ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

レナール R-31

索引 レナール R-31

レナール R-31 レナール R-31(Renard R-31)は1930年代のベルギーの偵察機である。単発のパラソル機で32機のR-31がベルギー空軍に納入された。1940年のドイツ軍のベルギー侵入時にも使用されており、ベルギーで設計され製造された航空機としては唯一、第二次世界大戦に参加した機体である。 ベルギー空軍の短距離偵察機、陸軍の地上協同機の要求により Alfred Renardが設計し、1932年10月16日に初飛行した。 パラソル翼の単葉機でロールスロイス・ケストレル・エンジンを積んだ、木金混合構造の機体で胴体の前部は鋼管溶接構造に金属表皮、後部は羽布張りである。主翼は固定脚に固定されたV字支柱で支えられている。 1934年3月、28機のR-31sが製造された。そのうち6機はレナールで製造され、残りはSABCAで製造された。1機は評価用にロレーヌPetrelエンジンが取り付けられたが、後にケストレル・エンジンに戻された。次に、密閉式のキャノピーとされ、Gnome-Rhone Mistral Major星型エンジンが搭載されてR-32となった。さらにエンジンをHispano-Suiza 12Yに換装されたが、性能向上は不十分で量産されることはなかった。 1935年8月にR-31sの6機の追加発注をうけた。 R-31は1935年にベルギー空軍でブレゲー 19に変わって、リエージュの観測機部隊で運用が開始された。操縦を誤るとフラット・スピンに入るという操縦性に欠点から、パイロットに人気はなかった。曲技飛行は禁止された。 1940年5月、第二次世界大戦のドイツ軍の進入時には、R-31はすでに時代遅れとなっていたが、地上での破壊を免れた機体は、54回の偵察作戦に従事した。1940年5月27日の午後、ドイツ軍から退避する飛行が最後の作戦となった。ドイツのベルギー占領後、ドイツ軍はこの機体に関心を持たず、残された機体を使用することなく破壊した。.

5 関係: ロールス・ロイス ケストレルビエルセ空軍基地アルフレッド・レナール航空機の一覧 (R-S)31

ロールス・ロイス ケストレル

トレルIB(イギリス空軍博物館) ケストレル(英語:Kestrel )は、ロールス・ロイスが初めて鋳造でエンジンブロックを開発した 700馬力の航空機エンジンであり、同社の後の方向性を決めた。 ケストレルはカーチス D-12を置換えるものとして開発された。ロールス・ロイスの航空機用エンジンとして初めて鋳造のエンジンブロックを使用した。初期の設計ではクランクケースにシリンダーをねじ込む設計だったが、アルミニウム製の1体の塊からシリンダーを機械加工で作る方法にした。それは単純で組み立てやすく軽量で、新しい機械加工だけが短所だった。 D-12は同時期のエンジンとしては強力で記録を更新した。ロールス・ロイスは生産を始めたばかりなので英国企業以外は入手できなかった。 ケストレルが蒸発冷却を使用していたことは優位だった。水の沸点は通常の気圧では摂氏100度だが、高度が上がると沸点が下がる。ケストレルは加圧装置を搭載して沸点を摂氏150度に保った。1927年に初めて生産されたエンジンは450馬力だった。まもなく改良されたIB型は525馬力になった。やがて徐々に改良されて1935年にXVI型では745馬力に達した。 1935年、メッサーシュミット Bf109の試作機に搭載され試験飛行に供された。 1930年代末にはオクタン価の高い航空燃料が入手できるようになりノッキングから解放された。1940年にはXXX型が1,050馬力を発揮した。.

新しい!!: レナール R-31とロールス・ロイス ケストレル · 続きを見る »

ビエルセ空軍基地

ビエルセ空軍基地(Base aérienne de Bierset)は、ベルギー王国リエージュ州リエージュにある軍用飛行場。リエージュ空港と滑走路を共用している。.

新しい!!: レナール R-31とビエルセ空軍基地 · 続きを見る »

アルフレッド・レナール

アルフレッド・レナール(Alfred Renard、1895年4月21日 - 1988年6月20日)は、ベルギーの技術者である。ベルギー航空産業における指導的人物で、いくつかの航空機の設計を行った。 アンデルレヒトにうまれた。幼くして、叔父の工場などで、電気工作などの技術を身につけた。17歳のときに自動車会社プジョーが設けた飛行に関する賞に兄弟のジョルジュと、一定の速度になると折りたたまれた翼が開く人力飛行機を作って挑戦したが、飛行はできなかった。ブリュッセル自由大学に入学したが、第一次世界大戦で学業は中断され、1925年に工学の課程を修了した。ベルギーの航空技術研究所の技師となり、ここでエミール・アラール教授(Emile Allard )とともに、全金属単葉機、ACAZ T-2を製作した。ACAZ T-2はベルギー初の全金属機であった。レナールとアラールはSint-Genesius-Rodeに風洞の計画をした。 1922年に設計者を求めていたJean Stampe と Maurice Vertongenとの事業を始めたが、航空技術研究所の仕事が残っていたために、1機の設計(RSV.

新しい!!: レナール R-31とアルフレッド・レナール · 続きを見る »

航空機の一覧 (R-S)

この一覧は、製造者別に分けた航空機の一覧のうち頭文字がRまたはSのものを集めた一覧である。.

新しい!!: レナール R-31と航空機の一覧 (R-S) · 続きを見る »

31

31(三十一、丗一、さんじゅういち、みそひと、みそじあまりひとつ)は自然数、また整数において、30 の次で 32 の前の数である。.

新しい!!: レナール R-31と31 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »