ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

太陽光度

索引 太陽光度

太陽光度(たいようこうど、Solar luminosity)とは、光度の単位の1つであり、記号L_\odotで表す。通常、恒星などの天体の光度(見かけの明るさではなく、実際の明るさ)を表すのに用いられる。1太陽光度は、3.839 × 1026 W、3.839 × 1033erg/sに当たる太陽の光度と等しい。ただし、太陽は弱い変光星であり、太陽変動によって光度は常に一定ではない。.

825 関係: ADS 16402おおぐま座ミュー星おおぐま座ラムダ星おおぐま座プサイ星おおぐま座パイ2星おおぐま座デルタ星おおぐま座ニュー星おおぐま座ベータ星おおぐま座アルファ星おおぐま座イータ星おおぐま座イプシロン星おおぐま座イオタ星おおぐま座オミクロン星おおぐま座カイ星おおぐま座ガンマ星おおぐま座クシー星おおぐま座シータ星おおぐま座矮小銀河IIおおぐま座W星おおいぬ座デルタ星おおいぬ座ベータ星おおいぬ座イータ星おおいぬ座イプシロン星おおいぬ座オミクロン2星おおいぬ座カッパ星おおいぬ座ガンマ星おおいぬ座シグマ星おおいぬ座ゼータ星おおかみ座デルタ星おおかみ座ベータ星おおかみ座アルファ星おおかみ座イータ星おおかみ座イプシロン星おおかみ座ガンマ星おおかみ座ゼータ星おとめ座61番星おとめ座70番星おとめ座ラムダ星おとめ座デルタ星おとめ座ファイ星おとめ座ベータ星おとめ座イータ星おとめ座イプシロン星おとめ座イオタ星おとめ座カッパ星おとめ座カイ星おとめ座ゼータ星おとめ座GW星おとめ座HW星おとめ座OY星...おとめ座QS星おひつじ座30番星おひつじ座39番星おひつじ座41番星おひつじ座デルタ星おひつじ座ベータ星おひつじ座アルファ星おひつじ座ガンマ星おひつじ座TZ星おうし座16番星おうし座17番星おうし座19番星おうし座20番星おうし座21番星おうし座22番星おうし座23番星おうし座27番星おうし座28番星おうし座ラムダ星おうし座デルタ1星おうし座ベータ星おうし座イータ星おうし座イプシロン星おうし座オミクロン星おうし座ガンマ星おうし座シータ星おうし座ゼータ星おうし座CE星おうし座GR星おうし座IK星おうし座RV型変光星おうし座T星おうし座V411星たて座デルタ星たて座アルファ星たて座UY星ぎょしゃ座AE星ぎょしゃ座プサイ1星ぎょしゃ座パイ星ぎょしゃ座デルタ星ぎょしゃ座ベータ星ぎょしゃ座イータ星ぎょしゃ座イオタ星ぎょしゃ座オミクロン星ぎょしゃ座シータ星ぎょしゃ座ゼータ星ぎょしゃ座NO星きりん座ベータ星きょしちょう座デルタ星きょしちょう座ベータ星きょしちょう座アルファ星きょしちょう座ガンマ星きょしちょう座ゼータ星くじゃく座デルタ星くじゃく座ベータ星くじゃく座アルファ星くじゃく座ガンマ星くじら座94番星くじら座9番星くじら座ベータ星くじら座アルファ星くじら座イータ星くじら座ガンマ星くじら座ゼータ星くじら座タウ星くじら座YZ星ちょうこくしつ座アルファ星つる座アルファ星つる座ガンマ星てんびん座23番星てんびん座デルタ星てんびん座アルファ星てんびん座シグマ星とけい座ベータ星とけい座アルファ星とけい座イオタ星とけい座R星とかげ座アルファ星とも座19番星とも座ロー星とも座パイ星とも座ニュー星とも座クシー星とも座シグマ星とも座ゼータ星とも座タウ星とも座L2星はくちょう座16番星はくちょう座61番星はくちょう座デルタ星はくちょう座イプシロン星はくちょう座ガンマ星はくちょう座ゼータ星はくちょう座KY星はくちょう座OB2-12はくちょう座P星はくちょう座RW星はくちょう座V1489星はくちょう座X-1はちぶんぎ座デルタ星はちぶんぎ座ニュー星はと座ミュー星はと座ベータ星はと座アルファ星はと座シータ星はえ座ベータ星はえ座アルファ星へびつかい座45番星へびつかい座70番星へびつかい座ラムダ星へびつかい座デルタ星へびつかい座ニュー星へびつかい座ベータ星へびつかい座アルファ星へびつかい座イータ星へびつかい座イプシロン星へびつかい座カッパ星へびつかい座ガンマ星へびつかい座シータ星へびつかい座ゼータ星へび座アルファ星へび座イータ星へび座ガンマ星へび座シータ星ほうおう座ベータ星ほうおう座アルファ星ほうおう座ガンマ星ほうおう座ゼータ星ほ座ミュー星ほ座ラムダ星ほ座ファイ星ほ座N星ぼうえんきょう座アルファ星みずへび座ベータ星みずへび座アルファ星みずへび座イータ2星みずへび座ガンマ星みずがめ座プサイ1星みずがめ座デルタ星みずがめ座ベータ星みずがめ座アルファ星みずがめ座イプシロン星みずがめ座カッパ星みずがめ座ガンマ星みずがめ座クシー星みずがめ座シータ星みなみのさんかく座デルタ星みなみのさんかく座ベータ星みなみのさんかく座アルファ星みなみのさんかく座イオタ星みなみのさんかく座カッパ星みなみのさんかく座ガンマ星みなみのさんかく座ゼータ星みなみのかんむり座アルファ星みなみじゅうじ座デルタ星みなみじゅうじ座ベータ星みなみじゅうじ座アルファ星みなみじゅうじ座ガンマ星がか座ベータ星がか座アルファ星ふたご座37番星ふたご座ミュー星ふたご座デルタ星ふたご座イータ星ふたご座イプシロン星ふたご座オミクロン星ふたご座ガンマ星ふたご座クシー星ふたご座ゼータ星ふうちょう座アルファ星ふうちょう座シータ星しし座83番星しし座AD星しし座ミュー星しし座ラムダ星しし座デルタ星しし座イータ星しし座イプシロン星しし座オミクロン星しし座ガンマ星しし座シータ星しし座シグマ星しし座ゼータ星しし座CW星しし座IVしし座R星しし座Vけんびきょう座AX星けんびきょう座ガンマ星こぐま座デルタ星こぐま座ベータ星こぐま座ガンマ星こと座イータ星こと座ガンマ星こと座RR星こじし座T星こいぬ座ベータ星こうま座アルファ星いっかくじゅう座3番星いっかくじゅう座ベータ星いっかくじゅう座アルファ星いっかくじゅう座R星いっかくじゅう座V838星いて座ミュー星いて座ラムダ星いて座パイ星いて座デルタ星いて座ファイ星いて座ベータ1星いて座ベータ2星いて座アルファ星いて座イータ星いて座イプシロン星いて座オメガ星いて座ガンマ2星いて座シグマ星いて座ゼータ星いて座タウ星いて座KW星いて座VX星いるか座デルタ星いるか座ベータ星いるか座アルファ星いるか座イプシロン星うお座107番星うお座109番星うお座54番星うお座ベータ星うお座アルファ星うお座イータ星うお座イプシロン星うお座イオタ星うお座オミクロン星うお座オメガ星うお座ガンマ星うお座ゼータ星うお座EL星うお座IIうみへび座ニュー星うみへび座イプシロン星うみへび座ウプシロン1星うみへび座ガンマ星うみへび座シグマ星うみへび座ゼータ星うみへび座R星うみへび座TW星うしかい座38番星うしかい座ミュー星うしかい座ラムダ星うしかい座デルタ星うしかい座ベータ星うしかい座イータ星うしかい座イプシロン星うしかい座イオタ星うしかい座ガンマ星うしかい座クシー星うしかい座シータ星うしかい座シグマ星うしかい座タウ星うしかい座矮小銀河IIうしかい座矮小銀河IIIうさぎ座ミュー星うさぎ座ベータ星うさぎ座アルファ星うさぎ座イプシロン星うさぎ座ガンマ星うさぎ座ゼータ星うさぎ座R星さそり座18番星さそり座ミュー星さそり座パイ星さそり座デルタ星さそり座ニュー星さそり座イータ星さそり座イオタ1星さそり座ウプシロン星さそり座シータ星さそり座シグマ星さそり座ゼータ1星さそり座タウ星さそり座G星さいだん座ミュー星さいだん座デルタ星さいだん座ベータ星さいだん座アルファ星さいだん座ガンマ星さいだん座ゼータ星さんかく座デルタ星さんかく座ベータ星さんかく座アルファ星さんかく座ガンマ星かに座55番星かに座ラムダ星かに座デルタ星かに座ベータ星かに座アルファ星かに座イプシロン星かに座イオタ星かに座オメガ1星かに座カッパ星かに座カイ星かに座ガンマ星かに座クシー星かに座シータ星かに座ゼータ星かみのけ座11番星かみのけ座ベータ星かみのけ座ガンマ星かみのけ座矮小銀河かじき座AB星かじき座ベータ星かじき座アルファ星かじき座ガンマ星かじき座ゼータ星かじき座R星かんむり座ベータ星かんむり座アルファ星かんむり座カッパ星かんむり座R星からす座デルタ星からす座ベータ星からす座アルファ星からす座イプシロン星からす座ガンマ星からす座VV星太陽太陽活動周期地球の未来ペルセウス座ロー星ペルセウス座パイ星ペルセウス座デルタ星ペルセウス座ニュー星ペルセウス座アルファ星ペルセウス座イータ星ペルセウス座イプシロン星ペルセウス座イオタ星ペルセウス座オミクロン星ペルセウス座カッパ星ペルセウス座クシー星ペルセウス座シータ星ペルセウス座ゼータ星ペルセウス座RS星ペルセウス座S星ペルセウス座T星ペガスス座ミュー星ペガスス座アルファ星ペガスス座イータ星ペガスス座イプシロン星ペガスス座ガンマ星ペガスス座シータ星ペガスス座ゼータ星ペガスス座タウ星ミラ (恒星)バーナード星ポラリス (恒星)ポルックス (恒星)ポンプ座アルファ星ラランド21185ラカーユ9352リゲルルイテン726-8レチクル座アルファ星レチクル座ゼータ星レグルスロス128ロス154ロス248ヴァン・マーネン星ヴィトリド・ツェラスキーヘルクレス座14番星ヘルクレス座ミュー星ヘルクレス座ラムダ星ヘルクレス座パイ星ヘルクレス座デルタ星ヘルクレス座ベータ星ヘルクレス座アルファ星ヘルクレス座オメガ星ヘルクレス座カッパ星ヘルクレス座ゼータ星ヘルクレス座矮小銀河プラスケット星プロキオンプロキシマ・ケンタウリプロキシマ・ケンタウリbピスミス24ピストル星テーブルさん座パイ星テーブルさん座アルファ星ティーガーデン星デネボラデネブフォーマルハウトベテルギウスベガりょうけん座ベータ星りょうけん座アルファ星りょうけん座矮小銀河りょうけん座矮小銀河IIりょうけん座RS星りゅうこつ座a星りゅうこつ座ベータ星りゅうこつ座イータ星りゅうこつ座イプシロン星りゅうこつ座イオタ星りゅうこつ座ウプシロン星りゅうこつ座オメガ星りゅうこつ座カイ星りゅうこつ座シータ星りゅうこつ座EV星りゅうこつ座l星りゅうこつ座p星りゅうこつ座q星りゅうこつ座RT星りゅうこつ座V382星りゅうこつ座V602星りゅう座42番星りゅう座7番星りゅう座8番星りゅう座ミュー星りゅう座ラムダ星りゅう座プサイ1星りゅう座デルタ星りゅう座ベータ星りゅう座アルファ星りゅう座イータ星りゅう座イオタ星りゅう座カイ星りゅう座ガンマ星りゅう座クシー星りゅう座シグマ星りゅう座ゼータ星ろくぶんぎ座アルファ星ろ座ベータ星ろ座アルファ星わし座ラムダ星わし座デルタ星わし座ベータ星わし座イータ星わし座イプシロン星わし座ガンマ星わし座シータ星わし座ゼータ星わし座V1302星アルビレオアルデバランアルファルドアルゴルアルタイルアンドロメダ座14番星アンドロメダ座ミュー星アンドロメダ座ラムダ星アンドロメダ座デルタ星アンドロメダ座ベータ星アンドロメダ座アルファ星アンドロメダ座イプシロン星アンドロメダ座ウプシロン星アンドロメダ座カッパ星アンドロメダ座クシー星アンドロメダ座GY星アークトゥルスアカエイ星雲アケルナルインディアン座ロー星インディアン座アルファ星インディアン座イプシロン星ウォルフ1061ウォルフ359エリダヌス座82番星エリダヌス座デルタ星エリダヌス座イータ星エリダヌス座イプシロン星エリダヌス座オミクロン1星エリダヌス座オミクロン2星エリダヌス座ガンマ星エリダヌス座シータ星エリダヌス座ゼータ星エディントン光度オリオン座ラムダ星オリオン座パイ3星オリオン座デルタ星オリオン座イータ星オリオン座イプシロン星オリオン座イオタ星オリオン座ウプシロン星オリオン座カッパ星オリオン座カイ1星オリオン座ガンマ星オリオン座シグマ星オリオン座ゼータ星オリオン座タウ星オロチ (天体)カペラ (恒星)カメレオン座アルファ星カプタイン星カシオペヤ座50番星カシオペヤ座6番星カシオペヤ座ミュー星カシオペヤ座ロー星カシオペヤ座デルタ星カシオペヤ座ベータ星カシオペヤ座アルファ星カシオペヤ座イプシロン星カシオペヤ座ウプシロン2星カシオペヤ座ガンマ星カシオペヤ座ゼータ星カシオペヤ座PZ星カシオペヤ座TZ星カストル (恒星)ガーネット・スタークリューゲル60グリーゼ1グリーゼ163グリーゼ229グリーゼ370グリーゼ436グリーゼ440グリーゼ570グリーゼ581グリーゼ581cグリーゼ674グリーゼ676グリーゼ687グリーゼ710グリーゼ758グリーゼ777グリーゼ783グリーゼ832グリーゼ849グリーゼ876グリーゼ892グルームブリッジ1618グルームブリッジ1830グルームブリッジ34ケンタウルス座ミュー星ケンタウルス座ラムダ星ケンタウルス座デルタ星ケンタウルス座ニュー星ケンタウルス座アルファ星ケンタウルス座アルファ星Bbケンタウルス座イータ星ケンタウルス座イオタ星ケンタウルス座カッパ星ケンタウルス座シータ星ケンタウルス座ゼータ星ケンタウルス座V886星ケプラー14ケプラー186ケプラー20ケプラー22ケプラー26ケプラー31ケプラー36ケプラー4ケプラー42ケプラー438ケプラー452ケプラー47ケプラー5ケプラー539ケプラー6ケプラー66ケプラー67ケプラー69ケプラー7ケプラー8ケフェウス座デルタ星ケフェウス座ベータ星ケフェウス座アルファ星ケフェウス座イータ星ケフェウス座ガンマ星ケフェウス座クシー星ケフェウス座ゼータ星ケフェウス座VV星ケフェウス座W星ゲミンガコンパス座アルファ星コップ座アルファ星シリウススピカサンデュリーク-69° 202やぎ座プサイ星やぎ座デルタ星やぎ座ニュー星やぎ座ベータ星やぎ座アルファ2星やぎ座ガンマ星やぎ座ゼータ星やまねこ座31番星やまねこ座41番星やまねこ座6番星やまねこ座アルファ星や座アルファ星や座ガンマ星や座R星らしんばん座アルファ星光度の大きい恒星の一覧BD +20°307BD-08°2823BD-17°63CFBDSIR 1458+10Cha 110913-773444質量光度比赤色超巨星G2 (星雲)GJ 1061GJ 1214GJ 1245Gliese 180GSC 02620-00648GSC 02652-01324HAT-P-11HAT-P-12HAT-P-3HAT-P-4HAT-P-5HAT-P-7HAT-P-8HAT-P-9HD 101065HD 10180HD 101930HD 102117HD 102195HD 102365HD 104985HD 111232HD 114729HD 11506HD 125612HD 12661HD 130322HD 134064HD 13931HD 141937HD 142HD 142415HD 1461HD 147506HD 147513HD 149026HD 161693HD 16175HD 167042HD 16760HD 170469HD 171238HD 17156HD 173739とHD 173740HD 179949HD 183263HD 187085HD 189733HD 197027HD 20367HD 204313HD 205739HD 20782HD 210277HD 213240HD 215497HD 216770HD 217107HD 219828HD 221287HD 222582HD 224693HD 23079HD 23596HD 240210HD 2638HD 269810HD 27894HD 28254HD 290327HD 30177HD 30562HD 32518HD 33283HD 33564HD 34445HD 37124HD 37605HD 40307HD 40979HD 4113HD 4203HD 4208HD 4308HD 43197HD 44219HD 45652HD 48265HD 49674HD 49798HD 50554HD 52265HD 5388HD 5980HD 6718HD 69830HD 70642HD 72659HD 73256HD 75289HD 76700HD 7924HD 8535HD 8574HD 85951HD 86081HD 86264HD 92788HD 93083HD 93129AHD 9446HD 96167HD 98618HE 0107-5240HE 0437-5439HIP 12961HIP 14810HIP 5158HIP 57050HIP 85605HR 8799 bHR 8799 cHR 8799 dHR 8799 eHV 2112Ia型超新星IRAS 17163-3907IRC-10414KOI-74bLBV 1806-20LHS 288LHS 292LP 944-20NGC 7027OGLE-TR-111OGLE-TR-132OGLE-TR-56OTS 44PSO J318.5338-22.8603PSR B1913+16PSR B1919+21PSR B1937+21R136a2R85RG 0050-2722S2 (恒星)SGR 1806-20SSSPM J1549-3544TN J0924-2201TRAPPIST-1TYC 8241 2652 1UGPS 0722-05ULAS J1120+0641WASP-1WASP-11/HAT-P-10WASP-12WASP-14WASP-16WASP-8WISE J085510.83-071442.5WOH G64XO-1XO-2XO-3XO-4XO-5桜井天体極超巨星1RXS J160929.1-2105241SWASP J140747.93-394542.62M1207 インデックスを展開 (775 もっと) »

ADS 16402

ADS 16402は太陽に似た2つの恒星から構成される連星系である。とかげ座の方向に約450光年離れた位置にある。2つの恒星は約1,600AU離れており、年齢は約36億年と推定される。伴星ADS 16402Bは、HAT-P-1とも呼ばれる。ジョン・ハーシェルが1831年に発見した。.

新しい!!: 太陽光度とADS 16402 · 続きを見る »

おおぐま座ミュー星

おおぐま座μ星(おおぐまざミューせい、μ UMa / μ Ursae Majoris)は、おおぐま座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座ミュー星 · 続きを見る »

おおぐま座ラムダ星

おおぐま座λ星(おおぐまざラムダせい、λ UMa / λ Ursae Majoris)は、おおぐま座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座ラムダ星 · 続きを見る »

おおぐま座プサイ星

おおぐま座ψ星 (おおぐまざプサイせい、ψ UMa / ψ Ursae Majoris) は、おおぐま座の恒星である。 この星は橙色の巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座プサイ星 · 続きを見る »

おおぐま座パイ2星

おおぐま座π2星は、おおぐま座の方向約256光年の距離にある、橙色巨星である。太陽系外惑星が1つ、この恒星の周りを公転していることが明らかとなっている。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座パイ2星 · 続きを見る »

おおぐま座デルタ星

おおぐま座δ星は、おおぐま座の恒星。北斗七星の中で唯一の3等星である。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座デルタ星 · 続きを見る »

おおぐま座ニュー星

おおぐま座ν星(おおぐまざニューせい、ν UMa / ν Ursae Majoris)は、おおぐま座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座ニュー星 · 続きを見る »

おおぐま座ベータ星

おおぐま座β星は、おおぐま座の恒星で2等星。北斗七星を形成する恒星の1つでもある。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座ベータ星 · 続きを見る »

おおぐま座アルファ星

おおぐま座α星は、おおぐま座の恒星で2等星。北斗七星を形作る恒星の1つでもある。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座アルファ星 · 続きを見る »

おおぐま座イータ星

おおぐま座η星は、おおぐま座の恒星で2等星。北斗七星を形成する恒星の1つでもあり、ひしゃくの柄の先に位置する。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座イータ星 · 続きを見る »

おおぐま座イプシロン星

おおぐま座ε星は、おおぐま座の恒星で2等星。北斗七星を形成する恒星の1つでもある。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座イプシロン星 · 続きを見る »

おおぐま座イオタ星

おおぐま座ι星(おおぐまざイオタせい、ι UMa / ι Ursae Majoris)は、おおぐま座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座イオタ星 · 続きを見る »

おおぐま座オミクロン星

おおぐま座ο星(おおぐまざオミクロンせい、ο UMa / ο Ursae Majoris)は、おおぐま座にある3等星の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座オミクロン星 · 続きを見る »

おおぐま座カイ星

おおぐま座χ星(おおぐまざカイせい、χ UMa / χ Ursae Majoris)は、おおぐま座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座カイ星 · 続きを見る »

おおぐま座ガンマ星

おおぐま座γ星は、おおぐま座の恒星で2等星。北斗七星を形成する恒星の1つでもある。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座ガンマ星 · 続きを見る »

おおぐま座クシー星

おおぐま座ξ星(おおぐまざクシーせい、ξ UMa / ξ Ursae Majoris)は、おおぐま座の恒星で4等星。連星であることが発見された初めての恒星で、複雑な連星系を成している。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座クシー星 · 続きを見る »

おおぐま座シータ星

おおぐま座θ星()はおおぐま座にある恒星である。見かけの明るさは3.18等で、おおぐま座の中では明るい恒星である。年周視差の値に基づくと、地球からの距離は43.96光年になる。 1976年、Helmut A. AbtとSaul G. Levyは、おおぐま座θ星に、公転周期371日で主星を公転する伴星がある事を発表した。しかし、1987年に、Christopher L. MorbeyとRoger F. Griffinは、これはデータの偶然だけで十分に説明出来るとして、伴星は存在しないと指摘した。2009年にアリゾナ州にあるで観測が行われ180m/sの視線速度を検知したが、ケプラー軌道を裏付けるのにはっきりとした結果は得られなかった。また、おおくま座θ星から約4.1度離れた位置には14等級の3重連星系があるが、これらは見かけの二重星とされている。 おおぐま座θ星はスペクトル型F6IVの準巨星とされてきた。しかし、2009年にHelmut A. Abtは、おおぐま座θ星はまだ主系列星の段階にあると主張し、それを踏まえて、スペクトル型をF7Vとしている場合もある。質量は太陽の1.41倍、半径は約2.5倍である。太陽よりも、光度は大きく、誕生から22億年が経過しているとされている。表面温度は約6,300Kである。おおぐま座θ星はF型主系列星なので、肉眼では、黄白色に光って見える。 マクドナルド天文台の研究チームは0.05-5.2auの範囲に0.24-4.6木星質量の惑星が存在していると主張している。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座シータ星 · 続きを見る »

おおぐま座矮小銀河II

おおぐま座矮小銀河II(Ursa Major II Dwarf Galaxy)は、おおぐま座にある矮小楕円体銀河である。2006年にスローン・デジタル・スカイ・サーベイのデータから発見された。太陽から約3万パーセクに位置し、約116km/sの速度で向かってきている。楕円形(軸比~2:1)で、光度が半分になる半径は約140パーセクである。 おおぐま座矮小銀河IIは、銀河系の伴銀河で最も小さく暗いものの1つであり、光度は太陽光度の約4000倍(絶対等級は約-4.2)で、大部分の球状星団の光度よりもずっと暗い。さらには、銀河系内にあるカノープスのような単一の恒星でもこの銀河よりも明るいものもあり、オリオン座γ星と同程度である。しかし、質量は約500万太陽質量であり、この銀河の質量光度比は約2000となる。ただし、この銀河はいくらか不規則な形で、潮汐破壊の過程にある状態であり、これは過大評価である可能性もある。 おおぐま座矮小銀河IIの恒星には、少なくとも100億歳の古いものが多い。これらの恒星の金属量は、と低く、重元素の量が少なくとも太陽の300分の1以下であることを示している。おおぐま座矮小銀河IIの恒星は、恐らく宇宙で最初に形成された恒星の一部である。現在、この銀河では星形成は行われていない。また、これまで中性水素原子は検出されておらず、存在するとしても上限は562太陽質量である。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座矮小銀河II · 続きを見る »

おおぐま座W星

おおぐま座W星(おおぐまざWせい、W Ursae Majoris、W UMa)は、おおぐま座の方角にある食変光星である。視等級は約7.9で、暗くて肉眼では見えないが、小さい望遠鏡を使えば見ることができる。視差の測定より、地球から約170光年離れていることが分かっている。.

新しい!!: 太陽光度とおおぐま座W星 · 続きを見る »

おおいぬ座デルタ星

おおいぬ座δ星は、おおいぬ座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおいぬ座デルタ星 · 続きを見る »

おおいぬ座ベータ星

おおいぬ座β星は、おおいぬ座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおいぬ座ベータ星 · 続きを見る »

おおいぬ座イータ星

おおいぬ座η星は、おおいぬ座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおいぬ座イータ星 · 続きを見る »

おおいぬ座イプシロン星

おおいぬ座ε星は、おおいぬ座の恒星で2等星。1.50等星と、2等星の中では最も明るい。.

新しい!!: 太陽光度とおおいぬ座イプシロン星 · 続きを見る »

おおいぬ座オミクロン2星

おおいぬ座ο2星(おおいぬざオミクロン2せい、ο2 CMa / ο2 Canis Majoris)は、おおいぬ座の恒星で3等星。 知られている中で、最も光度が大きな恒星の1つである。核内で燃料として水素を使い終えた超巨星で、ヘリウムを炭素に融合する過程に入っている。この燃料を使い終わると、超新星爆発を起こすと考えられている。 地球から見て近隣におおいぬ座ο1星があるが、重力的な相互作用はない。しかし、2つの恒星は100光年以内の距離にある。.

新しい!!: 太陽光度とおおいぬ座オミクロン2星 · 続きを見る »

おおいぬ座カッパ星

おおいぬ座κ星 (κ CMa, κ Canis Majoris) は、おおいぬ座の恒星である。 この星は青白色の主系列星である。カシオペヤ座γ型変光星に分類されており、等級は+3.42から+3.97まで変化する。.

新しい!!: 太陽光度とおおいぬ座カッパ星 · 続きを見る »

おおいぬ座ガンマ星

おおいぬ座γ星(おおいぬざガンマせい、γ CMa)はおおいぬ座の4等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおいぬ座ガンマ星 · 続きを見る »

おおいぬ座シグマ星

おおいぬ座σ星 (σ CMa / σ Canis Majoris) は、おおいぬ座の恒星で3等星。 おおいぬ座σ星は橙色の超巨星で、不規則型の脈動変光星に分類される。.

新しい!!: 太陽光度とおおいぬ座シグマ星 · 続きを見る »

おおいぬ座ゼータ星

おおいぬ座ζ星は、おおいぬ座の恒星で3等星。おおいぬの足先に位置する。.

新しい!!: 太陽光度とおおいぬ座ゼータ星 · 続きを見る »

おおかみ座デルタ星

おおかみ座δ星は、おおかみ座の恒星で3等星。 おおかみ座GG星とは、見かけの二重星である。.

新しい!!: 太陽光度とおおかみ座デルタ星 · 続きを見る »

おおかみ座ベータ星

おおかみ座β星は、おおかみ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおかみ座ベータ星 · 続きを見る »

おおかみ座アルファ星

おおかみ座α星は、おおかみ座で最も明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおかみ座アルファ星 · 続きを見る »

おおかみ座イータ星

おおかみ座η星は、おおかみ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおかみ座イータ星 · 続きを見る »

おおかみ座イプシロン星

おおかみ座ε星は、おおかみ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とおおかみ座イプシロン星 · 続きを見る »

おおかみ座ガンマ星

おおかみ座γ星 (おおかみざガンマせい、Gamma Lupi / γ Lup) はおおかみ座にある3等星。青白色の準巨星である。 中国では星官「騎官」に属しており、騎官第一星(騎官一)に当たっていた。.

新しい!!: 太陽光度とおおかみ座ガンマ星 · 続きを見る »

おおかみ座ゼータ星

おおかみ座ζ星()は、おおかみ座にある3等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とおおかみ座ゼータ星 · 続きを見る »

おとめ座61番星

おとめ座61番星 (61 Virginis) は太陽と似た恒星で、おとめ座にあり地球からは26.9光年離れている。太陽系近傍の恒星としては最も太陽に近い性質を持つとされ、2009年までに3つの太陽系外惑星が発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座61番星 · 続きを見る »

おとめ座70番星

おとめ座70番星 (70 Virginis, 70 Vir) は、おとめ座の方角に約59光年の距離にあるG型主系列星である。このスペクトル型にしては異常に明るく、準巨星の段階が始まったばかりだと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座70番星 · 続きを見る »

おとめ座ラムダ星

おとめ座λ星(おとめざラムダせい、λ Vir / λ Virginis)は、おとめ座の恒星で5等星。5.00等の主星と5.63等の伴星による連星系と考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座ラムダ星 · 続きを見る »

おとめ座デルタ星

おとめ座δ星は、おとめ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座デルタ星 · 続きを見る »

おとめ座ファイ星

おとめ座φ星(おとめざファイせい、φ Vir / φ Virginis)は、おとめ座の恒星で5等星。4.92等の黄色巨星または準巨星のA星と10.02等の橙色矮星のB星からなる連星系で、A星自身も分光連星である可能性を示唆されている。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座ファイ星 · 続きを見る »

おとめ座ベータ星

おとめ座β星 (おとめざベータせい、β Vir / β Virginis) は、おとめ座の方角にある恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座ベータ星 · 続きを見る »

おとめ座イータ星

おとめ座η星 (おとめざイータせい、η Vir / η Virginis) は、おとめ座の方角にある恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座イータ星 · 続きを見る »

おとめ座イプシロン星

おとめ座ε星(おとめざイプシロンせい、ε Vir / ε Virginis)は、おとめ座の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座イプシロン星 · 続きを見る »

おとめ座イオタ星

おとめ座ι星 (おとめざイオタせい、ι Vir / ι Virginis) は、おとめ座の方角にある恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座イオタ星 · 続きを見る »

おとめ座カッパ星

おとめ座κ星(おとめざカッパせい、κ Vir / κ Virginis)は、おとめ座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座カッパ星 · 続きを見る »

おとめ座カイ星

おとめ座χ星 (おとめざカイせい、Chi Virginis, χ Vir) は、おとめ座の恒星で5等星である。 四重連星であり、おとめ座χ星Aは4.66等級のK型橙色巨星、離角173.1秒のおとめ座χ星Bはスペクトル型K0で9.1等級、離角221.2秒のおとめ座χ星Cは10等級、離角321.2秒のおとめ座χ星Dは9.1等級である。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座カイ星 · 続きを見る »

おとめ座ゼータ星

おとめ座ζ星は、おとめ座の恒星で3等星。 スピカのほぼ北に位置し、γ星とで正三角形を描く。また、ろくぶんぎ座α星同様に天の赤道の近くに位置している。歳差運動により、1883年2月より天の赤道から南側に位置する事となった。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座ゼータ星 · 続きを見る »

おとめ座GW星

おとめ座GW星は、PG1159型星のプロトタイプ星である。紫外線を用いたPalomar-Green surveyで発見され、惑星状星雲の中心星から白色矮星への移行過程にあることが分かった。 この星の光度が変化することは1979年に観測され、1985年におとめ座GW型変光星と命名された, P. N. Kholopov, N. N. Samus, E. V. Kazarovets, and N. B. Perova, Information Bulletin on Variable Stars, #2681, March 8, 1985.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座GW星 · 続きを見る »

おとめ座HW星

おとめ座HW星(HW Virginis)とは地球から見ておとめ座の方向に位置するスペクトル型がsdB型のB型準矮星とM型の赤色矮星から成る連星系である。アルゴル型変光星でもある。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座HW星 · 続きを見る »

おとめ座OY星

おとめ座OY星(おとめざOYせい、OY Virginis、OY Vir)は、おとめ座の方向に位置する脈動変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座OY星 · 続きを見る »

おとめ座QS星

おとめ座QS星(QS Virginis, QS Vir)とは、太陽系から160光年の位置にある食連星・激変星である。3.37時間で共通重心を周回する近接した白色矮星と赤色矮星から構成され、さらにその周囲を別の天体が公転しているとされている。 第3の天体について詳細は分かっていない。2009年の報告当初、は太陽系外惑星と考えられていたが、後の研究でより質量の大きい天体(褐色矮星か低質量の恒星)であることが示された。.

新しい!!: 太陽光度とおとめ座QS星 · 続きを見る »

おひつじ座30番星

おひつじ座30番星(30 Arietis)とはおひつじ座の方向に約130光年離れた位置にある太陽より明るい2つのF型主系列星を主星とした2つの連星系から成る4重連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とおひつじ座30番星 · 続きを見る »

おひつじ座39番星

おひつじ座39番星()はおひつじ座の方向に、約170光年離れた位置にある5等級の恒星である。寿命を迎えつつある橙色巨星の段階にある。.

新しい!!: 太陽光度とおひつじ座39番星 · 続きを見る »

おひつじ座41番星

おひつじ座41番星 (41 Arietis, 41 Ari) は、おひつじ座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とおひつじ座41番星 · 続きを見る »

おひつじ座デルタ星

おひつじ座δ星は、おひつじ座の恒星で4等星。K型の巨星で、わずかな変光が観測されているが、真に変光星であるかは定かではない。.

新しい!!: 太陽光度とおひつじ座デルタ星 · 続きを見る »

おひつじ座ベータ星

おひつじ座β星は、おひつじ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とおひつじ座ベータ星 · 続きを見る »

おひつじ座アルファ星

おひつじ座α星は、おひつじ座で一番明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とおひつじ座アルファ星 · 続きを見る »

おひつじ座ガンマ星

おひつじ座γ星は、おひつじ座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とおひつじ座ガンマ星 · 続きを見る »

おひつじ座TZ星

記載なし。

新しい!!: 太陽光度とおひつじ座TZ星 · 続きを見る »

おうし座16番星

おうし座16番星(16 Tauri)は、おうし座の恒星でプレアデス星団に属する5等星。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座16番星 · 続きを見る »

おうし座17番星

おうし座17番星(17 Tauri)は、おうし座の恒星でプレアデス星団に属している。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座17番星 · 続きを見る »

おうし座19番星

おうし座19番星(19 Tauri)は、おうし座の恒星でプレアデス星団に属する4等星。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座19番星 · 続きを見る »

おうし座20番星

おうし座20番星(20 Tauri)は、おうし座の恒星でプレアデス星団に属する4等星。プレアデス星団の中でも明るいものの一つ。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座20番星 · 続きを見る »

おうし座21番星

おうし座21番星は、おうし座の恒星でプレアデス星団に属している。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座21番星 · 続きを見る »

おうし座22番星

おうし座22番星は、おうし座の恒星でプレアデス星団に属す。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座22番星 · 続きを見る »

おうし座23番星

おうし座23番星(23 Tauri)は、おうし座に位置する恒星でプレアデス星団に属している。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座23番星 · 続きを見る »

おうし座27番星

おうし座27番星(27 Tauri)は、おうし座の恒星でプレアデス星団に属している。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座27番星 · 続きを見る »

おうし座28番星

おうし座28番星(28 Tauri)は、おうし座の恒星でプレアデス星団に属す。 プレアデス星団の中では輝星の一つだが、視等級は5.09と暗く、また近くに約4倍明るいおうし座27番星が見えるために裸眼で見つけるのは難しい。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座28番星 · 続きを見る »

おうし座ラムダ星

おうし座λ星(おうしざラムダせい、λ Tau / λ Tauri)は、おうし座の恒星で3等星。 三重星系である。主星のおうし座λ星Aは青白色のB型主系列星。光度は太陽の約4000倍であり、半径は太陽の6.6倍である。伴星は白色のA型準巨星で太陽の5.5倍の半径、95倍の光度を持つ。これらは共通の重心を0.1天文単位離れて3.95日の周期で公転している。系には3つめの暗い恒星が33日の周期で回っている。 てんびん座δ星とともに、1909年にフランク・シュレシンジャーによって、回転によるスペクトルの線幅拡大が初めて観測された, Frank Schlesinger, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society, Vol.

新しい!!: 太陽光度とおうし座ラムダ星 · 続きを見る »

おうし座デルタ1星

おうし座δ星(おうしざデルタせい、δ Tau, δ Tauri)は、おうし座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座デルタ1星 · 続きを見る »

おうし座ベータ星

おうし座β星は、おうし座で2番目に明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座ベータ星 · 続きを見る »

おうし座イータ星

おうし座η(イータ)星 (η Tau / η Tauri) は、おうし座の恒星で3等星。プレアデス星団で 最も明るい恒星である。 プレアデス星団の構成.

新しい!!: 太陽光度とおうし座イータ星 · 続きを見る »

おうし座イプシロン星

おうし座ε星(おうしざイプシロンせい、Epsilon Tauri)は、おうし座の方角に位置する橙色巨星である。ヒアデス星団に属する恒星。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座イプシロン星 · 続きを見る »

おうし座オミクロン星

おうし座ο星(おうしざオミクロンせい、)は、おうし座にある恒星である。おうし座ο星は、黄色のG型巨星で、視等級は3.6等ある。この恒星の質量は太陽の3倍、半径は15倍である。干渉法で測定した後者の値に基づくと、自転周期は533日である。地球からは約212光年離れており、太陽の155倍の光度を持つ。 おうし座ο星は連星であり、2つの恒星は、0.263の軌道離心率で、1,655日間の周期で互いの周りを公転している。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座オミクロン星 · 続きを見る »

おうし座ガンマ星

おうし座γ星(おうしざガンマせい、γ Tau, γ Tauri)は、おうし座の恒星で4等星。 二重星とされているが、伴星について特にわかっていることはない。主星AはG9.5~K0のスペクトルを持つ巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座ガンマ星 · 続きを見る »

おうし座シータ星

おうし座θ星(おうしざシータせい、θ Tau, θ Tauri)は、おうし座の二重星であり、ヒアデス星団のメンバーである。 5.62′離れた2つの星から構成される。視差の測定から、おうし座θ1星は地球から約152光年、おうし座θ2星は約157光年の距離に位置すると推定されている。 Jim Kalerは、θ1とθ2が実際の連星であるかどうかわからないとする一方、次のように述べている。測定された2星の距離の差 約4光年は、多分に連星ではない事を示唆している。もし距離に誤差があり、同じ距離にあったと仮定すると、16,000 AU以上離れ周期70万年以上となるが、互いの重力作用により、このような連星系は存在しえない。 おうし座θ1星は、橙色の巨星である。一方、おうし座θ2星は、白色の巨星でたて座δ型変光星であり、光度は約1.82時間の周期で+3.35から+3.42まで変化する。 どちらの恒星も分光連星であり、少なくとも1つの暗い伴星を持っている。おうし座θ1星は0.082″、少なくとも4光年離れたところに7等星を伴っている。おうし座θ2星は0.005″、少なくとも2光年離れたところに6等星を伴っており、141日で公転している。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座シータ星 · 続きを見る »

おうし座ゼータ星

おうし座ζ星(おうしざゼータせい、ζ Tau, ζ Tauri)は、おうし座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座ゼータ星 · 続きを見る »

おうし座CE星

おうし座CE星は、太陽から約1800光年離れたところにある 赤色超巨星で、学名は119 Tauri (略称はCE Tau) 。半径は太陽の約600倍あり、光度は太陽の約43,000倍あるとされている。この恒星はおうし座の中に位置しており、4.23等と4.54等の間を変光するSRC型の脈動変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座CE星 · 続きを見る »

おうし座GR星

おうし座GR星(GR Tauri、GR Tau)は、おうし座の方角に地球からおよそ1,120光年の距離にある食変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座GR星 · 続きを見る »

おうし座IK星

おうし座IK星(IK Tauri)は、おうし座にあるミラ型変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座IK星 · 続きを見る »

おうし座RV型変光星

おうし座RV型変光星(RV Tauri variable)は、超巨星の変光星である。恒星表面の放射方向の脈動に応じて光度が変化する。明るさの変化は、スペクトル型の変化とも関連している。最も明るい時には、スペクトル型はFまたはGである。最も暗い時には、スペクトル型はKまたはMに変わる。変光の周期は、通常30日から150日であり、周期の中で最も暗い時期と2番目に暗い時期が相互に入れ替わる。最大の明るさと最小の明るさの差は、4等級に達する。おうし座RV型変光星は、さらに2つの小分類に分けられる。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座RV型変光星 · 続きを見る »

おうし座T星

おうし座T星(T Tauri、T Tau)は、おうし座にある変光星で、おうし座T型星の典型である。ヒヤデス星団のV字型の最も北、おうし座ε星の近くにあり、星団の一員のように見えるが、実際にはヒヤデス星団より300光年程遠くにあり、一緒に誕生したのではないと考えられる。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座T星 · 続きを見る »

おうし座V411星

おうし座V411星(V411 Tauri)は、おうし座の方角、地球からおよそ150光年離れた場所にある白色矮星である。.

新しい!!: 太陽光度とおうし座V411星 · 続きを見る »

たて座デルタ星

たて座δ星 (Delta Scuti, δ Sct) は、たて座にある恒星である。たて座δ型変光星のプロトタイプとされる。.

新しい!!: 太陽光度とたて座デルタ星 · 続きを見る »

たて座アルファ星

たて座α星(たてざアルファせい、α Sct / α Scuti)は、たて座で最も明るい恒星である。 この星は橙色の巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とたて座アルファ星 · 続きを見る »

たて座UY星

たて座UY星(たてざUYせい)はSRC型の脈動変光星で、直径は太陽の約1,700倍あるとされる赤色超巨星であり、太陽系の中心に置けば木星の軌道に達する程あるのは確実だが、正確な直径はまだ知られていない。距離は太陽からおよそ2,900パーセク(9,500光年)の位置にある。.

新しい!!: 太陽光度とたて座UY星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座AE星

ぎょしゃ座AE星(AE Aurigae、AE Aur)は、ぎょしゃ座にある逃走星で、散光星雲IC 405を光らせる光源となっている恒星でもある。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座AE星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座プサイ1星

ぎょしゃ座ψ1星は、太陽から約4,000光年離れたところにある 赤色超巨星。学名はψ1Aurigae(略称はψ1Aur)で、光度は太陽の約63,000倍あるとされている。この恒星はぎょしゃ座の中に位置しており、4.54等と5.7等の間を変光するLC型の脈動変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座プサイ1星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座パイ星

ぎょしゃ座π星(ぎょしゃざパイせい、π Aur / π Aurigae)は、ぎょしゃ座の方角にある恒星である。2等星であるぎょしゃ座β星の北、赤緯+1°に見える。 ぎょしゃ座π星はM型の輝巨星で、地球からは約750光年離れている。不規則型の脈動変光星に分類され、明るさは+4.24等級から+4.34等級まで変化する。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座パイ星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座デルタ星

ぎょしゃ座δ星(ぎょしゃざデルタせい、δ Aur / δ Aurigae)は、ぎょしゃ座に位置する多重星である。 「主星」のAは橙色のK型巨星で、+3.83等級である。「伴星」は、Bが+10.6等級で124.4秒離れており、Cが+10.1等級で195.5秒離れている。更に、Cも二重星で、94.3秒離れた+11.4等の「伴星」Dがある。これらは全て見かけの重星で、物理的な関係はないと考えられる。 一方で、ぎょしゃ座δ星は分光連星である。多数の分光観測から求めた視線速度の周期的な変動を分析した結果、公転周期は1283.4日、軌道離心率は0.231と見積もられている。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座デルタ星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座ベータ星

ぎょしゃ座β星は、ぎょしゃ座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座ベータ星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座イータ星

ぎょしゃ座η星()は、ぎょしゃ座にある3等星の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座イータ星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座イオタ星

ぎょしゃ座ι星(ぎょしゃざイオタせい、ι Aur / ι Aurigae)は、ぎょしゃ座の恒星で3等星。橙色の輝巨星で、星間塵のせいで約0.6等級暗く見える。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座イオタ星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座オミクロン星

ぎょしゃ座ο星 (ぎょしゃざオミクロンせい、ο Aurigae、ο Aur) は、ぎょしゃ座の恒星で5等星。白色のA型主系列星で、そのスペクトルから恒星大気中にクロムやユウロピウムを多く含むことがわかっている。視等級は5.460等と5等星の中でも暗いほうだが、絶対等級では-0.06と、同じA型主系列星で全天で最も明るく見える恒星であるシリウス(絶対等級 1.42)より約4倍明るい。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座オミクロン星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座シータ星

ぎょしゃ座θ星 (ぎょしゃざシータせい、θ Aur / θ Aurigae) は、ぎょしゃ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座シータ星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座ゼータ星

ぎょしゃ座ζ星(ぎょしゃざゼータせい、ζ Aur)は、ぎょしゃ座の4等星。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座ゼータ星 · 続きを見る »

ぎょしゃ座NO星

ぎょしゃ座NO星は、太陽から1900光年先に存在するS型の赤色超巨星若しくは輝巨星。この恒星はぎょしゃ座の中に位置しており、学名はNO Aurigae(略称はNO Aur)。質量は太陽の約5倍程度であるが、半径は太陽の約630倍。光度も太陽の75,000倍。6.05等と6.50等の間を変光するLC型の脈動変光星でもある。.

新しい!!: 太陽光度とぎょしゃ座NO星 · 続きを見る »

きりん座ベータ星

きりん座β星(きりんざベータせい、β Cam / β Camelopardalis)は、きりん座で最も明るい恒星である。 この星は連星であり、伴星は7.4等級である。.

新しい!!: 太陽光度ときりん座ベータ星 · 続きを見る »

きょしちょう座デルタ星

きょしちょう座δ星 (δ Tuc / δ Tucanae) は、きょしちょう座の方角にある連星である。 主星は青白色のB型主系列星で、伴星は+9.3等級で地球からは主星より7秒離れて見える。.

新しい!!: 太陽光度ときょしちょう座デルタ星 · 続きを見る »

きょしちょう座ベータ星

きょしちょう座β星は、きょしちょう座の3つの恒星β1とβ2のペアとβ3に対する総称である。.

新しい!!: 太陽光度ときょしちょう座ベータ星 · 続きを見る »

きょしちょう座アルファ星

きょしちょう座α星 (きょしちょうざアルファせい、α Tuc / α Tucanae) は、きょしちょう座で最も明るい恒星で3等星。 この星は分光連星で、主星のきょしちょう座α星Aは橙色の巨星である。伴星は直接観測できないが、主星の固有運動の変化から存在が確認される連星である。連星系の軌道周期は11.5年である。.

新しい!!: 太陽光度ときょしちょう座アルファ星 · 続きを見る »

きょしちょう座ガンマ星

きょしちょう座γ星 (きょしちょうざガンマせい、γ Tuc / γ Tucanae) は、きょしちょう座の恒星で4等星。黄白色の主系列星。.

新しい!!: 太陽光度ときょしちょう座ガンマ星 · 続きを見る »

きょしちょう座ゼータ星

きょしちょう座ζ星(きょしちょうざゼータせい、ζ Tuc / ζ Tucanae)は、きょしちょう座の恒星で4等星。黄白色の主系列星。.

新しい!!: 太陽光度ときょしちょう座ゼータ星 · 続きを見る »

くじゃく座デルタ星

くじゃく座δ星(くじゃくざデルタせい、δ Pav / δ Pavonis)は、くじゃく座の恒星。.

新しい!!: 太陽光度とくじゃく座デルタ星 · 続きを見る »

くじゃく座ベータ星

くじゃく座β星は、くじゃく座の恒星で3等星。 λ星がカシオペヤ座γ星のようなBe星でない限り、この星が星座内で2番目に明るい。.

新しい!!: 太陽光度とくじゃく座ベータ星 · 続きを見る »

くじゃく座アルファ星

くじゃく座α星(くじゃくざアルファせい)は、くじゃく座で最も明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とくじゃく座アルファ星 · 続きを見る »

くじゃく座ガンマ星

くじゃく座γ星(くじゃくざガンマせい、γ Pav / Gamma Pavonis)は、くじゃく座の方角にある恒星である。金属量が少なく、ヘリウムより重い元素の割合が小さいと考えられている。近隣の恒星に比べて異常に速いスピードで銀河系を公転している。質量は太陽より小さいと考えられるが、半径は若干大きく、温度も高い。 この恒星は、アメリカ航空宇宙局の地球型惑星探査ミッションTerrestrial Planet Finderの候補天体として、14番目にランクされていた。主星から約1.2天文単位のハビタブルゾーンの中に、地球型惑星が公転していると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とくじゃく座ガンマ星 · 続きを見る »

くじら座94番星

くじら座94番星は、くじら座の方角に約74光年の距離にある連星である。.

新しい!!: 太陽光度とくじら座94番星 · 続きを見る »

くじら座9番星

くじら座9番星 (9 Ceti, 9 Cet) とは、太陽系からくじら座の方角に67光年離れた位置にある太陽に似た恒星である。HD 1835 やくじら座BE星 (BE Ceti) とも呼ばれる。.

新しい!!: 太陽光度とくじら座9番星 · 続きを見る »

くじら座ベータ星

くじら座β星は、くじら座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とくじら座ベータ星 · 続きを見る »

くじら座アルファ星

くじら座α星は、くじら座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とくじら座アルファ星 · 続きを見る »

くじら座イータ星

くじら座η星(くじらざイータせい、η Cet / η Ceti)は、くじら座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とくじら座イータ星 · 続きを見る »

くじら座ガンマ星

くじら座γ星(くじら座ガンマせい、γ Cet)は、くじら座に位置する恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とくじら座ガンマ星 · 続きを見る »

くじら座ゼータ星

くじら座ζ星は、くじら座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とくじら座ゼータ星 · 続きを見る »

くじら座タウ星

くじら座τ星(略称: τ Cet )は地球から、くじら座の方向にある恒星で、太陽に似た黄色のG型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とくじら座タウ星 · 続きを見る »

くじら座YZ星

くじら座YZ星(YZ Ceti)は、太陽系から12光年の距離に存在する赤色矮星である。質量は太陽の13%ほどで、非常に暗いため肉眼では確認できない。この恒星はくじら座UV型の変光星(閃光星)である。 この恒星はくじら座τ星に近く、両者は1.6光年しか離れていない。これは太陽とケンタウルス座α星の距離の3分の1未満である。.

新しい!!: 太陽光度とくじら座YZ星 · 続きを見る »

ちょうこくしつ座アルファ星

ちょうこくしつ座α星(ちょうこくしつざアルファせい、α Scl / α Sculptoris)は、ちょうこくしつ座で最も明るい恒星である。 この星は、青白色の巨星である。おひつじ座SX型変光星に分類され、変光範囲は0.01等である。 この星の光度は太陽の約1700倍で、表面温度は14,000Kである。半径は太陽の7倍であるが、質量は5.5倍である。スペクトルの変化は、かつてはブラックホールが公転しているためだと考えられていたが、現在では大気中の化学組成の変化に由来することが知られている。.

新しい!!: 太陽光度とちょうこくしつ座アルファ星 · 続きを見る »

つる座アルファ星

つる座α星は、つる座の恒星で2等星。本来は明るく、青白く輝く星だが、日本では地平線低くしか昇らない。.

新しい!!: 太陽光度とつる座アルファ星 · 続きを見る »

つる座ガンマ星

つる座γ星(つるざガンマせい、γ Gru / γ Gruis)は、つる座の3等星である。この星は青色巨星で、光度は太陽の210倍近い。元々、クラウディオス・プトレマイオスはみなみのうお座の一部としていた。.

新しい!!: 太陽光度とつる座ガンマ星 · 続きを見る »

てんびん座23番星

てんびん座23番星(23 Librae、23 Lib)は、てんびん座にある恒星で、黄道付近にあるので、地球上のほとんどの場所から観測できる。視等級は6.47で、肉眼でみるには非常に暗い空が必要となる。てんびん座23番星の周りには、2つの太陽系外惑星が発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とてんびん座23番星 · 続きを見る »

てんびん座デルタ星

てんびん座δ星 (Delta Librae) とは、てんびん座に属する3連星で、アルゴル型食変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とてんびん座デルタ星 · 続きを見る »

てんびん座アルファ星

てんびん座α星(てんびんざアルファせい、α Lib / alpha Librae)は、てんびん座の二重星である。.

新しい!!: 太陽光度とてんびん座アルファ星 · 続きを見る »

てんびん座シグマ星

てんびん座σ星 (Sigma Librae) は、てんびん座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とてんびん座シグマ星 · 続きを見る »

とけい座ベータ星

とけい座β星(とけいざベータせい、β Horologii, β Hor)は、とけい座の恒星で5等星。この星は白色の巨星であり、またA型金属線星である。.

新しい!!: 太陽光度ととけい座ベータ星 · 続きを見る »

とけい座アルファ星

とけい座α星 (とけいざアルファせい、α Hor, α Horologii) は、とけい座の恒星で4等星。この星は橙色の巨星である。.

新しい!!: 太陽光度ととけい座アルファ星 · 続きを見る »

とけい座イオタ星

とけい座ι星(とけいざイオタせい)は、とけい座の方角に約56光年の位置にあるソーラーアナログである。スペクトル型F8Vの黄白色の主系列星である(以前はスペクトル型G3の準巨星に分類されていた)。半径と質量は太陽より大きく、光度も50%大きい。 1998年、とけい座ι星の周囲を公転する太陽系外惑星が1つ発見された。惑星の軌道が地球の軌道と比較的近いため、とけい座ι星は、アメリカ航空宇宙局のTerrestrial Planet Finderの候補天体リストの69番目にランクされていた。2000年、恒星の周囲に原始惑星系円盤が発見されたが、後にアーチファクトであったことが確認された。.

新しい!!: 太陽光度ととけい座イオタ星 · 続きを見る »

とけい座R星

とけい座R星は、とけい座の方向に地球から約685光年の位置にある赤色巨星である。 脈動変光星で、変光周期は407.6日と長く、とても規則的で、光度が最大の時と最小の時では7等級以上明るさが変化するので、ミラ型変光星に分類される。最大光度の時の明るさは周期によって異なり、変光の幅は最大で4.7等級から14.3等級となっている。スペクトル型は輝線星であることを示し、スペクトル中でマグネシウム原子や水素原子のバルマー線が輝線として見える。.

新しい!!: 太陽光度ととけい座R星 · 続きを見る »

とかげ座アルファ星

とかげ座α星 (とかげざアルファせい、α Lacertae, α Lac) は、とかげ座にある白色の主系列星で、視等級3.77等ととかげ座で最も明るい恒星である。.

新しい!!: 太陽光度ととかげ座アルファ星 · 続きを見る »

とも座19番星

とも座19番星(19 Puppis、19 Pup)は、とも座の方角にある黄色巨星である。視等級は4.72で、地球からの距離は年周視差に基づいて計算すると約177光年である。 とも座19番星が変光星であるか否かの検証も行われたが、測光学的には変光は検出できなかったとされる。.

新しい!!: 太陽光度ととも座19番星 · 続きを見る »

とも座ロー星

とも座ρ星(ρ Puppis、略称はρ Pup)は、とも座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度ととも座ロー星 · 続きを見る »

とも座パイ星

とも座π星は、とも座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度ととも座パイ星 · 続きを見る »

とも座ニュー星

とも座ν星は、とも座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度ととも座ニュー星 · 続きを見る »

とも座クシー星

とも座ξ星は、とも座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度ととも座クシー星 · 続きを見る »

とも座シグマ星

とも座σ星は、とも座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度ととも座シグマ星 · 続きを見る »

とも座ゼータ星

とも座ζ星は、とも座で一番明るい恒星で2等星。肉眼で色を識別できる程度に明るい恒星の中では最も青く見える。 日本ではあまり高く昇らず、南中高度は東京で約14度、そのため本来は明るい2等星だが、それよりは暗く見え、同様にレイリー散乱により、青みも少なく見える。.

新しい!!: 太陽光度ととも座ゼータ星 · 続きを見る »

とも座タウ星

とも座τ星は、とも座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度ととも座タウ星 · 続きを見る »

とも座L2星

とも座L2星(ともざL2せい)は、とも座の脈動変光星。.

新しい!!: 太陽光度ととも座L2星 · 続きを見る »

はくちょう座16番星

はくちょう座16番星(16 Cygni, 16 Cyg)は、太陽系からはくちょう座の方向に70光年離れた場所に存在する3重連星である。2つの太陽に似たG型主系列星(はくちょう座16番星A、はくちょう座16番星B)と、1つの赤色矮星(はくちょう座16番星C)から構成されている。また、1996年には太陽系外惑星がはくちょう座16番星Bの周りに発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座16番星 · 続きを見る »

はくちょう座61番星

はくちょう座61番星 (61 Cygni) ははくちょう座にある恒星。観測機器を持たない観測者にとってはさほど目をひく恒星ではないが、その固有運動の大きさのために天文学者らに注目されてきた。連星系である。 ちなみに、まぎらわしいがはくちょう座16番星という太陽と同じタイプの恒星もある。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座61番星 · 続きを見る »

はくちょう座デルタ星

はくちょう座δ星(はくちょうざデルタせい、δ Cyg / Delta Cygni)は、はくちょう座の恒星で3等星。西暦11600年頃、4世紀ほどに渡って北極星になると予測されている。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座デルタ星 · 続きを見る »

はくちょう座イプシロン星

はくちょう座ε星は、はくちょう座の恒星で2等星。北十字を構成する星の1つ。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座イプシロン星 · 続きを見る »

はくちょう座ガンマ星

はくちょう座γ星は、はくちょう座で2番目に明るい恒星で2等星。北十字の交点に位置する。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座ガンマ星 · 続きを見る »

はくちょう座ゼータ星

はくちょう座ζ星()は、はくちょう座の3等星。実際は連星系である。 主星のはくちょう座ζ星Aはスペクトル型G8IIIaの巨星である。この恒星は、ヘリウムで核融合反応を起こす種類の巨星、レッドクランプである可能性がある。質量は太陽の3倍、半径は15倍まで膨張している。明るさは太陽の112倍もあるが、表面温度は4,910Kと、太陽より低い。この温度は、太陽と同じスペクトル分類であるG型に分類される。はくちょう座ζ星Aは過剰なほど、バリウムに富んでいる。そのため、はくちょう座ζ星Aは漸近巨星分枝 (AGB) にある恒星だとされている。 伴星はスペクトル型DA4.2の白色矮星であり、主星の周りを軌道離心率0.22の軌道を6489日で公転している。見かけの明るさは13.2で、直接観測する事は出来ない。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座ゼータ星 · 続きを見る »

はくちょう座KY星

はくちょう座KY星(はくちょうざけいわいせい)は、はくちょう座に位置する赤色超巨星。学名はKY Cygni(略称はKY Cyg)。現在知られている恒星の中では、直径と光度が大きいものの一つとされている。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座KY星 · 続きを見る »

はくちょう座OB2-12

はくちょう座OB2-12(Cygnus OB2-12)は、はくちょう座にある恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座OB2-12 · 続きを見る »

はくちょう座P星

はくちょう座P星 (P Cygni) は、はくちょう座の方向にある爆発型変光星である。巨大な高光度青色変光星 (LBV) で、スペクトル分類はB1Ia+(青色超巨星)であり、銀河系で最も光度の大きい恒星の1つである。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座P星 · 続きを見る »

はくちょう座RW星

はくちょう座RW星(はくちょうざRWせい)は、はくちょう座に位置する脈動変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座RW星 · 続きを見る »

はくちょう座V1489星

はくちょう座V1489星 (V1489 Cygni) とは、地球から見てはくちょう座の方向に約5250光年離れた位置にある赤色超巨星である。2012年時点で観測されている恒星の中では最も直径の大きな恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座V1489星 · 続きを見る »

はくちょう座X-1

はくちょう座X-1の想像図 はくちょう座X-1(-ざエックスワン、Cyg X-1)は太陽系から約6,000光年の距離にある、強力なX線源である。連星系を形成しており、その伴星は現在ブラックホールの最有力候補と考えられている。太陽系と同様に天の川銀河のオリオン腕に存在する。 連星系をなす恒星の一方の質量が巨大だと、もう一方の恒星のガス成分を吸い込み、自身の周りを高速で回転し円盤を形成するようになる。これを降着円盤という。この高速で回転するガスから強いX線が放射されることになる。このX線を観測することが、ブラックホールを探る上での重要な指標となる。X線は、X線天文衛星によって観測する。 HDE226868星系の主星はO型青色超巨星であり、そのガス成分が周囲に流出し、近くの何ものかに吸い込まれていた。その際に極めて強いX線が観測されたため、はくちょう座X-1はブラックホールの最有力候補となったものである。発見されているブラックホールの中では地球から2番目に近い。はくちょう座X-1は、9(±5)×1029Wと、太陽の2400倍ものエネルギーをジェットとして放出している。 なお、はくちょう座X-1は回転楕円体でもあり、はくちょう座V1357星(V1357 Cyg)という変光星としての名前も持っている。変光星としてのV1357星は、HDE226868の主星の青色超巨星が伴星のブラックホールとの潮汐力によってひしゃげて楕円様になっているため、見かけの明るさに揺らぎが生ずるものである。.

新しい!!: 太陽光度とはくちょう座X-1 · 続きを見る »

はちぶんぎ座デルタ星

はちぶんぎ座δ星()は、はちぶんぎ座にある4等星の恒星で、オレンジ色に輝く巨星である。 土星にとっての南極星となっている。.

新しい!!: 太陽光度とはちぶんぎ座デルタ星 · 続きを見る »

はちぶんぎ座ニュー星

はちぶんぎ座ν星 (ν Octans) は、はちぶんぎ座の恒星で4等星。 この星は分光連星で、周囲には未確認の太陽系外惑星が一つ発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とはちぶんぎ座ニュー星 · 続きを見る »

はと座ミュー星

はと座μ星(μ Columbae、μ Col)は、はと座にある恒星である。はと座μ星は、肉眼でみることができる数少ないO型星の1つである(例えば、輝星星表におけるO型星は51個だけである)。太陽系からの距離は、およそ1,300光年とされるが、誤差が100光年以上ある。.

新しい!!: 太陽光度とはと座ミュー星 · 続きを見る »

はと座ベータ星

はと座β星は、はと座の3等星。α星に次いで、はと座で2番目に明るい恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とはと座ベータ星 · 続きを見る »

はと座アルファ星

はと座α星は、はと座の3等星。はと座で一番明るい恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とはと座アルファ星 · 続きを見る »

はと座シータ星

はと座θ星は、はと座の5等星。.

新しい!!: 太陽光度とはと座シータ星 · 続きを見る »

はえ座ベータ星

はえ座β星()は、はえ座にある3等星の恒星である。 見かけの明るさは3.07等級で、はえ座の中では2番目に明るい。.

新しい!!: 太陽光度とはえ座ベータ星 · 続きを見る »

はえ座アルファ星

はえ座α星 (はえざアルファせい、α Muscae / α Mus) は、はえ座で最も明るい恒星で3等星。 この星は高温の青白色の準巨星である。放射のほとんどは紫外線で、温度と光度の値から半径は太陽の4.7倍であると推測される。また恒星の構造と進化のモデルから、質量は太陽の8倍で、準巨星ではあるが、まだ水素を燃料としていると考えられる。B型主系列星では良くあるように、自転は速く、赤道付近では秒速114kmにもなり、自転周期は2日以下である。またケフェウス座β型変光星であり約2時間10分ごとに、明るさが約0.5%変化する。13等星の伴星は地球からは約0.5分離れた位置に見える。.

新しい!!: 太陽光度とはえ座アルファ星 · 続きを見る »

へびつかい座45番星

へびつかい座45番星は、へびつかい座に位置する黄白色の巨星である。スペクトル型はF5III-IVである。視等級は4.28で、年周視差に基づく距離は約111.6光年である。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座45番星 · 続きを見る »

へびつかい座70番星

へびつかい座70番星は、太陽系から16.6光年離れたへびつかい座領域の連星である。 主星は黄色がかったオレンジ色の主系列星(矮星)でスペクトル型はK0、伴星はオレンジ色の主系列星(矮星)でスペクトル型はK5である。主星はりゅう座BY型変光星でもある。主星と伴星の間の平均距離は23.2AUだが、離心率が高いために11.4AUから34.8AUまで変化する。 18世紀にウィリアム・ハーシェルが連星系の研究をする中で、この星系も連星であることを初めて証明した。ハーシェルは同時に、眼視では分離できないもう一つの伴星が存在する可能性にも触れている。 1855年、英国東インド会社のマドラス天文台長W・S・ジェイコブがこの連星の軌道に異常性を発見し、この星系には高い確率で惑星があると主張した。1899年にはトーマス・シーが、この星系には不可視の伴星があると強く主張した。しかし、フォレスト・モールトンがそのような軌道要素の3体連星系は非常に不安定であることを証明する論文をすぐに発表した。現在ではジェイコブとシーの主張は誤りであったとされているが、ジェイコブの主張は恐らく、アストロメトリ法に基づく太陽系外惑星の発見の、最も初期の報告の一つである。 2006年には、マクドナルド天文台の研究チームが16年に及ぶ観測結果に基づき、へびつかい座70番星 A から 0.05 - 5.2 天文単位の範囲において存在できる惑星の質量の上限を導き出している。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座70番星 · 続きを見る »

へびつかい座ラムダ星

へびつかい座λ星(へびつかいざラムダせい、λ Oph / λ Ophiuchi)は、へびつかい座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座ラムダ星 · 続きを見る »

へびつかい座デルタ星

へびつかい座δ星(へびつかいざデルタせい、δ Oph / δ Ophiuchi)は、へびつかい座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座デルタ星 · 続きを見る »

へびつかい座ニュー星

へびつかい座ν星 (へびつかいざニューせい、Nu Ophiuchus) は、へびつかい座にある恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座ニュー星 · 続きを見る »

へびつかい座ベータ星

へびつかい座β星(へびつかいざベータせい、β Oph / β Ophiuchi)は、へびつかい座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座ベータ星 · 続きを見る »

へびつかい座アルファ星

へびつかい座α星は、へびつかい座で最も明るい恒星で2等星。 夏の大三角のうちベガとアルタイルの2星とこの星を結ぶと、通常の三角形とは逆側にも三角形を描くことができる。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座アルファ星 · 続きを見る »

へびつかい座イータ星

へびつかい座η星(へびつかいざイータ星)は、へびつかい座の恒星で2等星。へびつかい座ではα星に次いで明るい。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座イータ星 · 続きを見る »

へびつかい座イプシロン星

へびつかい座ε星(へびつかいざイプシロンせい、ε Oph / ε Ophiuchi)は、へびつかい座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座イプシロン星 · 続きを見る »

へびつかい座カッパ星

へびつかい座κ星は、へびつかい座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座カッパ星 · 続きを見る »

へびつかい座ガンマ星

へびつかい座γ星(へびつかいざガンマせい、Gamma Ophiuchi, γ Oph)はへびつかい座の4等星。A型主系列星。 赤外線の放射が卓越しているのが観測され、中心星の周囲に半径64天文単位程度の塵の回転円盤が存在すると予測されている。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座ガンマ星 · 続きを見る »

へびつかい座シータ星

へびつかい座θ星は、へびつかい座の恒星で3等星。 天球上では、銀河系の中心やパイプ星雲の近くに位置する。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座シータ星 · 続きを見る »

へびつかい座ゼータ星

へびつかい座ζ星(へびつかいざゼータせい、ζ Oph / ζ Ophiuchi)は、へびつかい座の恒星で3等星。 へびつかい座ζ星は高温の青色の輝巨星であるが、星間塵が青い光を吸収するため、赤みがかって見える。実際に、塵がなければへびつかい座ζ星は今より何倍も明るく、全天で最も明るい恒星の1つになるはずである。へびつかい座ζ星は恒星の進化の段階のほぼ半分を経ており、数百万年後には超巨星となって超新星爆発を起こすと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とへびつかい座ゼータ星 · 続きを見る »

へび座アルファ星

へび座α星(へびざアルファせい、α Ser / α Serpentis)は、へび座の頭側の領域に位置する3等星。へび座で最も明るい恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とへび座アルファ星 · 続きを見る »

へび座イータ星

へび座η星は、へび座の恒星で3等星。へび座の尾部では最も明るい。.

新しい!!: 太陽光度とへび座イータ星 · 続きを見る »

へび座ガンマ星

へび座γ星(へびざガンマせい、γ Ser / γ Serpentis)は、へび座の頭部に位置する恒星である。 この星は黄白色の準巨星である。10等級の伴星を2つ持っていると言われることがあるが、これらは見かけの伴星である。.

新しい!!: 太陽光度とへび座ガンマ星 · 続きを見る »

へび座シータ星

へび座θ星(へびざシータせい、θ Serpentis、別名:へび座63番星)は、へび座の尾部の領域に位置する恒星。.

新しい!!: 太陽光度とへび座シータ星 · 続きを見る »

ほうおう座ベータ星

ほうおう座β星は、ほうおう座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とほうおう座ベータ星 · 続きを見る »

ほうおう座アルファ星

ほうおう座α星(ほうおうざアルファせい)は、ほうおう座で最も明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とほうおう座アルファ星 · 続きを見る »

ほうおう座ガンマ星

ほうおう座γ星()は、ほうおう座にある3等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とほうおう座ガンマ星 · 続きを見る »

ほうおう座ゼータ星

ほうおう座ζ星(ほうおうざゼータせい)は、ほうおう座の恒星で4等星。アルゴル型変光星として知られる。.

新しい!!: 太陽光度とほうおう座ゼータ星 · 続きを見る »

ほ座ミュー星

ほ座μ星()は、ほ座に位置している3等級の連星である。.

新しい!!: 太陽光度とほ座ミュー星 · 続きを見る »

ほ座ラムダ星

ほ座λ星は、ほ座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とほ座ラムダ星 · 続きを見る »

ほ座ファイ星

ほ座φ星は、ほ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とほ座ファイ星 · 続きを見る »

ほ座N星

ほ座N星は、ほ座の恒星で3等星。 現在は橙色の巨星であり、最終的に太陽質量の55%を持つ白色矮星になると予想されている。.

新しい!!: 太陽光度とほ座N星 · 続きを見る »

ぼうえんきょう座アルファ星

ぼうえんきょう座α星(ぼうえんきょうざアルファせい、α Tel / α Telescopii)は、ぼうえんきょう座で最も明るい恒星で3等星。 この星は、青白色の準巨星である。ヒッパルコス星表では、内因性の変光星であるかもしれないとされている。.

新しい!!: 太陽光度とぼうえんきょう座アルファ星 · 続きを見る »

みずへび座ベータ星

みずへび座β星(みずへびざべーたせい、β Hyi / Beta Hydri)は、みずへび座の恒星。みずへび座で最も明るく見える星であり、3等星の中では天の南極に最も近い位置にある。.

新しい!!: 太陽光度とみずへび座ベータ星 · 続きを見る »

みずへび座アルファ星

みずへび座α星(みずへびざアルファせい、α Hyi,α Hydri)は、みずへび座で2番目に明るい恒星で3等星。 エリダヌス座の明るい恒星アケルナルの南西にあり、容易に見つけることができる。 この星は、黄白色の準巨星である。みずへび座α星は、アルタイルと似たX線を放出している。空間速度成分は、.

新しい!!: 太陽光度とみずへび座アルファ星 · 続きを見る »

みずへび座イータ2星

みずへび座η2星(η2 Hydri、η2 Hyi)、或いはHD 11977は、みずへび座の方角、地球から約219光年の距離にある黄色巨星である。2005年時点で、1つの太陽系外惑星が、周囲を公転しているのが発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とみずへび座イータ2星 · 続きを見る »

みずへび座ガンマ星

みずへび座γ星()は、みずへび座にある3等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とみずへび座ガンマ星 · 続きを見る »

みずがめ座プサイ1星

みずがめ座ψ1星(ψ1 Aquarii、ψ1 Aqr)或いはみずがめ座91番星(91 Aquarii、91 Aqr)は、みずがめ座にある連星系である。視等級は4.21で、肉眼でも見える。年周視差の測定から計算した地球からの距離は、約150光年である。主星の周りには、太陽系外惑星が発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とみずがめ座プサイ1星 · 続きを見る »

みずがめ座デルタ星

みずがめ座δ星(みずがめざデルタせい、Delta Aquarii; δ Aqr / δ Aquarii)は、みずがめ座で3番目に明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とみずがめ座デルタ星 · 続きを見る »

みずがめ座ベータ星

みずがめ座β星 (Beta Aquarii, β Aqr)は、みずがめ座で最も明るい恒星で3等星。3連星で、主星は黄色超巨星である。 みずがめ座α星、ペガスス座ε星と同じ場所で同時期に生まれたものと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とみずがめ座ベータ星 · 続きを見る »

みずがめ座アルファ星

みずがめ座α星(α Aquarii, α Aqr)は、みずがめ座の恒星で3等星。みずがめ座ではβ星に次ぎ2番目に明るい恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とみずがめ座アルファ星 · 続きを見る »

みずがめ座イプシロン星

みずがめ座ε星(みずがめざイプシロンせい、epsilon Aquarii; ε Aqr / ε Aquarii)は、みずがめ座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とみずがめ座イプシロン星 · 続きを見る »

みずがめ座カッパ星

みずがめ座κ星(みずがめざカッパせい、kappa Aquarii; κ Aqr / κ Aquarii)は、みずがめ座の恒星で5等星。スペクトル分類K型の巨星。.

新しい!!: 太陽光度とみずがめ座カッパ星 · 続きを見る »

みずがめ座ガンマ星

みずがめ座γ星(みずがめざガンマせい、gamma Aquarii; γ Aqr / γ Aquarii)は、みずがめ座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とみずがめ座ガンマ星 · 続きを見る »

みずがめ座クシー星

みずがめ座ξ星(ξ Aquarii, ξ Aqr)は、みずがめ座の恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とみずがめ座クシー星 · 続きを見る »

みずがめ座シータ星

みずがめ座θ星(みずがめざシータせい、theta Aquarii; θ Aqr / θ Aquarii)は、みずがめ座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とみずがめ座シータ星 · 続きを見る »

みなみのさんかく座デルタ星

みなみのさんかく座δ星 (δ TrA / δ Trianguli Australis) は、みなみのさんかく座に位置する連星である。 主星みなみのさんかく座δ星Aは黄色のG型超巨星で、+3.86等級である。伴星みなみのさんかく座δ星Bは12等級で、地球から観望すると主星から30秒離れて見える。.

新しい!!: 太陽光度とみなみのさんかく座デルタ星 · 続きを見る »

みなみのさんかく座ベータ星

みなみのさんかく座β星 (みなみのさんかくざベータせい、β TrA / β Trianguli Australis) は、みなみのさんかく座の恒星で3等星。 この星は連星で、主星のみなみのさんかく座β星Aは黄白色の巨星、14等級の伴星とは、地球からは約155秒離れて見える。.

新しい!!: 太陽光度とみなみのさんかく座ベータ星 · 続きを見る »

みなみのさんかく座アルファ星

みなみのさんかく座α星は、みなみのさんかく座で最も明るい恒星で2等星。天の南極に近いため、日本では沖ノ鳥島からしか見ることが出来ない。.

新しい!!: 太陽光度とみなみのさんかく座アルファ星 · 続きを見る »

みなみのさんかく座イオタ星

みなみのさんかく座ι星 (ι TrA / ι Trianguli Australis) は、みなみのさんかく座にある三重連星である。 主星みなみのさんかく座ι星Aは分光連星で、+5.28等級である。どちらの恒星も黄白色のF型主系列星で、39.8日の公転周期を持つ。連星の1つはかじき座γ型変光星であり、連星の明るさは1.45日ごとに0.12等級変化する。3つめの恒星みなみのさんかく座ι星Bは10等級で、地球から観望すると主星から約20秒離れて見える。.

新しい!!: 太陽光度とみなみのさんかく座イオタ星 · 続きを見る »

みなみのさんかく座カッパ星

みなみのさんかく座κ星(みなみのさんかくざカッパせい、κ TrA / κ Trianguli Australis)は、みなみのさんかく座の恒星である。 みなみのさんかく座κ星は、黄色の超巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とみなみのさんかく座カッパ星 · 続きを見る »

みなみのさんかく座ガンマ星

みなみのさんかく座γ星 (みなみのさんかくざガンマ星、γ TrA / γ Trianguli Australis) は、みなみのさんかく座の恒星で3等星。白色の主系列星。.

新しい!!: 太陽光度とみなみのさんかく座ガンマ星 · 続きを見る »

みなみのさんかく座ゼータ星

みなみのさんかく座ζ星 (ζ Trianguli Australis, ζ TrA) は、みなみのさんかく座に位置する分光連星である。 連星系は、黄白色のF型主系列星と黄色のG型主系列星の2つの恒星からなる。互いの周りを13日ごとに公転しており、軌道離心率は0.014である。 天文学者のKen Croswellによれば、おおぐま座運動星団の一員であるとされる。一方、それを否定する説もある。.

新しい!!: 太陽光度とみなみのさんかく座ゼータ星 · 続きを見る »

みなみのかんむり座アルファ星

みなみのかんむり座α星 (みなみのかんむりざアルファせい、α CrA / α Coronae Australis) は、みなみのかんむり座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とみなみのかんむり座アルファ星 · 続きを見る »

みなみじゅうじ座デルタ星

みなみじゅうじ座δ星は、みなみじゅうじ座の恒星で、十字を形作る4つの星の中では最も暗い3等星。.

新しい!!: 太陽光度とみなみじゅうじ座デルタ星 · 続きを見る »

みなみじゅうじ座ベータ星

みなみじゅうじ座β星は、みなみじゅうじ座の恒星で全天21の1等星の1つ。.

新しい!!: 太陽光度とみなみじゅうじ座ベータ星 · 続きを見る »

みなみじゅうじ座アルファ星

みなみじゅうじ座α星は、みなみじゅうじ座の恒星で全天21の1等星の1つ。ケンタウルス座α星よりもわずかに南にあり、最も南に位置する1等星である。.

新しい!!: 太陽光度とみなみじゅうじ座アルファ星 · 続きを見る »

みなみじゅうじ座ガンマ星

みなみじゅうじ座γ星は、みなみじゅうじ座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とみなみじゅうじ座ガンマ星 · 続きを見る »

がか座ベータ星

がか座β星(がかざベータせい、β Pic / β Pictoris)はがか座で2番目に明るい恒星である。地球からの距離は約63.4光年で、太陽の約1.75倍の質量と8.7倍の光度を持つ。がか座β星は誕生してから、まだ800万から2000万年しか経過していないが、すでに主系列星の段階にある。この恒星はがか座β星運動星団に属する代表星で、この運動星団に属している恒星はがか座β星と同じく若い恒星である。 がか座β星は赤外超過と呼ばれる、他の恒星に比べて赤外線を多く放射する現象が観測されている。これは、周辺に大きな原始惑星系円盤などの塵円盤や星間塵(一酸化炭素を含む)がある事を示す。初めて恒星の周りを塵やガスから出来た大きな塵円盤が観測されると、まず宇宙望遠鏡などを使用して画像を撮影する事が多い。がか座β星にはそれに加えて、いくつかの微惑星が集合した領域や、彗星活動などが確認されている。通常、このような塵円盤は、惑星が形成される過程にあるとされるが、ダストからなる円盤を持つことが初めて発見された恒星として知られている。がか座β星の円盤の大半は太陽系でいう流星サイズの星間塵から形成されていると思われている。 2008年11月、ヨーロッパ南天天文台(ESO)は、恒星の周辺にある塵円盤を超大型望遠鏡VLTを使用して直接観測を行った結果、以前の理論で惑星が存在出来るであろう領域に惑星がか座β星bを発見した。この惑星は、2016年時点で、直接撮影で発見された太陽系外惑星では最も恒星に近い軌道を公転している。その距離は太陽系に置き換えると太陽から土星までの距離に相当する。.

新しい!!: 太陽光度とがか座ベータ星 · 続きを見る »

がか座アルファ星

がか座α星(がかざアルファせい、α Pic, α Pictoris)は、がか座で最も明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とがか座アルファ星 · 続きを見る »

ふたご座37番星

ふたご座37番星はふたご座の北西領域に存在する恒星であり、我々の太陽からは56.2光年離れている。この恒星は単独の、黄白色をした主系列星である。現在のところ、この恒星を巡る惑星は発見されていない。 ふたご座37番星は多くの物理的性質において太陽と共通点の多い恒星であり、最も近距離にあるソーラーアナログの一つである。このため、一部の科学者はこの恒星の近傍が生命にとって好ましい場所だと期待している。2003年9月、 ツーソン にあるアリゾナ州立大学 の宇宙生物学者マーガレット・ターンブルは、この恒星を、太陽系近傍で生命居住可能惑星を持つ可能性がある恒星系のカタログHabCatの中で最も生命に適した恒星の一つとした。 ふたご座37番星にはMETIメッセージが送信されている。これは当時ユーラシア大陸最大の電波望遠鏡であったイェウパトーリヤ70メートル鏡を用いて送信された。このメッセージはティーンエイジ・メッセージと命名され、2001年9月3日に送信された。メッセージは、ふたご座37番星へ2057年12月に到着するとみられる。.

新しい!!: 太陽光度とふたご座37番星 · 続きを見る »

ふたご座ミュー星

ふたご座μ星(ふたござミューせい、μ Gem)は、ふたご座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とふたご座ミュー星 · 続きを見る »

ふたご座デルタ星

ふたご座δ星は、ふたご座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とふたご座デルタ星 · 続きを見る »

ふたご座イータ星

ふたご座η星は、ふたご座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とふたご座イータ星 · 続きを見る »

ふたご座イプシロン星

ふたご座ε星は、ふたご座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とふたご座イプシロン星 · 続きを見る »

ふたご座オミクロン星

ふたご座ο星(ふたござオミクロンせい、ο Gem / ο Geminorum)は、ふたご座の恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とふたご座オミクロン星 · 続きを見る »

ふたご座ガンマ星

ふたご座γ星は、ふたご座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とふたご座ガンマ星 · 続きを見る »

ふたご座クシー星

ふたご座ξ星()は、ふたご座にある3等星の恒星である。地球から約60光年離れた、F型主系列星、あるいは準巨星で、太陽の1.7倍の質量と2.7倍の半径を持つ。年齢は15億年と若く、金属量は太陽とほぼ同程度とされている。.

新しい!!: 太陽光度とふたご座クシー星 · 続きを見る »

ふたご座ゼータ星

ふたご座ζ星は、ふたご座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とふたご座ゼータ星 · 続きを見る »

ふうちょう座アルファ星

ふうちょう座α星(ふうちょうざアルファせい、α Apodis / α Aps)は、ふうちょう座で最も明るい恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とふうちょう座アルファ星 · 続きを見る »

ふうちょう座シータ星

ふうちょう座θ星(ふうちょうざシータせい、θ Apodis、略称:θ Aps)は、ふうちょう座の恒星で脈動変光星。.

新しい!!: 太陽光度とふうちょう座シータ星 · 続きを見る »

しし座83番星

しし座83番星 (83 Leonis, 83 Leo) とは、太陽系からしし座の方角に58光年離れた位置にある連星である。橙色準巨星の主恒星と、橙色の主系列星の伴恒星からなる。両天体の間は少なくとも515天文単位離れており、ともに太陽より低温と考えられている。 2011年時点で、2つの太陽系外惑星が伴恒星の周囲に確認されている。1つは2005年に発見され、もう1つは2010年に発見された。.

新しい!!: 太陽光度としし座83番星 · 続きを見る »

しし座AD星

しし座AD星(AD Leonis)またはグリーゼ388は、赤色矮星である。しし座の方向に約16光年と比較的近い位置にある。しし座AD星は、スペクトル型M3.5Vの主系列星である。閃光星であり、光度がランダムに上昇する。.

新しい!!: 太陽光度としし座AD星 · 続きを見る »

しし座ミュー星

しし座μ星(ししざミューせい、μ Leo / μ Leonis)は、しし座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度としし座ミュー星 · 続きを見る »

しし座ラムダ星

しし座λ星(ししざラムダせい、λ Leo / λ Leonis)は、しし座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度としし座ラムダ星 · 続きを見る »

しし座デルタ星

しし座δ星(ししざデルタせい、δ Leo / δ Leonis)は、しし座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度としし座デルタ星 · 続きを見る »

しし座イータ星

しし座η星は、しし座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度としし座イータ星 · 続きを見る »

しし座イプシロン星

しし座ε星()は、しし座の方向に見える3等星の恒星である。この星は、黄色の輝巨星で、地球からは約250光年離れている。主系列星だった頃は、スペクトル型B4の恒星だったと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度としし座イプシロン星 · 続きを見る »

しし座オミクロン星

しし座ο星(ししざオミクロンせい、ο Leo / ο Leonis)は、しし座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度としし座オミクロン星 · 続きを見る »

しし座ガンマ星

しし座γ星は、しし座の恒星にある2等星である。.

新しい!!: 太陽光度としし座ガンマ星 · 続きを見る »

しし座シータ星

しし座θ星(ししざシータせい、θ Leo / θ Leonis)は、しし座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度としし座シータ星 · 続きを見る »

しし座シグマ星

しし座σ星(Sigma Leonis)は、しし座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度としし座シグマ星 · 続きを見る »

しし座ゼータ星

しし座ζ星(ししざゼータせい、ζ Leo / ζ Leonis)は、しし座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度としし座ゼータ星 · 続きを見る »

しし座CW星

しし座CW星(ししざCWせい)あるいはIRC +10216は、しし座にある脈動変光星。.

新しい!!: 太陽光度としし座CW星 · 続きを見る »

しし座IV

しし座IV(Leo IV Dwarf Galaxy)は、しし座にある矮小楕円体銀河である。2006年にスローン・デジタル・スカイ・サーベイのデータから発見された。太陽から約16万パーセクに位置し、約130km/sの速度で遠ざかっている。ほぼ球形で、光度が半分になる半径は約130パーセクである。 しし座IVは、銀河系の伴銀河で最も小さく暗いものの1つであり、光度は太陽光度の約1万5000倍(絶対等級は約-5.5 ± 0.3)で、典型的な球状星団よりもかなり暗い。しかし、質量は約150万太陽質量であり、この銀河の質量光度比は約150となる。この高い質量光度比は、しし座IVが暗黒物質に占められていることを意味する。 しし座Vの恒星には、120億歳以上の古いものが多い。これらの恒星の金属量は、と低く、重元素の量が少なくとも太陽の400分の1以下であることを示している。観測される恒星は、主に赤色巨星であるが、こと座RR型変光星を含む多くの水平分枝星も発見されている。 しし座Vは、同じく銀河系の伴銀河であるしし座IVからわずか3°しか離れていない。後者はより太陽に近く、2万パーセクの距離である。これらの2つの銀河は、恒星のブリッジで繋がっており、恐らく物理的な影響を及ぼしあっていると考えられている。しし座IVの恒星は、恐らく宇宙で最初にできた恒星の一部である。それにも関わらず、詳細な観測によって、約20億歳かそれ以下の若い恒星の存在が明らかとなった。この発見は、この銀河の複雑な星形成の歴史を示している。現在は、この銀河内では星形成は行われていないと考えられている。また、これまで中性水素原子は検出されておらず、存在するとしても上限はちょうど600太陽質量である。 2008年、しし座IVの近傍に別の銀河であるしし座Vが発見された。後者は銀河系から2万パーセク遠くに位置し、前者と3°(1万パーセク以下)離れている。これらの2つの銀河は、恐らく互いに物理的な影響を及ぼしあっていると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度としし座IV · 続きを見る »

しし座R星

しし座R星 (R Leonis) とは、しし座にあるミラ型変光星で赤色巨星である。 しし座R星は、310日周期で見かけの等級が4.4から11.3の範囲を変化する。極大光度の時は肉眼で見えるが、極小の際は口径7cm以上の望遠鏡が必要となる。有効温度は2930から3080ケルビン、半径は太陽の320から350倍と計算されている。この半径は1.36-1.5天文単位に相当し、仮に太陽をしし座R星に置き換えた場合、火星の軌道付近に達する大きさである。.

新しい!!: 太陽光度としし座R星 · 続きを見る »

しし座V

しし座V(Leo V Dwarf Galaxy)は、しし座にある矮小楕円体銀河である。2007年にスローン・デジタル・スカイ・サーベイのデータから発見された。太陽から約18万パーセクに位置し、約173km/sの速度で遠ざかっている。楕円形で、光度が半分になる半径は約130パーセクである。 しし座Vは、銀河系の伴銀河で最も小さく暗いものの1つであり、光度は太陽光度の約1万倍(絶対等級は約-5.2 ± 0.4)で、典型的な球状星団よりもかなり暗い。しかし、質量は約33万太陽質量であり、この銀河の質量光度比は約75となる。比較的高い質量光度比は、しし座Vが暗黒物質に占められていることを意味する。しし座Vの恒星には、120億歳以上の古いものが多い。これらの恒星の金属量は、と低く、重元素の量が少なくとも太陽の100分の1以下であることを示している。 しし座Vは、同じく銀河系の伴銀河であるしし座IVからわずか3°しか離れていない。後者は、前者よりも2万パーセク程度太陽に近い。これらの2つの銀河は、恒星のブリッジで繋がっており、恐らく互いに物理的な影響を及ぼしあっていると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度としし座V · 続きを見る »

けんびきょう座AX星

けんびきょう座AX星()、またはラカーユ8760()は、けんびきょう座の方向にある赤色矮星である。望遠鏡なら容易く観測出来るが、視等級は6.7等なので、非常に良い観測条件であれば、なんとか肉眼でも観測出来る。太陽系からの距離は12.9光年(3.97パーセク)で、地球に近い恒星の一つである。ニコラ・ルイ・ド・ラカーユにより南アフリカ天文台で発見され、他の恒星と共に1763年作成の星表に掲載された。 以前は、けんびきょう座AX星はスペクトルにおける分類が曖昧で、文献によってK2型からM7型までと大きく差がある。1979年にPatrick Byrneはこの恒星が閃光星である事を発見した。よって、閃光星であることを示すアルゲランダー記法に基づく名称(けんびきょう座AX星)が与えられた。平均で1日1回以下しか太陽フレアを起こさない。これは閃光星としては比較的、静穏の方である。 太陽を含む多くの恒星は銀河系を円軌道で公転しているが、けんびきょう座AX星は離心率0.23の楕円軌道で公転している。この星が太陽系に最も接近したのは2万年前で、その時の距離は12光年(3.7パーセク)であった。けんびきょう座AX星は推定で、約750億年の寿命を持っているとされており、これは太陽よりも7倍以上長い。 2011年時点で、恒星の周りに太陽系外惑星などの天体は発見されていない。 けんびきょう座AX星は、太陽の60%の質量と51%の半径を持つ。これまで知られている中で、けんびきょう座AX星は最大級の規模を持つ赤色矮星の内のひとつである。.

新しい!!: 太陽光度とけんびきょう座AX星 · 続きを見る »

けんびきょう座ガンマ星

けんびきょう座γ星(けんびきょうざガンマせい、γ Microscopii / γ Mic)は、けんびきょう座で最も明るい恒星である。黄色巨星で、レッドクランプ段階にあると考えられている。 おおぐま座運動星団の一員ではないか考えられており、約380万年前には、太陽からわずか6光年の位置にあり、この頃は現在のシリウスよりも明るい-3等級であったと推定されている。 けんびきょう座は、18世紀半ばにいて座とみなみのうお座の間に新しく作られた星座であるので、けんびきょう座γ星にはみなみのうお座1番星と別の星座でのフラムスティード番号が付与されている。.

新しい!!: 太陽光度とけんびきょう座ガンマ星 · 続きを見る »

こぐま座デルタ星

こぐま座δ星(こぐまざデルタせい)は、こぐま座の恒星で4等星。天の北極はこの星とポラリスとの中間あたりに位置している。.

新しい!!: 太陽光度とこぐま座デルタ星 · 続きを見る »

こぐま座ベータ星

こぐま座β星は、こぐま座の恒星で2等星。北斗七星より一回り小さな、こぐま座の小北斗七星ともいえる星の並びの中にあり、ひしゃくの水汲みの先にある。.

新しい!!: 太陽光度とこぐま座ベータ星 · 続きを見る »

こぐま座ガンマ星

こぐま座γ星(こぐまざガンマせい)は、こぐま座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とこぐま座ガンマ星 · 続きを見る »

こと座イータ星

こと座η星(η Lyrae、η Lyr)は、こと座の方角、地球からおよそ1,390光年の距離にある連星系である。三重星の最輝星であり、分光連星でもある。主星には、国際天文学連合(IAU)が定めた固有名が付いている。.

新しい!!: 太陽光度とこと座イータ星 · 続きを見る »

こと座ガンマ星

こと座γ星(ことざガンマ星、Gamma Lyrae、γ Lyr)は、こと座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とこと座ガンマ星 · 続きを見る »

こと座RR星

こと座RR星(ことざRRせい、RR Lyrae、略称:RR Lyr)は、こと座の方向に位置する脈動変光星。.

新しい!!: 太陽光度とこと座RR星 · 続きを見る »

こじし座T星

こじし座T星(T Leonis Minoris、T LMi)は、こじし座の方角、地球から約1,890光年離れた場所にある食変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とこじし座T星 · 続きを見る »

こいぬ座ベータ星

こいぬ座β星(こいぬざベータせい、β CMi / β Canis Minoris)は、こいぬ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とこいぬ座ベータ星 · 続きを見る »

こうま座アルファ星

こうま座α星は、太陽系から190光年離れた位置にある連星系で、こうま座に4等星として輝いている。.

新しい!!: 太陽光度とこうま座アルファ星 · 続きを見る »

いっかくじゅう座3番星

いっかくじゅう座3番星(3 Monocerotis、3 Mon)は、いっかくじゅう座の方角、地球からは約780光年離れた場所にあるにある連星系である。.

新しい!!: 太陽光度といっかくじゅう座3番星 · 続きを見る »

いっかくじゅう座ベータ星

いっかくじゅう座β星(いっかくじゅうざベータせい、β Monocerotis / β Mon)は、いっかくじゅう座の三重連星系である, Jim Kaler, Stars.

新しい!!: 太陽光度といっかくじゅう座ベータ星 · 続きを見る »

いっかくじゅう座アルファ星

いっかくじゅう座α星(α Monocerotis、α Mon)は、いっかくじゅう座ではβ星に次いで明るくみえる恒星である。ただし、β星系は三重星であり、単独の恒星としては、この星がいっかくじゅう座で最も明るくみえる。.

新しい!!: 太陽光度といっかくじゅう座アルファ星 · 続きを見る »

いっかくじゅう座R星

記載なし。

新しい!!: 太陽光度といっかくじゅう座R星 · 続きを見る »

いっかくじゅう座V838星

いっかくじゅう座V838星 (V838 Monocerotis, V838 Mon) は、いっかくじゅう座にある赤色変光星である。太陽からの距離はおよそ2万光年と推定される。.

新しい!!: 太陽光度といっかくじゅう座V838星 · 続きを見る »

いて座ミュー星

いて座μ星(いてざミューせい)は、いて座の4等星。南斗六星の柄の端に位置する。.

新しい!!: 太陽光度といて座ミュー星 · 続きを見る »

いて座ラムダ星

天の川といて座 いて座λ星は、いて座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度といて座ラムダ星 · 続きを見る »

いて座パイ星

いて座π星(いてざパイせい、π Sgr / π Sagittarii)は、いて座の恒星系である。.

新しい!!: 太陽光度といて座パイ星 · 続きを見る »

いて座デルタ星

天の川といて座 いて座δ星(いてざデルタせい、δ Sgr)は、いて座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度といて座デルタ星 · 続きを見る »

いて座ファイ星

いて座φ星は、いて座の恒星で3等星。南斗六星の1つ。.

新しい!!: 太陽光度といて座ファイ星 · 続きを見る »

いて座ベータ1星

いて座β1星 (β1 Sgr) は、いて座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度といて座ベータ1星 · 続きを見る »

いて座ベータ2星

いて座β2星 (β2 Sgr) は、いて座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度といて座ベータ2星 · 続きを見る »

いて座アルファ星

いて座α星(いてざアルファせい)は、いて座の4等星。.

新しい!!: 太陽光度といて座アルファ星 · 続きを見る »

いて座イータ星

いて座η星は、いて座の恒星で3等星。 2等星のε星の南南西2.5°に位置し、また散開星団M7が西北西4.5°に位置している。.

新しい!!: 太陽光度といて座イータ星 · 続きを見る »

いて座イプシロン星

天の川といて座 いて座ε星は、いて座で最も明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度といて座イプシロン星 · 続きを見る »

いて座オメガ星

いて座ω星(いてざオメガせい、ω Delphini, 略称ω Del)は、いて座の恒星で5等星。同じいて座にあるオメガ星雲 (M17、NGC6618) とは名前が似ているだけで異なる天体である。.

新しい!!: 太陽光度といて座オメガ星 · 続きを見る »

いて座ガンマ2星

いて座γ2星 (γ2 Sgr) は、いて座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度といて座ガンマ2星 · 続きを見る »

いて座シグマ星

天の川といて座 いて座σ星は、いて座で2番目に明るい恒星で2等星。南斗六星を作る星の1つ。.

新しい!!: 太陽光度といて座シグマ星 · 続きを見る »

いて座ゼータ星

いて座ζ星(いてざゼータせい、ζ Sgr / ζ Sagittarii)は、いて座で3番目に明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度といて座ゼータ星 · 続きを見る »

いて座タウ星

いて座τ星(Tau Sagittarii)は、黄道十二星座であるいて座の南側にある3等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度といて座タウ星 · 続きを見る »

いて座KW星

いて座KW星は、太陽から約7,800光年離れたところにある赤色超巨星で、学名はKW Sagittarii(略称はKW Sgr)。直径は太陽の約1,000-1460倍あり、現在知られている恒星の中では特に大きいものの一つとされており、また光度は太陽の176,000-360,000倍あるとされている。この恒星はいて座のOBアソシエーションに位置しており、SRC型の脈動変光星でもある。.

新しい!!: 太陽光度といて座KW星 · 続きを見る »

いて座VX星

いて座VX星は、太陽から約5000光年離れたところにある赤色超巨星で、学名はVX Sagittarii(略称はVX Sgr)。直径は太陽の1520倍あり、現在知られている恒星の中では特に大きいものの一つとされており、また光度は太陽の340000倍あるとされている。この恒星はいて座の中に位置しており、SRC型の脈動変光星でもあり - 変光星総合カタログ内のページ。 - アメリカ変光星観測者協会公式サイト内のページ。、6.52等と14.0等の間を半規則的に変光している。.

新しい!!: 太陽光度といて座VX星 · 続きを見る »

いるか座デルタ星

いるか座δ星 (Delta Delphini, Del Del) とは、いるか座に存在するスペクトル型A型の4等星で、いるか座を形作る恒星の一つ。ヒッパルコス衛星が観測した年周視差に基づくと、太陽から203光年(±9光年)の距離に存在している。.

新しい!!: 太陽光度といるか座デルタ星 · 続きを見る »

いるか座ベータ星

いるか座β星(いるかざベータせい、β Delphini / β Del)は、いるか座の多重星である。.

新しい!!: 太陽光度といるか座ベータ星 · 続きを見る »

いるか座アルファ星

いるか座α星(いるかざアルファせい、α Delphini / α Del)は、いるか座の多重星である。.

新しい!!: 太陽光度といるか座アルファ星 · 続きを見る »

いるか座イプシロン星

いるか座ε星(いるかざイプシロンせい、ε Delphini, 略称ε Del)は、いるか座の恒星。青白い巨星である。.

新しい!!: 太陽光度といるか座イプシロン星 · 続きを見る »

うお座107番星

うお座107番星 (107 Piscium, 107 Psc) は、太陽系から24光年離れた位置にあるうお座の5等星である。太陽より小さいスペクトル型Kの主系列星で、サイズや表面温度などの性質は、太陽近傍の恒星ではケンタウルス座α星Bに近い。また、視等級5.26-5.14等級の範囲で変光をしている可能性があり、変光星として NSV 600 の名前が与えられている。.

新しい!!: 太陽光度とうお座107番星 · 続きを見る »

うお座109番星

うお座109番星(109 Piscium)は、うお座の方角約106光年の距離にある黄色準巨星である。質量は太陽よりわずかに大きく、鉄の存在量が太陽に比べやや多い。.

新しい!!: 太陽光度とうお座109番星 · 続きを見る »

うお座54番星

うお座54番星は、うお座の方角に約36光年の距離にある橙色の主系列星である。2002年に、周囲を公転する太陽系外惑星の存在が確認されている。また2006年には、周囲を公転する褐色矮星が発見され、「連星系」を形成していることが明らかとなった。.

新しい!!: 太陽光度とうお座54番星 · 続きを見る »

うお座ベータ星

うお座β星()は、うお座にある青白い色の恒星である。視等級は4.52で、肉眼でもみることができる。ガイア計画で測定された年周視差の最新データに基づいて計算された地球からの距離は約420光年である。.

新しい!!: 太陽光度とうお座ベータ星 · 続きを見る »

うお座アルファ星

うお座α星(うおざアルファせい)は、うお座の4等星で変光星。.

新しい!!: 太陽光度とうお座アルファ星 · 続きを見る »

うお座イータ星

うお座η星(うおざイータせい、η Psc / η Piscium)は、うお座で最も明るい恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とうお座イータ星 · 続きを見る »

うお座イプシロン星

うお座ε星(Epsilon Piscium, Epsilon Psc, ε Piscium, ε Psc)は、うお座の方角に地球から約182光年に位置する恒星である。黄橙色でスペクトル型はG9IIIまたはKOIIIであり、表面温度が約5000度であることを意味する。通常の巨星であり、太陽と比べて表面温度は若干低いが、明るく大きい。離角0.25秒で等光の二重星と推測される。.

新しい!!: 太陽光度とうお座イプシロン星 · 続きを見る »

うお座イオタ星

うお座ι星(うおざイオタせい、ι Piscium、ι Psc)は、うお座の恒星で4等星。 この星は、薄黄色の主系列星で表面温度は6000Kから7500Kである。太陽よりもいくらか大きく明るいが、周囲に地球型惑星が存在しうる範囲内である。うお座ι星は変光星であると疑われており、かつては1つか2つの伴星があると考えられていたが、どちらも視線が偶然一致する見かけの伴星であった。.

新しい!!: 太陽光度とうお座イオタ星 · 続きを見る »

うお座オミクロン星

うお座ο星(うおざオミクロンせい)は、うお座の4等星。4.26等のA星と8.30等のB星の二重星である。.

新しい!!: 太陽光度とうお座オミクロン星 · 続きを見る »

うお座オメガ星

うお座ω星(Omega Piscium, Omega Psc, ω Piscium, ω Psc)は、うお座の恒星で、F型主系列星。近接した連星である可能性があり、スペクトルの変化はかつて軌道周期2.16日と解釈されたが、この説は後に誤りであることが分かった。単一の恒星である場合、太陽よりも20倍明るく、質量は1.8倍大きい。 うお座ω星は、フラムスティード番号、ギリシャ文字のバイエル符号、固有名を持つ恒星の中では、最も大きい赤経であったが、26000年周期の歳差により、2013年に赤経は0度に戻った。 この星は、うお座の西側の魚の頭部を構成するアステリズムCircletの東に位置する最初の星である。.

新しい!!: 太陽光度とうお座オメガ星 · 続きを見る »

うお座ガンマ星

うお座γ星(うおざガンマせい、γ Piscium, γ Psc)は、うお座の恒星で4等星。 うお座の中ではうお座η星に次いで2番目に明るい。この星は、うお座のアステリズムであるCircletを構成している。 この星は、黄色の準巨星で表面温度は5000Kから6000Kである。表面温度は太陽より若干低いが、半径は11倍あり、太陽の61倍の光を放出している。かつては白色のA2型の恒星であり、約14億歳である。 うお座γ星は、1年に3/4秒の速さで天球を移動している。この事実は、この恒星は銀河系の別の場所から移動してきたことを示している。金属量はわずか太陽の4分の1で、比較的金属の少ない銀河系外縁部の薄い円盤部分でできたことを示している。また、炭素や窒素の含量も少ない。.

新しい!!: 太陽光度とうお座ガンマ星 · 続きを見る »

うお座ゼータ星

うお座ζ星(うおざゼータせい)は、うお座の恒星で5等星。5つの恒星が多重星を構成している。.

新しい!!: 太陽光度とうお座ゼータ星 · 続きを見る »

うお座EL星

うお座EL星(うおざELせい、EL Piscium、EL Psc)またはうお座57番星は、うお座の方向、地球からおよそ780光年の距離に位置する脈動変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とうお座EL星 · 続きを見る »

うお座II

うお座II(Pisces II)は、うお座の方角に18万パーセク離れた位置にある矮小楕円体銀河である。2010年にスローン・デジタル・スカイサーベイのデータから発見された。光度が半分になる半径は約60パーセクで、軸比は約5:3である。 うお座IIは、銀河系の伴銀河で最も小さく暗いものの1つであり、光度は太陽光度の約1万倍(絶対等級は約-5)で、平均的な球状星団の光度に匹敵する。うお座IIの恒星には、100億歳から120億歳の中程度に古いものが多い。これらの恒星の金属量は、.

新しい!!: 太陽光度とうお座II · 続きを見る »

うみへび座ニュー星

うみへび座ν星(うみへびざニューせい、ν Hya / ν Hydrae)は、うみへび座の恒星で3等星。 この恒星は橙色の巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とうみへび座ニュー星 · 続きを見る »

うみへび座イプシロン星

うみへび座ε星は、うみへび座の恒星で3等星。うみへびの頭を構成する円形の星の中で最も北に位置する。.

新しい!!: 太陽光度とうみへび座イプシロン星 · 続きを見る »

うみへび座ウプシロン1星

うみへび座υ1星 (うみへび座ウプシロン1星、υ1 Hya、υ1 Hydraeis) は、うみへび座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とうみへび座ウプシロン1星 · 続きを見る »

うみへび座ガンマ星

うみへび座γ星(うみへびざガンマせい、γ Hya / γ Hydrae)は、うみへび座の恒星で3等星。 この恒星は黄色巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とうみへび座ガンマ星 · 続きを見る »

うみへび座シグマ星

うみへび座σ星 (うみへび座シグマ星、σ Hya、σ Hydraeis) は、うみへび座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とうみへび座シグマ星 · 続きを見る »

うみへび座ゼータ星

うみへび座ζ星(うみへびざゼータせい、ζ Hya / ζ Hydrae)は、うみへび座の3等星。うみへび座の頭の部分では最も明るい恒星である。 黄色の巨星または輝巨星。.

新しい!!: 太陽光度とうみへび座ゼータ星 · 続きを見る »

うみへび座R星

うみへび座R星(うみへびざあーるせい)は、うみへび座にあるミラ型変光星である。学名はR Hydrae(略称はR Hya)。.

新しい!!: 太陽光度とうみへび座R星 · 続きを見る »

うみへび座TW星

うみへび座TW星 (TW Hydrae・TW Hya) とは、地球から見てうみへび座の方向に約176光年離れた位置にある、おうし座T型星に分類されるかなり若い爆発型変光星である。原始惑星系円盤を持ち、惑星が形成されつつあると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とうみへび座TW星 · 続きを見る »

うしかい座38番星

うしかい座38番星(うしかいざ38ばんせい、38 Boo / 38 Boötis)は、うしかい座の恒星で6等星。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座38番星 · 続きを見る »

うしかい座ミュー星

うしかい座μ星は、うしかい座にある連星系。2つの7等星からなる連星μ2星が、4等星のμ1星の周囲を回るという連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座ミュー星 · 続きを見る »

うしかい座ラムダ星

うしかい座λ星は、うしかい座の恒星で4等星。 この星は化学組成が特異であり、外層のクロム、バリウム、ニッケル、チタンなどの金属量が太陽に比べて1/10程度と少ない。このような星は珍しく、うしかい座λ型星と呼ばれており、50星ほどが知られている。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座ラムダ星 · 続きを見る »

うしかい座デルタ星

うしかい座δ星(うしかいざデルタせい、δ Boo / δ Boötis)は、うしかい座の恒星で3等星。 この星は、連星である。主星は黄色の準巨星で、伴星は視等級+8.7の黄色の主系列星である。恒星間は3800天文単位離れており、公転周期は12万年である。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座デルタ星 · 続きを見る »

うしかい座ベータ星

うしかい座β星(うしかいざベータせい、β Boo / β Boötis)は、うしかい座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座ベータ星 · 続きを見る »

うしかい座イータ星

うしかい座η星(うしかいざイータせい、η Boo / η Boötis)は、うしかい座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座イータ星 · 続きを見る »

うしかい座イプシロン星

うしかい座ε星は、うしかい座の恒星で2等星。うしかい座では1等星のアークトゥルスに次いで明るい恒星。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座イプシロン星 · 続きを見る »

うしかい座イオタ星

うしかい座ι星(ι Boötis、ι Boo)或いはうしかい座21番星(21 Boötis、21 Boo)は、うしかい座にある連星である。地球からは、約95光年離れたところにある。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座イオタ星 · 続きを見る »

うしかい座ガンマ星

うしかい座γ星(うしかいざガンマせい、γ Boo / γ Boötis)は、うしかい座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座ガンマ星 · 続きを見る »

うしかい座クシー星

うしかい座ξ星(うしかいざクシーせい、Xi Boötis, Xi Boo, ξ Boo)は、うしかい座の連星系。天球上では、うしかい座α星のアークトゥルスからへび座の方向に寄った位置で5等星として輝いている。主星Aは太陽と同じG型主系列星に、伴星Bはより暗いK型主系列星に分類される。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座クシー星 · 続きを見る »

うしかい座シータ星

うしかい座θ星(θ Boo / θ Boötis)は、うしかい座に位置する4等星の恒星である。 紀元前4300年頃に、天の北極の最も近くにあったが、現在は天の北極からはだいぶ離れている。 4.02から4.07等級とわずかに明るさが変化しているが、変光星型など詳しい性質は明らかになっていない。 地球から見て約70秒離れた位置に11等級の暗い星がある。この星は赤色矮星で、主星より約1,000AU離れている。重力の相互作用を及ぼし合っているのかは明らかでないが、固有運動がほぼ同じで、相対的な位置関係や、それぞれの距離推定からして、連星系であると考えられる。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座シータ星 · 続きを見る »

うしかい座シグマ星

うしかい座σ星(σ Boo / σ Bootis)は、うしかい座に位置する4等星の恒星である。うしかい座ρ星のすぐ南東に位置する。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座シグマ星 · 続きを見る »

うしかい座タウ星

うしかい座τ星(うしかいざタウせい, Tau Boötis, τ Boo)は、うしかい座にある4.5等星。連星であり、主星 (τ Boo A) は黄白色の主系列星、伴星 (τ Boo B) は赤色矮星である。太陽系からは51光年離れており、暗い場所では肉眼で観測できる。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座タウ星 · 続きを見る »

うしかい座矮小銀河II

うしかい座矮小銀河II(Boötes II Dwarf Galaxy)は、うしかい座の方角にある矮小楕円体銀河である。2007年にスローン・デジタル・スカイサーベイのデータから発見された。太陽からは約42000パーセク離れており、約120km/sの速度で向ってきている。ほぼ球形で、光が半減する半径は約51パーセクである。 うしかい座矮小銀河IIは、銀河系の伴銀河で最も小さく最も暗いものの1つであり、合計の光度は太陽光度の約1,000倍(絶対等級は約-2.7)しかなく、ほとんどの球状星団よりもずっと低い。しかし、質量は大きく、質量光度比は100を超える。 うしかい座矮小銀河IIを構成する恒星は、100億から120億歳の中程度に古い恒星が多い。金属量は、と低く、重元素の量が少なくとも太陽の80分の1以下であることを示している。現在、うしかい座矮小銀河IIの中で星形成は見られない。また、これまで中性水素原子は検出されておらず、存在するとしても上限は86太陽質量である。 うしかい座矮小銀河IIは、うしかい座矮小銀河からわずか1.5°(1600キロパーセク以下)しか離れていないが、銀河系に対してそれぞれ別の方向に運動しているため、物理的に結びついているとは考えられていない。約200km/sという相対速度は高すぎ、いて座ストリームやいて座矮小楕円銀河との結びつきの方が可能性が大きいと考えられている。うしかい座矮小銀河IIは、いて座矮小楕円銀河の伴銀河か、それによって40億から70億年前に引き裂かれた星団の可能性もある。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座矮小銀河II · 続きを見る »

うしかい座矮小銀河III

うしかい座矮小銀河III(Boötes III Dwarf Galaxy)は、銀河系の銀河ハローの高密度領域であり、恐らく破壊された矮小楕円体銀河である。うしかい座の方角にあり、2009年にスローン・デジタル・スカイサーベイのデータから発見された。太陽からは約46000パーセク離れており、約200km/sの速度で遠ざかっている。細長い形(軸比2:1)で、半径は約500パーセクである。その大きなサイズと不規則な形から、うしかい座矮小銀河IIIは、重力的に結びついた銀河が完全にバラバラになる遷移段階にあると考えられている。 うしかい座矮小銀河IIIは、銀河系の伴銀河で最も小さく最も暗いものの1つであり、合計の光度は太陽光度の約18,000倍(絶対等級は約-5.8)しかなく、多くの球状星団と変わらない程度である。崩壊の過程にあるため、質量の推定は困難である。このような場合、銀河中の恒星のは銀河の質量に比例しない。 うしかい座矮小銀河IIIを構成する恒星は、120億歳以上の中程度に古い恒星が多い。金属量は、と低く、重元素の量が少なくとも太陽の120分の1以下であることを示している。この銀河と一緒に発見された銀河ハローの中のStyxストリームの恒星の起源であると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とうしかい座矮小銀河III · 続きを見る »

うさぎ座ミュー星

うさぎ座μ星は、うさぎ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とうさぎ座ミュー星 · 続きを見る »

うさぎ座ベータ星

うさぎ座β星 (うさぎざベータせい、β Leporis / β Lep) は、うさぎ座で2番目に明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とうさぎ座ベータ星 · 続きを見る »

うさぎ座アルファ星

うさぎ座α星 (うさぎざアルファせい、α Lep / α Leporis) は、うさぎ座で最も明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とうさぎ座アルファ星 · 続きを見る »

うさぎ座イプシロン星

うさぎ座ε星は、うさぎ座の恒星で3等星。 うさぎ座の中では主要な明るさを持つ星であるにも関らず、初期のアラブ人が考案したα星からδ星で構成された『Chair of the Giant』や『Throne of al Jauza』からは除外されている。.

新しい!!: 太陽光度とうさぎ座イプシロン星 · 続きを見る »

うさぎ座ガンマ星

うさぎ座γ星(うさぎざガンマせい、Gamma Leporis / γ Lep)は、うさぎ座の恒星で4等星。この星は、うさぎ座の南中央部に位置し、うさぎ座β星の南東、うさぎ座δ星の南西に位置する。 実際は、2つか3つの恒星からなる連星系で、太陽より明るいF型主系列星のうさぎ座γ星A、太陽より暗いK型主系列星のうさぎ座γ星B、そしておそらくうさぎ座γ星Cから構成される。 恒星の性質(うさぎ座γ星Aとうさぎ座γ星Bがともに太陽によく似た主系列星である)と地球との距離が約29光年と比較的近いことから、うさぎ座γ星はアメリカ航空宇宙局のTerrestrial Planet Finderの候補天体の1つとなっていた。.

新しい!!: 太陽光度とうさぎ座ガンマ星 · 続きを見る »

うさぎ座ゼータ星

うさぎ座ζ星(ζ Leporis、ζ Lep)は、うさぎ座の方角に約71光年の距離にある恒星である。視等級は3.6で、肉眼でみることができる。うさぎ座ζ星は、小惑星帯が恒星の周りを取り巻いていると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とうさぎ座ゼータ星 · 続きを見る »

うさぎ座R星

うさぎ座R星(うさぎざあーるせい)はうさぎ座にある脈動変光星で、学名はR Leporis(略称はR Lep)。非常に赤い色をしているので「クリムゾンスター(Crimson Star)」と呼ばれるが、この名はこの星を発見したロンドンのジョン・ハインドによって名付けられた。.

新しい!!: 太陽光度とうさぎ座R星 · 続きを見る »

さそり座18番星

さそり座18番星はさそり座領域にある地球から45.7光年離れた恒星である。さそり座18番星は多くの物理的性質が太陽と似ている。 Cayrel de Strobelは論文中で「最も太陽に似た恒星」に分類している。またPorto de Melloとda Silvaはこの恒星をソーラーツイン としている。複数の研究において、この恒星系は生命が存在する見込みが高いとされているが、惑星は発見されていない。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座18番星 · 続きを見る »

さそり座ミュー星

さそり座μ星()は、さそり座に位置する重星。μ1星とμ2星で構成される。この2つの恒星は、連星であるという主張と、単なる見かけの二重星であるという主張の両方が存在しており、どちらが正しいかははっきりしていない。μ1星は、2つのB型星から成る連星で、約1日半で公転している。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座ミュー星 · 続きを見る »

さそり座パイ星

さそり座π星(さそりざパイせい、π Sco / π Scorpii)は、さそり座の恒星で3等星。 この星は三重星である。さそり座π星Aはこと座β型変光星の接触連星である。どちらも熱い青白色のB型主系列星である。公転周期は1.57日で、わずかに太陽半径の15倍だけ離れている。 さらに遠くを+12.2等級の暗い伴星さそり座π星Bが公転している。地球から見て50秒ほど離れ、少なくとも7000天文単位の公転軌道であると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座パイ星 · 続きを見る »

さそり座デルタ星

さそり座δ星は、さそり座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座デルタ星 · 続きを見る »

さそり座ニュー星

さそり座ν星()は、地球から見てさそり座の方向に約500光年離れた位置にある、4等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座ニュー星 · 続きを見る »

さそり座イータ星

さそり座η星(さそりざイータせい、η Sco/η Scorpii)は、さそり座の恒星で3等星。黄白色の準巨星。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座イータ星 · 続きを見る »

さそり座イオタ1星

さそり座ι1星は、さそり座の恒星で3等星。 地球から観望した際に近くに見えるι2星は、実際は、地球からの距離はι1星の2倍離れている。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座イオタ1星 · 続きを見る »

さそり座ウプシロン星

さそり座υ星(さそりざウプシロンせい、Upsilon Scorpii、υ Sco)は、さそり座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座ウプシロン星 · 続きを見る »

さそり座シータ星

さそり座θ星は、さそり座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座シータ星 · 続きを見る »

さそり座シグマ星

さそり座σ星(さそりざシグマせい、σ Sco, σ Scorpii)は、さそり座にある恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座シグマ星 · 続きを見る »

さそり座ゼータ1星

さそり座ζ1星(さそり座ゼータ1星、Zeta1 Scorpii、ζ1 Sco)は、さそり座に位置する恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座ゼータ1星 · 続きを見る »

さそり座タウ星

さそり座τ星(τ Sco / τ Scorpii)は、さそり座の恒星で3等星。青白色のB型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座タウ星 · 続きを見る »

さそり座G星

さそり座G星は、さそり座の恒星で3等星。この星は橙色の巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とさそり座G星 · 続きを見る »

さいだん座ミュー星

さいだん座μ星(さいだんざミューせい、μ Arae)はさいだん座にあり、太陽系からおよそ50光年離れた位置にある恒星。この星には4つの惑星が発見されていて、そのうちの3つは木星に匹敵する質量を持つ。最も内側の惑星は最初に発見された「ホット・ネプチューン」(Hot Neptune)もしくは「スーパーアース」(super-earth)である。.

新しい!!: 太陽光度とさいだん座ミュー星 · 続きを見る »

さいだん座デルタ星

さいだん座δ星(δ Arae、δ Ara)は、さいだん座にある重星である。視等級は3.62で、肉眼でもみることができる。年周視差に基づいて推定した距離は、地球からおよそ198光年である。.

新しい!!: 太陽光度とさいだん座デルタ星 · 続きを見る »

さいだん座ベータ星

さいだん座β星 (さいだんざベータせい、β Ara / β Arae) は、さいだん座で最も明るい恒星で3等星。 さいだん座β星は、橙色の輝巨星または超巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とさいだん座ベータ星 · 続きを見る »

さいだん座アルファ星

さいだん座α星(さいだんざアルファせい、α Ara)は、さいだん座でβ星に次いで2番目に明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とさいだん座アルファ星 · 続きを見る »

さいだん座ガンマ星

さいだん座γ星は、さいだん座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とさいだん座ガンマ星 · 続きを見る »

さいだん座ゼータ星

さいだん座ζ星()は、さいだん座にある3等級の恒星である。δ星と共にTseen Yinと呼ばれることもある。見かけの明るさは3.127等で、南半球の郊外の空で見ることができる。ヒッパルコスによる年周視差の観測結果から、地球からの距離は約490光年とされている。 さいだん座ζ星のスペクトル分類はK3III型である。この III は、中心核では核融合反応の燃料となる水素を使い果たし、主系列星の段階から巨星へと進化したことを示す。表面温度は4,246Kと、太陽 (5,778K) よりも低温であり、この温度では恒星は橙色に見える。さいだん座ζ星の周辺では赤外超過が観測されていおり、周囲に塵円盤などの何かしらの物質が存在している可能性がある。 中国では、ζ星はε1星、γ星、δ星、η星と共に、亀を意味する「杵」という星群を成している。ζ星は、この5番目の恒星とされているため、龜五と呼ばれることもある。.

新しい!!: 太陽光度とさいだん座ゼータ星 · 続きを見る »

さんかく座デルタ星

さんかく座δ星(さんかくざデルタせい)は、さんかく座の方角に約35光年の位置にある分光連星系である。この系は、ヘルクレス座ζ星の運動星団の一部である。.

新しい!!: 太陽光度とさんかく座デルタ星 · 続きを見る »

さんかく座ベータ星

さんかく座β星 (さんかくざベータせい、β Trianguli / β Tri) は、さんかく座で最も明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とさんかく座ベータ星 · 続きを見る »

さんかく座アルファ星

さんかく座α星は、さんかく座で2番目に明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とさんかく座アルファ星 · 続きを見る »

さんかく座ガンマ星

さんかく座γ星()は、地球からさんかく座の方向に約112光年離れた位置にある4等星である。.

新しい!!: 太陽光度とさんかく座ガンマ星 · 続きを見る »

かに座55番星

かに座55番星(55 Cancri、55 Cnc、かに座ρ(ロー)星とも)とは、太陽系から41光年の距離にあるかに座の連星系である。太陽に似たG型主系列星(かに座55番星A)と赤色矮星(かに座55番星B)から構成され、2つの天体は1000天文単位以上離れている。 2008年までに、かに座55番星Aの周りには5つの太陽系外惑星が発見されている。最も内側の惑星は海王星に近い質量を持つ岩石惑星かガス惑星、外側の4つの惑星は木星のようなガス惑星と考えられている。 かに座55番星はNASAのTerrestrial Planet Finderの100の優先観測目標のうち63番目に選ばれていたが、この計画は中止された。.

新しい!!: 太陽光度とかに座55番星 · 続きを見る »

かに座ラムダ星

かに座λ星(かにざラムダせい、λ Cnc / λ Cancri)は、かに座の恒星で6等星。この星は青白いB型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とかに座ラムダ星 · 続きを見る »

かに座デルタ星

かに座δ星(かにざデルタせい、δ Cnc / δ Cancri)は、かに座に位置する恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とかに座デルタ星 · 続きを見る »

かに座ベータ星

かに座β星(かにざベータせい、β Cnc / β Cancri)は、かに座で最も明るい4等星の恒星である。実視連星であり、主星のかに座β星Aは橙色のK型巨星で、バリウム星としても知られている。視等級は3.50等、絶対等級は-1.25等。伴星かに座β星Bは赤色矮星で、主星から29秒(2,600au)離れた軌道を76,000年で公転している。.

新しい!!: 太陽光度とかに座ベータ星 · 続きを見る »

かに座アルファ星

かに座α星(かにざアルファせい、α Cnc / α Cancri)は、かに座にある恒星系である。.

新しい!!: 太陽光度とかに座アルファ星 · 続きを見る »

かに座イプシロン星

かに座ε星(かにざイプシロンせい、ε Cnc / ε Cancri)は、かに座の恒星で6等星。白色のA型主系列星で、プレセペ星団で明るい星の1つである。.

新しい!!: 太陽光度とかに座イプシロン星 · 続きを見る »

かに座イオタ星

かに座ι星(かにざイオタせい、ι Cnc / ι Cancri)は、かに座に位置する二重星である。 4等星と6.6等星のペアで、主星は黄色の巨星であり、伴星は白色のA型主系列星である。地球からは2つの星は約30.5秒離れて見え、小さな望遠鏡でも分解して観望することができる。.

新しい!!: 太陽光度とかに座イオタ星 · 続きを見る »

かに座オメガ1星

かに座ω1星 (かにざオメガ1せい、ω1 Cnc / ω1 Cancri) は、かに座の恒星で6等星。この星は黄色巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とかに座オメガ1星 · 続きを見る »

かに座カッパ星

かに座κ星 (かにざカッパせい、κ Cnc / κ Cancri) は、かに座の恒星で5等星。 この星は青白い巨星である。また、りょうけん座α2型変光星であり、明るさは約5日間の周期で+5.22から+5.27まで変化する。.

新しい!!: 太陽光度とかに座カッパ星 · 続きを見る »

かに座カイ星

かに座χ星 (かにざカイせい、χ Cnc / χ Cancri) は、かに座の恒星で5等星。 この星は黄白色のF型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とかに座カイ星 · 続きを見る »

かに座ガンマ星

かに座γ星(かにざガンマせい、γ Cnc / γ Cancri)は、かに座に位置する恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とかに座ガンマ星 · 続きを見る »

かに座クシー星

かに座ξ星(かにざクシーせい、ξ Cnc / ξ Cancri)は、かに座の恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とかに座クシー星 · 続きを見る »

かに座シータ星

かに座θ星 (θ Cnc / θ Cancri) は、かに座に位置する連星系である。 この星は、橙色のK型巨星に分類される。黄道面の近くにあるため、月や稀に惑星による掩蔽が観測されることがある。掩蔽の際の光度曲線の観測より、かに座θ星はそれぞれ+6.4等級の2つの恒星からなる近接連星であることが明らかとなった。.

新しい!!: 太陽光度とかに座シータ星 · 続きを見る »

かに座ゼータ星

かに座ζ星 (ζ Cnc / ζ Cancri) は、少なくとも4つの恒星から構成されるかに座の恒星系である。.

新しい!!: 太陽光度とかに座ゼータ星 · 続きを見る »

かみのけ座11番星

かみのけ座11番星(11 Comae Berenices、11 Com)は、かみのけ座の方角にあるスペクトル型G8 IIIの橙色巨星である。位置は、しし座のデネボラの東方でおとめ座ε星までは行かない辺りの、若干北よりにある。視等級は4.74である。 かみのけ座11番星は、質量が太陽の2-3倍という中程度の恒星で、金属量が少なく、鉄の含有量は水素との存在比で太陽の約半分しかない。.

新しい!!: 太陽光度とかみのけ座11番星 · 続きを見る »

かみのけ座ベータ星

かみのけ座β星 (β Comae Berenices / β Com) は、かみのけ座で最も明るい恒星。 バイエル符号のβ(ベータ)は、通常はその星座で実視等級が2番目に明るい恒星に与えられるが、この恒星はかみのけ座α星より明るい。 この恒星は薄黄色の主系列星である。太陽と似ていて、少し大きく(絶対等級が)明るいだけである。恒星表面の活動サイクルは16.6年(太陽は11年)で、9.6年の第2次活動サイクルもある。 かつては分光連星の可能性が指摘されたが、視線速度測定の精度が向上したことで否定された。この恒星を巡る惑星および原始惑星系円盤は観測されていない。.

新しい!!: 太陽光度とかみのけ座ベータ星 · 続きを見る »

かみのけ座ガンマ星

かみのけ座γ星(かみのけざガンマせい、γ Comae Berenices、γ Com)は、かみのけ座の恒星で4等星。 この星は、橙色の巨星である。散開星団Mel 111に属しているように見えるが、恐らく実際はそうではないと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とかみのけ座ガンマ星 · 続きを見る »

かみのけ座矮小銀河

かみのけ座矮小銀河(Coma Berenices Dwarf Galaxy)は、かみのけ座の方角にある矮小楕円体銀河である。2006年にスローン・デジタル・スカイサーベイのデータから発見された。太陽からは約44000パーセク離れており、約98km/sの速度で遠ざかっている。楕円形(軸比~ 5:3)で、光が半減する半径は約70パーセクである。 かみのけ座矮小銀河は、銀河系の伴銀河で最も小さく最も暗いものの1つであり、合計の光度は太陽光度の約3,700倍(絶対等級は約-4.1)しかなく、ほとんどの球状星団よりもずっと低い。しかし、質量は120万太陽質量もあり、質量光度比は約450である。質量光度比の大きさは、かみのけ座矮小銀河は暗黒物質に占められていることを意味する。 かみのけ座矮小銀河を構成する恒星は、120億歳以上の古い恒星が多い。金属量は、ととても低く、重元素の量が少なくとも太陽の350分の1以下であることを示している。かみのけ座矮小銀河の恒星は、恐らく宇宙でも最も早い時期に形成されたものである。現在は、かみのけ座矮小銀河の中で星形成は行われていない。また、これまで中性水素原子は検出されておらず、存在するとしても上限は46太陽質量である。 かみのけ座矮小銀河は、いて座矮小楕円銀河から剥ぎ取った恒星でできているいて座ストリームの近くに位置する。この位置関係は、かみのけ座矮小銀河がかつてはいて座矮小楕円銀河の周りを公転する星団であったことを示唆する。.

新しい!!: 太陽光度とかみのけ座矮小銀河 · 続きを見る »

かじき座AB星

かじき座AB星(AB Doradus)は、かじき座の方向、太陽系から約49光年離れた場所にある、四重連星系である。K型(前)主系列星の主星Aと、3つの赤色矮星Ba、Bb、Cで構成される。 視等級は7.0で、肉眼で見ることはできないが、双眼鏡や小型の望遠鏡があれば見ることができる。 名前のかじき座AB星は、変光星の命名規則に従って付与されたもので、かじき座で56番目に発見された変光星を示す。 この星系はとても若く、30個程度の同じくらいの年齢の恒星が、同じ方向に運動している「かじき座AB運動星団」の名前の由来となっている。これらの恒星は、全て同じ分子雲で形成されたと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とかじき座AB星 · 続きを見る »

かじき座ベータ星

かじき座β星 (かじきざベータせい、Beta Dor / β Doradus / β Dor) は、かじき座で2番目に明るい恒星である。ケフェイド変光星で、3.46等級から4.08等級まで変化する。スペクトル型は、変光に伴ってF4型からG4型に変化する。極大時には超巨星となるが、極小時は輝巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とかじき座ベータ星 · 続きを見る »

かじき座アルファ星

かじき座α星 (かじきざアルファせい、α Doradus, α Dor) は、かじき座で最も明るい恒星で3等星。 2つの恒星からなる連星系で、巨星Aの周囲を準巨星Bが軌道離心率の大きな軌道で12年周期で公転しており、視等級は3.26等から3.30等まで変化するalf Dor, database entry,, Sternberg Astronomical Institute, Moscow, Russia.

新しい!!: 太陽光度とかじき座アルファ星 · 続きを見る »

かじき座ガンマ星

かじき座γ星(かじきざガンマせい、Gamma Dor / γ Doradus / γ Dor)は、かじき座で3番目に明るい恒星である。平均等級4.25等の変光星で、かじき座γ型変光星と呼ばれる。これらの変光星は、非動径方向に重力モードで震動することにより、明るさが0.1等以下変動する脈動変光星である。かじき座γ星自身の明るさは、約17.6時間と約18.2時間という2つの周期で正弦関数的な変化を起こしている。また、この他に未解明の、不規則に見える明るさの変動も存在する。.

新しい!!: 太陽光度とかじき座ガンマ星 · 続きを見る »

かじき座ゼータ星

かじき座ζ星(かじきざゼータせい)は、かじき座の恒星で5等星。黄白色の主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とかじき座ゼータ星 · 続きを見る »

かじき座R星

かじき座R星(R Doradus、R Dor)は、かじき座にある半規則変光星である。かじき座の恒星ではあるが、レチクル座との境界線近くに見える。かじき座P星というバイエル符号も付与されている。.

新しい!!: 太陽光度とかじき座R星 · 続きを見る »

かんむり座ベータ星

かんむり座β星は、かんむり座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とかんむり座ベータ星 · 続きを見る »

かんむり座アルファ星

かんむり座α星は、かんむり座で最も明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とかんむり座アルファ星 · 続きを見る »

かんむり座カッパ星

かんむり座κ星(かんむりざカッパせい)はかんむり座の5等星。橙色の巨星あるいは準巨星である。年齢は25億歳と見られており、かつて主系列星だった時代にはスペクトル型A型の星だったと推測されている。.

新しい!!: 太陽光度とかんむり座カッパ星 · 続きを見る »

かんむり座R星

かんむり座R星(かんむりざアールせい)は、かんむり座にある有名な爆発型変光星で、かんむり座R型変光星の代表星として知られている。学名はR Coronae Borealis(略称はR CrB)。1795年にエドワード・ピゴットにより発見された。.

新しい!!: 太陽光度とかんむり座R星 · 続きを見る »

からす座デルタ星

からす座δ星(からすざデルタせい、δ Crv / δ Corvi)は、からす座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とからす座デルタ星 · 続きを見る »

からす座ベータ星

からす座β星(からすざベータせい、Beta Crv / β Corvi / β Crv)は、からす座の3等星。からす座で2番目に明るい恒星で黄色の輝巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とからす座ベータ星 · 続きを見る »

からす座アルファ星

からす座α星 (からすざアルファせい、α Crv / α Corvi) は、からす座の方角にある恒星である。 α星ではあるが、からす座の恒星の中で5番目の明るさである。分光連星を形成していると考えられているが、まだ確認されていない。.

新しい!!: 太陽光度とからす座アルファ星 · 続きを見る »

からす座イプシロン星

からす座ε星(からすざイプシロンせい、ε Crv, ε Corvi)は、からす座の恒星で3等星。 この星は橙色の巨星である。核の水素は消費し尽くし、既に主系列星の段階からは離れている。干渉法で測定した角直径は、約4.99masで、地球からの距離を考慮すると、物理的な直径は、約52太陽半径である。K型星に典型的な橙色となっている。.

新しい!!: 太陽光度とからす座イプシロン星 · 続きを見る »

からす座ガンマ星

からす座γ星(からすざガンマせい)は、からす座の恒星で3等星。からす座では最も明るく見える星である。 水素核融合を終え、ヘリウムのコアが収縮している段階にあり、今後数百万年の間に赤色巨星になるものと考えられている。水銀・マンガン星の1つで、水銀は通常より10万倍も多いのに、アルミニウムやニッケルのような元素は著しく少ない。.

新しい!!: 太陽光度とからす座ガンマ星 · 続きを見る »

からす座VV星

からす座VV星()は、からす座にある近接した分光連星である。2つの恒星は、周期1.46日、軌道離心率0.088で互いの周りを回っている。2つの恒星の質量比は、0.775±0.024である。2008年、2MASSによる観測よって、約5.2度離れた位置にあるF型主系列星HR 4822が、この連星系の一員であることが判明した。.

新しい!!: 太陽光度とからす座VV星 · 続きを見る »

太陽

太陽(たいよう、Sun、Sol)は、銀河系(天の川銀河)の恒星の一つである。人類が住む地球を含む太陽系の物理的中心尾崎、第2章太陽と太陽系、pp. 9–10であり、太陽系の全質量の99.86%を占め、太陽系の全天体に重力の影響を与えるニュートン (別2009)、2章 太陽と地球、そして月、pp. 30–31 太陽とは何か。 太陽は属している銀河系の中ではありふれた主系列星の一つで、スペクトル型はG2V(金色)である。推測年齢は約46億年で、中心部に存在する水素の50%程度を熱核融合で使用し、主系列星として存在できる期間の半分を経過しているものと考えられている尾崎、第2章太陽と太陽系、2.1太陽 2.1.1太陽の概観 pp. 10–11。 また、太陽が太陽系の中心の恒星であることから、任意の惑星系の中心の恒星を比喩的に「太陽」と呼ぶことがある。.

新しい!!: 太陽光度と太陽 · 続きを見る »

太陽活動周期

400年間の太陽黒点の歴史 現在の第24太陽周期の予測では、2013年9月に約66個で極大を迎えるとされたが、2011年末に強いピークがあったため、2012年2月に既に黒点の数は67個に達し、少なくとも公式な最大値となっている。この数は、第14太陽周期の1906年2月に最大値64.2個だった時以来の少なさである。 太陽活動周期(たいようかつどうしゅうき、Solar cycle)は、太陽の活動(太陽放射のレベルや物質の放出等)や見かけ(太陽黒点の数やフレア等)の周期的な変化である。約11年周期となる。太陽の見かけの変化やオーロラの変化として、数百年に渡って観測されてきた。 太陽の変化は、太陽から地球に達する放射の量を周期的に変化させ、宇宙天気、地球の天気や気候等の変化を引き起こす。 非周期的変動とともに、太陽変動の1つである。 太陽の磁場の進化 内部の太陽流によって誘導される磁気流体力学的ダイナモ作用によって、太陽活動周期は以下の役割を担う。.

新しい!!: 太陽光度と太陽活動周期 · 続きを見る »

地球の未来

本項では、推定される 地球の未来 について記述する。.

新しい!!: 太陽光度と地球の未来 · 続きを見る »

ペルセウス座ロー星

ペルセウス座ρ星(ρ Per / ρ Persei)は、ペルセウス座の恒星で3等星。 ペルセウス座ρ星は、SRB型の半規則型変光星であり、視等級は50日、1100日の周期で3.3から4.0まで変化する。 β星・π星・ω星とともに、メドゥーサの首を形作っており、この星は Gorgonea tertia(第三ゴルゴン星)と呼ばれていた。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座ロー星 · 続きを見る »

ペルセウス座パイ星

ペルセウス座π星(ペルセウスざパイせい、π Persei, π Per)は、ペルセウス座の恒星で5等星。 β星・ρ星・ω星とともに、メドゥーサの首を形作っており、この星は Gorgonea secunda(第二ゴルゴン星)と呼ばれていた。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座パイ星 · 続きを見る »

ペルセウス座デルタ星

ペルセウス座δ星(ペルセウスざデルタせい、δ Per / δ Persei)は、ペルセウス座の恒星で3等星。 この星は、青色巨星である。 ペルセウス座δ星は、散開星団Mel 20の中で、ペルセウス座α星に次いで2番目に明るい。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座デルタ星 · 続きを見る »

ペルセウス座ニュー星

ペルセウス座ν星(ペルセウスざニューせい、ν Per / ν Persei)は、ペルセウス座の恒星で4等星。光度の大きい黄白色の輝巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座ニュー星 · 続きを見る »

ペルセウス座アルファ星

ペルセウス座α星(ペルセウスざアルファせい)は、ペルセウス座で最も明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座アルファ星 · 続きを見る »

ペルセウス座イータ星

ペルセウス座η星(ペルセウスざイータせい、η Per / η Persei)は、ペルセウス座の恒星である。 28.4秒離れた所に8.5等の白い伴星(スペクトル型はA0)が輝く二重星。見かけの二重星と連星のどちらに該当するかは不明。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座イータ星 · 続きを見る »

ペルセウス座イプシロン星

ペルセウス座ε星(ペルセウスざイプシロンせい、ε Persei, ε Per)は、ペルセウス座の恒星で3等星。 ペルセウス座ε星は、2つの恒星からなる連星系である。2.90等級でB0.5V型の青いB型主系列星の主星と、3.92等級でA2Vの白いA型主系列星の伴星からなる。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座イプシロン星 · 続きを見る »

ペルセウス座イオタ星

ペルセウス座ι星(ペルセウスざイオタせい、ι Per / ι Persei)は、ペルセウス座の方角にあるF型主系列星である。太陽よりもいくらか大きくて重い。この星は、92 km/s という比較的大きな固有運動を持つ。 この恒星の伴星は見つかっていない。同じ視線の方向に12等級の恒星が見えるが、重力的な相互作用関係はないと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座イオタ星 · 続きを見る »

ペルセウス座オミクロン星

ペルセウス座ο星 (おとめざオミクロンせい、ο Per / ο Persei) は、ペルセウス座の方角にある恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座オミクロン星 · 続きを見る »

ペルセウス座カッパ星

ペルセウス座κ星(ペルセウスざカッパせい、κ Per)は、ペルセウス座の恒星である。 ペルセウス座κ星は、分光二重星からなる三重連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座カッパ星 · 続きを見る »

ペルセウス座クシー星

ペルセウス座ξ星 (ペルセウスざクシーせい、Xi Persei / ξ Per) はペルセウス座にある4等星。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座クシー星 · 続きを見る »

ペルセウス座シータ星

ペルセウス座θ星 (θ Persei / θ Per) は、ペルセウス座の方角に約36光年の位置にある連星系である。 見かけでは三重星で、主星Aから20.7秒離れた位置に10等級の伴星Bが、94.8秒離れた位置に11等級のCがある。Cは、固有運動の違いからして明らかに、偶然同じ方向に見えている見かけの重星で、A、Bと物理的な関係はない。 主星は薄黄色の主系列星で、太陽より若干大きく明るいが、地球型惑星を持ちうる範囲である。伴星Bは、スペクトル型M1.7Vの赤色矮星で、主星からの距離およそ248AUの軌道を公転しており、離心率からすると主星と伴星の距離は216AUから280AUまで変化する。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座シータ星 · 続きを見る »

ペルセウス座ゼータ星

ペルセウス座ζ星(ペルセウスざゼータせい、Zeta Persei / ζ Per)は、ペルセウス座の3等星である。非常に明るい恒星で青色超巨星に分類されている。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座ゼータ星 · 続きを見る »

ペルセウス座RS星

ペルセウス座RS星(ペルセウスざアールエスせい)は、ペルセウス座にある脈動変光星。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座RS星 · 続きを見る »

ペルセウス座S星

ペルセウス座S星(ペルセウスざエスせい)は、ペルセウス座に位置する脈動変光星。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座S星 · 続きを見る »

ペルセウス座T星

ペルセウス座T星(ペルセウスざティーせい)は、ペルセウス座にある脈動変光星。.

新しい!!: 太陽光度とペルセウス座T星 · 続きを見る »

ペガスス座ミュー星

ペガスス座μ星(ペガススざミューせい、μ Peg)は、ペガスス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とペガスス座ミュー星 · 続きを見る »

ペガスス座アルファ星

ペガスス座α星は、ペガスス座の恒星で2等星。ペガススの大四辺形を形成する恒星の1つでもある。.

新しい!!: 太陽光度とペガスス座アルファ星 · 続きを見る »

ペガスス座イータ星

ペガスス座η星(ペガススざイータせい、η Peg)は、ペガスス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とペガスス座イータ星 · 続きを見る »

ペガスス座イプシロン星

ペガスス座ε星は、ペガスス座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とペガスス座イプシロン星 · 続きを見る »

ペガスス座ガンマ星

ペガスス座γ星は、ペガスス座の恒星で3等星。ペガススの大四辺形を形成する恒星では、唯一の3等星である。なお、古い史料(例えば 『フラムスティード星図』)では2等星にランクされていた。.

新しい!!: 太陽光度とペガスス座ガンマ星 · 続きを見る »

ペガスス座シータ星

ペガスス座θ星 (θ Pegasi, θ Peg) は、ペガスス座にある恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とペガスス座シータ星 · 続きを見る »

ペガスス座ゼータ星

ペガスス座ζ星(ペガススざゼータせい、ζ Pegasi, ζ Peg)は、ペガスス座にある恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とペガスス座ゼータ星 · 続きを見る »

ペガスス座タウ星

ペガスス座τ星()はペガスス座にある5等級の恒星で、太陽より大きなA型主系列星または準巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とペガスス座タウ星 · 続きを見る »

ミラ (恒星)

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したミラ。 紫外線で撮影されたミラの「尾」。 紫外線と可視光で撮影されたミラ。 ミラ(Mira)は、くじら座のο(オミクロン)星(ο Cet)。最も有名な脈動変光星の1つで、ミラ型変光星の代表星である。.

新しい!!: 太陽光度とミラ (恒星) · 続きを見る »

バーナード星

バーナード星 (Barnard's star) とは、太陽系から約6光年の距離に位置する恒星である。 1916年にアメリカの天文学者であるエドワード・エマーソン・バーナードにより発見された。ケンタウルス座α星系に次いで、2番目に太陽系に近い恒星系である。.

新しい!!: 太陽光度とバーナード星 · 続きを見る »

ポラリス (恒星)

ポラリス (Polaris) は、こぐま座α星、こぐま座で最も明るい恒星で2等星。現在の北極星である。.

新しい!!: 太陽光度とポラリス (恒星) · 続きを見る »

ポルックス (恒星)

ポルックス(Pollux)は、ふたご座β星、ふたご座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。.

新しい!!: 太陽光度とポルックス (恒星) · 続きを見る »

ポンプ座アルファ星

ポンプ座α星 (ポンプざアルファせい、α Antliae, α Ant) は、ポンプ座で最も明るい恒星であるが、固有名は持たない。この星は、橙色の巨星である。 太陽と比べると、水素とヘリウム以外の元素の存在量はわずか41%である。.

新しい!!: 太陽光度とポンプ座アルファ星 · 続きを見る »

ラランド21185

ラランド21185 (Lalande 21185) は地球から8.21光年の距離にある恒星である。1801年にパリ天文台の天文学者ジェローム・ラランドによって発見された。この恒星は変光星(閃光星)だと考えられている。また軌道の分析から、この恒星は惑星を有している可能性がある。もし存在すれば、プロキシマ・ケンタウリ系に次いで、太陽系から2番目に近い惑星系となる。.

新しい!!: 太陽光度とラランド21185 · 続きを見る »

ラカーユ9352

ラカーユ9352 (Lacaille 9352) は、太陽系から10.74光年はなれた赤色矮星である。質量は太陽の47パーセントで、直径は太陽のおよそ半分である。この恒星は変光星だと考えられており、ニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって作成された恒星図に記載されている恒星のひとつである。光が弱いため、肉眼では観測できない。 ラカーユ9352に一番近い恒星はみずがめ座EZ星で、4.21光年離れている。.

新しい!!: 太陽光度とラカーユ9352 · 続きを見る »

リゲル

リゲル (Rigel) は、オリオン座β星、オリオン座の恒星で全天21の1等星の1つ。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。.

新しい!!: 太陽光度とリゲル · 続きを見る »

ルイテン726-8

ルイテン726-8 (Luyten 726-8) はくじら座にある連星。主星 (Luyten 726-8 A) はくじら座BL星 (BL Ceti)、伴星 (Luyten 726-8 B) はくじら座UV星 (UV Ceti) とも呼ばれ、後者は閃光星(爆発型変光星)としてよく知られている。.

新しい!!: 太陽光度とルイテン726-8 · 続きを見る »

レチクル座アルファ星

レチクル座α星 (レチクルざアルファせい、α Reticuli / α Ret) は、レチクル座で最も明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とレチクル座アルファ星 · 続きを見る »

レチクル座ゼータ星

レチクル座ζ星(レチクルざゼータせい、ζ Reticuli、ζ Ret)は、レチクル座にある連星系で、主星-伴星間の距離が大きい。肉眼で二重星としてみることができる。年周視差の測定に基づき、この星系までの距離を計算すると、地球から約39光年である。どちらの星も、性質が太陽に似ているソーラーアナログである。レチクル座ζ星は、の恒星であり、所属する他の恒星と起源を同じくする。.

新しい!!: 太陽光度とレチクル座ゼータ星 · 続きを見る »

レグルス

レグルス (Regulus)は、しし座α星、しし座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。1等星の中では最も暗い。.

新しい!!: 太陽光度とレグルス · 続きを見る »

ロス128

128()はおとめ座の方向にある小型の恒星である。ロス128の見かけの等級は11.13で、肉眼での観測は不可能である。年周視差に基づく測定では、地球からの距離は約11光年(3.38パーセク)で、地球に近い恒星の一つである。ロス128は1925年にフランク・エルモア・ロスによって発見され、翌年の1926年にカタログに登録された。.

新しい!!: 太陽光度とロス128 · 続きを見る »

ロス154

154()は、いて座にある恒星である。視等級は10.495等で、肉眼での観測は不可能である。ロス154を観測するには、少なくとも口径6.5cmの望遠鏡が必要となる。地球からは約9.69光年(約2.97パーセク)離れている。ロス154は地球に近い恒星の一つとして知られる。.

新しい!!: 太陽光度とロス154 · 続きを見る »

ロス248

248(別名アンドロメダ座HH星)は、太陽系から10.33光年の距離に存在する赤色矮星。質量は太陽の約4分の1、直径は7パーセントである(質量は太陽の7パーセント、直径は17パーセントだという別の計算結果もある)。 この恒星は1925年にフランク・エルモア・ロス (Frank Elmore Ross) によって発見された。暗いため肉眼では観測できない。 ボイジャー2号は大体ロス248の方向へ航行中であり、約4万年後には1.7光年以内という近距離を通過する。 今から3万6000年後には、ロス248は3.024光年まで太陽に接近する。 ロス248に最も近い恒星はグルームブリッジ34で、1.54光年離れている。.

新しい!!: 太陽光度とロス248 · 続きを見る »

ヴァン・マーネン星

ヴァン・マーネン星(-せい)(ファン・マーネン星、Van Maanen's star)は、地球から14.4光年(または14.07光年)離れた白色矮星である。単独の白色矮星としては太陽系に最も近いシリウス伴星(シリウスB)は地球から8.6光年の距離に位置し、最も近くにある白色矮星であるが、シリウスAと連星系を成している。。.

新しい!!: 太陽光度とヴァン・マーネン星 · 続きを見る »

ヴィトリド・ツェラスキー

ヴィトリド・カルロヴィチ・ツェラスキー(Витольд Карлович Цераский、英語転記:Vitol'd Karlovich Tseraskiy、1849年5月9日 - 1925年5月29日)はロシアの天文学者。.

新しい!!: 太陽光度とヴィトリド・ツェラスキー · 続きを見る »

ヘルクレス座14番星

ヘルクレス座14番星(14 Herculis)は、ヘルクレス座の方向約59光年の距離にあるK型主系列星である。等級が低いため、肉眼では見ることが出来ない。ヘルクレス座14番星は、2つの太陽系外惑星を持つと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座14番星 · 続きを見る »

ヘルクレス座ミュー星

ヘルクレス座μ星は、ヘルクレス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座ミュー星 · 続きを見る »

ヘルクレス座ラムダ星

ヘルクレス座λ星 (ヘルクレスざラムダせい、λ Herculis / λ Her) は、ヘルクレス座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座ラムダ星 · 続きを見る »

ヘルクレス座パイ星

ヘルクレス座π星は、ヘルクレス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座パイ星 · 続きを見る »

ヘルクレス座デルタ星

ヘルクレス座δ星 (ヘルクレスざデルタせい、δ Herculis / δ Her) は、ヘルクレス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座デルタ星 · 続きを見る »

ヘルクレス座ベータ星

ヘルクレス座β星 (ヘルクレスざベータせい、β Herculis / β Her) は、ヘルクレス座で最も明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座ベータ星 · 続きを見る »

ヘルクレス座アルファ星

ヘルクレス座α星は、ヘルクレス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座アルファ星 · 続きを見る »

ヘルクレス座オメガ星

ヘルクレス座ω星 (ヘルクレスざオメガせい、ω Herculis / ω Her) は、ヘルクレス座の恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座オメガ星 · 続きを見る »

ヘルクレス座カッパ星

ヘルクレス座κ星 (ヘルクレスざカッパせい、κ Herculis / κ Her) は、ヘルクレス座の恒星。.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座カッパ星 · 続きを見る »

ヘルクレス座ゼータ星

ヘルクレス座ζ星は、ヘルクレス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座ゼータ星 · 続きを見る »

ヘルクレス座矮小銀河

ヘルクレス座矮小銀河(Hercules Dwarf Galaxy)は、ヘルクレス座にある矮小楕円体銀河である。2006年にスローン・デジタル・スカイ・サーベイのデータから発見された。太陽から約14万パーセクに位置し、約45km/sの速度で遠ざかっている。かなり細長く(軸比~ 3:1)、光度が半分になる半径は約350パーセクである。この細長い形は、銀河系から潮汐力を受けているためであり、つまり、ヘルクレス座矮小銀河は、現在潮汐崩壊の過程にある。この銀河では、銀河を横断するように、度の勾配があり、暗い恒星ストリームの中に埋め込まれている。 ヘルクレス座矮小銀河は、銀河系の伴銀河で最も小さく暗いものの1つであり、光度は太陽光度の約3万倍(絶対等級は約-6.6)で、典型的な球状星団に匹敵する程度である。しかし、質量は約700万太陽質量であり、この銀河の質量光度比は約330となる。この高い質量光度比は、ヘルクレス座矮小銀河が暗黒物質に占められていることを意味する。 ヘルクレス座矮小銀河の恒星には、120億歳以上の古いものが多い。これらの恒星の金属量は.

新しい!!: 太陽光度とヘルクレス座矮小銀河 · 続きを見る »

プラスケット星

プラスケット星は、いっかくじゅう座に位置する分光連星である。.

新しい!!: 太陽光度とプラスケット星 · 続きを見る »

プロキオン

プロキオン(Procyon)は、こいぬ座α星、こいぬ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。おおいぬ座のシリウス、オリオン座のベテルギウスともに、冬の大三角を形成している。また、冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。.

新しい!!: 太陽光度とプロキオン · 続きを見る »

プロキシマ・ケンタウリ

プロキシマ・ケンタウリ()は、ケンタウルス座の方向に4.246光年離れた位置にある赤色矮星である。太陽系に最も近い恒星として知られている。.

新しい!!: 太陽光度とプロキシマ・ケンタウリ · 続きを見る »

プロキシマ・ケンタウリb

プロキシマ・ケンタウリb (Proxima Centauri b)、またはプロキシマb (Proxima b) は、太陽に最も近い恒星である赤色矮星プロキシマ・ケンタウリのハビタブルゾーンに存在すると考えられている太陽系外惑星である。地球からの距離は約4.2光年(1.3パーセク、40兆km)、ケンタウルス座の方角に位置しており、2016年現在知られている太陽系外惑星の中では最も太陽系に近い天体である。生命が存在する可能性から注目を集めているが、サイズが近い他の太陽系外惑星と比べて特別条件が良いわけではない。 ただし、正確な評価のためには惑星の物理的特性に関するより多くの情報が必要である。 プロキシマ・ケンタウリbの発見は、2016年8月にヨーロッパ南天天文台によりアナウンスされた。惑星の発見には主星のスペクトル線の周期的なドップラーシフトから惑星の存在を探る視線速度法が用いられた。主星の視線速度は、毎秒約2mほどである。 プロキシマ・ケンタウリbは地球に極めて近いことから、数世紀以内という太陽系外惑星としては比較的現実的な期間で探査が可能であり、研究者らによりブレークスルー・スターショット計画といった無人探査が提案されている。.

新しい!!: 太陽光度とプロキシマ・ケンタウリb · 続きを見る »

ピスミス24

ピスミス24 (Pismis 24) は、地球から見てさそり座の方向に約8000光年離れた位置にある散開星団である。.

新しい!!: 太陽光度とピスミス24 · 続きを見る »

ピストル星

ピストル星 (Pistol star) は1990年代の初め、ハッブル宇宙望遠鏡で発見された、それまで観測された銀河系の恒星のうち、最も明るい超巨星(高光度青色変光星)である。銀河系の中心方向のいて座に位置にある、太陽系から2万5000光年ほどの離れた五つ子星団 (Quintuplet cluster) の中にある。ピストルの形に似た星雲の中にあるためこの名称で呼ばれる。.

新しい!!: 太陽光度とピストル星 · 続きを見る »

テーブルさん座パイ星

テーブルさん座π星(テーブルさんざパイせい)は、テーブルさん座の5等星。この恒星は太陽と同じ黄色の主系列星に属し、半径や光度は太陽を上回り、年齢は太陽より少し若い。また、固有運動量は大きい。NASAのTerrestrial Planet Finderの対象天体100個の100番目に挙げられていた。.

新しい!!: 太陽光度とテーブルさん座パイ星 · 続きを見る »

テーブルさん座アルファ星

テーブルさん座α星(テーブルさんざアルファせい、Alpha Mensae, α Men)は、テーブルさん座で最も明るい恒星である。 +5.09等級であり、星座内で最も明るい恒星としては、最も暗い。南方に位置するため、地球からは南半球の緯度が高い場所でなければ良く見ることができないが、南中の頃には、赤道少し北からでも空の低いところに見ることができる。 黄色の主系列星で、太陽よりも若干小さく表面温度は低い。この恒星は比較的大きな固有運動を持つ。周囲を公転する惑星は見つかっていないが、3.05秒(約30天文単位)離れた位置に赤色矮星を伴っている。.

新しい!!: 太陽光度とテーブルさん座アルファ星 · 続きを見る »

ティーガーデン星

ティーガーデン星 (Teegarden's star) は、太陽から12.5光年の距離に存在する赤色矮星。質量は太陽の8パーセントほどで非常に暗い恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とティーガーデン星 · 続きを見る »

デネボラ

デネボラ(Denebola)あるいはしし座β星は、しし座の恒星で2等星。うしかい座のアークトゥルスとおとめ座のスピカとで、春の大三角形を形成する。.

新しい!!: 太陽光度とデネボラ · 続きを見る »

デネブ

デネブ (Deneb) は、はくちょう座α星、はくちょう座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。こと座のベガ、わし座のアルタイルとともに、夏の大三角を形成している。夏を代表する恒星の1つ。 西暦10000年の前後数世紀には、北極星になると予測されている。.

新しい!!: 太陽光度とデネブ · 続きを見る »

フォーマルハウト

フォーマルハウト()、またはみなみのうお座α星(α PsA)は、みなみのうお座にある恒星で、全天に21個ある1等星の1つである。.

新しい!!: 太陽光度とフォーマルハウト · 続きを見る »

ベテルギウス

ベテルギウス(Betelgeuse)は、オリオン座α星、オリオン座の恒星で全天21の1等星の1つ。おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンとともに、冬の大三角を形成している。.

新しい!!: 太陽光度とベテルギウス · 続きを見る »

ベガ

ベガ(ヴェガ、Vega ヴィーガまたは ヴェィガ)は、こと座α星、こと座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。七夕のおりひめ星(織女星(しょくじょせい))としてよく知られている。わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブとともに、夏の大三角を形成している。.

新しい!!: 太陽光度とベガ · 続きを見る »

りょうけん座ベータ星

りょうけん座β星(りょうけんざベータせい、Beta Canum Venaticorum, 略称 β CVn)は、りょうけん座で2番目に明るい恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とりょうけん座ベータ星 · 続きを見る »

りょうけん座アルファ星

りょうけん座α星は、りょうけん座で最も明るい恒星で3等星。春のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。.

新しい!!: 太陽光度とりょうけん座アルファ星 · 続きを見る »

りょうけん座矮小銀河

りょうけん座矮小銀河(Canes Venatici Dwarf Galaxy)は、りょうけん座の方角にある矮小楕円体銀河である。2006年にスローン・デジタル・スカイサーベイのデータから発見された。しし座Iやしし座IIと並び、銀河系の伴銀河としては最も遠くにある。太陽からは約22万パーセク離れており、約31km/sの速度で遠ざかっている。楕円形(軸比 ~ 2.5:1)で、光が半減する半径は約550パーセクである。 りょうけん座矮小銀河は、銀河系の伴銀河では比較的も暗く、合計の光度は太陽光度の約23万倍(絶対等級は約-8.6)である。しかし、質量は2700万太陽質量もあり、質量光度比は約220である。この質量光度比の大きさは、りょうけん座矮小銀河が暗黒物質に占められていることを意味している。 りょうけん座矮小銀河を構成する恒星は、100億歳以上の古い恒星が多い。金属量は、ととても低く、重元素の量が少なくとも太陽の110分の1以下であることを示している。また、この銀河は約60個のこと座RR型変光星を含み、また金属量の豊富な()若い恒星(10億歳から20億歳)も少量存在し、質量の約5%、光度の約10%を占める。これらの若い恒星は、銀河の中央に集まっている。現在は、りょうけん座矮小銀河の中で星形成は行われていない。また、これまで中性水素原子は検出されておらず、存在するとしても上限は3万太陽質量である。.

新しい!!: 太陽光度とりょうけん座矮小銀河 · 続きを見る »

りょうけん座矮小銀河II

りょうけん座矮小銀河II(Canes Venatici II Dwarf Galaxy)は、りょうけん座の方角にある矮小楕円体銀河である。2006年にスローン・デジタル・スカイサーベイのデータから発見された。太陽からは約15万パーセク離れており、約130km/sの速度で向ってきている。楕円形(軸比 ~ 2:1)で、光が半減する半径は約74パーセクである。 りょうけん座矮小銀河IIは、銀河系の伴銀河では最も小さく最も暗いものの1つであり、合計の光度は太陽光度の約8000倍(絶対等級は約-4.9)であり、典型的な球状星団よりもずっと暗い。しかし、質量は250万太陽質量もあり、質量光度比は約340である。質量光度比の大きさは、かみのけ座矮小銀河IIは暗黒物質に占められていることを意味する。 りょうけん座矮小銀河IIを構成する恒星は、120億歳以上の古い恒星が多い。金属量は、ととても低く、重元素の量が少なくとも太陽の150分の1以下であることを示している。この銀河の恒星は、恐らく宇宙でも最初期に形成されたものである。現在は、りょうけん座矮小銀河IIの中で星形成は行われていない。また、これまで中性水素原子は検出されておらず、存在するとしても上限は14000太陽質量である。.

新しい!!: 太陽光度とりょうけん座矮小銀河II · 続きを見る »

りょうけん座RS星

りょうけん座RS星(RS Canum Venaticorum、RS CVn)は、りょうけん座の方角、地球から約450光年離れた場所にある食変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とりょうけん座RS星 · 続きを見る »

りゅうこつ座a星

りゅうこつ座a星は、りゅうこつ座の恒星で3等星。 ニセ十字を形成する2等星のι星から離角1度未満に位置する。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座a星 · 続きを見る »

りゅうこつ座ベータ星

りゅうこつ座β星は、りゅうこつ座の恒星で2等星。現在、2等星の中では天の南極に最も近く、Diamond Crossというアステリズムを作る恒星のうち最も明るいもので、南西の一角を占める。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座ベータ星 · 続きを見る »

りゅうこつ座イータ星

りゅうこつ座η星(りゅうこつざイータせい、Eta Carinae, η Car)は、りゅうこつ座の恒星。 太陽質量のおよそ70と30倍の大質量星同士の連星であり、高光度の青色超巨星(高光度青色変光星、LBV)である。光度は太陽のおよそ40万倍である。銀河系内でも特に異色の大質量星である。 イータ(エータ)・カリーナという名でも知られている。過去に恒星から放出された大量の物質が星雲(人形星雲)となって周囲を取り巻いており、この星雲を含めてイータ・カリーナと呼ぶ事もある。なお、ラテン語では Eta Carinae であり、原語により忠実に読むと「エータ・カリーナエ」、英語では「イータ・カライニー」となるが、日本語ではCarinaを属格Carinaeにしない「イータ(エータ)・カリーナ」という通称が広まっている。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座イータ星 · 続きを見る »

りゅうこつ座イプシロン星

りゅうこつ座ε星(りゅうこつざイプシロンせい)は、りゅうこつ座の恒星で2等星。ニセ十字を形成する恒星の1つでもある。りゅうこつ座の中央に位置する。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座イプシロン星 · 続きを見る »

りゅうこつ座イオタ星

りゅうこつ座ι星は、りゅうこつ座の恒星で2等星。ニセ十字を形成する恒星の1つでもある。地球の歳差運動により、西暦8100年ごろには南極星になることが予想されている。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座イオタ星 · 続きを見る »

りゅうこつ座ウプシロン星

りゅうこつ座υ星は、りゅうこつ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座ウプシロン星 · 続きを見る »

りゅうこつ座オメガ星

りゅうこつ座ω星は、りゅうこつ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座オメガ星 · 続きを見る »

りゅうこつ座カイ星

りゅうこつ座χ星は、りゅうこつ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座カイ星 · 続きを見る »

りゅうこつ座シータ星

りゅうこつ座θ星()は、りゅうこつ座に位置している3等星の分光連星である。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座シータ星 · 続きを見る »

りゅうこつ座EV星

りゅうこつ座EV星は、太陽から約 8,200-13,700 光年離れたところにある 赤色超巨星で、半径は太陽の約1100倍以上あり、光度は太陽の約200,000倍あるとされている。この恒星はりゅうこつ座の中に位置しており、6.76等と8.8等の間を変光するSRC型の脈動変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座EV星 · 続きを見る »

りゅうこつ座l星

りゅうこつ座l星は、りゅうこつ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座l星 · 続きを見る »

りゅうこつ座p星

りゅうこつ座p星は、りゅうこつ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座p星 · 続きを見る »

りゅうこつ座q星

りゅうこつ座q星は、りゅうこつ座に位置する3等星の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座q星 · 続きを見る »

りゅうこつ座RT星

りゅうこつ座RT星は、りゅうこつ座に位置する赤色超巨星で、8.2等と9.9等の間を変光する脈動変光星でもある - 変光星総合カタログ内のページ。 - アメリカ変光星観測者協会公式サイト内のページ。。変光星総合カタログでは407.9日の周期で変光するSRC型の変光星に分類しているが、アメリカ変光星観測者協会ではLC型の変光星に分類している。半径は太陽の約1100倍あり、光度は太陽の約200,000倍あるとされている。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座RT星 · 続きを見る »

りゅうこつ座V382星

りゅうこつ座V382星は、りゅうこつ座に位置する黄色極超巨星。距離は太陽から8,900光年で、直径は太陽の約700倍のケフェイド変光星である。低い赤外超過が多く検出されているのは、この星が赤色超巨星段階になっている可能性があることを示唆している。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座V382星 · 続きを見る »

りゅうこつ座V602星

りゅうこつ座V602星は、太陽から約 1,977 パーセク離れたところにある 赤色超巨星で、半径は太陽の約1000倍以上あり、光度は太陽の約200,000倍あるとされている。この恒星はりゅうこつ座の中に位置しており、7.6等と9.2等の間を変光するSRC型の脈動変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とりゅうこつ座V602星 · 続きを見る »

りゅう座42番星

りゅう座42番星 (42 Draconis, 42 Dra) は、りゅう座の恒星で5等星。2009年に太陽系外惑星が発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座42番星 · 続きを見る »

りゅう座7番星

りゅう座7番星(りゅうざ7ばんせい、7 Dra / 7 Draconis)は、りゅう座の恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座7番星 · 続きを見る »

りゅう座8番星

りゅう座8番星(りゅうざ8ばんせい、8 Dra / 8 Draconis)は、りゅう座の恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座8番星 · 続きを見る »

りゅう座ミュー星

りゅう座μ星(りゅうざミューせい)は、りゅう座の恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座ミュー星 · 続きを見る »

りゅう座ラムダ星

りゅう座λ星は、りゅう座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座ラムダ星 · 続きを見る »

りゅう座プサイ1星

りゅう座ψ星(りゅうざプサイせい、ψ Dra / ψ Draconis)は、りゅう座の方角に位置する恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座プサイ1星 · 続きを見る »

りゅう座デルタ星

りゅう座δ星(りゅうざデルタせい)は、りゅう座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座デルタ星 · 続きを見る »

りゅう座ベータ星

りゅう座β星(りゅうざベータせい)は、りゅう座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座ベータ星 · 続きを見る »

りゅう座アルファ星

りゅう座α星は、りゅう座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座アルファ星 · 続きを見る »

りゅう座イータ星

りゅう座η星(りゅうざイータせい、η Dra、η Draconis)は、りゅう座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座イータ星 · 続きを見る »

りゅう座イオタ星

りゅう座ι星(りゅうざイオタせい)は、りゅう座の恒星で3等星。橙色の巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座イオタ星 · 続きを見る »

りゅう座カイ星

りゅう座χ星 (りゅうざカイせい、Chi Draconis, Chi Dra, χ Dra) は、太陽系から26光年離れた位置にあるりゅう座の連星系である。バテンタバン・ボレアリスという固有名もあり、これはアラビア語の بطن الثعبان (baţn al-thubān, 竜の腹)に由来する。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座カイ星 · 続きを見る »

りゅう座ガンマ星

りゅう座γ星(りゅうざガンマせい)は、りゅう座で最も明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座ガンマ星 · 続きを見る »

りゅう座クシー星

りゅう座ξ星(りゅうざクシーせい)は、りゅう座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座クシー星 · 続きを見る »

りゅう座シグマ星

りゅう座σ星(りゅうざシグマせい、σ Dra / σ Draconis)は、りゅう座の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座シグマ星 · 続きを見る »

りゅう座ゼータ星

りゅう座ζ星(りゅうざゼータせい、ζ Dra、ζ Draconis)は、りゅう座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とりゅう座ゼータ星 · 続きを見る »

ろくぶんぎ座アルファ星

ろくぶんぎ座α星 (ろくぶんぎざアルファせい、α Sex / α Sextantis) は、ろくぶんぎ座で最も明るい恒星である。この星は白色の巨星である。 ろくぶんぎ座α星は天の赤道から1/4度以内に位置し、非公式な「equator star」と考えられている。1900年には、赤道の7分北にあったが、地球の赤道傾斜角の運動のため、1923年12月に南半球に入った Retrieved 24 May, 2009。.

新しい!!: 太陽光度とろくぶんぎ座アルファ星 · 続きを見る »

ろ座ベータ星

ろ座β星(ろざベータせい、β Fornacis, β For)は、ろ座の恒星で4等星。 14等級の伴星CCDM J02491-3224Bが存在する。.

新しい!!: 太陽光度とろ座ベータ星 · 続きを見る »

ろ座アルファ星

ろ座α星(ろざアルファせい、α Fornacis, α For)は、ろ座の恒星で4等星。ろ座では最も明るい恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とろ座アルファ星 · 続きを見る »

わし座ラムダ星

わし座λ星は、わし座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とわし座ラムダ星 · 続きを見る »

わし座デルタ星

わし座δ星は、わし座の恒星で3等星。 過去にはアンティノウス座に使用されたり、この星とη星とθ星の3星をアラブ人が「Al Mizan」と呼んだ天秤とされた事もあった。.

新しい!!: 太陽光度とわし座デルタ星 · 続きを見る »

わし座ベータ星

わし座ベータ星 (β Aql) は、わし座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とわし座ベータ星 · 続きを見る »

わし座イータ星

わし座η星(わしざイータせい、η Aql, η Aquilae)は、天の赤道近くわし座の方角にある恒星である。かつてのアンティノウス座の一部でもあった。わし座では明るい恒星の1つである。.

新しい!!: 太陽光度とわし座イータ星 · 続きを見る »

わし座イプシロン星

わし座ε星(ε Aquilae, ε Aql)は、わし座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とわし座イプシロン星 · 続きを見る »

わし座ガンマ星

わし座ガンマ星 (γ Aql) は、わし座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とわし座ガンマ星 · 続きを見る »

わし座シータ星

わし座θ星()は、わし座にある3等星の連星系である。見かけの視等級は3.22等で、わし座の中では4番目に明るい。.

新しい!!: 太陽光度とわし座シータ星 · 続きを見る »

わし座ゼータ星

わし座ζ星はわし座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とわし座ゼータ星 · 続きを見る »

わし座V1302星

わし座V1302星(V1302 Aquilae、V1302 Aql)またはIRC +10420は、わし座の方角、太陽系から1万3000-2万光年程度離れたところにある黄色極超巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とわし座V1302星 · 続きを見る »

アルビレオ

アルビレオ (Albireo) は、はくちょう座の恒星で3等星で二重星のはくちょう座β星の通称、またはそれを構成する星の1つであるはくちょう座β1星の固有名である。はくちょう座β星は、北十字を構成する星の1つ。全天で最も有名な二重星の1つである。 当記事では、はくちょう座β星について記載する。.

新しい!!: 太陽光度とアルビレオ · 続きを見る »

アルデバラン

アルデバラン (Aldebaran)、またはおうし座α星は、おうし座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。木星の数倍の質量の惑星を持つ。 惑星探査機パイオニア10号は現在、おおよそ、アルデバランの方向へ飛行を続けているが、アルデバランに最接近するのは約200万年後と考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とアルデバラン · 続きを見る »

アルファルド

アルファルド (Alphard) あるいはうみへび座α星は、うみへび座で最も明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とアルファルド · 続きを見る »

アルゴル

アルゴル(Algol)は、ペルセウス座β星、ペルセウス座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とアルゴル · 続きを見る »

アルタイル

アルタイル(Altair アルテア)は、わし座α星、わし座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。七夕の彦星(ひこぼし、牽牛星(けんぎゅうせい)とも)としてよく知られている。こと座のベガ、はくちょう座のデネブとともに、夏の大三角を形成している。.

新しい!!: 太陽光度とアルタイル · 続きを見る »

アンドロメダ座14番星

アンドロメダ座14番星 (14 Andromedae, 14 And) は、アンドロメダ座の恒星で5等星。太陽系外惑星が発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座14番星 · 続きを見る »

アンドロメダ座ミュー星

アンドロメダ座μ星(アンドロメダざミューせい、μ Andromedae、μ And)は、アンドロメダ座にある恒星である。視等級は3.87で、肉眼でみることができる。年周視差に基づいて計算した、地球からアンドロメダ座μ星までの距離は、約130光年である。アンドロメダ座の中でのμ星の位置は、β星(ミラク)、ν星の間にあり、アンドロメダ銀河(M31)を探す上で手掛かりとなる恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座ミュー星 · 続きを見る »

アンドロメダ座ラムダ星

アンドロメダ座λ星(アンドロメダざラムダせい、λ Andromedae、λ And)は、アンドロメダ座にある連星系である。地球からの距離は約86光年で、視等級は平均で3.8である。都市部の中でなければ、肉眼で十分みることができる明るさである。.

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座ラムダ星 · 続きを見る »

アンドロメダ座デルタ星

アンドロメダ座δ星(アンドロメダざデルタせい、δ And / δ Andromedae)は、アンドロメダ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座デルタ星 · 続きを見る »

アンドロメダ座ベータ星

アンドロメダ座β星は、アンドロメダ座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座ベータ星 · 続きを見る »

アンドロメダ座アルファ星

アンドロメダα星は、アンドロメダ座の恒星で2等星。ペガススの大四辺形を形成する恒星の1つでもある。.

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座アルファ星 · 続きを見る »

アンドロメダ座イプシロン星

記載なし。

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座イプシロン星 · 続きを見る »

アンドロメダ座ウプシロン星

アンドロメダ座υ星(アンドロメダざウプシロンせい)は、アンドロメダ座の方角に約44光年の位置にある連星である。主星(アンドロメダ座υ星A)は太陽より若干若いF型主系列星で、伴星(アンドロメダ座υB)は、赤色矮星である。 2008年までに、主星の周りを3つの太陽系外惑星が公転していることが明らかとなった。3つとも全て木星型惑星である。また、アンドロメダ座υ星は、複数の惑星を持った主系列星、複数の惑星を持った多重星系として初めて発見された。アンドロメダ座υ星Aは、NASAの地球型惑星探査計画であるTerrestrial Planet Finderの探査対象の21番目に挙げられていたが、計画は中止された。.

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座ウプシロン星 · 続きを見る »

アンドロメダ座カッパ星

アンドロメダ座κ星(κ Andromedae、κ And)は、アンドロメダ座にある明るい恒星である。視等級は4.1、ボートル・スケールの基準では、郊外と都市部の間なら肉眼で観察可能だが、都市部の中では難しい。年周視差は、ヒッパルコスによって精度良く測られており、それに基づく地球からの距離は、約168光年である。.

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座カッパ星 · 続きを見る »

アンドロメダ座クシー星

アンドロメダ座ξ星は、アンドロメダ座の恒星で5等星。黄色の巨星。.

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座クシー星 · 続きを見る »

アンドロメダ座GY星

アンドロメダ座GY星(GY Andromedae, GY And)は、アンドロメダ座の恒星で、りょうけん座α2型変光星。明るさは6.27等級から6.41等級の間で変化する。また、恒星磁場の活動は23年程度という異常に長い周期での変動が見られる。 化学的特異星(Ap/Bp星)に分類され、クロムやユウロピウムのスペクトル線が特徴的だが、最も際立った特徴は、不安定な元素(半減期が17.7年以下)であるプロメチウム1階電離イオンの輝線スペクトルが観測されることである。プロメチウムは、より質量数の大きい超ウラン元素の自発核分裂によって生成されると考えられる。 また、分光連星でもあることが1958年に発見された。約273日の周期、0.47の軌道離心率を持ち、主星と伴星の間は少なくとも3.74km(0.25AU)の距離があると見積もられる。.

新しい!!: 太陽光度とアンドロメダ座GY星 · 続きを見る »

アークトゥルス

アークトゥルス(Arcturus)は、うしかい座α星、うしかい座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つである赤色巨星。太陽を除き実視等級がマイナスとなる4つの恒星の1つ。.

新しい!!: 太陽光度とアークトゥルス · 続きを見る »

アカエイ星雲

アカエイ星雲(Stingray Nebula )は、既知の最も若い惑星状星雲である。さいだん座の方角にある。 は、1967年にアカエイ星雲をAまたはB型のHα線放出星と分類した。1971年にはプレ惑星状星雲だと観測された。1989年にIUEの観測によって惑星状星雲であることが発見された(Parthasarathy et al. 1993) 。Parthasarathyらは、この出来事によって放出された光は約18,000年を旅して、1975年以降、おそらくは1987年に地球に届いたのだろうと結論付けた。.

新しい!!: 太陽光度とアカエイ星雲 · 続きを見る »

アケルナル

アケルナル(Achernar)、またはエリダヌス座α星は、エリダヌス座で最も明るい恒星で、全天に21個ある1等星の1つである。エリダヌス座の南端にある。アケルナルは、2つの恒星から成る連星で、主星はエリダヌス座α星A、伴星はエリダヌス座α星B(非公式だが、アケルナルBとも呼ばれる)と呼ばれている。ヒッパルコス衛星による年周視差の値からすると、アケルナルは地球から約139光年離れている。 主星はスペクトル分類においてはB型主系列星に分類される。主星は、自転速度が異常なほど高速なため、形状は回転楕円体になっているとされている。伴星はA型主系列星で、主星よりも小さく、主星からは12au離れている。.

新しい!!: 太陽光度とアケルナル · 続きを見る »

インディアン座ロー星

インディアン座ρ星(インディアンざローせい)は、インディアン座の方向にある黄色の主系列星。 2002年9月17日に、インディアン座ρ星を回る太陽系外惑星が発見された。.

新しい!!: 太陽光度とインディアン座ロー星 · 続きを見る »

インディアン座アルファ星

インディアン座α星 (α Ind, α Indi) は、インディアン座にある3等星で、インディアン座で最も明るい恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とインディアン座アルファ星 · 続きを見る »

インディアン座イプシロン星

インディアン座ε星(インディアンざイプシロンせい、Epsilon Indi, ε Ind / ε Indi)は、インディアン座の方向にある5等級のK型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とインディアン座イプシロン星 · 続きを見る »

ウォルフ1061

ウォルフ1061 は、太陽系から13.82光年離れた赤色矮星である。太陽の4分の1の質量しか持たない。さらに太陽の0.78%の光度しかない為、地球から肉眼で見ることはできない。.

新しい!!: 太陽光度とウォルフ1061 · 続きを見る »

ウォルフ359

ウォルフ359 (英語:Wolf 359) は地球から見てしし座の方向にある赤色矮星で、しし座CN星(CN Leonis)と呼ぶことがある。地球からの距離は約7.8光年、見かけの等級は13.5で、観測には大型の望遠鏡が必要である。太陽をのぞけば、ケンタウルス座α星系(プロキシマ・ケンタウリを含む)、バーナード星、褐色矮星のWISE 1049-5319とWISE 0855-0714に次いで地球に近い恒星である。地球に近い恒星であって、SF作品の舞台になる事もある。 ウォルフ359は既知の恒星の中で、最も規模が小さい分類である「超低質量星」の一つである。この恒星の名は、1918年にドイツの天文学者マックス・ウォルフ(ドイツ語での発音に忠実な日本語表記は"ヴォルフ")が天体写真によって発見したことに由来する。ウォルフ359に最も近い恒星はロス128で、3.79光年(1.16パーセク)離れている。.

新しい!!: 太陽光度とウォルフ359 · 続きを見る »

エリダヌス座82番星

リダヌス座82番星は、太陽系から約20光年離れたところに位置するエリダヌス座の恒星である。スペクトル型G8の主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とエリダヌス座82番星 · 続きを見る »

エリダヌス座デルタ星

リダヌス座δ星(エリダヌスざデルタせい、δ Eridani、δ Eri)は、エリダヌス座にある3.54等の恒星である。ラテン語で「蛙」を意味する、ラナ(Rana)という固有名も持っているが、国際天文学連合で定められた固有名ではない。.

新しい!!: 太陽光度とエリダヌス座デルタ星 · 続きを見る »

エリダヌス座イータ星

リダヌス座η星は、エリダヌス座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とエリダヌス座イータ星 · 続きを見る »

エリダヌス座イプシロン星

リダヌス座ε星(エリダヌスざイプシロンせい、Epsilon Eridani, ε Eri)は、エリダヌス座にある4等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とエリダヌス座イプシロン星 · 続きを見る »

エリダヌス座オミクロン1星

リダヌス座ο1星は、エリダヌス座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とエリダヌス座オミクロン1星 · 続きを見る »

エリダヌス座オミクロン2星

リダヌス座ο2星(エリダヌスざオミクロン2せい)は、三重連星をなす恒星で、太陽系から16.3光年の距離にある。伴星のB星は史上初めて発見された白色矮星である。.

新しい!!: 太陽光度とエリダヌス座オミクロン2星 · 続きを見る »

エリダヌス座ガンマ星

リダヌス座γ星は、エリダヌス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とエリダヌス座ガンマ星 · 続きを見る »

エリダヌス座シータ星

リダヌス座θ星は、エリダヌス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とエリダヌス座シータ星 · 続きを見る »

エリダヌス座ゼータ星

リダヌス座ζ星は、エリダヌス座の恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とエリダヌス座ゼータ星 · 続きを見る »

エディントン光度

ディントン光度(Eddington luminosity)またはエディントン限界(Eddington limit)とは、外側への放射圧と内側への重力とが釣り合う最大光度として定義される。エディントン光度を超えると、恒星は外層から非常に強い恒星風を発生する。エディントン光度の概念は、クエーサーのような降着ブラックホールの観測光度を説明するために考えられた。 もともとアーサー・エディントンは、この限界を考える時に電子散乱のみを考慮に入れていた。これは現在では、古典エディントン限界と呼ばれることもある。改良された今日のエディントン限界では、制動放射等の効果も含めて考えられる。.

新しい!!: 太陽光度とエディントン光度 · 続きを見る »

オリオン座ラムダ星

リオン座λ星(オリオンざラムダせい、λ Orionis、λ Ori)は、オリオン座の恒星。 青色巨星の主星と青白色の主系列星の伴星による連星系を為している。コリンダー69星団の一員であると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座ラムダ星 · 続きを見る »

オリオン座パイ3星

リオン座π3星 (Pi3 Orionis, π3 Ori) は、オリオン座の端に輝く恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座パイ3星 · 続きを見る »

オリオン座デルタ星

リオン座δ星は、オリオン座の恒星で2等星。三つ星 (オリオンの帯) を形成する恒星の1つ。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座デルタ星 · 続きを見る »

オリオン座イータ星

リオン座η星(オリオンざイータせい、η Ori, η Orionis)は、オリオン座の恒星で3等星。 オリオン座η星は、オリオンのベルトの少し西側、オリオン座δ星とリゲルの間にある。地球からは約1000光年離れ、オリオン腕の中に存在する。 四重星系であり、そのうち3つは望遠鏡で識別できる。主星は、3つの恒星からなる食連星である。これらの恒星は、8日間と9.2年間の周期で公転している。また、この中には約8時間の周期で脈動する変光星が含まれる。3つの恒星は、スペクトル分類が各々B1V、B3V、B2VのB型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座イータ星 · 続きを見る »

オリオン座イプシロン星

リオン座ε星は、オリオン座の恒星で2等星。三つ星(オリオンの帯)の中央に位置する。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座イプシロン星 · 続きを見る »

オリオン座イオタ星

リオン座ι星(オリオンざイオタせい、ι Ori / ι Orionis)は、オリオン座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座イオタ星 · 続きを見る »

オリオン座ウプシロン星

リオン座υ星(υ Orionis、υ Ori)は、オリオン座にある恒星である。青白い主系列星で、視等級は4.62、太陽系からはおよそ1,200光年離れた位置にある。変光星として確定してはいないが、ケフェウス座β型変光星ではないかといわれている。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座ウプシロン星 · 続きを見る »

オリオン座カッパ星

リオン座κ星は、オリオン座にある2等星の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座カッパ星 · 続きを見る »

オリオン座カイ1星

リオン座χ1星 (Chi1 Orionis, χ1 Ori) は、オリオン座の恒星。 G型主系列星の主星と、推定質量が太陽の15%ほどの暗い赤色矮星の伴星からなる連星で、相互の公転周期は14.1年である。主星と伴星との平均距離は6.1天文単位であるが、その軌道の離心率は非常に高く、相互の距離は3.3天文単位から8.9天文単位まで変化する。伴星の存在ゆえに、この星系に生命居住可能惑星が存在する可能性は低いと考えられている。 この恒星はおおぐま座運動星団の一員であると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座カイ1星 · 続きを見る »

オリオン座ガンマ星

リオン座γ星は、オリオン座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座ガンマ星 · 続きを見る »

オリオン座シグマ星

リオン座σ星は、オリオン座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座シグマ星 · 続きを見る »

オリオン座ゼータ星

リオン座ζ星は、オリオン座の恒星で2等星。三つ星 (オリオンの帯) を形成する恒星の1つ。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座ゼータ星 · 続きを見る »

オリオン座タウ星

リオン座τ星()はオリオン座に位置している単独の恒星で、4等星である。.

新しい!!: 太陽光度とオリオン座タウ星 · 続きを見る »

オロチ (天体)

チ(Orochi)とは、地球から見てくじら座の方向に約120億光年離れたところにある銀河である。2012年現在、最も明るいモンスター銀河である。仮符号AzTEC-ASTE-SXDF1100.001。.

新しい!!: 太陽光度とオロチ (天体) · 続きを見る »

カペラ (恒星)

ペラ (Capella) は、ぎょしゃ座α星、ぎょしゃ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。 肉眼では、一つの恒星に見えるが、実は2つの恒星から成る連星が2組ある4重連星である。主星となる連星系はカペラAと呼ばれ、両者共にスペクトル型がG型の黄色巨星で、カペラAaとカペラAbと呼ばれる分光連星である。2つの恒星は0.76au離れていて、極めて円に近い軌道を約106日で公転している。カペラAaはスペクトル型がG8III型で、AbはG0III型になっている。光度ではAaの方が明るいが、表面温度はAbの方が高い。質量はそれぞれ、太陽の約3.05倍と約2.57倍である。この2つの恒星は、核融合反応を終えた巨星になっているが、巨星の進化過程において、現在、どの過程にあるかは分かっていない。 伴星となる連星系は、カペラAから約1万au離れた位置にあり、赤色矮星同士から成る、暗い連星系である。それぞれの恒星はカペラHとカペラLと呼ばれる。カペラAbは「カペラB」とも呼ばれる。しかし、カペラCからGと、IからKの名称がつく恒星は偶然、カペラの近くに見える、見かけの二重星で、全て連星系とは無関係の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とカペラ (恒星) · 続きを見る »

カメレオン座アルファ星

メレオン座α星 (カメレオンざアルファせい、α Cha / α Chamaeleontis) は、カメレオン座で最も明るい恒星で、薄黄色の主系列星である。日本からは観ることが出来ない。.

新しい!!: 太陽光度とカメレオン座アルファ星 · 続きを見る »

カプタイン星

プタイン星 (Kapteyn's star) は、太陽系から12.75光年離れた赤色矮星である。.

新しい!!: 太陽光度とカプタイン星 · 続きを見る »

カシオペヤ座50番星

ペヤ座50番星(50 Cassiopeia、50 Cas)は、カシオペヤ座の方角にある恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座50番星 · 続きを見る »

カシオペヤ座6番星

ペヤ座6番星は、カシオペヤ座の中に位置してある白色の極超巨星 で、はくちょう座α型の脈動変光星でもあり、視等級は5.34 - 5.45等に変化する。半径は太陽の約217倍、質量は太陽の22倍でデネブとほぼ同規模だが、光度は太陽の約200,000倍で絶対等級も-8.30であることからデネブを凌ぐ。この星は8,000光年先にあるカシオペヤ座のOBアソシエーションのメンバーである。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座6番星 · 続きを見る »

カシオペヤ座ミュー星

ペヤ座μ星(カシオペヤざミューせい、μ Cas, Mu Cas, Mu Cassiopeiae)は、カシオペヤ座に存在する連星で、太陽から24.6光年離れた位置に存在する。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座ミュー星 · 続きを見る »

カシオペヤ座ロー星

ペヤ座ρ星(カシオペヤざローせい、Rho Cassiopeiae、ρ Cas)は、カシオペヤ座の方角にある黄色極超巨星である。地球からは約11,650光年離れているが、太陽の55万倍も明るいため、北半球では肉眼で見ることができる。平均すると絶対等級は-7.5であり、既知の恒星の中で最も光度が大きいものの1つである。直径は、太陽の450倍で約6億3000万kmである。黄色極超巨星は、宇宙でも最も珍しい恒星のタイプの1つであり、銀河系全体でわずか7個しか知られていないが、カシオペヤ座にはこの恒星の他に、カシオペヤ座V509星もある。カシオペヤ座ρ星は単独星であり、SRD型の半規則型変光星に分類される。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座ロー星 · 続きを見る »

カシオペヤ座デルタ星

ペヤ座δ星は、カシオペヤ座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座デルタ星 · 続きを見る »

カシオペヤ座ベータ星

ペヤ座β星は、カシオペヤ座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座ベータ星 · 続きを見る »

カシオペヤ座アルファ星

ペヤ座α星は、カシオペヤ座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座アルファ星 · 続きを見る »

カシオペヤ座イプシロン星

ペヤ座ε星は、カシオペヤ座にある3等星の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座イプシロン星 · 続きを見る »

カシオペヤ座ウプシロン2星

ペヤ座υ2星(カシオペヤざウプシロン2せい、υ2 Cas)は、カシオペヤ座の恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座ウプシロン2星 · 続きを見る »

カシオペヤ座ガンマ星

ペヤ座γ星は、カシオペヤ座の恒星で2等星。カシオペヤ座の「W」の中心の星である。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座ガンマ星 · 続きを見る »

カシオペヤ座ゼータ星

ペヤ座ζ星は、カシオペヤ座にある4等星の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座ゼータ星 · 続きを見る »

カシオペヤ座PZ星

ペヤPZ星 とはカシオペヤ座に存在するSRC型の赤色超巨星で学名はPZ Cassiopeia(略称はPZ Cas)。直径は推定太陽1,190-1,940 倍、距離は約2,400パーセク(7,800光年)であるとされた。その後、メーザーを用いた観測で、距離が約2,800パーセク(9,000 光年)、光度は太陽の約240,000‐270,000倍と判明し、その光度はおおいぬ座VY星 に匹敵する。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座PZ星 · 続きを見る »

カシオペヤ座TZ星

ペヤTZ星は、太陽から約7800光年離れたところにある 赤色超巨星で、学名はTZ Cassiopeiae(略称はTZ Cas)。半径は太陽の400倍あり、光度は太陽の約98,000倍あるとされている。この恒星はカシオペヤ座に位置しており、8.86等と10.5等の間を変光するLC型の脈動変光星でもある。変光星総合カタログではこの星はLC型の代表星とされている。.

新しい!!: 太陽光度とカシオペヤ座TZ星 · 続きを見る »

カストル (恒星)

トル(Castor)は、ふたご座α星、ふたご座にある2等星の恒星。.

新しい!!: 太陽光度とカストル (恒星) · 続きを見る »

ガーネット・スター

ーネット・スター(the Garnet Star)は、ケフェウス座μ(ミュー)星、代表的な変光星の1つ。.

新しい!!: 太陽光度とガーネット・スター · 続きを見る »

クリューゲル60

リューゲル60はケフェウス座にある、赤色矮星2つで構成される連星系である。連星のうち大きいほうがクリューゲル60Aと呼ばれ、9.6等星。小さいほうがクリューゲル60Bと呼ばれ、通常11.5等星の閃光星である。2星間の平均距離は、ほぼ、太陽、土星間と同じ9.5AUで、これらの星は44.6年周期で共通重心を互いに公転する。 また、Bは短時間で輝度は2倍になり、僅か8分で通常に帰す珍しいタイプの閃光星で、ケフェウス座DO星という固有符号でも呼ばれる。 クリューゲル60は0.126-0.130という離心率の楕円軌道で銀河系内をめぐり、中心からの距離は7-9キロパーセクと変化する。また、88,600年後には太陽に1.95パーセクまで接近する。.

新しい!!: 太陽光度とクリューゲル60 · 続きを見る »

グリーゼ1

リーゼ1 (Gliese 1) は、ちょうこくしつ座の8等星で、太陽系から14.2光年離れた赤色矮星である。Gl 1、GJ 1 とも呼ばれる。小さく暗い恒星なので肉眼で見ることはできない。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ1 · 続きを見る »

グリーゼ163

リーゼ163()は、太陽から約49光年(15.0パーセク)の距離に存在するM3.5V型の赤色矮星である。かじき座に位置しており、天球上での座標は赤経、赤緯。見かけの明るさは11.8等だが、地球から恒星までの距離を考慮した絶対等級では10.9等となる。 グリーゼ163という名称はグリーゼ近傍恒星カタログによるものであり、その他にHIP 19394, LHS 188という名称も持つ。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ163 · 続きを見る »

グリーゼ229

リーゼ229(Gliese 229、GJ 229)は、うさぎ座の方角に約19光年の距離にある、赤色矮星と褐色矮星の連星系である。赤色矮星の主星は、太陽系外惑星を持つと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ229 · 続きを見る »

グリーゼ370

記載なし。

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ370 · 続きを見る »

グリーゼ436

リーゼ436 (Gliese 436) とは、しし座の方向に33光年離れた位置にある赤色矮星である。2010年の時点で太陽系外惑星が1つ発見されており、未確認ながら第2の惑星も推定されている。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ436 · 続きを見る »

グリーゼ440

リーゼ440 (Gliese 440, Gl 440, GJ 440) は太陽系から15光年の位置にある白色矮星で、核融合反応でエネルギーを生産せず、余熱で輝く天体である。WD-1142-645とも呼ばれる。スペクトル型がDQに分類される珍しいタイプの白色矮星で、スペクトルに炭素原子や炭素分子の兆候を見出せる。現在、知られている中では、シリウスB、プロキオンB、ヴァン・マーネン星に次いで4番目に地球に近い白色矮星である。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ440 · 続きを見る »

グリーゼ570

リーゼ570 (Gliese 570) またはHR 5568とは、太陽系からてんびん座の方角に19光年離れた位置にある三連星である。主星は太陽より小さいK型主系列星で、伴星は2つの赤色矮星からなる連星系である。またこれらの周囲を離れた軌道で公転する褐色矮星が存在する。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ570 · 続きを見る »

グリーゼ581

リーゼ581 (Gliese 581) は、太陽系から約20.40光年離れたM3V型の赤色矮星である。てんびん座の方角に位置しており、既知の恒星系の中では太陽から89番目に近い星系でもある。観測結果より6つの惑星、グリーゼ581e, b, c, d、それにfとgを持つ可能性が提示されており、そのうちc、d、gはハビタブルゾーン内に存在していると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ581 · 続きを見る »

グリーゼ581c

リーゼ581cは、太陽系から約20光年離れた赤色矮星、グリーゼ581の周囲を公転する太陽系外惑星である。この星系の惑星としては2番目に発見され、内側から数えて第3惑星にあたる。 グリーゼ581cは、初めて発見されたハビタブルゾーン内に存在する地球型の惑星とされたため、天文学者達から多くの関心を集めた。しかし、その後の研究で、グリーゼ581cが潮汐力の影響で、惑星の片面が常に恒星を向けている可能性が高く、惑星の居住性に関しては疑問が投げかけられている。 地球からは約20.5光年(約200兆km)離れており、天文学的には、比較的近い距離に位置している。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ581c · 続きを見る »

グリーゼ674

リーゼ674 (Gl 674) は、さいだん座の方角にある赤色矮星で、太陽系からは約15光年離れている。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ674 · 続きを見る »

グリーゼ676

リーゼ676()は2つの赤色矮星から成る連星系である。2つの恒星は推定800AU離れており、約2万年で公転しているとされる。グリーゼ676はさいだん座の方向に約54光年離れた位置にある。2009年に主星のグリーゼ676Aの周りに巨大ガス惑星(太陽系外惑星)が発見され、2011年に正式に発表された。さらに、2012年には新たな巨大ガス惑星1つと質量が小さく、岩石質と思われる惑星が2つ発見された。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ676 · 続きを見る »

グリーゼ687

リーゼ687()はりゅう座の方向にある赤色矮星である。地球との距離が約15光年しかなく、地球に近い恒星の1つである。近距離にあるが、肉眼での明るさが9等級のため、観測には望遠鏡が必要である。グリーゼ687は、1年に1.304秒角移動して見える「高速度星」で、視線速度は約29km/sである。海王星ほどの質量を持つ太陽系外惑星が公転している事が分かっている。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ687 · 続きを見る »

グリーゼ710

リーゼ710(Gliese 710)とは、へび座の尾部に存在する9.6等星で、太陽の0.6倍程度の質量を持つK型主系列星である。肉眼で観測することのできない暗い星だが、およそ135万年後に太陽系に1光年以内の距離にまで接近することで知られている。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ710 · 続きを見る »

グリーゼ758

リーゼ758 (Gliese 758, GJ 758) とは、こと座の6等星で、太陽系から50光年離れている。スペクトル型は太陽と同じG型だが、やや古い星表ではK型に分類される場合もある。天球上の位置はこと座とはくちょう座との境界付近で、ベガ・デネブ・アルタイルが形作る夏の大三角の内側にあるが、視等級が6.36と暗いため肉眼での目視は難しい。 2009年、グリーゼ758の周囲に太陽系外惑星の候補天体が発見された。この天体が惑星だと確認されれば、太陽に似たG型主系列星の周囲に直接撮影法で系外惑星が発見された最初の例となる。しかしより質量の大きい褐色矮星に分類されるの可能性もあり、2009年末の時点で結論は出ていない。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ758 · 続きを見る »

グリーゼ777

リーゼ777 (Gliese 777) は、太陽系から52光年の距離にあるはくちょう座の6等星で、太陽に似た恒星と暗い赤色矮星の連星である。2009年までに恒星Aを周回する2つの太陽系外惑星が発見されている。別名としては HD 190360 が用いられる。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ777 · 続きを見る »

グリーゼ783

リーゼ783(Gliese 783)は、いて座にあるK型主系列星と赤色矮星による連星である。地球からは19.87光年にあり、絶対等級は+5.32である。グリーゼ783は、約140km/sの速度で太陽系の方向に近づいている。この速度だと、4万年以内に6.7光年の位置になり、現在より10倍も明るくなる。2つの恒星は、約43天文単位に相当する7.1″離れている。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ783 · 続きを見る »

グリーゼ832

リーゼ832()またはGJ 832は、つる座に存在するスペクトル型M1.5Vの赤色矮星である。太陽系からの距離は16.1光年で、質量・半径ともに太陽の半分程度の恒星だと考えられている。約5万2920年前は、地球から15.71光年と、現在より少し地球に近い位置にあったと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ832 · 続きを見る »

グリーゼ849

リーゼ849(英語:Gliese 849)は、みずがめ座の方角に約29光年の距離にある赤色矮星である。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ849 · 続きを見る »

グリーゼ876

リーゼ876 (Gliese 876)、別名ロス780 (Ross 780) は太陽系からみずがめ座の方向、約15光年の距離にある赤色矮星である。ドップラーシフト観測により、2016年時点で6つの太陽系外惑星が発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ876 · 続きを見る »

グリーゼ892

リーゼ892(Gliese 892)は、カシオペヤ座にある主系列星である。HR 8832やHD 219134とも呼ばれる。太陽よりも小さくて光度が低いスペクトル型K3Vの恒星であり、橙赤色に輝く。グリーゼ892は比較的太陽系に近く、距離は21.25光年と推定されている。この恒星は、裸眼で見える限界に近い視等級である。 この恒星は、106.6″離れた位置に9.4等級の伴星を伴っている。.

新しい!!: 太陽光度とグリーゼ892 · 続きを見る »

グルームブリッジ1618

ルームブリッジ1618は、おおぐま座に位置する、太陽系から15.9光年という近距離にあるスペクトル型K5Vの赤色矮星である。肉眼では観測できない。 イギリスの天文学者スティーヴン・グルームブリッジが発見した。年周視差が早くから観測されていた星のひとつで、1884年の測定値はおよそ322ミリ秒/年だった。ただし、これは現在の測定値である205ミリ秒/年より大きい。また、くじら座UV星タイプの閃光星だが、赤色矮星の中では比較的明るく、活動も穏やかな方である。 IRAS赤外線宇宙望遠鏡による観測では、ベガの周りにあるようなデブリ円盤は発見できなかった。アストロメトリー観測によれば、木星質量の3-12倍より大きな惑星は(公転周期が5年から50年の範囲内には)存在しない。.

新しい!!: 太陽光度とグルームブリッジ1618 · 続きを見る »

グルームブリッジ1830

ルームブリッジ1830 (Groombridge 1830) は、太陽系から約30光年の位置にあるおおぐま座の恒星である。1842年にはフリードリヒ・ヴィルヘルム・アルゲランダーによって大きな固有運動が発見され、カプタイン星が見つかるまで最大の固有運動を持つ天体として知られていた。.

新しい!!: 太陽光度とグルームブリッジ1830 · 続きを見る »

グルームブリッジ34

ルームブルッジ34 (Groombridge 34) は太陽系から11.6光年の距離に存在する、2個の恒星からなる連星である。 両恒星は118AUから196AUの距離を軌道運動している。 この恒星系は、スティーヴン・グルームブリッジが作成した星表に記載されている恒星のひとつである。 グルームブリッジ34Aはスペクトル分類M1.5の赤色矮星で、質量は太陽に比して48.6パーセント、直径は34パーセントである。 グルームブリッジ34Bはスペクトル分類M3.5の赤色矮星で、質量は太陽に比して16.3パーセント、直径は19パーセントである。.

新しい!!: 太陽光度とグルームブリッジ34 · 続きを見る »

ケンタウルス座ミュー星

ンタウルス座μ星(ケンタウルス座ミューせい、μ Cen)はケンタウルス座にある3等星。B型主系列星で視等級は3.43等、ケンタウルス座の中では明るい方である。地球からの距離は約500光年。 μ星はν星、φ星とともに、『アルマゲスト』における「プトレマイオスの星表」より、バイエル、ハレーらによって伝統的に、ケンタウルス座の星座の図像において "in dextro latere" - すなわち「右の脇腹」とみられていた。μ星はその "" - 中央星とされている。実際には、μ星・ν星・φ星の3星は三角形を描いていて、μ星とν星の2星が先行しており、φ星が後行している。μ星は、その先行している2星の南側に当たる。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座ミュー星 · 続きを見る »

ケンタウルス座ラムダ星

ンタウルス座λ星は、ケンタウルス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座ラムダ星 · 続きを見る »

ケンタウルス座デルタ星

ンタウルス座δ星()は、ケンタウルス座にある3等星の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座デルタ星 · 続きを見る »

ケンタウルス座ニュー星

ンタウルス座ν星は、ケンタウルス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座ニュー星 · 続きを見る »

ケンタウルス座アルファ星

ンタウルス座α星は、ケンタウルス座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座アルファ星 · 続きを見る »

ケンタウルス座アルファ星Bb

ンタウルス座α星Bb(ケンタウルスざアルファせいBb、Alpha Centauri Bb)とは、ケンタウルス座α星Bを公転するとされた太陽系外惑星である。発見時、太陽系から最も近い太陽系外惑星であるとして注目を集めたが、後の研究により存在しないだろうとの指摘がなされている。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座アルファ星Bb · 続きを見る »

ケンタウルス座イータ星

ンタウルス座η星(ケンタウルスざイータせい)は、ケンタウルス座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座イータ星 · 続きを見る »

ケンタウルス座イオタ星

ンタウルス座ι星は、ケンタウルス座に位置する3等星の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座イオタ星 · 続きを見る »

ケンタウルス座カッパ星

ンタウルス座κ星は、ケンタウルス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座カッパ星 · 続きを見る »

ケンタウルス座シータ星

ンタウルス座θ星は、ケンタウルス座の恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座シータ星 · 続きを見る »

ケンタウルス座ゼータ星

ンタウルス座ζ星(ケンタウルスざゼータせい、ζ Cen) は、ケンタウルス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座ゼータ星 · 続きを見る »

ケンタウルス座V886星

ンタウルス座V886星は、白色矮星の変光星で、水素の大気を持ち、質量は太陽の約1.1倍と非常に大きい。地球からは、ケンタウルス座の方向に約50光年離れている。脈動しており、そのため地球から見た明るさが変化する。他の白色矮星のように、この星は主にヘリウムからトリプルアルファ反応で形成された炭素と酸素から構成されていると考えられている, Michael Richmond, lecture notes, Physics 230, Rochester Institute of Technology, accessed online May 3, 2007.

新しい!!: 太陽光度とケンタウルス座V886星 · 続きを見る »

ケプラー14

プラー14(英語:Kepler-14)とは、地球から見てこと座の方向、約3,196光年(約980パーセク)先にある連星系である。2011年に、太陽系外惑星が発見された。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー14 · 続きを見る »

ケプラー186

プラー186(Kepler-186)は、地球からはくちょう座の方向の492光年離れた先にあるスペクトル型M1V型の赤色矮星である。太陽よりも小型で、金属量も半分に満たない。5つの太陽系外惑星が公転しており、そのうちの一つであるケプラー186fは、初めて確認されたハビタブルゾーン内を公転する地球規模の惑星として知られている。残る4惑星のうち、b、c、dはケプラー186に非常に接近しているが、eに関してはハビタブルゾーンの内縁付近を公転しているとされている。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー186 · 続きを見る »

ケプラー20

プラー20 (Kepler-20) は、こと座の方向、約950光年(約290パーセク)先にある太陽に似た恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー20 · 続きを見る »

ケプラー22

プラー22(英: )は、太陽系から約620光年(190パーセク)の距離に存在する恒星である。天球座標系では赤経, 赤緯のはくちょう座の方角に位置している。視等級は12で、肉眼で見るには暗すぎるが、口径10cm以上の望遠鏡があれば見ることができる。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー22 · 続きを見る »

ケプラー26

プラー26(英語:Kepler-26)とは地球から見てこと座の方向、1591光年先にある太陽の6割の質量と半径を持つK型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー26 · 続きを見る »

ケプラー31

プラー31(英語:Kepler-31)とは地球からはくちょう座の方向に5773光年離れた太陽より比較的重く、大きく、熱い恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー31 · 続きを見る »

ケプラー36

プラー36(英語:Kepler-36)とは、地球から見てはくちょう座の方向に1530光年離れたところにある恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー36 · 続きを見る »

ケプラー4

プラー4 とはりゅう座の13等星で、太陽系から1800光年離れた位置にある太陽の2倍の光度の恒星である。2010年時点で1つの太陽系外惑星を持つことが知られている。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー4 · 続きを見る »

ケプラー42

プラー42(Kepler-42)は、はくちょう座の方向に地球から126.2光年離れた位置に存在する恒星である。別名KOI-961。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー42 · 続きを見る »

ケプラー438

プラー438(Kepler-438)は、地球から470光年離れたこと座の方向にある恒星である。2015年にケプラー宇宙望遠鏡の観測により、地球に最もよく似た太陽系外惑星、ケプラー438bが発見された。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー438 · 続きを見る »

ケプラー452

プラー452()とは、地球から見てはくちょう座の方向に約1400光年離れた位置にある太陽に非常によく似たG型主系列星である。2015年7月23日にNASAはケプラー宇宙望遠鏡の観測によってこれまでで最も地球に似ているとされている太陽系外惑星ケプラー452bの発見を公表した。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー452 · 続きを見る »

ケプラー47

プラー47 (Kepler-47) とは、恒星の連星である。初めて発見された、普通の恒星を回る周連星惑星を複数持つ惑星系である。仮符号はKOI-3154。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー47 · 続きを見る »

ケプラー5

プラー5()は宇宙望遠鏡ケプラーの視野の範囲内であるはくちょう座に位置する恒星である。NASAのケプラー・ミッションで、恒星の前を通過する軌道を公転している木星のような太陽系外惑星(ケプラー5b)が発見されている。ケプラー5bはケプラーが発見した最初の5つの惑星のうちの1つである。その発見は様々な天文台で確かめられたうえで、2010年1月4日ににて正式に発表された。ケプラー5は太陽より大きく、重いが、太陽に似た金属量を持つ。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー5 · 続きを見る »

ケプラー539

プラー539(Kepler-539)とは地球から見てはくちょう座にあると思われる、太陽に非常によく似たG型主系列星である。2015年4月に、NASAのケプラー宇宙望遠鏡の観測によって、2つの太陽系外惑星が発見された。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー539 · 続きを見る »

ケプラー6

プラー6(英語:Kepler-6)とは、はくちょう座にある黄色の恒星である。この恒星は、NASAが地球に似た太陽系外惑星を発見するために打ち上げられた探査機ケプラーの観測視野内にある。ケプラー6は太陽より金属が多く、やや大きい一方、表面温度はわずかに低い。ケプラーの観測により、ケプラー6に少なくとも1つ、ケプラー6bという木星サイズの太陽系外惑星が発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー6 · 続きを見る »

ケプラー66

プラー66(Kepler-66)とは地球からはくちょう座の方向に約3600光年離れた位置にある太陽に非常によく似たG型主系列星である。2013年にケプラー宇宙望遠鏡の観測によって1つの太陽系外惑星が発見された。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー66 · 続きを見る »

ケプラー67

プラー67(英語:Kepler-67)とは地球から見てはくちょう座の方向に約3600光年離れた位置にある太陽よりやや小ぶりなG型主系列星である。2013年にケプラー宇宙望遠鏡の観測によって1つの太陽系外惑星が発見された。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー67 · 続きを見る »

ケプラー69

プラー69 (Kepler-69) は、太陽系からこと座の方向に1,900光年離れた位置にある恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー69 · 続きを見る »

ケプラー7

プラー7は、こと座の方角で、NASAが太陽系外惑星探査を行う宇宙望遠鏡ケプラー計画の観測領域内に位置する恒星である。ケプラーによる発見が最初に公表された、5つの系外惑星の内の1つの母星であり、太陽よりも大きく、金属量は太陽より少し多い。2010年1月4日、ケプラー7の周囲を公転する太陽系外惑星の存在は、アメリカ天文学会の会合で公表された。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー7 · 続きを見る »

ケプラー8

プラー8は、こと座の方角で、NASAの太陽系外惑星捜索用宇宙望遠鏡ケプラーの観測領域内に位置する恒星である。ケプラー8は、太陽よりもやや高温で、半径、質量が大きく、1つの木星型惑星が周囲を公転している。ケプラー8の周囲を公転する惑星の発見は、2010年1月4日に他4つの惑星と一緒に公表された。ケプラー8は、ケプラー計画によって惑星系の存在が確定されたた5番目の天体である。.

新しい!!: 太陽光度とケプラー8 · 続きを見る »

ケフェウス座デルタ星

フェウス座δ星(ケフェウスざデルタせい、δ Cephei、δ Cep)は、ケフェウス座の恒星で地球から約797光年離れた位置にある連星系である。この距離では、視線上のガスや塵によるのため、視等級が0.23等暗くなる。 ケフェウス座δ星の主星は、比較的短い周期で明るさが変化する脈動変光星、セファイド変光星の典型である。更に細分化した場合、古典的セファイドまたはケフェウス座δ型に分類され(もう一つの分類はおとめ座W型)、その典型でもある。.

新しい!!: 太陽光度とケフェウス座デルタ星 · 続きを見る »

ケフェウス座ベータ星

フェウス座β星は、ケフェウス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とケフェウス座ベータ星 · 続きを見る »

ケフェウス座アルファ星

フェウス座α星は、ケフェウス座で最も明るい恒星で2等星。.

新しい!!: 太陽光度とケフェウス座アルファ星 · 続きを見る »

ケフェウス座イータ星

フェウス座η星は、ケフェウス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とケフェウス座イータ星 · 続きを見る »

ケフェウス座ガンマ星

フェウス座γ星(ケフェウスざがんませい、γ Cep)は、ケフェウス座の恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とケフェウス座ガンマ星 · 続きを見る »

ケフェウス座クシー星

フェウス座ξ星は、ケフェウス座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とケフェウス座クシー星 · 続きを見る »

ケフェウス座ゼータ星

フェウス座ζ星()は、ケフェウス座にある3等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とケフェウス座ゼータ星 · 続きを見る »

ケフェウス座VV星

フェウス座VV星(VV Cephei)、別名HD 208816とは、ケフェウス座の方角、地球からはおよそ5,000光年離れた場所にある食連星で、Be星、ガス殻星としての性質も備えている。 既知の食変光星の中では、2番目に長い公転周期の連星系で、主星の赤色超巨星は、伴星と最も近づいた際にはロッシュ・ローブを満たしていると考えられる。主星から伴星へと物質が移転し、伴星の周りに星周円盤が形成され、伴星を覆い隠している。主星のVV星Aは、現在知られている限り、銀河系で最も大きい恒星の一つで、半径は太陽の1,050倍と計算されている。.

新しい!!: 太陽光度とケフェウス座VV星 · 続きを見る »

ケフェウス座W星

フェウス座W星は、ケフェウス座の脈動変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とケフェウス座W星 · 続きを見る »

ゲミンガ

ミンガ (またはジェミンガ、Geminga) とは、地球から見てふたご座の方向に約815光年離れた位置にあるガンマ線源の名称である。天体の正体は電波の放出がほとんどない中性子星であると考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とゲミンガ · 続きを見る »

コンパス座アルファ星

ンパス座α星 (コンパスざアルファせい、α Cir, α Circini) は、コンパス座で最も明るい恒星で3等星。 この星は、りょうけん座α2型変光星で、高速で自転しているroAp星である。.

新しい!!: 太陽光度とコンパス座アルファ星 · 続きを見る »

コップ座アルファ星

ップ座α星は、コップ座で2番目に明るい恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とコップ座アルファ星 · 続きを見る »

シリウス

リウス(Sirius)は、おおいぬ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つで、太陽を除けば地球上から見える最も明るい恒星である。視等級は-1.46等で、シリウスに次いで明るいカノープスのほぼ2倍の明るさである。バイエル符号における名称は「おおいぬ座α星」である。オリオン座のベテルギウス、こいぬ座のプロキオンともに、冬の大三角を形成している。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。肉眼では1つの恒星に見えるが、実際には、シリウスAと呼ばれるA型主系列星と、シリウスBと呼ばれる白色矮星から成る連星である。シリウスBのシリウスAからの距離は8.2~31.5auの間で変化する。 シリウスは近距離にあるうえ、自身の光度も大きいため、肉眼でも明るく見える。ヒッパルコス衛星の観測によって得られた年周視差の値に基づくと、地球との距離は約8.6光年(約2.6パーセク)となる。その距離から、地球に近い恒星の一つである。シリウスは、太陽系に接近しているので、今後6万年の間に、わずかに明るさが増す。それ以降は、太陽系から離れていき、明るさは暗くなっていくが、少なくとも今後21万年間は、全天で最も明るい恒星でありつづけるとされている。 主星のシリウスAは、太陽の約2倍の質量を持ち、絶対等級は1.42等である。光度は太陽の約25倍にもなるが、カノープスやリゲルなどと比べると小さい。年齢は2億年から3億年ほどと推定されている。かつてシリウスは明るい2つの恒星から成る連星系だったが、より質量が大きいシリウスBが先に寿命を迎え、1億2000万年前には赤色巨星になった。シリウスBはその後、外層を失い、現在の白色矮星になったとされている。 シリウスはまた、おおいぬ座にあることから、Dog Starとも呼ばれている。なお、古代エジプトでは、ナイル川の氾濫時期を知らせてくれる星として、非常に重要な働きをしていた(エジプト神話・ナイル川およびソプデトも参照)。また、南半球のポリネシア人は太平洋上の航海において、冬の到来を示す重要な役目を果たした。.

新しい!!: 太陽光度とシリウス · 続きを見る »

スピカ

ピカ(Spica)は、おとめ座α星、おとめ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。春の夜に青白く輝く。.

新しい!!: 太陽光度とスピカ · 続きを見る »

サンデュリーク-69° 202

ンデュリーク-69° 202 (Sanduleak -69° 202) とは、銀河系外の大マゼラン雲に存在する恒星で、かつて三重連星だった天体。名前は1970年にルーマニア系アメリカ人天文学者のニコラス・サンデュリークが作成した大マゼラン雲の星表に記載された際の物である。略表記のSk -69 202や、別のカタログに基づくCPD -69 402, GSC 09162-00821といった名前でも呼ばれる。 1987年、構成する天体の一つが超新星爆発SN 1987Aを起こしたことで知られる。.

新しい!!: 太陽光度とサンデュリーク-69° 202 · 続きを見る »

やぎ座プサイ星

やぎ座ψ星(ψ Capricorni、ψ Cap)は、やぎ座の恒星である。黄白色のF型主系列星で、視等級は4.13である。地球から約49光年離れた位置にある。.

新しい!!: 太陽光度とやぎ座プサイ星 · 続きを見る »

やぎ座デルタ星

やぎ座δ星(やぎざデルタせい、δ Cap, δ Capricorni)は、やぎ座で最も明るい恒星で3等星。 黄道付近にあるため、月や惑星による掩蔽が起きる。.

新しい!!: 太陽光度とやぎ座デルタ星 · 続きを見る »

やぎ座ニュー星

やぎ座ν星(やぎざニューせい、ν Cap, ν Capricorni)は、やぎ座の恒星で5等星。.

新しい!!: 太陽光度とやぎ座ニュー星 · 続きを見る »

やぎ座ベータ星

やぎ座β星は、やぎ座にある3等星のβ1星と6等星のβ2星からなる連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とやぎ座ベータ星 · 続きを見る »

やぎ座アルファ2星

やぎ座α2星は、やぎ座で3番目に明るい恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とやぎ座アルファ2星 · 続きを見る »

やぎ座ガンマ星

やぎ座γ星は、やぎ座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とやぎ座ガンマ星 · 続きを見る »

やぎ座ゼータ星

やぎ座ζ星()は、やぎ座にある分光連星系で、見かけの明るさは4等級である。やぎ座ζ星系は、年周視差から推定すると、地球から約390光年離れていることになる。.

新しい!!: 太陽光度とやぎ座ゼータ星 · 続きを見る »

やまねこ座31番星

やまねこ座31番星 (やまねこざ31ばんせい、31 Lyn, 31 Lyncis) は、やまねこ座の恒星で4等星。.

新しい!!: 太陽光度とやまねこ座31番星 · 続きを見る »

やまねこ座41番星

やまねこ座41番星は、おおぐま座の恒星で5等星。2008年に惑星が発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とやまねこ座41番星 · 続きを見る »

やまねこ座6番星

やまねこ座6番星 (6 Lyncis, 6 Lyn) とは、太陽系からやまねこ座の方向に186光年離れた位置に存在するスペクトル型Kの準巨星。質量、半径、光度はそれぞれ太陽の1.7倍、5.2倍、15倍で、見かけの等級は5.88、絶対等級は2.10である。.

新しい!!: 太陽光度とやまねこ座6番星 · 続きを見る »

やまねこ座アルファ星

やまねこ座α星 (やまねこざアルファせい、α Lyn, α Lyncis) は、やまねこ座で最も明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とやまねこ座アルファ星 · 続きを見る »

や座アルファ星

や座α星 (Alpha Sagiitae、α Sge)は、や座にある4等星の恒星。.

新しい!!: 太陽光度とや座アルファ星 · 続きを見る »

や座ガンマ星

や座γ星は、や座で最も明るい恒星で3等星。.

新しい!!: 太陽光度とや座ガンマ星 · 続きを見る »

や座R星

や座R星(やざRせい)は、や座にある脈動変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とや座R星 · 続きを見る »

らしんばん座アルファ星

らしんばん座α星 (α Pyx / α Pyxidis) は、らしんばん座で最も明るい恒星。 青白色の巨星で、ケフェウス座β型変光星である。太陽質量の10倍以上で、半径は太陽の6倍以上である。表面温度は24,300Kに達し、太陽の約1万倍の光度を持つ。太陽の10倍以上の質量の恒星は、その寿命の最後に超新星爆発を起こすと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とらしんばん座アルファ星 · 続きを見る »

光度の大きい恒星の一覧

光度の大きい恒星の一覧(こうどのおおきいこうせいのいちらん)は、光度の大きい恒星の一覧である。 ここに掲載している輻射絶対等級とは、その星自体のエネルギーの放出量の大きさをあらわしており、地球から見た明るさでは無い。また、可視光のみで判断される光度とは異なり、ヒトの目には観測されないものも含めた全波長の電磁波の放射をあらわしている(詳細は等級と波長および見かけの等級(実視等級)・絶対等級を参考)。.

新しい!!: 太陽光度と光度の大きい恒星の一覧 · 続きを見る »

BD +20°307

BD +20°307は、おひつじ座の方向に地球から300光年離れた所にある恒星である。太陽と非常に良く似たG型主系列星の連星である。.

新しい!!: 太陽光度とBD +20°307 · 続きを見る »

BD-08°2823

BD-08°2823とは、太陽系から約140光年の距離にあるろくぶんぎ座の恒星である。視等級が9.9の暗い天体なので肉眼で見ることはできない。スペクトル型がK型に分類される橙色の主系列星で、2つの太陽系外惑星が発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とBD-08°2823 · 続きを見る »

BD-17°63

BD-17°63は、くじら座の方角に存在する低質量のK型主系列星である。地球からは約113光年離れており、9等級である。.

新しい!!: 太陽光度とBD-17°63 · 続きを見る »

CFBDSIR 1458+10

CFBDSIR 1458+10は、地球からうしかい座の方向に75光年離れた位置にある褐色矮星の連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とCFBDSIR 1458+10 · 続きを見る »

Cha 110913-773444

Cha 110913-773444とは、カメレオン座の方向、地球からおよそ520光年離れた場所にある、惑星質量天体である。ハッブル宇宙望遠鏡、セロ・トロロ汎米天文台のブランコ望遠鏡、スピッツァー宇宙望遠鏡を使い、2005年にペンシルベニア州立大学のチームが発見した。.

新しい!!: 太陽光度とCha 110913-773444 · 続きを見る »

質量光度比

質量光度比(Mass-to-light ratio)は、体積当たり(通常は銀河や星団程度)の質量と光度の商である。天体物理学や宇宙物理学においては、\Upsilonの記号で表す。これらの比はしばしば、太陽質量を太陽光度で割った定数\Upsilon_\odot.

新しい!!: 太陽光度と質量光度比 · 続きを見る »

赤色超巨星

赤色超巨星(せきしょくちょうきょせい、red supergiant star)とは、直径が太陽の数百倍から1,000倍以上あり、明るさは太陽の数千倍以上(全エネルギー放射は太陽の3万倍以上)ある恒星のこと。 赤色巨星のうち光度・質量の大きいもの、あるいは超巨星のうち表面温度が低いものともいえる。不安定で脈動変光星となっているものが多いが、赤色超巨星の脈動変光星は規則性のあるものがSRC型、規則性のないものがLC型と分類されている。 赤色超巨星のうち質量が太陽の十倍以上のものについては、超新星爆発の後に中性子星もしくはブラックホールになると考えられる。 赤色超巨星の物理的性質については赤色巨星及び超巨星を参照のこと。 本項では主な赤色超巨星の一覧を掲げる。.

新しい!!: 太陽光度と赤色超巨星 · 続きを見る »

G2 (星雲)

G2とは、銀河系の中心部に存在するいて座A*にある超大質量ブラックホールの周辺を公転するガス雲である。.

新しい!!: 太陽光度とG2 (星雲) · 続きを見る »

GJ 1061

GJ 1061は太陽系から約12光年の距離に存在する赤色矮星である。ウィレム・ヤコブ・ルイテンによって発見された。肉眼では観測できない。 1997年にRECONSのチームによって距離が測定され、太陽系から20番目に近い恒星とされた。ただし、同チームは今後さらに近い恒星が多数発見される可能性もあるとしている。.

新しい!!: 太陽光度とGJ 1061 · 続きを見る »

GJ 1214

GJ 1214(グリーゼ・ヤーライス1214)は、へびつかい座の方角、地球からおよそ47光年の位置に存在するスペクトル型M4.5の赤色矮星である。.

新しい!!: 太陽光度とGJ 1214 · 続きを見る »

GJ 1245

記載なし。

新しい!!: 太陽光度とGJ 1245 · 続きを見る »

Gliese 180

Gliese 180 (GJ 180)は、GJ 180 b と GJ 180 cとして知られる2つの惑星を持つ赤色矮星である。これらの天体は地球から約39光年離れている。.

新しい!!: 太陽光度とGliese 180 · 続きを見る »

GSC 02620-00648

GSC 02620-00648 は、ヘルクレス座の12等星。太陽系から1400光年離れた位置に存在する。恒星Aと恒星Cの2つの天体からなる連星で、Aは太陽の1.18倍の質量を持つと見られている。また、Aの周囲を公転する太陽系外惑星が発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とGSC 02620-00648 · 続きを見る »

GSC 02652-01324

GSC 02652-01324は、こと座の方角に521光年離れた位置にあるK型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とGSC 02652-01324 · 続きを見る »

HAT-P-11

HAT-P-11 とは、はくちょう座の9等星で、太陽系から120光年の距離にある。太陽と比べ一回り小さいスペクトル型Kの恒星で、光度は太陽の1/4程度である。2009年に太陽系外惑星が1つ発見された。.

新しい!!: 太陽光度とHAT-P-11 · 続きを見る »

HAT-P-12

HAT-P-12は、りょうけん座の方角に約465光年の距離にある13等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とHAT-P-12 · 続きを見る »

HAT-P-3

HAT-P-3 は、おおぐま座の方角にある12等星で、太陽系から460光年離れた位置に存在する。スペクトル型はK型で、太陽より小さく暗い恒星だと考えられている。2009年までに太陽系外惑星が1個発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とHAT-P-3 · 続きを見る »

HAT-P-4

HAT-P-4は、うしかい座の方角に約1,020光年の距離にある連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とHAT-P-4 · 続きを見る »

HAT-P-5

HAT-P-5は、こと座の方角に約1100光年離れた位置にある12等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とHAT-P-5 · 続きを見る »

HAT-P-7

HAT-P-7 とは、はくちょう座の10等星で、太陽系から1000光年前後離れた位置にあるF型の恒星である。半径が太陽の1.8倍ある明るい星で、2010年時点で1つの太陽系外惑星を持つことが知られている。.

新しい!!: 太陽光度とHAT-P-7 · 続きを見る »

HAT-P-8

HAT-P-8は、ペガスス座の方角に約750光年の距離にある連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とHAT-P-8 · 続きを見る »

HAT-P-9

HAT-P-9は12等級の恒星であり、ぎょしゃ座の方向に約1,560光年離れた位置にある。.

新しい!!: 太陽光度とHAT-P-9 · 続きを見る »

HD 101065

HD 101065、通称プシビルスキ星 (Przybylski's Star) は、太陽系から約360光年の位置にある恒星で、ケンタウルス座に属する。.

新しい!!: 太陽光度とHD 101065 · 続きを見る »

HD 10180

HD 10180は、太陽に似たG型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 10180 · 続きを見る »

HD 101930

HD 101930は、ケンタウルス座の方角に約97光年の距離にある8等級の恒星である。橙色のK型主系列星で、太陽より若干暗く冷たい。.

新しい!!: 太陽光度とHD 101930 · 続きを見る »

HD 102117

HD 102117は、ケンタウルス座の方角に約130光年の位置にある、7等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 102117 · 続きを見る »

HD 102195

HD 102195は、おとめ座の方角に約96光年の距離にある橙色の主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 102195 · 続きを見る »

HD 102365

HD 102365或いはHR 4523は、ケンタウルス座の北東部に位置し、太陽系から約30.1光年の距離にある連星である。主星は、太陽に似たG型主系列星で、これと固有運動を共有するM型主系列星の伴星が存在する。主星と伴星の距離は、見かけの離角と星系までの距離から、約211AUと推定される。これは、海王星軌道の平均的な半径の7倍になる。.

新しい!!: 太陽光度とHD 102365 · 続きを見る »

HD 104985

HD 104985は、きりん座の恒星で6等星。2003年に太陽系外惑星が発見された。.

新しい!!: 太陽光度とHD 104985 · 続きを見る »

HD 111232

HD 111232は、はえ座の方角にある黄色い主系列星である。地球からは約93光年離れ、7.61等級である。太陽の7割の質量を持つ。.

新しい!!: 太陽光度とHD 111232 · 続きを見る »

HD 114729

HD 114729は、ケンタウルス座の方角に約118光年の距離にある7等級の恒星である。太陽と似た黄色の主系列星である。太陽より若干軽いが、明るさは約2倍である。これは、太陽よりずっと年上、おそらくは100億歳以上であることを示唆している。.

新しい!!: 太陽光度とHD 114729 · 続きを見る »

HD 11506

HD 11506は、くじら座の方角にあるG型主系列星である。地球から約164光年離れており、8等星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 11506 · 続きを見る »

HD 125612

HD 125612はおとめ座の方向に約170光年離れた位置にある連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 125612 · 続きを見る »

HD 12661

記載なし。

新しい!!: 太陽光度とHD 12661 · 続きを見る »

HD 130322

HD 130322は、おとめ座の方角にある8等級の恒星である。橙色のK型主系列星で、太陽よりも若干暗くて冷たい。北極圏を除きほぼ世界中で、望遠鏡か双眼鏡を使うと、ほぼ正確に天の赤道上に見ることができる。.

新しい!!: 太陽光度とHD 130322 · 続きを見る »

HD 134064

HD 134064は、うしかい座の方角に約235光年の距離にある連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 134064 · 続きを見る »

HD 13931

HD 13931 とは、太陽系からアンドロメダ座の方角に約144光年離れた位置にあるG型の恒星である。視等級は7.6と暗いので肉眼で見ることはできない。2010年現在1個の惑星を持つことが知られている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 13931 · 続きを見る »

HD 141937

HD 141937は、てんびん座の方角に約105光年の距離にある恒星である。視等級は7.25であり、肉眼では見ることができない。太陽とよく似た黄色の主系列星に分類され、質量は太陽質量に近く、半径も太陽とほぼ同じである。年齢は太陽より若い。.

新しい!!: 太陽光度とHD 141937 · 続きを見る »

HD 142

HD 142は、ほうおう座の方角に約84光年の距離にある、6等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 142 · 続きを見る »

HD 142415

HD 142415は、じょうぎ座の方角に約116光年の距離にある、7等級の黄色主系列星である。太陽と比べ、質量は1.15倍、半径は0.98倍、光度は1.1倍、表面温度は1.03倍、金属量は1.4倍と良く似ている。年齢は10億歳程度である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 142415 · 続きを見る »

HD 1461

HD 1461は、くじら座の方角に地球から約76光年の位置にある、太陽より若干大きいG型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 1461 · 続きを見る »

HD 147506

HD 147506 はヘルクレス座に存在する9等星で、太陽からは約440光年ほど離れた位置にある。暗い恒星なので観測には望遠鏡などの機材を必要とする。スペクトル型がF型の、太陽と比べてやや高温の星で、質量・半径も太陽より少し大きい。2009年までに周囲を公転する太陽系外惑星が一つ発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 147506 · 続きを見る »

HD 147513

HD 147513は、さそり座の方角にある恒星である。視等級は5.4で、ボートル・スケールでは郊外ならば肉眼でみえる明るさである。年周視差から計算すると、地球から約42光年離れている。 イタリアの天文学者ジュゼッペ・ピアッツィによって初めて星表に収録され、"XVI 55"という符号が付けられた。XVIはローマ数字の「16」で、ピアッツィの星表中で、赤経16時台の西から数えて55番目、というのが符号の意味である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 147513 · 続きを見る »

HD 149026

HD 149026は、ヘルクレス座の方角に約257光年の位置にある黄色準巨星である。太陽よりも重く、大きく、明るいと考えられている。2005年時点で、周囲を公転する太陽系外惑星の存在が明らかになっている。この恒星の名前はヘンリー・ドレイパーカタログの識別番号である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 149026 · 続きを見る »

HD 161693

HD 161693は、りゅう座の6等星。.

新しい!!: 太陽光度とHD 161693 · 続きを見る »

HD 16175

HD 16175は、ペルセウス座の方角に約190光年の距離にある7等級のG型主系列星である。この恒星は双眼鏡以上の器具を使わないと見ることができない。絶対等級は3.45であり、可視光で太陽より3.53倍明るい。.

新しい!!: 太陽光度とHD 16175 · 続きを見る »

HD 167042

HD 167042 は、りゅう座の6等星。太陽系から163光年離れた位置に存在する、スペクトル型K型の巨星である。質量は1.64太陽質量で、年齢は22億歳と見られており、かつて主系列星だった時代にはスペクトル型A型の星だったと推測されている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 167042 · 続きを見る »

HD 16760

HD 16760 はペルセウス座の方角にある連星系で、太陽系から150光年離れている。恒星A (HIP 12638) は太陽に似たG型主系列星で、恒星B (HIP 23635) は主星より1.5等級ほど暗い天体である。二つの天体の間は14.6秒角離れており、連星系までの距離を148光年とすると、この角度は660天文単位の距離に相当する。 2009年7月、恒星Aの周囲を、木星質量の10倍程度の天体が公転していることが発見された。惑星と褐色矮星のどちらに分類されるべきかは2009年12月の時点では確定していない。.

新しい!!: 太陽光度とHD 16760 · 続きを見る »

HD 170469

HD 170469は、へびつかい座の方角に約198光年の距離にある黄色準巨星である。視等級は8.21である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 170469 · 続きを見る »

HD 171238

HD 171238は、いて座の方角に約144光年の距離にある、9等級の主系列星である。この恒星は太陽よりも若干冷たく、軽く、若く、金属量が多い。 変光星総合カタログでは、りゅう座BY型変光星の可能性もあるとされているが、ヒッパルコス衛星の観測では、光度はほとんど変化していない。.

新しい!!: 太陽光度とHD 171238 · 続きを見る »

HD 17156

HD 17156は、カシオペヤ座の方角にある黄色準巨星である。8等級であり、肉眼では観測出来ないが、性能のよい双眼鏡を使うと観測することが出来る。 質量は太陽より27.5%、半径は50.8%大きい。表面温度は6,079Kで、太陽の5,778K よりもやや高温である。また彩層の観測により、2007年の研究では、年齢は44億年から70億年と推定されていたが、2011年の発表で、31億6000万年から38億5000万年に改められた。この星はすでに主系列星の最終段階で、すぐに近傍の惑星を飲み込むと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 17156 · 続きを見る »

HD 173739とHD 173740

HD 173739とHD 173740は、太陽から11.5光年の距離に存在する、2個の恒星からなる連星である。2000年にハッブル宇宙望遠鏡によって観測が行われたが、太陽系外惑星や褐色矮星などの天体は発見されなかった。.

新しい!!: 太陽光度とHD 173739とHD 173740 · 続きを見る »

HD 179949

HD 179949は、いて座の方角にある6等級の恒星である。薄黄色の主系列星で、太陽より熱く、明るい。地球から約90光年の距離にあり、良い環境の下では肉眼で見ることができる。しかし、通常は双眼鏡以上の器具が必要である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 179949 · 続きを見る »

HD 183263

HD 183263は、わし座の方角に約180光年の位置にある8等級の恒星である。 この恒星は燃料の水素がほぼ尽きかけており、最終的には赤色巨星を経て、白色矮星となって死を迎える。絶対等級は4.15と太陽の4.83等級よりも明るく、表面温度もやや高い。.

新しい!!: 太陽光度とHD 183263 · 続きを見る »

HD 187085

HD 187085は、いて座の方角に約144光年の距離にある黄色の主系列星である。太陽よりも若く、約10億歳と推定されており、太陽よりも1.2倍質量が大きい。.

新しい!!: 太陽光度とHD 187085 · 続きを見る »

HD 189733

HD 189733は、太陽系から約63光年の距離にある、こぎつね座の連星。M27(亜鈴状星雲)から0.3度ほど離れている。主星 HD 189733 A(以下 A星)は橙色の主系列星、伴星 HD 189733 B(以下 B星)は赤色矮星と推定される。2005年にはトランジット(掩蔽)観測によって惑星 HD 189733 b(以下 惑星b)が発見された。.

新しい!!: 太陽光度とHD 189733 · 続きを見る »

HD 197027

HD 197027は、やぎ座にある恒星である。 この恒星の性質を計測した結果、太陽に非常によく似ている事がわかり、ソーラーツインの候補とされた。21の元素の含有量は、知られている他のソーラーツインよりも太陽に近い。さらに、有効温度、表面重力、微視的乱流は、太陽にほぼ等しい。ただし、約36億年と太陽よりかなり古い。太陽に似ている事は、地球型惑星を持つ候補である可能性を示唆している。.

新しい!!: 太陽光度とHD 197027 · 続きを見る »

HD 20367

HD 20367は、おひつじ座のペルセウス座との境目に非常に近い方角に、約86光年離れた位置にある6等級の恒星である。太陽よりも若干大きく、温度や金属量も太陽より上で、若い恒星だとみられる。.

新しい!!: 太陽光度とHD 20367 · 続きを見る »

HD 204313

HD 204313は、やぎ座の方角に約155光年の距離にある、8等級のG型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 204313 · 続きを見る »

HD 205739

HD 205739は、みなみのうお座の方角にあるスペクトル型F7 VのF型主系列星である。太陽から約304光年離れている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 205739 · 続きを見る »

HD 20782

HD 20782は、ろ座の方角に約117光年の距離にある、7等級のG型主系列星である。年齢は55億歳程度と推定され、質量は太陽とほぼ同じである。 という別の恒星と連星系を成している。HD 20781との離角は約252秒と非常に大きく、実際の距離にするとおよそ9,000AU離れていることになるが、固有運動が同じであり、化学的にも同質で一緒に誕生したと考えられる。.

新しい!!: 太陽光度とHD 20782 · 続きを見る »

HD 210277

HD 210277は、みずがめ座の方角にある7等級の恒星で、太陽と似た黄色の主系列星である。地球から約70光年の位置にあり、肉眼では見えないが、双眼鏡では容易に見ることができる。質量は0.99太陽質量程度で、年齢は約75億年と推定されている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 210277 · 続きを見る »

HD 213240

HD 213240は、つる座の方角に約133光年の距離にある主系列星である。太陽よりも、金属量に富んでいる。.

新しい!!: 太陽光度とHD 213240 · 続きを見る »

HD 215497

HD 215497は、きょしちょう座の方角に約142光年の位置にある恒星である。スペクトル型はK3Vで太陽と非常に良く似た性質を持つ。2009年に太陽系外惑星が発見された。.

新しい!!: 太陽光度とHD 215497 · 続きを見る »

HD 216770

HD 216770は、みなみのうお座の方角に約116光年の距離にある8等級の恒星である。黄色のG型主系列星で、太陽よりも若干暗く冷たい。.

新しい!!: 太陽光度とHD 216770 · 続きを見る »

HD 217107

HD 217107は、うお座の方角に地球から約65光年の距離にある黄色準巨星である。質量は太陽質量とほぼ同じであるが、かなり古い。2つの惑星を持つことが知られており、1つは恒星に極端に近い軌道を7日間の周期、もう1つはもっと遠い距離を約8年間の周期で公転している。.

新しい!!: 太陽光度とHD 217107 · 続きを見る »

HD 219828

HD 219828は、ペガスス座の方角約256光年離れた位置にある、8等級の恒星である。黄色準巨星で、核での水素核融合は終わっているとみられる。.

新しい!!: 太陽光度とHD 219828 · 続きを見る »

HD 221287

HD 221287は、きょしちょう座の方角に約180光年の距離にあるF型主系列星である。視等級は7.82で、絶対等級は4.20である。HIP 116084とも呼ばれている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 221287 · 続きを見る »

HD 222582

HD 222582は、みずがめ座の方角約136光年離れた位置にある連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 222582 · 続きを見る »

HD 224693

HD 224693は、くじら座の方角約321光年離れた位置にある黄色準巨星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 224693 · 続きを見る »

HD 23079

HD 23079は、レチクル座の方角に約108光年の距離にある恒星である。7.1等級であり、肉眼では見えないが、双眼鏡を用いると簡単に見ることができる。 スペクトル型はF8またはG0であり、水素を燃料とする主系列星である。太陽よりも若干大きく重いが、太陽と似た恒星である。太陽が45.7億歳なのに対して、この恒星は約20億歳である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 23079 · 続きを見る »

HD 23596

HD 23596は、ペルセウス座の方角に約170光年の位置にある7等級の恒星である。光度は太陽の2.63倍である。HD 23596の質量、半径、温度、金属量は太陽より少し上で、年齢は太陽に近い。スペクトル型はF8である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 23596 · 続きを見る »

HD 240210

HD 240210は、カシオペヤ座の方角におよそ466光年の距離にある恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 240210 · 続きを見る »

HD 2638

HD 2638は、くじら座の方角にある10等級の連星である。主星は、太陽と類似した恒星である。小さな望遠鏡を用いて見ることができる。.

新しい!!: 太陽光度とHD 2638 · 続きを見る »

HD 269810

HD 269810は、大マゼラン雲にある青色巨星である。既知の恒星の中で、質量が最も大きい恒星の一つ、且つ光度が最も高い恒星の一つで、スペクトル型がO2の数少ない既知の恒星の一つである。.

新しい!!: 太陽光度とHD 269810 · 続きを見る »

HD 27894

HD 27894は、地球から見てレチクル座の方角に、約143光年の位置にある9等級の恒星である。K型主系列星で、太陽よりも暗くて冷たい。.

新しい!!: 太陽光度とHD 27894 · 続きを見る »

HD 28254

HD 28254は、かじき座の方角に約178光年離れた位置にある8等級のG型主系列星、もしくは準巨星である。質量と半径は共に太陽より大きく、金属量は太陽の2.29倍にもなる。誕生から79億年が経過しているとされている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 28254 · 続きを見る »

HD 290327

HD 290327は、オリオン座の方角に約186光年の距離にある9等級のG型主系列星である。この恒星は、太陽とほぼ同じ大きさで、表面温度、光度、質量は太陽より下である。また、金属量は太陽の9分の7程度である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 290327 · 続きを見る »

HD 30177

HD 30177は、かじき座の方角に約177光年の距離に位置する8等級の恒星である。黄色の主系列星で、核内では水素を燃料としている。また、太陽よりも倍以上の年齢の古い恒星である。2つの太陽系外惑星が周囲を公転するのが発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 30177 · 続きを見る »

HD 30562

HD 30562は、エリダヌス座の方角に約86光年の距離にある、6等級のF型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 30562 · 続きを見る »

HD 32518

HD 32518は、きりん座の方角に約390光年の距離にある、6等級のK型巨星である。太陽と比べ、1.13倍質量が大きく、10.22倍大きく、46.4倍明るい。しかし、金属量は太陽より少なく、年齢も太陽よりやや上とみられる。.

新しい!!: 太陽光度とHD 32518 · 続きを見る »

HD 33283

HD 33283は、うさぎ座の方角に約288光年の距離にある8等級の恒星である。HD 33283は太陽と良く似た恒星で、スペクトル型はG3 Vである。太陽より質量、半径、表面温度は上で、金属量にいたっては2.3倍にもなる。一方、年齢は太陽より下である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 33283 · 続きを見る »

HD 33564

HD 33564は、きりん座の方角に約68光年の位置に存在する5等級の恒星で、肉眼で見ることができる。F型主系列星であり、太陽よりも熱くて重い。年齢は約22億歳であり、鉄の含量は太陽の76%である。 HD 33564は三重星で、30.3秒離れた位置に9等星のBが、172.9秒離れた位置に9等星のCが存在する。しかし、これらの星の間には、物理的な結びつきはなく、見かけの三重星と考えられる。.

新しい!!: 太陽光度とHD 33564 · 続きを見る »

HD 34445

HD 34445は、オリオン座の方角に約148光年の位置にある7等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 34445 · 続きを見る »

HD 37124

HD 37124は、おうし座の方角へ約110光年の距離にある黄色主系列星である。3つの太陽系外惑星が、HD 37124の周りを公転しているのが発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 37124 · 続きを見る »

HD 37605

記載なし。

新しい!!: 太陽光度とHD 37605 · 続きを見る »

HD 40307

HD 40307は、がか座の方向に42光年離れた位置にあるK型主系列星で太陽の4分の3の質量と直径をもつ。.

新しい!!: 太陽光度とHD 40307 · 続きを見る »

HD 40979

HD 40979は、ぎょしゃ座の方角に約111光年の距離にある連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 40979 · 続きを見る »

HD 4113

HD 4113は、ちょうこくしつ座の方角に約144光年の位置にある金属に富んだ恒星である。太陽に似た恒星で、約49秒角離れた位置に、12.7等級の伴星(HD 4413B)を持つ。.

新しい!!: 太陽光度とHD 4113 · 続きを見る »

HD 4203

HD 4203は、うお座の方角に約257光年の距離にある9等級の恒星である。スペクトル型がG5の黄色い星である。誕生してから50億年を経ている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 4203 · 続きを見る »

HD 4208

HD 4208は、ちょうこくしつ座の方角に約111光年の距離にある、8等級の恒星である。スペクトル型がG5 Vの太陽に似た黄色の主系列星で、太陽より若干冷たく暗い。肉眼では見えないが、双眼鏡や小さな望遠鏡で見ることができる。.

新しい!!: 太陽光度とHD 4208 · 続きを見る »

HD 4308

HD 4308は、きょしちょう座の方角に約72光年の距離にある7等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 4308 · 続きを見る »

HD 43197

HD 43197は、おおいぬ座の方角に約200光年の距離にある、9等級のG型主系列星である。この恒星は、太陽と比べて大きさはほぼ同じだが、表面温度と光度は太陽より下である。また、金属量は太陽の2.5倍である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 43197 · 続きを見る »

HD 44219

HD 44219は、いっかくじゅう座の方角に約172光年の距離にある8等級のG型主系列星である。この恒星は太陽と比べて大きく、明るく、質量や表面温度はほぼ同じである。また、金属量は太陽より若干多い。.

新しい!!: 太陽光度とHD 44219 · 続きを見る »

HD 45652

HD 45652は、いっかくじゅう座の方角にある、スペクトル型G8-K0の恒星である。地球から約118光年離れており、8.1等級である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 45652 · 続きを見る »

HD 48265

HD 48265は、とも座の方角にあるG型主系列星もしくは準巨星である。地球から約293光年離れており、視等級は8である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 48265 · 続きを見る »

HD 49674

HD 49674は、ぎょしゃ座の方角に約140光年の距離にある、8等級でスペクトル型がG5 VのG型主系列星である。質量や直径は太陽と大体同じだが、表面温度と光度は太陽よりやや下である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 49674 · 続きを見る »

HD 49798

HD 49798は、とも座の恒星の1つでO型主系列星。伴星で白色矮星のRX J0648.0–4418を持つ。.

新しい!!: 太陽光度とHD 49798 · 続きを見る »

HD 50554

HD 50554は、地球から見て、ふたご座の方角に約100光年離れた位置にある恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 50554 · 続きを見る »

HD 52265

HD 52265は、いっかくじゅう座の方角に約97光年の距離にある6等級のG型主系列星である。太陽より3割程質量が大きく、約2倍の明るさである。年齢は25億歳程度である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 52265 · 続きを見る »

HD 5388

HD 5388は、ほうおう座の方角に約173光年の距離にある、7等級のF型主系列星である。この恒星は太陽よりも大きく、熱く、明るく、重い。また金属量は太陽の半分程度である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 5388 · 続きを見る »

HD 5980

HD 5980は、小マゼラン雲内の星雲を伴う散開星団、NGC 346の中にある連星で、小マゼラン雲の中で最も明るい恒星の1つであるとともに、既知の恒星の中でも最も光度の大きいものの1つである。 HD 5980星系には少なくとも3つの恒星が存在し、高光度青色変光星(LBV)のような爆発を起こすウォルフ・ライエ星と、もう1つのウォルフ・ライエ星が食連星を形成し、やや離れた場所にO型超巨星がある。そのO型星もまた連星である可能性がある。.

新しい!!: 太陽光度とHD 5980 · 続きを見る »

HD 6718

HD 6718は、くじら座の方角に約165光年の距離にある、8等級のG型主系列星である。この恒星は、大きさ、表面温度、光度、質量が太陽と大体同じくらいである。また金属量は太陽の7/8程度である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 6718 · 続きを見る »

HD 69830

HD 69830 はとも座の方向に約41光年離れた位置にある恒星である。2005年のスピッツァー宇宙望遠鏡の観測によって、周りに塵円盤が発見されている。円盤には、太陽系の小惑星帯よりも多くの塵が含まれているとされている。2017年現在、海王星サイズの太陽系外惑星が3つLovis et al.

新しい!!: 太陽光度とHD 69830 · 続きを見る »

HD 70642

HD 70642は、とも座の方角にある黄色の主系列星である。この恒星の質量と半径は太陽とほぼ同じで、太陽よりも若干冷たく暗い。また、水素に対する相対的な鉄の量は、太陽よりも多い。.

新しい!!: 太陽光度とHD 70642 · 続きを見る »

HD 72659

HD 72659は、うみへび座の方角にある黄色の主系列星である。7.48等級で、地球から169光年離れている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 72659 · 続きを見る »

HD 73256

HD 73256は、らしんばん座の方角に約117光年の距離にある恒星である。スペクトル型はG9 Vで、質量は太陽と同程度である。 13.97日の周期でわずかに変光している回転変光星の一種であるとされ、らしんばん座CS星という変光星名も付与されている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 73256 · 続きを見る »

HD 75289

HD 75289 Aは、ほ座の方角に存在する6等級の恒星である。薄黄色の主系列星で、太陽より若干重く、熱く、明るい。非常に良い観測条件の下では、肉眼でも見ることができるが、通常は双眼鏡以上の器具が必要である。 2004年に、赤色矮星の伴星が存在する可能性が指摘された。.

新しい!!: 太陽光度とHD 75289 · 続きを見る »

HD 76700

HD 76700は、とびうお座の方角に約197光年の距離にある、黄色の主系列星である。質量は太陽と近いが、太陽よりやや冷たく、明るく、古い。.

新しい!!: 太陽光度とHD 76700 · 続きを見る »

HD 7924

HD 7924はカシオペヤ座の方角に約55光年の位置にある7等級のK型主系列星である。この恒星は太陽より小さく、冷たく、暗く、軽い。また金属量は太陽の7/10程度である。2009年に周囲を公転するスーパーアースが発見された 。また、2015年には、新たに2つの太陽系外惑星が発見された。.

新しい!!: 太陽光度とHD 7924 · 続きを見る »

HD 8535

HD 8535は、ほうおう座の方角に約180光年の距離にある、8等級のG型主系列星である。この恒星は太陽より大きく、熱く、明るく、重い。また金属量は太陽より若干大きい。.

新しい!!: 太陽光度とHD 8535 · 続きを見る »

HD 8574

HD 8574は、うお座の方角に約145光年の距離にあるF型主系列星である。視等級は7.12で、絶対等級は3.89である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 8574 · 続きを見る »

HD 85951

HD 85951は、うみへび座の5等星。フランスの天文学者ジェローム・ラランドが考案したが現在使われていない星座「ねこ座 (Felis) 」で最も明るい恒星だった。 ねこ座は、現在のうみへび座とポンプ座の間に設けられ、ヨハン・ボーデのウラノグラフィアやアンジェロ・セッキの天球儀にその姿が描かれたが、追随する者がなく、現在は使われていない。.

新しい!!: 太陽光度とHD 85951 · 続きを見る »

HD 86081

HD 86081は、ろくぶんぎ座にある黄白色の主系列星である。太陽より1.5倍大きく、1.2倍質量が大きい。表面温度は5,864Kで、光度は太陽の2.3倍である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 86081 · 続きを見る »

HD 86264

HD 86264は、うみへび座の方角に約224光年の距離にある、7等級のF型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 86264 · 続きを見る »

HD 92788

HD 92788は、ろくぶんぎ座の方角に約113光年の距離にあるG型主系列星である。太陽より質量、半径は若干大きい。金属量は太陽よりも多い。.

新しい!!: 太陽光度とHD 92788 · 続きを見る »

HD 93083

HD 93083は、ポンプ座の方角に約93光年の距離にある、8等級の恒星である。橙色の主系列星で、太陽よりやや冷たく暗い。.

新しい!!: 太陽光度とHD 93083 · 続きを見る »

HD 93129A

HD 93129Aは、銀河系で最も光度が大きい恒星の1つである。非常に若いO型星で、地球から約7500光年離れた明るい星雲であるイータカリーナ星雲の中にある。同じ星雲の中には、りゅうこつ座η星等の別の大光度の恒星も存在する。 HD 93129Aの近傍には、同じように若いO3型超巨星のHD 93129Bがある。さらに、HD 93129A自身も近年、非常に高温のスペクトル型O3星との近接連星であることが明らかとなった。2つの恒星の正確な性質はまだ分かっていないが、明るさは0.9等級離れ、似たような質量を持つと計算されている。光度のデータは、2つの恒星を合わせたものしか得られていないが、主星の真の光度は、この値の半分より少し大きい程度だと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とHD 93129A · 続きを見る »

HD 9446

HD 9446は、さんかく座の方角にあるスペクトル型G5 Vの恒星である。質量、半径共に太陽とほぼ同じであり、表面温度も太陽に非常に近い。.

新しい!!: 太陽光度とHD 9446 · 続きを見る »

HD 96167

HD 96167は、コップ座の方角に約280光年離れた位置にある、8等級の恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とHD 96167 · 続きを見る »

HD 98618

HD 98618は、地球から126光年離れたところに位置する、太陽に最も良く似た恒星の1つで、ソーラーツインの候補である。ただし、別のソーラーツインであるさそり座18番星と同様に、HD 98618のリチウム量は太陽よりも顕著に高い (.

新しい!!: 太陽光度とHD 98618 · 続きを見る »

HE 0107-5240

HE 0107-5240は、ほうおう座の方角、太陽系からおよそ36,000光年離れたところにある、太陽の8割程度の質量を持つとみられる恒星である。.

新しい!!: 太陽光度とHE 0107-5240 · 続きを見る »

HE 0437-5439

HE 0437-5439 は、太陽系からかじき座の方角に20万光年離れた位置にあるスペクトル型Bの主系列星である。銀河系の脱出速度を上回る速さで運動する超高速度星 (Hypervelocity star, HVS) に分類され、HV 3 の名前が与えられている。2005年にVLTアレイの一部を構成するKueyen 8.2m 望遠鏡によって発見された。.

新しい!!: 太陽光度とHE 0437-5439 · 続きを見る »

HIP 12961

HIP 12961は、エリダヌス座の方角に約76光年の距離にある暗い赤色矮星である。既知のM型主系列星の中で、最も大きく明るいものの1つである。.

新しい!!: 太陽光度とHIP 12961 · 続きを見る »

HIP 14810

HIP 14810は、おひつじ座の方角に約166光年の距離にある、G型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とHIP 14810 · 続きを見る »

HIP 5158

HIP 5158は、くじら座の方角に約165光年の距離にある、10等級のK型主系列星である。この恒星は、太陽よりも小さく、表面温度、光度、質量が低い。また、金属量は太陽の5/4程度である。.

新しい!!: 太陽光度とHIP 5158 · 続きを見る »

HIP 57050

HIP 57050 とは、太陽系から36光年の距離にある赤色矮星である。おおぐま座の方角にあるが、視等級が11.9と暗いので肉眼で見ることはできない。2010年までに周囲に太陽系外惑星が一つ発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とHIP 57050 · 続きを見る »

HIP 85605

HIP 85605は、ヘルクレス座にある視等級11.03の恒星である。M型赤色矮星またはK型主系列星で、太陽からは18-28光年離れている。かつてはより明るいHIP 81607の伴星であると考えられていたがOptical companion HIP 85607 could be a K0III orange giant ~1200 light-years from the Sun based on a small parallax of 、現在は見かけの二重星だと信じられている。 1997年のヒッパルコスによる視差は202masであり、太陽系からの距離は16.1光年であった。2007年、ファン・リューエンはこの値を147mas、22.2光年と改訂した。視差147masだと、HIP 81605は、太陽から近い恒星の100番以内に入らない。2014年、HIP 81605は24万年から47万年以内に太陽から0.13-0.65光年の距離に近づくと推定された。もしこの恒星が本当に太陽の近くを通過するのであれば、その重力の影響によってオールトの雲内の彗星の軌道を乱し、そのいくつかが太陽系の内側に入ってくる可能性がある。しかしこの恒星までの距離は確定しておらず、もっと明るいものがもっと遠くにある可能性もあり、ヘルツシュプルング・ラッセル図からはこの可能性の方がありそうである。 ただし、HIP 85605の視差のデータに大幅な誤差があり、仮に現在、太陽から200光年の位置にHIP 85605があるとすると、280万年後に単に太陽から30光年の距離を通過するだけになる。.

新しい!!: 太陽光度とHIP 85605 · 続きを見る »

HR 8799 b

HR 8799 bとは、地球から見てペガスス座の方向に128.5光年離れた位置にある恒星HR 8799を公転する太陽系外惑星である。惑星を直接撮影して発見された初めての太陽系外惑星の1つである。.

新しい!!: 太陽光度とHR 8799 b · 続きを見る »

HR 8799 c

HR 8799 cとは、地球から見てペガスス座の方向に128.5光年離れた位置にある恒星HR 8799を公転する太陽系外惑星である。惑星を直接撮影して発見された初めての太陽系外惑星の1つである。.

新しい!!: 太陽光度とHR 8799 c · 続きを見る »

HR 8799 d

HR 8799 dとは、地球から見てペガスス座の方向に128.5光年離れた位置にある恒星HR 8799を公転する太陽系外惑星である。惑星を直接撮影して発見された初めての太陽系外惑星の1つである。.

新しい!!: 太陽光度とHR 8799 d · 続きを見る »

HR 8799 e

HR 8799 eとは、地球から見てペガスス座の方向に128.5光年離れた位置にある恒星HR 8799を公転する太陽系外惑星である。.

新しい!!: 太陽光度とHR 8799 e · 続きを見る »

HV 2112

HV 2112は、小マゼラン雲にあるM3-7.5e型の赤色超巨星。仮説上の天体とされているソーン-ジトコフ天体の最有望な候補であると考えらるが未確定である。小マゼラン雲の恒星が非常に多く密集する星団をマゼラン望遠鏡を用いて確認した。エミリー・レベスクがマゼラン望遠鏡を使い改めてHV 2112の詳細を確認したとき、非常に多くのモリブデン 、リチウム、 ルビジウムが含むと主張した。視等級は、Jバンドの測定で約10.0等、Hバンドの測定で約9.1等、Kバンドの測定で約8.72等である。.

新しい!!: 太陽光度とHV 2112 · 続きを見る »

Ia型超新星

Ia型超新星(Type Ia supernova)は、超新星、激変星のサブカテゴリーの1つである。白色矮星の激しい爆発の結果生じる。白色矮星は、核融合を終え、寿命が尽きた恒星の残骸である。しかし、炭素と酸素に富む白色矮星は、温度が十分に高いと、莫大なエネルギーを放出してさらに核融合を進めることができる。 物理学的に、自転速度の遅い白色矮星は、太陽質量のおよそ1.38倍のチャンドラセカール限界よりも小さい質量に限定される 。これは、電子縮退圧によって支えることのできる最大の質量である。この限界を超えると、白色矮星は崩壊を始める。伴星から白色矮星に徐々に質量転移が起こり、物質が降着すると、核が炭素燃焼過程を開始する温度に達する。非常に稀ではあるが、白色矮星が別の恒星と融合すると、瞬間的に限界を超えて崩壊を始め、核融合が開始される温度を超える。核融合開始後、数秒の間に、白色矮星を構成する物質のかなりの部分が熱暴走を起こし、1-2×1044J ものエネルギーを放出して、超新星爆発を起こす。 この種類の超新星は、白色矮星の質量が均一であるため、ピークの明るさが一定している。この安定性により、Ia型超新星は、視等級の大きさが距離に依存するため、それが含まれる銀河までの距離を測定する標準光源として用いることができる。.

新しい!!: 太陽光度とIa型超新星 · 続きを見る »

IRAS 17163-3907

IRAS 17163-3907は、さそり座の方角、地球からおよそ13,000光年の距離にある黄色極超巨星である。この恒星は、放出されたガスや塵からなる厚い殻の中に埋もれており、その形状から「Fried Egg Nebula」というニックネームを持つ。黄色極超巨星は、恒星の形成と進化の過程の中では非常に活動的な段階である。.

新しい!!: 太陽光度とIRAS 17163-3907 · 続きを見る »

IRC-10414

IRC-10414は、たて座に位置する赤色超巨星で「走り去る星」 (runaway star) である。.

新しい!!: 太陽光度とIRC-10414 · 続きを見る »

KOI-74b

KOI-74b とは、2010年に発見された太陽系外の天体で、太陽の26倍の光度を持つA型主系列星 KOI-74 (KIC 6889235) の周囲を一周5.2日かけて公転している。惑星あるいは褐色矮星に近い質量・半径を持ちながら表面温度は太陽の2倍以上という天体である。低質量の白色矮星や高温の惑星の可能性が論じられているが、どのカテゴリーに分類されるべきかは2010年の時点では明らかでない。 KOI-74bと同時に報告された同種の天体として、KOI-81b がある。.

新しい!!: 太陽光度とKOI-74b · 続きを見る »

LBV 1806-20

LBV 1806-20 は、2004年に発見された恒星。発見当時で観測史上最も光度の高い恒星とされる。.

新しい!!: 太陽光度とLBV 1806-20 · 続きを見る »

LHS 288

LHS 288は赤色矮星で、太陽からの距離が約15.6光年と、りゅうこつ座で最も近い既知の恒星である。明るさは13.92等級と肉眼では見えないほど暗い。.

新しい!!: 太陽光度とLHS 288 · 続きを見る »

LHS 292

LHS 292は、ろくぶんぎ座の方角にある赤色矮星である。太陽から14.8光年と近い位置にあるが、16等星で肉眼では見えないほど暗い。.

新しい!!: 太陽光度とLHS 292 · 続きを見る »

LP 944-20

記載なし。

新しい!!: 太陽光度とLP 944-20 · 続きを見る »

NGC 7027

NGC 7027は、はくちょう座の方角に約3000光年離れた位置にある非常に若く密度の高い惑星状星雲である。マルセイユ天文台の31インチ反射望遠鏡を用い、1878年にエドゥアール・ステファンが発見した。既知の最も小さな惑星状星雲の1つで、最も盛んに研究されてきた。 NGC 7027は、光学波長で最も明るい惑星状星雲の1つであり、約600歳である。 非常に小さく、典型的な惑星状星雲の大きさが1光年であるのに対し、わずか0.2×0.1光年の大きさである。非常に複雑な形で、イオン化ガスの楕円形の領域が中性の雲に含まれた構造をしており、ガスと塵でできた透明で偏平な楕円形の殻と、その内部のクローバーの葉のような形の光分解領域で成り立っている。NGC 7027は、17km/sの速度で広がっている。NGC 7027の中心領域はX線を放射していることが発見され、これは非常に高い温度を示唆している。 NGC 7027の中心の白色矮星は降着円盤を持ち、それが高い温度の源として働いている可能性がある。白色矮星は、約0.7太陽質量で、太陽光度の7700倍の放射を行っていると考えられている。NGC 7027は現在は、外層の分子が構成原子に解離し次いで原子がイオン化する、惑星状星雲の進化における短い段階にさしかかっている。 NGC 7027の拡大しつつあるハロは、太陽質量の約3倍の質量を持ち、中央の電離領域の約100倍も重い。NGC 7027のこの質量喪失は、太陽の数倍の質量の恒星が超新星爆発による破壊を免れうるという重要な証拠となっている。 NGC 7027は、中央の熱い恒星に起因する高度に電離したスペクトルを持つ。この星雲は炭素に富み、強い紫外線照射に晒された濃い分子雲における炭素化学の興味深い対象となっている。NGC 7027のスペクトルは、通常の惑星状星雲のものと比べ、中性分子に由来するスペクトル線が少ない。これは、強い紫外線放射によって中性分子が破壊されるためである。この星雲は、イオン化エネルギーが非常に高いイオンを含む。NGC 7027では、星間空間に存在すると信じられているが未だ確認されていない水素化ヘリウムイオンが高確率で見られる。またNGC 7027には、ハイパーダイヤモンドが存在する証拠がある。 1996年には、ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された。この観測が行われるまで、NGC 7027は、中心の恒星が冷たくてガスを電離させられない原始惑星状星雲であると考えられていたが、現在では進化の初期段階の惑星状星雲であることが知られている。中心の恒星は、太陽質量の約3-4倍の質量を持つと考えられている。 よく知られ、研究されているにも関わらず、NGC 7027は固有名を持たない。50倍の望遠鏡では、比較的明るい青い恒星のように見える。.

新しい!!: 太陽光度とNGC 7027 · 続きを見る »

OGLE-TR-111

OGLE-TR-111はりゅうこつ座の方向に約3,300光年の距離にある恒星である。17等級と暗い星であり、りゅうこつ座V759星という変光星名も付与されている。.

新しい!!: 太陽光度とOGLE-TR-111 · 続きを見る »

OGLE-TR-132

OGLE-TR-132は、りゅうこつ座の方角にある16等級の恒星である。りゅうこつ座V742星という変光星名も付与されている。約7,100光年と非常に遠い距離にあり、また込み合った場所にあるため、目立たない。スペクトル型はF、金属量に富んだ恒星であり、太陽よりも若干熱く明るい。.

新しい!!: 太陽光度とOGLE-TR-132 · 続きを見る »

OGLE-TR-56

OGLE-TR-56は、いて座の方角におよそ4,900光年(1,500pc)の距離にある、17等級の太陽と似た恒星である。この恒星は、惑星の前面通過による食変光星である。変光星総合カタログにも登録されており、いて座V5157星という変光星名も持っている。.

新しい!!: 太陽光度とOGLE-TR-56 · 続きを見る »

OTS 44

OTS 44は、カメレオン座の方角に約550光年離れた位置にある褐色矮星である。質量は木星質量の15倍(太陽質量の約1.5%)、半径は太陽半径の約23%と、既知の褐色矮星の中で最も小さい。 この褐色矮星は、星形成領域カメレオン座Iに位置する。スピッツァー宇宙望遠鏡の赤外線観測によると、OTS 44は赤外超過であり、岩石や氷の粒子や塵等でできた星周円盤を持つことが示唆される。この円盤の内径はおおよそOTS 44の半径の3倍で、1年間に太陽質量の約10-10太陽質量の速度で物質が降着している。最終的には、惑星系に発展する可能性がある。.

新しい!!: 太陽光度とOTS 44 · 続きを見る »

PSO J318.5338-22.8603

PSO J318.5338-22.8603 とは、地球から見てやぎ座の方向に80.2光年離れた位置にある惑星質量天体である。観測結果に基づけば、この天体は特定の恒星を公転しない自由浮遊惑星である可能性が最も高い。自由浮遊惑星ならば、2013年10月時点で最も地球に近い天体となる。.

新しい!!: 太陽光度とPSO J318.5338-22.8603 · 続きを見る »

PSR B1913+16

PSR B1913+16の公転減衰。放物線は、一般相対線理論から予測される公転周期の変化で、赤い点は観測値 PSR B1913+16は、別の中性子星と共通の重心を回る連星系を形成するパルサー(連星パルサー)である。1974年、マサチューセッツ大学アマースト校のラッセル・ハルスとジョゼフ・テイラーが発見した。彼らの分析により、一般相対性理論に従い、この連星系は重力波を放出してエネルギーを失っていることが強く示唆され、彼らは1993年のノーベル物理学賞を受賞した。発見者にちなんで、「ハルス-テイラーの連星パルサー」とも呼ばれる。.

新しい!!: 太陽光度とPSR B1913+16 · 続きを見る »

PSR B1919+21

PSR B1919+21(CP 1919)は、地球から約2300光年離れたこぎつね座の方向にある中性子星。初めて発見されたパルサーである。.

新しい!!: 太陽光度とPSR B1919+21 · 続きを見る »

PSR B1937+21

PSR B1937+21は、世界で最初に発見されたミリ秒パルサーで、地球から見てこぎつね座の方向に存在する。世界で最初に発見されたパルサーであるPSR B1919+21からは3度程離れた位置にある。 その名称はパルサーから取られたPSR、1950年元期を示すB、赤経及び赤緯から構成されている。 PSR B1937+21は1983年に、シュリニヴァス・クルカルニ、、マイケル・デーヴィス、ミラー・ゴスによって発見された。 自転周期は1.557708ミリ秒、すなわちおよそ で自転している。この速度は天文学者がそれまでに推定していた最高回転速度よりさらに速かったので、伴星からの物質がパルサーに『降る』ことによって回転が加速したと考えられた。PSR B1937+21 の自転はその後発見された他のミリ秒パルサーと同様に非常に安定しており、原子時計と同様に正確な時間を計ることができる。稀に、流束密度として過去に観測された電磁波の中でも最も明るい規模のパルスを発するという特異な振る舞いを示す。これらのこのパルサーの特徴は研究分野の活性化に大きく貢献した。.

新しい!!: 太陽光度とPSR B1937+21 · 続きを見る »

R136a2

R136a2とは、大マゼラン雲のタランチュラ星雲の中心近くにある散開星団「R136」にある恒星で、ウォルフ・ライエ星である。 195太陽質量、4300万太陽光度、これは知られている星の中で最も大質量かつ最も明るいものの1つである。 絶対等級は全輻射で-12.0であるが、可視光のみだと-7.52である。これは、高温のために可視光ではなく紫外線として放出されるためである。.

新しい!!: 太陽光度とR136a2 · 続きを見る »

R85

R85(または RMC 85: ラドクリフ天文台マゼラン雲カタログ)は、大マゼラン雲内のOB型アソシエーションに位置する高光度青色変光星である。.

新しい!!: 太陽光度とR85 · 続きを見る »

RG 0050-2722

RG 0050-2722は、ちょうこくしつ座の方角、地球から約72光年離れた場所にある赤色矮星である。.

新しい!!: 太陽光度とRG 0050-2722 · 続きを見る »

S2 (恒星)

S2(またはS0-2)は、銀河系の中心部に存在する電波源、いて座A*に非常に近い位置にある恒星である。S2の中のSは、赤外線源(Source)を意味する。 ヨーロッパ南天天文台の新技術望遠鏡(NTT)に搭載した高分解能撮像システムで、いて座A*のごく近傍を観測することで発見された。.

新しい!!: 太陽光度とS2 (恒星) · 続きを見る »

SGR 1806-20

SGR 1806-20は、史上一番初めに発見されたマグネターであり地球から約5万光年離れたC1 1806-20星団にある。 発見された当時はガンマ線を出す天体GB 970107として見つけられ、1986年に軟ガンマ線リピーターとして知られるようになった。1993年には、中性子星だと判明した。1998年パルサーだとわかると同時に、とりわけ強い磁場を持つことがわかり、マグネターであることが判明した。.

新しい!!: 太陽光度とSGR 1806-20 · 続きを見る »

SSSPM J1549-3544

SSSPM J1549-3544 とは、おおかみ座に存在するスペクトル型K型の準矮星である。2003年に大きな固有運動を持つ天体として発見され、当初は白色矮星に分類されていた。.

新しい!!: 太陽光度とSSSPM J1549-3544 · 続きを見る »

TN J0924-2201

TN J0924-2201は、うみへび座の方向にある電波銀河である。.

新しい!!: 太陽光度とTN J0924-2201 · 続きを見る »

TRAPPIST-1

TRAPPIST-1(トラピスト1)は、太陽系から約 の距離に存在する極めて小さな赤色矮星である。みずがめ座の方角に位置している。2MASS J23062928-0502285という名称も持つ。このサイズの天体として初めて惑星系を持つことが確認された。.

新しい!!: 太陽光度とTRAPPIST-1 · 続きを見る »

TYC 8241 2652 1

TYC 8241 2652 1は、ケンタウルス座の方角、地球から約400光年離れた位置にある若い恒星である。この星系は、中間赤外線の観測から、星周円盤に囲まれていて、しかもその円盤がごく短期間で消失した可能性があるとされる。.

新しい!!: 太陽光度とTYC 8241 2652 1 · 続きを見る »

UGPS 0722-05

UGPS 0722-05(別名:UGPS J072227.51-054031.2, UGPSJ0722-05)とは、太陽系から9.6光年(±1.3光年)の距離にあると考えられている褐色矮星である。2010年にUKIDSS銀河面サーベイ (UGPS) によって発見され、フィリップ・ルーカスらによって報告された。 UGPS 0722-05は、年周視差の測定を踏まえて太陽系から9.6光年ほど離れた位置にあると推定されている。この見積もりが正しければ、UGPS 0722-05 はインディアン座ε星Ba/Bbペアを追い抜いて太陽系に最も近い既知の褐色矮星となり、同時に太陽から(惑星を除いて)7番目に近い天体となる。ただし、この距離は大きな誤差を含んだ予備的な観測値で、より精度の高い観測で修正される可能性がある。.

新しい!!: 太陽光度とUGPS 0722-05 · 続きを見る »

ULAS J1120+0641

ULAS J1120+0641は、2011年6月29日に発見が公表されたクエーサーである。発見時点で、 288.5億光年と既知の最も遠いクエーサーであり、赤方偏移が7に達する最初のクエーサーである 。AP通信を含むいくつかのニュースで、このクエーサーは、これまで観測された宇宙で最も明るい天体だと報じられたが、これは誤報であり、これより少なくとも100倍明るいクエーサーも知られている。.

新しい!!: 太陽光度とULAS J1120+0641 · 続きを見る »

WASP-1

WASP-1 は、アンドロメダ座の方角の約1330光年の位置にある12等星である。太陽と比べて、大きく重いF型主系列星で、金属に富んでいる。 ※以上の大きさ比較の図はに基づく。.

新しい!!: 太陽光度とWASP-1 · 続きを見る »

WASP-11/HAT-P-10

WASP-11/HAT-P-10は、ペルセウス座の12等星で、太陽系から400光年離れた位置にある。スペクトル分類ではK型主系列星に類別される。太陽と比べてやや小さく暗い恒星で、表面温度4890K、質量・半径が太陽の8割、明るさが3割から4割程度と推定されている。.

新しい!!: 太陽光度とWASP-11/HAT-P-10 · 続きを見る »

WASP-12

WASP-12は、11等級の黄色の主系列星で、ぎょしゃ座の方向に約1400光年の位置にある。質量と半径は太陽よりやや大きい。.

新しい!!: 太陽光度とWASP-12 · 続きを見る »

WASP-14

WASP-14またはBD+22 2716は、うしかい座の方角にある恒星である。スーパーWASPプロジェクトによって、太陽系外惑星のトランジットによると思われる食が発見された。.

新しい!!: 太陽光度とWASP-14 · 続きを見る »

WASP-16

WASP-16は、おとめ座の方角にある約11等級の太陽とよく似たG型主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度とWASP-16 · 続きを見る »

WASP-8

WASP-8は、ちょうこくしつ座にある連星系である。.

新しい!!: 太陽光度とWASP-8 · 続きを見る »

WISE J085510.83-071442.5

WISE J085510.83-071442.5、或いは省略してWISE 0855-0714は、地球から7.27光年(2.23pc)離れたところにある(準)褐色矮星である。広域赤外線探査衛星(WISE)のデータから発見され、2014年4月に発表された。 発見された時点で、WISE 0855-0714は全ての既知の恒星と褐色矮星の中で、固有運動が3番目に大きく、かつ年周視差が4番目に大きい天体である。これは即ち、既知の星系の中で4番目に太陽系に近いということでもある。また、WISE 0855-0714が褐色矮星であるとすれば、表面温度も既知の褐色矮星の中で最も低いことになる。.

新しい!!: 太陽光度とWISE J085510.83-071442.5 · 続きを見る »

WOH G64

WOH G64は、大マゼラン雲に存在する赤色極超巨星。直径は太陽の約1540~1730倍あるといわれ、現在知られている恒星の中では特に大きいものの一つと考えられている。.

新しい!!: 太陽光度とWOH G64 · 続きを見る »

XO-1

XO-1は、かんむり座の方角に約506光年の距離にある11等級の黄色の主系列星である。質量と半径は太陽程度で、太陽系外惑星が一つ発見されている。.

新しい!!: 太陽光度とXO-1 · 続きを見る »

XO-2

XO-2は、やまねこ座の方向に約490光年の距離にある連星系である。見た目にそっくりの2つの恒星XO-2S(またはXO-2A)とXO-2N(またはXO-2B)で構成されている。 2つの恒星とも、太陽より少し低温だが、質量は半径は太陽と似ている。どちらも11等級の恒星であり、肉眼では見えないが、小さな望遠鏡を使うと見ることができる。また、大きな固有運動を持つことでも知られている。 XO-2NとXO-2Sの間は、見かけ上31秒離れており、これは実際の距離にするとおよそ4,600AUとなる。.

新しい!!: 太陽光度とXO-2 · 続きを見る »

XO-3

XO-3は、きりん座の方角およそ570光年の距離にある恒星である。10等級であり、肉眼では見えないが、小さな望遠鏡を使うと見ることができる。.

新しい!!: 太陽光度とXO-3 · 続きを見る »

XO-4

XO-4はやまねこ座の方向に約956光年の距離にある恒星である。約11等級で肉眼では見ることができないが、小さな望遠鏡で見ることができる。でのによる観測や、ケック望遠鏡と補償光学による観測でも、伴星は発見されていない。.

新しい!!: 太陽光度とXO-4 · 続きを見る »

XO-5

XO-5は、やまねこ座の方角に約830光年の距離にあるG型主系列星である。視等級は約12等であり、肉眼では見えないが、小さな望遠鏡を使うと見ることができる。.

新しい!!: 太陽光度とXO-5 · 続きを見る »

桜井天体

桜井天体(さくらいてんたい、Sakurai's Object)は、いて座の恒星である。1996年にこの天体を発見した日本人アマチュア天文学者の桜井幸夫の名前から名付けられた。漸近巨星分枝の後期熱パルスの段階にあると考えられている。 桜井天体は、かつて白色矮星であった赤色巨星だと考えられている。後期熱パルスは白色矮星の段階で起こり、漸近巨星分枝星(AGB星)に戻る。この型の天体は数個しか観測されていないが、水素が欠乏し、ヘリウムやその他の金属が豊富な状態になる。このような恒星は、最終的にヘリウムの豊富な白色矮星になると考えられる。 桜井天体は、1919年に発見されたわし座V605星とともに、後期熱パルスの高光度の段階にある2つの恒星のうちの1つである。その他、や座FG星等のいくつかの恒星も「再燃焼」の段階にあるのではないかと疑われている。.

新しい!!: 太陽光度と桜井天体 · 続きを見る »

極超巨星

(Hypergiant)は、光度階級0の恒星であり、非常に大きな質量、光度を持ち、大部分の質量を失った形跡を持つものを指す用語である。.

新しい!!: 太陽光度と極超巨星 · 続きを見る »

1RXS J160929.1-210524

1RXS J160929.1-210524(以下、1RXS 1609と略す)は、さそり座の方角に地球からおよそ470光年の距離にある、前主系列星である。.

新しい!!: 太陽光度と1RXS J160929.1-210524 · 続きを見る »

1SWASP J140747.93-394542.6

1SWASP J140747.93-394542.6(しばしば1SWASP J140747またはJ1407と略される。以下、特記しない限り、J1407と総称する)は、地球から見てケンタウルス座の方向に約434光年離れた位置にある前主系列星である。見かけの明るさは12.3等級で、観測には望遠鏡が必要となる。 2012年、J1407のまわりに少なくとも1つ、巨大ガス惑星か褐色矮星と思われる伴天体(1SWASP J140747.93-394542.6bや1SWASP J1407b、J1407bと呼ばれる。以下、J1407bと総称する)が存在する、と発表された。この伴天体には、巨大な環が存在していることもわかった。.

新しい!!: 太陽光度と1SWASP J140747.93-394542.6 · 続きを見る »

2M1207

2M1207は、ケンタウルス座の方向にある褐色矮星で、2M1207bという伴星を伴っている。これはおそらく太陽系外で初めて直接撮影された惑星質量天体で、褐色矮星に見つかったのも初めてである。 2M1207は近赤外線による観測2MASSによって発見されたため、2Mで始まる名前がついた。スペクトル型M8の非常に若い星で、うみへび座TWアソシエーションの1つであると見られる。質量は約25木星質量と見積もられている。伴星の2M1207bは、3-10木星質量程度と見積もられている, Extrasolar Planets Encyclopaedia.

新しい!!: 太陽光度と2M1207 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »