ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

亡命

索引 亡命

亡命(ぼうめい)とは、主に政治的な事情により政治家や軍人、学者やスパイなどが他国に逃れることを意味する。また、亡命してきた志士・名士を亡命客と呼ぶ。.

1349 関係: A-26 (航空機)加藤哲太郎労働社会主義インターナショナル劉ハク劉暁波原子力事故とわいすあっぷっ!ういろう (菓子)ささやかな遁走博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜半島戦争占領法千一夜の鍵南原昇氏南ロシア軍南魚沼市反ナチ運動反スウェーデン同盟反共主義反共義士古川元久史繇名誉書記吉田康彦吉田金太郎君のためなら千回でも君主制廃止論塚原昌義塩見孝也士イ大いなる夜大同盟戦争大使館大北方戦争大和民族大統領 (大韓民国)大韓航空機YS-11ハイジャック事件大航海時代Online大野城 (筑前国)天下堂々太陽の黙示録夜になるまえに外事課外務省姜尚中姜哲煥媚中季友孫文字統...宮城与徳宮川一貫安明哲安明進安昌浩寺尾亨対魔忍アサギ密航小煌女小西隆裕小西洋之尹秀吉事件山根卓二山本七平岡田嘉子岡本公三岡本武島袋宗康島津貴久崔ヒ崔昌益巴陵楚氏上海ゲットー上方下方騒動不老不死不敬罪中原の虹中央党 (ドイツ)中川小十郎中国共産党中央委員会副主席中国国民党中国社会民主党中国民主化運動中国民主党 (中華人民共和国)中国民航機ハイジャック事件中国民航機韓国着陸事件中華人民共和国中村円太七里ヶ浜世界の記憶の一覧世界ウイグル会議万寿台芸術団三・一運動三河萬歳一番湯のカナタ平群広成平新艇事件亡命亡命政府交響曲 (コルンゴルト)交響曲第4番 (プロコフィエフ)交通系人民戦線二重スパイ・国際謀略作戦仏教徒危機延安派伊藤律強行着陸佐々淳行佐々木武雄佐藤優 (作家)佐藤勝巳作戦計画5029何日君再来余杰徐輝徳田球一徴兵制度志士土田・日石・ピース缶爆弾事件在ペルー日本大使公邸占拠事件在クウェート日本大使館占拠事件在瀋陽日本国総領事館在日台湾人在日トルコ人在日クルド人在日シリア人在日韓国民主統一連合北イロコス州北米4大プロスポーツリーグ北朝鮮による日本人拉致問題北朝鮮人民委員会北方十字軍ペマ・ギャルポナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルトペルーのイスラム教ペレコープ=チョーンガル作戦ナワル・エル・サーダウィペータル1世 (セルビア王)ペータル2世 (ユーゴスラビア王)ペトロパブロフスク (戦艦・2代)ナビスナディア・コマネチペドロ・ラソペドロ・パスカルナイラ証言ミチェル・アブレイユミハイル・バリシニコフミハイル・パーヴロヴィチ・サーブリンミハイル・テレシチェンコミハイル・ホドルコフスキーミハイル・ベーレンスミハイル・ゴルトシュタインミャンマーミンツェンティ・ヨージェフミッシャ・ディヒターミッシェル・ミロースキーミトロヒン文書ミオドラグ・ベロデディチミクロの決死圏ミゲル・アンヘル・エストレージャミゲル・ゴンザレス (1986年生の投手)ミシェル・ミコンベロママ (ロシア映画)マリー・レクザンスカマリー・ド・メディシスマリー・アントワネットマリアーノ・ラガスカ・イ・セグーラマリアーノ・エスコペドノルマンディー (客船)マルチナ・ナブラチロワノルウェー労働党ノルウェーの戦いノルウェー陸軍マルガレーテ・ズースマンマルク・シャガールマルクス・ヴォルフマルグレーテ1世マルセル・エイメノロドム・シハヌークマーハン・カリミ・ナセリマーティン・フライシュマンノーベル平和賞マーク・W・クラークマーサズ・ヴィニヤードマヌエル・プイグマヌエル・デ・ファリャマヌエル・デ・ゴドイマヌエル・アサーニャマックス・ホルクハイマーマダガスカル・クーデターマイノリティの権利マインツ攻囲戦 (1792年)マイケル・ポスタンマイケル・テヘラマエルス・ロドリゲスノエ・ジョルダニアマグヌス・ヒルシュフェルトマグヌス・ステンボックノスタルジア (映画)チャンバーチャン・バン・フォンチャンパ王国チャールズ・ジェンキンスチャイナドレスチュグエフカ基地チョギャム・トゥルンパチベットチベット侵攻チベット民族チェチェン・イチケリア共和国チェチェン・イチケリア共和国大統領チェロ協奏曲第1番 (プロコフィエフ)チェ・ゲバラチェコスロバキア共産党チェコ社会民主党ネタージ・バワンハノイ・ハンナハバナ・クラブハリアーに関連する作品の一覧ハルノクニハンネス・シュナイダーハンニバルハンガリー学派ハンガリー動乱ハンガリー王国 (1920年-1946年)ハンス・ヨアヒム・マルセイユハンス・リヒター (画家)ハンス=イェスタ・ペーアソンハーメルンハーフィズ・アル=アサドハッソ・ヘルシェルハドリアヌス4世 (ローマ教皇)ハドソン河のモスコーハイチの軍事ハイレ・セラシエ1世ハインリッヒ・ロンメンハインツ・コフートハイジャックハコボ・アルベンス・グスマンハザーラ人バラ革命バレエバングラデシュ独立戦争バーバロ・カニザレスバート・ヨールバーソルド・リュベトキンバトルフィールド バッド カンパニーバトルフィールド4バブラク・カールマルバフマン・ゴバディバイオハザードシリーズの登場人物バオ・ダイバスジャックポチョムキン=タヴリーチェスキー公 (戦艦)ポーランドポーランドの歴史ポーランド亡命政府ポーランド社会党ポーランド立憲王国ポーランド継承戦争ポーランド統一労働者党ポーリーヌ・ガルシア=ヴィアルドポール・モランムハンマド・アミーン・ブグラムハンマド・アブドゥフムハンマド・ガブドゥルハイ・クルバンガリームラトゥ・アスタトゥケムワンブツァ4世メリリャメルボルンの流血戦メルティランサーメヒティルディス・フォン・エスターライヒメデューズ号の筏メフメト6世メアリー・オブ・モデナメインクーンメキシコシティ包囲戦メタルギアシリーズの登場人物モハメド・シアド・バーレモルディブ民主党モントリオール宣言モンキーモデルモン族 (Hmong)モニール・ファーマンファーマイアンモホリ=ナジ・ラースローモイーズ・チョンベモジャーヘディーネ・ハルグヤン・ヴィンツェント=ロストフスキヤン・ギィユーヤン・シュラーメクヤヒヤ・ジャメヤデル・マルティヤディル・ムヒカヤクブ・ゴウォンヤコブ・ギンペルヤシエル・プイグヤセール・ゴメスユネル・エスコバーユリアナ (オランダ女王)ユリウス・フレーベルユリウス・コルンゴルトユリエスキ・グリエルユリオルキス・ガンボアユーリ・アーロノヴィチユーリ・エゴロフユーリー・マルトフユーディト・フォン・アルトドルフユニバーシティ・オブ・ザ・ピープルユニエスキ・マヤユニエスキー・ベタンコートユニオ・ヴァレリオ・ボルゲーゼヨハン・ライドネルヨハン・パトクルヨーロッパにおける政教分離の歴史ヨーゼフ・シゲティヨアン・ペテル・クリアーノヨエニス・セスペデスヨスラン・エレラヨゼフ・コウデルカラマダーン革命ラモン・フランコラ・バヤデールラフマニノフ ある愛の調べラファエル・トルヒーヨラファエル・アルベルティラファエル・クーベリックラウル・サランラオスの歴史ラガッツィ・ディ・ヴィア・パニスペルナラストエンペラーラズロ・コヴァックスラサロ・カルデナスリバン・ヘルナンデスリューリク (装甲巡洋艦・2代)リュクルゴス (スパルタ王)リー・ハーヴェイ・オズワルドリーガ・クバーナ・デ・ベイスボルリッツ・ロンドンリトアニアの歴史リヒャルト・ベーア=ホフマンリビア軍リベリアの政治リオン・フォイヒトヴァンガーリカルド・ヴィラロボスリジ・イヤスルナル・サーガルネ・レイボヴィッツルーマニア共産党ルーヴル美術館ルーホッラー・ホメイニールース・ウィリアムズルース・エリスルドルフ (オーストリア皇太子)ルドルフ・スラーンスキールイ5世ジョゼフ (コンデ公)ルイ6世アンリ (コンデ公)ルイ・ボナパルトルイ・アントワーヌ・フォヴレ・ド・ブーリエンヌルイージ・アラマンニルイス・ポサダ・カリレスルイス・ランサナ・ベアボギルイ=ジャン=ピエール・ヴィエロットレネ・アロチャレバノン人女性拉致事件レンジェル・メニヘールトレ・ミン・ダオレッド・オクトーバーを追え!レフチェンコ事件レフォルマ戦争レイナルド・アレナスレイ・オルドニェスレオナルド・マルケスレオ・レオニレオ・ボルヒャルトレオ・ブレッヒレオニード・サバネーエフレオニダス2世レオニス・マーティンレコーディング芸術科学ラテン・アカデミー・パーソン・オブ・ザ・イヤーレザー・パフラヴィーレスリー・アンダーソンロマン・ローゼンロバート・ムガベロバート・モリソン (植物学者)ローマン・ハウベンシュトック=ラマティローランド・アローホロードレース世界選手権の歴史ロードレース世界選手権の沿革ロッジP2ロベルト・ファリナッチロベール・カサドシュロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団ロザリー・ラ・モリエールロシア帝国下のグルジアロシア内戦ロシア正教会の歴史ロタール・ビスキーワルター・ゲールワレリー・アファナシエフワンチュク・ナムゲルワールドシリーズとワールド・ベースボール・クラシックの両方で優勝を経験した選手一覧ワッハーブ派ワイアット・アル・フセッシーニワシリー・ミトロヒンワシリー・サペルニコフンタレ5世ヴラジーミル・ヴィソツキーヴワディスワフ1世ヘルマンヴワディスワフ・シコルスキヴァルヴァラ・レプチェンコヴァルター・シェレンベルクヴァレリー・ジスカール・デスタンヴァレンヌ事件ヴァレンティン・ポエナルヴァイマル文化ヴァシレ・アレクサンドリヴィリー・シュトフヴィルヘルム・ヴァイトリングヴィータウタスヴィトヤ・ヴロンスキーヴィクトル・ネクラーソフヴィクトル・ヤヌコーヴィチヴィクトル・ユーゴーヴィクトル・ベレンコヴィクトル・スヴォーロフヴィクトル・ススリンヴィクトル・スタルヒンヴィクトワール・ド・フランスヴィクトール・コルチノイヴェルフ家ヴェーラ・ザスーリチヴォルフガング・シュナイダーハンヴォー・グエン・ザップボヤカの戦いボリビアのイスラム教ボリス・ベルキンボリス・ゴールドシュタインボルチモア・オリオールズ対キューバ代表の親善試合ヌルディン・ファラーボロディン弦楽四重奏団ボンボン・マルコスヌーリー・マーリキーボブ・マーリーボフミール・シュメラルボニファティウス8世 (ローマ教皇)トマソ・カンパネッラトリスタン・レルミットトルコ大国民議会トレントン (軽巡洋艦)トンネル (映画)トーマス・クレッチマントーリー党 (イギリス)トゥーマストヘルマン・メサヘルマン・ブロッホヘルマン・アーベントロートヘルツェブロック=クラールホルツヘルベルト・マルクーゼヘレーネ・ヴァイゲルヘンリー・デ・マシュー (ゴールウェイ伯)ヘンリー・ウルティアブラック・ウィドウ (ナタリア・ロマノヴァ)ブラック・ジャックの登場人物ブラックパンサー党ブラックガードブラディミール・ガルシア (投手)ブライアン・ペーニャブラウンズ・ホテルブルハーヌッディーン・ラッバーニーブルメナウブルーノ・ポンテコルボブルーノ・クライスキーブルーノ・タウトブロンズの天使プラハの春プラハの春音楽祭プラボウォ・スビアントプレタポルテ (映画)プロレスプロテスタンティズムとイスラームプエルトリコのイスラム教パラリンピックパリ祭パルミーロ・トリアッティパルヴェーズ・ムシャラフパフラヴィー朝パウル・ツェランパウル・ベッカーパウル・クレツキパウル・コハンスキパウロー・スコロパードシクィイパウロス1世 (ギリシャ王)パキスタン・ムスリム連盟ナワーズ・シャリーフ派ヒマラヤ山脈ヒャルマル・シャハトヒュー・ゲイツケルヒジャーズ王国ビバリーヒルズビュート・ハウスビルマ国ビルマ連邦国民評議会ビルマ連邦国民連合政府ピョートル・ヴラーンゲリピーター・フランクルピーター・アンジェロスピッグス湾事件ピアノ協奏曲第3番 (バルトーク)ピエール・マリー・オーギュスト・ブルソネピエール・ロスタンテレーズ・カバリュステヘランテア・フォン・ハルボウテオフィロ・ステベンソンデルフィナ・ポトツカデルク=エルスコ・ブラインスデヴィ・スカルノデニス・スアレスディミトリー・スミルノフディノクライシスディートリッヒ・フォン・ヒルデブラントディアスポリス 異邦警察デイロン・ヴァローナデイビー・クロケット (戦術核兵器)デスペラード (お笑いコンビ)フョードル・オツェプフョードル・シャリアピンフランク・チパスラフランシスリー・ブエノフランシス・ゲーリー・パワーズフランシスコ・マシアス・ンゲマフランシスコ・デ・パウラ・サンタンデルフランシスコ・デ・ゴヤフランス共産党フランス革命フランス革命戦争フランスSS突撃大隊フランス植民地帝国フランソワ・トスケルフランソワ・デュヴァリエフランソワ・カロンフランソワーズ・モレシャンフラディケ・デ・メネゼスフリードリヒ・ヴォルフフリードリヒ・エンゲルスフレッド・ブラッシーフーゴー・ライヒテントリットファン・ボイ・チャウファシスト党フアン・ミランダフィリップ (エディンバラ公)フィリピンフィルハーモニア・フンガリカフィンランド共産党フィンランド民主共和国フィデル・カストロフィデル・カストロ暗殺未遂事件フイヤン派フェリックス・ペレス (野球)フェルナンド・ソルフェルルフェルディナンド・マルコスフェドン・キジキスフォンテーヌブロー宮殿フス派フサイン・イブン・アリー (マッカのシャリーフ)ドミトリー・シトコヴェツキードミシアン・ンダイゼイエドラえもんのひみつ道具 (おあ-おこ)ドランブイドラグーティン・ディミトリエビッチドリトル先生シリーズの登場キャラクタードレフュス事件ドービニーの庭ドイツドイツにおける1848年革命ドイツにおける死刑ドイツの原子爆弾開発ドイツのための選択肢ドイツ国際平和村ドイツ社会民主党ドイツ民主共和国ドク・ウマロフドクトル・ジバゴニノイ・アキノ国際空港ニャシンベ・エヤデマニュースクール大学ニュースステーションニカラグアのイスラム教ニキータ・フルシチョフニコライ2世ニコライ・ユデーニチニコラエ・チャウシェスクホリア・シマホワイトナイツ/白夜ホンジュラスのイスラム教ホーチミン市ホージャ・ニヤーズホテル・ルックスホイッグ党 (イギリス)ホセ・マリア・ベラスコ・イバラホセ・ラウレルホセ・アンヘル・ガルシアホセ・アブレイユホセ・イバールホセ・イグレシアスホセ・コントレラスダヤン・ビシエドダライ・ラマ14世ダーネの戦いダッカ日航機ハイジャック事件ダニス・バエスダウトフェタールベネズエラベラルーシ共和国憲法ベルリンの壁崩壊ベルンハルト作戦ベルクト (ウクライナ警察)ベルサイユのばらベレンコ中尉亡命事件ベトナム戦争ベニグノ・アキノ・ジュニアベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス制度的革命党呪われた者たち呂運亨アナトリー・サプチャークアナスタシア/光・ゆらめいてアミーン・フサイニーアマニ・ディオリアポニー・ゲーラルディネアメリカ合衆国アメリカ合衆国とイランの関係アメリカ合衆国の歴史アメリカ国家安全保障局アメリカ革命人民同盟アラミスアラブ社会党アリーナ・フェルナンデス・リベルタアリー・ゼイダーンアルバート・ワトソン2世アルバニアアルメニア・ソビエト社会主義共和国アルメニア革命連盟アルメニア議会銃撃事件アルレイ・サンチェスアルヴァロ・クニャルアルトゥル・ローゼンベルクアルトゥーロ・サンドヴァルアルフォンソ12世 (スペイン王)アルベルト・フジモリアルカセル・キビールの戦いアルクメーネーアルジェリアにおける検閲アルジェリアの歴史アレック・ウェックアレクセイ・ラミレスアレクサンドラ・コロンタイアレクサンドル2世アレクサンドル・カウリバルスアレクサンドル・クラスノシチョーコフアレクサンドル・グラズノフアレクサンドル・グレチャニノフアレクサンドル・コジェーヴアレクサンドル・ゴドゥノフアレクサンドル・ストロークアレクサンダー・シディグアロルディス・チャップマンアンリ・エティエンヌアンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタールアントニオ・パニッツィアントニオ・グラムシアントニオ猪木アンテ・パヴェリッチアンティオキアのマルガリタアンドラーシ・ジュラ (子)アンドリュー・バルトフェルドアンドレ・ヴォジャンスキーアンドレイ・クルプスキーアンドレイ・タルコフスキーアンタル・ドラティアーノルド・ルーゲアーリム・ハーンアークトゥルス (ゲーム)アーサー・ディオシーアッタチ・ムパカチアブデュルメジト2世アブドル・ラフマン (キリスト教改宗者)アブドッラフマーン・アーリフアブドゥル・カディルアブドゥル・サッタル・イーディアブドゥルアズィーズ・イブン・サウードアブドゥル=イラーフアテナイアデイニー・エチェバリアアフマド・テジャン・カバーアフマド・シャー (ガージャール朝)アフガニスタンアフガニスタンにおける死刑アドメトス (エピロス王)アドリア海アドニス・ガルシアアベル・グンバアウグスト・ハインリヒ・ホフマン・フォン・ファラースレーベンアウグスト・ランドメッサーアウグスト・ピノチェトアクラム・アル=ホーラーニーアゴスティニョ・ネトアゴタ・クリストフアジーリア・バンクスアジール権アジア主義アサイラム (曖昧さ回避)イランにおける同性愛者迫害イランアメリカ大使館人質事件イラン革命イラクリー・オクルアシュヴィリイラク憲法イリヤ・エレンブルグイリーナ・ハカマダインドインドネシア、トーマス・ワインガイのためにインドルジヒ・ローハンイングランドの歴史イーヴ・ゴダールイブラーヒーム・クリー・クトゥブ・シャーイディ・アミンイドリース1世 (リビア王)イニャツィオ・シローネイダ・カミンスカイギリスの歴史イギリス海軍イグナシー・ドメイコイザベッラ・デル・バルツォイシュトヴァン・ケルテスイシュトヴァーン3世イスラム教における棄教イスラーム法的権利擁護委員会イスラーム教徒による宗教的迫害イスラーム教徒による性的マイノリティー迫害イタリアのアルバニア侵攻イタリア共和党イタリア共産党イタリア社会党イタビア航空870便事件イサベル・ペロンウラジーミル・プーチンウラジーミル・アウセムウーアルカイシウーゴ・フォスコロウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンクウィリアム・コベットウィレム2世 (オランダ王)ウィレム5世 (オラニエ公)ウィンチェスターM70ウォルター・クリヴィツキーウガンダウクライナ人ウクライナ海軍ウサーマ・ビン・ラーディンエミリオ・アギナルドエミール・ゾラエミグレエマニュエル・ドンガラエチオピア1931年憲法エムス電報事件エリナー・オブ・レスターエリム・デミドフエリトリア独立戦争エリザベート・シーマンエリスランディ・ララエルネスト・ノリスエルンスト・トゥーゲントハットエルンスト・ブッシュ (俳優)エルンスト・デグナーエルンスト・フォン・リュッヒェルエレーナ・バシュキロワエレーナ・フィルソヴァエーリッヒ・ホーネッカーエーリヒ・マリア・レマルクエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトエットーレ・マヨラナエティエンヌ=アレクサンドル・ベルニエエディソン・デニソフエフゲニー・ムラヴィンスキーエフゲニー・プリマコフエドワルド・リモノフエドワード・シアガエドワード・スノーデンエドゥアルド・トゥビンエドゥアルド・ブロッホエドゥアルド・ガレアーノエダ・ハンナ・ライトエウアゴラスエクアドルの歴史エグザイルエゴン・フリーデルエジプト軍によるラルナカ国際空港襲撃エジプト航空990便墜落事故エストフィリアエストニア共和国 (1944年)エスピオナージ (映画)オチャーコフ (防護巡洋艦)オランダオラシオ・カステジャーノス・モヤオリンピックの野球競技・メダリスト一覧オレン・リヨンズオレグ・マイセンベルクオレステス・デストラーデオレステス・キンデランオーランド・ヘルナンデスオードナンス QF 2ポンド砲オークランド・アスレチックスオーストリア社会民主党オットー1世 (神聖ローマ皇帝)オットー・ヨーンオットー・ヴェルスオットー・ティーフオットー・クレンペラーオットー・クーシネンオットー・シュトルーベオプテンノール (船)オドラニエル・ソリスオイゲン・ゼンガーオスマン帝国軍オスカー・フリートオスカー・ニーマイヤーオズワルド・フェルナンデスオタワカナダ共産党カミザールの乱カルロッタ・ジョアキナ・デ・ボルボンカルロス・イバニェス・デル・カンポカルロス・クライバーカルロス・サリナス・デ・ゴルタリカレル・アンチェルカロル・ラートハウスカンボジアカンダウレス王カーネーション革命カール10世 (スウェーデン王)カール12世 (スウェーデン王)カールリス・ウルマニスカール・マルクスカール・メレスカール・ユーナス・ルーヴェ・アルムクヴィストカール・ヴァイグルカール・フォン・ヒューゲルカール・コルシュカール=ハインツ・ホフマンカーロイ・ベーラカウスェーカタルーニャ民主連合キム・フィルビーキューバキューバのスポーツキューバの野球キューバ危機キューバ系アメリカ人財団キューバ計画キリング・フィールド (映画)キリスト教徒による宗教的迫害キン族キディ・ガーランドギャネンドラ・ビール・ビクラム・シャハギリシャ共産党ギレルモ・リゴンドウクネ・ディルク・パルメンティエクララ・ヒトラークララ・ツェトキンクラウス・テンシュテットクリミア王国クリップクルマンベク・バキエフクルト・クリストフ・フォン・シュヴェリーンクルアーンクレメンス・フォン・メッテルニヒクレオメネス戦争クレオンブロトス1世クワメ・エンクルマグルジアの歴史グレゴリウス8世 (対立教皇)グレゴール・ギジグッバイ、レーニン!グアンタナモグエン・バン・チューグエン・カオ・キグエン・ゴク・ロアングスタフ5世 (スウェーデン王)ケルケナ諸島ケンブリッジ・ファイヴケンドリス・モラレスケーテン (アンハルト)ゲルマー・ルドルフゲンナジー・ロジェストヴェンスキーゲンリフ・リュシコフゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えりゲーザ・デ・カープラーニゲディミナス朝ゲオルギ1世テルテルゲオルギ・ディミトロフゲオルギー・マルコフゲオルギー・ポベドノーセツ (戦艦)ゲオルギオス2世 (ギリシャ王)ゲオルク・ミッシュゲガール・ムサシコラード・アルバロコラソン・アキノコリントス戦争コルッチョ・サルターティコロンビアコンペティション (映画)コン・レーコンゴ動乱コンスタンチン・バリモントコール オブ デューティ ブラックオプスコートジボワールの大統領コードネーム U.N.C.L.E.ココ・シャネルコシロ・バジリコスチャンティーン・プリソーウシクィイコゼットゴイセンザンジバルの歴史ザーヒル・シャーザキー・アル=アルスーズィーザクセン=コーブルク=コハーリ家シムラ条約シモン・ペトリューラシャルル・フェルディナン・ダルトワシャルル・アレクサンドル・ド・カロンヌシャルル・エチエンヌシャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールシュロイメ・アンスキーシュヴァルツェンベルク法シュヴァルツェスマーケンシューラ・チェルカスキーシュタージシュタインハイム (ヴェストファーレン)ショプロンシンガポール事件シンクタンクシーマ・ガラハウシーロ・アレグリアシージャックシビル・ウォーシェイク・ハシナシエラレオネ特別法廷シコルスキー・エアクラフトシスプラチナ州ジャン (ルクセンブルク大公)ジャン4世 (ブルターニュ公)ジャン・カルヴァンジャン・クリストフジャン・シャルダンジャンヌ・ド・パンティエーヴルジャンガ・バハドゥル・ラナジャック・ライアンジャスミン革命ジャスティン・レハンヤジュリアン・アサンジジュリアーノ・デ・メディチ (ヌムール公)ジュール・ド・ポリニャックジュセリーノ・クビチェックジョルジュ・ムスタキジョルジュ・ダントンジョルジュ・オンスロージョン・ロックジョーカー・ゲームジョージ・ハバシュジョージ・バーナード・ショージョージア (国)ジョージアとロシアの関係ジョグジャカルタ原則ジョセフ・サイドゥ・モモジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントスジョゼフ・ババンスキージルベルト・ジルジンバブエジンスハイムジボ・バカリジェームズ1世 (イングランド王)ジェームズ・ドレスノクジェームズ・アングルトンジェーン・マーセットジェイムス・マンチャムスペイン人民戦線スナイパーエリートV2スロバキア民衆蜂起スヴェトラーナ・アリルーエワスーダンストックホルムの密使スパ (ベルギー)スパルタ王ステート・アマスティーブ・バートマン事件スオムッサルミスカルノスターリニズムスタニスラフ・レフチェンコズ・ダン号事件ズデネク・ムリナーシズデニェク・マーカルセリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルセルヒオ・バディーリャ・カスティーリョセルゲイ・エリセーエフセルゲイ・スクリパリセルジュ・コミッショーナセントルイス (軽巡洋艦)ゼネラル・エレクトリック J79ソマリア内戦ソルジャー・ゴールドソロモン・ヴォルコフソロイソビエト連邦ソスシーンズ・ベーンソ連型社会主義ゾルターン・ロズニャイゾロアスター教ゾグー1世タマル (グルジア女王)タランタラート・パシャタンペレタンジャーヴール・ナーヤカ朝タンジェントポリターミナル (映画)タデウシュ・コシチュシュコタイフーン型原子力潜水艦タイ軍事クーデター (2006年)よど号ハイジャック事件よど号グループサミュエル・ドウサム・ランシー党サモトラケのアリスタルコスサラーフッディーン・アル=ビータールサントンジョワ・ハウンドサンティアゴ・カリーリョサンディエゴ計画サッダーム・フセインサファイア リボンの騎士サウンド・オブ・ミュージック (映画)サウード・ビン・アブドゥルアズィーズサウジアラビアサキョン・ミパム唐代三夷教償還 (神学)冬の日 (小説)冬寿冒頓単于内部マケドニア革命組織・マケドニア国家統一民主党内閣総辞職児童虐待全体主義全体主義の起源全権委任法兪吉濬八虐六四天安門事件共産主義者同盟共産主義者同盟赤軍派共産党宣言具存裕元正花国境取締法国籍法国際軍事裁判所憲章国際法委員会国際拘禁連盟国民民主連盟四月革命 (韓国)B-26 (航空機)CIAチベット計画CSI:マイアミ犬養毅石井一王丹社会主義リアリズム社会主義国社会革命党神学校 -Noli me tangere-福井港禹長春私は弾劾する秦野章空耳アワー空港に居住した人物の一覧空想法律読本竹原茂第28SS義勇擲弾兵師団第十八富士山丸事件第一共和国 (大韓民国)第一次バーバリ戦争第一次英蘭戦争第六次対仏大同盟筑紫美主子紫禁城の落日細野豪志紅はこべ綾城具氏緑軍終戦のローレライ田中義三申相玉無人地帯熊本県の歴史特殊作戦執行部牙山蒋氏独仏休戦協定瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件登録名白系ロシア人白鳥事件白軍白村江の戦い百済郡銀河英雄伝説の用語韓当韓国民主党韓雲階鞠智城遊星仮面遠い夜明け聶耳落合博満落陽のパレルモ落武者革命的共産主義者同盟全国委員会革命機ヴァルヴレイヴ青州史氏青年トルコ人頭山満領空侵犯衛氏朝鮮血の水曜日事件裏切られた革命裸官西蔵自治区人民政府主席西洋のイスラム化に反対する欧州愛国者親衛隊大尉馬場辰猪首長族訃報 2008年7月訃報 2009年9月訃報 2018年3月高句麗高句麗論争高橋邦夫 (外交官)高智晟謀反魚本公博警察・刑事司法協力護国戦争魔技科の剣士と召喚魔王魔法科高校の劣等生豊原市資本論超法規的措置軍事境界線 (朝鮮半島)軍事組織と社会軍国主義の歴史軍艦黒い兄弟黒龍会黄長ヨプ辰韓辺真一近代における世界の一体化近代から現代にかけての世界の一体化郭充郭文貴航空機ハイジャック事件の一覧赤道ギニア亡命政府赤色テロ赤木志郎薬照寺薄熙来事件開化派藤田嗣治蒋壻邱永漢脱北者脱清人野のユリ野球キューバ代表野望円舞曲自由の記念碑 (リガ)自由フランス自由党 (大韓民国)自由日本放送金学鉄金国檳金賢姫金正日金承化長いナイフの夜若林盛亮英国占領難民雨森俊彦連邦憲法擁護庁逃亡退廃芸術陳光誠陳独秀FM mle1924/29軽機関銃He 115 (航空機)IRIS-アイリス-ISILΠの歴史LaGG-3 (航空機)MiG-25 (航空機)O-2 (航空機)Office of Strategic ServicesPBM作戦THE 爆弾処理班Tu-95 (航空機)UH-1に関連する作品の一覧V2ロケット暗殺事件の一覧抗日パルチザン柴田泰弘林彪事件李相朝李明秀李承晩東トルキスタン情報センター東遊運動東方教会松本剛明松本楼板門店板戸杉本良吉核保有国の一覧栄光のナポレオン-エロイカ森裕子楚海昌樋口季一郎機井洞機動戦士ガンダム アグレッサー機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍 (た行-わ行)欧州保守改革グループ死線からの脱出残留ロシア人 (南樺太)永世中立国永住権永続革命論永遠と一日気球の8人民主中国陣線民主カンプチア民主党 (セルビア)民族革命運動党民族民主革命党スパイ事件汚い戦争油断ちゃん沿バルト軍管区深田肇渡来人湊川神社満州国朝鮮の外来帰化氏族朝鮮人民軍偵察総局朝鮮民主主義人民共和国朝鮮民主主義人民共和国の国際関係朝鮮民主主義人民共和国の鉄道朝鮮民主主義人民共和国の歴史朝鮮民主主義人民共和国応援団朝鮮戦争木下厚木蘭拳本因坊秀栄本貫朱 (姓)朱潜朴孝三朴憲永戦争戦争犯罪春見文勝新協劇団新安朱氏新イタリア社会党新冷戦新羅新植民地主義新民主共和党日本日本とイスラエルの関係日本とエチオピアの関係日本における外国人参政権日本のユダヤ人日本の国際関係日本の核武装論日本への原子爆弾投下日本外国特派員協会日本人学校日本共産党(日本のこえ)日本統治時代の朝鮮旧慣温存政策悟真寺 (長崎市)攻殻機動隊 S.A.C.シリーズの登場人物攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society愛新覚羅溥儀憲法制定国民議会所感派時が滲む朝007 リビング・デイライツ11月14日1904年の政治1918年1918年の政治1921年1921年の政治1936年ベルリンオリンピック1958 FIFAワールドカップ1961年のロードレース世界選手権1963年の政治1963年ベトナム共和国の軍事クーデター1966年シリアクーデター1971年から1992年までのマラウイ総選挙1979年1994年マラウイ総選挙1996年の野球1996年アトランタオリンピックの野球競技・キューバ代表1月16日2002年2002年の日本2004年アテネオリンピックの野球競技・キューバ代表2006 ワールド・ベースボール・クラシック・キューバ代表2007年パンアメリカン競技大会野球キューバ代表2013年2016年2016年の朝鮮民主主義人民共和国2017 ワールド・ベースボール・クラシック・メキシコ代表2017年の政治23-F3月13日3月6日3月8日革命4月19日運動50度線5月8日7月17日革命8年 (小説)8月宗派事件9月6日 インデックスを展開 (1299 もっと) »

A-26 (航空機)

A-26(B-26 後述)は、1942年に初飛行したダグラス社の双発攻撃機/軽爆撃機。愛称はインベーダー(Invader、「侵略者」の意)。.

新しい!!: 亡命とA-26 (航空機) · 続きを見る »

加藤哲太郎

加藤 哲太郎(かとう てつたろう、1917年(大正6年)2月21日 - 1976年(昭和51年)7月29日)は、日本の元陸軍中尉・新潟の東京捕虜収容所第五分所長。英語塾経営者。東京に生まれる。父は作家・評論家の加藤一夫、母は加藤小雪。.

新しい!!: 亡命と加藤哲太郎 · 続きを見る »

労働社会主義インターナショナル

労働社会主義インターナショナル(Labour and Socialist International (LSI)、Sozialistische Arbeiter-Internationale, SAI 。ドイツ語から 社会主義労働者インターナショナル とされる場合もある)は、かつて存在した社会主義(社会民主主義)政党や労働党による国際組織。戦間期の1923年から1940年にかけて活動した。第一次世界大戦に際して崩壊した第二インターナショナルを引き継ぐ組織であり、現在まで続く社会主義インターナショナルの先駆となる組織でもある。.

新しい!!: 亡命と労働社会主義インターナショナル · 続きを見る »

劉ハク

劉髆(りゅう はく、前100年代? - 前88年)は、前漢の武帝と李夫人の間に生まれた第5子。前97年に昌邑王に封じられた。 前90年(征和3年)、武帝の甥であり丞相であった劉屈氂と劉髆の叔父である李広利(李夫人の兄)により劉髆を立太子する政略が謀られるが事前に露見、劉屈氂は刑死、李広利は匈奴に亡命した。劉髆は事情を知らなかったということで連座を免れている。前88年正月に劉髆は死去し、諡号を哀とされ、子である劉賀が王位を継承している。 昭帝崩御後に劉賀は皇帝に短期間即位している。また劉髆は4女を儲けたが、こちらは劉賀廃位後に湯沐邑千戸が下賜されている。 はく Category:紀元前88年没.

新しい!!: 亡命と劉ハク · 続きを見る »

劉暁波

劉 暁波(りゅう ぎょうは、リウ・シャオポー、1955年12月28日 - 2017年7月13日)は、中華人民共和国の著作家。元北京師範大学文学部講師。民主化運動を始め広範な人権活動に参加し、度々投獄された。.

新しい!!: 亡命と劉暁波 · 続きを見る »

原子力事故

国際原子力事象評価尺度(INES) 原子力事故(げんしりょくじこ、Nuclear and radiation accidents)とは原子力関連施設での放射性物質や放射線に関係する事故のこと。放射性物質や強力な放射線が施設外へ漏れ出すと、人々の健康・生活や経済活動に大きな被害をもたらす。原子力関連施設内での事故であっても、放射性物質や放射線の漏出にまったく無関係な事故は原子力事故とは呼ばない。 原子力発電所などで事故が発生した場合には、国際原子力事象評価尺度 (INES) による影響度の指標が「レベル0」から「レベル7」までの8段階の数値で公表される。本項目ではINESレベル4未満の事象も含めて記述するが、1970年代以降、レベル4以上の事故は7年以内の周期で起こっている。.

新しい!!: 亡命と原子力事故 · 続きを見る »

とわいすあっぷっ!

『とわいすあっぷっ!』は、阿羅本景による日本のライトノベル。イラストは蔓木鋼音が担当。 集英社・スーパーダッシュ文庫(以下SD文庫)刊。著者・阿羅本景のライトノベルデビュー作である。SD文庫発のメディアミックス隔月誌『スーパーダッシュ&ゴー』(集英社)連載の相音うしおによる漫画化作品もある。 異世界の魔人・魔物や、他の対魔人組織との戦いを扱ったバトルファンタジー作品だが、淫猥なボキャブラリーが豊富なスラップスティック・ラブコメディでもある。.

新しい!!: 亡命ととわいすあっぷっ! · 続きを見る »

ういろう (菓子)

ういろう(外郎)は和菓子の一種。「外良」、「ういろ」、「うゐろ」、「ういらう」、「うゐらう」などの表記が用いられることもある。外郎餅(ういろうもち)とも言う。 以下、蒸し菓子(外郎餅)を「ういろう」、薬(透頂香)を「外郎薬」と表記して区別する。 ういろうは、典型的には米粉などの穀粉に砂糖と湯水を練り合わせ、型に注いで蒸籠で蒸して作る。穀粉には米粉(うるち米、もち米)、小麦粉、ワラビ粉などが用いられ、砂糖には白砂糖、黒砂糖などが用いられる。小豆あん、抹茶など、さまざまなものが加えられることも多い。室町時代のころから存在する黒砂糖を用いた「黒糖ういろう」が本来の姿と考えられている。 ちなみに、「ういろう」や「外郎」は普通名詞であり、発祥に関わりない第三者による商標登録も認められている 審決取消請求事件。.

新しい!!: 亡命とういろう (菓子) · 続きを見る »

ささやかな遁走

『ささやかな遁走』(仏語Les Petites Fugues)は、イヴ・イェルサン監督による1979年製作のフランス・スイス合作映画である。.

新しい!!: 亡命とささやかな遁走 · 続きを見る »

博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」(はかせとじょしゅ こまかすぎてつたわらないモノマネせんしゅけん)は、フジテレビ系列で放送されていた『とんねるずのみなさんのおかげでした』内のコーナーである。.

新しい!!: 亡命と博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 · 続きを見る »

半島戦争

半島戦争(はんとうせんそう、1808年 - 1814年、Peninsular War(半島戦争)、Guerra de la Independencia Española(スペイン独立戦争)、Guerra Peninsular(半島戦争)、Guerre d'Espagne(スペイン戦争)、Guerra del Francès(フランス戦争))は、ナポレオン戦争中イベリア半島でスペイン軍、ポルトガル軍、イギリス軍の連合軍とフランス帝国軍との間に戦われた戦争である。日本ではスペイン独立戦争またはスペイン反乱「スペイン反乱」は日本の高校世界史の教科書を中心に12社。最近は母国語での呼称に従うというルールから「スペイン独立戦争」の方が多いようである。「半島戦争」は英語名由来。としても知られている。この戦争は「ハンマーと金敷」の役に擬えられている。すなわち「ハンマー」とはアーサー・ウェルズリーに率いられた4万から8万の軍勢からなる英葡軍であり、それによって金敷であるスペインの軍とゲリラとポルトガルの民兵軍の上でフランス軍が打ちのめされたのである。 戦争はイベリア半島の性質に大きく左右された。土地が貧しいイベリア半島では大軍が侵攻しても侵攻先の食料が足りないためその軍を養うのが難しく、フランス軍はピーク時で3万を数えたものの、軍を集結させることができなかった。小部隊による幾つかの地域で限られた期間での戦闘を求められ、決定的な結果を出すのには困難を極めた。 この戦争はスペインとポルトガルの社会的、経済的構造を破壊し、1850年まで続く大規模な内戦と半島戦争で訓練された将校に導かれた荒れ狂う解放の時代のさきがけになった。また、この戦争をきっかけにしてポルトガル、スペインの植民地だったラテンアメリカに独立運動が起きた。.

新しい!!: 亡命と半島戦争 · 続きを見る »

占領法

ルール合意と占領法に反対する市民抗議。 ドイツ占領法または一般に占領法(独:Besatzungsstatut)は、1949年4月10日に新たに作られた占領下ドイツ政府と西ドイツの連合高等弁務官の責任と役割について定めた法である。アメリカ合衆国、イギリスそしてフランスによって作成され、パリ協定 (1954年)が有効になるまでの間効力があった。 連合高等弁務官の創始者はワシントンD.C.における8日間に渡る激しい議会で審議したアメリカ合衆国国務長官のディーン・アチソン、イギリス外務・英連邦大臣のアーネスト・ベヴィンそしてフランス首相のロベール・シューマンであった。これはドイツに条件付きの主権を与え、マーシャル・プランの対象とした。連合国は占領軍を国内に駐屯させる権利については引き続き保持し、軍縮、非武装化、科学研究、戦争賠償、ルール地方問題、非カルテル化、亡命者や難民問題、安全保障、占領軍の名誉と安全、外交、そして外交間取引についてもこれらを完全に支配下においた。 連合国代表は議会評議会に占領法を認める憲法の制定を要請した。ドイツ社会民主党からの抗議もあったが、評議会は占領法を承認したタイム誌 1949年4月18日。。.

新しい!!: 亡命と占領法 · 続きを見る »

千一夜の鍵

『千一夜の鍵』(せんいちやのかぎ)は、さいとうちほによる日本の漫画作品。.

新しい!!: 亡命と千一夜の鍵 · 続きを見る »

南原昇氏

南原昇氏(남원승씨)は、朝鮮の氏族の一つ。本貫は全羅北道南原市である。2000年調査では、613人である。 始祖は中国の夏の第二代皇帝の明昇である。明昇は高麗に亡命した後に姓氏を明から昇に改姓した。.

新しい!!: 亡命と南原昇氏 · 続きを見る »

南ロシア軍

南ロシア軍(ロシア語:Вооружённые силы Юга Россииヴァアルジョーンヌィイェ・スィールィ・ユーガ・ラッスィーイ、略称:VSYuR;ВСЮР)は、戦術的・戦略的な白軍の合同軍組織。ロシア南部において1919年から1920年の間存続し、ロシア内戦に参加した。 1919年10月の時点で最大兵力27万に達し、火砲600、戦車38、航空機72、艦船120を保有した。.

新しい!!: 亡命と南ロシア軍 · 続きを見る »

南魚沼市

南魚沼市(みなみうおぬまし)は、新潟県中越地方に位置する市。.

新しい!!: 亡命と南魚沼市 · 続きを見る »

反ナチ運動

反ナチ運動(はんなちうんどう)の項目では、1933年1月30日から1945年5月までのいわゆるナチス・ドイツ時代に、ドイツ国内において、アドルフ・ヒトラーや国家社会主義ドイツ労働者党の支配に抵抗した人物や団体を扱う。.

新しい!!: 亡命と反ナチ運動 · 続きを見る »

反スウェーデン同盟

反スウェーデン同盟(はんスウェーデンどうめい)は、1699年に北東欧諸国で結成された対スウェーデン同盟。ロシア(モスクワ大公)のピョートル1世、ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世(兼ポーランド王アウグスト2世)、デンマーク王フレゼリク4世によって1699年9月にザクセン選帝侯国の首都ドレスデンで結ばれた。日本では「北方同盟」と呼称される場合もある。.

新しい!!: 亡命と反スウェーデン同盟 · 続きを見る »

反共主義

反共主義(はんきょうしゅぎ)または反共産主義(はんきょうさんしゅぎ、Anti-communism)とは、共産主義に反対する思想や運動のこと。短く反共とも。対義語は容共だが、その定義は不明。 広義には共産主義や社会主義全体への反対だが、狭義には共産主義内部を含めた特にマルクス主義やレーニン主義(マルクス・レーニン主義)や共産党などへの反対を指す。反共産主義の組織的な発達は共産主義の台頭の反動によるもので、特に1917年にロシアで共産主義者のボリシェヴィキが権力を奪取した十月革命以降である。.

新しい!!: 亡命と反共主義 · 続きを見る »

反共義士

中華郵政が1955年に発行した「反共義士」切手 反共義士(はんきょうぎし)とは、台湾に逃れた中華民国国民政府が中国大陸の中華人民共和国から亡命してきた軍人ないし民間人に対し呼称した称号である。.

新しい!!: 亡命と反共義士 · 続きを見る »

古川元久

古川 元久(ふるかわ もとひさ、1965年12月6日 - ) は、日本の政治家。国民民主党所属の衆議院議員(8期)、国民民主党幹事長。 野田内閣・野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策・科学技術政策)、野田第2次改造内閣で内閣府特命担当大臣(宇宙政策)を務めたほか、内閣官房副長官(菅内閣・菅第1次改造内閣)、内閣府副大臣(鳩山由紀夫内閣)、衆議院内閣委員長、衆議院沖縄及び北方問題に関する特別委員長、衆議院科学技術・イノベーション推進特別委員長、希望の党幹事長等を歴任した。.

新しい!!: 亡命と古川元久 · 続きを見る »

史繇

史繇(사요)は、中国の明朝の文官であり、朝鮮の氏族の青州史氏の始祖である。 中国の山東省出身。 中国の明朝の開国功臣であり、禮部尚書を務めていたが、明玉珍の反乱に加担していた疑いをかけられて長男の史重と共に1372年に高麗に亡命した。.

新しい!!: 亡命と史繇 · 続きを見る »

名誉書記

名誉書記(めいよしょき)は、財団・社団及びゴルフ場などの名誉職たる役員の職名または称号(名誉称号)の一つ。関連する職名に名誉書記長、名誉秘書がある(本項で解説)。.

新しい!!: 亡命と名誉書記 · 続きを見る »

吉田康彦

吉田 康彦 (よしだ やすひこ、1936年2月4日 - )は、日本の国際問題評論家、元埼玉大学教授。大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員教授。.

新しい!!: 亡命と吉田康彦 · 続きを見る »

吉田金太郎

吉田 金太郎(よしだ きんたろう、1950年 - 1985年9月4日?)はよど号グループのメンバー。.

新しい!!: 亡命と吉田金太郎 · 続きを見る »

君のためなら千回でも

『君のためなら千回でも』(きみのためならせんかいでも、原題: The Kite Runner, ペルシャ語題: کاغذ‌پران‌باز- Kāğazparān Bāz か بادبادک‌باز Bādbādak-bāz) )は、アフガニスタンのカーブル出身のカーレド・ホッセイニによる小説。及びそれを原作とした2007年のアメリカ映画。 2003年にアメリカで出版され、日本でも2006年に『カイト・ランナー』の題で出版された。2007年に映画化され、映画の邦題が『君のためなら千回でも』となり、小説もこれに合わせて文庫化の際に改題された。なお、この題は劇中のハッサンの台詞から取られている。.

新しい!!: 亡命と君のためなら千回でも · 続きを見る »

君主制廃止論

この記事では君主制の廃止(英語:monarchy abolishmentあるいはabolishment of monarchy)や君主制廃止論(くんしゅせいはいしろん)について説明する。.

新しい!!: 亡命と君主制廃止論 · 続きを見る »

塚原昌義

塚原 昌義(つかはら まさよし、文政8年(1825年) - 没年不詳)は、幕末の江戸幕府旗本。通称、重五郎。官位は但馬守。祖先は武田遺臣で、武蔵国多摩郡留所村(現八王子市)、下総国香取郡丁子村(現香取市)などの領地を持つ旗本となった。.

新しい!!: 亡命と塚原昌義 · 続きを見る »

塩見孝也

塩見 孝也(しおみ たかや、1941年5月22日 - 2017年11月14日)は日本の新左翼活動家、元赤軍派議長、最高指導者、テロリスト。「日本のレーニン」と呼ばれた。「一向健」の組織名やペンネームでも知られた。.

新しい!!: 亡命と塩見孝也 · 続きを見る »

士イ

士 蔿(し い、生没年不詳)は、中国春秋時代の晋の政治家。姓は祁、氏は士、諱は蔿、字は子與。士氏の祖。祖父は周に仕えた杜伯、父は隰叔。士缺(士成伯)、士縠の父、士会の祖父。武公と献公に仕えて晋の発展の基礎を築いた。 晋公室から絶大な信頼を寄せられ、宗家の威勢を脅かし始めた桓叔・荘伯を祖とする公族を滅ぼしてその功績で献公より大司空に任ぜられて辣腕を振るった。大司空という役職は後にも先にも士蔿のみが任じられたもので、事実上の宰相職である。 また、法にも明るかった事から、晋の国法『士蔿の法』を定め、後に孫の士会が定めた『范武子の法』と並んで、長く尊重された。さらに、晋の太子を「呉の太伯同様亡命すべきです。」諌めたこともある。 『驪姫の乱』が起こると「一つの国に三人の君主がいる。私は誰に仕えればよいのか?」と言って致仕した。.

新しい!!: 亡命と士イ · 続きを見る »

大いなる夜

『大いなる夜』(おおいなるよる、)は、スタンリイ・エリンの小説『断崖(原題:)』を原作とし、1951年に公開されたジョゼフ・ロージー監督によるアメリカ映画。原作者であるエリンが脚色に加わっている。 日本では劇場未公開だがWOWOWで放送された。.

新しい!!: 亡命と大いなる夜 · 続きを見る »

大同盟戦争

大同盟戦争(だいどうめいせんそう、War of the Grand Alliance, guerre de la Grande Alliance, 1688年 - 1697年)は、膨張政策をとるフランス王ルイ14世に対してアウクスブルク同盟に結集した欧州諸国が戦った戦争である。アウクスブルク同盟戦争(War of the League of Augsburg, Guerre de la Ligue d'Augsbourg)とも九年戦争(Nine Years' War)、プファルツ戦争またはプファルツ継承戦争(Pfälzischer Erbfolgekrieg)とも言う。 主戦場となったのはドイツのライン地方やスペイン領ネーデルラント(現在のベルギー・ルクセンブルク一帯)で、アイルランドやイタリア、スペイン北部、北アメリカにも拡大した。アイルランドではしばしばウィリアマイト戦争と呼ばれ、北アメリカではウィリアム王戦争と呼ばれる。.

新しい!!: 亡命と大同盟戦争 · 続きを見る »

大使館

大使館(たいしかん、英語:Embassy)は、国交が成立している外国に、自国の特命全権大使を駐在させて公務を執行する役所。領事館と共に外交使節団の公館(日本の法令用語では在外公館)と呼ばれる。 なお、イギリス連邦加盟国間では、歴史的経緯から大使館ではなく「高等弁務団(こうとうべんむだん、High Comission)」と称される(当初は加盟国全てがイギリス国王を共通の君主としており、国家元首の代理である大使およびその駐在先としての大使館という名称が不適当だったため。加盟国の中でイギリス国王を君主とする制度を廃止し共和制に移行した国においても、伝統的にこの名称が使われている)。.

新しい!!: 亡命と大使館 · 続きを見る »

大北方戦争

大北方戦争(だいほっぽうせんそう、、、、、、、1700年 - 1721年)は、スウェーデンと反スウェーデン同盟(北方同盟)を結成した諸国とがスウェーデンの覇権をめぐって争った戦争であり、近世の北欧、中欧、そして東欧における重要な画期となった。.

新しい!!: 亡命と大北方戦争 · 続きを見る »

大和民族

大和民族(やまとみんぞく)は、日本列島の住民の大半を占める民族である。ほとんどが日本語を母語とし、日本列島に居住する民族である。しばしば和人倭人は古い日本人の呼称だが、中国中南部の百越の一部を起源とする説があるなど、大和民族と同義ではない。-->(わじん)とも呼ばれる。 日本列島の住民のうち古代の大和朝廷や中世の武家政権の施政下にあった人を指し、近世に幕藩体制下に組み込まれた琉球諸島の住民(琉球民族)を含む民族的日本人を指す場合は日本民族と呼称される。.

新しい!!: 亡命と大和民族 · 続きを見る »

大統領 (大韓民国)

大韓民国大統領(だいかんみんこくだいとうりょう、대한민국의 대통령)は、大韓民国(韓国)の国家元首である。韓国の政治体制は大統領制を採用しているため、国民の直接選挙で選ばれる大統領に非常に強力な権限がある(概要参照)。 なお、アメリカの場合と異なり、1960年以降の韓国には副大統領が存在しない(副大統領参照)。.

新しい!!: 亡命と大統領 (大韓民国) · 続きを見る »

大韓航空機YS-11ハイジャック事件

大韓航空機YS-11ハイジャック事件(だいかんこうくうきYS-11ハイジャックじけん、韓国語:칼기납북사건/칼機拉北事件)は、1969年12月11日に大韓航空(KAL)の旅客機が朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の諜報員によってハイジャックされた事件である。 この事件は、1958年の滄浪号ハイジャック事件に次ぐ大韓民国史上二番目の政治的な航空事件であり、翌70年のよど号ハイジャック事件に対する韓国当局の対応にも影響を与えた。また、事件後に一部乗客が北朝鮮から帰郷を果たせなかったことから、北朝鮮による拉致事件であるといえる。なお、この事件により、製造元の日本航空機製造が大韓航空にリースしていた日本の国産旅客機YS-11が北朝鮮に強奪された。.

新しい!!: 亡命と大韓航空機YS-11ハイジャック事件 · 続きを見る »

大航海時代Online

『大航海時代Online』(だいこうかいじだいおんらいん)は、コーエーテクモゲームスが同社のリコエイションゲーム『大航海時代シリーズ』の世界観をベースに開発したMMOである。 歴史上の大航海時代に基づいて作られた世界の中で、プレイヤーは冒険家・商人・軍人・海賊など様々な立場の登場人物になり切って、探険・交易・海戦などを楽しむことができる。歴史と地理を素材としていることや、世界各地の遺跡や様々な文化遺産、珍しい生物、地理上の発見などが多数登場することから、教養面で評価が高く、インターネットゲームの教育への応用の研究材料とされたり、学校教育への導入が検討されたりしたこともある。海外でもサービスが行われているが、特に断りがない限り、この記事は日本版について説明している。 2005年3月16日よりコーエーが月額課金制でサービスを開始した。Windows用としては『信長の野望Online』に次いで2番目に当たる。2009年4月28日からプレイステーション3、2015年9月15日からはプレイステーション4でのサービスも開始している。2006年8月30日から拡張パック第1弾『La Frontera』、2007年8月22日から拡張パック第2弾『Cruz del Sur』、2009年12月15日から拡張パック第3弾『El Oriente』が実装され、以降2011年2月22日からは拡張パック第4弾『Tierra Americana』、拡張パック第5弾『2nd Age』が2012年9月20日、拡張パック第6弾『Gran Atlas』が2013年12月3日に実装され、拡張パック第7弾『Age of Revolution』が2016年4月19日に実装。拡張パック第8弾『Order of the Prince』が2017年8月29日に実装された。.

新しい!!: 亡命と大航海時代Online · 続きを見る »

大野城 (筑前国)

大野城(おおのじょう/おおののき)は、福岡県の糟屋郡宇美町・太宰府市・大野城市にまたがる大城山(おおきやま)に築かれた、日本の古代山城(朝鮮式山城)である。城跡は、1953年(昭和28年)3月31日、国の特別史跡「大野城跡」に指定されている。.

新しい!!: 亡命と大野城 (筑前国) · 続きを見る »

天下堂々

天下堂々(てんかどうどう)は、NHK総合テレビジョンで1973年(昭和48年)10月5日から1974年(昭和49年)9月27日まで、金曜日の20時(午後8時)より放映された時代劇作品。全47回。.

新しい!!: 亡命と天下堂々 · 続きを見る »

太陽の黙示録

『太陽の黙示録』(たいようのもくしろく)は、かわぐちかいじによる日本の漫画作品。.

新しい!!: 亡命と太陽の黙示録 · 続きを見る »

夜になるまえに

『夜になるまえに』(Antes Que Anochezca, 英: Before Night Falls)は、キューバ出身の作家・詩人、レイナルド・アレナスの自伝である。 カストロ政権下で、作家であり、またホモセクシュアルであるために迫害されたレイナルド・アレナスは、1980年にアメリカに亡命するが、その後エイズが発病してしまう。自身の壮絶な一生を描く自伝。 2000年にジュリアン・シュナーベル監督により映画化された。ヴェネツィア国際映画祭で審査員特別グランプリと男優賞を受賞し、アカデミー賞でも主演男優賞にノミネートされた。.

新しい!!: 亡命と夜になるまえに · 続きを見る »

外事課

外事課(がいじか、英語:Foreign Affairs Division)とは、日本の公安警察の中で、外国諜報機関の諜報活動・国際テロリズム・戦略物資の不正輸出・外国人の不法滞在などを捜査する課である。.

新しい!!: 亡命と外事課 · 続きを見る »

外務省

外務省(がいむしょう、Ministry of Foreign Affairs、略称:MOFA)は、日本の行政機関の一つである。 外務省設置法第3条により、「平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに主体的かつ積極的な取組を通じて良好な国際環境の整備を図ること並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ること」を任務とする。.

新しい!!: 亡命と外務省 · 続きを見る »

姜尚中

姜 尚中(カン サンジュン、、姜尚中は、『プレジデント』(2006年7月3日号)に登場しているが、略歴欄に「Kan Sanjun」と書いている。呉智英は、「Kan Sanjun」を姜尚中だと理解できる朝鮮人はおらず、日本語と朝鮮語では音韻体系が異なるために相互に存在しない音があり、それを無視してローマ字にする事は、サッチャー元英首相「Thatcher」を日本人向けに「Sattya」と書いて「国際性の証しだ」と言っているのと同じ愚行であり、姜尚中の日本語読みは「きょうしょうちゅう」であり、「日本人は日本語読みでなんら差し支えない。だって、日本人が外国語を強制される理由はどこにもない」「自分の名前の朝鮮語読みを強制だか誘導だかしている姜尚中にも責任はある。『姜尚中の政治学入門』で、社会を見るには『カンを磨け』と説き、『姜がカンでは洒落にもならないが』と言い訳している。朝鮮音では、姜はKang、勘はKam、確かに洒落にならない」と評している。(『産経新聞』2006年12月7日 ), 1950年(昭和25年)8月12日 - )は、熊本県熊本市出身の政治学者。東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長。専門は政治学・政治思想史。特にアジア地域主義論・日本の帝国主義を対象としたポストコロニアル理論研究。所属事務所は三桂。 在日韓国人二世。通名は永野 鉄男(ながの てつお)。姜尚中の日本式の音読みは「キョウ ショウチュウ」。.

新しい!!: 亡命と姜尚中 · 続きを見る »

姜哲煥

姜 哲煥(カン・チョルファン、朝鮮語:강철환、1968年 - )は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の元強制収容所収容者、脱北者。韓国企業勤務を経て、現在は北朝鮮人権問題運動NGO団体「North Korea Strategy Center」代表及び朝鮮日報記者。回想録著述も行う傍ら、海外にて強制収容所での体験を公演する活動もしている。.

新しい!!: 亡命と姜哲煥 · 続きを見る »

媚中

媚中(びちゅう)とは中国に媚を売っているという言葉(スラング)のひとつである。対義語は嫌中である。.

新しい!!: 亡命と媚中 · 続きを見る »

季友

季友(きゆう、生年未詳 - 前644年)は、魯の公子、政治家。第15代君主桓公の四男。姓は姫、諱は友、諡は成。魯の実質的実権を握った三桓氏の内の季孫氏の祖。成季、もしくは季成子と呼ばれる。.

新しい!!: 亡命と季友 · 続きを見る »

孫文

孫 文(そん ぶん、1866年11月12日(清同治5年10月初6日) - 1925年(民国十四年)3月12日)は、中国の政治家・革命家。初代中華民国臨時大総統。中国国民党総理。「中国革命の父」、中華民国では国父(国家の父)と呼ばれる。また、中華人民共和国でも「近代革命先行者(近代革命の先人)」として、近年「国父」と呼ばれる。海峡両岸で尊敬される数少ない人物である。 中国では孫文よりも孫中山の名称が一般的であり、孫中山先生と呼ばれている。1935年から1948年まで発行されていた法幣(不換紙幣)で肖像に採用されていた。現在は100新台湾ドル紙幣に描かれている。中国国民党では現在も、孫文は「党総理」であると党則第15章で定めている。.

新しい!!: 亡命と孫文 · 続きを見る »

字統

『字統』(じとう)は、白川静が編纂した字源辞典。昭和59年(1984年)に刊行し、同年、毎日出版文化賞特別賞を受賞、その後、『字統 普及版』(1994年)、『新訂 字統』(2004年)、『新訂 字統 普及版』(2007年)が刊行された。.

新しい!!: 亡命と字統 · 続きを見る »

宮城与徳

宮城 与徳(正字:宮城 與德、みやぎ よとく、1903年2月10日 - 1943年8月2日)は、日本の洋画家、左翼運動家、社会運動家。「南龍一」と名乗り、ゾルゲ諜報団に参加した。ソ連のスパイとしてゾルゲ事件に関与して逮捕され、拘留先で病死した。.

新しい!!: 亡命と宮城与徳 · 続きを見る »

宮川一貫

宮川 一貫(みやかわ いっかん、1885年(明治18年)1月5日 - 1944年(昭和19年)3月25日)は、昭和期の政治家、柔道家。衆議院議員。.

新しい!!: 亡命と宮川一貫 · 続きを見る »

安明哲

安明哲(アン・ミョンチョル、)は韓国在住の脱北者。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の朝鮮人民軍の元兵士、現在は北朝鮮人権問題運動家。.

新しい!!: 亡命と安明哲 · 続きを見る »

安明進

安明進(アン・ミョンジン、안명진、1968年-)は、元朝鮮民主主義人民共和国工作員。金正日政治軍事大学卒。韓国への亡命後、国家安全企画部(現:国家情報院)を経て現在は韓国ガス公社勤務。日本語を大変流暢に喋ることができる。 拓殖大学教授の荒木和博によると、すでに中国で死亡したとの情報がある。.

新しい!!: 亡命と安明進 · 続きを見る »

安昌浩

安 昌浩(アン・チャンホ、안창호、1878年11月9日 - 1938年3月10日)は、朝鮮の朝鮮独立運動家。現在大韓民国においては「韓民族独立の父」として顕彰されている。号は「島山」(トサン、도산)であり、ソウルに島山公園と島山・安昌浩記念館が作られている。長男はハリウッド俳優のフィリップ・アーン(安必立)。.

新しい!!: 亡命と安昌浩 · 続きを見る »

寺尾亨

寺尾 亨(てらお とおる、1859年2月1日(安政5年12月19日)- 1925年(大正14年)9月15日)は、明治・大正期の法学者・アジア主義者。天文学者寺尾寿の弟。商工省官僚寺尾進、女優東山千栄子の養父。.

新しい!!: 亡命と寺尾亨 · 続きを見る »

対魔忍アサギ

『対魔忍アサギ』(たいまにんアサギ、TAIMANIN ASAGI)は、2005年10月にLiLiTHのBLACK LiLiTHレーベルより発売された美少女ゲーム/アダルトゲーム、およびそれを第1作目とするシリーズである。総称や略記には対魔忍、対魔忍シリーズ、TNA『アサギ/カオス・アリーナ編/アサギ完全版』ゲーム起動用アイコン名。などがある。最新作は『対魔忍アサギZERO』。 本項目では、これらのゲームを原作とする#OVA、#小説、#漫画、#アダルトビデオなどのメディアミックスについても記述する。.

新しい!!: 亡命と対魔忍アサギ · 続きを見る »

密航

密航(みっこう)とは、正規の出入国手続きを経ずに他国に渡航をすること。すなわち、航空機や貨物船に紛れ込み、あるいは渡航先の上陸資格を持たない船に乗船するなどして渡航することを指す。密航を行う者を密航者(みっこうしゃ)という。.

新しい!!: 亡命と密航 · 続きを見る »

小煌女

『小煌女』(しょうこうじょ、a twinkle little princess)は、海野つなみによる日本の漫画作品。 講談社の『Kiss』にて2009年21号から2011年20号にかけて連載された。単行本は全5巻。サブタイトルは全て、マザー・グース(ナーサリー・ライムズ)から引用されている。 「小公女」をSF風にアレンジした作品で、作者にとっては初となる完全オリジナルの長編作品。 『なかよし』『Amie』で主に活動をしていた時の担当編集者が零した「『小公女』をやりたいけど誰も乗ってくれない」という一言から、自分が「小公女」を描くなら……と想像を膨らませて出来上がっていった作品。後に『Vanilla』で連載を依頼された時に本作の構想を話したが、SFは誌風に合わないからと採用されなかった。.

新しい!!: 亡命と小煌女 · 続きを見る »

小西隆裕

小西 隆裕(こにし たかひろ、1944年7月28日 - )は日本の革命家。元赤軍派幹部。よど号グループのメンバー。.

新しい!!: 亡命と小西隆裕 · 続きを見る »

小西洋之

小西 洋之(こにし ひろゆき、1972年1月28日 - )は、日本の政治家、元郵政・総務官僚。参議院議員。2010年、2016年参議院選挙当選。2期目。.

新しい!!: 亡命と小西洋之 · 続きを見る »

尹秀吉事件

尹秀吉事件(ユンスウギルじけん、いんしゅうきちじけん)は、密入国後に日本で母国の反政府活動をおこなった外国人に対して政治犯罪人不引渡しの原則を適用できるかが争われた日本の裁判(行政訴訟)。.

新しい!!: 亡命と尹秀吉事件 · 続きを見る »

山根卓二

山根 卓二(やまね たくじ、1928年1月5日 - 2008年9月5日)は日本の新聞記者。産経新聞の編集局次長を経て常務取締役編集局長に就任した。.

新しい!!: 亡命と山根卓二 · 続きを見る »

山本七平

山本 七平(やまもと しちへい、1921年(大正10年)12月18日 - 1991年(平成3年)12月10日)は、山本書店店主。評論家として、主に太平洋戦争後の保守系マスメディアで活動した。.

新しい!!: 亡命と山本七平 · 続きを見る »

岡田嘉子

岡田 嘉子(おかだ よしこ、1902年4月21日 - 1992年2月10日)は、日本の女優、アナウンサー。 大正から昭和初期にかけて、サイレント映画時代のトップ映画女優であった。奔放な恋愛遍歴やソビエト連邦(現:ロシア連邦)への亡命など、波乱の生涯を送ったことでも知られる。.

新しい!!: 亡命と岡田嘉子 · 続きを見る »

岡本公三

岡本 公三(おかもと こうぞう、1947年12月7日 - )は、日本の新左翼系テロリストで、元日本赤軍メンバーの一人。よど号グループの岡本武は次兄。.

新しい!!: 亡命と岡本公三 · 続きを見る »

岡本武

岡本 武(おかもと たけし、1945年7月17日 - 1988年?)はよど号グループのメンバー。テルアビブ空港乱射事件を起こした岡本公三は弟。.

新しい!!: 亡命と岡本武 · 続きを見る »

島袋宗康

島袋 宗康(しまぶく そうこう、男性、1926年10月5日 - )は、日本の政治家。沖縄社会大衆党名誉顧問。元参議院議員(2期)・沖縄社会大衆党委員長・第二院クラブ代表。姓は琉球語読み(沖縄の名字)で、日本語読みは「しまぶくろ」とも。.

新しい!!: 亡命と島袋宗康 · 続きを見る »

島津貴久

島津 貴久(しまづ たかひさ)は、戦国時代の武将。薩摩の守護大名・戦国大名。島津氏の第15代当主。.

新しい!!: 亡命と島津貴久 · 続きを見る »

崔ヒ

崔 毖(さい ひ)は、東晋の刺史である。曾祖父は崔琰。 高句麗の4世紀以降の国家発展に無視できない役割を果たした中国人の高句麗流入者の一人であり、319年(太興2年)に慕容廆に敗れ、高句麗に亡命した。.

新しい!!: 亡命と崔ヒ · 続きを見る »

崔昌益

崔 昌益(チェ・チャンイク、1896年 - 1957年 / 1960年)は、日本統治時代における朝鮮の独立運動家・社会主義者。中国で金元鳳と共に抗日運動を行った。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の建国にも参加したが、のちに金日成によって粛清された。妻の許貞淑(許憲の娘)も北朝鮮の政治家。別名は崔昌錫、崔昌淳、崔東宇、李建宇。.

新しい!!: 亡命と崔昌益 · 続きを見る »

巴陵楚氏

巴陵楚氏(파릉초씨)は、朝鮮の氏族の一つ。本貫は湖南省である。 始祖は、中国の明朝の翰林学士だった楚海昌である。明朝が清朝に滅ぼされた時に朝鮮に亡命した。楚海昌の息子の楚壽命が清朝の暗殺者から逃れるため、咸鏡北道明川に隠れ、楚海昌の故郷である巴陵(現在の岳陽市)を本貫として創始した。.

新しい!!: 亡命と巴陵楚氏 · 続きを見る »

上海ゲットー

上海ゲットー(シャンハイゲットー、英語:Shanghai Ghetto)は上海日本占領下の虹口のおよそ一平方マイルの地区。正式には「無国籍難民限定地区」として知られている。ナチス支配下にあったドイツ、オーストリア、ポーランド、チェコスロヴァキア、リトアニアでの迫害から逃れ日本に訪れたユダヤ人は、日本が当時公表していた“無国籍難民の定住と商売の制限に関する声明”によって日本占領下の上海に移住させられた。ゲットーは無祖国難民の限定地区として機能し、20,000人のユダヤ人難民 (Shanghai Jewish Center)と100,000人の中国人が定住し、貧しい難民が難を逃れ上海に移住するために押し寄せた。 現地のユダヤ人家族とアメリカ系ユダヤ人の慈善団体は彼らを保護し、食事と衣服を与えた。日本の当局は次第にいろいろな制限を強めていき、生活環境は劣悪になっていったがゲットーが封鎖されることは無かった By Kimberly Chun (AsianWeek) by Murray Frost。現地の中国人居住者も同様に生活水準は悪かったものの、去ることは無かった。.

新しい!!: 亡命と上海ゲットー · 続きを見る »

上方下方騒動

上方下方騒動(うえがたしたがたそうどう)は、江戸時代前期に高鍋藩家老の白井種盛・種重親子の専横が発端となって発生し、40年近くもの長きに渡り続いた騒動である。 当時、白井種重(秋月氏を自称し、秋月又左衛門とも)の一派を上方(うえがた)、対立した坂田大学の一派を下方(したがた)といい、その両派の闘争のことを指していう『高鍋町史』高鍋町史編さん委員会、1997年、p.181 - p.182。.

新しい!!: 亡命と上方下方騒動 · 続きを見る »

不老不死

deadlinkdate.

新しい!!: 亡命と不老不死 · 続きを見る »

不敬罪

不敬罪(ふけいざい)とは、国王や皇帝など君主や、王族や皇族など君主の一族と宗教、聖地に対し、その名誉や尊厳を害するなど、不敬とされた行為の実行により成立する犯罪。 絶対君主制など、主権者たる君主と国家の存立を同一視する体制において定められることが多い。現在では、法の下の平等や思想・良心の自由、表現の自由の観点から、君主制を採用している国家でも、刑罰が廃止・失効している場合がある。サウジアラビアなどのイスラム諸国やデンマーク、オランダ、スペイン、タイ王国、カンボジアは、現在も不敬罪が存在する数少ない例である。.

新しい!!: 亡命と不敬罪 · 続きを見る »

中原の虹

『中原の虹』(ちゅうげんのにじ)は、浅田次郎の長編小説。『小説現代』にて約3年半にわたる連載を経て、2006年から2007年に全4巻が講談社で刊行された。講談社文庫では2010年9-10月に刊行。  『蒼穹の昴』の続編。義和団の乱(1900年)を描いた『珍妃の井戸』を間に挟んで、義和団の乱から7年後、日露戦争後の光緒新政の時代から物語は始まる。 本作の続編は『マンチュリアン・リポート』である。 第42回吉川英治文学賞(吉川英治国民文化振興会主催)を受賞(2008年)。.

新しい!!: 亡命と中原の虹 · 続きを見る »

中央党 (ドイツ)

中央党(ちゅうおうとう、独:Zentrumspartei)は、ドイツのカトリック系政党。1870年創設のドイツ現存最古の政党である。現在は新中央党(しんちゅうおうとう、独:Neue Zentrumspartei)と並立している。現在のドイツ二大政党の一角を占めるキリスト教民主同盟とキリスト教社会同盟は、人脈的にこの政党の流れを汲んでいる。.

新しい!!: 亡命と中央党 (ドイツ) · 続きを見る »

中川小十郎

中川 小十郎(なかがわ こじゅうろう、1866年2月18日〈慶応2年1月4日〉 - 1944年〈昭和19年〉10月7日)は、明治・大正・昭和時代の日本の政治家(貴族院議員等)で、官僚(文部省官僚等)、教育者(京都法政学校〈現・立命館大学〉創立者等)、実業家でもある。丹波国南桑田郡馬路村(現・京都府亀岡市馬路町)生まれ。著名な親族としては、息子の流政之(彫刻家)と孫の中川祐夫(刑法学者)がいる。文人としての筆名は非常に多く、「蓑笠亭主人」「青梅学人」「青梅生」「青山隠士」「竹筆老夫」「口羽山人」「白雲道人」「白雲老人」「藤の舎主人」「弘川東一郎」「竹軒亭」「磊磊居士」などがある。.

新しい!!: 亡命と中川小十郎 · 続きを見る »

中国共産党中央委員会副主席

中国共産党中央委員会副主席(ちゅうごくきょうさんとうちゅうおういいんかいふくしゅせき)は、かつて存在した中国共産党の役職である。中華人民共和国では、しばし中共中央副主席と省略して呼称した。 1945年の第7回中国共産党全国代表大会で中国共産党中央委員会主席制の導入が決定され、1956年の第8回全国代表大会で中央委員会主席の副職として設置が決定された。同大会では中国共産党規約を改正し、中央委員会において政治局常務委員の中から中央委員会主席1名と同副主席数名を任命することが定められた。1982年の第12回全国代表大会で、中央委員会副主席の役職は中央委員会主席と共に廃止された。.

新しい!!: 亡命と中国共産党中央委員会副主席 · 続きを見る »

中国国民党

中国国民党(ちゅうごくこくみんとう、繁体字:中國國民黨、Kuomintang of China, KMT; Chinese Nationalist Party)は、中華民国の政党である。 略称について、冷戦時代の国民党一党独裁体制下においては「国府」と呼ばれたこともあったが、複数政党制が認められ、中国国民党が相対化された現在では国民党(こくみんとう)が一般的。英語名の略称は「Kuomintang」(クォミンタン。「国民党」の中国語発音)を略した「KMT」である。.

新しい!!: 亡命と中国国民党 · 続きを見る »

中国社会民主党

中国社会民主党(ちゅうごくしゃかいみんしゅとう、China Social Democratic Party)は、中国民主化運動組織。党代表の主席職を劉国凱(刘国凯)、秘書長を劉因全(刘因全)がそれぞれ務めている。.

新しい!!: 亡命と中国社会民主党 · 続きを見る »

中国民主化運動

中国民主化運動(ちゅうごくみんしゅかうんどう、中国語:中国民主运动(簡体字):中國民主運動(繁体字)、)とは、中華人民共和国における中国共産党の一党独裁支配に対抗する為、中国の民主化を目的として、緩やかに組織化された政治運動である。 民主化運動は1978年に起きた北京の春で萌芽し、運動は1989年に最高潮に達した。しかし中国政府は6月4日、民主化運動を武力で弾圧し(天安門事件)、1990年代になると、民主化運動は中国国内外で急速に衰退した。他方、海外に拡散した運動家らによって民主化運動が続けられた。2011年に運動家の劉暁波がノーベル平和賞を受賞したことをきっかけに、再び民主化運動が再燃した。.

新しい!!: 亡命と中国民主化運動 · 続きを見る »

中国民主党 (中華人民共和国)

中国民主党(ちゅうごくみんしゅとう)は、六四天安門事件後の中国で民政部に政党登録の申請を行った唯一の中国民主化運動組織。中国では非合法的な存在とみなされており、中国国内の関係者は身元が割れ次第中国当局によって適宜摘発を受けている。一部の関係者は亡命先の国外で活動を続けているが、各地で個別に活動しており統一的な組織とはなっていない。.

新しい!!: 亡命と中国民主党 (中華人民共和国) · 続きを見る »

中国民航機ハイジャック事件

中国民航機ハイジャック事件(ちゅうごくみんこうきハイジャックじけん)とは1989年(平成元年)12月16日に発生した中華人民共和国の民間航空機に対するハイジャック事件である。ハイジャック実行者の身柄引き渡しについて日中間の国際問題になった事件である他、外国でハイジャックされた旅客機が初めて日本の空港に着陸した事件である。 (注:当時マスコミで報道された便宜上、中国民航のタイトルを用いているが、事件発生時には中国民航は既に機構分割され、個別の航空会社になっていた).

新しい!!: 亡命と中国民航機ハイジャック事件 · 続きを見る »

中国民航機韓国着陸事件

中国民航機韓国着陸事件(ちゅうごくみんこうきかんこくちゃくりくじけん)とは1983年に発生したハイジャック事件である。台湾では犯行グループが国内で後述の事件を起こすまで「六義士」とされていた。この事件を契機として中韓関係改善が進んだ。.

新しい!!: 亡命と中国民航機韓国着陸事件 · 続きを見る »

中華人民共和国

中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく、中华人民共和国、中華人民共和國、People's Republic of China, PRC)、通称中国(ちゅうごく、China)は、東アジアに位置する主権国家である。 中華人民共和国は、13億8千万人以上の人口で世界一人口が多い国である。中華人民共和国は、首都北京市を政庁所在地とする中国共産党により統治されるヘゲモニー政党制である。.

新しい!!: 亡命と中華人民共和国 · 続きを見る »

中村円太

中村 円太(なかむら えんた、天保6年9月6日(1835年10月27日) - 元治2年1月26日(1865年2月21日))は江戸時代末期(幕末)の福岡藩士、名は無二、通称は円太。変名に野唯人。贈従四位。 勤皇派の多い福岡藩内でも過激論者と知られ、脱藩して京都や長州を奔走した。.

新しい!!: 亡命と中村円太 · 続きを見る »

七里ヶ浜

七里ヶ浜(しちりがはま)は、神奈川県鎌倉市南西部にある相模湾に面した2.9kmほどの浜で、稲村ヶ崎と小動岬の間にある。日本の渚百選の一つで鎌倉市の町名でもある。現行行政地名は七里ガ浜一丁目及び二丁目並びに七里ガ浜東一丁目から七里ガ浜東五丁目。住居表示は実施済み区域だが、七里ガ浜東三丁目の一部のみ未実施区域。郵便番号は七里ガ浜が248-0026、七里ガ浜東が248-0025。.

新しい!!: 亡命と七里ヶ浜 · 続きを見る »

世界の記憶の一覧

世界の記憶の一覧(せかいのきおくのいちらん)は、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の世界の記憶に登録されている遺産の一覧である。.

新しい!!: 亡命と世界の記憶の一覧 · 続きを見る »

世界ウイグル会議

世界ウイグル会議(せかいウイグルかいぎ、ウイグル語:دۇنيا ئۇيغۇر قۇرۇلتىيى, Dunya Uyghur Qurultiyi、英語:World Uyghur Congress)は、世界各国のウイグル人組織を統括する上部機関。ドイツのミュンヘンに拠点を置く。 東トルキスタン及び海外のウイグル人の利害を代表する唯一の国際機関を標榜し、平和的および暴力的手段によるウイグル人の政治的地位確立を主張している。一方、中国政府は「テロ組織と関わり、中国の分裂を狙っている」と批判している。加盟組織は20を超え、在外ウイグル人組織では最大の運動組織である。 世界ウイグル会議とは別個の亡命ウイグル人組織・東トルキスタン亡命政府が中国からの明確な独立を主張しているのに対し、世界ウイグル会議ではウイグル民族の民族自決権の確立(「独立した政治的前途の獲得」)を主張して、独立か高度な自治権獲得かについては含みを持たせている。ラビア・カーディル議長はダライ・ラマ14世と会談した際に暴力的手段に訴えず高度な自治権を獲得することで一致している。.

新しい!!: 亡命と世界ウイグル会議 · 続きを見る »

万寿台芸術団

万寿台芸術団(マンスデげいじゅつだん)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の歌舞団。.

新しい!!: 亡命と万寿台芸術団 · 続きを見る »

三・一運動

三・一運動(さんいちうんどう)は、1919年3月1日に日本統治時代の朝鮮で起こった日本からの朝鮮独立運動。独立万歳運動や万歳事件とも(日本では三・一事件、三・一独立運動という名称もある)。韓国では3月1日を三一節として祝日に指定している。.

新しい!!: 亡命と三・一運動 · 続きを見る »

三河萬歳

三河萬歳(みかわまんざい)とは、愛知県の旧三河国地域であった安城市・西尾市・豊川市小坂井町・額田郡幸田町に伝わる伝統芸能である。もとは正月の祝福芸だが、現在は季節を問わず慶事の際などにも披露される。1995年(平成7年)12月26日に国の重要無形民俗文化財に指定された。 特に、伝承地名により別所万歳(安城市)・森下万歳(西尾市)とも呼ばれる。 この他にも三河地方の各地に三河万歳があるが、この項目では別所万歳と森下万歳を中心に記述する。なお表題は「萬歳」としているが、ここでは一般用語(喜びや祝いを表すときの言葉)の「万歳(ばんざい・ばんぜい)」との区別を必要としないので、表記を「万歳」で統一した。.

新しい!!: 亡命と三河萬歳 · 続きを見る »

一番湯のカナタ

『一番湯のカナタ』(いちばんゆのカナタ)は、椎名高志による日本の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)において、2002年21・22合併号から2003年2号まで連載された。全29話。単行本は少年サンデーコミックスより全3巻刊行。.

新しい!!: 亡命と一番湯のカナタ · 続きを見る »

平群広成

平群 広成(へぐり の ひろなり)は、奈良時代の貴族。讃岐守・平群豊麻呂の子。 遣唐使の判官として唐に渡るが、帰国の途中難船。はるか崑崙国(チャンパ王国、現在のベトナム中部沿海地方)にまで漂流したが、無事日本へ帰りついた。古代の日本人の中で最も広い世界を見たとされる人物である。.

新しい!!: 亡命と平群広成 · 続きを見る »

平新艇事件

平新艇事件(へいしんていじけん)は、1966年に北朝鮮の漁船が亡命を求めて日本へと密航した事件である。日本が南北朝鮮の対立に巻き込まれるなどの影響を受けた。.

新しい!!: 亡命と平新艇事件 · 続きを見る »

亡命

亡命(ぼうめい)とは、主に政治的な事情により政治家や軍人、学者やスパイなどが他国に逃れることを意味する。また、亡命してきた志士・名士を亡命客と呼ぶ。.

新しい!!: 亡命と亡命 · 続きを見る »

亡命政府

亡命政府(ぼうめいせいふ)とは、クーデターや他国による占領などでその国の政治から排除された元首または国民などが、外国に脱出してその地で組織する政府組織。通常は転覆された政権のメンバーが中心となって亡命先で結成し自らの正統性を主張しているものを呼ぶ。いくつかの国家の支持・支援を受けている場合もある。.

新しい!!: 亡命と亡命政府 · 続きを見る »

交響曲 (コルンゴルト)

《交響曲 嬰ヘ調》(Symphony in F-sharp)作品40は、エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトが完成させた唯一の交響曲である。ただし、曲の規模や演奏形態、楽曲構造などから、若書きの《シンフォニエッタ》作品5(1911年 - 1912年)を交響曲に含めて差し支えなければ、本作品はコルンゴルトの2作目の交響曲ということになる。 一般的に本作品の調性は嬰ヘ長調であると言われるが、出版譜の表紙には単に“in F#”としか記されておらず、“in F# major”とは表記されていない。また、開始楽章では確かに嬰ヘ長調の調号が記載されているものの、調性感は著しく拡張され、曖昧模糊として判然としない。以上から、本稿においては、作品の主調は「嬰ヘ調」とする。.

新しい!!: 亡命と交響曲 (コルンゴルト) · 続きを見る »

交響曲第4番 (プロコフィエフ)

ルゲイ・プロコフィエフの《交響曲 第4番 ハ長調》は、作曲者の亡命時代の作品の一つ。アメリカ合衆国で作曲された初版(作品47)と、ソ連邦で改作された改訂版(作品112)の2つの版が存在する。 《交響曲 第3番》が自作のオペラ《炎の天使》に基づいていたように、本作品はバレエ音楽《放蕩息子》の素材を転用している。.

新しい!!: 亡命と交響曲第4番 (プロコフィエフ) · 続きを見る »

交通系

交通系(こうつうけい,, Communications Clique)とは、中華民国初期に存在した政治集団。旧交通系と新交通系の2種類が存在し、本項目では、その両者について記述する。.

新しい!!: 亡命と交通系 · 続きを見る »

人民戦線

人民戦線(じんみんせんせん、Front Populaire)とは、反ファシズム、反帝国主義、反戦主義を共同目標とする集団である。その起源はフランスの労働階級における統一戦線から発展したものであるが、「人民戦線」という言葉は1935年の第7回コミンテルン世界大会においてブルガリア共産党の指導者ゲオルギ・ディミトロフによる提唱の後に一般化した。フランス・スペイン・チリでは政権を掌握し、労働改革・社会改革などを実現した。.

新しい!!: 亡命と人民戦線 · 続きを見る »

二重スパイ・国際謀略作戦

『二重スパイ・国際謀略作戦』(にじゅうスパイ・こくさいぼうりゃくさくせん、Hauser's Memory)は、1970年に製作されたアメリカ合衆国のSF映画。テレビ放映時のタイトルは『国際二重スパイ/SF恐怖の頭脳交換』。 原作はSF作家カート・シオドマクの小説『ハウザーの記憶』。.

新しい!!: 亡命と二重スパイ・国際謀略作戦 · 続きを見る »

仏教徒危機

仏教徒危機()は、南ベトナムで1963年5月から同年11月まで続いた、政治的かつ宗教的緊張。南ベトナム政府によって行われた数々の弾圧行為や、主に仏教の僧侶によって導かれた市民の抵抗(市民的不服従)によって特徴付けられた。 危機は5月8日に中部の都市フエで、仏旗掲揚の禁止に抗議した9人の非武装市民が銃撃されて発生した(:en:Huế Phật Đản shootings)。 仏教徒危機は、1963年11月に発生したベトナム共和国陸軍のズオン・バン・ミン将軍による軍事クーデターをもって終結した。なおこのクーデターでは、ゴ・ディン・ジエム大統領および実弟でもあるゴ・ディン・ヌー秘密警察長官が殺害された。.

新しい!!: 亡命と仏教徒危機 · 続きを見る »

延安派

延安派(えんあんは)は、第二次世界大戦後の朝鮮半島北部(のちに朝鮮民主主義人民共和国)にあった共産主義者の政治的派閥のひとつ。1940年代前半、中国・延安を根拠地とする中国共産党の指導下にあったや朝鮮義勇軍を母体としているグループを指す。1950年代半ばの北朝鮮内部の政権抗争において、1930年代に中国東北部で同じく中国共産党の指導下だった東北抗日聯軍を母体とする金日成の満州派に敗れて粛清された。 本項では、その前史として中国における中国共産党指導下の朝鮮人社会主義運動についても言及する。.

新しい!!: 亡命と延安派 · 続きを見る »

伊藤律

伊藤 律(いとう りつ、1913年6月27日 - 1989年8月7日)は、日本の政治運動家、元日本共産党政治局員。岐阜県土岐郡土岐村市原(現・瑞浪市)出身(広島県生まれ日外アソシエーツ『近代日本社会運動史人物大事典』1997年、p340に「出生は父連次郎の勤務先広島」と記述されている(近代日本社会運動史人物大事典編集委員会編 『近代日本社会運動史人物大事典』 日外アソシエ-ツ)。)。幼名は、恵一。中国名は、顧青。.

新しい!!: 亡命と伊藤律 · 続きを見る »

強行着陸

強行着陸(きょうこうちゃくりく)は、無理に着陸すること。具体的には、飛行場の航空管制官らの指示を受けず、または従わずに着陸を行うこと。.

新しい!!: 亡命と強行着陸 · 続きを見る »

佐々淳行

佐々 淳行(さっさ あつゆき、1930年12月11日 - )は、日本の警察・防衛官僚。危機管理評論家。.

新しい!!: 亡命と佐々淳行 · 続きを見る »

佐々木武雄

佐々木 武雄(ささき たけお, 1905年3月7日 - 1986年3月20日『日本陸海軍総合事典』では昭和60年(1985年)没)は、日本の陸軍軍人。最終階級は予備役大尉#秦昭和史下 p.107。 1945年(昭和20年)8月14日の深夜から15日(日本時間)にかけて日本の降伏に際して発生し未遂に終わった宮城事件に呼応し、出身校である横浜工業専門学校の有志らを募って、首相官邸と時の内閣総理大臣鈴木貫太郎の私邸などを相次いで焼き討ちにする事件を起こした。事件後は憲兵などの目をかいくぐる逃亡生活を行った末、比較的早い時期に大山 量士(おおやま かずひと)として世に現れる。改名後は「亜細亜友之会」を立ち上げて事務局長および理事長として活躍し、アジア出身の留学生から「オヤジ」として慕われた#秦昭和史下 p.125。.

新しい!!: 亡命と佐々木武雄 · 続きを見る »

佐藤優 (作家)

佐藤 優(さとう まさる、1960年〈昭和35年〉1月18日 - )は、日本の外交官、作家。学位は神学修士(同志社大学・1985年)。同志社大学神学部客員教授、静岡文化芸術大学招聘客員教授。 在ロシア日本国大使館三等書記官、外務省国際情報局分析第一課主任分析官、外務省大臣官房総務課課長補佐を歴任。.

新しい!!: 亡命と佐藤優 (作家) · 続きを見る »

佐藤勝巳

佐藤 勝巳(さとう かつみ、1929年3月5日 - 2013年12月2日)は、日本の評論家、雑誌編集者、人権活動家。「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」初代会長である。現代コリア研究所所長。.

新しい!!: 亡命と佐藤勝巳 · 続きを見る »

作戦計画5029

作戦計画5029(OPLAN 5029)とは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)におけるクーデター、革命、大規模亡命・大量脱北、大量破壊兵器流出、北朝鮮国内における韓国人人質事件、大規模自然災害、その他「体制を動揺させる急激な変化」 が発生した場合に備えてアメリカ合衆国(米国)と大韓民国(韓国)が策定した軍事作戦計画である。OPLAN 5029には複数の改訂版が確認されている(例えばOPLAN 5029-05など)が、永続的に発効したと知られるものは一つも無い。しかしながら、韓国はこの作戦計画が現行の概念的計画(CONPLAN 5029、概念計画5029。具現化前の作戦計画)と密接に関係があると繰り返し主張している。同時に米国はこの作戦計画が北朝鮮体制崩壊を仮定し、対応する作戦計画を具体的に準備するものと説明している。 他の朝鮮半島での米韓が策定する作戦計画同様に米軍再編や2015年の米韓連合軍の戦時作戦統制権(Wartime operational control, Wartime-OPCON、戦作権)の韓国軍移譲に向け改訂が進められている http://kr.blog.yahoo.com/kimcheegi/5097.html 。この中で、北朝鮮の体制崩壊に伴い人民解放軍を動員することも計画されている。 -->.

新しい!!: 亡命と作戦計画5029 · 続きを見る »

何日君再来

何日君再来」(ホーリー ジュン ザイライ、、、)は、1937年に中国で制作された楽曲。中華圏空前のヒット曲であり、多くの歌手によって今なお唄い継がれていることでも知られる。.

新しい!!: 亡命と何日君再来 · 続きを見る »

余杰

余杰(よけつ、 、1973年10月3日 -)は、中華人民共和国出身の作家。2012年1月、アメリカ合衆国へ活動拠点を移した 産経ニュース 2012年1月19日。.

新しい!!: 亡命と余杰 · 続きを見る »

徐輝

徐 輝(ソ・フィ、서휘、1916年 - 1993年)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家。中国共産党の影響を受けた延安派に属していた。.

新しい!!: 亡命と徐輝 · 続きを見る »

徳田球一

徳田 球一(とくだ きゅういち、1894年(明治27年)9月12日 - 1953年(昭和28年)10月14日)は、日本の政治運動家、革命家、弁護士、政治家。衆議院議員(3期)、戦前の非合法政党時代より戦後初期に至るまでの日本共産党の代表的活動家で、戦後初代の書記長を務めた。徳球の愛称で知られる。沖縄県国頭郡名護村(現:沖縄県名護市)出身。.

新しい!!: 亡命と徳田球一 · 続きを見る »

徴兵制度

徴兵制度(ちょうへいせいど)とは、国家が国民に兵役に服する義務を課す制度である。徴兵制とも言い、国民国家や国民皆兵の思想とかかわりが深く、志願兵(募兵)制度の対義語である。 北アフリカ諸国の他、ベトナム、イスラエル、ウクライナ、キプロス、韓国、スイス、オーストリア等、CSTOに加盟しているアルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ロシアなどでは徴兵制が続いているが、冷戦終結後は、西側諸国ではフランス(2002年)、ドイツ(2011年)のように徴兵制度を廃止する国が増え、また、実施している国でも良心的兵役拒否した場合の代替服務を選択可能を導入している場合が大半である。 NATOに加盟している28か国を例にとると、90年代から00年代にかけて冷戦の終結に伴い次々と徴兵制を廃止し、2010年12月時点でNATO加盟国において徴兵制を採用している国はエストニア、トルコ、ギリシャ、デンマーク、ノルウェーの5か国にまで減少している。 徴兵制による国民皆兵武装を基盤として永世中立を掲げるスイスとオーストリアでは国民投票で徴兵制の廃止が否決され、2013年に徴兵制を廃止したウクライナでは、翌年発生したロシアのクリミア侵攻の後に徴兵制が復活するなど、国是や国家を取り巻く情勢によって左右されている状況にある。また、2010年7月に廃止していたスウェーデンでもウクライナと同様に、ロシアの脅威を理由に、2018年1月から新たに女性も対象にした徴兵制が復活することになった AFP(2017年3月3日)2017年3月3日閲覧。 有事の際にかぎり徴兵制を認めている国もあり、常備軍を持たないコスタリカでは、有事の際に徴兵制を実施できることが憲法に明記されている。.

新しい!!: 亡命と徴兵制度 · 続きを見る »

志士

志士(しし)は、一般に日本の江戸時代後期の幕末において活動した在野の人物を指す歴史用語。 『論語』にある「志士仁人(ししじんじん)は(中略)身を殺して以て仁をなすなり」が語源であり、天下国家のために正しいと信じたことを、生命をかけて貫く人物像を指した。多くは、尊皇攘夷の思想を持って政治運動を行った者を指す。草莽とも呼ばれる。 また、比喩的に他の時代の人物や外国人に対しても使われることがあり、第二次世界大戦中に日本へ亡命したスバス・チャンドラ・ボースなどのインド独立運動家を指して「インド独立の志士」とも呼んだ。.

新しい!!: 亡命と志士 · 続きを見る »

土田・日石・ピース缶爆弾事件

土田・日石・ピース缶爆弾事件(つちだ・にっせき・ピースかんばくだんじけん)とは、1969年(昭和44年)から1971年(昭和46年)にかけて、東京都内で発生した4件の爆破殺傷事件(未遂を含む)の総称。2件についてはピース(たばこ)の缶を使用した爆弾が、残りの2件については小包爆弾が使用されており、両事件を互いに無関係とする説もある(後述)。 18名が逮捕、起訴されたが、全員が無罪になった事件でもある(1人のみ別件微罪で有罪)。なお、4件中3件が未解決事件(公訴時効は成立)。また、2件については真犯人を名乗り出る書物が時効後出版されている(後述)。.

新しい!!: 亡命と土田・日石・ピース缶爆弾事件 · 続きを見る »

在ペルー日本大使公邸占拠事件

在ペルー日本大使公邸占拠事件(ざいペルーにほんたいしこうていせんきょじけん)は、1996年(平成8年)12月17日(現地時間)に、ペルーの首都リマで起きたテロリストによる駐ペルー日本国大使公邸襲撃および占拠事件。翌1997年(平成9年)4月22日にペルー警察が突入し人質解放されるまで、4か月以上かかった。在ペルー日本大使公邸人質事件ともいう。.

新しい!!: 亡命と在ペルー日本大使公邸占拠事件 · 続きを見る »

在クウェート日本大使館占拠事件

在クウェート日本大使館占拠事件(ざいクウェートにほんたいしかんせんきょじけん)とは1974年2月6日に、日本赤軍とPFLPがクウェートのクウェート市で起こしたテロ事件。同年1月31日に日本赤軍とPFLPが起こした「シンガポール事件」を引き継ぐ形で起こされた。.

新しい!!: 亡命と在クウェート日本大使館占拠事件 · 続きを見る »

在瀋陽日本国総領事館

在瀋陽日本国総領事館(ざいしんようにっぽんこくそうりょうじかん、日本国驻沈阳总领事馆、Consulate-General of Japan in Shenyang)は、日本の総領事館で、外務省の特別の機関である。 2016年2月より総領事は石塚英樹が務める。.

新しい!!: 亡命と在瀋陽日本国総領事館 · 続きを見る »

在日台湾人

在日台湾人(ざいにちたいわんじん)は、日本に在住する台湾出身者および中華民国籍者である。.

新しい!!: 亡命と在日台湾人 · 続きを見る »

在日トルコ人

在日トルコ人(ざいにちトルコじん、Japonya Türkleri)は、日本に一定期間在住するトルコ国籍の人である。日本に帰化や亡命した人(主にタタール人)、およびその子孫のことをトルコ系日本人と言う。.

新しい!!: 亡命と在日トルコ人 · 続きを見る »

在日クルド人

在日クルド人(ざいにちクルドじん、Kurdên Japonyayê)は、日本に一定期間在住するクルド人である。日本に帰化や亡命した人、およびその子孫が日本に居住している。.

新しい!!: 亡命と在日クルド人 · 続きを見る »

在日シリア人

在日シリア人(ざいにちシリアじん)は、日本に一定期間在住するシリア人ないしシリア国籍の人々である。また、日本に帰化や亡命した人、およびその子孫のことをシリア系日本人と呼ぶ。.

新しい!!: 亡命と在日シリア人 · 続きを見る »

在日韓国民主統一連合

在日韓国民主統一連合(ざいにちかんこくみんしゅとういつれんごう)は、「大韓民国(韓国)の民主化と祖国統一」をスローガンとする在日韓国人の運動団体。略称は韓統連(かんとうれん)。韓国民主回復統一促進国民会議(かんこくみんしゅかいふくとういつそくしんこくみんかいぎ。略称:韓民統、かんみんとう)として発足し、1989年の組織改編により現在の形となった。本部所在地は東京都千代田区。 韓国では大法院の判決により、北朝鮮政府、及び朝鮮総連と共に「反国家団体」との判断が確定している。.

新しい!!: 亡命と在日韓国民主統一連合 · 続きを見る »

北イロコス州

北イロコス州(Province of Ilocos Norte)は、フィリピン北部ルソン島の北西に位置する州で、イロコス地方(Ilocos Region, Region I)に属している。南にイロコス・スル州とコルディリェラ行政地域のアブラ州、東にアパヤオ州、北東にカガヤン・バレー地方のカガヤン州と接し、北と西には南シナ海に面している。 面積は3,399.3km2、人口は514,241人(2000年)、州都はラオアグ(Laoag)である。 北イロコス州.

新しい!!: 亡命と北イロコス州 · 続きを見る »

北米4大プロスポーツリーグ

北米4大プロスポーツリーグとは、北アメリカのアメリカ合衆国とカナダにおいて人気・経営規模で団体競技の頂点に位置する4つのプロスポーツリーグである。アメリカンフットボールのナショナルフットボールリーグ(NFL)、ベースボールのメジャーリーグベースボール(MLB)、バスケットボールのナショナルバスケットボールアソシエーション(NBA)、アイスホッケーのナショナルホッケーリーグ(NHL)がこれに該当する。NFLには32チーム、MLB・NBA・NHLには30チームが加盟している。 競技全体としての人気では、アメリカ合衆国内においてサッカーがアイスホッケーを既に上回っておりGallup 2015年11月15日閲覧。、アイスホッケーに取って代わり、サッカーを4大スポーツの一つという意見も主流になりつつある。ただ、1プロリーグ単位ではメジャーリーグサッカー(MLS)のチーム数や収益などにおいて、4大プロスポーツリーグには及ばないのが現状である。この用語を使用するのは通常スポーツリーグチームの時に限定されているため、個人競技であるゴルフ、テニス、自動車競技などは用いることはない。ただゴルフのPGAツアーと自動車競技のNASCARはファンの多さや競争レベルの高さから4大プロスポーツリーグ並の主要な競技として扱われ、匹敵する報道量を誇っている。.

新しい!!: 亡命と北米4大プロスポーツリーグ · 続きを見る »

北朝鮮による日本人拉致問題

北朝鮮による日本人拉致問題(きたちょうせんによるにほんじんらちもんだい)とは、1970年代から1980年代にかけて、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作員や土台人、よど号グループなどにより、17人(北朝鮮側によれば13人)の日本人が、日本、欧州から北朝鮮に拉致された問題である。.

新しい!!: 亡命と北朝鮮による日本人拉致問題 · 続きを見る »

北朝鮮人民委員会

北朝鮮人民委員会(きたちょうせんじんみんいいんかい)は、朝鮮の連合軍軍政期において、北朝鮮地区(北緯38度線以北の朝鮮半島)を統治した公式な行政機関である。ソビエト連邦の占領行政(軍政)機関であるソビエト民政庁が人民委員会(旧朝鮮人民共和国の地方支部)の上部統括組織として設立し、後に建国される朝鮮民主主義人民共和国の土台となった。.

新しい!!: 亡命と北朝鮮人民委員会 · 続きを見る »

北方十字軍

北方十字軍(ほっぽうじゅうじぐん)あるいはバルト十字軍は、カトリック教徒の王であるデンマーク、スウェーデン、ポーランド、そしてリヴォニア帯剣騎士団、ドイツ騎士団によって開始された十字軍のことで、北ヨーロッパおよびバルト海沿岸南東の異教徒に対して行われたカトリック教会諸国の同盟による遠征である。 スウェーデンとドイツによるフィンランド南部、ラップランド、カレリアとルーシ(ノヴゴロド共和国)の正教会地域に対する遠征もまた「北方十字軍」の一部と考えられている。エリック・クリスチャンセン著『北方十字軍』ニューヨーク: ペンギン・ブックス 1997年 ISBN 0140266534.

新しい!!: 亡命と北方十字軍 · 続きを見る »

ペマ・ギャルポ

ペマ・ギャルポ(པདྨ་རྒྱལ་བོ〈ラテン文字翻字形:Pema Gyalpo〉、1953年6月18日 - )は、日本の政治学者。チベット出身で日本に帰化したチベット系日本人。専門は、国際関係論、国際政治学。 亜細亜大学法学部卒業。モンゴル国立大学政治学博士。所属する学術機関はチベット文化研究所等多数。所属する芸能事務所はサラブレッド・プロモーション。.

新しい!!: 亡命とペマ・ギャルポ · 続きを見る »

ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠

『ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠』 (ナポレオンいっせいのたいかんしきとこうひジョゼフィーヌのたいかん)は、ナポレオン1世の首席画家ジャック=ルイ・ダヴィッドにより描かれた油彩画で、1807年に完成された。正式にはルーブル美術館から、『1804年12月02日、パリのノートルダム大聖堂での大帝ナポレオン一世の成聖式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠式』(Sacre de l'empereur Napoléon Ier et couronnement de l'impératrice Joséphine dans la cathédrale Notre-Dame de Paris, le 2 décembre 1804)と呼ばれているが、略して『ナポレオンの戴冠式』として知られている。 幅、高さほどの大作で、歴史的局面を印象的に表現している。 ナポレオン1世の成聖式(Sacre)は、パリのノートルダム大聖堂で行われた。その目的は、ナポレオンが「フランス人民の皇帝」として革命を引き継ぐ者であると示威することにあった。.

新しい!!: 亡命とナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠 · 続きを見る »

ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト

ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト(, 1856年3月16日 - 1879年6月1日)は、フランス第二帝政時代の皇太子。1870年9月2日から9月4日の2日間、父ナポレオン3世に代わって政務を執った(摂政皇太子)。ボナパルティストからはナポレオン4世()と呼ばれた。寡黙な人柄であったという。.

新しい!!: 亡命とナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト · 続きを見る »

ペルーのイスラム教

本項目ではペルーのイスラム教について記述する。.

新しい!!: 亡命とペルーのイスラム教 · 続きを見る »

ペレコープ=チョーンガル作戦

ペレコープ=チョーンガル作戦(ロシア語:Перекопско-Чонгарская операция)は、ロシア内戦の最終局面において赤軍が実施した軍事作戦である。1920年11月7日から1920年11月17日にかけて、ミハイル・フルンゼ将軍率いる南部戦線によって実施された。この作戦の結果、クリミア半島に立て籠もっていたピョートル・ヴラーンゲリ将軍率いるロシア軍が撃破され、白軍は最終的な敗北を喫することとなった。赤軍も甚大な被害を受け、その死者数は20万に達したとされる。この作戦による赤軍のクリミア半島占領が、ソ連ならびにロシア連邦の歴史学では3年にわたって続いたロシア内戦の公式な終了日とされている。.

新しい!!: 亡命とペレコープ=チョーンガル作戦 · 続きを見る »

ナワル・エル・サーダウィ

ナワル・エル・サーダウィ(Nawal El Saadawi, نوال السعداوى、1931年10月27日 - )は、エジプトの作家、精神科医。イスラム社会における女性の地位向上を目指す人権活動家で、宗教の父権性や男性社会の抑圧からの女性の解放を描いた著作で知られる。.

新しい!!: 亡命とナワル・エル・サーダウィ · 続きを見る »

ペータル1世 (セルビア王)

ペータル1世(クラリ・ペータル1世・カラジョルジェヴィッチ、セルビア語キリル文字:Краљ Петар I Карађорђевић、1844年6月29日 - 1921年8月16日)はセルビア王国の国王(在位:1903年 - 1918年)にして初代セルブ・クロアート・スロヴェーン王である。.

新しい!!: 亡命とペータル1世 (セルビア王) · 続きを見る »

ペータル2世 (ユーゴスラビア王)

ペータル2世・カラジョルジェヴィッチ(、1923年9月6日 - 1970年11月3日)は、ユーゴスラビア王国の第2代にして最後の国王である(在位:1934年 - 1945年)。.

新しい!!: 亡命とペータル2世 (ユーゴスラビア王) · 続きを見る »

ペトロパブロフスク (戦艦・2代)

ペトロパブロフスク(ロシア語:Петропавловск;英語:Petropavlovsk)は1911年に進水したロシア帝国海軍の戦艦。後にソヴィエト連邦海軍の戦艦マラート(ロシア語:Марат;英語:Marat)となった。 当初艦名のペトロパブロフスク(ペトロパヴロフスク、ピトロパーヴラフスク)とは、クリミア戦争時のペトロパブロフスクの戦いに由来する。同名の艦船には、日露戦争で沈んだペトロパブロフスク級戦艦「ペトロパブロフスク (戦艦・初代)」、アドミラル・ヒッパー級重巡洋艦「リュッツオウ」の後身である「ペトロパブロフスク」(1940年11月2日にドイツから購入、1944年9月1日まで)、ビェールクト型巡洋艦「ペトロパブロフスク (大型対潜艦)」(1976年12月29日から1994年5月まで)がある。 マラートはフランスの革命家ジャン=ポール・マラーに因んでいる。 最終的にはラドガ湖に流れ込むヴォルホフ川に因み、ヴォルホフ(Волхов)と改名され、大損害から復帰する際、戦艦から砲術練習艦に艦種も変更される。.

新しい!!: 亡命とペトロパブロフスク (戦艦・2代) · 続きを見る »

ナビス

ナビス(Νάβις、Nabis、在位:紀元前206年-紀元前192年)は、最後のスパルタ王である。彼はスパルタの再興を目指したが、アカイア同盟とローマに敗れた。.

新しい!!: 亡命とナビス · 続きを見る »

ナディア・コマネチ

ナディア・エレーナ・コマネチ(Nadia Elena Comăneci :1961年11月12日 - )はルーマニアの体操選手。1976年に行われたモントリオールオリンピックで3個の金メダルを獲得した。またこの大会で体操競技選手としてオリンピックの舞台で初めて10点満点を獲得した。1980年のモスクワオリンピックでも2個の金メダルを獲得した。彼女はオルガ・コルブトと並び世界中で最も知られた体操競技選手となり競技の人気を高めた。1993年に国際体操殿堂入りしている。.

新しい!!: 亡命とナディア・コマネチ · 続きを見る »

ペドロ・ラソ

ペドロ・ルイス・ラソ・イグレシアス(Pedro Luis Lazo Iglesias, 1973年4月15日 - )は、キューバ共和国ピナール・デル・リオ州デル・フィオ出身の元プロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。.

新しい!!: 亡命とペドロ・ラソ · 続きを見る »

ペドロ・パスカル

ペドロ・パスカル(Pedro Pascal, 本名:José Pedro Balmaceda Pascal、1975年4月2日 - )は、チリ出身のアメリカ合衆国の俳優。.

新しい!!: 亡命とペドロ・パスカル · 続きを見る »

ナイラ証言

ナイラ証言(ナイラしょうげん、Nayirah testimony)とは、「ナイラ」なる女性(当時15歳)が1990年10月10日に非政府組織にて行った証言。イラクによるクウェート侵攻後、イラク軍兵士がクウェートの病院から保育器に入った新生児を取り出して放置し、死に至らしめた経緯を涙ながらに語った事で知られる。当時のマスコミはクウェートへ入れなかったため、この証言が信憑性のあるものとされ広く喧伝された。アメリカ合衆国上院議員や大統領も幾度となく引用しており、湾岸戦争の布石を敷くこととなる。 当初はアムネスティ・インターナショナルや避難民からの証言により裏付けの取れたものであった。しかし、クウェート解放以後マスコミが同国内に入り取材が許された結果、新生児の件は虚偽であった事が発覚。また、1992年に「ナイラ」なる女性は苗字がアッ=サバーハ(al-Ṣabaḥ、アラビア語:الصباح)であり、当時クウェート駐米大使であったサウード・アン=ナーセル・アッ=サバーハの娘との事実が明らかになった。その上、証言自体がクウェート政府の意を受けたヒル・アンド・ノウルトンによる広報キャンペーンの一環であったことが判明した。.

新しい!!: 亡命とナイラ証言 · 続きを見る »

ミチェル・アブレイユ

ミチェル・アブレイユ・マルティネス(Michel Abreu Martinez, 1979年1月2日 - )は、キューバ共和国マタンサス州マタンサス出身のプロ野球選手(内野手)。右投げ右打ち。.

新しい!!: 亡命とミチェル・アブレイユ · 続きを見る »

ミハイル・バリシニコフ

ミハイル・ニコラエヴィチ・バリシニコフ (露: Михаи́л Никола́евич Бары́шников, Mikhail Nikolaevitch Baryshnikov姓はキリル文字の表記どおりに読むと、バルィシニコフ。Bary- ではなくBari-とするローマ字表記もある。Baryshinikovとする表記もあるが、шとнの間に母音はないので、Baryshnikovが妥当である。【不要】-->, 1948年1月28日 - ) はソ連出身のバレエダンサー・振付家・俳優。愛称はミーシャ。1974年に米国に亡命し、1986年に帰化した。.

新しい!!: 亡命とミハイル・バリシニコフ · 続きを見る »

ミハイル・パーヴロヴィチ・サーブリン

ミハイル・パーヴロヴィチ・サーブリン(ロシア語:Михаи́лъ Па́вловичъ Са́блинъミハイール・パーヴラヴィチュ・サーブリン)、またはムィハーイロ・パーウロヴィチ・サーブリン(ウクライナ語:Миха́йло Па́влович Са́блінムィハーイロ・パーウロヴィチュ・サーブリン、1869年7月17日 - 1920年10月17日当時南ロシア軍が使用していたユリウス暦による。グレゴリオ暦では10月30日に当たる。)は、ロシア帝国出身の海軍軍人である。黒海艦隊の指揮官を務めた。最終階級は海軍中将で、ロシア革命後の一時期には、ロシアやウクライナの黒海艦隊司令官を務めた。ウクライナ・コサックのシャブリーイウ家の出身である。.

新しい!!: 亡命とミハイル・パーヴロヴィチ・サーブリン · 続きを見る »

ミハイル・テレシチェンコ

ミハイル・テレシチェンコ ミハイル・イワノヴィッチ・テレシチェンコ(ロシア語:Михаил Иванович Терещенко;ラテン文字転写の例: Mikhail Ivanovich Tereshchenko、1886年3月18日 - 1956年4月1日)は、帝政ロシアの資本家、政治家。ロシア革命(二月革命)後成立した臨時政府で蔵相、外相を務めた。.

新しい!!: 亡命とミハイル・テレシチェンコ · 続きを見る »

ミハイル・ホドルコフスキー

ミハイル・ボリソヴィチ・ホドルコフスキー(、ラテン文字転写の例:Mikhail Borisovich Khodorkovskii、1963年6月26日 - )は、ロシアの元実業家・企業家、政治運動家。石油会社ユコス社の元社長。新興財閥(オリガルヒ)のひとり。2017年現在は、英国ロンドンで事実上の亡命生活を送っている。.

新しい!!: 亡命とミハイル・ホドルコフスキー · 続きを見る »

ミハイル・ベーレンス

ミハイル・アンドレーエヴィチ・ベーレンス(ロシア語:Михаи́лъ Андре́евичъ Бе́ренсъミハイール・アンドリェーイェヴィチュ・ビェーリェンス、1879年1月16日 - 1943年1月20日)は、ロシア帝国出身の海軍軍人である。最終階級は海軍少将で、ロシア艦隊最後の艦隊司令官となった。 ハンザ同盟都市ロストックに出自を持つ貴族の家系ベーレンス家の出身で、兄のYe・A・ベーレンスも海軍軍人であった。弟が白色艦隊司令官となったのに対し、兄は赤色海軍司令官を務めた。.

新しい!!: 亡命とミハイル・ベーレンス · 続きを見る »

ミハイル・ゴルトシュタイン

ミハイル・エマヌイロヴィチ・ゴリトシュテイン(Mikhail Emanuilovich Goldstein; Михаил Эммануилович Гольдштейн)(Mikhailo Emanuilovich Goldstein; Михайло Еммануїлович Ґольдштейн), 1917年11月8日 オデッサ – 1989年9月7日 ハンブルク)はソビエト連邦出身のドイツのヴァイオリニスト・作曲家・音楽教師。ユダヤ系ウクライナ人であり、ミハイロ・ミハイロフスキー(Mikhailo Mykhailovsky)という筆名も持っていた。.

新しい!!: 亡命とミハイル・ゴルトシュタイン · 続きを見る »

ミャンマー

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく、ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်、Myanmar)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアのインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦。ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)、首都はネピドー(2006年まではヤンゴン)。 南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。インド東部とミャンマー南西部はベンガル湾をはさみ相対している。 多民族国家で、人口の6割をビルマ族が占め、ビルマ語が公用語である。他に、カレン族、カチン族、カヤー族、ラカイン族、チン族、モン族、ビルマ族、シャン族、北東部に中国系のコーカン族などの少数民族がおり、独自の言語を持つ民族も多い(言語参照)。.

新しい!!: 亡命とミャンマー · 続きを見る »

ミンツェンティ・ヨージェフ

ミンツェンティ・ヨージェフ(, 1892年3月29日 - 1975年5月6日) は、ハンガリーのカトリック教会の枢機卿。第二次世界大戦後の1945年10月から約28年間、エステルゴム大司教(ハンガリーの首都大司教)を務めた。教会の自由の一貫した擁護者であり、逮捕・投獄を経験しながらも共産主義やその迫害の反対者として知られた。.

新しい!!: 亡命とミンツェンティ・ヨージェフ · 続きを見る »

ミッシャ・ディヒター

ミッシャ・ディヒター(Misha Dichter, 1945年9月27日 – )はアメリカ合衆国のピアニスト。ニューヨーク在住。 第二次世界大戦中に中国大陸に亡命していたユダヤ系ポーランド人を両親に上海に生まれ、2歳のときに両親に連れられロサンジェルスに移住。5歳から同地でピアノの学習を始めた。ジュリアード音楽院に進んでからは、まだロジーナ・レヴィーンに師事していた1966年に、モスクワのチャイコフスキー国際コンクールで準優勝し、職業音楽家への道を実現させることとなった。また、ジュリアード音楽院に在籍中に現在のシーパ夫人とめぐり逢って結婚し、2人でピアノ二重奏を組むようになった。 録音数も数多く、わけてもリストの《ハンガリー狂詩曲》やムソルグスキーの《展覧会の絵》、ガーシュウィンの《ラプソディ・イン・ブルー》が名高い。.

新しい!!: 亡命とミッシャ・ディヒター · 続きを見る »

ミッシェル・ミロースキー

ミッシェル・ミロースキー(Michel Mirowski、1924年10月14日 – 1990年3月26日)は、ポーランド生まれで、イスラエルを経てアメリカで働いた医師。ICD、植え込み型除細動器の発明者。.

新しい!!: 亡命とミッシェル・ミロースキー · 続きを見る »

ミトロヒン文書

ミトロヒン文書(ミトロヒンぶんしょ、英語:Mitrokhin Archive)は、1992年に旧ソビエト連邦からイギリスに亡命した元ソ連国家保安委員会(KGB)の幹部要員であったワシリー・ミトロヒンが密かにソ連から持ち出した機密文書のことである。25,000ページにわたる膨大な文書はMI6の協力を得てイギリスに持ち出され、ケンブリッジ大学のインテリジェンス歴史研究家であるクリストファー・アンドリューも分析に参加し、「Mitrokhin Archives I」「Mitrokhin Archives II」という書籍にまとめられ出版されている。その中では旧ソ連KGBが西側諸国に対して行っていた諜報活動が細かに記載されている。.

新しい!!: 亡命とミトロヒン文書 · 続きを見る »

ミオドラグ・ベロデディチ

ミオドラグ・ベロデディチ(Miodrag Belodedici、1964年5月20日 -)は、ルーマニア出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはDF(リベロ)。 選手時代には往年のフランツ・ベッケンバウアーに準え「東欧のベッケンバウアー」「ベッケンバウアーの再来」と称された宇都宮徹壱『ディナモ・フットボール--国家権力とロシア・東欧のフットボール』みすず書房、2002年、217-218頁。.

新しい!!: 亡命とミオドラグ・ベロデディチ · 続きを見る »

ミクロの決死圏

『ミクロの決死圏』(ミクロのけっしけん、原題: Fantastic Voyage)は、1966年のアメリカ合衆国のSF映画。.

新しい!!: 亡命とミクロの決死圏 · 続きを見る »

ミゲル・アンヘル・エストレージャ

ミゲル・アンヘル・エストレージャ(Miguel Ángel Estrella、旧姓:Najem、1940年7月4日 - )は、アルゼンチンのピアニスト。.

新しい!!: 亡命とミゲル・アンヘル・エストレージャ · 続きを見る »

ミゲル・ゴンザレス (1986年生の投手)

ミゲル・アルフレド・ゴンザレス・プエブラ (Miguel Alfredo González Puebla, 1983年9月23日 - 2017年11月23日)は、キューバ共和国ハバナ州グアナハイ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。.

新しい!!: 亡命とミゲル・ゴンザレス (1986年生の投手) · 続きを見る »

ミシェル・ミコンベロ

ミシェル・ミコンベロ(Michel Micombero、1940年-1983年)は、ブルンジの軍人・政治家。1966年11月28日から1976年11月1日までブルンジの初代大統領を務めた。 ミコンベロはブルリ県のルトヴで生まれ、1965年にベルギーの学校から帰国してすぐ国防長官に就任していた。独立後のブルンジは急速に無秩序へと向かっていた。国王ムワンブツァ4世は政権を何度も交代させ、反ツチ軍は同じく混乱しているルワンダから攻撃を繰り返した。1965年10月18日、フツ人指導者ジャーヴェイス・ニャンゴマとフツ族の憲兵隊司令官アントニー・セルクワバが反乱を起こした。この反乱を鎮圧したのが国軍の司令官となっていたミコンベロ大尉だった。 これにより政治の実権を握ったミコンベロは1966年7月11日に首相となり、国外に亡命したムワンブツァ4世の代わりに子のンタレ5世を即位させた。1966年11月28日、ミコンベロはヌタレを追放し、自らが大統領に就任した。 大統領となると、ミコンベロはツチ人政党の民族進歩連合による一党制を敷き、アフリカ社会主義者や中華人民共和国の支援を受けた。彼はツチ人を中心とした政府を作り、多数派のフツを鋭く弾圧した。1972年、国外に逃れていたフツ人難民がブルンジでの反乱を画策した。これは失敗し、ツチ人は15万人のフツ人を虐殺した。この動きをミコンベロは陰で支援し、以後さらに抑圧的な体制を作っていった。これに対し、ツチ人中心の軍内部でも穏健派を中心に不満が高まり、1976年11月1日、ミコンベロの遠戚にあたるジャン=バティスト・バガザ中佐がクーデターを起こし、ミコンベロは失脚した。 その後ミコンベロはソマリアへと逃れ、1983年にモガディシュで心臓発作のため死去した。.

新しい!!: 亡命とミシェル・ミコンベロ · 続きを見る »

ママ (ロシア映画)

『ママ』(原題:Мама)は、ロシアの映画作品。1999年、第12回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、翌2000年にNHK教育テレビで放映された。.

新しい!!: 亡命とママ (ロシア映画) · 続きを見る »

マリー・レクザンスカ

マリー・レクザンスカ(Marie Leszczyńska(Leszczynska, Lesczynskaとも)、1703年7月23日 - 1768年7月24日)は、フランス王ルイ15世の妃。ルイ16世、ルイ18世、シャルル10世の祖母。父はポーランド王(のちロレーヌ公)スタニスワフ・レシチニスキ、母は王妃カタージナ・オパリンスカ。ポーランド名はマリア・レシチニスカ(Maria Karolina Zofia Felicja Leszczyńska)。.

新しい!!: 亡命とマリー・レクザンスカ · 続きを見る »

マリー・ド・メディシス

『マリー・ド・メディシスの肖像』(1622年)ピーテル・パウル・ルーベンス画、プラド美術館所蔵 マリー・ド・メディシス(, 1575年4月26日 - 1642年7月3日)は、フランス国王アンリ4世の2番目の王妃で、ルイ13世の母である。.

新しい!!: 亡命とマリー・ド・メディシス · 続きを見る »

マリー・アントワネット

マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ・ド・アブスブール=ロレーヌ・ドートリシュ(Marie-Antoinette-Josèphe-Jeanne de Habsbourg-Lorraine d'Autriche, 1755年11月2日 - 1793年10月16日)は、フランス国王ルイ16世の王妃。 フランス革命中の1793年10月16日に刑死した。.

新しい!!: 亡命とマリー・アントワネット · 続きを見る »

マリアーノ・ラガスカ・イ・セグーラ

マリアーノ・ラガスカ・イ・セグーラ(Mariano Lagasca y Segura、1776年10月4日 - 1839年6月23日)は、スペインの植物学者、医師である。マドリード王立植物園の園長を務めた。.

新しい!!: 亡命とマリアーノ・ラガスカ・イ・セグーラ · 続きを見る »

マリアーノ・エスコペド

マリアーノ・アントニオ・グアダルーペ・エスコペド・デ・ラ・ペーニャ(Mariano Antonio Guadalupe Escobedo de la Peña(1826年1月16日 - 1902年5月2日)は、メキシコの軍人。元ヌエボ・レオン州知事。.

新しい!!: 亡命とマリアーノ・エスコペド · 続きを見る »

ノルマンディー (客船)

ノルマンディー(SS Normandie)は、1935年に建造されたフランスの客船。「洋上の宮殿」と謳われた華麗さと就航期間の短さから、神格化すらされた伝説的な存在の客船である。1942年にアメリカ海軍により接収され「ラファイエット(USS Lafayette)」と改名。.

新しい!!: 亡命とノルマンディー (客船) · 続きを見る »

マルチナ・ナブラチロワ

マルチナ・ナブラチロワ(Martina Navrátilová, 1956年10月18日 - )は、チェコスロバキア(当時、現在チェコ共和国)プラハ出身の女子プロテニス選手。ウィンブルドン選手権の大会史上最多優勝記録(9勝)、WTAツアーの最多優勝記録(シングルス167勝、ダブルス177勝)など、数々の歴史的な記録を樹立した名選手である。4大大会シングルス通算「18勝」はライバルのクリス・エバートと並ぶ女子歴代4位タイ記録。左利きの選手で、ネット・プレーを最も得意にしている。 1975年に祖国を離れてアメリカに亡命し、1981年に米国市民権を取得したが、2008年1月9日にチェコ国籍を再取得、現在は二重国籍である。 2010年4月7日、雑誌「People」で乳がんであることを告白した。.

新しい!!: 亡命とマルチナ・ナブラチロワ · 続きを見る »

ノルウェー労働党

ノルウェー労働党(ノルウェーろうどうとう、Det norske Arbeiderparti(DNA), Norwegian Labour Party)は、ノルウェーの最大の政党で、社会民主主義政党。社会主義インターナショナル加盟政党。.

新しい!!: 亡命とノルウェー労働党 · 続きを見る »

ノルウェーの戦い

ノルウェーの戦いは、第二次世界大戦中、ドイツ軍によるデンマーク・ノルウェー侵攻(ヴェーザー演習作戦)後に、ドイツ軍と連合国軍との間でノルウェーで行われた戦い。イギリスとフランスはノルウェー援護のため遠征部隊を派遣した。一定の成功は収めたが、ドイツ軍によるフランス侵攻の結果、連合国軍は撤退を余儀なくされ、ノルウェー政府もロンドンへ逃れた。そして、戦いはドイツによるノルウェー占領という結果に終わった。戦闘は4月9日から6月10日まで続いた。ノルウェーは、ソ連を除けばドイツ軍の侵攻に最も長く抵抗した国であった。 ドイツ軍がノルウェーに侵攻した大きな理由は、スウェーデンの鉄鉱石であった。ドイツは、冬季は主にノルウェーのナルヴィクから船で運ばれるスウェーデン産の鉄鉱石に依存していたからである。その航路の安全を確保できれば、ドイツは戦争遂行に必要な鉄鉱石をより容易に手に入れることが出来るのであった。加えて、両陣営にとってノルウェー侵攻の成功は、第一次世界大戦の時ような大規模な塹壕戦を行うことなく相手に打撃を与えられる可能性があった。大西洋の戦いにおいて、ノルウェーはドイツにとって戦術上重要な場所であった。ノルウェーの航空基地からはドイツの偵察機は北大西洋上空を遠くまで活動でき、またノルウェーから出撃するUボートや水上戦闘艦は北海のイギリスの封鎖線を破りイギリスへ向かう船団を攻撃することが可能であった。.

新しい!!: 亡命とノルウェーの戦い · 続きを見る »

ノルウェー陸軍

ノルウェー陸軍(ノルウェーりくぐん、ブークモール:Hæren、ニーノシュク: Hæren)はノルウェーの陸軍。 ノルウェーは1905年に完全独立を達成し、わずか1世紀の間に第二次世界大戦と冷戦との戦いを耐えなければならなかった。近年のノルウェー陸軍は他のヨーロッパ諸国と同様にアフガニスタンにおける軍事行動に参加している。 ノルウェー陸軍はノルウェー軍の中で最も古い軍種で1628年に創設されている。それ以降、国内外での戦争に参加している。.

新しい!!: 亡命とノルウェー陸軍 · 続きを見る »

マルガレーテ・ズースマン

マルガレーテ・ズースマン(Margarete Susman, 1872年10月14日 ハンブルク - 1966年1月16日)はドイツ出身の女性文芸批評家・作家であり、ユダヤ教思想家でもある。 哲学をテオドール・リップス Theodor Lipps とゲオルク・ジンメルに学び、またフランクフルト新聞の寄稿者として文名を確立していった。 ブロッホ、フランツ・カフカ、ヴァルター・ベンヤミンなどを最も早期に評価した。 1933年スイスに亡命するが、その後も「キリスト教世界における現代ユダヤ思想の位置づけ」に関して長く指導的役割を演じ、チューリヒで逝去した。.

新しい!!: 亡命とマルガレーテ・ズースマン · 続きを見る »

マルク・シャガール

ャガール(1941年撮影) Yury Penによるシャガール像 マルク・シャガール(Marc Chagall,, 1887年7月7日 - 1985年3月28日)は、20世紀のロシア(現ベラルーシ)出身のフランスの画家。.

新しい!!: 亡命とマルク・シャガール · 続きを見る »

マルクス・ヴォルフ

マルクス・ヨハネス・“ミーシャ”・ヴォルフ(Markus Johannes "Mischa" Wolf, 1923年1月19日 - 2006年11月9日)は、ドイツ民主共和国(東ドイツ)の高級官僚。在ソ時代は、ミハイルと呼ばれていたため、ミーシャという渾名(あだな)がある。 ドイツ民主共和国の情報機関である国家保安省(シュタージ)の対外諜報部門の長を30年以上にわたって務めた人物(在任期間1952年12月 - 1986年5月30日)。最終階級は大将(Generaloberst)。伝説的なスパイ・マスターであり、在任時代は様々な諜報手法を駆使して西ドイツの防諜機関を完全に翻弄した。冷戦時代のスパイ小説などでは、しばしば敵役のモデルにもされている。.

新しい!!: 亡命とマルクス・ヴォルフ · 続きを見る »

マルグレーテ1世

マルグレーテ1世(Margrete I, 1353年3月 - 1412年10月28日)は、デンマーク摂政(1387年 - 1412年)、ノルウェー摂政(1380年 - 1412年)、北欧連合王国の実質支配者(1397年 - 1412年)でカルマル同盟の締結者。女王ではなかったが、実質的にデンマーク、ノルウェー、スウェーデンの北欧3国を支配し、女王と扱われる。.

新しい!!: 亡命とマルグレーテ1世 · 続きを見る »

マルセル・エイメ

マルセル・エイメ(1929年) マルセル・エイメ(エメ)(Marcel Aymé 、1902年3月29日 - 1967年10月14日)はフランスの小説家、劇作家。優れた童話も残している。.

新しい!!: 亡命とマルセル・エイメ · 続きを見る »

ノロドム・シハヌーク

ノロドム・シハヌーク(、1922年10月31日 - 2012年10月15日)は、カンボジア国王(在位:1941年4月25日 - 1955年3月2日、1993年9月24日 - 2004年10月7日)、政治家。 「シアヌーク」という表記は "h" の音を発音しないフランス語式の読み方で、原音に一番近い読み方は「ノロードム・シーハヌ」である。.

新しい!!: 亡命とノロドム・シハヌーク · 続きを見る »

マーハン・カリミ・ナセリ

港におけるナセリ メフラーン・キャリーミー・ナーセリー (مهران کریمی ناصری; Mehrān Karīmī Nāṣerī 1942年 - )は、1988年8月8日以来フランスのシャルル・ド・ゴール空港の出発ロビーで生活をしていたことで知られる、イラン国籍の難民。サー・アルフレッド・マーハン ( Sir Alfred Merhan )とも称される。マーハン・カリミ・ナセリ ( Merhan Karimi Nasseri ) 、マーハン・カリミ・ナゼリ、アルフレッド・マーハン、アルフレッド・メーラン ( Alfred Mehran ) 、アルフレッド・メヘラン、などとも表記される。.

新しい!!: 亡命とマーハン・カリミ・ナセリ · 続きを見る »

マーティン・フライシュマン

マーティン・フライシュマン (Martin Fleischmann、1927年3月29日 - 2012年8月3日)は、イギリスの化学者。1970年から1972年まで、国際電気化学学会(International Society of Electrochemistry)の理事長。常温核融合に関する研究で知られた。.

新しい!!: 亡命とマーティン・フライシュマン · 続きを見る »

ノーベル平和賞

ノーベル平和賞受賞者を決定するノルウェー議会 オスロ市庁舎外観 1974年のノーベル平和賞のメダル ノーベル平和賞(ノーベルへいわしょう、Nobels fredspris)は、ノーベル賞の一部門で、アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された5部門のうちの一つ。 ノーベル賞の創設者アルフレッド・ノーベルはスウェーデンとノルウェー両国の和解と平和を祈念して「平和賞」の授与はノルウェーで行うことにした。平和賞のみ、スウェーデンではなくノルウェー政府が授与主体である。 ノーベル平和賞のメダルは、表面にはアルフレッド・ノーベルの横顔(各賞共通)、裏面には三位一体を表現した図案「Pro pace et fraternitate gentium」の文が刻まれている(受賞者名も刻まれる)。.

新しい!!: 亡命とノーベル平和賞 · 続きを見る »

マーク・W・クラーク

マーク・ウェイン・クラーク(Mark Wayne Clark, 1896年5月1日 - 1984年4月17日)は、アメリカ陸軍の軍人で、最終階級は陸軍大将である。第二次世界大戦では、フランス領アフリカへの侵攻を行ったトーチ作戦での活躍が最も有名である。.

新しい!!: 亡命とマーク・W・クラーク · 続きを見る »

マーサズ・ヴィニヤード

マーサズ・ヴィニヤード島の地図。大まかに三角形で、横幅は33 kmある。 ゲイヘッドの断崖 マーサズ・ヴィニヤード(Martha's Vineyard, the Vineyard)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州デュークス郡に属する、面積231.75 km2(近くのチャパキディック島を含む)の島である。マーサズ・ビンヤードとも表記する。.

新しい!!: 亡命とマーサズ・ヴィニヤード · 続きを見る »

マヌエル・プイグ

マヌエル・プイグ(Manuel Puig、1932年12月28日-1990年7月22日)はアルゼンチンの作家。主な作品に『リタ・ヘイワースの背信』『赤い唇』『ブエノスアイレス事件』『蜘蛛女のキス』『このページを読む者に永遠の呪いあれ』など。.

新しい!!: 亡命とマヌエル・プイグ · 続きを見る »

マヌエル・デ・ファリャ

マヌエル・デ・ファリャ・イ・マテウ(Manuel de Falla y Matheu, 1876年11月23日 カディス - 1946年11月14日 アルゼンチン・コルドバ)は、スペインの作曲家。晩年にフランコ政権を避けてアルゼンチンに亡命した。.

新しい!!: 亡命とマヌエル・デ・ファリャ · 続きを見る »

マヌエル・デ・ゴドイ

フランシスコ・バイェウによるゴドイ像、1790年 マヌエル・デ・ゴドイ・イ・アルバレス・デ・ファリア(Manuel de Godoy y Álvarez de Faria、1767年5月12日 - 1851年10月7日)(アルクディア公爵、スエカ公爵、アルバレス侯爵、ソト・デ・ロマ卿)は、1792年から1797年までと1801年から1808年までスペインの首相であった。バーゼルの和約から生涯を通じて平和公爵(Príncipe de la Paz)の称号を授かり、その名前で広く知られている。.

新しい!!: 亡命とマヌエル・デ・ゴドイ · 続きを見る »

マヌエル・アサーニャ

マヌエル・アサーニャ・ディアス(Manuel Azaña Díaz、1880年1月10日 - 1940年11月3日)は、スペインの弁護士、政治家。スペイン第二共和政首相(在職1931年 - 1933年、1936年)および最後の大統領(1936年5月10日 - 1939年4月)。.

新しい!!: 亡命とマヌエル・アサーニャ · 続きを見る »

マックス・ホルクハイマー

マックス・ホルクハイマー(Max Horkheimer、1895年2月14日 - 1973年7月7日)は、ドイツの哲学者、社会学者。 フランクフルト学派の代表で、テオドール・アドルノとの共著『啓蒙の弁証法』で知られる。その他の著書に『道具的理性批判へ向けて』『批判的理論』などがある。アルトゥル・ショーペンハウアーのペシミズムへの共感を持つ。.

新しい!!: 亡命とマックス・ホルクハイマー · 続きを見る »

マダガスカル・クーデター

アンドリー・ラジョエリナ マルク・ラヴァルマナナ 2月27日撮影 破壊された建物 1月26日撮影 逃げ惑う人々 マダガスカル・クーデターは、マダガスカルで勃発した2009年1月から3月にかけての政治危機である。「クーデター」と言う名称については、各国の対応が異なり、一般にクーデターと断定されているわけではない。.

新しい!!: 亡命とマダガスカル・クーデター · 続きを見る »

マイノリティの権利

マイノリティの権利(社会的少数者ないし少数派の権利とも)」という表現は二つの別々の概念の具現化である。まず、人種的、民族的、階級的、宗教的、言語的、性的マイノリティの一員に適用される人並の個人の権利。第二に、マイノリティのグループに与えられるである。この表現はマジョリティの判断に与さない誰の権利に対しても単純に適用される場合もある。 公民権運動はしばしばマイノリティのグループに属していることで、個人の権利が否定されないことを保証しようと努めている。 具体的には、世界的な女性の権利や、世界的なLGBTの権利運動等か、あるいは世界中にある多様な人種的マイノリティの権利運動(アフリカ系アメリカ人の公民権運動 (1955年-1968年)等)である。.

新しい!!: 亡命とマイノリティの権利 · 続きを見る »

マインツ攻囲戦 (1792年)

マインツ攻囲戦(Belagerung von Mainz)は第一次対仏大同盟戦争(1792年-1797年)における短期間の攻城戦である。勝利を収めたのはキュスティーヌ中将率いるフランス軍であり、1792年10月にわずか三日間の戦いを経てマインツの占領に成功した。その後、マインツ共和国が成立している。.

新しい!!: 亡命とマインツ攻囲戦 (1792年) · 続きを見る »

マイケル・ポスタン

ー・マイケル・モイゼイ・ポスタン(英語:Sir Michael Moissey Postan、1899年9月24日 - 1981年12月12日)は、ロシア・ベッサラビア(現:モルドバ・ベンデル)出身、イギリスの経済史家、歴史家。ケンブリッジ大学名誉教授。 1937年からケンブリッジ大学の経済史教授を務め、1963年から1966年にかけて経済史学会の会長を務めた。また、マルクス主義や歴史学派の経済発展段階説を「進化的偏見」と排撃して19世紀の歴史学を20世紀の歴史学に受容できないと主張した。 最初に娶った妻は同国出身の経済史家だったが、1940年に死別。その後、シンシア・ロザリー・ケッペル(Cynthia Rosalie Keppel)夫人と結婚し、2人の子を儲けた。 当時ロシア領土だったベッサラビア(現:モルドバ・ベンデル)のユダヤ人の家庭に生まれる。高校卒業後、サンクトペテルブルク大学やキエフ大学などで学んだ。 1917年に十月革命が起きると、1919年頃にはイギリスに亡命した。亡命後はユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンやロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで教授となった。 1937年にアイリーン・パワーと結婚するが、1940年に死別。 1938年からケンブリッジ大学で教授を務める - コトバンク、2014年3月20日閲覧。。後に名誉教授。1981年12月12日、ケンブリッジで亡くなった。 日本では『中世の経済と社会』や『戦後ヨーロッパ経済史』の翻訳が知られている。.

新しい!!: 亡命とマイケル・ポスタン · 続きを見る »

マイケル・テヘラ

マイケル・テヘラ(Michael Tejera, 1976年10月18日 - )は、キューバのハバナ出身の元プロ野球選手(投手)。左投げ左打ち。台湾球界での登録名は、麥克。.

新しい!!: 亡命とマイケル・テヘラ · 続きを見る »

マエルス・ロドリゲス

マエルス・ロドリゲス・コラレス(Maels Rodríguez Corrales, 1979年10月15日 - )はキューバ出身の元野球選手。投手、右投げ右打ち。.

新しい!!: 亡命とマエルス・ロドリゲス · 続きを見る »

ノエ・ジョルダニア

ノエ・ニコロジス・ジョルダニア(ნოე ნიკოლოზის ჟორდანია、1868年1月14日〈ユリウス暦1月2日〉または1869年3月21日〈ユリウス暦3月9日〉 - 1953年1月11日)は、メンシェヴィキ出身のグルジアの政治家である。帝政ロシア下でグルジア最初のマルクス主義団体を組織し、1918年にグルジア民主共和国が独立した際は第2代首相を務めた。1921年にソビエト・ロシアの赤軍がするとフランスへ逃れたが、その後もを率いた。.

新しい!!: 亡命とノエ・ジョルダニア · 続きを見る »

マグヌス・ヒルシュフェルト

マグヌス・ヒルシュフェルトの彫像 マグヌス・ヒルシュフェルト(Magnus Hirschfeld、1868年5月14日 - 1935年5月14日)は、ドイツの内科医であり、性科学者、そして同性愛者の権利の擁護者である。 ヒルシュフェルトは、ユダヤ人一家のなかで、敬愛された医師にして「医学参事官(Medizinalrat)」たるヘルマン・ヒルシュフェルトの息子として、1868年にコルベルク(現代のコウォブジェグ、Kołobrzeg、EN)で誕生した。1888年から1892年の期間、彼は、シュトラスブルク、ミュンヘン、ハイデルベルク、そしてベルリンで、哲学、文献学、医学(内科学)を学んだ。その後、ヒルシュフェルトはしばらくのあいだパリに居住し、ジャーナリストとして働いた。こうして彼は、マクデブルクで「自然療法(naturopathy)」による治療を開始した。数年後、ベルリン=シャルロッテンブルク(Berlin-Charlottenburg、DE、EN)に移住した。マグヌス・ヒルシュフェルトは、1935年に亡命先ニースで客死した。.

新しい!!: 亡命とマグヌス・ヒルシュフェルト · 続きを見る »

マグヌス・ステンボック

マグヌス・ステンボック伯爵 ヘルシンボリにあるステンボックの銅像 マグヌス・ステンボック伯爵(Magnus Stenbock, 1665年5月12日 - 1717年2月23日)は、スウェーデンの貴族、軍人(最終階級は元帥)。スウェーデン王カール12世に仕えた名将で、大北方戦争で活躍したことで知られる。ストックホルム生まれ。父親はスウェーデン海軍の提督グスタフ・オットー・ステンボック伯爵、母クリスティーナ・デ・ラ・ガルディはフランスに起源をもつ家系の出身で、一説には前王朝のヴァーサ家に連なる血筋と言われる。.

新しい!!: 亡命とマグヌス・ステンボック · 続きを見る »

ノスタルジア (映画)

『ノスタルジア』(Nostalghia)は、ロシアの映画監督アンドレイ・タルコフスキーが1983年にイタリアで製作したイタリア、ソ連合作映画。第36回カンヌ国際映画祭創造大賞。 タルコフスキー監督はこの映画の制作においてソ連から出国し、完成後に亡命した。主人公のアンドレイ・ゴルチャコフはタルコフスキー自身と解釈されている。.

新しい!!: 亡命とノスタルジア (映画) · 続きを見る »

チャンバー

チャンバー(Expansion Chamber)とは、主に2ストロークガソリンエンジンにおいて、混合気の充填効率を高めるためにエキゾーストパイプに設けられた膨張室である。通常はエキゾーストパイプと一体化した部品となっており、全体をチャンバーと呼ぶことが多い。.

新しい!!: 亡命とチャンバー · 続きを見る »

チャン・バン・フォン

チャン・バン・フォン(ベトナム語:Trần Văn Hương, 漢字:陳文香, 1902年 - 1982年1月27日)は、南ベトナム(ベトナム共和国)の政治家。首相職と大統領職を歴任した。.

新しい!!: 亡命とチャン・バン・フォン · 続きを見る »

チャンパ王国

チャンパ王国(、192年 - 1832年)は、ベトナム中部沿海地方(北中部及び南中部を合わせた地域)に存在したオーストロネシア語族を中心とする王国。その主要住民の「古チャム人」は今日のベトナム中部南端に住むチャム族の直接の祖先とされる。中国では唐代まで林邑と呼び、一時環王国と自称したが、宋代以降は占城と呼んだ。.

新しい!!: 亡命とチャンパ王国 · 続きを見る »

チャールズ・ジェンキンス

チャールズ・ロバート・ジェンキンス(Charles Robert Jenkins、1940年2月18日 - 2017年12月11日)は、アメリカ合衆国の軍人。最終階級は陸軍軍曹(1965年)だったが、2004年の不名誉除隊処分に際し二等兵に降格されている。 下士官として朝鮮半島軍事境界線に駐留中に北朝鮮側に投降、2004年まで同国に滞在していた。北朝鮮による拉致被害者の1人である曽我ひとみと結婚しており、妻が日本への帰還を果たした後の2004年(北朝鮮側への投降から39年後)、娘達を連れて自身も日本へ亡命した。同地で合衆国軍に出頭し、軍法会議を経て軍を退役した。.

新しい!!: 亡命とチャールズ・ジェンキンス · 続きを見る »

チャイナドレス

チャイナドレス、旗袍(チイパオ)また満洲服は、一般的に詰襟で横に深いスリットが入った、女性が着るボディコンシャスなワンピース、またはその意匠を反映した服装を指す。満洲人の民族衣装(旗装、もしくは旗服)に西洋の要素を融合した服であり、日本では中国を代表する民族衣装と認識されるが、厳密に言えば中国人の主体である漢民族の民族服ではない。.

新しい!!: 亡命とチャイナドレス · 続きを見る »

チュグエフカ基地

チュグエフカ基地(チュグエフカきち、Авиационная база Чугуевка)とは、ロシア連邦沿海地方にあり、ウラジオストクから約300km北東、チュグエフカから10km南方に位置するロシア空軍の基地である。.

新しい!!: 亡命とチュグエフカ基地 · 続きを見る »

チョギャム・トゥルンパ

チョギャム トゥルンパ(1939年2月 - 1987年4月4日)は、仏教の行者で学者、かつ師、詩人、芸術家。チベット仏教行者や学者たちからは、チベット仏教の高名な師であり、と 、 を設立し、西洋へのチベットの仏教の普及に大きく貢献した人物として知られている。 彼の教えは 西洋人の仏教徒から見た"狂気の智慧(crazy wisdom)"のスタイルで有名である。 何年もアルコール依存に陥っており、心不全により48歳で他界した。.

新しい!!: 亡命とチョギャム・トゥルンパ · 続きを見る »

チベット

チベットの旗(雪山獅子旗) チベット(英語:Tibet,,,, )は、東経77-105度、北緯27-40度に至る地域を占め、南はヒマラヤ山脈、北は崑崙山脈、東は邛崍山脈に囲まれた地域、およびこの地域に成立した国家や政権、民族、言語等に対して使用される呼称。.

新しい!!: 亡命とチベット · 続きを見る »

チベット侵攻

290px チベット侵攻(チベットしんこう)とは、中国人民解放軍(中国共産党の軍隊)によるチベットへの侵攻をいう。侵攻は、.

新しい!!: 亡命とチベット侵攻 · 続きを見る »

チベット民族

ダライ・ラマ14世 チベット民族(チベットみんぞく、Tibetan peopleまたはTibetans)は、ユーラシア大陸中央部のチベット高原上に分布する民族。チベット語を話す。人種的にはモンゴロイドに属する。.

新しい!!: 亡命とチベット民族 · 続きを見る »

チェチェン・イチケリア共和国

チェチェン・イチケリア共和国(ラテン文字表記:Noxçiyn Paçẋalq Noxçiyçö キリル文字表記:Нохчийн Пачхьалкх Нохчийчоь 英:Chechen Republic of Ichkeria)は、チェチェン分離独立派による国際的に未承認の国家または武装勢力。.

新しい!!: 亡命とチェチェン・イチケリア共和国 · 続きを見る »

チェチェン・イチケリア共和国大統領

チェチェン・イチケリア共和国大統領(チェチェン・イチケリアきょうわこくだいとうりょう)は、チェチェン分離独立派が独立国家であると自称する国際的に未承認のチェチェン・イチケリア共和国の国家元首。.

新しい!!: 亡命とチェチェン・イチケリア共和国大統領 · 続きを見る »

チェロ協奏曲第1番 (プロコフィエフ)

チェロ協奏曲第1番 ホ短調 作品58は、セルゲイ・プロコフィエフが亡命時代末期の1932年に作曲に着手し、ソ連復帰後の1938年に完成したチェロ協奏曲。野心作ではあるが、構成の破格さ、演奏の至難さなどから、演奏されることは少ない。.

新しい!!: 亡命とチェロ協奏曲第1番 (プロコフィエフ) · 続きを見る »

チェ・ゲバラ

ルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Guevara de la Serna、1928年6月14日 - 1967年10月9日)は、アルゼンチン生まれの政治家、革命家で、キューバのゲリラ指導者。 「チェ・ゲバラ」の呼び名で知られるが、「チェ」は主にアルゼンチンやウルグアイ、パラグアイで使われているスペイン語(リオプラテンセ・スペイン語をはじめとする諸方言)で「やぁ」「おい」「お前(親しみを込めた)」「ダチ」といった砕けた呼び掛けの言葉であり、ゲバラが初対面の相手にしばしば「チェ。エルネスト・ゲバラだ」と挨拶していたことから、キューバ人たちが「チェ」の発音を面白がり付けたあだ名である。ラテンアメリカではキューバ革命以降「チェ」もしくは「エル・チェ (El Che)」(「el」男性定冠詞単数形)といえば彼のことを指す。.

新しい!!: 亡命とチェ・ゲバラ · 続きを見る »

チェコスロバキア共産党

チェコスロバキア共産党(チェコスロヴァキア共産党、)は、ヨーロッパのチェコスロバキアにおける共産党として1921年から1992年まで活動していた、マルクス・レーニン主義(共産主義)を掲げる政党である。設立当初から合法政党として議会内での勢力を維持し、1948年から1989年までは事実上の一党独裁政党として社会主義体制を維持した。.

新しい!!: 亡命とチェコスロバキア共産党 · 続きを見る »

チェコ社会民主党

チェコ社会民主党(チェコしゃかいみんしゅとう、; ČSSD)は、チェコ共和国の政党。社会民主主義を志向する中道左派政党である。欧州各国の社民主義政党が参加する欧州社会党と、社民主義政党の国際組織である社会主義インターナショナルに参加している。.

新しい!!: 亡命とチェコ社会民主党 · 続きを見る »

ネタージ・バワン

ネタージ・バワン または ネタジ・バワン(英語:Netaji Bhawan または Netaji Bhavan)とは、インド・西ベンガル州のコルカタにある記念館の名称で、現在は博物館となっている。英語での表記の揺れから、ネタジ・ババン とする文献も見られる。 ネタージ(ネタジ)ことスバス・チャンドラ・ボースが1941年にベルリンに向け密かに脱出・亡命するまで英国当局により軟禁されていた旧宅を記念館にしたもので、ボースゆかりの品々が展示されている。日本と関係が深い自由インド仮政府やインド国民軍についての資料も多い。なお当館は、ボースは事故死せず失踪したという説に立っている。 第二次世界大戦後には、マハトマ・ガンディーやジャワハルラール・ネルー首相も訪れている。また2007年、当時の安倍晋三首相が訪問した。.

新しい!!: 亡命とネタージ・バワン · 続きを見る »

ハノイ・ハンナ

ハノイ・ハンナ(Hanoi Hannah, 1931年 - 2016年9月30日)とは、ベトナム戦争において北ベトナムによって行われたプロパガンダ放送でアナウンサーを勤めた女性のアメリカ軍における通称である。本名はゴ・チン・ティ (Trịnh Thị Ngọ) 。.

新しい!!: 亡命とハノイ・ハンナ · 続きを見る »

ハバナ・クラブ

ハバナ・クラブ 7年のボトル ハバナ・クラブ(Havana Club)は、キューバのマヤベケ州で製造されているラム酒のブランド名。 ホセ・アレチャバラ(José Arechabala)が1878年に設立したブランドだが、1959年のキューバ革命によりオーナーであったアレチャバラ家はスペインへ亡命。製造会社は国有化された。アレチャバラ家はアメリカへ移住し、ハバナ・クラブの商標を登録。この商標の使用許諾を得てバカルディからハバナ・クラブ銘のラム酒がアメリカ国内にのみ販売されていたが、商標の更新を行わず、1973年に商標権は失効している。商標はキューバ政府公団Cuban exportsが翌1974年にアメリカで登録申請し、1976年に承認された。 1994年にフランスのペルノ・リカール社とキューバ政府とが出資比50:50の合弁事業としてハバナ・クラブ・インターナショナル(Havana Club International)を設立。ハバナ・クラブのブランド名は、ハバナ・クラブ・インターナショナルが所有することになった。 ハバナ・クラブの商標は、ハバナ・クラブ・インターナショナルによって世界180か国以上で登録されており、2011年の販売総数は380万ケース以上である。.

新しい!!: 亡命とハバナ・クラブ · 続きを見る »

ハリアーに関連する作品の一覧

AV-8B ハリアー II ハリアーに関連する作品の一覧(ハリアーにかんれんするさくひんのいちらん)は、イギリスのホーカー・シドレー社が開発した垂直離着陸機、ホーカー・シドレー ハリアーおよび、その系列機であるBAe シーハリアー、ハリアーII・BAe ハリアー IIに関連する作品の一覧である。.

新しい!!: 亡命とハリアーに関連する作品の一覧 · 続きを見る »

ハルノクニ

『ハルノクニ』は、2006年2月から11月にかけて『週刊少年サンデー』にて連載された漫画。原作:浜中明、作画:中道裕大。.

新しい!!: 亡命とハルノクニ · 続きを見る »

ハンネス・シュナイダー

ハンネス・シュナイダー(Hannes Schneider, 本名:ヨハネス・シュナイダー (Johannes Schneider), 1890年 - 1955年4月25日)は、20世紀前半に活躍したオーストリアのスキー講師である。「アルペンスキーの父」として知られる。.

新しい!!: 亡命とハンネス・シュナイダー · 続きを見る »

ハンニバル

ハンニバル・バルカ(Hannibal Barca, 紀元前247年 - 紀元前183年/紀元前182年)は、カルタゴの将軍。ハミルカル・バルカの長子。ハンニバルは「バアルの恵み」や「慈悲深きバアル」、「バアルは我が主」を意味すると考えられ、バルカとは「雷光」という意味である。 第二次ポエニ戦争を開始した人物とされており、連戦連勝を重ねた戦歴から、カルタゴが滅びた後もローマ史上最強の敵として後世まで語り伝えられていた。2000年以上経た現在でも、その戦術は研究対象として各国の軍隊組織から参考にされるなど、戦術家としての評価は非常に高い。 チュニジアで流通している5ディナール紙幣に肖像が使用されている。.

新しい!!: 亡命とハンニバル · 続きを見る »

ハンガリー学派

ハンガリー学派 ジークムント・フロイトの門人であるフェレンツィ・シャーンドルによって、フロイトの精神分析学がハンガリーにもたらされた。さらにナチスの政権の台頭と研究者の亡命によって、アメリカに移植されることとなった。 多くの重要な乳幼児の研究を行う精神分析家が、フェレンツィの影響を受けている。政治・哲学の面であるブダペスト学派は別。.

新しい!!: 亡命とハンガリー学派 · 続きを見る »

ハンガリー動乱

ハンガリー動乱(ハンガリーどうらん、「1956年革命」)は、1956年にハンガリーで起きたソビエト連邦の権威と支配に対する民衆による全国規模の蜂起を差す。ハンガリー事件、ハンガリー暴動、ハンガリー革命とも。 1956年10月23日、ハンガリーの市民が政府に対して蜂起した。彼らは多くの政府関係施設や区域を占拠し、自分たちで決めた政策や方針を実施しはじめた。ソ連軍は1956年10月23日と停戦をはさんだ1956年11月1日の2回、このような反乱に対して介入した。1957年の1月にはソビエト連邦は新たなハンガリー政府を任命し、ハンガリー人による改革を止めようとした。 蜂起は直ちにソ連軍により鎮圧されたが、その過程で数千人の市民が殺害され、25万人近くの人々が難民となり国外へ逃亡した。ハンガリーでは、この事件について公に議論することは、その後30年間禁止されたが、1980 年代のペレストロイカ政策の頃から再評価が行われた。1989 年に現在のハンガリー第三共和国が樹立された際には、10月23日は祝日に制定された。.

新しい!!: 亡命とハンガリー動乱 · 続きを見る »

ハンガリー王国 (1920年-1946年)

ハンガリー王国(ハンガリーおうこく、Magyar Királyság)は、中央ヨーロッパのハンガリーを中心とする地域に、第一次世界大戦直後から第二次世界大戦直後まで存在した「王国」。ただし、国王は終始空位であり、1919年のハンガリー革命 (1919年)で成立したハンガリー・ソビエト共和国を打倒したホルティ・ミクローシュが1944年までとして統治した。枢軸国として第二次世界大戦に参戦したが、大戦末期に矢十字党のクーデターが発生し、ナチス・ドイツの傀儡政権となった(国民統一政府)。矢十字党の政府はソ連軍によって崩壊したが、王国は1946年のハンガリー第二共和国の成立まで形式上存在した。首都はブダペスト。.

新しい!!: 亡命とハンガリー王国 (1920年-1946年) · 続きを見る »

ハンス・ヨアヒム・マルセイユ

ハンス=ヨアヒム・ヴァルター・ルドルフ・ジークフリート・マルセイユ(Hans-Joachim "Jochen" Walter Rudolf Siegfried Marseille、1919年12月13日 - 1942年9月30日)は、第二次世界大戦のアフリカ戦線で活躍したドイツ空軍のエース・パイロット。“アフリカの星”(Stern von Afrika)の通称で知られる。撃墜した158機は全て西側連合軍機である。乗機メッサーシュミットBf109F-4/Trop には英軍冬季攻勢(1941年 - 1942年)以降「黄色の14」(第3中隊の14号機の意味)が書き込まれていた。最終階級は大尉。.

新しい!!: 亡命とハンス・ヨアヒム・マルセイユ · 続きを見る »

ハンス・リヒター (画家)

ハンス・リヒター(Hans Richter、1888年4月6日 - 1976年2月1日)はドイツの画家、映画監督。.

新しい!!: 亡命とハンス・リヒター (画家) · 続きを見る »

ハンス=イェスタ・ペーアソン

ハンス=イェスタ・ペーアソン(Hans-Gösta Pehrsson, 1910年10月10日 - 1974年3月16日)は、第二次世界大戦期のナチス・ドイツ武装親衛隊スウェーデン人義勇兵。第11SS義勇装甲擲弾兵師団「ノルトラント」に所属し、第11SS装甲偵察大隊(SS-Panzer-Aufklärungs Abteilung 11)第3中隊長を務めた。 独ソ戦後期の1944年から1945年の間、バルト三国、ポメラニア、ベルリンの戦いで武装親衛隊の装甲車中隊指揮官として活躍。武装親衛隊に所属したスウェーデン人義勇兵の中で最も多くの勲章を獲得し、最も高い階級に昇進し、そしてベルリン市街戦で最後まで生き残ったスウェーデン人義勇兵となったHelbert Poller, Martin Månsson, Lennert Westberg "SS-Panzer-Aufklärungs-Abteilung 11 "Nordland": and the Swedish SS Platoon in the Baltic states, Pomerania and Berlin, 1943-1945 (Armoured Reconnaissance With the Waffen-SS on the Eastern Front)"(Leandoer & Ekholm, 2010)p321。最終階級はSS大尉(SS-Hauptsturmführer)。 他の日本語表記として、ハンス・ゲシューター・フェハーソン、ハンス・ゲースタ・ペーアソンがある。.

新しい!!: 亡命とハンス=イェスタ・ペーアソン · 続きを見る »

ハーメルン

ハーメルン (Hameln) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州の大規模自立都市でハーメルン=ピルモント郡の郡庁所在地である。ヴェーザー川に面するこの都市は、1284年に生じた『ハーメルンの笛吹き男』の伝説で知られる。.

新しい!!: 亡命とハーメルン · 続きを見る »

ハーフィズ・アル=アサド

ハーフィズ・アル=アサド(حافظ الاسد Hāfiz al-Asad, 1930年10月6日 - 2000年6月10日)は、シリアの軍人、政治家、大統領(在任1971年 - 2000年)。一般に独裁者とみなされている。日本語ではハーフェズ・アル=アサドとも表記し、アサドが姓として認識される場合が多い。 シリアで流通している1000シリア・ポンド紙幣に肖像が描かれている。.

新しい!!: 亡命とハーフィズ・アル=アサド · 続きを見る »

ハッソ・ヘルシェル

ハッソ・ヘルシェル (Hasso Herschel, 1935年3月-) は東西ドイツ国境地帯の元亡命支援者で、東ドイツから亡命するおよそ1000人の人々の手助けした。.

新しい!!: 亡命とハッソ・ヘルシェル · 続きを見る »

ハドリアヌス4世 (ローマ教皇)

ハドリアヌス4世(Hadrianus IV, 1100年頃 - 1159年9月1日)は、第169代のローマ教皇(在位:1154年 - 1159年)。教皇となった唯一のイングランド出身者である。本名はニコラス・ブレイクスピア(Nicholas Breakspear または Breakspeare)。イングランド東部のアボッツ・ラングレー(現在のハートフォードシャー)教区内のブレイクスピア農場に生まれ ブレイクスピア農場は1960年代に住宅地開発のため取り壊された。場所は現在の一地域である。、セント・オールバンズの修道院学校(セント・オールバンズ校)で学んだ。.

新しい!!: 亡命とハドリアヌス4世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

ハドソン河のモスコー

『ハドソン河のモスコー』(原題:Moscow on the Hudson)は、1984年制作のアメリカ合衆国のコメディ映画。ポール・マザースキー監督、ロビン・ウィリアムズ主演。 ニューヨークを舞台に、アメリカに亡命したソ連のサーカス団のサックス奏者が、様々な困難に直面しながらも、持ち前の明るさでたくましく生きていく姿を描いた作品。 日本では、「劇中で店に行列を作る場面(ソ連での配給のシーン)がオイルショックを想起させる」という理由で劇場公開が見送られた。.

新しい!!: 亡命とハドソン河のモスコー · 続きを見る »

ハイチの軍事

ハイチの軍事(ハイチのぐんじ)では、ハイチの軍事組織について述べる。.

新しい!!: 亡命とハイチの軍事 · 続きを見る »

ハイレ・セラシエ1世

タイムの表紙 伝統的な戦士の服を着たハイレ・セラシエ1世 ハイレ・セラシエ1世(, Haile Selassie I, 1892年7月23日 - 1975年8月27日)は、エチオピア帝国最後の皇帝(在位:1930年11月2日(戴冠式が行われた月日) - 1974年9月12日)。アフリカ統一機構初代議長。.

新しい!!: 亡命とハイレ・セラシエ1世 · 続きを見る »

ハインリッヒ・ロンメン

ハインリッヒ・アルベルト・ロンメン(Heinrich Albert Rommen、1897年2月21日 - 1967年2月19日)は、ドイツやアメリカを中心に活動した法学者、政治学者。.

新しい!!: 亡命とハインリッヒ・ロンメン · 続きを見る »

ハインツ・コフート

ハインツ・コフート(Heinz Kohut, 1913年5月3日 - 1981年10月8日)はオーストリア出身の精神科医、精神分析学者。精神分析的自己心理学の提唱者で、今日の自己愛研究や間主観的アプローチの端緒を開いた。自己愛性パーソナリティ障害の研究に先鞭をつけたことでも知られる。.

新しい!!: 亡命とハインツ・コフート · 続きを見る »

ハイジャック

ハイジャック(hijack、hijacking)とは、不法に輸送機関や貨物の強奪や乗っ取りを行うことである。特に航空機に対する行為に用いられ、日本の法律用語では「航空機強取」や「航空機不法奪取」と言う。以下、本項でも航空機ハイジャックを中心に扱う。 ハイジャックの手段には、武器などによる脅迫や威嚇・詐術などがある。ハイジャックの目的には、逃亡や亡命、金品の強奪や身代金要求、何らかの政治的意図の遂行などが挙げられる。また、心神喪失状態にあった者が起こした目的がはっきりしない事件もある。 ハイジャックを防止するために様々な対策が複合的にとられている。ハイジャック対策は国や空港・航空会社によって差異はあるが、国際条約により加盟各国による協調体制が構築されている。凶器や危険物が航空機に持ち込まれないよう規制されており、空港では手荷物検査などが行われている。機上では航空保安官が警乗し、ハイジャッカーの進入を阻止するよう操縦室のドアは強化されている。 ハイジャックの発生件数は資料により異なる。旧東側諸国で発生した事件ははっきり分かっていないものもある。本項では、同書ではアメリカ連邦航空局 (Federal Aviation Administration; FAA) のレポートを主に参照して集計・分析を行なっているおよび「アビエーション・セーフティー・ネットワーク」 (Aviation Safety Network; ASN) を主に参照する。ASNのデータベースによると、2017年末までに1,074件の航空機ハイジャック事件が起きている。.

新しい!!: 亡命とハイジャック · 続きを見る »

ハコボ・アルベンス・グスマン

ハコボ・アルベンス・グスマン(Jacobo Árbenz Guzmán、1913年9月14日 - 1971年1月27日)はグアテマラの軍人(大佐)、政治家。国防大臣(1944年 - 1951年)及び大統領(1951年 - 1954年)を務めた。 大統領在任中の1954年、アメリカ合衆国及び中央情報局(CIA)が策したクーデター、「PBSUCCESS作戦」により失脚。大佐を首班とする軍事政権・独裁政権が成った。 クーデター発生後亡命し、1971年メキシコにて客死。.

新しい!!: 亡命とハコボ・アルベンス・グスマン · 続きを見る »

ハザーラ人

ハザーラ人(ハザーラじん、هزاره、Hazāra)は、中央アジアのアフガニスタンを中心に居住する民族である。イスラム教シーア派の信者が多い。.

新しい!!: 亡命とハザーラ人 · 続きを見る »

バラ革命

議会議事堂でグルジア王国時代の国旗を掲げてデモを行う市民2003年11月8日 バラ革命(バラかくめい、 vardebis revolucia)は、2003年にグルジアで起こった、エドゥアルド・シェワルナゼを大統領辞任に追い込んだ暴力を伴わない革命である。.

新しい!!: 亡命とバラ革命 · 続きを見る »

バレエ

バレエ(ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。.

新しい!!: 亡命とバレエ · 続きを見る »

バングラデシュ独立戦争

バングラデシュ独立戦争(バングラデシュどくりつせんそう、)は、1971年3月26日に勃発した戦争である。 インド介入後の戦闘の推移.

新しい!!: 亡命とバングラデシュ独立戦争 · 続きを見る »

バーバロ・カニザレス

バーバロ・ラファエル・カニザレス・エルナンデス(Bárbaro Rafael Cañizares Hernandez, 1979年11月11日 - )は、キューバのハバナ出身のプロ野球選手(一塁手)。メキシカンリーグ・ラグナ・ユニオン・コットンファーマーズ所属。 母国ドミニカ共和国はスペイン語圏なのでスペイン語読みをした「バルバロ・カニサレス」と表記されることもある。.

新しい!!: 亡命とバーバロ・カニザレス · 続きを見る »

バート・ヨール

バト・イェオール (ヘブライ語:בת יאור; Bat Ye'or; ヘブライ語で「ナイルの娘」の意。本名ジゼル・リットマン Gisèle Littman、生名オレビー Orebi)はエジプト出身で英国人の歴史家で中東における非ムスリム、特にイスラーム統治下に生きたキリスト教徒、ユダヤ教徒のズィンミーの歴史を専攻する。 バト・イェオールはこれまで『ユーラビア—ユー.

新しい!!: 亡命とバート・ヨール · 続きを見る »

バーソルド・リュベトキン

バーソルド・リュベトキン(Berthold Romanovich Lubetkin(1901年12月14日 - 1990年10月23日)は、ロシアから亡命し英国で活躍した建築家。英国での国際様式モダニズム建築の先駆者で、1930年からハイポイント団地、ロンドン動物園ペンギンプール、フィンズベリー健康センターとスパグリーンエステートなどを発表した。 コーカサス地方グルジアのティフリス生まれ(ユダヤ人の家庭に)。父親は、ローマン・アロノヴィッチ・リュベトキン(1885年、サンクトペテルブルク- 1942年、アウシュビッツ)。鉄道系の土木技師であった。父の仕事の転勤に伴い、子供時代はロシア各地で暮らし、モスクワとサンクトペテルスブルク(後レニングラード)で教育を受け、サンクトペテルスブルクの学校を1917年に卒業し、モスクワの私立学校進学の際、ロシア革命で学校が閉鎖。そのためモスクワに設立の新ボルシェヴィキ・アートスクール高等芸術工房(SVOMAS、のちヴフテマス(VKhUTEMAS))に進学しエル・リシツキーらと出会い影響を受け構成主義を学んだ。21歳のとき革命政府主催の芸術展覧会に補助としてベルリンに派遣される。ここではヴァイマル共和国のアヴァンギャルド芸術家たちとの親交を深めていったという。ベルリンでは芸術史家のウイルヘルム・ヴォリンガーが教鞭をとっていたベルリン・テキスタイルアカデミーで学ぶ。 一年後には建築の教育を受けるためポーランドに移り、ワルシャワ・ポリテクニックに入学し2年間を過ごし、アベニュー・ド・ヴェルサイユ(番号25)アパートの設計者とジャン・ギンズバーグとの提携で1920年に奨学金を得てパリのエコール・デ・ボザールに進学する一方、鉄筋コンクリートを扱っていたオーギュスト・ペレの門をたたく。この時期にパリで欧州アヴァンギャルドの主要人物やル・コルビュジエと出会う。ボルドーで会に参加し続け、1925年パリ博覧会ソ連の貿易パビリオン設計競技に参加し、構成主義での自身のエントリが選考対象となった。こうしてではパヴィリオンの工事監理も手がける一方、展示中のエスプリ・ヌーヴォー館に感銘を受ける。パリでもコルビュジエのほかにフェルナン・レジエ、ジャン・コクトーらの知識人や芸術家と親交を結んでいたという。 舞台美術家から注文をうけたサーカス団員御用達のナイトクラブの改装が話題スポットとして話題を呼ぶ。 1928年、同じユダヤ系でワルシャワからボザールへ進学した級友ジャン・ジンスベルグと共同で、彼の父親を施主として、パリ・ヴェルサイユ通りに建つアトリエ集合住宅を手がける。1930年にはモスクワの旧ロシア帝国議会近くに建設する議事堂コンペティションに仲間と参加し最終候補案に残る。 1931年、ロンドンに移住し、建築事務所テクトン(TECTON)を設立。TECTONの最初のプロジェクトは、ロンドン動物園でランドマークの建物を含むゴリラハウスとペンギンプール(その後明確に影響を及ぼしだすナウム・ガボらと)。リュベトキンとTECTONは、1936年には建築家と技術者の組織とした。 Tectonもホィップスネイドでそれらの予備のために公園の建物を設計し、ロンドン動物園その後新設の動物園ダドリー動物園の設計委託を受けた。 1938年、ニューヨーク近代美術館開催の「英国のモダン建築展」のオープニングで、祝福を受けるまでになる。 Tectonの住宅プロジェクトは、シデナムの民間住宅を含み、英国でモダニストテラスの一つ(85-91 Genesta道路、南ロンドンPlumstead)。そして最も有名なハイポイントのアパート・ハイゲートを生み出す。集合住宅ハイポイントは1935年に設計依頼を受ける。特定の賞賛のためにル·コルビュジエに白羽されたハイポイント住宅の二つは、そのパターン化された外観とで、、caryatids入り口でより現実的なスタイルを示した。1934年モダンホームズ展で金メダルを獲得した戸建3ベッドルームのヴィラ(64ヒースドライブ、ロム)は、そのレイアウト研究で標高のフローティングホリゾンタルが強く、ハイポイントの一つの最終形のプロトタイプとしてそれがデザインとして使用されたことを示唆している。英国遺産監理の下で復元され、グレード2に記載されているこのヴィラはTectonグループでの近代スタイルの最高の機能を実証するように多くの人に見なされている。 労働党におけるフィンズベリーメトロポリタン自治協議会はTectonの主要なパトロンで、フィンズベリー医療センターが1938年に完成。 第二次世界大戦の開始以来、時間をグロスターシャー州のビーミッシュ家族から管理と購入していた農場で費やし、1950年代にいくつかのデザインコンペに参加し、勝つことができなかったが、(再びベイリーとスキナーらと)ロンドン・ベスナルグリーン(現在はタワーハムレッツの一部)の3つの大規模な協議農園を設計。これらのスキームからクランブルックエステート、ドーセット不動産(Sivillハウス)とレイクビューエステートが1940年に完成させ、その複雑な抽象的なファサードと構成主義階段のイディオムを開発しながら、すべてをプレキャストコンクリート外観パネルで建設。 1947年、ピーターリーニュータウンのマスタープランナーとチーフアーキテクトの委託をうけ、翌年Tectonを解散させた。ピーターリー用のマスタープランは、高層タワーを提案している新しい市民センターが含まれていた。リュベトキンのデザインは、国際様式を基調としつつも住棟群を彫塑を思わせるように仕上げていて、労働者住宅のイメージを打ち破っていく。 しかし石炭の抽出は沈下の危険性を提起し、数年間、町の下に継続することであった。結果として国立石炭委員会(NCB)は、それ自体の機関燃料及び電力省は、唯一の分散した低密度の開発を検討している。 1947年、当時のパディントン区からホールフィールド公営住宅と諸施設とを一体的に計画する依頼を受けた。このホールフィールドでは、6階建てと10 階建て住宅住棟が直交しながら緑地を取り囲むような連続的配置で、高密度開発でありながら豊かなオープンスペースを持つ団地空間を実現。 この住宅地は当時、戦後の建築理論を先導するものとして大きく取りあげられ、その後の住宅地計画にも大きな影響を及ぼした。 建設後今日まで良好に維持管理され、居住者にも高く評価されているほか、2011年に「戦後の住宅団地の発展を促した建築」として登録建築物に指定された。 妻との居住地は、最終的にブリストルに着き、I.K.ブルネルのの景観を守るためにその後の人生を費やす。ブルネルを、まずイギリスに彼を魅了していた技術の進歩の精神を象徴とみていた。 1982年、RIBAゴールドメダルが授与された。1990年にブリストルで死去。アーキテクチャと社会的コミットメント:タイトル「LubetkinとTectonの下、1983 - Lubetkinは(Tecton付き)」がブリストル・Arnolfiniのギャラリーで開かれ、英国とヨーロッパで1980年代英国のアーツ·カウンシル主催の巡回展の対象となった。これは彼のアーカイブから特別に委託モデルと実例材料を特色にしたとダビデ王によって設計された。彼はまた、2005年にもデザインミュージアムの展示の対象となった。彼の娘、ルイーズ・キホーは、数年前に初期の未発表作が含まれていた1995年に受賞した回顧録を出版した。 2009年、ピーターリーの拠点、イーストダーラム&Houghallコミュニティカレッジは、彼が町のために尽くしたビジョンに敬意を表して後に劇場の名前となった。Lubetkin劇場は正式に2009年10月5日に彼の娘サーシャによって開設。オープニングでサーシャは、私はこの美しい劇場は私の父の後、彼の作品は、それが終わった残忍な方法にもかかわらず、記憶されている名前が挙がっていることを非常に誇りに思っています。ピーターリーのためのそのような夢を持っていた彼は、世界の鉱山労働者の都にそれを回すために望んでいた。鉱山労働者の彼の尊敬と賞賛は彼が不可能であったこと、残念ながらどこにも存在しませんでした本当に特別な何かを作成したいとして作りました、と述べている。.

新しい!!: 亡命とバーソルド・リュベトキン · 続きを見る »

バトルフィールド バッド カンパニー

『バトルフィールド バッド カンパニー』(Battlefield: Bad Company, 略称:BFBC)は、エレクトロニック・アーツから発売されたFPSゲームである。.

新しい!!: 亡命とバトルフィールド バッド カンパニー · 続きを見る »

バトルフィールド4

『バトルフィールド4』(Battlefield 4, 略称:BF4)は、日本で2013年11月7日にエレクトロニック・アーツから発売されたファーストパーソン・シューティングゲーム (FPS) である。「バトルフィールドシリーズ」の第10作目である。.

新しい!!: 亡命とバトルフィールド4 · 続きを見る »

バブラク・カールマル

バブラク・カールマル(ببرک کارمل、Babrak Karmal, 1929年1月6日 - 1996年12月3日)は、アフガニスタンの政治家、共産主義者で第3代革命評議会議長。バブラク・カルマルと表記されることもある。.

新しい!!: 亡命とバブラク・カールマル · 続きを見る »

バフマン・ゴバディ

バフマン・ゴバディ(Bahman Ghobadi, 1969年2月1日 - )は、クルド人の俳優・映画監督・脚本家。イラン出身。.

新しい!!: 亡命とバフマン・ゴバディ · 続きを見る »

バイオハザードシリーズの登場人物

バイオハザードシリーズの登場人物(バイオハザードシリーズのとうじょうじんぶつ)は、カプコンのゲーム『バイオハザード』シリーズの登場人物の一覧である。.

新しい!!: 亡命とバイオハザードシリーズの登場人物 · 続きを見る »

バオ・ダイ

バオ・ダイ(、1913年10月22日 - 1997年7月30日)は、阮朝大南国の第13代にして最後の皇帝(在位:1926年1月8日 - 1945年3月11日)、ベトナム帝国皇帝(在位:1945年3月11日 - 1945年8月30日)、ベトナム民主共和国最高顧問(1945年9月 - 1946年3月16日)、後にベトナム国国長(在任:1949年6月14日 - 1955年4月30日)。姓・諱は阮福永瑞(げんふく えいずい、グエン・フク・ヴィン・トゥイ、)、後に阮福晪(げん ふくてん、グエン・フク・ティエン、、晪は日偏に典)と改めた。バオ・ダイの名は治世の年号である保大(1926年 - 1945年)に由来し、保大帝(ほだいてい、ホアン・デ・バオ・ダイ、)とも称される。.

新しい!!: 亡命とバオ・ダイ · 続きを見る »

バスジャック

バスジャック(bus hijacking)とは、運行中のバスを乗っ取る行為のことである。.

新しい!!: 亡命とバスジャック · 続きを見る »

ポチョムキン=タヴリーチェスキー公 (戦艦)

ポチョムキン=タヴリーチェスキー公(ロシア語:Князь Потёмкин-Таврическийクニャースィ・パチョームキン・タヴリーチェスキイ)は、ロシア帝国で建造された戦艦である。艦名は「ポチョムキン=タヴリーチェスキー公爵」という意味。ロシア帝国海軍では当初は艦隊装甲艦(Эскадренный броненосец)、のち戦列艦(Линейный корабль)に分類された。ロシア第一革命の時期に水兵による叛乱が起こったことで世界にその名を知られた。特に、ポチョムキンという略称で有名である。艦名の日本語文献における表記は、次のような状況。; ポチョムキン・タヴリーチェスキー公; ポチョムキン・タヴリーチェスキー公爵; ポチョムキン・タヴリチェスキー公爵; ポチョムキン・タヴリチェスキー公; ポチョムキン公; ポチョムキン公爵; ポチョムキン・タヴリーチェスキー; クニャージ・ポチョムキン・タウリチェスキー; クニャージ・ポチョムキン; クニャージ・ポチョムキン・タブリチャスキー; クニャーズ・ポチョムキン・タブリチャスキー; ポチョムキン ここまで、いずれの書籍においても略称である「ポチョムキン」は見られる。; ポチョームキン=タヴリチェスキー公爵; ポチョームキン.

新しい!!: 亡命とポチョムキン=タヴリーチェスキー公 (戦艦) · 続きを見る »

ポーランド

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU)、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。18世紀、4度にわたり国土が隣国によって分割され消滅。 第一次世界大戦後、1918年に独立を回復したが、第二次世界大戦時、ナチス・ドイツとソビエト連邦からの事前交渉を拒否し両国に侵略され、再び国土が分割された。戦後1952年、ポーランド人民共和国として国家主権を復活、1989年、民主化により共和国となった。冷戦時代は、ソ連の影響下に傀儡政権の社会主義国とし最大で最も重要なソ連の衛星国の一国となり、政治的にも東側諸国の一員となった。国内及び東側諸国の民主化とソ連の崩壊と東欧革命を経て、「中欧」または「中東欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 亡命とポーランド · 続きを見る »

ポーランドの歴史

ポーランドの歴史(ポーランドのれきし)では、ポーランドの歴史を概略的に述べる。.

新しい!!: 亡命とポーランドの歴史 · 続きを見る »

ポーランド亡命政府

ポーランド亡命政府(ポーランドぼうめいせいふ、Rząd Rzeczypospolitej Polskiej na uchodźstwie)は、1939年のポーランド侵攻およびナチス・ドイツ・ソビエト連邦からの国土の占領によりポーランド第二共和国政府を継承し組織された亡命政府である。 ポーランド亡命政府は、と国内軍 の組織構造を通し第二次世界大戦期間に影響力があったとされる。終戦後、ポーランドはソ連の衛星国ポーランド人民共和国の管理下となり、亡命政府は存在したが影も薄く影響力も無かった。共産主義支配の終了後、亡命政府は正式に責務を新政府の第3共和制に移行した。 ポーランド亡命政府は、1939年にパリで発足し、1940年にアンジェに移転。その後1940年から90年まで、冷戦期を通してずっとロンドンを拠点とした。.

新しい!!: 亡命とポーランド亡命政府 · 続きを見る »

ポーランド社会党

ポーランド社会党(ポーランドしゃかいとう、Polska Partia Socjalistyczna, PPS)は、19世紀末から第二次世界大戦後のポーランドに存在した社会主義政党である。.

新しい!!: 亡命とポーランド社会党 · 続きを見る »

ポーランド立憲王国

ポーランド立憲王国(ポーランドりっけんおうこく)は、ポーランドを支配していた国家の1つ。1815年、ナポレオン・ボナパルトのワルシャワ公国に代わって設置された。 正式にはポーランド王国という国名であったが、以前に存在していたポーランド王国と紛らわしいため「立憲王国」と呼ばれることが多い。ロシア皇帝が国王を兼ねる、帝政ロシアの衛星国である。.

新しい!!: 亡命とポーランド立憲王国 · 続きを見る »

ポーランド継承戦争

ポーランド継承戦争(ポーランドけいしょうせんそう、Wojna o sukcesję polską、Polnischer Thronfolgekrieg、1733年 - 1735年)は、ポーランド王国の王位継承をめぐって勃発した18世紀ヨーロッパの戦争。.

新しい!!: 亡命とポーランド継承戦争 · 続きを見る »

ポーランド統一労働者党

ポーランド統一労働者党(ポーランドとういつろうどうしゃとう、Polska Zjednoczona Partia Robotnicza、略称:PZPR)は、冷戦時代のポーランド人民共和国に存在した政党で、当時の支配政党である。1948年結成、1989年解散。本稿では前身となるポーランド労働者党やポーランド共産党も含めて説明する。.

新しい!!: 亡命とポーランド統一労働者党 · 続きを見る »

ポーリーヌ・ガルシア=ヴィアルド

ポーリーヌ・ガルシア=ヴィアルドまたはポーリーヌ・ヴィアルド(Pauline García-Viardot / Pauline Viardot, 1821年7月18日 – 1910年5月18日)は、19世紀フランスの声楽家・作曲家。.

新しい!!: 亡命とポーリーヌ・ガルシア=ヴィアルド · 続きを見る »

ポール・モラン

ポール・モラン、1925年以前 ポール・モラン(Paul Morand, 1888年3月13日 - 1976年7月24日)は、フランスの作家、外交官である。.

新しい!!: 亡命とポール・モラン · 続きを見る »

ムハンマド・アミーン・ブグラ

ムハンマド・アミーン・ブグラ(1901年 - 1965年)(محمد أمين بۇغرا), Муххамад Эмин Бугро,,Muhammad Amin Bughra (トルコ語名のメフメト・エミン・ブグラMehmet Emin Bugra、漢名毛徳明、買買提·依明とも) は、独立国第一次東トルキスタン共和国の建国を計画したテュルク系イスラーム教徒の指導者である。中国新疆ホータン(現在のホータン市)出身のウイグル族で、中華民国の大陸時期の政治家、汎テュルク主義者、民族革命委員会(en:Committee for National Revolution)と第一次東トルキスタン共和国の建立者の一人である。後に中国国民党に加入して、中央監察委員となり、新疆省副主席を務めた。1949年後、インドやトルコなどの国に亡命した。.

新しい!!: 亡命とムハンマド・アミーン・ブグラ · 続きを見る »

ムハンマド・アブドゥフ

ムハンマド・アブドゥフ(محمد عبده、Mohammed Abduh、1849年 - 1905年7月11日)は、エジプト出身のウラマー(イスラーム法学者)でイスラーム改革思想家。アブドゥとも表記される。 イスラーム改革思想家アフガーニーの弟子であるアブドゥフは、ムハンマド・アリー朝の極端な西洋化政策を批判しつつも、西洋の技術を取り入れることとイスラームは矛盾しないと説いた。一方でイスラームの伝統に必要以上に固執する従来のウラマーの姿勢も批判し、イスラームが成立した当時の精神に立ち返って柔軟な法解釈(イジュティハード)を行うべきであるという主張を行った。 彼の唱えた近代的なイスラム主義は、中世のイスラム黄金時代のムゥタズィラ派に例えて、ネオ・ムゥタズィラ派とも呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とムハンマド・アブドゥフ · 続きを見る »

ムハンマド・ガブドゥルハイ・クルバンガリー

ムハンマド・ガブドゥルハイ・クルバンガリー(バシキール語:、トルコ語:Mehmet Abdülhay Kurbanali、ロシア語:Мухаммед Габдулхай Курбангалиев、1889年-1972年8月22日)は、ロシア出身のバシキール人政治指導者。ロシア革命時に白軍と結んで赤軍に抵抗した後、日本に亡命。日本におけるムスリムコミュニティの指導者として活躍し、東京モスクの設立にも尽力したことで知られる。.

新しい!!: 亡命とムハンマド・ガブドゥルハイ・クルバンガリー · 続きを見る »

ムラトゥ・アスタトゥケ

ムラトゥ・アスタトゥケ(アムハラ語:ሙላቱ አስታጥቄ、英語:Mulatu Astatke、フランス語:Mulatu Astatqé、1943年12月19日 - )は、エチオピアの音楽家。「エチオ・ジャズ」の生みの親として知られている。 エチオピアのジンマ市出身。ロンドン、ニューヨーク、ボストンで音楽教育を受け、ジャズとラテン・ミュージックをエチオピア伝統音楽と融合させた「エチオ・ジャズ」と呼ばれるスタイルを作り出した。 演奏楽器としては主にヴィブラフォンとコンガを演奏するが、パーカッションやキーボード、オルガンの使用など、様々な新しい要素をエチオピアのポピュラー音楽にもたらした。 作品は主にインストゥルメンタルであり、エチオピアの音楽的黄金期である70年代にリリースされたインストゥルメンタル・アルバムの3つ全てに参加している。.

新しい!!: 亡命とムラトゥ・アスタトゥケ · 続きを見る »

ムワンブツァ4世

ムワンブツァ4世(、1912年 - 1977年4月26日)は、ブルンジ王国の国王。1915年12月16日から1966年7月8日までブルンジ国王(ムワミ)の地位にあり、ブルンジがベルギーから独立した際の元首となった。.

新しい!!: 亡命とムワンブツァ4世 · 続きを見る »

メリリャ

メリリャ『コンサイス地名辞典 外国編』、三省堂、1977年7月、P1051。、メリージャ(, アラビア語: مليلة )、またはタムリット(ベルベル語:Tamlit)は、モロッコの地中海沿岸にあるスペインの飛地領。自由貿易港であり、主要な産業は漁業。.

新しい!!: 亡命とメリリャ · 続きを見る »

メルボルンの流血戦

メルボルンの流血戦(メルボルンのりゅうけつせん、"Blood In The Water" match)は、1956年のメルボルンオリンピック水球競技において12月6日に行われた、ハンガリー代表対ソビエト連邦代表の試合の通称である。 「流血」とは、乱闘の結果、ハンガリー代表のエルヴィン・ザドル選手が、右目の下を切って流血したことにちなむ。.

新しい!!: 亡命とメルボルンの流血戦 · 続きを見る »

メルティランサー

『メルティランサー』シリーズは、テンキーが開発し、イマジニアおよびコナミより発売された育成シミュレーションゲームシリーズである。ゲームの作曲はおおくまけんいち。 ラインナップは以下の通り.

新しい!!: 亡命とメルティランサー · 続きを見る »

メヒティルディス・フォン・エスターライヒ

メヒティルディス・フォン・エスターライヒ(Mechthildis Erzherzogin von Österreich, 1891年10月11日 - 1966年2月6日)は、オーストリア皇帝家の分家テシェン公爵家の公女。貴賤結婚により皇族の身分を失った。全名はメヒティルディス・マリア・クリスティーナ・レオーナ・テレジア・ロザーリア・ニコジア(Mechthildis Maria Christina Leona Theresia Rosaria Nikosia)。.

新しい!!: 亡命とメヒティルディス・フォン・エスターライヒ · 続きを見る »

メデューズ号の筏

『メデューズ号の筏』(メデューズごうのいかだ、Le Radeau de la Méduse)は1818年〜1819年、フランスロマン主義派の画家・版画家テオドール・ジェリコーによる油彩画で、フランスパリのルーブル美術館に所蔵されている。ジェリコーが27歳の時の作品であり、フランス・ロマン主義の象徴となった。本作は、大きさ 491 cm × 716 cm 、実物大の絵画で、フランス海軍のフリゲート艦メデューズ号が難破した際に起きた事件を表している。 メデューズ号は、1816年7月5日、今日のモーリタニア沖で座礁した。少なくとも147人の人々が、急ごしらえの筏で漂流しなければならなかった。そのほとんどが救出までの13日間で死亡し、生き残った15人も、飢餓、脱水、食人、狂気にさらされることになった。事件は国際的スキャンダルとなり、フランス復古王政の当局指揮下にあったフランス軍指揮官の、無能が遠因になったとされた。 ジェリコーは、依頼を受けてからこの絵を描いたのではない。最近起きたばかりの有名な悲劇的事件を、意識的に主題に選んだことで、この絵は世間の関心を大いに呼び、ジェリコーの名も世に知られるようになった"" ルーブル美術館。2008年11月19日。。 若い芸術家は事件に惹きつけられ、ジェリコーは事前に様々な事柄を調べてスケッチを繰り返し、いくつも習作を作製してから本作に取り組んだ。彼は生存者の2名に取材し、筏の精密な縮尺模型を作った。死体置き場や病院に赴き、死んだ人や死にかけた人の肌の色や質感をじかに観察した。ジェリコーが予測したように、『メデューズ号の筏』は1819年のサロン・ド・パリで激しい論争の的となり、熱のこもった賞賛と非難とを同時に巻き起こした。これによりジェリコーは国際的な名声を確立し、今日ではフランス絵画の初期ロマン派画家として広く知られている。 『メデューズ号の筏』は歴史絵画の伝統にしたがってはいるが、主題の選択とその劇的演出において、当時一般的だった新古典主義派の平静と秩序からの脱却を意味している。ジェリコーの作品は、最初の展示からすぐに広く関心を呼び、その後はロンドンでも公開された。ジェリコーが32歳で早逝すると、すぐにルーブル美術館に買い取られた。絵の影響は、ウジェーヌ・ドラクロワ、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー、ギュスターヴ・クールベ、エドゥアール・マネに見られる。 画面中央が『メデューズ号の筏』。かなり大きな作品である。.

新しい!!: 亡命とメデューズ号の筏 · 続きを見る »

メフメト6世

メフメト6世(Mehmed VI, Mehmed Vahdettin, 1861年1月14日 - 1926年5月16日)は、オスマン帝国の第36代(最後)の皇帝(在位:1918年 - 1922年)。第31代皇帝アブデュルメジト1世の子。第33代皇帝ムラト5世、第34代皇帝アブデュルハミト2世、第35代皇帝メフメト5世の弟。.

新しい!!: 亡命とメフメト6世 · 続きを見る »

メアリー・オブ・モデナ

メアリー・オブ・モデナ(1680年) メアリー・オブ・モデナ(Mary of Modena, 1658年10月5日 - 1718年5月7日)は、イングランド・スコットランド及びアイルランドの国王ジェームズ2世(スコットランド王としては7世)の王妃。父はエステ家のモデナ公アルフォンソ4世・デステ。母ラウラ・マルティノッツィはジュール・マザラン枢機卿の姪。イタリア語名はマリーア・ベアトリーチェ・エレオノーラ・アンナ・マルゲリータ・イザベッラ・デステ(Maria Beatrice Eleonora Anna Margherita Isabella d'Este)。.

新しい!!: 亡命とメアリー・オブ・モデナ · 続きを見る »

メインクーン

メインクーン(Maine Coon)は、イエネコの中でも大きな品種のひとつであり「ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)」という愛称を持つ身体的な特徴と、その賢さと遊び好きなことでも知られている。長毛種である。 一般的にニューイングランド地方メイン州が原産とされておりメイン州公認の「州猫」として認定されている。アメリカにおける最古、最大の品種であり、身体の模様や狩りの習性がアライグマ(ラクーン)に似ていることから命名されたが、実際にはアメリカ合衆国(アメリカ)の農場にいた猫と、船員により欧州から連れて来られた長毛種の猫の子孫と考えられている。.

新しい!!: 亡命とメインクーン · 続きを見る »

メキシコシティ包囲戦

メキシコシティ包囲戦は、1867年フランス第二帝政のメキシコ出兵におけるメキシコ共和国軍とメキシコ帝国軍の戦闘の一つであり。メキシコ帝国軍が籠城する首都メキシコシティをメキシコ共和国軍が包囲しこれを陥落させた。これによって1861年から続いたフランスのメキシコへの干渉は終結し、1864年に成立したフランスの傀儡国家、第2次メキシコ帝国は滅亡し1857年に成立したベニート・フアレスの自由主義派による共和国政府はメキシコの唯一かつ正統な政府として返り咲いた。1857年に始まったレフォルマ戦争を含めると足かけ10年にわたるメキシコの戦争は終結した。.

新しい!!: 亡命とメキシコシティ包囲戦 · 続きを見る »

メタルギアシリーズの登場人物

* メタルギアシリーズの登場人物では、コナミが発売しているアクションゲーム『メタルギア』シリーズに登場する架空のキャラクターについて詳細に説明する。 なお、登場作品名は略称である。.

新しい!!: 亡命とメタルギアシリーズの登場人物 · 続きを見る »

モハメド・シアド・バーレ

モハメド・シアド・バーレ(Mohammed Siad Barre、ソマリ語:Maxamed Siyaad Barre、1919年10月6日 - 1995年1月2日)は、ソマリアの政治家、軍人。第3代大統領、第13代アフリカ統一機構議長。 1969年にクーデターでシェルマルケを打倒し大統領に就任したが、1991年に反政府勢力「統一ソマリ会議」に政権を打倒され、ナイジェリアのラゴスに亡命。1995年に死去。 ライバルのエチオピアのメンギスツ・ハイレ・マリアムと同様の社会主義を掲げる軍事政権だったが、エチオピアとのオガデン戦争を契機に独裁色を強めた遠藤貢「」『アフリカの「個人支配」再考』アジア経済研究所、2006年。。.

新しい!!: 亡命とモハメド・シアド・バーレ · 続きを見る »

モルディブ民主党

モルディブ民主党(モルディブみんしゅとう、Maldivian Democratic Party)は、モルディブの政党。モルディブの民主化運動で中心となり、2008年大統領選挙では同党のモハメド・ナシードが勝利した。2015年1月現在では、国民議会野党第1党で、ナシードが党首を務めている。略称は「MDP」。.

新しい!!: 亡命とモルディブ民主党 · 続きを見る »

モントリオール宣言

モントリオール宣言(モントリオールせんげん)、正式名称レスビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの人権についてのモントリオール宣言(Declaration of Montreal on Lesbian, Gay, Bisexual and Transgender Human Rights)は、カナダのモントリオールの国際会議(第1回ワールドアウトゲームズ、2006 World Outgames)にて、2006年7月29日に議決された、LGBT並びにインターセックスの人権の確保を求めて成立した宣言である。 この国際会議には百カ国以上から約2000人の代表者が集まった。その中には中心的役割を果たしたルイーズ・アルブールのほかジェーン・ロビンソン(en:Gene Robinson)、ニュージーランドの政治家でトランスセクシャルのジョージナ・ベイアー、そして会場でこの宣言の本文を読み上げた、マルチナ・ナブラチロワとカナダの水泳選手のマーク・チュークスバリー:en:Mark Tewksburyも含まれる。この宣言は2009年のコペンハーゲンにての第2回ワールドアウトゲームズ(:en: 2009 World Outgames)を開催を予告している。この第2回ワールドアウトゲームズには続けてジョージナ・ベイアーやジョグジャカルタ原則のための専門有識者会議の参加者の万延海とその議長を務めたヴィテット・ムンターボーンも参加した。 この宣言の本文は議決後、国際連合に提出されジョグジャカルタ原則の成立の大きな要因の一つとなった。またこの宣言は以下の都市の市町村議会で採択された。.

新しい!!: 亡命とモントリオール宣言 · 続きを見る »

モンキーモデル

モンキーモデル(Monkey model)とは、兵器を他国へ輸出する際に、意図的に性能を低下させたものを指す言葉。またはオリジナルより劣化したコピー兵器の事を指す。.

新しい!!: 亡命とモンキーモデル · 続きを見る »

モン族 (Hmong)

モン族 (RPA: Hmoob/Moob) とは中国の雲貴高原、ベトナム、ラオス、タイの山岳地帯にすむ民族集団。ミャオ族の下位グループである。.

新しい!!: 亡命とモン族 (Hmong) · 続きを見る »

モニール・ファーマンファーマイアン

モニール・ファーマンファーマイアン(Monir Farmanfarmaian、1924年 - )は、イランのガラス工芸家。女性。.

新しい!!: 亡命とモニール・ファーマンファーマイアン · 続きを見る »

モホリ=ナジ・ラースロー

モホリ=ナジ・ラースロー(Moholy-Nagy László 、 、1895年『アサヒカメラ1967年8月号』p.208。7月20日 - 1946年11月24日)はユダヤ系ハンガリー人の写真家、画家、タイポグラファー、美術教育家。「モホイ」という表記も見かけるが、これは綴りに対する誤解に基づくもので正しくは「モホリ」である(#表記について参照)。本名はヴェイス・ラースロー(Weisz László )。国を越えて美術の世界で活躍して、影響を与えた。.

新しい!!: 亡命とモホリ=ナジ・ラースロー · 続きを見る »

モイーズ・チョンベ

モイーズ・カペンダ・チョンベ(Moïse Kapenda Tshombe、1919年11月10日 - 1969年6月29日)は、コンゴ民主共和国の政治家。カタンガ州の分離独立を主張してカタンガ国の初代大統領に就任し、コンゴ動乱が長引く原因を作った。.

新しい!!: 亡命とモイーズ・チョンベ · 続きを見る »

モジャーヘディーネ・ハルグ

モジャーヘディーネ・ハルグ(People's Mujahedin of Iran, PMOI、他に MEK、MKO とも。سازمان مجاهدين خلق ايران、ラテン文字転写: sāzmān-e mojāhedin-e khalq-e irān)は、イランの反体制武装組織。イスラーム社会主義を掲げ、現在のイランのイスラム共和制に基づく政権と厳しく対立している。日本語ではムジャヒディン・ハルク、イスラム人民戦士機構などと表記される場合もある。イラン公式メディアによる日本語表記はモナーフェギン(منافقین)。事実上の最高指導者であるマスウード・ラジャヴィー書記長は2003年以降、公の場に姿を見せておらずその所在は不明である。変わって妻のマルヤム・ラジャヴィー議長が表舞台で活動し、フランス・パリを拠点に欧米でのロビー活動を行っている。.

新しい!!: 亡命とモジャーヘディーネ・ハルグ · 続きを見る »

ヤン・ヴィンツェント=ロストフスキ

ヤン・ヴィンツェント=ロストフスキ(1951年4月30日イギリス・ロンドン生まれ、ヤン・ロストフスキあるいはヤツェク・ロストフスキとしても知られる)はポーランドとイギリスの二重国籍を持つ経済学者で、ポーランド共和国の前財務相(2013年11月27日退任)。マクロ経済学と金融の専門家として名を馳せており、「ヨーロッパ最高の財務相」との評判を得ている。.

新しい!!: 亡命とヤン・ヴィンツェント=ロストフスキ · 続きを見る »

ヤン・ギィユー

ヤン・ギィユー(Jan Oscar Sverre Lucien Henri Guillou ヤン・ギルーとも、1944年1月17日 - )は、スウェーデンの作家/ジャーナリストである。作品には、「カール・ハミルトン」(Carl Hamilton)という名のスパイが登場するスパイ小説やテンプル騎士団のアルン・マグヌッソン(Arn Magnusson)が登場する歴史小説3部作がある。ギィユーは作家のリサ・マークルンドや内縁の妻で出版人のアン=マリー・スカルプ(Ann-Marie Skarp)と共にスウェーデンで最大の出版社の一つであるPiratförlaget社を所有している。 ギィユーは、スウェーデンでは事件記者時代に有名になった。1973年にギィユーと同僚のペーター・ブラット(Peter Bratt)は、スウェーデンの秘密情報機関「Informationsbyrån」(IB)の存在を暴露した。現在でもギィユーはスウェーデンの夕刊タブロイド紙『アフトンブラーデット』(Aftonbladet)のコラム記者としてジャーナリスト活動を続けている。 2009年10月にタブロイド紙『エクスプレッセン』(Expressen)は、ギィユーが1967年から1972年までソビエト連邦のスパイ組織KGBの工作員として活動していたと告発した。ヤン・ギィユーはこの期間にKGBの現地工作員と数回連絡を取ったことを認め、KGBから報酬を受け取ったことを打ち明けたが、自身の目的がジャーナリスト活動のために情報を収集することであったという立場は崩さなかった。この告発はスウェーデンの公安警察(Säkerhetspolisen)が発表した書類と元KGB大佐のオレグ・ゴルディエフスキー(Oleg Gordievsky)へのインタビューに基づいていた。後の裁判で『エクスプレッセン』紙は、ギィユーがソ連のスパイであったというのは見出しと記事の誤った解釈だと主張して告発を取り消した。.

新しい!!: 亡命とヤン・ギィユー · 続きを見る »

ヤン・シュラーメク

ヤン・シュラーメク(Jan Šrámek、1870年11月8日-1956年4月22日)は、チェコスロバキアの政治家。チェコスロバキア人民党党首(1919-1938、1945-1948)。チェコスロバキア亡命政府の首相(1940-1945)。 モラヴィア地方オロモウツ近郊グリゴフ出身。チェコスロバキア建国後、革命国民議会そして下院議員となり、人民党の指導者として、連立を組む政党間の合意形成機関であるピェトカ(五党委員会)を通じた政権運営の一翼を担った。また鉄道大臣、保健体育大臣、郵政通信大臣、厚生大臣、行政法務統一相を歴任したほか、アントニーン・シュヴェフラの病気に伴い、首相代理(1928-1929)を務めた。 1939年3月のナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体後に亡命し、ロンドンに拠点を置いたチェコスロバキア亡命政府の首相となり、国家の再建に尽力した。戦後、国民戦線に参加するも、次第にチェコスロバキア共産党の影響拡大を懸念するようになった。1948年2月の共産党による政権奪取後、共産党への追従を見せる党内勢力と対立し、党首を辞任した。その後、側近のフランチシェク・ハーラとともに亡命を企図したが、失敗し、拘留生活を余儀なくされた。.

新しい!!: 亡命とヤン・シュラーメク · 続きを見る »

ヤヒヤ・ジャメ

ヤヒヤ・アブドゥル=アズィーズ・ジェムス・ジュンクング・ジャメ(Yahya Abdul-Aziz Jemus Junkung Jammeh、1965年5月25日 - )はガンビア・イスラム共和国の政治家。第2代大統領。日本の外務省のホームページでは「ヤヤ・A.J.J.・ジャメ・バビリ・マンサ大統領(H.E. Sheikh Professor Alhaji Dr.

新しい!!: 亡命とヤヒヤ・ジャメ · 続きを見る »

ヤデル・マルティ

ヤデル・マルティ・カリーリョ(Yadel Martí Carrillo, 1979年7月22日 - )は、キューバ共和国ハバナ出身のプロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。.

新しい!!: 亡命とヤデル・マルティ · 続きを見る »

ヤディル・ムヒカ

ヤディル・オレステス・ムヒカ・ディアス(Yadil Orestes Mujica Díaz, 1985年1月1日 - )は、キューバ出身の野球選手(内野手)。右投げ左打ち。.

新しい!!: 亡命とヤディル・ムヒカ · 続きを見る »

ヤクブ・ゴウォン

ヤクブ・ゴウォン(Yakubu Gowon、1934年10月19日 - )は、ナイジェリアの軍人、政治家。キリスト教徒。1966年にジョンソン・アグイイ=イロンシ政権をクーデターで倒し、東部州を激発させてビアフラ戦争を起こし、勝利したもののやがてクーデターで政権を追われた。 ゴウォンは1934年10月19日、当時北部州に属していたプラトー州で、アンガス人として生まれた。ザリアで育ったのち、1954年に21歳で軍に入隊した。1955年10月19日には少尉に昇進した。彼は1955年から1956年にはサンドハースト王立陸軍士官学校に、ついでキャンベリーのStaff Collegeに1962年に、1965年にはラティマーの統合幕僚学校に留学した。また、1960年から1961年と1963年に、コンゴ民主共和国に国連平和維持軍の一員として派遣されていた。1966年には、ゴウォンは中佐に昇進していた。 1966年1月に第1回クーデターが起こるまでのゴウォンは、政治に一切関係のない軍人に過ぎなかった。北部出身ではあったがキリスト教徒であり、北部の実権を握るフラニ人やハウサ人ではないため、東部や西部の派閥からも好意をもたれやすい安全な位置にいた。 しかしこのクーデターによって、アブバカル・タファワ・バレワ連邦首相などの指導層が一掃され、さらにクーデター派もイボ人のジョンソン・アグイイ・イロンシによって一掃された。上位の軍人が一掃されたことにより、ゴウォンはナイジェリア軍の参謀長となった。イロンシは暫定政府首班となると国内を安定させようとしたが、北部派の残党はゴウォンの下に集まり、政権の奪回を企てた。 1966年7月28日、北部勢力を中心とするクーデターが勃発し、イロンシは視察旅行中だった西部州イバダンにて殺害され、ゴウォンが変わって政権を握った。このクーデターにより軍内部の東部州・イボ人勢力は迫害されるようになり、北部のカノなどでは商業勢力として勢いを増していたイボ人に対する虐殺が起こった。一方、イボ人の本拠である東部州では軍政官チュクエメカ・オジュク中佐が軍を完全に掌握してクーデター派を寄せ付けず、ここにおいて北部と東部の対立はますます先鋭化した。北部は当初ナイジェリアからの分離独立をめざしたもののアメリカやイギリスの干渉によって断念し、かわってナイジェリアの支配権を握ることにした。これに対し、ナイジェリアの富の源泉である石油産出のほとんどを握る東部はいっそう反発を強めていった。 この緊張を和らげるため1967年1月4日から5日にかけてゴウォンとオジュク、その他最高軍事評議会のメンバーが集まってガーナのアブリにおいて会議がおこなわれたものの実効性は無く、東部には迫害を逃れて100万人を越えるイボ人の難民が流入してきた。この状況を打開するため、オジュクは州内の連邦政府の資産を接収し、石油を含む税収を州で管理することとした。これをゴウォンは認めず、1967年5月5日にはゴウォンは北部を6州、東部を3州、西部、中西部、ラゴスの12州にナイジェリアを分割することを決定し、東部の勢力を弱めようとした。これに反発したオジュクと東部は5月30日に独立宣言を発し、ビアフラ共和国を宣言。ここにビアフラ戦争が勃発した。 当初を除いてナイジェリア連邦側は優位に戦争を進めたが、ビアフラ側は頑強に抵抗した。戦争を早期に終結させるためにナイジェリアはビアフラへの輸送を遮断し、結果ビアフラでは戦死と餓死、それに病死で150万人の命が失われた。ビアフラ戦争は、オジュクが脱出しビアフラ政府が降伏した1970年1月19日に終結した。 戦争終結後、ゴウォンはイボ人へのそれ以上の迫害をおこなわず、国内融和策をとった。石油価格は上昇し、ナイジェリアに富をもたらした。これを使ってゴウォンは国内整備を進めたものの、政府内に腐敗が横行し、政府も急速に肥大化が進んだ。 1974年10月1日、ゴウォンは予定されていた1976年の民政移管は難しいと表明した。これは軍内部の穏健派に強い不満を与え、クーデターが計画された。1975年7月25日、ウガンダの首都カンパラで開かれていたアフリカ統一機構総会に出席中だったゴウォンは、ムルタラ・ムハンマドの率いるクーデター軍によって追放された。 その後ゴウォンはイギリスへと亡命し、1980年代にナイジェリアに戻った。2000年代に入ると、ゴウォンはガーナの大統領選挙のオブザーバーをつとめるなど、アフリカ政界の元勲のひとりとなっている。.

新しい!!: 亡命とヤクブ・ゴウォン · 続きを見る »

ヤコブ・ギンペル

ヤコブ・ギンペル(Jakob Gimpel, 1906年4月16日 リヴォフ - 1989年3月12日 ロサンジェルス)は、後半生にアメリカ合衆国で活躍したポーランド人のピアニスト・音楽教師。兄カロルは指揮者・ピアニストで、弟ブロニスワフは著名なヴァイオリニスト。.

新しい!!: 亡命とヤコブ・ギンペル · 続きを見る »

ヤシエル・プイグ

ヤシエル・プイグ・バルデス(Yasiel Puig Valdés, 1990年12月7日 - )は、キューバ共和国シエンフエーゴス州シエンフエーゴス出身のプロ野球選手(右翼手)。右投右打。MLB・ロサンゼルス・ドジャース所属。愛称はワイルド・ホース。.

新しい!!: 亡命とヤシエル・プイグ · 続きを見る »

ヤセール・ゴメス

ヤセール・リカルド・ゴメス・ソト(Yasser Richard Gómez Soto、1980年4月1日 - )は、キューバ出身のプロ野球選手。外野手、左投げ左打ち。キューバの国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル" のインダストリアレスに所属していた。.

新しい!!: 亡命とヤセール・ゴメス · 続きを見る »

ユネル・エスコバー

ユネル・エスコバー・アルメナレス(Yunel Escobar Almenanes, 1982年11月2日 - )は、キューバ・ハバナ出身のプロ野球選手(内野手。主に遊撃手)。右投右打。現在はフリーエージェント(FA)。.

新しい!!: 亡命とユネル・エスコバー · 続きを見る »

ユリアナ (オランダ女王)

ユリアナ(、ユリアナ・ルイーゼ・エンマ・マリー・ウィルヘルミナ・ファン・オラニエ=ナッサウ、、1909年4月30日 - 2004年3月20日)は、オランダ女王(在位:1948年9月4日 - 1980年4月30日)、メクレンブルク公女、リッペ=ビーステルフェルト公妃。.

新しい!!: 亡命とユリアナ (オランダ女王) · 続きを見る »

ユリウス・フレーベル

ユリウス・フレーベル(1848年) カール・フェルディナンド・ユリウス・フレーベル(Carl Ferdinand Julius Fröbel, 偽名 C. Junius, 1805年6月16日 - 1893年11月6日)は、ドイツの地質学者で政治家。フランクフルト国民議会の代議員で、アメリカ亡命から戻ってきたのち、新聞編集者で外交官を務めた。.

新しい!!: 亡命とユリウス・フレーベル · 続きを見る »

ユリウス・コルンゴルト

ユリウス・コルンゴルト(Julius Korngold、1860年12月24日 - 1945年9月25日)は音楽評論家で、作曲家エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトの父親。20世紀初頭のオーストリアウィーンで「新自由新報」におけるエドゥアルト・ハンスリックの後継者として活躍した。チェコ・ブリュン出身のユダヤ系。.

新しい!!: 亡命とユリウス・コルンゴルト · 続きを見る »

ユリエスキ・グリエル

ユリエスキ・グリエル・カスティーヨ(Yulieski Gourriel Castillo, 1984年6月9日 - )は、キューバ共和国サンクティ・スピリトゥス州サンクティ・スピリトゥス出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。現在はMLB・ヒューストン・アストロズに所属。愛称はエル・ユリ。 2017年よりMLBでの登録名は「ユリ・グリエル(Yuli Gurriel)」としている。.

新しい!!: 亡命とユリエスキ・グリエル · 続きを見る »

ユリオルキス・ガンボア

ユリオルキス・ガンボア・トレダーノ(Yuriorkis Gamboa Toledano、1981年12月23日 - )は、キューバのプロボクサー。グアンタナモ出身。元WBA・IBF世界フェザー級スーパー王者。元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者。元WBA世界ライト級暫定王者。アテネオリンピックフライ級金メダリスト。現在のトレーナーは父親のカルロス・ガンボア。妻と2人の子供、父親と兄弟はマイアミに一緒に住んでいるが、母親と姉妹はキューバで暮らしている。.

新しい!!: 亡命とユリオルキス・ガンボア · 続きを見る »

ユーリ・アーロノヴィチ

ユーリ・ミハイロヴィチ・アーロノヴィチ(Юрий Михайлович Аронович / Yuri Mikhaylovich Ahronovitch, 1932年5月13日 – 2002年10月31日)はソ連出身のイスラエルの指揮者。日本では、タマーシュ・ヴァーシャーリのピアノと共演したラフマニノフのピアノ協奏曲全集の録音で名高い。.

新しい!!: 亡命とユーリ・アーロノヴィチ · 続きを見る »

ユーリ・エゴロフ

ユーリー・アレクサンドロヴィチ・エゴロフ(,Youri Aleksandrovich Egorov、1954年5月28日 - 1988年4月16日)は、旧ソ連のピアニスト。.

新しい!!: 亡命とユーリ・エゴロフ · 続きを見る »

ユーリー・マルトフ

労働者階級解放闘争同盟に参加しているユーリー・マルトフ(前列右)、左隣はレーニン(1897年) ユーリー・マルトフ(Ю́лий Ма́ртов、ラテン文字転写の例:Yuliy Martov 1873年11月24日 - 1923年4月4日)はロシアの社会運動家。署名にはエリ・マルトフ Л.Мартов を用いた。本名はユーリイ・オシポヴィチ・ツェデルバウム(Ю́лий О́сипович Цедерба́ум、Yuli Osipovič Zederbaum)。.

新しい!!: 亡命とユーリー・マルトフ · 続きを見る »

ユーディト・フォン・アルトドルフ

ユーディト・フォン・アルトドルフ(Judith von Altdorf, 795Armin Koch, Kaiserin Judith: eine politische Biographie (Historische Studien 486), Husum 2005.

新しい!!: 亡命とユーディト・フォン・アルトドルフ · 続きを見る »

ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル

ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル(University of the People、略称 UoPeople、本部: アメリカ合衆国カリフォルニア州 パサデナ)は、地球上のあらゆる貧困地域、遠隔地域と高等教育機会をつなぎ、高等教育の普及による世界のよりよいコミュニティ生成を目指すことを理念とした、米国の501(c)(3)非営利の高等教育機関である。 学長は、ユダヤ系イスラエル人の起業家であるシャイ・レシェフ。アメリカ合衆国教育省(U.S.DoED), 大学単位認定審議会(CHEA), 遠距離教育単位認定委員会(DEAC)及びカリフォルニア私立高等教育局(BPPE)に認定されている。.

新しい!!: 亡命とユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル · 続きを見る »

ユニエスキ・マヤ

ユニエスキ・マヤ・メンディスーラ(Yunesky Maya Mendizula, 1981年8月28日 - )は、キューバ共和国ピナール・デル・リオ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム傘下所属。.

新しい!!: 亡命とユニエスキ・マヤ · 続きを見る »

ユニエスキー・ベタンコート

ユニエスキー・ベタンコート・ペレス(Yuniesky Betancourt Pérez, 1982年1月31日 - )は、キューバ共和国ビジャ・クララ州サンタ・クララ出身のプロ野球選手(内野手)。右投げ右打ち。現在はメキシカンリーグのユカタン・ライオンズ。.

新しい!!: 亡命とユニエスキー・ベタンコート · 続きを見る »

ユニオ・ヴァレリオ・ボルゲーゼ

ユニオ・ヴァレリオ・シピオーネ・ボルゲーゼ(Junio Valerio Scipione Borghese, 1906年6月6日 - 1974年8月26日)は、イタリア王国の軍人、貴族、政治家。第二次世界大戦中、イタリア王立海軍の提督(潜水艦)として海軍の精鋭「デチマ・マス」師団と様々な特殊作戦を展開した。ベニート・ムッソリーニが再興したイタリア社会共和国(RSI)に参加するなど熱烈なファシスト、民族主義者としても知られ、戦後はネオ・ファシズムやイタリア社会運動と繋がりを持ち、クーデター未遂事件(ロッジP2事件)などの暗躍を続けたと言われる。.

新しい!!: 亡命とユニオ・ヴァレリオ・ボルゲーゼ · 続きを見る »

ヨハン・ライドネル

ヨハン・ライドネル(Johan Laidoner、1884年2月12日 - 1953年5月13日)はエストニアの軍人。エストニア独立戦争が勃発した1918年-1920年、ならびに1924-1925年、1934-1940年にかけてのエストニア陸軍総帥。戦間期エストニア史における重要人物。.

新しい!!: 亡命とヨハン・ライドネル · 続きを見る »

ヨハン・パトクル

ヨハン・ラインハルト・フォン・パトクル ヨハン・ラインハルト・フォン・パトクル(Johann Reinhald von Patkul, 1660年7月27日 - 1707年10月10日)は、リヴォニア(スウェーデン領リヴォニア)の貴族、政治家。バルト・ドイツ人(ドイツ系エストニア人)。1699年の北方同盟結成に尽力した。 ストックホルムの獄中(父が外患罪容疑で収監中だったため)で生まれ、軍人として経験を積む。その後パトクルは政治家となり、1690年にリヴォニア代表としてスウェーデンに赴いている。この当時リヴォニアは、絶対王政を導入したスウェーデン王カール11世により、農奴制を含めた特権を剥奪されていた。この為パトクルは、1692年に嘆願書を起草し、カール11世へ提出した(嘆願書には貴族の反乱も匂わせていた)。しかしパトクルはこの為に大逆罪を宣告され、外国へ逃亡した。カール11世の改革に抵抗したパトクルは、スウェーデンと対立していたポーランド・リトアニア共和国に亡命し、ポーランド・リトアニア連合君主兼ザクセン選帝侯であるアウグスト2世の補佐官となった。野心的なアウグスト2世はパトクルの言を要れ、ロシア及びデンマークとの同盟工作が行われた。この結果三国は、1698年から秘密裏に接触、1699年に北方同盟(反スウェーデン同盟)がザクセン公国の首都ドレスデンで結ばれた。その後パトクルは、スウェーデンと対戦した大北方戦争にも従軍した。 しかし、ザクセン=ポーランド連合軍がスウェーデン軍に敗北し、1706年にアルトランシュテットの和議が結ばれると、スウェーデン軍に引き渡される事となった。カール12世は父王に犯したパトクルの大逆罪を許さず、翌1707年、パトクルはポーランドのカジミエシュ・ビスクピ(Kazimierz Biskupi)で車輪刑により処刑された。彼の処刑の模様は複数の記録によって詳述されており、処刑の際に首を刎ねろ、と哀願したが息絶えるまでは受け入れられなかったという。 Category:バルトの貴族 Category:エストニアの政治家 Category:バルト・ドイツ人 Category:大北方戦争の人物 Category:バルト帝国の人物 Category:ポーランド・リトアニア共和国の人物 Category:ストックホルム出身の人物 Category:刑死した人物 Category:1660年生 Category:1707年没.

新しい!!: 亡命とヨハン・パトクル · 続きを見る »

ヨーロッパにおける政教分離の歴史

Pierre Joseph Célestin François画 ヨーロッパにおける政教分離の歴史(ヨーロッパにおけるせいきょうぶんりのれきし)では、ヨーロッパにおける政教分離原則の成立史、すなわちヨーロッパの諸国家・政治社会と宗教(キリスト教)との関係性の歴史について叙述する。ヨーロッパにおいて、政教分離原則の成立は突発的な歴史事象としてあらわれたのではなく、長い歴史的過程のなかで徐々に進行した結果成し遂げられたものである日比野(1988)pp.270-271。したがってここでは、その成立史を、近代以前の政治社会にもさかのぼって、その国制や宗教政策を軸に、社会的背景や政治思想史・宗教思想史との関連も含めて記述し、ヨーロッパにおいて統治機構と宗教組織が分離していく過程として説明する。.

新しい!!: 亡命とヨーロッパにおける政教分離の歴史 · 続きを見る »

ヨーゼフ・シゲティ

ヨーゼフ・シゲティ(Joseph Szigeti, Szigeti József, 1892年9月5日 - 1973年2月19日)は、ハンガリー出身のヴァイオリン奏者。日本ではヨゼフ・シゲティという表記も多く見られる。ハンガリー語名で姓・名の順に呼ぶとシゲティ・ヨージェフまたはスィゲティ・ヨージェフとなる。.

新しい!!: 亡命とヨーゼフ・シゲティ · 続きを見る »

ヨアン・ペテル・クリアーノ

ヨアン・ペテル・クリアーノ(Ioan Petru Culianu, 1950年1月5日 – 1991年4月15日)はルーマニア出身の宗教学者、文化史家、思想史家、哲学者、エッセイスト、短編作家。シカゴ大学で長く神学教授として勤め、フローニンゲン大学でルーマニア文化史の講師をしていた。クリアーヌと表記されることもある。 クリアーノはグノーシス(主義)とルネサンス期の呪術を専攻し、ミルチャ・エリアーデの協力者、後継者というべき存在である。オカルト、エロス、呪術、精神、歴史の相互関係に関する独創的で影響力の大きい著書・研究書を残した。 クリアーノは1991年に暗殺されるが、その理由はルーマニアの政治を批判したためと推測されている。.

新しい!!: 亡命とヨアン・ペテル・クリアーノ · 続きを見る »

ヨエニス・セスペデス

ヨエニス・セスペデス・ミラネス(Yoenis Céspedes Milanés, 1985年10月18日 - )は、キューバ共和国グランマ州カンペチュエラ出身のプロ野球選手(左翼手)。右投右打。現在はMLB・ニューヨーク・メッツに所属している。 愛称はスペイン語でザ・パワーを意味するラ・ポテンシア。 代理人は、ラッパーのジェイ・Zが経営する。.

新しい!!: 亡命とヨエニス・セスペデス · 続きを見る »

ヨスラン・エレラ

ヨスラン・エレラ・ベンクール(Yoslan Herrera Betancourt, 1981年4月28日 - )は、キューバのピナール・デル・リオ州ピナール・デル・リオ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打で、2015年と2016年には、NPBの横浜DeNAベイスターズに所属していた。 スペイン語圏では頭文字「H」は無声音の傾向にあるが、本項選手は「ヘレアー(発音:hah-RARE-uh)」と読むのが、より近い。.

新しい!!: 亡命とヨスラン・エレラ · 続きを見る »

ヨゼフ・コウデルカ

ヨゼフ・コウデルカ(Josef Koudelka、1938年1月10日 - )はチェコスロバキア出身の写真家。ジョセフ・クーデルカとも。 ソ連軍のプラハ侵攻、いわゆるプラハの春の写真を撮り、ロバート・キャパ・ゴールドメダルを受賞したことで知られる。この時の写真はフィリップ・カウフマン監督の「存在の耐えられない軽さ」の時代考証にも使われた。 カメラは1960年代当時一番入手しやすかったことからエクサクタを愛用した。プラハ装飾美術館でディレクターをしていたアンナ・ファロバが東ドイツに旅行する際にフレクトゴン35mmF2.8の購入を頼んだが、旅先で入手できずフレクトゴン25mmF4を買って来てしまった。しかしこのフレクトゴン25mmF4によりジプシーを撮影して一躍有名になった。.

新しい!!: 亡命とヨゼフ・コウデルカ · 続きを見る »

ラマダーン革命

ラマダーン革命(2月8日革命・イラク1963年2月クーデター)は、1963年2月にバアス党イラク地域指導部とアブドッサラーム・アーリフらがアブドルカリーム・カーシム政権を打倒したクーデターである。クーデター後、バアス党のアフマド・ハサン・アル=バクルが首相となり、アブドッサラーム・アーリフが大統領となった。.

新しい!!: 亡命とラマダーン革命 · 続きを見る »

ラモン・フランコ

ラモン・フランコ・イ・バアモンデ(Ramón Franco y Bahamonde、1896年2月2日 - 1938年10月)は、スペイン・フェロル出身の軍人である。スペイン国民戦線軍の総司令官兼国家元首に就任したフランシスコ・フランコの弟で、スペインの航空のパイオニアである。 陸軍で軍人としての経歴をはじめ1914年にモロッコで働いた。1920年にスペイン空軍に転じ、1926年の大西洋横断飛行で国民的なヒーローとなった。1926年1月22日、パロス・デ・ラ・フロンテーラを出発した、プルス・ウルトラ号(ドルニエDo J)は1月26日にアルゼンチンのブエノス・アイレスに到着した。副操縦士はJulio Ruiz de Alda Miqueleizで、他にJuan Manuel DuranとPablo Radaが乗り組んだ。グラン・カナリア島、カーボベルデ、ペルナンブーコ、リオデジャネイロ、モンテビデオを経て、59時間39分の飛行で、10,270kmを飛行した。 この飛行は世界中の新聞に取り上げられ、飛行の成功後に、マドリッドのコロン広場に数千の人々が集まった。1929年に再度大西洋横断飛行を試みるが、その時は海上に墜落し、乗組員は数日後イギリス海軍の航空母艦に救助された。 ミゲル・プリモ・デ・リベーラの独裁時代には王制に反対する立場をとり、投獄されるが、脱出することができた。1930年10月、共和制支持のパイロットたちと、航空機を奪いマドリッド王宮の爆撃を企てるが成功しなかった。ポルトガルに亡命し、革命によって第二共和政が成立した後、スペインに戻った。 再び陸軍の軍人となり、航空部門の長となるが、アンダルシーアの無政府主義者の反乱に参加したことによって解雇された。バルセロナの左派共和党に加わり、政治活動に専念した。 プルス・ウルトラ号の航路 スペイン内戦が勃発した1936年7月、フランコはアメリカのスペイン大使館の空軍武官であった。政治的には左派であったが、兄がリーダーの一人であった国民戦線軍側に参加した。マヨルカ島の航空基地の隊長に任じられたが、将校たちの支持は得られなかった。1938年10月、共和国軍の地域を爆撃するための飛行の途中マヨルカ島のPollençaで水上機が墜落し死亡した。彼の飛行機の整備が充分行われなかったことによる事故であったという陰謀説もある。 Category:スペインの軍人 category:スペインのパイロット Category:航空事故死した人物 Category:スペイン内戦の人物 Category:ア・コルーニャ県出身の人物 category:1896年生 category:1938年没.

新しい!!: 亡命とラモン・フランコ · 続きを見る »

ラ・バヤデール

『ラ・バヤデール』 (La Bayadère, 「インドの舞姫」の意) は、1877年にサンクトペテルブルクで初演されたバレエ作品である。 ロシアにおける題名は 『バヤデルカ』 (Баядерка)。同じ物語で1830年にフランスでF・タリオーニ振付による 『神とバヤデール』 (Le Dieu et la bayadère) が先行して作られていたため、ロシア以外では「ラ・バヤデール」の名称が一般的となっている。.

新しい!!: 亡命とラ・バヤデール · 続きを見る »

ラフマニノフ ある愛の調べ

『ラフマニノフ ある愛の調べ』(ラフマニノフ あるあいのしらべ、、Lilacs)は、2007年のロシア・ルクセンブルク合作の伝記映画。 ロシアの作曲家・ピアニストであるセルゲイ・ラフマニノフ(1873年 - 1943年)の生涯を、3人の女性との関係を通して描いている。.

新しい!!: 亡命とラフマニノフ ある愛の調べ · 続きを見る »

ラファエル・トルヒーヨ

ラファエル・レオニダス・トルヒーヨ・モリナ(Rafael Leónidas Trujillo Molina、1891年10月24日 - 1961年5月30日)はドミニカ共和国の政治家、軍人。31年間の長期独裁体制下で個人崇拝を徹底させ、国家経済の大部分を私物化した。.

新しい!!: 亡命とラファエル・トルヒーヨ · 続きを見る »

ラファエル・アルベルティ

ラファエル・アルベルティ・メレージョ(スペイン語:Rafael Alberti Merello、1902年12月16日 - 1999年10月28日)は、スペイン・カディス出身の詩人・劇作家。27年世代のひとり。 1925年に処女詩集『陸の船乗り (es:Marinero en tierra)』を著しての最初の受賞者となった - Yahoo!百科事典、日本大百科全書、2013年3月18日閲覧。 - コトバンク、2013年3月18日閲覧。。また、1983年にセルバンテス賞を受賞した。 初期は画家を目指したが、その後詩人として文学活動をする。 アルベルティの代表作はシュルレアリスムの影響を受けた1929年に著された『天使たち』である。 1931年にスペイン共産党に入党するもののスペイン内戦が起こり、1939年にアルゼンチンやイタリアローマに亡命。スペインに帰国したのは、フランシスコ・フランコ死去後の1977年であった。 1999年10月28日、エル・プエルト・デ・サンタ・マリアで死去した。.

新しい!!: 亡命とラファエル・アルベルティ · 続きを見る »

ラファエル・クーベリック

ーベリックのサイン ラファエル・イェロニーム・クーベリック(Rafael Jeroným Kubelík, 1914年6月29日 ボヘミア - 1996年8月11日 スイス・ルツェルン)は、チェコ出身で、ドイツを中心に国際的に活躍した指揮者、作曲家。ラファエル・クベリークとも表記される。.

新しい!!: 亡命とラファエル・クーベリック · 続きを見る »

ラウル・サラン

ラウル・アルバン・ルイ・サラン(Raoul Albin Louis Salan, 1899年6月10日 - 1984年7月3日)は、フランス、タルヌ県生まれのフランス陸軍軍人。後にOASの指導者となる。 サランの軍人生活は、フランス植民地帝国の衰亡そのものであった。1924年及び1937年の間、インドシナ各地を巡った後、植民地省情報局長となる。1942年から1943年の間、特にアフリカ植民地において、ヴィシー政権側にありながら自由フランスに協力していた。その後、自由フランス軍に参加、トゥーロンの解放戦及びアルザスの戦いに参加する。1948年以降はインドシナ駐留軍勤務で、元帥の死去後、1952年1月のインドシナ極東遠征軍団司令官となる。1956年12月1日に、アルジェリア駐留軍(第10軍)司令官となりFLNを一時壊滅させた。.

新しい!!: 亡命とラウル・サラン · 続きを見る »

ラオスの歴史

ラオスの歴史(ラオスのれきし)では、ラオス人民民主共和国の歴史について記述する。.

新しい!!: 亡命とラオスの歴史 · 続きを見る »

ラガッツィ・ディ・ヴィア・パニスペルナ

ラガッツィ・ディ・ヴィア・パニスペルナ(伊:Ragazzi di via Panisperna)とは、エンリコ・フェルミが率いた若い科学者グループのこと。日本語で「パニスペルナ通りの少年達」という意味。1934年、イタリアのローマで彼らは原子炉や後の核爆弾の実現に通じる有名な高速中性子の発見に成功した。グループの名称はローマ・ラ・サピエンツァ大学物理学部のあった通りの名前からつけられた。元々この通りの名は近くの修道院パニスペルナのサンロレンツォの名から取っている。.

新しい!!: 亡命とラガッツィ・ディ・ヴィア・パニスペルナ · 続きを見る »

ラストエンペラー

『ラストエンペラー』(The Last Emperor)は、1987年公開のイタリア、中華人民共和国、イギリス合作による、清朝最後の皇帝で後に満州国皇帝となった愛新覚羅溥儀の生涯を描いた歴史映画。.

新しい!!: 亡命とラストエンペラー · 続きを見る »

ラズロ・コヴァックス

ラズロ・コヴァックス(Laszlo Kovacs, 1933年5月14日 - 2007年7月22日)は、ハンガリー出身の撮影監督。本名はハンガリー語読みでコヴァーチ・ラースロー(Kovács László, )となる。初期の頃はレスター・コヴァックス(Lester Kovacs)、またはレスリー・コヴァックス(Leslie Kovacs)とクレジットされた。.

新しい!!: 亡命とラズロ・コヴァックス · 続きを見る »

ラサロ・カルデナス

ラサロ・カルデナス・デル・リオ(Lázaro Cárdenas del Río、1895年5月21日 - 1970年10月19日)は、メキシコの政治家、大統領(任期1934年-1940年)。 ポピュリズムの先駆けとされる。1992年に発行された10新ペソ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 亡命とラサロ・カルデナス · 続きを見る »

リバン・ヘルナンデス

イスラー・リバン・ヘルナンデス・カレーラ(Eisler Liván Hernández Carrera, 1975年2月20日 - )はキューバ出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。エル・デュケことオーランド・ヘルナンデスは異母兄。.

新しい!!: 亡命とリバン・ヘルナンデス · 続きを見る »

リューリク (装甲巡洋艦・2代)

リューリク(Рю́рикъ )は、ロシア最後の装甲巡洋艦である。第一次世界大戦開戦時には、ロシア帝国海軍バルト艦隊の旗艦であった。ロシア革命後はロシア帝国から臨時政府に所有が移り、その後ロシア共和国を経てロシア・ソヴィエト共和国に保有された。 ロシア海軍では当初は一等巡洋艦(крейсер I-го ранга)に分類されたが、1907年9月27日付けの海軍艦船分類法改正で装甲巡洋艦(броненосный крейсер)、1915年7月16日の海軍艦船分類法改正で巡洋艦(крейсер)に類別を変更された。 艦名は1852年以降ロシア海軍で切れ目なく受け継がれてきた由緒ある名で、ノヴゴロド・ルーシの統治者でロシア最初の王朝の始祖とされるリューリク公に由来する。 ロシア史上、実質的に最後にして最大最強の装甲巡洋艦であり、造船技術史上は戦列巡洋艦への過渡期に当たる艦とされている。 リューリクの乗員たちを、リューリコフツィ(рюриковцы)と称した。.

新しい!!: 亡命とリューリク (装甲巡洋艦・2代) · 続きを見る »

リュクルゴス (スパルタ王)

リュクルゴス(Λυκοῦργος、Lycurgus、在位:紀元前219年-紀元前210年)は、スパルタ末期のスパルタ王である。 リュクルゴスは王家の血筋にないにもかかわらず、紀元前219年にアゲシポリス3世と共にスパルタ王に選ばれた。これによってクレオメネス3世の亡命以降混乱状態にあったスパルタは再び王政に戻った。ポリュビオスによれば、リュクルゴスが王位に就けたのは監督官への賄賂によるものである。 即位後、リュクルゴスは精力的にメッセニア、アカイア同盟、そしてその争いに介入してきたマケドニア王国と戦った。即位の年に彼はメガロポリス領のアテナイオンを包囲した。 翌紀元前218年にはメッセニア、続いてテゲアに攻め込んだが、大した成果もなく戻った。しかし、歩兵2,000と騎兵200からなるメッセニア軍がラコニアとアルゴスの境まで接近してくると、リュクルゴスはそれを迎え撃って敗走させた。彼は余勢を駆ってペロポネソスにいるマケドニア王ピリッポス5世と戦おうとし、アミュークライ(スパルタ市の南)へと向かった。そこでリュクルゴスはエウロタス川を挟んだアミュクライの対岸のメネライオンに2,000を切る兵士と共に着陣し、残りの部隊はのろしが上がれば出撃するよう指示してアミュクライに残した。北進したピリッポスは傭兵、盾兵、イリュリア人の部隊を率いて川を渡り、リュクルゴスの拠る丘に攻撃をかけた。当初ピリッポスは傭兵だけを戦わせ、この時はリュクルゴスは優勢に戦ったが、ピリッポスが次いで盾兵とイリュリア人と順次戦力を投入すると、リュクルゴスはその二倍の兵力差の前に押し潰され、敗走した。スパルタ軍は数百人の戦死者とそれを上回る捕虜を出した。 紀元前217年、彼が革命を目論んでいるという噂が広がったためリュクルゴスはアイトリアへと逃亡した。しかし、後に噂は嘘であることが判明したため、彼は呼び戻された。その後、彼はアイトリアのピュリアスと手を結び、メッセニアに同時攻撃を仕掛けようとしたが、ピュリアスが早々と敗退したために計画は失敗した。 紀元前215年、リュクルゴスは共同統治者のアゲシポリスを廃位し、単独の支配者となった。しかし、紀元前210年にリュクルゴスは王位を狙ったケファロンなる者によって殺された。しかし、ケファロンの計画は失敗したため、王位はリュクルゴスの子のペロプスとその後見人マカニダスによって継がれた。.

新しい!!: 亡命とリュクルゴス (スパルタ王) · 続きを見る »

リー・ハーヴェイ・オズワルド

リー・ハーヴェイ・オズワルド リー・ハーヴェイ・オズワルド(Lee Harvey Oswald、別名Alek J.HidellあるいはO.H. Lee、1939年10月18日 - 1963年11月24日)は、アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディ暗殺の実行犯とされている人物。ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。逮捕直後にジャック・ルビーによって暗殺される。.

新しい!!: 亡命とリー・ハーヴェイ・オズワルド · 続きを見る »

リーガ・クバーナ・デ・ベイスボル

リーガ・クバーナ・デ・ベイスボル(Liga Cubana de Béisbol, 英:Cuban Winter League)は、かつてからまでキューバに存在していた国内プロ野球リーグである。 プロ野球リーグではメジャーリーグベースボールに次いで古くに創設され、かつ長期間持続した。冬の期間に試合が行われた事から、アメリカ合衆国ではキューバン・ウィンターリーグの名称で知られていた。アフリカ系アメリカ人選手の参加も認めた事で、アメリカ本土のニグロリーグとキューバリーグの交流も盛んになった。しかし1959年にキューバ革命後はアメリカとの関係が悪化し、1961年3月にフィデル・カストロの命令により、プロ野球リーグが解散した。.

新しい!!: 亡命とリーガ・クバーナ・デ・ベイスボル · 続きを見る »

リッツ・ロンドン

リッツ・ロンドン(The Ritz London)は、イギリス・ロンドンのピカデリー通りに建つホテルである。.

新しい!!: 亡命とリッツ・ロンドン · 続きを見る »

リトアニアの歴史

リトアニアの歴史(リトアニアのれきし)では、リトアニアの歴史を述べる。また同時にリトアニア人の歴史も記述する。 「リトアニア」という語は、1009年に「Lituae」(ラテン語の属格、主格は「Litua」)と記載されたのが最も古いものである。13世紀にはリトアニア大公国が建てられ、その後、リトアニアは周辺諸国を征服、15世紀には、リトアニア大公国はヨーロッパで最大の領土をもつ国となった。16世紀にはルブリン合同によりポーランド王国と合同、ポーランド・リトアニア共和国となった。その後、18世紀末のポーランド分割によりリトアニアはロシア帝国の支配下におかれることとなる。第一次世界大戦後の1918年にリトアニアは共和国として独立。しかし第二次世界大戦中にソビエト連邦やナチス・ドイツからの侵攻を受け、リトアニア・ソビエト社会主義共和国としてソ連に編入される。1990年代に入るとリトアニアは独立を回復、2004年には欧州連合にも加盟した。.

新しい!!: 亡命とリトアニアの歴史 · 続きを見る »

リヒャルト・ベーア=ホフマン

リヒャルト・ベーア=ホフマン(ベール=ホーフマン)(Richard Beer-Hofmann, 1866年7月11日 - 1945年9月26日)はオーストリアの作家。ユダヤ系。親交のあったホーフマンスタールやヘルマン・バール、アルトゥル・シュニッツラーと並んでの一員であり、ウィーン世紀末文化的な印象主義、ユーゲントシュティールを代表する存在である。 憂愁・繊細美を特徴とするといわれ、ホーフマンスタールやシュニッツラーの作風に近いといわれる。 長編小説「ゲオルクの死(1900年)」にその傾向が端的に現れているといわれ、この作品はストーリーの発展を抑え、もっぱら主人公「私」の気分・夢・回想・内省などを様式化し、装飾的な言語で語っている。 1938年、アメリカ合衆国に亡命、ニューヨークで死去。 政治的にはシオニストの立場をとった。.

新しい!!: 亡命とリヒャルト・ベーア=ホフマン · 続きを見る »

リビア軍

リビア軍(リビアぐん)は、リビアにおける軍事組織。リビア政府の正規軍として、陸海空三軍を擁する。ムアンマル・アル=カッザーフィー旧政権の兵力は約76,000人、予備役約40,000人。.

新しい!!: 亡命とリビア軍 · 続きを見る »

リベリアの政治

リベリアの政治は共和制である。.

新しい!!: 亡命とリベリアの政治 · 続きを見る »

リオン・フォイヒトヴァンガー

フォイヒトヴァンガーの記念切手 リオン・フォイヒトヴァンガー(Lion Feuchtwanger、1884年7月7日 - 1958年12月21日)は、ヴァイマル共和国(現:ドイツ)ミュンヘン出身のドイツ系ユダヤ人小説家、劇作家。1923年に同国の劇作家、詩人、演出家のベルトルト・ブレヒトと『エドワード2世の生涯』(:en:The Life of Edward II of England)や戯曲を共著している。代表作は1925年に著された歴史小説の『ユダヤ人ジュース』(:en:Jud Süß (Feuchtwanger novel))が挙げられる。なお、『ユダヤ人ジュース』はベストセラーになり、1934年にイギリスで映画化され、その後は1940年にナチスが反ユダヤ主義に歪曲して映画化された。 1884年7月7日にヴァイマル共和国ミュンヘンにユダヤ人実業家の父の元に長男として生まれるが、シオニストであった父に反抗し、劇評や文筆活動で自立するようになる - コトバンク、2012年10月22日閲覧。。 1933年にはナチスのニュルンベルク法、ユダヤ人迫害をおそれ、フランスに亡命した後にアメリカに移り住む。フォイヒトヴァンガーはアメリカで反ファシズム運動を起こし、晩年には真剣さと娯楽性を兼備すると評価され、アメリカ、ソ連と、ドイツ国外に読者が多い小説『ゴヤ』や『エフタとその娘(:de:Jefta und seine Tochter )』を著す。 1958年12月21日、アメリカのロサンゼルスで亡くなる。.

新しい!!: 亡命とリオン・フォイヒトヴァンガー · 続きを見る »

リカルド・ヴィラロボス

リカルド・ヴィラロボス (Ricardo Villalobos、1970年 -) はチリ出身のエレクトロニック・ダンス・ミュージックを軸に活動するミュージシャン、DJである。 Perlonの看板ミュージシャンであり、テクノやハウスのスタイルの一つであるミニマルを代表する。.

新しい!!: 亡命とリカルド・ヴィラロボス · 続きを見る »

リジ・イヤス

リジ・イヤス(ゲエズ語: Lij Iyasu, 1895年2月4日 - 1935年11月25日)は、エチオピア帝国の皇帝(在位:1913年 - 1916年)。皇帝としての名はイヤス5世。「イヤス」はゲエズ語・アムハラ語で「旧約聖書」に登場するイスラエルびとの長ヨシュアのことであるなお、キリスト教とイスラム教双方で著名な「イエス(イーサー)」も同じ語源の名前であり、こちらはヨシュアのギリシャ語読み(厳密にはギリシャ語読みは「イエスス」)とアラビア語読みである。。.

新しい!!: 亡命とリジ・イヤス · 続きを見る »

ルナル・サーガ

『ルナル・サーガ』(Runal Saga)はグループSNEによる、ガープスを利用し、中世風ファンタジー世界を舞台としたテーブルトークRPGのサプリメント『ガープス・ルナル』(GURPS Runal)とそのリプレイを元にした友野詳による小説。 グループSNE所属の作家、友野詳によるリプレイのノベライズ小説など、多数の小説・ルールブック・リプレイ等が発売されており、また現在『ルナル・サーガ』の世界観を受け継ぐ『ユエル・サーガ』(Yuel Saga)のサプリメント(ルールブック)『ガープス・ユエル』(GURPS Yuel)やリプレイも発売されている。.

新しい!!: 亡命とルナル・サーガ · 続きを見る »

ルネ・レイボヴィッツ

ルネ・レイボヴィッツ(René Leibowitz, 1913年2月17日 ワルシャワ - 1972年8月29日 パリ)はポーランド出身のユダヤ系作曲家・指揮者・音楽理論家。ウィーンに留学し、亡命先のフランスを拠点に、西欧全土に新ウィーン楽派の作曲技法を伝播する上で貢献した。解釈の正当性をめぐって議論は多いが、卓越した指揮者としても活躍、伝統的なレパートリーをステレオ録音で残した。 仏語読みに準じる姓の表記はレボヴィツないしはレボヴィス、独語読みではライボヴィッツ、英語読みではリーボウィツのようになる。イスラエルの化学者 は従兄弟である。.

新しい!!: 亡命とルネ・レイボヴィッツ · 続きを見る »

ルーマニア共産党

ルーマニア共産党(ルーマニアきょうさんとう、Partidul Comunist Român)は、ルーマニアの共産主義政党。頭文字のPCRをとって「ペ・チェ・レ」と呼ばれた。1945年から1989年まで存続したルーマニア社会主義共和国の一党独裁政党である。1921年に結成され、1989年12月25日にルーマニア革命によって廃止された。.

新しい!!: 亡命とルーマニア共産党 · 続きを見る »

ルーヴル美術館

ルーヴル美術館(ルーヴルびじゅつかん、Musée du Louvre)は、パリにあるフランスの国立美術館。世界最大級の美術館(博物館)であるとともに世界最大級の史跡のひとつで、パリ中心部1区のセーヌ川の右岸に位置する。収蔵品380,000点以上。先史時代から19世紀までの様々な美術品35,000点近くが、総面積60,600平方メートルの展示場所で公開されている。世界で最も入場者数の多い美術館で、毎年800万人を超える入場者が訪れている。フランスの世界遺産であるパリのセーヌ河岸にも包括登録されている。.

新しい!!: 亡命とルーヴル美術館 · 続きを見る »

ルーホッラー・ホメイニー

アーヤトッラー・ルーホッラー・ホメイニー(آیت‌الله روح‌الله خمینی, Āyatollāh Rūhollāh Khomeinī, 1902年9月24日 - 1989年6月3日)は、イランにおけるシーア派の十二イマーム派の精神的指導者であり、政治家、法学者。1979年にパフラヴィー皇帝を国外に追放し、イスラム共和制政体を成立させたイラン革命の指導者で、以後は新生「イラン・イスラム共和国」の元首である最高指導者(師)として、同国を精神面から指導した。 「ルーホッラー・ホメイニー」は原語での発音に近いカタカナ表記で、比較的新しい表記法。日本では本人存命中から今日に至るまで、外務省や新聞・報道は一貫して「ホメイニ師」「アヤトラ・ホメイニ師」などと表記しており、死後でも一般にはこのホメイニ師の方がより広く知られている。 1000リアルから50000リアルの6種類の紙幣にその肖像を見ることができる。.

新しい!!: 亡命とルーホッラー・ホメイニー · 続きを見る »

ルース・ウィリアムズ

ルース・ウィリアムズ・カーマ(英:Ruth Williams Khama、1923年12月9日 - 2002年5月22日)は、イギリス・ロンドン出身の女性で、ボツワナ共和国初代大統領セレツェ・カーマの妻である。セレツェが大統領だった1966年から1980年の間は、同国のファーストレディを務めた。.

新しい!!: 亡命とルース・ウィリアムズ · 続きを見る »

ルース・エリス

ルース・エリス(Ruth Ellis、1926年10月9日 - 1955年7月23日)は、殺人罪で有罪判決を受けたのち、イギリスで死刑が執行された最後の女性である。 貧しい生まれから、ロンドンのナイトクラブにおけるホステス業の世界に早くから入った。彼女の短くも混沌たる人生に多くを占めたのは、その職業における上流人士らとの盛んな交際であった。 彼女が関係を持つに至った男たちのうち、既に別の女性と婚約していたレーシングドライバーのデヴィッド・ブレークリー(David Blakely)、およびイギリス空軍の退役パイロットで実業家のデズモンド・カッセン(Desmond Cussen)が事件に関係している。 1955年4月、エリスはハムステッド(Hampstead)のパブリック・ハウスの外でブレークリーを拳銃で射殺し、ただちに警察に自首した。その後の公判で彼女はブレークリー殺害の事実を認めた。法廷と独房との両方でのエリスの振る舞いは報道機関に注目された。有罪が確定した結果、彼女は同年7月、ロンドンのホロウェー刑務所(Holloway Prison)で絞首刑に処せられた。 折しもイギリスにおいて絞首刑反対の議論が強まりつつあった時期に起きたセンセーショナルな事件で、エリスの行為とそれに対する処断の是非は世間の論争を引きつけた。 魅力的なブロンドの女性殺人犯人の肖像は、1950年代のロンドンの聖像のひとつのままである。.

新しい!!: 亡命とルース・エリス · 続きを見る »

ルドルフ (オーストリア皇太子)

ルドルフ・フランツ・カール・ヨーゼフ・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(, 1858年8月21日 - 1889年1月30日)は、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の子で皇太子。ハプスブルク=ロートリンゲン家の世継ぎとして周囲に期待されたが、父帝との反目や政治的対立などから孤立し、男爵令嬢マリー・フォン・ヴェッツェラと謎の死を遂げた(「マイヤーリンク事件」)。その死については、今もなお謎に包まれている。.

新しい!!: 亡命とルドルフ (オーストリア皇太子) · 続きを見る »

ルドルフ・スラーンスキー

ーポトツキー(その左)と。ザーポトツキーの左がスラーンスキー ルドルフ・スラーンスキー(Rudolf Slánský、1901年7月31日 - 1952年12月3日)は、チェコスロバキアの政治家。チェコスロバキア共産党の書記長。.

新しい!!: 亡命とルドルフ・スラーンスキー · 続きを見る »

ルイ5世ジョゼフ (コンデ公)

ルイ5世ジョゼフ ルイ5世ジョゼフ・ド・ブルボン=コンデ(, 1736年8月9日 - 1818年5月13日)は、フランスの貴族。コンデ公。.

新しい!!: 亡命とルイ5世ジョゼフ (コンデ公) · 続きを見る »

ルイ6世アンリ (コンデ公)

ルイ6世アンリ・ジョセフ・ド・ブルボン=コンデ(Louis VI Henri Joseph de Bourbon-Condé, 1756年9月13日 - 1830年8月27日)は、フランスの貴族。初めはブルボン公で、1818年にコンデ公となる。コンデ公ルイ5世とスービーズ公シャルル・ド・ロアンの娘シャルロットの第1子として生まれる。妹はルイーズ・アデライード。 1777年の謝肉祭の仮面舞踏会で、妻のバティルド(Bathilde d'Orléans:オルレアン公ルイ・フィリップ1世の長女)が、同じく舞踏会に出席していたアルトワ伯(後のシャルル10世)の愛人の仮面を取ったところ、カッとなったアルトワ伯はバティルドの顔面を殴った。後日、父のコンデ公はアルトワ伯に謝罪請求をしたが、無視されてしまう。怒りの収まらない父に促されて、ブルボン公はアルトワ伯に決闘を申し込んだ。そして数日後、2人はブーローニュの森で剣を抜いて決闘をした。決闘自体は、途中で立会人が割って入ったので、ブルボン公の方が傷とも言えない掠り傷を負っただけで済んだ。 1787年の名士会では父と共に出席し、あらゆる改革に反対した。1788年12月2日にヴェルサイユ宮殿に参内し、アルトワ伯、父と息子のアンギャン公ルイ・アントワーヌ、同族のコンティ公ルイ・フランソワ2世と共に全国三部会の頭数による投票に反対する覚書をルイ16世に提出した。1789年にフランス革命が勃発すると父やコンティ公と共にドイツのコブレンツに亡命した。1814年にフランスへ帰国し、ルイ18世を補佐するが、1830年にサンルーの居城で死去した。全裸のまま窓のイスパニア錠で首を吊っている状態で発見されたが、足は床についていたので自殺であったかは疑わしい。 一人息子のルイ・アントワーヌは1804年にナポレオン・ボナパルト暗殺容疑で処刑されたため、ルイ6世アンリの代でブルボン=コンデ家は断絶、遺産は妻の又甥に当たるフランス王ルイ・フィリップの五男・オマール公アンリ・ドルレアンに与えられた。 Category:ブルボン公 Category:ギーズ公 Category:コンデ公 Category:アンギャン公 Category:プランス・ド・サン・ロワイヤル・フランス Category:王党派 (フランス革命) Category:復古ブルボン朝の人物 Category:自殺した人物 Category:1756年生 Category:1830年没.

新しい!!: 亡命とルイ6世アンリ (コンデ公) · 続きを見る »

ルイ・ボナパルト

ルイ・ボナパルト(Louis Bonaparte, 1778年9月2日 - 1846年7月25日)は、シャルル・マリ・ボナパルトの五男でナポレオン・ボナパルトの弟。兄によって、帝国顕官国民軍総司令官の職、ホラント王国の王位、サン=ルー伯爵の称号を与えられた。ホラント国王としての名はローデウェイク1世(フランス語の Louis はオランダ語では Lodewijk となる)。 兄のイタリア遠征やエジプト遠征に参加した。のちにリウマチにかかる。 兄の妻ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネの連れ子であるオルタンス・ド・ボアルネと結婚した。オルタンスとの間には男子3人が生まれた。.

新しい!!: 亡命とルイ・ボナパルト · 続きを見る »

ルイ・アントワーヌ・フォヴレ・ド・ブーリエンヌ

ルイ・アントワーヌ・フォヴレ・ド・ブーリエンヌ(Louis Antoine Fauvelet de Bourrienne、1769年7月19日 – 1834年2月7日)は、フランスの外交官。ナポレオン・ボナパルトの個人秘書を務めた。.

新しい!!: 亡命とルイ・アントワーヌ・フォヴレ・ド・ブーリエンヌ · 続きを見る »

ルイージ・アラマンニ

ルイージ・アラマンニ ルイージ・アラマンニ(英語:Luigi AlamanniまたはAlemanni、1495年3月6日 - 1556年4月18日)は、イタリアフィレンツェ出身で、フランスの宮廷に仕えた詩人、政治家。 アラマンニの父は当時イタリアで銀行家、政治家として権力を持っていたメディチ家を支持していたが、一方のアラマンニはメディチ家がフィレンツェを支配しようとしたため反抗し、絞首刑を宣告された。。 その後は絞首刑を逃れるためにフランスに亡命し、ヴァロワ朝第9代フランス王のフランソワ1世に仕えた。 1546年に亡命者の心情が綴られている詩『濃耕(La Coltivazione)』を著した。 1548年、フランスに伝わる古典的な物語をモデルとした騎士道に関する詩『有徳の士ジローネ(Girone il Cortese)』を著す。 1670年頃には古代ギリシアの吟遊詩人であるホメーロスの長編叙事詩『イーリアス』を真似た作品『アバルキーデ(Avarchide)』を著した。 1556年4月18日、フランスのアンボワーズで亡くなる。.

新しい!!: 亡命とルイージ・アラマンニ · 続きを見る »

ルイス・ポサダ・カリレス

ルイス・クレメンテ・ファウスティーノ・ポサダ・カリレス(Luis Clemente Faustino Posada Carriles、亡命キューバ人からはバンビとも、1928年2月15日 - 2018年5月23日)はキューバ系ベネズエラ人反共テロリストで、元アメリカ中央情報局(CIA)の工作員。.

新しい!!: 亡命とルイス・ポサダ・カリレス · 続きを見る »

ルイス・ランサナ・ベアボギ

ルイス・ランサナ・ベアボギ(Louis Lansana Beavogui、1923年12月28日 - 1984年8月19日)は、ギニア共和国の政治家。1972年から1984年まで同国の首相を務め、セク・トゥーレ大統領が在任中に亡くなった後、臨時大統領に就任した。.

新しい!!: 亡命とルイス・ランサナ・ベアボギ · 続きを見る »

ルイ=ジャン=ピエール・ヴィエロット

ルイ=ジャン=ピエール・ヴィエロット(Louis Jean Pierre Vieillot、1748年5月10日 - 1831年)は、フランスの鳥類学者である。西インド諸島や、北アメリカで過ごし、その地域の鳥類についての多くの記載を行った。.

新しい!!: 亡命とルイ=ジャン=ピエール・ヴィエロット · 続きを見る »

レネ・アロチャ

レネ・アロチャ・マガリー(René Arocha Magaly, 1966年2月24日 - )は、キューバ共和国ハバナ出身の元プロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。 スペイン語の野球サイトでは1964年生まれとなっている。.

新しい!!: 亡命とレネ・アロチャ · 続きを見る »

レバノン人女性拉致事件

レバノン人女性拉致事件(レバノンじんじょせいらちじけん)とは、1978年に北朝鮮の工作員により、レバノンから女性4人が拉致された事件である。.

新しい!!: 亡命とレバノン人女性拉致事件 · 続きを見る »

レンジェル・メニヘールト

レンジェル・メニヘールト(Lengyel Menyhért、1880年1月12日 - 1974年10月21日)は、ハンガリーの劇作家・脚本家。ハンガリー以外ではメルヒオル・レンジェル(Melchior Lengyel)の名で知られる。.

新しい!!: 亡命とレンジェル・メニヘールト · 続きを見る »

レ・ミン・ダオ

レ・ミン・ダオ(Lê Minh Đảo, 漢字: 黎明島, 1933年-)は、ベトナム共和国(南ベトナム)の軍人。最終階級は陸軍少将。ベトナム戦争の最中、第18歩兵師団長として参加したスアンロクの戦いでの戦いぶりから、「スーパーマン」(The Super Men)の渾名で知られた。現在はアメリカに在住している。.

新しい!!: 亡命とレ・ミン・ダオ · 続きを見る »

レッド・オクトーバーを追え!

『レッド・オクトーバーを追え!』(、Охота за «Красным октябрём»)は、トム・クランシーによる小説、もしくはそれを原作として1990年に製作されたアメリカ映画。.

新しい!!: 亡命とレッド・オクトーバーを追え! · 続きを見る »

レフチェンコ事件

レフチェンコ事件(レフチェンコじけん)とは、ソ連国家保安委員会(KGB)の少佐、スタニスラフ・レフチェンコによる日本国内での工作活動が暴露された事件。レフチェンコは1982年7月14日に米下院情報特別委員会の秘密聴聞会で工作活動を暴露。国内外に大きな衝撃を与えた。.

新しい!!: 亡命とレフチェンコ事件 · 続きを見る »

レフォルマ戦争

レフォルマ戦争(Guerra de Reforma)とは、19世紀のメキシコで起きた内戦のひとつ。独立後の自由主義派と保守派との間の長期にわたる内戦である。自由主義派は、伝統的なローマカトリック教会と軍事的な影響力を支配を制限し、連邦制を布くことを求めた。 保守派は教会と軍事勢力が伝統的な役割と、権力を保持しつつ中央集権的な体制、君主制さえも布くことを求めた。 アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナの亡命後の政府の統制のなか、自由主義者が教会と軍閥の勢力をはぎ取る一連の法整備を始めた時に、対立は内戦に突入した。 タクバヤの陰謀による保守派の抵抗はイグナシオ・コモンフォルト大統領を自由主義派から保守派へと鞍替えさせ、自由主義派の残党をベラクルスへ追いやった。 保守派はメキシコシティと中央メキシコを統制下においたが、残る他の地域は保守派化自由主義派かのいずれかを選んだ。 自由主義派は軍事経験に劣っていたので当初の戦闘では敗北を喫していたが、保守派軍がベラクルス攻略に二度にわたり失敗すると潮目が変わった。 1860年12月に保守派軍が降伏するまでに自由主義派軍は勝利を重ねていった。保守派軍が戦争に敗北するころには、ゲリラは数年間農村部で行動を維持する一方で、メキシコシティの保守派はフランスのナポレオン3世と共謀し、フランスのメキシコ干渉戦争のあとに、ハプスブルク家のマクシミリアン大公をメキシコ皇帝として擁立した。.

新しい!!: 亡命とレフォルマ戦争 · 続きを見る »

レイナルド・アレナス

レイナルド・アレナス(Reynaldo Arenas、1943年7月16日 - 1990年12月7日)は、キューバ出身の小説家・詩人である。.

新しい!!: 亡命とレイナルド・アレナス · 続きを見る »

レイ・オルドニェス

レイナルド・オルドニェス・ペレイラ(Reynaldo "Rey" Ordóñez Pereira, 1971年1月11日 - )は、キューバ共和国・ハバナ出身の元プロ野球選手(遊撃手)。右投右打。.

新しい!!: 亡命とレイ・オルドニェス · 続きを見る »

レオナルド・マルケス

レオナルド・マルケス(Leonardo Márquez、1820年 – 1913年)は、メキシコの軍人。 彼は米墨戦争で戦い、1849年の革命運動ではアントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナの突出した支援者となった。 独裁体制崩壊後は、マルケスはミゲル・ミラモンとフェリックス・スロアガの起こした反ベニート・フアレスの運動を支持した。 1862年に彼はフランスの大義を取り、マクシミリアン大公をメキシコ皇帝とするメキシコ帝国の設立に活発かつ重要な役割を果たした。1864年、マクシミリアンによって彼は常備陸軍の最高司令官とされ、イスタンブールに使節として派遣された。 彼は帰国した1866年にはフランス軍が撤退しており、彼はメキシコ人による帝国軍の創設に着手した。 1866年10月、マクシミリアンは彼を別働隊の司令官にし、1867年3月に、彼を政府を創設し、ケレタロを助ける軍を挙兵するためにメキシコシティに派遣した。 マルケスはミゲル・ミラモンとは絶えず意見が合わないことでよく知られていた。彼らが分かれていたときにミラモンは共和国軍への攻撃を提案したが、マルケスはこの提案には反対していた。もしかしたらミラモンがそれを示唆したからではないか。 彼はケレタロではマクシミリアンと一緒であった。しかし攻囲軍を突破し、皇帝を助けるための軍の組織のためにメキシコシティへ向かった。 これが不可能であるとわかると、彼は首都の南のプエブラに独自の政府の樹立を計画した。彼はプエブラに到達する前に敗れ、メキシコシティに戻った。そこはポルフィリオ・ディアスによって包囲されていた。 首都は6月21日に降伏し、マルケスは、数か月の雲隠れののち、ベラクルスに行きそこからキューバのハバナに亡命した。 彼は1870年の恩赦の対象からも明確に除外された。 彼は狂信的で、人命を軽視する冷血な人物で、1859年のゲリラとの勝利のあとに大量殺戮をしたことで「タクバヤの虎」とあだ名された。この事件について彼は、ミラモンの命令であったとの釈明をした。マクシミリアンは、処刑の前に一人の兵士に打ち明けている。「ケレタロで自分の捕縛の原因を作ったミゲル・アンヘル・ロペスの裏切りは許せても、大量殺戮をしたマルケスは許せない」と。.

新しい!!: 亡命とレオナルド・マルケス · 続きを見る »

レオ・レオニ

レオ・レオニ(、1910年5月5日 - 1999年10月11日)は、アメリカ合衆国、イタリアのイラストレーター、絵本作家。レオ・レオーニと表記されることもある。.

新しい!!: 亡命とレオ・レオニ · 続きを見る »

レオ・ボルヒャルト

レオ・ボルヒャルト(Leo Borchard, 1899年3月31日 – 1945年8月23日)は、ロシア出身のドイツ人指揮者。ヘルマン・シェルヘンに師事し、第二次大戦でドイツの降伏後、亡命したヴィルヘルム・フルトヴェングラーに代わり、暫定的にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任した.

新しい!!: 亡命とレオ・ボルヒャルト · 続きを見る »

レオ・ブレッヒ

レオ・ブレッヒ(Leo Blech, *1871年4月21日 アーヘン — †1958年8月25日 ベルリン)はドイツの作曲家・指揮者。.

新しい!!: 亡命とレオ・ブレッヒ · 続きを見る »

レオニード・サバネーエフ

レオニード・レオニードヴィチ・サバネーエフ(Леони́д Леони́дович Сабане́ев / Leonid Leonidovich Sabaneev, 1881年10月1日 - 1968年5月3日)は、ロシア人音楽評論家・音楽学者・作曲家。1926年に西側に亡命した。姓のラテン文字転写については、Sabaneyevなどとする場合もある。.

新しい!!: 亡命とレオニード・サバネーエフ · 続きを見る »

レオニダス2世

レオニダス2世(Λεωνίδας Β'、ラテン文字転記:Leonidas II、紀元前315年 - 紀元前235年、在位:紀元前254年 - 紀元前240年/紀元前240年 - 紀元前235年)はアギス朝のスパルタ王である。 レオニダス2世はクレオメネス2世の孫で、王にならなかったクレオニュモスの息子である。レオニダスは成人に達していなかったアレウス2世の後見人を務め、その死後には老齢にもかかわらずその王位を継いだ。 王位につく前、長らくセレウコス朝シリアのセレウコス2世に仕え、オリエント式の習俗を身につけていたレオニダスは質実剛健を旨とするリュクルゴス制度からの市民の逸脱を黙認し、富裕者の味方だった。そして、彼は共同統治者のエウリュポン朝の王アギス4世の貧困にあえぐ市民のための改革に反対した。そこでアギス派の監督官であったリュサンドロスは、異国で育てられ、異国の妻を娶っていたレオニダスを「ヘラクレスの子孫たるスパルタ市民は異国の女との間に子を儲けるべからず、またスパルタより異国に移住したる者は殺害すべし」という古い法律、レオニダスが父の前でスパルタを破滅させるという誓いを立てたことを持ち出して弾劾した。レオニダスはアテナ神殿に逃げ込んだものの、有罪判決を受けて王位を追われ、紀元前240年にアルカディアに亡命した。王位にはレオニダス娘婿クレオンブロトス2世が登った。しかし、この時アギスはレオニダスの命を奪おうとはせず、これが後のアギスの破滅に繋がった。 その後、監督官のアゲシラオスの助力によって帰国したレオニダスはアギスとクレオンブロトスへの復讐に取り掛かった。まず娘の懇願に負けて命は奪わなかったもののクレオンブロトスを追放し、アギスを捕らえてその祖母と母もろとも処刑し、自らは復位した。また、アギスの妻アギアティスは多額の財産とずば抜けた美貌を誇っていたので、レオミダスは無理矢理自らの息子クレオメネス3世と結婚させた。次代の王にはクレオメネス3世が就いた。.

新しい!!: 亡命とレオニダス2世 · 続きを見る »

レオニス・マーティン

レオニス・マーティン・タパネス(Leonys Martín Tapanes, 1988年3月6日 - )は、キューバのビジャ・クララ州出身のプロ野球選手(中堅手)。右投左打。MLB・デトロイト・タイガース所属。.

新しい!!: 亡命とレオニス・マーティン · 続きを見る »

レコーディング芸術科学ラテン・アカデミー・パーソン・オブ・ザ・イヤー

レコーディング芸術科学ラテン・アカデミー・パーソン・オブ・ザ・イヤー(Latin Recording Academy Person of the Year)は、年に一度、ラテン・グラミー賞を発表するのと同じ団体であるレコーディング芸術科学ラテン・アカデミーがラテン音楽産業において傑出した実績をあげたミュージシャン及び慈善活動での多大な芸術的献身を成し遂げたミュージシャンを賞賛する為に贈呈する賞である。 ちなみに、ここで言う、ラテン音楽とは、ラテンアメリカ圏を意味するのではなく、世界中のスペイン語圏及びポルトガル語圏のコミュニティでの音楽を意味し、ラテンアメリカ、スペイン、ポルトガル、そしてアメリカ合衆国も含む文化圏での音楽を指し、更にはラテンアメリカ圏出身でフランス、ドイツ等に亡命他の理由で移民移住したような人々のコミュニティ及び、そのようなフランス等を拠点に活動するスペイン語圏のアーティストも存在するので、ラテンアメリカまたはイベロアメリカと呼ばれる地域よりも更に広範囲な地域での音楽ということになる。 受賞者は、毎年恒例のラテン・グラミー賞受賞式典に先立ち、様々な祝祭的特別行事が開催される「ラテン・グラミー週間(Latin Grammy Week)」の期間中に賞を授与される。 同賞の初の受賞者は、キューバ系アメリカ人ミュージシャンで音楽プロデューサーのエミリオ・エステファン(Emilio Estefan)で、ラテン音楽に対する世間一般の人々の認知度を高めることに貢献した、という理由で2000年に授与された。 ちなみに、その8年後の2008年、彼の妻で、日本でも「グロリア・エステファン&ザ・マイアミ・サウンド・シーン」として知名度の高い歌手であるグロリア・エステファンが同賞の初の女性受賞者となった。 グロリア・エステファンは、それ以前の1994年にもグラミー賞を発表する団体ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンスによる同賞と類似の賞ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤーの受賞歴がある。 2000年以来続く同賞の受賞者は、多民族多言語文化なラテン・カルチャーを反映し、受賞者の国籍が多岐に渡るだけでなく、2〜4つ等複数の国籍を持ち幅広く世界で活躍するミュージシャンも多く含まれているのが1つの特徴である。.

新しい!!: 亡命とレコーディング芸術科学ラテン・アカデミー・パーソン・オブ・ザ・イヤー · 続きを見る »

レザー・パフラヴィー

レザー・シャー・パフラヴィー(、1878年3月16日 - 1944年7月26日)は、パフラヴィー朝イランの初代皇帝(在位:1925年12月15日 - 1941年9月16日)。即位前はレザー・ハーンと称された。レザーの名は第8代イマームのアリー・リダーに由来し、アラビア語や前近代ペルシア語ではリダー・ハーンと発音される。 1960年まで発行されていた複数のイラン・リヤル紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 亡命とレザー・パフラヴィー · 続きを見る »

レスリー・アンダーソン

レスリー・アンダーソン・ステフェス(Leslie Anderson Stephes, 1982年3月30日 - )は、キューバ共和国カマグエイ州カマグエイ出身のプロ野球選手(外野手、一塁手)。左投左打。現在はメキシカンリーグのレオン・ブラボーズ所属。.

新しい!!: 亡命とレスリー・アンダーソン · 続きを見る »

ロマン・ローゼン

マン・ローゼン ロマン・ロマノヴィッチ・ローゼン男爵(、Roman Romanovitch Rosen、1847年2月24日 - 1921年12月31日)は、帝政ロシアの外交官。日露戦争時の駐日ロシア公使、駐米大使。 ローゼン家は、代々音楽家や軍人を輩出してきたバルト・ドイツ系ロシア貴族の家系で、1812年ボロジノの戦いでアストラハンスキー連隊を率いて戦ったことがバルクライ・ド・トーリ将軍配下のボロージン少将の公式報告書に記載されている。1905年7月5日付けのワシントンポスト紙はレポートの中でローゼン家が、スウェーデンに起源を持つことを紹介している。 ローゼンはロシア外務省に入省し、外交官として在外公館に赴任し、公使として日本およびアメリカ合衆国に赴任した。駐日公使としては、1897年から1898年、間をおいて1902年から1904年まで着任し、日露戦争開戦前夜に日本側と交渉に当たっている。ローゼン自身は、戦争回避の立場に立っていたとされるが、皇帝ニコライ2世および本国政府の訓令に従い、対日交渉は強硬なものとあった。ポーツマス講和会議では、ロシア側全権代表となったセルゲイ・ウィッテを補佐し、日本側と交渉に当たった。その後、司法大臣としてシベリアにおける司法制度を改革した。また、国家評議会議員となった。 1917年のロシア革命勃発後はスウェーデンを経てアメリカ合衆国に亡命し、ヨーロッパの外交と政治について、アメリカのサタデー・イブニング・ポスト紙に評論を載せ、これは後に1919年から1921年に『外交官生活40年』のタイトルで出版された。1921年にニューヨークで交通事故死した。 彼の家系はフランスの元帥、オーストリアの陸軍元帥を輩出している。.

新しい!!: 亡命とロマン・ローゼン · 続きを見る »

ロバート・ムガベ

バート・ガブリエル・ムガベ(Robert Gabriel Mugabe、1924年2月21日 - )は、ジンバブエの政治家。学位は法学修士、理学修士(経済学専攻)。Mugabeという姓の発音はショナ語では「ムガベ」だが、英語では「ムガビ」のようにも発音する。 ジンバブエ首相(初代)、大統領(第2代)、アフリカ統一機構議長(第35代)、アフリカ連合議長(第13代)、ジンバブエ・アフリカ民族同盟代表、ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線代表(初代)などを歴任した。1980年に首相に就任して以来、37年間に亘ってジンバブエに君臨したが、国防軍にクーデターを起こされ、2017年11月21日に大統領を辞任した。.

新しい!!: 亡命とロバート・ムガベ · 続きを見る »

ロバート・モリソン (植物学者)

バート・モリソン(Robert Morison、1620年 – 1683年11月10日)は、スコットランドの植物学者、分類学者である。イギリスにおける植物分類学のパイオニアであるOliver, Francis Wall (1913).

新しい!!: 亡命とロバート・モリソン (植物学者) · 続きを見る »

ローマン・ハウベンシュトック=ラマティ

ーマン・ハウベンシュトック=ラマティ(Roman Haubenstock-Ramati, 1919年2月17日 - 1994年3月3日)はポーランド出身でオーストリア(ウィーン)に没した現代音楽の作曲家。ユダヤ系。.

新しい!!: 亡命とローマン・ハウベンシュトック=ラマティ · 続きを見る »

ローランド・アローホ

ルイス・ローランド・アローホ・アビラ(Luis Rolando Arrojo Avila, 1968年7月18日 - )は、キューバ共和国ビジャ・クララ州サン・ホアン・デ・ロス・イエラス出身の元プロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。.

新しい!!: 亡命とローランド・アローホ · 続きを見る »

ロードレース世界選手権の歴史

ードレース世界選手権の歴史(ロードレースせかいせんしゅけんのれきし)では、ロードレース世界選手権(WGP/MotoGP)の歴史などについて書き記す。.

新しい!!: 亡命とロードレース世界選手権の歴史 · 続きを見る »

ロードレース世界選手権の沿革

ードレース世界選手権の沿革(ロードレースせかいせんしゅけんのえんかく)では、ロードレース世界選手権(WGP/MotoGP)の沿革などについて書き記す。.

新しい!!: 亡命とロードレース世界選手権の沿革 · 続きを見る »

ロッジP2

ッジP2(Loggia P2、正式名称:Propaganda Due)は、イタリアに拠点を置くフリーメイソンのグランド・ロッジ「」傘下で活動していたロッジである。メンバーの違法行為を問われ1976年にフリーメイソンのロッジとしての承認を取り消された後も、元メンバーにより秘密結社的な存在として運営されていた。.

新しい!!: 亡命とロッジP2 · 続きを見る »

ロベルト・ファリナッチ

1940年、ロベルト・ファリナッチ ロベルト・ファリナッチ(Roberto Farinacci、1892年10月16日 - 1945年4月28日)は、イタリア王国の政治家。ファシスト党の機関紙や新聞、雑誌など広報関係の責任者で反ユダヤ主義、親ナチス・ドイツのタカ派でムッソリーニに批判的だった。.

新しい!!: 亡命とロベルト・ファリナッチ · 続きを見る »

ロベール・カサドシュ

ベール・カサドシュ(Robert Casadesus, 1899年4月7日 - 1972年9月19日)はフランスのピアニスト・作曲家。日本語ではカサドシュスの表記も見られる。 パリの音楽家一族に生まれる。パリ音楽院でルイ・ディエメに師事して、1913年に首席を、1920年にはディエメ賞を獲得。1921年にピアニストのギャビー夫人と結婚した。1922年からラヴェルと協同してピアノロールへの録音を行い、フランスやスペイン、英国でもラヴェルと共演した。 独奏者として五大陸に現れ、頻繁にギャビー夫人と演奏し、また録音したLP「ラヴェル ピアノ曲全集Ⅰ」(ロベール・カザドシュおよびギャビー・カザドシュ、1984年、CBS/SONY)ライナーノーツ(小石忠男)。門人にモニク・アースやクロード・エルフェがいる。1935年からフォンテーヌブローのアメリカ音楽院で教鞭を執り、第二次世界大戦中は米国に亡命した。戦後は1950年に帰国し、1952年までアメリカ音楽院の院長となった。 カサドシュの演奏様式は古典的で、抑制が効いている。ラヴェル作品のほか、ジノ・フランチェスカッティとの共演によるベートーヴェンの「ピアノとヴァイオリンのためのソナタ」の録音は評価が高い。中でも「クロイツェル・ソナタ」の演奏風景は映像化され、近年DVDにも復刻された。自作の録音でもフランチェスカッティと共演した。 カサドシュは、ギャビー夫人と息子ジャンとの共演により、モーツァルトの《2台ピアノのための協奏曲》や《3台ピアノのための協奏曲》も録音した。協奏的作品の録音は、ダンディの《フランス山人の歌による交響曲》やラヴェルの協奏曲もあり、それらはコロンビア交響楽団や、ジョージ・セル指揮によるクリーヴランド管弦楽団、ユージン・オーマンディ指揮のフィラデルフィア管弦楽団との共演によって行った。カイルベルト指揮バイエルン放送交響楽団との共演による最晩年のライブ録音も、近年になって復刻された。 作曲家としては7曲の交響曲、3曲のピアノ協奏曲、多数の室内楽曲などを残している。.

新しい!!: 亡命とロベール・カサドシュ · 続きを見る »

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

マーク コンセルトヘボウ コンセルトヘボウ ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(ロイヤル・コンセルトヘボウかんげんがくだん、Koninklijk Concertgebouworkest コーニンクレイク・コンセルトヘバウ・オルケスト)は、オランダ・アムステルダムに本拠を置くオーケストラである。オランダ語における略称は KCO であるが、英語表記のRoyal Concertgebouw Orchestraの頭文字を取って RCO と表記される事もある。旧称アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団。.

新しい!!: 亡命とロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 · 続きを見る »

ロザリー・ラ・モリエール

リー・ラ・モリエール(Rosalie La Morlière:1763年頃 - ?)は、池田理代子の漫画『ベルサイユのばら』及び『栄光のナポレオン-エロイカ』に登場する架空の人物。 フランス王妃マリー・アントワネットがコンシェルジェリー牢獄に収容された際に死刑執行直前まで世話をし、獄中での王妃について手記を残したという未婚の母で文盲の女中がおり、この人物に着想を得て池田が創作した。.

新しい!!: 亡命とロザリー・ラ・モリエール · 続きを見る »

ロシア帝国下のグルジア

ア領カフカースの地図、1882年 ロシア帝国内グルジア王国の紋章 グルジアは1801年から1918年まで、ロシア帝国の一部であった。イスラム教国のオスマン帝国とペルシア帝国は近世を通して、グルジアの分裂した諸王国と公国をめぐって争ったが、18世紀にはロシアもその争いに加わった。グルジアと同じく、ロシアも正教国だったため、グルジアはだんだんロシアの助けを求めるようになった。1783年、グルジア諸国のうち最大のカルトリ王国がに署名してロシアの保護国になり、ペルシアの宗主権を否定したが、予想外の一連の事件により、グルジアは1801年にロシアに併合され、ロシアの県に成り下がった()。 その後117年間、グルジアはロシア帝国の一部であり続けた。ロシアの統治はグルジアを外敵から守りはしたが、圧政に走ることも多く、現地人の訴えには鈍かった。19世紀末期には帝政に対する不満により民族運動が活発になった。しかし、ロシア帝政期はグルジアの社会と経済に空前の変化をもたらした。農奴解放令により多くの小作農が解放されたが、彼らを窮困から救い出すことはなかった。資本主義の発展でグルジアに都会の労働者階級が現れた。小作農と労働者はその不満を反乱やストライキで訴え、その結果が1905年のロシア第一革命であった。社会主義者であったメンシェヴィキは彼らの訴えを擁護、帝政末期にはグルジアにおける政治を支配した。グルジアは1918年に独立を勝ち取ったが、それは民族主義者や社会主義者の努力というより、第一次世界大戦におけるロシア帝国の崩壊がその主因であった。.

新しい!!: 亡命とロシア帝国下のグルジア · 続きを見る »

ロシア内戦

ア内戦(ロシアないせん、ロシア語:Гражданская война в России グラジュダーンスカヤ・ヴァイナー・ヴラスィーイ)は、1917年から1922年にかけて旧ロシア帝国領で争われた内戦である。 1917年のロシア革命後に成立したボリシェヴィキ政府は、1918年3月にドイツとブレスト=リトフスク条約を締結した。この講和条約はロシア連邦共和国にとって苦渋の選択だった。2月に開始されたドイツ軍の進撃を食い止めることができなかったボリシェヴィキは、現在のバルト三国、ベラルーシ、ウクライナにあたる広大な領域をドイツに割譲しなければならなかった。 ロシアに極めて厳しい条件を課したこの条約に刺激され、ロシアの内外で反ボリシェヴィキ運動が活発化し始めた。このようにして発生した内戦の多くは1920年までに終結したが、1922年に至るまで大規模な反乱・蜂起が散発している。シベリア沿海州における白軍政権の崩壊をもって内戦は終結した。 ソビエト連邦の歴史学では、慣習的にロシアという言葉を用いず、1917年から1922年にかけての内乱、国内戦、諸外国による軍事干渉といった用語を用いていた。これは、舞台となった地域の大半がその後ソ連領となったこと、ポーランド・ソ連戦争やウクライナにおける民族運動、バスマチ運動、中央アジアにおける列強の干渉を含む為である。.

新しい!!: 亡命とロシア内戦 · 続きを見る »

ロシア正教会の歴史

ア正教会の歴史では、ロシア正教会の歴史を扱う。.

新しい!!: 亡命とロシア正教会の歴史 · 続きを見る »

ロタール・ビスキー

タール・ビスキー(Lothar Bisky、1941年8月17日 - )は、ドイツの政治家。左翼党所属。左翼党の前身である左翼党-民主社会党(Die Linke PDS)の議長(党首)を務めた。 ポンメルンのランメルスベルク(現在のポーランド領ミアストコ)出身。第二次世界大戦後、西ドイツに移るが、その生活は極めて貧しかった。18歳のとき、東ドイツに亡命。1963年には共産党であるドイツ社会主義統一党に入党した。しかし社会主義体制崩壊と党内保守派の失墜までは目立った存在では無かった。1986年から1990年まで映像・テレビ大学(ポツダム・バーベルスベルク大学)学長や地域テレビ放送局ORBの取締役などを務めていた。 1990年ブランデンブルク州議会議員、人民議会議員に選出される。東西ドイツ統一後は、1993年に社会主義統一党の後身である民主社会党議長(党首)に選出される。2000年に議長を辞任するが、2003年に再び議長となる。党内では穏健な社会主義者と目され、初代党議長などを歴任したグレゴール・ギジとは政治的盟友である。2005年総選挙後、連邦議会副議長候補に指名されたが、過去にシュタージ(東ドイツ国家保安省)の情報提供者であったと取りざたされ(ビスキー自身はこれを否定)、副議長に就くことを断念した。現在はヨーロッパの左派政党国際組織、欧州左翼党の議長(代表)を務めている。.

新しい!!: 亡命とロタール・ビスキー · 続きを見る »

ワルター・ゲール

ワルター・ゲールもしくはワルター・ゲーア(Walter Goehr, 1903年5月28日 ベルリン - 1960年12月4日 英国シェフィールド)は、ドイツ出身のユダヤ系作曲家。 同じくユダヤ系のアルノルト・シェーンベルクの門弟の一人で、英国の作曲家アレクサンダー・ゲールの父。 後にユダヤ系という理由でナチスの弾圧を避けるために英国に亡命した後、指揮者として永らく活動した。 1931年に完成された最初の成功作《マルポピータ Malpopita》は、放送向けに作曲された。最初の生演奏は、2004年5月6日にベルリンで行われたという。指揮者としては、協奏曲における伴奏指揮者として知られたほか、ロシア音楽を中心に国民楽派的な作品を得意とした。また、ラヴェルに先駆けて《展覧会の絵》のオーケストレーションを試みた一人としても知られている。.

新しい!!: 亡命とワルター・ゲール · 続きを見る »

ワレリー・アファナシエフ

ワレリー・パヴロヴィチ・アファナシエフ(Валерий Павлович Афанасьев、ラテン文字転写例: Valery Afanassiev、1947年9月8日 - )はロシアのピアニスト、詩人・作家である。日本ではvの子音を正確に反映させてヴァレリー・アファナシエフと表記されることも多い。ときにバレリー・アファナシエフという表記も見られる。.

新しい!!: 亡命とワレリー・アファナシエフ · 続きを見る »

ワンチュク・ナムゲル

ワンチュク・テンジン・ナムゲル(1953年4月1日 - )は、シッキム王国(ナムゲル王朝)の第12代国王であるパルデン・トンドゥプ・ナムゲルの第2王子。シッキムの王制は1975年に国民投票で廃止され、王国そのものも保護国であったインドに併合されて滅亡したが、現在もワンチュク・ナムゲルは亡命先のアメリカで第13代シッキム国王を称している。 --> Category:王位請求者 Category:インドの亡命者 Category:シッキム州出身の人物 Category:1953年生 Category:存命人物.

新しい!!: 亡命とワンチュク・ナムゲル · 続きを見る »

ワールドシリーズとワールド・ベースボール・クラシックの両方で優勝を経験した選手一覧

この項目は、野球においてその名にWorld(世界)と冠するふたつの大会――世界最大のプロ野球リーグであるメジャーリーグベースボール(MLB)の優勝決定戦ワールドシリーズ(World Series)と、ナショナルチームによる世界選手権ワールド・ベースボール・クラシック(World Baseball Classic, WBC)――の両方で優勝を経験した選手を一覧にしたものである。ここでいう "優勝を経験" とは、それぞれの大会において出場選手登録(ロースター)に名を連ねた状態で所属チームが優勝したことを指す。よって、試合出場の有無は条件に含めていない。 両大会制覇を達成しうる選手は、3月以降に現役であり、かつMLB経験を有する者に限られる。2017年のワールドシリーズ終了時点で、この両大会制覇を経験した選手は15人である。.

新しい!!: 亡命とワールドシリーズとワールド・ベースボール・クラシックの両方で優勝を経験した選手一覧 · 続きを見る »

ワッハーブ派

ワッハーブ派(وهابية, 、Wahhabism)は、18世紀にアラビア半島内陸のナジュドに起こったイスラム教の改革運動による宗派である。宗派としてはスンナ派に属するが、その下位宗派に数えられる場合もある。法学的には、イスラム法学派のうち厳格なことで知られるハンバル派に属する。.

新しい!!: 亡命とワッハーブ派 · 続きを見る »

ワイアット・アル・フセッシーニ

ワイアット・アル・フセッシーニは、 パレスチナのエッセイスト、作家、ブロガーである。 2010年10月、パレスチナ自治政府は、Facebookやブログの記事でイスラム教徒を侮辱したとして逮捕した。 彼の逮捕は国際的な注目を集めた。 彼は後に逃亡をしてフランスへ渡り亡命を成功させた。 2013年には、フランスのイスラム教徒協議会を設立し、2015年には彼の最初の本を出版した。.

新しい!!: 亡命とワイアット・アル・フセッシーニ · 続きを見る »

ワシリー・ミトロヒン

ワシリー・ミトロヒン(Vasili Nikitich Mitrokhin 1922年3月3日 - 2004年1月23日)は、元ソビエト連邦のソ連国家保安委員会(KGB)の元幹部要員である。ソ連崩壊後の1992年4月に大量の旧KGBの極秘文書とともにイギリスに亡命した。これらの極秘文書は後にケンブリッジ大学の教授クリストファー・アンドリューと共に分析しMitrokhin Archives(ミトロヒン文書)として発表された。この文書には、旧KGBが西側諸国で行っていたスパイ行為が赤裸々に綴られており、西側諸国に衝撃を与えた。.

新しい!!: 亡命とワシリー・ミトロヒン · 続きを見る »

ワシリー・サペルニコフ

ヴァシリー・リヴォヴィチ・サペルニコフ(Vassily L'vovich Sapelnikov (Василий Львович Сапельников), 1867年11月2日 - 1941年3月17日 サンレモ)はロシアのピアニスト・作曲家。英語圏では Wassily Sapellnikoff の表記で知られる。 ウクライナのオデッサに生まれる。ペテルブルク音楽院にてルイ・ブラッサンに師事するが、ブラッサンの没後はゾフィー・メンターとアナトーリ・リャードフに師事した。 1888年から1889年までピョートル・チャイコフスキーに同行して、ドイツやフランス、イギリスで演奏旅行を行う。1889年にハンブルクにデビューした際には、チャイコフスキー自身の指揮で《ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調》を演奏している。西欧で売出し中の演奏会ピアニストにとって幸先の良いことに、この演奏会は大成功に終わった。またサペルニコフは、ロンドンでこの協奏曲のイングランド初演も成功させた。引き続きヨーロッパ各地で旅するヴィルトゥオーゾとして演奏旅行を行なって一目置かれた引く手あまたのピアニストとなり、時おり指揮者としても活動した。1897年から1899年までモスクワ音楽院ピアノ科教授に就任。門人にニコライ・メトネルがいる。 1910年には、ウェルテ・ミニョン社の自動演奏ピアノに12曲を吹き込んだが、うち半数は自作であった。 1912年ごろから第一次世界大戦までライプツィヒに移住し、その後はミュンヘンやベルリンに過ごしてから、1916年から1922年までオデッサに戻る。1923年にソ連を去ってドイツに、その後はイタリアに亡命した。 サペルニコフは、チャイコフスキーの愛人の一人であった。.

新しい!!: 亡命とワシリー・サペルニコフ · 続きを見る »

ンタレ5世

ンタレ5世(、1947年12月2日 - 1972年4月29日)は、ブルンジ王国の国王。ツチ人。王位につくまではシャルル・ンディゼイェ()王子として知られていた。1966年7月から11月までブルンジ国王の座についていたが、クーデターによってその地位を追われブルンジ最後の国王となった。.

新しい!!: 亡命とンタレ5世 · 続きを見る »

ヴラジーミル・ヴィソツキー

ア切手 ヴラジーミル・ヴィソツキー, 1999年 ヴラジミール・セミョーノヴィチ・ヴィソツキー(ロシア語:Владимир Семёнович Высоцкийヴラヂーミル・シミョーナヴィチュ・ヴィソーツキイ、1938年1月25日 - 1980年7月25日)は、ソ連の詩人、俳優、シンガーソングライターである。 日本語では、ウラジミール・ヴィソツキーやビソツキー、ヴィソーツキイとも表記される。.

新しい!!: 亡命とヴラジーミル・ヴィソツキー · 続きを見る »

ヴワディスワフ1世ヘルマン

ヴワディスワフ1世ヘルマン(Władysław I Herman, 1043年 - 1102年6月4日)は、ポーランド公。カジミェシュ1世と王妃マリア・ドブロニエジェの次男として生まれた。兄のポーランド王ボレスワフ2世が亡命を余儀なくされたあと、神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世の支援を受けて公位に就いた。.

新しい!!: 亡命とヴワディスワフ1世ヘルマン · 続きを見る »

ヴワディスワフ・シコルスキ

ヴワディスワフ・エウゲニウシュ・シコルスキ(Władysław Eugeniusz Sikorski、1881年5月20日 - 1943年7月4日)は、ポーランドの政治家、軍人。ポーランド・ソビエト戦争時の「ヴィスワ川の奇跡」の立役者。戦前と第二次世界大戦中の亡命政権で首相を務める。 ソ連を撃退し世界中に名を馳せた名将でありながら、いっぽうで一貫した民主主義者かつ社会的な自由主義者で、あらゆる急進主義に反対した。ピウスツキとも対立し、他の穏健主義者と共にモルジュ戦線を立ち上げ、ポーランドの民主主義と穏健主義の伝統を守ろうと奔走した。 シコルスキの政治的ゴールは、ポーランド・チェコスロバキア連合国(en)から始る中・東欧連合( Central and Eastern European federation、Międzymorze)だった。 Międzymorzeの中・東欧連合に参加招待された国は、バルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)、フィンランド、ベラルーシ、ウクライナ、ハンガリー、ルーマニア、ユーゴスラビア、チェコスロバキア。.

新しい!!: 亡命とヴワディスワフ・シコルスキ · 続きを見る »

ヴァルヴァラ・レプチェンコ

ヴァルヴァラ・ペトロフナ・レプチェンコ (Варвара Петровна Лепченко、1986年5月21日-) は、ウズベキスタン・タシュケント出身の女子プロテニス選手。WTAランキング自己最高位はシングルス19位、ダブルス66位。身長180cm、体重72kg。左利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。元々は出生国のウズベキスタン国籍で活動していたが、2007年9月から政治亡命先のアメリカ国籍に変更して活動している人物である。.

新しい!!: 亡命とヴァルヴァラ・レプチェンコ · 続きを見る »

ヴァルター・シェレンベルク

ヴァルター・フリードリヒ・シェレンベルク(Walter Friedrich Schellenberg, 1910年1月16日 - 1952年3月31日)は、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の組織親衛隊(SS)の情報機関SDの国外諜報局局長を務めた人物。最終階級は親衛隊少将兼警察少将 (Generalmajor der Polizei)。.

新しい!!: 亡命とヴァルター・シェレンベルク · 続きを見る »

ヴァレリー・ジスカール・デスタン

ヴァレリー・マリー・ルネ・ジョルジュ.

新しい!!: 亡命とヴァレリー・ジスカール・デスタン · 続きを見る »

ヴァレンヌ事件

ヴァレンヌからパリへ連れ戻される国王一家(1791年6月25日) ヴァレンヌ事件(ヴァレンヌじけん、La fuite à Varennes)は、フランス革命時の1791年6月20日から翌朝にかけてフランス国王ルイ16世一家がパリを脱出し、22日に東部国境に近いヴァレンヌで逮捕された事件である。ヴァレンヌ国王一家逃亡事件、ヴァレンヌ逃亡またはヴァレンヌ逃亡事件とも。 厳密には国外を目指していたわけではないが、亡命未遂事件と当時の人々に断定され、衝撃をもって喧伝された。結果としてフランスにおける国王の権威は失墜し、共和派が台頭して立憲王政の成立する見込みがなくなっただけでなく、反革命側にルイ16世がいるという認識が広まったことは国王処刑の原因にもなった。.

新しい!!: 亡命とヴァレンヌ事件 · 続きを見る »

ヴァレンティン・ポエナル

ヴァレンティン・ポエナル(Valentin Poénaru、1932年 - )はルーマニアに誕生し、フランスに亡命した数学者。専門分野は低次元位相幾何学(low-dimensional topology)。 ルーマニアの首都ブカレストに生まれ、ブカレスト大学の学部生となる。1962年にスウェーデンのストックホルムで開催された国際数学者会議に参加した後、ルーマニアには帰国せず渡仏。翌1963年にパリで博士号を取得した。その後4年間はアメリカ合衆国のハーバード大学やプリンストン大学、プリンストン高等研究所などで活動し、1967年にフランスに帰還。2001年までパリ第11大学(パリ大学オルセー校)の教授を務める。 プリンストン時代に出会ったクリストス・パパキリアコプロスの影響でポアンカレ予想の研究に着手し、以降半世紀近くに渡りその研究を続けている。.

新しい!!: 亡命とヴァレンティン・ポエナル · 続きを見る »

ヴァイマル文化

ヴァイマル文化(-ぶんか、Weimar culture.

新しい!!: 亡命とヴァイマル文化 · 続きを見る »

ヴァシレ・アレクサンドリ

ヴァシレ・アレクサンドリ(ルーマニア語:Vasile Alecsandri、1821年7月21日 - 1890年8月20日)は、モルダヴィア公国(現:ルーマニア)バカウ出身の詩人、劇作家、民俗学者、政治家、外交官。 1852年から1853年にかけて『ルーマニア民謡集』を著してを西ヨーロッパに紹介、民族意識の高揚に貢献した - コトバンク、2013年4月7日閲覧。。また、の創立に携わった。.

新しい!!: 亡命とヴァシレ・アレクサンドリ · 続きを見る »

ヴィリー・シュトフ

ヴィリー・シュトフ(Willi Stoph, 1914年7月9日 - 1999年4月13日)は、東ドイツの政治家。閣僚評議会議長(首相)(1964年-1973年、1976年-1989年)、国家元首である国家評議会議長(1973年 - 1976年)を務めた。国家人民軍上級大将。.

新しい!!: 亡命とヴィリー・シュトフ · 続きを見る »

ヴィルヘルム・ヴァイトリング

ヴィルヘルム・ヴァイトリング ヴィルヘルム・ヴァイトリング(Wilhelm Weitling, 1808年10月5日 - 1871年1月24日)は、ドイツ人革命家。19世紀前半ヨーロッパ諸都市でドイツ手工業職人の結社運動を指導し、後半ニューヨークで移民労働者の社会建設を唱えた。.

新しい!!: 亡命とヴィルヘルム・ヴァイトリング · 続きを見る »

ヴィータウタス

ヴィータウタス ヴィータウタス(リトアニア語:Vytautasヴィータウタス、1352年 - 1430年10月27日、在位1401年 - 1430年)は、リトアニア大公国の大公である。ケーストゥティスの子にあたる。.

新しい!!: 亡命とヴィータウタス · 続きを見る »

ヴィトヤ・ヴロンスキー

ヴィトヤ・ヴロンスキー(Vitya Vronsky, 1909年8月22日 - 1992年6月28日)は、ロシア出身のピアノ奏者。.

新しい!!: 亡命とヴィトヤ・ヴロンスキー · 続きを見る »

ヴィクトル・ネクラーソフ

ヴィクトル・プラトノヴィチ・ネクラーソフ(Виктор Платонович Некрасов、Viktor Platonovich Nekrasov、1911年6月17日 - 1987年9月3日)は、ソ連の小説家。第二次世界大戦を題材にした戦争小説などを書くが、後にフランスに亡命。.

新しい!!: 亡命とヴィクトル・ネクラーソフ · 続きを見る »

ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

ヴィークトル・フェードロヴィチ・ヤヌコーヴィチ( ローマ字表記は、Viktor Fedorovych Yanukovych、1950年7月9日 - )は、ウクライナの政治家。ヤヌコヴィチ、ヤヌコヴィッチ、ヤヌコビッチ、ヤヌコービッチ、ヤヌコーヴィッチとも表記される。大統領(第4代)、元首相(第9・12代)を歴任した。経済科学博士、教授。ウクライナ功労運輸労働者。.

新しい!!: 亡命とヴィクトル・ヤヌコーヴィチ · 続きを見る »

ヴィクトル・ユーゴー

ヴィクトル=マリー・ユーゴー(Victor, Marie Hugo、1802年2月26日 - 1885年5月22日)はフランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。『レ・ミゼラブル』の著者として著名。 1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。 日本での「Hugo」の表記は、「ユーゴー」と「ユゴー」が併用されているが、ここでは「ユーゴー」を採用する。.

新しい!!: 亡命とヴィクトル・ユーゴー · 続きを見る »

ヴィクトル・ベレンコ

ヴィクトル・イヴァーノヴィチ・ベレンコ(ヴィクター・イヴァノヴィッチ・べレンコ)(Виктор Иванович Беленко, Viktor Ivanovich Belenko, 1947年2月15日 - )は、元ソ連国土防空軍の軍人。1976年(昭和51年)9月6日に当時のソ連の最新鋭機MiG-25に搭乗し、アメリカ合衆国への政治亡命を目的に日本に飛来、函館空港に強行着陸したことで知られる。 → 詳細は「ベレンコ中尉亡命事件」項を参照.

新しい!!: 亡命とヴィクトル・ベレンコ · 続きを見る »

ヴィクトル・スヴォーロフ

ヴィクトル・スヴォーロフ(Ви́ктор Суво́ров、1947年 - )は、イギリスの作家、歴史家。ロシア人。元ソ連軍参謀本部情報総局(GRU)の諜報員。 ヴィクトル・スヴォーロフはイギリス亡命後に本を出版する際に付けたペンネームで、本名はウラジーミル・ボグダーノヴィチ・レズン(Влади́мир Богда́нович Резу́н Vladimir Bogdanovich Rezun)。.

新しい!!: 亡命とヴィクトル・スヴォーロフ · 続きを見る »

ヴィクトル・ススリン

ヴィークトル・イェフセーイェヴィチ・ススリーン(Виктор Евсеевич Суслин / Viktor Yevseyevich Suslin, 1942年6月13日 ウラル地方ミアス – 2012年7月10日 ハンブルク)はドイツ在住のロシア人作曲家。1981年の段階でソビエト連邦から西ドイツに移住した。.

新しい!!: 亡命とヴィクトル・ススリン · 続きを見る »

ヴィクトル・スタルヒン

ヴィクトル・スタルヒン(Виктор Старухин、1916年5月1日 - 1957年1月12日)は、ロシア帝国生まれ、北海道育ちのプロ野球選手(投手)。 本名はヴィクトル・コンスタンチーノヴィチ・スタルヒン(Виктор Константинович Старухин, Viktor Konstantinovič Staruchin)。戦時中は「須田 博(すた ひろし)」に改名。 沢村栄治、野口二郎、藤本英雄と並ぶプロ野球黎明期の大投手で、NPB史上初の通算300勝を達成、稲尾和久と並ぶシーズン最多勝利記録も保持している。また、日本プロ野球界初の外国生まれの選手であった。.

新しい!!: 亡命とヴィクトル・スタルヒン · 続きを見る »

ヴィクトワール・ド・フランス

マリー・ルイーズ・テレーズ・ヴィクトワール・ド・フランス(Marie-Louise-Thérèse-Victoire de France, 1733年5月11日 - 1799年6月7日)は、フランス王ルイ15世と王妃マリー・レクザンスカの五女。マダム・カトリエーム(Madame Quatrieme:4番目の王女の意)と呼ばれ(彼女の誕生した年に次姉が早世したためこう呼ばれた)、成長するとマダム・ヴィクトワールと呼ばれた。.

新しい!!: 亡命とヴィクトワール・ド・フランス · 続きを見る »

ヴィクトール・コルチノイ

ヴィクトール・リヴォヴィッチ・コルチノイ(Viktor Lvovich Korchnoi、、1931年3月23日 - 2016年6月6日 - 内のページ。)は、ソビエト連邦出身で、その後スイスに亡命したチェスプレーヤー。.

新しい!!: 亡命とヴィクトール・コルチノイ · 続きを見る »

ヴェルフ家

ヴェルフ家(Haus Welf)は、中世の神聖ローマ帝国で皇帝位を争った有力なドイツの諸侯。ヴェルフェン家(Haus Welfen)とも呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とヴェルフ家 · 続きを見る »

ヴェーラ・ザスーリチ

ヴェーラ・イヴァノーヴナ・ザスーリチ(ザスーリッチとも;ロシア語:Вера Ивановна Засуличヴィェーラ・イヴァーナヴナ・ザスーリチュ;ラテン文字転写の例:Vera Ivanovna Zasulich、1849年8月8日(ユリウス暦7月27日)- 1919年5月8日)は、ロシアの女性革命家。.

新しい!!: 亡命とヴェーラ・ザスーリチ · 続きを見る »

ヴォルフガング・シュナイダーハン

ヴォルフガング・エドゥアルト・シュナイダーハン(Wolfgang Eduard Schneiderhan, 1915年5月28日 - 2002年5月18日)は、オーストリアのヴァイオリニスト。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めた。.

新しい!!: 亡命とヴォルフガング・シュナイダーハン · 続きを見る »

ヴォー・グエン・ザップ

ヴォー・グエン・ザップ(Võ Nguyên Giáp, 漢字:武元甲、1911年8月25日 - 2013年10月4日)は、ベトナムの軍人、政治家。ベトナム共産党政治局員。ベトナム人民軍 (QĐND) 総司令官。最終階級は大将であった。 優れた軍事戦術家であったザップは、フランスの植民地支配の際、ディエンビエンフーの戦いによって、フランス領インドシナからベトナムを解放し、ベトナム人民軍の指導者としてアメリカ軍及び南ベトナム軍との戦いを指揮し、ベトナムを再統一する大きな原動力となった。その名采配から、西側諸国からは「赤いナポレオン」と呼ばれ 、ベトナム人民からは「ベトナム救国の英雄」として、ホー・チ・ミンと共に、深い敬愛と尊敬を集めた。.

新しい!!: 亡命とヴォー・グエン・ザップ · 続きを見る »

ボヤカの戦い

ボヤカの戦い(La batalla de Boyacá )とは、シモン・ボリバルの独立革命軍と、スペイン帝国軍との戦いである。.

新しい!!: 亡命とボヤカの戦い · 続きを見る »

ボリビアのイスラム教

本項目ではボリビアのイスラム教について記述する。.

新しい!!: 亡命とボリビアのイスラム教 · 続きを見る »

ボリス・ベルキン

ボリス・ダヴィドヴィチ・ベルキン(Boris Davidovich Belkin;, 1948年1月26日 – )はロシアのヴァイオリニスト。 神童として6歳でヴァイオリンの学習を始め、7歳でキリル・コンドラシンの指揮のもと、モスクワ音楽院において最初の公開演奏を行なう。さしあたってモスクワ音楽院中央音楽学校においてユーリ・ヤンケレヴィチに、その後はフェリクス・アンドリイェフスキーに師事した。早くも在学中にソ連各地で国内の主要なオーケストラと共演し、1973年にはソ連国内のヴァイオリンコンクールで首位になっている。 1974年に西側に亡命し、それ以降はボストン交響楽団やクリーヴランド管弦楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニック、フィラデルフィア管弦楽団、ピッツバーグ交響楽団、モントリオール交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団などの主要なオーケストラと、世界各地で共演してきた。 ジャン・シベリウスの伝記映画でウラディーミル・アシュケナージの指揮によりスウェーデン放送交響楽団と共演して《協奏曲》を演奏したほか、レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニックとは、チャイコフスキーの《協奏曲》を演奏してテレビ放映された。同じくバーンスタインの指揮により、フランス国立管弦楽団とラヴェルの《ツィガーヌ》の演奏や、ベルナルト・ハイティンクの指揮とロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団とのパガニーニの《協奏曲第1番》も放映されている。 このほかにこれまで共演してきた指揮者に、ズービン・メータやロリン・マゼール、リッカルド・ムーティ、小澤征爾、広上淳一、クルト・ザンデルリング、ユーリ・テミルカーノフ、ウラジミール・フェドセーエフ、ユーリ・アーロノヴィチ、クリストフ・フォン・ドホナーニ、シャルル・デュトワ、ギュンター・ヘルビヒ、クラウス・テンシュテット、サイモン・ラトル、パーヴォ・ベルグルンド、エドゥアルド・マータ、チャールズ・グローヴズ、エーリヒ・ラインスドルフ、ウィリアム・スタインバーグ、フランツ・ウェルザー=メスト、マイケル・スターンなど。 1997年にはアイザック・スターンに招かれて宮崎国際音楽祭で共演した。室内楽奏者としては、同じ旧ソ連出身者のユーリ・バシュメットやミッシャ・マイスキーらと共演している。 1987年よりシエーナのキジアーナ音楽院においてマスタークラスを主宰している。.

新しい!!: 亡命とボリス・ベルキン · 続きを見る »

ボリス・ゴールドシュタイン

ボリス・エマヌイロヴィチ・ゴールドシュタイン(Борис Эммануилович Гольдштейн、 Boris Emmanuilovich Goldstein、1922年12月25日-1987年11月8日)は、ソビエト連邦のヴァイオリニスト。ゴルトシュタイン、ゴリトシュテインとも表記。.

新しい!!: 亡命とボリス・ゴールドシュタイン · 続きを見る »

ボルチモア・オリオールズ対キューバ代表の親善試合

ボルチモア・オリオールズ対キューバ代表の親善試合は、3月28日にキューバのエスタディオ・ラティーノアメリカーノで、同年5月3日にアメリカ合衆国のオリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズで、開催されたMLBチームのボルチモア・オリオールズとキューバ代表による野球の国際親善試合である。このシリーズはオリオールズのピーター・アンジェロスオーナーがアメリカ連邦政府に働きかけ、また、ビル・クリントン大統領がキューバへの対外政策を変更し、旅行制限を緩和、両国の文化交流を推進した事によって実現した。.

新しい!!: 亡命とボルチモア・オリオールズ対キューバ代表の親善試合 · 続きを見る »

ヌルディン・ファラー

ヌルディン・ファラー (Nuruddin Farah, Nuuradiin Faarax, نور الدين فرح、1945年11月24日 -) は、ソマリアの代表的な小説家。ダロッドのオガデン族。.

新しい!!: 亡命とヌルディン・ファラー · 続きを見る »

ボロディン弦楽四重奏団

ボロディン弦楽四重奏団(露:, 英語:Borodin Quartet)は旧ソ連邦において1945年に結成されたロシアの弦楽四重奏団。歴代メンバーの亡命や国外流出を経てなお現在、精力的に活動を続けている。ボロディン弦楽四重奏団は、1912年にブリュッセルで結成されその後ウィスコンシン州マディソンに拠点を移して活動を続けるプロ・アルテ弦楽四重奏団に次いで活動歴の長い弦楽四重奏団であり、2005年には結成60周年を迎えた。 元来はモスクワ・フィルハーモニー四重奏団と名乗っていたが、1955年に、近代ロシアの室内楽の開拓者というべき作曲家アレクサンドル・ボロディンにちなんで改名された。ソ連の誇るピアニスト、スヴャトスラフ・リヒテルと長年にわたって共演を重ねてきた。 作曲家ドミートリイ・ショスタコーヴィチとゆかりが深く、しばしば作曲の相談を受けた。このためショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲の録音が数多いが、メロディア・レーベルへは、とりわけフランクやドビュッシーらフランス近代音楽の録音によって名声を馳せた。.

新しい!!: 亡命とボロディン弦楽四重奏団 · 続きを見る »

ボンボン・マルコス

フェルディナンド・マルコス・ジュニア または ボンボン・マルコス (Ferdinand "Bongbong" Romualdez Marcos Jr., 1957年9月23日 - )は、フィリピンの政治家。フィリピン共和国大統領だったフェルディナンド・マルコスの息子である。.

新しい!!: 亡命とボンボン・マルコス · 続きを見る »

ヌーリー・マーリキー

ヌーリー・カーミル・ムハンマド・アル=マーリキー(, Nūrī Kāmil al-Mālikī、1950年6月20日 - )は、イラクの政治家。2006年から2014年まで同国の首相を務め、その間に内相や国防相も一時的に兼務した。イスラーム・ダアワ党書記長として、政党連合「法治国家連合」を率いる。宗教はイスラム教シーア派。日本の報道では大半が「マリキ首相」と表記・発音している。.

新しい!!: 亡命とヌーリー・マーリキー · 続きを見る »

ボブ・マーリー

ボブ・マーリー(Bob Marley、1945年2月6日 - 1981年5月11日、出生名ロバート・ネスタ・マーリー Robert Nesta Marley)は、ジャマイカのレゲエミュージシャン。その音楽はラスタファリ運動の思想を背景としており、彼の音楽と思想は数多くの人々に多大な影響を与えた。.

新しい!!: 亡命とボブ・マーリー · 続きを見る »

ボフミール・シュメラル

ボフミール・シュメラル(Bohumír Šmeral、1880年10月25日-1941年5月8日)は、チェコスロバキアの政治家、チェコスロバキア共産党の創設者の一人。 トシェビーチ出身。プラハ・カレル大学で法律を学ぶ。在学中から政治活動にかかわり、チェコ社会民主党の機関紙『プラーヴォ・リドゥ』の記者として活動した。1909年、党執行委員会委員に選出され、1911年にはオーストリア=ハンガリー帝国議会議員となった。シュメラルは、帝国の連邦化を主張していたが、戦争の進展に伴い、党内で独立を求める声が高まり、指導者の地位から追われた。 チェコスロバキア建国後の1920年、ソ連を訪問し、ウラジーミル・レーニンと会見。1921年5月にチェコスロバキア共産党を結成し、中央委員会委員として党を率いた。しかし社会民主主義に妥協的な姿勢が党のボリシェヴィキ化を進めるクレメント・ゴットワルドらに批判され、実権を失っていった。1926年からコミンテルンの活動に従事した。1938年のミュンヘン会談とそれに続くチェコスロバキア解体後、ソ連に亡命し、1941年、モスクワにて死去。.

新しい!!: 亡命とボフミール・シュメラル · 続きを見る »

ボニファティウス8世 (ローマ教皇)

ボニファティウス8世(Bonifatius VIII, 1235年頃 - 1303年10月11日)は、中世のローマ教皇(在位:1294年 - 1303年)。フランス王フィリップ4世およびコロンナ家と争い、最晩年に起こったアナーニ事件の直後に「憤死」した。学術・文化の保護者としても知られる。.

新しい!!: 亡命とボニファティウス8世 (ローマ教皇) · 続きを見る »

トマソ・カンパネッラ

トマソ・カンパネッラあるいはトンマーゾ・カンパネッラ (Tommaso Campanella, 1568年9月5日 - 1639年5月21日) は、ルネサンス時代のイタリアの聖職者でルネサンス時代の代表的な哲学者大谷(2004)。.

新しい!!: 亡命とトマソ・カンパネッラ · 続きを見る »

トリスタン・レルミット

トリスタン・レルミット(、1601年頃 - 1655年9月7日)は、17世紀フランスの劇作家。本名、フランソワ・レルミット(François l'Hermite)。多くの貴族に仕えたが、誠実な取り扱いをしてもらえず、生涯困窮に喘いだ。その功績にもかかわらず、経済的に安定したのは死ぬまでの直近3年間のみである。ひとつのジャンルにとらわれない多様な作家であった。.

新しい!!: 亡命とトリスタン・レルミット · 続きを見る »

トルコ大国民議会

トルコ大国民議会(トルコだいこくみんぎかい、Türkiye Büyük Millet Meclisi, TBMM)は、トルコ共和国の三権のひとつを司る立法府。祖国解放戦争(トルコ革命)中の1920年に、アンカラで召集された大国民議会を起源とする。初代議長はムスタファ・ケマル(のちのトルコ共和国初代大統領、ムスタファ・ケマル・アタテュルク)。 議会堂は、首都アンカラの官庁街の南に位置し、北を向いて建てられている。本会議議場はいわゆる大陸型で、演壇を中心に議員席が扇状に広がっている。議場のデザインは赤と白を基調とする近代的なもので、議長席の背後には、1982年憲法第6条の「主権は絶対的に国民に属する(Egemenlik, kayıtsız şartsız Milletindir)」の文言が碑文として掘り込まれている。.

新しい!!: 亡命とトルコ大国民議会 · 続きを見る »

トレントン (軽巡洋艦)

トレントン (USS Trenton, CL-11) は、アメリカ海軍の軽巡洋艦。オマハ級軽巡洋艦の1隻。艦名はニュージャージー州トレントンに因む。その名を持つ艦としては2隻目。.

新しい!!: 亡命とトレントン (軽巡洋艦) · 続きを見る »

トンネル (映画)

『トンネル』(原題: )は、実話を基に作られた2001年公開のドイツ制作の映画。(参照:トンネル29)。前編・後編に分けて放送された188分のテレビ版と、157分の映画版がある。.

新しい!!: 亡命とトンネル (映画) · 続きを見る »

トーマス・クレッチマン

トーマス・クレッチマン(Thomas Kretschmann、1962年9月8日 - )は、ドイツの俳優。身長183cm。.

新しい!!: 亡命とトーマス・クレッチマン · 続きを見る »

トーリー党 (イギリス)

トーリー党(トーリーとう、Tory Party)は、かつて存在したイギリスの政党。現在の保守党の前身にあたる。チャールズ2世の時代の1678年から1681年にかけての王位継承問題でカトリックであったチャールズ2世の弟ヨーク公ジェームズ(後のジェームズ2世)の即位を認める立場をとった人達をさして「Tory」と言ったのが始まりである。.

新しい!!: 亡命とトーリー党 (イギリス) · 続きを見る »

トゥーマスト

トゥーマスト(Toumast)は、ニジェールのバンド。「砂漠のブルーズ」と呼ばれる音楽を演奏している。バンド名はトゥアレグ語で「同一性」の意。.

新しい!!: 亡命とトゥーマスト · 続きを見る »

ヘルマン・メサ

ヘルマン・メサ・フレズネーダ(Germán Mesa Fresneda, 1967年5月12日 - )は、キューバの元野球選手。遊撃手、右投げ右打ち。.

新しい!!: 亡命とヘルマン・メサ · 続きを見る »

ヘルマン・ブロッホ

ヘルマン・ブロッホ(1909年) ヘルマン・ブロッホ(Hermann Broch, 1886年11月1日 - 1951年5月31日)は、オーストリアの作家。ウィーンの富裕なユダヤ系の家庭に生まれた。 長く織物工業に携わり、のちに作家となった。ロベルト・ムージルとならんでオーストリア=ハンガリー帝国の生んだ二大巨匠との評価がある。1938年、ナチスに迫害を避けるため、アメリカに亡命し東部に在住、大作『ウェルギリウスの死』はアメリカで出版された。.

新しい!!: 亡命とヘルマン・ブロッホ · 続きを見る »

ヘルマン・アーベントロート

ヘルマン・パウル・マクシミリアン・アーベントロート(Hermann Paul Maximilian Abendroth, 1883年1月19日 - 1956年5月29日)は、ヨーロッパで活躍したドイツの指揮者。楽譜・作曲家の意図に対し忠実ながらも、時に激しく劇的な表現を見せ、幅広い層のファンに支持された。.

新しい!!: 亡命とヘルマン・アーベントロート · 続きを見る »

ヘルツェブロック=クラールホルツ

ヘルツェブロック=クラールホルツ (Herzebrock-Clarholz) は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州デトモルト行政管区のギュータースロー郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。の西端に位置し、と境を接している。.

新しい!!: 亡命とヘルツェブロック=クラールホルツ · 続きを見る »

ヘルベルト・マルクーゼ

ヘルベルト・マルクーゼ(Herbert Marcuse、1898年7月19日 - 1979年7月29日)は、アメリカの哲学者。ドイツ出身で出自はユダヤ系。.

新しい!!: 亡命とヘルベルト・マルクーゼ · 続きを見る »

ヘレーネ・ヴァイゲル

ヘレーネ・ヴァイゲル(Helene Weigel、1900年5月12日 - 1971年5月7日)は、オーストリア出身のドイツ(東ドイツ)の女優。劇作家ブレヒトの妻としても知られる。.

新しい!!: 亡命とヘレーネ・ヴァイゲル · 続きを見る »

ヘンリー・デ・マシュー (ゴールウェイ伯)

ールウェイ伯ヘンリー・ド・マシュー(Henri de Massue, Earl of Galway, 1648年4月9日 - 1720年9月3日)は、イギリスの貴族、軍人。元はフランスの貴族(リュヴィニー侯爵)だったが、宗教問題からイギリスへ亡命した。 初代リュヴィニー侯爵の息子としてパリで生まれた。1670年のドーヴァーの密約締結のためフランス王ルイ14世とイングランド王チャールズ2世の連絡役を務め、オランダ侵略戦争ではテュレンヌ元帥の下で戦った。ところが、1685年にフォンテーヌブローの勅令が発令されるとプロテスタント(ユグノー)だったことが問題になり、改宗を拒んで1690年にイングランドへ亡命した。 1691年にアイルランド遠征(ウィリアマイト戦争)におけるオーグリムの戦いで手柄を上げ、翌1692年にアイルランドに所領を与えられゴールウェイ子爵・ポーターリントン男爵に叙せられた(リュヴィニー侯爵位はフランスによって没収)。大同盟戦争でイングランド王兼オランダ総督ウィリアム3世に従い大陸に渡りフランス軍と交戦、1693年のネールウィンデンの戦いで撤退を援護している。1697年にゴールウェイ伯爵に叙爵され、同年から1701年までアイルランドの支配に務めた。 スペイン継承戦争では1704年にションバーグ公メイナード・ションバーグから指揮権を引き継ぎ、同盟国ポルトガルに上陸してスペイン攻撃を目論んだが、ベリック公ジェームズ・フィッツジェームズに国境で阻止され手が出せなかった。しかし、1706年にアルカンタラを奪いスペインへ進出するとカタルーニャのカール大公、バレンシアのピーターバラ伯チャールズ・モードントも呼応して進撃、マドリードを制圧した。だが、フェリペ5世とベリックにマドリードを奪還されると旗色が悪くなり、ピーターバラの離脱と兵力分散もあって劣勢になった。 1707年4月25日、アルマンサの戦いでベリックに大敗するとスペインの大半を制圧され同盟軍の不利が決定的となり、1708年にイングランド軍の指揮権はジェームズ・スタンホープに移り、1709年に辞任、帰国した。1715年にジャコバイトによってアイルランドの所領を奪われたため、以後は議会から支給された年金で余生を過ごした。 1720年、72歳で死去。独身で子供が無かったため、爵位は全て消滅した。.

新しい!!: 亡命とヘンリー・デ・マシュー (ゴールウェイ伯) · 続きを見る »

ヘンリー・ウルティア

ヘンリー・アレクサンダー・ウルティア・ロドリゲス(Henry Alexander Urrutia Rodríguez, 1987年2月13日 - )は、キューバ共和国・ラス・トゥーナス州出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。MLB・ボストン・レッドソックス傘下に所属。.

新しい!!: 亡命とヘンリー・ウルティア · 続きを見る »

ブラック・ウィドウ (ナタリア・ロマノヴァ)

ブラック・ウィドウ(Black Widow, Чёрная вдова)、またはナタリア・アリアノヴナ・"ナターシャ"・ロマノヴァ(Natalia Alianovna "Natasha" Romanova)、ナターシャ・ロマノフ(Natasha Romanoff)は、マーベルコミックスが出版するコミック作品に登場する架空のキャラクターである。キャラクターはスタン・リー、、によって創造され、『Tales of Suspense』第52号(1964年4月)で初登場した。キャラクターは当初はアイアンマンの敵であるロシアのスパイとして登場した。後にアメリカ合衆国に亡命し、架空の諜報機関S.H.I.E.L.D.のエージェントやスーパーヒーローチームのアベンジャーズのメンバーとなった。ファム・ファタールとしても描かれるこのキャラクターは、『』の「コミックで最もセクシーな女性」で31位に選ばれた。 マーベル・シネマティック・ユニバースに属する映画作品ではスカーレット・ヨハンソンがキャラクターを演じており、これまでに『アイアンマン2』(2010年)、『アベンジャーズ』(2012年)、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)に登場している。.

新しい!!: 亡命とブラック・ウィドウ (ナタリア・ロマノヴァ) · 続きを見る »

ブラック・ジャックの登場人物

ブラック・ジャックの登場人物(ブラック・ジャックのとうじょうじんぶつ)では、手塚治虫の医療漫画『ブラック・ジャック』の登場人物について記述する。 なお、メディアにより各キャラの情報に差があるが、ここでは第一に漫画版、第二にテレビアニメ版を基本として記述している。.

新しい!!: 亡命とブラック・ジャックの登場人物 · 続きを見る »

ブラックパンサー党

ブラックパンサー党(Black Panther Party, BPP)あるいは日本語で黒豹党(くろひょうとう)は、1960年代後半から1970年代にかけてアメリカで黒人民族主義運動・黒人解放闘争を展開していた急進的な政治組織。1966年、カリフォルニア州オークランドにおいてヒューイ・P・ニュートンとボビー・シールにより、都市部の貧しい黒人が居住するゲットーを警察官から自衛するために結成された。共産主義と民族主義を標榜しており、革命による黒人解放を提唱し、アフリカ系アメリカ人に対し武装蜂起を呼びかけた。また、貧困層の児童に対する無料の食事配給や、治療費が無料の「人民病院」の建設を行った。日本では、かつて新聞などで「黒豹党」と呼ばれることが多かった。.

新しい!!: 亡命とブラックパンサー党 · 続きを見る »

ブラックガード

ブラックガード (Blackguard)は、カナダ・モントリオール出身のメロディックデスメタル/フォークメタルバンド。 ニュークリア・ブラスト移籍前までは、プロファガス・モーティス(Profugus Mortis)というバンド名であった。.

新しい!!: 亡命とブラックガード · 続きを見る »

ブラディミール・ガルシア (投手)

ブラディミール・ガルシア・エスカランテ(Vladimir García Escalante, 1988年5月24日 - )は、キューバのシエゴ・デ・アビラ州モロン出身の野球選手(投手)。右投げ右打ち。キューバの国内リーグであるセリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルのティグレス・デ・シエゴ・デ・アビラに所属している。.

新しい!!: 亡命とブラディミール・ガルシア (投手) · 続きを見る »

ブライアン・ペーニャ

ブライアン・エドゥアルド・ペーニャ(Brayan Eduardo Peña, 1982年11月2日 - )は、キューバ・ハバナ出身のプロ野球選手(捕手)。右投両打。MLB・デトロイト・タイガーズ傘下所属。.

新しい!!: 亡命とブライアン・ペーニャ · 続きを見る »

ブラウンズ・ホテル

ブラウンズ・ホテル(Brown's Hotel)は、イギリスのロンドンにある5つ星の高級ホテルである。2003年7月3日以来、ロコ・フォルテ・コレクション(The Rocco Forte Collection)の所有となった。ブラウンズ・ホテルはリーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドの加盟ホテルである。.

新しい!!: 亡命とブラウンズ・ホテル · 続きを見る »

ブルハーヌッディーン・ラッバーニー

ブルハーヌッディーン・ラッバーニー(ダリー語:、1940年 - 2011年9月20日)は、アフガニスタンの政治家。タジク人。イスラーム主義系政治組織の最高指導者。初代アフガニスタン・イスラーム国大統領(在任:1992年 - 2001年)。日本ではブルハヌッディン・ラバニと表記されることもある。.

新しい!!: 亡命とブルハーヌッディーン・ラッバーニー · 続きを見る »

ブルメナウ

ブルメナウ(Blumenau)はブラジル南部のサンタカタリーナ州にある都市。.

新しい!!: 亡命とブルメナウ · 続きを見る »

ブルーノ・ポンテコルボ

ブルーノ・ポンテコルボ (、 、英語:Bruno Maksimovich Pontecorvo;1913年8月22日–1993年9月24日)は、イタリアの原子核物理学者、初期のエンリコ・フェルミの助手であり、高エネルギー物理学、特にニュートリノに関する数多くの研究の創始者である。信念のある共産主義者である彼は、1950年ソ連に亡命し、そこでミューオンの崩壊やニュートリノに関する研究を続けた。高名なブルーノ・ポンテコルボ賞は、1995年に彼を記念して設立された。 ポンテコルボはイタリアの裕福な家庭の8人の子供の4番目で、ローマ・ラ・サピエンツァ大学でフェルミの下で物理学を学び、最年少のラガッツィ・ディ・ヴィア・パニスペルナとなった。1934年には、核分裂の発見につながった遅い中性子の特性を示すフェルミの有名な実験に参加した。 彼は1934年にパリに移住し、そこでイレーヌ、フレデリック・ジョリオ=キュリーの下で研究を行った。 いとこのエミリオ・セレーニに影響を受け、 フランス共産党に、姉ジュリアナ、妹ローラ、弟ジッロと共に入った。 イタリアのファシスト政権のユダヤ人に対する1938年民族法により彼の家族はイタリアを去り、イギリス、フランス、米国へ向かうこととなった。 第二次世界大戦中、ドイツ軍がパリで包囲されたとき、ポンテコルボ、弟ジッロ、いとこのエミリオ・セレーニそしてサルバドール・ルリアは自転車で市から逃れた。彼は結局、タルサ (オクラホマ州)まで行き、そこで原子核物理に関する知見を石油と鉱物の探査に応用した。1943年には、カナダのモントリオール研究所で英国のチューブ・アロイズに入った。これは最初の原子爆弾を開発したマンハッタン計画の一部となった。チョーク・リバー研究所で、彼は原子炉 ZEEPの設計に従事した。ZEEPは1945年に臨界に達した米国外で最初の原子炉であり、その後には1947年のNRX炉が続いた。彼は宇宙線、ミュオンの崩壊、そして彼が執念を燃やすことになるニュートリノについても研究した。1949年に英国へ移り、そこではハーウェルの原子力エネルギー研究所で働いた。 1950年にソ連に亡命した後は、ドゥブナの合同原子核研究所 (JINR)で働いた。彼はニュートリノを検出するために塩素を使うことを提案した。1959年の論文では電子ニュートリノとミューニュートリノ ()が異なる粒子であることを主張した。太陽ニュートリノがHomestake実験で検出されたが、その数は予測の3分の1から半分しかなかった。この太陽ニュートリノ問題に対して、彼はニュートリノ振動として知られる電子ニュートリノがミューニュートリノになる現象を提唱した。この現象の存在は、最終的に1998年のスーパーカミオカンデ実験によって証明された。また1958年には超新星爆発によって激しいニュートリノバーストが生じることも予測し、これは1987年に超新星SN1987Aがニュートリノ検出器によって検出されたことで確認された。.

新しい!!: 亡命とブルーノ・ポンテコルボ · 続きを見る »

ブルーノ・クライスキー

ブルーノ・クライスキー(Bruno Kreisky、1911年1月22日 - 1990年7月29日)は、オーストリアの政治家。初のユダヤ人のオーストリア首相(1970年 - 1983年)。オーストリア社会党(現在のオーストリア社会民主党)党首。.

新しい!!: 亡命とブルーノ・クライスキー · 続きを見る »

ブルーノ・タウト

ブルーノ・タウト(Bruno Julius Florian Taut、1880年5月4日-1938年12月24日)は、ドイツの東プロイセン・ケーニヒスベルク生まれの建築家、都市計画家。鉄のモニュメント(1910年)、ガラスの家(1914年)が評価され、表現主義の建築家として知られる。 晩年はナチスの迫害により、亡命先を探していた際に、上野伊三郎率いる日本インターナショナル建築会から招聘を受け、1933年に来日し3年半滞在した。当時の日独関係上、日本政府から公的な協力が得られなかったことから、しかるべき公職が得られず、トルコ政府の招きにより転地し、当地で没した。.

新しい!!: 亡命とブルーノ・タウト · 続きを見る »

ブロンズの天使

『ブロンズの天使』(ブロンズのてんし)は、さいとうちほによる日本の少女漫画。『月刊フラワーズ』(小学館)で連載された。単行本は全7巻、文庫判は全5巻。2008年には、『月刊フラワーズ』増刊の『凛花』で番外編「1812」と「1830」(共に前後編)が掲載され、『ブロンズの天使 外伝』として刊行された。.

新しい!!: 亡命とブロンズの天使 · 続きを見る »

プラハの春

チェコスロバキアに対するソ連の侵略に対するルーマニアの抗議。 チャウセスクは1968年8月21日にルーマニアの人々の前で記念すべき演説をしています プラハの春(プラハのはる、チェコ語:Pražské jaro〔プラジュスケー・ヤロ〕、スロバキア語:Pražská jar〔プラジュスカー・ヤル〕)は、1968年に起こったチェコスロバキアの変革運動。 ソビエト連邦軍主導のワルシャワ条約機構軍による軍事介入のみを取り上げた場合はチェコ事件という。.

新しい!!: 亡命とプラハの春 · 続きを見る »

プラハの春音楽祭

プラハの春音楽祭(Pražké jaro)は、毎年春にチェコのプラハで開催されるクラシック、特に管弦楽や室内楽のための国際音楽祭。ホスト役はチェコ・フィルハーモニー管弦楽団。その他にも著名な音楽家やオーケストラが招かれる。.

新しい!!: 亡命とプラハの春音楽祭 · 続きを見る »

プラボウォ・スビアント

プラボウォ・スビアント・ジョヨハディクスモ(Prabowo Subianto Djojohadikusumo, 1951年10月7日 - )は、インドネシアの軍人、政治家。インドネシア国軍では中将を務め、スハルトを義父に持つ。に出馬したが、接戦の末にジョコ・ウィドドに敗れた。.

新しい!!: 亡命とプラボウォ・スビアント · 続きを見る »

プレタポルテ (映画)

『プレタポルテ』(Prêt-à-Porter)は1994年製作のアメリカ合衆国の映画である。.

新しい!!: 亡命とプレタポルテ (映画) · 続きを見る »

プロレス

プロレスは、リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツのことである。もしくは、その試合を複数展開することにより開催される興行のことである。正式名称はプロフェッショナルレスリング(Professional Wrestling)、興行レスリング、職業レスリングとも呼ばれる。古くは西洋相撲(角力)と呼ばれた。アメリカなどの国では単に「レスリング」と呼ばれることも多い。メキシコでは「ルチャリブレ」誠文堂新光社刊「プロレス語辞典」榎本タイキ著 、ヨーロッパでは「キャッチ」と呼ばれる。 試合は打撃、投げ技、関節技、時には凶器などを用いて行われて試合において闘う者をプロレスラーもしくはレスラーと呼ぶ。 アメリカ、メキシコ、日本などにおいて歴史があり複数のプロレス団体を有しており全国各地で興行が連日行われている。プロレス興行がない国においてもテレビとインターネットを通じて世界中の人にも楽しまれている。.

新しい!!: 亡命とプロレス · 続きを見る »

プロテスタンティズムとイスラーム

プロテスタンティズムとイスラームでは、プロテスタントとイスラームとの関係について記述する。 プロテスタントとイスラームは16世紀に関係を持つようになった。それは、北ヨーロッパでプロテスタント運動が盛んになった時期であり、同時にオスマン帝国が南ヨーロッパで勢力を拡大した時期である。カトリックの神聖ローマ帝国と対立状態にあった両者は、プロテスタントとイスラームの宗教上の類似点を強調し、通商と軍事同盟の可能性を模索して、多くの取り交わしがなされた。 近世から近代になるにつれ、両者の関係は悪化していった。しかし近年は、和解が試みられるようになっている。比較宗教学の面から、両者の相似点、差異が確認され、両者からの研究が進んでいる。.

新しい!!: 亡命とプロテスタンティズムとイスラーム · 続きを見る »

プエルトリコのイスラム教

本項目ではプエルトリコのイスラム教について記述する。.

新しい!!: 亡命とプエルトリコのイスラム教 · 続きを見る »

パラリンピック

パラリンピック()は、国際パラリンピック委員会(、略称:IPC(以下IPC))が主催する、身体障害者(肢体不自由(上肢・下肢および欠損、麻痺)、脳性麻痺、視覚障害、知的障害)を対象とした世界最高峰の障害者スポーツの総合競技大会。オリンピックと同じ年に同じ場所で開催される。2004年のアテネ大会から夏季オリンピックと共同の開催組織委員会が運営する。.

新しい!!: 亡命とパラリンピック · 続きを見る »

パリ祭

パリ祭(パリさい)は、フランスで7月14日に設けられている、フランス共和国の成立を祝う日 である。 1789年同日に発生しフランス革命の発端となったバスチーユ監獄襲撃および、この事件の一周年を記念して翌年1790年におこなわれた建国記念日 が起源となっている。.

新しい!!: 亡命とパリ祭 · 続きを見る »

パルミーロ・トリアッティ

パルミーロ・トリアッティ(Palmiro Togliatti, 1893年3月26日ジェノヴァ - 1964年8月21日ヤルタ)はイタリア共産党の指導者。イタリア王国のイヴァノエ・ボノーミ内閣で副首相、アルチーデ・デ・ガスペリ内閣で法務大臣を歴任した。パルタイネームとして「エル・コリ」がある。.

新しい!!: 亡命とパルミーロ・トリアッティ · 続きを見る »

パルヴェーズ・ムシャラフ

パルヴェーズ・ムシャラフ(پرویز مشرف、Pervez Musharraf、1943年8月11日 - )は、パキスタンの軍人、政治家。パキスタン陸軍参謀総長・兼・統合参謀本部議長に在任中の1999年10月、当時首相だったナワーズ・シャリーフとの確執からクーデターを敢行し、'''行政長官'''('''''Chief Executive'''''、'''最高行政官'''、首相に相当)として最高権力者となった(2001年までタラル大統領が国家元首として続投)。その後、パキスタンの大統領に就任した (2001年6月20日 - 2008年8月18日)。大統領就任までは、軍事政権の最高意思決定機関である国家安全保障会議の議長も兼ねていた。日本の文献、資料やメディアでは「ペルベズ・ムシャラフ」「パルヴェーズ・ムシャッラフ」と表記されることもある。 親米派として知られる。クーデターで実権を握ったが、腐敗した当時の政権に嫌気が差していた国民に支持されていた。が、自身の政権末期も批判が高まり、情勢は混迷した。2002年3月に来日している。 その後、イギリスのロンドンで事実上の亡命生活を送り、2013年4月に帰国。2016年から病気療養のため中東ドバイに滞在している。.

新しい!!: 亡命とパルヴェーズ・ムシャラフ · 続きを見る »

パフラヴィー朝

パフラヴィー朝(パフラヴィーちょう、)は1925年から1979年までイランを統治した、イラン最後の王朝である。パフレヴィー朝、パーレビ朝、パーラヴィ朝とも呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とパフラヴィー朝 · 続きを見る »

パウル・ツェラン

パウル・ツェランまたはツェラーン(Paul Celan、1920年11月23日 - 1970年4月20日)は、当時ルーマニア(それ以前はオーストリア)で現在はウクライナに属するブコビナ地方チェルニウツィー出身のドイツ系ユダヤ人の詩人。本名はパウル・アンチェル(Paul Antschel/ Paul Ancel)。パウル・ツェランという名前はユダヤ系の本名を隠すためアナグラム化したものである。戦後のドイツ語圏詩人の代表的存在であり、20世紀を代表する詩人の一人とされる。.

新しい!!: 亡命とパウル・ツェラン · 続きを見る »

パウル・ベッカー

マックス・パウル・オイゲン・ベッカー(Max Paul Eugen Bekker, *1882年9月2日 ベルリン – †1937年3月13日 ニューヨーク)は、1920年代半ばまで活躍したドイツの音楽評論家。言論活動に加えて、指揮者や劇場支配人としても活動した。.

新しい!!: 亡命とパウル・ベッカー · 続きを見る »

パウル・クレツキ

パウル・クレツキ(Paul Kletzki, 1900年3月21日 - 1973年3月5日)はポーランドの指揮者・作曲家。 ウッジ出身。.

新しい!!: 亡命とパウル・クレツキ · 続きを見る »

パウル・コハンスキ

パヴェウ・コハィンスキ(Paweł Kochański, 1887年9月14日 – 1934年1月12日)は、ポーランド出身のヴァイオリニスト・音楽教師・作曲家・編曲家。 ドイツ語風に「パウル・コハンスキ(Paul Kochanski)」もしくはロシア語風に「パーヴェル・コハンスキー」として知られており、本稿でもそれに従う。弟は日本に亡命したピアニスト・音楽教師のレオニード・コハンスキ。.

新しい!!: 亡命とパウル・コハンスキ · 続きを見る »

パウロー・スコロパードシクィイ

パウロー・スコロパーヅィクィイ(ウクライナ語:Павло Петрович Скоропадський;1873年5月16日‐1945年4月28日)は、ウクライナの政治家、ロシア帝国の軍人である。ウクライナ・コサックの氏族、スコロパーヅィクィイ家の当主。日露戦争、第一次世界大戦に従軍した。ウクライナ国のヘーチマン(1918年)を務めた。.

新しい!!: 亡命とパウロー・スコロパードシクィイ · 続きを見る »

パウロス1世 (ギリシャ王)

パウロス1世(、1901年12月14日 - 1964年3月6日)はギリシャ王国の国王(在位:1947年4月1日 - 1964年3月6日)。.

新しい!!: 亡命とパウロス1世 (ギリシャ王) · 続きを見る »

パキスタン・ムスリム連盟ナワーズ・シャリーフ派

パキスタン・ムスリム連盟ナワーズ・シャリーフ派(پاکستان مسلم لیگ ن、Pakistan Muslim League (Nawaz)、略称:PML-N)は、パキスタンの保守政党。パキスタン・ムスリム連盟ナワーズ派、パキスタン・ムスリム連盟シャリーフ派(または「シャリフ派」)などと表記される場合もある。記事立項時近くにもパキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派とされた例もあり、定まった訳はないとも言える。 軍事独裁者ムハンマド・ジア=ウル=ハク大統領の下でパンジャーブ州首相だったナワーズ・シャリーフがハク大統領の飛行機事故死後の1988年11月16日、から自派を分裂させて結成。80年代末から90年代にかけてベーナズィール・ブットー率いるパキスタン人民党(PPP)と熾烈な政権争いを繰り広げた。1998年にパキスタンが核実験を行った際の与党でもある。 しかし1999年にパキスタン軍トップのパルヴェーズ・ムシャラフを解任しようとしたシャリーフ首相がで打倒され、後に亡命を強いられると、党は禁止こそされなかったが野党暮らしを強いられた。この間、シャリーフは亡命先のサウジアラビアから党を指導しようとしたが、ザファルッラー・カーン・ジャマーリー(のち首相)ら、党内の親ムシャラフ派がパキスタン・ムスリム連盟カーイデ・アーザム派(PML-Q)を結成し分裂、少数政党に転落するなど苦しい立場に置かれた。そのため政敵ベーナズィール・ブットーのパキスタン人民党と提携するようになった。 2007年からパキスタンで民主化運動が活発化し、ムシャラフ大統領に抵抗する一大運動に発展すると、を経てで第2党となり、パキスタン人民党のユースフ・ラザー・ギーラーニー率いる連立政権と組み、ムシャラフを大統領辞任に追い込んだ(後任の大統領はベーナズィール・ブットーの夫でパキスタン人民党のアースィフ・アリー・ザルダーリー)。 しかしパキスタン人民党との確執から野党に転じ、ではザルダーリー大統領率いるパキスタン人民党政権の汚職体質や経済無策への批判票を一手に引き受け、またイスラーム過激派のパキスタン・ターリバーン運動からも対話の窓口として指名される形で大勝した。 なお党の地盤はシャリーフの出身地でもあるパンジャーブ州に大きく依存しており、他州ではそれほど圧倒的な勢力を有しているわけではない。特に南部シンド州では、パキスタン人民党などに大きく水をあけられている。また(この党に限らずパキスタンの「ムスリム連盟」を称する政党すべてに言えることだが)国父ムハンマド・アリー・ジンナーらによる全インド・ムスリム連盟の後継政党を名乗っているが、同党は1958年の(のち元帥)によるクーデターで解散に追い込まれているため、直接の関連性はない。.

新しい!!: 亡命とパキスタン・ムスリム連盟ナワーズ・シャリーフ派 · 続きを見る »

ヒマラヤ山脈

国際宇宙ステーションから撮影したヒマラヤ山脈。チベット高原から南方を見た時の図。エベレストが中央付近に見える。 ヒマラヤ山脈(ヒマラヤさんみゃく、Himalayan Range)は、アジアの山脈で、地球上で最も標高の高い地域である。単にヒマラヤということもある。 ヒマラヤは、インド亜大陸とチベット高原を隔てている無数の山脈から構成される巨大な山脈である。西はパキスタン北部インダス川上流域から、東はブラマプトラ川大屈曲部まで続き、ブータン、中国、インド、ネパール、パキスタンの5つの国にまたがる。いずれも最大級の大河であるインダス川、ガンジス川、ブラマプトラ川、黄河、長江の水源となって数々の古代文明を育み、このヒマラヤ水系には約7億5千万人の人々が生活している(これにはバングラデシュの全人口が含まれる)。ヒマラヤは、広義の意味ではユーラシアプレートとインド・オーストラリアプレートの衝突によって形成された周辺の山脈である、カラコルム山脈、ヒンドゥークシュ山脈、天山山脈、崑崙山脈などを含む。 広義のヒマラヤには、最高峰エベレストを含む、地球上で最も高い14の8,000 m級ピークがあり、7,200 m以上の山が100峰以上存在する。一方で、アジアのこの地域以外には7,000 m以上の山は存在せず、アンデス山脈アコンカグアの6,961 mが最高標高である。 以下では狭義のヒマラヤについて解説する。.

新しい!!: 亡命とヒマラヤ山脈 · 続きを見る »

ヒャルマル・シャハト

ホレス・グリーリー・ヒャルマル・シャハト(Horace Greeley Hjalmar Schacht, 1877年1月22日 - 1970年6月3日)は、ドイツの経済学者、政治家、銀行家。ライヒスバンク総裁(在任:1923年 - 1930年、1933年 - 1939年)、ドイツ経済相(在任:1934年 - 1937年)。.

新しい!!: 亡命とヒャルマル・シャハト · 続きを見る »

ヒュー・ゲイツケル

ヒュー・トッド・ネイラー・ゲイツケル(Hugh Todd Naylor Gaitskell, 1906年4月9日 - 1963年1月18日)は、イギリスの政治家である。1955年以来、1963年に死去するまで労働党党首を務めた。.

新しい!!: 亡命とヒュー・ゲイツケル · 続きを見る »

ヒジャーズ王国

ヒジャーズ王国(ヒジャーズおうこく、)は、1916年から1932年の間、アラビア半島西部に存在した国家である。1925年のハーシム家支配終焉をもってヒジャーズ王国滅亡とすることが多いが、実際はヒジャーズの国名は名目上その後しばらく存在し、サウジアラビアの一部を構成していた。.

新しい!!: 亡命とヒジャーズ王国 · 続きを見る »

ビバリーヒルズ

ビバリーヒルズ (Beverly Hills) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡の西部に位置する都市。英語発音に忠実に表記するとベヴァリ・ヒルズ。.

新しい!!: 亡命とビバリーヒルズ · 続きを見る »

ビュート・ハウス

ビュート・ハウス (Bute House、Taigh Bhòid) は、スコットランドの首都エディンバラのシャーロット・スクウェア にあるスコットランド首相官邸である。スクウェア北側の中心的な邸宅で、設計はロバート・アダムである。4階建ての建物には、閣議室・事務所・会議室・応接室・ドローイング・ルーム ・ダイニングルームがあり、そこで首相が執務をし、閣僚達や来訪者・来賓を受け入れ楽しませる。スコットランド議会があるホーリールード (英語版) と、が本部を置くセント・アンドリュース・ハウス (英語版) の2拠点と同様に、首相が使用する小さなオフィスも設けられている 首相官邸公式サイト 2017年6月9日閲覧 。2階と3階には首相の住居がある。 ビュート・ハウスは1966年に第6代ビュート侯爵ジョン・クライトン=ステュアート (英語版) によりナショナル・トラスト・スコットランド (英語版) に譲渡された。その後、1970年から1999年までスコットランド大臣の公邸として使われ、1999年からは首相官邸として使われている 。官邸としての役割を果たすだけでなく、メディアに対する会見やブリーフィング (状況説明) 、閣議の開催や閣僚への任命など、ビュート・ハウスは首相により頻繁に利用されている 。.

新しい!!: 亡命とビュート・ハウス · 続きを見る »

ビルマ国

立記念切手(1943年) ビルマ国(ビルマこく、ဗမာ、State of Burma)は、1943年(昭和18年)8月1日から1945年(昭和20年)前半までの期間ビルマ(現ミャンマー)に存在した国家。日本の支援を受けてイギリスの植民地支配から独立する形で誕生したが、日本の傀儡政権とする見方もある。.

新しい!!: 亡命とビルマ国 · 続きを見る »

ビルマ連邦国民評議会

ビルマ連邦国民評議会(ビルマれんぽうこくみんひょうぎかい、National Council of the Union of Burma, NCUB)は、ビルマ(ミャンマー)の軍事政権(国家平和発展評議会)に対してリベラルな立場から抵抗し、民主化を求める運動組織。同国の民主化運動団体や少数民族の団体、労働組合、亡命中の国会議員などによる連合体であり、中道左派の傾向を持つ。ビルマ連邦国民連合政府がいわゆる「亡命政府」であるのに対して「政党・政治運動」に相当する。 ビルマ国内での活動は軍事政権による弾圧が激しく大半の地域では困難であるため、主に隣国タイの首都バンコクから世界の世論に対してビルマの窮状を訴えたり、国境付近の難民を救援する活動を展開している。また参加組織のカレン民族同盟はビルマ国内に解放区を築くなど果敢に闘っているが、最近は軍事面で劣勢が伝えられる。 ビルマ民主化運動の中では特に政治色の強い部門として全世界に情報を発信しつつ外交・広報・国際交流活動を担う組織ともいえ、アジア・リベラル民主評議会に参加するほか、日本では政党より、むしろ連合など労働組合やNGOとも友好関係にある。.

新しい!!: 亡命とビルマ連邦国民評議会 · 続きを見る »

ビルマ連邦国民連合政府

ビルマ連邦国民連合政府(ビルマれんぽうこくみんれんごうせいふ)は、かつてアメリカ・メリーランド州のロックヴィル(Rockvill)に存在したミャンマー(ビルマ)の亡命政府。英語での名称はNational Coalition Government of the Union of Burmaで、略称はNCGUB。主な構成員は、ミャンマーの国会に当たる国民議会(英語で People's Assembly、ビルマ語で Pyithu Hluttaw、人民議会とも訳す)の一部議員であった。 軍事政権による民主化運動取締りに対抗して1990年に樹立されたが、2011年以降に進んだ政治体制の民主化(軍事政権の解散等)を受け、本国での民主化運動への合流を目的に2012年に解散した。.

新しい!!: 亡命とビルマ連邦国民連合政府 · 続きを見る »

ピョートル・ヴラーンゲリ

1920年頃のピョートル・ニコラーエヴィチ・ヴラーンゲリの肖像 ピョートル・ニコラーエヴィチ・ヴラーンゲリ(ロシア語:Пётр Николаевич Врангельピョートル・ニカラーイェヴィチュ・ヴラーンギェリ;ペーター・フォン・ヴランゲル、-->1878年8月15日(8月27日) - 1928年4月25日)は、ロシア帝国の男爵で、ロシア内戦における白軍の司令官の一人。白軍勢力最後の総司令官として知られる。ロシア南部、ウクライナ、クリミア半島(クルィーム)方面で反革命運動を行った。.

新しい!!: 亡命とピョートル・ヴラーンゲリ · 続きを見る »

ピーター・フランクル

ピーター・フランクル(Péter Frankl, 1953年3月26日 - )は、ハンガリー出身の数学者・大道芸人・タレント。本名はフランクル・ペーテル (Frankl Péter)。日本名は富蘭 平太(ふらん へいた)。国籍はハンガリーとフランス。ユダヤ系ハンガリー人である。ハンガリー科学アカデミー国外会員。ホリプロ所属。.

新しい!!: 亡命とピーター・フランクル · 続きを見る »

ピーター・アンジェロス

ピーター・アンジェロス(Peter Angelos、1929年7月4日 - )は、アメリカ合衆国のペンシルバニア州ピッツバーグ出身の法廷弁護士。MLBのボルチモア・オリオールズの現オーナー。.

新しい!!: 亡命とピーター・アンジェロス · 続きを見る »

ピッグス湾事件

ピッグス湾事件(ピッグスわんじけん、Invasión de Bahía de Cochinos、Bay of Pigs Invasion)は、1961年に在米亡命キューバ人部隊がアメリカ合衆国CIAの支援の下でグアテマラで軍事訓練の後、キューバに侵攻してフィデル・カストロ革命政権の打倒を試みた事件。 ピッグス湾とは反カストロの亡命キューバ人部隊が上陸侵攻した場所の地名(コチーノ、スペイン語で豚の意)を英訳したもので、別にコチノス湾事件とも呼ばれ、キューバをはじめとする中南米諸国においてはプラヤ・ヒロン侵攻事件(Invasión de Playa Girón)或いは日本語訳したヒロン浜侵攻事件と呼ばれる。 またこのピッグス湾事件を第一次キューバ危機として、翌1962年10月の核戦争の寸前までいったキューバ危機を第二次キューバ危機とする呼び方もある。.

新しい!!: 亡命とピッグス湾事件 · 続きを見る »

ピアノ協奏曲第3番 (バルトーク)

バルトーク・ベーラのピアノ協奏曲第3番(Sz.

新しい!!: 亡命とピアノ協奏曲第3番 (バルトーク) · 続きを見る »

ピエール・マリー・オーギュスト・ブルソネ

ピエール・マリー・オーギュスト・ブルソネ(Pierre Marie Auguste Broussonet、1761年1月19日 - 1807年7月27日)は、フランスの医師、博物学者、魚類学者である。 モンペリエで生まれた。父親も医師で、モンペリエ大学の医学の教授で、父親の影響を受けて博物学に興味を持った。医学を学び、1778年に医学の学位を得た。1780年にロンドンに渡り、ジョセフ・バンクスらの多くの科学者と知り合い、ヨハン・フォースター、ダニエル・ソランダー、Alexander Dalrymple、アンデシュ・スパルマン、ジョン・シブソープ、ジェームズ・エドワード・スミスらともつきあった。1781年から、ジェームズ・クック船長の航海で採集された魚類の記述した "Ichthyologiae Decas I"の執筆に加わった 。1782年にパリに戻ると、植物学者のルネ・デフォンテーヌとシャルル=ルイ・レリティエ・ドゥ・ブリュテルと親しくなった。シブソープと数ヶ月に渡って、南フランスを旅し、ピエール・アンドレ・プーレとカタロニアを旅した。 ブルソネはアンドレ・トワンらとともに1787年にパリ・リンネ協会の創立するが、協会は1789年に解散した。リンネの分類法の支持者であった。1784年にアルフォール国立獣医学校のルイ・ドバントンの助手となり、家畜の交配改良などに従事した。この時期は農業分野に専念し、農学会の事務局長に任じられた。 1789年に国立制憲議会の、議員に選出され、ジロンド派に属した。1793年に、多くの主要なジロンド派のメンバーが逮捕と処刑がされるようになると、ブルソネも追放され、パリを離れた。モンペリエから、彼はマドリードに亡命した。さらにスペインを離れ、リスボンを経て、モロッコの米国大使館に避難した。亡命したモガドール(現在のエッサウイラ)がペストの流行で住民の2/3が死亡したため、1799年にカナリア諸島に逃れ、1803年まで、テネリフェ島に留まった。亡命の間に北アフリカの植物を収集した。 1803年にフランスに戻ることが可能となり、モンペリエの家族のもとに戻った。モンペリエ大学の植物学の教授の職を得た。教育の他に、モンペリエの植物園の成立に尽力し、植物園の目録、"Elenchus plantarum Horti Botanici monspeliensis"を出版した。.

新しい!!: 亡命とピエール・マリー・オーギュスト・ブルソネ · 続きを見る »

ピエール・ロスタン

ピエール・ロスタン(Pierre Rostaing偽名の綴りは « Rostand »。, 1909年1月8日 - 1996年12月11日)は、第二次世界大戦期のフランスの軍人、ナチス・ドイツ武装親衛隊フランス人義勇兵。 当初は1940年のフランスの戦いでドイツ軍と交戦したフランス軍人であったが、1943年、ドイツ陸軍フランス人義勇兵部隊「反共フランス義勇軍団」(LVF / ドイツ陸軍第638歩兵連隊)へ入隊し、1944年9月に武装親衛隊へ移籍。後に第33SS所属武装擲弾兵師団「シャルルマーニュ」(33.

新しい!!: 亡命とピエール・ロスタン · 続きを見る »

テレーズ・カバリュス

テレーズ・カバリュス(1804) テレーズ・カバリュス(Thérèse Cabarrus, 1773年7月31日 - 1835年1月15日)は、銀行家の娘で、その美貌を武器にフランスの総裁政府期には社交界の華であった女性である。 本名は旧姓で、ジャンヌ=マリー=イニャス=テレーズ・カバリュス(Jeanne- Marie-Ignace-Thérèse Cabarrus、Juana Maria Ignazia Thérésa Cabarrus)であるが、「テレザ・カバリュス(Thérésa Cabarrus)」という彼女本人が好んで用いた通称で有名。また結婚後の姓であるフォントネ侯爵夫人またはタリアン夫人とも呼ばれた。.

新しい!!: 亡命とテレーズ・カバリュス · 続きを見る »

テヘラン

テヘラン(ペルシア語: تهران; Tehrān 、英語:Tehran)は、西アジア、イランの首都で同国最大の都市でありかつテヘラン州の州都。人口12,223,598人。2016年の都市圏人口は1,367万人であり、世界有数の大都市圏を形成している。 テヘランはイランの文化的中心でもあり、多数の博物館、美術館、宮殿、文化センター、高等教育機関を擁する。宗教的中心でもあり、イスラム教のモスクのみならず、キリスト教の教会やユダヤ教のシナゴーグも各所にみられる。住民の大多数はシーア派イスラム教徒。20世紀から21世紀にかけて、イラン各地から大量の人口流入があり人口が急増した。 テヘランの住民は、ペルシア人が大多数を占めているMohammad Jalal Abbasi-Shavazi, Peter McDonald, Meimanat Hosseini-Chavoshi, "The Fertility Transition in Iran: Revolution and Reproduction", Springer, 2009.

新しい!!: 亡命とテヘラン · 続きを見る »

テア・フォン・ハルボウ

テア・フォン・ハルボウ(1935年) フリッツ・ラングとテア・フォン・ハルボウ(右) テア・フォン・ハルボウ(Thea von Harbou, 1888年12月27日 - 1954年7月1日)は、ドイツの女性作家。夫のフリッツ・ラングにシナリオを提供した。 1888年、バイエルン王国タウパーリッツ・バイ・ホーフ(現在はバイエルン州デーラウに編入)の営林署長の娘として生まれ、文才を生かしベルリンで作家になる。1920年にユダヤ系の母を持つの映画監督フリッツ・ラング(ただし本人はカトリック)と結婚して優雅な生活を送った。夫の多くの映画製作を助けるが、ドイツ国内の政情の変化で国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)を支持するようになったために、1932年に夫と離婚し仕事だけの付き合いになった。1934年にラングがアメリカへ亡命した後もドイツに残り、ナチス好みの小説を出版しつづけた。戦後は短い抑留期間を経た後に映画界に復帰したが、ドイツが東西に分裂後の1954年、ベルリンの上映会の帰宅中に事故死した。.

新しい!!: 亡命とテア・フォン・ハルボウ · 続きを見る »

テオフィロ・ステベンソン

テオフィロ・ステベンソン(Teófilo Stevenson、男性、1952年3月29日 - 2012年6月11日)は、キューバ・カマグエイ出身の元アマチュアボクシング選手。身長197cm、体重100kg。オリンピックのボクシングヘビー級でミュンヘン、モントリオール、モスクワと3大会連続で金メダルを獲得した。ニックネームは「Pirolo」。通算成績152勝147KO21敗という圧倒的な記録と、世界王者レベルの傑物が揃った世代で無敵を誇ったことから「史上最強のアマチュアボクサー」とも評されている。 2012年6月11日、心臓病のために死去。。.

新しい!!: 亡命とテオフィロ・ステベンソン · 続きを見る »

デルフィナ・ポトツカ

デルフィナ・ポトツカ デルフィナ・ポトツカ伯爵夫人(ポーランド語:Delfina Potocka、1807年3月 ムロヴァネ・クリウォフツェ、ポドレ - 1877年4月2日 パリ)は、ポーランドの貴族女性。2人のポーランド人亡命芸術家、フレデリック・ショパンとジグムント・クラシンスキの友人にしてミューズであったEncyklopedia Polski.

新しい!!: 亡命とデルフィナ・ポトツカ · 続きを見る »

デルク=エルスコ・ブラインス

デルク=エルスコ・ブラインス(Derk-Elsko Bruins, 1923年3月20日 - 1986年2月5日) は、第二次世界大戦中のナチス・ドイツ武装親衛隊オランダ人義勇兵で、ヘラルダス・モーイマンに続くオランダ人義勇兵第2の騎士鉄十字章受章者。最終階級はSS曹長(SS-Oberscharführer)。.

新しい!!: 亡命とデルク=エルスコ・ブラインス · 続きを見る »

デヴィ・スカルノ

デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno、1940年(昭和15年)2月6日 - )は、日本生まれでインドネシア国籍のタレント。インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人。NPO法人アースエイドソサエティ総裁。株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役。本名・インドネシア名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)、旧名・日本名:根本 七保子(ねもと なおこ)、通称はデヴィ夫人。 スカルノ大統領との間に生まれた一人娘のカリナは、2005年(平成17年)11月26日にオランダで米系大手金融機関シティバンクの欧州・中近東・アフリカ地区CEOフレデリック・シーガスと挙式している。.

新しい!!: 亡命とデヴィ・スカルノ · 続きを見る »

デニス・スアレス

デニス・スアレス・ラガルディア(Deynis Suarez Laguardia, 1984年3月13日 - )は、キューバのハバナ出身のプロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。.

新しい!!: 亡命とデニス・スアレス · 続きを見る »

ディミトリー・スミルノフ

ディミートリー・ニコラーイェヴィチ・スミルノーフ(Дми́трий Никола́евич Смирно́в / Dmitri Nikolaevich Smirnov, 1948年11月2日 ミンスク – )は、イギリスに亡命した旧ソ連出身の作曲家。.

新しい!!: 亡命とディミトリー・スミルノフ · 続きを見る »

ディノクライシス

『ディノクライシス』(DINO CRISIS)は、カプコンから発売されたテレビゲームシリーズ。 サバイバルホラーに分類され、操作や視点などのシステムは同社から発売されていた『バイオハザードシリーズ』とほぼ同じだが、敵キャラクターがゾンビではなく恐竜に変わっている。シリーズは『3』まで発売され、外伝として銃型コントローラー「ガンコン2」に対応したガンシューティングゲーム『ガンサバイバー3 ディノクライシス』がPlayStation 2で発売されている。Xboxで発売された3作目は宇宙に舞台を移し、『エイリアン』1作目をモチーフとしたSF色の強いものとなった。 全世界シリーズ累計販売本数は440万本に達している。.

新しい!!: 亡命とディノクライシス · 続きを見る »

ディートリッヒ・フォン・ヒルデブラント

ディートリッヒ・フォン・ヒルデブラント(Dietrich von Hildebrand、1889年10月12日 - 1977年1月26日)はドイツのカトリック哲学者。ローマ教皇ピウス12世をして「20世紀最大の教会博士」と言わしめたことでも有名。また、同じく教皇のヨハネ・パウロ2世やベネディクト16世もヒルデブラントを高く評価しており、いずれも様々な逸話がある。.

新しい!!: 亡命とディートリッヒ・フォン・ヒルデブラント · 続きを見る »

ディアスポリス 異邦警察

『ディアスポリス 異邦警察』(ディアスポリス いほうけいさつ、Real TOKYO UnderWorld)は、漫画・すぎむらしんいち、脚本・リチャード・ウーによる青年漫画作品。『モーニング』(講談社)に2006年26号から連載を開始した。最終章である「ディアスポラ=異邦人」篇最終話の2009年47号を以て連載は完結していたが、TVドラマ化に連動して2016年26号から35号にかけて本編完結後の正式続編となる新章「999」篇が発表された。.

新しい!!: 亡命とディアスポリス 異邦警察 · 続きを見る »

デイロン・ヴァローナ

デイロン・アルマンド・ヴァローナ(Dayron Armando Varona、1988年2月24日 - )は、キューバ・ハバナ出身のプロ野球選手(外野手)。独立リーグ・アトランティックリーグのヨーク・レボリューション所属。.

新しい!!: 亡命とデイロン・ヴァローナ · 続きを見る »

デイビー・クロケット (戦術核兵器)

M-388 デイビー・クロケット メリーランド州アメリカ陸軍兵器博物館(日本での通称は「アバディーン戦車博物館」)の展示品 M-388 デイビー・クロケットは、アメリカ合衆国が開発した戦術核兵器の一つ。 名称は、アラモの戦いで玉砕した英雄デイヴィッド・クロケットの名に因む。.

新しい!!: 亡命とデイビー・クロケット (戦術核兵器) · 続きを見る »

デスペラード (お笑いコンビ)

デスペラードは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。.

新しい!!: 亡命とデスペラード (お笑いコンビ) · 続きを見る »

フョードル・オツェプ

フョードル・アレクサンドロヴィチ・オツェプ(ロシア語 Фёдор Александрович Оцеп, 1895年2月9日 - 1949年6月20日)は、ソビエト連邦の映画監督、脚本家である。革命前のロシア帝国でキャリアを始め、ソ連時代に監督となり、ヴァイマル共和国/ドイツ帝国、フランス、アメリカ合衆国、カナダへと移住し、映画をつくりつづけた。フランス時代以降は、フェドール・オゼップ(Fedor Ozep)と綴られた。.

新しい!!: 亡命とフョードル・オツェプ · 続きを見る »

フョードル・シャリアピン

フョードル・イワノヴィッチ・シャリャピン(Фёдор Иванович Шаляпин、ラテン文字転写例: Fyodor Ivanovich Chaliapin、1873年2月13日(当時ロシアで使用されていたユリウス暦では2月1日)- 1938年4月12日)は、20世紀前半に活躍したロシア出身のオペラ歌手である(声域はバス)。力に満ち溢れ、柔らかな美声とともに、舞台人としての精神、心理的描写に卓越した表現法で「歌う俳優」とも呼ばれた。シャリャピンは、オペラの歴史において偉大な名手のひとりと目され、オペラにおける自然な演技の伝統的様式を洗練させたと見做される。.

新しい!!: 亡命とフョードル・シャリアピン · 続きを見る »

フランク・チパスラ

フランク・チパスラ(Frank M. Chipasula、1949年10月16日 -)は、マラウイ人の作家、編集者、大学教員である。.

新しい!!: 亡命とフランク・チパスラ · 続きを見る »

フランシスリー・ブエノ

フランシスリー・トルエバ・ブエノ(Francisley Trueba Bueno, 1981年3月5日 - )は、キューバ・ハバナ出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。メキシカンリーグのドゥランゴ・ジェネラルズ所属。.

新しい!!: 亡命とフランシスリー・ブエノ · 続きを見る »

フランシス・ゲーリー・パワーズ

フランシス・ゲーリー・パワーズ(Francis Gary Powers 1929年8月17日 - 1977年8月1日)は、アメリカ合衆国の空軍軍人で、最終階級は大尉。ゲーリー・パワーズ(Gary Powers)と表記される場合もある。 1960年5月1日のU-2撃墜事件の際、このU-2偵察機を操縦していたパイロットでもある。.

新しい!!: 亡命とフランシス・ゲーリー・パワーズ · 続きを見る »

フランシスコ・マシアス・ンゲマ

フランシスコ・マシアス・ンゲマ(Francisco Macías Nguema, 1924年1月1日 - 1979年9月29日)は、赤道ギニア共和国の政治家。同国の初代大統領。.

新しい!!: 亡命とフランシスコ・マシアス・ンゲマ · 続きを見る »

フランシスコ・デ・パウラ・サンタンデル

フランシスコ・デ・パウラ・サンタンデール(本名: フランシスコ・ホセ・デ・パウラ・サンタンデール・イ・オマーニャ、スペイン語名: Francisco José de Paula Santander y Omaña 、1792年4月2日 - 1840年5月6日)は、コロンビアの軍人、政治家。ラテンアメリカの独立運動における英雄。コロンビアの初代大統領(在任1832年 - 1837年)。.

新しい!!: 亡命とフランシスコ・デ・パウラ・サンタンデル · 続きを見る »

フランシスコ・デ・ゴヤ

自画像(1815年) フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス(, 1746年3月30日 - 1828年4月16日)は、スペインの画家。ディエゴ・ベラスケスとともにスペイン最大の画家と謳われる。ベラスケス同様、宮廷画家として重きをなした。.

新しい!!: 亡命とフランシスコ・デ・ゴヤ · 続きを見る »

フランス共産党

フランス共産党(フランスきょうさんとう、Parti communiste français、PCF)は、前身のフランス社会党(SFIO)から最左派が分裂して1921年に結成されたフランスの左翼政党。結党当初は「共産主義インターナショナル・フランス支部」(SFIC / Section Française de l'Internationale Communiste)を称した。マルクス・レーニン主義を掲げ、パブロ・ピカソやエリック・サティ、イヴ・モンタンらも党員だった時期がある。.

新しい!!: 亡命とフランス共産党 · 続きを見る »

フランス革命

フランス革命(フランスかくめい、Révolution française, French Revolution)は、18世紀(1789年5月5日 – 1799年11月9日)にフランス王国(ブルボン朝)で起きた市民革命。 世界史上の代表的な市民革命で、前近代的な社会体制を変革して近代ブルジョア社会を樹立した革命。フランス革命戦争を通して、カリブ海から中東まで戦争が波及した。歴史家はフランス革命を世界史の中で最も重要な出来事の一つであると見なしている。 1787年にブルボン朝の絶対王権に対する貴族の反抗に始まった擾乱は、1789年から全社会層を巻き込む本格的な革命となり、政治体制は絶対王政から立憲王政、そして共和制へと移り変わった。さらに1794年のテルミドール反動ののち退潮へ向かい、1799年にナポレオン・ボナパルトによるクーデターと帝政樹立に至る(1799年11月9日のブリュメール18日のクーデター)。一般的には1787年の貴族の反抗から1799年のナポレオンによるクーデターまでが革命期とされている。 フランスの王政とアンシャン・レジームが崩壊する過程で、封建的諸特権が撤廃されて近代的所有権が確立される一方、アッシニア紙幣をめぐって混乱が起こった。.

新しい!!: 亡命とフランス革命 · 続きを見る »

フランス革命戦争

アルコレの戦い ナイルの海戦 フランス革命戦争(フランスかくめいせんそう、Guerres de la Révolution française, French Revolutionary Wars)は、1792年4月20日から1802年3月25日までの、革命後のフランスと、反革命を標榜する対仏大同盟との一連の戦争である。当初はフランス革命に対する外国の干渉戦争であり、シベリア出兵と同様に旧債務を確認する意味をもっていた。1794年前後を境に形勢は逆転し、フランスによる侵略戦争に変貌した。.

新しい!!: 亡命とフランス革命戦争 · 続きを見る »

フランスSS突撃大隊

フランスSS突撃大隊(独:Französische SS-Sturmbataillon)は、第二次世界大戦(独ソ戦)末期ドイツ国(ナチス・ドイツ)の武装親衛隊フランス人義勇兵部隊(1945年4月末のベルリン市街戦でソビエト赤軍と交戦した武装親衛隊フランス人義勇兵1個大隊)。 1945年3月に東部戦線のポメラニアで壊滅した第33SS所属武装擲弾兵師団「シャルルマーニュ」(33.

新しい!!: 亡命とフランスSS突撃大隊 · 続きを見る »

フランス植民地帝国

何世紀にもわたるフランスの占領地及び領土 フランス植民地帝国(フランスしょくみんちていこく、仏:Empire colonial français)は、16世紀から20世紀にかけてフランスが海外に建設した植民地の集合体である。この場合の「帝国」とは、フランス本国の政体が王政・帝政・共和政のいずれであるかにかかわらず、海外の多民族の領域を支配したことを指す。.

新しい!!: 亡命とフランス植民地帝国 · 続きを見る »

フランソワ・トスケル

フランソワ・トスケル(、1912年8月22日 - 1994年9月25日) はスペインのカタロニア地方出身の人物で、精神科医である。 制度による精神療法の発明者の一人として知られる。ほか、共和制マルクス主義者でありフランコ体制下のスペインとの対立抗争でフランスへ亡命した後フランス国籍を取得し、1994年9月25日グランジュ=シュル=ロで没した。.

新しい!!: 亡命とフランソワ・トスケル · 続きを見る »

フランソワ・デュヴァリエ

フランソワ・デュヴァリエ(François Duvalier、1907年4月14日 - 1971年4月21日)は、ハイチの政治家、大統領。大統領就任以前は疫病への取り組みを通じて高い評価を得たことで、「パパ・ドク」という愛称で呼ばれた。さらに1950年の軍事クーデターを鎮め、ポピュリズムとブラックナショナリズムを背景にして大統領に就任した。しかし就任後は独裁色を強め、政敵を粛清し、軍を弱体化させた。個人崇拝や、トントン・マクートと呼ばれた地方を基盤とする民兵組織や、ブードゥー教を利用した圧政を敷いたことにより、およそ3万人のハイチ人が死亡したといわれ、それを逃れて亡命した知識人たちがハイチには戻ることはなかった。1964年から終身大統領となり、また息子のジャン=クロードにその地位を引き継がせた。.

新しい!!: 亡命とフランソワ・デュヴァリエ · 続きを見る »

フランソワ・カロン

平戸のオランダ商館(17世紀の版画) 『日本大王国志』に掲載された、カロンの発言に基づいた日本地図。カロンは『日本大王国志』の中で、「蝦夷地は探検が十分でなく、島か半島か不明であり、津軽海峡は大きな入り江である」と書いている。地図は1661年に作製されたものだが、その根拠は1636年のカロンの知識である フランソワ・カロン(François Caron、1600年 - 1673年4月5日)は、オランダに亡命したフランスのユグノー教徒。オランダ東インド会社に30年以上勤務し、最終的にはバタヴィア商務総監(植民地総督の次席)にまで昇進した 。後にはフランス東インド会社の長官(1667–1673)を務めたFrazer, Robert Watson.

新しい!!: 亡命とフランソワ・カロン · 続きを見る »

フランソワーズ・モレシャン

フランソワーズ・モレシャン(Françoise Moréchand、1936年3月29日 - ) はフランスのライフスタイルアドバイザー、エッセイスト。ユネスコ日本協会スペシャルアドバイザー。元シャネル美容部長。外国人タレントの走りとされる。 夫は映画評論家の永瀧達治。.

新しい!!: 亡命とフランソワーズ・モレシャン · 続きを見る »

フラディケ・デ・メネゼス

フラディケ・デ・メネゼス(Fradique de Menezes、1942年3月21日 - )は、サントメ・プリンシペ民主共和国の政治家。外務大臣(1986年 - 1987年)、大統領(2001年9月3日 - 2011年9月3日)などを歴任した。 サントメ島(当時ポルトガル領)生まれ。ポルトガルの高校を卒業後、ベルギーの首都ブリュッセルにある大学にて教育学と心理学を学ぶ。実業家として成功した後、サントメ・プリンシペの外相を務める。2001年7月の大統領選挙で独立民主行動から出馬し、現職候補を上回る55.2パーセントの票を獲得、同年9月3日から大統領を務める。なお、彼は出馬前にポルトガル市民権を放棄している。 2003年7月16日、ナイジェリアに滞在中率いるクーデターで一時亡命状態に陥るも、国際的な交渉の成功により、7月23日に無血で復権した。 Category:サントメ・プリンシペの大統領 Category:1942年生 Category:存命人物.

新しい!!: 亡命とフラディケ・デ・メネゼス · 続きを見る »

フリードリヒ・ヴォルフ

フリードリヒ・ヴォルフ(Friedrich Wolf、1888年12月23日 - 1953年10月5日)は、ノイヴィート生まれのドイツの医師、作家、共産党の政治家。.

新しい!!: 亡命とフリードリヒ・ヴォルフ · 続きを見る »

フリードリヒ・エンゲルス

フリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels、1820年11月28日 - 1895年8月5日)は、ドイツの社会思想家、政治思想家、ジャーナリスト、実業家、共産主義者、軍事評論家、革命家、国際的な労働運動の指導者。 盟友であるカール・マルクスと協力して科学的社会主義の世界観を構築し、労働者階級の歴史的使命を明らかにした。マルクスを公私にわたり支え、世界の労働運動、革命運動、共産主義運動の発展に指導的な役割を果たした。.

新しい!!: 亡命とフリードリヒ・エンゲルス · 続きを見る »

フレッド・ブラッシー

フレッド・ブラッシー(Fred Blassie、本名:Frederick Kenneth Blassman、1918年2月8日 - 2003年6月2日)は、アメリカ合衆国のプロレスラーおよびプロレスのマネージャー。ミズーリ州セントルイス出身。 反則の噛みつき攻撃を得意としていたことからヴァンパイア(Vampire)と呼ばれる一方、「粋な」「高級な」などを意味するクラッシー(Classy)をニックネームにもしていた。ハリウッド・ファッション・プレート(The Hollywood Fashion Plate)の異名も持ち、スポーツ・エンターテインメントのプロとして衣装や身だしなみなどのビジュアル面には非常に気を使っていたことでも知られ、後年のザ・ロックやクリス・ジェリコらが彼の影響を受けた『フレッド・ブラッシー自伝』P253-254。 日本では「銀髪鬼」「吸血鬼」「噛みつき魔」などと呼ばれ、力道山との試合などで黎明期の日本プロレス界に衝撃を与えた。親日家でもあり、後妻の三耶子(ミヤコ)夫人は1965年の来日時に出会った日本人で、1968年に結婚した『フレッド・ブラッシー自伝』P229。 決め台詞は自伝のタイトルにも使われた "Listen, You Pencil Neck Geeks!" (「よく聞け、このヘタレ野郎ども!」などの意味)。.

新しい!!: 亡命とフレッド・ブラッシー · 続きを見る »

フーゴー・ライヒテントリット

フーゴー・ライヒテントリット(Hugo Leichtentritt, 1874年1月1日 - 1951年11月13日)は、アメリカ合衆国の音楽学者。ドイツ系ユダヤ人と東欧系ユダヤ人の血を引く。.

新しい!!: 亡命とフーゴー・ライヒテントリット · 続きを見る »

ファン・ボイ・チャウ

ファン・ボイ・チャウ(、1867年12月26日 - 1940年10月29日)は、ベトナムの民族主義運動の指導者である。.

新しい!!: 亡命とファン・ボイ・チャウ · 続きを見る »

ファシスト党

国家ファシスト党(こっかファシストとう、Partito Nazionale Fascista、PNF)は、かつて存在したイタリア王国の政党。ファシズム運動を掲げ、左右の超越を志向した独裁体制を構築した。 現在のイタリア議会では民主主義に対する脅威として、後継組織である共和ファシスト党と並んで再結党が禁止されている("Transitory and Final Provisions", Disposition XII)。.

新しい!!: 亡命とファシスト党 · 続きを見る »

フアン・ミランダ

フアン・ミゲル・ミランダ・ラミレス(Juan Miguel Miranda Ramírez, 1983年4月25日 - )は、キューバ・ピナール・デル・リオ州出身のプロ野球選手(一塁手)。左投げ左打ち。現在はフリーエージェント。 北海道日本ハムファイターズでの登録名は、ホアン・ミランダ。 キューバのサイトでは1981年生まれとなっている。.

新しい!!: 亡命とフアン・ミランダ · 続きを見る »

フィリップ (エディンバラ公)

ディンバラ公フィリップ王配Princeの称号は必ずしも適当な訳語があるものではないが、外務省において「王配殿下」、宮内庁において「英国王配エディンバラ公フィリップ殿下」と呼称していることに鑑み、「王配」の訳を当てている。なお、エリザベス2世女王との間の息子らも同じ称号を名乗るが、この場合には同様の理由により「王子」の訳を当てている。イギリスにおけるPrinceという称号の意義についてはBritish princeを参照。(Prince Philip, Duke of Edinburgh、1921年6月10日 - )は、イギリス王室の成員、イギリス女王エリザベス2世の夫(王配)。次期王位継承者・チャールズの実父。爵位・称号は Prince of the United Kingdom、エディンバラ公爵、メリオネス伯爵、グリニッジ男爵、イギリス海陸空軍元帥、Lord High Admiral(:en:List of Lord High Admirals (United Kingdom)) 、日本学士院名誉会員。敬称は His Royal Highness(殿下)。 祖父にギリシャ王ゲオルギオス1世 、曾祖父にデンマーク王クリスチャン9世、高祖父にロシア皇帝ニコライ1世、高祖母にイギリス女王ヴィクトリアがいる。 イギリス海軍で第2次世界大戦に従軍後、当時即位前のエリザベスと結婚。女王即位後は海軍を退役し、長年女王を支えてきた。女王の公務の大半に同伴、単独での海外訪問も143カ国637回に上り、公務は単独でも65年間で2万2千件以上行った。現在も785団体の会長や支援者を務める読売新聞 東京本社版 2017年5月6日。 96歳と高齢になっていた2017年8月2日にバッキンガム宮殿でイギリス海兵隊を閲兵したのを最後に、全ての公務から引退した。.

新しい!!: 亡命とフィリップ (エディンバラ公) · 続きを見る »

フィリピン

フィリピン共和国(フィリピンきょうわこく、Republika ng Pilipinas、Republic of the Philippines、) 通称フィリピンは、東南アジアに位置する共和制国家である。島国であり、フィリピン海を挟んで日本とパラオ、ルソン海峡を挟んで台湾、スールー海を挟んでマレーシア、セレベス海を挟んでインドネシア、南シナ海を挟んで中国およびベトナムと対する。フィリピンの東にはフィリピン海、西には南シナ海、南にはセレベス海が広がる。首都はマニラで、最大の都市はケソンである。国名のフィリピンは16世紀のスペイン皇太子フェリペからちなんでいる。.

新しい!!: 亡命とフィリピン · 続きを見る »

フィルハーモニア・フンガリカ

フィルハーモニア・フンガリカ(Philharmonia Hungarica)は、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州マール(Marl)にかつて存在したオーケストラである。 1956年に当時のハンガリー人民共和国で起きたいわゆる「ハンガリー動乱」により多数のハンガリー人音楽家がドイツに亡命したが、そのハンガリー人音楽家を結集してウィーンで1957年に設立された。後にマールへ本拠地を移した。初代音楽監督はアンタル・ドラティで、デッカ・レーベルで意欲的にレコーディングに取り組み、世界初のハイドン交響曲全集やコダーイ管弦楽曲全集などが高く評価された。 しかし冷戦終結後は活動が停滞し、ドイツ統一後の財政難のため2001年4月22日デュッセルドルフでのコンサートを最後に解散した。 ハンガリー系以外の音楽家にも門戸が開かれ、日本人の団員として、フルートの酒井秀明、オーボエの青山聖樹(現・NHK交響楽団)、コンサートマスターの上野眞樹らが在籍していたこともある。 Category:ドイツのオーケストラ Category:かつて存在したオーケストラ Category:ハンガリーの音楽 Category:ノルトライン=ヴェストファーレンの文化 Category:ノルトライン=ヴェストファーレンの組織 Category:ノルトライン=ヴェストファーレンの歴史 Category:ドイツ・ハンガリー関係 Category:かつて存在したドイツの組織‎ Category:ドイツの音楽史.

新しい!!: 亡命とフィルハーモニア・フンガリカ · 続きを見る »

フィンランド共産党

フィンランド共産党(ふぃんらんどきょうさんとう、フィンランド語:Suomen Kommunistinen Puolue、スウェーデン語:Finlands kommunistiska parti、略称:SKP)とは、フィンランドにかつて存在した共産主義政党。 コミンテルン支部として発足したが、1944年までフィンランド国内では非合法とされていた。そのため、1920年代にはフィンランド社会労働党(1920年 - 1923年)並びに社会主義労農選挙団(1924年 - 1930年)へ参加(その後、両者は何れも政府により活動が禁止)。1944年には新たな前衛組織として、フィンランド人民民主同盟(SKDL)を結成するに至る。.

新しい!!: 亡命とフィンランド共産党 · 続きを見る »

フィンランド民主共和国

モロトフ フィンランド民主共和国(フィンランドみんしゅきょうわこく、Suomen Kansanvaltainen Tasavalta、Finnish Democratic Republic)は、フィンランドに1939年12月1日から1940年3月13日の冬戦争終戦まで存在したソビエト連邦による傀儡政権。カレリア地峡の町テリヨキ(現在の)が臨時の首都と定められ、ソ連はこの政府を唯一のフィンランド政府とみなした。 首班(議長)はソ連に亡命していた共産党員オットー・クーシネンであった。当初(11月12日)ではストックホルム在住の中央委員、アルボ・トゥオミネン(:en:Arvo Tuominen)が候補であったが、彼が力不足を理由に拒否したためクーシネンが就任することになったとされる。.

新しい!!: 亡命とフィンランド民主共和国 · 続きを見る »

フィデル・カストロ

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz (audio), 1926年8月13日 - 2016年11月25日 時事ドットコム 11月26日付)は、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。 国家元首として在職中、日本国内においては「カストロ議長」と呼称されることが多かった。なお、本項では本人を指す場合は原則として「フィデル」の表記を用いる。これは、彼の弟にして後継者であるラウル・カストロの存在があるためで、ラウルについても本項では原則として「ラウル」の表記を用いる。.

新しい!!: 亡命とフィデル・カストロ · 続きを見る »

フィデル・カストロ暗殺未遂事件

ホセ・マルティ記念碑の前で演説するフィデル・カストロ フィデル・カストロ暗殺未遂事件(フィデル・カストロあんさつみすいじけん)では、キューバにて1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた、フィデル・カストロに対する暗殺未遂事件を扱う。未遂事件は国家元首就任時から、腸炎の療養に伴い弟のラウル・カストロへ議長職を暫定委譲(その後2008年2月24日、国家評議会議長に選出)し一線を退いた2006年まで638件にも上り、「暗殺されそうになった回数が最も多い人物」として、2011年にギネスブックへの掲載が決まった。.

新しい!!: 亡命とフィデル・カストロ暗殺未遂事件 · 続きを見る »

フイヤン派

バルナーヴの変節を風刺したもので、「1789年は民衆の人、1791年は宮廷の人」 フイヤン派(フイヤンは、Feuillant)は、フランス革命に登場した党派の一つで、立憲君主派の連合である。フイヤン修道院(en)を新しい集会場としてフイヤン・クラブ(Club des Feuillants)を結成したことから、こう呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とフイヤン派 · 続きを見る »

フェリックス・ペレス (野球)

フェリックス・ペレス・カルドーソ(Felix Perez Cardoso、1984年11月14日 - )は、キューバ・ハバナ州出身のプロ野球選手(外野手)。左投左打。メキシカンリーグのアグアスカリエンテス・レイルロードメン所属。 東北楽天ゴールデンイーグルスでは初めてのキューバ出身選手であった 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2016年7月11日配信。.

新しい!!: 亡命とフェリックス・ペレス (野球) · 続きを見る »

フェルナンド・ソル

フェルナンド・ソル(スペイン語:Fernando Sor, カタルーニャ語:Ferran Sor i Muntadesファラン・ソル・イ・ムンタデース, 1778年2月13日?(洗礼日は2月14日) - 1839年7月10日)は、スペイン・バルセロナ生まれの作曲家・ギター奏者。スペインでは「ギターのベートーヴェン」とも呼ばれる。ソルは、ギターの音楽レベルを可能な限り高め、ギターを世に広める努力をしたギターの第1期黄金期に活躍した一人である。また、過去200年において、コンサート楽器としてのギターのための曲を最も書いた作曲家の一人である。.

新しい!!: 亡命とフェルナンド・ソル · 続きを見る »

フェルル

フェルル (Verl) は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州デトモルト行政管区のギュータースロー郡に属す市である。ビーレフェルトの南 15 km に位置し、人口は約 25,000人である。 現在の自治体フェルルは、アムト・フェルルの5町村の多くの断片が合併して成立した。内の現在の市域に位置する集落は1088年に記録が遺されている。フェルルは2010年1月1日に郡所属市に昇格した。 に面することからフェルルはしばしば「エルバッハシュタット」(市に昇格する前は「エルバッハゲマインデ」、「エルバッハ川の街」の意味)と呼ばれる。カウニッツにあるオストヴェストファーレンハレによってこの地域外でも有名である。1966年からこのホールでは、ドイツ最大級の動物および骨董品の市である「ホビーマルクト」が月ごとに開催されている(2016年3月29日 閲覧)。 ジューレンハイデ地区を流れるエルバッハ川.

新しい!!: 亡命とフェルル · 続きを見る »

フェルディナンド・マルコス

フェルディナンド・エドラリン・マルコス(Ferdinand Edralin Marcos、1917年9月11日 - 1989年9月28日)は、フィリピン共和国の政治家で独裁者。第10代フィリピン共和国大統領。20年間にわたって権力を握ったが、1986年のエドゥサ革命によって打倒された。.

新しい!!: 亡命とフェルディナンド・マルコス · 続きを見る »

フェドン・キジキス

フェドン・キジキス(ギリシャ語 Φαίδων Γκιζίκης, 1917年6月16日 - 1999年7月27日)は、ギリシャの軍人。1973年から1974年まで大統領を務めた。.

新しい!!: 亡命とフェドン・キジキス · 続きを見る »

フォンテーヌブロー宮殿

フォンテーヌブロー宮殿(仏:Palais de Fontainebleau)はセーヌ=エ=マルヌ県に在する、フランスで最も大きな宮殿。フォンテーヌブロー城(城館) (Château de Fontainebleau) とも呼ばれる。「フォンテーヌブロー」は「フォンテンブロー」とも表記する。宮殿の現在の姿は多くのフランス王による築城の結実であり、基本的な建築構造はフランソワ1世による。建物は中庭を囲むように広がり、フォンテーヌブローの街がかつての王の狩猟場(フォンテーヌブローの森)跡を取り囲むように発展している。.

新しい!!: 亡命とフォンテーヌブロー宮殿 · 続きを見る »

フス派

フス派は、カトリックの司祭ヤン・フスがチェコで始めた改革派。フーシテン(ドイツ語:Hussiten)とも呼ばれた。主にチェコとポーランドに勢力を拡大した。フス戦争ではカトリックと戦い、後に和約が成立し復帰したが、意味合い的にはプロテスタントの先駆けである。.

新しい!!: 亡命とフス派 · 続きを見る »

フサイン・イブン・アリー (マッカのシャリーフ)

フサイン・イブン・アリー(、1853年 - 1931年6月4日)はマッカ(メッカ)のシャリーフ(在位:1908年 - 1916年)でオスマン帝国からのアラブ独立運動の指導者。のちヒジャーズ王国の国王(在位:1916年 - 1924年)、カリフ(自称、在位:1924年)。 現在のヨルダン王家の直接の祖である。ヨルダンで発行されている1ディナール紙幣に肖像が使用されている。.

新しい!!: 亡命とフサイン・イブン・アリー (マッカのシャリーフ) · 続きを見る »

ドミトリー・シトコヴェツキー

ドミトリー・ユリアノヴィチ・シトコヴェツキー(Dmitry Sitkovetsky, Дмитрий Юлианович Ситковецкий, 1954年9月27日 - )は、旧ソ連出身のヴァイオリニスト・指揮者。.

新しい!!: 亡命とドミトリー・シトコヴェツキー · 続きを見る »

ドミシアン・ンダイゼイエ

ドミシアン・ヌダイゼイエ(Domitien Ndayizeye, 1953年5月2日 - )は、ブルンジの政治家で大統領。フツ族。フツ族最大政党のブルンジ民主戦線(FRODEBU)党員。 1972年にフツ族大虐殺が起こるとベルギーへ亡命し、その後隣国ルワンダへ移った。1993年に初のフツ族大統領(メルシオル・ンダダイエ)が誕生すると帰国したが、1995年2月に殺人未遂容疑で禁固刑を受け、1996年3月まで収監。2000年FRODEBU事務局長、2001年には副大統領に就任し、2003年4月30日にピエール・ブヨヤより大統領職を移譲された。 2005年8月26日、大統領職は元反政府武装組織兵士のピエール・ンクルンジザに引き継がれた。.

新しい!!: 亡命とドミシアン・ンダイゼイエ · 続きを見る »

ドラえもんのひみつ道具 (おあ-おこ)

ドラえもんのひみつ道具 (おあ-おこ) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「おあ」で始まるものから「おこ」で始まるものまでを列挙する。.

新しい!!: 亡命とドラえもんのひみつ道具 (おあ-おこ) · 続きを見る »

ドランブイ

ドランブイ(Drambuie, ドランビュイ)とは、モルト・ウィスキーをベースに作られる、リキュールの1種である。アルコール度数は40度、エキス分は35%。名称は、モルト・ウィスキー発祥の地とも言われるハイランド地方の言葉であるゲール語の「飲む(dram)」と「満足な(buidheach)」を合成して「Drambuie」としたもので、「満足できる酒」「満足すべき飲み物」といった意味。なお、しばしばアイリッシュ・ミストと比較される酒であるが、ドランブイの方がアイリッシュ・ミストよりも、ずっと古くから作られてきたという経緯がある。.

新しい!!: 亡命とドランブイ · 続きを見る »

ドラグーティン・ディミトリエビッチ

ドラグーティン・ディミトリイェヴィチ(セルビア語表記:Драгутин Димитријевић) 1876年8月17日 - 1917年6月27日)はセルビア王国の軍人で民族主義者、テロリスト。秘密組織黒手組の指導者である。暗号名「アピス」(Апис)で知られている。黒手組は1903年に国王アレクサンダル・オブレノヴィチを暗殺し、また1914年のオーストリア=ハンガリー帝国のフランツ・フェルディナント大公の暗殺も主導した。このサラエヴォ事件を原因として第1次世界大戦が勃発した。.

新しい!!: 亡命とドラグーティン・ディミトリエビッチ · 続きを見る »

ドリトル先生シリーズの登場キャラクター

『ドリトル先生アフリカゆき』初版本(1920年)の内扉(ロフティング画) ドリトル先生シリーズの登場キャラクター(ドリトルせんせいシリーズのとうじょうキャラクター)では、ヒュー・ロフティングの児童文学作品『ドリトル先生』シリーズ(全12巻・番外編1巻)に登場する人物と動物について記述して行く。 人物・動物の名称は原則として井伏鱒二訳の岩波書店(ドリトル先生物語全集・岩波少年文庫)版に拠り原文の名称をカッコ内に併記するが、特に必要な場合は河合祥一郎訳の角川つばさ文庫版における名称を本文中に記載する。また、各巻の表題は岩波版のものに統一する。注記で参照する本編中の描写に関しては版や訳者によりページ数が異なる為、ページ数ではなく「第1部2章」のような形で表す。.

新しい!!: 亡命とドリトル先生シリーズの登場キャラクター · 続きを見る »

ドレフュス事件

ドレフュス事件(ドレフュスじけん、Affaire Dreyfus)とは、1894年にフランスで起きた、当時フランス陸軍参謀本部勤務の大尉であったユダヤ人のアルフレド・ドレフュスがスパイ容疑で逮捕された冤罪事件である。.

新しい!!: 亡命とドレフュス事件 · 続きを見る »

ドービニーの庭

ドービニーの庭(どーびにーのにわ)とは、1890年7月にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。.

新しい!!: 亡命とドービニーの庭 · 続きを見る »

ドイツ

ドイツ連邦共和国(ドイツれんぽうきょうわこく、Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(Deutschland)は、ヨーロッパ中西部に位置する連邦制共和国である。もともと「ドイツ連邦共和国」という国は西欧に分類されているが、東ドイツ(ドイツ民主共和国)の民主化と東西ドイツの統一により、「中欧」または「中西欧」として再び分類されるようになっている。.

新しい!!: 亡命とドイツ · 続きを見る »

ドイツにおける1848年革命

ルマニア』、フィリップ・ファイト画、1848年 ドイツ国旗の起源となった黒・赤・金旗を振る市民(ベルリン三月革命) ドイツにおける1848年革命(ドイツにおける1848ねんかくめい、Revolution 1848/1849 in Deutschland、Revolutions of 1848 in the German states)または三月革命(さんがつかくめい、Märzrevolution、March Revolution)は、ヨーロッパ諸国に起こった1848年革命のうち、オーストリア帝国を含むドイツ連邦各地に起こった連鎖的抗争。旧神聖ローマ帝国のドイツ系領域を引き継いだがいまだ39か国の独立国の連合にすぎなかったドイツ連邦の中にあって、革命においては汎ゲルマン主義が鼓舞され、伝統的・専制的政治体制への国民的不満、ドイツ関税同盟への国民的期待が表明された。 革命において、中産階層は自由主義に傾倒していたが、労働者階層はその労働・生活条件の急進的改善を要求しており、両者の革命の方向性の対立から、保守的王侯貴族による反革命が成功した。自由主義者は政治的迫害を逃れるために亡命を余儀なくされ、多くはアメリカ合衆国に移住してウィスコンシン州やテキサス州に落ち着き、と呼ばれた。.

新しい!!: 亡命とドイツにおける1848年革命 · 続きを見る »

ドイツにおける死刑

このドイツにおける死刑では、ドイツにおける死刑について解説する。なお、ドイツにおける死刑制度は、西ドイツでは1949年に、東ドイツでは1987年に廃止された。.

新しい!!: 亡命とドイツにおける死刑 · 続きを見る »

ドイツの原子爆弾開発

ドイツの原子爆弾開発(ドイツのげんしばくだんかいはつ)では、第二次世界大戦中にナチス政権下のドイツで行われた原子爆弾の開発計画と、第二次世界大戦後の状況に関する記述を行う。.

新しい!!: 亡命とドイツの原子爆弾開発 · 続きを見る »

ドイツのための選択肢

ドイツのための選択肢(ドイツのためのせんたくし、Alternative für Deutschland、略称:AfD(アーエフデー))は、ドイツの政党。党首はイェルク・モイテンとアレクサンダー・ガウラント。 2013年、ギリシャ経済危機を契機に反EUを掲げて結党され、ドイツのEU離脱を最大の目標として掲げている。EU加盟国で議論となっている移民問題についても強く反対している事から右派政党とされる。キリスト教社会同盟を上回るため極右政党と紹介される場合もある。.

新しい!!: 亡命とドイツのための選択肢 · 続きを見る »

ドイツ国際平和村

ドイツ国際平和村(ドイツこくさいへいわむら、Friedensdorf international)は1967年7月6日、ドイツの市民団体の手によって、戦争や内乱に巻き込まれ傷ついた子供達を救済するためのNGOとして誕生した。ドイツのオーバーハウゼンの町で、そのスタートが切られ、今日もそこに本部を置いている。ドイツ国内の他の都市には平和村の支援組織がある。きっかけになったのは、イスラエルとエジプトの間の六日間戦争(第三次中東戦争)であった。 活動の主体は、戦災により傷ついた子供達の医学的な治療で、現地ではできない手術や高度な治療がヨーロッパでなら出来る場合、あるいはより良い治療がヨーロッパでなら出来る場合、そうした子供達をヨーロッパに連れてきて治療を受ける機会を提供することである。但し、その両親ないし片親が現地にいて、治療が終了したら子供が親の元に帰ることが前提になっている。亡命や養子縁組などの仲介は行っていない。 もちろん、子供達が母国で治療が受けられればなお良いということで、紛争、戦闘の続く世界各地の現場にも国際平和村が、現地のスタッフと共同で治療キャンプを設営、運営するという活動も平行して行われている。カンボジア、アフガニスタン、ルーマニア、スリランカなどに平和村が設置され、治療などの活動を展開している。 1989年には、アメリカ合衆国のカリフォルニア州で活動している"Children as the peacemakers foundation"という団体から国際平和賞を、またレゴ社からも"Ygdrasil"(The Tree of Life)という賞を授与されている。1990年にはフランスの退役軍人の団体から「平和の名誉メダル」を受賞。ドイツ国内、および日本を含む西側先進国には平和村の支部ができ、世界各国からの募金集めの活動と平和村の活動の広報活動を行っている。日本では、女優の東ちづるが、TVクルーと共に訪問、TV番組として報道されて以来、日本からも多額の募金が届くようになった。.

新しい!!: 亡命とドイツ国際平和村 · 続きを見る »

ドイツ社会民主党

ドイツ社会民主党(ドイツしゃかいみんしゅとう、ドイツ語:Sozialdemokratische Partei Deutschlands、略称SPD(エス・ペー・デー))は、ドイツの中道左派・社会民主主義政党。社会主義インターナショナル加盟。.

新しい!!: 亡命とドイツ社会民主党 · 続きを見る »

ドイツ民主共和国

ドイツ民主共和国(ドイツみんしゅきょうわこく、Deutsche Demokratische Republik; DDR)、通称東ドイツ(ひがしドイツ、Ostdeutschland)または東独(とうどく)は、第二次世界大戦後の1949年に旧ドイツ国のソビエト連邦占領地域に建国された国家。旧ドイツ国西部から南部にかけてのアメリカ・イギリス・フランス占領地域に建国されたドイツ連邦共和国(西ドイツ)とともにドイツを二分した分断国家の一つ。1990年、ドイツ連邦共和国に領土を編入される形で消滅した。.

新しい!!: 亡命とドイツ民主共和国 · 続きを見る »

ドク・ウマロフ

ドク・ハマトヴィチ・ウマロフ(Doku Khamatvich Umarov, 1964年4月13日 - 2014年3月7日)は、チェチェン独立派の野戦指揮官で、国際的に未承認のカフカース首長国の初代アミール(首長)。同じく国際的に未承認のチェチェン・イチケリア共和国の第5代大統領でもあった。.

新しい!!: 亡命とドク・ウマロフ · 続きを見る »

ドクトル・ジバゴ

『ドクトル・ジバゴ』(Доктор Живаго, 英語: Doctor Zhivago)は、ソ連の作家ボリス・パステルナークの小説。1957年出版。ロシア革命の混乱に翻弄される、主人公で医師のユーリー・ジバゴと恋人ララの運命を描いた大河小説。「戦争と革命の最中でも、人間は愛を失わない」内容でノーベル文学賞を授与された。.

新しい!!: 亡命とドクトル・ジバゴ · 続きを見る »

ニノイ・アキノ国際空港

ニノイ・アキノ国際空港(ニノイ・アキノこくさいくうこう、、略称: ナイア)は、フィリピンのマニラ首都圏内のパサイ市とパラニャーケ市の境界上にある国際空港である。フィリピン航空およびセブパシフィック航空のハブ空港になっている。.

新しい!!: 亡命とニノイ・アキノ国際空港 · 続きを見る »

ニャシンベ・エヤデマ

ニャシンベ・エヤデマ1983年撮影 ニャシンベ・エヤデマ(Gnassingbé Eyadema, 1935年12月26日 - 2005年2月5日)は、トーゴの政治家、軍人。 トーゴ人民連合 (RPT:Rally of the Togolese People) 前指導者。元大統領。当初の名前はエティエン・エヤデマ・ニャシンベ(Étienne Eyadéma Gnassingbé)で、後にニャシンベ・エヤデマに改めた。 公式には1935年12月26日生まれとされる。Comi M. Toulaborによると、公式出生日は「空想の産物」であり、「彼は1930年ごろ生まれたと言った方が正確だろう」という。出生地は、カラ州Kozah県のPya村である。彼の母は、後にママン・ンダニダ(Maman N’DanidaまたはMaman N’Danidaha)と呼ばれる。 1953年 - 1961年はフランス外人部隊に参加し、インドシナ戦争やアルジェリア独立戦争などに従軍。1963年1月7日、シルバヌス・オリンピオ初代大統領打倒クーデターに参加。当時シルバヌス・オリンピオ大統領によって追放され、亡命中だったニコラ・グルニツキーを帰国させて大統領に就任させた。1965年軍参謀長就任。1966年、クーデターから3年の間にグルニツキーは国民の支持を失い、トーゴ南部人を中心とする「統一トーゴ党」による大規模デモが勃発。指導者ノエ・クツクルイの掲げるオリンピオ大統領殺害に関する訴追を恐れたエヤデマは、軍を動員してこれを弾圧した。 1972年のエヤデマ 1967年1月7日、二度目となるクーデターでニコラ・グルニツキー第2代大統領を追放し、無血クーデターに成功。の暫定政権を経て、4月に大統領就任。 憲法を停止し、議会を解散させたエヤデマは南北出身者のバランスを考慮した内閣を発足させて安定させ、以降、政治的安定を国民に印象付ける事に邁進する。大規模な抑圧姿勢を見せぬ一方、陰謀を駆使して巧妙に政敵を排除し、トーゴの内政を警察国家的手法を駆使して安定させる。 1979年12月30日、大統領選挙で99.97%の支持を得て大統領に就任。議会を発足させ、表面的には民主体制へ軟着陸した。 1991年、民主化運動の高まりに対しエヤデマは譲歩を余儀なくされ、国民会議の開催を認めた。国民会議は民主化移行政府を発足したものの、内部対立を繰り返し、軍を握るエヤデマはその隙を突いて勢力を回復させ、1993年の大統領選挙で再選された。さらに2002年には憲法の三選禁止条項を撤廃させ、政敵の大統領立候補資格を剥奪。再び独裁者となった。 大統領在職期間はアフリカで最長の38年間におよんだ。 2005年2月5日、病気療養のためフランスに向かう途中、心臓発作で死去した。後継には息子のフォール・ニャシンベ設備・鉱業・電気通信相が就任した。.

新しい!!: 亡命とニャシンベ・エヤデマ · 続きを見る »

ニュースクール大学

ニュースクール大学 (The New School) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区グリニッジ・ヴィレッジにある私立総合大学である。1919年創立で、 長きに渡り New School for Social Researchとして知られた。黒人史、女性史、映画史などを初めて取り入れるなど革新的な学校として知られた鈴木宏枝、白百合女子大学、2017年 。 傘下の7つの大学には約9,300名の大学生および大学院生が在籍。社会学、一般教養、人文科学、建築、芸術、デザイン、音楽、ドラマ、経済学、心理学、公共政策などを学んでいる。 傘下大学の一つにパーソンズ美術大学がある。.

新しい!!: 亡命とニュースクール大学 · 続きを見る »

ニュースステーション

『ニュースステーション』(NEWS STATION)は、1985年(昭和60年)10月7日から2004年(平成16年)3月26日まで、テレビ朝日系列(ANN)で平日(祝日も含む)22時台に生放送されていた報道番組である。テレビ朝日とオフィス・トゥー・ワンの共同制作。全4,795回の平均視聴率は、14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)2007年4月5日スポーツニッポン「小宮悦子、2度目の離婚 10歳“姉さん婚”から12年--「女性セブン」報じる」。通称「Nステ(エヌステ)」、「NS(エヌエス)」、「Nステーション(エヌステーション、テレビ欄)」。.

新しい!!: 亡命とニュースステーション · 続きを見る »

ニカラグアのイスラム教

本項目ではニカラグアのイスラム教について記述する。.

新しい!!: 亡命とニカラグアのイスラム教 · 続きを見る »

ニキータ・フルシチョフ

ニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョフ(Ники́та Серге́евич Хрущёв(ニキータ・セルゲーエヴィチ・フルシチョーフ)、ラテン文字表記の例:Nikita Sergeyevich Khrushchev、Мики́та Сергі́йович Хрущо́в(ムィクィータ・セルヒーヨヴィチ・フルシチョーウ)、1894年4月17日 - 1971年9月11日)は、ソビエト連邦の政治家、同国の第4代最高指導者。ソビエト連邦共産党中央委員会第一書記と閣僚会議議長(首相)を兼務した。民族的にはウクライナ人。 ヨシフ・スターリンの死後、スターリン批判によってその独裁と恐怖政治を世界に暴露し、非スターリン化に基づいて個人崇拝を否定し、集団指導を掲げた。対外的には、アメリカ合衆国を中心とする西側陣営と平和共存を図り、核実験を抑制しようとした。一方で中華人民共和国およびアルバニアと激しく対立し、またハンガリー動乱に際し軍事介入を行うなど社会主義国同士の紛争が目立った。.

新しい!!: 亡命とニキータ・フルシチョフ · 続きを見る »

ニコライ2世

ニコライ2世(、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ、、1868年5月18日(ユリウス暦5月6日) - 1918年7月17日(ユリウス暦7月4日))は、ロマノフ朝第14代にして最後のロシア皇帝(在位1894年11月1日 - 1917年3月15日)。 皇后はヘッセン大公国の大公女アレクサンドラ・フョードロヴナ(通称アリックス)。皇子女としてオリガ皇女、タチアナ皇女、マリア皇女、アナスタシア皇女、アレクセイ皇太子がいる。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世やイギリス国王ジョージ5世は従兄にあたる。 日露戦争・第一次世界大戦において指導的な役割を果たすが、革命勢力を厳しく弾圧したためロシア革命を招き、1918年7月17日未明にエカテリンブルクのイパチェフ館において一家ともども虐殺された。東ローマ帝国の皇帝教皇主義の影響を受けたロシアにおいて、皇帝は宗教的な指導者としての性格も強いため、正教会の聖人(新致命者)に列せられている。.

新しい!!: 亡命とニコライ2世 · 続きを見る »

ニコライ・ユデーニチ

ニコライ・ニコラーエヴィチ・ユデーニチ(Никола́й Никола́евич Юде́нич 、1862年7月30日 - 1933年10月5日)は、ロシアの軍人である。第一次世界大戦で最も功績のあった将軍のひとりで、ロシア内戦では北西方面にて白軍を指揮し、ソヴィエト・ロシアに対抗した。.

新しい!!: 亡命とニコライ・ユデーニチ · 続きを見る »

ニコラエ・チャウシェスク

ニコラエ・チャウシェスク( 、1918年1月26日 - 1989年12月25日)は、ルーマニアの政治家。ルーマニア共産党書記長(1965年 - 1989年)、ルーマニア社会主義共和国国家評議会議長(1967年 - 1989年)、初代大統領(1974年 - 1989年)。 1960年代から80年代にかけての24年間にわたり、ルーマニア共産党政権の頂点に立つ独裁的権力者として君臨した。.

新しい!!: 亡命とニコラエ・チャウシェスク · 続きを見る »

ホリア・シマ

ホリア・シマ(Horia Sima、1907年7月3日 - 1993年3月25日)は、ルーマニア王国の政治家。ルーマニアの民族主義団体鉄衛団の指導者。.

新しい!!: 亡命とホリア・シマ · 続きを見る »

ホワイトナイツ/白夜

『ホワイトナイツ/白夜 』(ホワイトナイツびゃくや、White Nights)は、1985年のアメリカ合衆国のドラマ映画。ミハイル・バリシニコフ、グレゴリー・ハインズ、イエジー・スコリモフスキ、ヘレン・ミレン、イザベラ・ロッセリーニに加え、キャリア初期のマリアム・ダボが出演している。テイラー・ハックフォード監督。.

新しい!!: 亡命とホワイトナイツ/白夜 · 続きを見る »

ホンジュラスのイスラム教

本項目ではホンジュラスのイスラム教について記述する。.

新しい!!: 亡命とホンジュラスのイスラム教 · 続きを見る »

ホーチミン市

ホーチミン市(ホーチミンし、 )は、ベトナム社会主義共和国最大の経済都市で、東南アジア有数の世界都市でもある。市街中心部の旧称はサイゴン()である。.

新しい!!: 亡命とホーチミン市 · 続きを見る »

ホージャ・ニヤーズ

(1930年代初).

新しい!!: 亡命とホージャ・ニヤーズ · 続きを見る »

ホテル・ルックス

ホテル・ツェントラール(旧:ホテル・ルックス)修復中の様子。2013年撮影 ホテル・ルックス(Hotel Lux)は、モスクワのゴーリキー通り(現トヴェルスカヤ通り)10番地にあった、ソビエト連邦の初期時代における、コミンテルンの外国人宿舎である大島1985。 後に東側諸国の要人となる多くの人物が滞在していたことで知られる。たとえば、ヴィルヘルム・ピーク(ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)初代大統領)、ヴァルター・ウルブリヒト(ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)国家評議会議長)、チトー(ユーゴスラビア大統領)、ラーコシ・マーチャーシュ(ハンガリー共産党書記長・首相)、ホー・チ・ミン(ベトナム国家主席)、周恩来(中国首相)、等である。 労農赤軍参謀本部第4局から日本に派遣されたスパイ、リヒャルト・ゾルゲとアイノ・クーシネンも、コミンテルンの職員だった時期にこのホテルに滞在しており、顔見知りでもあった。リヒャルト・ゾルゲがホテルを去って10年後に、ふたりは日本で再会することとなる坂内19925。 日本人の滞在者としては、片山潜が有名である。日本共産党代表で、長年にわたるホテル・ルックス居住者として、コミンテルンで最も知られた人物のひとりであった。.

新しい!!: 亡命とホテル・ルックス · 続きを見る »

ホイッグ党 (イギリス)

ホイッグ党(ホイッグとう、Whig Party)は、かつて存在したイギリスの政党。後の自由党及び自由民主党の前身にあたる。 ホイッグ党の起こりはイングランド王チャールズ2世の時代の1678年からpp1681年にかけての王位継承問題でカトリックであったチャールズ2世の弟ヨーク公ジェームズ(後のジェームズ2世)の即位に反対の立場をとった人達をさして"Whiggamore"と言ったのが始まりである。Whigはスコットランド方言の「馬を乗り回す」から来ていると見られる。.

新しい!!: 亡命とホイッグ党 (イギリス) · 続きを見る »

ホセ・マリア・ベラスコ・イバラ

ホセ・マリーア・ベラスコ・イバーラ(José María Velasco Ibarra、1893年3月19日- 1979年3月30日)は、エクアドルの政治家。労働者や大衆の支持を集めたポプリスモ政治家であり、「我にバルコニーを与えよ。されば大統領たらん」という発言で知られるとおりの雄弁家で抜群の政権獲得能力を示して、1934年から1935年、1944年から1947年、1952年から1956年、1960年から1961年、そして1968年から1972年の生涯に5度エクアドルの大統領に就任したが、その政権を任期満了までつとめられたのは1952年から56年の1期だけで、残りの4期はすべて彼の失政に耐えかねた軍によって政権を追われている。国内にいるよりも外国で亡命生活を送った時期のほうが長いため、「偉大なる不在者」とも呼ばれた。.

新しい!!: 亡命とホセ・マリア・ベラスコ・イバラ · 続きを見る »

ホセ・ラウレル

ラウレルの肖像のある「独立1周年」記念切手(1945年) ホセ・ラウレル(José Paciano Laurel, 1891年3月9日 - 1959年11月6日)はフィリピン共和国の第3代大統領。当時は第二次共和国で、日本軍政下であった。 コラソン・アキノ政権の副大統領サルバドール・ラウレルの父。.

新しい!!: 亡命とホセ・ラウレル · 続きを見る »

ホセ・アンヘル・ガルシア

ホセ・アンヘル・ガルシア・サンチェス (José Ángel García Sánchez, 1981年2月23日 -)は、キューバのハバナ州グアナハイ出身の野球選手(投手)。右投げ右打ち。キューバ国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"のカサドレス・デ・アルテミサに所属している。.

新しい!!: 亡命とホセ・アンヘル・ガルシア · 続きを見る »

ホセ・アブレイユ

ホセ・ダリエル・アブレイユ・コレア(José Dariel Abreu Correa, 1987年1月29日 - )は、キューバ共和国シエンフエーゴス州クルセス出身のプロ野球選手(一塁手)。右投右打。MLBのシカゴ・ホワイトソックスに所属。 WBC等ではスペイン語読みの「アブレウ」と表記されていた。愛称はマル・ティエンポ。.

新しい!!: 亡命とホセ・アブレイユ · 続きを見る »

ホセ・イバール

ホセ・イバール・メディーナ(José Ibar Medina, 1969年5月6日 - )は、キューバ共和国サンティアーゴ・デ・クーバ州ソンゴ・ラマヤ出身の元野球選手(投手)。右投げ右打ち。愛称は"Cheo"(チェオ)。.

新しい!!: 亡命とホセ・イバール · 続きを見る »

ホセ・イグレシアス

ホセ・アントニオ・イグレシアス・アレマン(José Antonio Iglesias Alemán, 1990年1月5日 - )は、キューバ共和国ハバナ出身のプロ野球選手(遊撃手)。右投右打。現在はMLBのデトロイト・タイガースに所属している。 愛称はカンデリータ。.

新しい!!: 亡命とホセ・イグレシアス · 続きを見る »

ホセ・コントレラス

ホセ・アリエル・コントレラス・カメホ(José Ariel Contreras Camejo, 1971年12月6日 - )は、キューバ・ピナール・デル・リオ州ラス・マルティナス出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在はフリーエージェント。.

新しい!!: 亡命とホセ・コントレラス · 続きを見る »

ダヤン・ビシエド

ダヤン・ビシエド・ペレス(Dayán Viciedo Pérez, 1989年3月10日 - )は、キューバ共和国・ビジャ・クララ州出身のプロ野球選手(一塁手、左翼手)。右投右打。現在は中日ドラゴンズに所属。 愛称は丸々とした体形からシカゴ・ホワイトソックスの実況アナウンサーのケン・ハレルソンが名付けた"The Tank"(ザ・タンク)、またはスペイン語で戦車を表す「エル・タンケ」。 発音表記では「ダイオン・ビシエイド(die-on vee-cee-AY-do)」となっている。.

新しい!!: 亡命とダヤン・ビシエド · 続きを見る »

ダライ・ラマ14世

ダライ・ラマ14世(1935年7月6日(チベット暦5月6日) - 、在位1940年 - )は、第14代のダライ・ラマである。法名はテンジン・ギャツォ()。 1935年、アムド地方(現在の青海省)の農家に生まれ、幼名をラモ・トンドゥプといった。4歳の時にダライ・ラマ14世として認定され、1940年に即位、1951年までチベットの君主の座に就いていたが、1959年にインドへ亡命して政治難民となり、インドのダラムサラに樹立された中央チベット行政府(現「チベット人民機構」、通称「チベット亡命政府」)においてチベットの国家元首を務めている。亡命後は、法的には領する国土をもたない亡命政権の長という地位にありながら、世界中にちらばるチベット民族に対して政教両面において指導的立場にある人物と目されている。また、欧米でもチベット仏教に関心のある人や複数の著名人の支持を得、ノーベル平和賞を受賞したことでその国際的影響力はさらなる広がりを見せており、中国は別として世界的にはチベットの政治と宗教を象徴する人物とみなされるようになった。2011年には、自身の政治的権限を委譲したいという意向を表明し、政府の長から引退することになった。これを承けた亡命チベット人憲章改定案では「チベット国民の守護者にして保護者であり、チベット人のアイデンティティと統合の象徴である」と規定され、ダライ・ラマがチベットの政教両面の権威者の座に即くというダライ・ラマ5世以来の伝統を終わらせることになった。 世界的に著名な仏教指導者の一人であり、チベット仏教のゲルク派において最高位の仏教博士号(ゲシェ・ラランパ)を持つ僧侶である。歴史上のダライ・ラマはゲルク派の正式な長ではなく、ゲルク派の教勢が伸長して他派との摩擦が生じた時代に事実上の最高指導者となった学僧ゲンドゥン・ギャムツォ、そしてその転生者に認定されたスーナム・ギャムツォに始まる、ゲルク派の統合の象徴とされた転生系譜であったが、1642年以降(ダライラマ五世の時代)、モンゴルなどを含むチベット仏教圏に影響力をもつ宗教的権威とチベットを統べる政治的権威とを兼ね備えた地位となった。一方、現在のダライ・ラマである14世は亡命後にチベット人全体の政教両面の指導者とみなされるようになったが、この事態はそれまでのダライ・ラマとは異なり、ある種の政治的事情が背景にあるという意見もある(#チベット仏教内の関係参照)。また、本人は「自分は一介の比丘にすぎない」と語ることが多い。世俗的な称号としては、パリ名誉市民「ダライラマ14世を名誉市民に」『朝日新聞』2008年4月22日夕刊2頁参照。、名誉博士(ニューヨーク州立大学バッファロー校)などがある。.

新しい!!: 亡命とダライ・ラマ14世 · 続きを見る »

ダーネの戦い

ダーネの戦い(-のたたかい、Battle of Derne)は、1805年4月27日から同年5月13日にかけて行われた、第一次バーバリ戦争における唯一の陸上での大規模な部隊同士の衝突による戦闘。 プレスリー・オバノンを隊長とする7名のアメリカ海兵隊の分遣隊及びアメリカ合衆国側の理念に賛同して傭兵の募集に応じた約500名のキリスト教徒及びイスラム教徒で構成された部隊が、トリポリ側のハッサン・ベイ率いる約4000名のバルバリア海賊の部隊との間でトリポリ側の根拠地であったデルナをめぐる戦いを繰り広げた。 戦闘の発生当時、この街は「ダーネ」もしくは「デルネ」と呼ばれており、欧米の歴史書において、この戦いを取り上げる際は、当時の街の名前がそのまま使われている。 なお、この後、アメリカ軍がトリポリ市街へ突入する前にトリポリ側が講和に応じたため、事実上の最終決戦となった。.

新しい!!: 亡命とダーネの戦い · 続きを見る »

ダッカ日航機ハイジャック事件

ダッカ日航機ハイジャック事件(ダッカにっこうきハイジャックじけん)は、1977年9月28日に、日本赤軍が起こしたハイジャック事件である。.

新しい!!: 亡命とダッカ日航機ハイジャック事件 · 続きを見る »

ダニス・バエス

ダニス・バエス・ゴンザレス(Danys Báez González, 1977年9月10日 - )は、キューバ共和国ピナール・デル・リオ州ピナール・デル・リオ出身の元プロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。.

新しい!!: 亡命とダニス・バエス · 続きを見る »

ダウトフェタール

ダウトフェタール (Dautphetal) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州マールブルク=ビーデンコプフ郡に属す基礎自治体(Gemeinde;以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。このライン・シーファー山地の支脈内、ノルトライン=ヴェストファーレン州との州境近くに位置する。この町は1974年に12の旧村落自治体が合併して成立した町で、ダウトフェ川流域に位置することにちなんで名付けられた。.

新しい!!: 亡命とダウトフェタール · 続きを見る »

ベネズエラ

ベネズエラ・ボリバル共和国国名の由来となった人物は「シモン・ボリバル」、「シモン・ボリーバル」の表記がともに広く用いられているが、国名の表記は「ベネズエラ・ボリバル共和国」がほぼ定着している。ただし、大久保仁奈「」(『外務省調査月報』/No.3、2006年1月15日)のように、「ベネズエラ・ボリーバル共和国」とする例もある。(ベネズエラ・ボリバルきょうわこく、)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制国家である。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はカラカス。コロンビアと共に北アンデスの国家であるが、自らをカリブ海世界の一員であると捉えることも多い。ベネズエラ海岸の向こうには、オランダ王国のABC諸島(クラサオなど)、トリニダード・トバゴといったカリブ海諸国が存在する。ガイアナとは、現在ガイアナ領のグアヤナ・エセキバを巡って、19世紀から領土問題を抱えている。 南アメリカ大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。また原油埋蔵量は2977億バレルと世界一であり、1980年代までは南米でも屈指の裕福な国であったが、原油価格の下落や政府の失策などにより経済状況が悪化、現在は多くの国民が貧困にあえいでおり、更に2010年代に入ってからはハイパーインフレーションが慢性化し、市民生活が混乱に陥る危機的状況となっている。世界幸福度報告では2015年には23位、2016年の44位と比較的上位に位置していたが、2017年には82位と順位を低下させている。.

新しい!!: 亡命とベネズエラ · 続きを見る »

ベラルーシ共和国憲法

政府が市民に配布している憲法のパンフレット版。タイトルはベラルーシ語とロシア語で併記されている。 ベラルーシ共和国憲法(ベラルーシきょうわこくけんぽう、Канстытуцыя Рэспублікі Беларусь、Конституция Республики Беларусь)は、ベラルーシ共和国の根本法である。ソビエト連邦からの離脱を宣言してから3年後の1994年に制定され、ベラルーシの統治機構を定めるとともに、市民の権利及び自由を定めている。当時の議会に当たるベラルーシ最高ソビエトが起草に当たり、市民及び法律専門家の意見を取り入れて修正された。前文と九つの部(セクション)、146か条から成る。 憲法の構成と内容は、西側諸国の憲法と、白ロシア・ソビエト社会主義共和国時代の経験に大きく影響を受けている。多くの規定は政府の機能及び権限を定めるものであるが、市民及び居住者の権利及び自由に1章を割いている。制定後、1996年及び2004年の2回、改正が行われた。これらは大統領の権限を強化し、多選制限を廃するものであり、国民投票で承認されたが、野党勢力や選挙監視団体からは批判を受けた。.

新しい!!: 亡命とベラルーシ共和国憲法 · 続きを見る »

ベルリンの壁崩壊

ブランデンブルク門近くのベルリンの壁に登る東西ベルリン市民(1989年11月10日) ベルリンの壁崩壊(ベルリンのかべほうかい)は、1989年11月9日に、それまで東ドイツ市民の大量出国の事態にさらされていた東ドイツ政府が、その対応策として旅行及び国外移住の大幅な規制緩和の政令を「事実上の旅行自由化」と受け取れる表現で発表したことで、その日の夜にベルリンの壁にベルリン市民が殺到し混乱の中で国境検問所が開放され、翌日1989年11月10日にベルリンの壁が撤去され始まった出来事である。略称として壁崩壊(Mauerfall)ともいう。 これにより、1961年8月13日のベルリンの壁着工から28年間に亘る、東西ベルリンが遮断されてきた東西分断の歴史は終結した。東欧革命を象徴する出来事であり、この事件を皮切りに東欧諸国では続々と共産党政府が倒された。そして、翌年1990年10月3日には、東ドイツが西ドイツに編入される形で東西ドイツが統一された。.

新しい!!: 亡命とベルリンの壁崩壊 · 続きを見る »

ベルンハルト作戦

ベルンハルト作戦(ベルンハルトさくせん、Aktion Bernhard、Operation Bernhard)とは、第二次世界大戦中の1943年から敗戦まで、連合国の1国であるイギリス経済撹乱を狙って実施されたナチス・ドイツによるポンド紙幣贋造の秘密作戦である。国家機関による通貨贋造事件としては史上最大規模であった。.

新しい!!: 亡命とベルンハルト作戦 · 続きを見る »

ベルクト (ウクライナ警察)

ベルクト(Бе́ркут)は、2014年まで存在していたウクライナ内務省管轄の特殊部隊。2014年ウクライナ騒乱にてロシア寄りであった旧政権の下で、親EUであった反政府派市民(ユーロマイダン)の鎮圧に動員された。旧政権が解体された現在はロシア内務省の指揮下であり、ウクライナの親ロシア派が勢力を持つ 南部連邦管区(旧クリミア連邦管区)の警護および暴徒鎮圧、対テロリズムを任務としている。なお、部隊名はウクライナ語で「イヌワシ」を意味する。.

新しい!!: 亡命とベルクト (ウクライナ警察) · 続きを見る »

ベルサイユのばら

『ベルサイユのばら』は、池田理代子による漫画作品。通称「ベルばら」。フランス革命前から革命前期のベルサイユを舞台に、男装の麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描く、史実を基にしたフィクション作品。 この項目では、集英社のマーガレットコミックス第1巻から第10巻までを「本編」、第10巻の『外伝』を「黒衣」、第11巻以降の『新エピソード(エピソード編)』を「新」、実業之日本社の『外伝』を「外伝」、朝日新聞出版の『ベルばらKids』を「Kids」と記述する。.

新しい!!: 亡命とベルサイユのばら · 続きを見る »

ベレンコ中尉亡命事件

ベレンコ中尉亡命事件(ベレンコちゅういぼうめいじけん)は、冷戦時代の1976年9月6日、ソビエト連邦軍現役将校ヴィクトル・ベレンコが、MiG-25(ミグ25)迎撃戦闘機で日本の函館市に着陸し、亡命を求めた事件である。ミグ25事件とも呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とベレンコ中尉亡命事件 · 続きを見る »

ベトナム戦争

ベトナム戦争(ベトナムせんそう, Vietnam War)は、インドシナ戦争後に南北に分裂したベトナムで発生した戦争の総称。第二次インドシナ戦争(Second Indochina War)ともいわれた。ベトナム社会主義共和国では米国戦争()、対米抗戦()、抗米救国戦争()などと呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とベトナム戦争 · 続きを見る »

ベニグノ・アキノ・ジュニア

(左から)ラモン・マグサイサイとペニグノ・アキノ(1951年) “ニノイ”ベニグノ・シメオン・アキノ・ジュニア(, 1932年11月27日 - 1983年8月21日)は、フィリピンの政治家。上院議員(1期)、大統領国防省顧問、タルラック州知事(2期)、タルラック州副知事、コンセプシオン市長(1期)、自由党幹事長を務めた。通称が「ニノイ」であったため、ニノイ・アキノという呼び名で知られた。 独裁体制を敷いたフェルディナンド・マルコス大統領時代、国民に広く人気があったベニグノ・アキノは、マルコス政権にとっての脅威であり国外追放されていたが、追放先のアメリカ合衆国から帰国した際、マニラ国際空港で暗殺された。ニノイの死後、エドゥサ革命によりマルコス政権は崩壊し、ベニグノの妻コラソン・アキノ(コリー)がフィリピン大統領に就任した。.

新しい!!: 亡命とベニグノ・アキノ・ジュニア · 続きを見る »

ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス

ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス(Venice Simplon-Orient-Express, 略称VSOE)は、ベルモンド社(2014年にオリエント・エクスプレス・ホテルズから改称)が運行しているヨーロッパの観光列車である。2012年現在では、通常はロンドン - 間およびカレー - パリ - ヴェネツィア(ベニスVSOEでは英語表記のベニス(Venice)が用いられる。)間で運行されている。イギリスと大陸では別の編成を利用している。車両は主に1920年代に製造され、国際寝台車会社(ワゴン・リ)や英国プルマン社の豪華列車で用いられていた寝台車、食堂車、サロン車(パーラー・カー、プルマン車)などである。.

新しい!!: 亡命とベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス · 続きを見る »

制度的革命党

メキシコシティの本部 制度的革命党(せいどてきかくめいとう、Partido Revolucionario Institucional、略称:PRI)は、メキシコの政党。メキシコにおける最大政党として2000年の大統領選で政権を失うまで1929年の結党から71年に渡って与党の座についていた。2000年大統領選挙後、党勢が低迷していた時期もあったが、2012年の大統領選挙で与党に返り咲きを果たした。.

新しい!!: 亡命と制度的革命党 · 続きを見る »

呪われた者たち

『呪われた者たち』(のろわれたものたち、The Damned)は1963年のイギリスのSF映画。原作はH・L・ローレンスのSF小説『The Children of Light』。アメリカ合衆国での公開時のタイトルは『These Are the Damned』。 赤狩りを逃れてイギリスに亡命したジョゼフ・ロージー監督が、ホラー映画で知られるハマー・フィルム・プロダクションで手がけたSF仕立ての異色の問題作で、製作当時は理解を得られなかったため、本国イギリスで公開されたのは、映画が実際に作られた2年後の1963年となった。 日本では劇場未公開だが、WOWOWで放送された。また、2013年3月現在、日本ではビデオ化もDVD化もされていない。 アメリカ合衆国の作家ジョン・D・マクドナルドの1952年の小説『呪われた者たち』(原題:The Damned)とは無関係である。.

新しい!!: 亡命と呪われた者たち · 続きを見る »

呂運亨

呂 運亨(日本語読み:りょ・うんきょう、朝鮮語読み:ヨ・ウニョン、1886年5月26日 - 1947年7月19日)は、朝鮮独立運動家、政治家である。 太平洋戦争終結後の1945年8月、建国準備委員会を立ち上げ、9月には朝鮮人民共和国を結成した。1947年、ソウルからの移動中、白衣社の李弼炯ら5人によって狙撃され、殺害された。死後、2005年、韓国政府は建国勲章大統領章を、2008年には建国勲章大韓民国章を追叙した。実兄に独立運動家、政治家の呂運弘がいる。哲学者朴贊機の母方の叔父。号は「夢陽」(モンヤン、몽양)。.

新しい!!: 亡命と呂運亨 · 続きを見る »

アナトリー・サプチャーク

アナトリー・アレクサンドロヴィッチ・サプチャーク(,Anatolii Aleksandrovich Sobchak サプチャク、ソプチャク、ソプチャークなどと表記される。1937年8月10日 - 2000年2月20日)は、ソビエト連邦及びロシアの急進改革派の政治家。サンクトペテルブルク市長。法学博士。ロシア連邦大統領のウラジーミル・プーチンとドミートリー・メドヴェージェフは教え子であり、プーチンとメドベージェフの政界進出のきっかけを作った。.

新しい!!: 亡命とアナトリー・サプチャーク · 続きを見る »

アナスタシア/光・ゆらめいて

『アナスタシア/光・ゆらめいて』(Anastasia: The Mystery of Anna)は、1986年のテレビ映画。アメリカ合衆国、オーストリア、イタリア合作。原作はピーター・カースの『The Riddle of Anna Anderson』である。元々は二部構成で放送された。.

新しい!!: 亡命とアナスタシア/光・ゆらめいて · 続きを見る »

アミーン・フサイニー

ハーッジ・ムハンマド・アミーン・アル=フサイニー(hājj Muhammad Amīn al-husaynī, 1895年 - 1974年7月4日)はパレスチナのアラブ人で、汎アラブ主義者。エルサレム大ムフティー、議長、全パレスチナ政府(PLL)大統領、パレスチナ民族評議会議長。父の、兄のもエルサレムの大ムフティーであった。ハジ・アミン・アル・フセイニと表記されることもある。.

新しい!!: 亡命とアミーン・フサイニー · 続きを見る »

アマニ・ディオリ

アマニ・ディオリ(Hamani Diori、1916年6月6日-1989年4月23日)は、ニジェールの政治家。ジェルマ人。ニジェール共和国初代大統領(在任1960年11月10日-1974年4月15日)。.

新しい!!: 亡命とアマニ・ディオリ · 続きを見る »

アポニー・ゲーラルディネ

アポニー・ゲーラルディネ(洪:Apponyi Géraldine)またはゲラルディナ・アポニー(阿爾:Geraldinë Apponyi, 1915年8月6日 - 2002年10月22日)は、アルバニア王ゾグ1世の妃。全名はゲーラルディネ・マルギト・ヴィルギニア・オルガ・マーリア・アポニー・デ・ナジアポニー(Géraldine Margit Virginia Olga Mária Apponyi de Nagyappony)。.

新しい!!: 亡命とアポニー・ゲーラルディネ · 続きを見る »

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国(アメリカがっしゅうこく、)、通称アメリカ、米国(べいこく)は、50の州および連邦区から成る連邦共和国である。アメリカ本土の48州およびワシントンD.C.は、カナダとメキシコの間の北アメリカ中央に位置する。アラスカ州は北アメリカ北西部の角に位置し、東ではカナダと、西ではベーリング海峡をはさんでロシアと国境を接している。ハワイ州は中部太平洋における島嶼群である。同国は、太平洋およびカリブに5つの有人の海外領土および9つの無人の海外領土を有する。985万平方キロメートル (km2) の総面積は世界第3位または第4位、3億1千7百万人の人口は世界第3位である。同国は世界で最も民族的に多様かつ多文化な国の1つであり、これは多くの国からの大規模な移住の産物とされているAdams, J.Q.;Strother-Adams, Pearlie (2001).

新しい!!: 亡命とアメリカ合衆国 · 続きを見る »

アメリカ合衆国とイランの関係

アメリカ合衆国とイランの関係(روابط ایالات متحده آمریکا و ایران、Iran–United States relations)は、政治的には19世紀後半の半ばにナーセロッディーン・シャーが初めての公式大使としてミールザー・アボルハサン・シーラーズィー(ميرزا ابولحسن شيرازی)をワシントンD.C.に派遣したことに始まる。一方、合衆国も1883年、をイランへの初めての公式外交使節に任じている。 以後、イランとアメリカ合衆国は第二次世界大戦後の時代まで政治的・文化的な同盟国であり、この政治的同盟関係は1979年まで維持された。しかし一連の事件により、両国間の関係は緊張状態に入ることになった。.

新しい!!: 亡命とアメリカ合衆国とイランの関係 · 続きを見る »

アメリカ合衆国の歴史

アメリカ合衆国の歴史(アメリカがっしゅうこくのれきし)では、アメリカ合衆国の歴史について述べる。.

新しい!!: 亡命とアメリカ合衆国の歴史 · 続きを見る »

アメリカ国家安全保障局

CSSの紋章。右上から時計回りに陸軍情報保全コマンド、合衆国海兵隊、海軍保安部、合衆国沿岸警備隊、空軍情報・監視・偵察局のそれぞれの紋章が並び、中央にNSAの紋章がある アメリカ国家安全保障局(アメリカこっかあんぜんほしょうきょく、National Security Agency:NSA)は、アメリカ国防総省の諜報機関である。.

新しい!!: 亡命とアメリカ国家安全保障局 · 続きを見る »

アメリカ革命人民同盟

アメリカ革命人民同盟(アメリカかくめいじんみんどうめい、スペイン語:Alianza Popular Revolucionaria Americana、略称:APRA)は、1924年5月7日にが亡命先のメヒコ市で設立したペルーの中道左派政党である。社会主義インターナショナルに加盟している。党名の略称から単にアプラ(APRA)党とも。.

新しい!!: 亡命とアメリカ革命人民同盟 · 続きを見る »

アラミス

アラミスのポートレート アラミス(仏: Aramis)は、アレクサンドル・デュマ・ペールの小説『三銃士』を始めとする『ダルタニャン物語』に登場する架空の人物。「アラミス」というのは世を忍ぶ仮の名前であり、作中では本人自身によって本名が明かされることはなかったが、作中で2度だけ「ルネ(René)」という名前で呼ばれる場面がある。また、デルブレー卿(le chevalier d'Herblay)などとも呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とアラミス · 続きを見る »

アラブ社会党

アラブ社会党(حركة الاشتراكيين العرب、Harakat Al-Ishtirakiyeen Al-'Arab)は、「アラブ社会主義運動」としても知られるシリアの政党である。 農民運動が起源のアラブ社会主義政党で、1930年代にアクラム・アル=ホーラーニーが主導した反封建主義運動がもとになっているが、正式な結党は1950年1月5日である。1953年にアラブ・バアス党と合併し、アラブ社会主義バアス党の一員となったが、1963年に再結党された。再結党後、幾つかの派閥に分裂した。バアス党主導の体制を受け入れた派閥もあったが、海外へ亡命した創始者・ホーラーニーの派閥などはバアス党政権と対立した。政権側の政党連合である国民進歩戦線の一員となった派閥はアラブ社会党の名を維持したまま、2007年シリア議会選挙まで議席を獲得していた。旧アラブ社会党系の派閥だった国民請願運動も国民進歩戦線に参画し、2012年シリア議会選挙でも250議席中3議席を得た。一方、政権と対立した派閥は活動を禁じられている反体制派の国民民主連合にアラブ社会党として参加し続けている。現在はムーニール・アル=ビータールが代表を務め、2011年に結成された反政府連合の一つである民主的変革のための全国調整委員会にも加入している。 Category:シリアの政党 Category:アラブ社会主義.

新しい!!: 亡命とアラブ社会党 · 続きを見る »

アリーナ・フェルナンデス・リベルタ

アリーナ・フェルナンデス・リベルタ アリーナ・フェルナンデス・リベルタ(Alina Fernández Revuelta 1956年3月19日 ‐)は、アメリカ合衆国在住の政治評論家、アナウンサー。元ファッションモデル。.

新しい!!: 亡命とアリーナ・フェルナンデス・リベルタ · 続きを見る »

アリー・ゼイダーン

アリー・ゼイダーン ((もしくは)、1950年 -)は、リビアの政治家、外交官。同国首相(2012年10月31日議会承認、2012年11月14日内閣発足)を務めた。ジュネーヴを本拠地とする人権派弁護士であり、リビアでは果断なリベラル主義者とみなされている。日本語メディアでは、アリ・ゼイダン、アリ・ジダンなどと表記されている。.

新しい!!: 亡命とアリー・ゼイダーン · 続きを見る »

アルバート・ワトソン2世

アルバート・ワトソン2世(Albert Watson II、1909年1月5日 - 1993年3月14日)は、アメリカ陸軍の軍人で、最終階級は陸軍中将。太平洋戦争中の沖縄戦に参加、また戦後はベルリンでの駐留指揮官を務め、東西ドイツとの外交折衝に尽力した。その後1964年8月1日から1966年10月31日まで琉球列島高等弁務官を歴任し、沖縄の自治権拡大を行ったものの、国防上の観点からアメリカの施政権下に置かれた沖縄の重要性を説いた。.

新しい!!: 亡命とアルバート・ワトソン2世 · 続きを見る »

アルバニア

アルバニア共和国(アルバニアきょうわこく、Shqipëria)、通称アルバニアは、東ヨーロッパのバルカン半島南西部に位置する共和制国家。首都はティラナ。 西はアドリア海に面し、北にはモンテネグロ、東にはマケドニア共和国とコソボ、南にはギリシャと国境を接する。 宗教の信者数はオスマン帝国支配等の歴史的経緯から、イスラム教徒である国民が大半を占めるが、信仰形態は非常に世俗的である。また、キリスト教の正教会やカトリックの信者も少なくない。なお、欧州で唯一のイスラム協力機構正規加盟国である。 1992年 - 1998年の国章 オスマン帝国時代アルバニア系人の旗(1453–1793).

新しい!!: 亡命とアルバニア · 続きを見る »

アルメニア・ソビエト社会主義共和国

アルメニア・ソビエト社会主義共和国(アルメニア・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく、Հայկական Սովետական Սոցիալիստական Հանրապետություն、Армянская Советская Социалистическая Республика)は、1920年にアルメニア第一共和国を倒して成立した社会主義国家。 1922年にグルジア、アゼルバイジャンとともにザカフカース社会主義連邦ソビエト共和国を介してソビエト連邦構成共和国となり、1936年にその2国と分離してからも1991年のソ連崩壊まで存在した。アルメニア史においては、それまで農業国であったアルメニアが工業国への転換を果たした時代でもある。 ソ連から独立を宣言したのは1991年のことだが、1995年の改正まではソビエト国家の機構を保持したままであった。.

新しい!!: 亡命とアルメニア・ソビエト社会主義共和国 · 続きを見る »

アルメニア革命連盟

アルメニア革命連盟(、ラテン文字転写:Hay Heghapokhakan Dashnaktsutyun、英語:Armenian Revolutionary Federation 略称:ARF)は、アルメニアの民族主義・社会主義政党。日本語ではダシナクツチュン(党) またはダシナク党と表記されることもある。下記の経緯によりレバノンにも勢力を持つ。 1890年創設。当初から社会主義を標榜し、オスマン帝国の支配下から脱し大アルメニアを建国すべく活動していた。オスマン帝国によるアルメニア人虐殺を頻繁に取り上げてきた。 1917年のロシア革命ののち、アルメニア第一共和国の建国で主導的な役割を果たしたが、同政権は1920年にボリシェビキによって追放されてしまう。以後、ARFは海外のアルメニア人コミュニティを拠点として亡命組織として活動することになる。特にレバノンが活動の中心となり、レバノン内戦ではキリスト教徒少数派としてファランヘ党と共同戦線を張っていた。 1991年にソ連崩壊が起こると、ARFは故国アルメニアでの活動を再開した。2007年にはアルメニア共和党、繁栄するアルメニアと協定を結んで連立与党となった。また、この間ナゴルノ・カラバフ戦争においても積極的な役割を果たした。 ARFは1907年に第二インターナショナルに加盟して以来の、古参の社会主義インターナショナルのメンバーでもある(ただし1960年から1996年にかけてはメンバーではなかった)。また、現在もレバノンでも引き続き活動している。.

新しい!!: 亡命とアルメニア革命連盟 · 続きを見る »

アルメニア議会銃撃事件

アルメニア議会銃撃事件(アルメニアぎかいじゅうげきじけん)は、1999年10月27日にアルメニアで発生したテロ事件である。アルメニア国内では単に「10月27日」(Հոկտեմբերի 27)と呼ばれる。 10月27日夕方、エレバンのビルに侵入した5人の男が、議場内で政治家たちに発砲した。これによって首相のワスゲン・サルキシャンや議長のを含めた8人が死亡し、30人以上の負傷者が発生した。翌日に犯人らは投降し事件は解決したが、これを機に大統領であったロベルト・コチャリャンの政治力は大きく増してゆくこととなる。その後の捜査ではコチャリャンが事件に関与していた可能性も示されたが、確たる証拠は挙がらなかった。しかし、以降も事件の背後関係をめぐっては数々の陰謀論が囁かれている。.

新しい!!: 亡命とアルメニア議会銃撃事件 · 続きを見る »

アルレイ・サンチェス

アルレイ・サンチェス・デ・ラ・クルス(Arleys Sánchez de la Cruz, 1981年6月5日 -)は、キューバのハバナ出身の元野球選手(投手)。左投げ左打ち。.

新しい!!: 亡命とアルレイ・サンチェス · 続きを見る »

アルヴァロ・クニャル

アルヴァロ・バレイリニャス・クニャル(Álvaro Barreirinhas Cunhal、1913年11月10日 - 2005年6月13日)はポルトガルの政治家。1961年から1992年までポルトガル共産党(PCP)書記長を務めた。ユーロコミュニズムが浸透するヨーロッパの共産主義政党にあって、終始ソ連支持を貫いた。.

新しい!!: 亡命とアルヴァロ・クニャル · 続きを見る »

アルトゥル・ローゼンベルク

アルトゥル・ローゼンベルク(Arthur Rosenberg, 1889年12月19日 - 1943年2月7日)はドイツの歴史家・政治家。.

新しい!!: 亡命とアルトゥル・ローゼンベルク · 続きを見る »

アルトゥーロ・サンドヴァル

アルトゥーロ・サンドヴァル(Arturo Sandoval、1949年11月6日 - )は、キューバ出身のジャズ・トランペット奏者。.

新しい!!: 亡命とアルトゥーロ・サンドヴァル · 続きを見る »

アルフォンソ12世 (スペイン王)

アルフォンソ12世と王妃マリア・クリスティーナ。1885年頃 アルフォンソ12世(Alfonso XII、1857年11月28日 - 1885年11月25日)はスペイン王(在位:1875年 - 1885年)。女王イサベル2世と王配フランシスコ・デ・アシス・デ・ボルボンの子。 王配フランシスコが同性愛者であることが知れ渡っていたため、アルフォンソの本当の父親は、近衛兵隊長エンリケ・プイグ・イ・モルトか、フランシスコ・セラーノ将軍のどちらかだという説がある。.

新しい!!: 亡命とアルフォンソ12世 (スペイン王) · 続きを見る »

アルベルト・フジモリ

アルベルト・ケンヤ・フジモリ・フジモリ(Alberto Kenya Fujimori Fujimori、現日本名:片岡 謙也(かたおか けんや)旧姓・藤森 1938年7月28日 - )は、ペルーの学者、政治家、第91代大統領(在職:1990年7月28日 - 2000年11月17日)。 学位は農業工学修士(ラ・モリーナ国立農科大学)、数学修士(ウィスコンシン大学ミルウォーキー校)。.

新しい!!: 亡命とアルベルト・フジモリ · 続きを見る »

アルカセル・キビールの戦い

アルカセル・キビールの戦い アルカセル・キビールの戦い(Batalha de Alcácer-Quibir)は、1578年8月4日、モロッコのアルカセル・キビールで行われたポルトガル軍とサード朝スルタン軍との戦い。モロッコ側からは、「マハザン川の戦い」という。親征したポルトガル王セバスティアンは敗れ、戦死した。.

新しい!!: 亡命とアルカセル・キビールの戦い · 続きを見る »

アルクメーネー

アルクメーネー(Ἀλκμήνη,, Alkmena)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してアルクメネとも表記される。 ミュケーナイ王エーレクトリュオーンとアナクソーの娘で、ストラトバテース、ゴルゴポノス、ピューロノモス、ケライネウス、アムピマコス、リューシノモス、ケイリマコス、アナクトール、アルケラーオスと兄弟。異母兄弟にリキュムニオス。伯父のアムピトリュオーンと結婚し、ヘーラクレース、イーピクレースの母となったアポロドーロス、2巻4・8。。.

新しい!!: 亡命とアルクメーネー · 続きを見る »

アルジェリアにおける検閲

アルジェリアにおける検閲(アルジェリアにおけるけんえつ)はアフリカ大陸北部にあるアルジェリア民主人民共和国が1962年にフランスからの独立後に国内で展開したジャーナリストへの検閲について記す。1990年以降は、広く報道の自由が認められ報道規制は抑えられた。ところが、1990年代のアルジェリア内戦では保安部隊かイスラム教徒のどちらかにより70人を越えるジャーナリストが暗殺された。その後もアルジェリアでは、1993年から1998年の間に16人のジャーナリストが殺されている。.

新しい!!: 亡命とアルジェリアにおける検閲 · 続きを見る »

アルジェリアの歴史

アルジェリアの歴史(アルジェリアのれきし アラビア語: تاريخ الجزائر,フランス語: Histoire de l'Algérie)では、現在のアルジェリア民主人民共和国に相当する地域の歴史について述べる。.

新しい!!: 亡命とアルジェリアの歴史 · 続きを見る »

アレック・ウェック

アレック・ウェック(Alek Wek、1977年4月16日 - )は南スーダン出身の女性ファッションモデル、女優である。 1995年、18歳でランウェイモデルとしてその経歴を開始した。彼女はスーダンのディンカ族出身で、1991年に第二次スーダン内戦から逃れる為、家族と一緒にイギリスに亡命した。彼女は後にアメリカ合衆国に引っ越した。.

新しい!!: 亡命とアレック・ウェック · 続きを見る »

アレクセイ・ラミレス

アレクセイ・フェルナンド・ラミレス・ロドリゲス(Alexei Fernando Ramírez Rodriguez, 1981年9月22日 - )は、キューバ共和国ピナール・デル・リオ州ピナール・デル・リオ出身のプロ野球選手(遊撃手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。 愛称は"Cuban Missile(キューバン・ミサイル)"で、この愛称はアロルディス・チャップマンら、他のキューバ出身選手にも使われている。.

新しい!!: 亡命とアレクセイ・ラミレス · 続きを見る »

アレクサンドラ・コロンタイ

アレクサンドラ・ミハイロヴナ・コロンタイ(Алекса́ндра Миха́йловна Коллонта́й、Alexandra Mikhailovna Kollontai、旧姓は、ドモントーヴィチ、Домонто́вич、Domontovich、ユリウス暦1872年3月19日(グレゴリオ暦3月31日) – 1952年3月9日)は、ロシアの女性革命家、共産主義者。当初、メンシェヴィキに所属するが、1914年にボリシェヴィキに転ずる。ソビエト政権樹立後は、1919年に政治家としてヨーロッパ最初の女性閣僚(人民委員)となった。レーニン没後、スターリンが権力を掌握すると、メキシコ、スウェーデンおよびノルウェーに外交官として派遣されるが、一方でこれは実質的にはソ連国内を追放されたに等しかった。.

新しい!!: 亡命とアレクサンドラ・コロンタイ · 続きを見る »

アレクサンドル2世

アレクサンドル2世(、アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ロマノフ、、1818年4月29日(ユリウス暦4月17日) - 1881年3月13日(ユリウス暦3月1日))は、ロマノフ朝第12代ロシア皇帝(在位:1855年3月2日 - 1881年3月13日)。ニコライ1世の第一皇子、母は皇后でプロイセン王女のアレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: 亡命とアレクサンドル2世 · 続きを見る »

アレクサンドル・カウリバルス

アレクサンドル・ヴァシーリエヴィチ・カウリバルス(ロシア語:Александр Васильевич Каульбарс;ドイツ語:Alexander Wilhelm Anders von Kaulbars、1844年5月23日‐1925年1月25日)は、ロシア帝国の軍人、探検家。最終階級は騎兵大将。日露戦争ではロシア第2軍司令官として奉天会戦に参加している。.

新しい!!: 亡命とアレクサンドル・カウリバルス · 続きを見る »

アレクサンドル・クラスノシチョーコフ

アレクサンドル・ミハイロヴィチ・クラスノシチョーコフ(Александр Михайлович Краснощёков, 1880年10月10日 - 1937年11月26日)は、極東共和国の首班であり、レーニンの承認の下で極東共和国を建国した。.

新しい!!: 亡命とアレクサンドル・クラスノシチョーコフ · 続きを見る »

アレクサンドル・グラズノフ

アレクサーンドル・コンスタンティーノヴィチ・グラズノーフ(, 1865年8月10日 - 1936年3月21日)は、ロシア帝国末期およびソビエト連邦建国期の作曲家・音楽教師・指揮者。ペテルブルク音楽院の院長を1906年から1917年にかけて務め、ペトログラード音楽院およびロシア革命後のレニングラード音楽院への改組を担った。1930年まで院長職を任されてはいたが、1928年にソ連を脱出してからというもの、二度と帰国しなかった。任期中の門弟で最も有名な一人がショスタコーヴィチである。 グラズノフは、ロシア楽壇における民族主義(ペテルブルク楽派)と国際主義(モスクワ楽派)を巧みに融和させた点において重要である。グラズノフはバラキレフの国民楽派の直系であり、ボロディンの叙事詩的な壮大さに靡きながらも、その他多くの影響を吸収した。例えば、リムスキー=コルサコフの巧みな管弦楽法や、チャイコフスキーの抒情性、タネーエフの対位法の手腕などである。しかし、時として形式主義が霊感を翳めそうになったり、折衷主義が独創性の痕跡を作品中からすっかり拭い去りそうになったりするという弱点も見られる。プロコフィエフやショスタコーヴィチのような新進作曲家は、実のところグラズノフの作品は時代遅れだと看做していたが、それでもグラズノフが、変化と波瀾の時期において、依然として際立った名声と不動の影響力をもった芸術家であるということは認めていた。.

新しい!!: 亡命とアレクサンドル・グラズノフ · 続きを見る »

アレクサンドル・グレチャニノフ

アレクサンドル・ティホノヴィチ・グレチャニノフ (Alexander Grechaninov Александр Тихонович Гречанинов, 1864年10月25日 カルーガ - 1956年1月3日 ニューヨーク)はロシア人作曲家。 商人の父親の意に逆らって1881年にモスクワ音楽院に入学し、ピアノを学ぶかたわら、セルゲイ・タネーエフとアントン・アレンスキーに対位法、和声法、フーガ、楽式論を師事。1890年にペテルブルク音楽院に編入して、作曲をリムスキー=コルサコフに師事した。1896年に作曲家として成功を収めてモスクワに帰郷。さしあたって典礼音楽や舞台音楽の作曲で活躍し、童謡や合唱曲などで名声を得る。創作活動のかたわら、グネーシン音楽大学などで教鞭を執っていたが、1917年のロシア革命に国を追われてプラハやパリ、ロンドンを転々とした。1939年に戦火を逃れてアメリカ合衆国に向かい、1940年よりニューヨークに定住。1940年代後半にアメリカ市民権を得た。 5つの交響曲を残しており、そのうち第1番はリムスキー=コルサコフの指揮で初演された。4つの弦楽四重奏曲や2つのピアノ三重奏曲、ヴァイオリン・ソナタ、チェロ・ソナタ、クラリネット・ソナタ、ピアノ・ソナタに加えて、バラライカのためにもソナタを作曲している。合唱曲や器楽曲のほかに、歌劇もいくつか残した。ウラディーミル・レビコフに似て、音楽史におけるグレチャニノフの立場は過渡的である。初期作品はチャイコフスキーや国民楽派(とりわけボロディン)の影響を受けており、同世代のヴァシリー・カリンニコフに似た作風を示しているが、後年の作品、とりわけ亡命後の作品は、後輩ロシア人作曲家のストラヴィンスキーやプロコフィエフのモダニズムから、多少の影響を受けている。 渡米を前に完成させた力作《ミサ・エキュメニカ》においては、エキュメニカル運動を支持し、ロシア人ながらもカトリック教会の典礼にのっとり、グレゴリオ聖歌に加えてユダヤ教の賛歌をも利用している。 一方で、ロシア正教会の伝統的旋律と和声を活かした正教会聖歌も作曲しており、その膨大な数に上る正教会聖歌作品はロシア正教会のみならず、ブルガリア正教会、アメリカ正教会などでも用いられている。特に聖金口イオアン聖体礼儀に曲付けしたものとしては4つの作品があり、作曲時期が半世紀に亘る4作品それぞれに曲の傾向が異なっている。1番はチャイコフスキーの影響が濃厚であり、2番はソロと合唱の掛け合いがある。3番には器楽伴奏が付けられ、無伴奏声楽で行われる正教会の奉神礼で使用される機会は無い。3番まではいずれの曲においても高い技巧が要求されるものであった。こうしたグレチャニノフの聖金口イオアン聖体礼儀の作曲も、4番においてはシンプルさ、ロシア聖歌の伝統、奉神礼での実用性を考慮したものが完成している。.

新しい!!: 亡命とアレクサンドル・グレチャニノフ · 続きを見る »

アレクサンドル・コジェーヴ

アレクサンドル・コジェーヴ(Alexandre Kojève、1902年4月28日 - 1968年6月4日)は、ロシア出身のフランスの哲学者である。フランス現代思想におけるヘーゲル研究に強い影響を与えた。.

新しい!!: 亡命とアレクサンドル・コジェーヴ · 続きを見る »

アレクサンドル・ゴドゥノフ

アレクサンドル・ボリソヴィチ・ゴドゥノフ (Александр Борисович Годунов, 英: Alexander Godunov, 1949年11月28日 - 1995年5月18日) はソ連出身のバレエダンサー・俳優。1m91cmという大柄の体格でボリショイ・バレエ団の舞踏手として一世を風靡した。のち米国に亡命し、1987年に帰化した。アレクサンダー・ゴドノフ と表記されることもある。.

新しい!!: 亡命とアレクサンドル・ゴドゥノフ · 続きを見る »

アレクサンドル・ストローク

アレクサンドル・ストローク(Александр Строк、1877年1月1日 - 1956年7月1日)は、ロシア帝国出身のアメリカ合衆国の興行主。アレクサンダー・ストロークとも表記される。.

新しい!!: 亡命とアレクサンドル・ストローク · 続きを見る »

アレクサンダー・シディグ

アレクサンダー・シディグ(Alexander Siddig、1965年11月21日 - )は、スーダン生まれの俳優。別名:シディグ・エル・ファディル (Siddig El Fadil)。本名はSiddig El Tahir El Fadil El Siddig El Abderahman El Mohammed Ahmed El Abdel Karim El Mahdi。.

新しい!!: 亡命とアレクサンダー・シディグ · 続きを見る »

アロルディス・チャップマン

アルベルティン・アロルディス・チャップマン・デラクルーズ(Albertin Aroldis Chapman de la Cruz, 1988年2月28日 - )は、キューバ共和国オルギン州オルギン出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。現在はMLB・ニューヨーク・ヤンキースに所属。メディアによってはチャプマンと表記されることもある。 MLB史上最速となる105.1 mph (169.1 km/h)の記録を保持しギネス世界記録にも認定された。2014年7月11日にはリリーフとして歴代最高となる40試合連続奪三振を記録記録は49試合まで伸ばした。2015年7月19日、史上最速通算500奪三振を達成。 愛称はザ・ミサイル。.

新しい!!: 亡命とアロルディス・チャップマン · 続きを見る »

アンリ・エティエンヌ

アンリ・エティエンヌ(Henri Estienne、1528年–1598年)は、フランス出身の古典学者・印刷業者。ラテン語名のヘンリクス・ステファヌス(Henricus Stephanus)としても知られる。 1578年に出版したプラトン全集は、現在でも「ステファヌス版」として標準的底本となっている。.

新しい!!: 亡命とアンリ・エティエンヌ · 続きを見る »

アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール

アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール(Anne Louise Germaine de Staël,1766年4月22日 - 1817年7月14日)は、フランスの批評家、小説家。フランスにおける初期のロマン派作家として政治思想、文芸評論などを行った。多く、スタール夫人(Madame de Staël)の名で知られる。フランス革命からナポレオン・ボナパルトの君臨に至る時代、多くの政治評論を行い、ナポレオンと終生対立する運命となる。彼女の正式な名前は、スタール=ホルシュタイン男爵夫人アンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ネッケール(Anne-Louise Germaine Necker, baronne de Staël-Holstein)。フェミニズムの先駆者でもある。.

新しい!!: 亡命とアンヌ・ルイーズ・ジェルメーヌ・ド・スタール · 続きを見る »

アントニオ・パニッツィ

アントニオ・ジェネージオ・マリア・パニッツィ(Antonio Genesio Maria Panizzi, 1797年9月16日 - 1879年4月9日)は、大英博物館図書館の司書、大英博物館第6代館長。名を英語読みしてアンソニー・パニッツィ(Anthony Panizzi)とも呼ばれる。 イタリアのモデナ公国に生まれ、若くして弁護士となった。しかし政治的にはリベラル派で革命家に近く、同志が逮捕されて裁判で反逆罪を宣告されたことから国外に逃亡し、1823年にイギリスに亡命、1832年にイギリスに帰化した。この間、故郷のモデナでは不在裁判で死刑を宣告されている。 1823年にロンドンにたどり着いたパニッツィははじめ英語を話すことができず、イタリア語を教授したりルネサンスの歴史を講じたりしていたが、やがて英語も話せるようになってロンドン大学で教授職を得た。しかし、当時のイギリスの制度では、講義を受講する学生の数で教授の俸給が左右されたため、不人気なイタリア史を講ずるパニッツィは困窮し、1831年につてを得て大英博物館図書館に司書補として就職した。 パニッツィは大英博物館図書館の蔵書目録編成に着手し、目録の再編を推進した。この業績が次第に認められて、パニッツィは1837年に刊本部長、1856年には主任司書、大英博物館館長となった。彼は1866年まで館長を務め、1857年には現在まで大英博物館の中心的建造物となっている円形閲覧室を建設した。退職後の1869年にはナイトに叙任されている。 パニッツィは目録の作成にあたり、当時急速に膨張していた図書館の蔵書を利用者が容易に取り出すことができるようにした、新しい目録規則の必要性を主張した。パニッツィに至って、図書館の目録は著者名、出版社名、出版地、出版年などの書誌情報を統一的な基準によって記述することが可能になり、図書館目録は蔵書の書名を漫然と記録した蔵書リストから、利用者が蔵書を検索するためのツールになることができた。 彼の考案した規則は『91箇条の目録規則』Ninety-One Cataloguing Rulesにまとめられ、20世紀半ばまで100年近くにわたって大英博物館図書館の目録法として使われた。また『91箇条の目録規則』は20世紀後半以降、世界の図書館目録で書誌記述の基礎となった国際標準書誌記述(ISBD)の起源となった。この功績から、パニッツィは「近代目録法の祖」と呼ばれている。 Category:イギリスの図書館員 Category:図書館史に関する人物 Category:書誌学者 Category:19世紀の学者 Category:ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの教員 Category:イタリアの亡命者 Category:イタリア史の人物 Category:イギリス史の人物 Category:大英博物館の人物 Category:イギリスに帰化した人物 Category:1797年生 Category:1879年没.

新しい!!: 亡命とアントニオ・パニッツィ · 続きを見る »

アントニオ・グラムシ

アントニオ・グラムシ(Antonio Gramsci、1891年1月23日 - 1937年4月27日)は、イタリアのマルクス主義思想家、イタリア共産党創設者の一人。 戦間期のイタリア、ベニート・ムッソリーニ政権に「この頭脳を止めねば」と危ぶまれて投獄されたが、その獄中で執筆した「ノート」で展開したさまざまな思想概念、例えば「ヘゲモニー」は、イギリスの「カルチュラル・スタディーズ」の論者や、ガヤトリ・C・スピヴァクらインドの歴史研究者らの「サバルタン・スタディーズ」グループ、そして、国際関係学のロバート・コックスやスティーヴン・ギルといった「グローバル政治経済学」などにまで大きな影響を与えている。.

新しい!!: 亡命とアントニオ・グラムシ · 続きを見る »

アントニオ猪木

アントニオ 猪木(アントニオ いのき、, 1943年2月20日 - )は、日本の元プロレスラー、実業家、政治家。無所属クラブ所属の参議院議員(2期)。本名:猪木 寛至(いのき かんじ)。神奈川県横浜市鶴見区出身。血液型AB型。新日本プロレス設立後のキャッチフレーズは「燃える闘魂」(当初は「燃ゆる闘魂」)。日本プロレス所属時代のキャッチフレーズは「若獅子」。愛称は「アントン」。元妻は、女優の倍賞美津子。倍賞との間に娘が一人いる。1991年にイラクのシーア派聖地カルバラーにてイスラム教に改宗しており、ムスリム名は「モハメッド・フセイン」。 元WWF(現在のWWE)ヘビー級王者、UWA世界ヘビー級王者、NWFヘビー級王者。 プロレスラー現役時代は新日本プロレスの創業や異種格闘技戦で活躍。.

新しい!!: 亡命とアントニオ猪木 · 続きを見る »

アンテ・パヴェリッチ

アンテ・パヴェリッチ(Ante Pavelić、1889年7月14日 - 1959年12月28日)は、クロアチアの政治家・弁護士・軍人。クロアチアの民族主義団体ウスタシャの指導者、イタリア王国及びナチス・ドイツの傀儡政権であるクロアチア独立国の国家元首。独裁者。.

新しい!!: 亡命とアンテ・パヴェリッチ · 続きを見る »

アンティオキアのマルガリタ

聖マルガリタまたはアンティオキアのマルガリタ(ラテン語:Sancta Margarita Antiochena、イタリア語:Margherita di Antiochia、英語:Margaret of Antioch、? - 304年)は、正教会・非カルケドン派・カトリック教会・聖公会で聖人。乙女殉教者。西方教会での記念日は7月20日。正教会では7月17日(ユリウス暦を使用する正教会では7月30日に相当)が記憶日であり、聖大致命女マリナ(ギリシア語:Μαρίνα)と呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とアンティオキアのマルガリタ · 続きを見る »

アンドラーシ・ジュラ (子)

アンドラーシ・ジュラ2世 アンドラーシ・ジュラ伯爵(Andrássy Gyula, 1860年6月30日 - 1929年6月11日)は19世紀末から20世紀前半にかけてのハンガリー・オーストリア(オーストリア=ハンガリー二重帝国)の貴族(伯爵)・政治家。二重帝国の共通外相を務めた。ドイツ名はユリウス(もしくはジュラ)・アンドラーシ(Julius (Gyula) Graf Andrássy der Jüngere)。「アンドラーシ・ジュラ2世」とも。.

新しい!!: 亡命とアンドラーシ・ジュラ (子) · 続きを見る »

アンドリュー・バルトフェルド

* アンドリュー・バルトフェルド(Andrew Waldfeld)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物。声の出演は置鮎龍太郎。.

新しい!!: 亡命とアンドリュー・バルトフェルド · 続きを見る »

アンドレ・ヴォジャンスキー

アンドレ・ヴォジャンスキー(André Wogenscky、1916年6月3日 - 2004年8月5日)は、フランスの建築家である。 ヴォージュ県ルミルモンで、18世紀にポーランドから亡命した貴族の家系に生まれた。1936年から1956年にかけてル・コルビュジエの事務所に勤務し、ユニテ・ダビタシオン、ラ・トゥーレット修道院等の設計を担当。1956年独立。日本での作品に宝塚造形芸術大学がある。妻は高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した彫刻家のマルタ・パン。.

新しい!!: 亡命とアンドレ・ヴォジャンスキー · 続きを見る »

アンドレイ・クルプスキー

アンドレイ・ミハイロヴィチ・クルプスキー(ロシア語:Андрей Михайлович Курбский, 1528年 - 1583年)は、モスクワ・ロシアの貴族、公。ツァーリ・イヴァン4世雷帝の親友であったが、後に雷帝の敵対者となった。クルプスキーと雷帝の交わした書簡は、16世紀のロシア史に関する興味深い史料を提供している。.

新しい!!: 亡命とアンドレイ・クルプスキー · 続きを見る »

アンドレイ・タルコフスキー

アンドレイ・タルコフスキー(ロシア語:Андрей Арсеньевич Тарковский, アンドレイ・アルセーニエヴィチ・タルコフスキー, 英語:Andrei Arsenyevich Tarkovsky, 1932年4月4日 - 1986年12月29日)は、ソ連の映画監督である。「映像の詩人」と呼ばれ、叙情的とも言える自然描写、とりわけ「水」の象徴性を巧みに利用した独特の映像美で知られる。深い精神性を探求し、後期から晩年にかけて、人類の救済をテーマとした作品を制作・監督する。表現の自由を求めてソ連を亡命し、故郷に還ることなく、パリにて54歳で客死する。.

新しい!!: 亡命とアンドレイ・タルコフスキー · 続きを見る »

アンタル・ドラティ

アンタル・ドラティ(Antal Doráti, ハンガリー語表記:Doráti Antal, 1906年4月9日 - 1988年11月13日)は、ハンガリー出身の指揮者・作曲家。アメリカや北欧での活躍が長く、またイギリス女王エリザベス2世からナイトに叙任されている。妻はピアニストとして著名なイルゼ・フォン・アルペンハイムである。.

新しい!!: 亡命とアンタル・ドラティ · 続きを見る »

アーノルド・ルーゲ

アーノルド・ルーゲ(Arnold Ruge、1802年9月13日 - 1880年12月31日)は、ドイツの文筆家。.

新しい!!: 亡命とアーノルド・ルーゲ · 続きを見る »

アーリム・ハーン

イイド・エミール・ムハンマド・アーリム・ハーン(Emir Mohammed Alim Khan, 1880年 - 1944年)は、中央アジアのブハラ・アミール国最後のアミール(在位:1911年1月3日 - 1920年8月30日)。 ブハラは1873年にロシア帝国の保護国とされたとはいえ、アミールは専制君主としてアミール国国内を統治していた。 13歳のとき、アーリム・ハーンは父王アブドゥルアハド・ハーン(Abdulahad Khan)により、政治学と近代軍事技術を学ばせるために、サンクトペテルブルクに送られた。1896年、ロシア政府によりブハラ・アミール国の太子として正式に認められ、彼は帰国した。 ブハラにおいて父の統治を手伝った後、彼はナゼフ(Nasef)県の知事に任命され、12年間務めた。彼はその後、カルミナ(Karminah)の北部州へ転任し、彼の父が亡くなる1910年まで2年間、ここを統治した。 アーリム・ハーンの統治は、約束事をもって始められた。初め彼は、もはや如何なる贈り物も望まず、受け取らない、そして役人が国民に賄賂を要求したり、個人的に税を課すのを禁止する、と宣言した。しかしながら、アミールの態度が時の経過で変わるとともに、賄賂、税、役人の給与も変わって行った。伝統主義者と革新主義者との争いは、伝統主義者による統制、革新主義者のモスクワやカザンへの亡命という結果に終った。初めは近代化と革新主義者を支持したアーリム・ハーンも、それらの究極の目標が、支配者としての彼や彼の子孫が排除されることに気が付いた、と考えられる。前王と同じで、アーリム・ハーンは伝統的支配者であった。彼はウラマーたちを押さえ込む道具として改革の考えを弄び、そしてマンギト朝支配を強固なものにするのに利用できるかどうかを見ていた。 最も重要なタジク人作家の一人、は、アミールの下での生活を活き活きと記述している。彼はタジク語を話すとして鞭を打たれ、後に著書『ブハラの死刑執行人』(Jallodon-i Bukhara, The Bukhara Executioners)においてアミールの支配下での生活を描いている。 アーリム・ハーンは最初にして唯一、カリフを名乗ったマンギト朝の支配者であった。 1920年にボリシェビキがブハラを併合し、ブハラ人民ソビエト共和国を宣言したとき、アミールはドゥシャンベに逃げ、その後アフガニスタンに亡命した。彼は1944年、カーブルで死去した。 アミールの娘シュクリア・ラード・アリミはソ連のアフガニスタン侵攻でアメリカ合衆国に逃れてボイス・オブ・アメリカで活動し、アミールの息子シャームラード・オリモフは父のアミールと対立して赤軍に加わって大祖国戦争で武功をあげた。.

新しい!!: 亡命とアーリム・ハーン · 続きを見る »

アークトゥルス (ゲーム)

『アークトゥルス』は、MMORPG『ラグナロクオンライン』で有名なGRAVITY社が、ラグナロクオンライン以前に手掛けたコンピュータRPG。韓国のSONNORI社とGRAVITY社が2000年に韓国で発売した作品を、日本では日本ファルコム社が販売権を獲得し、日本語ローカライズした"海外プロデュースシリーズ"の3作目で、2003年6月に日本語版を発売している。.

新しい!!: 亡命とアークトゥルス (ゲーム) · 続きを見る »

アーサー・ディオシー

アーサー・ディオシー(Arthur Diósy、1856年6月6日 - 1923年1月2日)は、イギリスの講演活動家、著述家。 ロンドン日本協会設立者であり、理事長、副会長を務めた。.

新しい!!: 亡命とアーサー・ディオシー · 続きを見る »

アッタチ・ムパカチ

アッタチ・ムパカチ(Attati Mpakati、生年不詳 - 1983年3月24日)は、ヘイスティングズ・カムズ・バンダ大統領の独裁時代におけるマラウイの反体制主義者であり、1975年から1983年に暗殺されるまでマラウイ社会主義者同盟(Socialist League of Malawi:LESOMA)の指導者であった人物である。1983年3月24日、ムパカチは亡命先であるジンバブエの都市、ハラレにおいて、手紙爆弾によって爆殺された。 なお、ムパカチは1979年にもモザンビークのマプトで同様の爆発物による攻撃を受け、指八本を失ったが辛くも生き延びている。1979年の事件後にバンダ大統領は、ムパカチの暗殺命令を下したことを公式に明言していることから、1983年の郵便爆弾もバンダ大統領の放ったエージェントによって行われた可能性が高いとされている。.

新しい!!: 亡命とアッタチ・ムパカチ · 続きを見る »

アブデュルメジト2世

アブデュルメジト2世(、ラテン文字転写:Abdülmecid II、1868年5月29日 - 1944年8月23日)は、イスラム世界で承認された最後のカリフ。.

新しい!!: 亡命とアブデュルメジト2世 · 続きを見る »

アブドル・ラフマン (キリスト教改宗者)

アブドル・ラフマン(Abdul Rahman、1965年 - )は、アフガニスタンの人物。タジク人で同国の首都カーブル出身。既婚者であり2人の娘がいる。1990年にイスラム教からキリスト教(カトリック教会)に改宗し、アフガン難民を支援するキリスト教系NGOで2002年までの9年間働いていた。このことはイスラム教国である祖国アフガニスタンで大問題とされ、2006年に棄教の罪で起訴された。宗教指導者や国民からシャリーアに基づいて死刑にすべき、という声があがった。アメリカ合衆国や欧米諸国からの呼びかけもあり、裁判所ではアブドル・ラフマンの精神状態に難があるなどの理由により、訴追を中止することになった。 アブドル・ラフマンは釈放後、アフガニスタンを出国、イタリアに亡命した。身の安全のため、居住地は公開されていない。.

新しい!!: 亡命とアブドル・ラフマン (キリスト教改宗者) · 続きを見る »

アブドッラフマーン・アーリフ

アブドッラフマーン・アーリフ(アラビア語:عبد الرحمن عارف、Abd al-Raḥmān `Ārif、1916年 - 2007年8月24日)は、イラクの政治家・軍人であり、第3代イラク大統領(在職期間:1966年4月16日-1968年7月17日)である。.

新しい!!: 亡命とアブドッラフマーン・アーリフ · 続きを見る »

アブドゥル・カディル

アブドゥル・カディル(1944年 - 2014年4月22日)は、アフガニスタンの政治家、軍人。大将。ヌール・ムハンマド・タラキー政権とバブラク・カールマル政権で国防相を務めた。.

新しい!!: 亡命とアブドゥル・カディル · 続きを見る »

アブドゥル・サッタル・イーディ

アブドゥル・サッタル・イーディ(ウルドゥー語:عبد الستار ایدھی,Abdul Sattar Edhi, 1928年2月28日? - 2016年7月8日)は、パキスタンの社会事業家、慈善事業家。 Edhi(エディ)財団創設者として、遺棄された幼児2万人以上を救助し、5万人以上の孤児を助け、4万人の看護師を育てたパキスタン国営ラジオ放送 ラジオパキスタン(英語)。パキスタンなどでは「慈悲の天使」などと呼ばれている。アブドゥル・サッタール・エディなどと表記される例もある。2017年には50パキスタン・ルピー硬貨に、「慈悲 1928-2016」という文言とともに肖像が刻まれた「第22回日経アジア賞 文化社会部門 エディ財団」『日本経済新聞』朝刊2017年5月1日。.

新しい!!: 亡命とアブドゥル・サッタル・イーディ · 続きを見る »

アブドゥルアズィーズ・イブン・サウード

アブドゥルアズィーズ・ビン・アブドゥルラフマーン・ビン・ファイサル・アール・サウード(、1876年 - 1953年11月9日)は、ワッハーブ派イマーム(在位:1902年 - 1953年)、ヒジャーズ国王(在位:1926年1月8日 - 1931年)「世界歴代王朝王名総覧」(1998年、東洋書林)参照、ナジュド国王(在位:1927年 - 1931年)、ナジュド及びヒジャーズ国王(1931年 - 1932年)、初代サウジアラビア国王(在位:1932年 - 1953年)。アブドゥルアズィーズ・イブン・サウード、またはイブン・サウードの名で知られる。ワッハーブ派イマームとしてはアブドゥルアズィーズ2世、サウジアラビア国王としてはアブドゥルアズィーズ1世と呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とアブドゥルアズィーズ・イブン・サウード · 続きを見る »

アブドゥル=イラーフ

アブドゥル=イラーフ(アラビア語:عبد الإله'Abdul Ilah、1913年11月14日 - 1958年7月14日)は、イラク国王・ガージーの従兄弟で義弟である。ファイサル2世が成人するまで、摂政(就任期間:1939年4月4日 - 1953年5月23日)を務めた。1943年以降は王太子の地位も持っていた。.

新しい!!: 亡命とアブドゥル=イラーフ · 続きを見る »

アテナイ

アクロポリス、間にアレオパゴス、西にプニュクスがある。 アテナイと外港ペイライエウス アテナイ(: Ἀθῆναι, Athēnai)は、ギリシャ共和国の首都アテネの古名。中心部にパルテノン神殿がそびえるイオニア人の古代ギリシアの都市国家。名はギリシア神話の女神アテーナーに由来する。アッティカ半島の西サロニコス湾に面し外港ペイライエウスを有していた。.

新しい!!: 亡命とアテナイ · 続きを見る »

アデイニー・エチェバリア

アデイニー・エチェバリア・バレラ(Adeiny Hechavarria Barrera, 1989年4月15日 - )は、キューバ共和国サンティアーゴ・デ・クーバ州サンティアーゴ・デ・クーバ出身のプロ野球選手(遊撃手)。右投げ右打ち。MLBのタンパベイ・レイズに所属。 愛称はラ・パンテーラ。.

新しい!!: 亡命とアデイニー・エチェバリア · 続きを見る »

アフマド・テジャン・カバー

アルハジ・アフマド・テジャン・カバ(Alhadij Ahmad Tejan Kabbah, 1932年2月16日 - 2014年3月13日)は、シエラレオネの元大統領(任期は1996年 - 1997年と1998年 - 2007年)。 シエラレオネの東部州カイラフン地区で敬虔なムスリムの親の元で生まれた。イスラム教徒だが、フリータウンにあるシエラレオネで最も古いカトリック教系のセント・エドワード中等学校で教育を受けていた。南部州出身のカトリック教徒パトリシア・カバー(旧姓タッカー)と結婚。その後、イギリスで経済学を学び、1959年に公務員生活へ。1968年、所属政党のシエラレオネ人民党 (SLPP) が選挙で敗北した後、公務員を解雇され、イギリスに亡命。イギリスで法律を学び、国連の職員に。1996年3月の大統領選で当選。1997年5月軍事クーデターで在職のままギニアに亡命。1998年3月、ナイジェリア軍中心の駐留軍がジョニー・ポール・コロマ少佐の軍事政権を崩壊させ復権。2002年5月再選。2005年9月に2007年8月11日に行われる大統領選挙に出馬させるため後継者としてSLPPのリーダーでもあるソロモン・ベレワ副大統領を指名したが、ベレワ副大統領は大統領選挙で9月17日最大野党全人民会議党 (APC) のアーネスト・コロマに敗北し、カバー大統領の後継者として大統領になることができなかった。 2014年3月13日、フリータウンの自宅で死去。82歳没。 彼は鉄道ファンで、何車両かの機関車を、展示し、シエラレオネに鉄道博物館を計画した。またシエラレオネでかつて機関車が鉄道が走っていた事から、再び使えるようにシエラレオネの鉄道計画を行った。 妻パトリシアとの間にマリアナ・カバー、アフマド・テジャン・カバー・ジュニア、アブバカル・カバー、イサタ・カバー、マイケル・カバーの5人の子供がいる。妻のパトリシアは1998年に亡くなった。.

新しい!!: 亡命とアフマド・テジャン・カバー · 続きを見る »

アフマド・シャー (ガージャール朝)

アフマド・シャー(1898年1月21日 - 1930年2月21日)は、ガージャール朝第7代シャーであり、かつ最後のシャー(在位:1909年 - 1925年)。父モハンマド・アリー・シャーが帝政ロシアに亡命すると、シャーの座に即位した。.

新しい!!: 亡命とアフマド・シャー (ガージャール朝) · 続きを見る »

アフガニスタン

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。 パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。.

新しい!!: 亡命とアフガニスタン · 続きを見る »

アフガニスタンにおける死刑

アフガニスタンにおける死刑では、アフガニスタンにおける死刑について解説する。 ターリバーン政権崩壊後でも、イスラム法に基づく厳しい死刑制度を維持している国であり、死刑執行数は多い。.

新しい!!: 亡命とアフガニスタンにおける死刑 · 続きを見る »

アドメトス (エピロス王)

アドメトス(希:Αδμητος, ラテン文字転記:Admetos, 紀元前5世紀)はエピロス王、モロシア人の王である。 アテナイの政治家テミストクレスが国を追われてエピロスに逃げ込んできた時、アドメトスは留守をしており、彼の王妃プティアがテミストクレスに会った。テミストクレスは彼女に庇護を求め、彼女は彼にアドメトスの子を抱いて炉に座るよう言い、彼はそれに従った。アドメトスが帰ってくるとテミストクレスは身分を明かし、かつてアドメトスの要請を断ることを自分が主張したからといって自分をアテナイに突き出すべきではないことを説いた。テミストクレスが彼の子を抱いていることもあって彼の主張はアドメトスによって認められた。このため、アドメトスはアテナイやスパルタの使者が来てもテミストクレスを引き渡さず、テミストクレスがペルシア領に亡命できるよう隣国のマケドニア王国のピュドナまで送ってやった。その後テミストクレスは無事ペルシア領に着き、小アジアの小領主として天寿を全うした。.

新しい!!: 亡命とアドメトス (エピロス王) · 続きを見る »

アドリア海

アドリア海(Adriatic Sea; Mar Adriatico; Jadransko more)は、地中海の海域の一つ。イタリア半島とバルカン半島に挟まれている。.

新しい!!: 亡命とアドリア海 · 続きを見る »

アドニス・ガルシア

アドニス・ガルシア・アリエータ(Adonis García Arrieta, 1985年4月12日 - )は、キューバ・シエゴ・デ・アビラ州出身のプロ野球選手(二塁手、三塁手、外野手)。右投右打。 弟のホセ・アドリス・ガルシアも野球選手で、日本の巨人でもプレーした。.

新しい!!: 亡命とアドニス・ガルシア · 続きを見る »

アベル・グンバ

アベル・ヌゲンデ・グンバ(Abel Nguéndé Goumba、1926年9月18日-2009年5月11日)は、中央アフリカ共和国の政治家。1950年代に独立運動の指導者として自治政府に参加したのちは野党の道を歩み、1981年, 1993年, 1999年,2005年の4回の大統領選挙に立候補してすべて落選した。進歩愛国戦線の党首であり、フランソワ・ボジゼ政権の下では政権に参画して2003年3月から12月までは首相に、12月から2005年3月までは副大統領となった。.

新しい!!: 亡命とアベル・グンバ · 続きを見る »

アウグスト・ハインリヒ・ホフマン・フォン・ファラースレーベン

ール・ゲオルク・C・シューマッハーによる肖像画 (1819年) ホフマンのサイン入りの写真 ヴェンゲルンのHaus Hoveにある銘板 アウグスト・ハインリヒ・ホフマン(August Heinrich Hoffmann, 1798年4月2日 - 1874年1月19日)は、ドイツ学教授、詩人。1841年に、のちにドイツの国歌となる詩「ドイツの歌」(Das Lied der Deutschen) を作った。ホフマン・フォン・ファラースレーベン (Hoffmann von Fallersleben) の呼び方もあるが、これは貴族階級の出身だと思わせたかったからではなく、姓が「ホフマン」というありふれたものなので、別の家系と区別するために、出身地名のヴォルフスブルク=ファラースレーベン(現在はヴォルフスブルク市の一部)を姓の後ろに付けて名乗っていたためである。.

新しい!!: 亡命とアウグスト・ハインリヒ・ホフマン・フォン・ファラースレーベン · 続きを見る »

アウグスト・ランドメッサー

アウグスト・フリードリヒ・ランドメッサー(August Friedrich Landmesser、1910年5月24日 - 推定死亡年月日1944年10月17日、死亡認定1949年)は、ドイツ、ハンブルクの造船会社ブローム・ウント・フォス社に勤めていた労働者。1936年6月13日、ドイツ海軍の練習艦の進水式において、ただ一人ナチス式敬礼を行わなかった写真で知られる。.

新しい!!: 亡命とアウグスト・ランドメッサー · 続きを見る »

アウグスト・ピノチェト

アウグスト・ホセ・ラモン・ピノチェト・ウガルテ(Augusto José Ramón Pinochet Ugarte、1915年11月25日 - 2006年12月10日)は、チリの軍人、政治家。第30代大統領(在任:1974年~1990年)。スペイン語では末尾のtをほとんど発音しないため、ピノチェと表記されることもある。.

新しい!!: 亡命とアウグスト・ピノチェト · 続きを見る »

アクラム・アル=ホーラーニー

アクラム・アル=ホーラーニー(アラビア語:أكرم الحوراني ’Akram al-Hawrani、1912年-1996年2月24日)は、シリアの政治家で、ナショナリズム運動の形成とバアス党の台頭に重要な役割を演じた。1940年代初頭から1963年に亡命するまでシリアの政治に影響力を持ち、政府閣僚やアラブ連合共和国(UAR)の共同副大統領を務めた。.

新しい!!: 亡命とアクラム・アル=ホーラーニー · 続きを見る »

アゴスティニョ・ネト

アントニオ・アゴスティニョ・ネト(António Agostinho Neto、1922年9月17日 - 1979年9月10日)は、アンゴラの革命家・民族主義者・政治家・社会主義者・詩人で、初代大統領。ベンゴ州のカテテ町でメソジストの牧師の息子として生まれた。 ルアンダの高校に通った後、ポルトガル統治時代の1940年代、アンゴラの伝統文化復興運動の中で頭角を現す。民族主義運動を行う一方、リスボンに留学し、リスボン大学で医学を学んだ。1958年にポルトガル人女性のマリア・エウジェニア・ダ・シルヴァと結婚し、同日中に卒業した。卒業した後に、1959年に帰国した。帰国後は1960年6月8日に独立運動によって植民地当局に逮捕され、彼の両親や支持者は釈放を求めてカテテからベンゴへ行進したが、ポルトガル兵によって30人が殺害され、200人が負傷した(ロコ・イ・ベンゴの虐殺)。彼はポルトガル政府によってカーボベルデに追放され、リスボンで拘留された。政府は国際的な圧力のためにネトを自宅軟禁に置いたが、脱走してまずモロッコに、次いでザイールに亡命し、国外から反ポルトガル闘争を続けた。 1962年にワシントンD.C.を訪れ、ジョン・F・ケネディに彼の目的を訴えたが、既にホールデン・ロベルト率いる反共のアンゴラ国民解放戦線(FNLA)の支持を決めていたアメリカ合衆国は、これを拒否した。 ネトはコンゴ動乱にチェ・ゲバラ率いるキューバ軍が派遣された際にはゲバラと会談し、キューバの支援を取り付けた。幾度もハバナを訪れ、彼とフィデル・カストロはイデオロギー的な視点を分かち合った。 アンゴラ解放人民運動(MPLA)を率いてアンゴラ独立戦争を指導し、ポルトガル撤退後、他の勢力との権力闘争を勝ち抜き、1975年11月11日の正式独立に伴って初代大統領に就任した。職責に就いた後、ネトはソ連など共産圏に接近し、アンゴラが東側陣営に属するきっかけをつくった。また、キューバのフィデル・カストロ首相と強い親交があり、内戦時代にキューバからの大規模な支援を受けた。 1979年9月にソビエト連邦のモスクワで死去し、ジョゼ・エドゥアルド・ドスサントスが後を継いだ。.

新しい!!: 亡命とアゴスティニョ・ネト · 続きを見る »

アゴタ・クリストフ

アゴタ・クリストフ(Agota Kristof, 1935年10月30日 - 2011年7月27日)は、ハンガリー出身の作家。ハンガリー出身であるため本来の姓名は姓→名の順番でクリシュトーフ・アーゴタ(Kristóf Ágota) となるべきであるが、スイスに居住し主にフランス語で著作を執筆していたため、作家としてはフランス語風の「アゴタ・クリストフ」を名乗っており、日本でもこの名前で紹介されている。 1956年のハンガリー動乱でオーストリアへ脱出し、スイスに定住したために「亡命作家」と見なされがちであるが、本人はハンガリー国籍も保持しており、また出国してから12年後には帰国も果たしているので「亡命作家」と言うよりはむしろ「難民作家」と見なすべきであろう。生計のために、移住先のフランス語で執筆したが、母語であるハンガリー語に対する思い入れと、ハンガリー人としての民族意識は最後まで非常に強かったことは様々なインタビューなどからも読み取れる。.

新しい!!: 亡命とアゴタ・クリストフ · 続きを見る »

アジーリア・バンクス

アゼリア・アマンダ・バンクス(Azealia Amanda Banks、、1991年5月31日 - )はアメリカ合衆国の女性ラッパー、シンガーソングライター。ニューヨーク市ハーレムで育った彼女は2008年に、MySpaceを通じて音楽活動を開始した。そして、17歳の時にXLレコーディングスと契約を結んだ。デビュー・シングル『212』で商業的な成功を収めた後、インタースコープとポリドール・レコードと契約。2012年に最初のEP『1991』を発表し、マイナーなチャートで成功。2014年に、デビュー・スタジオ・アルバム『ブローク・ウィズ・エクスペンシヴ・テイスト』を発表した。歯に衣着せぬ発言で知られており、度々メディアで論争を巻き起こしている。.

新しい!!: 亡命とアジーリア・バンクス · 続きを見る »

アジール権

アジール権(アジールけん)とは、俗世界の法規範とは無縁の場所、不可侵の場所という意味。ギリシア語ἄσυλονに由来するフランス語 asyle に由来する。通常神殿や寺院、教会などがこれにあたる。宗教的、呪術的に特殊な聖域と考え、俗世界で犯罪を犯しても、アジールに逃げ込めば聖的な保護を与えられ、世俗権力による逮捕や裁判を免れるという一種の治外法権のような性質を持った。.

新しい!!: 亡命とアジール権 · 続きを見る »

アジア主義

アジア主義(アジアしゅぎ)、または汎アジア主義(はんアジアしゅぎ、)とは、日本と他のアジア諸邦の関係や、アジアの在り方についての思想ないし運動の総称である。19世紀後半に活発となった欧米列強のアジア侵出に対抗する方策として展開された。.

新しい!!: 亡命とアジア主義 · 続きを見る »

アサイラム (曖昧さ回避)

アサイラム (Asylum).

新しい!!: 亡命とアサイラム (曖昧さ回避) · 続きを見る »

イランにおける同性愛者迫害

イランにおける同性愛者迫害(イランにおけるどうせいあいしゃはくがい)は、イスラーム法(シャリーア)によって同性愛が禁止されていることに由来する。なお、すべてのイスラム教徒が同性愛を敵視しているわけではなく、他宗教同様個人差が大きい。.

新しい!!: 亡命とイランにおける同性愛者迫害 · 続きを見る »

イランアメリカ大使館人質事件

イランアメリカ大使館人質事件(イランアメリカたいしかんひとじちじけん、英語:Iran hostage crisis)は、1979年11月にイランで発生した、アメリカ大使館に対する占拠及び人質事件である。.

新しい!!: 亡命とイランアメリカ大使館人質事件 · 続きを見る »

イラン革命

イラン革命(イランかくめい、انقلاب ۱۳۵۷ ایران)は、イラン・パフラヴィー朝において1979年2月に起こった革命である。亡命中であったルーホッラー・ホメイニーを精神的指導者とするイスラム教十二イマーム派(シーア派)の法学者たちを支柱とする国民の革命勢力が、モハンマド・レザー・シャーの専制に反対して、政権を奪取した事件を中心とする政治的・社会的変動をさす。民主主義革命であると同時に、イスラム化を求める反動的回帰でもあった。イスラム革命(Islamic Revolution)とも呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とイラン革命 · 続きを見る »

イラクリー・オクルアシュヴィリ

イラクリー・オクルアシュヴィリ(オクルアシビリ、ირაკლი ოქრუაშვილი、Irakli Okruashvili、1973年11月6日 - )は、グルジアの政治家。ミヘイル・サアカシュヴィリ大統領の下で国防相などの要職を歴任した。しかし、2006年11月に失脚する。 2007年9月、野党統一グルジア運動結成を表明する。しかし、同年9月27日に党本部で汚職、不正な資金洗浄および職権乱用の容疑で逮捕された。2007年グルジアを出国し、フランスに亡命した。.

新しい!!: 亡命とイラクリー・オクルアシュヴィリ · 続きを見る »

イラク憲法

イラク憲法(イラクけんぽう)は、イラクの憲法。 イラクの最初の憲法はイギリス軍占領下の王政時代の1925年に制定された。現行は2005年制定で、民主主義と法治国家を標榜し、イスラム教を国教とし、人種差別を廃し、国内外の平和主義を唱導する。以下は現行憲法について記述する。.

新しい!!: 亡命とイラク憲法 · 続きを見る »

イリヤ・エレンブルグ

イリヤ・グリゴーリエヴィチ・エレンブルグ(ロシア語:Илья Григорьевич Эренбург イリヤー・グリゴーリイェヴィチュ・エリンブールク、1891年1月27日 - 1967年8月31日)は、ソ連の作家。.

新しい!!: 亡命とイリヤ・エレンブルグ · 続きを見る »

イリーナ・ハカマダ

イリーナ・ムツオヴナ・ハカマダ(, Irina Mutsuovna Khakamada, 1955年4月13日 - )は、ロシアの政治家。ロシアでもっとも著名かつ有能な女性政治家と称される。学歴はモスクワ大学経済学部大学院修了。学位は経済学修士(モスクワ大学)。元ロシア下院副議長。日本人の父を持つ。.

新しい!!: 亡命とイリーナ・ハカマダ · 続きを見る »

インド

インドは、南アジアに位置し、インド洋の大半とインド亜大陸を領有する連邦共和制国家である。ヒンディー語の正式名称भारत गणराज्य(ラテン文字転写: Bhārat Gaṇarājya、バーラト・ガナラージヤ、Republic of India)を日本語訳したインド共和国とも呼ばれる。 西から時計回りにパキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブ、インドネシアに接しており、アラビア海とベンガル湾の二つの海湾に挟まれて、国内にガンジス川が流れている。首都はニューデリー、最大都市はムンバイ。 1947年にイギリスから独立。インダス文明に遡る古い歴史、世界第二位の人口を持つ。国花は蓮、国樹は印度菩提樹、国獣はベンガルトラ、国鳥はインドクジャク、国の遺産動物はインドゾウである。.

新しい!!: 亡命とインド · 続きを見る »

インドネシア、トーマス・ワインガイのために

『インドネシア、トーマス・ワインガイのために』(仏語 Pour Thomas Wainggai, Indonésie)は、1991年(平成3年)に放映されたオムニバスのドキュメンタリーテレビ映画『忘却に抗って』(Contre l'oubli)の一篇として、1990年(平成2年)製作、ジャン=リュック・ゴダール、アンヌ=マリー・ミエヴィルが共同監督したフランスの短篇映画である。.

新しい!!: 亡命とインドネシア、トーマス・ワインガイのために · 続きを見る »

インドルジヒ・ローハン

インドルジヒ・ローハン(Jindřich Rohan、1919年5月14日 - 1978年2月14日)は、チェコの指揮者。.

新しい!!: 亡命とインドルジヒ・ローハン · 続きを見る »

イングランドの歴史

イングランドの歴史(イングランドのれきし)では、グレートブリテン島のイングランド地域の歴史について記述する。 しばしば連合王国の歴史とイングランドの歴史を混同し、連合王国もイングランドもイギリスとしてひとまとめにしてしまう場合が見られるが、これでは国家としての連合王国(United Kingdom)の歴史も、イングランドの歴史も正しく理解していないし、連合王国に含まれるスコットランド、ウェールズ、アイルランドと言った地域のアイデンティティーを無視した行為と取られかねないので、注意が必要である。.

新しい!!: 亡命とイングランドの歴史 · 続きを見る »

イーヴ・ゴダール

イーヴ・ゴダール(Yves Godard, 1911年12月11日 - 1975年3月3日)は、フランスドゥー=セーヴル県サン=メクサン=レコール生まれのフランス陸軍軍人で、対反乱作戦の専門家。軍から脱走後は秘密軍事組織 (OAS) 指導者の一人となる。.

新しい!!: 亡命とイーヴ・ゴダール · 続きを見る »

イブラーヒーム・クリー・クトゥブ・シャー

イブラーヒーム・クリー・クトゥブ・シャー(1518年 - 1580年)は、ゴールコンダ王国の第4代の王(在位:1550年 - 1580年)。 スルターン・クリー・クトゥブ・シャーの末子である彼は、1543年兄ジャムシード・クリー・クトゥブ・シャーが父を殺すと、ヴィジャヤナガル王国に亡命し、その摂政ラーマ・ラーヤの保護を受け生活を送っていた。彼は滞在中にテルグ語習得に熱中し、第2の母国語のように話すことができるまでに達した。 1550年ジャムシードが死ぬとヴィジャヤナガルを離れ、その子スブハーン・クリー・クトゥブ・シャーを殺し、王位についた。彼はそれまでの王達が一顧だにしなかったテルグ語の読み書きを保護・奨励し、そのため、彼の宮廷は、デカン高原中の詩人達で賑わったと言われている。 だが、かつて保護を受けたヴィジャヤナガル王国が圧迫してくると、イブラーヒーム・クリー・クトゥブ・シャーはほかのムスリム5王国と同盟し、1565年ヴィジャヤナガル王国軍をターリコータの戦いで撃破した(ラーマ・ラーヤはこの戦いで死亡している)。 彼の治世中に、ゴールコンダ要塞はさらに強化された。また、彼は多くのモスク、学校、救貧院を建設させたことでも知られる。フセイン・サガールのダム建設なども彼の功績であり、有能な統治者として、その名を残している。.

新しい!!: 亡命とイブラーヒーム・クリー・クトゥブ・シャー · 続きを見る »

イディ・アミン

イディ・アミン・ダダ(Idi Amin Dada、1925年ブリタニカ、エンカルタ、コロンビア等の百科事典は出生日不詳で1925年頃にコボコかカンパラで生まれたとしている。マケレレ大学のフレッド・グウェデコは1928年5月17日であると主張している。これには議論があり、死後の混同も含まれる。医師がアミンが80歳で死亡したと語ったため1923年生まれとする例もある。1920年代生まれであることは確実である。 - 2003年8月16日)は、ウガンダの軍人、政治家、第3代大統領。元帥、法学博士の肩書も持つ。身長193cmの巨漢で、東アフリカのボクシングヘビー級チャンピオンや1975年にはアフリカ統一機構議長になったこともある。.

新しい!!: 亡命とイディ・アミン · 続きを見る »

イドリース1世 (リビア王)

イドリース1世(, 1889年3月12日 - 1983年5月25日)は、リビア王国の国王(在位:1951年12月24日 - 1969年9月1日)。ムハンマド・イドリースとも。初代にして最後の国王である。 1952年に発行されたリビアの5ピアストル(リビア・ディナールの補助通貨)紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 亡命とイドリース1世 (リビア王) · 続きを見る »

イニャツィオ・シローネ

ペシーナにあるイニャツィオ・シローネの墓 イニャツィオ・シローネ(Ignazio Silone、1900年5月1日 - 1978年8月22日)は、イタリアペシーナ出身の小説家、政治家。本名はセコンディーノ・トランクィッリ(Secondino Tranquilli)だが、戦後、ペンネームであったイニャツィオ・シローネに改名。 1965年に『非常口』Uscita di sicurezza でマルツォット賞を、1968年に『一人のつつましきキリスト教徒の物語』でスーパー・カンピエッロ賞、また、1969年にはエルサレム賞を受賞している。.

新しい!!: 亡命とイニャツィオ・シローネ · 続きを見る »

イダ・カミンスカ

イダ・カミンスカ(Ida Kamińskaイーダ・カミーィンスカ、1899年9月18日 - 1980年5月21日)は現ウクライナ旧ロシア帝国(帝政ロシア)のオデッサ出身。ポーランドで活躍した女優・演出家。アイダ・カミンスカと書かれることもある。 女優エステル・ラヘル・カミンスカ(Esther Rachel Kamińska(1870年 - 1925年)、劇場プロデューサー・アヴラム・イツハク・カシェ (Avram Izhak Kashe) の娘として生まれる。音楽家ヨセフ・カミンスキー(Josef Kamiński)1903年 - 1972年)の姉である。 5歳から劇場での仕事を始めた。1912年に母親と姉と共に映画「Mirele Efros」に出演しスクリーン・デビュー。 その後、映画にはTV映画1作品、短篇映画1作品を含めた9本のみ。 しかしながら、1965年に出演した『大通りの店』で、その演技が国際的に大絶賛され、カンヌ国際映画祭では彼女の優れた演技に対して特別表彰の賞が授与された。また、アメリカではアカデミー主演女優賞ならびにゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされた。 最後の映画出演は1970年の『さまよえる天使』である。 第二次世界大戦中には、一時レンベルクの「ユダヤ劇場」を主宰した。ウクライナ成立によってポーランド再移住後、1949年から1953年はウッチにて、1953年から1955年の間はヴロツワフにてユダヤ劇場を経営した業績は、母親にも優っているという評価もある。 イダ・カミンスカはワルシャワのカミンスカ国立イディッシュ劇場の主宰者であり、演出家であったが、1968年、アメリカで公演中に亡命した。そのため、母親・エステルが1913年にワルシャワのユダヤ劇場を創設した功労者であるにも関わらず、その存在は無視されたという。 女優としては、『人形の家』のノラ役や、「肝っ玉かあさん」的な役を得意とした。『カラマーゾフの兄弟』の脚色も手がけた。 結婚はロシア帝国出身でポーランドで活躍した俳優のマリアン・メルマンと2回結婚。一度離婚し、後に復縁している。 イダ・カミンスカは1980年5月21日に心臓病の為に、ニューヨーク州のニューヨーク・シティで死去。フラッシングのヘブロン山墓地 (Mount Hebron Cemetery) に埋葬されている。.

新しい!!: 亡命とイダ・カミンスカ · 続きを見る »

イギリスの歴史

イギリスの歴史(イギリスのれきし)は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド(現在では北アイルランドのみ)より成る連合王国(イギリス)の歴史である。 イングランドはまずウェールズを併合し、アイルランドを植民地化し、スコットランドと連合した。さらにアイルランドを併合するも、その大部分が独立して現在の形になった。.

新しい!!: 亡命とイギリスの歴史 · 続きを見る »

イギリス海軍

王立海軍(おうりつかいぐん、Royal Navy)は、イギリスの海軍。イギリス海軍、英国海軍などとも表記される。.

新しい!!: 亡命とイギリス海軍 · 続きを見る »

イグナシー・ドメイコ

イグナシー・ドメイコ(Ignacy Domeyko または Domejko、スペイン語名:Ignacio Domeyko、ベラルーシ表記:Ігнат Дамейка、リトアニア名:Ignotas Domeika、1802年7月31日 – 1889年1月22日)は19世紀のポーランド、リトアニア系の地質学者、鉱物学者で、チリで地理学、地質学、鉱物学を研究した。 当時ロシア帝国(現ベラルーシ)のニャスヴィシュに生まれ、その後現在はヴィルナ帝国大学で学んだ。学生時代にポーランドの文化運動や独立運動に加わって何度か投獄され、1830年11月の反乱に参加したために1831年に亡命を余儀なくされ、ドイツを経由してフランスに逃れ、フランスでパリ鉱山学校で工学の学位をとった。1838年チリに移住し、1849年にチリの市民権を得た。1884年にヨーロッパにヤギェウォ大学から名誉教授職をえるためなどに4年間訪れるまでチリに留まった。コキンボ の鉱山学校、後のチリ大学 (University of Chile) の鉱山学の教授を務め、1867年から1883年の間の16年間にわたってチリ大学の学長を務めた。1889年にサンティアゴで没し、同地のサンティアゴ総合墓地に埋葬された。 鉱物学、鉱山技術、いくつかの新鉱物の研究のほか、原住民の社会的権利を提唱し、気象学、民族学の分野でも貢献した。 鉱物の砒銅鉱 (domeykite) や、古生物の分野で Nautilus domeykus、Domeykosaurus、Amonites domeykanus にドメイコの名が命名された。小惑星 (2784) Domeykoに命名され、アンデスのドメイコ山、チリの町の名前にも命名された。 2002年に誕生200年を記念して、国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) がイグナシー・ドメイコ年とし、記念イベントが開かれ、チリとポーランド両国の共同で誕生200年の記念切手が発行された。.

新しい!!: 亡命とイグナシー・ドメイコ · 続きを見る »

イザベッラ・デル・バルツォ

イザベッラ・デル・バルツォ(Isabella Del Balzo, 1465年6月24日 - 1533年)は、ナポリ王フェデリーコ1世の2番目の妻。ナポリ王妃。.

新しい!!: 亡命とイザベッラ・デル・バルツォ · 続きを見る »

イシュトヴァン・ケルテス

イシュトヴァン・ケルテス(Istvan Kertesz, 1929年8月28日 - 1973年4月16日)は、ハンガリー生まれの指揮者である。ハンガリー語の表記ではケルテース・イシュトヴァーン(Kertész István)。.

新しい!!: 亡命とイシュトヴァン・ケルテス · 続きを見る »

イシュトヴァーン3世

イシュトヴァーン3世(III.

新しい!!: 亡命とイシュトヴァーン3世 · 続きを見る »

イスラム教における棄教

イスラム教における棄教では、ムスリムがイスラームの信仰を部分的、もしくは全面的に放棄するケースについて記述する。.

新しい!!: 亡命とイスラム教における棄教 · 続きを見る »

イスラーム法的権利擁護委員会

イスラーム法的権利擁護委員会(イスラームほうてきけんりようごいいんかい、アラビア語:لجنة الدفاع عن الحقوق الشرعية、英語:Committee for the Defense of Legitimate Rights、略称:CDLR)は、サウジアラビアの反政府組織である。.

新しい!!: 亡命とイスラーム法的権利擁護委員会 · 続きを見る »

イスラーム教徒による宗教的迫害

イスラーム教徒による宗教的迫害(イスラームきょうとによるしゅうきょうてきはくがい)では、イスラム教徒によってなされた他宗教の信者、無神論者、無宗教者などへの迫害について記述する。イスラームの支配領域において行われた異教徒への保護についてはズィンミーの項目を、イスラームの名の下に行われた自国防衛のための戦いについてはジハードの項目も参照のこと。.

新しい!!: 亡命とイスラーム教徒による宗教的迫害 · 続きを見る »

イスラーム教徒による性的マイノリティー迫害

イスラーム教徒による性的マイノリティー迫害(イスラームきょうとによるせいてきマイノリティーはくがい)は、イスラームの教義との関連をめぐり激しい議論がかわされている分野である。.

新しい!!: 亡命とイスラーム教徒による性的マイノリティー迫害 · 続きを見る »

イタリアのアルバニア侵攻

イタリアのアルバニア侵攻(イタリアのアルバニアしんこう、英語:Italian invasion of Albania)は、1939年4月7日から4月12日にかけて行われた戦いで、数日間の戦闘の後にアルバニアは降伏してイタリア王国の保護領となった。 敗北に伴いアルバニア国王ゾグー1世は亡命し、新たにイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世がアルバニア王として戴冠した事でゾグー家からサヴォイア家に王位が移った。.

新しい!!: 亡命とイタリアのアルバニア侵攻 · 続きを見る »

イタリア共和党

イタリア共和党(Partito Repubblicano Italiano、略称:PRI)は、イタリアの政党。1895年に創設された、古参の自由主義政党である。.

新しい!!: 亡命とイタリア共和党 · 続きを見る »

イタリア共産党

イタリア共産党(イタリアきょうさんとう、Partito Comunista Italiano, PCI)は、イタリアにかつて存在した政党。共産主義を掲げた政党だった。本部をローマ(ラツィオ州)に置き、左翼民主党へ移行するまでは、トスカーナ州、エミリア=ロマーニャ州、ウンブリア州といった中部イタリアを基盤とし、西側諸国における共産党としては最大の勢力を有していた。.

新しい!!: 亡命とイタリア共産党 · 続きを見る »

イタリア社会党

イタリア社会党(イタリアしゃかいとう、Partito Socialista Italiano、略称:"PSI")は、かつて存在したイタリアの政党。.

新しい!!: 亡命とイタリア社会党 · 続きを見る »

イタビア航空870便事件

ボローニャの博物館で展示されている事故機の残骸 イタビア航空870便事件(イタビアこうくう870びんじけん)とは、1980年6月27日に巡航中のイタリア国内便が突然空中爆発してシチリア島沖に墜落した航空事故である。墜落原因は気象や機体の故障ではなく、外部の第三者による故意もしくは過失によるものとされ、各論が唱えられたが確定されていない。.

新しい!!: 亡命とイタビア航空870便事件 · 続きを見る »

イサベル・ペロン

イサベル・マルティネス・デ・ペロン(Isabel Martínez de Perón、1931年2月4日 - )は、アルゼンチンの政治家、大統領。本名マリア・エステラ・マルティネス・カルタス・デ・ペロン(María Estela Martínez Cartas de Perón)。 フアン・ペロンの3番目の夫人。世界初の女性大統領として世界から注目を浴び、国民からはエバ・ペロンの再来として期待されたが、政治家としての力量はなく、治安、経済共に悪化させ遂には解任された。.

新しい!!: 亡命とイサベル・ペロン · 続きを見る »

ウラジーミル・プーチン

ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン(、ラテン文字表記例:、1952年10月7日 - )は、ロシア連邦の政治家。現在は第4代ロシア連邦大統領(2012年5月7日 - )を務める。 第4代大統領就任以前には、第2代大統領(在任2000年 - 2008年)、第5代および第9代政府議長(首相)(1999年 - 2000年、2008年 - 2012年)、統一ロシア党首(2008年 - 2012年)、ベラルーシ・ロシア連合国家(正式名称は「連合国家」)の閣僚会議議長(首相に相当、2008年 - )など政府・政党の要職を歴任している。このほか、サンクトペテルブルクの副市長を務めたこともある。 元KGBのエージェントであり、現在のロシア連邦の政治家でもあり、その中でも特に大きな影響力を持っている政治家である。最終学歴はレニングラード大学(現・サンクトペテルブルク大学)法学部卒業。学位は法学士(サンクトペテルブルク大学)、経済学博士候補ロシアにおける「博士候補」は欧米諸国の「博士(Ph.D.)」に相当する(1997年)。階級は予備役大佐。 1999年12月31日のボリス・エリツィンの大統領辞任により大統領代行を務めたのち、2000年ロシア大統領選挙に勝利して正式に大統領に就任した。2004年の大統領選挙では再選を果たし、2008年5月7日まで大統領を務めた。そして後任の大統領であるドミトリー・メドヴェージェフの指名により同月8日に首相に就任した。 8年間のプーチン政権でロシア経済は危機を脱して大きく成長し、ロシア社会から高い支持と評価を受けている。国内総生産(GDP)は6倍に増大(購買力平価説では72%)し、貧困は半分以下に減り、平均月給が80ドルから640ドルに増加し、実質GDPが150%になった。 その一方で、第二次チェチェン紛争での人権侵害などにより、ロシア国外の政府や人権団体からロシアの人権と自由について追及されている。また、非民主的(反民主的)で、非合法な(謀略的な)手法で支配力を行使し政治を行っていることも様々な調査で明らかになっている。また統計上は良くなったともされるロシア経済についても、その実態としてはウラジーミル・ヤクーニンのような一部のプーチンと親密な関係にある人物たちによって統制が行われてしまっていることがマスメディアの取材で明らかになっている。こうした統制は、ボリス・ネムツォフらプーチン政権の反対派によって厳しく批判されている。 なおKGBに入るためにはスポーツ(格闘技)を身につけるのが有利であったために柔道も身につけているという面もあり、段位は柔道八段来日時に柔道六段を講道館柔道において贈られるも辞退。詳細は後述。称号は、サンボと柔道のロシア連邦スポーツマスター。2005年12月よりヨーロッパ柔道連盟名誉会長を務める。また国際柔道連盟(IJF)の名誉会長でもある。.

新しい!!: 亡命とウラジーミル・プーチン · 続きを見る »

ウラジーミル・アウセム

ウラジーミル・アウセム ウラジーミル・フリスチアノヴィチ・アウセム(Владимир Христианович Ауссем;1879年 - ?)は、ウクライナ、ソ連の革命家、赤軍諜報機関(GRUの前身)の指導者。.

新しい!!: 亡命とウラジーミル・アウセム · 続きを見る »

ウーアルカイシ

ウーアルカイシ(ئۆركەش دۆلەت、吾爾開希、1968年2月17日-)は1989年の六四天安門事件学生指導者で中華人民共和国の民主活動家。ウイグル族。ウイグル語名は「エルケシュ・デレット」。日本でも中国語式に「ウーアルカイシ」と呼ぶことが多いが、原音尊重で「ウルケシ」と表記する場合もある。ウアルカイシの表記も報道などではよく用いられている。.

新しい!!: 亡命とウーアルカイシ · 続きを見る »

ウーゴ・フォスコロ

ウーゴ・フォスコロ(Ugo Foscolo、1778年2月6日 - 1827年9月10日)は、イタリアの詩人、小説家。イタリアロマン主義初期の人物であり、書簡体小説『ヤーコポ・オルティスの最後の手紙』や長編詩『墳墓』などで知られる。.

新しい!!: 亡命とウーゴ・フォスコロ · 続きを見る »

ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク

ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク(William Degouve de Nuncques、1867年2月28日 - 1935年3月1日)は、ベルギーの象徴主義派の画家。「ウィリアム・ドゥグーヴ・ド・ニュンク」とも。.

新しい!!: 亡命とウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク · 続きを見る »

ウィリアム・コベット

ウィリアム・コベット(William Cobbett、1763年3月9日 - 1835年6月18日)は、イギリスのジャーナリスト、愛国者。.

新しい!!: 亡命とウィリアム・コベット · 続きを見る »

ウィレム2世 (オランダ王)

ウィレム2世(、ウィレム・フレデリック・ヘオルヘ・ローデウェイク・ファン・オラニエ=ナッサウ、、1792年12月6日 - 1849年3月17日)は、第2代オランダ国王(在位:1840年10月7日 - 1849年3月17日)、ルクセンブルク大公(フランス語名ギヨーム2世、)。初代オランダ国王ウィレム1世の息子。妃はロシア皇帝パーヴェル1世の娘アンナ・パヴロヴナ。.

新しい!!: 亡命とウィレム2世 (オランダ王) · 続きを見る »

ウィレム5世 (オラニエ公)

ウィレム5世 ウィレム5世 オラニエ公ウィレム5世(Willem V van Oranje-Nassau, 1748年3月8日 - 1806年4月9日)は、最後のオランダ総督(在位:1751年 - 1795年)。父はオラニエ公ウィレム4世、母はイギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ2世の長女アン。 父の死によりわずか3歳でオラニエ公を継承し、1759年まで母の後見を受けて成長、七年戦争では中立を貫いた。1766年に成人とみなされ、ネーデルラント連邦共和国全州の総督に任じられた。しかし優柔不断な態度を取っていたため、従来の総督派と都市門閥派の対立だけでなく、共和派の愛国派(パトリオッテン派)が出現する事態となり、政局は混乱した。 1776年にアメリカ独立戦争が始まると、表向き中立を取りながらアメリカを密貿易で支援し、それが発覚するとイギリスと対立した。1778年に武装中立同盟に加盟すると、1780年にイギリスと交戦(第四次英蘭戦争)、オランダ東インド会社の船舶が相次いで拿捕されたり、西インド諸島の植民地がイギリスに襲撃され劣勢となり、1784年のパリ条約でオランダは海外拠点を失い、外交・内政の失敗でウィレム5世の責任が問われる結果となった。 1785年に愛国派が蜂起すると、ハーグからナイメーヘンへ避難、1787年に義兄のプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世がカール・ヴィルヘルム・フェルディナント・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル率いるプロイセン軍を派遣してオランダを制圧、愛国派を掃討したためハーグへ戻った。翌1788年にイギリス・プロイセンと同盟を結んで総督の地位を保障してもらった。 フランス革命戦争が勃発すると、1795年にフランス軍の侵攻を受けてネーデルラント連邦共和国は崩壊し、最後の総督となったウィレム5世は一家と共にイギリスへ亡命した。混乱に乗じて愛国派が帰国、フランスの力を借りてバタヴィア共和国を建国した。1802年、既に名目上のものとなっていたオラニエ公の称号を息子ウィレムに譲り、1806年、ドイツのブラウンシュヴァイクで死去した。 1815年にオランダ王国が成立すると、ウィレム5世の息子が初代国王ウィレム1世として即位した。.

新しい!!: 亡命とウィレム5世 (オラニエ公) · 続きを見る »

ウィンチェスターM70

ウィンチェスターM70、またはモデル70(Winchester Model 70)は、1936年にM54の後継としてウィンチェスター社が販売したボルトアクションライフルである。.

新しい!!: 亡命とウィンチェスターM70 · 続きを見る »

ウォルター・クリヴィツキー

ウォルター・ゲルマノヴィッチ・クリヴィツキー(Walter G. Krivitsky、Ва́льтер Ге́рманович Криви́цкий、1899年6月28日 - 1941年2月10日)はソビエト連邦のスパイ。国家保安大尉。本名はサミュエル・ギンスブルク。.

新しい!!: 亡命とウォルター・クリヴィツキー · 続きを見る »

ウガンダ

ウガンダ共和国(ウガンダきょうわこく)、通称ウガンダは、東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にケニア、南にタンザニア、南西にルワンダ、西にコンゴ民主共和国、北に南スーダンとの国境に囲まれた内陸国である。首都はカンパラ。アフリカの中でも難民受入れに積極的である。 ナイル川(白ナイル)の始まるヴィクトリア湖に接している。旧イギリス植民地。.

新しい!!: 亡命とウガンダ · 続きを見る »

ウクライナ人

ウクライナ人( )は、ウクライナの主要民族である。東欧の東スラヴ人に属し、主にウクライナ語を母語とするものが多い。.

新しい!!: 亡命とウクライナ人 · 続きを見る »

ウクライナ海軍

ウクライナ海軍(ウクライナかいぐん、 ヴィイスィコーヴォ・モルスィキー・スィールィ・ズブローイヌィフ・スィール・ウクライィーヌィ)は、ウクライナの海軍であり、ウクライナ軍の軍種の一つである。.

新しい!!: 亡命とウクライナ海軍 · 続きを見る »

ウサーマ・ビン・ラーディン

ウサーマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディン(أسامة بن محمد بن عوض بن لادن、Usāma bin Muhammad bin ʿAwad bin Lādin, 1957年3月10日 - 2011年5月2日)は、サウジアラビア出身のイスラム過激派テロリスト。アルカーイダの司令官(アミール)であり、アメリカ同時多発テロ事件をはじめとする数々のテロ事件の首謀者とされる。連邦捜査局(FBI)における最重要指名手配者の1人であった。身長195cm。体重約73kg。FBIの指名手配書によると肌はオリーブ色、髪と瞳はブラウンと表記されている。 2011年5月2日(米国現地時間5月1日)、パキスタンにおいて米国海軍特殊部隊・Navy SEALsが行った軍事作戦によって銃撃戦になり、殺害されたと報道された。.

新しい!!: 亡命とウサーマ・ビン・ラーディン · 続きを見る »

エミリオ・アギナルド

ミリオ・アギナルド・イ・ファミイ(Emilio Aguinaldo y Famy,1869年3月22日 - 1964年2月6日)は、フィリピンの革命家。フィリピン第一共和国の初代大統領。 業績を記念し、マニラのエドゥサ通りにあるアギナルド空軍基地(国防省が同居)にその名が残されている。また、1987年より発行されていた5ペソ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: 亡命とエミリオ・アギナルド · 続きを見る »

エミール・ゾラ

マネ《エミール・ゾラの肖像》 1866年 エミール・フランソワ・ゾラ(、1840年4月2日 - 1902年9月29日)は、フランスの小説家で、自然主義文学の定義者であり、代表的存在でもあった。代表作品は全20作から成るルーゴン・マッカール叢書で、著名作は『ジェルミナール(芽月)』、『居酒屋』、『ナナ』。.

新しい!!: 亡命とエミール・ゾラ · 続きを見る »

エミグレ

ミグレ.

新しい!!: 亡命とエミグレ · 続きを見る »

エマニュエル・ドンガラ

マニュエル・ドンガラ(Emmanuel Boundzeki Dongala、1941年 - )は、コンゴ共和国出身の化学者、小説家。現在は、マサチューセッツにあるBard College at Simon's RockのFisher Science and Academic Centerに教授として勤務しているhttp://simons-rock.edu/academics/meet-the-faculty/emmanuel-dongala Simon's Rock College: Emmanuel Dongala。.

新しい!!: 亡命とエマニュエル・ドンガラ · 続きを見る »

エチオピア1931年憲法

チオピア1931年憲法は、1931年7月16日にエチオピア皇帝ハイレ・セラシエによって制定された、エチオピア帝国最初の成文憲法である。.

新しい!!: 亡命とエチオピア1931年憲法 · 続きを見る »

エムス電報事件

ムス電報事件(エムスでんぽうじけん)は、プロイセン王国宰相オットー・フォン・ビスマルクが、同国国王ヴィルヘルム1世から受け取った電報に意図的な編集を行って世間に公表した事件である。 当時のスペイン王位継承問題に端を発するもので、普仏戦争の直接の原因となった。.

新しい!!: 亡命とエムス電報事件 · 続きを見る »

エリナー・オブ・レスター

リナー・オブ・レスター(Eleanor of Leicester, 1215年 - 1275年4月13日)は、イングランドの王族。ジョン失地王と王妃イザベラ・オブ・アングレームの間の末娘。.

新しい!!: 亡命とエリナー・オブ・レスター · 続きを見る »

エリム・デミドフ

リム・パヴロヴィチ・デミドフ(Елим (Элим) Павлович Демидов、1868年8月6日 ウィーン - 1943年3月28日 アテネ)は、帝政ロシアの貴族、資産家、外交官。大富豪デミドフ家の一員。第3代サン・ドナート公。 第2代サン・ドナート公パーヴェル・デミドフとその最初の妻マリヤ・エリモヴナ・メシチェルスカヤの間の長男として、ウィーンので生まれた。18歳の時に父を亡くし、イタリア貴族のサン・ドナート公位を継承した。1893年4月18日にサンクトペテルブルクにおいて、ロシア大蔵大臣を務める伯爵の娘ソフィア・ヴォロツォヴァ=ダーシュコヴァ(1870年 - 1953年)と結婚したが、間に子供は無かった。大富豪の相続人であったエリムは世界有数の資産家の一人に数えられ、米紙の『』が1895年に発表した長者番付では、資産は膨大過ぎて「算定不能」と評されている。 外交官として欧州諸国の大使館・公使館に勤務し、1912年から帝政の崩壊する1917年まではギリシャ駐在大使を務めた。ロシア革命後も亡命者としてギリシャに留まり、白軍政府に大使役として協力した。1943年に死去すると、サン・ドナート公位は異母弟のアナトーリー・デミドフ(1874年 - 1943年)に相続された。しかしアナトーリーも半年後に息子のないまま死去したため、公位は消滅した。.

新しい!!: 亡命とエリム・デミドフ · 続きを見る »

エリトリア独立戦争

リトリア独立戦争(エリトリアどくりつせんそう)は、1961年9月1日から1991年5月29日の間、エチオピア政府とエリトリアの分離主義者との間で起きた武力紛争。この紛争が勃発した後、独立戦争と並行してエリトリア内戦(1972年-1974年、1980年-1981年)、(1974年-1991年)が起きている。 紛争はエリトリア人民解放戦線(EPLF)と協力関係にあったエチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)によってエチオピアの首都アディスアベバが陥落し、エリトリア州内のエチオピア軍が掃討されることでEPLFが州内を勢力下に置いた1991年までの30年にわたって続けられた。1993年4月、エチオピア政府による国民投票で投票者の殆どが独立に賛成した結果、エチオピアからの独立及びエリトリアの主権承認が同年5月28日に行われた。また、2つの主だった独立勢力、エリトリア解放戦線(ELF)とエリトリア人民解放戦線(EPLF)とが独立戦争中に主導権争いを行い、エリトリア内戦を起こしている。.

新しい!!: 亡命とエリトリア独立戦争 · 続きを見る »

エリザベート・シーマン

リザベート・シーマン(Elisabeth Schiemann、1881年8月15日 - 1972年1月2日)は、ドイツの植物学者である。 現在はエストニアのヴィリャンディ(ドイツ語:Fellin)で生まれた。父親は歴史家のテオドール・シーマン(Theodor Schiemann:1847年- 1921年)で、1887年に家族はベルリンに移った。ドイツで高等教育を受け、アカデミックな分野で活動できるようになった女性の最初の世代に属する。教員養成学校で学び、パリで語学を数年、学んだ後、数年間、女子学校の教師を務めた。1908年からベルリン大学で学び、エルヴィン・バウアーの指導でアスペルギルス属の突然変異に関する論文で博士号を得た。 1914年から1931年の間、バウアーの助手を務め、1924年に教授資格を得て、農業大学で講義をおこなった。1931年から1943年の間、ベルリン・ダーレムの植物学研究所で客員研究員として研究し、1932年に『栽培植物の起源』("Entstehung der Kulturpflanzen")を出版し、国際的な評価を得て、この分野の標準となる研究とされた。1931年にベルリン大学の教授の資格を得るが、ナチズムの人種政策や複数政党の禁止政策に反対する意見を表明したため、1940年に教授職から解任された。エリザベート・シュミッツ(Elisabeth Schmitz)らの婦人運動のメンバーの1人で、妹のゲルトルードとともに、ベルリン・ダーレムのナチズムに反対する「告白教会」(Bekennende Kirche)に参加し、ユダヤ人の同僚の保護を政府に手紙で働きかけた。物理学者のリーゼ・マイトナーとは、マイトナーが亡命する1938年まで親密に親交したが、戦後ナチズムにたいする対応にをめぐって不和となった。 戦後、再開されたベルリン大学の教授に任じられるが冷戦によって、1949年に退任した。1954年にドイツ連邦共和国から特別功労章を受け、多くの国のアカデミーの会員に選ばれた。1959年に『種の起源』出版100周年記念にドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナが18人の功績のあった学者に贈った(Darwin-Plakette)に女性として唯一選ばれた。.

新しい!!: 亡命とエリザベート・シーマン · 続きを見る »

エリスランディ・ララ

リスランディ・ララ・サントーヤ(Erislandy Lara Santoya、男性、1983年4月11日 - )は、キューバのプロボクサー。グアンタナモ出身。元WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者。ヒューストンに妻と息子2人と在住。トレーナーはロニー・シールズ。.

新しい!!: 亡命とエリスランディ・ララ · 続きを見る »

エルネスト・ノリス

ルネスト・ノリス・チャコーン(Ernesto Noris Chacón, 1972年11月24日 - )は、キューバのハバナ州ハバナ出身の野球選手(投手)。右投げ右打ち。現在はブラジル国内リーグのアチバイアに所属している。.

新しい!!: 亡命とエルネスト・ノリス · 続きを見る »

エルンスト・トゥーゲントハット

ルンスト・トゥーゲントハット(Ernst Tugendhat, 1930年3月8日、ブルノ - )は、チェコ生まれのドイツの哲学者。.

新しい!!: 亡命とエルンスト・トゥーゲントハット · 続きを見る »

エルンスト・ブッシュ (俳優)

フリードリヒ・ヴィルヘルム・エルンスト・ブッシュ (1900年1月22日 - 1980年6月8日) は、ドイツの歌手、俳優。 エルンスト・ブッシュが最初に話題になったのは、1920年代にベルリンのカバレットで政治的な歌を歌った事と、特にクルト・トゥホルスキーの通訳として働いていた事で有名になった。 彼は1928年にベルトルト・ブレヒトらのプロダクションによる、オリジナル映画「三文オペラ」に主演しただけでなく、その後の1931年に同じ様にゲオルク・ヴィルヘルム・パープストの映画で主演をしたり、映画にも出演した。 ブッシュは生涯共産主義者だったために、ナチス・ドイツ政権の成立後はゲシュタポから追われたので1933年には亡命し、最終的にソビエト連邦に定住した。1937年にスペイン内戦でと戦うため国際旅団に参加した。彼の戦時歌は録音され、ラジオ・バルセロナとラジオ・マドリードで放送された。スペイン共和国がフランシスコ・フランコ将軍の手に落ちた後、ブッシュはに抑留され、それ以降はグール強制収容所に収監された。1945年に赤軍によって解放された彼は東ベルリンに定住し、自身のレコードレーベル(後のドイツ・シャルプラッテン)を創設してベルトルト·ブレヒトとエルヴィン・ピスカトールと共に「」で働き始めた。.

新しい!!: 亡命とエルンスト・ブッシュ (俳優) · 続きを見る »

エルンスト・デグナー

ルンスト・デグナー(Ernst Degner, 1931年9月22日 - 1983年9月10日)は、ドイツ出身のオートバイレーサー。.

新しい!!: 亡命とエルンスト・デグナー · 続きを見る »

エルンスト・フォン・リュッヒェル

ルンスト・ヴィルヘルム・フリードリヒ・フィリップ・フォン・リュッヒェル(Ernst Wilhelm Friedrich Philipp von Rüchel、1754年7月21日 - 1823年1月14日)はプロイセンの士官である。最終的に歩兵大将まで昇進した。.

新しい!!: 亡命とエルンスト・フォン・リュッヒェル · 続きを見る »

エレーナ・バシュキロワ

レーナ・バシュキロワ(Elena Bashkirova、Елена Дмитриевна Башкирова1958年 - )はモスクワ出身のロシア人ピアニスト。.

新しい!!: 亡命とエレーナ・バシュキロワ · 続きを見る »

エレーナ・フィルソヴァ

レーナ・オレゴヴナ・フィルソヴァ(Елена Олеговна Фирсова / Elena Olegovna Firsova, 1950年3月21日 – )は旧ソ連出身のロシア人女性作曲家。現在は西側に亡命している。.

新しい!!: 亡命とエレーナ・フィルソヴァ · 続きを見る »

エーリッヒ・ホーネッカー

ーリッヒ・ホーネッカー(Erich Honecker, 1912年8月25日 - 1994年5月29日)は、ドイツ民主共和国(旧東ドイツ)の政治家。ドイツ民主共和国第3代国家評議会議長(在任:1976年 - 1989年)およびドイツ社会主義統一党書記長(在任:1971年 - 1989年)。1989年の東欧革命で失脚した。.

新しい!!: 亡命とエーリッヒ・ホーネッカー · 続きを見る »

エーリヒ・マリア・レマルク

ーリヒ・パウル・レマルク(Erich Paul Remark, 1898年6月22日 - 1970年9月25日)は、ドイツの文学者、作家。 家名の「Remark」をフランス語風の綴りにした「Remarque」に、「Paul」の部分を「Maria」に置き換えたエーリヒ・マリア・レマルク(Erich Maria Remarque)をペンネームとして用いていた。.

新しい!!: 亡命とエーリヒ・マリア・レマルク · 続きを見る »

エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト

ーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト(Erich Wolfgang Korngold, 1897年5月29日 - 1957年11月29日)はオーストリアとアメリカ合衆国で活躍した作曲家。ユダヤ系。.

新しい!!: 亡命とエーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト · 続きを見る »

エットーレ・マヨラナ

ットレ・マヨラナ(Ettore Majorana、1906年8月5日 - 1938年に行方不明)はイタリアの物理学者である。エンリコ・フェルミのチームで活躍した。1938年行方不明となった。 シチリア島のカターニアに生まれた。数学的な才能にあふれ、ローマ大学のフェルミのチームで活躍した。1933年に核力の理論として中性子と陽子の交換力を考え、これはマヨラナ力と呼ばれる。1937年に中性粒子(粒子と反粒子が同じ)の理論を作り、中性粒子はマヨラナ粒子と呼ばれる。 イタリアで人種法が制定され、フェルミらが公職から追放された1938年ナポリからパレルモへ移動する船のなかで行方不明となった。自殺説、外国による誘拐説、亡命説などがあり、イタリアの作家レオナルド・シャーシャ が"La scomparsa di Majorana (マヨラナの失踪)"(1975)という著書であつかった。.

新しい!!: 亡命とエットーレ・マヨラナ · 続きを見る »

エティエンヌ=アレクサンドル・ベルニエ

ベルニエ司祭 エティエンヌ=アレクサンドル・ベルニエ(Étienne-Alexandre Bernier、1762年10月31日 - 1806年10月1日)は、フランスの聖職者。フランス革命期には王党派の指導者でもあった。 聖職者であることから、アベ・ベルニエ(Abbé Bernier)とも呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とエティエンヌ=アレクサンドル・ベルニエ · 続きを見る »

エディソン・デニソフ

ディソン・ヴァシリイェヴィチ・デニソフ(Эдисо́н Васи́льевич Дени́сов/ Edison Vasilievich Denisov, 1929年4月6日 トムスク — 1996年11月24日 パリ)は、旧ソ連のロシア人作曲家。社会主義リアリズム路線に反抗して西側の現代音楽と歩調を合わせた作風を採ったことから、非妥協的な「反体制派」の作曲家の長老と看做された。ソ連崩壊に前後してロシアを去り、西側に事実上亡命した。.

新しい!!: 亡命とエディソン・デニソフ · 続きを見る »

エフゲニー・ムラヴィンスキー

フゲニー・アレクサンドロヴィチ・ムラヴィンスキー(エヴゲーニイ・アレクサーンドロヴィチ・ムラヴィーンスキイ;ロシア語:Евгений Александрович Мравинский, イヴギェーニイ・アリクサーンダラヴィチュ・ムラヴィーンスキイ;ラテン文字転写の例:Evgeny Aleksandrovich Mravinsky、1903年6月4日 - 1988年1月19日)は、ロシアの指揮者。20世紀におけるソ連・ロシア・東側諸国指揮界の第一人者、世界でも有数の指揮者の一人に挙げられる。.

新しい!!: 亡命とエフゲニー・ムラヴィンスキー · 続きを見る »

エフゲニー・プリマコフ

フゲニー・マクシモヴィチ・プリマコフ(Евгений Максимович Примаков、ラテン文字転写の例:Evgenii Maksimovich Primakov、1929年10月29日 - 2015年6月26日)はソビエト連邦およびロシアの政治家。ボリス・エリツィン政権にて、外務大臣および首相を歴任した。ロシア対外情報庁の初代長官。ソ連およびロシア科学アカデミー会員であり、ロシア有数の中東・アラブ問題専門家として知られる。英語、アラビア語、グルジア語に堪能である。また、経済学者でもある。.

新しい!!: 亡命とエフゲニー・プリマコフ · 続きを見る »

エドワルド・リモノフ

ドワルド・ヴェニアミノヴィチ・リモノフ( 英:Eduard Veniaminovich Limonov、1943年2月22日 - )は、ロシア人政治家(政治亡命の経験からフランス国籍を使用)の思想家、政治家、作家、新聞記者。民族共産主義を標榜する国家ボリシェヴィキ党の創設者・現指導者として、野党連合もう一つのロシアの幹部に名を連ねている。リモノフは政治的ペンネームであり、本名はエドワルド・ヴェニアミノヴィチ・サヴェンコと記録されている。 本人は自己をネオファシストやネオナチと定義していないが、しばしば政治研究者などからはネオ・ファシズムの運動家と紹介される。その政治的思想は民族共産主義とユーラシア主義(ユーラシアズム)に基づいており、「共産主義によるロシア人を中核としたユーラシア統一国家の樹立」を主張する。 ウラジーミル・プーチン率いる統一ロシアの台頭以降は他の野党との連帯を図っている。現在、自由主義政党全ロシア市民会議の党首でもう一つのロシアの指導者であるガルリ・カスパロフの盟友の一人と認識されている The Other Russia.

新しい!!: 亡命とエドワルド・リモノフ · 続きを見る »

エドワード・シアガ

ドワード・フィリップ・ジョージ・シアガ (Edward Philip George Seaga, 1930年5月28日 -) はジャマイカの政治家。同国首相(第5代、在任:1980年 - 1989年)、ジャマイカ労働党 (JLP) 党首(在任:1974年 - 2005年)、イギリス枢密院議員などを歴任した。.

新しい!!: 亡命とエドワード・シアガ · 続きを見る »

エドワード・スノーデン

ドワード・ジョセフ・スノーデン(Edward Joseph Snowden、1983年6月21日 - )は、アメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA) の元局員である。NSAで請負仕事をしていたアメリカ合衆国のコンサルタント会社「ブーズ・アレン・ハミルトン」のシステム分析官として、アメリカ合衆国連邦政府による情報収集活動に関わった。 2013年6月に、香港で複数の新聞社(ガーディアン、ワシントン・ポストおよびサウスチャイナ・モーニング・ポスト)の取材やインタビューを受け、これらのメディアを通じてNSAによる個人情報収集の手口を告発したことで知られる(PRISM)。 2013年6月22日、米司法当局により逮捕命令が出され、エクアドルなど第三国への亡命を検討しているとされていたが、同年8月1日にロシア移民局から期限付きの滞在許可証が発給されロシアに滞在中である。2014年1月、ノルウェーの元環境大臣からノーベル平和賞候補に推薦された。.

新しい!!: 亡命とエドワード・スノーデン · 続きを見る »

エドゥアルド・トゥビン

ドゥアルド・トゥビン(Eduard Tubin, 1905年6月18日 - 1982年11月17日)はエストニア出身の作曲家・指揮者。.

新しい!!: 亡命とエドゥアルド・トゥビン · 続きを見る »

エドゥアルド・ブロッホ

ドゥアルド・ブロッホ(Eduard Bloch, 1872年1月30日 1945年6月1日)は、オーストリアのユダヤ系医師。主にリンツ市で活動した。 ナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラーの母親、クララを治療したことで知られる。クララは乳癌を患っており、治療の甲斐なく1907年に死亡したが、この治療に恩義を感じていたヒトラーはブロッホがユダヤ人であるにも関わらず、1938年のアンシュルス後もゲシュタポの保護下に置き、1940年にはアメリカへの亡命を許可している。 2008年にオーストリアの歴史家、ブリギッテ・ハーマンがブロッホに関する伝記を出版した。書名は『ヒトラーの高貴なユダヤ人』。.

新しい!!: 亡命とエドゥアルド・ブロッホ · 続きを見る »

エドゥアルド・ガレアーノ

ドゥアルド・ウヘス・ガレアーノ(Eduardo Hughes Galeano, 1940年9月3日 - 2015年4月13日)は、ウルグアイ人のジャーナリストであり、彼の著書は多くの言語に翻訳されている。彼の作品は正統なジャンル区分を超越し、ドキュメンタリー、フィクション、ジャーナリズム、政治分析、そして歴史を結び付けている。ガレアーノ自身は自身が歴史家であることを「私は忘れないことに取り付かれた、そう、とりわけアメリカの過去、特に記憶喪失を運命付けられた愛する大地、ラテンアメリカを忘れないことに取り付かれた作家だ」として否定している。.

新しい!!: 亡命とエドゥアルド・ガレアーノ · 続きを見る »

エダ・ハンナ・ライト

ダ・ハンナ・ライト(、1870年 - 1950年)は、ハンナ・リデルの姪で、彼女が創設したハンセン病療養所再春病院の後継の院長を勤める。再春病院は1941年に解散させられ、オーストラリアに亡命した。1948年来日して熊本で晩年を過ごした。.

新しい!!: 亡命とエダ・ハンナ・ライト · 続きを見る »

エウアゴラス

ウアゴラス(Εὐαγόρας、Evagoras、? - 紀元前374年)は、古代ギリシアのキュプロス(キプロス)における、サラミス王(在位:紀元前410年 - 紀元前374年)。サラミス王を継いだニコクレスの父であり、自ら祖先は、テラモーンの子で大アイアースの異母兄弟にあたるテウクロス(トロイア戦争におけるアカイア人の英雄)であると称し井上、1965、p.35、先祖代々長くサラミスの統治者であったとしていたが、その真偽は判然としない井上、1965、p.36。一時期は、キュプロスの大部分に加え、小アジアの一部まで支配圏を広げたが、アケメネス朝ペルシア帝国のキュプロス侵攻によって支配領域を失い、最終的にはサラミス王に封じられた。.

新しい!!: 亡命とエウアゴラス · 続きを見る »

エクアドルの歴史

アドルの歴史(エクアドルのれきし)では、エクアドルの歴史について述べる。.

新しい!!: 亡命とエクアドルの歴史 · 続きを見る »

エグザイル

イル (Exile)は、流罪または亡命の意。もしくはそれを受けた人物。.

新しい!!: 亡命とエグザイル · 続きを見る »

エゴン・フリーデル

ン・フリーデル エゴン・フリーデル(エーゴン・フリーデル、Egon Friedell、1878年1月21日 - 1938年3月16日)は、オーストリアの批評家・哲学者で俳優。作家、随筆家、歴史家、ジャーナリスト、劇作家、劇評家、また編集者・朗読家・カバレット(文学キャバレー)経営者でもあった。ウィーン生まれ。本名はフリードマン。ユダヤ系の裕福な家庭に生まれたがプロテスタントに改宗、「世紀末ウィーン」を代表する教養人で好事家、「カフェ文士」のひとり。1938年のドイツによるオーストリア併合(アンシュルス)に抗して自殺した。.

新しい!!: 亡命とエゴン・フリーデル · 続きを見る »

エジプト軍によるラルナカ国際空港襲撃

プト軍によるラルナカ国際空港襲撃は、1978年2月19日に、キプロスのラルナカ国際空港で起きたエジプト軍とキプロス国家防衛隊(キプロス軍 en)の戦闘である。人質を取って旅客機に乗っていた暗殺犯を、エジプトが特殊部隊により独断で制圧しようとし、警備中のキプロス軍と戦闘に陥ってしまった。結果的に人質救出にはつながったものの、エジプト兵15人が戦死し、エジプトとキプロスの外交関係悪化を招いた。.

新しい!!: 亡命とエジプト軍によるラルナカ国際空港襲撃 · 続きを見る »

エジプト航空990便墜落事故

プト航空990便墜落事故(エジプトこうくう990びんついらくじこ)は、1999年10月に大西洋上で発生した航空事故である。アメリカのNTSBは控え副操縦士が故意に墜落させたとし、エジプト側は機体の故障を主張した。.

新しい!!: 亡命とエジプト航空990便墜落事故 · 続きを見る »

エストフィリア

1807年に刊行された、エストニア語による初の定期出版物 エストフィリア(Estophilia)とは、エストニア語やエストニア文学、エストニア文化、エストニアの歴史の他、エストニア全般に共感を寄せるか、興味を持つ非エストニア人の思想や諸活動を指す。エストフィルズ(Estophiles)とも。対義語はエストフォビア。 バルト・ドイツ人学者がエストニア文化やエストニア語を文書化、振興し始めた、18世紀末から19世紀初頭にかけてのエストフィル運動の諸活動を指す場合が多い。1918年のエストニア独立宣言やエストニア独立戦争、エストニア共和国設立をもたらす、約100年後のエストニア民族の目覚めを誘発する上で、決定的な役割を果たした。.

新しい!!: 亡命とエストフィリア · 続きを見る »

エストニア共和国 (1944年)

トニア共和国(エストニアきょうわこく、Eesti Vabariik)は、第二次世界大戦末期の1944年9月18日に独立を宣言した共和国。.

新しい!!: 亡命とエストニア共和国 (1944年) · 続きを見る »

エスピオナージ (映画)

『エスピオナージ』(原題:Le Serpent / Night Flight from Moscow)は、1973年制作の諜報活動をテーマにしたフランス・イタリア・西ドイツ映画。.

新しい!!: 亡命とエスピオナージ (映画) · 続きを見る »

オチャーコフ (防護巡洋艦)

チャーコフ(ロシア語:Очаковアチャーカフ;ウクライナ語:Очаківオチャーキウ)は、ロシア帝国で建造された防護巡洋艦(Бронепалубный крейсер)である。一等巡洋艦(Крейсер 1-ого ранга)に含まれる遠距離偵察艦(Дальний разведчик)に分類された。 艦名は、ウクライナの都市で露土戦争のオチャーコフ攻囲戦の戦勝地のロシア名である『オチャーコフ(Очаков)』に由来する。.

新しい!!: 亡命とオチャーコフ (防護巡洋艦) · 続きを見る »

オランダ

ランダ(Nederland 、; Nederlân; Hulanda)は、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。東はドイツ、南はベルギーおよびルクセンブルクと国境を接し、北と西は北海に面する。ベルギー、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。憲法上の首都はアムステルダム(事実上の首都はデン・ハーグ)。 カリブ海のアルバ、キュラソー、シント・マールテンと共にオランダ王国を構成している。他、カリブ海に海外特別自治領としてボネール島、シント・ユースタティウス島、サバ島(BES諸島)がある。.

新しい!!: 亡命とオランダ · 続きを見る »

オラシオ・カステジャーノス・モヤ

ラシオ・カステジャーノス・モヤ(Horacio Castellanos Moya、1957年 - )はエルサルバドルの小説家、ジャーナリスト。.

新しい!!: 亡命とオラシオ・カステジャーノス・モヤ · 続きを見る »

オリンピックの野球競技・メダリスト一覧

リンピック野球競技メダリスト一覧(List of Olympic medalists in baseball)は、からまでのオリンピック野球競技におけるメダリストの一覧である。野球は過去に夏季オリンピックで実施されていたオリンピック競技である。正式種目として採用される前は公開競技の中で野球競技は最も実施回数が多く、7つの大会(1912年ストックホルム・1936年ベルリン・1952年ヘルシンキ・1956年メルボルン・1964年東京・1984年ロサンゼルス・1988年ソウル)で実施されていた 。最初の5大会は1試合限りで決定する方式を特色としており、その後の1984年と1988年の大会はトーナメント方式で実施された。国際オリンピック委員会(IOC)は10月13日に1992年のバルセロナオリンピックから野球を夏季オリンピックの正式種目として採用する事を決定した。IOCがオリンピック競技の名簿から除外するまで、1992年から2008年までの5大会(1992年バルセロナ・1996年アトランタ・2000年シドニー・2004年アテネ・2008年北京)で正式種目として実施された。.

新しい!!: 亡命とオリンピックの野球競技・メダリスト一覧 · 続きを見る »

オレン・リヨンズ

レン・リヨンズ(Oren R. Lyons, Jr.、1930年生)は、イロコイ連邦のインディアン運動家、首長、画家、作家。.

新しい!!: 亡命とオレン・リヨンズ · 続きを見る »

オレグ・マイセンベルク

レグ・ヨシフォヴィチ・マイセンベルク(Олег Иосифович Ма́йзенберг、1945年4月29日 - )はウクライナ出身のピアニスト。.

新しい!!: 亡命とオレグ・マイセンベルク · 続きを見る »

オレステス・デストラーデ

レステス・デストラーデ・ククアス(Orestes Destrade Cucuas, 1962年5月8日 - )は、キューバ出身の元プロ野球選手(内野手・右投両打)、野球解説者。.

新しい!!: 亡命とオレステス・デストラーデ · 続きを見る »

オレステス・キンデラン

レステス・キンデラン・オリバレス(Orestes Kindelán Olivares, 1964年11月1日 - )は、キューバの元野球選手。一塁手・外野手、右投げ右打ち。キューバ代表のクリーンナップを担うことが多かった。 息子のリオナール・キンデランも野球選手で、2月にメジャー移籍を目指して亡命している。.

新しい!!: 亡命とオレステス・キンデラン · 続きを見る »

オーランド・ヘルナンデス

ーランド・ヘルナンデス・ペドロソ(Orlando Hernández Pedroso, 1965年10月11日(注) - )は、キューバ共和国ビジャ・クララ州出身の元プロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。愛称は公爵の意味である"El Duque"(エル・ドゥーケ)。キューバの名選手であった父のものでもあった。 異母弟のリバン・ヘルナンデスもMLB選手。独特のハイキック動作で投球する()。.

新しい!!: 亡命とオーランド・ヘルナンデス · 続きを見る »

オードナンス QF 2ポンド砲

ードナンス QF 2ポンド砲(オードナンス QF 2ポンドほう、Ordnance QF 2 pounder)は、第二次世界大戦前にイギリスで巡航戦車 Mk.Iの主砲として開発された、口径40mmの戦車砲。英国の伝統により、口径ではなく砲弾の重量が名前になっている。 その後多くの戦車や装甲車の主砲として採用され、主に大戦前半のフランスや北アフリカで運用された。戦車砲型だけでなく対戦車砲型も作られ、歩兵の対戦車大隊で運用された。対戦車砲型は車輪を外して姿勢を低くでき、360度旋回が可能な凝った砲架を持っている。本砲の牽引用としてC8/ATが発注されている。.

新しい!!: 亡命とオードナンス QF 2ポンド砲 · 続きを見る »

オークランド・アスレチックス

ークランド・アスレチックス(Oakland Athletics、略称:OAK)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州オークランドにあるオークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム。チーム名が長いことから「A's(エーズ)」と略称でも呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とオークランド・アスレチックス · 続きを見る »

オーストリア社会民主党

ーストリア社会民主党(オーストリアしゃかいみんしゅとう、ドイツ語:Sozialdemokratische Partei Österreichs, 略称:SPÖ)は、オーストリアの中道左派、社会民主主義政党。社会主義インターナショナル加盟。2016年以降の党首はクリスティアン・ケルン。 この項目では前身のオーストリア社会民主労働党などについても扱う。.

新しい!!: 亡命とオーストリア社会民主党 · 続きを見る »

オットー1世 (神聖ローマ皇帝)

ットー1世(Otto I.、912年11月23日 - 973年5月7日)は中世ドイツの王(在位:936年 - 973年)及びイタリア王(在位:951年 - 973年)、並びに西ヨーロッパの皇帝(在位:962年 - 973年)。ザクセン朝第2代の王、初代皇帝で初代国王ハインリヒ1世の子。形骸化して消滅したローマ皇帝の称号を約40年ぶりに復活させて国制を確立し、神聖ローマ帝国の初代皇帝とも見なされる。オットー大帝(Otto I. der Große)とも呼ばれる。彼の時代にアブド・アッラフマーン3世から使節があった瀬原、p.

新しい!!: 亡命とオットー1世 (神聖ローマ皇帝) · 続きを見る »

オットー・ヨーン

1954年のヨーン オットー・ヨーン(Otto John;1909年3月19日 - 1997年3月26日)は、ドイツの反ナチス・レジスタンス、ドイツの防諜機関である連邦憲法擁護庁(BfV)初代長官、ソ連国家保安委員会(KGB)のスパイ。.

新しい!!: 亡命とオットー・ヨーン · 続きを見る »

オットー・ヴェルス

ヴェルスの生誕100年を記念して発行された切手 オットー・ヴェルス(独:Otto Wels、1873年9月15日 - 1939年9月16日)は、ドイツの政治家。1919年から1939年までドイツ社会民主党(SPD)の党首を務めた。ナチ党が国会に提出した全権委任法に対する反対演説で名を残した。.

新しい!!: 亡命とオットー・ヴェルス · 続きを見る »

オットー・ティーフ

ットー・ティーフ(Otto Tief、1889年8月14日 - 1976年5月5日)は、エストニアの弁護士。エストニア独立戦争におけるエストニア陸軍で指揮官、1944年にソ連に再占領される直前のエストニア政府で首相代行を務めた。その祖国への貢献によって、多くのエストニア人から英雄とみなされている。.

新しい!!: 亡命とオットー・ティーフ · 続きを見る »

オットー・クレンペラー

ットー・クレンペラー(Otto Klemperer, 1885年5月14日 - 1973年7月6日)は、ドイツ出身の指揮者・作曲家である。ユダヤ系ドイツ人晩年にイスラエル国籍を取得している。。 20世紀を代表する指揮者の一人とされる。 ドイツ圏の古典派・ロマン派から20世紀の音楽まで幅広いレパートリーを持つ。晩年の録音で聴くことができるように、アンサンブルや音色・情緒的表現などの表面的な美しさより、遅く厳格なテンポにより楽曲の形式感・構築性を強調するスタイルでよく知られている。1950年代初頭ごろまでの録音には、逆に新即物主義的快速テンポによる同様のアプローチが見られる。 従兄弟に、言語学者で『第三帝国の言語「LTI」』を著した(1881年 - 1960年)がいる。息子は俳優の(1920年 - 2000年)である。.

新しい!!: 亡命とオットー・クレンペラー · 続きを見る »

オットー・クーシネン

ットー・ヴィレ(ヴィルヘルム)・クーシネン(オットー・ヴィリゲリモヴィチ・クーシネン、Otto Ville (Wilhelm) Kuusinen、Отто Вильгельмович Куусинен(Otto Vil'gel'movich Kuusinen)、1881年10月4日 - 1964年5月17日)は、フィンランドおよびソビエト連邦の政治家、革命家、文献史家、詩人。フィンランド内戦後、ソ連に移り、カレロ=フィン・ソビエト社会主義共和国(カレロ・フィン共和国。後のカレリア自治共和国、現在のロシア連邦カレリア共和国)の指導者やコミンテルン書記を務めた。.

新しい!!: 亡命とオットー・クーシネン · 続きを見る »

オットー・シュトルーベ

ットー・シュトルーベ オットー・リュドヴィゴヴィッチ・シュトルーベ(Otto Lyudvigovich Struve, ロシア語 Отто Людвигович Струве, 1897年8月12日 - 1963年4月6日)はロシア生まれのアメリカで活躍した天文学者である。 フリードリッヒ・フォン・シュトルーベ(Friedrich Georg Wilhelm von Struve 、1793-1864)から4代にわたり6人の有名な天文学者をだしたシュトルーベ(ストルーヴェ / ストルーベ / シュトルーヴェ / シュトルーフェ)家 (Struve) の最後の天文学者である。ヤーキス天文台長、国際天文学連合の会長などをつとめた。.

新しい!!: 亡命とオットー・シュトルーベ · 続きを見る »

オプテンノール (船)

プテンノール(オプテンノート, Op Ten Noort)は、1927年にオランダ王立郵船会社(:nl:Koninklijke Paketvaart Maatschappij, KPM)が就航させた旅客船である。太平洋戦争の勃発後、オランダ海軍に徴用されて病院船となったが、1942年(昭和17年)2月下旬のスラバヤ沖海戦で日本海軍により拘束された。その後、天応丸(てんのうまる)や第二氷川丸(だい2ひかわまる)の名で、日本海軍の病院船として運航された。終戦直後の1945年(昭和20年)8月19日、舞鶴沖合(若狭湾)で自沈処分。戦後は、賠償問題や財宝伝説により注目された。.

新しい!!: 亡命とオプテンノール (船) · 続きを見る »

オドラニエル・ソリス

ドラニエル・ソリス(Odlanier Solis、1980年4月5日 - )は、キューバのプロボクサー。ハバナ出身。2004年アテネオリンピック・ヘビー級金メダリスト。.

新しい!!: 亡命とオドラニエル・ソリス · 続きを見る »

オイゲン・ゼンガー

イゲン・ゼンガー(Eugen Sänger, 1905年9月22日 - 1964年2月10日)はドイツの航空宇宙技術者。リフティングボディとラムジェットの技術に関する研究で知られている。.

新しい!!: 亡命とオイゲン・ゼンガー · 続きを見る »

オスマン帝国軍

マン帝国軍(オスマンていこくぐん)は、かつてオスマン帝国に存在した軍隊。1923年のトルコ共和国成立にともない、現在のトルコ軍に取って代わられる形で解体した。.

新しい!!: 亡命とオスマン帝国軍 · 続きを見る »

オスカー・フリート

ー・フリート(Oskar Fried, 1871年8月10日 – 1941年7月5日)はドイツの指揮者・作曲家。.

新しい!!: 亡命とオスカー・フリート · 続きを見る »

オスカー・ニーマイヤー

ー・リベイロ・デ・アルメイダ・ニーマイヤー・ソアーレス・フィーリョ(Oscar Ribeiro de Almeida Niemeyer Soares Filho、1907年12月15日 - 2012年12月5日)は、ブラジル、リオデジャネイロ市生まれの建築家。.

新しい!!: 亡命とオスカー・ニーマイヤー · 続きを見る »

オズワルド・フェルナンデス

ワルド・フェルナンデス・ロドリゲス(Osvaldo Fernández Rodríguez, 1968年11月4日 - )は、キューバ出身の元プロ野球選手(投手)。右投げ右打ち。.

新しい!!: 亡命とオズワルド・フェルナンデス · 続きを見る »

オタワ

国会議事堂 ナショナル・ギャラリー カナダ戦争博物館 オタワ・セネターズのホームであるスコシアバンク・ プレイス オタワ(Ottawa )は、カナダの首都。オンタリオ州東部に位置する地方行政区の一つでもある。オタワ川を挟んで隣接するガティノーを含め連邦政府の行政機関が集中する行政都市である。 カナダにはアメリカの首都ワシントンD.C.とは違い、連邦政府の特別地区()が存在せず、オタワはオンタリオ州内の一都市となっている。行政レベルはトロントなどと同じ単一層自治体に位置づけられる。 オタワはケベック州の都市ガティノーを含めた周辺都市とでオタワ首都圏(NCR、)を形成している。 2006年の市域人口はおよそ81万人でカナダ国内ではトロント・モントリオール・カルガリーに次ぐ4番目。広域圏の人口は113万人を数えるが、カナダの中ではトロント等のような大都会というわけではない。.

新しい!!: 亡命とオタワ · 続きを見る »

カナダ共産党

ナダ共産党(かなだきょうさんとう、Communist Party of Canada、CPC)とは、カナダの共産主義政党。現在はカナダ議会、 地方議会とも議員がいないミニ政党であるものの、嘗てはカナダ議会の他オンタリオ、マニトバの各州議会などに議員を擁していた。自由党に次いで国内で2番目に古く、非合法とされた経験のある(1921年、1932年及び1940年)唯一の政党でもある。.

新しい!!: 亡命とカナダ共産党 · 続きを見る »

カミザールの乱

ミザールの首領カヴァリエ カミザールの乱(フランス語:La guerre des Camisards)とは、1702年から1705年にフランス王国で起こったプロテスタント(ユグノー)の反乱。セヴェンヌ戦争(La guerre des Cévennes)とも呼ばれる。 フランス南部のセヴェンヌ山脈を本拠地として反乱は拡大、国王軍は完全鎮圧に3年を要した。カミザールという名前はプロテスタントの着ていたシャツに由来するという説があるが、後に鎮圧側が白カミザールという部隊を組織すると対比から黒カミザールと呼ばれた。.

新しい!!: 亡命とカミザールの乱 · 続きを見る »

カルロッタ・ジョアキナ・デ・ボルボン

ルロッタ・ジョアキナまたはカルロータ・ホアキーナ・デ・ボルボン(Carlota Joaquina de Borbón y Borbón, 1775年4月25日か5月25日 - 1830年1月7日)は、ポルトガル王ジョアン6世の王妃。.

新しい!!: 亡命とカルロッタ・ジョアキナ・デ・ボルボン · 続きを見る »

カルロス・イバニェス・デル・カンポ

ルロス・イバニェス・デル・カンポ(Carlos Ibáñez del Campo,1877年11月3日 - 1960年4月28日)は、チリの軍人、政治家。同国大統領(第20・26代)、カラビネーロス・デ・チレ長官(初代)を歴任。.

新しい!!: 亡命とカルロス・イバニェス・デル・カンポ · 続きを見る »

カルロス・クライバー

ルロス・クライバー(Carlos Kleiber、出生名:カール・ルートヴィヒ・クライバー()、1930年7月3日 ベルリン- 2004年7月13日 コニシツァ)は、ドイツ出身の指揮者。第二次世界大戦期にアルゼンチンに亡命し、後に父の国籍であるオーストリア国籍を取得した(居住はしていない)。父は世界的な指揮者であったエーリヒ・クライバー。.

新しい!!: 亡命とカルロス・クライバー · 続きを見る »

カルロス・サリナス・デ・ゴルタリ

ルロス・サリナス・デ・ゴルタリ (Carlos Salinas de Gortari, 1948年4月3日 - )は、メキシコの政治家。元メキシコ大統.

新しい!!: 亡命とカルロス・サリナス・デ・ゴルタリ · 続きを見る »

カレル・アンチェル

レル・アンチェル (Karel Ančerl, 1908年4月11日 - 1973年7月3日) はチェコの指揮者である。.

新しい!!: 亡命とカレル・アンチェル · 続きを見る »

カロル・ラートハウス

ル・ラートハウス(Karol Rathaus, 1895年9月16日 - 1954年11月21日)は、ユダヤ系オーストリア人の作曲家。.

新しい!!: 亡命とカロル・ラートハウス · 続きを見る »

カンボジア

ンボジア王国(カンボジアおうこく、ព្រះរាជាណាចក្រកម្ពុជា)、通称カンボジアは、東南アジアのインドシナ半島南部の立憲君主制国家。ASEAN加盟国、通貨はリエル、人口1,513万人、首都はプノンペン。1970年にカンボジア王国が倒れてから勃発したカンボジア内戦を経て、1993年に誕生した。 南はタイランド湾に面し、西はタイ、北はラオス、東はベトナムと国境を接する。国民の90%以上が、クメール語(カンボジア語)を話し、仏教(上座部仏教)を奉ずるクメール人(カンボジア人)である。国歌は素晴らしき王国である。.

新しい!!: 亡命とカンボジア · 続きを見る »

カンダウレス王

『カンダウレス王』(独:Der König Kandaules)は、アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキーの3幕のオペラ。フランスの文豪アンドレ・ジッドの戯曲『カンドール王』(Le Roi Candaules )を翻案して作曲者自身が台本を執筆した。ツェムリンスキーは1935年にはショートスコア形式で作品を完成させていたが、ユダヤ系のためにナチスの迫害によって亡命を余儀なくされたため、1938年の渡米のどさくさの中でその後の作業は中断した。 亡命後にツェムリンスキーは、かつての門弟で当時メトロポリタン歌劇場の首席指揮者であったアルトゥール・ボダンツキーから、第2幕のヌードシーンがメトロポリタン歌劇場ではご法度であると伝えられると、『カンダウレス王』の総譜化を放棄してしまい、別の新作オペラの構想に取り掛かってしまった。こうしてツェムリンスキーは、『カンダウレス王』の完成を見ることなく世を去ったのである。 それから半世紀近くを経て、イギリスの音楽学者で指揮者のアントニー・ボーモントが、オーケストレーションを完成させた。ボーモント完成版の初演は、1996年10月6日にハンブルクで行われて以降、たびたび上演されており、『カンダウレス王』は、ツェムリンスキーの舞台作品の中では『フィレンツェの悲劇』や『こびと』に次ぐ人気を占めている。 『カンダウレス王』は、ツェムリンスキーの作品の中ではきわめて無調に近く、調性感の判然としない楽句が多用され、最も進歩的な作風を示すものとなっている。それでいて緩急自在な劇的展開や美しい抒情性にも欠けておらず、ヨーロッパ時代のツェムリンスキーが辿り付いた自由闊達な境地と、老いてなお衰えるところを知らないを創意を示す重要な作品として、積極的に評価されるに至っている。.

新しい!!: 亡命とカンダウレス王 · 続きを見る »

カーネーション革命

ーネーション革命(カーネーションかくめい、Revolução dos Cravos)は、1974年にポルトガルで発生した軍事クーデター。同革命はヨーロッパで最も長い独裁体制『エスタド・ノヴォ(Estado Novo:新国家)』をほとんど無血に終わらせた。カーネーションが革命のシンボルとなったのでこのように呼ばれる。別名「4月25日(25 de Abril)」、「リスボンの春」。.

新しい!!: 亡命とカーネーション革命 · 続きを見る »

カール10世 (スウェーデン王)

ール10世グスタフ(Karl X Gustav, 1622年11月8日 - 1660年2月13日)は、スウェーデン王国のプファルツ朝初代国王(在位:1654年 - 1660年)。「バルト帝国」の絶頂を極めた武威の君主である。ポーランド・スウェーデン戦争やカール・グスタフ戦争などの「北方戦争」を引き起こし、絶対王政の萌芽を築いた。 父はヴィッテルスバッハ家プファルツ系傍系のプファルツ=クレーブルク公ヨハン・カジミール。母カタリーナはカール9世の娘でグスタフ2世アドルフの異母姉、プファルツ選帝侯ルートヴィヒ6世の外孫でもあった。元は同じくプファルツ系傍系のプファルツ=ノイブルク公から選帝侯位を継いだフィリップ・ヴィルヘルムは又従兄に当たる。.

新しい!!: 亡命とカール10世 (スウェーデン王) · 続きを見る »

カール12世 (スウェーデン王)

ール12世(, 1682年6月17日(グレゴリオ暦6月27日) - 1718年11月30日(グレゴリオ暦12月11日))は、プファルツ王朝のスウェーデン国王(在位:1697年 - 1718年)。バルト帝国に君臨し、ロシアのツァーリ・ピョートル1世の好敵手として知られる。.

新しい!!: 亡命とカール12世 (スウェーデン王) · 続きを見る »

カールリス・ウルマニス

ールリス・アウグスツ・ヴィルヘルムス・ウルマニス(Kārlis Augusts Vilhelms Ulmanis,1877年9月4日,ロシア帝国クールラント県ベルゼ教区,ベルゼ - 1942年9月20日,ソビエト連邦トルクメン・ソビエト社会主義共和国トルクメンバシ,クラスノボツク刑務所)は、ラトビア共和国の政治家。ラトビアが独立国として存在した1918年11月から1940年6月にかけて、独裁者としての絶大な影響力を発揮した。ウルマニスの治世については、ラトビア国内においても未だに賛否が分かれている。.

新しい!!: 亡命とカールリス・ウルマニス · 続きを見る »

カール・マルクス

ール・ハインリヒ・マルクス(Karl Heinrich Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)は、ドイツ・プロイセン王国出身の哲学者、思想家、経済学者、革命家。1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。1849年(31歳)の渡英以降はイギリスを拠点として活動した。 フリードリヒ・エンゲルスの協力を得ながら、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により共産主義社会が到来する必然性を説いた。ライフワークとしていた資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。.

新しい!!: 亡命とカール・マルクス · 続きを見る »

カール・メレス

ール・メレス(Carl Melles, 1926年7月15日 - 2004年4月25日)は、ハンガリー出身のオーケストラの指揮者。ハンガリー名はメレス・カーロイ(Melles Károly)。 ハンガリーのブダペストの生まれ。 20歳の時にフランツ・リスト音楽院に入学して指揮法を学んだ。1949年には卒業し、ハンガリー国立交響楽団をはじめとするハンガリーのオーケストラと共演を重ねた。また、母校の講師になったが、1957年にオーストリアに亡命し、1966年に市民権を獲得している。 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などにも客演し、ザルツブルク音楽祭やバイロイト音楽祭などにも出演していた。 1996年に病を得て引退、ウィーンに居住。 娘スンニーは舞台女優である。 ウィーンにて没。ウィーンのヒィーツィンガー墓地に埋葬されている。.

新しい!!: 亡命とカール・メレス · 続きを見る »

カール・ユーナス・ルーヴェ・アルムクヴィスト

Solna Churchにあるアルムクヴィストの墓石 1823年にアルムクヴィストによって描かれた女性(サビニの女たちの略奪) アルムクヴィスト(1843年) カール・ユーナス・ルーヴェ・アルムクヴィスト日本語ではヨナス、アルムクビストと表記される。また、カール・ヨーナス・ルードヴィグ・アルムクヴィストとも。(スウェーデン語:Carl Jonas Love(Ludvig) Almqvist、1793年11月28日 - 1866年9月26日)は、スウェーデンストックホルム出身の作家、詩人、作曲家、フェミニスト、リアリスト。 文学ロマン主義の最後を飾る作家で、著作は小説、戯曲、叙事詩、抒情詩を初め地理歴史、美学、哲学の論文や社会、政治の評論、数学や語学の教科書まで多岐に渡って出版した。.

新しい!!: 亡命とカール・ユーナス・ルーヴェ・アルムクヴィスト · 続きを見る »

カール・ヴァイグル

ール・イグナーツ・ヴァイグル(Karl Ignaz Weigl, *1881年2月6日 ウィーン - †1949年8月11日 ニューヨーク)は、オーストリアの後期ロマン派音楽の作曲家。とりわけ戦間期に芸術家や教育者としてウィーンの楽壇で優れた業績を残したが、ナチスの権力掌握によって出国を強制されて大量難民の一人とならざるを得ず、新たな土地では、もはや過去の成功を取り戻すことができなかった。.

新しい!!: 亡命とカール・ヴァイグル · 続きを見る »

カール・フォン・ヒューゲル

ール・フォン・ヒューゲル(Carl Alexander Anselm Freiherr von Hügel、1796年4月25日 - 1870年6月2日)は、オーストリアの外交官、探検家、博物学者、園芸家である。.

新しい!!: 亡命とカール・フォン・ヒューゲル · 続きを見る »

カール・コルシュ

ール・コルシュ(Karl Korsch、1886年8月15日 - 1961年10月21日)は、ドイツ出身のマルクス主義理論家。.

新しい!!: 亡命とカール・コルシュ · 続きを見る »

カール=ハインツ・ホフマン

ール=ハインツ・ホフマン(, 1910年11月28日 - 1985年12月2日)は、ドイツ民主共和国(東ドイツ)の政治家、軍人。ドイツ社会主義統一党(SED)政治局員。国家人民軍(東ドイツ軍)参謀総長、国防相を務めた。上級大将。 ホフマンは1910年、マンハイムの労働者家庭に生まれ、義務教育修了後は1925年から1928年にかけて機械工としての訓練を受けた。1926年から1930年にかけてはドイツ共産主義青年連盟(Kommunistischer Jugendverband Deutschlands)に所属し、1930年ドイツ共産党に入党。この間にデモ参加と暴力沙汰により、短期間の拘留を経験している。 1933年にはナチスが政権を掌握したため、共産主義者であったホフマンは弾圧を逃れるため潜伏。ゲシュタポにより手配され、1933年~1935年、ソ連に亡命。1935年にはスイスに逃れるが、同年再びソ連に移住した。1936年、リャザンの士官学校に入校し、中尉に任官。1936年~1937年、第2国際旅団ハンス・バイムラー大隊の政治委員として、スペイン内戦に従軍し、1937年~1940年に第11国際旅団に配属された。1941年には内務人民委員部(NKVD)の要員となり、パルチザンの教練を担当し、独ソ戦勃発後は赤軍に入り、ドイツ軍と戦った。 1946年1月、東ベルリンに戻り、ヴィルヘルム・ピークおよびヴァルター・ウルブリヒトの個人的な協力者となる。その後、ドイツ人民警察の副総局長。1950年から内務省の総局長、1952年7月1日には兵営人民警察(Kasernierte Volkspolizei)隊長となり、中将(Generalleutnant)に叙された。1950年、人民議会議員となり、1952年にはドイツ社会主義統一党中央委員に選ばれた。1957年にはソ連軍参謀本部軍事アカデミーを卒業し、同年12月には国防第一次官となった。1958年3月に第一次官職が廃止されると、彼は国防次官兼国家人民軍参謀総長となった。 表敬訪問した軍事アカデミーの卒業生を出迎えるエーリッヒ・ホーネッカー国家評議会議長とホフマン国防相(1980年10月) 1959年、大将(Generaloberst)に昇進し、翌1960年、国防相に任命された。1961年には上級大将(Armeegeneral)に昇り、1969年にソ連軍参謀本部軍事アカデミー附属高等学術課程を修了。1975年、党政治局員に選出。1985年のその死まで国防相を務め、国家人民軍の頂点に立ち続けた。.

新しい!!: 亡命とカール=ハインツ・ホフマン · 続きを見る »

カーロイ・ベーラ

ーロイ・ベーラ(Károlyi Béla、 、1942年9月13日- )はハンガリー王国トランシルヴァニア地方コロジュ県コロジュヴァール市(現在ルーマニア領)出身の体操競技指導者。ルーマニア国籍のハンガリー人である(ハンガリー系ルーマニア人ではない)。1981年に彼と、やはりルーマニア国籍のハンガリー人であった妻のカーロイ・マールタはアメリカ合衆国に亡命した。現在ルーマニアとアメリカ合衆国両方の国籍を持っている。ルーマニア、アメリカそれぞれでコーチとしてオリンピックの金メダルを獲得している。 日本では専ら英語経由で彼が紹介されたこともあり、また当初、彼がハンガリー人であるということも知られていなかったため、英語風にベラ・カロリーと表記されることもある。 これまでにメアリー・ルー・レットン、ベティ・オキノ、ケリー・ストラグ、テオドラ・ウングレアヌ、ナディア・コマネチ、キム・ズメスカル、クリスティ・フィリップス、ドミニク・モセアヌなどを指導してきた。これまでに彼が指導した選手は合計でオリンピックで9個、世界選手権で15個、ヨーロッパ選手権で16個、全米選手権で6個の金メダルを獲得した。.

新しい!!: 亡命とカーロイ・ベーラ · 続きを見る »

カウスェー

ウスェー(ခေါက်ဆွဲ、Khow suey)とは、ミャンマーのシャン州の山岳地域で発祥したとされている、の麺料理である。 カウスェーは、エッグヌードル、カレーで味付けした牛肉・鶏肉をココナッツミルクや数多の調味料で味付けしたスープの中に入れた物である。レモンの切れ端をスパイスによく加える。この料理は、同じミャンマー料理のオンノ・カウスェーとココナッツミルクを使った麺料理という点で関連性がある。しかし、山岳地域では漁獲量の関係で魚醤を作ることが難しいため、オンノ・カウスェーには使われている魚醤が、カウスェーには使用されていない。なお、第二次世界大戦にビルマから亡命したインド人によって、インド東部にも広まった。.

新しい!!: 亡命とカウスェー · 続きを見る »

カタルーニャ民主連合

タルーニャ民主連合(カタルーニャみんしゅれんごう、、UDCまたはUnió)はカタルーニャ州を主たる活動領域とするスペインの政党で、その創設は1931年である。2015年に政党連合集中と統一が解体するまで、カタルーニャ州の政党カタルーニャ民主集中(CDC)と政党連合を構成していた。青年組織はUnió de Joves(若者の連合の意)。 UDCはカタルーニャ民族主義とキリスト教民主主義を基盤にする政党であり、中道・穏健主義のカタルーニャ主義を党是としており、それゆえに独立を明示的な形では宣言しておらず、スペイン国家が独立権を有する複数の主権実体(これにはカタルーニャも含まれる)による複合的な連邦国家化を支持している。党員・協力者の数はおよそ7,500人。 1990年以来、が党首として同党を率いている。.

新しい!!: 亡命とカタルーニャ民主連合 · 続きを見る »

キム・フィルビー

ハロルド・エイドリアン・ラッセル・「キム」・フィルビー(Harold Adrian Russell "Kim" Philby:1912年1月1日 - 1988年5月11日)は、イギリス秘密情報部(MI6)職員でソビエト連邦情報機関(NKVD、KGB)の協力者。 イギリスの上流階級出身者から成るソ連のスパイ網「ケンブリッジ・ファイヴ」の一人でその中心人物。MI6の長官候補にも擬せられたが、二重スパイであることが発覚しソ連に亡命した。.

新しい!!: 亡命とキム・フィルビー · 続きを見る »

キューバ

ューバ共和国(キューバきょうわこく、República de Cuba)、通称キューバは、カリブ海の大アンティル諸島(西インド諸島の一部)に位置する、ラテンアメリカの共和制国家である。首都はハバナ。 キューバ本島とその周辺の島嶼からなる島国。ウィンドワード海峡を隔てて東にはイスパニョーラ島のハイチとドミニカ共和国が、南には英領ケイマン諸島とジャマイカが存在する。西はユカタン海峡を挟んでメキシコのユカタン半島と、北はフロリダ海峡を隔てて北に145km先のアメリカ合衆国フロリダ州(フロリダ半島)と向かい合う。北東にはバハマや英領タークス・カイコス諸島が存在する。 フィリピンのルソン島ほどの面積を持つ島国で、地理的には北アメリカに含まれ、広義の中央アメリカにも含まれる。南北アメリカ大陸間、及びラテンアメリカとヨーロッパを結ぶ要路に位置している。アメリカ合衆国とは「アメリカ合衆国の裏庭」とも呼ばれるほど関りが深かったが、キューバ革命により、南北アメリカ大陸で初めて反米・親ソ連の社会主義政権が1959年に成立。その後は「カリブに浮かぶ赤い島」と形容されることもある。.

新しい!!: 亡命とキューバ · 続きを見る »

キューバのスポーツ

ューバのスポーツでは、キューバで行われているスポーツ活動全般について述べる。.

新しい!!: 亡命とキューバのスポーツ · 続きを見る »

キューバの野球

この項では、キューバの野球の発祥とその後の発達について記述する。.

新しい!!: 亡命とキューバの野球 · 続きを見る »

キューバ危機

連製MRBM(ミサイル)基地 キューバ危機(キューバきき、Cuban Missile Crisis、Crisis de los misiles en Cuba、Карибский кризис)は、1962年10月から11月にかけてキューバに核ミサイル基地の建設が明らかになったことからアメリカ合衆国がカリブ海で海上封鎖を実施し、アメリカ合衆国とソビエト連邦とが対立して緊張が高まり、全面核戦争寸前まで達した危機的な状況のこと。.

新しい!!: 亡命とキューバ危機 · 続きを見る »

キューバ系アメリカ人財団

ューバ系アメリカ人財団(Cuban American National Foundation, CANF)は、キューバのカストロ社会主義政権の打倒に専念しているNPOの反体制組織。ホルヘ・マス・カノーサ(Jorge Mas Canosa)らが、1981年にアメリカのフロリダ州で設立した。日本語では、全米キューバ系アメリカ(米国)人財団、或いはキューバ・アメリカ財団とも称される。亡命キューバ人組織としては、人員・資金ともに最大の規模を有し、アメリカなどで数千人の構成員を抱えている。長年、強硬的な反カストロ政権団体として知られていたが、1997年に設立者であるカノーサが死去してからは、伝統的な強硬路線を修正し、以降、共和党と同盟関係にある。.

新しい!!: 亡命とキューバ系アメリカ人財団 · 続きを見る »

キューバ計画

フィデル・カストロ(1959年) キューバ計画(キューバけいかく、The Cuban Project)とは、ジョン・F・ケネディ大統領政権初期に中央情報局(CIA)が展開した、キューバのフィデル・カストロ政権に対する秘密作戦、テロリズムである。マングース計画(Operation Mongoose)とも。ピッグス湾事件失敗後の1961年11月30日、ケネディ政権より権限を与えられ、アメリカ空軍のエドワード・ランズデール准将が実行した。 キューバの共産政権打倒を目的としたもので、歴史学者のハーバード大学教授によると、ケネディ政権はこれを最重要課題としていたというDomínguez, Jorge I. ".Diplomatic History: The Journal of the Society for Historians of Foreign Relations, Vol.

新しい!!: 亡命とキューバ計画 · 続きを見る »

キリング・フィールド (映画)

『キリング・フィールド』(The Killing Fields)は、1984年制作の英国映画。ニューヨーク・タイムズ記者としてカンボジア内戦を取材し、後にピューリッツァー賞を受賞したシドニー・シャンバーグ(Sydney Schanberg)の体験に基づく実話を映画化したもの。1984年のアカデミー賞において、助演男優賞・編集賞・撮影賞の3部門受賞。 カンボジア人助手のディス・プランを演じたハイン・S・ニョールはカンボジア出身の医師で、実際に4年の間、クメール・ルージュの元で強制労働に就かされた経験を持つ。演技経験のまったくない素人であったが、この作品でアカデミー助演男優賞を受賞した。.

新しい!!: 亡命とキリング・フィールド (映画) · 続きを見る »

キリスト教徒による宗教的迫害

リスト教徒による宗教的迫害(キリストきょうとによるしゅうきょうてきはくがい)では、キリスト教の信者によって行われた他宗教の信者、無神論者、無宗教者への宗教的迫害について記述する。ほとんどはカトリック、プロテスタントなどの西方教会の信者による迫害であり、正教会など東方教会は他宗教と同じく西方教会から迫害を受けたこともあるが、一方で迫害を行う側となったこともあった。.

新しい!!: 亡命とキリスト教徒による宗教的迫害 · 続きを見る »

キン族

ン族(キンぞく、、中国語: 京族)は、ベトナムの主要民族で、狭義におけるベトナム人である。別名、ベト族()、アンナン族()とも呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とキン族 · 続きを見る »

キディ・ガーランド

『キディ・ガーランド』(KIDDY GiRL-AND)は、日本のテレビアニメ。『キディ・グレイド』の続編にあたる。2009年10月から2010年3月まで、独立UHF局などで放送された。ハイビジョン制作。 また、漫画版『キディ・ガーランドぴゅあ』(以降、『ぴゅあ』と表記)が、『月刊コンプエース』2009年5月号から2010年6月号まで連載していた。またテレビアニメ本編をノベライズしつつ別視点も描いた小説版も角川スニーカー文庫より全2巻が発売されている。.

新しい!!: 亡命とキディ・ガーランド · 続きを見る »

ギャネンドラ・ビール・ビクラム・シャハ

ャネンドラ・ビール・ビクラム・シャハ・デーブ(、1947年7月7日 - )は、ネパール王国の第12代君主(在位:1950年11月7日 - 1951年1月8日、2001年6月4日 - 2008年5月28日)。第9代マヘンドラの次男。 2001年6月4日、甥である第11代君主ディペンドラの跡を継ぎ王位に即いたが、2008年5月28日にネパールが共和制へ移行したことに伴って廃位となり、王国最後の王となった。.

新しい!!: 亡命とギャネンドラ・ビール・ビクラム・シャハ · 続きを見る »

ギリシャ共産党

リシャ共産党(ギリシャきょうさんとう、ギリシャ語:Κομμουνιστικό Κόμμα Ελλάδας、ラテン文字表記:Kommunistiko Komma Elladas)は、ギリシャにおける共産主義・革新政党。略称からしばしばKKEと称される。機関紙「リゾスパスティス」(ギリシャ語:Ριζοσπάστης 「急進」)を1916年より発行しており、日刊である。.

新しい!!: 亡命とギリシャ共産党 · 続きを見る »

ギレルモ・リゴンドウ

レルモ・リゴンドウ(Guillermo Rigondeaux Ortiz、男性、1980年9月30日 - )は、キューバのプロボクサー。元WBA・WBO世界スーパーバンタム級スーパー王者。カリブ・プロモーションズとロック・ネイション・スポーツの所属。ギジェルモ・リゴンドーと表記されることもある。サウスポースタイルからのシャープな右ジャブ、正確無比な左ストレートと瞬間移動のようなステップワークが武器だが、不意に貰ったパンチでダウンや大きくふらつく事があるなど打たれ脆い面も合わせもつ。.

新しい!!: 亡命とギレルモ・リゴンドウ · 続きを見る »

クネ・ディルク・パルメンティエ

ャワの"Uiver"号 クネ・ディルク・パルメンティエ(Koene Dirk Parmentier、1904年9月27日 - 1948年10月21日)はオランダの民間パイロットである。KLMのチーフパイロットであり、KLMオランダ航空の創立者のAlbert Plesmanの親友であった。1934年のマックロバートソン・エアレースで、DC-2で参加し、ハンディキャップ部門で優勝した。 アムステルダムで生まれた。1920年から1924年の間、フォッカーで働き、軍務についていた1927年に操縦士免許を得た。1929年にパイロットとなった。1934年にイギリスからオーストラリアのメルボルンまで長距離飛行レース、マックロバートソン・エアレースにKLMのDC-2、"Uiver"号の機長として参加した。副操縦士、January Moll、機関士Bouwe Prins、無線士Cor van Bruggeとともに搭乗し、乗客や貨物を搭載した旅客機で、多くの競技機に伍して総合2位で、ハンディキャップ部門で優勝した。唯一、このレースために製作された競技用機、DH.88コメットの1機だけに遅れた。乗組員たちはオランダに戻ると、国民的ヒーローとなり、パルメンティエは著書、"In drie dagen naar Australie"(『オーストラリアでの3日間』)を出版した。 1940年にオランダが占領された時、イギリスへ亡命したKLMのスタッフの1人となった。DC-3でイギリスへ飛び、イギリスでは、イギリスからリスボン、ジブラルタルへの運航を組織するのに貢献し、戦後受勲した。戦後はKLMの運行責任者を短期間務めた。 1948年10月20日深夜、ロッキード コンステレーションで悪天候のイギリスのグラスゴー空港に着陸するとき、高圧線に接触し墜落し、40名の犠牲者の出た事故で死亡した。.

新しい!!: 亡命とクネ・ディルク・パルメンティエ · 続きを見る »

クララ・ヒトラー

ララ・ヒトラー(Klara Hitler,1860年8月12日 - 1907年12月21日)は、アドルフ・ヒトラーの母親。アロイス・ヒトラーの3番目の妻。.

新しい!!: 亡命とクララ・ヒトラー · 続きを見る »

クララ・ツェトキン

ララ・ツェトキン(Clara Zetkin、1857年7月5日 - 1933年6月20日) は、ドイツの政治家・フェミニスト。社会主義の立場による女性解放運動を主導し、女性解放運動の母と呼ばれる。.

新しい!!: 亡命とクララ・ツェトキン · 続きを見る »

クラウス・テンシュテット

ラウス・テンシュテット(Klaus Tennstedt, 1926年6月6日 - 1998年1月11日)は、ドイツの指揮者。イギリスの音楽評論家は、「現代の棒振り機械に対して敢然と戦う存在」と評している。また、その指揮姿から「石をぶつけられたコウノトリ」とあだ名された。.

新しい!!: 亡命とクラウス・テンシュテット · 続きを見る »

クリミア王国

ファイアーエムブレム > ファイアーエムブレムの登場人物 > ファイアーエムブレムの登場人物 (テリウス大陸) > クリミア王国 ---- クリミア王国(クリミアおうこく)は、任天堂(開発・インテリジェントシステムズ)のコンピュータゲーム『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』およびその続編である『ファイアーエムブレム 暁の女神』に登場する架空の国家。 本項では『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』については『蒼炎』、『ファイアーエムブレム 暁の女神』については『暁』と略記する。.

新しい!!: 亡命とクリミア王国 · 続きを見る »

クリップ

特殊クリップ クリップ (clip) は、つかんで留め置くための器具。一定の状態で固定しておくことそのものを目的としているもの(紙などを挟むために用いられる文房具のクリップや髪を留めるヘアクリップなど)のほか、物に固定することを手段として一定の目的を果たす役割をもつもの(電線の接続を目的とする電子部品のクリップやはんだ付けの際に熱から電子部品を守るための放熱を目的とするヒートクリップなど)もある。なお、クリップ扇風機のように電気製品の本体と一体となっている場合もある。.

新しい!!: 亡命とクリップ · 続きを見る »

クルマンベク・バキエフ

ルマンベク・バキエフ(バキーエフとも。キルギス語:Курманбек Салиевич Бакиев、1949年8月1日 - )は、キルギスの政治家。大統領(第2代)、首相(第7代)などを歴任。.

新しい!!: 亡命とクルマンベク・バキエフ · 続きを見る »

クルト・クリストフ・フォン・シュヴェリーン

ルト・クリストフ・フォン・シュヴェリーン(Kurt Christoph von Schwerin,1684年10月26日 - 1757年5月6日)は、メクレンブルク=シュヴェリーン公国を経てプロイセン王国に仕えた貴族、軍人。爵位は伯爵、軍の階級は元帥。黒鷲勲章受勲者。「今世紀で最も偉大な将軍の一人」とフリードリヒ大王に評された、大王時代のプロイセンの主要な将軍の一人。教養人として知られ、演劇通の一面も持っていた。シュヴェリーン家はポンメルンで栄えた一族で、ブランデンブルク選帝侯時代から同じ一族の出身者がプロイセンに仕えて活躍している。.

新しい!!: 亡命とクルト・クリストフ・フォン・シュヴェリーン · 続きを見る »

クルアーン

ルアーン(قرآن )あるいはコーランは、イスラム教(イスラーム)の聖典である。イスラームの信仰では、唯一不二の神(アッラーフ)から最後の預言者に任命されたムハンマドに対して下された啓示と位置付けられている。ムハンマドの生前に多くの書記によって記録され、死後にまとめられた現在の形は全てで114章からなる。 クルアーンは、読誦して音韻を踏むように書かれている。「クルアーン」という名称はアラビア語で「詠唱すべきもの」を意味し、アラビア語では正確には定冠詞を伴って「アル.

新しい!!: 亡命とクルアーン · 続きを見る »

クレメンス・フォン・メッテルニヒ

レメンス・ヴェンツェル・ロタール・ネーポムク・フォン・メッテルニヒ=ヴィネブルク・ツー・バイルシュタイン(Klemens Wenzel Lothar Nepomuk von Metternich-Winneburg zu Beilstein、1773年5月15日 - 1859年6月11日)は、オーストリア帝国の政治家。コブレンツ(現:ドイツ・ラインラント=プファルツ州の都市)出身。オーストリアの外相としてウィーン会議を主宰したほか、のちオーストリア宰相に就任し、ナポレオン戦争後の国際秩序であるウィーン体制を支えた。ロスチャイルド家のザーロモン・ロートシルトと親交があった。.

新しい!!: 亡命とクレメンス・フォン・メッテルニヒ · 続きを見る »

クレオメネス戦争

レオメネス戦争(Cleomenean War、紀元前229/228年–紀元前222年)は、スパルタと、アカイア同盟およびアンティゴノス朝マケドニアの間で戦われた戦争である。.

新しい!!: 亡命とクレオメネス戦争 · 続きを見る »

クレオンブロトス1世

レオンブロトス1世(希:Κλεόμβροτος、ラテン文字転記:Cleombrotus I、? - 紀元前371年、在位:紀元前380年 - 紀元前371年)はアギス朝のスパルタ王である。 クレオンブロトス1世はパウサニアスの子であり、先代の王アゲシポリス1世の弟で、次代の王アゲシポリス2世およびそのまた次の王クレオメネス2世の父ある。アテナイへの遠征の際の不手際を責められて父王パウサニアスがスパルタから亡命した時アゲシポリス1世とクレオンブロトスは子供であったために、親戚のアリストデモスの後見を受けた。 紀元前380年の兄の死に際し即位したクレオンブロトスは、テバイ人によるテバイ駐屯軍の殺戮を受け、スパルタ・ペロポネソス同盟軍を率いて紀元前379年にテバイ遠征を行った。クレオンブロトスはキタイロン山を通って進み、敵の守備隊150人を血祭りに上げた後、友好国のプラタイアに向った。次いでテスピアイを経由してキュノスケファライへと向い、10日ほど留まった後、テスピアイに戻った。そして、同地にスポドリアスを傭兵を雇うための軍資金と同盟軍の三分の一と共に残し、帰国した。紀元前376年に再びクレオンブロトスはテバイに送られたが、国境付近のキタイロンでテバイ・アテナイ連合軍に早々と敗れ、撤退した。 今一度クレオンブロトスは紀元前371年にボイオティアに侵攻した。対し、テバイの将エパメイノンダスはケピシス湖近くに着陣してクレオンブロトスを待ったが、フォキスのアンブロッソスへと進軍したクレオンブロトスはエパメイノンダスをやり過ごし、カイレアスの率いるテバイ軍を破り、クレウシスを占領して同地のテバイの三段櫂船12隻を奪い、続いてレウクトラに向った。レウクトラの戦いでクレオンブロトスはエパメイノンダス率いるボイオティア同盟軍と戦い、敗死した。クレオンブロトスは、紀元前480年のテルモピュライの戦いで戦死したレオニダス1世に次いで二人目の戦場で倒れたスパルタ王となった。この敗北により、スパルタはギリシアの覇権を失った。.

新しい!!: 亡命とクレオンブロトス1世 · 続きを見る »

クワメ・エンクルマ

ワメ・エンクルマ(Kwame Nkrumah、本名:Francis Nwia Kofia Nkrumah、1909年9月21日 - 1972年4月27日)は、政治家。ガーナ初代大統領。ガーナの独立運動を指揮し、アフリカの独立運動の父といわれる。マルクス主義者。1958年、ガーナとギニアから成るアフリカ諸国連合を樹立した。「エンクルマ」は語頭で「ン」を発音することができない英語から入ってきた読み方。日本語ではすでにアフリカ専門家の書籍や事典などではンクルマと