ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

満州事変

索引 満州事変

満州事変(まんしゅうじへん、)は、1931年(昭和6年、民国20年)9月18日に中華民国奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍満洲駐留の大日本帝国陸軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件石原莞爾と板垣征四郎は否定したが、極東国際軍事裁判の田中隆吉の証言と、当時関東軍司令部付であった花谷正の手記という形の原稿「満洲事変はこうして計画された」(別冊『知性』昭和31年12月号)により関東軍の関与が明らかとなった。ただし、南満州鉄道の日本爆破説の真偽を確証できないと主張するものもある(中西輝政・北村稔『歴史通』2011年3月号『さきに「平和」を破ったのは誰か』))に端を発し、関東軍による満州(中国東北部)全土の占領を経て、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の武力紛争(事変)である。中国側の呼称は九一八事変現在柳条湖の事件現場には九・一八歴史博物館が建てられている。この博物館には事件の首謀者としてただ2人、板垣と石原のレリーフが掲示されている。 関東軍はわずか5か月の間に満州全土を占領し、軍事的にはまれに見る成功を収めた。.

1124 関係: ABCD包囲網A級戦犯合祀問題加藤武男劉粋剛劉紀文劉長春その時歴史が動いた (漫画)その時歴史が動いたの放送一覧のらくろひらかた大菊人形ひらかたパークまた逢ふ日までああ我が戦友この世界の片隅に十一年式平射歩兵砲十一年式軽機関銃十五年戦争十河信二十月事件南京事件論争南京事件論争史南京国民政府の行政区分南町通り (仙台市)南進論南次郎南満州南満州鉄道及川古志郎反共主義反戦運動古屋事件古応芬古賀伝太郎古賀清志古野伊之助古沢勘兵衛古河グループ古河財閥古河虎之助古河機械金属台湾議会設置運動右翼団体号外吹奏楽の歴史同盟通信社向野堅一吉田曠二吉興吉林市吉林省 (満州国)...吉本貞一坂本政右衛門塘沽協定多門二郎多摩 (軽巡洋艦)大川周明大和民族大公報大牟田爆発赤痢事件大西瀧治郎大西斎大角岑生大角人事大賀一郎大連都市交通大陸浪人大東亜戦争大正デモクラシー大本事件大戦略 大東亜興亡史3 第二次世界大戦勃発! 枢軸軍対連合軍 全世界戦大戦景気大日本帝国大日本帝国陸軍大日本帝国海軍大日本帝国憲法天図軽便鉄路天皇天皇制ファシズム天皇賞天羽英二太平洋問題調査会太平洋艦隊 (ロシア海軍)太平洋戦争太平洋戦争の年表外交官外交五十年外満州女人芸術女皇の帝国奈良武次奉天市奉天省 (満州国)奉天派嫩江孫伝芳孫其昌孫科孫蔚如孔祥熙宣撫官室伏高信宮城電気鉄道宮崎繁三郎守島伍郎宗谷臨時要塞宇垣一成宇佐美興屋宇品丸宇賀武宇都宮徳馬安城市安達峰一郎安達謙蔵安重根安昌浩宋家の三姉妹察哈爾民衆抗日同盟軍寧海 (巡洋艦)寺島健寺師義信寺内大吉寺本熊市対華21カ条要求対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会富山飛行場富岡製糸場富田の石取祭富洲原町富洲原町立青年学校寛城区小峰墓地小川博三小磯國昭小野市立河合小学校小林秀雄 (批評家)小松製作所小池聖一小泉苳三小澤征爾小澤開作小早川秋聲尹致昊尾崎行雄尖閣ロック少年探偵団山中商会山形県出身の人物一覧山田朗山海関居正岡田内閣岡部平太岡部牧夫岡村天満宮岩井町営軌道岩田愛之助岩畔豪雄岩村忍岩永裕吉岸本鹿子治島田豊作崔用徳川島芳子川島浪速川崎造船所川田稔左舜生上村伸一上杉聰上條勉上海天長節爆弾事件上海租界上海海軍特別陸戦隊上海日本人僧侶襲撃事件与謝野晶子丁超丁鑑修帝国大学両税委譲師管師道大学中島AT-2中ソ紛争中国の歴史中国の歴史年表中国国家博物館中国国民党中国紅客連盟中国青年党中国関係記事の一覧中国長春鉄路中国残留日本人中独合作中華人民共和国の鉄道中華共和国中華民国中華民国の歴史中華民国空軍中野友禮中村大尉事件中村勝範中村粲中村菊男帷幄上奏丹東市世界紅卍字会世界恐慌世界最終戦論万福麟三十一年式速射砲三十年式銃剣三島由紀夫三上於菟吉三年式機関銃三井銀行三井財閥三事忠告三八式野砲三八式歩兵銃三菱財閥三木武夫三浦三郎下地玄信下出義雄一夕会一〇〇式機関短銃九尾ダム九州電気軌道九七式狙撃銃九七式曲射歩兵砲九三式双発軽爆撃機九一式広軌牽引車九一式戦闘機九九式短小銃九二式重装甲車九二式戦闘機九五式小型乗用車九五式軽戦車九・一八歴史博物館九カ国条約九八式二十粍高射機関砲九八式直接協同偵察機九八式水冷式重機関銃九六式軽機関銃九四式37mm速射砲九四式六輪自動貨車九四式軽迫撃砲九〇式軽迫撃砲九〇式野砲九〇式鉄帽幣原外交幣原喜重郎平羅線平沼騏一郎幹部候補生 (日本軍)床次竹二郎于学忠于シ山于珍于静遠于沖漢于洪区京城帝国大学京城・昭和六十二年 碑銘を求めて京都バス京浜工業地帯康平県人身攻撃二十カ年百万戸送出計画二十四の瞳二上兵治二・二六事件広島赤十字・原爆病院メモリアルパーク広田弘毅広瀬寿助広東政府亘理神社五・一五事件井上準之助井上成美事変今井武夫今泉嘉一郎仮想敵国建川丸建川美次仙台村伊藤伝右衛門伊藤述史伊東月草伊沢多喜男弾丸列車張季鸞張学良張学思張宗昌張作相張作霖張作霖爆殺事件張作霖爆殺事件ソ連特務機関犯行説張レイ生張知本張煥相張道藩張軫張鼓峰事件張難先張氏帥府張済新張海鵬張文鑄張景恵休戦協定住友化学愛媛工場歴史資料館佐古丞佐世保鉄道佐々元十佐々木多門佐々木丙二佐藤尚武佐藤幸徳佐藤康宏佐藤脩 (海軍軍人)佐野文子影佐禎昭影を慕いて何応欽何香凝余漢謀侍従武官徐箴徐淑希御料車徳富蘇峰徳川義親徳田秋声従軍看護婦従軍記章忠実屋忠霊塔信太山演習場土肥原賢二在華紡在香港日本人匪賊北進論北方領土問題ミュージカル李香蘭ミニヤコンカノモンハン事件マックス・クラウゼンマスメディアの戦争責任チムトシムベロチベットの歴史ハリマオ (映画)ハル・ノートハルビン市ハンス・フォン・ゼークトハーバート・ビックスハーフンガーバンク・オブ・アメリカバーデン=バーデンの密約バトマラプタンバイカル・アムール鉄道メディア・リテラシーモ式小銃ラビンドラナート・タゴールラインホルド・ニーバーラジオ深夜便のコーナー一覧リマリマ排日暴動事件リットン伯爵リットン調査団リットン調査団 (お笑いコンビ)リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーリフレーションルノー FT-17 軽戦車ルノーNC型戦車レッドクロス〜女たちの赤紙〜レフ・シェストフロマン・ロランヴァレンティン・フョードロヴィチ・モロゾフヴィクター・ブルワー=リットンボフォース 37mm対戦車砲トマス・バティトラウトマン和平工作トリアージトウ演達ヘンリー・スティムソンヘイル・オブ・ブレッツブラスバンドプレスハムテオドール・エードラー・フォン・レルヒテキ文選デムチュクドンロブフランク・ロス・マッコイフランシス・リンドリーフルンボイル市フレデリック・スタールファシズムファシズム批判ドルニエ Do.Nニホンイタチホンドテンホウ炳勲ダライ・ラマ13世刀工周保中周コウ生呂栄寰呉奇偉呉光心呉鼎昌呉鉄城呉江区呉敬恒和田勁わらわし隊アメリカの鏡・日本アメリカひじきアメリカ合衆国の外交政策アメリカ本土攻撃アーサー・チンアドルフ・ヒトラーアイラトビカズラアジアの紛争一覧アジア主義アジア・太平洋戦争アジア・モンロー主義アサルトライフルイタイイタイ病ウーズレー装甲自動車ウィンストン・チャーチルエリック・リデルエドガー・スノーオルドス市オーガスタ (重巡洋艦)カンジュルジャブガス圧作動方式ケイ士廉コミンテルンの年表コミック昭和史コニー・マックゴーストップ事件ザバイカル軍管区シーメンスシーメンス事件ジョン・カーティンジョンジュルジャブジョセフ・アヴェノルジョセフ・キーナンジョセフ・グルージパング (漫画)の登場人物一覧ソビエト連邦の外交関係ソテツ地獄ソ蒙相互援助議定書ソ連・フィンランド不可侵条約サラトガ (CV-3)サルムソン 2傅作義唐生智唐蘭優勝内国産馬連合競走円相場内山完造内務省 (日本)内田康哉内鮮一体内閣総辞職写真乾板出口王仁三郎出淵勝次凌陞商震児島襄全盛鎬八七式軽爆撃機八九式十五糎加農砲八九式中戦車八九式旋回機関銃八九式普通実包八八式偵察機八八式軽爆撃機八木沼丈夫八日市飛行場公職追放共楽館兼松煕元老兵学兵頭二十八光永星郎勝ち組図書館令国が燃える国吉康雄国家神道国交に関する罪国共内戦国策会社国維会国際ペンクラブ国際連盟国際連盟加盟国国防国防の本義と其強化の提唱国防婦人会国防献金国防部参謀本部軍事情報局国鉄9600形蒸気機関車国権回復運動 (中国)国民同盟 (日本)国民革命軍国民歌謡四一式山砲四日市市立富洲原小学校倉富勇三郎犬養毅皇化連盟矢田部保吉矢野機石原広一郎石原莞爾石射猪太郎石川三四郎石川準十郎石綿セメント管石鼓文石榴 (江戸川乱歩)玉鋼王大テイ王家テイ王人美王允卿王達王静修王鉄漢王英 (民国)王造時王樹常王正廷王溥 (軍人)王懋功王曉籟理科教育硬貨社会民衆党神 (神道)神奈川大学神風特別攻撃隊福井道二私の鶯秘話稲八金天神社稲葉正夫章士ショウ章乃器章炳麟竹中彰元竹光立川飛行場立命館禁衛隊立花止立憲民政党第10師団 (日本軍)第14師団 (日本軍)第18回衆議院議員総選挙第19師団 (日本軍)第1師団 (日本軍)第2師団 (日本軍)第2飛行師団 (日本軍)第2次若槻内閣第4師団 (日本軍)第5師団 (日本軍)第6師団 (日本軍)第7師団 (日本軍)第8師団 (日本軍)第9師団 (日本軍)第一次上海事変第一次世界大戦第二次世界大戦の背景第二次エチオピア戦争範多範三郎米中関係米内光政紫禁城の黄昏総軍緒方竹虎繆培南真崎甚三郎眞相はかうだ爆弾三勇士統制派病院列車田原総一朗田口弼一田中上奏文田瀬ダム田沢疏水男爵町野武馬甘介侯甘粕事件甘粕正彦熱河省 (満州国)煕洽牡丹江市片倉衷独立軍 (朝鮮)狙撃砲盧溝橋事件相沢事件瀧川幸辰瀋陽市瀋陽造幣廠白兵戦白鳥敏夫百武俊吉百武賢兼百武源吾花へんろ花谷正韓雲階韋煥章遊就館遠隔操縦器材い号遠藤三郎 (陸軍軍人)遼寧省遼寧省 (中華民国)荒垣秀雄荒木貞夫萱野長知落陽 (映画)萌えよ!戦車学校非常時共産党非武装地帯靖安軍靖国神社靖国神社問題青野寿郎頭山満領事裁判権顧孟余顧問顔恵慶袁犀袁金鎧風船爆弾飯田貞固飛騨川流域一貫開発計画西大滝ダム西住小次郎西園寺公望親方日の丸馬占山馬場えい一馬寅初馬相伯馬超俊馬本齋馬政局馮涵清覃振覇者の戦塵香川県立亀鶴公園香西泰香港の戦い香港映画騎兵第1旅団 (日本軍)騎兵第27連隊騎兵第2旅団 (日本軍)証券不況試製一号戦車試製四十一糎榴弾砲語呂合わせ高山政吉高志航高等遊民高麗人高松市の歴史高橋三吉高木義人護国神社谷口尚真谷口恒二谷儀一谷豊谷正綱豊後高田市貨幣法貴福貿易史鳥居龍蔵鴨川ダム鶴見 (給油艦)鶴見俊輔鶴見祐輔趙丕廉趙欣伯趙性根鹵獲軍事著作家一覧軍事指揮官の一覧軍務局軍国美談軍犬軍歴証明書軍歌軍服 (大日本帝国陸軍)軍旗黒幕黒竜江省 (中華民国)黒河口岸黄禍論黄旭初輜重兵農本主義辻政信近代から現代にかけての世界の一体化近衛上奏文近藤宮子近藤栄蔵茨城交通水浜線范漢傑胡瑛 (湖南)胡適胡漢民胡政之鈴木美通鈴木貞一興安軍阪田誠盛阿佐ヶ谷文士村赤城 (空母)赤沢康平関東軍閻伝フツ閻沢溥閃光のナイトレイド間島出兵間島問題門戸開放政策藍川清成藍衣社藤井崇治藤田勇 (新聞記者)闖関東葉巻きたばこ蒋介石蒋介石政権蒋作賓蔡廷カイ蔡元培蔵王橋 (長岡市)鄒韜奮鄒魯野田佳彦重光葵重藤千秋重慶爆撃臧式毅臨時利得税臨時装甲列車臨時軍事費特別会計自動車製造事業法釜石鉱山鉄道C1 20形蒸気機関車里見甫金壁東金中建金弘壹金光恵次郎金田一春彦金解禁金谷範三金錫源金鵄勲章金栄桂長谷川才次長野日報鉄道連隊若槻禮次郎若浪義光英国高等領事裁判所通州事件通信社の歴史通称号連合国 (第二次世界大戦)連合国軍占領下の日本週刊朝日週刊昭和タイムズ陳友仁陳宝チン陳嘉庚陳嘉佑陳啓天陳公博陳銘枢陳樹人陳済棠陳春圃陸軍 (映画)陸軍幼年学校陸軍糧秣本廠流山出張所陸軍飛行戦隊陸軍航空士官学校陸軍航空技術研究所陸軍航空本部陸軍悪玉論虹色のトロツキーJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントW・E・B・デュボイス柏市柏木義円柳井恒夫 (外交官)柳条湖事件染織祭枢密院 (日本)架空戦記林百郎林銑十郎林芙美子林森林房雄排日移民法恵通航空恒久王妃昌子内親王李宗仁李コウ (中華民国)李石曽李範ソク李翰祥李済深李漢魂李承晩東安鎮事件東京駅の歴史東京電燈東亜同文書院大学 (旧制)東北大学 (中国)東北陸軍講武堂東北抗日義勇軍東トルキスタン共和国東アジア東アジア史東條英機東洋経済新報社東洋拓殖東清鉄道松居松葉松岡駒吉松岡洋右松井石根松谷與二郎松波仁一郎板垣征四郎杉原千畝物語 オペラ 人道の桜杉原誠四郎杉山元杉本五郎栄厚栄臻梁寒操梁鴻志梶原英之梅田良忠梅谷光貞森コンツェルン森克己森連棗強県楊亜峰楊靖宇楊林 (軍人)楽以琴極東国際軍事裁判榧 (樅型駆逐艦)榛名 (戦艦)横尾闊横尾敬義横山一郎横田喜三郎横浜市営バス樋口敬七郎標準軌機甲戦橘樸橋本虎之助橋本欣五郎歩兵第10連隊歩兵第13連隊歩兵第14連隊歩兵第15連隊歩兵第16連隊歩兵第17連隊歩兵第18連隊歩兵第23連隊歩兵第25連隊歩兵第26連隊歩兵第27連隊歩兵第28連隊歩兵第29連隊歩兵第2連隊歩兵第30連隊歩兵第31連隊歩兵第32連隊歩兵第33連隊歩兵第40連隊歩兵第45連隊歩兵第47連隊歩兵第4連隊歩兵第50連隊歩兵第59連隊歩兵第5連隊歩兵第63連隊歩兵第6連隊歩兵第73連隊歩兵第74連隊歩兵第75連隊歩兵第76連隊歩兵第77連隊歩兵第78連隊歩兵第79連隊歩兵第80連隊歩兵連隊歩兵操典歴史写真水崎基一永井隆 (医学博士)永田鉄山永野修身江口定条江口圭一江防艦隊河合栄治郎河合栄治郎事件河上清河豚計画油井大三郎沈鴻烈沈鈞儒沖縄戦沖縄戦における集団自決波多野乾一波多野養作淀 (通報艦)渡部審也渓カン鉄路清水幾太郎清水清 (陸軍軍人)清沢洌渋谷黎子湯玉麟満州満州事変満州善後条約満州国満州国の祝祭日満州国の経済満州国協和会満州国圓満州国国有鉄道満州国童子団連盟満州国演義満州産業開発五カ年計画満州農業移民百万戸移住計画満州関係記事の一覧満州里会議満井佐吉満蒙問題満蒙開拓団満蒙開拓移民満鉄連京線満洲電信電話漢口租界朝鮮南部連続少女誘拐事件朝鮮総督府朝鮮総督府鉄道朝鮮独立運動朝鮮軍 (日本軍)朝潮型駆逐艦朝日ダム朝日新聞木村重木戸幸一木曽川電力木曜会 (日本陸軍)末次信正本島等本庄繁本田親男本渓市朱子学朱兆シン朱霽青朱慶瀾朴一禹月瀬の大スギ望月軍四郎成富政一成田山新勝寺成都事件戦史叢書戦中戦争戦争史大観戦争一覧戦争調査会戦闘用ヘルメット戴笠昭和昭和天皇昭和天皇の戦争責任論昭和倶楽部昭和研究会昭和恐慌昭和戦争易培基流行歌浦江飯店海と夕焼海上警察隊 (満州国)海軍反省会浜田駅浜黒崎村浄水錠浅原健三浅沼稲次郎斎藤博 (外交官)斎藤実斎藤隆夫新幹線新人会新広西派新橋喜代三新感覚派方虎山施肇基斉昂軽便鉄路日名子実三日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会日中関係史日中戦争日仏関係日伊関係日ソ国境紛争日立鉱山日米学生会議日米関係日系ペルー人日系ブラジル人日独伊三国同盟日露関係史日鉄鉱業赤谷鉱業所専用鉄道日泰関係日泰攻守同盟条約日満経済ブロック日満議定書日朝関係史日本日本労働組合全国評議会日本お笑い史日本とエチオピアの関係日本のダムの歴史日本のキリスト教史日本のタクシー日本の華族一覧日本の補助貨幣日本の貨幣史日本の貿易史日本の近現代文学史日本の慰安婦日本史の出来事一覧日本帝国主義日本切腹中国介錯論日本刀日本共産党日本統治時代日本統治時代の朝鮮日本発送電日本製品不買運動日本製鐵日本軍日本近代史日本暗殺秘録日本柔道選士権大会旧古河庭園旧日本銀行広島支店早稲田大学の人物一覧旭日旗旅順要塞患者列車支那分割論支那囲壁砲台改暦政池仁愛国婦人会愛新覚羅載ホウ愛新覚羅溥偉愛新覚羅溥儀憲政の常道憲政一新会慰安婦拓務省曽キ時局匡救事業10月8日1930年代1931年1931年の政治1933年1934年12月1日国鉄ダイヤ改正1月7日2007 FIFA女子ワールドカップ2007 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表2012年の中国における反日活動2021年2031年20世紀2月18日2月29日5月31日7.63x25mmマウザー弾9月18日9月21日 インデックスを展開 (1074 もっと) »

ABCD包囲網

ABCD包囲網(ABCDほういもう、ABCD encirclement)とは、1930年代後半(昭和10年頃)に、日本に対して行った貿易制限の総体に、日本が名付けた名称である。「」とは、貿易制限を行っていたアメリカ合衆国()、イギリス()、中華民国()、オランダ()と、各国の頭文字を並べたものである。ABCD包囲陣、ABCD経済包囲陣、ABCDラインとも呼ばれる。この呼称は日本の新聞が用いたものとされるが、初出については良く分かっていない。 この対日政策が、経済制裁か経済封鎖かについては、研究者間でも一定していない。.

新しい!!: 満州事変とABCD包囲網 · 続きを見る »

A級戦犯合祀問題

A級戦犯合祀問題(えーきゅうせんぱんごうしもんだい)とは、第二次世界大戦後の連合国による極東国際軍事裁判(東京裁判)において、拘置中に死亡、ないし刑の執行ないし刑期中に死亡した者について、靖国神社の祭神として合祀されていることに関する論争。.

新しい!!: 満州事変とA級戦犯合祀問題 · 続きを見る »

加藤武男

加藤 武男(かとう たけお、1877年(明治10年)6月5日 - 1963年(昭和38年)10月17日)は、日本の銀行家。吉田内閣経済最高顧問。.

新しい!!: 満州事変と加藤武男 · 続きを見る »

劉粋剛

劉 粋剛(りゅう すいこう、1913年2月4日 - 1937年10月26日)は、中華民国空軍の軍人。戦闘機操縦士で日中戦争時に活躍したエース・パイロット。階級は空軍上尉(大尉に相当)、死後少校(少佐に相当)。遼寧省昌図県金家屯(現金家鎮)出身。号は蘊和。「空の趙子龍」などと呼ばれた。.

新しい!!: 満州事変と劉粋剛 · 続きを見る »

劉紀文

劉 紀文(りゅう きぶん)は中華民国(台湾)の政治家。中国国民党(国民政府)で主に財務・会計を担当した人物で、胡漢民・孫科ら広東派の一員でもあった。字は兆銘、兆鎔。.

新しい!!: 満州事変と劉紀文 · 続きを見る »

劉長春

劉 長春(りゅう ちょうしゅん、1909年10月13日 - 1983年3月21日)は、中国の陸上競技選手(短距離走)。1932年のロサンゼルスオリンピックに、中国初のオリンピック代表選手として出場した。.

新しい!!: 満州事変と劉長春 · 続きを見る »

その時歴史が動いた (漫画)

『その時歴史が動いた』は、NHKで放送されている『その時歴史が動いた』を登場人物・時代背景・心情を史実に基づいて編集し、わかりやすくコミック化した漫画作品集。 発行はホーム社。販売は集英社。各ストーリーは1話完結の読み切り。文庫版は2010年7月現在、51巻に達している。文庫版の他に、季刊にて雑誌版(コミック特盛)が発行されることもあった。.

新しい!!: 満州事変とその時歴史が動いた (漫画) · 続きを見る »

その時歴史が動いたの放送一覧

その時歴史が動いたの放送一覧(そのときれきしがうごいたのほうそういちらん)ではNHKの番組『その時歴史が動いた』で放送した内容のタイトルについて説明する。 この一覧ではアンコール放送分は除いている。.

新しい!!: 満州事変とその時歴史が動いたの放送一覧 · 続きを見る »

のらくろ

『のらくろ』は、田河水泡の漫画作品、その主人公である野良犬。およびそれを原作としたアニメ作品。.

新しい!!: 満州事変とのらくろ · 続きを見る »

ひらかた大菊人形

ひらかた大菊人形 2005年「義経」 ひらかた大菊人形 2005年「義経」 ひらかた大菊人形(ひらかただいきくにんぎょう)は、京阪電気鉄道の主催で、2005年まで毎年10月上旬から11月下旬(年によっては9月から12月に延びる場合もあった)に、大阪府枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」で行われていた菊人形の展覧会である。.

新しい!!: 満州事変とひらかた大菊人形 · 続きを見る »

ひらかたパーク

ひらかた大菊人形展 ひらかたパークは、大阪府枚方市公園町にある、京阪電気鉄道子会社の京阪レジャーサービスが運営する遊園地(テーマパーク)。通称は「ひらパー」。年間の入園者数は120万人前後で、ユニバーサルスタジオジャパンに次ぎ大阪府下第2位である。.

新しい!!: 満州事変とひらかたパーク · 続きを見る »

また逢ふ日まで

『また逢ふ日まで』(またあうひまで)は、1932年(昭和7年)11月24日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎。モノクロ、スタンダード、サウンド版、78分。 小津にとって初のサウンド版作品。初期の段階では『娼婦と兵隊』というタイトルがつけられていたが、当時の満州事変後の世相を考慮して改名された『小津安二郎を読む 古きものの美しい復権』、フィルムアート社〈ブック・シネマテーク5〉、1982年、p.121。ソビエトから日本に帰国した岡田嘉子が見たがっていた作品でもある。初回興行は帝国館。現存するのは脚本のみであり、ネガフィルムおよび上映用プリントは失われている。.

新しい!!: 満州事変とまた逢ふ日まで · 続きを見る »

ああ我が戦友

ああ我が戦友(ああわがせんゆう)は、1937年(昭和12年)2月にキングレコードから発売された軍歌。 歌は近衛八郎で、作詞は林柳波・作曲は細川潤一。満州事変をテーマに作られたもので、「戦友」や「婦人従軍歌」を巧みにはさんで、大ヒットした。 Category:日本の軍歌 Category:1937年の楽曲 あわかせんゆう.

新しい!!: 満州事変とああ我が戦友 · 続きを見る »

この世界の片隅に

『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代による日本の漫画作品である。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号 - 2009年1月20日号まで連載された。単行本は、同社より2008年から2009年に上・中・下巻の形式と、2011年に前編・後編の形式で発売された。(書誌情報参照) 2011年8月5日に日本テレビ系でテレビドラマ化された。 2016年11月12日には、片渕須直監督による同名の劇場アニメーション映画が全国公開された。 2018年7月期にTBS系の「日曜劇場」枠にてテレビドラマ化される予定。.

新しい!!: 満州事変とこの世界の片隅に · 続きを見る »

十一年式平射歩兵砲

十一年式平射歩兵砲(11ねんしきへいしゃほへいほう)とは、旧日本陸軍が大正11年(1922年)に制式化した口径37mmの歩兵砲。同時期に開発された狙撃砲と同じく直射による機関銃陣地撲滅を目的としていた。.

新しい!!: 満州事変と十一年式平射歩兵砲 · 続きを見る »

十一年式軽機関銃

十一年式軽機関銃(じゅういちねんしきけいきかんじゅう)は、大日本帝国で1910年代から1920年代前期にかけて開発・採用された軽機関銃。日本軍が初めて制式採用した軽機関銃であり、1941年(昭和16年)までに計約29,000挺が生産された。.

新しい!!: 満州事変と十一年式軽機関銃 · 続きを見る »

十五年戦争

十五年戦争(じゅうごねんせんそう)とは、1931年(昭和6年)の満州事変から1945年(昭和20年)ポツダム宣言受諾による太平洋戦争(太平洋以外の地域も含む、大東亜戦争)の終結に至るまでの約13年11か月にわたる紛争状態と戦争を、総称した呼称である。日本の先の戦争を、原因から結果まで総じて論じることが可能であるため、学者・有識者などによって便宜利用される。しかし途中に非戦争状態の時期がある不連続性(満州事変の終結、上海事変の勃発と終結、日中戦争の開始)という問題と、歴史学・政治学でしばしば用いられるような一定の観点に基づく概念にすぎないため、一つの戦争であるとの誤解を招くことから、現在学校教育ではこの語は用いられない。なお、満州事変・柳条湖事件は、関東軍の緻密かつ入念な事前の計画に基づくものである。これに対し、盧溝橋事件は偶発的な発砲が発端となり、松井=秦徳純協定により盧溝橋事件はいったん収拾した。それにもかかわらず、中国共産党の国共合作による徹底抗戦の呼びかけ、蒋介石による「最後の関頭」演説後の中国軍からの日本軍・日本人居留民に対する度重なる攻撃、第二次上海事変により日中戦争(支那事変)の戦闘は本格化した。したがって、日中戦争の始期を、柳条湖事件、盧溝橋事件、中国共産党の国共合作による徹底抗戦の呼びかけのいずれと考えるかにより、1937年以降の日中間の戦争の歴史的な評価に重大な影響を与えることになろう。 十五年戦争の呼称は評論家の鶴見俊輔が1956年(昭和31年)に「知識人の戦争責任」(『中央公論』1956年1月号)のなかでこの言葉を使用したのが最初とされ、鶴見は3つの段階に分けている。満州事変から1942年(昭和17年)夏頃の太平洋戦争の戦況悪化までの期間を戦争景気と呼ぶことがある。.

新しい!!: 満州事変と十五年戦争 · 続きを見る »

十河信二

十河 信二(そごう しんじ、1884年4月14日 - 1981年10月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。愛媛県西条市市長(在任1945年 - 1946年)、第4代日本国有鉄道(国鉄)総裁(在任1955年 - 1963年)。「新幹線の父」と呼ばれた。西条市名誉市民第一号。.

新しい!!: 満州事変と十河信二 · 続きを見る »

十月事件

十月事件(じゅうがつじけん)とは、1931年(昭和6年)10月の決行を目標として日本陸軍の中堅幹部によって計画された、クーデター未遂事件である。別名錦旗革命事件(きんきかくめいじけん)。.

新しい!!: 満州事変と十月事件 · 続きを見る »

南京事件論争

南京事件論争(ナンキンじけんろんそう)とは、日中戦争(支那事変)中の1937年(昭和12年)12月に遂行された南京戦において発生したとされる南京事件における虐殺の存否や規模などを論点とした論争である。論争は日中関係を背景に政治的な影響を受け続けた。.

新しい!!: 満州事変と南京事件論争 · 続きを見る »

南京事件論争史

南京事件論争史(ナンキンじけんろんそうし)では、南京事件論争の歴史について解説する。また日中政府の対応などについても解説する。.

新しい!!: 満州事変と南京事件論争史 · 続きを見る »

南京国民政府の行政区分

南京国民政府の行政区分では、1927年(民国16年)の南京国民政府の発足から、国共内戦により中華民国中央政府が台湾に移転された1949年(民国38年)までの中華民国の行政区分を概説する。 それまでの行政区分については北京政府の行政区分を、1940年から1945年までの汪兆銘政権のものについては汪兆銘政権の行政区分を参照。 1955年(民国44年)の大陳島撤退以降、中華民国政府の実効支配地域は台湾省全域と福建省の一部島嶼に限られるが、その範囲から外れる中国大陸部の行政区分は1949年時点のまま名目上廃止されていない。現在の中華民国の実効支配地域におけるものについては台湾の行政区分を参照。.

新しい!!: 満州事変と南京国民政府の行政区分 · 続きを見る »

南町通り (仙台市)

南町通(みなみまちどおり)は、仙台市都心部を東西に通じる道であり、JR仙台駅西口における主要幹線道の1つ。全線が仙台市青葉区内にある。片側2車線。街路樹はトウカエデ。 かつて地元では「みなんまちどおり」とも発音していた(参照)。1932年(昭和7年)から1945年(昭和20年)までは改名して多門通(たもんどおり)といった。占領期には、進駐軍が「メイプル・ストリート」と呼んだ(参照)。.

新しい!!: 満州事変と南町通り (仙台市) · 続きを見る »

南進論

南進論(なんしんろん)とは、戦前の日本で、「日本は南方地域へ進出すべきである」と唱えられていた対外論である。.

新しい!!: 満州事変と南進論 · 続きを見る »

南次郎

南 次郎(みなみ じろう、1874年(明治7年)8月10日 - 1955年(昭和30年)12月5日)は、日本の陸軍軍人。陸軍大将正二位勲一等功四級。.

新しい!!: 満州事変と南次郎 · 続きを見る »

南満州

南満州 南満州(南満洲、みなみまんしゅう)は、広く現在のロシア極東部も含む満洲の南部で、かつて満洲国があった地域(現在の中国東北部)を指す地域呼称である。内満州(内満洲、ないまんしゅう)ともいう。「南満洲」という語は、文脈によっては内満洲の南部(ポーツマス条約により日本の勢力圏となった地域)を指す場合もある。 「南満洲」と言う地名を冠した企業としては南満洲鉄道が有名であるが、これは1905年のポーツマス条約の結果ロシア帝国から譲渡された東清鉄道は全体でなく、長春 - 大連間の南満州支線のみの鉄道施設・付属地であったためである。.

新しい!!: 満州事変と南満州 · 続きを見る »

南満州鉄道

南満洲鉄道株式会社(みなみまんしゅうてつどう、、The South Manchuria Railway Co., Ltd.)は、1906年(明治39年)に設立され、1945年(昭和20年)にポツダム宣言の受諾に伴って閉鎖された大日本帝国の特殊会社。南満州において鉄道運輸業を営んでいた。略称は満鉄(まんてつ)。 鉄道事業を中心として広範囲にわたる事業を展開し、日本軍による満洲経営の中核となった。本社は関東州大連市であるが、のちに満州国が成立すると満州国首都の新京特別市に本部が置かれ、事実上の本社となった。また、東京市麻布区麻布狸穴町に東京支社が置かれた。最盛期には80余りの関連企業を持った。.

新しい!!: 満州事変と南満州鉄道 · 続きを見る »

及川古志郎

及川 古志郎(おいかわ こしろう、1883年(明治16年)2月8日 - 1958年(昭和33年)5月9日)は、日本の海軍軍人。新潟県古志郡出身。海兵31期。海軍大学校13期。最終階級は海軍大将。第2次近衛内閣・第3次近衛内閣で海軍大臣。第18代軍令部総長。.

新しい!!: 満州事変と及川古志郎 · 続きを見る »

反共主義

反共主義(はんきょうしゅぎ)または反共産主義(はんきょうさんしゅぎ、Anti-communism)とは、共産主義に反対する思想や運動のこと。短く反共とも。対義語は容共だが、その定義は不明。 広義には共産主義や社会主義全体への反対だが、狭義には共産主義内部を含めた特にマルクス主義やレーニン主義(マルクス・レーニン主義)や共産党などへの反対を指す。反共産主義の組織的な発達は共産主義の台頭の反動によるもので、特に1917年にロシアで共産主義者のボリシェヴィキが権力を奪取した十月革命以降である。.

新しい!!: 満州事変と反共主義 · 続きを見る »

反戦運動

ハリバートンと書かれている) CNDデザインのピースマーク 反戦運動(はんせんうんどう、Anti-war movement.)とは、平和主義の観点から戦争に反対する個人または団体の運動や活動である。平和運動よりもやや狭義で捉えられるが、厳密な区分はない。.

新しい!!: 満州事変と反戦運動 · 続きを見る »

古屋事件

古屋事件(ふるやじけん)は、1939年から1940年にかけて発生したペルー日本人移民の古屋時次郎の身柄を巡るペルー政府とリマの日本領事館の間の係争事件。1940年に日本人移民の経営していた商店などが破壊、掠奪されたリマ排日暴動事件の引き金となったとされる。.

新しい!!: 満州事変と古屋事件 · 続きを見る »

古応芬

古 応芬(こ おうふん)は、清末民初の政治家・革命家。清末は革命派、民国時代は、中国国民党、国民政府に属した。国民党内では、国民党右派の立場であった。字は勷勤、湘芹。.

新しい!!: 満州事変と古応芬 · 続きを見る »

古賀伝太郎

古賀 伝太郎(こが でんたろう、1880年3月1日 - 1932年1月9日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大佐。しばしば「古賀聯隊長」とよばれる。旧姓、野方。.

新しい!!: 満州事変と古賀伝太郎 · 続きを見る »

古賀清志

古賀 清志(こが きよし、1908年(明治41年)4月10日秦郁彦『日本陸海軍総合事典』「主要陸海軍人の履歴 古賀清志」 - 1997年(平成9年)11月23日)は、日本の海軍軍人。五・一五事件に連座し、反乱罪で有罪となった海軍中尉である。戦後、不二人と改名し、不二流体術を創始。.

新しい!!: 満州事変と古賀清志 · 続きを見る »

古野伊之助

古野 伊之助(ふるの いのすけ、1891年(明治24年)11月13日 - 1966年(昭和41年)4月24日)は「同盟通信社」を運営した通信事業経営者。.

新しい!!: 満州事変と古野伊之助 · 続きを見る »

古沢勘兵衛

古沢 勘兵衛 (ふるさわ かんべえ、1902年1月10日 - 1973年5月2日)は、日本の柔道家(講道館9段、大日本武徳会教士)。元朝鮮総督府柔道教官。 持ち前の怪力を武器に全日本選士権大会で優勝2度、準優勝1度の成績を残したほか昭和天覧試合にも2度出場した実績を有す、戦前を代表する柔道家の1人である。.

新しい!!: 満州事変と古沢勘兵衛 · 続きを見る »

古河グループ

古河グループ(ふるかわグループ)は、戦前の古河財閥の流れを汲む企業グループである。中核企業は、古河機械金属・古河電気工業・富士電機・富士通の4社。創始者は古河市兵衛で、源流企業は古河機械金属である。.

新しい!!: 満州事変と古河グループ · 続きを見る »

古河財閥

古河財閥(ふるかわざいばつ)は、古河市兵衛が設立した財閥。十五大財閥の1つ。.

新しい!!: 満州事変と古河財閥 · 続きを見る »

古河虎之助

古河 虎之助(ふるかわ とらのすけ、明治20年(1887年)1月1日 - 昭和15年(1940年)3月30日)は、日本の実業家。古河財閥創業者古河市兵衛の実子で、3代目当主。爵位は男爵。位階勲等は正四位勲三等瑞宝章。紺綬褒章受章。号は風可。古河財閥を多角化させ、総合財閥に発展させた。.

新しい!!: 満州事変と古河虎之助 · 続きを見る »

古河機械金属

古河機械金属株式会社(ふるかわきかいきんぞく、、旧社名:古河鉱業)は、東京都千代田区丸の内2丁目に本社を置く非鉄金属・産業機械の大手メーカーである。また、東京日本橋の大型複合施設・コレド室町2(室町古河三井ビルディング、地上22階・地下4階・高さ116メートルの超高層ビル)の開発に参画するなど、メーカーでありながら不動産事業も行なっている。 創業は明治8年(1875年)で、創業者は古河市兵衛。古河電気工業、富士電機、富士通とともに「古河グループ(古河三水会)」の中核企業であり、旧・古河財閥の源流企業にして古河電工などの母体企業でもある。明治10年に足尾銅山の開発に着手、これが日本の銅産出量トップとなる(明治17年)など大鉱山に成長したことで古河財閥の礎を築く。その後、古河潤吉(2代目社長)・古河虎之助(3代・5代目社長)の下、足尾銅山を基盤に事業の近代化・企業の多角化を推進し、鉱山開発(古河機械金属)→電線製造(古河電工)→電気機器製造(富士電機)→通信機器製造(富士通)などと裾野を広げ、古河グループ各社が古河機械金属から様々な産業へと分社・独立していった(富士電機や富士通の「富士」は、古河の頭文字「ふ」とドイツ社シーメンスの「じ」に由来する)。また、急成長の過程で公害問題に直面したもののこれを克服し、近代日本産業の発展に大きく貢献した。 第二次世界大戦敗戦後の1946年(昭和21年)、持株会社整理委員会による指定(財閥解体)を受け古河財閥の持株会社としての機能を喪失、更に同年、岡田完二郎社長(のち富士通社長)や吉村萬治郎元社長、名取和作らがGHQの公職追放令に基づく追放指定(公職追放)を受けて重職を辞任させられるなど、終戦を境に再出発を図ることになった。1989年(平成元年)には「古河鉱業」から現社名に社名変更。元々は鉱業より発祥した企業であるが、石炭事業からの撤退や足尾銅山の閉山などを経て事業の多角化に成功し、現在では削岩機などの土木鉱山用機械のトップメーカーとして広く知られる。2005年、事業持株会社体制(事業持株会社である古河機械金属を中心に、子会社46社・関連会社17社で構成)へ移行した。東証1部に上場(日経225銘柄の1つ)、足尾銅山鉱毒事件の原因企業としても著名。.

新しい!!: 満州事変と古河機械金属 · 続きを見る »

台湾議会設置運動

台湾議会設置運動(たいわんぎかいせっちうんどう)は、1920年代初めから1930年代半ばにかけて、日本の植民地であった台湾の住民が、帝国議会に対し、イギリスのアイルランド議会をモデルとした台湾独自の議会の設置を請願した運動のこと。.

新しい!!: 満州事変と台湾議会設置運動 · 続きを見る »

右翼団体

右翼団体(うよくだんたい)は、右翼思想を掲げる政治団体または政治的勢力である。 右翼的または保守的思想や団体は、古来よりあらゆる時代・地域に存在している。17世紀以降の啓蒙思想や、18世紀以降の産業革命による近代化により、進歩主義や自由主義や個人主義などの思想と、政治的・経済的には資本主義や社会主義などが進展すると、それらに疑問を持ち反対する対抗勢力として右翼思想や保守主義を掲げる団体も明確化していった。 右翼団体の多くは、その国や地域の文化的・歴史的・伝統的な価値観や、それらに基づく社会秩序や社会体制を支持しており、ナショナリズムや民族主義や国家主義あるいは地域的な共同体を重視した多数の思想や運動が存在している。 しかし「右翼団体」の公式な定義や範囲は存在しておらず、自称する団体、自称しないがそう他称される場合が多い団体、あるいは政治団体としての実態を伴わないが暴力団などが摘発回避のため偽装している団体も少なくなく様々である。政治的スペクトル上の位置づけでは、通常は保守主義、権威主義、全体主義、君主主義、集団主義、あるいは反共主義などの指向を持つ場合が多い。 反共主義については、 国際勝共連合=統一教会(文鮮明氏の設立)と共闘する部分もある。.

新しい!!: 満州事変と右翼団体 · 続きを見る »

号外

街頭配布の準備中(2010年6月2日、鳩山由紀夫内閣総理大臣の辞意表明時の号外) 号外(ごうがい、newspaper extra)とは、突発的な事件、事故、災害やスポーツの試合結果など、世間の関心度が高いと判断されるニュースを逸早く伝えるために、街頭で販売または配布される新聞である。 その性質上、発行は不定期でしかも突如編集および発行するものであり、日本では通常無料配布である。 本項では主に日本での号外に関する概観を記述する。.

新しい!!: 満州事変と号外 · 続きを見る »

吹奏楽の歴史

南北戦争当時のアメリカ合衆国の軍楽隊(サクソルン・バンド) 本項「吹奏楽の歴史」では、世界における吹奏楽の歴史について説明する。 『新版吹奏楽講座』によれば、吹奏楽とは、「管楽器と打楽器のみの合奏、すなわち弦のないオーケストラである」と規定される。「吹奏楽」という日本語は、ドイツ語のブラースムジーク Blasmusik (Blasは「吹く」の意)からの訳語とも考えられており大崎(2004)、日本では一般に「ブラスバンド」Brass band と称されることも多い。ただし、ブラスバンドは本来、真鍮(brass)を主素材とする金管楽器と打楽器によって編成される楽団という意味であり、厳密には吹奏楽のなかの一形態にすぎない『JBCバンドスタディ』(2005)p.89。このように、日本語の「ブラスバンド」「ブラバン」には、(おそらく日本人特有のLとRの混同に起因する)混用がみられる一方で、「吹奏楽」には、それに相当する英語が存在しない。吹奏楽のなかには、狭義のブラスバンド(金管バンド)のほか、シンフォニック・バンド、コンサート・バンド、ウインド・アンサンブル、ウィンド・オーケストラ、マーチング・バンドなど多種多様な形態があり、その発達のあり方や歴史的変遷は、国や地域により異なる。 なお、上述の定義にしたがえば、日本の雅楽も篳篥(ひちりき)や笙(しょう)、横笛が中心となっており、催馬楽や管弦をのぞけば吹奏楽の一形態ととらえることが可能である三線以前の琉球王国の伝統音楽や中国の「鼓吹」も一種の吹奏楽である。長生(1999)p.10。しかし、ここでは一般に日本で「ブラスバンド」「ブラバン」と称せられる、洋楽のなかの一演奏形態ないし一ジャンルとしての吹奏楽について、その歴史的変遷を叙述する。.

新しい!!: 満州事変と吹奏楽の歴史 · 続きを見る »

同盟通信社

団法人同盟通信社(どうめいつうしんしゃ)は、かつて日本に存在した社団法人の通信社である。.

新しい!!: 満州事変と同盟通信社 · 続きを見る »

向野堅一

向野 堅一(こうの けんいち、1868年10月19日(慶応4年9月4日) - 1931年(昭和6年)9月17日)は、明治から昭和初期の実業家。日清戦争当時、軍事探偵として活動した。戦後、満州経済界で活躍した。.

新しい!!: 満州事変と向野堅一 · 続きを見る »

吉田曠二

吉田 曠二(よしだ ひろじ、1937年4月15日 - )は、日本のジャーナリスト、歴史家。 京都市生まれ。1963年同志社大学大学院法学研究科修士課程卒業。1964年朝日新聞大阪本社入社。入社後も大学院時代の師田畑忍に師事し、日本近現代史研究を継続。1997年定年退職、名城大学非常勤講師となり外交史、政治史の講義を担当。.

新しい!!: 満州事変と吉田曠二 · 続きを見る »

吉興

吉興(きっこう)は中華民国・満州国の軍人・政治家。満洲族愛新覚羅氏で、皇族の出身。北京政府・奉天派の軍人となり、後に満州国に参加した。字は培之。.

新しい!!: 満州事変と吉興 · 続きを見る »

吉林市

吉林市(きつりんし)は中華人民共和国吉林省に位置する地級市。市内の総人口は約452万人で、省内では省都の長春市に次ぐ第二の都市である。国家歴史文化名城に指定されている。.

新しい!!: 満州事変と吉林市 · 続きを見る »

吉林省 (満州国)

吉林省(きつりんしょう)は満洲国にかつて存在した省。現在の中華人民共和国吉林省の一部地域に相当する。.

新しい!!: 満州事変と吉林省 (満州国) · 続きを見る »

吉本貞一

吉本 貞一(よしもと ていいち、1887年3月23日 - 1945年9月14日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。.

新しい!!: 満州事変と吉本貞一 · 続きを見る »

坂本政右衛門

坂本 政右衛門(さかもと まさえもん、1879年1月20日 - 1942年2月27日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と坂本政右衛門 · 続きを見る »

塘沽協定

塘沽協定(とうこきょうてい)は、1933年(昭和8年)5月31日、河北省塘沽において日本軍と中国軍との間に締結された停戦協定である。これにより柳条湖事件に始まる満州事変の軍事的衝突は停止された。塘沽停戦協定とも呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と塘沽協定 · 続きを見る »

多門二郎

多門 二郎(たもん じろう、1878年9月10日 - 1934年2月15日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と多門二郎 · 続きを見る »

多摩 (軽巡洋艦)

多摩(たま#海軍制度沿革8(1971)p.362、大正6年(1917年)8月20日附達第97号『軍備補充費ヲ以テ建造ニ著手スヘキ戰艦及二等巡洋艦ニ左ノ通命名セラル 横須賀海軍工廠ニ於テ製造 戰艦 陸(ム)奥(ツ) 佐世保海軍工廠ニ於テ製造 二等巡洋艦 球(ク)磨(マ) 三菱合資會社長崎造船所ニ於テ製造 二等巡洋艦 多(タ)摩(マ)』)は、日本海軍の二等巡洋艦 (軽巡洋艦)。 球磨型の2番艦。 その艦名は、多摩川に因んで命名された#艦船名考(1928)pp.236-237。.

新しい!!: 満州事変と多摩 (軽巡洋艦) · 続きを見る »

大川周明

大川 周明(おおかわ しゅうめい、1886年(明治19年)12月6日 - 1957年(昭和32年)12月24日)は、日本の思想家。 1918年、東亜経済調査局・満鉄調査部に勤務し、1920年、拓殖大学教授を兼任する。1926年、「特許植民会社制度研究」で法学博士の学位を受け、1938年、法政大学教授大陸部(専門部)部長となる。その思想は、近代日本の西洋化に対決し、精神面では日本主義、内政面では社会主義もしくは統制経済、外交面ではアジア主義を唱道した。 なお、東京裁判において民間人としては唯一A級戦犯の容疑で起訴されたことでも知られる。しかし、精神障害と診断され裁かれなかった。晩年はコーラン全文を翻訳するなどイスラーム研究でも知られる。.

新しい!!: 満州事変と大川周明 · 続きを見る »

大和民族

大和民族(やまとみんぞく)は、日本列島の住民の大半を占める民族である。ほとんどが日本語を母語とし、日本列島に居住する民族である。しばしば和人倭人は古い日本人の呼称だが、中国中南部の百越の一部を起源とする説があるなど、大和民族と同義ではない。-->(わじん)とも呼ばれる。 日本列島の住民のうち古代の大和朝廷や中世の武家政権の施政下にあった人を指し、近世に幕藩体制下に組み込まれた琉球諸島の住民(琉球民族)を含む民族的日本人を指す場合は日本民族と呼称される。.

新しい!!: 満州事変と大和民族 · 続きを見る »

大公報

大公報(だいこうほう、Ta Kung Pao)は、中国、香港の新聞。20世紀初頭に天津で創刊され、今も香港で発刊が続いている。中国語新聞としては発行期間が最も長い。.

新しい!!: 満州事変と大公報 · 続きを見る »

大牟田爆発赤痢事件

大牟田爆発赤痢事件(おおむたばくはつせきりじけん)とは、1937年(昭和12年)9月25日に福岡県大牟田市内で発生した集団赤痢感染事件である。 政府の調査により原因は赤痢だと断定されているが、その調査結果には多くの疑問点が挙げられている。.

新しい!!: 満州事変と大牟田爆発赤痢事件 · 続きを見る »

大西瀧治郎

大西 瀧治郎(おおにし たきじろう、 - )は、日本の海軍軍人。海軍兵学校第40期生。神風特別攻撃隊の創始者の一人。終戦時に自決。最終階級は海軍中将。.

新しい!!: 満州事変と大西瀧治郎 · 続きを見る »

大西斎

大西 斎(おおにし いつき(ひとし、さい)、1887年12月 - 1947年12月20日)は、日本のジャーナリスト。朝日新聞副主筆。.

新しい!!: 満州事変と大西斎 · 続きを見る »

大角岑生

大角 岑生(おおすみ みねお、明治9年(1876年)5月1日 - 昭和16年(1941年)2月5日)は、大正から昭和にかけての日本の海軍軍人、政治家、華族。海軍大将。男爵。愛知県出身で本籍は高知県。.

新しい!!: 満州事変と大角岑生 · 続きを見る »

大角人事

大角人事(おおすみじんじ)とは、日本海軍において大角岑生海軍大臣の任期である1933年(昭和8年)から翌年にかけて艦隊派主導によって行われた、条約派追放人事のこと。.

新しい!!: 満州事変と大角人事 · 続きを見る »

大賀一郎

大賀 一郎(おおが いちろう、1883年(明治16年)4月28日 - 1965年(昭和40年)6月15日)は日本の植物学者。.

新しい!!: 満州事変と大賀一郎 · 続きを見る »

大連都市交通

大連都市交通(だいれんとしこうつう)は、関東州大連市(現在の中華人民共和国遼寧省大連市)を中心に、軌道事業とバス事業を行っていた企業。かつては関東州および南満州鉄道附属地の電力事業も行っていた。 南満州鉄道が全額出資して分社化した純粋子会社であるため、同社と最後まで密接な関係にあり、事実上関東州における同社の軌道部門・バス部門のような存在であった。 当社が大連市内で運営していた軌道線は、現在の大連公交客運集団(大連市電)の前身である。.

新しい!!: 満州事変と大連都市交通 · 続きを見る »

大陸浪人

大陸浪人(たいりくろうにん)とは、明治初期から第二次世界大戦終結までの時期に中国大陸・ユーラシア大陸・シベリア・東南アジアを中心とした地域に居住・放浪して各種の政治活動を行っていた日本人の一群を指す。.

新しい!!: 満州事変と大陸浪人 · 続きを見る »

大東亜戦争

開戦翌年の1942年(昭和17年)に日本政府が発行した「大東亜戦争国庫債券」(戦争国債)。戦後のインフレーションによりほぼ無価値となった。 「大東亜戦争第一周年記念」として日本勧業銀行(現:みずほ銀行)が販売した「戦時報国債券」 大東亜戦争(だいとうあせんそう、、Greater East Asia War)は、大日本帝国と、イギリスやアメリカ合衆国、オランダ、中華民国、オーストラリアなどの連合国との間に発生した戦争に対する呼称。1941年(昭和16年)12月12日に東條内閣が、支那事変(日中戦争)も含めて「大東亜戦争」とすると閣議決定した。 「欧米諸国によるアジアの植民地を解放し、大東亜細亜共栄圏を設立してアジアの自立を目指す」、という理念と構想を元に始まった大東亜戦争が、アジアの植民地の宗主国を中心に構成された連合国側にとっては都合が悪かったため、終戦後にはGHQによって「戦時用語」として使用が禁止され、「太平洋戦争」などの語がかわって用いられた。GHQの指定は現在では失効しているが、1960年頃から一種のタブー扱いとされメディアでの使用は控えられている。一方で、「連合国軍の都合で一方的に使用が止められた『大東亜戦争』の用語を用いるべきである」とする主張も存在し、歴史認識問題などでこの戦争の呼称については議論が多数なされている。.

新しい!!: 満州事変と大東亜戦争 · 続きを見る »

大正デモクラシー

大正デモクラシー(たいしょうデモクラシー)とは、日本で1910年代から1920年代にかけて(概ね大正年間)に起こった、政治・社会・文化の各方面における民本主義の発展、自由主義的な運動、風潮、思潮の総称である。信夫清三郎『大正デモクラシー史』(1954年)がこの言葉の初出である。.

新しい!!: 満州事変と大正デモクラシー · 続きを見る »

大本事件

大本事件(おおもとじけん)は、新宗教「大本」の宗教活動に対して、日本の内務省が行った統制日本神道史265-266頁『神道系新宗教に対する統制』。宗教弾圧。大本弾圧事件とも呼ばれる。1921年(大正10年)に起こった第一次大本事件と、1935年(昭和10年)に起こった第二次大本事件の2つがある。特に第二次大本事件における当局の攻撃は激しく、大本は壊滅的打撃を受けた。.

新しい!!: 満州事変と大本事件 · 続きを見る »

大戦略 大東亜興亡史3 第二次世界大戦勃発! 枢軸軍対連合軍 全世界戦

『大戦略 大東亜興亡史3 第二次世界大戦勃発! 枢軸軍対連合軍 全世界戦』(だいせんりゃく だいとうあこうぼうしスリー だいにじせかいたいせんぼっぱつ! すうじくぐんたいれんごうぐん ぜんせかいせん)は、システムソフト・アルファーより2013年11月22日に発売されたWindows用ゲームソフト。 PlayStation Portable版はナンバリングを外した『大戦略 大東亜興亡史 第二次世界大戦勃発! 枢軸軍対連合軍 全世界戦』のタイトルで2014年7月31日に発売。 PlayStation 3版・PlayStation Vita版は2015年3月26日に、PlayStation 4版は同年12月17日に発売された。 ニンテンドー3DS版が2014年に発表され、2度にわたる延期の末に発売日が未定となっていたが、2017年4月25日に発売中止が発表された。.

新しい!!: 満州事変と大戦略 大東亜興亡史3 第二次世界大戦勃発! 枢軸軍対連合軍 全世界戦 · 続きを見る »

大戦景気

大戦景気(たいせんけいき)・戦争景気(せんそうけいき)とは、戦争が発生すると局地的に起こる好景気の現象である。日本では、日清戦争・日露戦争期の戦争景気、第一次世界大戦期の大戦景気、満州事変・日中戦争・第二次世界大戦(1942年(昭和17年)夏頃の太平洋戦争の戦況悪化まで)期の戦争景気、朝鮮戦争期の朝鮮戦争特需景気が知られる。 日本では「大戦景気」といえば、多くの場合、第一次世界大戦にともなう1915年(大正4年)から1920年(大正9年)にかけての好景気を指す(→大戦景気 (日本)参照)。アメリカ合衆国においても、第一次世界大戦にともなう大戦景気(アメリカ大戦景気)が起こり、戦後の世界経済をリードした。.

新しい!!: 満州事変と大戦景気 · 続きを見る »

大日本帝国

大日本帝国(だいにっぽんていこく、だいにほんていこく、大日本帝國)は、日本国の国号の一つ。江戸時代末期に外交文書に使用され始め、1946年頃まで公式に使用された。なお、「大日本帝国」と定めた法律は存在しないため、日本の通称または大日本帝国憲法下の日本の通称の一つとして扱われる。 一般には1889年(明治22年)の大日本帝国憲法発布時に憲法典の名称として使用されたことから権威づけられ、1947年(昭和22年)の日本国憲法施行時までの約58年間、天皇が大日本帝国憲法を通じて統治する日本として使用された国号のひとつとされる。最盛時には現在の日本の領土に加え、南樺太・千島列島・朝鮮半島・台湾・澎湖列島・新南群島などを領有していた他、北東アジアや太平洋にいくつかの委任統治領や租借地を保有した。 以下は国号としての大日本帝国を解説し、また大日本帝国憲法下の日本について記述する。.

新しい!!: 満州事変と大日本帝国 · 続きを見る »

大日本帝国陸軍

大日本帝国陸軍(だいにっぽんていこくりくぐん、だいにほんていこくりくぐん、旧字体:大日本帝國陸軍)は、1871年(明治4年) - 1945年(昭和20年)まで日本 (大日本帝国) に存在していた軍隊組織である。通常は、単に日本陸軍や帝国陸軍と呼ばれた。解体後は、陸上自衛隊との区別などのため旧日本陸軍もしくは旧帝国陸軍という名称も使用される。.

新しい!!: 満州事変と大日本帝国陸軍 · 続きを見る »

大日本帝国海軍

大日本帝国海軍(だいにっぽんていこくかいぐん、旧字体:大日本帝國海軍、英:Imperial Japanese Navy)は、1872年(明治5年) - 1945年(昭和20年)まで日本(大日本帝国)に存在していた軍隊(海軍)組織である。通常は、単に日本海軍や帝国海軍と呼ばれた。戦後からは、別組織であるもののその伝統を重んじる傾向にある海上自衛隊との区別などのため、旧日本海軍もしくは旧帝国海軍とも呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と大日本帝国海軍 · 続きを見る »

大日本帝国憲法

憲法発布略図1889年(明治22年)、楊洲周延画 新皇居於テ正殿憲法発布式之図1889年(明治22年)、安達吟光画 大日本帝国憲法(だいにほんていこくけんぽう、だいにっぽんていこくけんぽう、旧字体:大日本帝國憲法)は、1889年(明治22年)2月11日に公布、1890年(明治23年)11月29日に施行された、外見的立憲主義に基づく日本の憲法 大日本帝国憲法には、表題に「大日本帝国」が使用されているが、詔勅では「大日本憲法」と称しており、正式な国号と規定されたものではない。「大日本帝国」が正式な国号と規定された1936年(昭和11年)まで、他に「日本国」「日本」等の名称も使用された。。 明治憲法(めいじけんぽう)、あるいは単に帝国憲法(ていこくけんぽう)と呼ばれることも多い。現行の日本国憲法との対比で旧憲法(きゅうけんぽう)とも呼ばれる。 短期間で停止されたオスマン帝国憲法を除けば実質上のアジア初の近代憲法である。1947年(昭和22年)5月3日の日本国憲法施行まで半世紀以上の間正確には56年5か月4日(20608日)、一度も改正されることはなかった。1947年(昭和22年)5月2日まで存続し、1946年(昭和21年)11月3日に第73条の憲法改正手続による公布を経て、翌1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行された。.

新しい!!: 満州事変と大日本帝国憲法 · 続きを見る »

天図軽便鉄路

天図軽便鉄路(てんとけいべんてつろ)は、満州国吉林省和竜県(現在の中華人民共和国吉林省延辺朝鮮族自治州竜井市)の開山屯駅から同省延吉県(現在の同州竜井市)の老頭溝駅及び、分岐線として同省延吉県(現在の同州延吉市)の朝陽川駅から延吉駅を連絡する路線を運営していた鉄道事業者、及びその路線。 鉱山開発に伴い敷設された山岳地帯の軽便鉄道であったが、「間島問題」という国境紛争の起こっている地域に敷設されたこと、また日本が敷設権を獲得していた「吉会鉄路」と経路が重複したこと、さらに日満連絡の第三ルートの一部となり得るという地勢的条件より重要視された路線である。.

新しい!!: 満州事変と天図軽便鉄路 · 続きを見る »

天皇

天皇(てんのう)は、日本国憲法に規定された日本国および日本国民統合の象徴たる地位、または当該地位にある個人「天皇」『日本大百科全書(ニッポニカ)』 小学館。。7世紀頃に大王が用いた称号に始まり、歴史的な権能の変遷を経て現在に至っている。 今上天皇(当代の天皇)は、昭和天皇第一皇子である明仁。.

新しい!!: 満州事変と天皇 · 続きを見る »

天皇制ファシズム

天皇制ファシズム(てんのうせいファシズム)または日本ファシズムとは、第二次世界大戦終結までの日本の社会、体制などが「ファシズム」の一種であったとする視点による用語。1946年からの丸山眞男による日本ファシズム論(『超国家主義の論理と心理 他八篇』所収「超国家主義の論理と心理」にて述べている)などがある(山口定、2000年3月、政策科学7-3)。.

新しい!!: 満州事変と天皇制ファシズム · 続きを見る »

天皇賞

ール前の直線(第135回天皇賞・春) ゴールの瞬間(第138回天皇賞・秋) 天皇賞の前身とされる「エンペラーズカップ」が行われていた旧横浜競馬場(現:根岸森林公園、根岸競馬記念公苑) 帝室御賞典(春)が第12回まで行われていた旧阪神(鳴尾)競馬場(現:武庫川女子大学附属中学校・高等学校芸術館) 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会 (JRA) が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞競走 (GI) である。第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「(エンペラーズカップ)」まで遡ると1905年(明治38年)に起源をもち、日本で施行される競馬の競走では最高の格付けとなるGIの中でも、長い歴史と伝統を持つ競走である。現在は賞金のほか、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を「盾」と通称することもある。 春は京都競馬場で「天皇賞(春)」、秋は東京競馬場で「天皇賞(秋)」の表記で施行されている。記事内ではそれぞれ「天皇賞(春)」または「春の競走」、「天皇賞(秋)」または「秋の競走」と表記する。.

新しい!!: 満州事変と天皇賞 · 続きを見る »

天羽英二

天羽 英二(あもう えいじ、1887年(明治20年)8月19日 - 1968年(昭和43年)7月31日)は、日本の外交官。日独伊三国軍事同盟締結時の駐イタリア特命全権大使を務めたのち、太平洋戦争中、外務次官や内閣情報局総裁を務め、戦後A級戦犯容疑で巣鴨拘置所に収監され公職追放となった(のちに解除)。.

新しい!!: 満州事変と天羽英二 · 続きを見る »

太平洋問題調査会

太平洋問題調査会(たいへいようもんだいちょうさかい、Institute of Pacific Relations、略称はIPR)は、1925年にホノルルに設立され1961年まで活動を続けた、国際的な非政府組織・学術研究団体である。.

新しい!!: 満州事変と太平洋問題調査会 · 続きを見る »

太平洋艦隊 (ロシア海軍)

太平洋艦隊(たいへいようかんたい、ロシア語:Тихоокеанский Флот、略称:ТОФ)は、太平洋上での作戦を目的としたソ連海軍、ロシア海軍の艦隊である。太平洋艦隊は、ソ連時代に創設されたが、ロシア帝国海軍の歴史と伝統も継承しているため、ここではロシア帝国時代も含めて述べる。 太平洋艦隊は、北方艦隊に次いで、2番目に強力な艦隊である。.

新しい!!: 満州事変と太平洋艦隊 (ロシア海軍) · 続きを見る »

太平洋戦争

太平洋戦争(たいへいようせんそう、Pacific War)は第二次世界大戦の局面の一つで、大日本帝国やドイツ国など枢軸国と、連合国(主にイギリス帝国、アメリカ合衆国、オランダなど)の戦争である。日本側の名称は1941年(昭和16年)12月12日に東条内閣が閣議で「大東亜戦争」と決定し、支那事変も含めるとされた(昭和16年12月12日 閣議決定)、国立国会図書館リンク切れ --> - 国立国会図書館リサーチ・ナビ(2012年12月20日版/2016年9月16日閲覧)。 日本軍のイギリス領マレー半島攻撃により始まり、その後アメリカ西海岸、アラスカからタヒチやオーストラリアを含む太平洋のほぼ全域から、東南アジア全域、インド洋のアフリカ沿岸までを舞台に、枢軸国と連合国とが戦闘を行ったほか、日本と英米蘭の開戦を機に蒋介石の中華民国政府が日本に対して正式に宣戦布告し、日中戦争(支那事変)も包括する戦争となった。.

新しい!!: 満州事変と太平洋戦争 · 続きを見る »

太平洋戦争の年表

開戦時の日本首相東條英機 アジア・太平洋戦争の年表(たいへいようせんそうのねんぴょう)では、3年9ヶ月に及ぶ日本、満洲国、タイ王国とアメリカ合衆国、イギリス、オランダ、ソビエト連邦ら連合国の戦争の経過を示す。中華民国との間の戦争・事変は日中戦争を参照のこと。.

新しい!!: 満州事変と太平洋戦争の年表 · 続きを見る »

外交官

外交官(がいこうかん、)は、外交使節団の長および使節団の職員で外交官の身分を有する外交職員の総称。.

新しい!!: 満州事変と外交官 · 続きを見る »

外交五十年

『外交五十年』(がいこうごじゅうねん)とは日本の外交官、政治家であった幣原喜重郎による回顧録である。.

新しい!!: 満州事変と外交五十年 · 続きを見る »

外満州

東北三省(濃い赤)、東四盟+旧熱河省(赤)、'''外満州'''(薄い赤、ロシア極東の一部) 外満州(外満洲、がいまんしゅう、Outer Manchuria)は、満州地域のうち、1858年のアイグン条約と1860年の北京条約で、清からロシア帝国に割譲された部分である。北満州(北満洲、きたまんしゅう)ともいい、中国では外東北、北鮮卑と呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と外満州 · 続きを見る »

女人芸術

1923年発行の『女人芸術』創刊号の表紙 女人芸術(にょにんげいじゅつ)は、長谷川時雨が主宰して、1928年(昭和3年)7 月から1932年(昭和7年)6月まで48冊を出した女性の文芸雑誌で、次第に女性解放の理論誌的色彩を濃くした。ほかに、ともに短命に終わった同名の雑誌2例が記録されている。.

新しい!!: 満州事変と女人芸術 · 続きを見る »

女皇の帝国

『女皇の帝国』(じょこうのていこく)は、吉田親司によって2007年から2010年にかけて書かれた架空戦記シリーズ。「ソ連による日本占領」という事態を軸に、皇室の内親王をヒロインに据えて描いた作品。編集部から原案を提示され執筆が開始された。.

新しい!!: 満州事変と女皇の帝国 · 続きを見る »

奈良武次

奈良 武次(なら たけじ、慶応4年4月6日(1868年4月28日) - 昭和37年(1962年)12月21日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。男爵。.

新しい!!: 満州事変と奈良武次 · 続きを見る »

奉天市

奉天市(ほうてん-し、)は、中華民国と満洲国にかつて存在した、現在の瀋陽市に相当する都市。かつて清朝の都として盛京、満州語でムクデンと呼ばれていたが、1644年北京に都を移すと陪都となり、1657年「奉天承運、皇帝詔曰」にちなんで奉天府が置かれた。清朝が瓦解した後、1923年に張作霖が奉天市政公所を設置。1928年12月29日張学良の易幟により中華民国のものとなり、1929年瀋陽市に改名されるが、1932年3月1日満州国の成立により1945年に崩壊するまで再び奉天市となる。.

新しい!!: 満州事変と奉天市 · 続きを見る »

奉天省 (満州国)

奉天省(ほうてんしょう)は、満州国にかつて存在した省。現在の遼寧省の一部に相当する。.

新しい!!: 満州事変と奉天省 (満州国) · 続きを見る »

奉天派

奉天派(ほうてんは)は、中華民国の軍閥。北洋軍閥で分派で中国東北部を基盤として日本の支援を受けていた。総帥は張作霖と息子の張学良。.

新しい!!: 満州事変と奉天派 · 続きを見る »

嫩江

嫩江(のんこう、どんこう、Nen River、Nonni、、満州語:、転写:non ula、モンゴル語:Ноон мөрөн)は、ユーラシア大陸・中国東北部を流れる川で、アムール川水系に属する松花江最長の支流である。.

新しい!!: 満州事変と嫩江 · 続きを見る »

孫伝芳

孫 伝芳(そん でんほう)は、清末民初の軍人。北京政府、直隷派に属した。字は馨遠。.

新しい!!: 満州事変と孫伝芳 · 続きを見る »

孫其昌

孫 其昌(そん きしょう)は、中華民国、満州国の政治家。北京政府、奉天派に属し後に満州国で要人となった。字は鍾舞、仲舞。.

新しい!!: 満州事変と孫其昌 · 続きを見る »

孫科

孫 科(そん か、1891年10月20日 - 1973年9月13日)は、中華民国の政治家。孫文の子で、生母は盧慕貞。子にとなど。国民政府において要職を歴任した。字は哲生。.

新しい!!: 満州事変と孫科 · 続きを見る »

孫蔚如

孫 蔚如(そん いじょ/そん うつじょ、)は、中華民国の軍人、中華人民共和国の政治家。西北軍を率いた楊虎城の側近的存在の人物で、西安事件や日中戦争で活動した。.

新しい!!: 満州事変と孫蔚如 · 続きを見る »

孔祥熙

孔 祥熙(こう しょうき、1880年9月11日 - 1967年8月16日)は、字は庸之、号は子淵。清山西省太原府太谷県出身。中華民国の財政家。南京国民政府時期に財政部長、行政院長を務めた。妻は宋靄齢。宋靄齢を通じて宋子文や蒋介石とは姻戚関係にあり、陳果夫を含めた4人は四大家族と呼ばれた。 長期にわたって国民政府の財政部門を担当したが、宋家と結託していわゆる孔宋集団を形成し、腐敗政権や民衆の財産を集め私腹を肥やす者たちの象徴と言われた。国共内戦の末期には、中国国民党や孔宋家の一族に対して「刮民党」(刮は、略奪する、巻き上げるの意味)と呼ぶことが流行した。.

新しい!!: 満州事変と孔祥熙 · 続きを見る »

宣撫官

宣撫官(せんぶかん)とは「宣撫」、つまり占領地において、占領軍の目的や方針などを知らせて、人心を安定させることを任務とする軍属。宣撫工作とはそのための諸々の活動。行軍する部隊や担当地域ごとに配置される宣撫班が基本単位である。.

新しい!!: 満州事変と宣撫官 · 続きを見る »

室伏高信

室伏高信(むろふせ こうしん、1892年(明治25年)5月10日 - 1970年(昭和45年)6月28日)は、日本の評論家・著述家。神奈川県出身。 明治大学法科を中退、二六新報、時事新報、朝日新聞の政治部記者を経て、第一次世界大戦後に雑誌『改造』の特派員としてヨーロッパに渡る。 1934年(昭和9年)から1943年(昭和18年)まで、雑誌「日本評論」主筆を務めるが、満州事変以後は、室伏自身の狂信的な国粋主義思想から、軍部とのつながりを深め大東亜戦争(太平洋戦争)を賛美したが、戦争が不利と見るや小田原に隠棲。戦後は公職追放の後、新生社を創立し、雑誌『新生』を発刊。憲法研究会のメンバーが多く寄稿した。一方で戦後は思想を転換させ、戦時中まで仲間だった先輩・同僚・後輩を、戦後になって罵倒するなど、室伏はオポチュニストとの解釈もある。 1930年(昭和5年)と1946年(昭和21年)に衆議院議員選挙に立候補したが、いずれも落選した。 室伏哲郎は甥。.

新しい!!: 満州事変と室伏高信 · 続きを見る »

宮城電気鉄道

| 宮城電気鉄道(みやぎでんきてつどう)は、かつて宮城県に存在した鉄道事業者である。略称は宮電。1922年(大正11年)に設立され、現在の東日本旅客鉄道(JR東日本)仙石線にあたる路線を1925年(大正14年)から順次開通させたが、1944年(昭和19年)に戦時買収私鉄に指定され国有化された。.

新しい!!: 満州事変と宮城電気鉄道 · 続きを見る »

宮崎繁三郎

宮崎 繁三郎(みやざき しげさぶろう、明治25年(1892年)1月4日 - 昭和40年(1965年)8月30日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。 長男は、陸軍士官学校出身で元明治大学総長の宮崎繁樹。.

新しい!!: 満州事変と宮崎繁三郎 · 続きを見る »

守島伍郎

守島 伍郎(もりしま ごろう、1891年5月23日 - 1970年6月4日)は、日本の外交官、政治家。衆議院議員。.

新しい!!: 満州事変と守島伍郎 · 続きを見る »

宗谷臨時要塞

宗谷臨時要塞(そうやりんじようさい)とは、宗谷海峡の防備のため設置された大日本帝国陸軍の要塞である。.

新しい!!: 満州事変と宗谷臨時要塞 · 続きを見る »

宇垣一成

宇垣 一成(うがき かずしげ、慶応4年6月21日(1868年8月9日) - 昭和31年(1956年)4月30日)は、日本の陸軍軍人、政治家。最終階級は陸軍大将。 大正末期から昭和初期にかけて長州出身者に代わって陸軍の実権を握り、宇垣閥と称される勢力を築いた。陸軍大臣として宇垣軍縮を断行したほか、クーデター未遂計画である三月事件に関与した。予備役入り後に組閣の大命が下ったが陸軍の反対で頓挫し、以後も幾度か首相に擬せられたがいずれも実現しなかった。短期間外相を務めた後公職から引退し、戦後になり参議院議員となったが在職中に死去した。.

新しい!!: 満州事変と宇垣一成 · 続きを見る »

宇佐美興屋

宇佐美 興屋(うさみ おきいえ、1883年1月27日 - 1970年9月27日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と宇佐美興屋 · 続きを見る »

宇品丸

宇品丸(うじなまる)は、日本陸軍が保有した軍隊輸送船。軍需輸送や上陸戦の訓練などを目的として貨物船を購入のうえ改名・改装したもので、陸軍運輸部を代表する顔的な船だった松原(1996年)、302-303頁。。太平洋戦争末期に機雷と空襲により大破したが、戦後に復旧されて民間で使用された。.

新しい!!: 満州事変と宇品丸 · 続きを見る »

宇賀武

宇賀 武(うが たけし、1891年9月23日 - 1945年3月29日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。.

新しい!!: 満州事変と宇賀武 · 続きを見る »

宇都宮徳馬

宇都宮 徳馬(うつのみや とくま、1906年(明治39年)9月24日 - 2000年(平成12年)7月1日)は、日本の政治家、実業家。ミノファーゲン製薬創設者。正三位勲一等。 参議院議員(2期)、衆議院議員(10期)、日中友好協会会長・名誉会長、日本北アフリカ協会会長を務めた。 父は陸軍大将、朝鮮軍司令官を務めた宇都宮太郎。.

新しい!!: 満州事変と宇都宮徳馬 · 続きを見る »

安城市

安城市(あんじょうし)は、愛知県西三河地方の市。.

新しい!!: 満州事変と安城市 · 続きを見る »

安達峰一郎

安達 峰一郎(あだち みねいちろう、1869年7月27日(明治2年6月19日) - 1934年(昭和9年)12月28日)は、日本の外交官・国際法学者。 アジア系として初の常設国際司法裁判所の所長(判事としては国内2人目)となるが、所長就任早々、祖国の日本が満州事変を起こし国際連盟を脱退することになる。所長3年の任期を終え、1934年(昭和9年)1月から平判事になったが、日本の国際連盟脱退問題の悩みから6月に体調を崩し、8月に重い心臓病を発症。同年12月28日にアムステルダムの病院で死去した。このときオランダは国葬の礼をもって、国際平和に尽力した多大の功績と栄誉を称えた。 1968年(昭和43年)より優れた国際法の研究業績をあげた研究者に対し安達の名前を冠した「安達峰一郎記念賞」が授賞されている。 曾孫に詩人の河津聖恵。.

新しい!!: 満州事変と安達峰一郎 · 続きを見る »

安達謙蔵

安達 謙蔵(あだち けんぞう、元治元年10月23日〈1864年11月22日〉 - 1948年〈昭和23年〉8月2日)は、大正時代から昭和時代初期の日本の政党政治家。号は漢城。.

新しい!!: 満州事変と安達謙蔵 · 続きを見る »

安重根

安 重根(日本語読み: あん じゅうこん、朝鮮語読み: アン・ジュングン、朝鮮語ハングル表記: 안중근、1879年9月2日旧暦では1879年7月16日。 - 1910年3月26日)は、大韓帝国時代の朝鮮の独立運動家である。1909年10月26日に、前韓国統監の伊藤博文を、ハルビン駅構内で暗殺した。ロシア官憲に逮捕されて日本の関東都督府に引き渡され、1910年3月26日に処刑された。(テロリストか義士かの評価については下記).

新しい!!: 満州事変と安重根 · 続きを見る »

安昌浩

安 昌浩(アン・チャンホ、안창호、1878年11月9日 - 1938年3月10日)は、朝鮮の朝鮮独立運動家。現在大韓民国においては「韓民族独立の父」として顕彰されている。号は「島山」(トサン、도산)であり、ソウルに島山公園と島山・安昌浩記念館が作られている。長男はハリウッド俳優のフィリップ・アーン(安必立)。.

新しい!!: 満州事変と安昌浩 · 続きを見る »

宋家の三姉妹

『宋家の三姉妹』(そうけのさんしまい、原題:宋家皇朝、英語題:The Soong Sisters)は1997年制作の香港・日本合作映画。近代中国史に大きな影響を与えた宋靄齢・宋慶齢・宋美齢の三姉妹を描いた伝記映画である。.

新しい!!: 満州事変と宋家の三姉妹 · 続きを見る »

察哈爾民衆抗日同盟軍

察哈爾民衆抗日同盟軍(ちゃはるみんしゅうこうにちどうめいぐん)は、またの名を察綏抗日同盟軍という。1933年に馮玉祥、吉鴻昌、方振武などの中国人将校が察哈爾(チャハル)で組織した中国共産党指導下の抗日部隊の1つである。 長城事変が終わった後に、日本軍は長城を越えて、華北に浸透し、1933年春、進撃しチャハル地区を占領した。同年5月26日、馮玉祥は張家口で主に馮玉祥の部下と共産党の支持者から成る10万人の察哈爾民衆抗日同盟軍を正式に組織し、馮玉祥は総司令となった。6月22日には、チャハルと熱河の日本軍に向けて進撃を開始した。7月12日、同盟軍は吉鴻昌の指揮のもと、要衝ドロンノールを攻撃し占領。これにより、日本軍をチャハルからすべて追い出した。満州事変以来、日本軍に奪われた失地回復の第一歩となった。 その後、日本軍と満洲国軍2万人は反撃に出て、同時に南京の中華民国政府は軍令の統一を実現する為に、軍隊を派遣して張家口に接近して、同盟軍の後方を脅かした。この情況下で、馮玉祥はしかたなく8月5日に抗日同盟軍の解散を宣言し、部隊から離れた。同盟軍の大部分は宋哲元に接収改編された。しかし方振武・吉鴻昌と中国共産党の掌握する部隊は接収改編を受け入れず、中国共産党の指導のもとに戦闘を継続し、河北の昌平の一帯に移動したが、10月に失敗に終わる。方振武は国外に亡命、吉鴻昌は天津に逃亡した後に逮捕されて、北平で死刑となった。.

新しい!!: 満州事変と察哈爾民衆抗日同盟軍 · 続きを見る »

寧海 (巡洋艦)

寧海(ニンハイ、NING HAI)は、中華民国海軍の寧海級巡洋艦の1番艦。日中戦争で日本海軍航空隊の空襲を受け、揚子江で擱座。後に日本海軍に捕獲・修理され、海防艦五百島(いほしま/いおしま)となった#S19達6月p.1『昭和十九年六月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎 海防艦 五百島(イホシマ)(舊艦名寧海) 海防艦 八十島(ヤソシマ)(舊艦名平海)』。.

新しい!!: 満州事変と寧海 (巡洋艦) · 続きを見る »

寺島健

寺島 健(てらじま けん、1882年(明治15年)9月23日 - 1972年(昭和47年)10月30日)は、日本の海軍軍人、政治家。海軍中将で予備役となったのち、東條内閣で逓信大臣、鉄道大臣を務めた。.

新しい!!: 満州事変と寺島健 · 続きを見る »

寺師義信

寺師 義信(てらし よしのぶ、1882年(明治15年)12月20日 - 1964年(昭和39年)8月13日)は、日本の陸軍軍医中将、医師。日本初の衛生飛行機を作成したことで知られる。.

新しい!!: 満州事変と寺師義信 · 続きを見る »

寺内大吉

寺内 大吉(てらうち だいきち、1921年10月6日 - 2008年9月6日)は、作家、スポーツライター、浄土宗の僧侶。本名は成田 有恒(なりた ゆうこう)。.

新しい!!: 満州事変と寺内大吉 · 続きを見る »

寺本熊市

寺本 熊市(てらもと くまいち、1889年1月3日 - 1945年8月15日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と寺本熊市 · 続きを見る »

対華21カ条要求

対華21ヶ条要求(たいか21かじょうようきゅう)は、第一次世界大戦中、日本が中華民国政府と行った外交交渉において提示した21か条の要求と希望のこと。二十一か条の要求などとも呼ばれる(中国語版では「二十一条」)。この交渉では直接の懸案である山東ドイツ権益の善後処理だけでなく、従来からの懸案であった満蒙における日本の権益問題や在華日本人の条約上の法益保護問題についても取り扱われた。.

新しい!!: 満州事変と対華21カ条要求 · 続きを見る »

対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会

対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会(たいにちこうそうききょうせいどういんひがいちょうさおよびこくがいきょうせいどういんぎせいしゃとうしえんいいんかい)は、大韓民国国務総理直属の国家機関。日本による強制動員被害の真相糾明と被害者・犠牲者またはその遺族に対する慰労金等の支給を目的として設置された。.

新しい!!: 満州事変と対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会 · 続きを見る »

富山飛行場

富山飛行場(とやまひこうじょう)は、かつて富山県の婦負郡倉垣村(現:富山市)布目に存在した飛行場。倉垣飛行場とも通称する。.

新しい!!: 満州事変と富山飛行場 · 続きを見る »

富岡製糸場

富岡製糸場(とみおかせいしじょう、Tomioka Silk Mill)は、群馬県富岡に設立された日本初の本格的な器械製糸富岡製糸場は上毛かるたで「日本最初」と謳われているが、製糸器械を導入した工場としては、ごく小規模なものではあったが、前橋製糸場が日本初である(本文参照)。富岡は「本格的」あるいは「大規模」といった点において日本初の器械製糸工場といえる(cf.

新しい!!: 満州事変と富岡製糸場 · 続きを見る »

富田の石取祭

富田の石取祭(とみだのいしどりまつり)は三重県四日市市北部地域の富田地区(富田高地区・茂福地区域)内で開催される祭り。四日市市の無形民俗文化財に指定されている。.

新しい!!: 満州事変と富田の石取祭 · 続きを見る »

富洲原町

富洲原町(とみすはらちょう)は、かつて三重県に存在した自治体である。朝明郡、のち三重郡所属。 現在の四日市市富洲原地区に相当する。朝明郡富田一色村・天ヶ須賀村・松原村を統合し、1字ずつをとって「富洲原」と称した。富田一色・天ヶ須賀・松原の3大字で構成された。大正時代に軽工業が発達、人口が急増して1万人を突破したため、1923年(大正12年)に町制を施行して三重郡富洲原町となるが、1941年(昭和16年)に四日市市に編入され消滅した。.

新しい!!: 満州事変と富洲原町 · 続きを見る »

富洲原町立青年学校

富洲原町立青年学校(とみすはらせいねんがっこう)は、満州事変後の軍国主義化の国民皆兵教育のため、1935年(昭和10年)に公布された青年学校令に基づき設置された実業学校。.

新しい!!: 満州事変と富洲原町立青年学校 · 続きを見る »

寛城区

寬城区(かんじょう-く)は中華人民共和国吉林省長春市北部位置する市轄区。.

新しい!!: 満州事変と寛城区 · 続きを見る »

小峰墓地

小峰墓地(おみねぼち)は熊本県熊本市中央区黒髪にある墓地公園である。小峯墓地(こみねぼち)とした表現もみられる。 熊本城の鬼門の丑寅にあたり、草深いところであった。その一角に陸軍墓地があり、西南戦争から日清戦争、日露戦争、第二次大戦までの13,083柱の戦没者の霊域であったが、1954年に熊本市が整理して、墓地公園とした。.

新しい!!: 満州事変と小峰墓地 · 続きを見る »

小川博三

小川博三(おがわ ひろぞう、1913年10月3日 - 1976年1月17日)は日本の都市計画家・交通計画の研究者、歌人。 岩手大学や北海道大学教授を歴任した。.

新しい!!: 満州事変と小川博三 · 続きを見る »

小磯國昭

小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年(明治13年)3月22日 - 1950年(昭和25年)11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功二級。 陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官を歴任後、予備役に編入された。その後平沼内閣と米内内閣で拓務大臣、朝鮮総督(第9代)を務め、大東亜戦争中にサイパン失陥を受け辞職した東條英機の後継として1944年(昭和19年)に内閣総理大臣に就任した(小磯内閣)。悪化の一途をたどる戦局の挽回を果たせず、中華民国との単独和平交渉も頓挫し、小磯は1945年(昭和20年)4月に辞任し鈴木貫太郎に後を譲った。戦後、GHQによりA級戦犯容疑で起訴され、東京裁判で終身刑の判決を受け、服役中に死去した。.

新しい!!: 満州事変と小磯國昭 · 続きを見る »

小野市立河合小学校

小野市立河合小学校(おのしりつかわいしょうがっこう)は、兵庫県小野市にある公立小学校である。通称は「河合小」(かわいしょう)。.

新しい!!: 満州事変と小野市立河合小学校 · 続きを見る »

小林秀雄 (批評家)

小林 秀雄(こばやし ひでお、1902年(明治35年)4月11日 - 1983年(昭和58年)3月1日)は、日本の文芸評論家、編集者、作家。.

新しい!!: 満州事変と小林秀雄 (批評家) · 続きを見る »

小松製作所

株式会社小松製作所(こまつせいさくしょ)は、東京都港区に本社を置く、日本の建設機械・鉱山機械のメーカー。呼称としてカタカナ表記のコマツを用いている。英表記はKOMATSUである。創業者は竹内明太郎。TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 建設機械の日本でのシェアは1位。世界で2位。日本以外にも南北アメリカ、ヨーロッパ、CIS、中近東、アフリカ、東南アジア、オセアニア、中国にグループ企業を展開する。 アメリカにおいてニューヨーク証券取引所やNASDAQには上場していないが、米国預託証券(ADR)を発行している(証券コード:KMTUY)。 2017年4月6日、米国大手鉱山機械メーカー、ジョイ・グローバル社の買収手続きが完了したことを公表した。.

新しい!!: 満州事変と小松製作所 · 続きを見る »

小池聖一

小池 聖一(こいけ せいいち、1960年12月 - )は、日本の歴史学者。広島大学大学院国際協力研究科教授。同大・大学文書館々長。専門は日本近代史。博士(史学)。大阪府出身。 1985年中央大学文学部史学科卒業。1990年中央大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学、同年より外務事務官(外務省外交史料館)、1995年広島大学総合科学部助教授、同大学院国際協力研究科准教授を経て現職。.

新しい!!: 満州事変と小池聖一 · 続きを見る »

小泉苳三

小泉苳三(こいずみ・とうぞう、1894年4月4日 - 1956年11月27日)は大正・昭和期日本の歌人、国文学者。本名は小泉藤造。別号は小泉藤三。.

新しい!!: 満州事変と小泉苳三 · 続きを見る »

小澤征爾

小澤 征爾(おざわ せいじ、1935年9月1日 - )は、日本人指揮者。2002-2003年のシーズンから2009-2010年のシーズンまでウィーン国立歌劇場音楽監督を務めた世界的な指揮者である。 栄典・表彰歴として、文化勲章受章など。主な称号は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団名誉団員、ボストン交響楽団桂冠音楽監督、セイジ・オザワ 松本フェスティバル総監督、新日本フィルハーモニー交響楽団桂冠名誉指揮者など。.

新しい!!: 満州事変と小澤征爾 · 続きを見る »

小澤開作

小澤 開作(おざわ かいさく、1898年12月25日 - 1970年11月21日)は、日本の歯科医師、民族主義者。.

新しい!!: 満州事変と小澤開作 · 続きを見る »

小早川秋聲

小早川 秋聲(こばやかわ しゅうせい、1885年(明治18年)9月26日 - 1974年(昭和49年)2月6日)は、大正から昭和中期にかけて活動した日本画家。文展・帝展を中心として活躍、今日では「國之楯」を始めとする戦争画で知られている。.

新しい!!: 満州事変と小早川秋聲 · 続きを見る »

尹致昊

尹 致昊(日本語読み;いん ちこう、朝鮮語読み;ユン・チホ、1865年1月16日 - 1945年12月8日)は、李氏朝鮮末期から連合軍軍政期に活動した朝鮮の政治家である。終戦直前に貴族院朝鮮勅選議員。号は佐翁(좌옹)、日本名は伊東 致昊(いとう ちこう)。本貫は海平尹氏。 1880年代は独立協会、万民共同会の領袖として活動し、独立新聞社の第2代社長である。1909年に韓英書院と大成学校の校長を務め、同年新民会に参加した。1920年代以降は教育活動に重点を移し、延禧専門学校・セブランス連合医学専門学校・梨花女子専門学校の財団理事として活動した教育者でもあった。また朝鮮人初の英語通訳でもある。 大韓民国第4代大統領潽善は甥、第13代ソウル市長の尹致暎は従弟にあたる。.

新しい!!: 満州事変と尹致昊 · 続きを見る »

尾崎行雄

尾崎 行雄(おざき ゆきお、1858年12月24日(安政5年戸籍上は翌6年の旧暦11月20日11月20日) - 1954年(昭和29年)10月6日)は、日本の政治家。日本の議会政治の黎明期から戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。正三位勲一等(1946年5月4日付返上)。伊勢神宮内宮前の饗土橋姫神社左隣の参道の奥に鎮座する合格神社の祭神。 号は咢堂(がくどう。最初学堂。愕堂を経て咢堂)。称号は衆議院名誉議員、東京都名誉都民。世界連邦建設同盟(現、世界連邦運動協会)初代会長。.

新しい!!: 満州事変と尾崎行雄 · 続きを見る »

尖閣ロック

『尖閣ロック』は、日本のドキュメンタリー映画。ロックミュージシャン・TOKMAと福沢峰洋2人の上陸前日と当日の36時間を追ったロードムービー。2013年6月22日から全国順次公開。 キャッチコピーは「自分の国は自分で守る.

新しい!!: 満州事変と尖閣ロック · 続きを見る »

少年探偵団

『少年探偵団』(しょうねんたんていだん)とは、江戸川乱歩の明智小五郎シリーズに登場する探偵団。 または、それらを主人公とした江戸川乱歩の小説。子供のみで構成されており、小林芳雄(小林少年)を団長として、名探偵明智小五郎を補佐する。.

新しい!!: 満州事変と少年探偵団 · 続きを見る »

山中商会

山中商会(やまなかしょうかい)は、日本の美術商社。江戸時代の大坂の経師伊丹屋を起源とし、明治時代以降ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ロンドン等に支店を設けて日本美術品を輸出、1900年代以降は中国で大量に買い付けた品を欧米に流し、巨万の富を築いたが、第二次世界大戦で在外支店の多くは閉鎖して大半の資産を失い、戦後はニューヨーク支店、阪急百貨店内店舗で営業を続けた。.

新しい!!: 満州事変と山中商会 · 続きを見る »

山形県出身の人物一覧

山形県出身の人物一覧(やまがたけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する山形県出身の人物の一覧表である。.

新しい!!: 満州事変と山形県出身の人物一覧 · 続きを見る »

山田朗

山田 朗(やまだ あきら、1956年12月15日 - )は、日本の歴史学者、明治大学文学部教授、博士(史学)。歴史教育者協議会委員長。専攻は日本近代史・日本軍事史・天皇制論。.

新しい!!: 満州事変と山田朗 · 続きを見る »

山海関

山海関(さんかいかん、満州語:、転写:šanaha furdan)は、万里の長城の一部を構成する要塞。河北省秦皇島市山海関区に所在。華北と東北の境界である、河北・遼寧省境が渤海に会する位置にある。2009年に中国政府が遼寧省虎山の虎山長城が長城の東端と訂正するまで、山海関から延びた城壁が海岸から突き出た「老龍頭」が長城の東端とされていた。「天下第一関」と称されるが、これは山海関の著名性を表したものではなく、東から数えて最初の関所であったことを示す。 明代は山海関より西側を「関内」と称し、東側の満洲を「関東」もしくは「関外」といった。かつて日本の租借地であった関東州や、そこに駐留した関東軍の名称もこれに由来する。.

新しい!!: 満州事変と山海関 · 続きを見る »

居正

居 正(きょ せい)は清末民初の政治家・革命家。中国同盟会以来の革命派人士で、中国国民党(国民政府)では反共右派として知られる。旧名は之駿。字は覚生。号は梅川。.

新しい!!: 満州事変と居正 · 続きを見る »

岡田内閣

記載なし。

新しい!!: 満州事変と岡田内閣 · 続きを見る »

岡部平太

岡部 平太(おかべ へいた、1891年9月10日 - 1966年11月7日)は、日本のスポーツ指導者であり、日本で最初のアメリカンフットボール紹介者。福岡県糸島郡志摩村(現在の糸島市)出身。.

新しい!!: 満州事変と岡部平太 · 続きを見る »

岡部牧夫

岡部 牧夫(おかべ まきお、1941年8月8日 - 2010年12月6日)は、日本の文筆家、歴史学者。.

新しい!!: 満州事変と岡部牧夫 · 続きを見る »

岡村天満宮

岡村天満宮(おかむらてんまんぐう)は、神奈川県横浜市磯子区岡村にある天満宮である。.

新しい!!: 満州事変と岡村天満宮 · 続きを見る »

岩井町営軌道

| 岩井町営軌道(いわいちょうえいきどう)は、かつて鳥取県岩美郡岩井町(現・岩美町)の岩井温泉駅と岩美駅とを結んでいた鉄道路線である。軌道法による軌道であった。「岩井鉄道」「岩井軽便鉄道」などの呼称もある。 岩井村・岩井町が運営、岩井温泉と国鉄山陰本線とを結び、温泉客や、荒金鉱山から産出される銅鉱石を搬出していた。.

新しい!!: 満州事変と岩井町営軌道 · 続きを見る »

岩田愛之助

岩田 愛之助(いわた あいのすけ、1890年1月3日 - 1950年3月15日)は、日本の右翼活動家。兵庫県姫路市出身。 右翼団体・愛国社の創設者。.

新しい!!: 満州事変と岩田愛之助 · 続きを見る »

岩畔豪雄

岩畔 豪雄(いわくろ ひでお兵頭二十八軍学塾 近代未満の軍人たち、兵頭二十八著、光人社、2009年、p186-194、1897年10月10日 - 1970年11月22日)は、日本の陸軍軍人、最終階級は陸軍少将。後方勤務要員養成所(陸軍中野学校)設立者、京都産業大学設立者の一人で元理事。.

新しい!!: 満州事変と岩畔豪雄 · 続きを見る »

岩村忍

岩村 忍(いわむら しのぶ、1905年9月26日〜1988年6月1日)は、日本の東洋史学者。専攻は内陸ユーラシア史・東西交渉史。戦後日本におけるシルクロード学の開拓者として知られる。.

新しい!!: 満州事変と岩村忍 · 続きを見る »

岩永裕吉

岩永 裕吉(いわなが ゆうきち 、1883年(明治16年)9月13日 - 1939年(昭和14年)9月2日)は、日本の通信事業経営者。.

新しい!!: 満州事変と岩永裕吉 · 続きを見る »

岸本鹿子治

岸本 鹿子治(きしもと かねじ、1888年(明治21年)4月14日 - 1981年(昭和56年)1月1日)は、大日本帝国海軍の軍人。海兵37期。最終階級は海軍少将。酸素魚雷と特殊潜航艇(甲標的)の開発を成功させた。実兄は岸本信太海軍中将(海軍機関学校10期)。岳父は豊辺新作陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と岸本鹿子治 · 続きを見る »

島田豊作

島田 豊作(しまだ とよさく、1912年3月31日 - 1988年7月11日)は、日本の陸軍軍人。士候45期。最終階級は陸軍中佐。群馬県館林市出身。.

新しい!!: 満州事変と島田豊作 · 続きを見る »

崔用徳

崔 用徳(チェ・ヨンドク、최용덕、1898年9月19日『朝鮮戦争/韓国篇 中巻』では1894年としている。-1969年8月15日)は日本統治時代の朝鮮の独立運動家であり大韓民国の軍人。韓国空軍創設者の1人。重慶帰りでは奭の次に位する人物であった。本貫は(경주최씨)。号は滄石(창석)。別名は崔容徳、崔龍徳。中国名は崔滄石(崔沧石、ツイ・ツァンシー)。.

新しい!!: 満州事変と崔用徳 · 続きを見る »

川島芳子

川島 芳子(かわしま よしこ、1907年5月24日 - 1948年3月25日)は、清朝の皇族・第10代粛親王善耆の第十四王女。 本名は愛新覺羅顯㺭(あいしんかくら けんし)、字は東珍、漢名は金璧輝、俳名は和子。他に芳麿、良輔と名乗っていた時期もある。.

新しい!!: 満州事変と川島芳子 · 続きを見る »

川島浪速

川島 浪速(かわしま なにわ、慶応元年12月7日(1866年1月23日) - 昭和24年(1949年)6月14日)は、日本の大陸浪人。満蒙独立運動の先駆者として知られる。.

新しい!!: 満州事変と川島浪速 · 続きを見る »

川崎造船所

川崎造船所(かわさきぞうせんじょ)は、兵庫県神戸市に設立された造船所、および造船所から発展した企業(株式会社川崎造船所)である。造船所は川崎造船神戸工場の前身であり、そこから発展した企業は川崎重工業株式会社(川崎重工)の前身にあたる。 この項目では、川崎重工(川崎造船所)の創業から1945年(終戦時)までの沿革を中心に記述する。.

新しい!!: 満州事変と川崎造船所 · 続きを見る »

川田稔

川田 稔(かわだ みのる、1947年(昭和22年)6月21日 - )は、日本の歴史学者・政治学者。日本福祉大学教授、名古屋大学名誉教授。専攻は、政治外交史・政治思想史。 近代日本の政治外交史、政治思想史を専門とし、原敬・濱口雄幸・山縣有朋など主に大正期の政治家・政党政治家や永田鉄山をはじめとする昭和陸軍を中心に研究を行っている。また、民俗学者として知られる柳田國男を政治思想史的観点から研究している。2012年、『昭和陸軍の軌跡』で第21回山本七平賞受賞。.

新しい!!: 満州事変と川田稔 · 続きを見る »

左舜生

左 舜生(さ しゅんせい )は、中華民国(台湾)の政治家。中国青年党結成メンバーの1人で、後に中央執行委員長、主席なども務めた。名は学訓だが、字の舜生で知られる。別号は仲平。.

新しい!!: 満州事変と左舜生 · 続きを見る »

上村伸一

上村 伸一(かみむら しんいち、1896年 - 1983年)は、日本の外交官。東京帝国大学法科(現在の東京大学法学部)卒業。外務省東亜局第一課長。駐イギリス日本大使館臨時代理大使、ドイツ公使などを歴任。著書多数。.

新しい!!: 満州事変と上村伸一 · 続きを見る »

上杉聰

上杉 聰(うえすぎ さとし、1947年 - )は、日本の評論家、部落史研究家、関西大学講師、日本の戦争責任資料センター事務局長。朝鮮人強制連行に関する強制動員真相究明ネットワーク共同代表。.

新しい!!: 満州事変と上杉聰 · 続きを見る »

上條勉

上條 勉(かみじょう つとむ、1905年7月20日 - 1983年5月7日)は、日本の航空機技術者。三菱重工業名古屋航空機製作所(現・三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所)機体部設計課技師、技術部設計課技師を経て、新三菱重工業名古屋航空機製作所小牧工場初代工場長、同名古屋航空機製作所副所長を歴任。クリスチャン。.

新しい!!: 満州事変と上條勉 · 続きを見る »

上海天長節爆弾事件

上海天長節爆弾事件(シャンハイてんちょうせつばくだんじけん)とは、第一次上海事変末期の1932年(昭和7年)4月29日に上海の虹口公園(現在の魯迅公園)で発生した爆弾テロ事件。事件があった場所から虹口公園爆弾事件(ほんきゅーこうえんばくだんじけん)とも呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と上海天長節爆弾事件 · 続きを見る »

上海租界

1920年の上海、九江路。 上海租界(シャンハイそかい)とは、1842年の南京条約により開港した上海に設定された租界(外国人居留地)を指す。当初、イギリスとアメリカ合衆国、フランスがそれぞれ租界を設定し、後に英米列強と日本の租界を纏めた共同租界と、フランスのフランス租界に再編された。上海租界はこれらの租界の総称である。.

新しい!!: 満州事変と上海租界 · 続きを見る »

上海海軍特別陸戦隊

ヴィッカース・クロスレイ装甲車や三年式機関銃を中心に上海で交戦中の海軍陸戦隊。 上海海軍特別陸戦隊(シャンハイかいぐんとくべつりくせんたい、旧字体:上海特別陸戰隊)とは、大日本帝国海軍が上海に権益保護のために駐留させていた陸戦隊のことである。第一次上海事変、第二次上海事変で激しい市街戦を行った。1932年(昭和7年)以降、日本海軍唯一の常設の陸上戦闘部隊となった。略称は上陸(シャンりく)。.

新しい!!: 満州事変と上海海軍特別陸戦隊 · 続きを見る »

上海日本人僧侶襲撃事件

上海日本人僧侶襲撃事件(シャンハイにほんじんそうりょしゅうげきじけん)とは、1932年(昭和7年)に発生した中国人による事件であり、第一次上海事変のきっかけの一つとなったとされている。.

新しい!!: 満州事変と上海日本人僧侶襲撃事件 · 続きを見る »

与謝野晶子

与謝野 晶子(正字: 與謝野 晶子、よさの あきこ、1878年(明治11年)12月7日 - 1942年(昭和17年)5月29日)は、日本の歌人、作家、思想家。 戸籍名与謝野 志やう(よさの しょう)。旧姓鳳(ほう)。ペンネームの「晶子」の「晶」は、本名の「しょう」から取った。夫は与謝野鉄幹(与謝野寛)。 雑誌『明星』に短歌を発表しロマン主義文学の中心的人物となった。.

新しい!!: 満州事変と与謝野晶子 · 続きを見る »

丁超

丁 超(てい ちょう)は中華民国、満州国の軍人。当初は北京政府、奉天派の軍人で、後に国民革命軍に加わり、満州事変(九・一八事変)勃発後は関東軍と戦う。しかし関東軍に捕らえられ、釈放後は満州国で要人となった。字は潔忱。.

新しい!!: 満州事変と丁超 · 続きを見る »

丁鑑修

丁 鑑修(てい かんしゅう)は中華民国、満州国の政治家。北京政府、奉天派に属し、後に満州国の要人となった。字は斡元。.

新しい!!: 満州事変と丁鑑修 · 続きを見る »

帝国大学

帝国大学(ていこくだいがく、旧字体:帝國大學)とは、1886年(明治19年)に公布された帝国大学令によって設立された旧制高等教育機関(大学)である。内地に7校(七帝大:北海道、東北、東京、名古屋、京都、大阪、九州)、外地に2校(京城、台北)が設置された。 この項目では、戦前における旧制教育機関の一種別としての帝国大学に加え、現行の新制大学における「大学群」の一種として、旧・内地にあたる日本国内で用いられる「旧帝国大学」(旧七帝大)についても扱う。.

新しい!!: 満州事変と帝国大学 · 続きを見る »

両税委譲

両税委譲(りょうぜいいじょう)とは、1920年代の日本において、国税であった地租と営業税を地方税として権限を地方に委譲することによって、地方の財政強化と農村に対する減税を図ろうとする政策とその是非を巡る論争。 明治以来の産業発展に伴って国税の充実が進む一方で、地方においては慢性的な財政難の状態が続いていた。これに対して内務省などを中心に国税の一部を地方税化する検討が日露戦争終結後から続けられていた。 1920年、内務省の諮問機関であった臨時財政経済調査会は、ドイツのミーケルによる地方税制委譲政策をモデルとして当時酒造税と並んで国税の代表的な存在であった地租と営業税を地方に委譲するように提言をまとめたのである。だが、財産税創設を危惧する財界の反対や第1次世界大戦後の戦後不況の影響で棚上げとされた。 だが、都市部における大正デモクラシーの高揚と、農村部における小作争議の激化によって地方政治への国民の関心が高まる中で、憲政会が地租の20%削減、政友会が地租の地方委譲、革新倶楽部が営業税も含めた両税委譲を唱えた。 その後、関東大震災などもあって議論は停滞したが、護憲三派による加藤高明内閣において税制改革が議論された。だが、国税の整理は行うものの、地租には手を付けず地方当局の財政難の一因になっていた義務教育における地方負担の軽減のための国庫補助引き上げを代替として提案した憲政会とあくまでも両税委譲を求める政友会が対立、その結果政友会は政権を離脱して護憲三派崩壊の一因となった。 政友会の田中義一内閣が成立すると、地租委譲を公約とする政友会と営業収益税(1926年に営業税から改称、1940年に旧称に復帰)委譲を公約とする実業同志会が政策協定を結んで両税委譲法案を提出した。これによって国税の14%・地方税の19%に相当する約1.3億円(昭和4年度実績)が地方に委譲されることになる構想であった。だが、憲政党の後身である立憲民政党は国際公約である金解禁実施のために財政健全化を行うべきであるとしてこれに反対し、これに田中内閣と対立的であった貴族院も同調した。このため、同法案は衆議院こそ通過したものの、貴族院では審議未了廃案となった(1929年3月)。この年の秋、金解禁直後の日本経済を世界恐慌が直撃して大不況となり、続く満州事変の発生による軍事予算の増大で両税委譲の議論は終止符を打たれた。以後、義務教育などに国庫補助の増強(裏を返せば、補助金を利用した地方行政の財政面からの統制強化)路線が採られる事となった。 だが、皮肉にも地方行政に対する統制強化の見返りと戦時体制への地方当局の協力を得たいとする軍部の思惑を反映する形で、1940年に地租と営業税は地方還付税(税目上は国税だが、その税収は全額地方(都道府県)への交付金に回される)とされた。戦後、地租と営業税はそれぞれ固定資産税・事業税として地方税化されることになる。 Category:日本の税制史 Category:日本の地方財政 Category:大正時代の政治 Category:昭和時代戦前の政治.

新しい!!: 満州事変と両税委譲 · 続きを見る »

師管

師管(しかん)は、1873年から1945年まで、日本の陸軍が、軍の行政・警備のために設けた地域区分である。日本の内地を分割して設けられた。軍管・軍管区の下、旅管・連隊区・大隊区の上にあたる。連隊・旅団の管轄区だった初期を除き、師団に対応する管轄区域である。徴兵制が適用されない植民地の台湾・朝鮮には長く置かれなかったが、朝鮮にだけは、1941年に内地と性格が異なる師管が置かれた。朝鮮の師管は、軍管区の下、兵事区の上にあたる。1945年4月に師管区への改編により師管は廃止された。.

新しい!!: 満州事変と師管 · 続きを見る »

師道大学

師道大学(しどうだいがく)は、1942年に、かつての満州国が吉林省吉林市に設置した国立大学。吉林師道大学または国立師道大学と称することもある。 満州国吉林省吉林市郊外の八百壟に校舎があった。満州国の中等教育教員、具体的には、師道学校(初等教育教員の養成学校)、国民高等学校の普通学科及び技能科(音楽、体育、図画、手工、書道、家事、裁縫、手芸等)教員の養成を目的とした。満州国唯一の高等師範学校であり、満州国の教員養成システムの頂点に位置づけられていた学校である。.

新しい!!: 満州事変と師道大学 · 続きを見る »

中島AT-2

中島AT-2(なかじまAT-2)は、中島飛行機が開発した日本の旅客機。.

新しい!!: 満州事変と中島AT-2 · 続きを見る »

中ソ紛争

1929年の中ソ紛争は、中東鉄道を巡りソビエト連邦と中華民国の間で起こった軍事衝突である。中東路事件サンケイ新聞(1976年)、128頁。、奉ソ戦争とも呼ばれる。北伐を終えて統一された中国にとって外国との初めての交戦であった。紛争の発端は、中ソの共同管理下に置かれていた中東鉄道の利権を、中国が実力で回収しようとしたことにある。ソ連の独裁者スターリンは自衛を理由に機械化された強力なソ連軍を満洲国境地帯に送り込み、張学良軍を粉砕し全ての権益を回復した。その後原状復帰を内容とする停戦協定が結ばれてソ連軍は撤収したが、中国側は協定の無効を主張して再交渉を要求し続けた。.

新しい!!: 満州事変と中ソ紛争 · 続きを見る »

中国の歴史

中国の歴史(ちゅうごくのれきし)、あるいは中国史(ちゅうごくし)とは、中国または中国大陸における歴史のこと。 中国の黄河文明は古代の世界四大文明の一つに数えられ、また、黄河文明よりもさらにさかのぼる長江文明が存在した。以降、現代までの中国の歴史を記す。 なお、その対象は、中国大陸の歴史であり、漢民族の歴史ではない。.

新しい!!: 満州事変と中国の歴史 · 続きを見る »

中国の歴史年表

中国大陸の歴史年表。.

新しい!!: 満州事変と中国の歴史年表 · 続きを見る »

中国国家博物館

中国国家博物館(ちゅうごくこっかはくぶつかん)は中華人民共和国北京市の天安門広場東側に位置する総合博物館である。2003年以前は同一建物に「中国歴史博物館」と「中国革命博物館」という別の博物館が設置されていたが、2003年に合併して国家博物館と改編された。.

新しい!!: 満州事変と中国国家博物館 · 続きを見る »

中国国民党

中国国民党(ちゅうごくこくみんとう、繁体字:中國國民黨、Kuomintang of China, KMT; Chinese Nationalist Party)は、中華民国の政党である。 略称について、冷戦時代の国民党一党独裁体制下においては「国府」と呼ばれたこともあったが、複数政党制が認められ、中国国民党が相対化された現在では国民党(こくみんとう)が一般的。英語名の略称は「Kuomintang」(クォミンタン。「国民党」の中国語発音)を略した「KMT」である。.

新しい!!: 満州事変と中国国民党 · 続きを見る »

中国紅客連盟

中国紅客連盟(ちゅうごくホンクーれんめい)は、主に中国大陸に存在するハックティヴィズムで知られるグループの総称。世界最大のハッカー集団とされる。文字通りその名は「紅い客」を意味し、よく中国語翻字にしたハッカー(、hēikè ヘイクー、文字通りブラック・ハットの「黒い客」)と対比される。略称は紅客。.

新しい!!: 満州事変と中国紅客連盟 · 続きを見る »

中国青年党

中国青年党(ちゅうごくせいねんとう)は1923年12月2日にフランスパリで結成された中華民国(台湾)のミニ政党。現党主席は簡吉元。.

新しい!!: 満州事変と中国青年党 · 続きを見る »

中国関係記事の一覧

中国関係記事の一覧(ちゅうごくかんけいきじのいちらん) ここでは中華人民共和国および1912年~1949年の中華民国に関連する記事をまとめて記載している。.

新しい!!: 満州事変と中国関係記事の一覧 · 続きを見る »

中国長春鉄路

中国長春鉄路(ちゅうごくちょうしゅんてつろ)は、第二次世界大戦終結後、旧満州国と旧関東州の領域を合わせた満州全土の鉄道を一時的に営業していた鉄道事業者。略称は「中長鉄路」。また日本側資料では「中国長春鉄道」と表記されることもある。 1945年のソ連対日参戦によって満州国が崩壊した後、南満州鉄道と満州国有鉄道の鉄道運営を継承する目的で設立され、1955年に中華人民共和国政府に路線を返還して解散するまでの11年間存続した。.

新しい!!: 満州事変と中国長春鉄路 · 続きを見る »

中国残留日本人

中国残留日本人(ちゅうごくざんりゅうにほんじん)は、第二次世界大戦末期のソ連軍侵攻と関東軍撤退により日本へ帰国できず、中国大陸に残留した日本人である。日本の法律などでは、中国在留邦人ともいう。.

新しい!!: 満州事変と中国残留日本人 · 続きを見る »

中独合作

中独合作のイメージ画 中独合作(ちゅうどくがっさく、中德合作、Chinesisch-Deutsche Kooperation、Sino-German cooperation)とは、1910年代から1940年代にかけての、中華民国とドイツの一連の軍事的・経済的協力関係を指す。独中合作とも。日中戦争直前の中国で、産業と軍隊の近代化に役立った。 1912年に中華民国が成立した直後の中国では、軍閥が跋扈し、列強の侵略に苛まれていたが、1928年の国民党による北伐の完成により、一応ながらも国内統一がなされた。しかし、その後満州事変などの日本の進出により、「中華民国による国家統一」が脅かされるようになった。 そのような背景において、軍隊と国防産業の近代化を必要とする中華民国と、資源の安定供給を必要としていたドイツの思惑が一致し、1920年代の終わりから1930年代の終わりにかけて、両国の蜜月関係は最高潮に達した。ナチスがドイツを支配するとさらに関係が強化されたが、日独防共協定が締結されると関係は弱められた。中国の近代化に大きな影響を与え、第二次上海事変で成果を発揮した。.

新しい!!: 満州事変と中独合作 · 続きを見る »

中華人民共和国の鉄道

中華人民共和国の鉄道(ちゅうかじんみんきょうわこくのてつどう)では中華人民共和国における鉄道について記す。中国の都市間を結んでいる鉄道は、大部分が中国国鉄によって運営されている。この他に市営の地下鉄や新交通システムなどの都市内交通機関や、産業目的の鉄道などが存在している。.

新しい!!: 満州事変と中華人民共和国の鉄道 · 続きを見る »

中華共和国

中華共和国(ちゅうかきょうわこく)は、1933年に発生した福建事変(閩変)の際に、陳銘枢、李済深及びに十九路軍によって、福州で樹立された政権の名称。1933年11月22日に正式な成立を果たしたが、1934年1月13日に国民政府の中央軍が福州へ侵攻したため、政権の維持はわずか50数日であった。.

新しい!!: 満州事変と中華共和国 · 続きを見る »

中華民国

中華民国(ちゅうかみんこく)は、東アジアに位置する民主共和制国家。 アジアで2番目の共和国として1912年に中国大陸で成立し、国共内戦により中国大陸で中華人民共和国が建国された1949年以降は台湾島と周辺の島嶼群など(自由地区)のみを実効支配する海洋国家となった。自由地区は、日本やフィリピン、中華人民共和国などと領海を接する。 議会制民主主義・資本主義体制国であり、1971年までは国際連合安全保障理事会常任理事国として国際社会に大きな影響を与えていた。しかし国連の代表権問題や一つの中国政策により、中華人民共和国が中華民国を国家承認しないように要求しているため、2018年5月24日現在では中華民国を正式に国家として承認している国は18か国に留まる。上記の経緯があるため以前の国交を結んでいた国々を中心に、日本を含めて多くの国々と活発な経済的文化的な交流が行われている。台湾島及びその周辺島嶼群を含む地域名である台湾(たいわん)と表記されるのが一般的である。.

新しい!!: 満州事変と中華民国 · 続きを見る »

中華民国の歴史

中華民国の歴史(ちゅうかみんこくのれきし)では、1912年に中国に樹立されたアジア二番目の共和制国家である中華民国の歴史を記述する。なお、本稿の記述は中華民国が中国大陸を支配していた1949年10月1日までの歴史である。 台北遷都後(1949年10月1日 - 現在)の中華民国の歴史については、「中華民国」と「台湾の歴史#中華民国統治時代(1945年 - 現在)」をそれぞれ参照すること。.

新しい!!: 満州事変と中華民国の歴史 · 続きを見る »

中華民国空軍

中華民国空軍(ちゅうかみんこくくうぐん、中:中華民國空軍)は中華民国国防部に属する中華民国(台湾)の空軍である。台湾空軍とも呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と中華民国空軍 · 続きを見る »

中野友禮

中野 友禮(なかの とものり、1887年2月1日 - 1965年12月10日)は、日本の実業家。中野式食塩電解法の開発を契機に日曹コンツェルンを築く。.

新しい!!: 満州事変と中野友禮 · 続きを見る »

中村大尉事件

中村大尉事件(なかむらたいいじけん)又は中村大尉殺害事件とは1931年(昭和6年)6月27日、新潟県蒲原郡出身の陸軍参謀中村震太郎(1897年-1931年)大尉と他3名が軍用地誌調査の命を受け、大興安嶺の東側一帯(興安嶺地区立入禁止区域に指定)に農業技師と身分を詐称して調査旅行していた際、中国張学良配下のの指揮する屯墾軍に拘束され、銃殺後に証拠隠滅のため遺体を焼き棄てられた事件のこと。.

新しい!!: 満州事変と中村大尉事件 · 続きを見る »

中村勝範

中村 勝範(なかむら かつのり、1929年4月18日 - )は、日本の政治学者、慶應義塾大学名誉教授・平成国際大学名誉学長。.

新しい!!: 満州事変と中村勝範 · 続きを見る »

中村粲

中村 粲(なかむら あきら、1934年4月24日 - 2010年6月23日)は、日本の英文学者、近代史研究家、元獨協大学名誉教授。.

新しい!!: 満州事変と中村粲 · 続きを見る »

中村菊男

中村 菊男(なかむら きくお、1919年11月11日 - 1977年5月17日)は、日本の政治学者、政治家。 三重県出身。慶應義塾大学法学部卒。戦後慶大助教授、1952年教授。民主社会主義を唱え、1952年民主社会主義連盟の結成に参加。1955年左右社会党の統一に際し、右派代表として統一綱領を作成した。.

新しい!!: 満州事変と中村菊男 · 続きを見る »

帷幄上奏

帷幄上奏(いあくじょうそう)とは、君主制国家において、帷幄機関である軍部が軍事に関する事項を君主に対して上奏すること。帷幄とは「帷をめぐらせた場所」のこと。 ドイツ帝国およびその影響を受けた日本(大日本帝国)において制度化された。本項では日本における帷幄上奏について述べる。.

新しい!!: 満州事変と帷幄上奏 · 続きを見る »

丹東市

丹東市(たんとうし)は、中華人民共和国遼寧省南部に位置する地級市。鴨緑江を隔てて朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と接する国境の街である。旧名は安東。朝鮮族が約2万人居住している。中朝貿易最大の物流拠点であり、その7割以上がここを通過すると言われている。.

新しい!!: 満州事変と丹東市 · 続きを見る »

世界紅卍字会

世界紅卍字会(せかいこうまんじかい、The World Red Swastika Society)は、道教系の宗教団体「道院」に付随する修養慈善団体。戦前の中華民国及び満州において赤十字社に準ずる組織として活動した。略称として「紅卍会」とも呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と世界紅卍字会 · 続きを見る »

世界恐慌

世界恐慌(せかいきょうこう)とは、世界的規模で起きる経済恐慌(world economic crisis/panic)である。ある国の恐慌が次々と他国へと波及し、世界的規模で広がる事象を世界恐慌という。 世界初の例は、クリミア戦争が終結した時に穀物価格が急落したことにより1857年に起こった1857年恐慌である。 戦間期に重要な位置を占めるものとして、通史的には1929年に始まった世界大恐慌をさす。大恐慌とも。この記事は通史でいう世界恐慌を述べている。.

新しい!!: 満州事変と世界恐慌 · 続きを見る »

世界最終戦論

『世界最終戦論』(せかいさいしゅうせんろん、世界最終戰論)は、大日本帝国陸軍の軍人である石原莞爾(いしわら かんじ)の代表的著書である。1940年(昭和15年)9月10日出版。『最終戦争論』(さいしゅうせんそうろん)とも呼ばれる。本書の題名は『世界最終戦論』(せかいさいしゅうせんろん)または『最終戦争論』(さいしゅうせんそうろん)であり『世界最終戦争論』(せかいさいしゅうせんそうろん)ではない。.

新しい!!: 満州事変と世界最終戦論 · 続きを見る »

万福麟

万 福麟(ばん ふくりん)は中華民国の軍人。当初北京政府、奉天派に属し、後に国民政府(国民革命軍)に転じた。字は壽山。.

新しい!!: 満州事変と万福麟 · 続きを見る »

三十一年式速射砲

三十一年式速射砲(さんじゅういちねんしきそくしゃほう)は、日本陸軍が明治31年(1898年)に制式砲とした大砲。三十一年式野砲と三十一年式山砲の2種類がある。著名な銃砲設計者である陸軍中将有坂成章が開発したもので、別名「有坂砲」といわれる。日露戦争での主力砲として活躍した。 口径は7.5 cm、射程は野砲が7,800 m、山砲が4,300 mとなっていた。砲身に設けられた砲耳の先端が車軸を兼ねており、砲身と砲耳・車軸が十文字形を描くような構成となっている。ロシア軍の保有する野山砲に射程では見劣りしたものの、砲弾の性能や将兵の射撃技術はロシア軍を凌駕していた。野砲については、日露戦争中に仰角の修正や防楯の装備等改良を加え、性能を向上させている。日露戦争の陸戦の勝利には、この大砲と二十八サンチ榴弾砲、三十年式歩兵銃の貢献が大きかったといわれる。本砲は後継の野山砲に置き換えられて保管兵器となったが、のちの満州事変以降の兵器不足を補うために、歩兵砲として再び用いられるようになった。さらにインパール作戦では野砲兵第21連隊が、四一式山砲に加え、分解搬送が容易な三十一年式山砲を投入している。 本砲が「速射砲」と呼ばれたのは、初めて無煙火薬を使用したことにより、それ以前の黒色火薬による排煤作業が不要となり「速く撃てる」ようになったことに過ぎない。本砲は簡単な復座装置しか備えていなかった。左右車輪の内側には鼓胴(リール)、砲架には復座ばねが装着され、両者は鋼索で連結されていた。射撃の前には、軔履(滑動防止用のスパイク)を両輪の後ろ側に取り付ける。大架(フレーム兼後脚)の後端には駐鋤が無く、従来の火砲と同じ尻上がりの形状をしていた。発砲の反動で砲架は後退するが、車輪が回ろうとすると鼓胴が鋼索を巻き込み、復座ばねが圧縮され、その反発力で砲架を元の位置に戻そうとするものであった。この砲車復座式では、発射の反動で砲架全体が移動してしまう点は従来の火砲と同様であった。従って、人力で砲架を元に戻してまた照準をやり直さなければならず、速射砲といえども実際の射撃速度は1分間に2~3発とあまり高くなかった。また、砲架をまっすぐ後退させることが前提の設計なので当然ではあるのだが、砲身の可動範囲は俯仰のみで、方向射界を与えるには、わずかの修正であっても砲架ごと向きを変える必要があった。日本陸軍が初めて本格的な駐退復座機を備えた火砲を導入するのは、三八式野砲の登場を待たねばならない。弾薬は分離薬莢式であり、弾丸と薬莢を順々に装填する必要があった。弾丸の炸薬には黄色薬が採用された。.

新しい!!: 満州事変と三十一年式速射砲 · 続きを見る »

三十年式銃剣

三十年式銃剣(さんじゅうねんしきじゅうけん)は、大日本帝国において1890年代に開発・採用された銃剣。当初の制式名称は三十年式歩兵銃銃剣(三十年式歩兵銃々剣)。 第二次世界大戦敗戦まで日本軍の主力銃剣として使用された。.

新しい!!: 満州事変と三十年式銃剣 · 続きを見る »

三島由紀夫

三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 - 1970年(昭和45年)11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。血液型はA型「第一章」()。戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である「第一回 三島由紀夫の誕生」()「十四 ノーベル文学賞の有力候補」()松永尚三「ヨーロッパ・フランス語圏における三島劇」()。『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人で、国際放送されたTV番組に初めて出演した日本人でもある「三島由紀夫」()。 満年齢と昭和の年数が一致し、その人生の節目や活躍が昭和時代の日本の興廃や盛衰の歴史的出来事と相まっているため、「昭和」と生涯を共にし、その時代の持つ問題点を鋭く照らした人物として語られることが多い佐伯彰一「三島由紀夫 人と作品」(新潮文庫版『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』解説、1973年12月執筆)「不思議な共感」「三島由紀夫の生まれ育った時代」()。 代表作は小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡子の家』『憂国』『豊饒の海』など、戯曲に『鹿鳴館』『近代能楽集』『サド侯爵夫人』などがある。修辞に富んだ絢爛豪華で詩的な文体、古典劇を基調にした人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴「第六回 舞台の多彩の魅力」()「各項〈作品解説〉」()。 晩年は政治的な傾向を強め、自衛隊に体験入隊し、民兵組織「楯の会」を結成。1970年(昭和45年)11月25日、楯の会隊員4名と共に自衛隊市ヶ谷駐屯地(現・防衛省本省)を訪れ東部方面総監を監禁。バルコニーでクーデターを促す演説をした後、割腹自殺を遂げた。この一件は世間に大きな衝撃を与え、新右翼が生まれるなど、国内の政治運動や文学界に大きな影響を及ぼした(詳細は三島事件を参照)。.

新しい!!: 満州事変と三島由紀夫 · 続きを見る »

三上於菟吉

三上 於菟吉(みかみ おときち、1891年2月4日 - 1944年2月7日)は、大正・昭和時代の小説家。大衆文学の流行作家となり、文壇の寵児と呼ばれた。代表作に『雪之丞変化』など。妻は作家の長谷川時雨。活躍期にはその作風から「日本のバルザック」とも呼ばれた。.

新しい!!: 満州事変と三上於菟吉 · 続きを見る »

三年式機関銃

三年式機関銃(さんねんしききかんじゅう)は、1914年(大正3年)に制式化された、大日本帝国陸軍(以下陸軍という)の制式機関銃である。生産は当初東京砲兵工廠で行われ、後に東京瓦斯電気会社に生産委託、推定3000挺が作られた。大日本帝国海軍でも三年式機砲及び三年式機銃の名称で使用されていた。.

新しい!!: 満州事変と三年式機関銃 · 続きを見る »

三井銀行

三井銀行(みついぎんこう、英称:The Mitsui Bank, Ltd.)は、かつて存在した都市銀行。.

新しい!!: 満州事変と三井銀行 · 続きを見る »

三井財閥

三井財閥(みついざいばつ)は、三井越後屋(三越・三井銀行)を源流に始まった、日本三大財閥の一つ。.

新しい!!: 満州事変と三井財閥 · 続きを見る »

三事忠告

『三事忠告』は中国の古典籍の一つ。著者は元代の官僚・儒学者の張養浩。民衆を指導していく立場にある政治家・役人が持つべき信念・道徳が書かれた政治指南書。内容は『廟堂忠告』、『風憲忠告』、『牧民忠告』から成っており、それぞれ、内閣大臣、法務警察関係者、地方行政担当者に宛てる忠告と言う形で説かれている。.

新しい!!: 満州事変と三事忠告 · 続きを見る »

三八式野砲

三八式野砲(さんはちしきやほう)は、1900年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の野砲。本項では、三八式野砲の改良型である改造三八式野砲(かいぞうさんはちしきやほう)についても詳述する。.

新しい!!: 満州事変と三八式野砲 · 続きを見る »

三八式歩兵銃

三八式歩兵銃(さんはちしきほへいじゅう、さんぱちしきほへいじゅう)は、1900年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の小銃。.

新しい!!: 満州事変と三八式歩兵銃 · 続きを見る »

三菱財閥

三菱財閥(みつびしざいばつ)は、日本三大財閥の1つ。 土佐藩出身の岩崎弥太郎が創立した三菱商会を基盤に、明治政府の保護も得て海運業を独占。1893(明治26)年三菱合資会社を設立。これを持株会社として造船業・鉱業・鉄道・貿易などあらゆる分野に進出。第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) の指令により解体された(財閥解体)。.

新しい!!: 満州事変と三菱財閥 · 続きを見る »

三木武夫

三木 武夫(みき たけお、1907年(明治40年)3月17日 - 1988年(昭和63年)11月14日)は、徳島県出身の日本の政治家である。 内閣総理大臣(第66代)などを歴任。衆議院議員当選19回、在職51年。称号及び栄典は、正二位大勲位、衆議院名誉議員など。.

新しい!!: 満州事変と三木武夫 · 続きを見る »

三浦三郎

三浦 三郎(みうら さぶろう、1893年3月26日 - 1974年10月17日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。関東憲兵隊司令官。.

新しい!!: 満州事変と三浦三郎 · 続きを見る »

下地玄信

下地玄信近影 下地 玄信(しもじ げんしん、明治27年(1894年)6月30日 - 昭和59年(1984年)5月23日)は、日本の公認会計士。民間人で最も重い日本公認会計士協会初代副会長などを歴任。沖縄県宮古島市出身。戦前から、会計士支部の広域化を目指し、監査を国の公認とする日本公認会計士協会設立に尽力した。 東亜同文書院卒業。関西公認会計士協会支部長、財団法人下地玄信育英会 の設立者でもある。.

新しい!!: 満州事変と下地玄信 · 続きを見る »

下出義雄

下出 義雄(しもいで よしお、1890年(明治23年)5月12日 - 1958年(昭和33年)1月20日)は、大正から昭和にかけて活動した日本の実業家、教育者、政治家。 実業家で貴族院議員も務めた下出民義の長男。父の事業を継ぎ名古屋財界にて活動し、大同製鋼(現・大同特殊鋼)社長、名古屋証券取引所理事長などを務める。事業界での活動の傍ら学校経営にも携わったほか、1942年(昭和17年)から1期のみ衆議院議員も務めた。.

新しい!!: 満州事変と下出義雄 · 続きを見る »

一夕会

一夕会(いっせきかい)は、1929年(昭和4年)5月19日に日本陸軍内に発足した、佐官級の幕僚将校らによる会合。陸軍士官学校14期生から25期生を中心に組織された。.

新しい!!: 満州事変と一夕会 · 続きを見る »

一〇〇式機関短銃

一〇〇式機関短銃(ひゃくしききかんたんじゅう)は、第二次世界大戦に実戦投入された日本軍で唯一制式化された短機関銃である。資料等によっては「百式」、また制式名の「機関短銃」ではなく「短機関銃」と誤記されている場合もある。.

新しい!!: 満州事変と一〇〇式機関短銃 · 続きを見る »

九尾ダム

九尾ダム(つづらおダム)は、奈良県吉野郡天川村、一級河川・新宮川水系天の川(上流部における熊野川の呼称)に建設されたダム。高さ26.5メートルの重力式コンクリートダムで、関西電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・和田(わだ)発電所に送水し、最大2,100キロワットの電力を発生する。.

新しい!!: 満州事変と九尾ダム · 続きを見る »

九州電気軌道

九州電気軌道株式会社(九州電氣軌道株式會社、きゅうしゅうでんききどうかぶしきがいしゃ)は、明治末期から昭和戦前期にかけて、現在の北九州市域において軌道事業を営んでいた鉄道事業者である。略称は「九軌」(きゅうき)。西日本鉄道(西鉄)の前身にあたる。 1908年(明治41年)設立。1911年(明治44年)に軌道事業を開業し、以後順次路線を延伸した。1940年代に入ると福岡県下の鉄道事業統合の中心となり、1942年(昭和17年)、県下の鉄道事業者4社を合併、西鉄となった。九州電気軌道が建設した路線は西鉄北九州線となったが、ごく一部の区間を残して廃止されており西鉄の路線としては現存しない。 軌道事業以外にも、軌道の沿線地域を中心に電気の供給事業を営んだ。軌道事業よりも収入の多い主力事業であったが、1940年(昭和15年)に事業譲渡によって撤退した。電気事業者としては九州電力の前身の一つといえる。.

新しい!!: 満州事変と九州電気軌道 · 続きを見る »

九七式狙撃銃

九七式狙撃銃(きゅうななしきそげきじゅう)は、1930年代に開発・採用された大日本帝国陸軍の狙撃銃。開発当時の日本軍主力小銃であった三八式歩兵銃をベースとし、九九式短狙撃銃とともに第二次世界大戦における帝国陸軍の主力狙撃銃として使用された。欧米圏では有坂銃における代表的な狙撃銃としても知られている。 本項では九七式狙撃銃と同系統である三八式改狙撃銃(さんはちしきかいそげきじゅう)についても詳述する。.

新しい!!: 満州事変と九七式狙撃銃 · 続きを見る »

九七式曲射歩兵砲

九七式曲射歩兵砲(きゅうななしききょくしゃほへいほう)は、1937年(昭和12年)に開発が開始され、1939年(昭和14年)に制式制定されて日本陸軍で運用された迫撃砲。当時歩兵大隊に配備されていた九二式歩兵砲を補完するものとして開発された。.

新しい!!: 満州事変と九七式曲射歩兵砲 · 続きを見る »

九三式双発軽爆撃機

九三式双発軽爆撃機(きゅうさんしきそうはつけいばくげきき)は、1930年代中期の大日本帝国陸軍の爆撃機。キ番号(試作名称)はキ2。略称・呼称は九三式双発軽爆、九三双軽爆、九三双軽など。連合軍のコードネームはLouise(ルイーズ)。開発・製造は三菱重工業。.

新しい!!: 満州事変と九三式双発軽爆撃機 · 続きを見る »

九一式広軌牽引車

九一式広軌牽引車(きゅういちしきこうきけんいんしゃ)とは、大日本帝国陸軍が1931年(昭和6年)に採用した鉄道部隊用の装輪装甲車である。タイヤによる路上走行だけでなく、鉄輪に交換する事で線路上を走行可能であるという特徴を持っていた。.

新しい!!: 満州事変と九一式広軌牽引車 · 続きを見る »

九一式戦闘機

九一式戦闘機(きゅういちしきせんとうき)は、第二次世界大戦前の日本陸軍最初の単葉戦闘機であり、陸軍初の日本オリジナルの設計による戦闘機である。呼称は九一戦、九一式戦。複葉の甲式四型に代わって制式機となった。中島飛行機がフランスから招聘したアンドレ・マリー技師を中心に設計され、中島飛行機によって製造された。1932年より1935年頃の日本陸軍の主力戦闘機であった。.

新しい!!: 満州事変と九一式戦闘機 · 続きを見る »

九九式短小銃

九九式短小銃(きゅうきゅうしきたんしょうじゅう)および九九式小銃(きゅうきゅうしきしょうじゅう)は、1930年代後期に開発・採用された大日本帝国陸軍の小銃。欧米圏では有坂銃の最も代表的なものの一つとして知られている。初期の陸上自衛隊でも短期間の間、使用された。.

新しい!!: 満州事変と九九式短小銃 · 続きを見る »

九二式重装甲車

九二式重装甲車(きゅうにしきじゅうそうこうしゃ)は、日本で開発され、1932年に正式採用された装甲車。実質的には豆戦車であり、騎兵部隊や戦車部隊で使用された。.

新しい!!: 満州事変と九二式重装甲車 · 続きを見る »

九二式戦闘機

九二式戦闘機 九二 式戦闘機(きゅうにしきせんとうき、KDA-5)は、1930年代前半に川崎で開発生産された日本陸軍の戦闘機である。機体名称の「KDA」は「Kawasaki Dockyard, Army」の略。.

新しい!!: 満州事変と九二式戦闘機 · 続きを見る »

九五式小型乗用車

九五式小型乗用車(きゅうごしきこがたじょうようしゃ、九五式小型乘用車)は、大日本帝国陸軍の小型軍用乗用車。通称・愛称はくろがね四起(-よんき)。 日本初の国産実用四輪駆動車として日本内燃機(のちの東急くろがね工業、現日産工機の前身)が開発し、日中戦争(支那事変)・第二次世界大戦における帝国陸軍の主力乗用車として使用された。「くろがね四起」の通称は、日本内燃機のオート三輪車ブランドとして当時著名だった「くろがね」と「四輪起動」にちなむ。.

新しい!!: 満州事変と九五式小型乗用車 · 続きを見る »

九五式軽戦車

九五式軽戦車(きゅうごしきけいせんしゃ)は、1930年代中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の戦車(軽戦車)。秘匿名称「ハ号」(「イ号」は八九式軽戦車、「ロ号」は九五式重戦車)。 日本戦車としては最多の2,378輛が生産され、九七式中戦車 チハ(チハ車)とともに第二次世界大戦で活躍し、日本軍の代表的な軽戦車として知られている。.

新しい!!: 満州事変と九五式軽戦車 · 続きを見る »

九・一八歴史博物館

九・一八」歴史博物館(きゅういちはちれきしはくぶつかん)は中華人民共和国遼寧省瀋陽市大東区望花南町46号に位置する博物館。中国国家一級博物館。.

新しい!!: 満州事変と九・一八歴史博物館 · 続きを見る »

九カ国条約

九カ国条約(きゅうかこくじょうやく、Nine-Power Treaty)は、1922年(大正11年)のワシントン会議に出席した9か国、すなわちアメリカ合衆国・イギリス・オランダ・イタリア・フランス・ベルギー・ポルトガル・日本・中華民国間で締結された条約。なお、9か国条約と表記することもある。中国の関税自主権を拡大した。.

新しい!!: 満州事変と九カ国条約 · 続きを見る »

九八式二十粍高射機関砲

九八式高射機関砲(98しきこうしゃきかんほう)とは、1938年(昭和13年)に日本陸軍が開発した口径20mmの高射機関砲。フランスのオチキス(Hotchkiss)社製の機関砲を基に開発された。九八式高などとも呼称された。.

新しい!!: 満州事変と九八式二十粍高射機関砲 · 続きを見る »

九八式直接協同偵察機

九八式直接協同偵察機(きゅうはちしきちょくせつきょうどうていさつき)は、大日本帝国陸軍の偵察機。キ番号(試作名称)はキ36。略称・呼称は九八式直協偵察機、九八式直協、九八直協、直協機など。連合軍のコードネームはIda(アイーダ)。開発は立川飛行機、製造は立川と川崎航空機。.

新しい!!: 満州事変と九八式直接協同偵察機 · 続きを見る »

九八式水冷式重機関銃

九八式水冷式重機関銃(しせい-しきすいれいしきじゅうきかんじゅう)は、大日本帝国陸軍が少数運用した重機関銃である。.

新しい!!: 満州事変と九八式水冷式重機関銃 · 続きを見る »

九六式軽機関銃

九六式軽機関銃(きゅうろくしきけいきかんじゅう)は、1930年代前中期に開発・採用された大日本帝国陸軍の軽機関銃。.

新しい!!: 満州事変と九六式軽機関銃 · 続きを見る »

九四式37mm速射砲

九四式三十七粍砲(きゅうよんしきさんじゅうななみりほう)は、1930年代初中期に大日本帝国陸軍が開発・採用した対戦車砲(速射砲)。俗称は九四式三十七粍速射砲(きゅうよんしきさんじゅうななみりそくしゃほう)。 開発当初から発達しつつある装甲戦闘車両への対処に主眼が置かれており、帝国陸軍初の本格的な対戦車砲として日中戦争(支那事変)・ノモンハン事件・太平洋戦争(大東亜戦争)で使用された。.

新しい!!: 満州事変と九四式37mm速射砲 · 続きを見る »

九四式六輪自動貨車

九四式六輪自動貨車(きゅうよんしきろくりんじどうかしゃ)は、1930年代中頃に大日本帝国陸軍が開発・採用したトラック(自動貨車)。通称は九四式自動貨車、九四式トラックなどとも。.

新しい!!: 満州事変と九四式六輪自動貨車 · 続きを見る »

九四式軽迫撃砲

九四式軽迫撃砲(きゅうよんしきけいはくげきほう)は、1934年(昭和9年)に完成し、1936年(昭和11年)に制式制定され、大日本帝国陸軍で運用された迫撃砲。通常の迫撃砲ではなく、毒ガス戦用のガス弾投射機として開発された。.

新しい!!: 満州事変と九四式軽迫撃砲 · 続きを見る »

九〇式軽迫撃砲

九〇式軽迫撃砲(90しきけいはくげきほう)は、1931年(昭和6年)に仮制式された大日本帝国陸軍の迫撃砲である。.

新しい!!: 満州事変と九〇式軽迫撃砲 · 続きを見る »

九〇式野砲

九〇式野砲(きゅうまるしきやほう)は、1920年代後期から1930年代初期にかけて開発・採用された大日本帝国陸軍の野砲。本項では機械化牽引を目的とした派生型、機動九〇式野砲(きどうきゅうまるしきやほう)についても詳述する。 第二次世界大戦では改造三八式野砲・九五式野砲とともに帝国陸軍の主力野砲として運用された。.

新しい!!: 満州事変と九〇式野砲 · 続きを見る »

九〇式鉄帽

九〇式鉄帽(きゅうまるしきてつぼう)は、1930年前後に開発・採用された大日本帝国陸軍のヘルメット(鉄帽)。.

新しい!!: 満州事変と九〇式鉄帽 · 続きを見る »

幣原外交

幣原外交(しではらがいこう)とは、1920年代から1930年代にかけての戦間期に、幣原喜重郎が憲政会(後に立憲民政党)政権の内閣の外務大臣に就任して行なった穏健な対英米協調外交をいう。 第一次世界大戦後に成立した国際秩序であるヴェルサイユ・ワシントン体制を尊重し、列国(特にアメリカ・イギリス)との協調と中国への内政不干渉を唱える一方で、日本が大戦中及びそれ以前に獲得した利権自体はあくまで正当なものであるとし、経済的には中国市場拡大、満州の特殊権益の維持を図るものであった。.

新しい!!: 満州事変と幣原外交 · 続きを見る »

幣原喜重郎

幣原 喜重郎(しではら きじゅうろう、1872年9月13日(明治5年8月11日) - 1951年(昭和26年)3月10日)は、日本の外交官、政治家。位階は従一位。勲等は勲一等。爵位は男爵。 外務大臣(第40・41・43・44代)、貴族院議員、内閣総理大臣臨時代理、内閣総理大臣(第44代)、第一復員大臣(初代)、第二復員大臣(初代)、復員庁総裁(初代)、副総理、衆議院議員、衆議院議長(第40代)などを歴任。.

新しい!!: 満州事変と幣原喜重郎 · 続きを見る »

平羅線

平羅線(ピョンナせん)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌直轄市兄弟山区域にある間里駅から羅先特別市にある羅津駅までを結ぶ鉄道路線である。.

新しい!!: 満州事変と平羅線 · 続きを見る »

平沼騏一郎

平沼 騏一郎(ひらぬま きいちろう、慶応3年9月28日(1867年10月25日) - 昭和27年(1952年)8月22日)は、日本の司法官僚、政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。爵位は男爵。学位は法学博士。号は機外。 大審院検事局検事総長(第8代)、大審院長(第11代)、日本大学総長(第2代)、大東文化学院総長(初代)、財団法人大東文化協会会頭(第3代)、司法大臣(第26代)、貴族院議員、枢密院副議長(第11代)、枢密院議長(第17・21代)、内閣総理大臣(第35代)、国務大臣、内務大臣(第62代)などを歴任した。.

新しい!!: 満州事変と平沼騏一郎 · 続きを見る »

幹部候補生 (日本軍)

日本陸軍における幹部候補生(かんぶこうほせい)とは、中等教育以上の学歴がある志願者の中から選抜され、比較的短期間で兵科または各部の予備役将校、あるいは兵科または各部の予備役下士官になるよう教育を受ける者陸軍での正式な呼称は1937年2月の陸軍武官官等表改正(勅令第12号)まで各部の高等官は「将校相当官」であり、兵科、各部ともに下士官は1931年11月の陸軍武官官等表改正(勅令第270号)まで「下士」であったが、便宜上ここでは時代にかかわらず「将校」と「下士官」で統一する。。場合により幹候と略されることもある。日本陸軍では下士官以上が部隊の幹部という位置づけであった。 1927年(昭和2年)12月に一年志願兵制度を改めて幹部候補生制度が定められ、1945年(昭和20年)8月の太平洋戦争(大東亜戦争)終結まで存在した。制定当初は主として予備役将校の養成を目的としたが、1933年(昭和8年)5月の制度改正以後は予備役将校となる教育を受ける甲種幹部候補生と、予備役下士官となる教育を受ける乙種幹部候補生に修業期間の途中で区分された。ここでは幹部候補生の前身である一年志願兵と、1944年(昭和19年)に一般の幹部候補生制度から派生した特別甲種幹部候補生についても述べる。.

新しい!!: 満州事変と幹部候補生 (日本軍) · 続きを見る »

床次竹二郎

床次 竹二郎(とこなみ たけじろう、慶応2年12月1日(1867年1月6日) - 昭和10年(1935年)9月8日)は、日本の官僚、政治家、衆議院議員、内務大臣、鉄道大臣、逓信大臣、政友本党総裁。鹿児島県士族『人事興信録.

新しい!!: 満州事変と床次竹二郎 · 続きを見る »

于学忠

于 学忠(う がくちゅう)は、中華民国・中華人民共和国の軍人・政治家。北京政府では直隷派の呉佩孚の腹心であった。後に奉天派の軍人となるが、張学良の易幟後は国民政府(国民革命軍)に転じた。河北省政府主席として、満州事変(九・一八事変)後の関東軍と折衝を繰り広げたことでも知られる。字は孝侯。祖籍は山東省登州府蓬莱県。.

新しい!!: 満州事変と于学忠 · 続きを見る »

于シ山

于 芷山(う しざん)は、中華民国、満州国の軍人。当初は北京政府、奉天派の軍人で、後に満州国で要職を務めた。名は世文だが、号の芷山で知られる。字は瀾波。.

新しい!!: 満州事変と于シ山 · 続きを見る »

于珍

于 珍(う ちん、1888年(光緒14年) - 1959年)は、中華民国の軍人。字は済川。北京政府、奉天派に属した。最終階級は中将。.

新しい!!: 満州事変と于珍 · 続きを見る »

于静遠

于 静遠(う せいえん)は中華民国、満州国の政治家・軍人。北京政府、奉天派に属し、後に満州国に参加した。字は任樸。父は于沖漢。.

新しい!!: 満州事変と于静遠 · 続きを見る »

于沖漢

于 冲漢(う ちゅうかん)は、中華民国、満州国の政治家。北京政府、奉天派の政治家で、後に満州国に参加した。字は雲章。別号は逸園。子は于静遠。.

新しい!!: 満州事変と于沖漢 · 続きを見る »

于洪区

于洪区(うこう-く)は中華人民共和国遼寧省瀋陽市に位置する市轄区。.

新しい!!: 満州事変と于洪区 · 続きを見る »

京城帝国大学

京城帝国大学(けいじょうていこくだいがく)は、1924年(大正13年)に日本としては6番目の帝国大学として、日本統治下の朝鮮の京畿道京城府(現:ソウル特別市)に設立された朝鮮唯一の旧制大学。大学の略称は城大(じょうだい)。内地の帝国大学が文部省管轄であったのに対し、城大は朝鮮総督府管轄だった。1946年、在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁法令102号によって閉鎖された。.

新しい!!: 満州事変と京城帝国大学 · 続きを見る »

京城・昭和六十二年 碑銘を求めて

『京城・昭和六十二年 碑銘を求めて』(けいじょう しょうわろくじゅうにねん ひめいをもとめて、碑銘을 찾아서: 京城, 쇼우와 62년)とは、によって、1987年に刊行された韓国の歴史改変SFである。著者は卜鉅一。この小説は、1909年10月26日、朝鮮統監であった伊藤博文がハルビン駅において安重根に襲撃されたものの、殺害されずに生き残った架空の歴史の中、1980年代の大日本帝国を舞台にしている。.

新しい!!: 満州事変と京城・昭和六十二年 碑銘を求めて · 続きを見る »

京都バス

本社事務所、嵐山営業所 京都バス株式会社(きょうとバス)は、京都府京都市右京区に本社を置く路線バス事業者である。.

新しい!!: 満州事変と京都バス · 続きを見る »

京浜工業地帯

京浜工業地帯(けいひんこうぎょうちたい)は、東京都大田区、神奈川県川崎市、横浜市を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県に広がる工業地帯である。かつては名前の通り、東京から横浜までの東京湾西岸、京浜運河に広がる埋め立て工業地帯であったが、次第に範囲が東海道沿いの藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市や、内陸の相模原市・さいたま市・川口市・八王子市・立川市にまで拡大していった。三大工業地帯のひとつで、太平洋ベルトの中核であり、日本有数の工業地帯である。 また、東京湾沿岸に千葉県へ伸びて京葉工業地域を形成、さいたまから東北道沿いに北関東工業地域を形成している。.

新しい!!: 満州事変と京浜工業地帯 · 続きを見る »

康平県

康平県(こうへい-けん)は中華人民共和国遼寧省瀋陽市に位置する県。.

新しい!!: 満州事変と康平県 · 続きを見る »

人身攻撃

人身攻撃(ラテン語: ad hominem、argumentum ad hominem)とは、ある論証や事実の主張に対する応答として、その主張自体に具体的に反論するのではなく、それを主張した人の個性や信念を攻撃すること、またそのような論法。論点をすりかえる作用をもたらす。人格攻撃論法ともいわれる。 「対人論証; ad hominem abusive」と呼ばれるものは、提案者の信用を失わせる目的で個人攻撃を行う場合を指す。また、「状況対人論証; ad hominem circumstantial」と呼ばれるものは、提案者の置かれている状況について攻撃するもの、「お前だって論法; ad hominem tu quoque」と呼ばれるものは、論証の提案者自身がその論証で非難されているような行動や振る舞いをしていると攻撃するものである。 人身攻撃は、論理的には論証の前提の真偽はそれを述べている人とは独立しているので、演繹的には妥当ではない。しかし、人身攻撃は三段論法的に述べられることは滅多に無く、その評価は非形式論理の領域と証拠の理論で行われるべきものである。証拠の信頼性は、目撃証言や専門家の証言などにおける証人の信頼性の評価に大きく依存する。例えば、目撃者が嘘をつく動機を持っているから信頼できないとか、専門家が実際にはその分野について深い知識を有さないといった反論は、法廷では大きな役割を果たすことがある。 人身攻撃は、権威に訴える論証の逆である。権威に訴える論証では、論証者の権威、知識、地位などがその論証の真偽の基礎となる。人身攻撃は逆に、論証者が主張する権威/知識/地位を持っていないことを攻撃したり、論証者が過去に同様な誤りを犯したことに注目させる。しかし、それが無謬の反論とはならない。.

新しい!!: 満州事変と人身攻撃 · 続きを見る »

二十カ年百万戸送出計画

二十カ年百万戸送出計画(にじっかねんひゃくまんこそうしゅつけいかく)とは、1936年(昭和11年)8月11日に、拓務省が作成し、広田弘毅内閣により国策として確定した、満州国への大規模な日本人農民の移住計画である。同年5月に、関東軍が作成していた、「満州農業移民百万戸移住計画」を骨子として作成された。.

新しい!!: 満州事変と二十カ年百万戸送出計画 · 続きを見る »

二十四の瞳

『二十四の瞳』(にじゅうしのひとみ)は、1952年(昭和27年)に日本の壺井栄が発表した小説である。 第二次世界大戦の終結から7年後に発表された小説で、作者の壺井栄は、自身が戦時中を生きた者として、この戦争が一般庶民にもたらした数多くの苦難と悲劇を描いた。 発表の2年後、1954年(昭和29年)に映画化された(二十四の瞳 (映画))。これまで、映画化2回、テレビドラマ化6回、テレビアニメ化1回、計9回映像化された。.

新しい!!: 満州事変と二十四の瞳 · 続きを見る »

二上兵治

二上 兵治(ふたがみ ひょうじ、明治11年(1878年)2月25日 - 昭和20年(1945年)11月19日)は、日本の官僚。枢密院書記官長、貴族院議員、枢密顧問官等を歴任した。富山県高岡市出身。.

新しい!!: 満州事変と二上兵治 · 続きを見る »

二・二六事件

二・二六事件(ににろくじけん、にいにいろくじけん)は、1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、皇道派の影響を受けた陸軍青年将校らが1,483名の下士官兵を率いて起こした日本のクーデター未遂事件である。 この事件の結果岡田内閣が総辞職し、後継の廣田内閣が思想犯保護観察法を成立させた。.

新しい!!: 満州事変と二・二六事件 · 続きを見る »

広島赤十字・原爆病院メモリアルパーク

広島赤十字・原爆病院メモリアルパーク(ひろしませきじゅうじ げんばくびょういんメモリアルパーク)は、広島県広島市中区千田の日本赤十字社広島支部敷地内にある公園。広島赤十字・原爆病院から道を挟んで南側に位置する。 この項目では公園設置の経緯に関わる広島赤十字・原爆病院および日本赤十字社広島支部の沿革も併せて述べる。.

新しい!!: 満州事変と広島赤十字・原爆病院メモリアルパーク · 続きを見る »

広田弘毅

広田 弘毅(ひろた こうき、旧字体:廣田、1878年(明治11年)2月14日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本の外交官、政治家。勲等は勲一等。旧名は丈太郎(じょうたろう)。 外務大臣(第49・50・51・55代)、内閣総理大臣(第32代)、貴族院議員などを歴任した。第二次世界大戦後の極東軍事裁判で文官としては唯一のA級戦犯として有罪判決を受け死刑となった。.

新しい!!: 満州事変と広田弘毅 · 続きを見る »

広瀬寿助

広瀬 寿助(ひろせ じゅすけ、1875年(明治8年)6月10日 – 没年不詳)は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。満洲電信電話株式会社総裁。.

新しい!!: 満州事変と広瀬寿助 · 続きを見る »

広東政府

広東政府(カントンせいふ)とは中華民国時代に広東の広州で複数回にわたって成立した政府。.

新しい!!: 満州事変と広東政府 · 続きを見る »

亘理神社

亘理神社(わたりじんじゃ)は、宮城県亘理町にある神社である。別名「亘理招魂社」、「おだて」とも。旧社格は村社で、戦前は旧亘理町から神饌幣帛料が供進された。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と亘理神社 · 続きを見る »

五・一五事件

五・一五事件は、1932年(昭和7年)5月15日に日本で起きた反乱事件。武装した海軍の青年将校たちが総理大臣官邸に乱入し、内閣総理大臣犬養毅を殺害した。.

新しい!!: 満州事変と五・一五事件 · 続きを見る »

井上準之助

井上 準之助(いのうえ じゅんのすけ、明治2年3月25日(1869年5月6日) - 昭和7年(1932年)2月9日)は、日本の政治家、財政家。日本銀行第9、11代総裁。山本、濱口、第2次若槻内閣で大蔵大臣に就任。貴族院議員。.

新しい!!: 満州事変と井上準之助 · 続きを見る »

井上成美

井上 成美(いのうえ しげよし/せいび、1889年(明治22年)12月9日 - 1975年(昭和50年)12月15日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。海軍大将となった最後の軍人。.

新しい!!: 満州事変と井上成美 · 続きを見る »

事変

事変(じへん)とは、広範の非常事態や騒乱のこと。「事件」よりも規模が大きい。宣戦布告なしの戦争状態や、小規模・短期間の国家間紛争にも用いられる。.

新しい!!: 満州事変と事変 · 続きを見る »

今井武夫

今井 武夫(いまい たけお、1898年2月23日 - 1982年6月12日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。.

新しい!!: 満州事変と今井武夫 · 続きを見る »

今泉嘉一郎

胸像(群馬県みどり市) 今泉 嘉一郎(いまいずみ かいちろう、1867年7月28日(慶応3年6月27日)- 1941年(昭和16年)6月29日)は、日本鉄鋼技術史上の功労者。工学博士。日本鋼管(現・JFEホールディングス)創業者で民営製鉄所を育成し、「日本の近代製鉄の父」「近代産業の父」と称される。.

新しい!!: 満州事変と今泉嘉一郎 · 続きを見る »

仮想敵国

仮想敵国(かそうてきこく、hypothetical enemy)は、軍事戦略・作戦用兵計画を作成するうえにおいて、軍事的な衝突が発生すると想定される国をいう。 一部には仮想敵国イコール敵国との誤解も存在するが、必ずしも敵国となるという意味ではなくあくまでも想定である。旧日本軍では「想定敵国」、自衛隊用語では「対象国」と呼ぶ。.

新しい!!: 満州事変と仮想敵国 · 続きを見る »

建川丸

建川丸(たてかわまる)とは、.

新しい!!: 満州事変と建川丸 · 続きを見る »

建川美次

建川 美次(たてかわ よしつぐ、1880年(明治13年)10月3日 - 1945年(昭和20年)9月9日)は、日本の陸軍軍人、外交官。最終階級は陸軍中将。栄典は勲一等功四級。.

新しい!!: 満州事変と建川美次 · 続きを見る »

仙台村

仙台村(せんだいむら)は、満州国浜江省五常県沙河子『七月十日は灰の町 仙台空襲と戦争中のこと』 P.121 - P.125、すなわち、現在の中華人民共和国黒竜江省ハルビン市五常市沙河子鎮()にかつてあった、大日本帝国(現・日本国)宮城県仙台市()からの開拓団による日本人入植地。当時は「仙臺村」と表記していた。.

新しい!!: 満州事変と仙台村 · 続きを見る »

伊藤伝右衛門

伊藤 伝右衛門(いとう でんえもん、1861年1月6日(万延元年11月26日) - 1947年(昭和22年)12月15日)は、明治・大正・昭和時代の福岡県筑豊の実業家・炭鉱主。傳右衛門、伝右エ門とも。 2番目の妻・燁子(「あきこ」柳原白蓮)との離婚劇・白蓮事件でその名を知られる。.

新しい!!: 満州事変と伊藤伝右衛門 · 続きを見る »

伊藤述史

伊藤 述史(いとう のぶふみ、1885年8月19日 - 1960年4月3日)は、日本の外交官。情報局総裁、貴族院議員等を務めた後、戦後GHQにより公職追放された。.

新しい!!: 満州事変と伊藤述史 · 続きを見る »

伊東月草

伊東 月草(いとう げっそう、1899年(明治32年)12月17日 - 1946年(昭和21年)12月4日)は、長野県出身の日本の俳人。本名は秀治(ひでじ)。.

新しい!!: 満州事変と伊東月草 · 続きを見る »

伊沢多喜男

伊沢 多喜男(いさわ たきお、旧字体:伊澤、明治2年11月24日(1869年12月26日) - 昭和24年(1949年)8月13日)は、日本の内務官僚、政治家。.

新しい!!: 満州事変と伊沢多喜男 · 続きを見る »

弾丸列車

弾丸列車(だんがんれっしゃ)は、日本で1939年(昭和14年)に始まった、通称「弾丸列車計画」で計画されていた列車である。.

新しい!!: 満州事変と弾丸列車 · 続きを見る »

張季鸞

張 季鸞(ちょう きらん)は中華民国のジャーナリスト・革命家・政治家。名は熾章だが、字の季鸞の方が著名である。新聞『大公報』の論説を担当した編集者・記者として知られる。祖籍は当初陝西省綏徳州米脂県、後に祖父が軍に加わって移住した先の同省楡林府楡林県が原籍となった。出身地は進士となった祖父の任官地である山東省。.

新しい!!: 満州事変と張季鸞 · 続きを見る »

張学良

張 学良(ちょう がくりょう、1901年6月3日 - 2001年10月14日)は、中華民国の軍人・政治家。張作霖の長男。字は漢卿。軍人時代の最終階級は国民革命軍一級上将。.

新しい!!: 満州事変と張学良 · 続きを見る »

張学思

張学思(ちょう がくし)は中華人民共和国の軍人。中国人民解放軍海軍の少将。張作霖の四男で、張学良の弟。 周恩来の庇護を受け、海軍参謀長まで栄達したが、文化大革命で迫害された。.

新しい!!: 満州事変と張学思 · 続きを見る »

張宗昌

張 宗昌(ちょう そうしょう)は中華民国の軍人。北京政府、奉天派の有力者で、山東省の支配者として知られる。字は効坤。.

新しい!!: 満州事変と張宗昌 · 続きを見る »

張作相

張 作相(ちょう さくそう)は中華民国の軍人。北京政府、奉天派の重要な位置を占めた。字は輔忱、補臣。祖籍は直隷省深州花盆鎮(現在の河北省衡水市深州市)。.

新しい!!: 満州事変と張作相 · 続きを見る »

張作霖

張 作霖(ちょう さくりん、Zhang Zuolin、1875年3月19日 - 1928年6月4日)は、中華民国初期の軍閥政治家で、北洋軍閥の流れを汲む奉天派の総帥。満州の統治者であり張学良・張学銘・張学思の父。字は雨亭。.

新しい!!: 満州事変と張作霖 · 続きを見る »

張作霖爆殺事件

場の状況、右下の残骸があるところが爆破地点 張作霖爆殺事件(ちょうさくりんばくさつじけん)は、1928年(昭和3年、民国17年)6月4日、中華民国・奉天(現瀋陽市)近郊で、日本の関東軍によって奉天軍閥の指導者張作霖が暗殺された事件。別名「奉天事件」。中華民国や中華人民共和国では、事件現場の地名を採って、「皇姑屯事件」とも言う。終戦まで事件の犯人が公表されず、日本政府内では「満洲某重大事件(まんしゅうぼうじゅうだいじけん)」と呼ばれていた。.

新しい!!: 満州事変と張作霖爆殺事件 · 続きを見る »

張作霖爆殺事件ソ連特務機関犯行説

後の状況、列車の残骸から黒煙が上がっている 張作霖爆殺事件ソ連特務機関犯行説(ちょうさくりんばくさつじけんそれんとくむきかんはんこうせつ)とは1928年6月4日に発生した張作霖爆殺事件は、通説の日本人軍人であった河本大作による策謀ではなく、ソ連赤軍特務機関による犯行であるとする説である。ロシア人歴史作家 2010年1月27日確認のドミトリー・プロホロフが最初に主張した。.

新しい!!: 満州事変と張作霖爆殺事件ソ連特務機関犯行説 · 続きを見る »

張レイ生

張 厲生(ちょう れいせい、1901年6月17日 - 1971年4月20日)は、中華民国、台湾の政治家・外交官。中国国民党(国民政府)の政治家で、後に行政院秘書長、副院長などの要職をつとめた。旧名は維新。字は少武、星舟。.

新しい!!: 満州事変と張レイ生 · 続きを見る »

張知本

張 知本(ちょう ちほん、)は、中華民国(台湾)の革命家・政治家・法学者・教育者。中国同盟会以来の革命派人士で、中国国民党では反共右派の立場をとり(ただし西山会議派と見なせるかは議論があり得る。本記事「事跡」-「反共右派へ」参照)、反蒋介石の政治家の1人でもあった。字は懐九。号は竜甲。別名は礼恭。父は清末の理学者・医師である張特章。.

新しい!!: 満州事変と張知本 · 続きを見る »

張煥相

張 煥相(ちょう かんしょう)は、中華民国、満州国の軍人・政治家。北京政府、奉天派の軍人で、後に満州国で司法部大臣などをつとめた。字は召棠。.

新しい!!: 満州事変と張煥相 · 続きを見る »

張道藩

張 道藩(ちょう どうはん)は中華民国(台湾)の政治家・教育者。中国国民党のCC派幹部で、反共・抗日の文芸政策を推進したことで知られる。旧名は道隆。字は衛之。.

新しい!!: 満州事変と張道藩 · 続きを見る »

張軫

張 軫(ちょう しん)は中華民国・中華人民共和国の軍人。鎮嵩軍、国民軍などを経て、国民革命軍に属した。日中戦争で活躍後、国共内戦では中国共産党側に転じた。字は翼三。.

新しい!!: 満州事変と張軫 · 続きを見る »

張鼓峰事件

張鼓峰事件(ちょうこほうじけん)は、1938年(昭和13年、康徳5年)の7月29日から8月11日にかけて、満州国東南端の張鼓峰で発生したソビエト連邦との国境紛争である。実質的には日本軍とソ連軍の戦闘であった。ソ連側は、これをハサン湖事件と呼んだ。.

新しい!!: 満州事変と張鼓峰事件 · 続きを見る »

張難先

張 難先(ちょう なんせん)は中華民国時代の政治家。中国国民党(国民政府)の政治家。名は輝灃、紹良であるが、一般に字の難先で知られる。号は義痴。.

新しい!!: 満州事変と張難先 · 続きを見る »

張氏帥府

張氏帥府(ちょうしすいふ)は中国東北部・遼寧省瀋陽市内(旧奉天)の中心部、瀋河区朝陽街にある奉天軍閥の総帥であり満州統治者である張作霖・張学良の官邸および私邸であった建物である。別名大帥府また少帥府とも呼ばれる。現在は一般公開されており、当時の貴重な文物を見ることが出来る。.

新しい!!: 満州事変と張氏帥府 · 続きを見る »

張済新

張 済新(ちょう さいしん)は中華民国の政治家・書家。北京政府に属する。旧名は鼎銘、字は庶詢劉国銘主編(2005)、1233頁。。.

新しい!!: 満州事変と張済新 · 続きを見る »

張海鵬

張 海鵬(ちょう かいほう)は中華民国・満州国の軍人。北京政府、奉天派に属し、後に満州国に参加した。字は仙濤。別名は連渓。綽名は張大麻子。.

新しい!!: 満州事変と張海鵬 · 続きを見る »

張文鑄

張 文鑄(ちょう ぶんちゅう、)は、中華民国・満州国の軍人。字は鼎元。布特哈総管管轄区(現在の黒竜江省訥河市)の人。.

新しい!!: 満州事変と張文鑄 · 続きを見る »

張景恵

張 景恵(ちょう けいけい、1871年(清同治10年) - 1959年11月1日)は中国の政治家・軍人。字は敘五。満州国国務総理大臣で、中華民国軍事参議院院長や実業総長などを歴任した。通称「豆腐総理」(実家が豆腐屋だったことによる)。.

新しい!!: 満州事変と張景恵 · 続きを見る »

休戦協定

休戦協定(きゅうせんきょうてい)あるいは停戦協定(ていせんきょうてい、Armistice)とは、戦争や武力紛争を行う双方の勢力が戦闘を停止するための協定。英語の "Armistice" は、ラテン語の arma(兵器)と stitium(停止)から来ている。.

新しい!!: 満州事変と休戦協定 · 続きを見る »

住友化学愛媛工場歴史資料館

住友化学愛媛工場歴史資料館(すみともかがくえひめこうじょうれきししりょうかん)は、愛媛県新居浜市の住友化学株式会社愛媛工場新居浜地区に隣接する資料館である。.

新しい!!: 満州事変と住友化学愛媛工場歴史資料館 · 続きを見る »

佐古丞

佐古 丞(さこ すすむ、1952年 - )は、日本の国際政治学者。大阪学院大学国際学部教授。専門は日本政治外交史、外交史。.

新しい!!: 満州事変と佐古丞 · 続きを見る »

佐世保鉄道

| 佐世保鉄道(させぼてつどう)は、大正時代から昭和時代初期にかけて現在の松浦鉄道西九州線の一部を建設・運営した鉄道会社である。.

新しい!!: 満州事変と佐世保鉄道 · 続きを見る »

佐々元十

佐々 元十(ささ げんじゅ、本名・佐々木高成、1900年1月14日 - 1959年7月7日)は、共産主義運動家。日本の映画監督。「玩具のカメラが武器になる」の名言を残した日本のプロレタリア映画の先駆者である岡田晋『日本映画の歴史』三一書房、1957年、150頁。.

新しい!!: 満州事変と佐々元十 · 続きを見る »

佐々木多門

佐々木 多門(ささき たもん、慶応2年(1866年)5月17日 - 昭和12年(1937年)12月3日は、日本の銀行家・経済学者。高橋是清と床次竹二郎の私設顧問を務める一方で、The Times東京通信員(1921年 - 1937年)として数多くの論説を執筆した。.

新しい!!: 満州事変と佐々木多門 · 続きを見る »

佐々木丙二

佐々木 丙二(ささき へいじ、1899年(明治32年)3月15日 - 1945年(昭和20年)9月1日)は、大日本帝国海軍の軍人。海軍兵学校48期。第32特別根拠地隊ザンボアンガ派遣隊長兼第33警備隊副長として戦病死。最終階級は海軍中佐。五・一五事件を契機に予備役に編入され、満州国軍政部に籍を置いた時期もあった。.

新しい!!: 満州事変と佐々木丙二 · 続きを見る »

佐藤尚武

佐藤 尚武(さとう なおたけ、1882年(明治15年)10月30日 - 1971年(昭和46年)12月18日)は、日本の外交官・政治家。林内閣で外務大臣、戦後には参議院議長等を歴任、第二次世界大戦末期のソ連対日参戦当時の駐ソビエト連邦大使でもあった。 1931年(昭和6年)、勲一等瑞宝章。1934年(昭和9年)、勲一等旭日大綬章、没後勲一等旭日桐花大綬章と従二位を追贈される。.

新しい!!: 満州事変と佐藤尚武 · 続きを見る »

佐藤幸徳

佐藤 幸徳(さとう こうとく、1893年(明治26年)3月5日 - 1959年(昭和34年)2月26日)は、日本の陸軍軍人。陸士25期、陸大33期、最終階級は陸軍中将。山形県出身。インパール作戦において師団の独断退却を行ったことで知られる。.

新しい!!: 満州事変と佐藤幸徳 · 続きを見る »

佐藤康宏

佐藤 康宏(さとう やすひろ、1955年1月17日 - )は、日本の美術史学者、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。日本美術史、特に近世絵画史が専門。.

新しい!!: 満州事変と佐藤康宏 · 続きを見る »

佐藤脩 (海軍軍人)

佐藤 脩(さとう おさむ、1886年(明治19年)12月5日 - 1974年(昭和49年)2月4日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将。日本海軍の中華民国専門家である。旧姓古川。.

新しい!!: 満州事変と佐藤脩 (海軍軍人) · 続きを見る »

佐野文子

佐野 文子(さの ふみこ、1893年〈明治26年〉12月 - 1978年〈昭和53年〉9月16日)は、日本の社会運動家、社会事業家。北海道旭川市で明治時代から昭和時代にかけて活動した人物であり、日本キリスト教婦人矯風会(以下、矯風会と略)旭川支部における戦前の廃娼運動、戦中の内閣総理大臣・東條英機の秘書としての活動などの戦争協力、戦後の保護司としての刑余者の援助活動などで知られる。旧姓は水津(すいつ)。島根県那賀郡浜田町(後の浜田市)出身、島根県立高等女学校(後の島根県立浜田高等学校)卒業。.

新しい!!: 満州事変と佐野文子 · 続きを見る »

影佐禎昭

影佐 禎昭(かげさ さだあき、明治26年(1893年)3月7日 - 昭和23年(1948年)9月10日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と影佐禎昭 · 続きを見る »

影を慕いて

『影を慕いて』 (かげをしたいて) は、1931年(昭和6年)1月に発表された古賀政男作詞・作曲の流行歌である。1932年(昭和7年)3月に藤山一郎の楽曲として発売されヒットした。.

新しい!!: 満州事変と影を慕いて · 続きを見る »

何応欽

何 応欽(か おうきん、1890年4月2日 - 1987年10月21日)は中華民国の軍人。字は敬之。貴州省興義府興義県出身。祖籍は江西省撫州府臨川県。 東京振武学校第11期、日本陸軍士官学校28期卒業。黔軍(貴州陸軍)出身で、後に孫文(孫中山)配下となり、国民革命軍創設に貢献した。孫死後はかねてから親しかった蒋介石を支え、その片腕と評されるまでになった。軍政部長を長期にわたり務め、日中戦争末期に連合国中国戦区陸軍総司令に就任、日本の降伏受諾任務にも携わる。しかし戦後は蒋との関係が悪化して一時冷遇され、国共内戦後半に復権して国防部長や行政院長も務めたが中国人民解放軍に敗北した。 青天白日勲章、勲一等旭日大綬章、バス勲章ナイト・コマンダー(KCB)受賞。.

新しい!!: 満州事変と何応欽 · 続きを見る »

何香凝

何 香凝(か こうぎょう)は、清末から中華民国、中華人民共和国の女性政治家・革命家・画家。中国同盟会以来の革命派人士で、夫の廖仲愷とともに中国国民党左派として知られる。旧名は諫。別名は瑞諫。室名に双清楼主。息子は廖承志、娘は廖夢醒で、いずれも中国共産党に属した。.

新しい!!: 満州事変と何香凝 · 続きを見る »

余漢謀

余 漢謀(よ かんぼう)は中華民国の軍人。粤軍(広東軍)出身の軍人で、国民革命軍に属した。字は幄奇。.

新しい!!: 満州事変と余漢謀 · 続きを見る »

侍従武官

侍従武官(じじゅうぶかん)とは、天皇に常時奉仕し軍事に関する奏上の伝達等に当たる武官のこと。.

新しい!!: 満州事変と侍従武官 · 続きを見る »

徐箴

徐 箴(じょ しん、、1899年(清光緒25年) - 1949年(民国38年)1月27日)は、中華民国の政治家・技術官僚。字は士達。盛京将軍管轄区奉天府興京庁の人。.

新しい!!: 満州事変と徐箴 · 続きを見る »

徐淑希

徐 淑希(じょ しゅくき)は、中華民国(台湾)の法学者・外交官。.

新しい!!: 満州事変と徐淑希 · 続きを見る »

御料車

御料車(ごりょうしゃ)は、日本の天皇および皇族が乗車するための車。「御料」とは、高貴な人の所有物・利用物の意。なお、他国の王室が使用する車両(公用車)に対してこの表記が使用される場合もある。.

新しい!!: 満州事変と御料車 · 続きを見る »

徳富蘇峰

徳富 蘇峰(とくとみ そほう、1863年3月14日(文久3年1月25日) - 1957年(昭和32年)11月2日)は、明治から昭和にかけての日本のジャーナリスト、思想家、歴史家、評論家。『國民新聞』を主宰し、大著『近世日本国民史』を著したことで知られる。 蘇峰は号で、本名は猪一郎(いいちろう)。字は正敬(しょうけい)。筆名は菅原 正敬(すがわら しょうけい)、大江 逸(おおえ いつ、逸郎とも)。雅号に山王草堂主人、頑蘇老人、蘇峰学人、銑研、桐庭、氷川子、青山仙客、伊豆山人など。生前自ら定めた戒名は百敗院泡沫頑蘇居士(ひゃぱいいんほうまつがんそこじ)。 小説家の徳冨蘆花は弟。.

新しい!!: 満州事変と徳富蘇峰 · 続きを見る »

徳川義親

徳川 義親(とくがわ よしちか/ぎしん、1886年10月5日 - 1976年9月6日)は、尾張徳川家第19代当主、政治家、植物学者、狩猟家。戦前の侯爵・貴族院議員で、第25軍軍政顧問。戦後は社会党を支援して党顧問となるが、公職追放を受けた。日ソ交流協会会長。戦前マレー半島で虎狩りをしたことから虎狩りの殿様として親しまれた。自伝に「最後の殿様」がある。.

新しい!!: 満州事変と徳川義親 · 続きを見る »

徳田秋声

徳田 秋声(德田 秋聲、とくだ しゅうせい、男性、1872年2月1日(明治4年12月23日) - 1943年(昭和18年)11月18日)は、石川県金沢市生まれの小説家である。本名は末雄(すえお)。.

新しい!!: 満州事変と徳田秋声 · 続きを見る »

従軍看護婦

従軍看護婦(じゅうぐんかんごふ)は、軍隊に随伴して野戦病院などに勤務して医療活動を行う女性看護師である。.

新しい!!: 満州事変と従軍看護婦 · 続きを見る »

従軍記章

従軍記章(じゅうぐんきしょう)は、日本が参戦した戦役・事変に関わった人物へ、これを顕彰するために日本国から贈られる記章である。欧米の“Campaign medal”に相当する。.

新しい!!: 満州事変と従軍記章 · 続きを見る »

忠実屋

株式会社 忠実屋(ちゅうじつや、)は、かつて首都圏を中心にスーパーマーケット等を展開していた日本の企業。 1994年3月1日、株式会社ダイエーに吸収合併され、消滅した。.

新しい!!: 満州事変と忠実屋 · 続きを見る »

忠霊塔

忠霊塔(ちゅうれいとう)とは、近代以降の日本において建造された、国家や君主ために忠義や忠誠をもって戦争に出兵し戦死した者の霊に対して、顕彰または称え続けることを象徴として表す塔である。.

新しい!!: 満州事変と忠霊塔 · 続きを見る »

信太山演習場

信太山演習場(しのだやまえんしゅうじょう)は、大阪府和泉市および一部が堺市にまたがり所在する陸上自衛隊の演習場。演習場を含むその一帯のことを信太山丘陵ともいう。.

新しい!!: 満州事変と信太山演習場 · 続きを見る »

土肥原賢二

土肥原 賢二(どいはら けんじ、明治16年(1883年)8月8日 - 昭和23年(1948年)12月23日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は大将。謀略部門のトップとして満州国建国及び華北分離工作に中心的役割を果たす。 極東国際軍事裁判(東京裁判)でA級戦犯となり死刑判決を受け処刑される。.

新しい!!: 満州事変と土肥原賢二 · 続きを見る »

在華紡

在華紡(ざいかぼう)とは、第二次世界大戦以前の中国において、日系資本によって経営された紡績業。.

新しい!!: 満州事変と在華紡 · 続きを見る »

在香港日本人

在香港日本人(ざいホンコンにほんじん)とは香港に居住する日本人である。 主として、ビジネスマンとその家族から成り立っているが、独身女性の数も多い。規模としては、アメリカ人やイギリス人、カナダ人に比して少ない。.

新しい!!: 満州事変と在香港日本人 · 続きを見る »

匪賊

匪賊(ひぞく)は、「集団をなして、掠奪・暴行などを行う賊徒」を指す言葉。「匪」「賊」とも否定的な価値判断を伴う文字であり、かれらと敵対する側、すなわち取り締まり側(体制側)・被害者側の視点からの他称である。日本では、特に近代中国における非正規武装集団を指す。.

新しい!!: 満州事変と匪賊 · 続きを見る »

北進論

北進論(ほくしんろん)とは、明治維新以降の日本で、「日本は北方地域へ進出すべきである」と唱えられていた対外論である。南進論と対をなす対外論である。北進論でいう「北方」とは、時代によって具体的にどの地域を指すのかは異なる。.

新しい!!: 満州事変と北進論 · 続きを見る »

北方領土問題

A.歯舞群島(歯舞諸島)、B.色丹島、C.国後島、D.択捉島1.色丹村、2.泊村、3.留夜別村、4.留別村、5.紗那村、6.蘂取村 C.国後島知床半島の中央部の知床峠から、約40㎞東に位置する国後島を望む。2009年10月撮影 北方領土問題(ほっぽうりょうどもんだい、Проблема принадлежности южных Курильских островов)は、北海道根室半島の沖合にあり、現在ロシア連邦が実効支配している択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の島々、すなわち北方領土に対して、日本が返還を求めている領土問題である。.

新しい!!: 満州事変と北方領土問題 · 続きを見る »

ミュージカル李香蘭

『ミュージカル李香蘭』(ミュージカルりこうらん)は、国際女優・山口淑子の半生に焦点をあてたミュージカル作品。史実を基にしているがフィクションである。浅利慶太の演出により劇団四季が断続的に上演している。原作は山口淑子と藤原作弥の共著による『李香蘭 私の半生』。劇団四季の昭和三部作と呼ばれる作品群の一つ(残り二作は『ミュージカル異国の丘』と『ミュージカル南十字星』)。 山口淑子は李香蘭の芸名を持ち、戦前は中国人と思われていた。第二次世界大戦の終結に伴い中華民国政府により漢奸裁判にかけられる。その顛末と戦争の歴史が同時進行で描かれてゆく。 1992年には中国、1997年にはシンガポールにて海外公演が行われた。 2015年には、浅利慶太プロデュース公演として上演。.

新しい!!: 満州事変とミュージカル李香蘭 · 続きを見る »

ミニヤコンカ

ミニヤコンカは中華人民共和国四川省カンゼ・チベット族自治州に位置する大雪山脈の最高峰。由来は、ミニヤ国の白い山という意味。中国語表記は貢山(日本では代用漢字で貢嗄山と表記することが多い、コンガ山、またはコンカ山)。標高7556m。冬虫夏草をはじめとした貴重な薬草の採集地として知られ、麓の倒栽沖には唐代に皇帝から「薬王」の名を授けられたという孫恩妙を祀る廟がある。 ヒマラヤ山脈の各峰の標高が正確に測定される前は、標高30250フィート(9220m)とされ、世界最高峰に位置づけられたこともあり、古くから登山の対象となっている。しかし、急峻なうえにピークが不明瞭で遭難者から「頂上に騙された」と評するほどの地形不明確な山頂、目まぐるしく変化する天候の為に登頂に成功した者は20名に満たず、世界でも屈指の難峰となっている。 1981年には北海道山岳連盟登山隊8名の滑落死事件があり、2011年現在、日本人海外遠征隊での最大の犠牲者数である(行方不明者を含めた場合1991年に雲南省の梅里雪山で11人の日本人が犠牲になっている)。 1982年には日本の登山隊2名が遭難し、その中の1人である松田宏也が19日後に奇跡的に生還した。 1990年代以降、山麓に位置する海螺溝氷河の周辺は自然保護区に指定され、観光地開発が進められている。.

新しい!!: 満州事変とミニヤコンカ · 続きを見る »

ノモンハン事件

ノモンハン事件(ノモンハンじけん)は、1939年(昭和14年)5月から同年9月にかけて、満州国とモンゴル人民共和国の間の国境線をめぐって発生した紛争のこと。1930年代に日本(大日本帝国)とソビエト連邦の間で断続的に発生した日ソ国境紛争(満蒙国境紛争)のひとつ。満州国軍とモンゴル人民共和国軍の衝突に端を発し、両国の後ろ盾となった大日本帝国陸軍とソビエト労農赤軍が戦闘を展開し、一連の日ソ国境紛争のなかでも最大規模の軍事衝突となった。.

新しい!!: 満州事変とノモンハン事件 · 続きを見る »

マックス・クラウゼン

ラウゼン マックス・クリスティアンゼン=クラウゼン(Max Christiansen-Clausen, 1946年まではマックス・ゴットフリート・フリードリヒ・クラウゼン(Max Gottfried Friedrich Clausen), 1899年2月27日 - 1979年9月15日)は、ドイツ人の無線技士、スパイ。太平洋戦争直前の日本に潜入し、リヒャルト・ゾルゲの下でソビエト連邦の赤軍参謀本部情報局(GRU)のスパイとして働いたことで知られる。.

新しい!!: 満州事変とマックス・クラウゼン · 続きを見る »

マスメディアの戦争責任

マスメディアの戦争責任(マスメディアのせんそうせきにん)とは、マスメディアが国民に事実を報道することを怠ったり、対外強硬論を助長する報道を行うことで、開戦に至ったり戦争の長期化を招くことに対する責任論である。.

新しい!!: 満州事変とマスメディアの戦争責任 · 続きを見る »

チムトシムベロ

チムトシムベロは、中華民国、満州国の政治家。モンゴル族。満州国では蒙政部大臣などをつとめた。字は克荘。.

新しい!!: 満州事変とチムトシムベロ · 続きを見る »

チベットの歴史

チベットの歴史(チベットのれきし)では、7世紀に吐蕃王朝によるチベット高原の統合に成立したチベットの、現代にいたるまでの歴史通史を概説する。.

新しい!!: 満州事変とチベットの歴史 · 続きを見る »

ハリマオ (映画)

『ハリマオ』は、1989年制作の日本映画。太平洋戦争中のマレー半島で活躍した“マレーの虎・ハリマオ”こと、谷豊を描いた映画。 キャッチコピーは「右の耳ならおかまだが、左の耳なら勇者の印。―見損なうな!俺がハリマオだ!」。耳の左右は谷が付けていたピアスの位置を表す。.

新しい!!: 満州事変とハリマオ (映画) · 続きを見る »

ハル・ノート

ハル・ノート(Hull note)は、太平洋戦争開戦直前の日米交渉において、1941年(昭和16年)11月26日(日本時間11月27日)にアメリカ側から日本側に提示された交渉文書である。交渉のアメリカ側の当事者であったコーデル・ハル国務長官の名前からこのように呼ばれている。正式には合衆国及日本国間協定ノ基礎概略(Outline of Proposed Basis for Agreement Between the United States and Japan)と称する。 冒頭に「厳秘 一時的且拘束力ナシ」(Strictly Confidential, Tentative and Without Commitment)という但し書きがあり、アメリカ政府の正式な提案ではなく、ハルの「覚書」という側面がある。日本で「ハル・ノート」という通称が用いられるようになった時期は明確ではないが、戦後の極東国際軍事裁判前後だと考えられる。アメリカでは1941年11月26日アメリカ提案、あるいは"Ten Points"とも呼ばれている。.

新しい!!: 満州事変とハル・ノート · 続きを見る »

ハルビン市

ハルビン市(ハルビンし、漢字表記:哈爾濱市、、満州語: 転写:halbin hoton、、、)は中華人民共和国黒竜江省に位置する副省級市。黒竜江省人民政府の所在地であり、黒竜江省の政治・経済の中心である。2015年時点での市区人口は約590万人の大都市である。市域全体の人口は約961.4万人。日本語ではハルピン市とも呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変とハルビン市 · 続きを見る »

ハンス・フォン・ゼークト

ヨハネス・フリードリヒ・レオポルト・フォン・ゼークト(Johannes Friedrich Leopold von Seeckt、1866年4月22日 - 1936年12月27日)はドイツの軍人。通称はハンス・フォン・ゼークト(Hans von Seeckt)。参謀総長や陸軍総司令官を務め、1920年代前半のヴァイマル共和国軍最大の実力者として「国家の中の国家」である軍の権威を確立した。最終階級は上級大将。.

新しい!!: 満州事変とハンス・フォン・ゼークト · 続きを見る »

ハーバート・ビックス

ハーバート・P・ビックス(Herbert P. Bix、1938年 - )は、アメリカの歴史学者。ニューヨーク州立大学ビンガムトン校名誉教授。元一橋大学大学院社会学研究科教授。.

新しい!!: 満州事変とハーバート・ビックス · 続きを見る »

ハーフンガー

ハーフンガー(中国語名「哈豊阿」又は「藤 續文」、(モンゴル語:),1908年3月8日 - 1970年11月29日)は、ホルチン左翼中旗生まれの内モンゴル人。モンゴル民族の合併統一を唱えた民族独立運動のリーダー。.

新しい!!: 満州事変とハーフンガー · 続きを見る »

バンク・オブ・アメリカ

バンク・オブ・アメリカ(Bank of America Corporation)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州のシャーロット市に本社を置く銀行である。バンカメリカやバンカメの略称で呼ばれることもあり、英語の略称はBofAである。ニューヨーク証券取引所上場企業()。なお、名称から「アメリカの中央銀行」と間違えられるが、中央銀行ではない。.

新しい!!: 満州事変とバンク・オブ・アメリカ · 続きを見る »

バーデン=バーデンの密約

バーデン.

新しい!!: 満州事変とバーデン=バーデンの密約 · 続きを見る »

バトマラプタン

バトマラプタン()は、中華民国・満州国の軍人・政治家。モンゴル族。.

新しい!!: 満州事変とバトマラプタン · 続きを見る »

バイカル・アムール鉄道

広義のシベリア鉄道の路線(赤)と、 バイカル・アムール鉄道(バム鉄道、緑) バイカル・アムール鉄道(バイカル・アムールてつどう、露:Байкало-Амурская магистраль)は、ロシア連邦東部のシベリア地方にある鉄道路線。略称バム鉄道(БАМ)。シベリア鉄道との分岐点イルクーツク州タイシェトからバイカル湖の北を通り、日本海沿岸のソビエツカヤ・ガバニへ至る約4,324kmを結ぶ正式な区間はレナ・ボストーチナ駅(ウスチ・クート)を起点としてコムソモリスク・ナ・アムーレ駅に至るまでの約3,075kmの区間。タイシェト駅~レナ・ボストーチナ駅間は正式にはの一部であり、コムソモリスク・ナ・アムーレ~ソビエツカヤ・ガバニ間はハバロフスク地方におけるシベリア鉄道の支線の一部である(杉内 信三・佐川 篤男・小泉 光市2005年「」(日本エネルギー経済研究所HP掲載)。。先に開業していたシベリア鉄道よりも600kmから700km北を並行するルートを進むため、第2シベリア鉄道とも呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変とバイカル・アムール鉄道 · 続きを見る »

メディア・リテラシー

メディア・リテラシー(media literacy)とは、世の中にある数え切れないほどの沢山の情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。「情報を評価・識別する能力」とも言え、カナダ・イギリスおよびオーストラリアでは、カリキュラムに取り入れるよう国の政府が指定している。アメリカ合衆国での扱いは、州によって異なる。アメリカ合衆国以外では、メディア・リテラシーが単に「メディア教育」と呼ばれることも多い。 「情報を処理する能力」や「情報を発信する能力」をメディア・リテラシーと呼んでいる場合もあるがこの項では主に、「情報を評価・識別する能力」「情報をクリティカル(批判的)に読み取る」という意味でのメディア・リテラシーについて記述する。 メディア・リテラシーで取り扱われるメディアには、公的機関やマスメディア(新聞、テレビ、ラジオ等)を始め、映画、音楽、書籍や雑誌等の出版物、インターネット、広告等、様々なものがあり、口コミ(口頭やブログ等)や各種の芸術等も含まれることがある。.

新しい!!: 満州事変とメディア・リテラシー · 続きを見る »

モ式小銃

モ式小銃(もしきしょうじゅう)とは、昭和13年(1938年)に日本陸軍がドイツから輸入したボルトアクション式小銃である。また中国大陸で日本軍が鹵獲したり製造したモーゼル式小銃もモ式小銃と呼ばれた。.

新しい!!: 満州事変とモ式小銃 · 続きを見る »

ラビンドラナート・タゴール

ラビンドラナート・タゴール(英語:Rabindranath Tagore、ベンガル語:ロビンドロナート・タクゥル রবীন্দ্রনাথ ঠাকুর、ヒンディー語:ラビーンドラナート・タークゥル रवीन्द्रनाथ ठाकुर(टगोर)、1861年5月7日 - 1941年8月7日)は、インドの詩人 、思想家。詩聖(グゥルゥデーウ गुरुदेव)として非常な尊敬を集めている。1913年には『ギーターンジャリ』によってノーベル文学賞を受賞した。これはアジア人に与えられた初のノーベル賞でもあった。 インド国歌及びバングラデシュ国歌の作詞・作曲者で、タゴール国際大学の設立者でもあった。.

新しい!!: 満州事変とラビンドラナート・タゴール · 続きを見る »

ラインホルド・ニーバー

ラインホルド・ニーバー(英語:Reinhold Niebuhr, 1892年6月21日 - 1971年6月1日)は、アメリカの自由主義神学者、政治や社会問題についてのコメンテーターである。1920年代に左派の牧師として登場し、1930年代には新正統主義へと立場を変え、どのように傲慢(英語:pride)の罪が悪をこの世に作りだすかを説明した。そして、キリスト教的リアリズムとして知られる神学に影響を受けた哲学的な考え方を作りだした。 ニーバーは、現実に取り組むことのない空想的な理想主義(ユートピアニズム)を非難し、1944年『光の子と闇の子』では以下のように書いている。 1945年以降、ニーバーのリアリズムは深化したとされ、結果としてソビエト連邦と対峙するアメリカの支援に彼を導いたとされる。 キリスト教的な教義と結びつけられた、外交問題についてのリアリズム及び近代的「正しい戦争」についての提言によって、長きにわたって社会的な影響力を保持した。ニーバーの、政治・宗教観は、多くのリベラルに影響を与え、「現実主義的な」対外政策を後押しすることとなった。アメリカの対外政策についての近年のリーダーたち、ジミー・カーター、マデレーン・オルブライト、ヒラリー・クリントン、ジョン・マケイン、バラク・オバマなどは、彼ら自身へのニーバーの重要性を認めている。.

新しい!!: 満州事変とラインホルド・ニーバー · 続きを見る »

ラジオ深夜便のコーナー一覧

ラジオ深夜便のコーナー一覧(ラジオしんやびんのコーナーいちらん)は、NHKのラジオ第1放送・FMラジオ放送・ラジオ国際放送で放送されている深夜放送番組内で行われているコーナーを示している。なお曜日は基本的に午前5時を基点とした放送上の曜日で記しており、午前0時をまたぐコーナーはそれぞれ実際には翌日の曜日であることを留意されたい。.

新しい!!: 満州事変とラジオ深夜便のコーナー一覧 · 続きを見る »

リマ

リマ()は、ペルー共和国の首都並びに政治、文化、金融、商業、工業の中心地である。人口約800万人で同共和国最大。南米有数の世界都市であり、2016年の近郊を含む都市圏人口は1,095万人であり、世界第29位である。チャラと呼ばれる海岸砂漠地帯に位置する。市街地は、植民地時代に建てられた建物が多く残るリマ・セントロ地区(1988年、ユネスコの世界遺産に登録)、それより海岸側の新市街(サン・イシドロ地区・ミラフローレス地区など三輪モトタクシー乗入れ禁止の端整で裕福な地域)、それらの新旧市街地を取り巻く複数の人口密集地域(第二次世界大戦後に発展)、以上の三つに分類できる。リマは1535年にインカ帝国を征服したスペイン人のコンキスタドール、フランシスコ・ピサロによって築かれた。リマの名前の由来は市内を流れるリマック川(río Rimacが訛ったもの)に由来すると言われているが、当初の名前は""(諸王の街)であった。.

新しい!!: 満州事変とリマ · 続きを見る »

リマ排日暴動事件

リマ排日暴動事件(リマはいにちぼうどうじけん)は、1940年5月13日にペルーのリマを中心に発生した、日系移民に対して行われた暴動、掠奪事件である。事件は、太平洋戦争終戦までの5年間、ペルーの日系移民にとって最悪の試練の期間の始まりとなった。事件の要因として、ペルー日系移民の都市集中とペルーへの同化に対する拒否感、その状況を受けてのペルー側の排日感情の高まりが挙げられる。.

新しい!!: 満州事変とリマ排日暴動事件 · 続きを見る »

リットン伯爵

ウンティ・オブ・ダービーにおけるリットン伯爵(Earl of Lytton, in the County of Derby)は、イギリスの伯爵位。連合王国貴族。1880年に、インドの総督を務めた政治家・外交官の第2代リットン男爵ロバート・ブルワー=リットンが叙位されたことに始まる。 初代伯は父親からカウンティ・オブ・ハートフォードにおけるネブワースのリットン男爵(Knebworth in the County of Hertford)の爵位を相続しており、また伯爵叙位の際にカウンティ・オブ・ハートフォードにおけるネブワース子爵(Viscount Knebworth, of Knebworth in the County of Hertford)にも叙されたため、リットン伯爵にはこの二つの連合王国貴族の爵位が付属する。伯位の法定推定相続人は、儀礼称号としてネブワース子爵と称する。.

新しい!!: 満州事変とリットン伯爵 · 続きを見る »

リットン調査団

リットン調査団(リットンちょうさだん、Lytton Commission)は、国際連盟によって満州事変や満州国の調査を命ぜられたイギリスの第2代リットン伯爵ヴィクター・ブルワー=リットンを団長とする国際連盟日支紛争調査委員会より出された調査団の通称である。.

新しい!!: 満州事変とリットン調査団 · 続きを見る »

リットン調査団 (お笑いコンビ)

リットン調査団(リットンちょうさだん)はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。.

新しい!!: 満州事変とリットン調査団 (お笑いコンビ) · 続きを見る »

リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー

リヒャルト・ニコラウス・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー(、1894年11月16日 - 1972年7月27日)は、クーデンホーフ家とカレルギー家が連携した伯爵一族クーデンホーフ=カレルギー家の人物で、東京生まれのオーストリアの国際的政治活動家。汎ヨーロッパ連合主宰者。日本人名の幼名を持ち、その名は、青山 栄次郎(あおやま えいじろう)。 汎ヨーロッパ主義(パン・ヨーロッパ主義)を提唱し、それは後世の欧州連合構想の先駆けとなった。そのため欧州連合の父の一人に数えられる。哲学の博士号があり、地政学に造詣が深く、ジャーナリストとしての顔も持つ。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの「歓喜の歌」がヨーロッパのシンボル「欧州の歌」に採択されたのはクーデンホーフ=カレルギーの提案による。多数の著作を残し、代表作は『パン・ヨーロッパ』(1923年)、『自由と人生』(1937年)など。.

新しい!!: 満州事変とリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー · 続きを見る »

リフレーション

リフレーション()とは、デフレーションから抜け出たが、本格的なインフレーションには達していない状態のこと。日本語では通貨再膨張とも訳される。あるいは正常と考えられる物価水準よりも低下している物価を引き上げて安定させ、不況を克服しようとする政策そのものをさすこともあり、統制インフレーションとも言う高橋泰蔵、増田四郎『体系経済学辞典』東洋経済新報社、1975年。リフレーション政策(リフレ政策)は後者を現象としてのリフレーションと区別して言う語。 いわゆるニューディール政策下において、1929年10月の物価水準回復を目ざした景気政策をさす語として1930年代にアメリカで作られ、その後諸国で取られた同種の政策までをさす語として定着した。.

新しい!!: 満州事変とリフレーション · 続きを見る »

ルノー FT-17 軽戦車

ルノー FT-17 軽戦車(ルノー FT-17 けいせんしゃ、ルノー FT モデル 1917年式)は、フランスのRenault S.A.)で開発された軽戦車である。 FTは、フランス語で「軽量」を表す「Faible Tonnage」の略であるとされることも多いが、実際にはそれ自体に意味はない、ルノー社内の識別記号であったらしい。ちなみにフランス語で軽戦車はChar legerと書く。.

新しい!!: 満州事変とルノー FT-17 軽戦車 · 続きを見る »

ルノーNC型戦車

ルノーNC型戦車(ルノーNCがたせんしゃ)は、戦間期のフランスで開発された戦車である。第一次世界大戦で登場したルノー FT-17 軽戦車の発展型で、本格的な量産は行われずに終わったが、後のルノー D1戦車の元となった。少数が海外に輸出され、特に日本では陸軍が約10輌を購入、満州事変で実戦投入された。.

新しい!!: 満州事変とルノーNC型戦車 · 続きを見る »

レッドクロス〜女たちの赤紙〜

『RED CROSS -女たちの赤紙-』(レッドクロス おんなたちのあかがみ)は、TBS開局60周年特別企画として制作された日本のテレビドラマ。2015年8月1日21:00 - 23:18と8月2日21:00 - 23:13に2夜連続放送された。主演は松嶋菜々子。視聴率は1日が8.2%、2日が10.7%であった(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)。 また、2016年2月にはDVDも発売される。 主人公は、第二次世界大戦中に戦場に赴いた従軍看護婦の女性で、満州事変から朝鮮戦争までの間の彼女の生き様を中心に描かれた。 ロケには島根県、雲南市、中野の里づくり委員会、笑んがわ市、奥出雲町、大井川鐵道、塩尻・木曾フィルムコミッションなどが協力している。そのほか、おもな協力地は以下の通り。.

新しい!!: 満州事変とレッドクロス〜女たちの赤紙〜 · 続きを見る »

レフ・シェストフ

レフ・シェストフ(Lev Isaakovich Shestov,Лев Исаакович Шестов、1866年2月12日(ユリウス暦1月31日)- 1938年11月19日)はロシア系ユダヤ人の哲学者。本名はレフ・イサコヴィッチ・シュワルツマン(Шварцман)。日本語ではドイツ語名Leo Schestowの影響から「レオ・シェストフ」とも表記される。.

新しい!!: 満州事変とレフ・シェストフ · 続きを見る »

ロマン・ロラン

マン・ロラン(Romain Rolland, 1866年1月29日 - 1944年12月30日)は、フランスの作家。 理想主義的ヒューマニズム、平和主義、反ファシズムを掲げて戦争反対を世界に叫び続け、国際的に多くの知友を持った。.

新しい!!: 満州事変とロマン・ロラン · 続きを見る »

ヴァレンティン・フョードロヴィチ・モロゾフ

ヴァレンティン・フョードロヴィチ・モロゾフ(、1911年3月1日 - 1999年1月23日)は、20世紀の日本で活躍した白系ロシア人の菓子職人、実業家。ロシアのシンビルスク近郊、チェレンガ出身。創業期の神戸モロゾフ製菓株式会社(後のモロゾフ株式会社)に勤務し同社の発展の基礎を築いたが経営陣と対立して袂を分かち、「コスモポリタン製菓」を設立。日本における高級チョコレート製造の先駆けとされる。バレンタイン・F・モロゾフ、バレンティン・F・モロゾフとも表記される。.

新しい!!: 満州事変とヴァレンティン・フョードロヴィチ・モロゾフ · 続きを見る »

ヴィクター・ブルワー=リットン

2代リットン伯爵ヴィクター・アレグザンダー・ジョージ・ロバート・ブルワー=リットン(Victor Alexander George Robert Bulwer-Lytton, 2nd Earl of Lytton、1876年8月9日 - 1947年10月25日)は、イギリスの政治家、インドの総督。日本では、満州事変の調査のため国際連盟が派遣したリットン調査団の団長を務めた「リットン卿」として知られる。.

新しい!!: 満州事変とヴィクター・ブルワー=リットン · 続きを見る »

ボフォース 37mm対戦車砲

ボフォース 37mm対戦車砲とは、1930年代初頭にスウェーデンのボフォース社が開発した対戦車砲。各国に輸出され、特に第二次世界大戦初期に活躍した。.

新しい!!: 満州事変とボフォース 37mm対戦車砲 · 続きを見る »

トマス・バティ

トマス・バティ(英語:Thomas Baty、1869年2月8日 - 1954年2月9日)は、イギリスの国際法学者である。.

新しい!!: 満州事変とトマス・バティ · 続きを見る »

トラウトマン和平工作

トラウトマン和平工作(トラウトマンわへいこうさく)とは、1937年(昭和12年)11月から1938年(昭和13年)1月16日までの期間にドイツの仲介で行われた、日本と中華民国国民政府間の和平交渉である。当時のオスカー・トラウトマン駐華ドイツ大使の名を取って、こう呼称される。 和平交渉の期間は、日中戦争(支那事変)時の上海陥落直前から南京陥落1ヶ月後の間にあたる。実際には7月に起こった蘆溝橋事件直後より和平の道は探られていたが、具体的な和平交渉が始まったのは、11月初旬である。.

新しい!!: 満州事変とトラウトマン和平工作 · 続きを見る »

トリアージ

救護訓練 トリアージ訓練(2007年9月2日撮影) トリアージ(triage トゥリヤージュ トゥリ(ー)アージュ、 トゥリ(ー)アージュ)とは、患者の重症度に基づいて、治療の優先度を決定して選別を行うこと。トリアージュとも言う。語源は「選別」を意味するフランス語の「triage」である。 救急事故現場において、患者の治療順位、救急搬送の順位、搬送先施設の決定などにおいて用いられる。識別救急(しきべつきゅうきゅう)とも称する。 トリアージはまた、病院の救命救急部門(ER)受付や、救急通報電話サービスでも行われている。.

新しい!!: 満州事変とトリアージ · 続きを見る »

トウ演達

鄧 演達(とう えんたつ)は、中華民国の軍人・政治家。国民政府(国民革命軍)の軍人で、粤軍(広東軍)の指揮官。中国国民党左派の要人で、後に中国国民党臨時行動委員会(第三党)を組織して、国民党・共産党の双方と異なる第三路線を標榜した。字は択生。.

新しい!!: 満州事変とトウ演達 · 続きを見る »

ヘンリー・スティムソン

ヘンリー・スティムソン(1929年に撮影) ヘンリー・ルイス・スティムソン(Henry Lewis Stimson, 1867年9月21日 - 1950年10月20日)は、陸軍長官、フィリピン総督および国務長官を務めたアメリカの政治家である。保守的な共和党員であり、ニューヨーク市の弁護士でもあった。 スティムソンは、ナチス党政権下のドイツに対する攻撃的な姿勢のために、陸軍とその一部である陸軍航空軍の責任者に選ばれ、第二次世界大戦期における民間人出身の陸軍長官として最もよく知られている。1,200万人の陸軍兵と航空兵の動員と訓練、国家工業生産の30%の物資の購買と戦場への輸送、日系人の強制収容の推進、また原子爆弾の製造と使用の決断を管理した。.

新しい!!: 満州事変とヘンリー・スティムソン · 続きを見る »

ヘイル・オブ・ブレッツ

ヘイル・オブ・ブレッツ (Hail of Bullets)は、オランダ・アメルスフォールト出身のデスメタルバンド。第二次世界大戦に関連する戦闘や国家・軍隊、軍人を主なテーマに扱った楽曲を発表している。.

新しい!!: 満州事変とヘイル・オブ・ブレッツ · 続きを見る »

ブラスバンド

ブラスバンド(またはブラス・バンド、brass band)は、狭義において金管楽器を主体として編成される楽団。吹奏楽団とは異なり、ブラスバンドは、一般に金管楽器群と打楽器群によって構成され、通常は木管楽器群や弦楽器群は含まない。ブラス (brass) は、金管楽器の主材料である黄銅(真鍮)の英称である。 日本においては、世間一般的な認識・用法として戦前からいわゆる吹奏楽団、特に学校や職場もしくは市民団体などのアマチュア吹奏楽団を指して「ブラスバンド」と言うことがあり、純然たるブラスバンド編成の団体名に金管バンドと謳うケースも見受けられる。ブラスバンドの盛んなイギリスでは吹奏楽はウィンド・バンド (wind band) として明確に区別されている。 この他、次のような楽団を指す時に用いられる。.

新しい!!: 満州事変とブラスバンド · 続きを見る »

プレスハム

プレスハムとは、日本の食肉加工品である。小片の畜肉を固めて作られる比較的安価な食肉加工品で、日本では1970年代以前の一時期、一般にハムといえばこれを指した。品質表示基準では「プレスハム類」として、「ハム類」とは区別される。.

新しい!!: 満州事変とプレスハム · 続きを見る »

テオドール・エードラー・フォン・レルヒ

テオドール・エードラー・フォン・レルヒ(, 1869年8月31日 - 1945年12月24日)は、オーストリア=ハンガリー帝国の軍人。最終階級は陸軍少将。 日本で初めて、本格的なスキー指導をおこなった人物である。訪日時は少佐で、少佐の時にスキーを日本に伝えたため、日本国内では一般的には「レルヒ少佐」と呼ばれる。後に中佐に昇格したあと日本各地を回ったため、北海道などでは「レルヒ中佐」と呼ばれる。 西ドイツで国防相、追放者・難民・戦災者相、ドイツ連邦議会議長を務めたカイ=ウヴェ・フォン・ハッセルは母方の甥にあたる。.

新しい!!: 満州事変とテオドール・エードラー・フォン・レルヒ · 続きを見る »

テキ文選

翟 文選(てき ぶんせん)は中華民国の政治家。北京政府、奉天派に属した。字は熙人。.

新しい!!: 満州事変とテキ文選 · 続きを見る »

デムチュクドンロブ

デムチュクドンロブ(モンゴル語: 転写:Demčugdongrub、キリル文字:Дэмчигдонров Demchigdonrov、1902年2月8日 - 1966年5月23日)は、南モンゴルの政治家。通称徳王(とくおう)。中国語における字は希賢。1930年代から日本軍に協力し、モンゴル人の自治政権蒙古聯合自治政府の主席を務めた。.

新しい!!: 満州事変とデムチュクドンロブ · 続きを見る »

フランク・ロス・マッコイ

フランク・ロス・マッコイ(Frank Ross McCoy, 1874年10月29日 - 1954年6月4日)は、アメリカ合衆国の軍人。アメリカ陸軍の将校として、米西戦争や第一次世界大戦期に従軍したほか、1923年の関東大震災では救援作戦の指揮を執り、1932年にはリットン調査団にアメリカ代表として参加した。1938年に陸軍を退役し、後に会長や極東委員会議長を務めた。.

新しい!!: 満州事変とフランク・ロス・マッコイ · 続きを見る »

フランシス・リンドリー

ー・フランシス・オズワルド・リンドリー(Francis Oswald Lindley、CC, CBE、KCMG、枢密顧問官、1872年6月12日 - 1950年8月17日): は英国の外交官。1931年から1934年まで、東京で駐日英国大使を務めた。.

新しい!!: 満州事変とフランシス・リンドリー · 続きを見る »

フルンボイル市

フルンボイル市(呼倫貝爾市,-し、慣用読み: ホロンバイル、Hūlúnbèi'ĕr、モンゴル語: Kölön Buyir qota)は中華人民共和国内モンゴル自治区北東部に位置する地級市。市名はモンゴル語で、地区に含まれる湖であるフルン湖(呼倫湖)とボイル湖(貝爾湖)に因む。東西 630 キロメートル、南北 700 キロメートル、総面積 253,000 平方キロメートルで、山東省、江蘇省の面積の総和より大きい。人口約 2,650,000 人。.

新しい!!: 満州事変とフルンボイル市 · 続きを見る »

フレデリック・スタール

フレデリック・スタール (Frederick Starr、1858年9月2日 – 1933年8月14日) アメリカの人類学者であり、日本では「お札博士」として知られた人物である。また、松浦武四郎の最初の伝記執筆者であり、土俗玩具の収集家でもあった。著者名として冨禮傳陸久、壽多有の表記を用いたことがある。.

新しい!!: 満州事変とフレデリック・スタール · 続きを見る »

ファシズム

ベニート・ムッソリーニ ファシズム(fascismo fascism)あるいは結束主義(けっそくしゅぎ) 五来欣造 1933年7月12日とは、イタリアのベニート・ムッソリーニと彼が率いた国家ファシスト党が提唱した思想や政治運動、および1922年から1943年までの政権時に行った実践や体制の総称である「(1)狭義では、イタリアのファシスト党の運動、並びに同党が権力を握っていた時期の政治的理念およびその体制。(2)広義では、イタリア-ファシズムと共通の本質をもつ傾向・運動・支配体制。(以下略)」(広辞苑第四版)。広義にはドイツのナチズムなど、独裁的な権力、反抗の弾圧と産業と商取引の制御のような類似の思想・運動・体制も含めて「ファシズム」と呼ばれる場合も多いが、その範囲は多数の議論がある(詳細は用語、定義等を参照)。.

新しい!!: 満州事変とファシズム · 続きを見る »

ファシズム批判

戦前日本の右翼・軍部・ファシズム勢力(日本ファシズム)の台頭、社会支配、戦争突入に対して、知識人はいかに抵抗、批判したか、を記述対象とする。ファシズムの分析については「ファシズム」を参照。ファシズムへの世界的な抵抗については、「反ファシズム」を参照。.

新しい!!: 満州事変とファシズム批判 · 続きを見る »

ドルニエ Do.N

ドルニエDo.Nは、第二次世界大戦前の日本陸軍の爆撃機である。設計・試作機製造はドルニエ、量産は川崎で行われた。.

新しい!!: 満州事変とドルニエ Do.N · 続きを見る »

ニホンイタチ

ニホンイタチ(日本鼬、Japanese Weasel、学名:Mustela itatsi)は、ネコ目イタチ科イタチ亜科イタチ属に分類される日本固有種のイタチである(→写真1、写真2)。Christopher Wozencraft (1993) は本種をチョウセンイタチの亜種としている。近年ではDNAレベルでの比較が可能になり、別種と判明した。.

新しい!!: 満州事変とニホンイタチ · 続きを見る »

ホンドテン

ホンドテン(青森県八甲田、2006年) ホンドテン(Martes melampus melampus)は、ネコ目イタチ科イタチ亜科テン属に分類される哺乳類である。 躯体の毛色により、黄色い個体はキテン(黄貂『野生動物調査痕跡学図鑑』(p377)より。)、褐色の個体はスステンと呼ばれる『日本の哺乳類 改訂2版』(p80)より。。.

新しい!!: 満州事変とホンドテン · 続きを見る »

ホウ炳勲

龐 炳勲(ほう へいくん)は中華民国の軍人。北京政府の直隷派、国民軍の軍人で、後に国民政府(国民革命軍)に属した。日中戦争中は一時的ながら南京国民政府(汪兆銘政権)に属している。字は更陳、更臣、更新。.

新しい!!: 満州事変とホウ炳勲 · 続きを見る »

ダライ・ラマ13世

ダライ・ラマ13世(1876年2月12日 - 1933年12月17日)は、第13代のダライ・ラマ。法名をトゥプテン・ギャツォと言う。1878年に、ダライラマの生まれ変わりと認定された。 当時のチベットは大清帝国と大英帝国とロシア帝国の渦中に巻き込まれていた。後年フィンランド大統領となるカール・グスタフ・エミール・マンネルヘイムは、モンゴルへの旅の途中で13世に謁見しているが、その際13世はイギリスに対して懐疑的な一方でロシアへの関係樹立には興味を示していたという。しかし1904年にイギリスは軍隊を派遣して、チベットの中心都市ラサに駐留。ラサ条約に調印するが、清がチベットへの主権を主張して対立。13世は北京に避難し清朝廷の庇護下に入るが、1908年にラサへ帰還した。 1910年に今度は清軍が、イギリスの影響を排除するためとしてチベットに侵攻。13世はシッキム、ネパールと転々としインドに向かった。清は13世の廃位を宣言するが、1911年の辛亥革命により清は滅亡。しかしその後も清軍の勢力が残り、チベットの民族政権が清軍を駆逐するには1912年までかかった。清に代わった中華民国は13世の地位を保証したため、1913年1月にラサへ帰還。1914年に英国とシムラ条約と締結する一方で、インド亡命中から近代化に着手した。欧米の議院内閣制に倣ってカシャグ(民会)を基盤として大臣を選出するシステムを確立し、郵便切手や紙幣の発行・西洋式病院の設置などを行った。また今日広く使われているチベット旗を正式に定めている。.

新しい!!: 満州事変とダライ・ラマ13世 · 続きを見る »

刀工

刀鍛冶 刀鍛冶 刀鍛冶 刀鍛冶 刀工(とうこう)は、刀剣、特に日本刀を作る職人のことである。鍛冶の技術を用いる事から、鍛人(かぬち)、鍛師(かなち)、刀鍛冶(かたなかじ)、刀匠(とうしょう)、刀師(かたなし)などとも呼ばれる。 刀剣を製造(鍛造)することを鍛刀(たんとう)といい、鍛刀される場所・地域を鍛刀地(たんとうち)という。 また、鍛刀地および鍛刀技術や特徴を同じくするものを刀派(とうは)、流派(りゅうは)、刀工群(とうこうぐん)、刀工集団(とうこうしゅうだん)と呼ぶ刀工群・刀工集団は同一鍛刀地の刀工を指し、刀派・流派はそれに加えて同一鍛刀地の刀工の技術・特徴も含む呼び方である。。.

新しい!!: 満州事変と刀工 · 続きを見る »

周保中

延吉の周保中、1946年8月 周 保中(しゅう ほちゅう、1902年 - 1964年2月2日)は、中華人民共和国の軍人、政治家。ペー族(白族)。建国前は金日成や崔庸健など朝鮮人の抗日パルチザンも所属した東北抗日聯軍の第二路軍総司令として活動し、東北抗日聯軍が赤軍(ソ連軍)の第88独立狙撃旅団に組織構造ごと引き継がれた際は旅団長となり、ソ連軍の満州侵攻後はソ連軍の長春衛戌副司令官人民網2013年5月14日となる。国共内戦では東北人民解放軍の副司令官として活動する。中華人民共和国建国後、雲南省人民政府副主席、中国共産党中央委員会候補委員などを歴任する。.

新しい!!: 満州事変と周保中 · 続きを見る »

周コウ生

周 鯁生(しゅう こうせい)は中華民国・中華人民共和国の国際法学者・外交史家・教育者。武漢大学で主に学術活動に従事し、リットン調査団の報告書を厳しく批判したことでも知られる。晩年には中国共産党に加入した。旧名は覧。.

新しい!!: 満州事変と周コウ生 · 続きを見る »

呂栄寰

呂 栄寰(りょ えいかん)は中華民国、満州国の政治家。北京政府、奉天派に属し後に満州国要人となった。字は維東。.

新しい!!: 満州事変と呂栄寰 · 続きを見る »

呉奇偉

呉 奇偉(ご きい、)は、中華民国の軍人。広東軍(粤軍)出身の軍人で、後に国民革命軍に属した。粤軍では張発奎の腹心として知られる。字は晴雲。別号は梧生。.

新しい!!: 満州事変と呉奇偉 · 続きを見る »

呉光心

呉 光心(오광심、オ・クワンシム、1910年3月15日 - 1976年4月7日)は韓国の女性独立運動家。 平安北道出身。中国満洲に移住して成長し、二度の結婚をした。동명学校教員で働いて朝鮮革命団に加わり、満州事変以後同じ동명学校教師であった再婚相手が転勤を行ううちに동명学校校長金学奎と共に家を発って、専門独立運動家になって1939年には青年工作隊を組織した。翌年には光復軍創設に関与し、以後日本軍を脱営した学徒兵の光復軍加担を積極推進した。 1945年解放後には동명学校教師時代から恋人で独立運動家金学奎とともに上海市駐在韓国人の帰国を助け、以後咸陽市等地で活動し1948年4月に帰国して金学奎と三回目の結婚をした。 死亡後の1977年に建国勲章独立章が追贈された。.

新しい!!: 満州事変と呉光心 · 続きを見る »

呉鼎昌

呉 鼎昌(ご ていしょう)は清末、中華民国の政治家・銀行家・実業家・ジャーナリスト。北京政府時代は金融の専門家として銀行業界の有力者となり、また『大公報』の経営者・論説執筆者としてジャーナリズム界にも影響力を伸ばした。国民政府に転じてからも、引き続きこれらの業界や政界で重要な地位を得ている。字は達銓。祖籍は浙江省湖州府烏程県。.

新しい!!: 満州事変と呉鼎昌 · 続きを見る »

呉鉄城

呉 鉄城(ご てつじょう)は中華民国の政治家・軍人。中国同盟会以来の革命派人士で、後に中国国民党、国民政府でも要職をつとめた。一般に国民党右派とみなされる。祖籍は広東省広州府香山県。.

新しい!!: 満州事変と呉鉄城 · 続きを見る »

呉江区

呉江区(ごこう-く)は中華人民共和国江蘇省蘇州市に位置する市轄区。.

新しい!!: 満州事変と呉江区 · 続きを見る »

呉敬恒

呉 敬恒(ご けいこう)または呉 稚暉(ご ちき)は、清末・中華民国の革命家・政治家・教育者・言語学者。中国同盟会以来の革命派人士で、中国国民党の反共右派として知られる。 名の敬恒、字の稚暉のいずれも使われることが多いが、本稿では名の敬恒を便宜的に使用する。旧名は朓。晩号は朏盦。.

新しい!!: 満州事変と呉敬恒 · 続きを見る »

和田勁

和田 勁(わだ けい、1895年(明治28年)10月31日 - 1958年(昭和33年)9月3日)は、日本の陸軍軍人。甘粕正彦とともに関東軍外部から満州事変に関与したのち、満州国で活動し、満州国陸軍中将、満州国協和会監査部長、東亜連盟同志会代表などを務めた。石原莞爾の片腕といわれていた人物である。.

新しい!!: 満州事変と和田勁 · 続きを見る »

わらわし隊

わらわし隊は、吉本興業(吉本興業部)が朝日新聞社と共同で、日中戦争勃発後中国大陸に派遣された兵士を慰問するために結成した演芸派遣団、慰問団。当時の帝国陸軍・海軍の戦闘機部隊の愛称であった「荒鷲隊(あらわしたい)」をもじって「わらわし隊」と名づけられた。陸軍恤兵部が派遣の担当を行い大規模な慰問団として華々しく宣伝された。.

新しい!!: 満州事変とわらわし隊 · 続きを見る »

アメリカの鏡・日本

『アメリカの鏡・日本』(あめりかのかがみ・にほん)は、アメリカ人女性学者ヘレン・ミアーズ(Helen Mears、1900年(明治33年)-1989年(平成元年))の著書の邦題である。原題はMirror for Americans: JAPANである。.

新しい!!: 満州事変とアメリカの鏡・日本 · 続きを見る »

アメリカひじき

『アメリカひじき』(あめりかひじき)は、野坂昭如の短編小説。野坂自身の戦後の焼跡闇市体験を題材にした作品である。少年時代に敗戦を経験した男が、妻がハワイ旅行中に知り合った初老のアメリカ人夫婦を自宅に招くことになり、敗戦直後の占領軍に対する一種のコンプレックスを呼び覚まされる物語。ひもじさで米軍捕虜の補給物資をくすねたブラックティー(紅茶の葉)を「アメリカのひじき」だと勘違いして食べた惨めで恥ずかしい思い出や、ポン引きまがいの闇市体験が、22年後の時点のアメリカ人への複雑な心理と重なる様を、独特の関西弁を生かした文体で描いている。『火垂るの墓』で死んでしまった清太の「戦後社会を生き抜いた場合のパラレルワールド」的その後にあたる。.

新しい!!: 満州事変とアメリカひじき · 続きを見る »

アメリカ合衆国の外交政策

アメリカ合衆国の外交政策(アメリカがっしゅうこくのがいこうせいさく)とは、「アメリカ合衆国が諸外国といかに付き合うか」という基本方針のことであり、アメリカの組織、企業、個人の対応の基準を設定するものである。アメリカの影響力は15兆ドルに上る経済、世界の約4分の1を占めるGDP、世界の約43%を占める7110億ドルの国防費によって裏付けられている。 アメリカ合衆国国務省とは諸外国における外務省、国務長官とは諸外国における外務大臣のことであり、安全保障に関わる戦略の選択や国益の定義などその目標を達成する外交政策に関する究極の権限は大統領が保持しているが、国家同士の外交に従事する。 現在のアメリカ合衆国国務長官は、マイク・ポンペオ(第70代、2018年4月26日 - )である。 公式に述べられているアメリカの外交政策の目標は、国務省の外交政策議題で言及されているように、「アメリカの人々や世界の共同体の人々の利益のために、より安全で民主主義的な繁栄した世界を作り出すこと」である。さらに、アメリカ合衆国下院外交委員会もその権限の目標のいくつかは「原子力技術と原子力のハードウェアの拡散防止を含む輸出の規制、海外におけるアメリカ企業の経済交流の促進と活動の保護、国際商品協定、国際的な教育、そして海外に渡航し、国外に居住するアメリカ市民の保護」であると述べている。アメリカの外交政策と海外支援は国内外で多くの議論、賞賛と批判の対象になっている。 2010年のウィキリークスの活動がアメリカの諸外国との関係が傷つけたかどうかを尋ねられたロバート・ゲーツ元国防長官は、「諸外国の政府がアメリカと付き合うのは彼らが関心を抱いているからであり、彼らが我々を好むからではなく、彼らが我々を信頼しているからではないし、我々が彼らの秘密を守ることができると信じているからでもない」と述べた。.

新しい!!: 満州事変とアメリカ合衆国の外交政策 · 続きを見る »

アメリカ本土攻撃

アメリカ本土攻撃(アメリカほんどこうげき)は、太平洋戦争において大日本帝国軍によって実施及び計画されたアメリカ合衆国およびカナダ本土各地への攻撃である。.

新しい!!: 満州事変とアメリカ本土攻撃 · 続きを見る »

アーサー・チン

アーサー・ティエン・チン(Arthur "Art" Chin、中国名:陳瑞鈿(ちん ずいでん)、1913年10月23日 - 1997年9月3日)は中国系アメリカ人で、日中戦争に参加しエース・パイロットとなった。最終階級は少佐。撃墜数8.5機。.

新しい!!: 満州事変とアーサー・チン · 続きを見る »

アドルフ・ヒトラー

アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler, 1889年4月20日 - 1945年4月30日)は、ドイツの政治家。ドイツ国首相、および国家元首であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。 1933年に首相に指名され、1年程度で指導者原理に基づく党と指導者による独裁指導体制を築いたため、独裁者の典型とされる。その冒険的な外交政策はドイツを第二次世界大戦へと導くことになった。また、ユダヤ人などに対する組織的な大虐殺「ホロコースト」を主導したことでも知られる。敗戦を目の前にした1945年4月30日、自ら命を絶った。.

新しい!!: 満州事変とアドルフ・ヒトラー · 続きを見る »

アイラトビカズラ

アイラトビカズラ(相良飛び葛、学名:Mucuna sempervirens)は、マメ科トビカズラ属に分類される常緑つる性植物。熱帯性のものである。巨大な花房をつけるのでよく目立つ。日本の熊本県山鹿市菊鹿町相良のアイラトビカズラは樹齢千年とも言われ、1940年(昭和15年)に国の天然記念物に指定され、1952年(昭和27年)に特別天然記念物に格上げされた。さらに1976年(昭和51年)には指定エリアが拡大され、保護されている。指定名称は相良のアイラトビカズラ。.

新しい!!: 満州事変とアイラトビカズラ · 続きを見る »

アジアの紛争一覧

これはアジアの戦争と紛争の一覧であり、特に東アジア、南アジア、東南アジア及びロシアの紛争について掲載している。南西アジアの紛争のリストは中東の現代の紛争一覧を参照。.

新しい!!: 満州事変とアジアの紛争一覧 · 続きを見る »

アジア主義

アジア主義(アジアしゅぎ)、または汎アジア主義(はんアジアしゅぎ、)とは、日本と他のアジア諸邦の関係や、アジアの在り方についての思想ないし運動の総称である。19世紀後半に活発となった欧米列強のアジア侵出に対抗する方策として展開された。.

新しい!!: 満州事変とアジア主義 · 続きを見る »

アジア・太平洋戦争

アジア・太平洋戦争(アジア・たいへいようせんそう)は、1941年12月8日から1945年8月15日にかけて大日本帝国が遂行した戦争の呼称。「太平洋戦争」や「大東亜戦争」に代わる呼称として提唱された。この項目では「アジア・太平洋戦争」(アジア太平洋戦争)という呼称に関する議論について記述する。戦争の経過や使用兵器・人物などに関しては「太平洋戦争」を参照。また、呼称に関する議論については「支那事変」「大東亜戦争」も参照。.

新しい!!: 満州事変とアジア・太平洋戦争 · 続きを見る »

アジア・モンロー主義

アジア・モンロー主義(あじあ・もんろーしゅぎ)とは、アジア主義の一種。モンロー主義のように、アジアにおける排他的な覇権(自給自足圏)を確立することによって、大日本帝国の自立を図ろうとするものを指す。東亜新秩序・大東亜共栄圏の基礎となった。東洋モンロー主義、東亜モンロー主義、極東モンロー主義、日本モンロー主義とも呼ばれる。 1898年11月、近衛篤麿が「亜細亜のモンロー主義」を打ち出したことが始まりとされる。第一次世界大戦後のパリ講和会議で人種平等法案が否決され、さらに1924年(大正13年)に排日移民法案がアメリカ議会を通過すると、日本国内には「アジア同盟で米英に対処すべし」との考えが生まれ高まった。1924年11月28日には、孫文が神戸で「大亜細亜主義」の講義を行い、新しい展開が生まれ、イギリスのインドへの圧政とインド人への同情とその後の国際的孤立、欧米列強のブロック経済による経済的圧迫が日本に大アジア主義的思想を育て、それが明治以来のアジア主義や南進論とも重なり、「アジア・モンロー主義」が誕生した。 満洲事変以降、ワシントン体制に対抗する論理として本格的な展開を見せる。1934年4月、外務省情報部長であった天羽英二の非公式談話(天羽声明)は、欧米から「アジア・モンロー主義宣言」とみなされ、非難された。.

新しい!!: 満州事変とアジア・モンロー主義 · 続きを見る »

アサルトライフル

アサルトライフル(assault rifle)は、実用的な全自動射撃能力を持つ自動小銃のことである。従来の小銃弾(フルサイズ弾従来の小銃で使用されていた7.62mm弾や7.92mm弾のこと。英語ではfull power cartridgesなどと表現される。単射での狙撃を前提に使用されていた弾薬なので、小銃で全射撃をすると反動が過大で実用性が低かった。フルサイズの弾薬で効果的な全自動射撃を行うには、二脚や三脚で地面などに委託して反動を抑えることができる大型の機関銃が必要だった。)より反動の弱い弾薬(中間弾薬)を用いることで全自動射撃を容易にしているものが多い。 一方で、M14小銃のようにフルサイズ弾を使用する自動小銃は全自動射撃に向いていないため、バトルライフルなどと呼ばれて区別される場合もあるM14のような西側戦後第一世代の自動小銃は、NATO諸国の弾薬の共通化を目指すアメリカの意向でフルサイズ小銃弾である7.62mmNATO弾を使用しており、実用的な全自動射撃能力が難しい傾向がある。。 現在の軍隊ではアサルトライフルが最も一般的な銃器となっており、旧世代にあたるものならば発展途上国や武装勢力にもよく普及している。 日本語では突撃銃と訳される。自衛隊が配備している火器の中では89式5.56mm小銃がアサルトライフルに該当する。.

新しい!!: 満州事変とアサルトライフル · 続きを見る »

イタイイタイ病

イタイイタイ病(イタイイタイびょう)とは、岐阜県の三井金属鉱業神岡事業所(神岡鉱山)による鉱山の製錬に伴う未処理廃水により、神通川下流域の富山県で発生した公害で、日本初の公害病で四大公害病の一つである。略してイ病ともいう。日本語の音を写した “Itai-itai disease” として『オックスフォード英語辞典』など世界の多くの辞書に記載され、そのまま英語になっている。.

新しい!!: 満州事変とイタイイタイ病 · 続きを見る »

ウーズレー装甲自動車

ウーズレー装甲自動車(ウーズレーそうこうじどうしゃ)とは、1928年(昭和3年)に採用された、大日本帝国陸軍の装輪装甲車である。東京石川島造船所の自動車部門(後に自動車工業株式会社として独立、現在のいすゞ自動車)が、ライセンス生産中だったウーズレーCP型トラックをベース車体として製造した。簡易装甲自動車とも呼ばれる。また、東京石川島造船所での型式名はARMと称した。.

新しい!!: 満州事変とウーズレー装甲自動車 · 続きを見る »

ウィンストン・チャーチル

ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチル(Sir Winston Leonard Spencer-Churchill, 、1874年11月30日 - 1965年1月24日)は、イギリスの政治家、軍人、作家。.

新しい!!: 満州事変とウィンストン・チャーチル · 続きを見る »

エリック・リデル

リック・リデル (Eric Henry Liddell、1902年1月16日 - 1945年2月21日)は、イギリスの元陸上競技選手である。1924年パリオリンピックに出場し、男子400mで金メダルを獲得した。その後彼はプロテスタントの宣教師として中国に渡る。彼の活躍は映画「炎のランナー」に描写された。.

新しい!!: 満州事変とエリック・リデル · 続きを見る »

エドガー・スノー

ドガー・スノー(Edgar Snow、1905年7月17日 - 1972年2月15日)はアメリカのジャーナリスト。中国大陸の近代事情、特に親しかった中国共産党に関する作品『中国の赤い星』により著名である。.

新しい!!: 満州事変とエドガー・スノー · 続きを見る »

オルドス市

ルドス市(オルドスし、モンゴル語:、 Ordos qota、中国語:鄂尔多斯市、英語:Ordos)は中華人民共和国内モンゴル自治区西南部に位置する地級市。黄河が北に大きく屈曲した地点にあたるオルドス高原に位置する。2002年2月26日、伊克昭(イフ・ジョー)盟から市となった。.

新しい!!: 満州事変とオルドス市 · 続きを見る »

オーガスタ (重巡洋艦)

ーガスタ (USS Augusta, CL/CA-31) は、アメリカ海軍の重巡洋艦。ノーザンプトン級重巡洋艦の6番艦。艦名についてはジョージア州オーガスタまたはメイン州オーガスタのどちらが由来かという点で論争がある。「The Dictionary of American Naval Fighting Ships」によるとジョージア州オーガスタが由来とされる。その名を持つ艦としては4隻目。第二次世界大戦中、太平洋戦線に出動しなかったアメリカ海軍の大型艦の一隻。.

新しい!!: 満州事変とオーガスタ (重巡洋艦) · 続きを見る »

カンジュルジャブ

ンジュルジャブ(漢字:甘珠爾扎布、中国語名:韓紹約、1903年 - 1971年)は、モンゴル族出身の満州国軍の軍人である。満州事変の際に内蒙古自治軍を組織し、満州国建国後は興安軍の中心的人物となった。一時期、川島芳子と結婚していたことがある。最終階級は陸軍中将。カナ表記はカンジュルジャップとも。.

新しい!!: 満州事変とカンジュルジャブ · 続きを見る »

ガス圧作動方式

圧作動方式(ガスあつさどうほうしき)とは、弾薬の発砲時に発生する燃焼ガスの圧力を利用し遊底を後退させる自動装填式銃器の作動方式の一形態である。 自動装填式作動方式の中では比較的高威力の弾薬に対応できる構造を持ち、主に機関銃、自動小銃、自動拳銃等に採用されている。.

新しい!!: 満州事変とガス圧作動方式 · 続きを見る »

ケイ士廉

邢 士廉(けい しれん)は中華民国、満州国の軍人。北京政府、奉天派の軍人で、後に満州国に属した。字は隅三。.

新しい!!: 満州事変とケイ士廉 · 続きを見る »

コミンテルンの年表

ミンテルンの年表では、コミンテルンの歴史に関わる出来事を示す。.

新しい!!: 満州事変とコミンテルンの年表 · 続きを見る »

コミック昭和史

『コミック昭和史』(コミックしょうわし)は、水木しげるによる日本の漫画作品。単に『昭和史』と表記されることもある。.

新しい!!: 満州事変とコミック昭和史 · 続きを見る »

コニー・マック

ニー・マック(Connie Mack)こと、コーネリアス・アレクサンダー・マギリカディ・シニア(Cornelius Alexander McGillicuddy, Sr., 1862年12月22日 - 1956年2月8日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州イーストブルックフィールド出身の元プロ野球選手(捕手)・監督。ニックネームは「The Tall Tactician」(ザ・トール・タクティシャン)。 MLBのパイレーツで3年、アスレチックスで50年と、計53年間にわたって監督として指揮をとった。.

新しい!!: 満州事変とコニー・マック · 続きを見る »

ゴーストップ事件

ーストップ事件(ゴーストップじけん)は、1933年(昭和8年)に大阪府大阪市北区の天六交叉点で起きた陸軍兵と巡査の喧嘩、およびそれに端を発する陸軍と警察の大規模な対立。「ゴーストップ」とは信号機を指す。別名は天六事件、進止事件。 満州事変後の大陸での戦争中に起こったこの事件は、軍部が法律を超えて動き、政軍関係がきかなくなるきっかけの一つとなった。.

新しい!!: 満州事変とゴーストップ事件 · 続きを見る »

ザバイカル軍管区

バイカル軍管区(Забайкальский военный округ)はソ連地上軍、およびロシア陸軍の軍管区。1935年5月17日に編成され、ブリヤート共和国、チタ州、サハ共和国を含み、チタに本部がおかれていた。最終的に1998年12月1日に解散となり、シベリア軍管区に編入され、シベリア軍管区の本部はチタとなった。.

新しい!!: 満州事変とザバイカル軍管区 · 続きを見る »

シーメンス

単体:44,814名(2008年6月30日現在) |決算期.

新しい!!: 満州事変とシーメンス · 続きを見る »

シーメンス事件

ーメンス事件(シーメンスじけん)は、ドイツのシーメンスによる日本海軍高官への贈賄事件である。ヴィッカースへの巡洋戦艦「金剛」発注にまつわる贈賄も絡んで、当時の政界を巻き込む一大疑獄事件に発展した。1914年(大正3年)1月に発覚し同年3月には海軍長老の山本権兵衛を首班とする第1次山本内閣が内閣総辞職にまで追い込まれた。.

新しい!!: 満州事変とシーメンス事件 · 続きを見る »

ジョン・カーティン

ョン・ジョゼフ・カーティン(John Joseph Curtin、1885年1月8日 - 1945年7月5日)はオーストラリアの政治家。第14代首相。太平洋戦争(大東亜戦争)時の首相。.

新しい!!: 満州事変とジョン・カーティン · 続きを見る »

ジョンジュルジャブ

ョンジュルジャブ(漢字:正珠爾扎布、1906年 - 1967年11月)は、満州国軍の軍人。モンゴル人。満蒙独立運動で戦死したバボージャブの三男で、日本で教育を受けたのち軍人となる。1945年8月のソ連参戦後、ハイラル市郊外で叛乱を起こし日系軍官を多数殺害した。最終階級は陸軍少将。日本名は“川島成信”、“田中正”。ジョンジュルジャップとも。.

新しい!!: 満州事変とジョンジュルジャブ · 続きを見る »

ジョセフ・アヴェノル

ョセフ・ルイ・アン・アヴェノル(Joseph Louis Anne Avenol、1879年6月9日 - 1952年9月2日)は、フランスの官僚。国際連盟の第2代事務総長を務めたが、枢軸国やヴィシー政権寄りの姿勢を取ったため、後世批判を受けた。.

新しい!!: 満州事変とジョセフ・アヴェノル · 続きを見る »

ジョセフ・キーナン

ョセフ・キーナン ジョセフ・ベリー・キーナン(Joseph Berry Keenan, 1888年1月17日 - 1954年12月8日)は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士。東京裁判においては首席検察官を務めた。.

新しい!!: 満州事変とジョセフ・キーナン · 続きを見る »

ジョセフ・グルー

ョセフ・クラーク・グルー(Joseph Clark Grew、1880年5月27日 - 1965年5月25日)は、アメリカ合衆国の外交官。日米開戦時の駐日アメリカ合衆国大使。日米開戦回避に努めた。開戦(1941年12月)後日本国内に抑留され、日本の外交官との交換により帰国(1942年6月)。帰国後は国務次官となり、占領政策立案・終戦交渉に尽力した。終戦と同時に国務次官を辞任し、私人として講演活動などを通じ、日米両国の親善に尽した。吉田茂は、グルーは「本当の意味の知日家で、『真の日本の友』であった」と高く評価した他方、グルーの日本理解には限界があった、あるいは彼は政治的にきわめて保守的であったことを指摘する見方もある。.

新しい!!: 満州事変とジョセフ・グルー · 続きを見る »

ジパング (漫画)の登場人物一覧

パングの登場人物一覧(ジパングのとうじょうじんぶついちらん)では、かわぐちかいじの漫画『ジパング』に登場するキャラクターについて説明する。.

新しい!!: 満州事変とジパング (漫画)の登場人物一覧 · 続きを見る »

ソビエト連邦の外交関係

ビエト連邦の外交関係(-れんぽう-がいこうかんけい)では、ソビエト連邦(ソヴィエト社会主義共和国連邦、ソ連)がとってきた外交政策について述べる。 なお、ソビエト連邦の国家成立は1922年であるが、ここでは1917年11月のロシア革命によるボリシェヴィキ政権成立からの外交関係を扱う。.

新しい!!: 満州事変とソビエト連邦の外交関係 · 続きを見る »

ソテツ地獄

テツ地獄(ソテツじごく)は、大正時代から昭和時代初期にかけて、南西諸島(トカラ列島以南)において発生した経済恐慌。.

新しい!!: 満州事変とソテツ地獄 · 続きを見る »

ソ蒙相互援助議定書

蒙相互援助議定書(ソもうそうごえんじょぎていしょ、Протокол Взаимпомощи между Союзом Советских Социалистических Республик и Монгольской Народной Республикой)は、1936年、ソビエト連邦とモンゴル人民共和国の間で結ばれた同盟条約である。事実上、日本及び満州国を仮想敵国とした。.

新しい!!: 満州事変とソ蒙相互援助議定書 · 続きを見る »

ソ連・フィンランド不可侵条約

isbn.

新しい!!: 満州事変とソ連・フィンランド不可侵条約 · 続きを見る »

サラトガ (CV-3)

ラトガ(USS Saratoga, CV-3)は、アメリカ海軍の航空母艦。レキシントン級航空母艦の2番艦。アメリカ海軍においてサラトガの名を受け継いだ艦としては5隻目にあたる。 「サラ」、「シスター・サラ」、「縦縞煙突のサラ(Stripe-Stack Sara)」、「サラ丸(Sara Maru)」などの愛称で呼ばれていた。 太平洋戦争の開戦時から参加して生き残った航空母艦3隻のうちの1隻(他の2隻はエンタープライズとレンジャー )で、サラトガは8個の従軍星章を授与され、1946年に海軍籍から除籍された。それまでの17年間で98,549機の航空機がサラトガに降り、最大の空母着艦記録を保持している。.

新しい!!: 満州事変とサラトガ (CV-3) · 続きを見る »

サルムソン 2

300px サルムソン 2はフランスのサルムソン社が開発した単発複葉複座の偵察、軽爆撃機である。第一次世界大戦ではブレゲー 14と共にフランスの主力偵察機の一つであった。.

新しい!!: 満州事変とサルムソン 2 · 続きを見る »

傅作義

傅 作義(ふ さくぎ)は中華民国、中華人民共和国の軍人・政治家。民国時代は北京政府、国民政府(国民革命軍)、山西派に属した。中華人民共和国では、長年にわたり水利部長をつとめている。字は宜生。.

新しい!!: 満州事変と傅作義 · 続きを見る »

唐生智

唐 生智(とう せいち、1889年―1970年4月6日)は中華民国の軍人および中華人民共和国の軍人・政治家。字は孟瀟。湖南省東安県芦洪市鎮生まれ。軍人としての階級は国民革命軍一級上将。 唐生智は中華民国の建国初期から日中戦争が始まるまで、異なるいくつかの重要な職務を担当し、上将の称号を授かった。国共内戦末期には湖南で中国共産党を支持し、それ以後は湖南の軍政機構で湖南省副省長などを務めた。唐生智の四番目の弟唐生明は国民革命軍の中将である。 1937年12月における南京防衛戦の総指揮官であり、中華人民共和国成立以降も大陸に残った。1949年、湖南省知事に命じられ、中国国民党革命委員会の委員、全国人民代表大会の常務委員を歴任した。.

新しい!!: 満州事変と唐生智 · 続きを見る »

唐蘭

唐蘭(とう らん、1901年 – 1979年1月11日)は、中国の文字学者、歴史学者。.

新しい!!: 満州事変と唐蘭 · 続きを見る »

優勝内国産馬連合競走

優勝内国産馬連合競走(ゆうしょうないこくさんばれんごうきょうそう)とは1911年(明治44年)から1937年(昭和12年)まで行われていた日本の競馬の競走である。 当時の日本国内最高賞金の競走で、現在の天皇賞のルーツの一つである。.

新しい!!: 満州事変と優勝内国産馬連合競走 · 続きを見る »

円相場

円相場(えんそうば)は円に対する外貨の相対的価値(為替レート)のこと。通常は外貨1単位に相当する円貨額で表示する(通貨や市場によっては別の慣行もある)。 特に、米ドルやユーロとの比較によって示され、その中でも、米ドルに対する円の相対価値を示すことがある。.

新しい!!: 満州事変と円相場 · 続きを見る »

内山完造

内山 完造(うちやま かんぞう、1885年1月11日 - 1959年9月20日)は、日本の書店主・文化人。1930年代以降、中華民国と日本の両方で書店経営者として成功し、日中文化人交流に大きな影響を与えた榎本(2009年)163ページ。内山書店は現在も、東京の神田神保町で中国・アジア関連書籍を多く扱っている。 出身地は岡山県後月郡芳井村(現・井原市)で、村長の家に生まれた藤井(2011年)137ページ。.

新しい!!: 満州事変と内山完造 · 続きを見る »

内務省 (日本)

内務省(ないむしょう、Home Ministry)は、1873年(明治6年)11月10日に設置され、1947年(昭和22年)12月31日に廃止された日本の中央官庁。地方行財政・警察・土木・衛生・国家神道などの国内行政の大半を担った。初代内務卿の大久保利通の思想を反映して、設立当初から国民生活全般への強度の監視を課題としており、行政事務の枠にとどまらなかった。.

新しい!!: 満州事変と内務省 (日本) · 続きを見る »

内田康哉

内田 康哉(うちだ こうさい / やすや、1865年9月29日(慶応元年8月10日) - 1936年(昭和11年)3月12日)は、日本の外交官・政治家。伯爵。 明治・大正・昭和の3代にわたって外務大臣を務めた唯一の人物。戦前の日本を代表する外政家だが、その外交姿勢は時期によって揺れがあり、単純ではない。外相在職期間通算7年5か月は、現在に至るまで最長である。.

新しい!!: 満州事変と内田康哉 · 続きを見る »

内鮮一体

内鮮一体(ないせんいったい、內鮮一體、내선 일체)とは、朝鮮を差別待遇せずに内地(日本本土)と一体化しようというスローガンである。国策としての主提唱者は第八代朝鮮総督南次郎で、「半島人ヲシテ忠良ナル皇国臣民タラシメル」ことを目的とした同化政策(皇民化政策)の一つで、朝鮮統治五大政綱の基調をなす概念。また内鮮一体は鮮満一如と対とされた。.

新しい!!: 満州事変と内鮮一体 · 続きを見る »

内閣総辞職

内閣総辞職(ないかくそうじしょく)とは、内閣を構成する内閣総理大臣及び国務大臣の全員が、同時にその地位を辞することをいう。単に総辞職ともいう。なお、個々の大臣は辞任すると表現するのが一般的で、辞職すると言うことはない(辞職するのは国会議員職の方)。.

新しい!!: 満州事変と内閣総辞職 · 続きを見る »

写真乾板

写真乾板 写真乾板(しゃしんかんぱん、photographic plate)とは写真術で用いられた感光材料の一種で、写真乳剤(臭化カリウムの溶液と硝酸銀の溶液をゼラチンに加えてできる、光に感光する物質)を無色透明のガラス板に塗布したものである。ガラス乾板(がらすかんぱん)あるいは単に乾板(かんぱん)と呼ばれる場合も多い。.

新しい!!: 満州事変と写真乾板 · 続きを見る »

出口王仁三郎

出口 王仁三郎(でぐち おにさぶろう、1871年8月27日(明治4年旧7月12日) - 1948年(昭和23年)1月19日)は、新宗教「大本」の二大教祖の一人。肩書きは「教主輔」、尊称は「聖師」。もう一人の教祖(肩書きは「開祖」)は、出口なお(直)。.

新しい!!: 満州事変と出口王仁三郎 · 続きを見る »

出淵勝次

出淵 勝次(でぶち かつじ、1878年7月25日 - 1947年8月19日)は、日本の外交官・政治家。外務次官、在アメリカ合衆国日本大使、勅撰貴族院議員、参議院議員等を務めた。.

新しい!!: 満州事変と出淵勝次 · 続きを見る »

凌陞

凌 陞(りょう しょう)は中華民国、満州国の政治家。ダウール族(達呼爾族)莫爾丁氏。字は雲志。父の貴福と共に満州国建国に参与し要職に就いたが、後にモンゴル人民共和国との通謀を問われ刑死した。弟は福齢。.

新しい!!: 満州事変と凌陞 · 続きを見る »

商震

商 震(しょう しん)は、中華民国の軍人。閻錫山率いる山西派の一員であり、また日中戦争(抗日戦争)期における国民革命軍の将軍として活躍した。最終階級は国民革命軍二級上将。字は啓予、起予。祖籍は浙江省紹興府紹興県。.

新しい!!: 満州事変と商震 · 続きを見る »

児島襄

児島 襄(こじま のぼる、1927年1月26日 - 2001年3月27日)は、日本の作家、戦記作品を多数著した。.

新しい!!: 満州事変と児島襄 · 続きを見る »

全盛鎬

全 盛鎬(チョン・ソンホ、전성호)は日本統治時代の朝鮮の独立運動家、大韓民国の軍人。号は鐵舟(철주)。別名は全盛龍。.

新しい!!: 満州事変と全盛鎬 · 続きを見る »

八七式軽爆撃機

八七式軽爆撃機 八七式軽爆撃機(はちななしきけいばくげきき)は、太平洋戦争前に日本陸軍で採用された爆撃機である。設計・製造は三菱重工業。海軍の一三式艦上攻撃機を陸軍向けに改造した機体で、陸軍最初の国産制式軽爆撃機となった。.

新しい!!: 満州事変と八七式軽爆撃機 · 続きを見る »

八九式十五糎加農砲

八九式十五糎加農(はちきゅうしきじゅうごせんちかのん)は、1920年代から30年代初期にかけて開発・採用された大日本帝国陸軍の加農(加農砲)。俗称は八九式十五糎加農砲(はちきゅうしきじゅうごせんちかのんほう)。 支那事変(日中戦争)・ノモンハン事件・第二次世界大戦における帝国陸軍の主力重加農として、主に軍司令部直轄(「軍砲兵」)の独立(軍隊符号:s)の称呼を冠する「独立重砲兵(Fes)」が運用した。.

新しい!!: 満州事変と八九式十五糎加農砲 · 続きを見る »

八九式中戦車

八九式中戦車(はちきゅうしきちゅうせんしゃ)は、1920年代後期に開発・採用された大日本帝国陸軍の戦車(中戦車)。日本初の国産制式戦車として開発・量産された。秘匿名称「イ号」(「ロ号」は九五式重戦車、「ハ号」は九五式軽戦車)。.

新しい!!: 満州事変と八九式中戦車 · 続きを見る »

八九式旋回機関銃

八九式旋回機関銃(はちきゅうしきせんかいきかんじゅう)は、大日本帝国陸軍の航空機関銃(機関銃)。本項ではその改良・派生型である、テ4(テ四) 試製単銃身旋回機関銃二型(しせいたんじゅうしんせんかいきかんじゅうにがた)についても詳述する。 八九式旋回機関銃・テ4ともに複座・多座機が装備する射手(銃手)操作の自衛用旋回機関銃として開発され、八九式旋回機関銃は1930年代初中期、テ4は1930年代後期から第二次世界大戦全期における帝国陸軍の主力旋回機関銃であった。.

新しい!!: 満州事変と八九式旋回機関銃 · 続きを見る »

八九式普通実包

八九式普通実包(はちきゅうしきふつうじっぽう)とは、日本陸軍が使用した7.7mm弾薬の名称である。主として八九式旋回機関銃、八九式固定機関銃に用いられた。.

新しい!!: 満州事変と八九式普通実包 · 続きを見る »

八八式偵察機

八八式偵察機(はちはちしきていさつき)は、太平洋戦争前に日本陸軍で採用された偵察機である。設計・製造は川崎。昭和初期の日本陸軍を代表する軍用機ともいえる機体で、日華事変の初期まで使用された。社内呼称はKDA-2。KDAとは"Kawasaki Dockyard, Army"(川崎造船所陸軍)の略である。.

新しい!!: 満州事変と八八式偵察機 · 続きを見る »

八八式軽爆撃機

八八式軽爆撃機(はちはちしきけいばくげきき)は、太平洋戦争前に日本陸軍で採用された爆撃機である。設計・製造は川崎航空機。八七式軽爆撃機の後継機として八八式偵察機を爆撃機化した機体で、日華事変の初期まで使用された。.

新しい!!: 満州事変と八八式軽爆撃機 · 続きを見る »

八木沼丈夫

八木沼 丈夫(やぎぬま たけお、1895年(明治28年) - 1944年(昭和19年)12月12日)は、日本の陸軍軍属、歌人。日中戦争(支那事変)において日本軍が本格的に宣撫官を導入するきっかけとなった人物。.

新しい!!: 満州事変と八木沼丈夫 · 続きを見る »

八日市飛行場

⁺1915年(大正5年)ごろ、日本に亡命中の孫文が宋慶齢夫人とともに飛行場をこれからは航空機の時代だと先を読んでのことだった。 八日市飛行場 (ようかいちひこうじょう)は、かつて滋賀県神崎郡八日市町沖野ヶ原 (現・東近江市沖野)にあった大日本帝国陸軍の軍用飛行場である。前身は民間飛行場であり、民間飛行場発祥の地でもあった。.

新しい!!: 満州事変と八日市飛行場 · 続きを見る »

公職追放

公職追放(こうしょくついほう)は、政府の要職や民間企業の要職につくことを禁止すること。狭義には、日本が太平洋戦争に降伏後、連合国軍最高司令官総司令部の指令により、特定の関係者が公職に就くことを禁止されたことをいい、本項で扱う。.

新しい!!: 満州事変と公職追放 · 続きを見る »

共楽館

共楽館(きょうらくかん)は、茨城県日立市にある、日立鉱山の福利厚生施設として1917年(大正6年)に完成した劇場である。1967年(昭和42年)には日立鉱山から日立市に寄贈され、現在は日立武道館として使用されている。1999年(平成11年)に国の登録有形文化財に登録され、2009年(平成21年)には日立市の有形文化財に指定されている。なお当記事内では、共楽館と同様に日立鉱山の娯楽施設として建設された本山劇場と、日立鉱山の支山であった諏訪鉱山の娯楽施設であり、やはり日立鉱山が経営していた諏訪会館についても触れていく。.

新しい!!: 満州事変と共楽館 · 続きを見る »

兼松煕

兼松 煕(兼松 凞、かねまつ ひろし、万延元年12月28日(1861年2月7日) - 1952年(昭和27年)6月28日)は、明治末期から昭和初期にかけて活動した日本の政治家、実業家。岐阜県出身。 内務省官吏や郡長などを経て政界入りし1903年(明治36年)から1908年(明治41年)まで衆議院議員を務める。その後実業家に転身して主として東海地方の電力業界で活動し、1930年代には豊田式織機(現・豊和工業)社長を務めた。.

新しい!!: 満州事変と兼松煕 · 続きを見る »

元老

元老(げんろう)は、大日本帝国において、天皇の輔弼を行い、内閣総理大臣の奏薦など国家の重要事項に関与した重臣である。大日本帝国憲法は元老についての規定を明記しておらず、また定義した法律も存在しないため、憲法外機関とされる。.

新しい!!: 満州事変と元老 · 続きを見る »

兵学

兵学(へいがく)とは軍事や国防、特に近世以降、近代以前の日本における戦略や戦術などの用兵を研究する学問を言うことが多かった。軍事学とその内容を厳密に区別して使われることはあまりない。.

新しい!!: 満州事変と兵学 · 続きを見る »

兵頭二十八

兵頭 二十八(ひょうどう にそはち、本名・斉藤 浩、1960年 - )は、日本の軍事評論家、「よろずライター」。但し兵頭自身は「軍学者」を自称している。北海道函館市在住。.

新しい!!: 満州事変と兵頭二十八 · 続きを見る »

光永星郎

光永 星郎(みつなが ほしお、慶応2年7月26日(1866年9月4日) – 昭和20年(1945年)2月20日)は、日本の広告代理店・電通の創業者(より正確には、日本広告および日本電報通信社の創業者)である。雅号は「八火」。.

新しい!!: 満州事変と光永星郎 · 続きを見る »

勝ち組

勝ち組(かちぐみ)とは、1945年8月のポツダム宣言受諾後も、日本の敗北を信ぜず、「日本は戦争に勝った」と信じていた在外日本人のグループのこと。1945年8月に日本がポツダム宣言を受諾して太平洋戦争が終結した後も、ブラジルを主とした南米諸国や米国ハワイ州などの日系人社会および外国で抑留されていた日本人の中には、敗戦という現実を受け入れられずに、「日本が連合国に勝った」と信じていた人々がいた。こうした人々は「勝ち組」、戦勝派などと呼ばれた。一方で、敗戦の事実を認識し、戦勝派を納得させようとした人たちは、認識派、負け組などと呼ばれた。.

新しい!!: 満州事変と勝ち組 · 続きを見る »

図書館令

図書館令(としょかんれい、昭和8年7月1日勅令175号)は、日本で最初の図書館に関する単独法令である。当初は1899年(明治32年)11月11日に明治32年11月11日勅令第429号として公布された。1933年(昭和8年)7月1日に全部改正改正(同年8月1日施行)され、同改正以後の図書館令は「改正図書館令(昭和8年勅令第175号)」と呼ばれることも多い。 図書館法(昭和25年4月30日法律第118号)の施行に伴い、1950年(昭和25年)7月30日をもって公立図書館職員令(昭和8年勅令第176号)及び公立図書館司書検定試験規程(昭和11年文部省令第18号)とともに廃止された。.

新しい!!: 満州事変と図書館令 · 続きを見る »

国が燃える

『国が燃える』(くにがもえる)は本宮ひろ志の漫画である。.

新しい!!: 満州事変と国が燃える · 続きを見る »

国吉康雄

国吉康雄 国吉 康雄(くによし やすお、1889年9月1日 - 1953年5月14日)は、日本の洋画家。岡山県岡山市中出石町(現・岡山市北区出石町一丁目)出身。 20世紀前半にアメリカ合衆国を拠点に活動した。.

新しい!!: 満州事変と国吉康雄 · 続きを見る »

国家神道

国家神道(こっかしんとう)とは、近代天皇制国家において作られた一種の国教制度『日本大百科全書』(小学館)”国家神道"、あるいは祭祀の形態の歴史学的呼称である。「国体神道(こくたいしんとう)」や「神社神道(じんじゃしんとう)」、単に「神社(じんじゃ)」とも称した。.

新しい!!: 満州事変と国家神道 · 続きを見る »

国交に関する罪

国交に関する罪(こっこうにかんするつみ)とは、日本の刑法第2編第4章の国交の罪(刑法92条~刑法94条)に規定された犯罪の総称。.

新しい!!: 満州事変と国交に関する罪 · 続きを見る »

国共内戦

国共内戦(こっきょうないせん、)は、当時複数存在した中華民国政府を自称する組織のうち、蒋介石率いる国民革命軍と共産党率いる中国工農紅軍との間で行われた内戦である。第一次国共合作の破綻によって生じた第一次国共内戦(1927年 - 1937年)と、第二次国共合作の破綻によって生じた第二次国共内戦(1945年 - )とに大別される。.

新しい!!: 満州事変と国共内戦 · 続きを見る »

国策会社

国策会社(こくさくかいしゃ)とは、日清戦争以降第二次世界大戦の終結までに設立された、日本の国家的発展を遂行する目的を有し、かつ政府の強い統制下にあった特殊会社の一群を指すものである。.

新しい!!: 満州事変と国策会社 · 続きを見る »

国維会

国維会(こくいかい)は、1932年(昭和7年)から34年にかけて存在した日本の革新右派系政治団体。.

新しい!!: 満州事変と国維会 · 続きを見る »

国際ペンクラブ

国際ペンクラブ(こくさいペンクラブ、PEN International)は、文学を通じて諸国民の相互理解を深め、表現の自由を擁護するための国際的な団体。国内では一般的に国際ペン、あるいは単にペンという俗称で呼ばれる事が多い。団体名のPENとは、Poets(詩人)、Playwrights(劇作家)、Essayists(随筆家・評論家)、Editors(編集者)、Novelists(小説家)等の頭文字、つまり文学・文壇に関わる全ての人々を表す。 1921年に設立。本部はロンドン。世界各国のペンセンター、作家団体などが地域支部となっている。.

新しい!!: 満州事変と国際ペンクラブ · 続きを見る »

国際連盟

国際連盟(こくさいれんめい、League of Nations, Société des Nations, Sociedad de Naciones)は、第一次世界大戦後の1919年の協商国と、ドイツとのヴェルサイユ条約、および中央同盟国との諸講和条約により規定され、ヴェルサイユ条約の発効日である1920年1月10日に正式に発足した国際機関である。 連盟としての初会合は1920年1月16日にフランス・パリで、第1回総会は1920年11月15日にスイス・ジュネーヴで開催された。 史上初の国際平和機構であり、日本では連盟と略されることもある。 連盟本部は1920年から1936年まではジュネーヴのパレ・ウィルソンに、1936年からは同じくジュネーヴのパレ・デ・ナシオンに設置されていた。パリ家の屋敷シャトー・ド・プレニーも、1920年から1939年まで国際連盟の会場として使用された。 第二次世界大戦勃発後は事実上活動を停止していたが、1946年4月に国際連盟は正式に解散し、その資産と役割は1945年10月24日に51ヵ国の原加盟国により設立された「国際連合(英:United Nations)」に継承された。.

新しい!!: 満州事変と国際連盟 · 続きを見る »

国際連盟加盟国

国際連盟加盟国(こくさいれんめいかめいこく、Member states of the League of Nations)は、国際連盟が発足した1920年から解散した1946年までの間に合計して63か国にのぼる。 後の国際連合に比べると、広範囲にわたって列強の植民地にされていたアフリカやアジアには独立国が少なかったために参加国が少数であったのが特徴である。 発足当初の常任理事国はイギリス、フランス、日本、イタリアの4か国で、後にドイツとソビエト連邦が参入したが、常任理事国の加盟や脱退が相次いだことでこの6か国が同時期に常任理事国の座にあったことはない。 1930年代には満州事変から満州国の樹立で批難された日本、ナチスが政権を掌握したドイツ、日独防共協定・日独伊三国軍事同盟に参加したイタリアを中心とする複数の枢軸国や、常任理事国参入を目指したものの認定されなかったブラジルなどの南米諸国の脱退が相次ぎ、さらに第二次世界大戦の勃発やフィンランドに侵攻したソビエト連邦(冬戦争)が除名されたことなどによって国際連盟は実質的にその機能を喪失した。.

新しい!!: 満州事変と国際連盟加盟国 · 続きを見る »

国防

国防(こくぼう)とは、外敵の侵略から国家を防衛することである。.

新しい!!: 満州事変と国防 · 続きを見る »

国防の本義と其強化の提唱

『国防の本義と其強化の提唱』(こくぼうのほんぎとそのきょうかのていしょう)とは1934年(昭和9年)10月に陸軍省新聞班が発行したパンフレット。B6判56頁、約60万部を刊行。 このパンフレットは「陸軍パンフレット」と称され、これをめぐる騒動は「陸軍パンフレット事件」と言われている。.

新しい!!: 満州事変と国防の本義と其強化の提唱 · 続きを見る »

国防婦人会

国防婦人会(こくぼうふじんかい)とは、1932年から1942年まで存在した日本の婦人団体。略して「国婦」。白エプロン(かっぽう着)と会の名を墨書した白タスキを会服として活動。出征兵士の見送りや慰問袋の作成など、銃後活動を行った。.

新しい!!: 満州事変と国防婦人会 · 続きを見る »

国防献金

国防献金(こくぼうけんきん)は、1930年代から第二次世界大戦までにかけての時代に、日本国民から国防のために軍部に献上された金銭である。本項目では、同様の献品についても述べる。.

新しい!!: 満州事変と国防献金 · 続きを見る »

国防部参謀本部軍事情報局

中華民国国防部軍事情報局(略称:軍情局、英語:Military Intelligence Bureau;略称:MIB)とは、中華民国国防部の軍事情報機関。 日中戦争時代は、軍事委員会調査統計局と呼ばれ、略して軍統として知られた。.

新しい!!: 満州事変と国防部参謀本部軍事情報局 · 続きを見る »

国鉄9600形蒸気機関車

形式図 (9600 - 9617) 形式図 (9618 -) 国鉄9600形蒸気機関車(こくてつ9600がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道院が1913年(大正2年)から製造した、日本で初めての本格的な国産貨物列車牽引用のテンダー式蒸気機関車である。「キューロク」、「クンロク」あるいは「山親爺」と愛称され、四国を除く日本全国で長く使用された。国鉄において最後まで稼動した蒸気機関車ともなった、長命な形式である。 9600形という形式は、1912年度に12両が試作された2-8-0 (1D) 型過熱式テンダー機関車が最初に使用 (9600 - 9611) したが、本形式に形式を明け渡すため、落成後わずか3か月で9580形 (9580 - 9591) に改められた。したがって、本形式は9600形の2代目である。.

新しい!!: 満州事変と国鉄9600形蒸気機関車 · 続きを見る »

国権回復運動 (中国)

国権回復運動(こっけんかいふくうんどう)とは、1920年代後半よりはじまった、中華民国国民政府が、それまで列強諸国にあたえていた諸権益の回収運動である。.

新しい!!: 満州事変と国権回復運動 (中国) · 続きを見る »

国民同盟 (日本)

国民同盟(こくみんどうめい)とは、昭和初期に存在した親軍部政党(1932年(昭和7年)12月22日 - 1940年(昭和15年)7月26日)。 満州事変直後、幣原外交・井上財政への批判を強めた立憲民政党の安達謙蔵内務大臣が推進した協力内閣運動が失敗に終わると、これに憤慨した安達が中野正剛・山道襄一・富田幸次郎・古屋慶隆・風見章らとともに民政党を離党した上で革新党などと合同して衆議院議員32名により結成した。 軍部と協力して統制経済と満州事変における日本の国際正義の擁護を掲げたが、政権獲得を重視する安達と中野・山道の3幹部の間に意見の齟齬があり、間もなく富田・古屋らが民政党に復党。1936年(昭和11年)に安達が岡田内閣の内閣審議会委員に任命されると幹部の間の意見の齟齬が一気に露呈し、中野は離党して東方会を結成し、山道も民政党に復党した。さらに風見は離党して近衛文麿のブレーンとなった。このため急激に党勢は衰退し、第20回衆議院議員総選挙以後はわずか11名の小政党となり、他の小政党や無所属議員と小規模な院内会派を作って活動するのが精一杯となった。このため、近衛が新体制運動を起こすと率先してこれに賛同して、大政翼賛会に合流するために解散した。.

新しい!!: 満州事変と国民同盟 (日本) · 続きを見る »

国民革命軍

国民革命軍(こくみんかくめいぐん、)は1925年から1947年までにわたる中国国民党の軍であり、1928年からの中国国民党による一党制の期間には中華民国の国軍でもあった。元々は軍閥割拠の状態であった中国を国民党が統一する目的を持ってソビエト連邦の援助で組織され、北伐では北洋軍閥と、日中戦争では日本軍と、さらに国共内戦では中国人民解放軍との主な会戦を戦った。日中戦争期には指揮は別ながら中国共産党の軍隊は名目上は国民革命軍に編入されていたが、国共内戦時には中国人民解放軍を組織するため分離された。1947年の中華民国憲法の発布と大陸本土の中国国民党支配域がほぼ消滅した事により、国民革命軍は中華民国国軍と名称を変え、1949年に台湾へ逃れた。 日本では国民政府軍、国府軍、国民党軍、重慶軍などと呼んでいた。.

新しい!!: 満州事変と国民革命軍 · 続きを見る »

国民歌謡

『国民歌謡』(こくみんかよう)は、戦前の1936年から1941年の期間、月曜から土曜の午後0時35分から5分間、新しく作った曲を1週間連続して流した、日本のラジオ番組である。今日のヘビーローテーションに当たる。.

新しい!!: 満州事変と国民歌謡 · 続きを見る »

四一式山砲

四一式山砲(よんいちしきさんぽう)は、1910年(明治43年)前後に開発・採用された大日本帝国陸軍の山砲。 1930年代中期からは歩兵砲として、小改修を施した本砲が歩兵連隊に配備されたため、連隊砲(聯隊砲)とも称された。.

新しい!!: 満州事変と四一式山砲 · 続きを見る »

四日市市立富洲原小学校

四日市市立富洲原小学校(よっかいちしりつ とみすはらしょうがっこう)は、三重県四日市市富州原町(富洲原地区富田一色甚五兵衛町自治会区域)にある公立小学校。.

新しい!!: 満州事変と四日市市立富洲原小学校 · 続きを見る »

倉富勇三郎

倉富 勇三郎(くらとみ ゆうざぶろう、嘉永6年7月16日(1853年8月20日) - 昭和23年(1948年)1月26日)は、明治から昭和にかけての司法・宮内官僚。法学博士。男爵。 法制局長官、貴族院勅選議員、枢密院議長。法典調査会刑法起草委員。作家広津柳浪は夫人の兄に当たる。.

新しい!!: 満州事変と倉富勇三郎 · 続きを見る »

犬養毅

養 毅(いぬかい つよし、1855年6月4日(安政2年4月20日) - 1932年(昭和7年)5月15日)は、日本の政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。通称は仙次郎。号は木堂、子遠。 中国進歩党総裁、立憲国民党総裁、革新倶楽部総裁、立憲政友会総裁(第6代)、文部大臣(第13・31代)、逓信大臣(第27・29代)、内閣総理大臣(第29代)、外務大臣(第45代)、内務大臣(第50代)などを歴任した。.

新しい!!: 満州事変と犬養毅 · 続きを見る »

皇化連盟

皇化連盟(こうかれんめい)とは、1919年6月に創設され、政治学者の五来欣造が代表を務めていたファシスト系の教化団体である。幹部には森吉義旭が居た 協調会 1938年11月19日。また、連盟員の中には、白系ロシア人でロシアファシスト党日本代表のワシリー・ペトロウィチ・バルイコフが居た。 1935年7月から8月にかけて、コミンテルン(第三インター)が第7回コミンテルン世界大会を開き、日本やドイツ等を共産化の主な攻撃目標に定めた。それに対し皇化連盟は、1935年11月7日に有志大会を主催し、「我等ハ今日ヲ期シテ更ニ共産主義ノ徹底的撲滅ヲ期ス」とする反共決議を行った。.

新しい!!: 満州事変と皇化連盟 · 続きを見る »

矢田部保吉

部 保吉(やたべ やすきち、1882年(明治15年)4月1日 - 1958年(昭和33年)10月8日外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年、1009頁。)は、日本の外交官。駐シャム(タイ王国)公使在任中タイ立憲革命を支援。第二次世界大戦時にはタイ人留学生受入れを進め日泰攻守同盟条約慶祝答礼使節団大使等を務めた。.

新しい!!: 満州事変と矢田部保吉 · 続きを見る »

矢野機

野 機(やの はかる、1887年3月27日 - 1992年2月10日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と矢野機 · 続きを見る »

石原広一郎

石原 広一郎(いしはら ひろいちろう、1890年1月26日 - 1970年4月16日)は、日本の実業家で石原産業の創業者。1916年にマレー半島に渡航し鉄鉱山の発見・開発に成功。東南アジア各地や日本国内での鉱山開発や、海運業へ事業を拡大した。1931年の満州事変勃発後、南進論提唱の好機が到来したとして日本に帰国し政治活動を展開、国家主義的団体神武会・明倫会を創立して世論を喚起し、二・二六事件では叛乱軍に資金を提供して逮捕された。戦後、A級戦犯容疑で巣鴨に拘禁されるも不起訴となり釈放された。京都府京都市生まれ。1913年立命館大学法科専門部卒業。.

新しい!!: 満州事変と石原広一郎 · 続きを見る »

石原莞爾

石原 莞爾(いしわら かんじ、明治22年(1889年)1月18日 (戸籍の上では17日)- 昭和24年(1949年)8月15日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。栄典は正四位『アジア歴史資料センター』「元京城帝国大学教授高楠栄外二十名特旨叙位ノ件/陸軍中将安岡正臣外十八名」(レファレンスコード A11115054700)・勲一等・功三級、「世界最終戦論」など軍事思想家としても知られる。「帝国陸軍の異端児」の渾名が付くほど組織内では変わり者だった。 関東軍作戦参謀として、板垣征四郎らとともに柳条湖事件を起し満州事変を成功させた首謀者であるが、後に東條英機との対立から予備役に追いやられ、病気及び反東條の立場が寄与し戦犯指定を免れた。.

新しい!!: 満州事変と石原莞爾 · 続きを見る »

石射猪太郎

石射 猪太郎(いしい いたろう、1887年2月6日 - 1954年2月8日)は、日本の外交官。 日中戦争初期に外務省東亜局長を務めた。戦争拡大に走る軍部に抵抗し、日中和平を試みたことで知られる。外務省東亜局長(海外の外務省では、次官補クラス)、駐タイ特命全権大使、駐ブラジル特命全権大使、駐ビルマ特命全権大使を歴任。.

新しい!!: 満州事変と石射猪太郎 · 続きを見る »

石川三四郎

石川 三四郎(いしかわ さんしろう、1876年5月23日 - 1956年11月28日)は、日本の社会運動家・アナーキスト・作家。筆名の「旭山」も使用する。.

新しい!!: 満州事変と石川三四郎 · 続きを見る »

石川準十郎

石川 準十郎(いしかわ じゅんじゅうろう、1899年(明治32年)6月1日 - 1980年(昭和55年)2月22日)は、日本の思想家、活動家。戦前・戦後にかけ、一貫して国家社会主義者として活動した。 岩手県盛岡近郊に生れた石川は、日清戦争の戦災者の関係者として成長し、兄・石川金次郎の援助の下、早稲田大学政経学部に入学。在学中に高畠素之の知遇を得、以後、高畠門下として国家社会主義運動に没頭した。高畠の死後も国家社会主義理論を発展させ、1931年に赤松克麿、津久井龍雄らとともに日本社会主義研究所を創設、『日本社会主義』『国家社会主義』を刊行。次いで日本主義に傾倒した赤松らと袂を分かち、大日本国家社会党を設立。党首となる。同党は右翼政党としては珍らしく、大日本労働組合協議会なる労働組合を支持母体としていた。後、『満州新聞』の顧問として渡満。北鮮にて敗戦を迎える。占領軍に公職追放を受け、主として右翼の論客の一人として活動した。1949年の公職追放解除の後、早稲田大学政経学部の教授に就任し、1962年まで務めた。石川の与えた影響は決して大きいものではなく、常に孤立的活動を余儀なくされていたが、日本の右翼、国家主義、社会主義などを論ずるに於いては、洩らすことのできない一人に数えられる。 石川は日本に最も早くナチスを紹介した人物として知られている。彼は人口稠密(ちゅうみつ)、領土狭小なる日本やドイツが、アングロサクソンの独善的観点から作られた世界秩序を克服すべく、第二次世界大戦が引き起こされるのは当然であると考えた。その観点からも、日中戦争は不賛成となるが、対米戦争(石川によれば大東亜戦争)は賛成となる。石川のナチス分析もこのような、ある種の社会主義的進歩史観、乃至政治観からなされており、そこには神権主義的天皇観や日本の軍部に対する盲目的追従の生まれる余地はなかった。.

新しい!!: 満州事変と石川準十郎 · 続きを見る »

石綿セメント管

石綿セメント管(せきめんセメントかん)とは、セメントにアスベストを混合して製造したの一種である石綿セメントを用いたコンクリート製の管である。一般的に水道管や灌漑用水を始めとする導水管として用いられた。 日本では、昭和初期にイタリアより製造特許を導入した日本エタニットパイプ(現:リゾートソリューション)の製品が石綿セメント管の代名詞であったことから、エタニットやエタパイなどとも呼ばれる。英語略称はACP(Asbestos Cement Pipe)である。.

新しい!!: 満州事変と石綿セメント管 · 続きを見る »

石鼓文

石鼓文(せっこぶん)とは、唐初期に鳳翔府天興県(今の陝西省鳳翔県)で出土した10基の花崗岩の石碑、またはそれに刻まれた文字をいう。現存する中国の石刻文字資料としては最古のもので、出土した当時から珍重され、現在は北京故宮博物院に展示されている。 通称の「石鼓文」は、詩人の韋応物や韓愈がこの石碑を称えて「石鼓歌」を編んで広まった。 狩猟を描写した詩が刻まれており、当時の狩猟をはじめとする王の暮らしがわかる文献資料の一つに位置づけられる。字体は始皇帝の文字統一以前に用いられた「大篆」の例として書家に愛好され、呉昌碩の臨書など作品のモデルとなっている。 また、戦乱のたびに亡失と再発見を繰り返し、亡失のたびに破壊されており、再発見のたびに判読できる字数がチェックされ、戦乱による被害状況も克明に表されている。 その一部が、岩波書店刊行の『漱石全集』の装丁に用いられた。.

新しい!!: 満州事変と石鼓文 · 続きを見る »

石榴 (江戸川乱歩)

『石榴』(ざくろ)は、江戸川乱歩の著した中篇小説である。1934年(昭和9年)9月、『中央公論』に掲載された。.

新しい!!: 満州事変と石榴 (江戸川乱歩) · 続きを見る »

玉鋼

玉鋼(たまはがね)とは、日本の古式製鉄法であるたたら製鉄の一方法、「鉧押し(けらおし)」によって直接製錬された鋼のうち、良質なものに対して付けられた明治期以降の呼称。時代によってその定義や等級分けが異なるが、現代では最上質の鋼として日本刀の製作には欠かせない物だとされている小塚 1966, p. 37.

新しい!!: 満州事変と玉鋼 · 続きを見る »

王大テイ

王 大楨(おう だいてい/おう たいてい)は、中華民国の外交官・政治家・歴史学者。字は芃生。。号は曰叟。日本留学経験を持つ外交専門家として、特に国民政府期の活動が顕著な人物である。.

新しい!!: 満州事変と王大テイ · 続きを見る »

王家テイ

王 家楨(おう かてい)は中華民国・中華人民共和国の政治家・外交官。初めは北京政府の直隷派、奉天派の政治家で、国民政府では張学良の配下として外交畑で活動している。字は樹人。民国時代の政治家・莫徳恵の甥。.

新しい!!: 満州事変と王家テイ · 続きを見る »

王人美

王 人美(ワン・レンメイ、ピンイン:Wang Ren Mei、本名:王庶熙、ピンイン:Wang Shu Xi、1914年11月8日 - 1987年4月12日)は中国の女優。.

新しい!!: 満州事変と王人美 · 続きを見る »

王允卿

王 允卿(おう いんきょう、)は、中華民国・満州国の政治家・外交官。字は庚陽。.

新しい!!: 満州事変と王允卿 · 続きを見る »

王達

王 達(おう たつ)は清末民初の政治家。字は志襄、子襄。別名は蘭生。.

新しい!!: 満州事変と王達 · 続きを見る »

王静修

王 静修(おう せいしゅう、)は、中華民国・満州国の軍人・政治家。別号は襄忱。.

新しい!!: 満州事変と王静修 · 続きを見る »

王鉄漢

王 鉄漢(おう てっかん、、1905年2月3日(清光緒31年正月20日) - 1995年(民国84年)12月15日)は、中華民国の軍人。祖籍は山東省莱州府即墨県だが、盛京将軍管轄区奉天府(現在の盤山県)に生まれる。.

新しい!!: 満州事変と王鉄漢 · 続きを見る »

王英 (民国)

王 英(おう えい)は中華民国の軍人。国民軍、奉天派などに属し、後に日本側に転じて大漢義軍を率いた。号は杰臣。.

新しい!!: 満州事変と王英 (民国) · 続きを見る »

王造時

王 造時(おう ぞうじ、1903年 - 1971年8月2日)は中華民国・中華人民共和国の政治学者・歴史学者。日中戦争直前、抗日運動を行ったことを理由として国民政府から迫害された「七君子」の1人として知られる。後に中華人民共和国でも反右派運動・文化大革命で「右派」として迫害に遭い死亡した。字は雄生。.

新しい!!: 満州事変と王造時 · 続きを見る »

王樹常

王 樹常(おう じゅじょう)は中華民国の軍人、中華人民共和国の政治家。当初は奉天派の軍人で、張学良の易幟に従い国民革命軍に加入した。字は庭五。号は霆午。.

新しい!!: 満州事変と王樹常 · 続きを見る »

王正廷

王 正廷(おう せいてい)は、中華民国の政治家・外交官・法学者。北京政府の外交総長、国民政府の外交部長をつとめるなど、民国期を代表する外交の重鎮である。なお、北京政府では、短期間ながら臨時国務総理となった。国際連盟の常設仲裁裁判所で仲裁人もつとめたことがある。字は儒堂。.

新しい!!: 満州事変と王正廷 · 続きを見る »

王溥 (軍人)

王 溥(おう ふ / ワン・プー、1908年(光緖33年)2月 - 1940年(民国29年)11月16日)は中華民国の軍人。諱は彦東、字は英亜。奉天派、満州国軍の所属であったが、のちに離反し八路軍に加入、百団大戦にて戦死。.

新しい!!: 満州事変と王溥 (軍人) · 続きを見る »

王懋功

王 懋功(おう ぼうこう)は、中華民国(台湾)の軍人・政治家。国民革命軍の有力指揮官で、当初は反蒋介石派の有力軍人であった。旧名は国華。字は東成。.

新しい!!: 満州事変と王懋功 · 続きを見る »

王曉籟

王 曉籟 (おう ぎょうらい)は中華民国・中華人民共和国の実業家・銀行家・政治家。早期から革命派人士として活動し、後に上海商業界の要人として台頭した。なお、杜月笙らと共に青幇の一員と目される。名は孝賚。号は初め得天、後に曉籟と改めた。.

新しい!!: 満州事変と王曉籟 · 続きを見る »

理科教育

科教育(りかきょういく)とは、教科「理科」についての教育活動・内容などの総称。広義には、日本での学校教育(小学校・中学校・高等学校)における科学教育全般を指している(日本以外の類似する教育分野は主として「科学教育」と呼ばれる)。自然科学に関する教育活動全般の他、環境教育や食育なども理科教育に含められることがある。また、理科教育振興法で規定される「理科教育」には学校教育の「理科」に加え「数学」の分野も含まれている。 しかし、日本の小学校・中学校・高等学校における理科教育活動を狭義にとらえた場合、日本以外の科学教育を参考にしながら科学教育の望むべきあり方を目指してはいるものの、その内容は、純粋な科学教育とは少し異なる日本独自の変遷をたどっている(詳細は後述)。具体的な学習内容は学年により大きく異なるが、主として「理科に関する知識の習得およびその活用」がその目標となっている。 なお、理科教育のなかで特定の領域について考えるときには、「物理教育」「化学教育」などと細分化される場合がある。また、理科教育全般を取り扱う研究分野は「理科教育学」と呼ばれ、教育学(教科教育学)の一分野として位置づけられる。.

新しい!!: 満州事変と理科教育 · 続きを見る »

硬貨

貨(こうか)は金属で作られた貨幣である。コイン(coin)ともいわれる。かつて「コイン」は基本的に金や銀の素材金属の価値と額面の差の無い本位通貨やその補助貨幣として鋳造されることが多かったが、現在は管理通貨制度の下で不換紙幣と並列して素材の価値が額面を大きく下回る硬貨1988年以前は臨時通貨法の下、日本では事実上の現金通貨が日本銀行券と臨時補助貨幣のみであったため、硬貨は「補助貨幣」と称されていたが(『世界大百科事典』26、平凡社、2009年)、1988年に制定された通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律以降は「貨幣」と称する。のみが流通する。 他方、経済学においては『硬貨』はハードカレンシー(国際決済通貨)や本位貨幣を指すことばであり、対義語の『軟貨』(ソフトカレンシー)とは国際決済に用いられない・用いることが出来ない通貨を指す。.

新しい!!: 満州事変と硬貨 · 続きを見る »

社会民衆党

会民衆党(しゃかいみんしゅうとう)は、1926年(大正15年)12月5日に結成された日本の無産政党。.

新しい!!: 満州事変と社会民衆党 · 続きを見る »

神 (神道)

道における神(かみ)とは、自然現象などの信仰や畏怖の対象である。「八百万の神」(やおよろずのかみ)と言う場合の「八百万」(やおよろず)は、数が多いことの例えである。.

新しい!!: 満州事変と神 (神道) · 続きを見る »

神奈川大学

建学の精神は.

新しい!!: 満州事変と神奈川大学 · 続きを見る »

神風特別攻撃隊

母エセックスに突入を試みる神風特攻隊の特攻機 空母エセックスに突入を試みる神風特攻隊の特攻機 神風特別攻撃隊(かみかぜとくべつこうげきたい、しんぷうとくべつこうげきたい)は、第二次大戦で旧日本軍陸海軍が体当たり戦法のため編制した、特別攻撃隊。略称は「神風」、「神風特攻隊」、「特攻隊」。.

新しい!!: 満州事変と神風特別攻撃隊 · 続きを見る »

福井道二

福井 道二(ふくい みちじ、1901年(明治34年)5月22日 - 1991年(平成3年)4月4日)は、昭和期の実業家。南満州鉄道株式会社の社員(参事)。.

新しい!!: 満州事変と福井道二 · 続きを見る »

私の鶯

『私の鶯』(わたしのうぐいす、Мой соловей)は、1942年に製作が開始され、44年に完成した満洲映画協会と東宝の共同製作による映画である。大佛次郎の原案をもとに島津保次郎が脚色・監督、李香蘭(山口淑子)が主演した。ロシア革命から満州事変・満州国成立にかけてのハルビンの白系ロシア人社会が主要な舞台となっており、劇中の多くの部分でロシア語の会話が用いられている。現地のハルビン交響楽団も撮影に協力した。満洲・日本での劇場公開は実現しなかったが、1945年6月に上海で上映されている。1984年にプリントが再発見された。.

新しい!!: 満州事変と私の鶯 · 続きを見る »

秘話

ブッシュ大統領。 通信における秘話(ひわ、Secure voice, Voice privacy, Cyphony)とは、音声通信において盗聴や傍受を防止するために音声を聞き取れなくするものである。よく知られている方式は音声の周波数スペクトルを反転させるもので、初期の無線電話やアナログ方式のコードレスフォンなどで使われた。音声をデジタル化した後に暗号化を行う方式は携帯電話、警察無線や軍用無線、政府高官用の暗号化機能付き電話機などで使われている。.

新しい!!: 満州事変と秘話 · 続きを見る »

稲八金天神社

八金天神社(いなはちこんてんじんじゃ)は瀧川政次郎によってその存在が報告される、明治末年(20世紀初頭)の神社合祀政策によって誕生した神社である。 当時の合祀政策は、明治39年(1906年)8月10日の勅令第220号「神社寺院仏堂合併跡地の譲与に関する件」を受けた同月14日の内務省通牒に基づき、「府県社以下神社ノ総数十九万三千有余中由緒ナキ矮小ノ村社無格社夥キニ居リ其ノ数十八万九千余ニ達」するので、その中から「神社ノ体裁備ハラス神職ノ常置ナク祭祀行ハレス崇敬ノ実挙ラサルモノ」を対象として、神社の「設備ヲ完全ナラシムル」と同時に「資産ヲ増加シ、維持ニ困難ナカラシメ」「尊厳ヲ計」るという名目の下、1村に鎮座する神社を基本的に1社にするという神社の整理を目的に行われた政策であるが、その結果氏子の地域や信仰の有無、由緒、規模に関わりなく、複数の神社の祭神を1つの神社に合祀して元の神社を廃したため、通牒前に190,265社あった神社は同42年には147,270社に減少、僅か3年間でおよそ43,000社の神社が取り潰された瀧川「稲八金天神社」。。 瀧川によれば、この時に稲八金天神社が創設され、その名称は最も多く合祀された稲荷神社、八幡宮、金刀比羅神社、天満宮という平安時代以降、各時代時代に盛んに信仰された流行神である神社であったため、それぞれの各頭文字を取って名付けられたものであり、特に「稲」字が筆頭であることから最も多く廃絶の憂き目を見たのが稲荷神社であったと推定され、また日本各地に創設を見たが、その数は合祀政策が極端に断行された和歌山県に最も多かったという。 この神社に対し瀧川は少年時代に「ふざけるな」と罵りたいほどの「いやな名称」であるとの印象を受けたといい、当時の合祀政策は廃仏毀釈に並ぶ「廃神毀社」であったと酷評する。また南方熊楠は「合祀後の稲八金天大明権現王子と神様の合資会社で、混雑千万、俗臭紛々難有味(ありがたみ)少しもな」しと評し、また「合祀後の南無帰命稲荷祇園金毘羅大明権現というような、混雑錯操せる、大入りで半札(はんふだ)をも出さにゃならぬようにぎっしりつま」った「俗神社」とも評して、これら合祀政策を「無識無学な」官公吏(そして「無義不道」の神職)による我利我欲を計った得たり賢しの「神狩り」であると痛烈に批判する。 その後、社名を改めるなどしたためか見られなくなり、瀧川が満州事変の後に中山太郎から聞いた話では「稲八金天神社もだんだん無くなって、今は和歌山県に二社を残すのみ」であったそうで、瀧川自身、和歌山県の具体的な所在地を覚えていないため、國學院大學日本文化研究所の沼部春友に調査を依頼したところ、昭和48年(1973年)の段階では既に1社も確認できない状態であったという。 但し、瀧川の報告事例は和歌山県に限ったもので、南方の感想も同県に関するもののようなので、和歌山県には一時期存在したようではあるが、日本各地に創設されたかどうかを含めて不明な点が多い。.

新しい!!: 満州事変と稲八金天神社 · 続きを見る »

稲葉正夫

葉正夫(いなば まさお、1908年〈明治41年〉5月1日 - 1973年〈昭和48年〉10月10日)は、日本の陸軍軍人、戦史研究家。最終階級は陸軍中佐。.

新しい!!: 満州事変と稲葉正夫 · 続きを見る »

章士ショウ

士釗(しょう ししょう)は中華民国の政治家・革命家・教育者・ジャーナリスト。清末は華興会に属する。北京政府で教育総長などの要職についた。字は行巖。筆名は黄中黄、爛柯山人、弧桐、青桐、秋桐など。.

新しい!!: 満州事変と章士ショウ · 続きを見る »

章乃器

乃器(しょう だいき/しょう ないき)は、中華民国・中華人民共和国の政治家・ジャーナリスト・銀行家・経済学者。蒋介石を批判した文化人として著名で、後の「七君子事件」で逮捕された人物の1人である。中国民主建国会結成に加わり、中華人民共和国でも政治家として活動したが、反右派運動や文化大革命で迫害に遭った。旧名は埏。.

新しい!!: 満州事変と章乃器 · 続きを見る »

章炳麟

炳麟(しょう へいりん、1869年1月12日 - 1936年6月14日)は、清末民初にかけて活躍した学者・革命家。本名は学乗。字は枚叔(ばいしゅく)。号の太炎でも知られる。.

新しい!!: 満州事変と章炳麟 · 続きを見る »

竹中彰元

竹中 彰元(たけなか しょうげん、慶應3年10月3日〈1867年10月29日〉 - 1945年(昭和20年)10月21日)は日本の僧。真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)に属する、美濃国岩手村(現在の岐阜県垂井町)の明泉寺の寺族として生まれた大東(2009:11)。出生名は竹中 慈元であった。.

新しい!!: 満州事変と竹中彰元 · 続きを見る »

竹光

竹光(たけみつ)とは、竹を削ったものを刀身にして刀のように見せかけたもののことである。現代では、芝居の小道具として用いられる。また、切れ味の悪い安物の刀を嘲ってこう呼んだりもする。.

新しい!!: 満州事変と竹光 · 続きを見る »

立川飛行場

立川飛行場(たちかわひこうじょう)は、東京都立川市に所在する防衛省所管の軍用飛行場。旧立川飛行場は立川市と昭島市にまたがって所在していた。1977年(昭和52年)に全面返還されるまでアメリカ空軍基地でもあった。.

新しい!!: 満州事変と立川飛行場 · 続きを見る »

立命館禁衛隊

立命館禁衛隊(りつめいかんきんえいたい)は、かつて日本の立命館大学に存在した私設警備組織である。.

新しい!!: 満州事変と立命館禁衛隊 · 続きを見る »

立花止

立花 止(たちばな いたる、1903年(明治36年)3月29日 - 1954年(昭和29年)6月7日)は、日本の海軍軍人。米国駐在時代に情報活動に従事しFBIに逮捕され国外追放処分を受ける(立花事件)。最後の連合艦隊参謀の一人である。最終階級は海軍大佐。.

新しい!!: 満州事変と立花止 · 続きを見る »

立憲民政党

立憲民政党(りっけんみんせいとう)は、日本の昭和時代の政党。略称は民政党(みんせいとう)。帝国議会において、一時、立憲政友会の対立会派として、二大政党政治を確立した。.

新しい!!: 満州事変と立憲民政党 · 続きを見る »

第10師団 (日本軍)

旧第十師団司令官官邸(現カトリック淳心会本部) 第10師団(だいじゅうしだん)は、大日本帝国陸軍の師団の一つ。師団として主な戦役にはほぼすべて参加している。.

新しい!!: 満州事変と第10師団 (日本軍) · 続きを見る »

第14師団 (日本軍)

14師団(だいじゅうよんしだん)は、大日本帝国陸軍の師団のひとつで、師団司令部は宇都宮に置かれた。日露戦争で日本は従来の師団すべてを動員したため、本土駐留師団がなくなる事態となった。そこで第14師団を含む4個師団が創設された。.

新しい!!: 満州事変と第14師団 (日本軍) · 続きを見る »

第18回衆議院議員総選挙

18回衆議院議員総選挙(だい18かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、1932年(昭和7年)2月20日に投票された衆議院選挙。.

新しい!!: 満州事変と第18回衆議院議員総選挙 · 続きを見る »

第19師団 (日本軍)

19師団(だいじゅうくしだん)は、大日本帝国陸軍の師団の一つ。.

新しい!!: 満州事変と第19師団 (日本軍) · 続きを見る »

第1師団 (日本軍)

1師団(だいいちしだん)は、大日本帝国陸軍の師団の一つ。.

新しい!!: 満州事変と第1師団 (日本軍) · 続きを見る »

第2師団 (日本軍)

日本陸軍の第2師団(だいにしだん)は、1888年(明治21年)5月14日に仙台鎮台を改編して宮城県仙台区(翌年より仙台市)に設立された師団である。1945年(昭和20年)の陸軍解体まで、日本の主要な戦争に参加した。.

新しい!!: 満州事変と第2師団 (日本軍) · 続きを見る »

第2飛行師団 (日本軍)

2飛行師団(だいにひこうしだん)は、日本陸軍の航空師団の一つ。関東軍飛行隊を嚆矢とし、1942年に第2飛行師団と改称した。.

新しい!!: 満州事変と第2飛行師団 (日本軍) · 続きを見る »

第2次若槻内閣

記載なし。

新しい!!: 満州事変と第2次若槻内閣 · 続きを見る »

第4師団 (日本軍)

4師団(だいよんしだん)は、大日本帝国陸軍の師団のひとつ。兵団文字符は淀。軍隊符号は4D。.

新しい!!: 満州事変と第4師団 (日本軍) · 続きを見る »

第5師団 (日本軍)

5師団(だいごしだん)は、大日本帝国陸軍の師団の一つ。 1873年(明治6年)に設置された広島鎮台を母体に1888年(明治21年)5月14日に編成された。島根・広島・山口出身の兵隊で編成され衛戍地を広島とする師団である。 なおマレー作戦後の1942年(昭和17年)にフィリピン攻略の増援として、歩兵第9旅団司令部及び歩兵第41連隊基幹の河村支隊を編成、その後歩兵第41連隊(福山)は、堀井富太郎少将指揮の南海支隊に編入され、第5師団は三単位師団に改編された。.

新しい!!: 満州事変と第5師団 (日本軍) · 続きを見る »

第6師団 (日本軍)

6師団(だいろくしだん)は、大日本帝国陸軍の師団の一つ。 第6師団は、1872年(明治5年)に設置された熊本鎮台を母体に1888年(明治21年)5月14日に編成された師団であり、熊本・大分・宮崎・鹿児島の九州南部出身の兵隊で編成され衛戍地を熊本とする師団である。なお1940年(昭和15年)には歩兵第47連隊(大分)を第48師団に転用し三単位編制に改編された。.

新しい!!: 満州事変と第6師団 (日本軍) · 続きを見る »

第7師団 (日本軍)

7師団(だいしちしだん)は大日本帝国陸軍の師団の一つ。北海道に置かれた常備師団として北辺の守りを担う重要師団であり、道民は畏敬の念を多分に含め、「北鎮部隊」と呼んでいた。.

新しい!!: 満州事変と第7師団 (日本軍) · 続きを見る »

第8師団 (日本軍)

8師団(だいはちしだん)は、大日本帝国陸軍の師団の一つ。.

新しい!!: 満州事変と第8師団 (日本軍) · 続きを見る »

第9師団 (日本軍)

9師団(だいきゅうしだん)は、大日本帝国陸軍の師団の一つ。 日清戦争の後、軍備増強の必要性から1898年(明治31年)に新設された6個師団の一つで、北陸の富山・石川・福井各県の兵士で構成され、衛戍地を金沢として編成された師団である。第18師団(久留米市)と、陸軍内部でその精鋭さでは双璧といわれた。1898年11月8日、師団司令部と師団監督部が開庁した。同年11月29日、監督部は旧金沢城内の新築庁舎に移転。 1940年(昭和15年)8月から師団の衛戍地は満州となり、代替の常設師団として第52師団が編成された。またこの時、歩兵第36連隊を第28師団に転出させて三単位編制に改編された。.

新しい!!: 満州事変と第9師団 (日本軍) · 続きを見る »

第一次上海事変

一次上海事変(だいいちじシャンハイじへん)は、1932年(昭和7年)1月28日から3月3日にかけて戦われた中華民国の上海共同租界周辺で起きた日中両軍の衝突である。.

新しい!!: 満州事変と第一次上海事変 · 続きを見る »

第一次世界大戦

一次世界大戦(だいいちじせかいたいせん、World War I、略称WWI)は、1914年7月28日から1918年11月11日にかけて戦われた世界大戦である。.

新しい!!: 満州事変と第一次世界大戦 · 続きを見る »

第二次世界大戦の背景

二次世界大戦の背景(だいにじせかいたいせんのはいけい)では、1939年に第二次世界大戦が勃発した背景について説明する。 アジア・太平洋での戦争については日中戦争、太平洋戦争も参照。.

新しい!!: 満州事変と第二次世界大戦の背景 · 続きを見る »

第二次エチオピア戦争

二次エチオピア戦争(だいにじエチオピアせんそう)は、1935年から1936年にかけて起きたイタリア王国とエチオピア帝国の戦争。 第一次エチオピア戦争で敗れたイタリアは、再度エチオピアの植民地化を意図して侵攻を行い、短期間の戦闘をもって全土を占領した。敗れたエチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世は退位を拒み、イギリスでエチオピア亡命政府を樹立して帝位の継続を主張した。対するイタリアは全土を占領している状況を背景に、イタリア王・アルバニア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世を皇帝とする東アフリカ帝国(イタリア領東アフリカ)を建国させた。 国際紛争の解決において大国の利害に左右された国際連盟の無力さが露呈した戦争でもある。イタリアに対しては国際連盟規約第16条の初の発動が行われたが、実効的な経済制裁が行われなかった。イタリアは孤立からドイツおよび日本と結ぶようになり、枢軸国を形成する道をたどることになる。.

新しい!!: 満州事変と第二次エチオピア戦争 · 続きを見る »

範多範三郎

多 範三郎(はんた はんさぶろう、1884年2月29日 - 1947年9月24日)は、日本の実業家。父は範多財閥の創設者エドワード・ハズレット・ハンター。英国名はHansaburo Hunterで、通称Hans Hunter(ハンス・ハンター)。東京アングリング・アンド・カントリークラブの創設者でもある。.

新しい!!: 満州事変と範多範三郎 · 続きを見る »

米中関係

米中関係(べいちゅうかんけい、中国語:中美关系)とは、アメリカ合衆国(アメリカ)と中華人民共和国(中国)の2国間の国際関係である。.

新しい!!: 満州事変と米中関係 · 続きを見る »

米内光政

米内 光政(よない みつまさ、1880年(明治13年)3月2日 - 1948年(昭和23年)4月20日)は、日本の海軍軍人、政治家。最終階級は海軍大将。位階は従二位。勲等は勲一等。功級は功一級。第23代連合艦隊司令長官。第39-41、49-52代海軍大臣。第37代内閣総理大臣。.

新しい!!: 満州事変と米内光政 · 続きを見る »

紫禁城の黄昏

『紫禁城の黄昏』(しきんじょうのたそがれ、Twilight in the Forbidden City)は、イギリスの中国学者で清朝最後の皇帝溥儀の家庭教師を務めたレジナルド・ジョンストンの著書。.

新しい!!: 満州事変と紫禁城の黄昏 · 続きを見る »

総軍

総軍(そうぐん、theater, general army, forces command)は、軍隊における部隊編制単位の一つ。主に陸軍において一つの戦域を統括する最大規模・最上級の編制単位であり、第二次世界大戦では日本・ドイツ・イギリスなどに置かれ、現在ではアメリカ陸軍総軍や陸上自衛隊陸上総隊がこれに該当する。 2016年に中国人民解放軍では軍区が廃止されて、「戦区(theater command)」が置かれた。.

新しい!!: 満州事変と総軍 · 続きを見る »

緒方竹虎

緒方 竹虎(おがた たけとら、1888年(明治21年)1月30日 - 1956年(昭和31年)1月28日)は、日本のジャーナリスト、政治家。朝日新聞社副社長・主筆、自由党総裁、自由民主党総裁代行委員、国務大臣、情報局総裁、内閣書記官長、内閣官房長官、副総理などを歴任。栄典は正三位勲一等旭日大綬章。三男の緒方四十郎は元日本銀行理事。.

新しい!!: 満州事変と緒方竹虎 · 続きを見る »

繆培南

繆 培南(ぼく ばいなん)は中華民国の軍人。粤軍(広東軍)出身で、国民革命軍の有力指揮官となる。字は経成。別号は育群。.

新しい!!: 満州事変と繆培南 · 続きを見る »

真崎甚三郎

崎 甚三郎(まさき じんざぶろう、1876年(明治9年)11月27日 - 1956年(昭和31年)8月31日)は、日本の陸軍軍人。陸軍士官学校9期、陸軍大学校19期。最終階級は陸軍大将。栄典は正三位勲一等功四級。 荒木貞夫と共に皇道派の頭目の一人。 皇道派青年将校が起こした二・二六事件においては、犯人らの主張に沿って収束を図ったが、昭和天皇の強い反発を招き失敗した。事件後に設けられた軍法会議においては無罪となった。真崎の事件への関与の度合いについては意見が分かれている。 弟に海軍少将、衆議院議員の眞崎勝次。 長男に外務省、宮内庁の官僚で昭和天皇の通訳を長く務めた真崎秀樹。.

新しい!!: 満州事変と真崎甚三郎 · 続きを見る »

眞相はかうだ

はかうだ正字(旧字)、歴史的仮名遣(しんそうはこうだ)または真相はこうだは、大東亜戦争(太平洋戦争)敗戦後の被占領期、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の占領政策の一環として、昭和20年(1945年)12月9日より10回に亘(わた)りNHKラジオ第1放送及び第2放送で同時放送された宣伝番組。.

新しい!!: 満州事変と眞相はかうだ · 続きを見る »

爆弾三勇士

弾三勇士(ばくだんさんゆうし)とは、独立工兵第18大隊(久留米)の江下武二(えした たけじ)、北川丞(きたがわ すすむ)、作江伊之助(さくえ いのすけ)の3名の一等兵である。1932年に第一次上海事変で敵陣を突破して自爆し、突撃路を開いた英雄とされる。肉弾三勇士とも言われた。.

新しい!!: 満州事変と爆弾三勇士 · 続きを見る »

統制派

統制派(とうせいは)は、大日本帝国陸軍内にかつて存在した派閥。 当初は暴力革命的手段による国家革新を企図していたが、あくまでも国家改造のため直接行動も辞さなかった皇道派青年将校と異なり、その態度を一変し、陸軍大臣を通じて政治上の要望を実現するという合法的な形で列強に対抗し得る「高度国防国家」の建設を目指した。.

新しい!!: 満州事変と統制派 · 続きを見る »

病院列車

病院列車(びょういんれっしゃ)は、大日本帝国で、戦地で、重症患者、伝染病患者および精神病患者が輸送された列車である。.

新しい!!: 満州事変と病院列車 · 続きを見る »

田原総一朗

原 総一朗(たはら そういちろう、1934年(昭和9年)4月15日 - )は、日本のジャーナリスト、評論家、ニュースキャスター。ドリームインキュベータ社外取締役。元東京12チャンネル(現・テレビ東京)ディレクター、元映画監督。日本国際フォーラム参与、政策委員。公益財団法人日印協会顧問、一般社団法人外国人雇用協議会顧問、NPO法人万年野党会長。芸能事務所のブルーミングエージェンシーと業務協力。.

新しい!!: 満州事変と田原総一朗 · 続きを見る »

田口弼一

口 弼一(たぐち すけいち、1882年(明治15年)10月8日 - 1953年(昭和28年)10月20日)は、日本の官僚、政治家。法学博士。.

新しい!!: 満州事変と田口弼一 · 続きを見る »

田中上奏文

中上奏文(たなかじょうそうぶん)は、昭和初期にアメリカ合衆国で発表され、中国を中心として流布した文書で、第26代内閣総理大臣田中義一が1927年(昭和2年)に昭和天皇へ極秘に行った上奏文とされ、内容は中国侵略・世界征服の手がかりとして満蒙(満州・蒙古)を征服する手順が説明されている。日本では偽書とされ、当時中国で流布していることに対して中国政府に抗議したところ、中国政府は機関紙で真実の文書ではないと報じたが、その後の日中関係悪化にともない1930年代に中国は抗日レジスタンス運動にこの文書を利用し、日本は国際連盟などでも答弁を求められるが各国は中国を支持し、日本は国際社会で孤立し外交的に敗北することになった産経新聞「第3部 プロパガンダ戦争(3)「田中上奏文」の悪夢再び」2013.4.3 。1927年当時にはすでに死去している山県有朋が登場する等、事実関係の誤りが多いため日本の歴史家のほとんどは上奏文としては怪文書・偽書としているが、作者については諸説あり不明である。また、田中上奏文を本物と考える人は現在でも特に日本国外に存在している。 田中メモリアル・田中メモランダム・田中覚書とも呼ばれ、中国では田中奏摺、田中奏折と呼ばれる。英語表記はTanaka Memorial。.

新しい!!: 満州事変と田中上奏文 · 続きを見る »

田瀬ダム

ダム(たせダム)は岩手県花巻市、一級河川・北上川水系猿ヶ石(さるがいし)川に建設されたダムである。 国土交通省東北地方整備局が管理する高さ81.5メートルの重力式コンクリートダム。国土交通省直轄ダムとしては日本で最初に施工が開始されたダムである。北上川水系の治水および灌漑、水力発電を目的に北上川上流改修計画により立案された北上川五大ダム計画の一つとして建設された多目的ダム。ダムによって形成された人造湖・田瀬湖(たせこ)は北上川水系最大規模の人造湖であり、地域のレクリェーションスポットとして活用され財団法人ダム水源地環境整備センターからダム湖百選の一つに選定されている。.

新しい!!: 満州事変と田瀬ダム · 続きを見る »

田沢疏水

美郷町) 田沢疏水(たざわそすい)は、秋田県南東部に広がる仙北平野を南北に流れる農業用水路である。2006年(平成18年)2月3日に「疏水百選」に選ばれている。受益面積は約3,890haである。 仙北平野(横手盆地北部)地形図 ---- 南北に連なる急峻な奥羽山脈(東)と低平な仙北平野(中央)のあいだには、山脈から西へ向かって流れる小河川の堆積作用により大小の扇状地が形成されている。右側上方(北東)にみえる青色部分が田沢湖。その南側の山間地に疏水の取水口である神代調整池が確認できる。.

新しい!!: 満州事変と田沢疏水 · 続きを見る »

男爵

男爵(だんしゃく、)は、爵位の一つである。古代中国と近代日本で用いられ、子爵の下位に相当する。ヨーロッパ諸国の最下位の貴族称号の日本語・中国語訳にも用いられ、イギリスのbaronの訳にはこの語が用いられる。.

新しい!!: 満州事変と男爵 · 続きを見る »

町野武馬

野 武馬(まちの たけま、1875年(明治8年)11月16日 - 1968年(昭和43年)1月10日)は、日本の陸軍軍人、政治家。張作霖の顧問を務め、最終階級は陸軍大佐。衆議院議員。戦後再建された大日本武徳会会長。.

新しい!!: 満州事変と町野武馬 · 続きを見る »

甘介侯

介侯(かん かいこう)は中華民国の政治家・外交官。民国期の外交部長・陳友仁の側近で、新広西派(新桂系)の李宗仁の下でも活動した。.

新しい!!: 満州事変と甘介侯 · 続きを見る »

甘粕事件

粕事件(あまかすじけん)は、関東大震災直後の1923年(大正12年)9月16日、アナキスト(社会主義思想家)の大杉栄と作家で内縁の妻伊藤野枝、大杉の甥橘宗一(6歳)の3名が不意に憲兵隊特高課に連行されて、憲兵隊司令部で憲兵によって首を絞めて殺害され、遺体が井戸に遺棄された事件である。被害者の名前から大杉事件ともいう。 軍法会議の結果、憲兵大尉(分隊長)甘粕正彦と同曹長森慶次郎ら5名の犯行と断定されたが、憲兵隊の組織的関与は否定され、疑われた上級の命令者の存在などは明らかにされなかった。 亀戸事件と共に代表的な戒厳令下の不法弾圧事件で、地震の混乱で発生した事件の1つ。.

新しい!!: 満州事変と甘粕事件 · 続きを見る »

甘粕正彦

粕 正彦(あまかす まさひこ、1891年(明治24年)1月26日 - 1945年(昭和20年)8月20日)は、日本の陸軍軍人。陸軍憲兵大尉時代に甘粕事件を起こしたことで有名(無政府主義者大杉栄らの殺害)。短期の服役後、日本を離れて満州に渡り、関東軍の特務工作を行い、満州国建設に一役買う。満洲映画協会理事長を務め、終戦直後、服毒自殺した。.

新しい!!: 満州事変と甘粕正彦 · 続きを見る »

熱河省 (満州国)

熱河省(ねっかしょう)は、満州国にかつて存在した省。現在の河北省、遼寧省及び内モンゴル自治区の交差地域に相当する。.

新しい!!: 満州事変と熱河省 (満州国) · 続きを見る »

煕洽

熙洽(き こう、1883年 - 1950年)は清末、中華民国、満州国の政治家。愛新覚羅氏出身であり、満州国ではその建国に参加、財政部総長、財政部大臣、宮内府大臣などを歴任した。.

新しい!!: 満州事変と煕洽 · 続きを見る »

牡丹江市

牡丹江市(ぼたんこう-し)は、中華人民共和国黒竜江省南東部に位置する地級市。市名は同名の河川名、牡丹江に由来する。市区人口は66万人。 黒竜江省の東部の重要な商工業都市・交通の要所で、ハルビン・チチハルに次ぐ黒竜江省第3位の人口の都市。その広大な市域は牡丹江沿いの水田などのほかは8割近くが山岳部であり、原生林による林業、高麗人参やキクラゲの採取、石炭や大理石・石灰石などの鉱業なども行われている。 主な経済収入は観光業と軽工業から来ている。工業は機械・石油化学など重工業のほか、紡績・電子製品・雑貨などの生産も行われているが、沿岸部の新興工業地帯に比べると国営工場が多く相対的に老朽化しており、外資もあまり進出していない。その中でも、韓国系の大宇造紙グループは省内でも有数の規模の外資系企業である。郊外では蓮花発電所で大型の水力発電が行われているほか、穆棱市には中国有数の風力発電基地がある。 市内は鉄道駅を中心に碁盤目状の都市計画が行われており、近年はロシアや日本海を通じた国際交易をにらんで貿易センターや高層オフィスビル建設が行われている。市域内の綏芬河市はロシア国境の交易都市として急速に拡大している。牡丹江市が黒龍江省の対外貿易総額に占める割合は75%を超え、対ロシア貿易では中国でも最大の地位にある。 市内には牡丹江大学(総合大学)のほか、医科大学、師範大学の3つの大学がある。.

新しい!!: 満州事変と牡丹江市 · 続きを見る »

片倉衷

片倉 衷(かたくら ただし、1898年(明治31年)5月18日 - 1991年(平成3年)7月23日)は、日本の陸軍軍人、実業家。最終階級は陸軍少将。戦後は大平商事会長。.

新しい!!: 満州事変と片倉衷 · 続きを見る »

独立軍 (朝鮮)

立軍(日本語読み:どくりつぐん、朝鮮語読み:トンニックン)は、1919年の三・一独立運動後、非暴力運動の失敗から、日本による統治から朝鮮の独立をめざした武装闘争が再編され、国境を接する満州東部の間島(かんとう)地域に集結して活動した武装集団で、抗日を名乗った朝鮮族系の馬賊・匪賊ら諸派の総称である。.

新しい!!: 満州事変と独立軍 (朝鮮) · 続きを見る »

狙撃砲

狙撃砲(そげきほう)とは、大日本帝国陸軍が第一次世界大戦後に開発した口径37mmの歩兵砲。直射による機関銃陣地撲滅を目的として開発された。.

新しい!!: 満州事変と狙撃砲 · 続きを見る »

盧溝橋事件

盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)は、1937年(昭和12年)7月7日に北京(北平)西南方向の盧溝橋で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である7月7日に日中両軍が衝突した事実は全くない。衝突は7月8日午前5時30分からのことである(坂本夏男「盧溝橋事件勃発についての一検証」『芸林』40(1), p2-26, 1991-02)。。中国では一般的に七七事変と呼ばれる。英語ではMarco Polo Bridge Incident、Battle of Marco Polo Bridgeと呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と盧溝橋事件 · 続きを見る »

相沢事件

沢事件(あいざわじけん)は、1935年(昭和10年)8月12日に、皇道派青年将校に共感する相沢三郎陸軍中佐が、統制派の永田鉄山軍務局長を、陸軍省において白昼斬殺した事件である。被害者側の名前から、永田事件、永田斬殺事件とも言う。 統制派による皇道派追放への反発(磯部浅一と村中孝次の停職に憤激)が動機であり、その後の二・二六事件に繋がった出来事の一つである。.

新しい!!: 満州事変と相沢事件 · 続きを見る »

瀧川幸辰

1956年度京都大学入学式にて 瀧川 幸辰(たきがわ ゆきとき、1891年(明治24年)2月24日 - 1962年(昭和37年)11月16日)は、日本の法学者。法学博士。専門は刑法。岡山県出身。京都帝国大学教授。京都大学総長。日本学士院会員。正三位勲一等瑞宝章。たきがわ こうしんと呼ばれることもあった。.

新しい!!: 満州事変と瀧川幸辰 · 続きを見る »

瀋陽市

瀋陽市(しんようし/シェンヤンし、中国語:沈阳市、英語:Shenyang、満州語:simiyan hoton、šen yang hecen、mukden hoton)は、中華人民共和国遼寧省の省都。欧米諸語では、ムクデン (mukden) の名もよく用いられる。市名は、「瀋水ノ陽」の意味で、市内の南部を流れる渾河の古名・瀋水の北に位置することから由来する。 瀋陽市の常在人口は825万人(その中、都市部人口625万人)、従来より東北地方の最大規模の都市であり、東北地方の経済・文化・交通および商業の中心地である。 北京から東北3省、朝鮮半島へ繋ぐ枢要地を占めるため、高速道路、高速鉄道・鉄道在来線が放射線状で密集しており、東北地方の最大級の鉄道と空路の運輸能力を持つ。 瀋陽を中心に、周辺の鞍山、撫順、営口、鉄領などの衛星都市と瀋陽経済区を形成している。「一朝発祥の地、二代帝王の城」のように言われ、清の時代を中心とした遺跡が多数残っている。国家歴史文化名城に指定される観光都市である。.

新しい!!: 満州事変と瀋陽市 · 続きを見る »

瀋陽造幣廠

瀋陽造幣廠は、中国印鈔造幣総公司に属する中華人民共和国の法定通貨を製造する工場である。.

新しい!!: 満州事変と瀋陽造幣廠 · 続きを見る »

白兵戦

白兵戦(はくへいせん、)は、刀剣などの近接戦闘用の武器を用いた戦闘のこと。現代では、近距離での銃撃戦と格闘戦も一体のものとして捉えており、距離によってCQBやCQCとも分類される。.

新しい!!: 満州事変と白兵戦 · 続きを見る »

白鳥敏夫

白鳥 敏夫(しらとり としお、1887年(明治20年)6月8日 - 1949年(昭和24年)6月3日)は、大正、昭和期の日本の外交官・政治家。戦前期における外務省革新派のリーダー的存在で、日独伊三国同盟の成立に大きな影響を与えた。東洋史学者の白鳥庫吉は叔父。外務大臣を務めた外交畑の長老石井菊次郎も叔父にあたる。また外務官僚の出淵勝次は義兄(妻の姉の夫)にあたる。息子に白鳥正人元北陸財務局長。.

新しい!!: 満州事変と白鳥敏夫 · 続きを見る »

百武俊吉

武 俊吉(ひゃくたけ しゅんきち、1897年7月17日 - 1937年10月6日)は大日本帝国陸軍の軍人。最終階級は大尉。満州事変の際派遣された臨時派遣第1戦車隊の隊長となり、創成期の日本陸軍機甲部隊を率いた人物として知られる。.

新しい!!: 満州事変と百武俊吉 · 続きを見る »

百武賢兼

武 賢兼(ひゃくたけ ともかね)は、戦国時代から安土桃山時代にかけて武将。龍造寺氏の家臣。龍造寺四天王の一人。家紋は鏡之内桔梗。.

新しい!!: 満州事変と百武賢兼 · 続きを見る »

百武源吾

武 源吾(ひゃくたけ げんご、1882年(明治15年)1月28日 - 1976年(昭和51年)1月15日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。第7代九州帝国大学総長。佐賀県出身。兄・三郎と源吾は海軍兵学校を首席卒業し、ともに海軍大将となった日本海軍史上唯一の兄弟である。.

新しい!!: 満州事変と百武源吾 · 続きを見る »

花へんろ

『花へんろ』(はなへんろ)は、早坂暁作のテレビドラマシリーズである。『花へんろ 風の昭和日記』(はなへんろ かぜのしょうわにっき)と題し、NHK総合テレビ「ドラマ人間模様」で1985年(昭和60年)、1986年(昭和61年)および1988年(昭和63年)に連続ドラマ3作品が放送された。作者自身の体験をもとに、大正から昭和にかけて四国の遍路道に立つ商家のできごとを描く。第4回(1986年〈昭和61年〉)向田邦子賞受賞作。 続編となる連続ドラマ『新・花へんろ』(しん はなへんろ)がNHK総合テレビ「水曜シリーズドラマ」にて1997年(平成9年)に放送された。早坂暁最後の作品となる単発ドラマ『花へんろ 特別編 「春子の人形」』(はなへんろ とくべつへん はるこのにんぎょう)がNHK BSプレミアムにて2018年(平成30年)夏に放送予定。 東宝により1988年(昭和63年)に舞台化された。.

新しい!!: 満州事変と花へんろ · 続きを見る »

花谷正

花谷 正(はなや ただし、1894年(明治27年)1月5日 - 1957年(昭和32年)8月28日)は、日本の陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と花谷正 · 続きを見る »

韓雲階

韓 雲階(かん うんかい)は、中華民国・満州国の政治家・実業家。名は楽隆。字の雲階で知られる。.

新しい!!: 満州事変と韓雲階 · 続きを見る »

韋煥章

韋 煥章(い かんしょう。1892年 - 没年不明)は中華民国、満州国の政治家。字は秀実。満州国では外交部大臣などをつとめた要人である。.

新しい!!: 満州事変と韋煥章 · 続きを見る »

遊就館

遊就館(ゆうしゅうかん)は、靖国神社境内に併設された同社の祭神ゆかりの資料を集めた宝物館(博物館法の適用外)。.

新しい!!: 満州事変と遊就館 · 続きを見る »

遠隔操縦器材い号

遠隔操縦器材い号とは、大日本帝国陸軍が開発した、有線操縦可能な電動の作業機を用いてトーチカや鉄条網などの防御構造物の爆破を行う器材の総称である。い号装置とも呼ばれるが、い号とは有線(いうせん)の頭文字を取ったものである。爆破には、九七式小作業機、九八式小作業機と呼ばれる、電動車に作業機を搭載した車輛を、後方の操縦陣地から駆動させる。同様の無人爆破車輛としてドイツ軍の開発したゴリアテがあるが、直接の技術の交流などは無い。.

新しい!!: 満州事変と遠隔操縦器材い号 · 続きを見る »

遠藤三郎 (陸軍軍人)

遠藤 三郎(えんどう さぶろう、1893年1月2日 - 1984年10月11日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と遠藤三郎 (陸軍軍人) · 続きを見る »

遼寧省

遼寧省(りょうねいしょう、中国語:辽宁省、拼音:liáoníng shĕng、英語:Liaoning)は、中華人民共和国東北部に位置する省。省都は瀋陽、他の主要都市として大連がある。旧称は盛京省、後に奉天省。.

新しい!!: 満州事変と遼寧省 · 続きを見る »

遼寧省 (中華民国)

遼寧省(りょうねいしょう)は、中華民国にかつて存在した省。成立当初は奉天省(ほうてんしょう)と称した。.

新しい!!: 満州事変と遼寧省 (中華民国) · 続きを見る »

荒垣秀雄

荒垣 秀雄(あらがき ひでお、1903年7月19日-1989年7月8日)は、昭和期の新聞記者・コラムニスト。岐阜県吉城郡(現在の飛騨市)出身。.

新しい!!: 満州事変と荒垣秀雄 · 続きを見る »

荒木貞夫

荒木 貞夫(あらき さだお、1877年(明治10年)5月26日 - 1966年(昭和41年)11月2日)は、日本の陸軍軍人、第1次近衛内閣・平沼内閣の文部大臣、男爵。最終階級は陸軍大将。 真崎甚三郎と共に皇道派の重鎮であり、昭和初期の血気盛んな青年将校のカリスマ的存在であった。.

新しい!!: 満州事変と荒木貞夫 · 続きを見る »

萱野長知

萱野 長知(かやの ながとも、1873年10月12日 - 1947年2月14日)は日本の政治運動家・民間外交家で大陸浪人・アジア主義者の代表的人物のひとり。高知県出身。.

新しい!!: 満州事変と萱野長知 · 続きを見る »

落陽 (映画)

『落陽』(らくよう)は、1992年に公開された日本映画。 原作は伴野朗の小説『落陽 曠野に燃ゆ』であり、原作者の伴野自身が監督している。にっかつ創立80周年記念作品である。ビデオタイトルは『落陽〜THE SETTING SUN』。.

新しい!!: 満州事変と落陽 (映画) · 続きを見る »

萌えよ!戦車学校

『萌えよ!戦車学校』(もえよ!せんしゃがっこう)は、2005年6月にイカロス出版から出版された書籍。ミリタリー、特に戦車に特化したジャンルに、いわゆる萌え本としての要素を盛り込み、戦車の歴史から、その戦術や実際の戦史等を学校の授業形式に解説する萌えよ!シリーズの一。同書のヒットを受けて、イカロス出版、また他の出版社でも同様のコンセプト(ミリタリー+萌え美少女)の書籍が続々企画、刊行された。 本文は田村尚也、漫画・イラストは野上武志、図版は田村紀雄。.

新しい!!: 満州事変と萌えよ!戦車学校 · 続きを見る »

非常時共産党

非常時共産党(ひじょうじきょうさんとう)とは、戦前の非合法政党時代の日本共産党史において、特に1931年(昭和6年)初めから翌1932年末までの間、風間丈吉らによる指導が行われていた時期の共産党を指す通称・俗称である。なお、この呼称は風間の著書(獄中手記)『「非常時」共産党』に由来するもので、現在の日本共産党は公式の名称として認めていない。.

新しい!!: 満州事変と非常時共産党 · 続きを見る »

非武装地帯

かつての南北ベトナム間の軍事境界線と非武装地帯(灰色)。ベンハイ川を挟んで両側に広がる。「17度線」という俗称であったが、軍事境界線のうち北緯17度線上に位置するのはベンハイ川の河口付近のみで、それより西では境界線のほとんどは17度線以南を走っている。 非武装地帯(ひぶそうちたい、DMZ、demilitarized zone)とは、戦争・紛争状態あるいは停戦状態にある2つ以上の国家(または軍事勢力・同盟)の間に、平和条約・休戦協定などによって設けられる、軍事活動が許されない地域のことである。多くは、事実上の国境である停戦ライン(軍事境界線)の周辺に設けられる。非武装中立地帯(ひぶそうちゅうりつちたい)、中立地帯(ちゅうりつちたい、Neutral Zone)ともいう。 非武装地帯は居住したり開発したりするには危険であることから手つかずのまま放置され、いくつかの非武装地帯は意図せずして野生生物保護区のようになっている(軍事境界線 (朝鮮半島)を参照)。.

新しい!!: 満州事変と非武装地帯 · 続きを見る »

靖安軍

靖安軍(せいあんぐん)は、満州国軍の軍のひとつ。編成当初の名称は靖安遊撃隊(せいあんゆうげきたい)。満州事変の直後に関東軍の指導のもとで編成された日本人・満州人混成の部隊である。満州各地で匪賊の討伐作戦に従事した。日中戦争においては華北に外征し、のち国防軍として第1師に改編された。.

新しい!!: 満州事変と靖安軍 · 続きを見る »

靖国神社

(靖國神社、やすくにじんじゃ)は、東京都千代田区九段北にある神社である。.

新しい!!: 満州事変と靖国神社 · 続きを見る »

靖国神社問題

靖國神社 靖国神社問題(やすくにじんじゃもんだい)は、靖国神社をめぐって議論の対象となる各種の問題を指す。日本のマスメディアでは「靖国問題」と略称することが多い。.

新しい!!: 満州事変と靖国神社問題 · 続きを見る »

青野寿郎

筑波キャンパス)碑面の字を青野寿郎が書いている。 青野寿郎(靑野壽郎、あおの ひさお、1901年11月25日-1991年7月16日)は、人文地理学者、東京教育大学名誉教授。 愛媛県越智郡桜井村(現・今治市)出身。1932年、東京文理科大学卒(第1回卒業生)野間ほか 編著(2012):218ページ。1947年東京文理大助教授、1949年「本邦鰹釣遠洋漁村の地理学的研究」で東京大学理学博士、東京教育大学教授。1965年定年退官・名誉教授、立正大学教授、1976年退職。日本の漁村・漁業地理学を研究、日本地誌研究所を創設し『日本地誌』全21巻を日本全国から460名を動員して編集。日本地理学会会長(在任:1962年 - 1963年)、名誉会員山本(1992):217ページ。 日本における水産地理学の開拓者であり、青野自身、「地誌学的研究の論文が多いのはオリジナルな研究の結果によるものが多いため当然のことではあるが,これらの研究成果から漁村水産地理学の科学的体系を樹立したいという意欲が強められたことも,ここで述べておきたい.」と著書の冒頭で述べている。.

新しい!!: 満州事変と青野寿郎 · 続きを見る »

頭山満

頭山 満(とうやま みつる、安政2年4月12日(1855年5月27日) - 昭和19年(1944年)10月5日、幼名:乙次郎)は、明治から昭和前期にかけて活動したアジア主義者の巨頭。玄洋社の総帥でもある。号は立雲。 玄洋社は、日本における民間の国家主義運動の草分け的存在であり、後の愛国主義団体や右翼団体に道を開いたとされる。また、教え子の内田良平の奨めで黒龍会顧問となると、大陸浪人にも影響力を及ぼす右翼の巨頭・黒幕的存在と見られた。一方、中江兆民や吉野作造などの民権運動家や、遠縁のアナキストの伊藤野枝や大杉栄とも交流があった。また、鳥尾小弥太・犬養毅・広田弘毅など政界にも広い人脈を持ち、実業家(鉱山経営者)や篤志家としての側面も持っていた。 条約改正交渉に関しては、一貫して強硬姿勢の主張をおこない、また、早い時期から日本の海外進出を訴え、対露同志会に加わって日露戦争開戦論を主張した。同時に、朝鮮の金玉均、中国の孫文や蒋介石、インドのラス・ビハリ・ボース、ベトナムのファン・ボイ・チャウなど、日本に亡命したアジア各地の民族主義者・独立運動家への援助を積極的に行った。.

新しい!!: 満州事変と頭山満 · 続きを見る »

領事裁判権

事裁判権(りょうじさいばんけん)とは、外国人がその在留国において本国の領事による裁判を受ける権利をいう。日本が江戸時代に締結した不平等条約などにみられる。.

新しい!!: 満州事変と領事裁判権 · 続きを見る »

顧孟余

顧 孟余(こ もうよ)は中華民国の政治家・教育者。中国国民党左派の要人で、陳公博率いる「改組派」の中心人物の1人。名は兆麟。当初、字は夢漁だったが、後に孟余と改め、これが一般に知られる。筆名は公孫愈之。.

新しい!!: 満州事変と顧孟余 · 続きを見る »

顧問

顧問(こもん、adviser、counsel、of counsel)は、ある組織に関与し、意志決定を行う権限を持たないが、意見を述べる役職やその役職に就いている者のことである。オブザーバー、参与、カウンセルなどというときもある。相談役も同義の役職名称だが、やや栄誉職的なニュアンスが強い。.

新しい!!: 満州事変と顧問 · 続きを見る »

顔恵慶

恵慶(がん けいけい)は清末、中華民国、中華人民共和国の外交官・政治家・教育者。北京政府では外交総長など閣僚を歴任し、一時は国務総理、臨時執政代行もつとめた。国民政府でも国際連盟中国代表団首席代表、駐ソ大使など要職を歴任した。字は駿人。弟に鉄道技術者の顔徳慶、堂弟(父方の従弟)に医学分野の教育家である顔福慶がいる。.

新しい!!: 満州事変と顔恵慶 · 続きを見る »

袁犀

袁犀 (えん さい、1919年 - 1979年)は、中国の作家・小説家。 本名は郝維廉。袁犀は筆名。他に李克異などの筆名もある。 遼寧省瀋陽市の出身。 袁犀は青年時代北京に流亡し、中国共産党の地下活動に参加すると同時に創作活動を始めた。袁犀の小説は中国東北部の淪陥区(日本軍占領地域)における人々の生活を反映しており、当時多大な影響があった。.

新しい!!: 満州事変と袁犀 · 続きを見る »

袁金鎧

袁 金鎧(えん きんがい)は清末から中華民国、満州国の政治家。清朝、北京政府、奉天派の政治家で、後に満州国の要人となった。字は潔珊、兆傭。晩号は傭廬。.

新しい!!: 満州事変と袁金鎧 · 続きを見る »

風船爆弾

船爆弾(ふうせんばくだん)とは、太平洋戦争において日本軍が開発・実戦投入した、気球に爆弾を搭載した兵器である戦史叢書45巻、83-85頁「潜水艦による対米風船爆弾、攻撃を断念す」戦史叢書81巻、73-74頁「 「ふ」号兵器」。.

新しい!!: 満州事変と風船爆弾 · 続きを見る »

飯田貞固

飯田 貞固(いいだ さだかた、1884年2月18日 - 1977年9月15日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と飯田貞固 · 続きを見る »

飛騨川流域一貫開発計画

下呂市を流れる飛騨川。 飛騨川流域一貫開発計画(ひだがわりゅういきいっかんかいはつけいかく)とは、岐阜県を流れる一級河川である木曽川の支流、飛騨川を中心として行われた大規模な水力発電計画である。 1962年(昭和37年)より開始されたこの計画は、古くは1911年(明治44年)より日本電力関西電力の前身。、東邦電力中部電力の前身。、日本発送電を経て中部電力により進められ、飛騨川の本流・支流に多数の水力発電所を建設。発生した電力を主に名古屋市を中心とした中京圏へ送電することを目的としており、23箇所の水力発電所で総出力114万3530キロワットの電力を生み出している。.

新しい!!: 満州事変と飛騨川流域一貫開発計画 · 続きを見る »

西大滝ダム

西大滝ダム(にしおおたきダム)は、長野県飯山市と下高井郡野沢温泉村との境、信濃川水系千曲川(長野県内における信濃川の呼称)に建設されたダム。高さ14.2メートルの重力式コンクリートダム(堰)で、東京電力の発電用ダムである。同社の水力発電所・信濃川発電所に送水し、最大17万7,000キロワットの電力を発生する。.

新しい!!: 満州事変と西大滝ダム · 続きを見る »

西住小次郎

西住 小次郎(にしずみ こじろう、1914年〈大正3年〉1月13日 - 1938年〈昭和13年〉5月17日)は、大日本帝国陸軍の軍人。陸士46期。最終階級は陸軍歩兵大尉。勲五等功四級菊池(1995)、p.175。熊本県上益城郡甲佐町仁田子出身。 日中戦争(支那事変)における第二次上海事変から徐州会戦に至るまで、八九式中戦車をもって戦車長として活躍。戦死後、軍部から公式に「軍神」として最初に指定された軍人として知られる。.

新しい!!: 満州事変と西住小次郎 · 続きを見る »

西園寺公望

1871年〜1880年、パリ留学時代 西園寺 公望(さいおんじ きんもち、嘉永2年10月22日(1849年12月6日)グレゴリオ暦導入後、西園寺は10月23日を戸籍上の誕生日として登録している - 昭和15年(1940年)11月24日)は、日本の公家、政治家、教育者。位階・勲等・爵位は従一位大勲位公爵。雅号は陶庵、不読、竹軒京都市北区等持院ちかくの別邸「萬介亭」の竹に因んだ号(出典: 藤井松一「西園寺公望関係文書について」『立命館大学人文科学研究所紀要(27)』p.32) 。 戊辰戦争において官軍の方面軍総督を務め、フランス留学後には伊藤博文の腹心となった。第2次伊藤内閣にて文部大臣として初入閣し外務大臣を兼任、第3次伊藤内閣でも文部大臣として入閣した。第4次伊藤内閣では班列として入閣し、内閣総理大臣の伊藤博文の病気療養中は内閣総理大臣臨時代理を務め、のちに伊藤が単独辞任すると内閣総理大臣臨時兼任を務めた。 その後、伊藤の立憲政友会の総裁に就任した。明治39年(1906年)内閣総理大臣に任じられ、第1次西園寺内閣、第2次西園寺内閣を組閣した。この時代は西園寺と桂太郎が交互に政権を担当したことから「桂園時代」と称された。その後は首相選定に参画するようになり、大正5年(1916年)に正式な元老となった。大正13年(1924年)に松方正義が死去した後は、「最後の元老」として大正天皇、昭和天皇を輔弼、実質的な首相選定者として政界に大きな影響を与えた。.

新しい!!: 満州事変と西園寺公望 · 続きを見る »

親方日の丸

親方日の丸(おやかたひのまる)とは、親方(胴元、経営者)が日の丸(日本国政府、国家)であるの意味で、かつての特殊会社やそれを含む特殊法人、それらの流れを汲む企業、あるいは転じて、国家公務員を指す言葉として用いられる俗語。.

新しい!!: 満州事変と親方日の丸 · 続きを見る »

馬占山

占山(ば せんざん)は、中華民国・満州国の軍人。字は秀芳。.

新しい!!: 満州事変と馬占山 · 続きを見る »

馬場えい一

場 鍈一(ばば えいいち、1879年(明治12年)10月5日 – 1937年(昭和12年)12月21日)は、日本の政治家、大蔵官僚、貴族院勅選議員。広田内閣で大蔵大臣、第一次近衛内閣で内務大臣をつとめた。蔵相時代に行った大規模な省内人事の刷新や極端な積極財政は、官界や財界に大きな混乱を招く結果となった。.

新しい!!: 満州事変と馬場えい一 · 続きを見る »

馬寅初

寅初(ば いんしょ、1882年6月24日 - 1982年5月10日)は、中華民国・中華人民共和国の経済学者・教育者・政治家。中華民国時代は経済学者として高名を有し、蒋介石らの政策を批判した。中華人民共和国では、「新人口論」を執筆して計画出産を提案したことでも知られる。旧名は元善。.

新しい!!: 満州事変と馬寅初 · 続きを見る »

馬相伯

伯(ば しょうはく)は清末民初の教育家。清朝の洋務派官僚として知られる馬建忠は弟である。名は建常、のちに良と改めた。字は相伯、湘伯、薌伯など。晩号は華封老人。クリスチャンネームはヨセフ。.

新しい!!: 満州事変と馬相伯 · 続きを見る »

馬超俊

超俊(ば ちょうしゅん)は、中華民国(台湾)の政治家。旧名は麟。号は星樵。中国同盟会以来の革命派人士で、労働組合組織などの任務を主に担当した。中国国民党では労資合作(労使協調)を唱え反共右派の立場をとっている。.

新しい!!: 満州事変と馬超俊 · 続きを見る »

馬本齋

馬 本齋(ば ほんさい、1901年 - 1944年2月7日)は、中国共産党(八路軍)の軍人。原名は守清。回族。 馬本齋は、東北陸軍講武堂を卒業する。かつて東北軍中団長を任されていた。満州事変の後で、蒋介石の不抵抗政策を不満に思い、故郷に帰って「回民義勇隊」を組織し、日本軍に抵抗して反撃を加えた。1938年部下を率いて八路軍に参加して、同年中国共産党に入党する。回民教導総隊総隊長、冀中回民支隊司令員、冀魯豫軍区第3軍分区兼回民支隊司令員を歴任し、部下を率いて冀中ならびに冀魯豫の平原を転戦する。回民支隊隊は晋察冀辺区の司令員の呂正操に管轄されていた。 1944年、部隊は延安に行くよう命令を受け、その途中、頭部の「砍頭瘡」のために山東省莘県で病死した。 映画:1959年中国八一電影製作、「回民支隊」 監督李俊、馬本齋は里坡が演じた。 ほんさい Category:中国の軍人 Category:中国共産党の人物 Category:日中戦争の人物 Category:回族 Category:滄州出身の人物 Category:1902年生 Category:1944年没.

新しい!!: 満州事変と馬本齋 · 続きを見る »

馬政局

政局(ばせいきょく)は大日本帝国における軍馬の改良育種を目的とした行政機関のひとつで、1906年から1923年および1936年から1945年にかけて設置され、初期は省庁に準ずる機関であり、後に陸軍省外局・農林省外局となった。.

新しい!!: 満州事変と馬政局 · 続きを見る »

馮涵清

馮 涵清(ふう かんせい)は、中華民国、満州国の政治家。字は汁青。.

新しい!!: 満州事変と馮涵清 · 続きを見る »

覃振

覃 振(たん しん )は、清末から中華民国の革命家・政治家。中国同盟会以来の革命派人士で、中国国民党では右派の西山会議派に参加した。旧名は道譲。字は理鳴。.

新しい!!: 満州事変と覃振 · 続きを見る »

覇者の戦塵

『覇者の戦塵』(はしゃのせんじん)は中央公論新社より刊行している谷甲州著作の架空戦記。当初は角川書店より出版されていたが6巻を刊行した時点で、中央公論新社へ出版先を変えることになった(その後、角川版6巻を3巻にし、短編を入れた中公版が刊行)。表紙・イラストは佐藤道明。 2016年1月現在、36巻刊行(中公版)。.

新しい!!: 満州事変と覇者の戦塵 · 続きを見る »

香川県立亀鶴公園

香川県立亀鶴公園(かがわけんりつきかくこうえん)は香川県さぬき市長尾名(みょう)にある香川県立の都市公園(風致公園)である。県立公園指定日は1949年6月1日。.

新しい!!: 満州事変と香川県立亀鶴公園 · 続きを見る »

香西泰

香西 泰(こうさい ゆたか、1933年3月22日 - 2018年5月20日)は、日本のエコノミスト。第7代政府税制調査会会長。.

新しい!!: 満州事変と香西泰 · 続きを見る »

香港の戦い

香港の戦い(ホンコンのたたかい、Battle of Hong Kong, 1941年12月8日 - 12月25日)は、太平洋戦争(大東亜戦争)緒戦の香港における、日本軍と香港を植民地としていたイギリス軍の戦い。日本側作戦名は「C作戦」。 日本軍では九龍半島の攻略に数週間を見込んでいたが、準備不足のイギリス軍は城門貯水池の防衛線を簡単に突破され九龍半島から撤退した。香港島への上陸作戦は18日夜から19日未明にかけて行われた。島内では激戦となったが、イギリス軍は給水を断たれ25日に降伏した。日本軍はわずか18日間で香港攻略を完了し、東南アジア戦線における日本軍の優位が確定した。.

新しい!!: 満州事変と香港の戦い · 続きを見る »

香港映画

香港映画(ホンコンえいが)は、香港で制作される映画である。中国映画とは一線を画す。.

新しい!!: 満州事変と香港映画 · 続きを見る »

騎兵第1旅団 (日本軍)

騎兵第1旅団 (きへいだいいちりょだん)は、大日本帝国陸軍の騎兵旅団の一つ。衛戍地を現在の千葉県船橋市三山および習志野市大久保地区に置き。「騎兵の町・軍郷習志野」を象徴する存在の1つである。.

新しい!!: 満州事変と騎兵第1旅団 (日本軍) · 続きを見る »

騎兵第27連隊

騎兵第27連隊(きへいだい27れんたい、騎兵第二十七聯隊)は、大日本帝国陸軍の騎兵連隊のひとつ。1939年(昭和14年)以降は捜索第19連隊。.

新しい!!: 満州事変と騎兵第27連隊 · 続きを見る »

騎兵第2旅団 (日本軍)

騎兵第2旅団 (きへいだいにりょだん)は、現在の千葉県習志野市泉町にかつてあった騎兵部隊である。「騎兵の町・軍郷習志野」を象徴する存在の1つである。.

新しい!!: 満州事変と騎兵第2旅団 (日本軍) · 続きを見る »

証券不況

証券不況(しょうけんふきょう)とは、1964年(昭和39年)後半から1965年(昭和40年)に掛けておきた不況。証券恐慌、昭和40年不況、構造不況とも呼ばれる。戦後の日本の景気循環の第5循環の後半の谷の部分を指し、第5循環は1964年10月を景気の山とし、1965年10月を景気の谷とする。.

新しい!!: 満州事変と証券不況 · 続きを見る »

試製一号戦車

試製一号戦車(しせいいちごうせんしゃ)とは、大日本帝国陸軍によって1927年(昭和2年)に開発された戦車。日本が独自に開発した初めての戦車である。.

新しい!!: 満州事変と試製一号戦車 · 続きを見る »

試製四十一糎榴弾砲

試製四十一糎榴弾砲(しせいよんじゅういちせんちりゅうだんほう)は、1920年代に大日本帝国陸軍が開発した榴弾砲(要塞砲)。略称・略字は四十榴(40H)、または四十一榴(41H)。.

新しい!!: 満州事変と試製四十一糎榴弾砲 · 続きを見る »

語呂合わせ

語呂(ごろ)」とは、言葉や文章の続き具合、調子 のことで、もともとは雅楽における旋法に由来する。曲の調子を「律呂(りつりょ)」または「呂律」(りょりつ、ろれつ)といい、うまく演奏を合わせられないことを「呂律が回らない」と言った。これを言葉の調子にもなぞって「語呂」といった。「語呂がよい」とは、語調の感じが良いことをいう。 語呂合わせは、言葉にリズムや音感を持たせて馴染み深くしたものである。文字を他の文字に換え縁起担ぎを行うものや、数字列の各々の数字や記号に連想される・読める音を当てはめ、意味が読み取れる単語や文章に置き換えることを指す。電話番号や暗証番号、数学など元の数字列が意味する事象を暗記する場合に使われる。.

新しい!!: 満州事変と語呂合わせ · 続きを見る »

高山政吉

山 政吉(たかやま まさきち、1899年(明治32年)6月19日 - 1972年(昭和47年)6月1日)は、大日本帝国海軍軍属。陸・海軍の刀法技法・指導法を研究し、高山流抜刀術を開いた。 舞鶴鎮守府の武道師範として海軍に奉職し、あらゆるもので試斬を行った他、自らも戦場へ赴き、白兵戦での軍刀の扱い方を研究し、発表した。なお、高山は軍人としての海軍入りを法務局により反対されたため、最後まで軍属のままであったが、1943年(昭和18年)9月30日、海軍省より将官相当官として遇されることになる。.

新しい!!: 満州事変と高山政吉 · 続きを見る »

高志航

志航(こう しこう / ガオ ヂーハン、光緒34年農暦5月14日(1908年6月12日) - 1937年11月21日)は、中華民国空軍の軍人、エースパイロット(撃墜数5)。原名高銘久、字は子恒。遼寧省通化市(現吉林省管轄)出身。日中戦争では中国軍戦闘機隊の指揮官として活躍し、日本軍機を初めて撃墜したことで知られる。最終階級は空軍上校(大佐に相当)、死後少将。 同時期に活躍した楽以琴、劉粋剛、李桂丹とともに中国空軍の「四大金剛」と称されている 。.

新しい!!: 満州事変と高志航 · 続きを見る »

高等遊民

等遊民(こうとうゆうみん)とは、日本で明治時代から昭和初期の近代戦前期にかけて多く使われた言葉であり、大学等の高等教育機関で教育を受け卒業しながらも、経済的に不自由がないため、官吏や会社員などになって労働に従事することなく、読書などをして過ごしている人のこと。 閲覧できる範囲では『読売新聞』1903年9月25日の「官吏学校を設立すべし」での論説が、高等遊民に触れられている最も古い資料である。また、一時期は上級学校への入学や上級学校卒業後の就職が叶わなかった者が高等遊民となり、高等知識を持った彼等が自然主義、社会主義、無政府主義などの危険思想に感化され、それらが社会問題に繋がると考えられていた。 高等遊民はなんら生産的な活動をせず、ただ日々を雅やかに過ごしたり、学問の延長として己の興味のある分野(趣味の活動を含む)を追い求めていたりした。夏目漱石が作中にしばしば用い、『それから』の長井代助、および『こゝろ』の先生、川端康成の『雪国』の主人公のように、しばしば文学のテーマとしても取り上げられた。石川啄木は、旧制中学校卒業後に立身出世がかなわず父兄の財産を食い潰して無駄話を事業として生活している者を遊民としていた。 最終的に昭和初期満州事変・日中戦争へと続く対外戦争の中で起きた軍需景気により、就職難が解消し、国家総動員体制の元で何らかの形で戦争へ動員され、高等遊民問題は解消に向かっていった町田(2009)pp.330-331。。.

新しい!!: 満州事変と高等遊民 · 続きを見る »

高麗人

麗人(こうらいじん、Корё сарам、고려인 (高麗人) / 고려사람 (高麗사람)/ コリョ・サラム)は、ソビエト連邦崩壊後の独立国家共同体(CIS)諸国の国籍を持つ朝鮮民族のこと。 高麗とは朝鮮半島に10世紀から14世紀まで存在した朝鮮半島の国家で、非漢字圏では朝鮮民族のことを英語ではコリアン (Korean) 、ロシア語ではカリェーエツ ((Koreyts')) というように、朝鮮民族の呼称として“高麗人”にあたる語が広く用いられている。旧ソ連地域の高麗人は、その他称としての「高麗人」が自称に転化したものである、「コリョ・サラム」と読む。 現在の主な居住地は、ロシアをはじめとしてウズベキスタン、カザフスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、キルギス、ウクライナなどである。約 50万名の高麗人が中央アジアを中心に居住しており、ロシア南部のヴォルゴグラード近郊やカフカース、ウクライナ南部にも高麗人コミュニティが形成されている。これらのコミュニティは、19世紀後半まで朝鮮と境を接した沿海州(現在の沿海地方)に居住していたが、1930年代後半〜第二次世界大戦中にかけて中央アジアに追放された高麗人によって形成されたものである。 樺太にも、ロシア本土とは別に在樺コリアンが居住している。19世紀後半〜20世紀初頭にかけてロシア本土へ移住した者達とは異なり、樺太における朝鮮人は、主に1930年代〜40年代にかけて主に慶尚道と全羅道から移住した者達と戦後に北朝鮮から労働者として渡っていった者達である。前者は、第二次世界大戦期の労動力不足を補う為に、南樺太へ出稼ぎや徴用によって移住していた。.

新しい!!: 満州事変と高麗人 · 続きを見る »

高松市の歴史

本項では香川県高松市及びそれに関連する歴史について述べる。 __notoc__ 時代別 旧石器時代縄文時代弥生時代古墳時代飛鳥時代奈良時代 平安時代室町時代江戸時代明治時代大正時代昭和時代 平成時代 事象別 高松の由来 - 香川県成立 - 高松市成立 - 第1次合併 - 第2次合併 - 第3次合併 - 第4次合併 - 行政都市の確立 - 第5次合併(昭和の大合併) - 臨時合併 - 第6次合併 - 平成の高松砂漠 - 台風7号 (1998年) - 台風16号 (2004年) - 市域の変遷 カテゴリ別 行政人口 年表 明治 1890年(明治23年) - 1891年(明治24年) - 1892年(明治25年) - 1893年(明治26年) - 1894年(明治27年) - 1895年(明治28年) - 1896年(明治29年) - 1897年(明治30年) - 1898年(明治31年) - 1899年(明治32年) - 1900年(明治33年) - 1901年(明治34年) - 1902年(明治35年) - 1903年(明治36年) - 1904年(明治37年) - 1905年(明治38年) - 1906年(明治39年) - 1907年(明治40年) - 1908年(明治41年) - 1909年(明治42年) - 1910年(明治43年) - 1911年(明治44年) - 1912年(明治45年) 大正 1912年(大正元年) - 1913年(大正2年) - 1914年(大正3年) - 1915年(大正4年) - 1916年(大正5年) - 1917年(大正6年) - 1918年(大正7年) - 1919年(大正8年) - 1920年(大正9年) - 1921年(大正10年) - 1922年(大正11年) - 1923年(大正12年) - 1924年(大正13年) - 1925年(大正14年) - 1926年(大正15年) 昭和 1926年(昭和元年) - 1927年(昭和2年) - 1928年(昭和3年) - 1929年(昭和4年) - 1930年(昭和5年) - 1931年(昭和6年) - 1932年(昭和7年) - 1933年(昭和8年) - 1934年(昭和9年) - 1935年(昭和10年) - 1936年(昭和11年) - 1937年(昭和12年) - 1938年(昭和13年) - 1939年(昭和14年) - 1940年(昭和15年) - 1941年(昭和16年) - 1942年(昭和17年) - 1943年(昭和18年) - 1944年(昭和19年) - 1945年(昭和20年) - 1946年(昭和21年) - 1947年(昭和22年) - 1948年(昭和23年) - 1949年(昭和24年) - 1950年(昭和25年) - 1951年(昭和26年) - 1952年(昭和27年) - 1953年(昭和28年) - 1954年(昭和29年) - 1955年(昭和30年) - 1956年(昭和31年) - 1957年(昭和32年) - 1958年(昭和33年) - 1959年(昭和34年) - 1960年(昭和35年) - 1961年(昭和36年) - 1962年(昭和37年) - 1963年(昭和38年) - 1964年(昭和39年) - 1965年(昭和40年) - 1966年(昭和41年) - 1967年(昭和42年) - 1968年(昭和43年) - 1969年(昭和44年) - 1970年(昭和45年) - 1971年(昭和46年) - 1972年(昭和47年) - 1973年(昭和48年) - 1974年(昭和49年) - 1975年(昭和50年) - 1976年(昭和51年) - 1977年(昭和52年) - 1978年(昭和53年) - 1979年(昭和54年) - 1980年(昭和55年) - 1981年(昭和56年) - 1982年(昭和57年) - 1983年(昭和58年) - 1984年(昭和59年) - 1985年(昭和60年) - 1986年(昭和61年) - 1987年(昭和62年) - 1988年(昭和63年) - 1989年(昭和64年) 平成 1989年(平成元年) - 1990年(平成2年) - 1991年(平成3年) - 1992年(平成4年) - 1993年(平成5年) - 1994年(平成6年) - 1995年(平成7年) - 1996年(平成8年) - 1997年(平成9年) - 1998年(平成10年) - 1999年(平成11年) - 2000年(平成12年) - 2001年(平成13年) - 2002年(平成14年) - 2003年(平成15年) - 2004年(平成16年) - 2005年(平成17年) - 2006年(平成18年) - 2007年(平成19年).

新しい!!: 満州事変と高松市の歴史 · 続きを見る »

高橋三吉

橋 三吉(たかはし さんきち、明治15年(1882年)8月24日 - 昭和41年(1966年)6月15日)は、大正から昭和期の日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将。.

新しい!!: 満州事変と高橋三吉 · 続きを見る »

高木義人

木 義人(たかぎ よしと、1886年(明治19年)4月10日『日本陸軍将官辞典』416-417頁。 - 1956年(昭和31年)8月15日衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。)は、日本の陸軍中将。衆議院議員。.

新しい!!: 満州事変と高木義人 · 続きを見る »

護国神社

護国神社(護國神社、ごこくじんじゃ)は、国家のために殉難した人の霊(英霊)を祀るための神社。1939年に招魂社から改称。戦前は内務省によって管轄されていたが、戦後は独立の宗教法人となる。指定護国神社は東京都と神奈川県を除く道府県に建立され、その道府県出身ないし縁故の戦死者、自衛官・警察官・消防士等の公務殉職者を主祭神とする。.

新しい!!: 満州事変と護国神社 · 続きを見る »

谷口尚真

谷口 尚真(たにぐち なおみ、明治3年3月17日(1870年4月17日) - 昭和16年(1941年)10月30日)は、日本の海軍の軍人。18代連合艦隊司令長官、14代軍令部長を務めた海軍大将。海軍良識派を代表した一人と言われる提督である。.

新しい!!: 満州事変と谷口尚真 · 続きを見る »

谷口恒二

谷口 恒二(たにぐち つねじ、1894年(明治27年)6月18日 - 1945年(昭和20年)5月26日)は、日本の大蔵官僚。大蔵次官、日本銀行副総裁。.

新しい!!: 満州事変と谷口恒二 · 続きを見る »

谷儀一

谷 儀一(たに ぎいち、1881年8月1日 - 1948年7月8日)は、日本の陸軍軍人、政治家、華族。最終階級は陸軍少将。貴族院議員。正三位勲二等功四級子爵。谷干城は養祖父に当たる。.

新しい!!: 満州事変と谷儀一 · 続きを見る »

谷豊

谷 豊(たに ゆたか、1911年11月6日 - 1942年3月17日)は、昭和初期にマレー半島で活動した盗賊。ムスリム名「モハマッド・アリー・ビン・アブドラー」。現在の福岡県福岡市南区出身で、イギリス領マラヤに渡った後に盗賊となり「ハリマオ」として一躍知られる存在となった。その後、日本陸軍の諜報員となって活動する。.

新しい!!: 満州事変と谷豊 · 続きを見る »

谷正綱

谷 正綱(こく せいこう、1902年4月30日 - 1993年12月11日)は中華民国(台湾)の政治家。当初は中国国民党左派に属して反蒋介石運動にも加わった。後に蒋支持に転じ、晩年は国際的な反共主義運動の指導者となる。兄の谷正倫、弟の谷正鼎も中国国民党や国民政府で要職に就き、彼らと共に「谷氏三兄弟」と称された。字は叔常。.

新しい!!: 満州事変と谷正綱 · 続きを見る »

豊後高田市

豊後高田市(ぶんごたかだし)は、大分県北部に位置する市。.

新しい!!: 満州事変と豊後高田市 · 続きを見る »

貨幣法

貨幣法(かへいほう、明治30年3月29日法律第16号)は、戦前の日本で、金本位制を基本とした、貨幣の製造および発行に関する事項を定めた法律である。1897年(明治30年)施行。 この法律は通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行に伴い、1988年(昭和63年)3月末を以て廃止された。すなわちこの時点で、貨幣法により規定された本位貨幣の金貨が廃止となった。.

新しい!!: 満州事変と貨幣法 · 続きを見る »

貴福

貴 福(き ふく、)は、清・中華民国・満州国の政治家。字は紳五、坤玉。ダウール族(達呼爾族)莫爾丁氏。叔父は勝福、子は凌陞・福齢など。なお同時期に貴福(漢名:趙景祺)という清朝復辟派の人物(満州国にも参加)も存在しているが、これは同姓同名の別人である。.

新しい!!: 満州事変と貴福 · 続きを見る »

貿易史

貿易史(ぼうえきし)は、歴史上に存在した貿易や貿易制度の歴史である。日本語の貿易は国家間の取引を指し、国際貿易という表現が用いられる場合もある。交易という語は、国内と国外の双方に用いられる。本記事では、これらの歴史について記述する。.

新しい!!: 満州事変と貿易史 · 続きを見る »

鳥居龍蔵

鳥居龍蔵(1952年) 鳥居 龍蔵(とりい りゅうぞう、1870年5月4日(明治3年4月4日) - 1953年(昭和28年)1月14日)は、日本の人類学者(『ある老学徒の手記』)、考古学者、民族学者、民俗学者。.

新しい!!: 満州事変と鳥居龍蔵 · 続きを見る »

鴨川ダム

川ダム(かもがわダム)は兵庫県加東市黒谷、一級河川・加古川水系鴨川に建設されたダムである。 農林水産省近畿農政局が管理する農林水産省直轄ダムで、高さ43.5メートルの重力式コンクリートダム。旧農林省によって手掛けられた国営東条川農業水利事業の中心施設として建設され、播磨平野中部の灌漑を目的としている。完成後も農林水産省による直轄管理が行われる数少ないダムの一つで、加古川水系に建設された他の直轄ダムと総合的に管理されている。ダムによって形成された人造湖は地元の名称を採って東条湖(とうじょうこ)と命名されたが、関西地方有数の観光地として多くの観光客が訪れるスポットとなっている。.

新しい!!: 満州事変と鴨川ダム · 続きを見る »

鶴見 (給油艦)

見(つるみ)は日本海軍の給油艦。知床型の5番艦で艦名は大分県・鶴見半島先端の鶴見埼による。.

新しい!!: 満州事変と鶴見 (給油艦) · 続きを見る »

鶴見俊輔

見 俊輔(つるみ しゅんすけ、1922年〈大正11年〉6月25日 - 2015年〈平成27年〉7月20日)は、日本の哲学者、評論家、政治運動家、大衆文化研究者。アメリカのプラグマティズムの日本への紹介者のひとりで、都留重人、丸山眞男らとともに戦後の進歩的文化人を代表する1人とされる。.

新しい!!: 満州事変と鶴見俊輔 · 続きを見る »

鶴見祐輔

見 祐輔(つるみ ゆうすけ、1885年1月3日 - 1973年11月1日)は、日本の官僚・政治家・著述家。衆議院議員総選挙第16、19、20、21回当選。参議院議員選挙第3回当選。.

新しい!!: 満州事変と鶴見祐輔 · 続きを見る »

趙丕廉

趙 丕廉(ちょう ひれん) は中華民国の政治家・教育者。閻錫山率いる山西派の有力幹部の1人である。字は芷青、別号は麓台。.

新しい!!: 満州事変と趙丕廉 · 続きを見る »

趙欣伯

趙 欣伯(ちょう きんはく)は中華民国、満州国の政治家・法律家。北京政府、奉天派の政治家で、後に満州国、汪兆銘政権に参加した。.

新しい!!: 満州事変と趙欣伯 · 続きを見る »

趙性根

趙 性根(ちょう せいこん、チョ・ソングン、1876年3月12日 – 1938年5月15日)は、大韓帝国軍および大日本帝国陸軍の軍人。.

新しい!!: 満州事変と趙性根 · 続きを見る »

鹵獲

鹵獲(ろかく)は、戦地などで敵対勢力の装備品(兵器)や補給物資を奪うこと。接収(せっしゅう)とも。捕獲(ほかく)と称される場合もあるが、軍事用語としては鹵獲が適当な言葉である。.

新しい!!: 満州事変と鹵獲 · 続きを見る »

軍事著作家一覧

軍事著作家一覧(ぐんじちょさくかいちらん)は、著名な軍事思想家・軍事理論家・軍事史家・従軍記著者・回想録著者を含む。.

新しい!!: 満州事変と軍事著作家一覧 · 続きを見る »

軍事指揮官の一覧

軍事指揮官の一覧(ぐんじしきかんのいちらん)は、歴史上の軍事指揮官の一覧。軍事指揮官とは、単なる軍人ではなく、一定数以上の兵員によって構成される部隊を率いた軍人をさす。また、部隊を直接指揮しなくとも参謀や軍師のように間接的に指揮した人物も含む。軍事指揮官のうち、多大な功績を立てたものは名将と呼ばれ、致命的な損失を招いたものは愚将と呼ばれる。将才に準じて、猛将、智将、勇将、謀将、良将等の呼称をされる場合もある。 特定の時代に関する人物については関連項目を参照。.

新しい!!: 満州事変と軍事指揮官の一覧 · 続きを見る »

軍務局

軍務局(ぐんむきょく)は、日本の陸軍省・海軍省に設置されていた軍政担当部局。.

新しい!!: 満州事変と軍務局 · 続きを見る »

軍国美談

軍国美談(ぐんこくびだん)は、明治末から昭和初期にかけての日本で広く知らされたエピソードで、日清戦争、日露戦争、満州事変、日中戦争、太平洋戦争における軍人、兵士、銃後の人々が題材となっている。新聞報道 朝日新聞社や軍人の手記などから生まれ、それを元にした流行歌(軍国歌謡)、映画、伝記・小説から歌舞伎、浪曲、講談、落語なども作られることがあり、学校教科書(国定教科書)などの教材として使われることも多かった。呼び名としては、戦時美談、愛国美談、戦時佳話なども使われた。中でも英雄的に殉職した軍人は軍神とも呼ばれた。.

新しい!!: 満州事変と軍国美談 · 続きを見る »

軍犬

アメリカ軍の軍用犬(2007年) 軍犬(ぐんけん)または軍用犬(ぐんようけん)は、軍務のために調練した犬である。.

新しい!!: 満州事変と軍犬 · 続きを見る »

軍歴証明書

軍歴証明書(ぐんれきしょうめいしょ)とは、かつて戦争に従軍した軍人並びに軍属、従軍文官が招集から除隊までの任免、配属、賞罰、傷病、その他進級や昇給等の処遇について記録した文書のことである。.

新しい!!: 満州事変と軍歴証明書 · 続きを見る »

軍歌

軍歌(ぐんか)とは、広義には主に軍隊内で士気を高めるために作られた歌のことである。歴史的な出来事を扱ったものから、戦死した犠牲者を悼むことを目的とするものまで、内容は様々である。.

新しい!!: 満州事変と軍歌 · 続きを見る »

軍服 (大日本帝国陸軍)

この記事では、明治維新の建軍から第二次世界大戦敗戦による解体まで、大日本帝国陸軍の軍人が着用した制服について解説する。軍服一般については軍服を参照。.

新しい!!: 満州事変と軍服 (大日本帝国陸軍) · 続きを見る »

軍旗

軍旗(ぐんき)とは、軍隊および軍隊内の部隊を表章する旗章。近代的陸軍の登場以降は伝統的に連隊(聯隊)を恒久の基本的部隊単位としてきたことから、連隊ごとに授与されるものは特に連隊旗(聯隊旗、れんたいき)とも称される。.

新しい!!: 満州事変と軍旗 · 続きを見る »

黒幕

黒幕(くろまく)とは、政治において国を行使する強力な人物。表の最高権力者を裏で操る人物や、最高権力者を降りた後にも政治的影響力を行使する人物などである。 語源は歌舞伎で、舞台裏で黒い幕を操作し進行に関わることから、背後で影響力を行使する強力な人物をこの進行役になぞらえ、こう呼ぶようになった。 欧米諸国では灰色の枢機卿(Éminence grise:直訳すると「灰色の猊下」)という。.

新しい!!: 満州事変と黒幕 · 続きを見る »

黒竜江省 (中華民国)

黒竜江省(こくりゅうこうしょう)は、かつて中華民国に存在した省。.

新しい!!: 満州事変と黒竜江省 (中華民国) · 続きを見る »

黒河口岸

黒河口岸(こくが-こうがん)は中華人民共和国黒竜江省黒河市のアムール川の中州大黒河島にある、ロシア連邦アムール州ブラゴヴェシチェンスクとの間を結ぶ水路出入国検査場。 黒河口岸は1858年に清露の間で『璦琿条約』が締結された時代にさかのぼることができる。清末より民間及び政府間の小規模な貿易が行われていたが、1931年の満州事変とそれに続く満州国の建国により貿易は停止、中華人民共和国成立後の1957年に再び小規模貿易が開始されたが、文化大革命により再び国境は閉鎖された。 1982年1月、国務院は黒河口岸の運用再開を決定、1983年3月に中ソ両国政府で関係文書を批准し1986年7月より地方貿易が再開された。またそれまで夏季のみの水上輸送に限定していた国境を、1988年2月以降はアムール川が氷結する冬季も車両による国境通過が認められ、同年9月に対岸両都市間の観光が開放されて移行、民間の経済交流が一層活発になった。 夏季は水上輸送、冬季は氷上輸送であるが、流氷期にはホバークラフトによる往来が可能であり、年間を通して多くの旅行者がこの出入国検査場を利用している。 Category:黒龍江省の交通 Category:黒龍江省の建築物 Category:黒河市 Category:中国の国境検問所 Category:アムール川水系 Category:河川港 Category:中国の港湾 Category:フェリーターミナル Category:ロシアの国境.

新しい!!: 満州事変と黒河口岸 · 続きを見る »

黄禍論

禍論(おうかろん / こうかろん、、Yellow Peril)とは、19世紀半ばから20世紀前半にかけてヨーロッパ・北アメリカ・オーストラリアなどの白人国家において現れた、黄色人種脅威論。人種差別の一種である。フランスでは1896年の時点でこの言葉の使用が確認されており、ドイツ帝国の皇帝ヴィルヘルム2世が広めた寓意画『』によって世界に流布した。日清戦争に勝利した日本に対して、ロシア・ドイツ・フランスが自らの三国干渉を正当化するために浴びせた人種差別政策で、続く日露戦争の日本勝利で欧州全体に広まった。.

新しい!!: 満州事変と黄禍論 · 続きを見る »

黄旭初

旭初(こう きょくしょ)は、中華民国の軍人・政治家。国民政府(国民革命軍)、新広西派(新桂系)の軍人で、後に広西省政府主席として十数年にわたり広西省の内政を担当した。字などの別号については不詳。.

新しい!!: 満州事変と黄旭初 · 続きを見る »

輜重兵

輜重兵(しちょうへい)または輜重兵科(しちょうへいか)は、大日本帝国陸軍の兵科の1つ。兵站を担当した。 輜重の輸送を行う雑卒である輜重輸卒(後に輜重特務兵と改称)たちを警備し、管理・統制するのが輜重兵であったが、帝国陸軍内部でも「輜重兵」と「輜重輸卒」の区別が明確に認識されていなかった。 陸上自衛隊においては、輸送業務や輸送統制を行う「輸送科」、糧食・燃料などの補給を行う「需品科」に相当する。.

新しい!!: 満州事変と輜重兵 · 続きを見る »

農本主義

農本主義(のうほんしゅぎ)は、第二次世界大戦前の日本において、立国の基礎を農業におくことを主張した思想もしくは運動である。英語ではpeasantism(農民主義)。.

新しい!!: 満州事変と農本主義 · 続きを見る »

辻政信

辻 政信(つじ まさのぶ、1902年(明治35年)10月11日 - 1968年(昭和43年)7月20日)は、日本の陸軍軍人、政治家。軍人としての最終階級は陸軍大佐。 ノモンハン事件、太平洋戦争中のマレー作戦、ポートモレスビー作戦、ガダルカナル島の戦いなどを参謀として指導し、軍事作戦指導では「作戦の神様」と讃えられた。 その一方で、指揮系統を無視した現場での独善的な指導、部下への責任押し付け、自決の強要、戦後の戦犯追及からの逃亡などについて批判がある。 敗戦後は数年間を国内外で潜伏したのち戦記を上梓し、ベストセラーとなった。政治家に転身し衆議院議員(4期)、参議院議員(1期)を歴任した。参議院議員在任中の1961年(昭和36年)4月に視察先のラオスで行方不明となり、1968年(昭和43年)7月20日に死亡宣告がなされた。.

新しい!!: 満州事変と辻政信 · 続きを見る »

近代から現代にかけての世界の一体化

近代から現代にかけての世界の一体化では、第一次世界大戦勃発から超大国としてのアメリカ合衆国・ソビエト連邦の台頭、第二次世界大戦とヨーロッパ諸国の没落、アジア・アフリカ諸国の独立を取り扱う。 第一次世界大戦の終結において、初めて、民族名あるいは地域名を国家名に名乗らないソビエト連邦が結成された。また、戦場とならなかったアメリカ合衆国は第一次世界大戦を契機にヨーロッパ諸国に対して債権国へと成長を遂げた。 民族自決の原則がドイツ帝国、ロシア帝国、オーストリア=ハンガリー帝国の旧領で適用されたが、東欧諸国の独立はソビエト連邦と西ヨーロッパ諸国との間の緩衝国としての役割を持ったにすぎず、独立した各国がそれぞれ民族問題を内包する結果となった。加えて、アジアやアフリカでは民族自決の原則が適用されず、多くの国の独立が第二次世界大戦終了を待たなければならなかった。 第二次世界大戦で勝利したアメリカとソ連は、全世界で冷戦と呼ばれる衝突を繰り返した。その中で展開されたベトナム戦争において、アメリカは経済的に日本と西ドイツの台頭を許す結果となった。1967年のヨーロッパ共同体(EC)結成を契機に、西側諸国は米欧日の三極構造へと徐々に変遷していく。また、ワルシャワ条約機構を中心に東側諸国を衛星国化したソ連もまた、中華人民共和国、ユーゴスラビアがソ連に対して離反する動きを見せ始めた時代であった。 第二次世界大戦以降、かつての植民地の多くが政治的に独立を達成していった。そのなかで、西側諸国の枠組みの中で、東南アジア諸国連合(ASEAN)が1967年に結成されるなど、各地域で政治的のみならず、経済的自立を模索する時代へと突入していった。.

新しい!!: 満州事変と近代から現代にかけての世界の一体化 · 続きを見る »

近衛上奏文

近衛上奏文(このえじょうそうぶん)は、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)2月14日に、近衛文麿が昭和天皇に対して出した上奏文。.

新しい!!: 満州事変と近衛上奏文 · 続きを見る »

近藤宮子

近藤宮子(こんどう みやこ、1907年3月21日 - 1999年4月8日)は、日本の唱歌作詞家。唱歌『チューリップ』、『こいのぼり』作詞者。   .

新しい!!: 満州事変と近藤宮子 · 続きを見る »

近藤栄蔵

近藤 栄蔵(こんどう えいぞう、1883年(明治16年)2月5日 - 1965年(昭和40年)7月3日)は、日本の社会主義運動家、で(第一次)日本共産党幹部である。「暁民共産党事件」の被弾圧者の一人。.

新しい!!: 満州事変と近藤栄蔵 · 続きを見る »

茨城交通水浜線

| 水浜線(すいひんせん)は、かつて茨城県の水戸市と那珂湊町(現在のひたちなか市)を結んでいた、茨城交通の路面電車である。1966年(昭和41年)に全線が廃止された。.

新しい!!: 満州事変と茨城交通水浜線 · 続きを見る »

范漢傑

范 漢傑(はん かんけつ、)は、中華民国の軍人。広東軍(粤軍)出身の軍人で後に国民革命軍に属す。日中戦争などで活躍したが、国共内戦では敗北、捕虜とされた。名は其迭だが、字の漢傑で知られる。.

新しい!!: 満州事変と范漢傑 · 続きを見る »

胡瑛 (湖南)

胡 瑛(こ えい)は、清末民初の政治家・軍人・革命家。中国同盟会以来の革命派人士。民国成立後に、一時は袁世凱の皇帝即位運動に加担した人物である。旧名は宗琬。字は経武。号は萱庵。祖籍は浙江省紹興府。なお、同じく中国同盟会に属し、後に孫文(孫中山)の側近となった雲南省出身の軍人にも、同姓同名の別人である胡瑛という人物が存在する。.

新しい!!: 満州事変と胡瑛 (湖南) · 続きを見る »

胡適

胡 適(漢音:こ せき、慣用音:こ てき)は、中華民国の学者・思想家・外交官。原名は嗣穈、字は希彊、後に適と改名した。「適者生存survival of the fittest(スペンサーの造語)」に由来する。字は適之。アメリカの哲学者ジョン・デューイのもとでプラグマティズムを学ぶ。北京大学教授のち学長。国民党を支持したため戦後は米国に亡命したのち、1957年に台湾に移住した。.

新しい!!: 満州事変と胡適 · 続きを見る »

胡漢民

胡 漢民(こ かんみん)は清末民初の政治家。中国同盟会以来の革命派人士で、中国国民党の長老。蒋介石と権力闘争を繰り広げたことでも知られる。旧名は衍鴻、字は展堂。.

新しい!!: 満州事変と胡漢民 · 続きを見る »

胡政之

胡 政之(こ せいし)は、中華民国のジャーナリスト・実業家・政治家。新聞の『大公報』、通信社の国聞通訊社において、記者・経営者の両面で活動した人物として知られる。名は霖だが、字の政之の方が一般に使われることが多い。筆名は冷観、静観。.

新しい!!: 満州事変と胡政之 · 続きを見る »

鈴木美通

鈴木 美通(すずき よしゆき、1882年9月2日 - 1956年3月14日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と鈴木美通 · 続きを見る »

鈴木貞一

鈴木 貞一(すずき ていいち、1888年(明治21年)12月16日 - 1989年(平成元年)7月15日)は、日本の軍人、陸軍中将。千葉県出身。通称「背広を着た軍人」。「三奸四愚」と呼ばれた東條英機側近三奸の一人とされる。.

新しい!!: 満州事変と鈴木貞一 · 続きを見る »

興安軍

興安軍(こうあんぐん)とは、満州国内のモンゴル族居住地域である興安省(興安四省)、熱河省を含む地域(現在の内モンゴル自治区の東部に相当。)を管轄した満州国軍の部隊の総称。兵員はモンゴル人によって構成されており、騎兵を主力部隊としていた。.

新しい!!: 満州事変と興安軍 · 続きを見る »

阪田誠盛

阪田 誠盛(さかた しげもり、1900年3月21日-1975年2月)は日本の実業家。元陸軍将校。日本陸軍の特務機関である「松機関(阪田機関)」を組織、満州・上海・香港を舞台に数々の謀略に携わる。帝国陸軍はもとより、蒋介石率いる国民軍からも絶大な信頼を得た稀有な日本人。中国名は田誠。.

新しい!!: 満州事変と阪田誠盛 · 続きを見る »

阿佐ヶ谷文士村

阿佐ヶ谷文士村(あさがやぶんしむら)は、昭和時代を中心に東京府豊多摩郡杉並町阿佐ヶ谷(現在の杉並区阿佐ヶ谷地域)に文士などが集い、いわゆる文士村が形成された地域の呼称であるやなどが示しているように阿佐ヶ谷文士村の特徴として文士は阿佐ヶ谷界隈に集ったものの、鉄道(中央線)が利用できるため居住地は阿佐ヶ谷以外にも隣の高円寺駅や荻窪駅など比較的近隣にも分散していた。その例として、中心人物である井伏鱒二は阿佐ヶ谷によく顔を出していたものの、居住地は荻窪である。が示している通り、「阿佐ヶ谷文士村」という呼称は杉並区立阿佐谷図書館が開館した1993年に杉並区によって命名された比較的新しい名前である。。.

新しい!!: 満州事変と阿佐ヶ谷文士村 · 続きを見る »

赤城 (空母)

赤城(あかぎ)は、日本海軍の航空母艦。.

新しい!!: 満州事変と赤城 (空母) · 続きを見る »

赤沢康平

赤沢 康平(文久3年(1863年)8月1日 - 没年不明)は日本の実業家。旧徳島藩士『島根鳥取名士列伝』一三九。 元自治大臣赤沢正道の父。衆議院議員赤沢亮正は曾孫。.

新しい!!: 満州事変と赤沢康平 · 続きを見る »

関東軍

関東軍(かんとうぐん、)は、大日本帝国陸軍の総軍の一つ(1942年(昭和17年)10月1日以前は軍の一つ)。.

新しい!!: 満州事変と関東軍 · 続きを見る »

閻伝フツ

閻 伝紱(えん でんふつ)は、中華民国・満州国の政治家。満州国では司法部大臣などをつとめた。字は紉韜。.

新しい!!: 満州事変と閻伝フツ · 続きを見る »

閻沢溥

閻 沢溥(えん たくふ)は、中華民国の政治家・銀行家。字は庭瑞。.

新しい!!: 満州事変と閻沢溥 · 続きを見る »

閃光のナイトレイド

『閃光のナイトレイド』(せんこうのナイトレイド、SENKO NO NIGHT RAID)は、A-1 Pictures制作の日本のテレビアニメ。テレビ東京とアニプレックスによるオリジナルアニメ・プロジェクト「アニメノチカラ」の第2弾作品である。.

新しい!!: 満州事変と閃光のナイトレイド · 続きを見る »

間島出兵

間島出兵は、満州の間島(現・中華人民共和国吉林省延辺朝鮮族自治州)で日本軍が朝鮮人や中国人の活動家、匪賊、馬賊に対して実施した鎮圧・掃蕩作戦である。.

新しい!!: 満州事変と間島出兵 · 続きを見る »

間島問題

間島問題(かんとうもんだい)とは、中国吉林省東南部の豆満江北方左岸地域「間島」(現在の延辺朝鮮族自治州)の領有権その他の問題を一括して称したもの。20世紀前半の日本の大きな軍事・外交問題の1つであった。.

新しい!!: 満州事変と間島問題 · 続きを見る »

門戸開放政策

戸開放政策(もんこかいほうせいさく、)とは、特定の地域において、全ての国の全ての国民に対し、等しい商業及び工業活動の機会が与えられるべきであるという主張である。日本では一般的に自由貿易政策と呼ばれることが多い。これはもともとアメリカによって進められたものであるが、アヘン戦争後の清国-アメリカ間の条約において、すでにこの方針は現れていた。門戸開放政策は、1978年からの鄧小平による中華人民共和国の経済改革方針で示された改革開放政策も、これと同等である。 上記の理由から門戸開放政策は一般的に中国と関連付けられることが多いが、もともとは1885年のベルリン会議で、コンゴ盆地においていかなる権力も特恵関税を課すことはできないと定めた経緯があり、中国に対してもそれを倣っている。.

新しい!!: 満州事変と門戸開放政策 · 続きを見る »

藍川清成

藍川 清成(あいかわ きよなり、1872年5月21日(明治5年4月15日) - 1948年(昭和23年)9月7日)は、明治末期から大正、昭和初期にかけて活動した日本の弁護士、政治家、実業家。 岐阜県出身。まず弁護士として開業し、政界や実業界に進出した。政治家としては愛知県議会議員、名古屋市会議員、衆議院議員(当選1回)を歴任。実業界では愛知電気鉄道(愛電)社長、名古屋鉄道(名鉄)社長などを務めた。.

新しい!!: 満州事変と藍川清成 · 続きを見る »

藍衣社

藍衣社(らんいしゃ)は、蒋介石直属の国民政府の情報・工作機関。正式名称は三民主義力行社樹中毅「」アジア研究 51(1), 2005年、アジア政経学会、また中華民族復興社(ちゅうかみんぞくふっこうしゃ)。軍統など特務機関を含めた総称して藍衣社と呼ぶ場合もある。イタリアの黒シャツ隊に倣って藍色の制服を着用していたことから「藍衣社」と一般に呼び習わされていた。.

新しい!!: 満州事変と藍衣社 · 続きを見る »

藤井崇治

藤井 崇治(ふじい そうじ、1894年7月1日 - 1975年3月18日)は、大正、昭和期の逓信官僚。電源開発総裁。広島県深安郡山野村(現福山市山野町)出身。.

新しい!!: 満州事変と藤井崇治 · 続きを見る »

藤田勇 (新聞記者)

藤田 勇(ふじた いさむ、1887年-没年不詳)は日本の新聞記者、実業家、阿片ブローカー、フィクサー。『東京毎日新聞』や『報知新聞』の記者を経て1919年に東京毎日新聞社社長となり、「厳正非中立」を掲げて組合運動や社会主義者、アナキストを支援。1923年にはヨッフェ訪日を実現させた。他方で貴族院の「研究会」の黒幕となり、日中戦争期には上海への麻薬の密輸に携わった。.

新しい!!: 満州事変と藤田勇 (新聞記者) · 続きを見る »

闖関東

闖関東(ちんかんとう、、チュァングヮンドン) は、中国語で「関東(山海関の東)へ進出する」と言う意味で、19世紀後半から、20世紀前半にかけて行われた山東半島に棲む中国人(特に漢民族)の遼東以北への民族移動を指すことが多い。.

新しい!!: 満州事変と闖関東 · 続きを見る »

葉巻きたばこ

ナサイズの葉巻き 葉巻きたばこ(はまきたばこ)はたばこの形態の一種。単に「葉巻」と呼称されることが一般的である。同時に近年は「シガー」と呼ばれることが多くなっている。.

新しい!!: 満州事変と葉巻きたばこ · 続きを見る »

蒋介石

蒋 介石(しょう かいせき、繁体字:蔣介石、1887年10月31日 - 1975年4月5日)は、中華民国の政治家、軍人。第3代・第5代国民政府主席、初代中華民国総統、中国国民党永久総裁。国民革命軍・中華民国国軍における最終階級は特級上将(大元帥に相当)。名は中正で、介石は字、。浙江省寧波府奉化県出身。日本・中国本土では蔣介石の呼び名で知られているが、台湾では蔣中正(チャン・チョンヂェン、蔣中正)の名称が一般的。英語ではChiang Kai-shek(チアン・カイシェック)と呼ばれる。 孫文の後継者として北伐を完遂し、中華民国の統一を果たして同国の最高指導者となる。1928年から1931年と、1943年から1975年に死去するまで国家元首の地位にあった。しかし、国共内戦で毛沢東率いる中国共産党に敗れて1949年より台湾に移り、その後大陸支配を回復することなく没した。.

新しい!!: 満州事変と蒋介石 · 続きを見る »

蒋介石政権

蒋介石政権(しょうかいせきせいけん)とは、中華民国における政権の1つ。中国国民党の蒋介石を事実上の指導者(一時、国民党総裁と軍事委員長)とした南京国民政府(なんきんこくみんせいふ)の異称。.

新しい!!: 満州事変と蒋介石政権 · 続きを見る »

蒋作賓

蒋 作賓(しょう さくひん)は中華民国の軍人・政治家・外交官。中国同盟会以来の革命派の人士で、主に孫文・蒋介石の側近として活躍した。また、国民政府時代には外交官としても活動し、初代駐日大使としても知られる。字は雨岩。.

新しい!!: 満州事変と蒋作賓 · 続きを見る »

蔡廷カイ

蔡 廷鍇(さい ていかい)は、中華民国・中華人民共和国の軍人・政治家。国民政府(国民革命軍)の軍人で、粤軍(広東軍)の指揮官。後に福建事変に参加し、中国国民党革命委員会(民革)に加わるなど、反蒋介石派の要人となった。字は賢初。.

新しい!!: 満州事変と蔡廷カイ · 続きを見る »

蔡元培

蔡 元培(さい げんばい)は、清末民初の政治家、教育家。字は鶴卿又は仲申、民友、孑民。 中華民国初代教育総長を務め、1916年から1927年までは北京大学学長(1923年以降は北京大学を離れており名目的な学長)として北大改革を行い、学術と自由の校風を確立した。北伐時期、国民政府が南京に遷都した後に教育行政委員会を主催し、中華民国大学院及び中央研究院(国立アカデミー)の設立準備作業に活躍、教育及び学術制度の改革を唱えた。1928年から1940年までは中央研究院院長に就任している。 蔡元培は冷静な中国社会の分析と、2度のヨーロッパ留学でルネッサンスの科学精神とフランス革命の思想を体得し、民権と女性の権利を提唱、自由主義を掲げ既存の儒教教育に基づく官僚登用制度の弊害を訴え、科学主義と公民道徳教育の充実による教育改革を要求した。 蔡元培は生涯3度結婚している。1889年3月には王昭(仲明)と結婚し、1900年に王昭が病没したことから翌年黄世振(仲玉)と結婚した。黄世振も1921年1月に病没し、1923年7月には周峻(養浩)と再婚した。周峻は1975年8月に病没するが、その間に阿根、無忌、柏齡、懐新、英多の5男と威廉、睟盎の2女をもうけている。.

新しい!!: 満州事変と蔡元培 · 続きを見る »

蔵王橋 (長岡市)

蔵王橋(ざおうばし)は、新潟県長岡市の信濃川に架かる、橋長808.0 m、幅員12.5 mを有する国道352号(重複:国道403号)の道路橋梁。初代の橋は1958年(昭和33年)竣工され、現在の橋は1994年(平成6年)11月竣工。二車線で両側には歩道を有する。.

新しい!!: 満州事変と蔵王橋 (長岡市) · 続きを見る »

鄒韜奮

鄒 韜奮(すう とうふん)は中華民国の教育者・ジャーナリスト。名は恩潤だが筆名の韜奮で知られる。抗日主張を展開した言論人として知られ、中国国民党(国民政府)の安内攘外政策を厳しく批判した。国民政府の弾圧を受け一時拘禁された「七君子」の1人としても著名である。他の筆名には、因公、落霞、心水、秋月、木旦、笑世などもある。祖籍は江西省饒州府安仁県。なお、中華人民共和国で国務院副総理を務めた鄒家華は長男、気象学者の鄒競蒙は次男である。.

新しい!!: 満州事変と鄒韜奮 · 続きを見る »

鄒魯

鄒 魯(すう ろ)は、中華民国の政治家・革命家・教育者。中国同盟会に属した革命派の人士。その後、中国国民党の要人となり、西山会議派の一員としても知られる。字は海濱。.

新しい!!: 満州事変と鄒魯 · 続きを見る »

野田佳彦

野田 佳彦(のだ よしひこ、1957年(昭和32年)5月20日 - )は、日本の政治家。院内会派「無所属の会」所属の衆議院議員(8期)。 千葉県議会議員(2期)、財務副大臣(鳩山由紀夫内閣)、財務大臣(第14代)、内閣総理大臣(第95代)、民主党国会対策委員長(第7代・第10代)、民主党幹事長代理、民主党代表(第9代)、民主党最高顧問、民進党幹事長(第2代)などを歴任。.

新しい!!: 満州事変と野田佳彦 · 続きを見る »

重光葵

重光 葵(しげみつ まもる、1887年(明治20年)7月29日 - 1957年(昭和32年)1月26日)は、第二次世界大戦期の、日本の外交官・政治家である。.

新しい!!: 満州事変と重光葵 · 続きを見る »

重藤千秋

重藤 千秋(しげとう ちあき、1885年(明治18年)1月31日 - 1942年(昭和17年)7月26日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。満州事変における工作者の1人。.

新しい!!: 満州事変と重藤千秋 · 続きを見る »

重慶爆撃

重慶を爆撃する日本軍の爆撃機を写した空中写真(1940年) 重慶爆撃(じゅうけいばくげき)は、日中戦争(支那事変)中の1938年12月18日から1943年8月23日にかけて、日本軍により断続的に218回行われた重慶に対する戦略爆撃。.

新しい!!: 満州事変と重慶爆撃 · 続きを見る »

臧式毅

臧 式毅(ぞう しきき)は中華民国の軍人・政治家。北京政府、奉天派の軍人で、後に満州国の要人となった。字は奉久。.

新しい!!: 満州事変と臧式毅 · 続きを見る »

臨時利得税

臨時利得税(りんじりとくぜい)は、臨時の超過とされる利得に課せられた税である。.

新しい!!: 満州事変と臨時利得税 · 続きを見る »

臨時装甲列車

臨時装甲列車(りんじそうこうれっしゃ)とは、日本陸軍が満州と中国で使用するために昭和7年(1932年)に製作した装甲列車である。.

新しい!!: 満州事変と臨時装甲列車 · 続きを見る »

臨時軍事費特別会計

臨時軍事費特別会計(りんじぐんじひとくべつかいけい)とは、第二次世界大戦以前の日本において行われていた特別会計の1つで、戦争における大日本帝国陸軍及び大日本帝国海軍の作戦行動に必要な経費を一般会計から切り離して、戦争の始期から終期までを1会計年度とみなして処理された。.

新しい!!: 満州事変と臨時軍事費特別会計 · 続きを見る »

自動車製造事業法

自動車製造事業法(じどうしゃせいぞうじぎょうほう)は、国防整備と産業発展を目的に自動車製造業の営業許可制などを定めていた日本の法律である。1930年代後半から行われた一連の統制経済立法のひとつ。軍用として重要な自動車の国産化推進のため、外国資本を排除することが主たる狙いだった。.

新しい!!: 満州事変と自動車製造事業法 · 続きを見る »

釜石鉱山鉄道C1 20形蒸気機関車

釜石鉱山鉄道C1 20形蒸気機関車(かまいしこうざんてつどうC1 20がたじょうききかんしゃ)は、釜石鉱山鉄道で使用された蒸気機関車の1形式である。1933年より製造が開始され、1965年3月28日の釜石鉱山鉄道線廃止まで32年にわたって同鉄道線の主力機関車として重用された。なお、形式称号は軸配置(日本国鉄式)および自重(トン数)を組み合わせたものである。.

新しい!!: 満州事変と釜石鉱山鉄道C1 20形蒸気機関車 · 続きを見る »

里見甫

里見 甫(さとみ はじめ、1896年1月22日 - 1965年3月21日)は、ジャーナリスト、実業家。関東軍と結託しアヘン取引組織を作り、阿片王と呼ばれた。中国名李鳴。.

新しい!!: 満州事変と里見甫 · 続きを見る »

金壁東

金 壁東(きん へきとう)(1896年-1941年)は、中華民国・満州国の政治家・軍人。清朝皇族、粛親王善耆の第七子。母は第一側妃程佳氏。夫人は武毅謀勇公徳壽の娘烏雅氏。川島芳子の異母兄。 本名:愛新覚羅憲奎。別名:金壁東。.

新しい!!: 満州事変と金壁東 · 続きを見る »

金中建

金中建 金 中建(きん ちゅうけん、김 중건、、キム・ジュンゴン、1889年12月6日 - 1933年3月24日)は朝鮮の独立活動家。雅名は笑来。.

新しい!!: 満州事変と金中建 · 続きを見る »

金弘壹

金 弘壹(キム・ホンイル、김홍일、1898年9月23日 - 1980年8月8日)は大韓民国の軍人、外交官、政治家。乳名は金弘日(キム・ホンイル、김홍일)。別名は崔世平(チェ・セピョン、최세평)。中国名は王雄、王逸曙、王復高。本貫は金海金氏。号は逸曙(일서)。金弘一、金弘壱、金弘逸とも表記される。甥に金英哉がいる。 日韓併合時、中国に亡命して大韓民国臨時政府に属した独立運動家の一人。大韓民国成立後は韓国陸軍に入隊し、朝鮮戦争初期の遅延戦において重要な働きをした。朴正熙政権時代は反対派野党の精神的支柱として重きを為した。.

新しい!!: 満州事変と金弘壹 · 続きを見る »

金光恵次郎

金光 恵次郎(かねみつ けいじろう/えじろう、1896年(明治29年)3月12日 - 1944年(昭和19年)9月6日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐。.

新しい!!: 満州事変と金光恵次郎 · 続きを見る »

金田一春彦

金田一 春彦(きんだいち はるひこ、1913年4月3日 - 2004年5月19日)は、日本の言語学者、国語学者。国語辞典などの編纂、日本語の方言におけるアクセント研究でよく知られている。文学博士(東京大学、1962年)。栄典は瑞宝重光章・勲三等旭日中綬章・紫綬褒章。 その他の表彰歴として文化功労者、東京都名誉都民など。 父の金田一京助も言語学者で東京帝大教授。長男の金田一真澄はロシア語学者で慶應義塾大学教授、次男の金田一秀穂は言語学者で杏林大学外国語学部教授、長女の美奈子はゴルフ関係のライター。父・京助の従姉妹の夫に実業家の金田一国士。.

新しい!!: 満州事変と金田一春彦 · 続きを見る »

金解禁

金解禁(きんかいきん)あるいは金輸出解禁(きんゆしゅつかいきん)とは、金の輸出許可制を廃止して金本位制に復帰すること。イングランド銀行は1823年に全解禁していたところ、2年後の恐慌で金を流出させた。 日本においては、1930年(昭和5年)に濱口内閣によって行われた金解禁を指す。翌年、犬養内閣が金輸出(再)禁止に及ぶ。金解禁は再禁止に至る一連の経済政策をまとめて指すこともある。この国では新貨条例制定前から、伊藤博文や吉田清成といった金本位制を主張する勢力がくすぶっていた。当時のお雇い外国人や今日の研究は、世界的潮流であった銀本位制の方がイギリスほど豊かでなかった国情に相応しかったと考えている。 本項においては金解禁停止(金輸出禁止)のきっかけとなったドル買事件についても併せて解説する。.

新しい!!: 満州事変と金解禁 · 続きを見る »

金谷範三

金谷 範三(かなや はんぞう、1873年4月24日 - 1933年6月6日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。.

新しい!!: 満州事変と金谷範三 · 続きを見る »

金錫源

金 錫源(キム・ソグォン、김석원、1893年9月29日 – 1978年8月6日)は、大日本帝国陸軍及び大韓民国陸軍の軍人、教育家、政治家。日本名は金山錫源(かねやま しゃくげん)。日本統治下の朝鮮出身の日本陸軍軍人としては、王公族軍人を除き、洪思翊中将(陸軍大学校卒業者)に次ぐ高い階級であった。現在の韓国では親日反民族行為者に認定されている。.

新しい!!: 満州事変と金錫源 · 続きを見る »

金鵄勲章

金鵄勲章(きんしくんしょう)は、かつて制定されていた日本の勲章の一つ。日本唯一の武人勲章とされ、武功のあった陸海軍(陸軍・海軍)の軍人および軍属に与えられた。金鵄章ともいう。 「金鵄」という名前の由来は、神武天皇の東征の際に、神武の弓の弭にとまった黄金色のトビ(鵄)が光り輝き、長髄彦の軍を眩ませたという日本神話の伝説に基づく。.

新しい!!: 満州事変と金鵄勲章 · 続きを見る »

金栄桂

金 栄桂(きん えいけい)は中華民国、満州国の政治家。字は伯衡。.

新しい!!: 満州事変と金栄桂 · 続きを見る »

長谷川才次

長谷川 才次(はせがわ さいじ、1903年(明治36年)10月1日 - 1978年(昭和53年)3月10日)は、時事通信社の初代代表取締役。時事画報社、内外ニュースの創業者。勲一等瑞宝章受章。 同盟通信社在職中から記者として活動し、戦後は保守系言論人としても活動した。1945年の時事通信社創業以来、四半世紀余りにわたって同社を率いたが、労使対立を招いた責任を取って1971年に辞任した。.

新しい!!: 満州事変と長谷川才次 · 続きを見る »

長野日報

長野日報(ながのにっぽう)は、株式会社長野日報社が長野県南信の諏訪地方および上伊那地方で発行する地方新聞。日本新聞協会および全国郷土紙連合加盟社。.

新しい!!: 満州事変と長野日報 · 続きを見る »

鉄道連隊

鉄道連隊(てつどうれんたい)は戦地における鉄道の建設・修理・運転や敵の鉄道の破壊に従事する連隊。本項目では、日本陸軍が保有した鉄道連隊について説明する。.

新しい!!: 満州事変と鉄道連隊 · 続きを見る »

若槻禮次郎

若槻 禮次郞(わかつき れいじろう、慶応2年2月5日(1866年3月21日) - 昭和24年(1949年)11月20日)は、日本の大蔵官僚、政治家。栄典は正二位勲一等男爵。旧姓は奥村。幼名は源之丞。号は克堂。新字体にて若槻 礼次郎と表記されることもある学術誌、研究書、辞典類、文部科学省検定教科書では歴史人物名の表記として「若槻礼次郎」、存命当時の『職員録』などでは「若槻禮次郎」、御署名原本における署名も「若槻禮次郎」(ただし「禮」は草書体)である。。 貴族院議員、大蔵大臣(第18・20代)、内務大臣(第41・42代)、内閣総理大臣(第25・28代)、拓務大臣(第4代)などを歴任した。.

新しい!!: 満州事変と若槻禮次郎 · 続きを見る »

若浪義光

若浪 義光(わかなみ よしみつ、1914年5月6日 - 1982年12月30日)は、樺太恵須取郡恵須取町(現在のサハリン・ウグレゴルスク)出身で1940年代に活躍した立浪部屋所属の元大相撲力士。最高位は東前頭19枚目(1940年5月場所)。本名は若林 義光(わかばやし よしみつ)。現役時代の体格は身長176cm、体重94kg。得意手は右四つ、寄り。.

新しい!!: 満州事変と若浪義光 · 続きを見る »

英国高等領事裁判所

英国高等領事裁判所(The British Supreme Court for China and Japan)は、中国、日本、及び朝鮮で発生した英国民に対する訴訟及び領事裁判の上告を処理するために、1865年に上海共同租界に設立された上級裁判所 。 アヘン戦争に勝利した英国は1842年に清と南京条約を締結し、さらに翌年の虎門寨追加条約で治外法権を獲得した。アロー戦争後の1858年に締結された天津条約で英国の権利はさらに拡大された。.

新しい!!: 満州事変と英国高等領事裁判所 · 続きを見る »

通州事件

通州事件(つうしゅうじけん)とは、日中戦争(支那事変・北支事変)の初期の1937年(昭和12年)7月29日に中国陥落区の通州(現:北京市通州区)において冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が、日本軍の通州守備隊・通州特務機関及び日本人居留民を襲撃・殺害した事件中村 (1986)、pp.403-404(産経ニュース、2017年7月29日)。通州守備隊は包囲下に置かれ、通州特務機関は壊滅し、200人以上におよぶ猟奇的な殺害、処刑が中国人部隊により行われた。通州虐殺事件とも呼ばれる。 通州は北平(現:北京市)の東約30kmにあった通県(現:北京市通州区北部)の中心都市で、日本が政治的目的のため北支五省で行った華北分離工作の結果、殷汝耕が南京政府から離脱して設立した冀東防共自治政府が置かれていた。.

新しい!!: 満州事変と通州事件 · 続きを見る »

通信社の歴史

本項では、通信社の歴史(つうしんしゃのれきし)を概観する。 国家を代表する通信社の栄枯盛衰は往々にして、その社が属する国家のそれと軌を一にしている。即ち、国家の勢力圏の拡大は通信社の販路の拡大に直結するものであり、通信社の配信する記事の増大は国家の発言力の増大を意味する。国営通信社にその傾向が顕著であることはもちろんであるが、その他の通信社も、多かれ少なかれ同様の性格を帯びている。フランスのアヴァスや日本の同盟通信社は、国家の降伏直後に解散。対してアメリカのAPは、第一次世界大戦後の国家の隆盛と歩調を合わせて伸長し、世界最大の通信社として躍り出た。 通信社はその業務の性格上、膨大な資金力を必要とする。殊に営利組織の場合、一般ニュースの配信のみで経営を維持するのは困難であり、資力に乏しい社は次々と淘汰された。それは、熾烈な競争を勝ち残ってきたロイターについても同様である。かつて栄華を誇った同社の一般ニュース部門は、1960年代には不採算部門の烙印を押され、一時は売却すら検討された。対して経済通信部門は隆盛を極め、同社の売り上げの大半を占めるまでに成長した。ロイターの事業規模は、一般ニュース部門ではAPの後塵を拝しているものの、社全体ではAPのおよそ10倍に達している。今や、経済・金融情報分野の勢力図に目を向けることなくしては、この業界の全貌を知ることはできなくなっている。.

新しい!!: 満州事変と通信社の歴史 · 続きを見る »

通称号

通称号(つうしょうごう)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍において、部隊の名称を秘匿するために用いられた暗号名の一種。秘匿名・秘匿号・通称符とも。.

新しい!!: 満州事変と通称号 · 続きを見る »

連合国 (第二次世界大戦)

ターリン) 第二次世界大戦における連合国(れんごうこく、Allies、United Nations)とは、枢軸国(ドイツ、イタリア、日本など)と敵対した国家連合。一般的に連合国共同宣言に署名した国などが該当する。 第二次世界大戦における連合国は、1939年9月1日、ドイツ国によるポーランド侵攻にはじまる欧州戦線でドイツの陣営と戦った国々と、1941年12月8日の日本によるマレー作戦及び真珠湾攻撃に始まる太平洋戦争(大東亜戦争)において日本の陣営と戦った国々がある。このうちイギリス、アメリカ合衆国、中華民国、オーストラリアを含む大部分の諸国は参戦の時点から終戦までの期間に日独両陣営と戦争状態にあったが、ソビエト連邦が対日戦に参戦したのは1945年8月のことである。 ドイツやその他の枢軸国から攻撃を受けるなどし、領域を喪失した政府が亡命政府となり、戦争に参加している。戦後これらの亡命政府の多くは帰国したが、ソ連の影響力が強い地域の亡命政府は復帰することができない例や、戦後まもなく亡命政府の継承政権が打倒されることもあった。一方でユーゴスラビアのパルチザンなど交戦当時は国家を代表する存在ではなかったが、国家を代表する存在として連合国の政府として承認される事例もあった。 連合国は戦後処理問題などで比較的緊密な連絡を取った。現在の国際連合 (United Nations) は、戦争中の連合国協議によって生まれた国際機関であり、連合国諸国が原加盟国となっている。特に中心となったアメリカ・イギリス・ソビエト連邦・フランス・中華民国は、国際連合憲章によって安全保障理事会における「常任理事国」の地位が与えられ、拒否権などの特権を有するなど、国際社会において強い影響を持つこととなった。.

新しい!!: 満州事変と連合国 (第二次世界大戦) · 続きを見る »

連合国軍占領下の日本

連合国軍占領下の日本(れんごうこくぐんせんりょうかのにほん)は、第二次世界大戦における日本の敗戦からサンフランシスコ講和条約締結までの間、連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) の占領下に置かれた日本である。 占領の形態について戦時占領説、保障占領説、特殊占領説がある。連合国は日本の占領を戦時占領とも保障占領ともとれる扱いを行っており、純粋な戦時占領や保障占領ではない特殊占領であるという見方が多い。.

新しい!!: 満州事変と連合国軍占領下の日本 · 続きを見る »

週刊朝日

『週刊朝日』(しゅうかんあさひ)は、朝日新聞出版(2008年3月までは朝日新聞社)発行の週刊誌。1922年に創刊され、サンデー毎日と並ぶ、日本の新聞社系老舗週刊誌。毎週火曜日発売。発行部数16万5,958部は週刊アサヒ芸能(発行部数17万5,391部)に次いで業界第8位。.

新しい!!: 満州事変と週刊朝日 · 続きを見る »

週刊昭和タイムズ

『週刊昭和タイムズ』(しゅうかんしょうわタイムズ)は、デアゴスティーニ・ジャパンが発行していたビジュアルマガジン。サブタイトルは「64年の記録と記憶」。2007年9月25日創刊。2008年12月22日終刊。1巻で1つの年を取り上げるため、全64巻が発行された。1巻560円、初巻のみ190円。毎週火曜日発売。.

新しい!!: 満州事変と週刊昭和タイムズ · 続きを見る »

陳友仁

陳 友仁(ちん ゆうじん)は中華民国の政治家・ジャーナリスト。中国国民党の要人で党内左派と目される。国民政府で外交部長をつとめ、「革命外交」を展開したことでも知られる。祖籍は広東省広州府香山県。英語名はEugene Ch'en(ユージン・チェン)。.

新しい!!: 満州事変と陳友仁 · 続きを見る »

陳宝チン

陳 宝琛(ちん ほうちん、Chen Baochen、1848年 - 1935年)は、清末の官僚・詩人・歴史家。字は伯潜、号は弢庵または陶庵、諡号は文忠。 福建省閩県螺洲(現在の福州市倉山区螺洲鎮)出身。1868年に進士となり、翰林院庶吉士、編修となる。1875年、翰林侍読となり、学士張佩綸、通政使黄体芳、侍郎宝廷と時局を議論するのを好み、「清流四諌」と称された。1881年、翰林院侍講学士となり、『穆宗本紀』の編纂にあたった。1882年、江西学政に任じられ、白鹿洞書院を修築した。1884年、清仏戦争で降格され、帰郷して読書の日々を送るようになった。故郷では先祖が建てた書庫の「賜書楼」を修築し、さらに新たに「滄趣楼」を建築した。1899年、鰲峰書院山長に任じられた。1905年に福建鉄路総弁となり、1907年には全閩師範学堂(現在の福建師範大学)を創設した。 1909年、北京に召し出されて礼学館総纂大臣に。1911年には宣統帝溥儀の帝師となるも、翌1912年に清朝が倒れ溥儀は退位。陳宝琛はそのまま溥儀に従って紫禁城に居留し『徳宗実録』の編纂に従事、1921年に本紀が完成すると太傅を授かった。この間、張勲復辟の際には議政大臣に推薦されている。1923年には総理内務府大臣として鄭孝胥を推薦し、1925年に溥儀が紫禁城を退去し天津に赴くとこれに従った。 満州事変を経て溥儀が満州国執政として擁立されると自らも同道される様に請われたものの拒絶、そのまま天津に寓居し1935年に死去した。蔵書家として知られ、10万冊を有していたという。.

新しい!!: 満州事変と陳宝チン · 続きを見る »

陳嘉庚

陳 嘉庚(タン・カーキー)は、中国・英領マラヤの実業家・政治家。1874年に福建省泉州府同安県に生まれ、1891年にシンガポールへ移住。1909年に本格参入したマレー半島におけるゴム業で財をなし、南洋華僑の巨頭として胡文虎と並び称された。1911年の辛亥革命では福建革命軍政府を支援しシンガポールの福建省出身華人の代表的存在として知られるようになった。教育事業にも注力し、郷里の福建省に1912年以降集美学校、1923年に廈門大学を創設するなどした。世界恐慌によるゴム業の衰退を受けて祖国(中国)救援運動に傾斜し、1938年10月に結成された南洋華僑籌賑祖国難民総会(NCRGA、南僑総会)の主席として国民政府を支援した。政治的には無党無派を旨としたが、1940年以降国民政府への批判・民主化要求を強め、革新的主張から戦後の華人社会からは疎外されて、1949年に中国へ帰郷。その後は郷里である福建省・アモイの開発事業や教育・福利施設の運営に注力した。.

新しい!!: 満州事変と陳嘉庚 · 続きを見る »

陳嘉佑

陳 嘉佑(ちん かゆう、)は、清末・中華民国の軍人。湖南軍(湘軍)出身の軍人で、後に国民革命軍に属した。国民政府時代は反蒋介石派の軍人と目されている。字は護方、護黄。.

新しい!!: 満州事変と陳嘉佑 · 続きを見る »

陳啓天

陳 啓天(ちん けいてん)は中華民国(台湾)の政治家・学者。中国青年党の指導者の1人として知られる。名を頻繁に変えており、幼名は翊林、譜名は声翊、小学・中学在学時の名は国権、辛亥革命時は春森、そして大学在学時に名を啓天、字を修平とした。筆名は明志、致遠。.

新しい!!: 満州事変と陳啓天 · 続きを見る »

陳公博

陳 公博(ちん こうはく、1892年10月19日 - 1946年6月3日)は、中華民国の政治家。日中戦争中に汪兆銘と共に日本との協調路線を政策方針とする南京政府を設立、戦後は日本に協力した漢奸として死刑となった。.

新しい!!: 満州事変と陳公博 · 続きを見る »

陳銘枢

陳 銘枢(ちん めいすう)は中華民国、中華人民共和国の軍人・政治家。国民政府(国民革命軍)の軍人で、粤軍(広東軍)の指揮官。後に、福建事変を主導し、中国国民党革命委員会にも参加した。字は真如。.

新しい!!: 満州事変と陳銘枢 · 続きを見る »

陳樹人

陳 樹人(ちん じゅじん)は中華民国の政治家・画家。中国同盟会以来の革命派人士で、中国国民党では汪兆銘(汪精衛)派の一員と目される。また、嶺南画派(19世紀末の広東省に勃興した中国伝統絵画の一派)の画家としても著名で、様々な作品を残している。祖籍は広東省広州府番禺県。.

新しい!!: 満州事変と陳樹人 · 続きを見る »

陳済棠

陳 済棠(ちん さいとう)は、中華民国の軍人。国民政府(国民革命軍)に属し、民国時代に広東省を統治した西南派の一員である。日中戦争(抗日戦争)勃発直前まで、蒋介石と対立していた。字は伯南。.

新しい!!: 満州事変と陳済棠 · 続きを見る »

陳春圃

陳 春圃(ちん しゅんほ)は中華民国の政治家。南京国民政府(汪兆銘政権)の要人。汪兆銘夫人・陳璧君の甥に当たる。.

新しい!!: 満州事変と陳春圃 · 続きを見る »

陸軍 (映画)

『陸軍』(りくぐん)は、1944年(昭和19年)公開の日本映画。木下惠介監督の第4作。木下が戦中に撮った4本中、最後の作品。 戦時下(第二次世界大戦)に、陸軍省の依頼で製作されたもの。作品の冒頭に「陸軍省後援 情報局國民映画」という表記がある。太平洋戦争の開戦日からほぼ3周年にあたる日に公開された。 白黒、スタンダード・サイズ。.

新しい!!: 満州事変と陸軍 (映画) · 続きを見る »

陸軍幼年学校

軍幼年学校(りくぐんようねんがっこう)は、大日本帝国陸軍において、選抜した満13歳以上・満15歳未満の男子(主に旧制中学校2年生)を、将来の将校候補者として教育するために設けられた全寮制の教育機関(軍学校)。プロイセンの Kadettenanstalt に範をとって設立された。通称・略称は陸幼・幼年校・幼年学校。.

新しい!!: 満州事変と陸軍幼年学校 · 続きを見る »

陸軍糧秣本廠流山出張所

軍糧秣本廠流山出張所(りくぐんりょうまつほんしょうながれやましゅっちょうじょ)は、千葉県東葛飾郡流山町大字流山字東谷(現:流山市流山九丁目)にあった日本陸軍の糧秣を保管、供給する施設である。略称は「流山糧秣廠」。 本出張所の開設当初の名称は「陸軍糧秣本廠流山秣倉庫」で、太平洋戦争敗戦時の名称は「陸軍糧秣本廠流山出張所」。その間にも名称変更があったと推察されるが詳細は不明である。 1977年当時の陸軍糧秣本廠流山出張所跡地(1977年11月23日) 糧秣廠とは、兵士の食糧と軍馬の飼料を管理した日本陸軍の部署のことである。糧秣本廠は東京府東京市深川区(現・東京都江東区深川)越中島にあったが、向島区本所(現・東京都墨田区本所)にあった軍馬用の飼料倉庫が手狭になったことと、飼料(干し草など)の自然発火の可能性などがあったため、本廠の出張所(倉庫)として流山出張所が設置された。 軍馬用の干し草と藁(わら)の主産地は、関東地方では流山町を中心とする千葉県や、近隣の茨城県であったため、流山町は江戸川の水運と鉄道(現在の常磐線と流鉄流山線)という物資輸送に有利な立地条件を持っていた。 このような事情から、本出張所の建設が1923年(大正12年)に開始され、1925年(大正14年)6月に完成した。 本出張所の所在地は、現在の流鉄流山線平和台駅の南西側で、 敷地面積は35,260坪(約116,562m2)、 建坪は3,560坪(約11,769m2)であった。 また、主な建造物は、1棟280坪(約926m2)の12棟の倉庫であった。 本出張所で管理した主な糧秣は、干し草、藁(わら)、牧草、大麦、燕麦、コーリャン、乾パン、肉の缶詰などで、近衛第一師団の各部隊に糧秣を供給し、宮内省や警視庁には牧草を供給した。 本出張所では干し草や牧草を圧搾機を使用して40kgに梱包する作業も行われた。 本出張所は1945年(昭和20年)、日本が太平洋戦争に敗戦し、解散した。.

新しい!!: 満州事変と陸軍糧秣本廠流山出張所 · 続きを見る »

陸軍飛行戦隊

飛行戦隊(ひこうせんたい、飛行戰隊)は、陸軍航空部隊こと大日本帝国陸軍の航空部隊における部隊編制単位の一つ。通称は戦隊。帝国陸軍における軍隊符号中の略字はFRないしF。 1930年代後半に従来の飛行連隊から飛行戦隊へ改編されて以降、支那事変(日中戦争)・ノモンハン事件・太平洋戦争(大東亜戦争)を経て敗戦に至るまで、陸軍航空部隊(ほかに陸軍航空隊・陸空軍・空軍・陸鷲とも呼称)において中核となる実戦部隊編制単位であった。 なお、「飛行戦隊」はあくまで「陸軍航空部隊」において基本となった「編制単位」であり、「陸軍航空部隊」自体にはほかにも独立飛行中隊といった各「飛行部隊」が多数存在している。そのため、「帝国陸軍の航空戦力自体」を指し示す場合は「陸軍航空部隊」と呼称することが適当となる。本項では「飛行戦隊」のみならず他関連部隊など、「陸軍航空部隊」自体について詳述する。.

新しい!!: 満州事変と陸軍飛行戦隊 · 続きを見る »

陸軍航空士官学校

軍航空士官学校(りくぐんこうくうしかんがっこう)とは、昭和期に存在した大日本帝国陸軍の航空兵科現役将校を養成する教育機関(軍学校)である。通称・略称として航士、航士校と呼ばれることもある。.

新しい!!: 満州事変と陸軍航空士官学校 · 続きを見る »

陸軍航空技術研究所

軍航空技術研究所(りくぐんこうくうぎじゅつけんきゅうじょ)は、日本陸軍の研究機関のひとつである。陸軍航空本部の下部組織として航空関係の器材「器材」の表記は参考文献と資料に従った、以下同じ。、燃料の考案、審査、あるいは航空技術の調査研究や試験を行った。1935年(昭和10年)8月、陸軍航空本部技術部が昇格独立して設立された。所在地は東京府立川町(1940年より立川市)に本部が置かれたほか、各地に出張所が設置された。 1942年(昭和17年)10月、陸軍航空技術研究所内の各部がそれぞれ独立し、第1陸軍航空技術研究所から第8陸軍航空技術研究所までの各陸軍航空技術研究所となった。1945年(昭和20年)8月の太平洋戦争(大東亜戦争)終結につづく陸軍解体で、各陸軍航空技術研究所はすべて廃止された。ここでは前身である陸軍航空本部技術部その他についても述べる。.

新しい!!: 満州事変と陸軍航空技術研究所 · 続きを見る »

陸軍航空本部

軍航空本部(りくぐんこうくうほんぶ)は、大日本帝国の陸軍大臣に隷属隷属(れいぞく)とは固有の上級者の指揮監督下に入ること。単に指揮系統だけでなく、統御、経理、衛生などの全般におよぶ。『帝国陸軍編制総覧 第一巻』61頁する機関のひとつであり、陸軍省の下部組織である。陸軍における航空関係の軍事行政と教育を統御、管理した。1919年(大正8年)4月に陸軍航空部として設立、1925年(大正14年)5月に陸軍航空本部となり段階的に権限が強化され、1936年(昭和11年)8月より陸軍省の外局となった。1938年(昭和13年)12月に陸軍航空総監部が設立されて以後、航空関係教育は陸軍航空本部の担当外となったが、陸軍航空総監部は構成員の大部分が陸軍航空本部との兼務であった。 所在地は当初「三宅坂」と通称される東京市麹町区隼町にあり、1941年(昭和16年)12月の太平洋戦争開戦とともに同市牛込区の陸軍士官学校跡地へ移転した。そのほか研究機関、関係工場等との連絡のため各地に出張所があった。 1945年(昭和20年)11月、太平洋戦争(大東亜戦争)敗戦後の陸軍解体にともない陸軍航空本部は廃止された。ここでは前身である陸軍航空部とともに述べる。.

新しい!!: 満州事変と陸軍航空本部 · 続きを見る »

陸軍悪玉論

軍悪玉論(りくぐんあくだまろん)とは、大日本帝国陸軍に第二次世界大戦にかけての日本の軍国主義化、日中戦争(支那事変)の拡大、国際政治における孤立、および太平洋戦争(大東亜戦争)の開戦と敗戦の全責任があるという主張。これに関連して大日本帝国海軍が歯止めとなり、太平洋戦争開戦についても消極的であったとする見方の海軍善玉論(かいぐんぜんだまろん)も主張される。 しかしながら歴史研究や理解の進んだ現在においては、陸軍の再評価ならびに海軍善玉論の見直しがされていることもあり、陸軍悪玉論・海軍善玉論は一方的に偏った不正確な主張として傍流となっている。.

新しい!!: 満州事変と陸軍悪玉論 · 続きを見る »

虹色のトロツキー

『虹色のトロツキー』(にじいろのトロツキー)は、安彦良和による日本の漫画作品。『月刊コミックトム』(潮出版社)にて、1990年11月号から1996年11月号まで連載された。昭和初期の満州国を舞台に当時メキシコに亡命していたレフ・トロツキーを満州に招く「トロツキー計画」とノモンハン事件がモチーフになっている。潮出版社から単行本が中央公論社より中公コミック文庫版が出版されている。.

新しい!!: 満州事変と虹色のトロツキー · 続きを見る »

JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント

株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント(ジェイブイシーケンウッド・ビクターエンタテインメント、英語:JVCKENWOOD Victor Entertainment Corp.)は、音楽ソフト発売・販売業務を行う日本企業であり、JVCケンウッドの子会社である。 1972年4月24日まで日本ビクターの音楽レコード事業部、2011年9月30日までは日本ビクターの子会社であった。旧社名は1972年4月25日から1993年3月31日まではビクター音楽産業株式会社(ビクターおんがくさんぎょう、略称:ビクター音産)、1993年4月1日から2014年3月31日まではビクターエンタテインメント株式会社(Victor Entertainment, Inc.)だった。.

新しい!!: 満州事変とJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント · 続きを見る »

W・E・B・デュボイス

W・E・B・デュボイス ウィリアム・エドワード・バーグハード・デュボイス(William Edward Burghardt Du Bois、1868年2月23日 - 1963年8月27日)は、アメリカ合衆国の公民権運動指導者、汎アフリカ主義、ブラック・ナショナリズムの先駆者、全米黒人地位向上協会の創立者。アフリカ系アメリカ人のイデオローグだが、父がハイチ出身であるためハイチ系アメリカ人でもある。.

新しい!!: 満州事変とW・E・B・デュボイス · 続きを見る »

柏市

柏市(かしわし)は千葉県北西部の東葛地域に位置する市。中核市、業務核都市に指定されている。人口約42万人(2017年4月時点)で、千葉県内では松戸市に次いで第5位である。東京都特別区部への通勤率は42.3%(平成28年国勢調査)。.

新しい!!: 満州事変と柏市 · 続きを見る »

柏木義円

柏木 義円(かしわぎ ぎえん、万延元年3月9日(1860年3月30日) - 昭和13年(1938年)1月8日)は日本の牧師、キリスト教思想家である。山川均に影響を与えた。日本組合基督教会牧師。.

新しい!!: 満州事変と柏木義円 · 続きを見る »

柳井恒夫 (外交官)

柳井 恒夫(やない ひさお、1895年(明治28年)11月6日『日本近現代人物履歴事典』534頁。 - 1981年(昭和56年)7月21日)は、大正・昭和期の外交官、弁護士。.

新しい!!: 満州事変と柳井恒夫 (外交官) · 続きを見る »

柳条湖事件

事件直後の柳条湖の爆破現場 柳条湖事件(りゅうじょうこじけん、柳条湖事件)は、関東軍の謀略によって起こった、満州事変の発端となる鉄道爆破事件森(1993)pp.20-23。 1931年(昭和6年、民国20年)9月18日、満州(現在の中国東北部)の奉天(現在の瀋陽市)近郊の柳条湖(りゅうじょうこ)付近で、日本の所有する南満州鉄道(満鉄)の線路が爆破された事件である川田(2010)pp.16-19。関東軍はこれを中国軍による犯行と発表することで、満州における軍事展開およびその占領の口実として利用した。 事件名は発生地の「柳条湖」に由来するが、長いあいだ「柳条溝事件」(りゅうじょうこうじけん、Liutiaogou Incident)とも称されてきた(詳細は「事件名称について」節を参照)。なお、発生段階の事件名称としては「柳条湖(溝)事件」のほか「奉天事件」「9・18事件」があるが、その後の展開も含めた戦争全体の名称としては「満州事変」が広く用いられている山田(2010)pp.1-36満州事変は、「中国東北戦争」などの表記が用いられることもある。満州事変はまた、中国では一般に「九一八事変」と呼称される。森(1993)pp.18-20 および 『1億人の昭和史1』(1975)p.38。.

新しい!!: 満州事変と柳条湖事件 · 続きを見る »

染織祭

染織祭(せんしょくまつり、せんしょくさい)とは、1931年(昭和6年)〜1951年(昭和26年)4月に、京都府京都市で行われた祭りである。祭りは染織を司る9つの神を奉る祭祀と女性時代衣装行列を含むパレードで構成されていた。京都の三大祭りである葵祭・祇園祭・時代祭とともに、春の京都を彩る盛大な祭りであったが、日中戦争の気運の高まりにより豪華絢爛は女性時代衣装行列は自粛され、祭りは祭祀のみ1951年(昭和26年)まで続いたものの、女性時代衣装行列は、1937年(昭和12年)以降、復興することはなかった。パレード風景1.

新しい!!: 満州事変と染織祭 · 続きを見る »

枢密院 (日本)

枢密院(すうみついん、旧字体:樞密院)は、枢密顧問(顧問官)により組織される天皇の諮問機関。憲法問題も扱ったため、「憲法の番人」とも呼ばれた。1888年(明治21年)創設、1947年(昭和22年)5月2日、翌日の日本国憲法施行に伴い廃止。略称は枢府(すうふ)。議長は枢相(すうしょう)とも呼ばれた。.

新しい!!: 満州事変と枢密院 (日本) · 続きを見る »

架空戦記

架空戦記(かくうせんき)は、小説、漫画等の戦記の一ジャンルである。仮想戦記(かそうせんき)もしくはIF戦記(イフせんき)、バーチャル戦記(-せんき)などとも呼ばれる。 基本的に過去の戦争に関連した歴史や、その転換点となった戦いの推移・結果が史実と異なっていたらどうなっていたであろうか、という架空の歴史を前提に描かれるものと、未来の戦争をシミュレーションするものの二系統がある。前者は「日本軍が史実と異なる第二次世界大戦で活躍する、もしくは勝利する」作品で、劇画調の戦闘シーンを描いた表紙絵で装丁された若年者向けライトノベルが多い。 過去の歴史を題材とした作品には、実在する歴史的な、特に計画資料などで、もしやもするとそれが実行されていたかもしれない事件、事由、それらに準じた作者自身の学術的歴史分析や、仮定の歴史と、実際の歴史を比較する比較論的結果を題材にしたものと、まったくの作者自身の想像によるようなものがある。前者の場合には学術的な資料的価値が高いものもあるため、一概にひとくくりに論じることはできない。また、後者の例に多いが、一時のブームに乗ってゲーム作家など異業種からの参入が相次いだことや、現実にはありえない超兵器が登場したり、未来のテクノロジーを過去へ持ち込んだりなど、荒唐無稽な作品も数多い。.

新しい!!: 満州事変と架空戦記 · 続きを見る »

林百郎

林 百郎(はやし ひゃくろう、1912年6月10日 - 1992年6月1日)は、日本の政治家、弁護士。日本共産党衆議院議員。日本共産党議員所属初の「永年在職議員表彰.

新しい!!: 満州事変と林百郎 · 続きを見る »

林銑十郎

林 銑十郎(はやし せんじゅうろう、1876年(明治9年)2月23日 - 1943年(昭和18年)2月4日)は、日本の陸軍軍人、政治家。陸軍大将。従二位、勲一等旭日大綬章、 功四級金鵄勲章。 斎藤内閣と岡田内閣の陸軍大臣を務めた後、内閣総理大臣(第33代)となり、文部大臣を兼任、組閣直後には外務大臣も短期間兼任した。.

新しい!!: 満州事変と林銑十郎 · 続きを見る »

林芙美子

林 芙美子(はやし ふみこ、1903年〈明治36年〉12月31日 - 1951年〈昭和26年〉6月28日)は、日本の小説家。物心ついた小学生時代に貧しかった生い立ちからか、底辺の庶民を慈しむように描いた作品に、ことに名作がある。「文壇に登場したころは『貧乏を売り物にする素人小説家』、その次は『たった半年間のパリ滞在を売り物にする成り上がり小説家』、そして、日中戦争から太平洋戦争にかけては『軍国主義を太鼓と笛で囃し立てた政府お抱え小説家』など、いつも批判の的になってきました。しかし、戦後の六年間はちがいました。それは、戦さに打ちのめされた、わたしたち普通の日本人の悲しみを、ただひたすらに書きつづけた六年間でした」と言われるように波瀾万丈だった。.

新しい!!: 満州事変と林芙美子 · 続きを見る »

林森

林 森(りん しん)は清末民初の政治家。中国同盟会以来の古参の革命派人士で、中国国民党では西山会議派に加わった右派として知られる。後に国民政府で長く主席をつとめた。字は子超、号は長仁。.

新しい!!: 満州事変と林森 · 続きを見る »

林房雄

林 房雄(はやし ふさお、1903年(明治36年)5月30日 - 1975年(昭和50年)10月9日)は、日本の小説家、文芸評論家。大分県大分市出身。本名は後藤 寿夫(ごとう ひさお)。戦後の一時期の筆名は白井 明。戦後は中間小説の分野で活動し、『息子の青春』、『妻の青春』などを出版し舞台上演され流行作家となった。.

新しい!!: 満州事変と林房雄 · 続きを見る »

排日移民法

排日移民法(はいにちいみんほう)は、1924年7月1日に施行されたアメリカ合衆国の法律の日本における通称である。正確には1924年移民法(Immigration Act of 1924)、またはジョンソン=リード法(Johnson–Reed Act)であり、日本人移民のみを排除した法律ではない。この法律では、各国からの移民の年間受け入れ上限数を、1890年の国勢調査時にアメリカに住んでいた各国出身者数を基準に、その2%以下にするもので、1890年以後に大規模な移民の始まった東ヨーロッパ出身者・南ヨーロッパ出身者・アジア出身者を厳しく制限することを目的としていた。独立した法律があるわけではなく、既存の移民・帰化法に第13条C項(移民制限規定)を修正・追加するために制定された「移民法の一部改正法」のことを指す。 特にアジア出身者については全面的に移民を禁止する条項が設けられ、当時アジアからの移民の大半を占めていた日本人が排除されることになり、アメリカ政府に対し日系人移民への排斥を行わないよう求めていた日本政府に衝撃を与えた。しかし「排日移民法」という呼称はその内容に着目して日本国内のみ用いられる通称である。運用の実態はともかく、移民の全面禁止そのものは日本人のみを対象としておらず(法案の内容参照)、白人以外は全ての人間が移民を禁止されている。 その点より、この通称は不適切であるとする意見もある。英語圏では「アジア人排除法」と呼ばれる場合はあるが、排日移民法という言葉に相当する呼び方は見られない。.

新しい!!: 満州事変と排日移民法 · 続きを見る »

恵通航空

恵通航空(けいつうこうくう)とは中華民国で短期間存在した航空会社である。.

新しい!!: 満州事変と恵通航空 · 続きを見る »

恒久王妃昌子内親王

恒久王妃昌子内親王(つねひさおうひ まさこないしんのう、1888年(明治21年)9月30日 - 1940年(昭和15年)3月8日)は、日本の皇族で、竹田宮恒久王の妃。明治天皇の第六皇女(母は園基祥の娘・園祥子)。.

新しい!!: 満州事変と恒久王妃昌子内親王 · 続きを見る »

李宗仁

李 宗仁(り そうじん)は中華民国の軍人・政治家。中華民国軍陸軍一級上将。国民政府(国民革命軍)の軍人で、白崇禧・黄紹竑とともに新広西派(新桂系)の主要な指導者の1人と目される。また、一般には、その3人の中でも李が最高指導者とみなされる。国共内戦期には中華民国副総統に当選し、内戦最終盤に短期間ながら代理総統も務めた。字は徳鄰。.

新しい!!: 満州事変と李宗仁 · 続きを見る »

李コウ (中華民国)

李 璜(り こう)は中華民国(台湾)の政治家・文学者・歴史学者。字は幼椿。号は学純。中国青年党結成メンバーの1人で、後年、同党の主席を務めた。祖籍は陝西省西安府三原県。.

新しい!!: 満州事変と李コウ (中華民国) · 続きを見る »

李石曽

李 石曽(り せきそ)は中華民国(台湾)の政治家・教育者・生物学者。ジャーナリスト。石曽は字で、名の煜瀛でも知られる。筆名は真民、真、石僧などがある。父は清末の政治家・学者である李鴻藻。.

新しい!!: 満州事変と李石曽 · 続きを見る »

李範ソク

李 範奭(イ・ボムソク、이범석、1900年10月20日 - 1972年5月21日)は大韓民国の政治家、独立運動家である。本貫は全州李氏。号は鉄騏(チョルギ、철기)。別名は王雲山、李国根。李承晩政権下では、初代国務総理、初代国防部長官を務めた。.

新しい!!: 満州事変と李範ソク · 続きを見る »

李翰祥

李 翰祥(リー・ハンシャン、1926年4月18日 - 1996年12月17日 MovieCool華文影史庫)は、中国奉天省錦西県 財團法人國家電影中心(現・遼寧省葫芦島市)出身の香港の映画監督。.

新しい!!: 満州事変と李翰祥 · 続きを見る »

李済深

李 済深(り さいしん、リー・ジーシェン、1885年11月6日 - 1959年10月9日)は、中華民国・中華人民共和国の軍人・政治家。中国国民党・国民政府(国民革命軍)に属し、粤軍(広東軍)の指揮官として活動したが、蒋介石と対立。西南派の領袖や福建人民政府主席、中国国民党革命委員会中央執行委員会主席などとして反蒋介石派の重鎮となった。中華人民共和国建国後は中央人民政府副主席などの要職を務めた。原名は済琛。字は任潮。.

新しい!!: 満州事変と李済深 · 続きを見る »

李漢魂

李 漢魂(り かんこん)は中華民国の軍人・政治家。国民革命軍に属し、広東派の軍人とも目される。字は伯豪。号は南華。.

新しい!!: 満州事変と李漢魂 · 続きを見る »

李承晩

李 承晩(り・しょうばん、イ・スンマン 1875年3月26日 - 1965年7月19日)は、朝鮮の独立運動家で、大韓民国の初代大統領(在任1948年 - 1960年)。本貫は全州李氏。号は「雩南」(ウナム、우남)。字は「承龍」(スンニョン、승룡)。 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)では「リ・スンマン」と呼ばれるが、これは韓国では語頭子音ㄹの脱落が起こるためである(朝鮮語の南北間差異参照。)。韓国でも1950年代以前には「리승만(リ・スンマン)」と綴られていた(英文での本人の署名も“Syngman Rhee”となっている)。.

新しい!!: 満州事変と李承晩 · 続きを見る »

東安鎮事件

東安鎮事件(とうあんちんじけん)は、1939年5月末に、アムール川(黒竜江)の饒河県東安鎮上流20km付近で発生した、ソビエト連邦と満州国の武力衝突である。アムール川に浮かぶ島を巡って起きた国境紛争であり、一連のソ満国境紛争のひとつに数えられる。.

新しい!!: 満州事変と東安鎮事件 · 続きを見る »

東京駅の歴史

この記事では東京駅の歴史(とうきょうえきのれきし)を説明する。東京駅は、東京において各方面別に分かれていたターミナル駅の中間を結んで中央停車場を設置する構想から始まり、1914年(大正3年)12月20日に開業した。その後中央本線の乗り入れや山手線の環状運転の開始などにより利用客は急速に増加していき、昭和初期にはプラットホームなどの増設工事に着手した。 しかし第二次世界大戦によりすべては完成せず、戦争末期には空襲を受けて丸の内駅舎を焼失した。大戦後丸の内駅舎の復旧が行われるとともに、中止されていた増設工事が再開された。1964年(昭和39年)10月1日には東海道新幹線が開通し、新幹線のターミナルともなった。 さらに地下鉄丸ノ内線の乗り入れ、総武・横須賀線の地下ホームの開業、京葉線の乗り入れと地下にもホームの増設が進んだ。1990年(平成3年)6月20日には東北新幹線が開通し、東北・上越方面へのターミナルともなった。2012年(平成24年)10月には、戦災で応急復旧したままであった丸の内駅舎の復原工事が完成している。.

新しい!!: 満州事変と東京駅の歴史 · 続きを見る »

東京電燈

1930年代の東京電燈の広告 東京電燈株式会社(とうきょうでんとう)は、かつて存在した企業の一つ。日本初の電力会社である。.

新しい!!: 満州事変と東京電燈 · 続きを見る »

東亜同文書院大学 (旧制)

1945年中国に学校施設を接収され、1946年教職員・学生の引き揚げをもって閉学した。.

新しい!!: 満州事変と東亜同文書院大学 (旧制) · 続きを見る »

東北大学 (中国)

東北大学(とうほくだいがく、Northeastern University、略称NEU)は、中華人民共和国遼寧省瀋陽市和平区にある国立大学であり、国家重点大学に指定されている。 1923年に創立され、当時の中国北東部における最高の学術拠点となった。 1928年、「千古の功臣」と呼ばれる張学良・東北3省のリーダーが学長を兼任した後、多くの資金を投入して数人の有識者を教授として迎えいれた。これをきっかけとして学生・教官ともに充実し、東北大学は世界中から3000人を越える学生と100人以上の教授を擁する一流大学として認識されることとなった。 満州事変勃発後は北平・西安と避難するが、1946年に瀋陽へ復帰。1950年に東北工学院と改称し工学部中心の単科大学となるが、1993年に東北大学に復し、現在の理工、文、経済、法律、教育など多学科を擁する総合大学に発展している。 また、本大学を母体とする大手ソフトウェア会社である東軟グループ(東軟集団、Neusoft Group)は、中国でも有数のソフトウェアメーカーである。 2009年6月現在の学長は赫冀成(同大学工学部卒、名古屋大学で博士号取得)。 日本の東北大学とは同名の縁で大学間交流協定を結んでいる。.

新しい!!: 満州事変と東北大学 (中国) · 続きを見る »

東北陸軍講武堂

東北陸軍講武堂(とうほくりくぐんこうぶどう)は、清朝末期から中華民国(北京政府)期にかけて奉天に存在した陸軍軍官学校である。その時期によって盛京講武堂 (奉天講武堂)・東三省講武堂・東三省陸軍講武堂・東北陸軍講武堂と名を変えるが、一貫して中国の近代軍隊の充実のため日本でいう陸軍士官学校に相当する役割を担っており、最盛期には雲南陸軍講武堂・保定陸軍軍官学校・黄埔軍官学校と並んで「四大軍官学校」とも称された。1931年の満州事変によって奉天が日本軍の占領下に置かれると共に消滅した。.

新しい!!: 満州事変と東北陸軍講武堂 · 続きを見る »

東北抗日義勇軍

東北抗日義勇軍(とうほくこうにちぎゆうぐん)は、1931年の満州事変以降、中国東北部の平民や警察や東北軍の一部の官兵によって構成された義勇軍、救国軍、自衛隊などの抗日武装の総称である。東北抗日義勇軍の各部分の由来は以下を含むが、それだけに限定されない。.

新しい!!: 満州事変と東北抗日義勇軍 · 続きを見る »

東トルキスタン共和国

東トルキスタン共和国亡命政府の旗 東トルキスタン共和国(ひがしトルキスタンきょうわこく、ウイグル語:شەرقىي تۈركىستان جۇمۇھۇرىيىتى、英語:Sherqiy Türkistan Jumuhuriyiti)は、テュルク系イスラム教徒によって、20世紀前半に中華民国の新疆省であった中央アジアの東トルキスタン地方において樹立された政権である。.

新しい!!: 満州事変と東トルキスタン共和国 · 続きを見る »

東アジア

東アジア(ひがしアジア)は、ユーラシア大陸の東部にあたるアジア地域の一部を指す地理学的な名称である。北西からモンゴル高原、中国大陸、朝鮮半島、台湾列島、琉球諸島、日本列島などを含む。北東アジア(東北アジア)、極東、東亜などと呼ぶ場合もある。.

新しい!!: 満州事変と東アジア · 続きを見る »

東アジア史

東アジア史(ひがしアジアし)は東アジアの歴史である。 中国にて早期に文明が生まれ、やがてその影響は冊封体制の中で日本、朝鮮、ベトナムといった周辺国に広がっていった。近代に入ると欧米列強の進出を受け、中国を中心とした冊封体制は崩壊する。近代化に成功した日本は唯一列強に伍して欧米諸国と覇権を競ったが第二次世界大戦で敗戦、大戦後はそれぞれ独立し今日に至る。.

新しい!!: 満州事変と東アジア史 · 続きを見る »

東條英機

東條 英機(とうじょう ひでき、1884年(明治17年)7月30日(戸籍上は12月30日) - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級位階勲等功級は陸軍大将従二位勲一等功二級。現在の百科事典や教科書等では新字体で東条 英機と表記されることが多い現在の百科事典、辞典類、学術誌、研究書、文部科学省検定教科書 等における歴史人物名としての表記は「東条英機」。存命当時の『職員録』など印刷物における表記は「東條英機」、御署名原本における大臣副書は「東條英機」であった。。軍人として陸軍次官、陸軍航空総監、陸軍大臣、参謀総長、政治家として内閣総理大臣(第40代)、内務大臣、外務大臣、文部大臣、商工大臣、軍需大臣を歴任した。.

新しい!!: 満州事変と東條英機 · 続きを見る »

東洋経済新報社

株式会社東洋経済新報社(とうようけいざいしんぽうしゃ、)は、ビジネス書や経済書などの発行を専門とする、日本の出版社である。.

新しい!!: 満州事変と東洋経済新報社 · 続きを見る »

東洋拓殖

東洋拓殖株式會社(とうようたくしょく、英名:Oriental Development Company)は、日露戦争後の1908年(明治41年)12月18日に設立され、1945年(昭和20年)の第二次世界大戦の終結まで、京城府及び満州国、モンゴル、樺太、南洋諸島、ミクロネシアに存在した大日本帝国の特殊会社である。通称、東拓。 戦前の日本における南満州鉄道株式会社(満鉄)と並ぶ二大国策会社であり、大東亜共栄圏内の植民地政策に関して特権的な利権を保有。北はソビエト連邦国境から南は南方諸島まで、関連会社・子会社は85社を超えた。.

新しい!!: 満州事変と東洋拓殖 · 続きを見る »

東清鉄道

東清鉄道(とうしんてつどう)はロシア帝国が満洲北部に建設した鉄道路線。満洲里からハルビンを経て綏芬河へと続く本線と、ハルビンから大連を経て旅順へと続く支線からなる。時代に合わせて中東鉄道、東支鉄道、北満鉄路あるいは北満鉄道と呼ばれていた他、ロシア側でも呼称は数度変更されている。 東清鉄道は、現在の中国の鉄道路線のうち浜洲線(ハルビン-満洲里)、浜綏線(ハルビン-綏芬河)、哈大線(ハルビン-大連)の各路線に相当する。.

新しい!!: 満州事変と東清鉄道 · 続きを見る »

松居松葉

松居 松葉(まつい しょうよう、1870年3月19日(明治3年2月18日) - 1933年(昭和8年)7月14日)は、劇作家、演出家、小説家、翻訳家。別号に、松翁・駿河町人・大久保二八など。.

新しい!!: 満州事変と松居松葉 · 続きを見る »

松岡駒吉

松岡 駒吉(まつおか こまきち、1888年4月8日 - 1958年8月14日)は日本の政治家、労働運動家。第39代衆議院議長(在任期間・1947年5月21日 - 1948年12月23日)。戦前日本の右派労働運動の代表的存在。.

新しい!!: 満州事変と松岡駒吉 · 続きを見る »

松岡洋右

松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。アメリカへの留学経験があり、満州国では満鉄総裁として弐キ参スケの一人に数えられた。日本の国際連盟脱退、日独伊三国同盟の締結、日ソ中立条約の締結など第二次世界大戦前夜の日本外交の重要な局面に、代表的な外交官ないしは外務大臣として関与。敗戦後、極東国際軍事裁判の公判中に病死した。外交官同士のジョセフ・グルーと親交があり、岸信介、佐藤栄作は血縁のない甥にあたる。.

新しい!!: 満州事変と松岡洋右 · 続きを見る »

松井石根

松井 石根(まつい いわね、明治11年(1878年)7月27日 - 昭和23年(1948年)12月23日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。荒尾精の信奉者として、「日中提携」「アジア保全」の運動に生涯をかけたが、ポツダム宣言受諾後、「南京事件」の責任を問われて極東国際軍事裁判(東京裁判)にて死刑判決(B級戦犯)を受け、処刑された。.

新しい!!: 満州事変と松井石根 · 続きを見る »

松谷與二郎

松谷 與二郎(略字表記「松谷与二郎」、まつたに よじろう、1880年6月4日 - 1937年3月17日)は、社会運動家、弁護士、政治家。衆議院議員。.

新しい!!: 満州事変と松谷與二郎 · 続きを見る »

松波仁一郎

松波 仁一郎(まつなみ にいちろう、1868年1月25日(慶応4年1月1日) - 1945年(昭和20年)11月3日)は、日本の法学者。専門は海商法。大阪府出身。民法典・商法典起草補助委員の一人。.

新しい!!: 満州事変と松波仁一郎 · 続きを見る »

板垣征四郎

板垣 征四郎(いたがき せいしろう、1885年(明治18年)1月21日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。栄典は正三位・勲一等・功二級。満州国軍政部最高顧問、関東軍参謀長、陸軍大臣などを務めた。 関東軍高級参謀として石原莞爾とともに満州事変を決行し、第二次世界大戦においては第7方面軍司令官として終戦を迎えた。戦後は東京裁判にて死刑判決を受け処刑される。元参議院議員の板垣正は次男。.

新しい!!: 満州事変と板垣征四郎 · 続きを見る »

杉原千畝物語 オペラ 人道の桜

『杉原千畝物語 オペラ 人道の桜』(すぎはらちうねものがたり オペラ じんどうのさくら)は、2015年に初演された日本のオペラ。外交官の杉原千畝が、人道的見地から外務省の回訓に従わずに多くのユダヤ難民に査証(ビザ)を発給して彼らを助けた事績を題材として制作され、杉原の学生時代から名誉回復までを描いている。上演時間2時間15分。.

新しい!!: 満州事変と杉原千畝物語 オペラ 人道の桜 · 続きを見る »

杉原誠四郎

杉原 誠四郎(すぎはら せいしろう、1941年7月29日 - )は、日本の教育学者・外交史研究家・評論家。新しい歴史教科書をつくる会前会長。.

新しい!!: 満州事変と杉原誠四郎 · 続きを見る »

杉山元

杉山 元 (すぎやま げん/はじめ、1880年(明治13年)1月1日 - 1945年(昭和20年)9月12日)は、大日本帝国陸軍軍人。元帥陸軍大将、陸軍大臣、教育総監、太平洋戦争開戦時の参謀総長。福岡県出身。 陸軍士官学校卒業(12期)、陸軍大学校卒業(22期)。 陸軍大臣、参謀総長、教育総監の陸軍三長官を全て経験し元帥にまでなったのは二人しかいない(もう一人は上原勇作)。.

新しい!!: 満州事変と杉山元 · 続きを見る »

杉本五郎

杉本 五郎(すぎもと ごろう、明治33年(1900年)5月25日 - 昭和12年(1937年)9月14日)は、日本の陸軍軍人。遺言本『大義』が大ベストセラーとなり、当時の思想に影響を与えた。.

新しい!!: 満州事変と杉本五郎 · 続きを見る »

栄厚

栄 厚(えい こう、)は、清、中華民国、満州国の政治家。奉天派の政治家であり、満州国では初代満州中央銀行総裁となった。字は叔章。号は樸齋。満州鑲藍旗の人物。.

新しい!!: 満州事変と栄厚 · 続きを見る »

栄臻

栄 臻(えい しん)は中華民国の軍人。北京政府・奉天派に属し、後に汪兆銘の南京国民政府に参加した。字は翕生。.

新しい!!: 満州事変と栄臻 · 続きを見る »

梁寒操

梁 寒操(りょう かんそう)は中華民国(台湾)の政治家・教育者・実業家。号は君猷、均黙。中国国民党(国民政府)の政治家で、胡漢民・孫科ら広東派の一員と目される。祖籍は広東省肇慶府高要県。.

新しい!!: 満州事変と梁寒操 · 続きを見る »

梁鴻志

梁 鴻志(りょう こうし)は中華民国の政治家。北京政府安徽派の有力政治家で、後に中華民国維新政府の首脳に就任した。字は衆異。晩号は遇叟。.

新しい!!: 満州事変と梁鴻志 · 続きを見る »

梶原英之

梶原 英之(かじわら ひでゆき)は日本のジャーナリスト、 経済評論家。元毎日新聞記者。 経済記者として大蔵・金融・通商産業・経団連などの第一線を長年取材し、経済・政治に歴史的な視点も交えた研究、分析を行っている。.

新しい!!: 満州事変と梶原英之 · 続きを見る »

梅田良忠

梅田 良忠(うめだ りょうちゅう、ポーランド語:Ryochu Umeda、1900年9月25日 - 1961年12月7日)は日本の僧、歴史学者。 1922年(大正11年)駒澤大学卒業後、ポーランドに留学し、ワルシャワ大学卒業。同大学講師。同国の「東洋学院」の教授にも任命され、日本語、日本文化を担当した。日本大使館の文化関係の委託業務を行った。戦時中は朝日新聞社ソフィア駐在嘱託。東欧諸国語の権威。1955年関西学院大学教授。1960年「ヴォルグ・ブルガール史の研究」で関西学院大学 文学博士。.

新しい!!: 満州事変と梅田良忠 · 続きを見る »

梅谷光貞

梅谷 光貞(うめたに みつさだ、1880年(明治13年)12月2日 - 1936年(昭和11年)9月27日「故梅谷光貞位階追陞ノ件」)は、日本の内務・警察官僚。官選県知事。.

新しい!!: 満州事変と梅谷光貞 · 続きを見る »

森コンツェルン

森コンツェルン(もりコンツェルン)は、実業家の森矗昶が創始し、戦後の財閥解体によって解散した。アルミニウムなどの電気化学工業中心で、日本産業、日本窒素肥料、日本曹達、理化学研究所とともに新興コンツェルンと呼ばれ、日本の15大財閥の一つに数えられた。.

新しい!!: 満州事変と森コンツェルン · 続きを見る »

森克己

森 克己(もり かつみ、1903年9月26日 - 1981年4月26日)は、日本の歴史学者。専門は対外関係史。元中央大学教授。.

新しい!!: 満州事変と森克己 · 続きを見る »

森連

森 連(もり むらじ、1876年1月8日 - 1937年7月23日)は、日本陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と森連 · 続きを見る »

棗強県

棗強県(そうきょう-けん)は中華人民共和国河北省の衡水市に位置する県。.

新しい!!: 満州事変と棗強県 · 続きを見る »

楊亜峰

楊 亜峰(よう あほう / ヤン・ヤーフェン、楊亞峰、杨亚峰、1905年(光緖31年)2月15日 - 1981年5月27日)は、中華民国空軍の軍人。回族。原名は奇志。楊亜峯との表記もある。.

新しい!!: 満州事変と楊亜峰 · 続きを見る »

楊靖宇

楊靖宇 楊 靖宇(よう せいう、拼音:Yáng Jìngyǔ、簡体字:杨 靖宇、1905年2月26日 - 1940年2月23日)は、中国東北部で活動していた抗日パルチザンの指導者。東北抗日聯軍第1路軍総司令。本名は馬尚徳。字は驥生。.

新しい!!: 満州事変と楊靖宇 · 続きを見る »

楊林 (軍人)

楊 林(ヤン・リム、1898年-1936年)は紅軍の朝鮮系軍人。本名は金勳(キム・フン、김훈)。別名は楊寧(杨宁)、畢士悌(毕士悌)、楊州平(杨州平)など。 のちに東北抗日聯軍第1路軍の基盤となった盤石工農義勇軍を組織した。.

新しい!!: 満州事変と楊林 (軍人) · 続きを見る »

楽以琴

楽 以琴(がく いきん、ユエ・イーキン、1914年11月11日 - 1937年12月3日)とは、中華民国空軍の軍人、エースパイロット。原名楽以忠、四川省蘆山県上西街出身。最終階級は上尉(大尉に相当)、死後少校(少佐に相当)に特進。中央航空学校駆逐科第3期生。撃墜数6。飛将軍(飛行将軍)の通称で呼ばれ、高志航、劉粋剛、李桂丹とともに中国空軍軍人の「四大金剛」と称されている。.

新しい!!: 満州事変と楽以琴 · 続きを見る »

極東国際軍事裁判

軍士官学校講堂 公判中の法廷内 極東国際軍事裁判(きょくとうこくさいぐんじさいばん、The International Military Tribunal for the Far East)とは、第二次世界大戦で日本が降伏した後の1946年(昭和21年)5月3日から1948年(昭和23年)11月12日にかけて行われた、連合国が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の軍事裁判のことである。東京裁判(とうきょうさいばん)とも称される。.

新しい!!: 満州事変と極東国際軍事裁判 · 続きを見る »

榧 (樅型駆逐艦)

榧(かや)は、大日本帝国海軍の駆逐艦で、樅型駆逐艦の2番艦である。同名艦に松型駆逐艦の「榧」があるため、こちらは「榧 (初代)」や「榧I」などと表記される。.

新しい!!: 満州事変と榧 (樅型駆逐艦) · 続きを見る »

榛名 (戦艦)

榛名(はるな)は、日本海軍の戦艦で、金剛型戦艦の3番艦。.

新しい!!: 満州事変と榛名 (戦艦) · 続きを見る »

横尾闊

横尾 闊(よこお ひろし、1892年(明治25年)2月21日 - 1945年(昭和20年)4月16日)は、大正・昭和初期の軍人。佐賀郡新北村(現佐賀市諸富町)出身。最終階級は陸軍中将(戦死特進)。栄典は従四位勲二等功四級。.

新しい!!: 満州事変と横尾闊 · 続きを見る »

横尾敬義

横尾 敬義(よこお たかよし、1880年(明治13年)10月5日『日本の歴代市長』526-527頁 - 没年不明)は、日本の海軍軍人、第九代佐賀市長。その提案した「魚雷肉攻案」は特殊潜航艇、別名甲標的の開発につながった。最終階級は海軍大佐。.

新しい!!: 満州事変と横尾敬義 · 続きを見る »

横山一郎

横山 一郎(よこやま いちろう、1900年(明治33年)3月1日 - 1993年(平成5年)7月28日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将。1945年(昭和20年)9月2日、アメリカ海軍の戦艦ミズーリ上で行われた降伏文書調印式に出席した人物でもある。.

新しい!!: 満州事変と横山一郎 · 続きを見る »

横田喜三郎

横田 喜三郎(よこた きさぶろう、1896年(明治29年)8月6日 - 1993年(平成5年)2月17日)は、日本の国際法学者、第3代最高裁判所長官。学位は法学博士(東京帝国大学)。栄典は従二位・勲一等・文化勲章・文化功労者・紺綬褒章・江南市名誉市民など。国務大臣を務めた猪口邦子は孫にあたる。.

新しい!!: 満州事変と横田喜三郎 · 続きを見る »

横浜市営バス

横浜市営バス(よこはましえいバス)は、横浜市交通局自動車本部が運営する公営の路線バスである。.

新しい!!: 満州事変と横浜市営バス · 続きを見る »

樋口敬七郎

樋口 敬七郎(ひぐち けいしちろう、1893年(明治26年)11月22日 - 1971年(昭和46年)12月4日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。.

新しい!!: 満州事変と樋口敬七郎 · 続きを見る »

標準軌

標準軌(ひょうじゅんき、standard gauge)は、鉄道線路の軌間、すなわちレール頭頂部の内側の間隔が1435mm(4フィート8.5インチ1フィートの長さは地域により異なった。以下では特に断らない限りイングランドやアメリカ合衆国のフィート(1フィート.

新しい!!: 満州事変と標準軌 · 続きを見る »

機甲戦

機甲戦または戦車戦とは、現代戦において装甲戦闘車輌を投入することである。これは戦争の現代の手法において主要な部分を成している。機甲戦の前提は、従来用いられる防衛線に、機甲部隊の機動力を使用し、これを穿貫突破する兵員の能力に基づく。 機甲戦の応用の多くは、戦車、および歩兵戦闘車、自走砲のような車輌の使用に依存している。機械化された戦闘工兵、および他の支援部隊も同様である。 機甲戦の戦闘教義は、第一次世界大戦の西部戦線で行われた塹壕戦の固定的な性質を打破するよう開発された。また、軍事戦略上の結果は19世紀の軍事学派の考えである機動と「会戦」の主張への回帰となった。.

新しい!!: 満州事変と機甲戦 · 続きを見る »

橘樸

橘 樸(たちばな しらき、1881年10月‐1945年10月)は、日本のジャーナリスト、評論家で、清末から日中戦争期にかけての中国で、『遼東新報』や『京津日日新聞』などに拠って活動した。.

新しい!!: 満州事変と橘樸 · 続きを見る »

橋本虎之助

橋本 虎之助(はしもと とらのすけ、1883年(明治16年)6月6日 - 1952年(昭和27年)1月26日)は、大日本帝国陸軍の軍人。最終階級は陸軍中将。愛知県出身。.

新しい!!: 満州事変と橋本虎之助 · 続きを見る »

橋本欣五郎

橋本 欣五郎(はしもと きんごろう、1890年2月19日 - 1957年6月29日)は、昭和時代の日本の陸軍軍人、政治家(衆議院議員1期)。右翼活動家。たびたびクーデターを試みたが失敗し、極東国際軍事裁判(東京裁判)で訴追された。通称「ハシキン」。.

新しい!!: 満州事変と橋本欣五郎 · 続きを見る »

歩兵第10連隊

歩兵第10連隊(ほへいだい10れんたい、歩兵第十聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。兵営跡地は岡山大学となっている。 姫路城三の丸に置かれている歩兵第10連隊跡の石碑.

新しい!!: 満州事変と歩兵第10連隊 · 続きを見る »

歩兵第13連隊

歩兵第13連隊(ほへいだい13れんたい、歩兵第十三聯隊とも)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第13連隊 · 続きを見る »

歩兵第14連隊

歩兵第14連隊(ほへいだい14れんたい、歩兵第十四聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第14連隊 · 続きを見る »

歩兵第15連隊

歩兵第15連隊(ほへいだい15れんたい、歩兵第十五聯隊)は、大日本帝国陸軍の歩兵連隊のひとつ。西南戦争後の軍備拡張によって、群馬県高崎市にて創設される。日清・日露戦争から、満洲・上海両事変、支那事変、太平洋戦争とほぼすべての戦役に参加。終戦時はパラオにあった。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第15連隊 · 続きを見る »

歩兵第16連隊

歩兵第16連隊(ほへいだい16れんたい、歩兵第十六聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。新潟県新発田市に所在した歩兵連隊であった。日清戦争から太平洋戦争に至るまで、激戦には必ず参戦したと言われ、軍功の大きかった反面戦病死者の数も多かった。 大変に郷土愛の強い部隊であったためか、いわゆる古兵による私的制裁が皆無であったといわれている。(伊藤桂一・兵隊たちの陸軍史 昭和42年 番町書房より).

新しい!!: 満州事変と歩兵第16連隊 · 続きを見る »

歩兵第17連隊

歩兵第17連隊(ほへいだい17れんたい、歩兵第十七聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第17連隊 · 続きを見る »

歩兵第18連隊

歩兵第18連隊(ほへいだい18れんたい、歩兵第十八聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第18連隊 · 続きを見る »

歩兵第23連隊

歩兵第23連隊(ほへいだい23れんたい、歩兵第二十三聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第23連隊 · 続きを見る »

歩兵第25連隊

歩兵第25連隊(ほへいだい25れんたい、歩兵第二十五聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第25連隊 · 続きを見る »

歩兵第26連隊

歩兵第26連隊(ほへいだい26れんたい、歩兵第二十六聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第26連隊 · 続きを見る »

歩兵第27連隊

歩兵第27連隊(ほへいだい27れんたい、歩兵第二十七聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第27連隊 · 続きを見る »

歩兵第28連隊

歩兵第28連隊(ほへいだい28れんたい、歩兵第二十八聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第28連隊 · 続きを見る »

歩兵第29連隊

歩兵第29連隊(ほへいだい29れんたい、歩兵第二十九聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第29連隊 · 続きを見る »

歩兵第2連隊

尼港事件で歩兵第2連隊第3大隊は日本軍兵営(写真左上)と島田商会(写真右手)などに在留邦人と立て籠もり赤軍と戦い玉砕した 歩兵第2連隊(ほへいだい2れんたい、歩兵第二聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第2連隊 · 続きを見る »

歩兵第30連隊

歩兵第30連隊(ほへいだい30れんたい、歩兵第三十聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第30連隊 · 続きを見る »

歩兵第31連隊

歩兵第31連隊(ほへいだい31れんたい、歩兵第三十一聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第31連隊 · 続きを見る »

歩兵第32連隊

歩兵第32連隊(ほへいだい32れんたい、歩兵第三十二聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第32連隊 · 続きを見る »

歩兵第33連隊

歩兵第33連隊(ほへいだい33れんたい、歩兵第三十三聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第33連隊 · 続きを見る »

歩兵第40連隊

歩兵第40連隊(ほへいだい40れんたい、歩兵第四十聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第40連隊 · 続きを見る »

歩兵第45連隊

歩兵第45連隊(ほへいだい45れんたい、歩兵第四十五聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第45連隊 · 続きを見る »

歩兵第47連隊

歩兵第47連隊(ほへいだい47れんたい、歩兵第四十七聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第47連隊 · 続きを見る »

歩兵第4連隊

歩兵第4連隊(ほへいだい4れんたい、步兵第四聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。現在の宮城県仙台市宮城野区・榴岡公園に置かれていた。 兵舎は終戦後に進駐軍が利用し、その後東北管区警察学校となっていたが、榴岡公園の整備計画に合わせ1棟を外観を復元して現在の場所に移築した。建物は仙台市歴史民俗資料館として公開されている。また宮城県内に現存する最古の擬洋風建築であり、仙台市の指定文化財となっている。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第4連隊 · 続きを見る »

歩兵第50連隊

歩兵第50連隊(ほへいだい50れんたい、歩兵第五十聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第50連隊 · 続きを見る »

歩兵第59連隊

歩兵第59連隊(ほへいだい59れんたい、歩兵第五十九聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第59連隊 · 続きを見る »

歩兵第5連隊

歩兵第5連隊(ほへいだい5れんたい、歩兵第五聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第5連隊 · 続きを見る »

歩兵第63連隊

歩兵第63連隊(ほへいだい63れんたい、歩兵第六十三聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第63連隊 · 続きを見る »

歩兵第6連隊

歩兵第6連隊(ほへいだい6れんたい、歩兵第六聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第6連隊 · 続きを見る »

歩兵第73連隊

歩兵第73連隊(ほへいだい73れんたい、歩兵第七十三聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第73連隊 · 続きを見る »

歩兵第74連隊

歩兵第74連隊(ほへいだい74れんたい、歩兵第七十四聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第74連隊 · 続きを見る »

歩兵第75連隊

歩兵第75連隊(ほへいだい75れんたい、歩兵第七十五聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第75連隊 · 続きを見る »

歩兵第76連隊

歩兵第76連隊(ほへいだい76れんたい、歩兵第七十六聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第76連隊 · 続きを見る »

歩兵第77連隊

歩兵第77連隊(ほへいだい77れんたい、歩兵第七十七聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第77連隊 · 続きを見る »

歩兵第78連隊

歩兵第78連隊(ほへいだい78れんたい、歩兵第七十八聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第78連隊 · 続きを見る »

歩兵第79連隊

歩兵第79連隊(ほへいだい79れんたい、歩兵第七十九聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第79連隊 · 続きを見る »

歩兵第80連隊

歩兵第80連隊(ほへいだい80れんたい、歩兵第八十聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。.

新しい!!: 満州事変と歩兵第80連隊 · 続きを見る »

歩兵連隊

歩兵連隊(ほへいれんたい)とは、歩兵を主とする連隊。.

新しい!!: 満州事変と歩兵連隊 · 続きを見る »

歩兵操典

歩兵操典(ほへいそうてん)とは陸軍における歩兵の運用について示したマニュアルである。.

新しい!!: 満州事変と歩兵操典 · 続きを見る »

歴史写真

歴史写真(れきししゃしん)とは歴史情報を含む写真のことを指す。古写真とも呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と歴史写真 · 続きを見る »

水崎基一

水崎 基一(みずさき もといち、1871年(明治4年)9月28日 - 1937年(昭和12年)11月29日)は、日本の経済学者、教育者。同志社大学経済学部教授を経て、浅野綜合中学校(現・浅野中学校・高等学校)初代校長。クリスチャン。なお、書、漢詩、短歌石田吉貞「水崎先生の御歌」『故水崎基一先生 追悼』173-180頁の雅号は濃川『同志社時報』 第53号 21頁。.

新しい!!: 満州事変と水崎基一 · 続きを見る »

永井隆 (医学博士)

永井 隆(ながい たかし、1908年(明治41年)2月3日 - 1951年(昭和26年)5月1日)は、日本の医学博士、随筆家。『長崎の鐘』や『この子を残して』等の著書がある。.

新しい!!: 満州事変と永井隆 (医学博士) · 続きを見る »

永田鉄山

永田 鉄山(ながた てつざん、1884年(明治17年)1月14日 - 1935年(昭和10年)8月12日)は、日本の陸軍軍人。統制派の中心人物。陸軍中央幼年学校を2位、陸軍士官学校を首席、陸軍大学校を2位で卒業したのち参謀本部第2部長、歩兵第1旅団長などを歴任した。軍政家として本流を歩み「将来の陸軍大臣」「陸軍に永田あり」「永田の前に永田なく、永田の後に永田なし」と評される秀才だったが、陸軍省軍務局長で階級は陸軍少将時に、陸軍内部の統制派と皇道派の抗争に関連して相沢三郎陸軍中佐に殺害された。.

新しい!!: 満州事変と永田鉄山 · 続きを見る »

永野修身

永野 修身(ながの おさみ、1880年(明治13年)6月15日 - 1947年(昭和22年)1月5日)は、日本の海軍軍人、教育者。海軍兵学校28期、海軍大学校甲種8期。最終階級および栄典は元帥海軍大将従二位勲一等功五級。第24代連合艦隊司令長官。第38代海軍大臣。第16代軍令部総長。海軍の三顕職である連合艦隊司令長官、海軍大臣、軍令部総長を全て経験した唯一の軍人。千葉工業大学の創設発案者。A級戦犯の容疑で東京裁判中に巣鴨プリズンにて病死。.

新しい!!: 満州事変と永野修身 · 続きを見る »

江口定条

江口 定條(えぐち さだえ、元治2年4月1日(1865年4月25日) - 昭和21年(1946年)3月14日)は日本の実業家、政治家。.

新しい!!: 満州事変と江口定条 · 続きを見る »

江口圭一

江口 圭一(えぐち けいいち、1932年8月12日 - 2003年9月26日)は、日本の歴史学者。専門は日本近現代史。.

新しい!!: 満州事変と江口圭一 · 続きを見る »

江防艦隊

満洲国軍の軍艦旗 江防艦隊(こうぼうかんたい)とは、満州国の河川を警備する満州国軍の艦隊。後に改編された「江上軍」についても解説する。.

新しい!!: 満州事変と江防艦隊 · 続きを見る »

河合栄治郎

河合 栄治郎(かわい えいじろう、1891年2月13日 - 1944年2月15日)は、日本の社会思想家、経済学者。第二次世界大戦前夜における、著名な自由主義知識人の一人。.

新しい!!: 満州事変と河合栄治郎 · 続きを見る »

河合栄治郎事件

河合栄治郎事件(かわいえいじろうじけん)とは、1938年から1943年まで続いた、東京帝国大学経済学部教授の河合栄治郎を社会的に抹殺しようとした右翼・軍部・ファシズム勢力による思想弾圧事件である。.

新しい!!: 満州事変と河合栄治郎事件 · 続きを見る »

河上清

河上 清(かわかみ きよし、1873年8月2日 - 1949年10月12日)は、米国で活躍した日本人ジャーナリスト。日本におけるキリスト教社会主義の活動家の1人である。山形県出身。.

新しい!!: 満州事変と河上清 · 続きを見る »

河豚計画

河豚計画(ふぐけいかく)とは、1930年代に日本で進められた、ユダヤ難民の移住計画である。1934年に鮎川義介が提唱した計画に始まるとされ、1938年の五相会議で政府の方針として定まった。実務面では、陸軍大佐安江仙弘、海軍大佐犬塚惟重らが主導した。ヨーロッパでの迫害から逃れたユダヤ人を満州国に招き入れ、自治区を建設する計画であったが、ユダヤ人迫害を推進するドイツのナチ党との友好を深めるにつれて形骸化し、日独伊三国軍事同盟の締結や日独ともに対外戦争を開始したことによって実現性が無くなり頓挫した。.

新しい!!: 満州事変と河豚計画 · 続きを見る »

油井大三郎

油井 大三郎(ゆい だいざぶろう、1945年12月2日 - )は、日本の歴史学者、東京女子大学現代文化学部特任教授、東京大学名誉教授、一橋大学名誉教授。専門はアメリカ現代史。.

新しい!!: 満州事変と油井大三郎 · 続きを見る »

沈鴻烈

沈 鴻烈(しん こうれつ)は中華民国(台湾)の海軍軍人・政治家。北京政府では奉天派に属して東北海防艦隊を設立し、国民政府でも同艦隊(東北海軍と改称)を率いた。字は成章。.

新しい!!: 満州事変と沈鴻烈 · 続きを見る »

沈鈞儒

沈 鈞儒(しん きんじゅ)は、中華民国・中華人民共和国の政治家。立憲派・政学系の政治家で、日中間で武力衝突が勃発すると抗日運動を展開した。そのために蒋介石の弾圧を受けた「七君子」の1人としても著名である。中華人民共和国では初代最高人民法院院長となった。字は秉甫。号は衡山。祖籍は浙江省嘉興府嘉興県。.

新しい!!: 満州事変と沈鈞儒 · 続きを見る »

沖縄戦

沖縄戦(おきなわせん、沖縄の戦い)は、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)、沖縄諸島に上陸したアメリカ軍とイギリス軍を主体とする連合国軍と日本軍との間で行われた戦いである。連合軍側の作戦名はアイスバーグ作戦(Operation Iceberg、氷山作戦)。琉球語では、Ucinaaikusa (ウチナー(沖縄)いくさ(戦、軍)、の意)ともいう。.

新しい!!: 満州事変と沖縄戦 · 続きを見る »

沖縄戦における集団自決

沖縄戦における集団自決(おきなわせんにおけるしゅうだんじけつ)では、第二次世界大戦(太平洋戦争(大東亜戦争))時において、沖縄県で発生したとされる集団自決を扱う。(それ以外の時・場所で発生したものについては集団自決を参照。).

新しい!!: 満州事変と沖縄戦における集団自決 · 続きを見る »

波多野乾一

波多野 乾一(はたの けんいち、1890年12月23日 - 1963年12月29日)は、日本の新聞記者、中国研究家、中国演劇(京劇)研究家。 大分県出身。東亜同文書院卒。1913年、大阪朝日新聞社入社。北京特派員、時事新報社北京特派員。戦後は産業経済新聞論説委員。榛原茂樹の筆名も用いた。.

新しい!!: 満州事変と波多野乾一 · 続きを見る »

波多野養作

波多野 養作(はたの ようさく、1882年3月 - 1935年7月)は、日本の探検家。外務省嘱託。日露戦争末期に外務省の特命で中国西域を探査。.

新しい!!: 満州事変と波多野養作 · 続きを見る »

淀 (通報艦)

淀(よど)は、日本海軍の通報艦。の1番艦である。艦名は大阪湾に注ぐ「淀川」にちなんで名づけられた。同型艦は最上。.

新しい!!: 満州事変と淀 (通報艦) · 続きを見る »

渡部審也

渡部 審也(わたなべ しんや、1875年 - 1950年)とは洋画家である。「わたべ しんや」と読む人も多いようだが、実際の名前は「わたなべ」と読む。作品のほとんどが関東大震災や第二次世界大戦などで焼けてしまい、残っていない。.

新しい!!: 満州事変と渡部審也 · 続きを見る »

渓カン鉄路

渓鉄路(けいかんてつろ)は、満州国奉天省本渓県本渓湖街(現在の中華人民共和国遼寧省本渓市)の太子河駅から同県牛心台鎮(現在の同市明山区牛心台鎮)の牛心台駅までと、牛心台駅から王官溝駅・紅瞼溝駅・小南溝駅・大南溝駅をそれぞれ結ぶ私鉄路線を運営していた鉄道事業者、およびその路線。 日中合弁会社であったが、合弁前より南満州鉄道と浅からぬ縁があり、合弁後も南満州鉄道と地元日本系企業による合弁となるなど、実質的に日本資本の会社であった。.

新しい!!: 満州事変と渓カン鉄路 · 続きを見る »

清水幾太郎

1954年 清水 幾太郎(しみず いくたろう、1907年7月9日 - 1988年8月10日)は、日本の社会学者、評論家。.

新しい!!: 満州事変と清水幾太郎 · 続きを見る »

清水清 (陸軍軍人)

清水 清(しみず きよし、明治30年(1897年)- 昭和7年(1932年)2月27日)は、日本の陸軍軍人。満州事変のハルビン占領前に陸軍砲兵大尉で戦死、特進して少佐。 山口県長府町大字門峠の出身。1921年(大正10年)7月27日、陸軍士官学校33期卒業。1931年8月、砲兵大尉となる。 小倉野戦重砲兵隊所属であった1932年2月27日、ハルビン飛行場を偵察中、搭乗した八八式偵察機570号が反吉林軍からの対空砲火により被弾し、ハルビン郊外に不時着した。操縦士の福井中尉が陸軍特務機関に報告と来援を請いに向かった間、反吉林軍騎兵に包囲され、射殺された。.

新しい!!: 満州事変と清水清 (陸軍軍人) · 続きを見る »

清沢洌

清沢 洌(きよさわ きよし、1890年(明治23年)2月8日 - 1945年(昭和20年)5月21日)は、ジャーナリスト、評論家。長野県生まれ。外交問題、特に日米関係の評論で知られ、またその太平洋戦争下における日記が『暗黒日記』として戦後公刊されたことでも名高い。 なお名前は「冽(にすい)」でなく「洌(さんずい)」。存命中から「れつ」と呼ばれることも多く、本人もしばしばそのような署名を行っていた。また「沢」は旧字で「清澤 洌」とするものもある。.

新しい!!: 満州事変と清沢洌 · 続きを見る »

渋谷黎子

渋谷 黎子(しぶや れいこ、1909年〈明治42年〉6月24日 - 1934年〈昭和9年〉9月16日)は、日本の農民運動家、社会運動家、女性活動家。夫は同じく農民運動家の渋谷定輔。福島県伊達郡粟野村(後の伊達市)出身。出生名は池田 ムメ、または池田 ウメ子、池田 ウメ、池田 梅、池田 梅子。結婚後の別名は渋谷 ムメ、土方 黎子。 財産家に生まれて何不自由ない暮しを送りながら、そのすべてを捨てて出奔し、昭和初期の農民運動に挺身し、特に農村婦人の組織化に尽力した。全国農民組合の支部結成に係る弾圧を受けた末に、満25歳で死去した。.

新しい!!: 満州事変と渋谷黎子 · 続きを見る »

湯玉麟

湯 玉麟(とう ぎょくりん)は、清末、中華民国の軍人。北京政府・奉天派の張作霖に属し、国民政府時代もその子・張学良に属した。北京政府時代の1926年(民国15年)から満州国建国前後まで、熱河省の統治者であった。字は閣臣。.

新しい!!: 満州事変と湯玉麟 · 続きを見る »

満州

満洲(まんしゅう、マンジュ、拼音:Mǎnzhōu、英語:Manchuria)は、現在中華人民共和国において「中国東北部」と呼ばれる地域およびロシア連邦において「極東」と呼ばれる地域の一部を含めた北東アジアの特定地域を指す地域名。渤海・金朝・後金・清朝を建国した満洲民族や、夫余・高句麗を建国した濊貊族、鮮卑・烏桓・契丹・奚などモンゴル民族の故地である。なお、漢字表記は法令や一部の文献では「満洲」が用いられるものの、一般には「満州」が用いられることが多い。 「満洲」という言葉は、もともとは12世紀にはおもに民族名を指していた。しかし19世紀の日本では満洲、満洲国とは地域をさし、民族は「満洲族」と呼ぶようになった。.

新しい!!: 満州事変と満州 · 続きを見る »

満州事変

満州事変(まんしゅうじへん、)は、1931年(昭和6年、民国20年)9月18日に中華民国奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍満洲駐留の大日本帝国陸軍が南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件石原莞爾と板垣征四郎は否定したが、極東国際軍事裁判の田中隆吉の証言と、当時関東軍司令部付であった花谷正の手記という形の原稿「満洲事変はこうして計画された」(別冊『知性』昭和31年12月号)により関東軍の関与が明らかとなった。ただし、南満州鉄道の日本爆破説の真偽を確証できないと主張するものもある(中西輝政・北村稔『歴史通』2011年3月号『さきに「平和」を破ったのは誰か』))に端を発し、関東軍による満州(中国東北部)全土の占領を経て、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の武力紛争(事変)である。中国側の呼称は九一八事変現在柳条湖の事件現場には九・一八歴史博物館が建てられている。この博物館には事件の首謀者としてただ2人、板垣と石原のレリーフが掲示されている。 関東軍はわずか5か月の間に満州全土を占領し、軍事的にはまれに見る成功を収めた。.

新しい!!: 満州事変と満州事変 · 続きを見る »

満州善後条約

満州善後条約(満洲善後条約、まんしゅうぜんごじょうやく)は、1905年(明治38年)12月22日に北京において日本・清国両国間で締結された条約。正式名称は「満洲ニ關スル条約」。中国では「中日会議東三省事宜正約及附」と呼ばれる。 日本側は特派全権大使小村寿太郎(外務大臣)及び特派全権公使内田康哉と清国側は欽差全権大臣慶親王奕劻及び禨・袁世凱の間で調印され、全3条の本文と12ヶ条の付属協定、16項目の付属取決から構成された。ポーツマス条約(1905年(明治38年)9月5日)によって帝政ロシアから日本に譲渡された満州利権の移動を清国が了承した。 日露戦争の結果、日本は南満州鉄道や関東州の租借権などの満洲利権を獲得したが、満洲は既に半植民地状態とはいえ、あくまでも清国の主権に属する地域であったことから、清国の了承なしには権利の譲渡は出来なかった。そのため、条約締結後、第1次桂内閣は外務大臣の小村らを派遣して清国にかつて帝政ロシアが獲得した権益に加えて新たな要求を付け加えてその承認を要求したのである。 新しい要求には南満洲鉄道の吉林までの延伸と同鉄道を守備するための日本陸軍の常駐権と沿線鉱山の採掘権保障、同鉄道に併行する鉄道建設の禁止、安奉鉄道の使用権継続と両国共同事業化、営口・安東・奉天における日本人居留地の設置の許可、鴨緑江右岸の森林伐採合弁権獲得などが認められ、以後の満洲経営の基礎となった。 これらの条項は辛亥革命以後も北洋政府・奉天軍閥などに継承されたが、張作霖爆殺事件後に奉天軍閥を継いだ張学良が同条約を否認して併行鉄道の建設を推進し、満州事変の遠因となった。.

新しい!!: 満州事変と満州善後条約 · 続きを見る »

満州国

満洲国の地図 満州国(まんしゅうこく、、)は、1932年(大同元年元号は、 大同(1932年3月1日 - 1934年3月1日)、康徳(1934年3月1日 - 1945年8月18日))から1945年(康徳12年)の間、満州(現在の中国東北部)に存在した国家。「洲」が常用漢字でないため、日本の教育用図書を含め一般的に「満州国」の表記が使われるが、日本の法令や一部の文献では「満洲国」が用いられる。 帝政移行後は「大満州帝国(大滿洲帝國)」あるいは「満州帝国(滿洲帝國)」などと呼ばれていた。日本(朝鮮、関東州)および中華民国、ソビエト連邦、モンゴル人民共和国、蒙古聯合自治政府(後に蒙古自治邦政府と改称)と国境を接していた。日本の傀儡政権であるという意見もある。.

新しい!!: 満州事変と満州国 · 続きを見る »

満州国の祝祭日

満州国の祝祭日(まんしゅうこくのしゅくさいじつ)では、満州国で制定された祝祭日、記念日について説明する。.

新しい!!: 満州事変と満州国の祝祭日 · 続きを見る »

満州国の経済

満州国の経済(まんしゅうこくのけいざい)では、1932年~1945年にかけて満州(現在の中国東北部)に存在した満州国の経済について記述する。1931年の満州事変、1932年の満州国の建国後、日本により統治機構が整備されていった。満州国に対する日本の産業投資は、重工業に対する重点的資本投下、そしてやや小額ながら農業資本投下、という構成であった。.

新しい!!: 満州事変と満州国の経済 · 続きを見る »

満州国協和会

満州国協和会(まんしゅうこくきょうわかい)は、満州国における官民一体の国民教化組織。.

新しい!!: 満州事変と満州国協和会 · 続きを見る »

満州国圓

満州国圓(滿洲國圓、まんしゅうこくえん)は、満洲国で流通した通貨である。通称は国幣。満洲中央銀行が発行した。.

新しい!!: 満州事変と満州国圓 · 続きを見る »

満州国国有鉄道

'''緑'''が社線(満鉄) 満州国国有鉄道(満洲国有鉄道、まんしゅうこくゆうてつどう)は、満州国交通部が主に満州中部・北部に所有していた国有鉄道。通称「国線」。現地新聞などでは単に「国鉄」とも呼ばれた。 「国有鉄道」と銘打っていたものの、成立と同時に運営や建設をすべて南満州鉄道に委託したほか、関東軍の介入をたびたび受けていた。このため交通部は設備の保有と路線に関する監督・布告を名目上行うだけにとどまり、傀儡政権ならぬ「傀儡国鉄」の状態であった。.

新しい!!: 満州事変と満州国国有鉄道 · 続きを見る »

満州国童子団連盟

満州国童子団連盟 (まんしゅうこくどうじだんれんめい 中国語:滿洲國童子團聯盟)は満州国に存在したスカウティング組織。本項目では同時期の満州国における他のスカウティング組織についても記述する。.

新しい!!: 満州事変と満州国童子団連盟 · 続きを見る »

満州国演義

『満州国演義』(まんしゅうこくえんぎ)は、船戸与一による歴史小説である。新潮社から2007年に刊行開始、2015年に9巻を発刊して完結した。当初は『週刊新潮』に連載されていたが、第4巻以降書き下ろしへ移行した。2015年から2016年にかけて新潮文庫版も全9巻が刊行された。.

新しい!!: 満州事変と満州国演義 · 続きを見る »

満州産業開発五カ年計画

満州産業開発五カ年計画(まんしゅうさんぎょうかいはつごかねんけいかく)とは、1937年(昭和12年)4月から開始された、日本の傀儡国家たる満州国岡部・荻野(2010年)54ページにおける経済開発計画である柴田(2012年)462ページ。日本の統制経済とも連動した。.

新しい!!: 満州事変と満州産業開発五カ年計画 · 続きを見る »

満州農業移民百万戸移住計画

満州農業移民百万戸移住計画(まんしゅうのうぎょういみんひゃくまんこいじゅうけいかく)とは、日本陸軍の関東軍司令部が1936年(昭和11年)5月11日に作成した、満州国へ大規模に日本人農民を移住させる計画である浅田(1993年)83ページ。.

新しい!!: 満州事変と満州農業移民百万戸移住計画 · 続きを見る »

満州関係記事の一覧

満州関係記事の一覧は、満州に関する記事の一覧。.

新しい!!: 満州事変と満州関係記事の一覧 · 続きを見る »

満州里会議

満州里会議(まんしゅうりかいぎ、マンチューリかいぎ)は、モンゴル人民共和国と満州国の国境問題解決のため、1935年から1937年にかけて、数回に亘り満州里で開かれた一連の外交会合である。モンゴル人民共和国と満州国の政府代表が出席する形式で、両国の背後のソビエト連邦政府と日本政府の影響下で外交交渉が行われたが、具体的成果の無いまま途絶した。満蒙会議(まんもうかいぎ)とも呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と満州里会議 · 続きを見る »

満井佐吉

満井 佐吉(みつい さきち、1893年5月5日 - 1967年2月16日)は、日本の陸軍軍人、政治家。 衆議院議員を1期務めた。軍人としての最終階級は歩兵中佐。.

新しい!!: 満州事変と満井佐吉 · 続きを見る »

満蒙問題

満蒙問題(まんもうもんだい)とは、日露戦争後の、満州、内蒙古地方における日本の特殊権益擁護を巡る諸問題のこと。.

新しい!!: 満州事変と満蒙問題 · 続きを見る »

満蒙開拓団

満蒙開拓団(まんもうかいたくだん)とは、1931年(昭和6年)に起きた満州事変から1945年(昭和20年)の日本の太平洋戦争敗戦時に至るまで、いわゆる旧「満州国」(中国東北部)・内モンゴル地区に、国策として送り込まれた入植者(満蒙開拓移民)約27万人のことをいう。.

新しい!!: 満州事変と満蒙開拓団 · 続きを見る »

満蒙開拓移民

満蒙開拓移民(まんもうかいたくいみん)は、1931年(昭和6年)の満州事変以降、1945年(昭和20年)の太平洋戦争敗戦までの期間に日本政府の国策によって推進された、中国大陸の旧満州、内蒙古、華北に入植した日本人移民の総称である。満蒙開拓団(まんもうかいたくだん)とも言われる。1932年(昭和7年)から大陸政策の要として、また昭和恐慌下の農村更生策の一つとして遂行され、14年間で27万人が移住した。.

新しい!!: 満州事変と満蒙開拓移民 · 続きを見る »

満鉄連京線

| 連京線(れんきょうせん)は、1907年(明治40年)から1945年(昭和20年)まで南満州鉄道(満鉄)が運営していた、日本租借地の関東州大連市と満州国の首都新京(長春)を結ぶ鉄道路線。現在の哈大線の一部。満鉄の主幹線で、初期の路線名は満鉄本線・満鉄満洲本線。1927年(昭和2年)に連長線、満州国成立後に連京線と改称された。 大連港を基点に中国東北部(満州)を縦貫するこの鉄道路線の経営権は、これに付随する鉄道附属地と共に日露戦争で日本がロシアから獲得した主要な利権の一つである。大正期には欧亜連絡運輸の一端を担うと共に、内陸部で採掘される豊富な資源を内地へ送り出す貨物幹線として日本の満州支配に重要な役割を果たした。満州国の成立後は羅津港など北朝鮮経由の短絡ルートが確保されたため、貨物運輸における連京線の比重は低下したが、満鉄の看板列車である特急「あじあ」が運行されるなど新首都・新京への旅客路線として繁栄した。1945年8月、満州に侵攻したソ連軍に接収され、他の満鉄経営路線と共に中ソ共同経営の中国長春鉄路公司に編入された。.

新しい!!: 満州事変と満鉄連京線 · 続きを見る »

満洲電信電話

満洲電信電話株式会社(まんしゅうでんしんでんわかぶしきがいしゃ)は、1933年8月31日に設立され、ポツダム宣言の受諾に伴って閉鎖された日満合弁による国策会社。満州国及び関東州における電気通信事業(放送も含む)を独占的に経営していた。略称は「満洲電電」、略号は「MTT」。.

新しい!!: 満州事変と満洲電信電話 · 続きを見る »

漢口租界

漢口租界(かんこうそかい、、)は、中国の湖北省武漢市にかつて存在した租界。清朝末期の1861年から第二次世界大戦中の1943年まで、漢口市に設けられた列強各国の租界のことをまとめて漢口租界と呼ぶ。 阿片戦争(1840-1842年)、第二次阿片戦争(1856-1860年)、日清戦争(1894-1895年)などに敗北した清国は、次々と列強各国との間に不平等条約を結ばされた。その結果、中国大陸各地の港が条約港として開港させられ、上海、天津、漢口、広州などには租界が設けられた。 漢口には長江上流より、(1861年〜1927年)、(1896年〜1924年)、(1896年〜1943年)、(1895年〜1919年)、(1898年〜1938年8月・1938年10月〜1943年)が設けられた。最初に開設されたイギリス租界には列強の多くの企業が進出し漢口地区の経済の中心地となっていった。漢口の中心となったイギリス租界から最も遠くに造らざるをえなかった日本租界は、漢口城壁外の低湿地に設けられたため長江の洪水に悩まされそれほど繁栄することはなかった孫安石 漢口の都市発展と日本租界 http://klibredb.lib.kanagawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/10487/3508/1/kana-10-10-0012.pdf。.

新しい!!: 満州事変と漢口租界 · 続きを見る »

朝鮮南部連続少女誘拐事件

朝鮮南部連続少女誘拐事件(ちょうせんなんぶれんぞくしょうじょゆうかいじけん)とは、1932年(昭和7年)から1939年(昭和14年)にかけて、日本統治時代の朝鮮の南部地域(慶尚道・全羅道地域)などで続発した連続少女誘拐事件である。1939年3月4日に発覚した河允明による連続誘拐事件など、多数の朝鮮人斡旋業者による誘拐事件が発生した。.

新しい!!: 満州事変と朝鮮南部連続少女誘拐事件 · 続きを見る »

朝鮮総督府

朝鮮総督府(ちょうせんそうとくふ、朝鮮語:조선총독부)は、1910年(明治43年)の韓国併合によって大日本帝国領となった朝鮮を統治するため、同年9月30日に設置された官庁である。庁舎は京畿道京城府(現在の大韓民国ソウル特別市)の景福宮敷地内に設置された。 韓国統監府を前身とし、旧大韓帝国の政府組織を改組・統合したため朝鮮人職員を多く抱えていたが、枢要なポストはほぼ日本人が握っていた。初代総督は寺内正毅。総督は現役または予備役の陸海軍大将が歴任した。1945年、太平洋戦争(大東亜戦争)における日本の敗戦にともない、連合国の指示により業務を停止するため、政務総監遠藤柳作によって呂運亨らに独立に向けて朝鮮建国準備委員会の組織化の打診があるも、その後も総督府の行政は継続され、行政権限は北緯38度線以南の占領行政機関となったアメリカ軍政庁へ引き継がれた。 総督府によりインフラの整備がおこなわれ、結果として伝染病の予防や出生率の増加におよび朝鮮総督府『統計年報』黄文雄『歪められた朝鮮総督府』光文社、教育施設では皇民化教育、日本語やハングル崔基鎬『韓国 堕落の2000年史』祥伝社の教育が進められたが、言論の制限や結社の禁止、独立運動などへの取り締まりなども行われた相賀徹夫著・編『日本大百科全書 15』1987年 小学館。これらの政策や事業に対しては批判する意見と評価する意見があり、現在も議論が続けられている。 建物は1948年の韓国の建国から1995年に金泳三大統領に爆破解体されるまで国会議事堂、中央庁、国立中央博物館とされた。.

新しい!!: 満州事変と朝鮮総督府 · 続きを見る »

朝鮮総督府鉄道

朝鮮総督府鉄道(ちょうせんそうとくふてつどう、英名:The Government Railways of Chosen)は日本統治時代の朝鮮総督府が経営した鉄道である。略称は鮮鉄(せんてつ)。.

新しい!!: 満州事変と朝鮮総督府鉄道 · 続きを見る »

朝鮮独立運動

朝鮮独立運動(ちょうせんどくりつうんどう)とは、李氏朝鮮・日本統治時代・連合国軍政期に朝鮮人が行なった朝鮮の独立運動のことである。.

新しい!!: 満州事変と朝鮮独立運動 · 続きを見る »

朝鮮軍 (日本軍)

朝鮮軍(ちょうせんぐん)は、大日本帝国陸軍の軍の一つ。朝鮮を管轄した。朝鮮人によって組織された軍隊ではない。.

新しい!!: 満州事変と朝鮮軍 (日本軍) · 続きを見る »

朝潮型駆逐艦

朝潮型駆逐艦(あさしおかたくちくかん)は大日本帝国海軍(以下「海軍」)の一等駆逐艦の艦級である。同型艦10隻。一番艦の「朝潮」沈没後は、満潮型駆逐艦と改定された。.

新しい!!: 満州事変と朝潮型駆逐艦 · 続きを見る »

朝日ダム

朝日ダム(あさひダム)は岐阜県高山市、一級河川・木曽川水系飛騨川に建設されたダムである。 中部電力が管理を行う発電専用ダムで、飛騨川流域一貫開発計画の第一弾として手掛けられた飛騨川筋では初となる大規模ダム式発電所として建設された。高さ87.0メートルの重力式コンクリートダムで、飛騨川におけるハイダムのはしりでもある。同時進行で建設された秋神ダム(秋神川)と貯水を融通し有効利用することによって、飛騨川下流の水力発電所に対して渇水期にも発電能力を維持・増強させる役割を持つ。ダムによって形成された人造湖は朝日貯水池(あさひちょすいち)と呼ばれ、通称などはない。.

新しい!!: 満州事変と朝日ダム · 続きを見る »

朝日新聞

朝日新聞社の社旗(西日本版) 中之島にある朝日新聞大阪本社 中央区築地にある朝日新聞東京本社 栄にある朝日新聞名古屋本社 北九州市小倉北区リバーウォーク北九州にある朝日新聞西部本社 福岡市博多区博多駅前にある朝日新聞福岡本部 中央区にある朝日新聞北海道支社 朝日新聞(あさひしんぶん、The Asahi Shimbun)は、日本の日刊の全国紙。朝日新聞社が編集・発行する新聞で、同社のメイン新聞である。販売部数は、全国紙では読売新聞に次ぐ業界2位。.

新しい!!: 満州事変と朝日新聞 · 続きを見る »

木村重

木村 重(きむら しげる、1902年 - 1977年3月19日)は、日本の魚類学者。.

新しい!!: 満州事変と木村重 · 続きを見る »

木戸幸一

木戸 幸一(きど こういち、明治22年(1889年)7月18日 - 昭和52年(1977年)4月6日)は、日本の官僚、政治家。侯爵。 昭和天皇の側近の一人として東條英機を首相に推薦するなど、太平洋戦争前後の政治に関与した。敗戦後にGHQによって戦争犯罪容疑で逮捕され、東京裁判において終身刑となったが後に仮釈放された。.

新しい!!: 満州事変と木戸幸一 · 続きを見る »

木曽川電力

木曽川電力株式会社(きそがわでんりょくかぶしきがいしゃ)は、大正から昭和戦前期にかけて存在した日本の電力会社である。中部電力管内にかつて存在した事業者の一つ。 1916年(大正5年)に株式会社電気製鋼所(でんきせいこうしょ)の名で設立。社名の通り当初は製鋼事業が本業で、電気事業は1919年(大正8年)に追加された付帯事業であったが、1922年(大正11年)に製鋼事業を手放して木曽川電力へ改称した。電気事業者としての事業地は長野県木曽地域。1942年(昭和17年)に中部電力の前身中部配電へ統合された。 製鋼事業者としての電気製鋼所は、その後の再編を経て成立した大同特殊鋼の前身にあたる。同社は1950年(昭和25年)設立であるが電気製鋼所の設立日を「創業」の日としている。.

新しい!!: 満州事変と木曽川電力 · 続きを見る »

木曜会 (日本陸軍)

木曜会(もくようかい)は、1927年(昭和2年)から1929年(昭和4年)にかけて存在した、大日本帝国陸軍の若手の中央幕僚による会合、小グループ。少壮の陸軍幕僚が内々に集まり、陸軍の装備や国防の指針など軍事にかかわるさまざまな問題を研究し、議論・検討することを目的とした少人数の集団、研究団体川田(2010)pp.4-7。構成員は18人前後で、永田鉄山らの二葉会にならって結成された川田(2010)pp.7-11。無名会(むめいかい)と称することもあった。.

新しい!!: 満州事変と木曜会 (日本陸軍) · 続きを見る »

末次信正

末次 信正(すえつぐ のぶまさ、1880年(明治13年)6月30日同年3月2日に米内光政(29期)、6月15日に永野修身(28期)が誕生。米内は中学卒業と同時に兵学校入校である。末次は19歳7月で兵学校を卒業している。同期生で20歳未満で卒業したのは10人に満たない。 - 1944年(昭和19年)12月29日)は、日本の海軍軍人、政治家。最終階級は海軍大将、従二位・勲一等。第1次近衛内閣の内務大臣。坊の岬沖海戦で戦死した末次信義海軍中佐は長男。.

新しい!!: 満州事変と末次信正 · 続きを見る »

本島等

本島 等(もとじま ひとし、1922年(大正11年)2月20日 - 2014年(平成26年)10月31日)は、日本の政治家。1979年(昭和54年)から1995年(平成7年)の4期にわたり、長崎県長崎市長を務めた。.

新しい!!: 満州事変と本島等 · 続きを見る »

本庄繁

本庄 繁(ほんじょう しげる、1876年(明治9年)5月10日 - 1945年(昭和20年)11月20日)は、日本の陸軍軍人。第10師団長・関東軍司令官・侍従武官長を歴任し階級は陸軍大将正三位勲一等功一級男爵に至る。軍を退いてからは軍事保護院総裁や枢密顧問官を務める。長男一雄は陸軍主計中佐。娘は山口一太郎陸軍大尉に嫁ぐ。本庄は書を心得、剣華と号す。渾名は「たくわん石」。.

新しい!!: 満州事変と本庄繁 · 続きを見る »

本田親男

本田 親男(ほんだ ちかお、1899年11月21日 - 1980年7月30日)は、鹿児島県出身のジャーナリスト。元毎日新聞社社長、会長、最高顧問。.

新しい!!: 満州事変と本田親男 · 続きを見る »

本渓市

本渓市(ほんけい-し)は中華人民共和国遼寧省に位置する地級市。満族などの少数民族も多く居住している。 周辺地域での豊富な鉄鉱石や石炭の産出により中国有数の冶金業の中心地・鉱業と重工業の基地・製鉄都市となってきた。政府による環境保護政策にもかかわらず、老朽化した製鉄所設備による工場群から排出される煤煙により大気汚染が続いている。 市域東部の桓仁(桓仁満族自治県)は、高句麗発祥の地でもある五女山山城が立地している。.

新しい!!: 満州事変と本渓市 · 続きを見る »

朱子学

朱子学(しゅしがく)とは、南宋の朱熹によって再構築された儒教の新しい学問体系。日本で使われる用語であり、中国では、朱熹がみずからの先駆者と位置づけた北宋の程頤と合わせて程朱学(程朱理学)・程朱学派と呼ばれ、宋明理学に属す。当時は、程頤ら聖人の道を標榜する学派から派生した学の一つとして道学(Daoism)とも呼ばれた。 陸王心学と合わせて人間や物に先天的に存在するという理に依拠して学説が作られているため理学(宋明理学)と呼ばれ、また、清代、漢唐訓詁学に依拠する漢学(考証学)からは宋学と呼ばれた。.

新しい!!: 満州事変と朱子学 · 続きを見る »

朱兆シン

朱 兆莘(しゅ ちょうしん、)は清末・中華民国の政治家・外交官。字は鼎清。.

新しい!!: 満州事変と朱兆シン · 続きを見る »

朱霽青

朱 霽青(しゅ せいせい)は中華民国の軍人・ジャーナリスト。旧名は国陞。別名は自新。字は紀卿。号は再造子。.

新しい!!: 満州事変と朱霽青 · 続きを見る »

朱慶瀾

朱 慶瀾(しゅ けいらん)は、清末民初の軍人・政治家。清末の新軍軍人で、民国が成立した後は、黒竜江将軍、広東省長などを歴任した。奉天派にも属したが、政治的立場としては孫文(孫中山)にも同情的であった。字は子橋。祖籍は浙江省紹興府紹興県。.

新しい!!: 満州事変と朱慶瀾 · 続きを見る »

朴一禹

朴 一禹(パク・イルウ、1904年 - 没年不明「朴一禹」(『岩波小辞典 現代韓国・朝鮮』)は「1904(1912?)-?」と生没年を表示。)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家、軍人。第二次世界大戦以前は中国共産党員として中国で活動を行っていた人物であり、戦後の北朝鮮における延安派の中心人物のひとりであった。.

新しい!!: 満州事変と朴一禹 · 続きを見る »

月瀬の大スギ

月瀬の大スギ(つきぜのおおスギ)は、長野県下伊那郡根羽村平の月瀬地区(月瀬神社跡地)に生育しているスギの巨木である。樹高は40メートル、幹回りは13.8メートルあり、長野県で最大の巨木である『巨樹・巨木』201頁。。推定の樹齢は、1500年とも1800年ともいわれる『新日本名木100選』236頁。。このスギの大枝が折れるときは、変事の発生や悪疫流行などの前兆であると伝えられる『杉II』107-108頁。。一方では虫歯の痛み止めに霊験あらたかとされ、地域の人々は神木として「大杉様」と呼んで崇敬している 根羽村観光協会公式サイト、2017年3月27日閲覧。。 このスギは江戸末期と明治期にあった伐採の危機を、地域の人々の尽力で乗り越えた 2012年3月23日閲覧。。1944年には、国の天然記念物に指定されている 文化庁ウェブサイト、2012年3月22日閲覧。 文化遺産オンライン、2012年3月22日閲覧。。.

新しい!!: 満州事変と月瀬の大スギ · 続きを見る »

望月軍四郎

望月 軍四郎(もちづき ぐんしろう、1879年(明治12年)8月15日 - 1940年(昭和15年)2月1日)は、日本の実業家、慶應義塾特選塾員、民間支那学研究者。.

新しい!!: 満州事変と望月軍四郎 · 続きを見る »

成富政一

成富 政一(なりとみ まさいち、1894年(明治27年)11月18日 – 1938年(昭和13年)10月12日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐。位階勲等功級は正五位勲三等功四級。.

新しい!!: 満州事変と成富政一 · 続きを見る »

成田山新勝寺

成田山新勝寺(なりたさん しんしょうじ)は、日本の千葉県成田市にある真言宗智山派の寺院であり、同派の大本山のひとつである。山号を成田山、寺号を新勝寺というが、山号を省略せずに呼ぶのが通常で、寺号のみで呼ぶことは少なく、むしろ山号のみで呼ぶことが珍しくない。本尊は不動明王で、当寺は不動明王信仰の一大中心地である。そのため、成田不動、お不動さまなどといった通称でも広く親しまれてきた。開山は平安時代中期にあたる天慶3年(940年)と伝えられる。寺紋は葉牡丹。 参詣者数において関東地方屈指の寺である。初詣の参拝客数は、2006年に約275万人、2007年に約290万人を数えており、神社仏閣としては、明治神宮に次ぐ全国第2位(千葉県内第1位)、仏閣に限れば全国第1位である。現在ではおおむねこの順位を維持しているが、以前は神社仏閣として川崎大師に次ぐ全国第3位であった。今も昔も加持祈祷のために訪れる人が多いことでも知られる。.

新しい!!: 満州事変と成田山新勝寺 · 続きを見る »

成都事件

成都事件(せいとじけん)は、1936年(昭和11年)8月24日に四川省成都でおきた、日本人4名が殺傷された排日事件である。.

新しい!!: 満州事変と成都事件 · 続きを見る »

戦史叢書

『戦史叢書』(せんしそうしょ、英題Senshi sôsho)とは防衛研修所戦史室 (現在の防衛省防衛研究所戦史部の前身)によって1966年(昭和41年)から1980年(昭和55年)にかけて編纂され、朝雲新聞社(あさぐもしんぶんしゃ)より刊行された公刊戦史である。A5版、各巻500-600頁、定価2200~4200円。.

新しい!!: 満州事変と戦史叢書 · 続きを見る »

戦中

戦中(せんちゅう)とは、戦争が起こっている最中を指す語。.

新しい!!: 満州事変と戦中 · 続きを見る »

戦争

朝鮮戦争(1950年 - 1953年) 核兵器を使用した戦争・広島市(1945年) 戦争(せんそう)とは、複数の集団の間での物理的暴力の行使を伴う紛争である。国際紛争の武力による解決である。対義語は対話。広義には内戦や反乱も含む(戦争一覧)。人類が、集団を形成するようになる有史以来、繰り返されてきたものである。銀行などが引受けた巨額の戦費は慢性的な租税負担となる。市民生活に対する制限と攻撃は個人の尊厳を蹂躙する。時代ごとの考え方によって違法性が認定されてきた。.

新しい!!: 満州事変と戦争 · 続きを見る »

戦争史大観

『戦争史大観』(せんそうしたいかん)とは1929年(昭和4年)に実施された石原莞爾による講話であり、また後に書籍としてまとめた作品である。.

新しい!!: 満州事変と戦争史大観 · 続きを見る »

戦争一覧

戦争一覧(せんそういちらん)は、世界史上の主な戦争の年代別の一覧である。.

新しい!!: 満州事変と戦争一覧 · 続きを見る »

戦争調査会

戦争調査会(せんそうちょうさかい)は、1945年(昭和20年)11月に幣原喜重郎内閣により設置された日本の大東亜戦争に関する調査、審議機関である。設置当初は大東亜戦争調査会という名称であったが、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の指令により、1946年(昭和21年)1月に戦争調査会と改められ冨田(2013年)87頁、同年9月にGHQの意向を受けた第1次吉田茂内閣により廃止された。.

新しい!!: 満州事変と戦争調査会 · 続きを見る »

戦闘用ヘルメット

戦闘用ヘルメット(せんとうようヘルメット、combat helmet)は軍人などが戦闘時に頭部を防護するための防具である軍用ヘルメット(1) 坂本明 歴史群像 2006年8月号 学習研究社 P152-154。.

新しい!!: 満州事変と戦闘用ヘルメット · 続きを見る »

戴笠

戴 笠(たい りゅう、1897年5月28日(清光緒23年4月27日) - 1946年(民国35年)3月17日)は中華民国の政治家・軍人(追贈で陸軍中将)。字は雨農。旧名は春風、徴蘭。.

新しい!!: 満州事変と戴笠 · 続きを見る »

昭和

昭和(しょうわ)は日本の元号の一つ。大正の後、平成の前。昭和天皇の在位期間である1926年(昭和元年)12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで。20世紀の大半を占める。 昭和は、日本の歴代元号の中で最も長く続いた元号であり、元年と64年は使用期間が共に7日間であるため実際の時間としては62年と14日となる。なお、外国の元号を含めても最も長く続いた元号であり、歴史上60年以上続いた元号は日本の昭和(64年)、清の康熙(61年)および乾隆(60年)しかない。 第二次世界大戦が終結した1945年(昭和20年)を境にして近代と現代に区切ることがある。.

新しい!!: 満州事変と昭和 · 続きを見る »

昭和天皇

昭和天皇(しょうわてんのう、1901年〈明治34年〉4月29日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)は、日本の第124代天皇(在位: 1926年〈昭和元年〉12月25日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)。 幼少時の称号は迪宮(みちのみや)・諱は裕仁(ひろひと)。お印は若竹(わかたけ)。.

新しい!!: 満州事変と昭和天皇 · 続きを見る »

昭和天皇の戦争責任論

昭和天皇の戦争責任論(しょうわてんのうのせんそうせきにんろん)は、昭和天皇の満州事変勃発からポツダム宣言受託による日本の降伏までの十五年戦争(満州事変・支那事変/日中戦争・大東亜戦争/太平洋戦争)に対する戦争責任に対する議論のこと。連合国からの極東国際軍事裁判(東京裁判)における対外的責任に基づく訴追問題と、日本国内における敗戦責任、戦争によって出た犠牲に対する責任の議論などがある。その責任の有無を巡って肯定論、否定論ともに主張されている。.

新しい!!: 満州事変と昭和天皇の戦争責任論 · 続きを見る »

昭和倶楽部

昭和倶楽部(しょうわくらぶ)とは、昭和2年(1927年)に貴族院と衆議院で結成された議員団体のこと。ただし、両者の関係はない。.

新しい!!: 満州事変と昭和倶楽部 · 続きを見る »

昭和研究会

昭和研究会(しょうわ けんきゅうかい、1933年(昭和8年)12月27日設立 – 1940年(昭和15年)11月19日廃止)は、近衛文麿の私的ブレーントラスト(政策研究団体)。主宰者は近衛のブレーンの一人だった後藤隆之助。ただし正式な組織として発足手続が取られたのは1936年(昭和11年)11月に入ってからである。.

新しい!!: 満州事変と昭和研究会 · 続きを見る »

昭和恐慌

昭和恐慌(しょうわきょうこう)は、1929年(昭和4年)秋にアメリカ合衆国で起き世界中を巻き込んでいった世界恐慌の影響が日本にもおよび、1930年(昭和5年)から翌1931年(昭和6年)にかけて日本経済を危機的な状況に陥れた、戦前の日本における最も深刻な恐慌。 第一次世界大戦による戦時バブル(=日本の大戦景気)の崩壊によって、銀行が抱えた不良債権が金融システムの悪化を招き、一時は収束するものの、その後の金本位制を目的とした緊縮的な金融政策によって、日本経済は深刻なデフレ不況に陥った田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、110頁。。.

新しい!!: 満州事変と昭和恐慌 · 続きを見る »

昭和戦争

昭和戦争(しょうわせんそう)は、「満州事変」「日中戦争」「太平洋戦争」という呼称に代わるものとして、読売新聞が提唱する呼称である。 本項目では「昭和戦争」という呼称に関する問題を取り扱う。戦争の経過等に関しては本項目ではなく満州事変、日中戦争、太平洋戦争の各項目を参照のこと。.

新しい!!: 満州事変と昭和戦争 · 続きを見る »

易培基

易 培基(えき ばいき)は中華民国の政治家・文芸家・教育者。北京政府で教育総長、国民政府で農鉱部長をつとめた。また、故宮博物院院長として文物を管理・保護した人物としても知られる。字は寅山。号は鹿山。.

新しい!!: 満州事変と易培基 · 続きを見る »

流行歌

流行歌(りゅうこうか)は、一時期広く世間に流布し、多くの人に好まれ歌われた歌。.

新しい!!: 満州事変と流行歌 · 続きを見る »

浦江飯店

浦江飯店(浦江饭店)、またはアスター・ハウス・ホテル(Astor House Hotel)は中国、上海市のホテルである。1846年にリチャーズ・ホテル・アンド・レストラン(礼查饭店)としてオープンし、1858年には上海市の外灘、虹口区の黄浦江と呉淞江という2本の川の合流地点、外白渡橋の北側の現在の場所に移転した。 1900年前後には世界で最も有名なホテルのひとつ、東洋一のホテルと称されたが、第二次世界大戦、文化大革命を経てその輝きを失い、20世紀の末にはバックパッカーのたまり場と成り果てた。2000年代には大規模な改修が行われ、ある程度の輝きを取り戻している。.

新しい!!: 満州事変と浦江飯店 · 続きを見る »

海と夕焼

『海と夕焼』(うみとゆうやけ)は、三島由紀夫の短編小説。文永の鎌倉建長寺で寺男になっている老フランス人が、晩夏の夕焼けに遠い昔の少年時代を思い出し、聖地エルサレム奪還を目指し同志を率いてマルセイユの埠頭で祈念した時の挫折感と絶望を回想する物語。地中海が2つに割れる奇蹟を待望しながら至誠が天に通じなかった不思議、さらにその奇蹟の幻影自体よりも、神秘な沈黙の海に潜む「ふしぎな不思議」に思い至った心境を、三島自身の少年期の神風待望の心理と重ねつつ、人間と信仰の主題を描いている作品である「解説」(『花ざかりの森・憂国――自選短編集』新潮文庫、1968年9月)。、に所収田中美代子「海と夕焼」()。また、5本の指に入るほど三島が特に愛着を持っている短編でもある「あとがき」(『三島由紀夫短篇全集・5』講談社、1965年7月)。に所収。.

新しい!!: 満州事変と海と夕焼 · 続きを見る »

海上警察隊 (満州国)

海上警察隊(かいじょうけいさつたい)は、満州国が設置した沿岸警備隊。.

新しい!!: 満州事変と海上警察隊 (満州国) · 続きを見る »

海軍反省会

海軍反省会(かいぐんはんせいかい)は、1980年から1991年まで、大日本帝国海軍軍令部、第二復員省OBが一般には公にせず内密に組織した旧海軍学習グループである。.

新しい!!: 満州事変と海軍反省会 · 続きを見る »

浜田駅

浜田駅(はまだえき)は、島根県浜田市浅井町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の駅である。事務管コードは▲640764。.

新しい!!: 満州事変と浜田駅 · 続きを見る »

浜黒崎村

浜黒崎村(はまくろさきむら)は、かつて富山県上新川郡にあった村である。.

新しい!!: 満州事変と浜黒崎村 · 続きを見る »

浄水錠

浄水錠(じょうすいじょう)は、大日本帝国陸軍で、用水の消毒に用いられた丸剤である。.

新しい!!: 満州事変と浄水錠 · 続きを見る »

浅原健三

浅原 健三(あさはら けんぞう、1897年(明治30年)2月28日 - 1967年(昭和42年)7月19日)は、大正・昭和時代の日本の労働運動家、政治家。.

新しい!!: 満州事変と浅原健三 · 続きを見る »

浅沼稲次郎

浅沼 稲次郎(あさぬま いねじろう、旧字体:淺沼 稻次郞、1898年(明治31年)12月27日 - 1960年(昭和35年)10月12日)は、日本の政治家。東京府三宅村(現在の東京都三宅村)出身。日本社会党書記長、委員長を歴任。 巨体と大きな声で全国を精力的に遊説する姿から、「演説百姓浅沼稲次郎『私の履歴書』によると、田所輝明の戯れ歌が出典。田所輝明『無産党十字街』では、「ある同志」の歌としている。浅沼稲次郎」「人間機関車」の異名を取り、また「ヌマさん」の愛称で親しまれた。しかし1960年10月12日に日比谷公会堂で開催された3党首立会演説会で演説中に17歳の右翼少年に刺殺されるという非業の死を遂げた。.

新しい!!: 満州事変と浅沼稲次郎 · 続きを見る »

斎藤博 (外交官)

斎藤 博(さいとう ひろし、1886年(明治19年)12月24日 - 1939年(昭和14年)2月26日)は、大正・昭和期の日本の外交官。新潟県出身。.

新しい!!: 満州事変と斎藤博 (外交官) · 続きを見る »

斎藤実

斎藤 実(さいとう まこと、旧字体:齋藤 實、1858年12月2日(安政5年10月27日) - 1936年(昭和11年)2月26日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功二級。爵位は子爵。出生時の名前は富五郎(とみごろう)といったが、海軍兵学校卒業後に改名した。号は皋水(こうすい)。 第一次西園寺・第二次桂・第二次西園寺・第三次桂・第一次山本の5内閣で海軍大臣を務めた後、シーメンス汚職事件により大臣を引責辞任した。その後、ジュネーブ海軍軍縮会議の主席全権を務め、朝鮮総督を2期務めているあいだに、子爵の称号を受けた。 犬養毅首相が海軍将校らによって殺害された五・一五事件のあとの第30代内閣総理大臣として、陸軍関東軍による前年からの満州事変など混迷した政局に対処し、満州国を認めなかった国際連盟を脱退しながらも、2年1か月という当時としては長い政権を保ったが、帝人事件での政府批判の高まりにより内閣総辞職した。その後内大臣となって宮中にまわったが、直後に二・二六事件で射殺された。.

新しい!!: 満州事変と斎藤実 · 続きを見る »

斎藤隆夫

斎藤 隆夫(さいとう たかお、1870年9月13日(明治3年8月18日) - 1949年(昭和24年)10月7日)は、日本の弁護士、政治家である。姓は「齋藤」とも表記する。 帝国議会衆議院において、立憲主義・議会政治・自由主義を擁護し、弁舌により軍部の政治介入やファシズムに抵抗した。.

新しい!!: 満州事変と斎藤隆夫 · 続きを見る »

新幹線

500系、300系 E1系 旅客用時刻表に付属した、1964年10月1日より有効の英語版国鉄路線図。東海道新幹線が赤色の線で示されている 新幹線(しんかんせん)は、JRグループ各社当初はJR東日本、JR東海、JR西日本のみ。2004年(平成16年)からはJR九州、2016年(平成28年)からはJR北海道も運営開始。JR四国は新幹線を運営していない。が運営している日本の高速鉄道である。1987年(昭和62年)までは日本国有鉄道(国鉄)が運営していた。.

新しい!!: 満州事変と新幹線 · 続きを見る »

新人会

新人会(しんじんかい)は、日本で戦前に存在した東京帝国大学を中心とする学生運動団体。1918年(大正7年)12月結成され、1929年(昭和4年)11月に解散するまで、戦前の日本における学生運動の中核的存在であった。判明する会員数は延べ人数にして約360名。.

新しい!!: 満州事変と新人会 · 続きを見る »

新広西派

新広西派(しんこうせいは、もしくは新桂系)は、中華民国時代における南方軍閥の1つ。広西派は陸栄廷らが率いた旧広西派と、李宗仁、白崇禧などが率いた新広西派に分けられる。.

新しい!!: 満州事変と新広西派 · 続きを見る »

新橋喜代三

新橋 喜代三(しんばし きよぞう、女性、1903年10月12日 - 1963年3月23日)は昭和初期から中期に活躍した歌手で、元芸者。鹿児島県の種子島、熊毛郡北種子村(現在の西之表市)出身。本名は中山嘉子。旧姓は今村、旧名はタネ。(読み方は同じで「タ子」と書かれた書物もある)。作曲家中山晋平の後妻。享年59。.

新しい!!: 満州事変と新橋喜代三 · 続きを見る »

新感覚派

新感覚派(しんかんかくは)は、戦前の日本文学の一流派。1924年(大正13年)10月に創刊された同人誌『文藝時代』を母胎として登場した新進作家のグループ、文学思潮、文学形式を指す。おもに、横光利一、川端康成、中河与一、片岡鉄兵、今東光、佐佐木茂索、十一谷義三郎、池谷信三郎、稲垣足穂、藤沢桓夫、吉行エイスケ、久野豊彦らを指すことが多い「新感覚派」(文藝 1952年6月号)。。 戦前の評論家・ジャーナリストの千葉亀雄が同人の言語感覚の新しさにいち早く注目し、『文藝時代』創刊号の印象を『世紀』上で評論し千葉亀雄「新感覚派の誕生」(世紀 1924年11月号)。、、千葉が「新感覚派の誕生」と命名して以来、文学史用語として広く定着した「新感覚時代――国語との血戦」()「新感覚派の弁」(新潮 1925年3月号)。に所収。モダニズム文学として注目された新感覚派は、同年6月に創刊された『文芸戦線』のプロレタリア文学派とともに、大正後期から昭和初期にかけての大きな文学の二大潮流となった「第一編 評伝・川端康成――出発」()羽鳥徹哉編「年譜」()。.

新しい!!: 満州事変と新感覚派 · 続きを見る »

方虎山

方 虎山(パン・ホサン、1916年 - 没年不詳)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人。中国名は李天夫。 延安派の重鎮の一人であり、金日成らの満州派(パルチザン派)とは競合関係にあり恒常的な監視を受ける立場にあったが、優秀な野戦指揮官であった方虎山は、朝鮮半島統一のために創設され戦力増強を急ぐ北朝鮮軍内にあって高い作戦指導力と組織力が評価された。朝鮮戦争開戦時の朝鮮人民軍第6師団長。.

新しい!!: 満州事変と方虎山 · 続きを見る »

施肇基

施 肇基(し ちょうき)は、清末、中華民国の外交官・政治家。北京政府、国民政府において駐米公使、駐英公使等をつとめた中華民国を代表する外交官の1人である。字は植之。祖籍は浙江省杭州府銭塘県。なお、英語名のAlfred Sao-ke Szeとしても知られる。.

新しい!!: 満州事変と施肇基 · 続きを見る »

斉昂軽便鉄路

斉昂軽便鉄路(せいこうけいべんてつろ)は、満州国竜江省斉斉哈爾市(現在の中華人民共和国黒竜江省チチハル市)の斉斉哈爾駅から同省竜江県(現在のチチハル市)の昂昂渓駅までを結ぶ私鉄路線を運営していた鉄道事業者、およびその路線。満州で初めて列強との合弁や借款によらず、純粋中国資本のみによって敷設された鉄道であった。 なおのちに満州国鉄となる斉克鉄路の路線と見かけ上営業区間が同じであり、実際に新聞記事で斉克鉄路側の昂昂渓-斉斉哈爾間や関係路線が「斉昂鉄路」と呼ばれている例があるが、両者はあくまで全くの別路線である。.

新しい!!: 満州事変と斉昂軽便鉄路 · 続きを見る »

日名子実三

平和の塔 臼杵公園) 日名子 実三(ひなご じつぞう、1892年10月24日 - 1945年4月25日)は、日本の彫刻家。大分県臼杵市出身。 八咫烏を意匠とする日本サッカー協会(当時・大日本蹴球協会)のシンボルマークをデザインしたことで知られる。.

新しい!!: 満州事変と日名子実三 · 続きを見る »

日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会

日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会(にっていきょうせんかきょうせいどういんひがいしんそうきゅうめいいいんかい)とは、大韓民国国務総理直属の国家機関。韓国国会が2004年3月5日に制定した日帝強占下強制動員被害真相糾明等に関する特別法(時限立法)(以下、特別法と呼ぶ)に基づいて設置されたもので、2010年3月22日に廃止された。.

新しい!!: 満州事変と日帝強占下強制動員被害真相糾明委員会 · 続きを見る »

日中関係史

日中関係史(にっちゅうかんけいし)においては、日本と中国大陸にあった歴代の王朝と現在、中国大陸に存在する「中華人民共和国」との関係の歴史を解説する。なお、本項では、台湾にある現在の中華民国との関係についても言及するものとする。.

新しい!!: 満州事変と日中関係史 · 続きを見る »

日中戦争

日中戦争(にっちゅうせんそう)は、1937年(民国26年、昭和12年)から1945年まで、中華民国と大日本帝国の間で行われた戦争である。日本政府は、勃発当時は支那事変としたが、1941年12月の対英米蘭との開戦に伴い、支那事変から対英米蘭戦までを大東亜戦争とした。中華民国側は、抗日戦争と呼称している。.

新しい!!: 満州事変と日中戦争 · 続きを見る »

日仏関係

日仏関係(にちふつかんけい、仏:Relations franco-japonaises)では、日本とフランスの関係について概説する。 日仏関係の歴史は17世紀初頭にまで遡ることができ、スペインから海路ローマに向かっていた日本の慶長遣欧使節が1615年に南フランスに上陸したことに始まる。 およそ2世紀にわたる鎖国政策が解かれ、両国は19世紀後半以降、軍事、経済、法律、芸術分野において重要な関係を築いていった。江戸幕府はジュール・ブリュネら軍事顧問団を通じて軍備の近代化を進め、明治政府も陸軍兵制にフランス式を導入した。またその後も日本はさまざまな分野、とくにルイ=エミール・ベルタンは大日本帝国海軍の創設期において造船産業の発展に寄与し、また法令の整備などについてもギュスターヴ・エミール・ボアソナードなどフランスの支援を受けていた。その後の日仏関係は他国との関係に左右され、第二次世界大戦では両国軍の交戦、戦後はフランス政府による日本占領への間接的関与も起こったが、外交関係の回復後はおおむね良好な関係を維持している。ただし、時として経済・文化面での不満が特にフランス側から提起される事象もある。 フランスは近代芸術において日本の美術、すなわちジャポニスムに感化されている点があり、また印象派などに影響を与えた。またフランスで繁栄した絹織物産業は日本の支援を受けていた。一方、日本でもフランス文化は幅広く受容され、フランス語は大学での第二外国語などで幅広く学ばれている。.

新しい!!: 満州事変と日仏関係 · 続きを見る »

日伊関係

日伊関係(にちいかんけい、Relazioni bilaterali tra Giappone e Italia、Italy–Japan relations)では、日本国とイタリアの関係について述べる。歴史的にとても良好な関係を持っている。.

新しい!!: 満州事変と日伊関係 · 続きを見る »

日ソ国境紛争

日ソ国境紛争(にっそこっきょうふんそう)は、1930年代後半を中心に満州で起きた、大日本帝国とソビエト連邦間の国境紛争である。形式的には満州国とソ連、あるいはその衛星国のモンゴル人民共和国の国境が係争地のため、満ソ国境紛争や満蒙国境紛争とも呼ばれる。なお、日本及びソ連では一般に紛争にとどまるものととらえているが、モンゴルではノモンハン事件については戦争と評価している。.

新しい!!: 満州事変と日ソ国境紛争 · 続きを見る »

日立鉱山

日立鉱山(ひたちこうざん)は茨城県日立市にあった鉱山で、主に銅と硫化鉄鉱を産出した。1905年(明治38年)以前は赤沢銅山と呼ばれていた小鉱山であったが、同年久原房之助が経営に乗り出し、日立鉱山と改名され本格的な開発が開始された。久原の経営開始以後大きく発展し、1905年(明治38年)から閉山となった1981年(昭和56年)までの76年間に、約3000万トンの粗鉱を採掘し、約44万トンの銅を産出した日本を代表する銅鉱山の一つとなった井上(2005)によれば日立鉱山における鉱石生産量は、日立鉱山や日本鉱業の各資料に記載されている数字が産出される粗鉱量であったり精錬所で精練が行われた精鉱量であったりして統一的な記載がなく、また各資料から導き出される数字に矛盾も見受けられるとする。実際、岩間(1983)のように日立鉱山での鉱石産出量を1000万トンとする研究者もいる。ここでは日本鉱業株式会社日立精錬所(1986)、鉱山の歴史を記録する市民の会(1988)、「阿武隈山地 日立鉱山」日本地質学会編(2008)など、広く採用されている3000万トンとした。。日立鉱山を母体として久原財閥が誕生し、久原財閥の流れを受けて日産コンツェルンが形成され、また日立鉱山で使用する機械の修理製造部門から日立製作所が誕生しており、日立鉱山は日本の近代産業史に大きな足跡を残している。 日立鉱山の南隣には硫化鉄鉱を主に産出した諏訪鉱山があり、1917年(大正6年)に久原鉱業によって買収された後は日立鉱山の支山となり、1965年(昭和40年)の閉山まで稼動が続けられた。ここでは日立鉱山とともに諏訪鉱山についても説明を行う。.

新しい!!: 満州事変と日立鉱山 · 続きを見る »

日米学生会議

日米学生会議(にちべいがくせいかいぎ、Japan-America Student Conference、略称:JASC)は、1934年より続く国際学生交流団体である。日米両国から学生が集まり、夏の1か月間の共同生活を通して様々な世界的問題に関する議論を行う。代表団のメンバーおよび会議のOB・OG(「アラムナイ(alumni)」)は、"JASCer" と呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と日米学生会議 · 続きを見る »

日米関係

日本国の天皇である明仁(右) 日米関係(にちべいかんけい)では、日本国とアメリカ合衆国の二国間関係について述べる。 日本とアメリカ合衆国はアメリカ合衆国の非常に強力な主導の下に政治的関係を築いている。.

新しい!!: 満州事変と日米関係 · 続きを見る »

日系ペルー人

日系ペルー人(にっけいペルーじん、スペイン語 peruanos japoneses, 英語 Japanese-Peruvians)は、日本人の子孫のペルー人である。ただし、ペルーの日系人といった場合、日本国籍を有する一世を含むこともある。また、日本等に居住する場合もある。 長らくペルーの日系人口は8万人といわれてきたが、この調査は数十年前に行なわれたものであり、しかも当時、ペルー国外に住む日系ペルー人は調査対象とはならなかったうえ、日本人との混血の人たちをあまりカウントしなかった。これらの事実と、その後の自然増を勘案すれば、現在の日系人口は数十万に達している可能性もある。.

新しい!!: 満州事変と日系ペルー人 · 続きを見る »

日系ブラジル人

日系ブラジル人(にっけいブラジルじん)は、ブラジルに移民として渡った日本人とその子孫である。.

新しい!!: 満州事変と日系ブラジル人 · 続きを見る »

日独伊三国同盟

日独伊三国同盟(にちどくい さんごく どうめい、Dreimächtepakt、Patto tripartito)は、1940年(昭和15年)9月27日に日本、ドイツ、イタリアの間で締結された日独伊三国間条約(にちどくい さんごくかん じょうやく、旧字体:日獨伊三國閒條約)に基づく日独伊三国の同盟関係。第二次世界大戦における枢軸国の原型となり、その後複数の枢軸側に与した国や友好国も加盟した。.

新しい!!: 満州事変と日独伊三国同盟 · 続きを見る »

日露関係史

日露関係史(にちろかんけいし、История российско-японских отношений)では、日本とロシアの二国間関係の歴史を述べる。かつてこれらの地域にあった国家や王朝を含める。 両国は、ロシア人の極東進出と日本人の北方開拓の結果、隣国として基本的には敵対しながらも密接な関係を結びつつ歩んできた。.

新しい!!: 満州事変と日露関係史 · 続きを見る »

日鉄鉱業赤谷鉱業所専用鉄道

日鉄鉱業赤谷鉱業所専用鉄道(にってつこうぎょうあかたにこうぎょうしょせんようてつどう)は、かつて新潟県北蒲原郡赤谷村内にあった専用鉄道。日鉄鉱業赤谷鉄山から産出される鉄鉱石を運搬するために日本国有鉄道(国鉄)赤谷線東赤谷駅 - 赤谷鉄山間に敷設されていた。 |.

新しい!!: 満州事変と日鉄鉱業赤谷鉱業所専用鉄道 · 続きを見る »

日泰関係

日泰関係(にったいかんけい、ความสัมพันธ์ญี่ปุ่น-ไทย、Japan–Thailand relations)では、日本とタイの関係について述べる。.

新しい!!: 満州事変と日泰関係 · 続きを見る »

日泰攻守同盟条約

日泰攻守同盟条約(にったいこうしゅどうめいじょうやく)(昭和16年12月27日条約第20号)は、大東亜戦争(太平洋戦争)中に大日本帝国とタイ王国の間に結ばれた同盟に関する条約である。.

新しい!!: 満州事変と日泰攻守同盟条約 · 続きを見る »

日満経済ブロック

日満経済ブロック(にちまんけいざいブロック)とは、1920年代末期の昭和金融恐慌および世界恐慌に対応して、日本およびその植民地である台湾・朝鮮、そして満州を加えた経済ブロックを構築しようとする日本の政策構想およびそのブロック。後に支那(中国)を加えた日満支経済ブロック/日満華経済ブロック(にちまんしけいざいブロック/にちまんかけいざいブロック)として発展する。.

新しい!!: 満州事変と日満経済ブロック · 続きを見る »

日満議定書

日満議定書(にちまんぎていしょ)は、1932年9月15日に日本国と満洲国の間で調印された議定書である。 日本側全権は武藤信義陸軍大将(関東軍司令官)、満洲国側は鄭孝胥国務総理。この議定書(条約)では満州国における日本軍の駐屯(2条)が明記され、また溥儀附属文書(交換公文)において満州国国防の関東軍・日本軍への委任が取り決められた。.

新しい!!: 満州事変と日満議定書 · 続きを見る »

日朝関係史

日朝関係史(にっちょうかんけいし)あるいは日韓関係史(にっかんかんけいし)では、日本と朝鮮半島の両地域及びそこに存在した国家間の関係の歴史について概説する。.

新しい!!: 満州事変と日朝関係史 · 続きを見る »

日本

日本国(にっぽんこく、にほんこく、ひのもとのくに)、または日本(にっぽん、にほん、ひのもと)は、東アジアに位置する日本列島(北海道・本州・四国・九州の主要四島およびそれに付随する島々)及び、南西諸島・伊豆諸島・小笠原諸島などから成る島国広辞苑第5版。.

新しい!!: 満州事変と日本 · 続きを見る »

日本労働組合全国評議会

日本労働組合全国評議会(にほんろうどうくみあいぜんこくひょうぎかい)は戦前に日本に存在した労働組合のナショナルセンター。略称は全評。戦前最後の合法左翼組合である。.

新しい!!: 満州事変と日本労働組合全国評議会 · 続きを見る »

日本お笑い史

日本お笑い史(にほんおわらいし)とは、日本に於ける笑い・演芸の歴史である。.

新しい!!: 満州事変と日本お笑い史 · 続きを見る »

日本とエチオピアの関係

1955年(昭和30年)11月、皇太子明仁親王(当時)とハイレ・セラシエ1世の会談 この項目では、日本とエチオピアの関係(Ethiopia–Japan relations)について述べる。エチオピアと日本の関係の特徴として、西洋列強によるアフリカ分割が進む19世紀末の1896年の第一次エチオピア戦争に於ける「アドワの戦い」でエチオピア帝国がイタリア王国を破ったことと、20世紀初頭の1905年の日露戦争に於いて大日本帝国がロシア帝国を破ったことを並べて、双方が共に有色人種が白色人種を破ったことを共通点として視る人種論的な議論が、アドワの戦いに際しては南アフリカ、アメリカ、カリブ地域で白人に抑圧されていた黒人の間に、日露戦争については中国、ベトナム、インド、トルコ、エジプトなどのアジアの民衆レベルにそれぞれ存在して汎アジア主義と汎アフリカ主義を盛り上げたことが挙げられる。また、当時のエチオピア帝国と日本の皇室は世界最古級の皇室であり、縁談もあったことから君主間の連帯感もあったとされる。.

新しい!!: 満州事変と日本とエチオピアの関係 · 続きを見る »

日本のダムの歴史

日本のダムの歴史では、日本におけるダムの歴史を時代ごとに詳述する。日本のダム事業史は616年頃に建設された狭山池より始まり、時代の変遷と共にダム建設の目的・技術・意義そしてダムを取り巻く様々な環境も変わっていく。.

新しい!!: 満州事変と日本のダムの歴史 · 続きを見る »

日本のキリスト教史

日本のキリスト教史(にほんのキリストきょうし)では、日本におけるキリスト教の歴史とその展開について述べる。日本の宗教全般については日本の宗教を、世界のキリスト教の歴史については、キリスト教の歴史を参照のこと。.

新しい!!: 満州事変と日本のキリスト教史 · 続きを見る »

日本のタクシー

日本のタクシー(にほんのタクシー)では、日本におけるタクシー事情について記述する。 典型的な日本のタクシー プリウスDAA-NHW20).

新しい!!: 満州事変と日本のタクシー · 続きを見る »

日本の華族一覧

日本の華族一覧(にほんのかぞくいちらん)は日本に1869年から1947年まであった華族制度の叙爵者の一覧である。 ここでは五十音順で表記する。.

新しい!!: 満州事変と日本の華族一覧 · 続きを見る »

日本の補助貨幣

日本の補助貨幣(にほんのほじょかへい)とは、新貨条例(太政官布告第267号)、貨幣法(明治30年法律第16号)および臨時通貨法(昭和13年法律第86号)の下、日本で鋳造され発行、流通した補助貨幣すなわち補助銀貨、補助銅貨、補助白銅貨、補助青銅貨、補助ニッケル貨、および臨時補助貨幣の総称である。これらは、金貨すなわち本位貨幣に対する補助貨幣として発行されたものである。 本来、日本の補助貨幣単位は「錢(銭)」および「厘」であったが、戦後の激しいインフレーションに伴い、昭和23年(1948年)から五円および一円と円単位の臨時補助貨幣が発行されるに至り、補助貨幣の定義が曖昧となっていた青山(1982)p219-220.補助貨幣は本位金貨に対する名称であるが、昭和6年(1931年)12月を最後に金兌換は停止され、昭和17年(1942年)2月の旧日本銀行法制定により金貨の自由鋳造も適用されないこととなり金本位制は名目化し、金貨は1988年3月末まで現行貨幣で通用力を有したものの全く有名無実のものであった。円単位の臨時補助貨発行後から1988年3月末までは、当時の事実上の現金通貨が日本銀行券と臨時補助貨幣のみであったため、補助貨幣は日本銀行券に対立する用語として一般には捉えられていた。(『世界大百科事典』26、平凡社、2009年)。昭和63年(1988年)4月に施行された通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律により日本の補助貨幣の歴史は幕を閉じ、現在日本において造幣局が製造し政府が発行する硬貨は全て「貨幣」と称する「」昭和62年6月1日号外法律第四二号。 本項では、戦前の日本における新貨条例および貨幣法に基づいて造幣局で製造、発行され流通を目的とした補助貨幣を主に解説する。これらの内、補助銀貨については「日本の銀貨」を、1938年6月の臨時通貨法施行後の貨幣については「臨時補助貨幣」を参照すること。戦後の日本の現行貨幣については「日本の硬貨」を、また現行記念貨幣については「記念貨幣」の項目を参照されたい。.

新しい!!: 満州事変と日本の補助貨幣 · 続きを見る »

日本の貨幣史

日本の貨幣史(かへいし)では日本の貨幣の歴史、および歴史上の各時代における貨幣の機能や貨幣制度の歴史を指す。日本に流入した海外の貨幣や、海外で流通した日本の貨幣についても取り上げる。また、歴史的に蝦夷地や琉球と呼ばれてきた地域の貨幣についても記述する。世界各地の貨幣の歴史については、貨幣史を参照。.

新しい!!: 満州事変と日本の貨幣史 · 続きを見る »

日本の貿易史

日本の貿易史(にほんのぼうえきし)では、日本の対外貿易に関する歴史を説明する。歴史的に蝦夷地や琉球等と呼ばれてきた地域の貿易についても記述する。世界各地の貿易の歴史については、貿易史を参照。.

新しい!!: 満州事変と日本の貿易史 · 続きを見る »

日本の近現代文学史

日本の近現代文学史(にほんのきんげんだいぶんがくし)では、近代(戦前)と現代(戦後)における、日本文学の歴史を述べる。 明治維新後、西洋の思想や文化を取り入れる文明開化が推進され、文学にも大きな影響を与えた。言文一致運動もその一つである。言文一致の結果、日本語の書き言葉は、それまで日本文学において重きをおかれていた漢文の伝統から切り離され、明治中期には現代の日本語の書き言葉に直接連なる文体(「だ・である」調と、「です・ます」調)が確立した。文学という語自体、翻訳語として創り出されたものであり、この頃に現在一般に使われ私たちが考える文学という概念が生まれた。 第二次世界大戦の敗北の後、日本語の表記には現代仮名遣い・新字体化という改革が行われ、全国規模のメディアの発達によって、日本文学にさらに大きな変化がもたらされた。.

新しい!!: 満州事変と日本の近現代文学史 · 続きを見る »

日本の慰安婦

日本の慰安婦(にほんのいあんふ)では、旧日本軍の慰安婦、いわゆる従軍慰安婦及び慰安婦問題について概説する。.

新しい!!: 満州事変と日本の慰安婦 · 続きを見る »

日本史の出来事一覧

日本史の出来事一覧(にほんしのできごといちらん)では、日本の歴史上のおもな出来事を年代順に記述する。.

新しい!!: 満州事変と日本史の出来事一覧 · 続きを見る »

日本帝国主義

日本帝国主義(にほんていこくしゅぎ、略称:日帝)とは、日本における帝国主義を指す用語。一般的には明治から第二次世界大戦終結までの、いわゆる「大日本帝国」における植民地主義、覇権主義、膨張主義、軍国主義などを指す場合が多いが、それ以外の時代も含めて批判的に使われる場合もある。また特に社会主義や共産主義の立場からは、日本における帝国主義論の用語としても使われている。.

新しい!!: 満州事変と日本帝国主義 · 続きを見る »

日本切腹中国介錯論

日本切腹、中国介錯論(にほんせっぷくちゅうごくかいしゃくろん)1935年、中国の社会思想家胡適が唱えた中国外交戦略論。加藤陽子によって広く紹介された。.

新しい!!: 満州事変と日本切腹中国介錯論 · 続きを見る »

日本刀

日本刀(にほんとう)は、日本固有の鍛冶製法によって作られた刀類の総称である。 刀剣類は、日本では古墳時代以前から製作されていたが、一般に日本刀と呼ばれるものは、平安時代末期に出現してそれ以降主流となった反りがあり刀身の片側に刃がある刀剣のことを指す。 寸法により刀(太刀・打刀)、脇差(脇指)、短刀に分類される。広義には、長巻、薙刀、剣、槍なども含まれる。.

新しい!!: 満州事変と日本刀 · 続きを見る »

日本共産党

日本共産党(にほんきょうさんとう、Japanese Communist Party)は、日本の政党。英文略称はJCP。.

新しい!!: 満州事変と日本共産党 · 続きを見る »

日本統治時代

日本統治時代(にっぽんとうちじだい)は、明治時代以降1945年(昭和20年)まで大日本帝国を構成した、明治維新によって近代化を成し遂げた日本が戦争や外交によって獲得した領域で、現在の北は北海道から南は沖縄県までと北海道・本州・四国・九州を構成する47都道府県のいわゆる「内地」と呼ばれた日本列島の国土に対して、いわゆる「外地」と呼ばれた諸領域や、その後の足掛け15年にも及ぶ満州事変~支那事変(日中戦争)・太平洋戦争(大東亜戦争)といった諸戦争・戦闘で、アジア・太平洋地域(厳密には、一部オセアニアも含む)において日本軍が進出・占領した領域が、1945年(昭和20年)の連合国によるポツダム宣言を日本政府が受諾したことに伴った第二次世界大戦終結における日本軍の無条件降伏・日本の敗戦に至るまで、日本によって統治されていた時代のことである。 その他、幕末から明治初頭にかけての不平等条約で段階的に主権を喪失した樺太についてもここにしるす。.

新しい!!: 満州事変と日本統治時代 · 続きを見る »

日本統治時代の朝鮮

日本統治時代の朝鮮(にほんとうちじだいのちょうせん)は、1910年8月29日の大日本帝国による韓国併合から、1945年9月9日の朝鮮総督府の降伏まで、35年間続いた。.

新しい!!: 満州事変と日本統治時代の朝鮮 · 続きを見る »

日本発送電

日本発送電株式会社(にっぽんはっそうでん)は、1939年(昭和14年)から1951年(昭和26年)までの間に存在した日本の電力事業を司った特殊会社である。国家総力戦体制を構築しようとする当時の日本政府の電力国家管理政策に基づき、東京電燈・日本電力など全国の電力会社の現物出資や合併によって設立された半官半民のトラストである。 略称は「日発」(にっぱつ・ニッパツ)、また英語表記は、Nippon Hassoden K.K. あるいは Japan Electric Generation and Transmission Company であった。.

新しい!!: 満州事変と日本発送電 · 続きを見る »

日本製品不買運動

日本製品不買運動(にほんせいひんふばいうんどう)とは日本国外の各国で日本に対する政治的主張などを目的として、日本製品を買わないことを呼びかける社会運動である。.

新しい!!: 満州事変と日本製品不買運動 · 続きを見る »

日本製鐵

日本製鐵株式會社「社」の偏(示偏)は、新字体の「礻」ではなく康熙字典体の「示」。(にほんせいてつ、新字体:日本製鉄株式会社、英文社名:Japan Iron & Steel Co., Ltd.新日本製鐵の英語版ウェブサイトによる。)は、かつて存在した日本の鉄鋼メーカーである。 官営八幡製鉄所を中心とする官営・民営の製鉄事業者が合同し1934年(昭和9年)に設立。法律で規定された半官半民の国策会社であった。太平洋戦争後の1950年(昭和25年)に財閥解体の一環で解体され消滅した。新日鐵住金(新日鉄住金)などの前身にあたる。略称は「日鉄」(日鐵、にってつ)。.

新しい!!: 満州事変と日本製鐵 · 続きを見る »

日本軍

日本軍(にほんぐん、にっぽんぐん)は、広義には日本が有する軍隊のことであるが、狭義には第二次世界大戦以前(以下戦前)の日本が保持していた軍隊(帝国陸軍と帝国海軍の両軍)を指す。第二次世界大戦の敗戦により軍は解体されたため、戦後は旧日本軍(きゅうにほんぐん、きゅうにっぽんぐん)、旧軍(きゅうぐん)などと略称する。また、戦前からの名称・呼称としては陸海軍(りくかいぐん)、帝国陸海軍(ていこくりくかいぐん)、国軍(こくぐん)、皇軍(こうぐん、すめらみいくさ)、官軍(かんぐん)などがある。 戦後、日本の防衛組織として創設された「自衛隊」については、日本国内では「日本軍」と称されることはほとんどない。日本語以外の言語地域では正式には英語名称で「Japan Self-Defense Forces」など「自衛隊」に相当する語で表現するが、「日本軍」に相当する語(「Japanese military」、「Japan Armed Forces」など)で表す場合もある。本項では「旧日本軍」について詳述する。.

新しい!!: 満州事変と日本軍 · 続きを見る »

日本近代史

日本近代史(にほんきんだいし)では、幕末以後の日本の歴史について概略的に述べる。.

新しい!!: 満州事変と日本近代史 · 続きを見る »

日本暗殺秘録

『日本暗殺秘録』(にほんあんさつひろく、Memoir of Japanese Assassinations or Assassination Right Or Wrong )は、1969年の日本映画。主演 : 千葉真一「テロをドキュメントで、しかもオールスターで」『遊撃の美学 - 映画監督中島貞夫(上)』、205 - 206頁。、監督 : 中島貞夫、脚本 : 笠原和夫・中島貞夫、製作 : 東映、カラー・シネマスコープ、142分。昭和44年度芸術祭参加作品。同年の京都市民映画祭では千葉真一が主演男優賞を、笠原和夫が脚本賞を受賞した。.

新しい!!: 満州事変と日本暗殺秘録 · 続きを見る »

日本柔道選士権大会

日本柔道選士権大会(にほんじゅうどうせんしけんたいかい)は、かつて日本で開催されていた柔道の大会。講道館主催、朝日新聞社後援。.

新しい!!: 満州事変と日本柔道選士権大会 · 続きを見る »

旧古河庭園

旧古河庭園(きゅうふるかわていえん)は、東京都北区にある都立庭園である。1919年(大正8年)に古河虎之助男爵の邸宅として現在の形(洋館、西洋庭園、日本庭園)に整えられた。現在は国有財産であり、東京都が借り受けて一般公開している。国の名勝に指定されている。東京のバラの名所として親しまれている。.

新しい!!: 満州事変と旧古河庭園 · 続きを見る »

旧日本銀行広島支店

旧日本銀行広島支店(きゅうにっぽんぎんこうひろしましてん)は、広島県広島市中区袋町にある、日本銀行のかつての営業所。 現存する被爆建物の一つであり、広島市指定重要文化財。遺構として一般公開されており、芸術文化活動拠点としても利用されている。施設は日銀が所有し、広島市が運営管理している。.

新しい!!: 満州事変と旧日本銀行広島支店 · 続きを見る »

早稲田大学の人物一覧

早稲田大学の人物一覧(わせだだいがくのじんぶついちらん)は、早稲田大学に関係する人物の一覧記事。(※数多くの卒業生・関係者が存在するためウィキペディア日本語版内に既に記事が存在する人物のみを記載する(創立者・役員・名誉教授・公職者等は除く))。.

新しい!!: 満州事変と早稲田大学の人物一覧 · 続きを見る »

旭日旗

一般的な十六条の旭日旗の意匠 旭日旗の小旗を持つ迪宮裕仁親王(幼少期の昭和天皇)、1902年(明治35年) 旭日旗(きょくじつき)は、日章と旭光を意匠化した日本の旗。光線(光条)が22.5度で開く16条のもの(十六条旭日旗)がよく知られている。 1870年に大日本帝国陸軍の陸軍御国旗(軍旗)として初めて使用され、1889年に大日本帝国海軍の軍艦旗としても採用された。現在は、陸上自衛隊で自衛隊旗、海上自衛隊で自衛艦旗として旭日旗が使用されている。.

新しい!!: 満州事変と旭日旗 · 続きを見る »

旅順要塞

清の時代の沿岸砲台であるとされるもの 1906年に描かれた旅順の地図。要塞の拠点が地図上に示されている。 要塞遺構の内部 旅順要塞(りょじゅんようさい)とは、遼東半島先端部の旅順にあった要塞。近代において旅順軍港は清帝国、ロシア帝国、大日本帝国、中華人民共和国に利用され、その軍港を防衛するための拠点として旅順要塞は建設・運用された。.

新しい!!: 満州事変と旅順要塞 · 続きを見る »

患者列車

患者列車(かんじゃれっしゃ)は、大日本帝国で、戦時、主として踞座することが可能な軽症患者の輸送に用いられた列車である。.

新しい!!: 満州事変と患者列車 · 続きを見る »

支那分割論

1910年の中華帝国の地図(濃黄色部が中国本土(内地十八省)。薄黄色部が満州、モンゴル、トルキスタン、チベット) 支那分割論(しなぶんかつろん)とは、義和団の乱や辛亥革命で混乱する支那(中国)情勢を背景として、アフリカ分割を模範として欧米列強及び日本が中国大陸を分割して植民地化、もしくは中国大陸に複数の国家が存在する状態を固定化させることで中国及び周辺地域の安定化を図ろうという主張のこと。対立概念は支那保全論。.

新しい!!: 満州事変と支那分割論 · 続きを見る »

支那囲壁砲台

支那囲壁砲台 支那囲壁砲台(しないへきほうだい)とは、千葉県習志野市にある戦争遺跡である。「一望千里」と呼ばれた習志野原にあって、演習用に中国の家屋を模して作られた砲台のミニチュアであり、銃眼が開いている。習志野名所のひとつ。 2002年に国の登録有形文化財になっている。なお、正式な登録名称は旧陸軍演習場内圍壁(きゅうりくぐんえんしゅうじょうないいへき)である。.

新しい!!: 満州事変と支那囲壁砲台 · 続きを見る »

改暦

改暦(かいれき)とは、.

新しい!!: 満州事変と改暦 · 続きを見る »

政池仁

政池仁(まさいけ じん / めぐむ、1900年11月-1985年4月3日)は、無教会主義のキリスト教伝道者。.

新しい!!: 満州事変と政池仁 · 続きを見る »

愛国婦人会

愛国婦人会(あいこくふじんかい)とは、戦前に国防及び戦死者の遺族・傷病兵を救うために結成された団体である。.

新しい!!: 満州事変と愛国婦人会 · 続きを見る »

愛新覚羅載ホウ

愛新覚羅 載(あいしんかくら さいほう、アイシンギョロ・ヅァイフェン、満州語:、転写:aisin-gioro dzai-feng)は、清の皇族。第2代醇親王。清朝最後の皇帝宣統帝(溥儀)と溥傑の父。大英帝国ロイヤル・ヴィクトリア勲章受勲者。.

新しい!!: 満州事変と愛新覚羅載ホウ · 続きを見る »

愛新覚羅溥偉

愛新覚羅 溥偉(あいしんかくら ふい、アイシンギョロ・プウェイ、ᠠᡞᠰᡞᠨ ᡤᡞᠣᠷᠣᡦᡠ ᠸᡝᡞ 転写:aisin-gioro pu-wei、1880年12月30日 - 1936年10月10日)は、恭親王奕訢の次子載瀅(さいえい)の子。奕訢が死んだとき、嫡子の載澂(さいちょう)は父に先立って没していたため、孫の溥偉が1898年に恭親王の爵位を継いだ。溥偉は近支宗室の「溥」の世代であり光緒帝の後継者候補の一人と目されたために、1908年に溥儀(宣統帝)が即位し、醇親王載灃が監国摂政王となり政権を担当した醇親王体制下では冷遇され、官職は禁煙大臣を務めたのみであった。 辛亥革命が勃発し、袁世凱が宣統帝退位を迫ると、御前会議において粛親王善耆とともに退位反対を主張した。退位が避けられなく情勢になると、溥偉はドイツの援助を求め青島に、粛親王善耆は日本の援助を求め旅順に渡り、復辟運動を行った。 1922年に青島が日本の占領から中国に返還されると、大連に移住し星ヶ浦に屋敷を建てた。 1931年に満州事変が勃発すると、日本の大陸浪人らに担ぎ上げられて四民維持会の会長に推され、奉天の祖先の陵墓で祭祀を行い、清朝復辟運動を行ったが、関東軍は溥儀を担ぎ上げる方針に決定したため、溥偉らの運動は中止させられた。 満州国においては役職に就かなかったが、溥儀の命で清朝の祖先の陵墓の祭祀などを行うことがあった。1936年1月溥儀に謁見するために訪れていた長春で死去した。謚は賢。 ふい Category:満州国の人物 Category:北京出身の人物 Category:1880年生 Category:1936年没.

新しい!!: 満州事変と愛新覚羅溥偉 · 続きを見る »

愛新覚羅溥儀

愛新覚羅 溥儀(あいしんかくら ふぎ、アイシンギョロ・プーイー、満州語:、転写:aisin gioro pu i、1906年2月7日 - 1967年10月17日)は、大清国第12代にして最後の皇帝(在位:1908年12月2日 - 1912年2月12日)、後に満州国執政(1932年3月9日 - 1934年3月1日)、皇帝(在位:1934年3月1日 - 1945年8月18日)。1960年から中華人民共和国中国人民政治協商会議(政協)文史研究委員会専門委員、1964年から政協全国委員を兼任。 字は「耀之」。号は「浩然」。辛亥革命後の呼称としては、廃帝と国民党政府から呼ばれる一方、旧清朝の立場からは遜帝(「遜」は「ゆずる」の意)とも呼ばれた。末代皇帝(末帝)と呼ばれる場合もある。また、唯一火葬された皇帝のため「火龍(龍は皇帝を指す)」とも呼ばれる。.

新しい!!: 満州事変と愛新覚羅溥儀 · 続きを見る »

憲政の常道

憲政の常道(けんせいのじょうどう)とは、大日本帝国憲法下で一時期運用されていた、政党政治における政界の慣例のこと。 「天皇による内閣総理大臣や各国務大臣の任命(大命降下)において、衆議院での第一党となった政党の党首を内閣総理大臣とし組閣がなされるべきこと。また、その内閣が失政によって倒れたときは、組閣の命令は野党第一党の党首に下されるべきこと。そして政権交代の前か後には衆議院議員総選挙があり、国民が選択する機会が与えられること。」とするもの。 あくまで慣例であり、法的拘束力はなかったという説と慣例として認められた「憲法習律」であるという説がある。.

新しい!!: 満州事変と憲政の常道 · 続きを見る »

憲政一新会

憲政一新会(けんせいいっしんかい)とは、1928年9月7日-1929年8月20日に存在した衆議院の院内会派。立憲民政党を除名された議員を中心に結成された。.

新しい!!: 満州事変と憲政一新会 · 続きを見る »

慰安婦

慰安婦(いあんふ、위안부、Comfort Women、Military Prostitutes)とは、戦地の軍人を相手に売春する施設である慰安所でそれを行った女性であり、1980年代までは主に米軍・国連軍慰安婦の慰安所設置によって生じた用語である。現代では、それを批判する人々の視点から「かつて主に戦地で将兵の性の相手をさせられた女性」との語義で用いられる用語である大辞泉・2006年 現代(21世紀) の広い視点からは、軍用売春宿で働く女性たちは日中戦争、太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争 及び韓米軍事合同訓練並びにアメリカ軍、連合国軍及び国連軍の駐留時などに、当時の戦地、訓練地、駐留アメリカ軍基地周辺の基地村などでも存在が報告されており、日本軍、韓国軍、アメリカ軍および国連軍の軍人・軍属に対して売春業を行っていた、または行っている女性の総称として「慰安婦」という表現が使われることがある。また、従軍慰安婦(じゅうぐんいあんふ)については「従軍慰安婦」という呼称を参照。.

新しい!!: 満州事変と慰安婦 · 続きを見る »

拓務省

拓務省(たくむしょう)は、1929年(昭和4年)から1942年(昭和17年)にかけて日本に存在した省で、外地と言われた日本の植民地の統治事務・監督のほか、南満州鉄道・東洋拓殖の業務監督、海外移民事務を担当した。長は拓務大臣(たくむだいじん、拓相)。明治時代に、同じく植民地事務を所管した拓殖務省も本項目で解説する。.

新しい!!: 満州事変と拓務省 · 続きを見る »

曽キ

曽 琦(そう き)は中華民国の政治家・ジャーナリスト。中国青年党結成メンバーの1人で、中央執行委員会委員長、主席などの最高指導者を務めた。旧名は昭琮、及長。北宋の政治家・韓琦の人となりを慕い、後に名を琦と改めた。ちなみに字も慕韓である。.

新しい!!: 満州事変と曽キ · 続きを見る »

時局匡救事業

時局匡救事業(じきょくきょうきゅうじぎょう)は、1932年(昭和7年)から1934年(昭和9年)にかけて、日本で実施された景気対策を目的とする公共事業である。国家財政から総額5億5,629万円、地方財政から総額3億858万円、合計8億6,487万円が投入され、各地で土木工事などが行われた。.

新しい!!: 満州事変と時局匡救事業 · 続きを見る »

10月8日

10月8日(じゅうがつようか)は、グレゴリオ暦で年始から281日目(閏年では282日目)にあたり、年末まであと84日ある。.

新しい!!: 満州事変と10月8日 · 続きを見る »

1930年代

1930年代(せんきゅうひゃくさんじゅうねんだい)は、西暦(グレゴリオ暦)1930年から1939年までの10年間を指す十年紀。.

新しい!!: 満州事変と1930年代 · 続きを見る »

1931年

記載なし。

新しい!!: 満州事変と1931年 · 続きを見る »

1931年の政治

1931年の政治では、1931年(昭和6年)の政治分野に関する出来事について記述する。.

新しい!!: 満州事変と1931年の政治 · 続きを見る »

1933年

記載なし。

新しい!!: 満州事変と1933年 · 続きを見る »

1934年12月1日国鉄ダイヤ改正

1934年12月1日国鉄ダイヤ改正(‐こくてつだいやかいせい)では、1934年(昭和9年)12月1日に鉄道省線(国鉄・省線)で実施されたダイヤ改正について著述する。.

新しい!!: 満州事変と1934年12月1日国鉄ダイヤ改正 · 続きを見る »

1月7日

1月7日(いちがつなのか)はグレゴリオ暦で年始から7日目に当たり、年末まであと358日(閏年では359日)ある。誕生花はチューリップ(白)。.

新しい!!: 満州事変と1月7日 · 続きを見る »

2007 FIFA女子ワールドカップ

2007 FIFA女子ワールドカップ(FIFA Women's World Cup China 2007)は、2007年9月10日から9月30日にかけて、中国で開催された第5回目「FIFA女子世界選手権」と呼称されていた第1回大会(1991年)から第3回大会(1999年)を含んだ回数。のFIFA女子ワールドカップである。.

新しい!!: 満州事変と2007 FIFA女子ワールドカップ · 続きを見る »

2007 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表

2007 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表(2007フィーファじょしワールドカップにほんじょしだいひょう)は、2007年9月10日から9月30日にかけて、中国で開催された2007 FIFA女子ワールドカップのサッカー日本女子代表チームである。.

新しい!!: 満州事変と2007 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表 · 続きを見る »

2012年の中国における反日活動

在香港日本国総領事館前で燃やされる日章旗(2012年9月16日) 2012年の中国における反日活動とは、2012年(平成24年)に発生した香港活動家尖閣諸島上陸事件以降に中華人民共和国と で実施されている反日デモ活動。特に日本政府の尖閣諸島3島の国有化以降に中国の各都市で行われた反日デモは、2005年の中国における反日活動の規模を超える最大規模のデモとなり、デモ隊が暴徒化し大規模な破壊・略奪行為に発展した。.

新しい!!: 満州事変と2012年の中国における反日活動 · 続きを見る »

2021年

この項目では、国際的な視点に基づいた2021年について記載する。.

新しい!!: 満州事変と2021年 · 続きを見る »

2031年

この項目では、国際的な視点に基づいた2031年について記載する。.

新しい!!: 満州事変と2031年 · 続きを見る »

20世紀

摩天楼群) 20世紀(にじっせいき、にじゅっせいき)とは、西暦1901年から西暦2000年までの100年間を指す世紀。2千年紀における最後の世紀である。漢字で二十世紀の他に、廿世紀と表記される場合もある。.

新しい!!: 満州事変と20世紀 · 続きを見る »

2月18日

2月18日(にがつじゅうはちにち)はグレゴリオ暦で年始から49日目にあたり、年末まであと316日(閏年では317日)ある。.

新しい!!: 満州事変と2月18日 · 続きを見る »

2月29日

2月29日(にがつにじゅうくにち)は、太陽暦であるグレゴリオ暦の閏日2月24日を閏日とする地域もある。。年始から60日目に当たり、年末まであと306日である。閏日が入れられる年を閏年と言い、西暦で4の倍数の年十二支においては、子年・辰年・申年のいずれかに当たる。がこれに当たる。但し、西暦で100の倍数の年は、400で割り切れる年だけに存在し、400で割り切れない年には存在しない。.

新しい!!: 満州事変と2月29日 · 続きを見る »

5月31日

5月31日(ごがつさんじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から151日目(閏年では152日目)にあたり、年末まであと214日ある。5月の最終日である。誕生花はルピナス。.

新しい!!: 満州事変と5月31日 · 続きを見る »

7.63x25mmマウザー弾

7.63x25mm マウザー弾あるいはモーゼル弾 (7.63x25mm Mauser)あるいは.30モーゼル弾は、モーゼルC96拳銃で使用するために、1896年にドイツで開発された拳銃弾である。.

新しい!!: 満州事変と7.63x25mmマウザー弾 · 続きを見る »

9月18日

9月18日(くがつじゅうはちにち)は、グレゴリオ暦で年始から261日目(閏年では262日目)にあたり、年末まであと104日ある。.

新しい!!: 満州事変と9月18日 · 続きを見る »

9月21日

9月21日(くがつにじゅういちにち)は、グレゴリオ暦で年始から264日目(閏年では265日目)にあたり、年末まであと101日ある。.

新しい!!: 満州事変と9月21日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

九一八事変東北最高行政委員会満洲事変熱河作戦錦州爆撃

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »