ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヴィルヘルム・ダニエル・ヨーゼフ・コッホ

索引 ヴィルヘルム・ダニエル・ヨーゼフ・コッホ

ヴィルヘルム・ダニエル・ヨーゼフ・コッホ(、1771年3月5日 - 1849年11月14日)は、ドイツの医師、植物学者である。 ラインラント=プファルツ州のクーゼルで生まれた。イェナ大学とマールブルク大学で医学を学んだ。トラーバッハとカイザースラウテルンで公共医師(Stadtphysicus)を務めた後、1824年から、引退するまで、エルランゲン大学の医学と植物学の教授を務め、植物園の園長も務めた。植物学の著書に、"Synopsis florae germanicae et helveticae" (「ドイツとスイスの植物相の概要」:1835–37)や、"Catalogus plantarum florae palatinae" (「プファルツの植物一覧」1814)がある。 1833年にスウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員に選ばれた。植物の属名、ホウキギ属 (Kochia、ヒユ科の廃止された属)に献名された。.

4 関係: ヨハン・クリストフ・レーリングフランツ・カール・メルテンスカール・ハインリヒ・ビポンティヌス・シュルツ植物学者の略記一覧 (S-Z)

ヨハン・クリストフ・レーリング

ヨハン・クリストフ・レーリング(Johann Christoph Röhling, 1757年4月12日 - 1813年12月19日)はドイツの司祭、植物学者である。 ダルムシュタット近郊の町グンデルンハウゼン(現在のロスドルフの一部)で、貧しい織物工の家に生まれた。子どもの頃から植物に興味を持ち、ラテン語を学び始めた。ダルムシュタットで学び、1778年にギーセン大学に入学し、養蜂をしながら神学を学び、余暇に植物学を学んだ。フランクフルト・アム・マインでしばらく教師をした後、1792年からブラウバッハ、1800年からヴィースバーデンのブレッケンハイム地区、そして1802年からはホーホハイム・アム・マインのマッセンハイム地区で司祭を務め、マッセンハイムで没した。 著書 Deutschlands Flora(「ドイツの植物」)は1796年に初版が出版され、第2版はレーニングの没する少し前に出版された。1823年から1839年の間に、フランツ・カール・メルテンスとヴィルヘルム・ダニエル・ヨーゼフ・コッホによって、拡充された改訂版が出版された。その他の著書に Deutschlands Moose(「ドイツのコケ類」、1800年)がある。 ビワモドキ科の に献名された。.

新しい!!: ヴィルヘルム・ダニエル・ヨーゼフ・コッホとヨハン・クリストフ・レーリング · 続きを見る »

フランツ・カール・メルテンス

フランツ・カール・メルテンス フランツ・カール・メルテンス(Franz Karl Mertens または Franz Carl Mertens, 1764年4月3日 - 1831年6月19日)はドイツの植物学者である。藻類学を専門とする。 ノルトライン=ヴェストファーレン州のビーレフェルトの出身。ハレ大学で神学と語学を学んだのち、ブレーメンの商業学校で教師を務めた。一方で余暇に植物学を研究し、共通の友人を通じて植物学者のアルブレヒト・ヴィルヘルム・ロートと知り合い、ロートとともにスカンジナビアなどのヨーロッパ各地の科学調査を行った。これらの調査旅行の成果として、ロートの著書 Catalecta botanica(1806年)の3巻などで、多くの藻類の種に図入りの記載を行なった。またエアランゲン大学教授のヴィルヘルム・ダニエル・ヨーゼフ・コッホとともに、ヨハン・クリストフ・レーリングの Flora Deutschlands(「ドイツの植物」)の第3改訂版を出版した。カール・アドルフ・アガード、ジャン・バティスト・ボリ・ド・サン=ヴァンサン、オーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドール、アーデルベルト・フォン・シャミッソーら多くのヨーロッパの植物学者との間に交わされた263通の手紙やスケッチブックが残されており、カーネギーメロン大学の植物学を専門とするハント図書館 (Hunt Botanical Library) に保存されている。 ロートによって、ムラサキ科の属名、(和名:ハマベンケイソウ属)に献名された。息子のカール・ハインリヒ・メルテンス (Karl Heinrich Mertens) はフョードル・ペトローヴィチ・リトケが率いたロシアによる当時のロシア領アメリカの探検航海に参加した植物学者である。.

新しい!!: ヴィルヘルム・ダニエル・ヨーゼフ・コッホとフランツ・カール・メルテンス · 続きを見る »

カール・ハインリヒ・ビポンティヌス・シュルツ

ール・ハインリヒ・ビポンティヌス・シュルツ(Carl Heinrich 'Bipontinus' Schultz、1805年6月30日 - 1867年12月17日)はドイツの医師、植物学者である。同時代に同姓同名の植物学者、Carl Heinrich 'Schultzenstein' Schultzがいるので、論文などには生地のZweibrückenをラテン語化した'Bipontinus'を名前に加えて区別した。.

新しい!!: ヴィルヘルム・ダニエル・ヨーゼフ・コッホとカール・ハインリヒ・ビポンティヌス・シュルツ · 続きを見る »

植物学者の略記一覧 (S-Z)

植物学者の略記一覧(しょくぶつがくしゃのりゃっきいちらん)は、植物の学名で命名者を示す場合に使われる、植物学者の命名者略記の一覧である。.

新しい!!: ヴィルヘルム・ダニエル・ヨーゼフ・コッホと植物学者の略記一覧 (S-Z) · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »