ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

兵庫県道430号東河内安富線

索引 兵庫県道430号東河内安富線

兵庫県道430号 東河内安富線(ひょうごけんどう430ごう ひがしごうちやすとみせん)は、兵庫県宍粟市一宮町東河内と同県姫路市安富町安志を結ぶ一般県道である。.

10 関係: 姫路市立安富中学校姫路市立安富北小学校宍粟市安富町一宮町 (兵庫県宍粟郡)兵庫県の県道一覧兵庫県道23号三木宍粟線兵庫県道522号名坂宍粟線兵庫県道8号加美宍粟線林田川

姫路市立安富中学校

姫路市立安富中学校(ひめじしりつ やすとみちゅうがっこう)は、兵庫県姫路市安富町安志にある公立中学校。.

新しい!!: 兵庫県道430号東河内安富線と姫路市立安富中学校 · 続きを見る »

姫路市立安富北小学校

姫路市立安富北小学校(ひめじしりつ やすとみきたしょうがっこう)は、兵庫県姫路市安富町杤原にある公立小学校。 2008年度の児童数は52名である。.

新しい!!: 兵庫県道430号東河内安富線と姫路市立安富北小学校 · 続きを見る »

宍粟市

宍粟市(しそうし)は、兵庫県の中西部に位置する市である。西播磨県民局管轄区域。 2005年(平成17年)4月1日に宍粟郡の4町(山崎町、一宮町、波賀町、千種町)が合併して誕生した。人口は県内41自治体中第25位、面積は豊岡市に次ぎ県内第2位である。.

新しい!!: 兵庫県道430号東河内安富線と宍粟市 · 続きを見る »

安富町

安富町(やすとみちょう)は、かつて兵庫県中西部、宍粟郡の南東部に存在した町。宍粟市への通勤率は19.5%・姫路市への通勤率は17.0%(いずれも平成17年国勢調査より)。 2006年3月27日、姫路市に編入され、同時に宍粟郡が消滅した。.

新しい!!: 兵庫県道430号東河内安富線と安富町 · 続きを見る »

一宮町 (兵庫県宍粟郡)

一宮町(いちのみやちょう)は、兵庫県中西部にかつて存在した町。宍粟郡に属した。 2005年、山崎町・一宮町・波賀町・千種町が4町合併して宍粟市となったため消滅した。現在、旧町域は「宍粟市一宮町○○」の町丁名になっている。 町名は播磨国一宮・伊和神社に由来する。なお兵庫県には津名郡にも一宮町があったが(現・淡路市)、こちらは淡路国一ノ宮・伊弉諾神宮にちなむ。.

新しい!!: 兵庫県道430号東河内安富線と一宮町 (兵庫県宍粟郡) · 続きを見る »

兵庫県の県道一覧

兵庫県の県道一覧(ひょうごけんのけんどういちらん)は、兵庫県を通る県道の一覧である。 現行の兵庫県道番号は1971年(昭和46年)6月26日の主要地方道改正時に県道番号標識設置を前提として導入され、主要地方道は1 - 2桁の1 - 70号(当時)、一般県道は3桁の101 - 492号(当時)として制定された。.

新しい!!: 兵庫県道430号東河内安富線と兵庫県の県道一覧 · 続きを見る »

兵庫県道23号三木宍粟線

兵庫県道23号三木宍粟線(ひょうごけんどう23ごう みきしそうせん)は三木市と宍粟市を結ぶ主要地方道である。2013年9月の台風第18号の災害により、加古川を渡る粟田橋の橋脚が河床洗掘により沈下する等の大きな損傷を受け通行止めとなり、架け替え工事を行い、2016年7月9日に復旧・開通した。.

新しい!!: 兵庫県道430号東河内安富線と兵庫県道23号三木宍粟線 · 続きを見る »

兵庫県道522号名坂宍粟線

兵庫県道522号名坂宍粟線(ひょうごけんどう522ごう なさかしそうせん)は、兵庫県姫路市安富町名坂と同県宍粟市を結ぶ一般県道である。.

新しい!!: 兵庫県道430号東河内安富線と兵庫県道522号名坂宍粟線 · 続きを見る »

兵庫県道8号加美宍粟線

兵庫県道8号加美宍粟線(ひょうごけんどう8ごう かみしそうせん)は多可郡多可町加美区から宍粟市を結ぶ主要地方道である。.

新しい!!: 兵庫県道430号東河内安富線と兵庫県道8号加美宍粟線 · 続きを見る »

林田川

林田川(はやしだがわ)は、兵庫県南西部を流れる揖保川水系の一級河川。 延長33.394km。管理者は国土交通省と兵庫県(国土交通省直轄管理区間はたつの市龍野町片山字川向492番地先の兵庫県道5号姫路上郡線中井橋から揖保川への合流点まで)。 上流に安富ダム(富栖湖)があり、源流の姫路市安富町関には名勝鹿ヶ壺がある。.

新しい!!: 兵庫県道430号東河内安富線と林田川 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

兵庫県道430号

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »