はヴントの心理学を精密化した内観主義であった。ウィリアム・ジェイムズやジョン・デューイらによって創設された機能主義心理学によって、批判された。 Category:イギリスの心理学者 Category:コーネル大学の教員 Category:1867年生 Category:1927年没.

新しい!!: 生理学とエドワード・ティチェナー · 続きを見る »

エドワード・S・モース

ドワード・シルヴェスター・モース(Edward Sylvester Morse、1838年6月18日 - 1925年12月20日)は、アメリカの動物学者。標本採集に来日し、請われて東京大学のお雇い教授を2年務め、大学の社会的・国際的姿勢の確立に尽力した。大森貝塚を発掘し、日本の人類学、考古学の基礎をつくった。日本に初めて、ダーウィンの進化論を体系的に紹介した。名字の「モース」は「モールス」とも書かれる。.

新しい!!: 生理学とエドワード・S・モース · 続きを見る »

エドゥアルト・ヴェーバー

エドゥアルト・フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴェーバー(Eduard Friedrich Wilhelm Weber、1806年3月10日 - 1871年5月18日)は、ドイツの解剖学者・生理学者。神経系の生理に関する研究がある。長兄のエルンスト・ヴェーバーは心理物理学の基礎を築いた生理学者として、次兄のヴィルヘルム・ヴェーバーは電磁気学の単位を定めた物理学者として著名。 ヴィッテンベルクに生まれた。ハレ大学で医学を学び、1829年に卒業後しばらく開業した。その後1836年にライプツィヒ大学解剖執刀者、1847年に同大学助教授となった。 1825年の『波動説』ではエルンスト・ヴェーバーと共同で脈拍波動の速度を測定した結果から、ビシャが提唱した「脈拍はすべての動脈で同時である」という説を否定した。1845年にはナポリで開かれた学会で、カエルでの実験から迷走神経に電気刺激を加えると心臓の動きが抑制されることを報告した。これは神経系の作用によって自律運動が妨げられる現象の最初の観察例だった。 またヴィルヘルム・ヴェーバーとは共同で歩行運動に関する研究を行い、1836年に共著『Mechanik der menschlichen Gehwerkzeuge』を発表した。 Category:ドイツの生理学者 Category:ドイツの解剖学者 Category:19世紀の自然科学者 Category:ドイツの医師 Category:ライプツィヒ大学の教員 Category:1806年生 Category:1871年没.

新しい!!: 生理学とエドゥアルト・ヴェーバー · 続きを見る »

エドウィン・アストウッド

ドウィン・アストウッド(Edwin Bennett Astwood、1909年12月19日-1976年2月17日)は、バミューダ諸島出身のアメリカ人生理学者、内分泌学者である。内分泌器に関する彼の研究は、甲状腺機能亢進症の治療法に繋がった。1954年にアルバート・ラスカー基礎医学研究賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学とエドウィン・アストウッド · 続きを見る »

エウダモス (医者)

ウダモス(エウデモスとも、希:Εὔδαμος/Eύδημoς, ラテン文字転記:Eudamos/Eudemos)という名の古代のギリシア人の医者は複数人いる。業績の帰属など彼らを確実に区別するのは難しい。.

新しい!!: 生理学とエウダモス (医者) · 続きを見る »

エクステンション

テンション (extension).

新しい!!: 生理学とエクステンション · 続きを見る »

エコロジー

ーは、狭義には生物学の一分野としての生態学のことを指すが、広義には生態学的な知見を反映しようとする文化的・社会的・経済的な思想や活動の一部または全部を指す言葉として使われる。後者は英語のEcology movementやPolitical ecologyなどに相当する。以下の記事では主に後者の説明をする(狭義のエコロジーの説明は生態学を参照)。後者の内容は、「環境に配慮していそう」なファッションなどから、「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動、自然保護運動、「自然に帰れ」という現代文明否定論まで、きわめて広範囲にわたる。 エコロジーの省略形「エコ」は和製英語である。 本項目の生態学 (eco-logy) と経済 (eco-nomy) の双方の意味がかかっている。 環境と経済は双方に影響し合うという意味がある。.

新しい!!: 生理学とエコロジー · 続きを見る »

オリヴァー・スミティーズ

リヴァー・スミティーズ(Oliver Smithies、1925年6月23日 - 2017年1月10日)は、イギリス出身のアメリカ合衆国の遺伝学者、ノーベル生理学・医学賞受賞者。ゲル電気泳動法の開発、マリオ・カペッキとの組み換え遺伝子の相同組み換え法の開発によって知られる。これらによってノックアウトマウスの製作や遺伝子標的法の技術を確立した。.

新しい!!: 生理学とオリヴァー・スミティーズ · 続きを見る »

オレゴン大学

レゴン大学(University of Oregon 略 UO ユーオー)は、アメリカ合衆国オレゴン州ユージーン市に本拠地をおく、オレゴン大学システム(OUS)の中の公的研究機関及び4年制州立総合大学である。ワシントン大学と並び、北西部でアメリカ大学協会に加盟している大学である。.

新しい!!: 生理学とオレゴン大学 · 続きを見る »

オーガズム

ーガズム(Orgasm)・オルガスムス(Orgasmus)は、.

新しい!!: 生理学とオーガズム · 続きを見る »

オーギュスト・コント

ーギュスト・コント(Isidore Auguste Marie François Xavier Comte、1798年1月19日 - 1857年9月5日)は、フランスの社会学者、哲学者、数学者、総合科学者。1817年からアンリ・ド・サン=シモンの教えをうけ、助手を務めたこともあったが、1824年にけんか別れした。1841年から1847年までジョン・スチュアート・ミルと親交があった。「社会学」という名称を創始し、彼の影響を受けた英国のハーバート・スペンサーと並んで社会学の祖として知られる。『社会再組織に必要な科学的作業のプラン』、『実証哲学講義』、『通俗天文学の哲学的汎論』、『実証精神論』などの著作がある。生涯を在野の学者として過ごし、パリで死去した。.

新しい!!: 生理学とオーギュスト・コント · 続きを見る »

オットー・ワールブルク

ットー・ハインリッヒ・ワールブルク(Otto Heinrich Warburg、1883年10月8日 - 1970年8月1日)はドイツの生理学者、医師。.

新しい!!: 生理学とオットー・ワールブルク · 続きを見る »

オッディ括約筋

ッディ括約筋(オッディかつやくきん)とは、十二指腸下行部に開口する総胆管及び膵管の出口に当たる、大十二指腸乳頭周囲に存在する括約筋である。別名、胆膵管膨大部括約筋(たんすいかんぼうだいぶかつやくきん)とも呼ばれる。.

新しい!!: 生理学とオッディ括約筋 · 続きを見る »

オフィスマッサージ

フィスマッサージ(おふぃすまっさーじ、英Office Massage)とは、法人の従業員の心身の健康管理を目的とし、法人事業所内にて、あん摩マッサージ指圧師国家免許の取得者がマッサージを行うことである。.

新しい!!: 生理学とオフィスマッサージ · 続きを見る »

オウム目

ウム目(鸚鵡目、Psittaciformes、英語では Parrots)はおおよそ350種類、85属からなる鳥類の目のひとつで英語では psittacines としても知られており、インコ目(鸚哥目、音呼目)と呼ばれることもある。ほとんどの温暖な地域や熱帯地方で見ることができる。通常二つのグループに分類されており、それぞれインコ科(Psittacidae、true parrots)とオウム科(Cacatuidae、cockatoos)とよばれている。 オウム目に固有の特徴として、強靭な湾曲した嘴、直立した姿勢、強力な脚、そして鉤爪をもった対趾足の趾(あしゆび)などがあげられる。ほとんどのインコ科の鳥は全身が主に緑色で、部分的にほかの明るい色をしているが、中には多彩な色をした種類もある。オウム科の鳥ではその色彩はほとんど白からおおむね黒の範囲に及び、可動する羽根の冠(冠羽)をその頭頂部にもつ。ほとんどのオウム目の鳥は性的単型であるか最小限の性的二形である。 訳注:以下オウム目の鳥全般を指してインコと呼ぶ。これにはいわゆるインコとオウムのすべてが含まれる。 インコはカラス、カケス、カササギと並んで最も知能の高い鳥の一つであり、またその人の言葉をまねする能力からペットとして高い人気を博している。ペット売買を目的とした捕獲が、これ以外の狩猟、居住地の破壊および移入種との競合と同様に、野生の生息数の減少を引き起こしており、ほかのどんな種類の鳥のグループよりも多くのインコの種が絶滅の危機に瀕しているIUCN, Status Survey and Conservation Action Plan, 2000-2004, Parrots, Foreword 。 ほとんどのインコの食餌のなかで最も重要な構成要素は、種子、ナッツ、果実、花粉とその他の植物性の素材で、いくつかの種は昆虫や小動物も食べる。またヒインコは花や柔らかい果実から蜜や果汁を採食することに特化している。ほとんどすべてのインコが木の洞(飼育下では巣箱)に巣をかけ、白い卵をうみ、晩成の雛を孵す。 現存する種類では、その大きさはアオボウシケラインコ(Buff-faced Pygmy-parrot)の10g以下、8cmからスミレコンゴウインコ(Hyacinth Macaw)の体長1m、フクロウオウム(Kakapo)の体重4kgにまで及ぶ。かれらは体長という項目に関して最も変化に富んだ分類目の鳥である。 並外れたインコとしては性的二型性のオオハナインコ(Eclectus、雄は緑色で雌は赤色である)、飛行せずレック型繁殖行動を行うフクロウオウムなどがあげられる。カカ、ミヤマオウム、テンジクバタンはとりわけ湾曲の強い上嘴をもつ。.

新しい!!: 生理学とオウム目 · 続きを見る »

オキシリピン

リピン類の構造 オキシリピン(oxylipin)類は、少なくとも1段階の二酸素 (O2) 依存的酸化を含む経路によって脂肪酸から形成される酸素化天然物の一群である。オキシリピン類の多くは生理学的重要性を有する。 オキシリピン類は、植物、動物、菌類を含む好気性生物において広く見られる。典型的には、オキシリピン類は組織には貯蔵されず、要求に応じてエステル化体から前駆体脂肪酸が遊離することによって形成される。 オキシリピン類の生合成はジオキシゲナーゼあるいはモノオキシゲナーゼによって開始される。しかしながら、非酵素的自動酸化過程もオキシリピンの形成に寄与している(フィトプロスタン類、イソプロスタン類)。ジオキシゲナーゼは、リポキシゲナーゼ(植物、動物、菌)、ヘム依存的脂肪酸オキシゲナーゼ(植物、菌)、シクロオキシゲナーゼ(動物)を含む。脂肪酸ヒドロペルオキシドあるいはエンドペルオキシドはこれらの酵素の作用によって形成される。オキシリピン生合成に関与するモノオキシゲナーゼはシトクロムP450スーパーファミリーに属し、二重結合を酸化しエポキシドを形成したり、飽和炭素を酸化しアルコールを形成することができる。自然界ではオキシリピンを二次産物に代謝する数多くの酵素を進化させてきた。それらの多くは強い生物活性を有している。特に重要なのは動物におけるシトクロムP450(CYP5A1、トロンボキサンシンターゼ; CYP8A1、プロスタサイクリンシンターゼ)、植物・下等動物、バクテリアにおけるヒドロペルオキシド代謝酵素のCYP74ファミリーである。植物界および動物界では、C18およびC20多価不飽和脂肪酸がオキシリピン類の主要な前駆体である。 炭素数20の必須脂肪酸から合成されるためエイコサノイド(ギリシャ語で20を意味するイコサから)と呼ばれる動物におけるオキシリピン類は、例えば平滑筋(血管系、)や血小板に対して強力な拮抗作用を有する。あるエイコサノイド(ロイコトリエンB4およびC4)は炎症誘発性であるが、レゾルビンやプロテクチンなどは抗炎症性であり、組織損傷に続く消散過程に関与している。植物のオキシリピン類は主に個体発生や生殖過程の制御、様々な微生物病原体やその他の害虫に対する抵抗性に関与している。.

新しい!!: 生理学とオキシリピン · 続きを見る »

オステオパシー

テオパシー (Osteopathy)とは1874年にアメリカミズーリ州のカークスビル在住の医師アンドリュー・テイラー・スティル (Andrew Taylor Still)によって創始された。日本には、大正期にはカイロプラクティック(脊椎指圧療法)、スポンディロセラピー(脊椎反射療法)と同様にアメリカから導入され、指圧や整体など日本の手技療法に大きな影響を与え、共に「療術」と呼ばれていた。(このうちスポンディロセラピーは現在では衰退している。) オステオパシーはギリシア語のOsteon(骨)とPathos(病理、治療)の2つを語源とし、日本では整骨療法と呼ばれていたこともあるが(大正期には「整体術」「整体」とも訳されたようである)、骨のみを調整する手技とは異なり、骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、解剖学的あるいは生理学的な広範囲の医学知識の元に、手を使って治療を加える。現在ではオステオパシーとそのままで呼ぶ。しかし、単なる療法ではなく、オステオパシーとは、そのままでひとつの哲学であり、1.

新しい!!: 生理学とオステオパシー · 続きを見る »

カラーコーディネーター

ラーコディネーターは、主に住宅やホテル、レストランなどのインテリアや、ファッション、デパート、ショップの商品デザインやディスプレイ、建築、土木景観などで色彩、配色などについて助言をする専門家、コーディネーターのこと。カラーアドバイザー、カラーコンサルタントとも言う。.

新しい!!: 生理学とカラーコーディネーター · 続きを見る »

カルル・ダヴィドフ

ルル・ユーリエヴィチ・ダヴィドフ(ロシア語:Карл Юльевич Давыдов;ラテン文字表記の例:Karl Yulievich Davidov、1838年3月15日 - 1889年2月26日 モスクワ)は19世紀ロシア帝国の著名なチェリスト、作曲家、音楽教師。サンクトペテルブルク音楽院教授。チャイコフスキーから「チェロ界の帝王」と呼ばれた。.

新しい!!: 生理学とカルル・ダヴィドフ · 続きを見る »

カール・ルートヴィヒ・ハラー

ール・ルートヴィヒ・フォン・ハラー(Karl Ludwig von Haller、1768年8月1日-1854年5月20日)は、スイスの政治学者である。 国家を封建領主の私的なとする家産国家論を展開、封建秩序の維持を唱えた田中浩 日本大百科全書。 祖父は生理学者アルブレヒト・フォン・ハラー。.

新しい!!: 生理学とカール・ルートヴィヒ・ハラー · 続きを見る »

カール・ピーター・ヘンリク・ダム

ール・ピーター・ヘンリク・ダム(Carl Peter Henrik Dam、1895年2月21日 - 1976年4月17日)はデンマークの生化学者で生理学者。1929年にコペンハーゲン大学準教授に就任した。渡米して1942年から1945年までロックフェラー医学研究所で研究に従事し、1946年からデンマーク工科大学の生化学科教授を務めた。 彼はビタミンKの発見と人体におけるその働きの解明によりエドワード・アダルバート・ドイジーとともに1943年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。彼は、ニワトリにコレステロールを全く含まない食事を与える実験を行ってビタミンKの機能を解明した。ニワトリは数週間経つと出血が制御できないようになった。ダムは血液を凝固させるのに必要な成分を単離し、凝固ビタミンと呼んだ。このビタミンは、凝固を意味するドイツ語Koagulationsの頭文字を取ってビタミンKと呼ばれるようになった。 彼はコペンハーゲンで1895年に生まれ、1976年に亡くなった。.

新しい!!: 生理学とカール・ピーター・ヘンリク・ダム · 続きを見る »

カール・グスタフ・ユング

ール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung、1875年7月26日 - 1961年6月6日)は、スイスの精神科医・心理学者。ブロイラーに師事し深層心理について研究、分析心理学(ユング心理学)を創始した。.

新しい!!: 生理学とカール・グスタフ・ユング · 続きを見る »

カーディフ大学

ウェールズ語名Prifysgol Caerdydd。イギリスの研究重点大学から構成されるグループである、ラッセル・グループに所属。 2004年8月1日、ウェールズ大学College of Medicineとの合併を機にウェールズ大学より独立。現在はウェールズ大学の提携機関(Affiliated/Linked Institution)となっている。 それまではカーディフ大学の呼称を併せて使用しつつもウェールズ大学の構成大学として、同大学の学位を授与していたが、2004年の入学者より医学部を除きカーディフ大学(Cardiff University)の名前の下、学位を授与している。 ウェールズ大学からの独立以前はUniversity of Wales, CardiffやUniversity of Wales College, Cardiffと言う名称も使用されていた。 2013年1月より、として近隣に位置する研究重点大学との研究交流が強化されることが公式に発表された。イングランド南西部およびウェールズにおける研究重点大学である、カーディフ大学、ブリストル大学、エクセター大学、バース大学は「GW4」という名の下で、研究者同士の交流や共同研究を促進しつつある。 1980年代中盤より英国においては高等教育機関に対する競争的資金配分の枠組みが強化され、約5年おきに各大学の研究成果を評価する枠組み(Research Assessment Exercise)が導入・運用されてきた。2008年のRAEにおいて、同大学ビジネススクールは、ロンドンビジネススクール、インペリアルカレッジ、ケンブリッジ大学に次ぎ、第4番目にランクされた(全ての学術分野を総合した指標においては全英で22位にランクされた)。 2008年のRAE以降は、REF(Research Excellence Framework)という名称に変更され運用されている。2014年に発表されたREFの結果において同大学は、全ての学術分野を総合した指標においても、ビジネススクールとしても6位にランクされた。.

新しい!!: 生理学とカーディフ大学 · 続きを見る »

カッセル

ッセル (Kassel、1926年までは Cassel が公式な表記であった)は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州の都市。同州北部の大学都市で、フランクフルト・アム・マイン、ヴィースバーデンに次ぐヘッセン州第3位の都市である。 カッセルは歴史上、ヘッセンの首都の一つであり、1277年から1866年まで首都機能が置かれていた。この街は現在、同名の行政管区および郡の行政庁舎所在地(ただし郡には属さない郡独立市)である。また、ヘッセン州に10ある上級中心都市の一つである。 フルダ川の両岸に広がるカッセルは、国際的には特に、カッセルのヴァッサーシュピールが行われるハービヒツヴァルトのベルクパルク・ヴィルヘルムスヘーエ(直訳すると「山の公園ヴィルヘルムスヘーエ」)や1955年から 4、5年ごとに開催される芸術祭ドクメンタで知られている。このためカッセルは1999年3月から「ドクメンタ・シュタット」というニックネームを公式に称している。 カッセルの人口は1899年に10万人を超え、これにより大都市の仲間入りをした。現在()のカッセルの人口は 人である。.

新しい!!: 生理学とカッセル · 続きを見る »

カタ計

タ計(katathermometer, catathermometer、別名:カタ温度計、カタ寒暖計)とは、環境が人体を冷却する能力の指標であるカタ度(kata cooling power、別名:カタ値)を測定する特殊な温度計である。温度、湿度、風速などに左右される鉱山などの労働環境の快適性を見積もる測定器として1916年にイギリスの生理学者レナード・ヒル(Leonard Hill)によって考案された。カタ計は微風速計として利用された。.

新しい!!: 生理学とカタ計 · 続きを見る »

ガーナ大学

ーナ大学(University of Ghana)はガーナ国内の7つの公立大学の内最古・最大の大学。 1948年に University College of the Gold Coastとして設立され、ロンドン大学に学術プログラムなどの監修を受け、提携校となる。1961年に正規の大学(full university status)認可された。 学生数は42,000人。 人文科学、社会科学、基礎科学、農学、医学を初期から行っていたが(国の教育再編成計画の影響もあり)カリキュラムは科学技術分野、職業訓練分野や、大学院教育に拡大している。 大学は首都アクラから北東12kmのレゴン(Legon)地域にある。この他、コレブ(コレ・ブ、Korle bu)には医学校が、アクラには医学教育のための第二キャンパスがある。 1979年、日本の援助により、ガーナ大学医学部附属野口記念医学研究所が設立された。.

新しい!!: 生理学とガーナ大学 · 続きを見る »

ガイウス・プリニウス・セクンドゥス

イウス・プリニウス・セクンドゥス(Gaius Plinius Secundus、23年 – 79年8月24日)は、古代ローマの博物学者、政治家、軍人。ローマ帝国の属州総督を歴任する傍ら、自然界を網羅する百科全書『博物誌』を著した。一般には大プリニウスと呼ばれる。 甥に、文人で政治家のガイウス・プリニウス・カエキリウス・セクンドゥス(小プリニウス)がおり、養子としている。.

新しい!!: 生理学とガイウス・プリニウス・セクンドゥス · 続きを見る »

キネシオロジー

ネシオロジー(英;Kinesiology)とは、人間またはそれ以外の生物の身体の運動の科学的研究である。生理学的、生体力学的、心理学的な運動原理および運動機構を扱う。ヒューマン・キネシオロジーなど、キネシオロジーの人間の健康への適用には、生体力学・整形外科 - 体力とコンディション、スポーツ心理学、リハビリテーションの方法、スポーツとエクササイズ ‐ が含まれる。人間および動物の運動の研究には、モーショントラッキングシステムによる運動の調査、筋肉および脳の活動の電気生理学、生理学的機能を観察するための様々な方法、その他に、行動と認知を調べる技術が含まれている。 キネシオロジーという言葉は、ギリシャ語のκίνησις キネシス(kínēsis、動き)、λογία -ロギア(logia、研究・学問)から来ている。.

新しい!!: 生理学とキネシオロジー · 続きを見る »

ギャンブル依存症

ャンブル依存症(ギャンブルいそんしょう、ギャンブルいぞんしょう、英: Gambling addiction)は行為・過程アディクション(嗜癖障害)の一種で、ギャンブルの行為や過程に心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になること。.

新しい!!: 生理学とギャンブル依存症 · 続きを見る »

クリメント

リメント(キリル文字表記:Климент, ラテン文字表記:Kliment)は、スラヴ系の男性名。以下のスラヴ人の転写に用いられるほか、日本正教会ではクリミス(現代ギリシャ語: Κλήμης)・クレメンス(ラテン語: Clemens)に相当する諸聖人を「クリメント」と表記する。.

新しい!!: 生理学とクリメント · 続きを見る »

クリアランス (医学)

医学においてクリアランス(clearance)は腎臓などによる排泄能力の大きさを表す。クリアランスには腎臓以外の器官が関与していることもあるが、一般にクリアランスは腎クリアランスもしくは血漿クリアランスとほぼ同義に用いられる。個々の物質はろ過特性によって、固有のクリアランスを示す。クリアランスは、糸球体によるろ過、傍尿細管毛細血管からネフロンへの分泌、ネフロンから傍尿細管毛細血管への再吸収からなる機構である。.

新しい!!: 生理学とクリアランス (医学) · 続きを見る »

クリスティアン・ベルクマン

ール・ゲオルク・ルカス・クリスティアン・ベルクマン(Karl Georg Lucas Christian Bergmann, 1814年5月18日 - 1865年4月30日)は、ドイツの医師、解剖学者、生理学者、生物学者であり、ベルクマンの法則を提唱した。.

新しい!!: 生理学とクリスティアン・ベルクマン · 続きを見る »

クリスティアーン・エイクマン

リスティアーン・エイクマン(Christiaan Eijkman, 1858年8月11日ネイケルク - 1930年11月5日ユトレヒト)は、オランダの医師、生理学者、衛生学者。1898年からユトレヒト大学の教授を務めた。貧弱な食生活が脚気の原因になることを実証し、ビタミンの発見への道標を与えた。1929年、フレデリック・ホプキンズと共にノーベル生理学・医学賞を受賞。 エイクマンは脚気の研究のためにインドネシアへ赴いたが、脚気の原因を発見したきっかけは思いがけないものであった。研究室の何羽かのニワトリの餌を一時的に変えてみた所、症状が現れたことに気が付いた。彼はその後、玄米に含まれる特定の食事成分が精米には含まれていないことを断定した。 兄のヨハン・エイクマンは薬学者で、1877年から1885年まで日本政府のお雇い外国人として『日本薬局方』の制定など日本の薬学発展に貢献した。.

新しい!!: 生理学とクリスティアーン・エイクマン · 続きを見る »

クロール

ール(crawl)とは水泳の泳ぎ方の一つで、両手で交互に水をかき、両足を交互に上下に動かして泳ぐ泳法である。 英単語としての“crawl”は「腹ばいで進む」を意味し、泳いでいる時の姿勢がそのように見えるところから名付けられた。.

新しい!!: 生理学とクロール · 続きを見る »

クローディ・エニュレ

ーディ・エニュレ クローディ・エニュレ(Claudie Haigneré、1957年5月13日-)は、ソーヌ=エ=ロワール県ル=クルーゾ出身の医者、政治家、宇宙飛行士である。1985年から1999年までフランス国立宇宙研究センター、1999年から2002年まで欧州宇宙機関で勤めた。ソユーズTM-24、ソユーズTM-23、ソユーズTM-33、ソユーズTM-32に搭乗し、25日と14時間22分宇宙に滞在した。.

新しい!!: 生理学とクローディ・エニュレ · 続きを見る »

クロード・ベルナール

ード・ベルナール(Claude Bernard, 1813年7月12日 - 1878年2月10日)は、フランスの医師、生理学者。 クロード・ベルナール 「内部環境の固定性」と言う考え方を提唱。この考え方は後に米国の生理学者・ウォルター・B・キャノンによって「ホメオスタシス」という概念に発展させられた。また、1862年にルイ・パスツールと共に低温殺菌法の実験を行った。.

新しい!!: 生理学とクロード・ベルナール · 続きを見る »

グレゴール・ヨハン・メンデル

レゴール・ヨハン・メンデル(Gregor Johann Mendel、1822年7月20日 - 1884年1月6日)は、オーストリア帝国・ブリュン(現在のチェコ・ブルノ)の司祭。植物学の研究を行い、メンデルの法則と呼ばれる遺伝に関する法則を発見したことで有名。遺伝学の祖。 当時、遺伝現象は知られていたが、遺伝形質は交雑とともに液体のように混じりあっていく(混合遺伝)と考えられていた。メンデルの業績はこれを否定し、遺伝形質は遺伝粒子(後の遺伝子)によって受け継がれるという粒子遺伝を提唱したことである。.

新しい!!: 生理学とグレゴール・ヨハン・メンデル · 続きを見る »

グロース=ウムシュタット

ース=ウムシュタット (Groß-Umstadt) はドイツ連邦共和国ヘッセン州ダルムシュタット=ディーブルク郡に属す市。この市は、同郡東部の中級中心をなす。.

新しい!!: 生理学とグロース=ウムシュタット · 続きを見る »

ケネス・クーパー

ネス・H・クーパー (Kenneth H. Cooper, 1931年3月4日 - )は、アメリカの運動生理学者。 1967年、アメリカ空軍で、「有酸素運動」のプログラムとしてエアロビクスを提唱した。当初は宇宙飛行士の心肺機能トレーニングプログラムの一環として開発したものである。 1981年11月にクーパーが来日講演して、日本にエアロビクスを紹介した。それとともに日本国内で、空前のフィットネスブームが巻き起こされた。 クーパーは、ジョギングや自転車走行による運動などを推奨し、ウエイトトレーニングのような無酸素運動の効果を否定したが、しかし現在では、有酸素運動と無酸素運動を適宜組み合わせてトレーニングメニューとすることが推奨されている。有酸素運動を効果的に長時間続けるためには、適当な筋肉量が必要であり、ウエイトトレーニングの効果も再確認された。スポーツクラブでインストラクターが作成する運動メニューは、両者を組み合わせたものが普通である。 日本の宇宙飛行士である毛利衛も、宇宙空間における心肺機能トレーニングとしてエアロビクスを始めた。.

新しい!!: 生理学とケネス・クーパー · 続きを見る »

ケッテイ

ッテイ(駃騠)は、オスのウマとメスのロバの間に生まれるウマ科の雑種動物である。外見は、オスのロバとメスのウマの間に生まれたラバと似ている。.

新しい!!: 生理学とケッテイ · 続きを見る »

ゲータレード

ータレード(Gatorade)は、アメリカのストークリー・ヴァンキャンプ社(現在はペプシコ傘下)が製造・販売する清涼飲料水。スポーツドリンクの草分け的存在として知られる。日本では2015年までサントリーフーズがライセンス契約を結び、製造・販売を行っていた。 現在日本では生産されていないが、世界70か国以上で愛飲されており、2016年現在もスポーツドリンクの世界シェア1位である。.

新しい!!: 生理学とゲータレード · 続きを見る »

ゲオルギー・ロザノフ

ルギー・ロザノフ(Георги Лозанов, Georgi Lozanov、1926年7月22日 - 2012年5月6日)は、ブルガリアのソフィア生まれの医学博士(精神医学、心理療法、脳生理学、内科)、また、教育学者。サジェストロジーの提唱者、インテグラル・サイコセラピー、サジェストペディアの開発者。.

新しい!!: 生理学とゲオルギー・ロザノフ · 続きを見る »

ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン

旧大講堂 大学内の風景 ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン(Georg-August-Universität Göttingen, 略称:GAU)は、ドイツのニーダーザクセン州ゲッティンゲンに位置する大学。ドイツに9つあるエクセレントセンターの一つ。ハノーファー選帝侯ゲオルク・アウグスト(英国王としてはジョージ2世)によって1737年に設立された。大学名はこの創設者にちなむものである。ゲッティンゲン大学とも通称する。.

新しい!!: 生理学とゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン · 続きを見る »

コハク酸デヒドロゲナーゼ

ハク酸デヒドロゲナーゼ (succinate dehydrogenase, SDH)は、コハク酸をフマル酸へ酸化する酸化還元酵素である。コハク酸脱水素酵素とも。このとき同時にユビキノンなどのキノンを還元することから、コハク酸キノンレダクターゼ(succinate-quinone reductase, SQR)とも呼ばれる。クエン酸回路の8段階目の反応を担い、また呼吸鎖においては複合体II(Complex II)と呼ばれている。真核生物ではミトコンドリア内膜に、原核生物では細胞膜に固定されている酵素複合体である。。.

新しい!!: 生理学とコハク酸デヒドロゲナーゼ · 続きを見る »

コリン (栄養素)

リン(, )は、循環器系と脳の機能、および細胞膜の構成と補修に不可欠な水溶性の栄養素である。.

新しい!!: 生理学とコリン (栄養素) · 続きを見る »

コルネイユ・ハイマンス

ルネイユ・ハイマンス(Corneille Jean François Heymans、1892年3月28日 - 1968年7月18日)はベルギーの生理学者。 血圧や血液中の酸素の含量が体の各部でどのように認識され、大脳に情報が届けられるのかということを示し、1938年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。 ハイマンスは、フランデレン地域のヘントに生まれた。父親のジーン・ハイマンスの後を継ぎ、ベルギーのヘント大学の薬理学の教授となった。1929年に、博士号を持つバース・メイと結婚し、4人の子供に恵まれた。 1939年、彼はclimiteaと診断され、科学界から引退した。月の北方75.3° N, 144.1° Wの位置にあるクレーター「ハイマンス」は、彼の名前にちなんだものである。.

新しい!!: 生理学とコルネイユ・ハイマンス · 続きを見る »

コレステロール

レステロール (cholesterol) とは、ステロイドに分類され、その中でもステロールと呼ばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。1784年に胆石からコレステロールが初めて単離された。室温で単離された場合は白色ないしは微黄色の固体である。生体内ではスクアレンからラノステロールを経て生合成される。 コレステロール分子自体は、動物細胞にとっては生体膜の構成物質であったり、さまざまな生命現象に関わる重要な化合物である。よって生体において、広く分布しており、主要な生体分子といえる。また、化粧品・医薬品・液晶の原材料など工業原料としても利用される。 食物由来のコレステロールのほとんどは動物性食品に由来する。卵黄に多量に含まれる。そのため卵の摂取量はしばしば研究の対象となる。植物のフィトステロールは血漿中のコレステロール量を下げるとされる。 いわゆる「善玉/悪玉コレステロール」と呼ばれる物は、コレステロールが血管中を輸送される際のコレステロールとリポタンパク質が作る複合体を示し、コレステロール分子自体を指すものではない。善玉と悪玉の違いは複合体を作るリポタンパク質の違いであり、これにより血管内での振る舞いが変わることに由来する。これらのコレステロールを原料とする複合体分子が血液の状態を計る血液検査の指標となっている。.

新しい!!: 生理学とコレステロール · 続きを見る »

コンラート・ローレンツ

ンラート・ツァハリアス・ローレンツ(Konrad Zacharias Lorenz, 1903年11月7日 - 1989年2月27日)は、オーストリアの動物行動学者。英語風にコンラッド・ローレンツとも表記される。刷り込みの研究者で、近代動物行動学を確立した人物のひとりとして知られる。息子は物理学者のトーマス・ローレンツ。父より先に死去した。.

新しい!!: 生理学とコンラート・ローレンツ · 続きを見る »

シバリング

バリング(shivering)とは身震い等による体温調整を行う生理現象。 視床下部で調整されており、骨格筋をランダムに収縮させることにより熱産生を増加させる。.

新しい!!: 生理学とシバリング · 続きを見る »

シャルル・ロベール・リシェ

ャルル・ロベール・リシェ(Charles Robert Richet、1850年8月26日-1935年12月4日)はフランスの生理学者。1913年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。アレルギー研究の父でもある。.

新しい!!: 生理学とシャルル・ロベール・リシェ · 続きを見る »

シュリ・プリュドム

ュリ・プリュドム(1880年代) 『''Épaves''』に収められた詩『科学と詩(''Science et poésie'')』 ペール・ラシェーズ墓地にあるシュリ・プリュドムの墓 シュリ・プリュドム(フランス語:Sully Prudhomme、1839年3月16日 - 1907年9月6日)は、フランス・パリ出身の詩人、随筆家。 本名はルネ・フランソワ・アルマン(・シュリ)・プリュドム(René François Armand (Sully) Prudhomme)。 1865年に出版された処女作の詩集『詩賦集(Stances et Poèmes)』は同国のロマン主義を代表する詩人アルフォンス・ド・ラマルティーヌを髣髴させるような文体で、哀愁に満ちたその内容は「近代批評の父」と呼ばれた同国の文芸評論家であるシャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴから称賛され、文筆活動を行うきっかけになった。また『詩賦集』に収められた詩『壊れた花瓶(Le Vase Brisé)』は失恋をもとに壊れた心の優美な隠喩をうたっており、シュリ・プリュドムの作品を代表する詩になっている。 詩人としては高踏派に属したが翻訳家としても古代ローマの詩人、哲学者のルクレティウスが残した『』をフランス語に翻訳したりと、文学や科学、哲学の調和を図ろうとした業績が評価され、1901年に「高尚な理想主義と芸術的完成度の形跡、心情と知性の両方の資質の珍しい組み合わせを与える、詩的な構成物に対して」記念すべき第一回ノーベル文学賞を受賞した。初代ノーベル文学賞受賞者となったシュリ・プリュドムは獲得した賞金のほとんどを文学の協会に寄付し、1902年にはなど、文学の協会の創設に携わっている。 同国のジャーナリスト、政治家のが1881年に亡くなると、同年から1907年にかけてアカデミー・フランセーズの第14代座席番号24に就任し、シュリ・プリュドムの死後は同国の数学者アンリ・ポアンカレがその席に就いた。またアカデミー・フランセーズの会員に在籍中の1895年にはレジオンドヌール勲章のシュヴァリエが受勲されている。 甥に同国の画家、イラストレーターでコケットリーを風刺した絵で知られたを持ち、シュリ・プリュドムは生涯を孤独に過ごしたため、ジェルボーが唯一相続人として遺産を受け取っている。.

新しい!!: 生理学とシュリ・プリュドム · 続きを見る »

シュヴェービッシュ・グミュント

ュヴェービッシュ・グミュント (Schwäbisch Gmünd) は、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルト行政管区のオストアルプ郡に属す市である。州都シュトゥットガルトの東約 50 km の同州東部に位置しており、および周縁部に含まれる。本市は人口においても面積においてもレムスタール最大の都市である。人口については、オストアルプ郡でもオストヴュルテンベルク地方全体でもアーレンに次ぐ第2の都市であり、周辺地域の中規模中心都市となっている。シュヴェービッシュ・グミュント市は1956年から大規模郡都市に格付けられ、オストヴュルテンベルク地域連合の本部所在地となっている。 1805年から1934年まで本市は公式にはグミュントという名称であった。地元では引き続きこの名称が使われている。この市名は、多くの支流がレムス川に合流する (Gemünde) ことに由来する。.

新しい!!: 生理学とシュヴェービッシュ・グミュント · 続きを見る »

シラキュース大学

ラキュース大学(Syracuse University)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州シラキュースにある私立大学である。SU(エス・ユー)と略される。 また、ニューヨーク州ユーティカ市にある「Utica College」は1946年にシラキュース大学により設立された教養学部中心の私立大学である。1998年からは大学院も設置され、独立した大学ではあるが、学部の卒業生はシラキュース大学の学位が授与される。 School of Management(MBA)、USニュースなどで全米1位にランキングされるMaxwell School(行政学)、S.I. Newhouse School of Public Communications(通称ニューハウス:ジャーナリズム、マスコミ、メディア関連)をはじめ、合計12のschoolがある。樹々や芝生に囲まれた緑豊かな自然と格調高い建物が調和した美しいキャンパスを誇り、学生数は18,247人(内、学部生12,268人、大学院生5,181人、ロースクール798人)。日本人学生は大学全体で50人程度在籍している。毎年卒業式には有名人がゲストとして迎えられる。.

新しい!!: 生理学とシラキュース大学 · 続きを見る »

シッダ医学

ッダ医学(シッダいがく)とは、南インド、主にタミル地方に伝わる特有の医学である。インドには他にもユナニ医学、アーユルヴェーダなどの伝統医学が存在するが、その中でもシッダ医学は最も古いといわれ、その起源は1万2千年前から6千年前まで遡る。医学を発展させたうちの1人、ダンバントリは北インドのアーユルヴェーダを創設したといわれている。また、ドイツで発祥したホメオパシーもシッダ医学の文献をもとにしてできたといわれている。.

新しい!!: 生理学とシッダ医学 · 続きを見る »

シェレバングラ農科大学

ェレバングラ農科大学(シェレバングラのうかだいがく、শেরেবাংলা কৃষি বিশ্ববিদ্যালয়、Sher-e-Bangla Agricultural University)は、ダッカ・Sher-e-Bangla Nagarに位置するバングラデシュならびに南アジアで最も古い農業研究機関である。略称はSAU。1938年12月11日にベンガル農業研究所として設立され、後の2001年に大学へ昇格し、現在のシェレバングラ農科大学へと改称されたhttp://www.sau.edu.bd/about/history-a-act。 学部、大学院、Ph.Dコースが設置されている。.

新しい!!: 生理学とシェレバングラ農科大学 · 続きを見る »

システム生物学

テム生物学(システムせいぶつがく、システムバイオロジー、システムズバイオロジー、)は、システム工学の考え方や解析手法を生物学に導入し、生命現象をシステムとして理解することを目的とする学問分野。.

新しい!!: 生理学とシステム生物学 · 続きを見る »

ジャレド・ダイアモンド

ャレド・メイスン・ダイアモンド(Jared Mason Diamond, 1937年9月10日 - )は、アメリカ合衆国の進化生物学者、生理学者、生物地理学者、ノンフィクション作家。現在、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)社会科学部地理学科の教授。 著書『人間はどこまでチンパンジーか?』の中で「大躍進」(The Great Leap Forward)という言葉を用いたことでも知られる。.

新しい!!: 生理学とジャレド・ダイアモンド · 続きを見る »

ジャン・ポアズイユ

ャン=ルイ=マリー・ポアズイユ(Jean-Louis-Marie Poiseuille, 1797年4月22日 - 1869年12月26日)は、フランスの医師、物理学者・生理学者である。流体力学の分野で層流流れに関するハーゲン・ポアズイユ流れを導いたことで知られる。粘度のCGS単位系の粘度の単位ポアズはポアズイユの名に因んでいる。 パリで生まれた。エコール・ポリテクニークで物理学と数学を学んだ。円筒管内部を流れる、非圧縮性の粘性流体の層流流れについて1838年に実験し、1840年にハーゲン・ポアズイユ流れを、ゴットヒルフ・ハーゲンとは独立に導いた。 これは生理学の分野では毛細管中の血液の流れなどの研究に役立つものである。.

新しい!!: 生理学とジャン・ポアズイユ · 続きを見る »

ジャック・レーブ

ャック・ローブ、ジャック・レーブ(Jacques Loeb, 1859年4月7日 - 1924年2月11日)は、アメリカ合衆国の生理学者、生物学者。ドイツのコブレンツ近郊マイエン生まれ。一般生理学、比較生理学の地位の確立者。 ベルリン、ミュンヘン、ストラスブールの大学で学んだ。1886年にヴュルツブルク大学で生理学部のアシスタントとなった。1892年にはシカゴ大学に招聘されて、米国に渡った。1899年からシカゴ大学で生理学と実験生物学の教授を務めた。ウッズホール海洋生物学研究所の研究者の一人。.

新しい!!: 生理学とジャック・レーブ · 続きを見る »

ジョン・メーヨー

ョン・メーヨー(John Mayow、1640年5月24日 - 1679年9月)は、イギリスの医者・化学者・生理学者。.

新しい!!: 生理学とジョン・メーヨー · 続きを見る »

ジョン・ユドキン

ョン・ユドキン(John Yudkin、1910年8月8日-1995年7月12日)は、イギリスの生理学者であり栄養学者である。クイーン・エリザベス大学の栄養学の教授であった。体重減少を希望する者に低炭水化物食を勧めたことと、砂糖を過剰に消費することは健康に悪いと警告したことにより、世界的な名声を博している。 ユドキンは、1931年に20歳でケンブリッジ大学の生化学科を卒業した。1943年に同大より医学博士号を得た。ユドキンの関心は、肥満の治療と、砂糖を摂りすぎた場合の害にあった。当時、脂肪の過剰摂取が心臓病の原因であると考えられていたが、食事が改善され脂肪摂取量が減っても心臓病は増え続けていた。ユドキンは、過剰な砂糖は肥満の原因となるだけでなく、冠動脈疾患の原因となると考えた。ユドキンは1972年に、それまでの証拠を集めて「純白、この恐ろしきもの-砂糖の問題点」という本を書いた。1986年にその本の改訂版を出した。 ユドキンは、政治情勢の悪化でベルリンを離れていたMilly Himmelweitと、1933年に結婚した。結婚は、1995年に彼女が死亡するまで続いた。彼らの間には3人の息子がある。Michael (1938年生)、 Jonathan (1944年生、2012年没)、 Jeremy (1948年生)である。 カリフォルニア大学のロバート・ラスティグ教授 Robert H. Lustig は、「」というUCTVの動画の中で、ユドキン博士の業績をたたえた(2009年)。この動画は480万ビューを超えている。.

新しい!!: 生理学とジョン・ユドキン · 続きを見る »

ジョン・ブラウン (医師)

ョン・ブラウン(John Brown、1735年 – 1788年10月17日)は、スコットランドの医師である。病気は外部からの刺激の過不足によって起こるとする「ブラウニズム」と呼ばれる医療体系を提唱した。.

新しい!!: 生理学とジョン・ブラウン (医師) · 続きを見る »

ジョン・スコット

ョン・スコット(John Scott).

新しい!!: 生理学とジョン・スコット · 続きを見る »

ジョン・C・エックルス

ョン・カリュー・エックルス(ジョン・カルー・エクルズ、John Carew Eccles 、1903年1月27日 - 1997年5月2日)は、オーストラリアのメルボルン生まれの神経生理学者。.

新しい!!: 生理学とジョン・C・エックルス · 続きを見る »

ジョヴァンニ・ボレリ

ョヴァンニ・ボレリ(Giovanni Alfonso Borelli、1608年1月28日 - 1679年12月31日)は17世紀イタリアの物理学者、生理学者である。天体の運動理論や、骨と筋肉による動物の運動の理論の基礎を築いた。 ナポリに生まれた。ピサ大学で数学を研究し、フィレンツェで物理と天文学を学んだ。1649年メッシーナで、1656年ピサ大学の数学の教授となった。1666年、Theorica mediceorum planetarum ex causis physicis deducta(『物理的原因から導かれたメディチの星の理論』)を出版し、フランスの学者イスマエル・ブーリオーの幾何理論の助けを受けて、惑星の軌道が楕円軌道となる理由を説明した。 没後の1880年に出版されたmotu animalium(『動物の運動』)で、動物の運動を力学的に説明することを試みた。 1674年ローマに移り、退位したスウェーデン女王クリスティーナの保護をうけた。.

新しい!!: 生理学とジョヴァンニ・ボレリ · 続きを見る »

ジョージ・ロマネス

ョージ・ジョン・ロマネス(George John Romanes 1848年3月19日-1894年3月23日)はカナダ生まれのイギリスの進化生物学者、生理学者。比較心理学の基盤を作り、ヒトと動物の間の認知プロセスと認知メカニズムの類似性を指摘した。姓はロマーニズとも表記される。 彼はチャールズ・ダーウィンの学問上の友人の中でもっとも若かった。進化に関する彼の見解は歴史的に重要である。彼は新たな用語「ネオダーウィニズム」を提唱した。それはダーウィニズムの現代的に洗練された新たな形を指す用語として、今日でもしばしば用いられている。ロマネスの早すぎる死はイギリスの進化生物学にとって損失であった。彼の死の6年後にメンデルの研究は再発見され、生物学は新たな議論の方向へ歩み出した。.

新しい!!: 生理学とジョージ・ロマネス · 続きを見る »

ジョージ・フィリップ・ウェルズ

ョージ・フィリップ・ウェルズ(George Philip Wells, 1901年7月17日 - 1985年9月27日)は、イギリスのサイエンス・フィクション作家H・G・ウェルズの息子であり、動物学者・著作家であった。"The Science of Life"は彼と、父およびジュリアン・ハクスリーの共著である。アウンドル・スクール(Oundle School)の生徒であった彼は、イギリスの学校で現代語としてロシア語を学んだ最初の学級に所属していた。彼は1920年に父のソビエト連邦訪問に同行し、ロシア語の通訳を務め、また動物学を学ぶロシア人学生たちと意見交換を行なった。彼はケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへの入学時には総代を務め、また一年生のうちは首席の学生であった。 G・P・ウェルズは比較生理学者として、無脊椎動物の門の幾つかを研究対象とした。彼は、それらの動物の、海水の塩分濃度やイオンバランスの変化に対する耐久力を測定し、また陸生腹足類の水分生理について分析を行なった。 経歴の後半、彼はユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン動物学部の教員であり、最終的には教授となった。彼の動物学的知識は極めて広範に渡り、その主たる研究は多毛綱トゴカイ目タマシキゴカイ科のArenicolaに関するものであった。彼は巧妙な手法によってその生態を観察し、その行動の多くを司る律動が食道で起きていることを明らかにした。そのような自発的な律動活動は多毛類の多くで見られる。 彼はその愛称「ジップ」("Gip")でも広く知られており、この名前は父の短編小説「魔法の店」(The Magic Shop)にも登場する。彼は1955年に王立協会のフェローに選出された。.

新しい!!: 生理学とジョージ・フィリップ・ウェルズ · 続きを見る »

ジョージ・H・ウィップル

ョージ・H・ウィップル(George Hoyt Whipple、1878年8月28日 - 1976年2月1日)はアメリカ合衆国の内科医で医学者で医学教育者。ウィップルは、貧血に対する肝臓療法の発見の業績により、ジョージ・リチャーズ・マイノット、ウィリアム・P・マーフィとともに1934年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。.

新しい!!: 生理学とジョージ・H・ウィップル · 続きを見る »

ジョセフ・アーランガー

ョセフ・アーランガー(Joseph Erlanger、1874年1月5日 - 1965年12月5日)はアメリカ人の生理学者、医師。神経線維の様々なタイプを発見して、ハーバート・ガッサーとともに1944年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。 カリフォルニア州サンフランシスコで生まれ。1899年、ジョンズ・ホプキンス大学医学部卒業。1904年にジョンズ・ホプキンス大学準教授となる。ウィスコンシン大学マディソン校教授、セントルイス・ワシントン大学教授を歴任。ミズーリ州セントルイスで死去した。.

新しい!!: 生理学とジョセフ・アーランガー · 続きを見る »

ジークムント・フロイト

ークムント・フロイト(、1856年5月6日1939年9月23日)は、オーストリアの精神医学者、精神分析学者、精神科医。オーストリアのモラヴィア辺境伯領のユダヤ人の家庭に生まれた。神経病理学者を経て精神科医となり、神経症研究、心的外傷論研究(PTSD研究)、自由連想法、無意識研究を行い、さらに精神力動論を展開した。精神分析学の創始者として知られる。 非常に詳細で精密な観察眼を示す症例報告を多数残した。それらは、現在においても次々と新しい角度から研究されている。フロイトの提唱した数々の理論は、のちに弟子たちによって後世の精神医学や臨床心理学などの基礎となったのみならず、20世紀以降の文学・芸術・人間理解に広く甚大な影響を与えた。弟子たちは、フロイトの考え方のどこかしらを批判した上でこれを受け継ぎ、様々な学派に分岐し、それぞれ独自の理論を展開していった。現代思想、特に大陸哲学、フランス現代思想の哲学者(ジャック・ラカン、ジャック・デリダ、フェリックス・ガタリなど多数)に大きな影響を与え、精神分析を基調とする哲学の創始者とされる。人間が意識していないいわゆる「無意識」を初めて扱ったフロイトの精神分析は、「無意識の哲学」として非常に重要なものであり、精神分析を広く援用する大陸現代思想に大きな影響を及ぼした。 フロイトは精神科医であり、精神医学(そのなかで彼が創始した精神分析学)の研究者・学者である。他方、フロイトが「心理学者」であるか否かは「心理学」という語をどのように定義するかによって異論が存在するが、少なくともフロイト自身は著作の中で自分を心理学者だと述べている。現代思想、哲学を解説する書物では広義の哲学者とされることもある。 タビストック・クリニックには銅像が作られた。.

新しい!!: 生理学とジークムント・フロイト · 続きを見る »

ジーザス (漫画)

『ジーザス』 (JESUS) は、原作:七月鏡一・作画:藤原芳秀による日本の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて1992年43号から1995年20号まで連載された。単行本は全13巻、ワイド版と文庫本は全7巻が刊行されている。話数カウントは「Lesson.○」。.

新しい!!: 生理学とジーザス (漫画) · 続きを見る »

ジェネンテック

ェネンテック inc (Genentech inc.) は、アメリカカリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くバイオベンチャー企業のパイオニアである。 バイオベンチャーとしてはアムジェンに次ぐ世界二位の売上規模を誇り、日本最大の製薬会社である武田薬品工業を上回る。 1990年からロシュ傘下にあったが、2009年に総額468億ドルで完全子会社化された(2002年に中外製薬もロシュ傘下になった)。.

新しい!!: 生理学とジェネンテック · 続きを見る »

ジェリーフィッシュレイク

ェリーフィッシュレイク(Jellyfish Lake、Ongeim'l Tketau)は、パラオ共和国のマカラカル島(Eil Malk島)に存在する塩湖。マカラカル島はコロール島とペリリュー島の間に位置し、200-300の無人島からなるロックアイランドを構成する島の一つである。ロックアイランドには約70の塩湖があるが、ジェリーフィッシュレイクはその中で最も有名な観光地の一つで、数百万匹ものクラゲが湖を周期的に回遊することで知られている。 ジェリーフィッシュレイクは中新世の石灰岩によって作られた亀裂およびトンネルを通じて、外海と連絡している。しかし生物の往来を妨げるには充分なほど隔絶されており、生物の種多様性は隣接するラグーンよりもはるかに少ない。生息するクラゲの1種(Mastigias cf.

新しい!!: 生理学とジェリーフィッシュレイク · 続きを見る »

スポーツ科学

ポーツ科学(スポーツかがく、英語:sports science)とは、スポーツを考察の対象とした学問の総称である。「科学」の指し示す内容によって、自然科学的領域のみに限定する場合や、自然科学的領域に加え、人文科学・社会科学的領域をも含める場合もある。後者においてはスポーツ学と呼ばれることもある。.

新しい!!: 生理学とスポーツ科学 · 続きを見る »

スヴァンテ・アレニウス

ヴァンテ・アウグスト・アレニウス(アレーニウス、Svante August Arrhenius, 1859年2月19日 - 1927年10月2日)は、スウェーデンの科学者で、物理学・化学の領域で活動した。物理化学の創始者の1人といえる。1903年に電解質の解離の理論に関する業績により、ノーベル化学賞を受賞。アレニウスの式、月のクレーター Arrhenius、ストックホルム大学の研究所名などに名を残している。.

新しい!!: 生理学とスヴァンテ・アレニウス · 続きを見る »

スーザン・ブラックモア

ーザン・ブラックモア(英: Susan Blackmore、1951年7月29日 - )は、イギリスの心理学と超常現象に関するフリーランスの作家。著作『ミーム・マシーンとしての私』で知られる。.

新しい!!: 生理学とスーザン・ブラックモア · 続きを見る »

ステファノ・サンドローネ

テファノ・サンドローネ(1988年生まれ)はイタリア人の神経科学者。ロンドン大学インペリアルカレッジの特別研究員.

新しい!!: 生理学とステファノ・サンドローネ · 続きを見る »

スティーヴン・ヘールズ

ティーヴン・ヘールズ(英語: Stephen Hales、1677年9月17日 - 1761年1月4日)は、イングランド共和国ケント出身の生理学者、化学者、物理学者、発明家。本職は牧師であった。.

新しい!!: 生理学とスティーヴン・ヘールズ · 続きを見る »

スケルタルアニメーション

ルタルアニメーションは日本ではしばしばボーンアニメーション、またスキンドメッシュアニメーションとも呼ばれるキャラクターのコンピュータアニメーションに用いられる技術である。骨格(ボーン)を階層的に連結したモデルであるスケルトンを艤装し、それを所定の姿勢(キーフレーム)へとアニメーションさせ、それに従いキャラクターの表面構成点群の位置を追従させ描画する事でキャラクターのアニメーションを実現する。この技術は人間をはじめ多くの一般的な生物的なモデルへ適用でき、一度アニメーションを作成すれば同様のアニメーションを任意のオブジェクトへ適用し、その形状を変化させる事が可能であり、スプーンや建築物のモデルもスケルトンさえ定義すればアニメーションを即座に適用可能である。 この技術を使用してアニメーションを作成するユーザーに対してはシンプルなユーザーインターフェースを提供可能だが、その内部実装にはやや複雑なアルゴリズムと膨大な幾何制御が必要となる。特に、逆運動学(インバースキネマティクス)は必要不可欠な重要な要素技術の1つである。原理的には骨格を実際の解剖学的構造や物理的な過程を模倣しながら動かし、キャラクターを構成するメッシュデータを骨格に追従する様に変形する事でアニメーションを実現する。.

新しい!!: 生理学とスケルタルアニメーション · 続きを見る »

スタンレー・シャクター

スタンレー・シャクター(Stanley Schachter, 1922年 - 1997年)は、アメリカの心理学者。実験社会心理学の発展に寄与し、情動の二要因理論の提唱で知られる。ニューヨーククイーンズ区出身。1961年からコロンビア大学で社会心理学の教授を務めた。 人間が情動経験をする場合について、ウィリアム・ジェームズとランゲは生理的変化によって情動変化が起こると唱え、それについてキャノンとバードが情動経験と生理的変化は別経路で同時的に起こるのだという説を展開した。これらの説はともに生理的変化にのみ情動経験の原因を見出しているが、果して生理的変化のみが情動原因であるのか、疑問だと考え、それについての実験を行ったのがこのシャクターである。 理解し易く説明すれば、ランゲ曰くドキドキしたからAさんを好きになったと言うのに対し、キャノンとバードは好きなのもドキドキするのも両方あるから好きだと感じているのだという説を唱えたが、シャクター的にはAさんの優しい行動や親切さ、見た目の良さやお金持ちだといった情報も、好きだという気持ちに関わっているのだ……と説明するという意味である。 Category:アメリカ合衆国の心理学者 Category:社会心理学者 Category:コロンビア大学の教員 Category:ユダヤ系アメリカ人 Category:ニューヨーク市出身の人物 Category:1922年生 Category:1997年没.

新しい!!: 生理学とスタンレー・シャクター · 続きを見る »

スターリング

ターリン.

新しい!!: 生理学とスターリング · 続きを見る »

セントラルサイエンス

・セントラルサイエンス(the central science)というのは、化学の呼称のひとつで、自然科学の中での化学の位置や重要性を示すためのものである。 (英語圏で)化学がしばしばthe central scienceと呼ばれるのはそれが自然科学を結びつける役割を果たしているからである。ここで言う自然科学には化学自体の他に生命科学や、医学・工学のような応用科学が含まれる。この関係がどういうものであるかは化学の哲学及び科学計量学の主な議題の一つである。このセントラルサイエンスという言葉は、セオドア・L・ブラウンおよびH・ユージンが書いた、1977年初版で2011年までに12版を数える教科書Chemistry: The Central Science(『化学: ザ・セントラルサイエンス』)で使われたため人々の間に広まった。 化学が中心的な役割を果たしていることはオーギュスト・コントによる科学の体系的・階層的な分類に見出せる。その分類では各分野が、後続の領域の より一般的な枠組みを提供している(数学 → 天文学 → 物理学 → 化学 → 医学・生理学 → 社会科学)。より最近になってバラバンとクラインが科学の順序を示す図式を提案した。その図式の中で化学は重要な分岐点に位置するため「セントラルサイエンス」だと言える。ただし、こういった結びつきを形成する中で、より下流に位置する分野は上流に位置する分野に完全には還元できない。より上流に位置する科学の分野には存在しない概念やアイディアを下流の分野が有することが知られている。 原子、陽子、電子といった粒子や、粒子の運動とみなされる熱運動などを支配する物理学的法則の理解の上にこそ化学は構築される。しかし、化学は「量子力学に完全に『還元』する」のは不可能であることが示されている。元素の周期性や化学における化学結合といった概念は物理学的に定義された根底をなしている力以上のものである。 同様に、生命を担う機構が分子より成るにもかかわらず、生物学は完全には化学に還元できない。例えば、進化の機構は生物において遺伝を担っているDNAの塩基対のレベルでの突然変異であると理解することで、進化の機構は化学の術語で記述されうる。しかし化学では進化の過程を完全に記述することはできない、というのは化学には、進化の制御を担う自然選択の概念が含まれていないからである。科学が生物の基盤になるというのは、生物を構成する分子を研究・理解する方法論を化学が提供するからである。 化学により形成される結びつきは複数の科学的分野の概念を使用する下位分野を通じて形成される。化学と物理学はどちらも物理化学、核化学、理論化学の領域で必要とされる。化学と生物学は生化学、医薬品化学、分子生物学、ケミカルバイオロジー、分子遺伝学、免疫化学といった領域で交差する。化学と地球科学は地球化学や水文学といった領域で交差する。.

新しい!!: 生理学とセントラルサイエンス · 続きを見る »

セント=ジェルジ・アルベルト

ント=ジェルジ・アルベルト(Nagyrápolti Szent-Györgyi Albert 、1893年9月16日 - 1986年10月22日)は、ハンガリー出身のセーケイ人でアメリカ合衆国に移住した生理学者。ビタミンCの発見などにより、1937年度ノーベル生理学医学賞を受賞。筋肉の研究などでも知られる。ハンガリー語では、姓は発音上はtが脱落してセンジェルジのように発音される。英語やドイツ語などでは名-姓の順に、Albert Szent-Györgyi あるいは Albert von Szent-Györgyi Nagyrápolt とも表記される。.

新しい!!: 生理学とセント=ジェルジ・アルベルト · 続きを見る »

タマム・シュッド事件

タマム・シュッド事件(the Tamam Shud Case) 、または「タマン・シュッド事件」(the Taman Shud Case)は、1948年12月1日午前6時30分頃、オーストラリア南オーストラリア州のアデレードの南、のソマートン公園(Somerton Park)の海岸で、身元不明の男性の遺体が発見された事件。 事件は、遺体のズボンの隠しポケットから見つかった紙片に、ペルシア語で「終わった」「済んだ」という意味を表す「タマム・シュッド("Tamám Shud")」という語句が記されていたことに因み名づけられた 11世紀ペルシアの詩集『ルバイヤート』の最後の語句 "Tamám Shud" (تمام شد) にちなむが、2通りの呼称があるのは、最初に事件を報じた新聞が誤って "Taman Shud" と伝え、それがその他の報道にも引き継がれたためと推測される。ペルシア語のتمام tamám は「終わり」を意味する名詞、شد shud は過去時制を表す接辞であり、全体で「終わった」、「済んだ」という意味になる。。この紙片は、11世紀ペルシアの詩集『ルバイヤート』のある版本から、最後の頁の語句が破り取られたものであることが判明している。遺体発見当初、グレネルグ在住の男性が、自分の車の後部座席にその本が置かれているのを発見し、警察の呼びかけに応じてその本を供出した。本には他に、電話番号のような数字も記されていた。遺体で発見された男性は「ソマートン・マン(the Somerton Man)」の通称で呼ばれ、現在も身元が判明していない。 発生当時から「オーストラリアの最も深い謎の1つ」とされThe Advertiser,, 10 June 1949, p. 2、推理の対象となってきた。 冷戦期の緊張が高まっていた時代に発生した事件であり、暗号めいた遺留品、特定できない毒物、正体不明の犠牲者、そして報われない恋愛劇の可能性等の様々な要因により、依然事件に対する世間の関心は高い。 オーストラリア国内でも大々的に捜査が行われ、海外でも報道された。警察が遺体の身元特定の手掛かりを得るために資料を広く国外にも公開したうえ、外国政府機関にも協力を呼び掛けたためである。.

新しい!!: 生理学とタマム・シュッド事件 · 続きを見る »

タラットスクス亜目

タラットスクス亜目(タラットスクスあもく)とはジュラ紀前期から白亜紀前期にかけて生息したワニ目のうち、海生種と半海生種からなるグループである。そのため、このグループは俗に海ワニ(英語ではmarine crocodilesやsea crocodiles)と呼ばれる。ワニ目の中でも水中生活によく適応した分類群であり、一部の種はサメのような尾鰭と鰭状の手足を発達させ、完全な水中生活へと移行した。.

新しい!!: 生理学とタラットスクス亜目 · 続きを見る »

タウリン

記載なし。

新しい!!: 生理学とタウリン · 続きを見る »

サミュエル・アレクサンダー・キニア・ウィルソン

ミュエル・アレクサンダー・キニア・ウィルソン (1878年12月6日-1937年5月12日)は、米国生まれの英国の神経学者。彼が研究していた肝レンズ核の変性による疾患が、後に彼の名にちなんでウィルソン病と名づけられた。彼は英国のアッシリア学者、ジェームス・キニア・ウィルソンの父親でもある。 .

新しい!!: 生理学とサミュエル・アレクサンダー・キニア・ウィルソン · 続きを見る »

サル目

霊長目(れいちょうもく、Primates)は、哺乳綱に含まれる目。サル目(サルもく)とも呼ばれる。キツネザル類、オナガザル類、類人猿、ヒトなどによって構成され、約220種が現生する。 生物学的には、ヒトはサル目の一員であり、霊長類(=サル類)の1種にほかならないが、一般的には、サル目からヒトを除いた総称を「サル」とする。.

新しい!!: 生理学とサル目 · 続きを見る »

サントーリオ・サントーリオ

ントーリオ・サントーリオ(Santorio Santorio、1561年3月29日 コペル - 1636年2月22日 ヴェネツィア)は、イタリアの医師、生理学者。 ヴェネツィア貴族の出身。パドヴァ大学で医学を学び、ヴェネツィアで開業、ポーランド王の侍医を務め、パドヴァに戻り、1611年パドヴァ大学の教授になる。体温計、脈拍計などを開発した。 秤の上で食事するサントーリオ サントーリオは医学に定量的な計測を行うことを始めた。 1602年に彼は脈拍数を測定するために振り子を使った。ガリレオ・ガリレイとの議論に触発されたと思われる。代謝量を計測するために、図のように秤の上で過ごした。.

新しい!!: 生理学とサントーリオ・サントーリオ · 続きを見る »

サーディー・ウルマク

マフムート・サーディー・ウルマク(Mahmut Sadi Irmak, 1904年5月15日‐1990年11月11日)は、トルコの政治家、生理学者。1974年から翌年にかけて、第38代トルコ共和国首相を務めた。.

新しい!!: 生理学とサーディー・ウルマク · 続きを見る »

サブラクセーション

ブラクセーション(subluxation)とは、カイロプラクティックにおいて関節面の接触が保たれつつ、運動分節の配列、動きの一貫性さらには生理学的機能が変化している状態を指す。英語ではsubluxationと綴るが、これは医学的な直訳の意味である亜脱臼とは異なり、カイロプラクティック独特の用語である。一般に医学的な脱臼はdislocation、Joint dislocationと呼ばれることが多い。 神経、筋肉、人体、血管および結合組織の複雑な作用によって起こる運動分節機能異常の理論を「複合サブラクセーション」という。またこれらの病理学的もしくは機能異常的な徴候や症状を一まとまりに、「サブラクセーション症候群」と呼ぶ。 まだ科学がそれほど発展していなかった20世紀初頭のカイロプラクターの間では、「サブラクセーションは、一つの椎骨が上下の関係において正常な位置より変位しているために神経圧迫を起こし、脳からの神経エネルギーの伝達を妨害し病気が起こる」と考えられていた。現在の研究では神経圧迫論よりも体性体性反射、体性内臓反射、内臓体性反射など反射を基軸とした生理学的な解明が進んでいる。 2010年、イギリスのGCC(General Chiropractic Council)の出したレポート によると、イギリスでは事実上サブラクセーションという概念は無くなり、記録を取る時および実際に保険会社に請求する時にはサブラクセーションという言葉を使用することができなくなった。記述する時には歴史上の言葉として使う以外は認められなくなったとされている。GCCがこの結論に至ったのはAn epidemiological examination of the subluxation construct using Hill’s criteria of causationというレポートの影響が大きいと言われている。.

新しい!!: 生理学とサブラクセーション · 続きを見る »

サピア=ウォーフの仮説

ピア=ウォーフの仮説(サピア=ウォーフのかせつ、Sapir-Whorf hypothesis、SWH)は、「どのような言語によってでも現実世界は正しく把握できるものだ」とする立場に疑問を呈し、言語はその話者の世界観の形成に差異的に関与することを提唱する仮説。言語相対性仮説とも呼ばれる。エドワード・サピアとベンジャミン・リー・ウォーフの研究の基軸をなした。.

新しい!!: 生理学とサピア=ウォーフの仮説 · 続きを見る »

サイバネティックス

イバネティックス(cybernetics)または人工頭脳学(じんこうずのうがく)は、通信工学と制御工学を融合し、生理学、機械工学、システム工学を統一的に扱うことを意図して作られた学問。語源は、ギリシャ語で「(船の)舵を取る者」を意味するキベルネテス(Κυβερνήτης)。第二次世界大戦の後、ノーバート・ウィーナーによって提唱された。当時はまだ情報理論の発展する前であり、自動制御とフィードバックがそれぞれ発展しても、両方の関連を認識することにすら年数を要した、という時代であった。.

新しい!!: 生理学とサイバネティックス · 続きを見る »

サイバー

イバーは、.

新しい!!: 生理学とサイバー · 続きを見る »

サイバーパンク

イバーパンク(Cyberpunk)とは、1980年代に成立・流行したサイエンス・フィクションのサブジャンル、もしくは特定の運動、思想をさす。 代表的作家としては、ウィリアム・ギブスンがあげられる。.

新しい!!: 生理学とサイバーパンク · 続きを見る »

哲學大辭書

哲學大辭書(てつがくだいじしょ、)は、『大日本百科辭書』に属する一編であり哲学・心理学に関連する分野の項目を編纂した日本の百科事典である。 また各項目の終わりには執筆者の名前も掲載されている。初版初刷の価格は1冊あたり4円50銭(計31円50銭)である。.

新しい!!: 生理学と哲學大辭書 · 続きを見る »

唯物論

唯物論(ゆいぶつろん、Materialism、Materialismus)とは、 観念や精神、心などの根底には物質があると考え、それを重視する考え方岩波 哲学・思想事典 p.1616【唯物論】。 対義語は観念論(イデアリズム、Idealism)で、精神のほうが根源的で、物質は精神の働きから派生したとみる。.

新しい!!: 生理学と唯物論 · 続きを見る »

唾液

唾液(だえき、saliva)は、唾液腺から口腔内に分泌される分泌液である。水、電解質、粘液、多くの種類の酵素からなる。唾液は、唾液腺より分泌される。正常では1日に1-1.5リットル程度(安静時唾液で700-800ミリリットル程度)分泌される阿部, p.204。成分の99.5%が水分であり、無機質と有機質が残りの約半分ずつを占める阿部, p.206。 デンプンをマルトース(麦芽糖)へと分解するアミラーゼを含む消化液阿部, p.210として知られる他、口腔粘膜の保護や洗浄、殺菌、抗菌阿部, pp.211-213、排泄阿部, pp.210-211などの作用を行い、また緩衝液としてpHが急激に低下しないように働くことで、う蝕の予防も行っている。 空腹時に食物を見、これを咀嚼した時、粘り気の少ない漿液性の唾液が大量分泌され、これにより食物は湿らされる。このことにより粉砕しやすくなり、食塊の形成や嚥下を容易にする。嘔吐の前兆として苦味のある唾液が大量分泌される。これは嘔吐物に水分を補給して排出しやすくするための働きと考えられる。 →唾液の細菌については「口腔細菌学(口腔微生物学)」を参照のこと。.

新しい!!: 生理学と唾液 · 続きを見る »

唾液腺

①耳下腺、②顎下腺、③舌下腺 唾液腺(だえきせん、Salivary gland)は、動物の唾液を分泌する腺であり、導管は口腔に開口している。大唾液腺と小唾液腺とに分類している。脊椎動物の大唾液腺は、山口腺、新幹腺が有り、哺乳類には更に耳下腺が有る。 以下は特に記述がないかぎりヒトの唾液腺についての説明である。.

新しい!!: 生理学と唾液腺 · 続きを見る »

内薗耕二

内薗 耕二(うちぞの こうじ、1916年10月9日 - 2006年10月25日)は、日本の医学者(生理学)。階級は海軍中尉。勲等は勲二等。学位は医学博士(東京大学・1950年)。東京大学名誉教授、静岡県立大学名誉教授、生理学研究所名誉教授。 東京帝国大学医学部副手、東京大学医学部講師、新潟大学医学部教授、東京大学医学部教授、生理学研究所所長(初代)、岡崎国立共同研究機構機構長(第2代)、静岡女子大学学長、静岡県立大学学長(初代)、静岡県立大学短期大学部学長(初代)などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と内薗耕二 · 続きを見る »

写真銃

写真銃(しゃしんじゅう).

新しい!!: 生理学と写真銃 · 続きを見る »

処女膜

処女膜(しょじょまく、Hymen)は、哺乳類の雌の膣口に見られる襞状の器官。ここでは、主に人間の女性に見られる物について解説する。.

新しい!!: 生理学と処女膜 · 続きを見る »

出産

出産(しゅっさん、Geburt、birth, childbirth)とは、子が生まれること、子を分娩すること。 「お産(おさん)」ともいう。 子を産むことは分娩(ぶんべん、英:delivery)とも呼ばれる。「出産」のほうは、より一般的な語であり、社会的、文化的側面も含まれる。 生物学的に言えば、分娩(出産)は、胎生の動物の雌の胎から胎児が出ること、あるいは出すことを指す。.

新しい!!: 生理学と出産 · 続きを見る »

児童性的虐待

児童性的虐待(じどうせいてきぎゃくたい、Child Sexual Abuse、CSA)とは子供に対する性的虐待である。他にも児童性虐待、子供に対する性的虐待、児童期性的虐待、性的児童虐待などの訳語がある。 なお、家庭内性的虐待については近親姦の項目、カウンセリングなどによって記憶回復したとする児童期の性的虐待に対し疑義を唱えるFMS(False Memory Syndrome)論争に関しては虚偽記憶及び抑圧された記憶の項目、児童生徒によるものは性的いじめの項目、児童性的虐待の加害者についてはチャイルド・マレスターの項目、性的搾取に関しては児童ポルノ及び児童買春の項目、少年期における性的行為に関しては子供の性を参照のこと。.

新しい!!: 生理学と児童性的虐待 · 続きを見る »

全か無かの法則

全か無かの法則(ぜんかむかのほうそく、英 all-or-none principle、all-or-none law)とは刺激の強さと反応の大きさに関する法則であり、悉無律(しつむりつ)とも呼ばれる。.

新しい!!: 生理学と全か無かの法則 · 続きを見る »

全体

全体(ぜんたい)とは、ある特定の事物を残らず集め、何も欠けていないその事物のこと。全部、総体、全てともいう。.

新しい!!: 生理学と全体 · 続きを見る »

光吉俊二

光吉 俊二(みつよし しゅんじ、1965年 - )は、日本の計算機科学者であり彫刻家。北海道札幌市出身。多摩美術大学美術学部彫刻科卒業。徳島大学大学院工学研究科博士後期課程修了、博士(工学)。元スタンフォード大学バイオロボティクス研究所Visting Scientist(客員科学者)、元慶應義塾大学上席研究員。元株式会社AGI代表取締役、元PST株式会社代表取締役。 2006年、「音声感情認識及び情動の脳生理信号分析システムに関する研究 (Research on the phonetic recognition of feelings and a system for emotional physiological brain signal analysis)」 にて学位を得る。 2009年、東京大学大学院工学系研究科、非常勤講師に就任。 2014年、東京大学大学院医学系研究科社会連携講座として音声病態分析学を設立、同年12月東京大学大学院医学系研究科特任講師に就任。.

新しい!!: 生理学と光吉俊二 · 続きを見る »

副腎皮質ホルモン

副腎皮質ホルモン(ふくじんひしつホルモン、Corticosteroid)は、副腎皮質より産生されるホルモンの総称である。炎症の制御、炭水化物の代謝、タンパク質の異化、血液の電解質のレベル、免疫反応など広範囲の生理学系に関わっている。ストレス、侵襲などさまざまな影響によって分泌され、医薬品としても使用される。.

新しい!!: 生理学と副腎皮質ホルモン · 続きを見る »

創薬

創薬(そうやく、drug discovery)とは医学、生物工学および薬学において薬剤を発見したり設計したりするプロセスのことである。 以前は、大半の薬剤が伝統治療薬(生薬)の有効性成分の同定や宝探しのようにして発見されたものであった。今日における創薬アプローチは疾病や感作が分子生物学や生理学の見地で解明された制御機序や、その見地において見出された創薬対象の特性を理解することで薬剤を発見する手法である。 創薬のプロセスは、創薬標的の同定、合成、特徴付け、薬効のスクリーニングおよびアッセイの順に進展する。これらの試験で有用性を有する化合物を見出すと、前臨床試験の医薬品開発プロセスに進む。テクノロジーや生物システムの解明が進んでいるのにもかかわらず、創薬はまだ15年以上の長期間を要す上に新薬発見の成功率は低い。 創薬に予想もしない恩恵をもたらす可能性を秘めた暗号であるヒトゲノム情報は治療標的のボトルネックを計算機上で排除すると信じられているDrug Discovery & Development, October 2005, reporting on industry trends in 2003–2005このデータは製薬産業の示した21世紀初頭から今日までの傾向の思想上の基盤を明らかにする。つまりそれは多国籍製薬企業が標的選択においてリスクを嫌うという傾向である。-->.

新しい!!: 生理学と創薬 · 続きを見る »

勝木保次

勝木 保次(かつき やすじ、1905年11月28日 - 1994年3月6日)は、生理学者、文化勲章受章者。聴覚の研究に大きく貢献した。.

新しい!!: 生理学と勝木保次 · 続きを見る »

動物学

動物学(どうぶつがく、英語:zoology)は動物を対象とする学問。 自然史学の一部門に由来し、現在では生物学の一分野とされる。古典的には物質を鉱物・植物・動物にわけることが一般的だったため、博物学も鉱物学、植物学、動物学にわけられていた。 動物学の始まりは古代ギリシアにあると見ることも出来るとされる。発生学、生理学、生態学、動物行動学、形態学などの視点から研究が行われてきた。 近年では生物の分類が様変わりし、研究分野が細分化されたため、動物学の内容が多様化し、この語が用いられる頻度は低くなった。対象とする分類群によって哺乳類学、昆虫学、魚類学などと分けられることもある。動物の古生物を対象とする場合は古動物学と呼ぶ。.

新しい!!: 生理学と動物学 · 続きを見る »

動物福祉

動物福祉(どうぶつふくし、英語:Animal welfare)とは、一般的に人間が動物に対して与える痛みやストレスといった苦痛を最小限に抑えるなどの活動により動物の心理学的幸福を実現する考えのことをいう。 動物福祉という語感から、感情的な"愛護"や介護・医療など含む社会保障を連想する"福祉"と誤解される場合もあるため、日本国内では和訳せずにアニマルウェルフェアと表記されることもある。動物福祉はアニマルセラピーなどの動物を利用した医療や福祉という意味ではない。.

新しい!!: 生理学と動物福祉 · 続きを見る »

動物発生論

『動物発生論』(Περὶ ζωων γενεσεως、De Generatione Animalium、Generation of Animals)とは、古代ギリシャの哲学者アリストテレスによって書かれた、動物・生物に関する研究書の1つ。彼の5冊ある動物学著作の中では、最後の書であり、動物の生殖と発生について考察される。.

新しい!!: 生理学と動物発生論 · 続きを見る »

動物運動論

『動物運動論』(どうぶつうんどうろん、Περὶ ζώων κινήσεως、De Motu Animalium、Movement of Animals)とは、古代ギリシャの哲学者アリストテレスによって書かれた、動物・生物に関する研究書の一つ。彼の5冊ある動物学著作の中では、『動物誌』『動物部分論』に次ぐ第3書であり、動物の運動機能が、その原因・目的と共に考察される。 本書がアリストテレスが書いたものであるか、その真作性については議論がある。.

新しい!!: 生理学と動物運動論 · 続きを見る »

動物誌 (アリストテレス)

『動物誌』(どうぶつし、(Τῶν) Περὶ Τὰ Ζῷα Ἱστορίαι、De historia animalium、(Inquiries on) History of Animals)とは、紀元前4世紀に古代ギリシアの哲学者アリストテレスによって書かれた動物・生物に関する研究書の一つ。彼の動物に関する記述は古代世界においては唯一無二であり、非常に優れた業績の一つである。.

新しい!!: 生理学と動物誌 (アリストテレス) · 続きを見る »

動物進行論

『動物進行論』(Περὶ πορειας ζωων、De Incessu Animalium、Progression of Animals)とは、古代ギリシャの哲学者アリストテレスによって書かれた、動物・生物に関する研究書の1つ。彼の5冊ある動物学著作の中では、『動物誌』『動物部分論』『動物運動論』に次ぐ第4書であり、動物の前進・移動行為が考察される。.

新しい!!: 生理学と動物進行論 · 続きを見る »

国立科学アカデミー・レオポルディーナ

国立科学アカデミー・レオポルディーナ (こくりつかがくアカデミー・レオポルディーナ、ドイツ語名:Nationale Akademie der Wissenschaften Leopoldina、英語名:National Academy of Sciences Leopoldina) は、ドイツの国立アカデミー (学術団体) である。 歴史的には2007年に国立となるまで、「ドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナ」(ドイツ語名:Deutsche Akademie der Naturforscher Leopoldina) として知られていた。 ドイツ、ザクセン=アンハルト州のハレにあり、創立は1652年で、現存する世界最古の学会 であるとしている 2015年11月30日閲覧。.

新しい!!: 生理学と国立科学アカデミー・レオポルディーナ · 続きを見る »

国際統合リハビリテーション協会

国際統合リハビリテーション協会(英語:International Association of Integrated Rehabilitation、IAIR、アイエアー)は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を対象に徒手療法を中心に臨床現場で求められるリハビリセラピストを育成している教育機関である。.

新しい!!: 生理学と国際統合リハビリテーション協会 · 続きを見る »

国際生命情報科学会

国際生命情報科学会(こくさいせいめいじょうほうかがっかい、英名 International Society of Life Information Science, イスリス 略称 ISLIS)は、生命情報に関する科学的研究の推進、国際的交流提携を目的として1995年に設立された学会。意識・精神・心が関与する分野などにおける未知な現象を科学的実証に基づき解明することを目指している。 事務局を千葉県千葉市稲毛区園生1108-2ユウキビル40A NPO法人国際総合研究機構(IRI)内に置いている。.

新しい!!: 生理学と国際生命情報科学会 · 続きを見る »

BioRxiv

bioRxiv(バイオアーカイヴ)は2013年11月に開始された生物学のプレプリントリポジトリである。正式な表記はbioRχivで、χはエックスではなくギリシャ文字のχ(カイ)である。コールド・スプリング・ハーバー研究所 (Cold Spring Harbor Laboratory, CSHL) が運営している。プレプリントであるので、bioRχivが提供する論文は査読されていない。しかし基本的な選別と剽窃の判別は行われている。読者はプレプリント論文にコメントを付けることができる。.

新しい!!: 生理学とBioRxiv · 続きを見る »

BOYS BE…

『BOYS BE…』(ボーイズ ビー)は、イタバシマサヒロ(板橋雅弘)原作、玉越博幸作画による日本の少年漫画作品。.

新しい!!: 生理学とBOYS BE… · 続きを見る »

石原誠

石原 誠(いしはら まこと、1879年(明治12年)5月18日 - 1938年(昭和13年)12月11日)は日本の生理学者、医学博士、札幌厚生病院循環器科サイト(2009年10月10日閲覧)。。.

新しい!!: 生理学と石原誠 · 続きを見る »

石川県出身の人物一覧

石川県出身の人物一覧(いしかわけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する石川県出身の人物の一覧表である。.

新しい!!: 生理学と石川県出身の人物一覧 · 続きを見る »

石井好二郎

石井 好二郎(いしい こうじろう)は、日本のスポーツ科学者。同志社大学スポーツ健康科学部教授。生理学・生化学的手法を用いて生体情報を読み取り、スポーツ科学や健康科学への応用を研究している。大阪体育大学卒業、大体大体育専攻修了、兵庫教育大学大学院修士修了。.

新しい!!: 生理学と石井好二郎 · 続きを見る »

石井康子

石井 康子(いしい やすこ)は、日本の薬学者(臨床薬剤学・臨床薬理学・薬品分析化学)。学位は博士(薬学)(静岡県立大学・1994年)。静岡県立大学薬学部講師・大学院薬学研究院講師。 静岡薬科大学薬学部助手、静岡県立大学薬学部助手、テキサス大学サンアントニオ校ヘルスサイエンスセンター研究員などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と石井康子 · 続きを見る »

王立協会フェロー

王立協会フェロー(おうりつきょうかいフェロー、Fellowship of the Royal Society)は、「数学・工学・医学を含む自然知識の向上への多大な貢献」をした個人に対して、ロンドンの王立協会から付与される賞およびフェローシップ(会員資格)である。 最古の科学アカデミーである王立協会のフェローシップは、歴史上、多くの有名な科学者に与えられた重要な名誉である。フェローには、アイザック・ニュートン(1672年)、チャールズ・ダーウィン(1839年)、マイケル・ファラデー(1824年)、アーネスト・ラザフォード(1903年)、シュリニヴァーサ・ラマヌジャン(1919年)、アルベルト・アインシュタイン(1921年)、ウィンストン・チャーチル(1941年)、スブラマニアン・チャンドラセカール(1944年)、ドロシー・ホジキン(1947年)、アラン・チューリング(1951年)、フランシス・クリック(1959年)などがいる。現在では、スティーヴン・ホーキング(1974年)、ティモシー・ハント(1991年)、エリザベス・H・ブラックバーン(1992年)、ティム・バーナーズ=リー(2001年)、ヴェンカトラマン・ラマクリシュナン(2003年)、 アンドレ・ガイム(2007年)、ジェームズ・ダイソン(2015年)、(2015年)を始めとして合計8000人以上がフェローとなり、1900年以降で280人以上のノーベル賞受賞者のフェローがいる。2016年現在、約1600名の存命のフェロー(外国人会員・名誉フェローを含む)がいる。 王立協会のフェローシップはガーディアン紙によると「オスカー特別功労賞に匹敵する名誉」とされ、受賞者が所属する研究機関はその名誉を広報するのが普通である。.

新しい!!: 生理学と王立協会フェロー · 続きを見る »

火星の植民

火星の植民(かせいのしょくみん)とは、宇宙移民構想の1つであり、ヒトが火星へと移住し、火星の環境の中で生活基盤を形成することである。かねてより火星への植民が可能かどうかは、デタラメな憶測からまじめな研究まで、多くの話題を集めてきた。.

新しい!!: 生理学と火星の植民 · 続きを見る »

獣医学

獣医学(じゅういがく、veterinary medicine)は、医学、診断学および治療原理を伴侶動物(ペット)、産業動物(家畜)、野生動物およびエキゾチックアニマルに応用するための学問である。獣医学は家畜生産の実践、群単位での健康管理、疾患のモニタリングなどを研究し、保護するために不可欠の分野である。科学的知識の取得・応用が必要となり、家畜と野生動物両方の疾患防御、及び食品衛生や環境衛生を通じた人間の健康の維持・増進を目的とした技術を使用する。 獣医学は家畜、伴侶動物および野生動物の慎重なモニタリングを通じて、人間の健康を守るという手段のひとつでもある。新興の人獣共通感染症に対処するには、獣医学でも行われている「群の健康管理」という概念に特に適した疫学および感染症制御の手法が必要な場合ある。.

新しい!!: 生理学と獣医学 · 続きを見る »

獨協大学

記載なし。

新しい!!: 生理学と獨協大学 · 続きを見る »

球菌

球菌の顕微鏡像(黄色ブドウ球菌) 球菌(きゅうきん)とは、個々の細胞の形状が球形を示す原核生物(真正細菌および古細菌)のこと。桿菌、らせん菌と併せて、原核生物を形態によって分類するときに用いられる用語である。 ラテン語の「coccus(複数形はcocci)」は「(穀物などの)粒」あるいは「木の実」を表すギリシャ語「κόκκος」に由来している。.

新しい!!: 生理学と球菌 · 続きを見る »

理療科教員

科教員(りりょうかきょういん)は、正式名称を特別支援学校自立教科教諭(理療)といい、視覚特別支援学校の理療科等において鍼灸、按摩、マッサージ、指圧の専門教科教育や実技教育を担当する。 免許には普通免許(教諭一種免許状・教諭二種免許状)、臨時免許(助教諭免許状)がある。.

新しい!!: 生理学と理療科教員 · 続きを見る »

理論生物学

論生物学(りろんせいぶつがく、Theoretical Biology)は、生物の種々の側面に関して数理的な理論やモデルの構築をめざす生物学の一分野。.

新しい!!: 生理学と理論生物学 · 続きを見る »

琉子友男

琉子 友男(りゅうし ともお)は、大東文化大学スポーツ・健康科学部スポーツ科学科の教授。 運動生理学、高齢者体力学が専門だが、マイナスイオンの生体影響に対する関心が強く、その関連の論文や書籍も著作している。.

新しい!!: 生理学と琉子友男 · 続きを見る »

磁気生理学

磁気生理学(じきせいりがく)とは、神経、脳、筋肉、心臓やその他の組織または細胞の磁気的性質と生理機能との関係を解明する生理学の一部門、またはそれに用いられる実験技術である。.

新しい!!: 生理学と磁気生理学 · 続きを見る »

神は死んだ

は死んだ」(かみはしんだ、独:Gott ist tot, 英:God is dead)は、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェ(1844年10月15日 - 1900年8月25日)の言葉として、ニヒリズムを表す言葉として広く引用される言葉である。ニーチェによれば、神・霊・魂といった虚構によって、栄養・健康・住居といった人生の重大事が軽んじられてきた。神が死んだ(そして神を冒涜することも出来なくなった)からには、最大の問題は地上やからだを冒涜することである。地上的・身体的な人間は「超人」である。一方で、超地上的・超自然的な事柄や魂といったものは、不健康な嘘とされる。 ニーチェは「神々の死」とも述べている。.

新しい!!: 生理学と神は死んだ · 続きを見る »

神経内分泌学

経内分泌学(しんけいないぶんぴつがく、英語:neuroendocrinology)は神経系と内分泌系の間の相互作用に関する学問である。この概念は、下垂体からのホルモンの分泌が脳、とりわけ視床下部により密接に調節されているという認識から生じた。.

新しい!!: 生理学と神経内分泌学 · 続きを見る »

神経科学

経科学(しんけいかがく、)とは、神経系に関する研究を行う自然科学の一分野である。研究の対象として、神経系の構造、機能、発達、遺伝学、生化学、生理学、薬理学、栄養学および病理学などがある。この分野は生物学の一部門であるが、近年になって生物学のみならず心理学、コンピュータ科学、統計学、物理学、医学など多様な学問分野からの注目を集めるようになった。研究者数の増加も目覚しい。神経科学者の用いる研究手法は近年大幅に増加しており、単一の神経細胞やそれらを構成する物質の組成・動態を調べるものから、思考中の脳内の活動を可視化する技術まで多岐に渡る。 神経科学は脳と心の研究の最先端に位置する。神経系の研究は、人間がどのように外界を知覚し、またそれと相互作用するのかを理解するための基盤となりつつある。 ニューヨーク大学の心理学教授氏は「神経科学という学問には様々な方法論的課題が残っている」、「新聞で一面に大きく記載される様な研究はほとんど出鱈目であり、一流の神経科学者たちの研究は世間の注目を集めることはあまりない」と注意した。.

新しい!!: 生理学と神経科学 · 続きを見る »

神経発生

経発生(ニューロン新生、神経新生、神経形成、英:neurogenesis)とは、神経幹細胞や前駆細胞から新たな神経細胞が分化する生理現象。胚や胎児期に最も活性化し、脳の形成や発達に重要な役割を果たす。成長するにつれて神経発生量は減少していくが、海馬や脳室下帯では成熟後も続くことが確認されている。.

新しい!!: 生理学と神経発生 · 続きを見る »

福岡県立修猷館高等学校の人物一覧

福岡県立修猷館高等学校人物一覧(ふくおかけんりつしゅうゆうかんこうとうがっこうじんぶついちらん)では、福岡県立修猷館高等学校の主な出身者・教員・関係者などを列挙する。.

新しい!!: 生理学と福岡県立修猷館高等学校の人物一覧 · 続きを見る »

福島大学の人物一覧

福島大学の人物一覧は福島大学に関係する人物の一覧記事。.

新しい!!: 生理学と福島大学の人物一覧 · 続きを見る »

福田邦三

福田 邦三(ふくだ くにぞう、1896年12月20日 - 1988年10月17日)は日本の生理学者である。旧名川村邦三。東京大学名誉教授、山梨大学名誉教授でもあった。実兄は川村清一と川村多実二。.

新しい!!: 生理学と福田邦三 · 続きを見る »

科学研究費助成事業

科学研究費助成事業(かがくけんきゅうひじょせいじぎょう)とは、日本の研究機関に所属する研究者の研究を格段に発展させることを目的とする文部科学省およびその外郭団体である独立行政法人日本学術振興会の事業である。国内の研究機関に所属する研究者が個人またはグループで行なう研究に対し、ピアレビュー審査による競争的資金を提供しており、年度毎の計画にしたがって交付される科学研究費補助金と、年度をまたいで交付される学術研究助成基金助成金の二本立てで構成されている。一般に科研費(かけんひ)と略称されており、国際的にも逐語英訳であるGrants-in-Aid for Scientific ResearchのほかにKAKENHIという呼称を定めている。不正防止のために預け金・カラ出張・カラ謝金を禁止して、違反した場合の罰則を設けている。 なお名称の類似した競争的資金制度として、厚生労働省が交付する厚生労働科学研究費補助金や環境省が交付する廃棄物処理等科学研究費補助金があるが、文部科学省のものとは別の制度。単に科学研究費補助金と呼称される場合、文部科学省の制度を指す。 研究の補助は以下の3つの領域に対してなされるが、1.の研究の遂行に対する補助金がその中核をなす。そこで、ここでは1.について説明する。.

新しい!!: 生理学と科学研究費助成事業 · 続きを見る »

科学教育

科学教育(かがくきょういく、)とは、伝統的な科学者コミュニティに属さない人々に対して科学的知見および科学的方法を伝える教育分野である。児童、生徒、大学生、一般成人のいずれも科学教育の対象となり得る。科学教育を構成する分野には、自然科学、科学のプロセス(科学的方法)、一部の社会科学、一部の教育学理論がある。学校教育の課程において学習者に何をどこまで理解させるかは、日本の学習指導要領や米国のなどの教育基準に規定されている。伝統的に教育基準に含まれる科学科目は物理学、生命科学、地球科学、宇宙科学、人間科学である。 本項では主として諸外国の科学教育について扱う。日本の学校教育における科学教育については、「理科」および「理科教育」を参照のこと。.

新しい!!: 生理学と科学教育 · 続きを見る »

稲恭宏

恭宏(いな やすひろ、1967年(昭和42年) - )は一般財団法人稲恭宏博士記念低線量率放射線医科学研究開発機構理事長。「低線量率放射線療法」という代替医療の提唱者。.

新しい!!: 生理学と稲恭宏 · 続きを見る »

空軍士官学校 (アメリカ合衆国)

米空軍士官学校の紋章 アメリカ合衆国における空軍士官学校(くうぐんしかんがっこう United States Air Force Academy、USAFA)は、コロラド州コロラドスプリングスに所在するアメリカ空軍の教育機関。.

新しい!!: 生理学と空軍士官学校 (アメリカ合衆国) · 続きを見る »

笹川久吾

笹川 久吾(ささがわ きゅうご、1894年(明治27年)9月5日 - 1968年(昭和43年)5月16日)は、日本の医師、生理学者、医学博士。日本鍼灸学会初代会長、日本良導絡学会初代会長、京都大学名誉教授。.

新しい!!: 生理学と笹川久吾 · 続きを見る »

筑波大学附属中学校・高等学校の人物一覧

筑波大学附属中学校・高等学校人物一覧(つくばだいがくふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこうじんぶついちらん) 筑波大学附属中学校・高等学校およびその前身校の主な卒業生・教員・関係者など。.

新しい!!: 生理学と筑波大学附属中学校・高等学校の人物一覧 · 続きを見る »

米国国立医学図書館分類法

米国国立医学図書館分類法(べいこくこくりついがくとしょかんぶんるいほう、National Library of Medicine classification, NLM classification, NLMC)は、医学分野の資料を対象とする図書分類法である。アルファベット1、2字で主題の分類を大まかに示し、それに続く数字で細分するというアメリカ議会図書館分類表 (LCC) の手法を基にしており、たとえば「QW 279」は微生物学または免疫学に関する本を表す。1951年に「米国陸軍医学図書館分類法」として発表された。冊子体での刊行は1999年発行の改訂第5版で終了し、2002年版から電子版へ移行し毎年改訂されるようになり、2017年からは夏と冬の年2回改訂となった。 NLMCの、アルファベット1字または2字のコードには、「QS」から「QZ」と「W」から「WZ」というある限られた範囲の文字しか使用されない。これは、LCCで使用されていない部分を利用しているためで、それにより医学以外の分野もカバーするLCCとの併用を可能にしている。しかし、LCCにはNLMCと重複する3つのコード(QM - 人体解剖学、QR - 細菌学、R - 医療)が含まれており、誤解を避けるためNLMではこの3つのコードは使われない。英字1、2字のコードごとの分類表には、簡潔な形で見出しが定義されており(例: QW - 微生物学と免疫学、WG - 心臓血管系)、その全体でNLMCがカバーする主題の概略を表す。各見出しは大雑把に解釈され、生理的システム、それらと関連がある特徴、主に関係する身体部位、従属する関連領域を含む。NLMCは階層的で、各々の分類表の中では通常、器官による分類が優先される。 各分類表の先頭には、参考図書やその分野の総記が置かれ、これは一部の下位分類でも同様である。分類表のうち「WZ 220-270」以外は、1913年以降に発行された作品を対象としており、1801年から1913年発行の著作については別表(19世紀分類表)が用意されている。1801年以前に発行されたものには「WZ 220-270」が使用される。 日本では約50の大学図書館で使用されているが、医学書専用の分類法のため基本的に日本十進分類法 (NDC) などとの併用である。日本語版は日本医学図書館協会から発行されている。.

新しい!!: 生理学と米国国立医学図書館分類法 · 続きを見る »

精神医学

精神医学(せいしんいがく、Psychiatry)は、各種精神障害に関する診断、予防、治療、研究を行う医学の一分野であるGuze, S.B. (1992), p. 4Storrow, H.A. (1969).

新しい!!: 生理学と精神医学 · 続きを見る »

精神分析学

精神分析(せいしんぶんせき、Psychoanalysis )は、ジークムント・フロイトによって創始された人間心理の理論と治療技法の体系を指す。広義には、フロイト以後の分派を含めた理論体系全体も指す。 精神分析は、現在の英米系の精神医学と対立することがある。 精神分析は、人間には無意識の過程が存在し、人の行動は無意識によって左右されるという基本的な仮説に基づいている。フロイトは、ヒステリー(現在の解離性障害や身体表現性障害)の治療に当たる中で、人は意識することが苦痛であるような欲望を無意識に抑圧することがあり、それが形を変え神経症の症状などの形で表出されると考えた。そのため、無意識領域に抑圧された葛藤などの内容を自覚し、表面化させて、本人が意識することによって、症状が解消しうるという治療仮説を立てた。 フロイトの晩年においては、精神分析はエス―自我―超自我の葛藤による心的構造論という心的理解によって神経症は治されるようになった。この心的構造図式ではうつ病や精神病まで範囲に入り、それらの理解に寄与する事になった。またフロイト自身は晩年に文化や歴史や宗教に対しての心理的理解を深めるようになる。こうして精神分析は人間の心や精神を理解する包括的な心理学として台頭し、様々な近接学問や人文学思想に影響を与える事になった。.

新しい!!: 生理学と精神分析学 · 続きを見る »

精神障害の診断と統計マニュアル

精神障害の診断と統計マニュアル(せいしんしょうがいのしんだんととうけいマニュアル、Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, DSM)は、のための共通言語と標準的な基準を提示するものであり、アメリカ精神医学会によって出版された書籍である。 DSMは当初、統計調査のために作成された。DSMの第3版より、明確な診断基準を設けることで、精神科医間で精神障害の診断が異なるという診断の信頼性の問題に対応した。 DSMは、世界保健機関による疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)とともに、国際的に広く用いられている。いずれも記述精神医学であり、「特定の状態が特定の期間に存在する」という具体的な診断基準を設けた操作的診断基準に属する。疾病の解明に加え、各々の医師等の間における結果の比較を可能とし、また、疫学的調査に有用である。「したがって、極言すれば、診断基準は元々、個々の患者での診断を正確に行うために作られたものではない」と言うことも出来るここまで。 においても、診断を正確に行うものではないという一文を重要であるとしている。。 明示的な診断基準がないため、以前の診断基準では、アメリカと欧州、また日本での東西によって診断の不一致が見られた。このような診断の信頼性の問題により、明示的な診断基準を含む操作的診断基準が1980年のDSM-IIIから採用され、操作主義の精神医学への導入であり画期的ではあった。一方で、恣意的に適用されてはならないといった弱点はいまだ存在する。依然として、どの基準が最も妥当性があるかという問題の解決法を持たず、他の診断基準体系との間で診断の不一致が存在するため、原理的に信頼性の問題から逃れられないという指摘が存在する。 DSMは、その日本語訳書において「精神障害/疾患の診断・統計マニュアル」と訳されている。「精神障害/疾患の分類と診断の手引」の訳は、DSMの早見表のものである。最新のDSMは第5版で、2013年5月18日に出版された。日本語訳は2014年6月30日に「DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引」は同10月23日に出版された。 DSMは精神医学上の診断カテゴリーと基準の標準化に貢献したとして称賛されてきたが、一方で論争と批判も生み出した。批判者には、アメリカ国立精神衛生研究所(NIMH)も含まれ、DSMは非科学的で主観的なシステムを叙述するものだと主張している。診断カテゴリのと、外面的な症状に依存すること、カテゴリー間および正常とのあいだの人為的な境界線の使用、文化的バイアスの可能性、人としての苦悩を医療の対象としてしまうこと--これらに関する諸問題が、現在も存在しつづけているイーサン・ウォッターズ 著 『クレイジー・ライク・アメリカ 心の病はいかに輸出されたか』 阿部宏美 訳、紀伊國屋書店、2013年。 DSMの出版には厳格な著作権管理が行われ、アメリカ精神医学会は年間500万ドル以上、通算1億ドル以上をもたらしている。.

新しい!!: 生理学と精神障害の診断と統計マニュアル · 続きを見る »

糖新生

糖新生(とうしんせい、gluconeogenesis)とは、飢餓状態に陥った動物が、グルカゴンの分泌をシグナルとして、ピルビン酸、乳酸、糖原性アミノ酸、プロピオン酸、グリセロールなどの糖質以外の物質から、グルコースを生産する手段・経路である。.

新しい!!: 生理学と糖新生 · 続きを見る »

細谷精一

細谷 精一(ほそや せいいち、1929年(昭和4年)‐1996年(平成8年))は、日本の生理学者。専門は環境生理学。元旭川大学女子短期大学部学長。.

新しい!!: 生理学と細谷精一 · 続きを見る »

細谷雄太

細谷 雄太(ほそや ゆうた、1882年 - 1950年)は俳人、医学博士。俳号は細谷不句。別号に柚翁。.

新しい!!: 生理学と細谷雄太 · 続きを見る »

細谷雄二

細谷 雄二(ほそや ゆうじ、1897年9月14日 - 1967年3月30日)は、日本の生理学者。大阪市立大学名誉教授。医学博士。アララギ派の歌人でもある。山形県西村山郡谷地町(現・河北町)生まれ。 同じく医学博士で俳人の細谷雄太(俳号・細谷不句)は長兄。ソニー名誉会長の井深大は義弟にあたる。息子に元産経新聞編集局長、元日本工業新聞社長の細谷洋一。娘婿に宗教学者の井門富二夫。.

新しい!!: 生理学と細谷雄二 · 続きを見る »

細谷洋一

細谷 洋一(ほそや よういち、1932年 - 1996年)は、日本のジャーナリスト。慶應義塾大学文学部卒。産経新聞社会部記者を経て、夕刊フジ報道部長、同編集長、産経新聞編集局長、日本工業新聞社長を勤める。父は生理学者の細谷雄二。1966年、産経新聞東京本社社会部記者時代に、先天性心臓病などに苦しむ子供たちを救うための基金である『あけみちゃん基金』の創設に尽力。.

新しい!!: 生理学と細谷洋一 · 続きを見る »

細胞生物学

細胞生物学(さいぼうせいぶつがく、英語:cell biology)とは、細胞を研究対象とする生物学の一分野。全ての生物は細胞からできており、細胞生物学は生物学の基礎となっている。.

新しい!!: 生理学と細胞生物学 · 続きを見る »

紀元前3世紀

始皇帝陵から出土した兵馬俑の一団。 アレクサンドリアの大灯台。「世界の七不思議」の一つで、前305年から着工されプトレマイオス2世の治世(前288年 - 前246年)に完成したと伝わる。画像はその再現図。 「瀕死のガリア人」。ヘレニズム時代を代表する彫刻で小アジアのペルガモン国王アッタロス1世がガラティア人(ガリア人)に勝利した記念に作らせたものとされる。画像はローマ時代の模造でカピトリーノ美術館に所蔵されている。 アルプス越え。第二次ポエニ戦争ではカルタゴ側の将軍ハンニバルが巧みな軍略でローマ軍を翻弄した。イベリア半島から遠路はるばるアルプスを象で越え油断していたローマの背後を不意打ちしたことで有名である。 アルキメデス。シラクサ王ヒエロン2世に仕えた学者で、風呂に入ってる途中で王冠の真贋を見極める方法を発見したなど逸話に事欠かない。画像は紀元後2世紀のモザイク画でローマの兵士に殺害される寸前のアルキメデスを描いている。 ロドス島の巨像。ロドス島住民がプトレマイオス朝に与しセレウコス朝を退散させた記念にリンドスのカレスによって作られた太陽神ヘリオスの青銅の像で「世界の七不思議」の一つでもあった。画像はその再現画。 マウリア朝のアショーカ王。最初のインド統一を果たしたアショーカ王は仏教の興隆にも力を尽くした。画像はサーンチーの第一ストゥーパ(仏塔)でアショーカ王の時代に建立されシュンガ朝・アーンドラ朝で拡張された。仏塔の前に立つトーラナ(塔門)には獅子像がある。 グレコ・バクトリア王国。アレクサンドロス大王の東方遠征の残留ギリシア人によりこの王国は現在のアフガニスタンに建国された。画像はアイ・ハヌム遺跡から出土した日時計でインド天文学の影響が窺われる。 パジリク古墳群。ロシア連邦アルタイ共和国にあるスキタイ文化の影響を受けた騎馬民族の古墳で、入れ墨をした遺体と数多くの副葬品が出土した。画像は古墳の壁面覆いの「乗馬する男」。 紀元前3世紀(きげんぜんさんせいき)は、西暦による紀元前300年から紀元前201年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: 生理学と紀元前3世紀 · 続きを見る »

緊張

緊張(きんちょう)とは、体や心が張り詰めた状態にあること。.

新しい!!: 生理学と緊張 · 続きを見る »

纐纈

纐纈(こうけつ、こうけち).

新しい!!: 生理学と纐纈 · 続きを見る »

群集生態学

群集生態学(ぐんしゅうせいたいがく、)とは生態学の一分野。生物の群集における複数種の組み合わせの示す規則性などを理解することを目的とする学問。synecologyともいう。これに対し、単一種の個体数の変動などを研究する個体群生態学や個体の行動や生理について研究する行動生態学、生理生態学などをautecologyということもある。 群集生態学は、群集をその対象とする生態学の分野である。群集とは、同一地域の生息する他種類の生物のまとまりであるから、群集生態学は、同一地域に生息する生物間の関係(種間関係)を明らかにし、あるいはそのしくみや働き(群集構造)を知ることを目的とする。 なお、個々の種についての研究は個体群生態学の対象であるが、個々の種の間の関係も、その延長として個体群生態学の側から論じられる場合がある。その意味では種間関係論は両者の領域にまたがる。 群集生態学は、まず植物を対象として進んだ。植物群落は肉眼的にもまとまりとして捕らえやすく、その構造を直接に把握しやすい。この分野は一方では群集の型を分類して体系化するという、植物社会学へと発展した。また、植物群集の変遷から遷移の考えが生まれ、これに動物群集を結びつけたところから生態系の概念が生み出された。 動物の場合には、そのまとまりが見た目で把握しづらいこともあり、遅れて始まったが、チャールズ・エルトンが種間の関係において食う食われるの関係が重要であることを指摘し、食物連鎖を群集の構造の基本であると見なしたところから発展が始まった。 また、1959年に森下正明により論文発表がされたCλ指数は、群集生態学における指数で生物の群集の類似度を表す指数のひとつで、個体群における分布様式に関する指数であるIδ指数の研究を群集に応用したものである。.

新しい!!: 生理学と群集生態学 · 続きを見る »

羽太鋭治

羽太 鋭治(はぶと えいじ、1878年 - 1929年8月31日)は、日本の性科学者。 山形市出身。文学に憧れながら医師を志し、済生学舎卒業、1900年医術開業試験に合格、故郷で開業するがのち上京し文筆活動をしながら医学研究を行い、1912年から一年半ドイツに留学して医学博士の学位を得、生理学を学び、1914年神田小川町に泌尿生殖器科医院を開業。1920年に『性慾と人生』を創刊(-1921年)、多くの通俗性科学書を著した。その後本郷にいづま医院内で活動。文芸、芸術にも造詣が深く、当時の西欧における性科学の発達に応じて、性欲を中心とし、恋愛、売春、避妊、自慰など、当時変態性欲とされていたものなどを啓蒙的に縦横に論じた。 1928年暮れ、医師法違反で取り調べを受け、前年の脳溢血、神経衰弱での苦悩から自殺をはかり、死去した。(『変態性欲の研究 近代日本のセクシュアリティ 3』ゆまに書房 2006、斉藤光の解説).

新しい!!: 生理学と羽太鋭治 · 続きを見る »

真珠様陰茎小丘疹

真珠様陰茎小丘疹(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん、Pearly Penile Papules)とは、陰茎亀頭冠の外周およびそれに近接する包皮に、大きさの揃ったイボ状の脂肪のかたまりが複数発生している症状。男性の約65%に自然発生する生理現象であ よって、美容上気になる場合は、レーザー光線や電気焼灼によって治療できる。ただし、病気ではないため保険適用外となり、治療費は3~10万円と高額になる。 真珠様陰茎小丘疹の女性版もあり、Vestibular papillae of the vulvae, Vesticular papulosis, Hirsutoid papillomas of the vulvae,などという表現がある。男性版同様、治療は必要ない。.

新しい!!: 生理学と真珠様陰茎小丘疹 · 続きを見る »

真鍋求

真鍋 求(まなべ もとむ、1958年5月 - )は、日本の体育学者。専門は、神経生理学。 東京外国語大学総合国際学研究院(言語文化部門・文化研究系)准教授。医学博士。.

新しい!!: 生理学と真鍋求 · 続きを見る »

猫砂

猫砂(ねこずな、ねこすな)は、猫の飼育に用いられる排泄用の砂の一種である。単なる砂を指すことも多いが、現在では猫の動物の生理的習性を動物学の見解を基に作り上げられた粒子状の人工物を指すことが多い。.

新しい!!: 生理学と猫砂 · 続きを見る »

絞扼反射

絞扼反射(こうやくはんしゃ、choke reflex)とは、舌根部、咽頭部後壁、口蓋扁桃部などを刺激により誘発される反射のことである南山堂医学大辞典 ISBN 978-4525010294。咽頭反射(いんとうはんしゃ)、催吐反射(さいとはんしゃ)などとも呼ばれる。嘔吐反射と同様にむかつきを生じるが違いがある。.

新しい!!: 生理学と絞扼反射 · 続きを見る »

疼痛

痛(とうつう)とは、痛みを意味する医学用語であり、ここではその生理学的な側面を記述する。一般的には末梢神経への刺激により生じる。 一般的な頭痛のような、痛みには非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)など依存性の少ない鎮痛薬が使われる。これはアスピリン、アセトアミノフェン、イブプロフェンといったものである。癌性疼痛は、悪性腫瘍の痛みの管理を指し、この痛みを管理するためにはオピオイドのような麻薬性鎮痛薬も使われる。 疼痛はほとんどの先進国において、医師受診の最上位理由である。疼痛は多くの病状において重大な症状であり、人のクオリティ・オブ・ライフおよび一般的機能を妨げうる。20-70%のケースでは、単に鎮痛薬を用いることが有用である。社会的支援、催眠、興奮、気晴らしなどの心理的要因は、痛みの強度や不快感に重大な影響を及ぼしうる。安楽死の議論において一部の論者は、痛みは終末期の人々の生活を終わらせることを許しえる理由だと主張している。.

新しい!!: 生理学と疼痛 · 続きを見る »

疾病学

病学(英語:diseases)は、症状、症候、病因、病態、治療、予後を研究する学問である。 解剖学や生理学はおろか組織学、生化学、病態生理学、病理学、病態学、病因学、症候学、徴候学、免疫学、薬理学、微生物学、衛生学・公衆衛生学、疫学、臨床医学といった学問の知識も必要となってくる。以下のような学問がある。.

新しい!!: 生理学と疾病学 · 続きを見る »

病態生理学

病態生理学(びようたいせいりがく、Pathophysiology)は、人体の正常な機能が異常をきたしたり、調節機能が破綻した病気の身体機能の状態と破綻をきたす原因を解き明かす学問である。病理生理学ともいう。病理学とほぼ似通っている学問ではあるがこちらは診断に必要であることから生理学をメインとしている。これらを化学的に解明する学問を病態生化学という。 以下のような学問体系がある。.

新しい!!: 生理学と病態生理学 · 続きを見る »

為る

る(する)とは、ある主体が主体的な活動や在り方として、一つの状況を成り立たせる行為や作用を行う事。抽象的な様態から具体的作用および行為まで、幅広く用いられる。唯一の単体のサ変動詞。これは日常的によく使われる語だからであって、この種の語は歴史的に文法や音韻規則が変化していっても、それに従って形態を変えることが嫌われ、長く古形を残すことが多いからである。なお、名詞および副詞などに付いて多くの複合動詞がつくられ、これをサ行変格複合動詞(サ変複合動詞、サ変動詞と略する)という。.

新しい!!: 生理学と為る · 続きを見る »

生体物質

生体物質(せいたいぶっしつ、living substance, biological matter)は、生物の体内に存在する化学物質の総称。 生体を構成する基本材料である生体高分子(核酸、タンパク質、多糖)や、これらの構成要素であるヌクレオチドやヌクレオシド、アミノ酸、各種の糖など、ならびに脂質やビタミン、ホルモンなどを指す。炭素と水素を中心に、窒素・酸素・リン・硫黄を構成元素とする物が多い。また、ヘモグロビンや葉緑素など、金属元素を含むものも存在する。.

新しい!!: 生理学と生体物質 · 続きを見る »

生化学

生化学(せいかがく、英語:biochemistry)は生命現象を化学的に研究する生化学辞典第2版、p.713 【生化学】生物学または化学の一分野である。生物化学(せいぶつかがく、biological chemistry)とも言う(若干生化学と生物化学で指す意味や範囲が違うことがある。生物化学は化学の一分野として生体物質を扱う学問を指すことが多い)。生物を成り立たせている物質と、それが合成や分解を起こすしくみ、そしてそれぞれが生体システムの中で持つ役割の究明を目的とする。.

新しい!!: 生理学と生化学 · 続きを見る »

生ハムメロン

メロンと生ハム 生ハムメロン(イタリア語:Prosciutto e Melone、スペイン語:Melón con jamón)はイタリアとスペインの伝統的なオードブル。.

新しい!!: 生理学と生ハムメロン · 続きを見る »

生命の階層

生命の階層(biological organization)とは、還元主義によって生物を定義するのに用いられるヒエラルキーで、生物学的構造および体系を複雑系科学に基づき階層付けるものである 。一般的に、その階層は原子から生物圏に及ぶ。生命の階層の上級部にある考え方として生態の階層、派生として階層的生態が挙げられる。 この階層の中では、いずれの階級に位置する事物もその階級における基礎単位であり、個々の事物は更なる組織的複雑性を有する。また、生命の階層を裏付ける基本的原理は創発の概念(concept of emergence)であるが、これは「ある階級に著される特性や機能はその一つ上の階級に対してのみ関わりがあり、下の階級には何ら関わりを持たない」ということである。 生命の階層は有機物どうしの極めて高度な秩序 (ここでいう秩序とは主に異種要素同士の相互依存を指す)であり、「ある種の個体が持つ生命の階層はその種のどの個体とも同じ」と言うことができる。具体的な例を挙げると、一般的なヒトは胴体の下に2本の脚、左右に1本ずつの腕、上には頭があるが、これらの全てが違う場所に付いていることは極めて希である。実際にこのようなことは生理学、生体力学の見地からして有り得ない。 生物における生命の階層はあらゆる科学的研究分野におけるごく根源的な前提で、特に医学においては不可分である。この概念がなければ、生理機能や疾病に見られる物質的、化学的なあらゆる現象の効果について研究を行うことはままならない。例えば、脳が分化し特定の機能を持った細胞によって構成されていることが分からなければ(脳そのものが人間を構成する最小単位であるという認識であれば)認知神経科学や行動神経科学は存在し得なかったであろうし、細胞単位の変化が器官全体に影響をもたらしているということが分からなければ、薬理学の基本的概念すら存在し得ないことになる。 生態階層にも同様のことが言え、この概念があることにより、「殺虫剤としてのDDTは昆虫などの細胞小器官に効果があるものだが、実際の影響は生態系にまで及ぶ。すなわち理論上は一つの原子が生物圏全体に変化を及ぼしうる」という説明を行うことができるようになる。.

新しい!!: 生理学と生命の階層 · 続きを見る »

生理

生理(せいり)とは、.

新しい!!: 生理学と生理 · 続きを見る »

生理学

生理学(せいりがく、physiology)は、生命現象を機能の側面から研究する生物学の一分野。フランスの医師、生理学者であるによりこの用語が初めて導入された。.

新しい!!: 生理学と生理学 · 続きを見る »

生理学女性研究者の会

生理学女性研究者の会(せいりがくじょせいけんきゅうしゃのかい、英文名 Women in Physiology of Japan)は、生理学女性研究者相互の交流と研究環境の改善を図り、生理学の進歩発展を目的として1995年に設立された会。会の趣旨に賛同する日本生理学会の女性会員によって構成される 。 事務局を金沢大学医薬保健研究域保健学系リハビリテーション科学領域に置いている。.

新しい!!: 生理学と生理学女性研究者の会 · 続きを見る »

生理心理学

生理心理学(せいりしんりがく、英語:physiological psychology、psychophysiology)は、人間の生理学的な活動と心理学的な現象との関連を科学的に解明する心理学の一分野。 そのため、心理学と生理学の間にある学問であると言える。 例えば、スリリングな体験をすると手に汗を握る、と言った情動を伴う生理的な変化を測定し、こうした変化から心の身体の関連を調べる事を主とし、心電図、脳波・事象関連電位、脳磁図、体温、皮膚電位、筋電図、脳内血流計測などの様々な生理学的指標を測定する。.

新しい!!: 生理学と生理心理学 · 続きを見る »

生理食塩水

生理食塩水(せいりしょくえんすい)は、体液とほぼ等張の塩化ナトリウムの水溶液(食塩水)。日本薬局方・処方箋医薬品では塩化ナトリウムを0.9w/v%含有する食塩水を「生理食塩液」と定義している。これは、人間の体液とほぼ等張となる食塩水の濃度である。2005年4月1日の薬事法改正に伴い生理食塩水は処方薬扱いとなり、処方箋無しでの薬局店頭での販売ができなくなった。 なお生物の種が異なる場合、それぞれの体液の浸透圧が異なる例もある。生物学の実験では、それぞれの生物に対応した生理食塩水を用意することもある。.

新しい!!: 生理学と生理食塩水 · 続きを見る »

生理活性

生理活性(せいりかっせい、physiological activity, bioactivity)とは、生体内化学物質が生体の特定の生理的調節機能に対して作用する性質のことである。また、生理活性を持つ化学物質は生理活性物質(せいりかっせいぶっしつ、synthesis of physiological substance, physiologically active substance, bioactive substance)と呼ばれる。 生体内ではさまざまな生理機能が酵素の活性調節や受容体を介した細胞内シグナル伝達により調節されている。これらの調節作用は固有の生体物質を酵素や受容体が認識することで正あるいは負の調節作用が発現する。 この機能は酵素や受容体などホスト物質がゲスト物質である化学物質を認識することで生じる。そのため、ある化学物質が複数の異なる生理機能を持つホスト物質に対してそれぞれ作用する場合は、1種類の物質であっても複数の生理活性を持つということになる。逆にゲスト物質の認識にも揺らぎが存在する為、生体内物質以外の物質でも生理活性を持つものもある。あるいはホスト物質に対する作用を、ホスト物質以外の生体内物質が妨害することによっても、通常とは逆の調節機能を発現するので、結果として生理活性を持つということになる物質も存在する。.

新しい!!: 生理学と生理活性 · 続きを見る »

生物のカテゴリ一覧

:Category:生物以下の主要なカテゴリ。.

新しい!!: 生理学と生物のカテゴリ一覧 · 続きを見る »

生物学

生物学(せいぶつがく、、biologia)とは、生命現象を研究する、自然科学の一分野である。 広義には医学や農学など応用科学・総合科学も含み、狭義には基礎科学(理学)の部分を指す。一般的には後者の意味で用いられることが多い。 類義語として生命科学や生物科学がある(後述の#「生物学」と「生命科学」参照)。.

新しい!!: 生理学と生物学 · 続きを見る »

生物学に関する記事の一覧

---- 生物学に関する記事の一覧は、生物学と関係のある記事のリストである。ただし生物学者は生物学者の一覧で扱う。また生物の名前は生物学の研究材料としてある程度有名なもののみ加える。 このリストは必ずしも完全ではなく、本来ここにあるべきなのに載せられていないものや、ふさわしくないのに載せられているものがあれば、適時変更してほしい。また、Portal:生物学の新着項目で取り上げたものはいずれこのリストに追加される。 「⇒」はリダイレクトを、(aimai) は曖昧さ回避のページを示す。並べ方は例えば「バージェス動物群」なら「はしえすとうふつくん」となっている。 リンク先の更新を参照することで、このページからリンクしている記事に加えられた最近の変更を見ることが出来る。Portal:生物学、:Category:生物学も参照のこと。.

新しい!!: 生理学と生物学に関する記事の一覧 · 続きを見る »

生物学者の一覧

生物学者の一覧(せいぶつがくしゃのいちらん)は、生物学に関連する諸分野の業績で知られる人物を50音順に並べた一覧である。.

新しい!!: 生理学と生物学者の一覧 · 続きを見る »

生物無機化学

生物無機化学(せいぶつむきかがく、、)は、生体内における無機物の役割を研究する無機化学の一分野。生化学の一分野として無機生化学(むきせいかがく)と呼ばれることもある。主に生体中の金属イオンを扱う。 生物無機化学では、X線結晶構造解析を始めとする様々な分光法を用いて、生化学、無機化学、熱化学、物理化学、錯体化学などと関わりながら研究している。研究の成果は薬学や毒性学などへ応用される。.

新しい!!: 生理学と生物無機化学 · 続きを見る »

生物物理学

生物物理学(biophysics)は、生命システムを物理学と物理化学を用いて理解しようと試みる学際科学である。生物物理学は、分子スケールから一個体、果ては生態系まで、全階層の生物学的組織を研究対象とする。生化学、ナノテクノロジー、生物工学、農学物理学、システム生物学と密接に関係し、研究領域を共有することが多い。 分子生物物理学は、生化学や生物物理学が扱う生物学の問題に取り組むが、問題解決に対して定量的なアプローチを取ることが常である。一細胞内におけるさまざまなシステム(RNA生合成、RNA生合成、タンパク質生合成など)の間に起こる相互作用の理解、およびこれら相互作用の調節機構の理解に挑戦する。そしてこれらの問題を解くために、多種多様な実験手法が用いられる。 蛍光イメージング、電子顕微鏡法、X線結晶構造解析、核磁気共鳴分光法(NMR)、原子間力顕微鏡法(AFM)を用いて、生物学的に重要な構造体の可視化を行うことが多い。構造体のコンフォメーション変化の計測には、二重偏光干渉測定法(DPI)や円偏向二色性分析法(CD)などの技術を用いることが多い。光学ハサミや原子間力顕微鏡を用いて分子を直接操作する技術も、力や距離がナノスケールで問題となる生命現象をモニターする時に利用される。分子生物物理学者によく見られる特徴として、複雑な生命現象を数々の相互作用単位から成るシステムとして捉えることが多く、このシステムは統計力学、熱力学、化学反応速度論の立場から理解することが可能であると考えることが多い。多岐にわたる諸分野からの知識や実験手法などを用いることで、個々の分子や複合体間に起こる相互作用、または構造体そのものを直接的に観察、モデル化、操作などを行うことが出来るようになった。 生物物理学は、構造生物学や酵素反応速度論といった分子細胞生物学的なテーマを扱うことが伝統的に多かったが、今日では研究対象となる分野が飛躍的に拡大しつつある。生物物理学では物理学、数学、統計学などから派生したモデルや実験手法を、組織や臓器、生物集団や生態系などさらに大きなシステムに応用することが、近年ではますます多くなっている。.

新しい!!: 生理学と生物物理学 · 続きを見る »

生気論

生気論(せいきろん、vitalism)は、「生命に非生物にはない特別な力を認める」仮説である。生気説、活力説、活力論とも呼ばれる。.

新しい!!: 生理学と生気論 · 続きを見る »

生気象学

生気象学(せいきしょうがく、英語:biometeorology)とは、気象現象が人間をはじめとした生物に与える影響を研究する学問。気象学および生態学の一分野で、医学、衛生などにも強い関連性がある。 気象現象が持つ物理的・化学的な特性が作り出す環境は、人間、動物、植物に大きな影響を与える。大きなものとして健康への影響が挙げられ、高温多湿による熱中症、低温による凍傷や低体温症などの極端なものから、湿度や気温のバランスによる快適度、農業気象、洗濯物の乾きやすさまでをも扱い、生活にかかわる身近な事象も取り上げる。 季節現象などの長期的な事象との関係は、生気候学の範疇に入ってくる。こちらは気候と、生物の種や生態との関係を扱うが、生気象学と生気候学とはお互いに事象の長さが長いか短いかという違いしかなく、どちらに属するか決められないというテーマもしばしばある。.

新しい!!: 生理学と生気象学 · 続きを見る »

田口貞善

口 貞善(たぐち さだよし、1941年 - )は、日本の体育学者。奈良産業大学教授・京都大学名誉教授。教育学博士(東京大学)。運動と筋肉の生理学・生化学が専門。.

新しい!!: 生理学と田口貞善 · 続きを見る »

田崎一二

崎 一二(たさき いちじ、Tasaki Ichiji、1910年10月10日-2009年1月4日)は、日系アメリカ人の生理学者。米国 NICHD 所属の研究者。専門は生物物理学、神経科学。.

新しい!!: 生理学と田崎一二 · 続きを見る »

田中弘文

中 弘文(たなか ひろふみ、1966年12月12日 - )は、日本の生理学者。現在、テキサス大学オースティン校教育学部教授。専門は運動が及ぼす生活習慣病や動脈の特性への効果で日本の研究者とも広く共同研究を行っている.

新しい!!: 生理学と田中弘文 · 続きを見る »

無音

無音(むおん)は、音がない、または、聞こえない状態である。.

新しい!!: 生理学と無音 · 続きを見る »

無重量状態

無重力状態 無重量状態(むじゅうりょう じょうたい)とは、万有引力および遠心力などの慣性力が互いに打ち消しあい、それらの合力が0ないしは0とみなしうる程度に小さくなっている状態。台ばかりで計られるような類の重さ(すなわち重量)が0となっている状態であることから無重量状態と呼ばれる。類義語ないしは同義語としての無重力(むじゅうりょく)という言葉が用いられる。近年では、微小重力という語も用いられる。 無重量環境下の特徴は、無対流、無静圧、無浮力、無沈降、無接触浮遊などであり、薬品や合金の製造などにおいて、地表のような重力下では実現不能な現象を観察・利用できる。 無重量状態は、スペースシャトルのような宇宙機や宇宙ステーション内、飛行機の放物線飛行(パラボリックフライト、嘔吐彗星)によるもの、塔からの自由落下などにより、人工的につくることができる。 宇宙開発機関・企業に加えて、現代では航空会社が研究者向けのサービスとして無重量状態を含む飛行を請け負うこともあり、フランスのや日本のダイヤモンドエアサービスなどが実験支援する装置を搭載した航空機を飛行させている。.

新しい!!: 生理学と無重量状態 · 続きを見る »

熊澤茂則

澤 茂則(くまざわ しげのり、1963年1月 - )は、日本の農芸化学者(食品分析化学・食品機能化学)。学位は博士(農学)(名古屋大学・1995年)。静岡県立大学食品栄養科学部教授・大学院食品栄養環境科学研究院教授。新字体で熊沢 茂則(くまざわ しげのり)とも表記される。 三菱化成工業株式会社総合研究所研究員、三菱化成株式会社総合研究所研究員、三菱化学株式会社総合研究所副主任研究員、静岡県立大学食品栄養科学部助教授、静岡県立大学食品栄養科学部准教授などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と熊澤茂則 · 続きを見る »

畑正憲

畑 正憲(はた まさのり、1935年4月17日 - )は、日本の小説家、エッセイスト、ナチュラリスト、動物研究家、プロ雀士。愛称は「ムツゴロウさん」。日本エッセイスト・クラブ賞(1968年第16回)、菊池寛賞(1977年第25回)受賞、日本プロ麻雀連盟相談役であり初代十段位、最高位戦創案者。血液型A型。 エッセイストとして世間に知られるようになり、ナチュラリストとしての活動で世間的な知名度を高めた。その他、特殊なジャンルでのタレントとしても活躍している。 幼い頃より生き物に関心が深く、また文学への関心が高かったものの親の意向もあって東京大学理学部で動物学を学んだ。卒業後は教育用の科学映画の作成に関わり、ここでも生き物との関係が深くなった。その後動物関連のエッセーなどで作家としてデビュー。特にそのあだ名であるムツゴロウを冠したシリーズで人気を博す。他にやはり生物学の色が濃い小説も著す。 その後動物との共棲を目指して北海道に移住、後にこれが「ムツゴロウの動物王国」へと発展する。その他動物に造詣の深いキャラクターとして動物番組に登場し、あるいは麻雀など、他の趣味に関わってのテレビ出演もある。.

新しい!!: 生理学と畑正憲 · 続きを見る »

畔上道雄

上 道雄(あぜがみ みちお、1914年 - 1983年)は、電気・電子工学、電波工学、大脳生理学が専門の大学教授、ノンフィクション作家である。.

新しい!!: 生理学と畔上道雄 · 続きを見る »

片頭痛

片頭痛(へんずつう、migraine)とは、頭痛の一種で、偏頭痛とも表記する。頭の片側のみに発作的に発生し、脈打つような痛みや嘔吐などの症状を伴うのが特徴である。軽度から激しい頭痛、体の知覚の変化、吐き気といった症状によって特徴付けられる神経学的症候群である。生理学的には、片頭痛は男性よりも低血圧の女性に多い神経学的疾患であるThe International Classification of Headache Disorders, 2nd Edition。 典型的な片頭痛の症状は片側性(頭の半分に影響を及ぼす)で、拍動を伴って4時間から72時間持続する。症状には吐き気、嘔吐、羞明(光に過敏になる)、音声恐怖(音に過敏になる)などがある。およそ3分の1の人は「前兆」と呼ばれる、異常な視覚的、嗅覚的、あるいはその他の感覚の(片頭痛が間もなく始まることを示す)経験をするとされる。 初期治療としては、頭痛にNSAID鎮痛剤や、血管収縮剤であるエルゴタミン・トリプタンなどの服用、吐き気に制吐剤の服用、そしてさらなる発症の抑制がある。片頭痛の原因は未解明であるが、セロトニン作動性制御システムの障害であるという説が一般的である。 片頭痛には変異型があり、脳幹に由来するもの(カルシウムやカリウムイオンの細胞間輸送の機能不全が特徴的である)や、遺伝的性質のものなどがある。双子に関する研究で、片頭痛を発症する傾向への遺伝的影響が、60〜65パーセントの確率であることが分かった。さらに変動するホルモンレベルも、片頭痛と関係がある。思春期前には男女ほとんど同じ数だけ片頭痛を発症するのに対し、成人患者では実に75パーセントが女性なのである。片頭痛は妊娠中にはあまり発症しなくなると知られているが、中には妊娠中の方が頻繁に発症するという人もいる。.

新しい!!: 生理学と片頭痛 · 続きを見る »

牛島純一

牛島 純一(うしじま じゅんいち、1923年(大正12年)- )は、日本の生理学者・動物学者。専門は、家畜生理学。獣医学博士。元酪農学園大学学長。元酪農学園大学短期大学部学長.

新しい!!: 生理学と牛島純一 · 続きを見る »

瀧川修

瀧川 修(たきかわ おさむ)は、日本の生物学者・生理学者(機能生物化学・薬理学一般・病態医化学)。学位は医学博士(京都大学・1983年)。国立研究開発法人日本医療研究開発機構戦略推進部脳と心の研究課調査役。姓の「瀧」が常用漢字表に収録されていないため、滝川 修(たきかわ おさむ)と表記されることもある。 和歌山県立医科大学医学部助手、財団法人大阪バイオサイエンス研究所研究員、北海道大学医学部助教授、国立長寿医療センター研究所ラジオアイソトープ管理室室長、独立行政法人国立長寿医療研究センター研究所ラジオアイソトープ管理室室長などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と瀧川修 · 続きを見る »

発芽

パパイヤの種子発芽 発芽(はつが)とは、植物の種子やむかごなどから芽が出ること、また、胞子や花粉などが活動を始めることを指す用語である。似た用語に萌芽(ほうが)があるが、これは通常樹木の冬芽や切り株からの芽生えのことを指す。.

新しい!!: 生理学と発芽 · 続きを見る »

白岩善博

白岩 善博(しらいわ よしひろ、Yoshihiro Shiraiwa、1951年-)は、日本の植物代謝生理学者。筑波大学大学院生命環境科学研究科情報生物科学専攻教授、情報生物科学専攻長および生物科学系長を兼任。専門は植物代謝生理学。主に単細胞藻類の生理学的研究分野を扱っている。微細藻類の光合成二酸化炭素固定・炭素代謝および環境応答、バイオミネラリゼーション、微量元素などの生理機能に関する研究に長年携わる。特に、円石藻による二酸化炭素固定および炭酸カルシウム結晶(コッコリス)形成機構について強い関心を持っている。一方で「人間力の養成」を掲げ、大学院専門分野の科目を越えた「大学院共通科目」の導入を主導するなど、教育者としても積極的に活動している。.

新しい!!: 生理学と白岩善博 · 続きを見る »

DNAワクチン

DNAワクチンは、病原体を構成する成分の設計図であるDNAをワクチンにしたもの。遺伝子ワクチンとも呼ばれる。筋肉内に投与すると、DNAの指示にしたがって病原体の一部であるタンパク質を合成し、そのタンパク質に対する免疫が作成され疾患の治療に寄与するものである。.

新しい!!: 生理学とDNAワクチン · 続きを見る »

音響学

音響学(おんきょうがく、acoustics)とは、音の発生、音の伝播、聴覚器官による音響感覚、音楽、騒音 等々、音に関するあらゆる現象を扱う学問でありブリタニカ百科事典「音響学」、その領域は物理学・工学・心理学・生理学など多くの分野にわたる。.

新しい!!: 生理学と音響学 · 続きを見る »

音響信号処理

音響信号処理(おんきょうしんごうしょり、Acoustic signal processing)または音声信号処理(おんせいしんごうしょり、Audio signal processing)は、音または音を表す信号を処理することを指す。その表現形態はアナログの場合とデジタルの場合がある。 音響信号や音声信号は最終的に音として人間の耳で聴くものである。従って音響信号処理で最も重視されるのは、信号の中のどの部分が可聴であるかを数学的に解析することである。例えば、信号に様々な変換を施すときも、可聴域の制御が重視される。 信号のどの部分が聞こえて、どの部分が聞こえないかは、人間の聴覚系の生理だけで決まるものではなく、心理学的属性も大きく影響する。そのような面を解析する学問分野を音響心理学と呼ぶ。.

新しい!!: 生理学と音響信号処理 · 続きを見る »

適応

適応 (てきおう、Adaptation)とは、何らかの状況にふさわしいことや合致していることを指す言葉で分野ごとに異なった用法で用いられている。.

新しい!!: 生理学と適応 · 続きを見る »

聴覚過敏

聴覚過敏(ちょうかくかびん、)は、大抵の人が十分我慢できる音を、苦痛を伴う異常な音として経験することである。耳の病理と関係する生理学的な要素だけでなく、心理学的な要素も含まれている。 聴覚過敏症、音過敏(おとかびん)ともよばれる。普通の環境音に対する耐性が失われることもある。重度の聴覚過敏では、他の人々にとって何の問題もない音声が、患者にとってのみ不愉快で苦痛を伴う音として聴こえる。 重度の聴覚過敏の罹患率は、2〜3%以下である。 仕組みとモデルとしては、生化学モデル、聴覚遠心性神経の機能障害、中枢の聴覚利得、ジャストレボフの神経生理学的モデル、心理学的な仕組みとモデルなどが挙げられている。 聴覚過敏と関連する医学的症状として、末梢では、ベル麻痺、ラムゼイ・ハント症候群、あぶみ骨切除、外リンパ液ろう、中枢では、偏頭痛、うつ、頭部外傷、心的外傷後ストレス障害、ライム病、ウィリアムズ症候群が挙げられている。 心理学的治療法として、認知行動療法(CBT)が論文で批評されてきた唯一のアプローチである。この中で患者が即座にリラックスし、体と心の感覚(たとえばストレス)を自己制御することを徐々に学ぶ方法として応用リラクセーションがある。 音響療法として、耳栓、イヤーマフなどの聴覚プロテクターを、常日頃から使用することは避けるべきとされる。代わりに、信頼できる治療者の下で、音響療法アプローチとして、ピンクノイズ(オクターブごとに3dB減衰する)を自助的に聴くことが提案され、欧米では患者団体がコンパクトディスク等の形で配布している。 聴覚過敏についての国際会議が例年開催され、会議を通じて、専門家と一般からの参加者が、患者自身の経験を含めて、聴覚過敏の知識を共有している。第2回の会議が、2015年7月9日〜7月10日にロンドンで開催される予定である。.

新しい!!: 生理学と聴覚過敏 · 続きを見る »

テンレス1寸1番鍼 鍼(はり、Acupuncture)もしくは鍼治療(はりちりょう)とは、身体の特定の点を刺激するために専用の鍼を生体に刺入または接触する治療法である。中国医学等の古典的な理論に基づいており、中国・日本・韓国でそれぞれ発達した。このうち韓国が特に鍼を重視し、「一鍼二灸三薬」と言われている 日本東洋醫學雜誌54 社団法人日本東洋医学会。中国医学では、経穴を刺激することで経絡として知られる道を通る「気」の流れの異常を正すとされる。科学的調査では「気」、「経絡」、「経穴」、といった中国医学の概念に組織学的あるいは生理学的相互関係は見出されておらず、一部の現代の施術者は中国医学的手法に基づかない鍼療法を使用している。 UNESCOは「伝統中国医学としての鍼灸」(Acupuncture and moxibustion of traditional Chinese medicine)を、2010年11月16日に無形文化遺産に指定した。 現在、日本において鍼を業として行えるのは、医師および国家資格であるはり師の免許を持つ人である。 欧米では代替医療、医療類似行為に分類されている。 侵襲性はごくわずかであるものの、鍼灸針を使用したへの刺鍼は、プラセボ効果を十分に制御した治験を計画する時に支障を来す 。伝統的鍼治療と偽療法を比較した多くの研究によって、偽鍼治療と伝統的鍼治療の両方が通常治療よりも優れていたものの、両者の効果は同等であったことが示されている。これらの知見は経穴の特異性に関する中国医学理論と矛盾しているように見える。現在のエビデンスは鍼治療の効果が全てプラセボによるものである可能性を排除していない。 特定の症状に対する鍼治療の適用はアメリカ国立衛生研究所やイギリスの国民保健サービス、世界保健機関、アメリカ国立補完代替医療センターによって認められている。しかしながら、懐疑論者は様々な保健管理機関による鍼の承認に対して、ひどく軽率であり鍼の有効性に関する異論あるいは反論を含んいでないとして批判している。鍼治療はクリーン・ニードル・テクニック (CNT) を用いて施術した場合には一般的に安全であり、深刻な副作用の危険性は非常に低い。 以下では主に日本の鍼を解説する。.

新しい!!: 生理学と鍼 · 続きを見る »

草食動物

葉を食べる鹿とその子供 草食動物(そうしょくどうぶつ)とは、生きている植物を主な食物とする性質、すなわち草食性を示す動物のことである。植物食動物ともいわれる。.

新しい!!: 生理学と草食動物 · 続きを見る »

青木まりこ現象

青木まりこ現象(あおきまりこげんしょう)とは、書店に足を運んだ際に突如こみあげる便意である。.

新しい!!: 生理学と青木まりこ現象 · 続きを見る »

青木良仁 (生理学者)

青木良仁(あおき よしひと、1976年8月25日 - )は、歯科医師、歯学博士、生理学者。株式会社アスリートパワー代表取締役。パワーリフティング国体出場選手。180cm111kg。.

新しい!!: 生理学と青木良仁 (生理学者) · 続きを見る »

須藤新吉

藤 新吉(すどう しんきち、1881年(明治14年)7月4日 - 1961年(昭和36年)12月21日)は、日本の哲学者。元第一高等学校第一文学科主任教授。.

新しい!!: 生理学と須藤新吉 · 続きを見る »

血液循環説

血液循環説(けつえきじゅんかんせつ、theory of the circulation of the blood)とは「血液は心臓から出て、動脈経由で身体の各部を経て、静脈経由で再び心臓へ戻る」という説。1628年にウイリアム・ハーベーによって唱えられた。.

新しい!!: 生理学と血液循環説 · 続きを見る »

血液脳関門

ラットの血液脳関門の電子顕微鏡画像 血液脳関門(けつえきのうかんもん、blood-brain barrier, BBB)とは、血液と脳(そして脊髄を含む中枢神経系)の組織液との間の物質交換を制限する機構である。これは実質的に「血液と脳脊髄液との間の物質交換を制限する機構」=血液脳髄液関門 (blood-CSF barrier, BCSFB) でもあることになる。ただし、血液脳関門は脳室周囲器官(松果体、脳下垂体、最後野など)には存在しない。これは、これらの組織が分泌するホルモンなどの物質を全身に運ぶ必要があるためである。.

新しい!!: 生理学と血液脳関門 · 続きを見る »

食品栄養科学部

食品栄養科学部(しょくひんえいようかがくぶ、)は、大学に設置される学部の一つ。食品栄養科学に関する教育研究を実施する組織である。.

新しい!!: 生理学と食品栄養科学部 · 続きを見る »

飲酒の化学

飲酒の化学(いんしゅのかがく)では、飲酒などによりエタノールを摂取したことによる、人体に対する医学・生理学的影響について述べる。.

新しい!!: 生理学と飲酒の化学 · 続きを見る »

西洋医学

西洋医学(せいよういがく)は、欧米において発展した医学を指す用語である。明治初期から、欧米医学を指す言葉として用いられた 『しにか』8巻11号。正式な医学用語ではなく、俗語であり、文脈によって意味が異なる。 ヨーロッパ、アラビア(西洋)には、中国医学(東洋医学)とは異なる概念・理論・治療体系をもつ伝統医学(ギリシャ・アラビア医学、ユナニ医学)がある。これは古代ギリシャに始まり、四体液説・プネウマ論など基礎とするもので、アーユルヴェーダ(インド伝統医学)・中国医学と同じように全体観(ホーリズム)の医学である。各地の伝統医学は交流しながら発展した。西洋医学は、古代から現代までの西洋の医学を指す場合もあるが、ルネサンスに端を発し、その後自然科学と結合し19世紀後半に発展した近代医学または現代医学(正式名称は医学)を指すことが多い。 欧米では、医学を応用科学に含めるのが一般的である。.

新しい!!: 生理学と西洋医学 · 続きを見る »

診療放射線技師国家試験

診療放射線技師国家試験(しんりょうほうしゃせんぎしこっかしけん)とは、日本の国家資格である、診療放射線技師の免許を取得するための国家試験である。診療放射線技師法第18条に基づいて行われ、厚生労働省医政局が監修している。.

新しい!!: 生理学と診療放射線技師国家試験 · 続きを見る »

訃報 1997年5月

本項訃報 1997年5月は、1997年(平成9年)5月中に物故した人物の一覧である。.

新しい!!: 生理学と訃報 1997年5月 · 続きを見る »

訃報 2003年4月

本項訃報 2003年4月は、2003年(平成15年)4月中に物故した人物の一覧である。.

新しい!!: 生理学と訃報 2003年4月 · 続きを見る »

訃報 2009年4月

本項訃報 2009年4月は、2009年4月中に物故した人物の一覧である。.

新しい!!: 生理学と訃報 2009年4月 · 続きを見る »

訃報 2010年3月

本項訃報 2010年3月は、2010年3月中に物故した人物の一覧である。.

新しい!!: 生理学と訃報 2010年3月 · 続きを見る »

訃報 2012年5月

本項訃報 2012年5月は、2012年5月に物故した人物の一覧である。.

新しい!!: 生理学と訃報 2012年5月 · 続きを見る »

訃報 2015年6月

訃報 2015年6月は、2015年6月に物故した人物の一覧である。.

新しい!!: 生理学と訃報 2015年6月 · 続きを見る »

訃報 2018年5月

訃報 2018年5月(ふほう 2018ねん5がつ)では、2018年5月に物故した、又は物故が報じられた人物をまとめる。.

新しい!!: 生理学と訃報 2018年5月 · 続きを見る »

試薬

試薬(しやく、Reagent)もしくは試剤(しざい)とは、化学実験で反応させる目的で製造した薬品をさす呼称であり、メーカーが販売しているものを指すことが多い。同一の化合物であっても、生体や組織に作用させる薬品は試薬と呼ばれることは少なく、生化学あるいは生理学実験では薬剤と呼ばれる。そしてヒトや動物の疾患の治療に用いられる場合は医薬品(動物薬)である。一方、人工的な条件下で行う生物学実験などにおいては、酵素や受容体そのものを生体より取り出して作用させる場合にこれらを試薬と呼ぶこともある。 通常、薬剤や医薬品の場合は不純物が含まれていると副作用が発生し目的にそぐわないことが懸念される為、より高純度の製品であったり、場合によっては副作用を示さない保証の為に種々の確認試験が製品に施される。 化学用途の試薬の中でも汎用されるものには日本工業規格(JIS)に試薬特級、試薬一級という規格が設けられており、これを満たしているものだけがその規格名を冠して呼称される。それ以外の試薬では各メーカー毎に純度規格があり、規格の違いにより工業用試薬、一級試薬、特級試薬など呼ばれるが、これらはメーカーが独自に選定した呼称である。概ね工業用試薬は純度95%以下、一級相当試薬は95%前後、特級相当試薬は95%以上であることが多い。 また、特定の反応を起こす、あるいは分析に使われるものについては、純物質であるか混合物であるかを問わず、固有名として「○○試薬」と呼ばれることがある(求電子試薬、グリニャール試薬、ネスラー試薬など)。この中には、トレンス試薬のように、不安定なために市販品がなく、使用の直前に調製する必要があるものも存在する。.

新しい!!: 生理学と試薬 · 続きを見る »

語学教授法

語学教授法(ごがくきょうじゅほう)とは、実地教育の技法(教授法)のうち、特に言語教育に使われる技法を指す。広義には教育理念を含むことがあり、また、狭義には個別の教育テクニックを指すことがある。また、教授法として流通しているものには、本来「メソッド」と呼ばれるものと「アプローチ」と呼ばれるものが含まれる。.

新しい!!: 生理学と語学教授法 · 続きを見る »

骨相学

学(こっそうがく、Phrenologie)とは、脳は精神活動に対応する複数の器官の集合体であり、その器官・機能の差が頭蓋の大きさ・形状に現れると主張する学説である。19世紀に隆盛を誇ったが大脳生理学の発展によって、20世紀以降では否定されている。頭蓋測定学とも呼ばれる。.

新しい!!: 生理学と骨相学 · 続きを見る »

調節

調節(ちょうせつ)とは、ほど良く整えることである。.

新しい!!: 生理学と調節 · 続きを見る »

高岡倉太郎

岡 倉太郎(たかおか そうたろう/くらたろう、弘化3年(1846年) - 歿年不詳)は、江戸時代の御目見以上の武士、彰義隊士、新撰組隊士。槍太郎、蔵太郎とも書かれる。.

新しい!!: 生理学と高岡倉太郎 · 続きを見る »

高知大学

※ここまでは上記テンプレートへ入力すれば自動的に反映されます。 -->.

新しい!!: 生理学と高知大学 · 続きを見る »

高瀬幸子

幸子(たかせ さちこ、1934年1月 - )は、日本の栄養学者(栄養生理学)。学位は医学博士(東京大学)。静岡県立大学名誉教授、長崎県立大学名誉教授。 東京大学医学部助手、静岡女子大学家政学部講師、静岡県立大学食品栄養科学部助教授、静岡県立大学大学院生活健康科学研究科教授、県立長崎シーボルト大学看護栄養学部教授、浜松大学健康プロデュース学部教授、浜松大学大学院健康科学研究科研究科長などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と高瀬幸子 · 続きを見る »

高橋華王

橋 華王(たかはし かおう、1928年(昭和3年) - 2003年(平成15年)8月)は古武術研究家・武道家(宮本武蔵円明流判官派第14代宗家)、教育者、セルフディフェンスビクス発案者。東京理科大学経営学部教授。.

新しい!!: 生理学と高橋華王 · 続きを見る »

高橋順太郎

橋 順太郎(たかはし じゅんたろう、安政3年3月28日(1856年5月2日) - 大正9年(1920年)6月4日)は明治・大正期の、医師、医学博士、薬理学者。東京帝国大学医科大学、初代薬物学教授。医術開業試験医員、日本薬局方調査委員、理学文書目録委員会委員、東京帝国大学評議委員などをつとめた。正三位勲一等瑞宝章。通称:順太郎、諱:信之(もりゆき)。石川県金沢市出身。著作に「河豚之毒」「肝油ノ効果ヲ論ス」「『ファゴール』二就テ」など.

新しい!!: 生理学と高橋順太郎 · 続きを見る »

高橋迪雄

橋 迪雄(たかはし みちお、1939年5月8日 - )は、日本の動物生理学者。専門は獣医生理学。金沢市生まれ。.

新しい!!: 生理学と高橋迪雄 · 続きを見る »

高気圧酸素治療

気圧酸素治療(HBO、Hyperbaric oxygen therapy)とは、大気圧よりも高い気圧環境の中に患者を収容し、この患者に高濃度の酸素を吸入させることによって、病態の改善を図る治療の事である。.

新しい!!: 生理学と高気圧酸素治療 · 続きを見る »

高木健太郎

木 健太郎(たかぎ けんたろう、1910年3月17日 - 1990年9月24日)は、日本の医学者で参議院任期中に亡くなった。生理学の世界的権威。名古屋大学名誉教授、名古屋市立大学名誉教授。参議院議員 1980年-1990年 (2期)。.

新しい!!: 生理学と高木健太郎 · 続きを見る »

高木貞敬

木 貞敬(たかぎ さだゆき、1919年(大正8年) - 1997年(平成9年)10月11日)は、日本の神経生理学者。京都生まれ。1944年東京帝国大学医学部卒。1952年「後索後根標品に見られる遲電位」で東大医学博士。東大医学部講師、1954年群馬大学医学部生理学科教授。1983年定年退官、名誉教授。1976年『記憶のメカニズム』で毎日出版文化賞受賞。.

新しい!!: 生理学と高木貞敬 · 続きを見る »

谷津直秀

谷津 直秀(やつ なおひで、1877年9月8日 - 1947年10月2日)は日本の動物学者。日本の動物生態研究の礎を築いた人物。Ph.D.(コロンビア大学)。.

新しい!!: 生理学と谷津直秀 · 続きを見る »

鳥山英雄

鳥山英雄(とりやま ひでお、1924年6月 - )は日本の物理学者、理学博士、植物生理学、生体電位と地震前兆学の国際権威学者。日本現役活動している最長老の生物生理学者の一人、生物理学評論家、東京女子大学名誉教授。.

新しい!!: 生理学と鳥山英雄 · 続きを見る »

鳥類

鳥類(ちょうるい)とは、鳥綱(ちょうこう、Aves)すなわち脊椎動物亜門(脊椎動物)の一綱岩波生物学辞典 第4版、928頁。広辞苑 第五版、1751頁。に属する動物群の総称。日常語で鳥(とり)と呼ばれる動物である。 現生鳥類 (Modern birds) はくちばしを持つ卵生の脊椎動物であり、一般的には(つまり以下の項目は当てはまらない種や齢が現生する)体表が羽毛で覆われた恒温動物で、歯はなく、前肢が翼になって、飛翔のための適応が顕著であり、二足歩行を行う『鳥類学辞典』 (2004)、552-553頁。.

新しい!!: 生理学と鳥類 · 続きを見る »

鳥潟隆三

鳥潟 隆三(とりかた りゅうぞう、1877年(明治10年)8月20日 - 1952年(昭和54年)2月19日)は日本の生理学者、医学博士。 生前、1939年にノーベル生理学・医学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している。.

新しい!!: 生理学と鳥潟隆三 · 続きを見る »

黒羽根忠雄

黒羽根 忠雄(くろばね ただお、生没年不詳)は、日本の医学者、内科医。医学博士(東京慈恵会医科大学)。元・黒羽根内科医院院長。山形県鶴岡市出身。.

新しい!!: 生理学と黒羽根忠雄 · 続きを見る »

齊藤真也

齊藤 真也(さいとう しんや、1966年3月 - )は、日本の生理学者(薬理学)。学位は博士(獣医学)(東京大学・1995年)。静岡県立大学薬学部准教授・大学院薬学研究院准教授。 岩手大学農学部助手、東北大学薬学部助手、東北大学大学院医学系研究科助手などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と齊藤真也 · 続きを見る »

辛味

辛味(からみ)は味を分類する概念のひとつ。日本語ではトウガラシ・ワサビ・ショウガ・サンショウなどに代表される刺激的な味を「辛味」と表現する。 総じて激越な刺激であって、しばしば耐えがたいと感じさせることもある。しかし多くの場合食欲を増進させ新陳代謝を促進する効果があるので、暑さ負けなどに効果がある。さまざまな文化で料理に利用されており、特にトウガラシの辛さを好み日常的に多量に使う文化が世界各地にみられる。.

新しい!!: 生理学と辛味 · 続きを見る »

錯視

錯視(さくし、)とは、視覚に関する錯覚のことである。俗に「目の錯覚」ともよばれる。生理的錯覚に属するもの、特に幾何学的錯視については多くの種類が知られている。だまし絵とは異なる原理による。.

新しい!!: 生理学と錯視 · 続きを見る »

茹でガエル

茹でガエル(ゆでガエル)、茹でガエル現象(ゆでガエルげんしょう)、茹でガエルの法則(ゆでガエルのほうそく)とは、ビジネス環境の変化に対応する事の重要性、困難性を指摘するために用いられる警句のひとつ。 多くのコンサルタントや活動家などによって、自然科学上の実験結果であるかのように語られているが、実際には、カエルは温度が上がるほど激しく逃げようとするため疑似科学的な作り話が広まったものである。.

新しい!!: 生理学と茹でガエル · 続きを見る »

郡場寛

郡場 寛(こおりば かん、1882年(明治15年)9月6日 - 1957年(昭和32年)12月15日)は、日本の植物生理生態学者。理学博士。旧姓白戸。.

新しい!!: 生理学と郡場寛 · 続きを見る »

鈴木美希

鈴木 美希(すずき みき、1985年6月 - )は、日本の薬学者(神経科学・生理学)。学位は修士(薬学)(静岡県立大学・2011年)。静岡県立大学薬学部助教・大学院薬学研究院助教。.

新しい!!: 生理学と鈴木美希 · 続きを見る »

鈴木直義 (獣医学者)

鈴木 直義(すずき なおよし、1931年5月 - 2009年2月11日)は、日本の獣医学者。専門は獣医生理学や原虫病免疫学。元帯広畜産大学学長。.

新しい!!: 生理学と鈴木直義 (獣医学者) · 続きを見る »

鈴木裕一

鈴木 裕一(すずき ゆういち、1946年9月 - )は、日本の医師、医学者(生理学)。学位は医学博士(東北大学・1975年)。静岡県立大学食品栄養科学部教授・大学院生活健康科学研究科教授、日本消化吸収学会理事。.

新しい!!: 生理学と鈴木裕一 · 続きを見る »

舌(ぜつ、した)は、動物の口の中にある器官。脊椎動物の舌は、筋肉でできた突起物である。筋肉を様々に動かすことで、形や位置を自在に変えることができ、食物を飲み込む際、言葉をしゃべる(構音)際などに使われるので、消化器、運動器の働きをもつといえる。その運動は非常に細かく、正確にコントロールすることが可能。また、哺乳類の舌には、味覚を感じる受容器である味蕾(みらい)があり、感覚器でもある。 脊椎動物以外にあって舌と名づけられた構造は、脊椎動物の舌の形などとの類似性から名づけられたものが多く、その構造、役割などは様々である。中でも有名なものに、軟体動物の歯舌(しぜつ)がある。.

新しい!!: 生理学と舌 · 続きを見る »

防犯灯

防犯灯 防犯灯(ぼうはんとう)とは、防犯を目的として街路などに設置した電灯のことである。.

新しい!!: 生理学と防犯灯 · 続きを見る »

阿闍梨

阿闍梨(あじゃり、あざり、 アーチャーリヤ、阿舎梨・阿闍梨耶とも音写)とは、サンスクリットで「軌範」を意味し、漢語では師範・軌師範・正行とも表記するが、その意味は本来、正しく諸戒律を守り、弟子たちの規範となり、法を教授する師匠や僧侶のことである。.

新しい!!: 生理学と阿闍梨 · 続きを見る »

関西女子短期大学

記載なし。

新しい!!: 生理学と関西女子短期大学 · 続きを見る »

薬力学

薬力学 (やくりきがく、pharmacodynamics)は、薬物の動物、微生物、もしくはその中の寄生生物に対する生化学的、生理学的影響、生体内での薬物の作用の機構、または薬物の濃度と作用の関係などを研究する学問である 。 薬物動態学が「生体が薬物に対して何をなすかを調べる学問」と説明される一方で、薬力学はしばしば「薬物が生体に対して何をなすかを調べる学問」として説明される。薬力学は英語名から「PD」と省略されることがあり、薬物動態学の省略語「PK」と合わせて、薬物相互作用を論じる際に「PK/PD」と表記されることがある。 薬力学では薬物-受容体間の相互作用を定性的、定量的に考察する。薬物-受容体相互作用の概念は以下のモデルで示されることが多い。 ここでL.

新しい!!: 生理学と薬力学 · 続きを見る »

薬学

薬学(やくがく、pharmacy)とは、薬物を専門とする学問である。医療をサポートする学問領域の医療薬学と薬の発見と製造に関する領域の医薬品化学に大別される。.

新しい!!: 生理学と薬学 · 続きを見る »

薬剤学

薬剤学(やくざいがく、英語:pharmaceutics)とは薬物治療に資するために、未加工の原薬を加工し利用するための、より効果的な方法について研究する薬学の一分野である。.

新しい!!: 生理学と薬剤学 · 続きを見る »

薬理学

薬理学は様々な学問分野とリンクしている。 薬理学(やくりがく、Pharmacology)は生体内外の物質と生体の相互作用を、種々の研究方法により個体、臓器、組織、細胞、分子のレベルを貫いて総合的に研究し、さらに創薬・育薬などの薬物の疾病治療への応用を視野に入れ、薬物治療の基盤を確立する科学であると定義される。薬物と生体の相互作用の結果生じた現象の解析には解剖学、生理学、生化学、分子生物学、遺伝学、機能形態学などの基礎医学の知識が要求される。解析に用いる手法や対象により薬理学は様々な分野に細分化される。.

新しい!!: 生理学と薬理学 · 続きを見る »

薬理凶室

薬理凶室(やくりきょうしつ、英語表記:Unit.Yakuri)は複数のフリーライターの共同ペンネームである。爆笑秘密結社、あくのひみつけっしゃを自称している。.

新しい!!: 生理学と薬理凶室 · 続きを見る »

閉口反射

下顎張反射(かがくちょうはんしゃ)とは、閉口筋の急激かつ一過性の伸展により生じる閉口の反射を言う。膝蓋腱反射と同様な伸展(伸張)反射である 閉口反射(へいこうはんしゃ)は歯根膜-咬筋反射ともいい、リズミカルな咀嚼を生み出す。その反射弓は閉口筋筋紡錘→三叉神経中脳核ニューロン→閉口筋運動ニューロン→閉口筋の経路をとり、単シナプス性反射である。.

新しい!!: 生理学と閉口反射 · 続きを見る »

開口反射

開口反射(かいこうはんしゃ)とは、顔面口腔領域に対する侵害刺激によって急激な開口運動が引き起こされる反射である。侵害刺激で生じる開口反射には、口腔粘膜に対して侵害的に作用する外来物を吐き出すなどの意義を持つ。また、非侵害刺激でも誘発され、咬合力の調整に役立っていると考えられている。三叉神経上核に位置する抑制性介在ニューロンによって閉口筋が抑制されて開口が起こり、開口筋が積極的に関与することはないと言われている。 咀嚼運動は随意運動に属するが、他の骨格筋による運動と同じように細かな調整は反射(不随意運動)でななされている。また、様々な外的刺激に際して生体を防御する反射機構も備わっている。開口反射は、その防御的意味の強い反射で、口腔や口腔周辺に侵害刺激が加わった場合に生じるものである。食事中に石や砂を噛んで反射的に口を開くのは、この反射である。 口腔粘膜や口腔周辺の皮膚、歯牙(歯根膜の圧受容器)に刺激が加わると、これらの情報は三叉神経第2枝(上顎神経)及び第3枝(下顎神経)を求心路として中枢に向かう。中枢では、延髄の主に三叉神経主知覚核や三叉神経脊髄路核で介在ニューロンとシナプス結合し、更に介在ニューロンは三叉神経運動核で運動ニューロンとシナプス結合する。この運動ニューロンは三叉神経支配の筋を直接動かし、口を開かせる。.

新しい!!: 生理学と開口反射 · 続きを見る »

藤本守

藤本 守(ふじもと まもる、1931年(昭和6年) - )は、日本の生理学者。大阪医科大学元学長、名誉教授。.

新しい!!: 生理学と藤本守 · 続きを見る »

還元主義

還元主義(かんげんしゅぎ、Reductionism、Reduktionismus)は、 日本で比較的定着している定義では.

新しい!!: 生理学と還元主義 · 続きを見る »

脊柱管

脊柱管(せきちゅうかん、英語:vertebral canalまたはspinal canal、ラテン語:canalis vertebralis)とは、脊椎の椎孔が連なってできた細長い空間を指す。『生理学』という用語を初めて導入したとされるフランスの医師、生理学者であるが初めて記述した。上は大孔(大後頭孔)を通って頭蓋内に続き、下は仙骨の中で閉じている。脊柱管の内容物でもっとも重要なのは脊髄であり、その周りの構造は脊髄を守るためのものと考えることができる。 脊柱管の構造は、その水平断面を考えるとわかりやすい。椎骨を中ほどの高さで切ったとき、脊柱管の断面は正中に円く現れる。これはすなわち切られた椎骨の椎孔の断面でもある。その後方には棘突起、両外側には横突起、前方には椎体がある。脊柱管の体積のうち大部分は脊髄が占めている。脊柱管の断面を円とみなしたとき、中心のところにあるのが脊髄で、その周りでは中心に近いほうから順に軟膜、クモ膜下腔、クモ膜、硬膜、内椎骨静脈叢を入れた結合組織、椎骨の骨膜が層をなして脊髄を取り囲んでいる。骨膜は椎骨と密着しているので、脊柱管を内張りするような形になる。 脊髄の外側では、脊髄神経の前根と後根の間から、歯状靭帯という一対の靭帯が出る。歯状靭帯はクモ膜下腔とクモ膜を貫いて軟膜と硬膜を結び、脊髄を硬膜の中で動きまわらないように支えている。歯状靭帯は軟膜に一本ずつの細長い線を描いて付着し、脊柱管に沿って薄い膜の形に延びているが、硬膜の側では尖り、ある程度の距離をおいた点ごとに硬膜に付いている。歯状靭帯が硬膜に付く点は脊柱管の全体に片方で20箇所程度ある。この様子が(全体の薄く細長い形も含めて)鋸の歯に似ていることから「歯状」の名がある。 脊髄神経の前根と後根は合わさって、椎間孔から脊柱管を出る。椎間孔とは、隣り合った椎骨の突起が合わさって脊柱管を作るとき、両外側に開いた窓のような隙間である。椎間孔を出た脊髄神経はすぐに脊髄神経節を作り、そこから前枝と後枝に分かれてそれぞれの支配域に向かう。脊髄神経の出口は、その根が脊髄から出た場所よりも下にある。この差はより下の脊髄神経について大きく、腰椎の椎間孔から出る脊髄神経の根は、かなり上から長い距離を下ってきている。そのため、脊髄の本体は第2腰椎あたりの高さで終わるのに、その下にも脊髄神経の根が馬尾と呼ばれる束をなして下の出口へ延びている。 隣り合う椎骨の椎体は椎間板を挟んでいる。椎間板は椎間孔の高さに近く、その高さにおいて脊柱管の前壁をなしている。 以上の記述は脊柱管の全体に通用するものだが、脊椎の様子は部分ごとにかなり違うので、より詳しくは椎骨・頚椎・胸椎・腰椎・仙椎を参照されよ。.

新しい!!: 生理学と脊柱管 · 続きを見る »

脳の10パーセント神話

脳の10パーセント神話(のうの10パーセントしんわ、)とは、「ほとんど、あるいはすべての人間は脳の10%かそれ以下の割合しか使っていない」という長く語り継がれている都市伝説である。この伝説の誤った出典として、アルベルト・アインシュタインを含む多数の異なる人物が示されることがある。この伝説では「人間はこの未使用の潜在能力を用いることで知能を高めることができるかも知れない」という示唆が導かれる。 新たな経験や学習の後に灰白質で変化が起きることは確認されているが、それがどのような変化であるのかはいまだ解明されていない。脳の大部分が未使用の状態であり、後に未使用の部分を解放することができるという良くある考えは、科学ではなく民間伝承に基づいている。脳機能に関する謎は、たとえば記憶や意識と言った分野に残っているものの、脳機能マッピングによる生理学は脳のすべての領域に機能があることを示唆している。.

新しい!!: 生理学と脳の10パーセント神話 · 続きを見る »

脳機能イメージング

脳機能イメージング(のうきのうイメージング)とは、生きている脳内の各部の生理学的な活性(機能)を様々な方法で測定し、それを画像化すること、あるいはそれに用いられる技術。脳で行われる様々な精神活動において、脳内の各部位がどのような機能を担っているのかを結びづける研究資料になる。また、正常の状態と比べることで、脳の病気の診断にも用いることができる。 脳の構造を画像化することは、診断や研究のために比較的古くから行われていたが、機能的な状態を画像化する試みは1980年代になって行われるようになった。 脳血流動態を観察する方法として、機能的磁気共鳴画像法 (fMRI)や、ポジトロン断層法 (PET) 、近赤外線分光法 (NIRS) 、内因性光計測法 (ISOI)などがある。また神経細胞の電気活動を可視化する方法として脳電図 (脳波)、脳磁図 (MEG)、膜電位感受性色素イメージング法 (VSDI)などがある。.

新しい!!: 生理学と脳機能イメージング · 続きを見る »

脳波

ヒトの脳波 脳波(のうは、Electroencephalogram:EEG)は、ヒト・動物の脳から生じる電気活動を、頭皮上、蝶形骨底、鼓膜、脳表、脳深部などに置いた電極で記録したものである。英語の忠実な訳語として、脳電図という呼び方もあり、本来は、脳波図と呼ぶべきであるが、一般的には「脳波」と簡略化して呼ばれることが多い。脳波を測定、記録する装置を脳波計(Electroencephalograph:EEG)と呼び、それを用いた脳波検査(electroencephalography:EEG)は、医療での臨床検査として、また医学、生理学、心理学、工学領域での研究方法として用いられる。検査方法、検査機械、検査結果のどれも略語はEEGとなるので、使い分けに注意が必要である。 個々の神経細胞の発火を観察する単一細胞電極とは異なり、電極近傍あるいは遠隔部の神経細胞集団の電気活動の総和を観察する(少数の例外を除く)。 近縁のものに、神経細胞の電気活動に伴って生じる磁場を観察する脳磁図(のうじず、Magnetoencephalogram:MEG)がある。.

新しい!!: 生理学と脳波 · 続きを見る »

野菜

様々な野菜。 野菜(やさい、vegetable)は、食用の草本植物の総称『健康・栄養学用語辞典』中央法規出版 p.636 2012年。水分が多い草本性で食用となる植物を指す。主に葉や根、茎(地下茎を含む)、花・つぼみ・果実を副食として食べるものをいう。.

新しい!!: 生理学と野菜 · 続きを見る »

野間昭典

野間 昭典(のま あきのり)は、生理学者、京都大学名誉教授、立命館大学教授。.

新しい!!: 生理学と野間昭典 · 続きを見る »

臨床工学技士

臨床工学技士(りんしょうこうがくぎし、Clinical Engineer, CE, Clinical Engineering Technologist, CET, Medical Engineer, ME)は、医療に関する日本の国家資格の一つである。英語表記については、多く存在するが職能団体である日本臨床工学技士会はClinical Engineerに統一している。.

新しい!!: 生理学と臨床工学技士 · 続きを見る »

自律神経系

自律神経系(じりつしんけいけい、Autonomic nervous system)は、末梢神経系のうち植物性機能を担う神経系であり、動物性機能を担う体性神経系に対比される。自律神経系は内臓諸臓器の機能を調節する遠心性機序と内臓からの情報を中枢神経系に伝える求心性の機序という2つの系からなる。 交感神経系と副交感神経系の2つの神経系で構成されている。 また、腸管を支配する神経系として壁内腸神経系と呼ばれる神経系もある。発生学的には脳よりも早い。また、壁内腸神経系を第2の脳とも言われている。.

新しい!!: 生理学と自律神経系 · 続きを見る »

自然学小論集

『自然学小論集』(Μικρὰ φυσικά、Parva Naturalia)とは、古代ギリシャの哲学者アリストテレス名義の、人間にまつわる自然哲学小論文7篇を、まとめたもの。.

新しい!!: 生理学と自然学小論集 · 続きを見る »

自然治癒力

自然治癒力(しぜんちゆりょく、ラテン語 vis medicatrix naturae、spontaneous remission)とは、人間・動物などの心身全体が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力・機能を広くまとめて指す表現。手術を施したり、人工的な薬物を投与したりしなくても治る機能のこと。「自己治癒力」とも呼ばれる。.

新しい!!: 生理学と自然治癒力 · 続きを見る »

金光不二夫

金光不二夫(かねみつ ふじお、1927年3月5日―2000年2月19日)は、日本のロシア語翻訳家。 東京出身。1953年東京外国語大学ロシア語科卒。東京経済大学講師。自然科学系の翻訳を多くした。妻もロシア語学者の金光節(セツ)。.

新しい!!: 生理学と金光不二夫 · 続きを見る »

金沢大学の人物一覧

金沢大学の人物一覧(かなざわだいがくのじんぶついちらん)は、金沢大学に関係する人物の一覧記事。.

新しい!!: 生理学と金沢大学の人物一覧 · 続きを見る »

長崎県出身の人物一覧

長崎県出身の人物一覧(ながさきけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する長崎県出身の人物の一覧表である。.

新しい!!: 生理学と長崎県出身の人物一覧 · 続きを見る »

酪農学園大学の人物一覧

酪農学園大学の人物一覧は酪農学園大学に関係する人物の一覧記事。.

新しい!!: 生理学と酪農学園大学の人物一覧 · 続きを見る »

酸性食品とアルカリ性食品

酸性食品とアルカリ性食品(さんせいしょくひんとアルカリせいしょくひん、Acid Food and Alkaline Food)、健康科学では食品が身体に与える影響を、いくつかの指標で判断して食品を酸性やアルカリ性に分類している場合がある。それらの理論ではその影響が論じられ、一般に酸による良くない影響が懸念される。こうした分類を参考にした食事法は、、酸・アルカリ食事法と呼ばれている。 しかしながら、下記の通り、こうした主張には科学的根拠が無いとする意見もあり、しばしば疑似科学の一つとしてみなされている。 スイスの生理学者、による、肉を食べると含硫アミノ酸が硫酸に変化し、体組織を酸性にするのでアルカリ性のミネラルを摂取する必要があると主張し、日本でも酸性・アルカリ性の議論が行われるようになった。日本では、1990年代には主張を裏付ける実験を引用しないまま、分類は無意味だという主張が重んじられた。高橋久仁子、左巻健男は、無意味だという説を一般書にて大衆に示してきた。 一方2007年に世界保健機関(WHO)は、タンパク質中の含硫アミノ酸、メチオニン、システインの酸が骨のカルシウムを流出させるため骨の健康に影響を与えるため、カリウムを含む野菜や果物のアルカリ化の効果が少ないときカルシウムを損失させるため骨密度を低下させると報告したし、2010年の日本の管理栄養士の国家試験のテキストはこの分類を掲載している。医学的な研究は、骨や、高齢者の筋肉量の保存に関わり、尿路結石、痛風との関係を示してきた。.

新しい!!: 生理学と酸性食品とアルカリ性食品 · 続きを見る »

酒井邦嘉

酒井 邦嘉(さかい くによし、1964年9月17日- )は、日本の脳生理学者、東京大学教授。.

新しい!!: 生理学と酒井邦嘉 · 続きを見る »

酒井文徳

酒井 文徳(さかい ふみのり、1921年4月16日 - 1995年12月28日)は日本の医学者(腎臓生理学、薬理学、毒性学)。.

新しい!!: 生理学と酒井文徳 · 続きを見る »

酒井敏夫

酒井 敏夫(さかい としお、1920年6月21日 - 2012年5月23日)は、日本の医学者・生理学者、東京慈恵会医科大学名誉教授。.

新しい!!: 生理学と酒井敏夫 · 続きを見る »

酔い

酔い(よい)とは、生理現象の一種。酔いには酒などを摂取した時に引き起こされる酒酔い(drunkenness)と、乗り物などに乗った時に起こる乗り物酔い(kinetosis)の二種類がある。 詳細は各項参照。.

新しい!!: 生理学と酔い · 続きを見る »

酔拳

酔拳(すいけん、Zui Quan 、Drunken boxing 、Drunken Fist)とは中国武術の一種。まるで酒に酔っ払ったかのような独特な動作が特徴的な拳種に冠せられた総称である。 実際は中国武術に「酔拳」という名称の門派(流派)は無く、「酔八仙拳」や「東海酔拳」「武松酔拳」「酔酒魯智深拳」「魯智深酔拳」「酔羅漢拳」「酔酒拳」「酔盃拳」など、中国の南北に多数の酔拳と称される拳があるだけである。中国武術の分類においては地功拳(地身尚拳)系や象形拳に分類され、地面の上を転げ回りながら戦うことに適し、また足場の悪い場所での戦いにも適すると言う。現在では、大会における表演武術としても知られている。有名な映画のコピー「酔えば酔うほど強くなる」はよく知られているが、実際にはフィクションのように酒を飲んで戦う拳法ではない。水滸伝の登場人物(花和尚魯智深など)が伝説上の始祖とされることもある。.

新しい!!: 生理学と酔拳 · 続きを見る »

色(いろ、color)は、可視光の組成の差によって感覚質の差が認められる視知覚である色知覚、および、色知覚を起こす刺激である色刺激を指す『色彩学概説』 千々岩 英彰 東京大学出版会。 色覚は、目を受容器とする感覚である視覚の機能のひとつであり、色刺激に由来する知覚である色知覚を司る。色知覚は、質量や体積のような機械的な物理量ではなく、音の大きさのような心理物理量である。例えば、物理的な対応物が擬似的に存在しないのに色を知覚する例として、ベンハムの独楽がある。同一の色刺激であっても同一の色知覚が成立するとは限らず、前後の知覚や観測者の状態によって、結果は異なる。 類語に色彩(しきさい)があり、日本工業規格JIS Z 8105:2000「色に関する用語」日本規格協会、p.

新しい!!: 生理学と色 · 続きを見る »

色素

色素(しきそ、coloring matter, pigment)は、可視光の吸収あるいは放出により物体に色を与える物質の総称。 色刺激が全て可視光の吸収あるいは放出によるものとは限らず、光の干渉による構造色や真珠状光沢など、可視光の吸収あるいは放出とは異なる発色原理に依存する染料や顔料も存在する。染料や顔料の多くは色素である。応用分野では色素は染料及び顔料と峻別されず相互に換言できる場合がある。色素となる物質は無機化合物と有機化合物の双方に存在する。.

新しい!!: 生理学と色素 · 続きを見る »

苦味

アドリアーン・ブラウエル『苦い薬』シュテーデル美術館収蔵 苦味(にがみ)は五基本味の一つの味覚である。.

新しい!!: 生理学と苦味 · 続きを見る »

蛍光顕微鏡

リンパス製の落射型蛍光顕微鏡・鏡筒上にデジタルカメラが接続されている。この蛍光顕微鏡には微分干渉顕微鏡のユニットも組み込まれている。 蛍光染色を行って蛍光顕微鏡で観察したリンパ管内皮細胞 蛍光顕微鏡(けいこうけんびきょう、Fluorescence microscope, Epifluorescent microscope, MFM)は、生体または非生体試料からの蛍光・燐光現象を観察することによって、対象を観察する顕微鏡である。反射光や透過光画像と同時に観察することもある。生物学・医学における研究、臨床検査、浸透探傷検査などに用いられる。.

新しい!!: 生理学と蛍光顕微鏡 · 続きを見る »

難波成任

難波 成任 (なんば しげとう、1951年 - )は、日本の植物病理学者。 専門は植物ウイルス学、植物細菌学、微生物学、分子生物学、感染生理学、。農学博士 (1982)。東京都千代田区出身。東京大学教授。 最小生命体であるファイトプラズマや無生物である植物ウイルスについて、その全ゲノム解読や病原性遺伝子・抵抗性遺伝子・宿主特異性決定機構などの解明に世界に先駆け成功するなどの研究成果を挙げ、これらナノ病原体に普遍的な知見をもたらし、さらに最先端の研究成果を臨床現場に生かす先端技術を確立し、初めてを開設するなど臨床を展開した。.

新しい!!: 生理学と難波成任 · 続きを見る »

電磁波

電磁波(でんじは )は、空間の電場と磁場の変化によって形成される波(波動)である。いわゆる光(赤外線、可視光線、紫外線)や電波は電磁波の一種である。電磁放射()とも呼ばれる。現代科学において電磁波は波と粒子の性質を持つとされ、波長の違いにより様々な呼称や性質を持つ。通信から医療に至るまで数多くの分野で用いられている。 電磁波は波であるので、散乱や屈折、反射、また回折や干渉などの現象を起こし、 波長によって様々な性質を示す。このことは特に観測技術で利用されている。 微視的には、電磁波は光子と呼ばれる量子力学的な粒子であり、物体が何らかの方法でエネルギーを失うと、それが光子として放出される。また、光子を吸収することで物体はエネルギーを得る。.

新しい!!: 生理学と電磁波 · 続きを見る »

電解質

電解質(でんかいしつ、英語:electrolyte)とは溶媒中に溶解した際に、陽イオンと陰イオンに電離する物質のことである。これに対し、溶媒中に溶解しても電離しない物質を非電解質という。 一般に電解液は電気分解が起こる以上の電圧をかければ電気伝導性を示すが、電解液でないものは電気抵抗が大きい。また、ほとんど溶媒中に溶解しないものは電解質にも非電解質にも含まれない。 溶融した電解質や固体の電解質というものも存在する。 つまり、物質を水に溶かしたとき、イオンになるものとならないものがあり、電気を通す物質はイオンになるものである。これを電解質という。 電解質溶液は十分に高い電圧(一般に数ボルト程度)をかけると電気分解することが可能である。「電解質」という名称はこのことから付けられた。電気分解を起こすことのできる理論分解電圧 V ′ はギブス自由エネルギー変化と以下の関係にある。実際には過電圧のため理論分解電圧より高い電圧を必要とする。.

新しい!!: 生理学と電解質 · 続きを見る »

電解質代謝

電解質代謝(でんかいしつたいしゃ、、electrolyte metabolism、Elektrolytstoffwechsel)は、溶媒中に溶解して伝導性をもった物質が生体個々の細胞に出入りし、生体内に分布する動態をいう。.

新しい!!: 生理学と電解質代謝 · 続きを見る »

電気生理学

電気生理学(でんきせいりがく)とは、神経、脳、筋肉、心臓やその他の組織または細胞の電気的性質と生理機能との関係を解明する生理学の一部門、またはそれに用いられる実験技術である。特に神経生理学は電気生理学的研究が中心であり、また現代ではイオンチャネル、受容体など分子レベルの研究が進められている。.

新しい!!: 生理学と電気生理学 · 続きを見る »

連鎖状態記述記号

連鎖状態記述記号(れんさじょうたいきじゅつきごう、記号: 오)とは、光吉俊二の博士論文 で、これを日本機械学会が出版した『感覚・感情とロボット』により詳しく、かつ修正されて掲載された오という記号、または演算子をいう。 同氏の論文では生理反応のホメオスタシスを連鎖状態記述して非線形を線形にする手段として오という記号を使い連鎖状態記述を講じて演算している。よって、連鎖状態記述演算子ともいう。 これを論文では量連鎖記号と表現しているが、特許文章では連鎖状態記述記号(もしくはクオンタル演算子)とされている。この演算子初期の名称混乱から、発明者の名前を取り単純に光吉演算子と呼ぶこともある。 具体的には、反応速度が其々に異なる生理指標群と感情群の関係を感情地図として、このダイナミックモデルを数学として扱うために作られたこの演算子(記号)は、例えば一個のリンゴを二つにか分けることを考えて、二等分ならば、リンゴの質量を基準1として、0.5の質量になったリンゴの断片が二つに分かれた状態を式で表す場合 と記述する。 この時の記号오を初期の論文では量連鎖記号とした。 一方、物理的には現実の二分割では、例えば、0,3と0.7のような場合もある。 となる。 そこで、0.5오0.5に0.3오0.7を内在させるため総和1に対しての오記号にスライダー表記特性を持たせ分割中心を連続移動とすることでこの問題を解決した。 よって、 と表記することであらゆる連続性ポテンシャルを含むと定義する。 すなわち=を挟む両辺其々の総和を安定させた。 また、同氏の博士論文ではこの演算子にΣの記述手法を採用して、ab間隔を反応範囲の閾値とし、反応速度の変化(加速)を関数としてkにもたせることで、人体のホメオスタシスをシンプルな連鎖状態記述することが出来た。 また、微分を使わないで複雑な状態をシンプルな数式に落とすことに成功した。 この計算記述手法は現在、医学生理学に限らず、物理学、経済学などへ応用する試みが起きている。 また、今後の課題として、この定義において をどうしたらいいのか? という課題がある。 これを記号にすると そうなると総和aに対して二倍をなんとするのかが問題となる。 それが÷b状態の二倍なら二回となり、a÷bの量の二倍なら量となり、多様性を生むことが明確になる。 注意: 오は記号フォントがまだない為、フォント組み合わせツールを使い作製、本来は頭部スライダー部分は正円で少し小さめで、縦棒が長めになる。.

新しい!!: 生理学と連鎖状態記述記号 · 続きを見る »

進化生物学

進化生物学(しんかせいぶつがく、evolutionary biology)あるいは進化学は生物学の一分野で、共通祖先からの種の起源や進化、繁殖、生物多様性などについて研究を行う。進化生物学にはやや異なる二つの側面がある。一つは生物の種は共通祖先からどのような歴史をたどってきたかを明らかにする面で、分子遺伝学、分岐分類学、古生物学などと密接に連携する。もう一方は自然選択や中立進化など、進化を駆動する要因やメカニズムを明らかにする面である。これは分子遺伝学、集団遺伝学、生態学、ゲーム理論などと密接に関連する。 生物の進化は現代生物学の基盤をなしており、究極的には生物学のあらゆる発見は進化の解明と結びついている。したがって進化生物学は学際的な分野で、フィールドと研究室両方の広い分野の研究者が関わる。進化生物学者の中には哺乳類学、鳥類学、爬虫類学などそれぞれの専門分野を持つ者が多いが、これらをケーススタディとして進化の一般的な問題に答えるのである。また進化の速度や様式を研究するのに化石を用いる古生物学者や地質学者、集団遺伝学や進化心理学の分野で活躍する理論科学者も関わることがある。発生生物学は進化の総合説に取り込まれなかったが、1990年代になって進化発生生物学の研究が行われるようになり、再び進化生物学の範疇に加わった。 進化生物学の知見は、人間の社会文化的進化の研究や進化心理学に強く反映されている。また進化生物学の考え方の枠組みや概念的な道具は、今ではコンピューティングからナノテクノロジーまで様々な範囲の分野で適用されている。人工生命はバイオインフォマティクスの一分野であり、進化生物学で記述される生物の進化をモデル化することを目指すものである。通常、これは数学とコンピュータモデルを使って研究される。.

新しい!!: 生理学と進化生物学 · 続きを見る »

陳全壽

陳 全壽(チン・ゼンジュ、1941年9月9日 -)とは、中華民国国籍のスポーツ選手である。.

新しい!!: 生理学と陳全壽 · 続きを見る »

In vitro

(イン・ビトロ/ヴィトロ)とは、生物学の実験などにおいて、試験管内などの人工的に構成された条件下、すなわち、各種の実験条件が人為的にコントロールされた環境であることを意味する。語源はラテン語の「ガラスの中で(試験管内で)」。対立する概念は in vivo である。.

新しい!!: 生理学とIn vitro · 続きを見る »

In vivo

(イン・ビボ)とは、「生体内で」を意味する用語であり、学術論文などにもしばしば登場する。由来はラテン語。.

新しい!!: 生理学とIn vivo · 続きを見る »

L-アラビノースオペロン

L-アラビノースオペロン (L-arabinose operon) は、大腸菌 (Escherichia coli) がアラビノースを異化するために必要な酵素をコードするオペロンである。araやara BADオペロンとも呼ばれる。正負両方の制御を行い、アロステリック効果を実現する。 1970年代から分子生物学の分野で興味を持たれ、遺伝学、生化学、生理学、生物物理学等の分野でも熱心に研究されてきた。 大腸菌では、アラビノースはペントースリン酸経路の中間体であるキシルロース-5-リン酸に変換され、代謝経路に入る。.

新しい!!: 生理学とL-アラビノースオペロン · 続きを見る »

Mr.FULLSWINGの登場人物

Mr.FULLSWINGの登場人物(ミスターフルスイングのとうじょうじんぶつ)は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載されていた鈴木信也の漫画『Mr.FULLSWING』に登場する架空の人物及び学校の一覧である。 なお、声はドラマCDにおけるキャストである。.

新しい!!: 生理学とMr.FULLSWINGの登場人物 · 続きを見る »

N

Nは、ラテン文字(アルファベット)の14番目の文字。小文字は n。ギリシャ文字の (ニュー) に由来し、キリル文字の と同系の文字である。.

新しい!!: 生理学とN · 続きを見る »

NO.6

|- | colspan.

新しい!!: 生理学とNO.6 · 続きを見る »

PPP

PPP.

新しい!!: 生理学とPPP · 続きを見る »

RDG レッドデータガール

『RDG レッドデータガール』(アールディージー レッドデータガール)は、荻原規子による日本のファンタジー小説のシリーズ。2008年7月から2012年11月まで、全6巻が角川書店から刊行された。挿画は単行本・文庫版共に酒井駒子が担当している。 2013年4月から6月にかけてテレビアニメが放送された。キャラクター原案と角川スニーカー文庫版の挿画は岸田メルが担当。アニメーション制作はP.A.WORKS。また、『月刊少年エース』(角川書店)2012年12月号よりコミック版の連載が開始。キャラクター原案はアニメの岸田準拠で、作画は琴音らんまるが担当している。.

新しい!!: 生理学とRDG レッドデータガール · 続きを見る »

RGB

加法混合の例。スクリーンに原色の光を投影すると、光が重なったところが二次色になる。三原色の光が適度な割合で混ざると白になる RGBカラーモデルのカラーホイール。 スペクトル RGB(またはRGBカラーモデル)とは、色の表現法の一種で、赤 (Red)、緑 (Green)、青 (Blue) の三つの原色を混ぜて幅広い色を再現する加法混合の一種である。RGBは三原色の頭文字である。ブラウン管(CRT)や液晶ディスプレイ(LCD)、デジタルカメラなどで画像再現に使われている。 同様の表色系に「RGBA」というものもある。これは赤 (Red)、緑 (Green)、青 (Blue)、アルファチャンネル (Alpha) の略である。RGBAはカラーモデルとしてはRGBと異なるものではないが、異なる表現法である。アルファチャンネルは透過(透明度)を表現するもので、画像合成などに使われる補助的なデータである。 RGBカラーモデル自体は、「赤」・「緑」・「青」とは測色学(colorimetry、比色法)的にどのような色を意味するかを定義していない。赤・緑・青の三原色を測色学的に厳密に定量化した場合、sRGBやAdobeRGBなどさまざまな色空間(RGB色空間)が定義される。ここでは、RGBカラーモデルを使う異なるRGB色空間に共通した概念や、かつて電子工学分野で使用されていたカラーモデルについて説明する。.

新しい!!: 生理学とRGB · 続きを見る »

USMLE

United States Medical Licensing Examination(USMLE、ユーエスエムエルイー、米国医師免許試験)は、FSMB(Federation of State Medical Boards:医事審議会連合)とNBME(National Board of Medical Examiners:国立医療試験審議会)によって主催される、アメリカ合衆国の医師免許試験。3ステップで構成される。 一般にアメリカ合衆国内のメディカル・スクールの在学生・卒業生(医学博士, M.D.)は、各州で医師免許取得の際にUSMLEの3段階の試験に合格することが要求される。また、アメリカ合衆国以外における医学校を卒業した学生がアメリカ合衆国各州で医師免許取得し診療を行う場合にも、USMLEの3段階の試験に合格することが必要である。 オステオパシーの在学生・卒業生(D.O.)の場合、USMLEを受験することも可能であるが、ほとんどの場合「Comprehensive Osteopathic Medical Licensing Examination:COMLEX(整体医学総合試験)」を受験し、医業の免許を取得していく。.

新しい!!: 生理学とUSMLE · 続きを見る »

抱合

抱合(ほうごう)はおもに次の2つの意味で用いられる。.

新しい!!: 生理学と抱合 · 続きを見る »

暉峻義等

暉峻 義等(てるおか ぎとう、1889年9月3日 - 1966年12月7日)は、日本の生理学者・産業医学者。日本における「労働科学」の創設者として知られる。.

新しい!!: 生理学と暉峻義等 · 続きを見る »

柘植秀臣

柘植 秀臣(つげ ひでおみ、1905年9月10日 - 1983年5月4日)は日本の大脳生理学者。.

新しい!!: 生理学と柘植秀臣 · 続きを見る »

柔道整復学科

柔道整復学科(じゅうどうせいふくがっか)は、大学の学科のひとつ。柔道整復学・柔道整復術の教育、研究がなされている。また、規定単位を修得し卒業(見込み)することにより柔道整復師国家試験の受験資格が得られる。 現状では柔道整復師の養成学校は3年制の専門学校が9割以上を占めているが、技術の向上、柔道整復学の学問の確立を目指し大学教育へと移行しつつある。また、学問として確立されていないため柔道整復学科の名称を用いない大学もある。.

新しい!!: 生理学と柔道整復学科 · 続きを見る »

柔道整復師国家試験

柔道整復師国家試験(じゅうどうせいふくしこっかしけん)とは、柔道整復師の資格を取得するための試験である。 柔道整復師法第10条に基づいて行われる。厚生労働省医政局監修。試験の実施に関する事務は、厚生労働大臣の委任を受けた公益財団法人柔道整復研修試験財団が行う。1993年(平成5年)に第1回の柔道整復師国家試験が実施され、毎年1回の試験が行われている。.

新しい!!: 生理学と柔道整復師国家試験 · 続きを見る »

林久由

林 久由(はやし ひさよし、1966年5月 - )は、日本の生理学者(生理学)。学位は博士(食品栄養科学)(静岡県立大学・1998年)。静岡県立大学食品栄養科学部准教授・大学院食品栄養環境科学研究院准教授。 トロント小児病院博士研究員、静岡県立大学食品栄養科学部講師などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と林久由 · 続きを見る »

恐怖症

恐怖症(きょうふしょう、英:phobia)は、特定のある一つのものに対して、心理学的および生理学的に異常な恐怖を感じる症状である。.

新しい!!: 生理学と恐怖症 · 続きを見る »

杏林大学

建学の精神は「眞・善・美の探究」である。 建学の精神を通じて、優れた人格を持ち、人のために尽くすことの出来る国際的な人材の育成を目指している。.

新しい!!: 生理学と杏林大学 · 続きを見る »

条件反射

条件反射(じょうけんはんしゃ)とは、動物において、訓練や経験によって後天的に獲得される反射行動のこと。ソビエト連邦の生理学者イワン・パブロフによって発見され、パブロフの犬の実験で有名になった。 「パブロフの犬」のような唾液分泌の条件付けは、長い間、哺乳類などの高等生物にのみ起こると考えられていたが、条件付けのモデル生物としての意味ではアメフラシなどにも起こる。また、2006年には東北大学の研究によりゴキブリにも起こることがわかった。2014年には扁形動物であるプラナリアでも条件反射が獲得できることが判明した。.

新しい!!: 生理学と条件反射 · 続きを見る »

東京大学大気海洋研究所

東京大学大気海洋研究所(とうきょうだいがくたいきかいようけんきゅうじょ、)は、東京大学の附置研究所(共同利用・共同研究拠点)であり、気候システムおよび海洋学分野を主な研究対象とする研究所である。2010年4月1日に東京大学海洋研究所と東京大学気候システム研究センターを統合して設立された。共同利用・共同研究拠点としての機能だけでなく、大学院課程の高等教育機関でもある(#大学院教育を参照)。.

新しい!!: 生理学と東京大学大気海洋研究所 · 続きを見る »

東京都神経科学総合研究所

東京都神経科学総合研究所(とうきょうとしんけいかがくそうごうけんきゅうじょ、Tokyo Metropolitan Institute for Neuroscience)とは、かつて存在した、主に神経科学関する調査研究を行う東京都所管の研究機関である。2011年、財団法人東京都医学総合研究所(旧東京都医学研究機構)に統合された。vfx.

新しい!!: 生理学と東京都神経科学総合研究所 · 続きを見る »

東京都立大学附属高等学校

東京都立大学附属高等学校(とうきょうとりつだいがくふぞくこうとうがっこう、Senior High School affiliated to Tokyo Metropolitan University)は、かつて東京都目黒区八雲一丁目にあった都立高等学校。.

新しい!!: 生理学と東京都立大学附属高等学校 · 続きを見る »

東京都立西高等学校の人物一覧

東京都立西高等学校人物一覧(とうきょうとりつにしこうとうがっこうじんぶついちらん)では、東京都立西高等学校の著名な出身者・教員・関係者などを列挙する。.

新しい!!: 生理学と東京都立西高等学校の人物一覧 · 続きを見る »

東京慈恵会医科大学の人物一覧

東京慈恵会医科大学の人物一覧(とうきょうじけいかいいかだいがく - じんぶついちらん)は東京慈恵会医科大学に関係する人物の一覧記事。.

新しい!!: 生理学と東京慈恵会医科大学の人物一覧 · 続きを見る »

東龍太郎

東 龍太郎(あずま りょうたろう、1893年(明治26年)1月16日 - 1983年(昭和58年)5月26日)は、日本の医学者・官僚。東京大学名誉教授。 東京都知事(第4・5代)、日本赤十字社社長(第10代)等を歴任した。 位階勲等は正三位勲一等旭日桐花大綬章。学位は医学博士(東京帝国大学)。称号は東京都名誉都民、日本赤十字社名誉社長等。 父・藤九郎は医師。弟の東武雄は、東大野球部の投手として活躍。妻は東京帝国大学総長を務めた山川健次郎(枢密顧問官、男爵)の三女・照子。.

新しい!!: 生理学と東龍太郎 · 続きを見る »

松原英多

松原 英多(まつばら えいた、1931年6月25日 - )は、医学博士・日本東洋医学界専門医、良導絡学会専門医、東京都生まれ。午後は○○おもいッきりテレビのホームドクターとして知られた。.

新しい!!: 生理学と松原英多 · 続きを見る »

村上悳

村上 悳(むらかみ なおとし、1929年 - )は、日本の教育者。日本の医学者。専門は環境生理学。山口大学第9代目学長。同大名誉教授。医学博士(1959年、熊本大学にて取得)。.

新しい!!: 生理学と村上悳 · 続きを見る »

村元辰寛

村元 辰寛(むらもと たつひろ、1976年9月4日 - )は日本の柔道家(5段)。長崎県出身。 得意技の内股や払腰を武器に現役時代はアジア選手権優勝や全日本選手権準優勝という成績を残し、引退した現在は大阪体育大学柔道部の監督を務める。.

新しい!!: 生理学と村元辰寛 · 続きを見る »

村松郁延

村松 郁延(むらまつ いくのぶ、1946年 - )は、日本の生理学者(生物系薬学・薬理学一般)。学位は医学博士(京都大学・1977年)。福井大学名誉教授、福井県立大学医学部客員教授、金沢医科大学医学部客員教授。 京都大学医学部講師、福井医科大学→福井大学医学部教授、福井大学医学図書館館長、福井大学ライフサイエンスイノベーション推進機構機構長などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と村松郁延 · 続きを見る »

桐谷滋

桐谷 滋(きりたに しげる、1940年3月7日 - )は、日本の言語学者。専門は心理言語学・音声言語科学。.

新しい!!: 生理学と桐谷滋 · 続きを見る »

桿菌

桿菌(かんきん、杆菌)とは、個々の細胞の形状が細長い棒状または円筒状を示す原核生物((真正)細菌および古細菌)のこと。球菌、らせん菌と併せて、微生物を形態によって分類するときに用いられる慣用的な分類群である。.

新しい!!: 生理学と桿菌 · 続きを見る »

桑原厚和

桑原 厚和(くわはら あつかず)は、日本の生理学者(消化管生理学・神経科学・獣医学)。学位は農学博士(東京大学・1981年)。京都府立医科大学大学院医学研究科特任教授。 岩手大学農学部助手、オハイオ州立大学医学部博士研究員、生理学研究所助手、静岡県立大学環境科学研究所教授、静岡県立大学大学院生活健康科学研究科環境物質科学専攻専攻長(第9代)、静岡県立大学環境科学研究所所長、静岡県立大学食品栄養科学部教授などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と桑原厚和 · 続きを見る »

森田茂 (畜産学者)

森田 茂(もりた しげる、1960年 - )は、日本の農学者・畜産学者。農学博士(北海道大学)。専門は、動物行動学、泌乳生理学。酪農学園大学酪農学部教授。群馬県出身。.

新しい!!: 生理学と森田茂 (畜産学者) · 続きを見る »

森昭雄

森 昭雄(もり あきお、1947年2月5日 - )は日本の人物。 日本大学文理学部体育学科教授および、日本大学大学院文学研究科教育学専攻教授(2013年6月14日時点のアーカイブ) - 日本大学文理学部体育学科、平成24年度。専門は生理学、運動生理学。日本大学医学部講師、米国ロックフェラー大学研究員、カナダクイーンズ大学客員教授等を経て、現職。2002年、日本健康行動科学会を設立。.

新しい!!: 生理学と森昭雄 · 続きを見る »

森昌夫

森 昌夫(もり まさお、1948年1月1日 - )は、日本の研究者。 栃木県出身。復旦大学上海医学院顧問教授(旧上海医科大学 生薬学客員教授)。 微小循環研究所所長、和漢生薬研究所学術顧問。NPO法人微小循環予防医学の会理事長。.

新しい!!: 生理学と森昌夫 · 続きを見る »

植物

植物(しょくぶつ、plantae)とは、生物区分のひとつ。以下に見るように多義的である。.

新しい!!: 生理学と植物 · 続きを見る »

植物学

植物学(しょくぶつがく、)は、植物を対象とする生物学の一分野。自然史学の一部門に由来する。古くは生物を動物と植物に分けることが一般的であり、生物学が誕生する以前から動物学と植物学は存在していた。.

新しい!!: 生理学と植物学 · 続きを見る »

榎本秀一

榎本 秀一(えのもと しゅういち、1963年10月16日- )は、日本の薬学者。.

新しい!!: 生理学と榎本秀一 · 続きを見る »

概日リズム

概日リズム(がいじつリズム、 サーカディアン・リズム)とは、約24時間周期で変動する生理現象で、動物、植物、菌類、藻類などほとんどの生物に存在している。一般的に体内時計とも言う。厳密な意味では、概日リズムは内在的に形成されるものであるが、光や温度、食事など外界からの刺激によって修正される。 動物では24時間の明暗の周期に従っており、完全な暗闇の中に置かれた場合には、24時間に同調しない周期となる。これをフリーランと呼ぶ。こうした非同調した周期は明暗などの刺激によりリセットされる。脳の視交叉上核が、体内のそうした周期に影響を与えているとみなされている。周期的でない周期におかれることによる概日リズムの乱れは、不快感のある時差ボケを単純に起こしたり、概日リズム睡眠障害となる場合がある。 時間生物学は、日、週、季節、年などの単位で経時的に変化する生物のリズムを研究する学問である。.

新しい!!: 生理学と概日リズム · 続きを見る »

横山正松

横山 正松(よこやま しょうまつ、1913年11月19日 - 1992年)は、日本の生理学者。医学博士。新潟県北魚沼郡小千谷町(現・小千谷市)出身。旧制新潟医科大学卒業。同大学助手、米子医学専門学校助教授、福島県立医科大学教授を歴任した。この間、結核により数度療養したが、その度に復帰してのロヨラ大学とパリ大学での在外研究にも取り組んだ。.

新しい!!: 生理学と横山正松 · 続きを見る »

橋健行

橋 健行(はし けんこう、1884年(明治17年)2月6日 - 1936年(昭和11年)4月18日)は日本の精神科医。医学博士。正五位。 作家・三島由紀夫の伯父。橋倭文重の兄。.

新しい!!: 生理学と橋健行 · 続きを見る »

橋田邦彦

橋田 邦彦(はしだ くにひこ、1882年(明治15年)3月15日 - 1945年(昭和20年)9月14日)は、日本の医学者、教育者。医学博士。号は無適。旧姓藤田。生理学者藤田敏彦の実弟。 「科学する心」を推称、学校教育での自然観察を推進するなど、戦後の科学教育においても影響を与えた。また、興亜工業大学(現・千葉工業大学)の創立に際して、政府代表として関わっている。 日本で最初に「実験生理学」を提唱するなどして生理学者・医学者として多くの業績を上げた。その名声ゆえに近衛文麿・東條英機両首相より文部大臣として招聘された。このため、太平洋戦争敗戦後にGHQよりA級戦犯容疑者として指名されて、服毒自殺をした。.

新しい!!: 生理学と橋田邦彦 · 続きを見る »

欲(よく、慾、ἐπιθυμητής, cupio, desire)とは、何かを欲しいと思うことや、そう感じている状態。欲望、欲求などともいう。 人間(ヒト)、動物が、それを満たすために何らかの行動・手段を取りたいと思わせ、それが満たされたときには快を感じる感覚のことである。生理的(本能的)なレベルのものから、社会的・愛他的な高次なものまで含まれる。心の働きや行動を決定する際に重要な役割をもつと考えられている。 仏教などでいう「欲」は、概ね生理的(本能的)なレベルのものを指しており、精神にとって心をよくしていくもの、愛情を育てるもの、抑制するべきものとして説かれている。.

新しい!!: 生理学と欲 · 続きを見る »

武田厚司

武田 厚司(たけだ あつし、1955年9月 - )は、日本の薬学者(神経科学・生物無機化学・生理学)。学位は薬学博士(静岡薬科大学・1990年)。静岡県立大学薬学部教授・大学院薬学研究院教授。 静岡薬科大学薬学部助手、静岡県立大学薬学部助教授、静岡県立大学薬学部准教授などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と武田厚司 · 続きを見る »

比較発生学

比較発生学(ひかくはっせいがく)とは、様々な生物の発生の過程を比較検討することで、生物学的な知見を得ようとする発生生物学の分野である。19世紀に起こり、この世紀に大きな役割を持ち、特に進化論と系統学への関わりが深い。.

新しい!!: 生理学と比較発生学 · 続きを見る »

水島昇

水島 昇(みずしま のぼる、1966年6月30日 - )は、日本の医学者、生物学者(細胞生物学・生化学)。学位は博士(医学)(東京医科歯科大学・1996年)。東京大学大学院医学系研究科教授。 財団法人東京都医学研究機構東京都臨床医学総合研究所室長、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科教授などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と水島昇 · 続きを見る »

水上置換

水上置換(すいじょうちかん)とは、気体の捕集法の1つである。主に水に溶けにくい気体の捕集に用いられる。しかし、少し水溶性があっても、気体の毒性や引火性が高い場合はこの方法を用いることもある。水槽などに水を入れ、気体の発生口をその中に入れる。はじめに発生口から出る気体は、気体を発生させる装置内の空気なので、しばらく待ってから気体を容器に集める。このとき容器の中は水で満たしておく。この方法では空気の混入も少なく、気体の捕集量の計測にも使われる。厳密には蒸気圧に応じて、多少の水蒸気が混入してしまうが、他の気体の捕集法に比べて純度の高い気体が得られるので、実験室レベルでは好んで用いられる。 これは、イギリスの生理学者スティーヴン・ヘールズが考案した。.

新しい!!: 生理学と水上置換 · 続きを見る »

水晶髑髏

水晶髑髏(すいしょうどくろ)とは、水晶で作られた人間の頭蓋骨模型のことである。.

新しい!!: 生理学と水晶髑髏 · 続きを見る »

永井潜

永井 潜(ながい ひそむ、1876年11月14日 - 1957年5月17日)は日本の医学者、生理学者。.

新しい!!: 生理学と永井潜 · 続きを見る »

永男

永男.

新しい!!: 生理学と永男 · 続きを見る »

永松東海

永松 東海(ながまつ とうかい、天保11年9月29日(1840年10月24日) - 明治31年(1898年)5月11日)は、幕末から明治期の日本の医師、陸軍軍医。肥前国出身。江戸時代の蘭法医から近代医師登場までの過渡期において、後進の育成と薬事の確立に寄与した。.

新しい!!: 生理学と永松東海 · 続きを見る »

沢柳事件

澤柳政太郎 / 京都帝大総長として独断的な人事を行ったことが法科教授会の反発を呼び起こし、事件のきっかけとなった。 沢柳事件(さわやなぎじけん)は、1913年から1914年にかけて京都帝国大学(現京都大学)で起こった、総長(学長)と学部教授会との間の内紛事件。「京大事件」とも呼ばれ、大学における教授会自治を確立させるきっかけとなった事件として知られている。.

新しい!!: 生理学と沢柳事件 · 続きを見る »

注意

注意(ちゅうい)は、ある物に対し気をつけることまたは相手に気をつける様にいうことである。ここでは心理学および生理学において用いられる注意、即ち前者を解説する。.

新しい!!: 生理学と注意 · 続きを見る »

人の目と流れ出た涙 涙(なみだ、淚、涕、泪)、涙液(るいえき)は、目の涙腺から分泌される体液のことである。眼球の保護が主要な役割であるが、ヒト特有の現象として、感情の発現による涙を流すことがある。.

新しい!!: 生理学と涙 · 続きを見る »

深層心理学

深層心理学(しんそうしんりがく、、)は、無意識に想定される構造や心的過程によって、人間の行動や経験の意味を解釈し、解明しようとする、心理学及び臨床心理学における様々な理論の総称である。 深層心理学の代表的な学派は、ジークムント・フロイトが創始した精神分析学派、フロイト門下の研究者でもあったカール・グスタフ・ユングが創始した分析心理学派、そしてアルフレッド・アドラーが発展させた個人心理学( Individualpsychologie )派である。.

新しい!!: 生理学と深層心理学 · 続きを見る »

渡航医学

渡航医学(とこういがく、travel medicine) は医学の一分野であり、海外旅行者を対象とした健康問題の予防や治療を扱う。旅行医学とも呼ばれる。.

新しい!!: 生理学と渡航医学 · 続きを見る »

渋み

渋み(しぶみ)は味を分類する概念の一つ。また、日本の伝統的な美意識の一つでもある。.

新しい!!: 生理学と渋み · 続きを見る »

漿液

漿液(しょうえき、)とは自然に存在する無害な一般的に薄い黄色透明な種々の体液を意味する生理学用語。 唾液は粘液と漿液を含む。漿液には炭水化物の消化に重要なアミラーゼが含まれる。舌に存在するフォン・エブネル腺はアミラーゼを分泌する。耳下腺は純漿液性の唾液を産生する。他の大唾液腺は混合性(漿液と粘液)の唾液を産生する。 漿液は体腔を被覆する2層の膜である漿膜からも分泌される。2層間の漿液は筋運動による摩擦を減らす潤滑剤として機能する。 漿液の一般的特徴として消化、排泄、呼吸に関与する。 血清は凝固後に残る血液の液体成分であり、それゆえに凝固因子を欠く。血清は血漿とは区別される。.

新しい!!: 生理学と漿液 · 続きを見る »

木々高太郎

木々 高太郎(きぎ たかたろう、1897年5月6日 - 1969年10月31日)は日本の大脳生理学者・小説家(推理作家)・詩人。本名:林髞(はやし たかし)。長男は医学博士で精神衛生学者の林峻一郎(1930年-2008年)。.

新しい!!: 生理学と木々高太郎 · 続きを見る »

木村正裕

木村 正裕(きむら まさひろ、1961年1月22日 - )は、駐日フィンランド大使館の上席商務官、クリスマスカードを中心とするクリスマスグッズの収集家、クリスマス文化研究家、切手収集家。.

新しい!!: 生理学と木村正裕 · 続きを見る »

木村昌由美

木村 昌由美(きむら まゆみ)は日本の生理学者。岐阜県出身。睡眠科学が専門であり、現在マックス・プランク精神医学研究所研究グループリーダー。.

新しい!!: 生理学と木村昌由美 · 続きを見る »

末武弘章

末武 弘章(すえたけ ひろあき、1970年 - )は、日本の魚類生理学者、福井県立大学海洋生物資源学部准教授。魚類の免疫系の研究で有名。.

新しい!!: 生理学と末武弘章 · 続きを見る »

月(つき、Mond、Lune、Moon、Luna ルーナ)は、地球の唯一の衛星(惑星の周りを回る天体)である。太陽系の衛星中で5番目に大きい。地球から見て太陽に次いで明るい。 古くは太陽に対して太陰とも、また日輪(.

新しい!!: 生理学と月 · 続きを見る »

有村章

有村 章(ありむら あきら、1923年12月26日 - 2007年12月10日)は、日本の生理学者。医学博士。アメリカチューレーン大学(ルイジアナ州ニューオリンズ市)名誉教授。慶應義塾大学医学部客員教授。.

新しい!!: 生理学と有村章 · 続きを見る »

戸塚ヨットスクール

戸塚ヨットスクール株式会社(とつかヨットスクール)は、愛知県知多郡美浜町のヨットスクール(フリースクール)である。校名は創始者の戸塚宏の名字から。.

新しい!!: 生理学と戸塚ヨットスクール · 続きを見る »

星猛

星 猛(ほし たけし)は、日本の医学者(生理学)。東京大学名誉教授、静岡県立大学名誉教授。 東京大学医学部教授、静岡県立大学食品栄養科学部教授、静岡県立大学食品栄養科学部学部長(初代)、静岡県立大学学長(第2代)、静岡県立大学短期大学部学長(第2代)、財団法人しずおか健康長寿財団理事長などを歴任した。.

新しい!!: 生理学と星猛 · 続きを見る »

星野稔

星野 稔(ほしの みのる)は、日本の化学者(ペプチド科学・生理化学)。学位は理学博士(東京大学・1977年)。静岡県立大学薬学部教授・大学院薬学研究科教授。.

新しい!!: 生理学と星野稔 · 続きを見る »

明治乳業

明治乳業株式会社(めいじにゅうぎょう、英文社名:Meiji Dairies Corporation)は、明治ホールディングス傘下の食品・一般用医薬品メーカーである株式会社 明治の2011年3月31日までの商号である。.

新しい!!: 生理学と明治乳業 · 続きを見る »

浜松医科大学

記載なし。

新しい!!: 生理学と浜松医科大学 · 続きを見る »

斎藤環

斎藤 環(さいとう たまき、1961年9月24日 - )は、精神科医、批評家、漫画評論家。精神科医としての専門は思春期・青年期の精神病理学、病跡学。筑波大学医学医療系社会精神保健学教授。「ひきこもり」診療の世界的な第一人者。 公益社団法人青少年健康センター参与、筑波大学医学博士、精神保健指定医。日本病跡学会賞、角川財団学芸賞受賞。 オープンダイアローグ・ネットワーク・ジャパン(ODNJP)共同代表。.

新しい!!: 生理学と斎藤環 · 続きを見る »

新見市

新見市(にいみし)は、岡山県の北西部に位置する市である。北部は中国山地、南部は吉備高原のそれぞれ一部をなす。北は鳥取県に、西は広島県に接する。.

新しい!!: 生理学と新見市 · 続きを見る »

新潟県立新潟高等学校の人物一覧

新潟県立新潟高等学校の人物一覧(にいがたけんりつにいがたこうとうがっこうのじんぶついちらん)とは、新潟県立新潟高等学校の主な出身者・関係者の一覧である。.

新しい!!: 生理学と新潟県立新潟高等学校の人物一覧 · 続きを見る »

文部省師範学校中学校高等女学校教員検定試験

文部省師範学校中学校高等女学校教員検定試験(もんぶしょうしはんがっこうちゅうがっこうこうとうじょがっこうきょういんけんていしけん)は、1884年(明治17年)より1948年(昭和23年)まで行われていた中等教員免許の検定試験である。「文検」(ぶんけん)と略されるほか、「文部省教員検定試験」(もんぶしょうきょういんけんていしけん)、「中等教員検定試験」(ちゅうとうきょういんけんていしけん)と略される場合もある。 試験名称は時代と共に変遷しているが、最も長く続いた正式名称は「文部省師範学校中学校高等女学校教員検定試験」である。文部省が戦前期に実施していた教員検定としては、この他、高等学校教員検定試験(略称「高検」)、実業学校教員検定試験(略称「実検」)があるが、最も歴史が古く規模の大きい試験であった中等教員検定試験についてのみ「文検」と略称されていた。.

新しい!!: 生理学と文部省師範学校中学校高等女学校教員検定試験 · 続きを見る »

斉藤清史

斉藤 清史(さいとう せいじ、1965年7月28日 - )は、東京都目黒区出身。日本のサイクリスト、サイクリングコーチ、パーソナルトレーナーである。チャリプロとも呼ばれている。.

新しい!!: 生理学と斉藤清史 · 続きを見る »

日高敏隆

日高 敏隆(ひだか としたか、1930年2月26日 - 2009年11月14日)は、日本の動物行動学者。理学博士。 京都大学名誉教授。 ヨーロッパで動物行動学が興るのと同じ時期にこの分野に飛び込んだ草分け期の研究者であり、日本に動物行動学を最初に紹介した研究者の一人でもある。また多国語に堪能であるため、この分野を開拓したコンラート・ローレンツやニコ・ティンバーゲンらの著作の日本語訳や、自ら記した一般向けの啓蒙書も多い。 妻の後藤喜久子はイラストレーターで、日高の著書のイラストも担当し、ごとうきくこ名義で絵本も発表している。.

新しい!!: 生理学と日高敏隆 · 続きを見る »

日本の脚気史

日本の脚気史(にほんのかっけし)では、日本(大日本帝国)で脚気の流行が国家的問題となった明治時代から、脚気死亡者数が1千人を下回った1950年代後半までを主として、脚気の原因を巡る医学界の混乱とその収束、軍事上の要請が特効薬の開発に波及した経緯などを記述する。 日本で脚気がいつから発生していたのかは定かではないが、『日本書紀』に同じ症状の病の記述があり、元禄年間には米を精製する習慣が広まり、特に江戸で多く「江戸患い」と呼ばれ、経験的に他の精白されていない穀物を食べた。明治時代には、1870年(明治3年)には翌年にかけて脚気が流行。明治末までに毎年6,500人から15,085人死亡したとみられる。 海軍軍医の高木兼寛はイギリスの根拠に基づく医療に依拠してタンパク質摂取量不足が原因だと仮定して、洋食、麦食を試み、1884年(明治17年)の導入により1883年の23.1%の発症率を2年で1%未満に激減させた。理論は誤っていたものの疫学の科学的根拠は得られていたということである。だが、当時医学の主流派は理論を優先するドイツ医学を模範としいたため、高木は批判され、また予防成績も次第に落ち様々な原因が言われ、胚芽米も導入された。陸軍は科学的根拠なしで謎の対抗をし白米を規則とする日本食を採用、『明治二十七八年役陸軍衛生事蹟』によれば、死者総計の約2割、約4000人が脚気が原因であった。陸軍はその後も脚気の惨害に見舞われた。農学者の鈴木梅太郎は、1910年(明治43年)に動物を白米で飼育すると脚気様の症状が出るが、米糠、麦、玄米を与えると快復することを報告。翌年、糠中の有効成分を濃縮しオリザニンとして販売されたが、医界は受け入れなかった。伝染病説と中毒説が科学的根拠なく学説の域を出られないまま支配的で、栄養欠乏説は受け入れられなかった。1912年にポーランドのカジュミシェ・フンクがビタミンという概念を提唱。国産の栄養説を俗説とさげずんだが、外来の栄養説を後追いし、陸軍主導の調査会には、真因を追及する能力はなかったとも指摘される。陸軍が白米を止め、麦3割の麦飯を採用したのは、海軍から遅れること30年の大正2年だった。 大正以降、ビタミンB1(チアミン)を含まない精米された白米が普及するとともに安価な移入米が増加し、副食を十分に摂らなかったため、脚気の原因が解明された後もビタミンB1の純粋単離に成功した後も1910年に鈴木梅太郎が抽出したオリザニン(樹脂状の塊で、その後、結晶化に成功)は、ニコチン酸を含む不純化合物であり、その純粋単離に成功したのが1931年。、多くの患者と死亡者を出し、結核とならび脚気は二大国民病といわれた。ちなみに統計上の脚気死亡者数は、1923年(大正12年)の26,796人がピークであり、1915年(大正4年)から日中戦争の拡大と移入米の減少によって食糧事情が悪化する1938年(昭和13年)まで年間1万人〜2万人で推移した(翌1939年12月1日、白米禁止と7分つき米の強制)。ようやく1千人を下回ったのは、アリナミンとその類似品が社会に浸透する1950年代後半のことであった1950年(昭和25年)3,968人、1955年(昭和30年)1,126人、1960年(昭和35年)350人、1965年(昭和40年)92人。 1975年(昭和50年)頃からジャンクフードの普及により、脚気が再発してきた。1997年(平成)には、死亡を含む重症例が相次ぎ、厚生省は高カロリー輸液の点滴の際にビタミンB1を投与するという通達を出した。アルコール依存症患者にも多い。.

新しい!!: 生理学と日本の脚気史 · 続きを見る »

日本大学文理学部・大学院文学研究科及び総合基礎科学研究科

日本大学文理学部(にほんだいがくぶんりがくぶ、College of Humanities and Sciences, Nihon University)は、日本大学にある14学部のうちの一つの大学の学部である。文学研究科・総合基礎科学研究科(ぶんがくけんきゅうか・そうごうきそかがくけんきゅうか)は文学と基礎科学の理論および応用を教育・研究する大学院の研究科である。略称して、日大文理(にちだいぶんり)と呼ばれる。 文理学部キャンパス入口 下高井戸駅から世田谷区桜上水(文理学部キャンパス)へと続く桜並木.

新しい!!: 生理学と日本大学文理学部・大学院文学研究科及び総合基礎科学研究科 · 続きを見る »

日本女性医学学会

一般社団法人日本女性医学学会(にほんじょせいいがくがっかい、英名:The Japan Society for Menopause and Women's Health)は、更年期・老年期の生理、病理及び実地臨床に関する研究の進歩・発展を図ることを目的とした学会。1986年に任意団体産婦人科更年期研究会として発足、1992年に任意団体日本更年期医学会に名称変更、平成23年4月1日より現在の法人名に改めた。 事務局を東京都千代田区麹町5-1弘済会館ビルに置いている。現理事長は、水沼英樹前弘前大学教授。.

新しい!!: 生理学と日本女性医学学会 · 続きを見る »

日本学士院

日本学士院(にっぽんがくしいん、)は、日本学士院法(以下「法」)に基づいて設置されている日本の国立アカデミーであり、文部科学省の特別の機関である。1879年に東京学士会院として発足し、その後帝国学士院に改組された。太平洋戦争後に日本学士院となり現在に至る。.

新しい!!: 生理学と日本学士院 · 続きを見る »

日本建築医学協会

一般社団法人 日本建築医学協会(にほんけんちくいがくきょうかい、Japan Architectural Medicine Association)とは、伝承医学の叡智と環境生理学、環境心理学、大脳生理学の最新の研究データを融合させた新しい代替医療としての『建築医学』を提唱し2006年11月に設立された団体。 健やかな命を育む環境を創造し、子どもが夢を持てる社会環境の実現を目指す。.

新しい!!: 生理学と日本建築医学協会 · 続きを見る »

日本体育大学

記載なし。

新しい!!: 生理学と日本体育大学 · 続きを見る »

日本畜産学会

公益社団法人日本畜産学会(にほんちくさんがっかい、英語名: Japanese Society of Animal Science、略称: JSAS)は、畜産学ならびに畜産業の進歩と発展を目的とし,1924年(大正13年)に設立された学会である。 会員数は約2,500名であり,会員の所属は大学,公的試験機関および民間企業など幅広い。.

新しい!!: 生理学と日本畜産学会 · 続きを見る »

日本運動生理学会

日本運動生理学会(にほんうんどうせいりがっかい、英文名 Japan Society of Exercise and Sports Physiology)は、運動・スポーツの生理学に関する専門的、学際的研究の発展を図るとともに広く知識の交流を求める目的で設立された学会。 事務局を茨城県つくば市天王台1-1-1筑波大学体育科学系生理学研究室に置いている。.

新しい!!: 生理学と日本運動生理学会 · 続きを見る »

日本菌学会

日本菌学会(にほんきんがっかい)は、真菌および偽菌類を研究する基礎生物学系の学術団体である。1956年設立細矢剛 (2011) 「日本の菌類分類学の歴史・現状・展望」日本分類学会連合ニュースレター 19 pp.2-3。日本の菌類分類学において重要な役割を果たしている学会であるとされる。 英語名は The Mycological Society of Japan である。.

新しい!!: 生理学と日本菌学会 · 続きを見る »

日本歯科麻酔学会

一般社団法人日本歯科麻酔学会(にほんしかますいがっかい、Japanese Dental Society Of Anesthesiology;JDSA)とは、歯科麻酔学を中心とした学問を取り扱う専門学術団体の一つである。日本歯科医学会の専門分科会。.

新しい!!: 生理学と日本歯科麻酔学会 · 続きを見る »

感覚

感覚(かんかく).

新しい!!: 生理学と感覚 · 続きを見る »

感覚器

感覚器(かんかくき、)とは、動物の体を構成する器官のうち、何らかの物理的または化学的刺激を受け取る受容器として働く器官である解剖学第2版、p148、第9章 感覚器系。 各器官は感覚器系と呼ばれ、それぞれが繋がる末梢神経系を通し解剖学第2版、p135-146、第8章 神経系 4.末梢神経系、受け取った情報はニューロンを介して中枢神経系へと伝えられる解剖学第2版、p116-118、第8章 神経系 1.神経系の構成。感覚器には光に対する視覚器、音に対する聴覚器、化学物質に対する嗅覚器・味覚器、温度や機械刺激に対する触覚器などが挙げられる。ヒトの場合、その代表的な感覚器には、目、耳、鼻、舌、皮膚などがある。また、動物の種類によって独自の感覚器が様々に発達している場合がある。これらの感覚器をまとめて感覚器系というひとつの器官系として扱う場合がある。生理作用と知覚作用を統一的に考察する場合には、感覚器とその知覚作用を感官と呼ぶ場合がある。 ある感覚器は、特定の種類の情報を受け取るように特化されている。感覚器で受容された何らかの情報は、多くの場合、その動物の神経系に受け渡されるようになっている。感覚器で得られた情報を脳などの中枢神経系に伝える働きをする神経のことを感覚神経(感覚性神経)と呼ぶ。 感覚器の1つひとつは独自の機能を担っており、これらの機能は神経系を介して相互に調節される。.

新しい!!: 生理学と感覚器 · 続きを見る »

感情

感情(かんじょう)とは、ヒトなどの動物がものごとやヒトなどに対して抱く気持ちのこと。喜び、悲しみ、怒り、諦め、驚き、嫌悪、恐怖などがある(感情の一覧)。.

新しい!!: 生理学と感情 · 続きを見る »

感情労働

感情労働(かんじょうろうどう、Emotional labor)とは、感情が労働内容の不可欠な要素であり、かつ適切・不適切な感情がルール化されている労働のこと。肉体や頭脳だけでなく「感情の抑制や鈍麻、緊張、忍耐などが絶対的に必要」である労働を意味する。.

新しい!!: 生理学と感情労働 · 続きを見る »

感情地図

感情地図(かんじょうちず)とは光吉俊二の博士論文 で、これを日本機械学会が出版した『感覚・感情とロボット』に掲載された、脳と感情の関係をモデル化した階層を持つダイアグラムで表現したもの。 制作には、独自の調査による4500語に及ぶ日本語での心的表現言語と英語での心的表現言語223語を割り振り、223の感情辞書を作成した。 それから、感情と生理指標との関係を探り、脳や身体にある物資と感情や身体反応の比較マトリックスを作り、そのマトリックスから地図を作成した。 これにより、世界で初めて感情を工業規格として把握し、工学博士論文が書かれた。 この地図は、あたらしい発見があったり、修正がある場合、常に更新されるため、各年度版が発表されている。発見者のライフワークとなる。 この規格検証とライセンスを管理する第三者機関としてエモフィットという組織も設立されている。.

新しい!!: 生理学と感情地図 · 続きを見る »

整体

整体(せいたい)とは、日本語では主に手技を用いた民間療法、代替医療を指す。日本語としては、大正時代に用いられるようになった用語で、アメリカで誕生したカイロプラクティック・オステオパシー・スポンディロセラピーなどと日本古来の手技療法と組み合わせたものを、「整体」や「指圧」と名付けたのが始まりのようである。現在、俗に用いられる意味では、カイロプラクティック(脊椎指圧療法大谷晃司・菊池臣一 「カイロプラクティックとオステオパシー」、今西二郎 編『医療従事者のための補完・代替医療』 金芳堂、2009年、改訂2版)に似た骨格の矯正(主に脊椎)を目的とした手技療法を指して使われることが多い。を指しているという意見もある。 なお、中国語の「整体」は全体、総体、または全体観(ホーリズム)という概念を意味しており、日本語の体の筋骨を整える治療技術を指す整体とは意味が異なる。たとえば「整体看護」は、プライマリーナーシング(受持看護師制、看護過程)の中国語訳である。中国語の整体は手技療法を意味しない。中国医学や中医学では、「整体」(整体観、整体観念)は基本概念のひとつである。人間の身体を一つの統一性ある有機体と見なし、万物を相互に関連付けるといった考え方を意味しており、ユナニ医学(ギリシャ・アラビア医学)やアーユルヴェーダ(インド伝統医学)にも同様の概念が見られる。全体観は、伝統医学においてはよく見られる考え方である。 日本語の「整体」と中国語の「整体」(整体観、整体観念)の意味は異なるが、本記事では主に日本語の整体について説明する。整体観についてはホーリズムを参照のこと。.

新しい!!: 生理学と整体 · 続きを見る »

教職課程

教職課程(きょうしょくかてい)とは、日本の大学(短期大学および大学院を含む)などにおいて、教育職員の普通免許状(教育職員免許状)の授与を受けるのに必要な単位が修得できるよう所定の科目等を設置した課程のことである。『現代学校教育大事典 新版』(ぎょうせい、2002年)第2巻399頁(鈴木愼一執筆)。-->その枠組みについては教育職員免許法(昭和24年法律第147号)およびその関係法令に定めがある。教職課程においては「教職に関する科目」や「教科に関する科目」など(免許状が対象とする職(教諭・養護教諭・栄養教諭など)によって履修する科目区分が異なる)を修得しなければならないが、狭義には「教職に関する科目」の課程と使われることも多い。.

新しい!!: 生理学と教職課程 · 続きを見る »

教授と美女

『教授と美女』(Ball of Fire)は、1941年に製作かつ公開されたアメリカ合衆国の映画。スクリューボール・コメディ映画である。ゲイリー・クーパーとバーバラ・スタンウィックが主演した。 10年近く館にこもり、百科事典を編纂する8人の教授たちと俗世間の情報を伝えるために招かれたストリッパーの関係が描かれる。館を図書館か学校と勘違いしたゴミ収集人がラジオのクイズ番組の質問の答えを教えてほしいと尋ねてきたことから物語が展開し始め、クライマックスでは宿のルームナンバーの9が緩んでひっくり返って6になったために間違った部屋に入るというドタバタになった。また、スタンウィックが演じるストリッパーが教授たちにを教えるシーンもある。 1948年にハワード・ホークスによって『』としてリメイクされた。.

新しい!!: 生理学と教授と美女 · 続きを見る »

拷問

拷問(ごうもん、torture)とは、被害者の自由を奪った上で肉体的・精神的に痛めつけることにより、加害者の要求に従うように強要する事。特に被害者の持つ情報を自白させる目的で行われることが多い。.

新しい!!: 生理学と拷問 · 続きを見る »

性科学

性科学(せいかがく、Sexology)は、人間の性に関する、実用的な知識と技術の科学的な集積を指す。この場合の知識や技術は、いわゆる「性の手練手管」的な通俗雑学知識ではない。医学や臨床心理学等の知見に基づく科学的知識である。性は人間の存在にとって本質的に重要であり、性をめぐる「生活の質」(英語のQuality of lifeを略してQOLと呼ばれることが多い。以下QOL)の豊かさと充実を探求する実践の学、応用科学である。.

新しい!!: 生理学と性科学 · 続きを見る »

性科学映画

性科学映画(せいかがくえいが)は、1960年代から1970年代にかけて西ドイツを中心に製作された映画のジャンルである。英語では「White coaters」(白衣の映画、白衣の医者や科学者などが登場することから)とも呼ばれる。.

新しい!!: 生理学と性科学映画 · 続きを見る »

晶エリー

晶 エリー(あきら えりー、1986年1月25日12月22日の記述もあり。- )は、日本のAV女優、AV監督、写真家。東京都出身茨城県出身の記述もあり。。.

新しい!!: 生理学と晶エリー · 続きを見る »

時実利彦

時実 利彦(ときざね としひこ、1909年9月4日 - 1973年8月3日)は、日本の生理学者、東京大学名誉教授。大脳生理学を専門とする。医学博士。岡山県生まれ。その名前を冠した賞もある。.

新しい!!: 生理学と時実利彦 · 続きを見る »

時間

人類にとって、もともとは太陽や月の動きが時間そのものであった。 アイ・ハヌム(紀元前4世紀~紀元前1世紀の古代都市)で使われていた日時計。人々は日時計の時間で生きていた。 砂時計で砂の流れを利用して時間を計ることも行われるようになった。また砂時計は、現在というものが未来と過去の間にあることを象徴している。くびれた部分(現在)を見つめる。すると時間というのは上(未来)から流れてきて下(過去)へと流れてゆく流れ、と感じられることになる。 時間(じかん)は、出来事や変化を認識するための基礎的な概念である。芸術、哲学、自然科学、心理学などの重要なテーマとなっている。それぞれの分野で異なった定義がなされる。.

新しい!!: 生理学と時間 · 続きを見る »

10月19日

10月19日(じゅうがつじゅうくにち)は、グレゴリオ暦で年始から292日目(閏年では293日目)にあたり、年末まであと73日ある。.

新しい!!: 生理学と10月19日 · 続きを見る »

12月17日

12月17日(じゅうにがつじゅうななにち、じゅうにがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から351日目(閏年では352日目)にあたり、年末まであと14日ある。.

新しい!!: 生理学と12月17日 · 続きを見る »

12月20日

12月20日(じゅうにがつはつか、じゅうにがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から354日目(閏年では355日目)にあたり、年末まであと11日ある。.

新しい!!: 生理学と12月20日 · 続きを見る »

12月22日

12月22日(じゅうにがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から356日目(閏年では357日目)にあたり、年末まであと9日ある.

新しい!!: 生理学と12月22日 · 続きを見る »

12月25日

12月25日(じゅうにがつにじゅうごにち)は、グレゴリオ暦で年始から359日目(閏年では360日目)にあたり、年末まであと6日ある。この日はクリスマスである。.

新しい!!: 生理学と12月25日 · 続きを見る »

12月26日

12月26日(じゅうにがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から360日目(閏年では361日目)にあたり、年末まであと5日ある。.

新しい!!: 生理学と12月26日 · 続きを見る »

12月4日

12月4日(じゅうにがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から338日目(閏年では339日目)にあたり、年末まであと27日ある。.

新しい!!: 生理学と12月4日 · 続きを見る »

12月5日

12月5日(じゅうにがついつか)はグレゴリオ暦で年始から339日目(閏年では340日目)にあたり、年末まであと26日ある。.

新しい!!: 生理学と12月5日 · 続きを見る »

1608年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1608年 · 続きを見る »

1677年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1677年 · 続きを見る »

1679年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1679年 · 続きを見る »

1771年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1771年 · 続きを見る »

1795年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1795年 · 続きを見る »

1802年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1802年 · 続きを見る »

1806年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1806年 · 続きを見る »

1813年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1813年 · 続きを見る »

1821年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1821年 · 続きを見る »

1832年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1832年 · 続きを見る »

1849年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1849年 · 続きを見る »

1857年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1857年 · 続きを見る »

1858年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1858年 · 続きを見る »

1864年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1864年 · 続きを見る »

1865年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1865年 · 続きを見る »

1871年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1871年 · 続きを見る »

1882年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1882年 · 続きを見る »

1886年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1886年 · 続きを見る »

1887年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1887年 · 続きを見る »

1894年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1894年 · 続きを見る »

1895年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1895年 · 続きを見る »

1901年

20世紀最初の年である。.

新しい!!: 生理学と1901年 · 続きを見る »

1903年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1903年 · 続きを見る »

1904年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1904年 · 続きを見る »

1909年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1909年 · 続きを見る »

1911年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1911年 · 続きを見る »

1912年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1912年 · 続きを見る »

1913年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1913年 · 続きを見る »

1914年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1914年 · 続きを見る »

1922年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1922年 · 続きを見る »

1928年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1928年 · 続きを見る »

1933年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1933年 · 続きを見る »

1963年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1963年 · 続きを見る »

1973年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1973年 · 続きを見る »

1977年

記載なし。

新しい!!: 生理学と1977年 · 続きを見る »

19世紀の哲学

19世紀の哲学(じゅうきゅうせいきのてつがく)は、哲学史的に考察した場合、19世紀は、様々な新たな思想が誕生して発展し、現代思想の原点となった時期である。.

新しい!!: 生理学と19世紀の哲学 · 続きを見る »

1月26日

1月26日(いちがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から26日目に当たり、年末まであと339日(閏年では340日)ある。.

新しい!!: 生理学と1月26日 · 続きを見る »

1月5日

1月5日(いちがついつか)はグレゴリオ暦で年始から5日目に当たり、年末まであと360日(閏年では361日)ある。誕生花はミスミソウ。.

新しい!!: 生理学と1月5日 · 続きを見る »

20世紀

摩天楼群) 20世紀(にじっせいき、にじゅっせいき)とは、西暦1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。2千年紀における最後の世紀である。漢字で二十世紀の他に、廿世紀と表記される場合もある。.

新しい!!: 生理学と20世紀 · 続きを見る »

2月27日

2月27日(にがつにじゅうななにち、にがつにじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から58日目にあたり、年末まであと307日(閏年では308日)ある。.

新しい!!: 生理学と2月27日 · 続きを見る »

2月5日

2月5日(にがついつか)はグレゴリオ暦で年始から36日目に当たり、年末まであと329日(閏年では330日)ある。.

新しい!!: 生理学と2月5日 · 続きを見る »

2月7日

2月7日(にがつなのか)はグレゴリオ暦で年始から38日目に当たり、年末まであと327日(閏年では328日)ある。.

新しい!!: 生理学と2月7日 · 続きを見る »

3月17日

3月17日(さんがつじゅうななにち、さんがつじゅうしちにち)は、グレゴリオ暦で年始から76日目(閏年では77日目)にあたり、年末まであと289日ある。.

新しい!!: 生理学と3月17日 · 続きを見る »

3月22日

3月22日(さんがつにじゅうににち)は、グレゴリオ暦で年始から81日目(閏年では82日目)にあたり、年末まであと284日ある。.

新しい!!: 生理学と3月22日 · 続きを見る »

3月26日

3月26日(さんがつにじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から85日目(閏年では86日目)にあたり、年末まであと280日ある。.

新しい!!: 生理学と3月26日 · 続きを見る »

3月28日

3月28日(さんがつにじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から87日目(閏年では88日目)にあたり、年末まであと278日ある。.

新しい!!: 生理学と3月28日 · 続きを見る »

3月30日

3月30日(さんがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から89日目(閏年では90日目)にあたり、年末まであと276日ある。.

新しい!!: 生理学と3月30日 · 続きを見る »

3月4日

3月4日(さんがつよっか)はグレゴリオ暦で年始から63日目(閏年では64日目)にあたり、年末まであと302日ある。.

新しい!!: 生理学と3月4日 · 続きを見る »

3月5日

3月5日(さんがついつか)はグレゴリオ暦で年始から64日目(閏年では65日目)にあたり、年末まであと301日ある。.

新しい!!: 生理学と3月5日 · 続きを見る »

3月9日

3月9日(さんがつここのか)はグレゴリオ暦で年始から68日目(閏年では69日目)にあたり、年末まであと297日ある。.

新しい!!: 生理学と3月9日 · 続きを見る »

4月10日

4月10日(しがつとおか)はグレゴリオ暦で年始から100日目(閏年では101日目)にあたり、年末まではあと265日ある。誕生花はチューリップ、ベニバナアセビ。.

新しい!!: 生理学と4月10日 · 続きを見る »

4月12日

4月12日(しがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から102日目(閏年では103日目)にあたり、年末まではあと263日ある。誕生花はアンズ、カタクリ。.

新しい!!: 生理学と4月12日 · 続きを見る »

4月17日

4月17日(しがつじゅうななにち、しがつじゅうしちにち)はグレゴリオ暦で年始から107日目(閏年では108日目)にあたり、年末まではあと258日ある。誕生花はハナビシソウ、ユスラウメ。.

新しい!!: 生理学と4月17日 · 続きを見る »

4月20日

4月20日(しがつはつか、しがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から110日目(閏年では111日目)にあたり、年末まではあと255日ある。誕生花はシバザクラ、ルピナス。.

新しい!!: 生理学と4月20日 · 続きを見る »

5月11日

5月11日(ごがつじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から131日目(閏年では132日目)にあたり、年末まではあと234日ある。誕生花はニセアカシア。.

新しい!!: 生理学と5月11日 · 続きを見る »

5月18日

5月18日(ごがつじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から138日目(閏年では139日目)にあたり、年末まではあと227日ある。誕生花はアヤメ。.

新しい!!: 生理学と5月18日 · 続きを見る »

5月26日

5月26日(ごがつにじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から146日目(閏年では147日目)にあたり、年末まではあと219日ある。誕生花はワサビ。.

新しい!!: 生理学と5月26日 · 続きを見る »

6月24日

6月24日(ろくがつにじゅうよっか、ろくがつにじゅうよんにち)はグレゴリオ暦で年始から175日目(閏年では176日目)にあたり、年末まであと190日ある。誕生花はバラ、バーベナ。.

新しい!!: 生理学と6月24日 · 続きを見る »

6月3日

6月3日(ろくがつみっか)はグレゴリオ暦で年始から154日目(閏年では155日目)にあたり、年末まであと211日ある。誕生花はアマ、クローバー。.

新しい!!: 生理学と6月3日 · 続きを見る »

6月6日

6月6日(ろくがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から157日目(閏年では158日目)にあたり、年末まであと208日ある。誕生花はジギタリス、スターチス。.

新しい!!: 生理学と6月6日 · 続きを見る »

7月18日

7月18日(しちがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から199日目(閏年では200日目)にあたり、年末まであと166日ある。誕生花はトルコキキョウ、ゲッカビジン。.

新しい!!: 生理学と7月18日 · 続きを見る »

7月20日

7月20日(しちがつはつか、しちがつにじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から201日目(閏年では202日目)にあたり、年末まであと164日ある。誕生花はナス、ルコウソウ。.

新しい!!: 生理学と7月20日 · 続きを見る »

7月22日

7月22日(しちがつにじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から203日目(閏年では204日目)にあたり、年末まであと162日ある。誕生花はペチュニア、ナツツバキ。.

新しい!!: 生理学と7月22日 · 続きを見る »

7月26日

7月26日(しちがつにじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から207日目(閏年では208日目)にあたり、年末まであと158日ある。誕生花はヒャクニチソウ、ヤマトナデシコ。.

新しい!!: 生理学と7月26日 · 続きを見る »

8月11日

8月11日(はちがつじゅういちにち)はグレゴリオ暦で年始から223日目(閏年では224日目)にあたり、年末まであと142日ある。.

新しい!!: 生理学と8月11日 · 続きを見る »

8月12日

8月12日(はちがつじゅうににち)はグレゴリオ暦で年始から224日目(閏年では225日目)にあたり、年末まであと141日ある。.

新しい!!: 生理学と8月12日 · 続きを見る »

8月16日

8月16日(はちがつじゅうろくにち)はグレゴリオ暦で年始から228日目(閏年では229日目)にあたり、年末まであと137日ある。.

新しい!!: 生理学と8月16日 · 続きを見る »

8月21日

8月21日(はちがつにじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から233日目(閏年では234日目)にあたり、年末まであと132日ある。.

新しい!!: 生理学と8月21日 · 続きを見る »

8月29日

8月29日(はちがつにじゅうくにち)はグレゴリオ暦で年始から241日目(閏年では242日目)にあたり、年末まであと124日ある。.

新しい!!: 生理学と8月29日 · 続きを見る »

8月31日

8月31日(はちがつさんじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から243日目(閏年では244日目)にあたり、年末まであと122日ある。8月の最終日である。.

新しい!!: 生理学と8月31日 · 続きを見る »

8月3日

8月3日(はちがつみっか)は、グレゴリオ暦で年始から215日目(閏年では216日目)にあたり、年末まであと150日ある。.

新しい!!: 生理学と8月3日 · 続きを見る »

9月26日

9月26日(くがつにじゅうろくにち)は、グレゴリオ暦で年始から269日目(閏年では270日目)にあたり、年末まであと96日ある。.

新しい!!: 生理学と9月26日 · 続きを見る »

9月4日

9月4日(くがつよっか)は、グレゴリオ暦で年始から247日目(閏年では248日目)にあたり、年末まであと118日ある。.

新しい!!: 生理学と9月4日 · 続きを見る »

9月8日

9月8日(くがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から251日目(閏年では252日目)にあたり、年末まであと114日ある。.

新しい!!: 生理学と9月8日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

人体生理学生理学者生理現象脳生理学

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »