ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

リボース

索引 リボース

リボース(Ribose)は糖の一種で、五炭糖、単糖に分類される。核酸塩基と結合してヌクレオシドを形作っており、リボ核酸の構成糖として知られている。この糖は生体内ではペントースリン酸経路あるいはカルビン-ベンソン回路で作られる。.

85 関係: ADPリボースADPリボース化単糖希少糖二成分毒素化合物一覧化学に関する記事の一覧ペントースペントースリン酸経路ペプチド核酸チミジンチミジン二リン酸チアミンハナビラタケリボース-1-デヒドロゲナーゼ (NADP+)リボースイソメラーゼリボヌクレオチドリボヌクレオシドリボキナーゼリボシルピリミジンヌクレオシダーゼリボシドリボ核酸リブロースリビトールリアノジン受容体ヌクレオシドヌクレオシド三リン酸トレオーストレオース核酸プリンヌクレオシダーゼビタミンB12全合成ピラノースデオキシリボースデオキシリボ核酸デオキシアデノシンデオキシグアノシンフラノースニコチンアミドモノヌクレオチドホルモース反応呈味性ヌクレオチドアルドースアデノシンアデノシン-3',5'-ビスリン酸アデノシン三リン酸アデノシン二リン酸アデノシンヌクレオシダーゼアデニル酸アカデシンイノシンイノシンヌクレオシダーゼ...イノシン酸ウリジル酸ウリジンウリジン三リン酸ウリジン二リン酸ウリジン二リン酸グルコースウェルシュ菌キシルロースキシロースキサンチル酸キサントシングリコール核酸グアノシングアノシン二リン酸グアニル酸ゲムシタビンコドンシチジル酸シチジンシチジン二リン酸シュードモナス・メリアエゼノ核酸サイトカイニン環状アデノシン二リン酸リボース炭水化物異化生物学に関する記事の一覧解糖系配糖体N-メチルヌクレオシダーゼPre-mRNA スプライシング核酸核酸医薬1-メチルアデノシンヌクレオシダーゼ5'キャップ インデックスを展開 (35 もっと) »

ADPリボース

ADPリボース(Adenosine diphosphate ribose)は、ポリADPリボースポリメラーゼによって形成される分子である。TRPM2イオンチャネルに結合し、活性化させる。.

新しい!!: リボースとADPリボース · 続きを見る »

ADPリボース化

ADPリボースの構造 ADPリボース化(ADP-ribosylation)はタンパク質の翻訳後修飾の一つで、1つまたはそれ以上のアデノシン二リン酸(ADP)リボースを付加する反応である。この反応は細胞間の情報伝達やDNA修復、アポトーシスなど多くの細胞機能に関わっている。.

新しい!!: リボースとADPリボース化 · 続きを見る »

単糖

単糖(たんとう、monosaccharide)とは、それ以上加水分解されない糖類である。単純糖ともいう。単糖は、複数の糖が結合(脱水縮合)して多糖を形作る際の構成要素となる。一般に水溶性で結晶性の無色固体である。.

新しい!!: リボースと単糖 · 続きを見る »

希少糖

希少糖(きしょうとう、rare sugar)とは、国際希少糖学会によって「自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体」と定義され、単糖とその誘導体としての糖アルコールを加えると、60種類ほどになり、自然界に豊富に存在するD-グルコースやD-マンノースなどを除いた単糖の大部分を占める。 希少糖の中で研究が進んでいるD-プシコースは、砂糖の7割程度の甘味がありながら、カロリーはほぼゼロ。さらに、「食後の血糖値上昇を緩やかにする」、「内臓脂肪の蓄積を抑える」といった研究結果が報告されている p.3。 希少糖の一つエリスリトールは、D-プシコース同様、砂糖の7割程度の甘味ながら血糖値を上昇させず、インスリンの分泌を誘導しない。 日本国内では、香川県で研究や産業化の取り組みが盛んであり、「かがわ希少糖ホワイトバレー」形成を目指している。.

新しい!!: リボースと希少糖 · 続きを見る »

二成分毒素

二成分毒素(binary toxin)または二元毒素とは標的細胞に結合するB成分とB成分に結合して細胞内に侵入し毒素活性を示すA成分からなる外毒素である。.

新しい!!: リボースと二成分毒素 · 続きを見る »

化合物一覧

化合物一覧(かごうぶついちらん)では、日本語版ウィキペディアに記事が存在する化合物の一覧を掲載する。.

新しい!!: リボースと化合物一覧 · 続きを見る »

化学に関する記事の一覧

このページの目的は、化学に関係するすべてのウィキペディアの記事の一覧を作ることです。この話題に興味のある方はサイドバーの「リンク先の更新状況」をクリックすることで、変更を見ることが出来ます。 化学の分野一覧と重複することもあるかもしれませんが、化学分野の項目一覧です。化学で検索して出てきたものです。数字、英字、五十音順に配列してあります。濁音・半濁音は無視し同音がある場合は清音→濁音→半濁音の順、長音は無視、拗音・促音は普通に(ゃ→や、っ→つ)変換です。例:グリニャール反応→くりにやるはんのう †印はその内容を内含する記事へのリダイレクトになっています。 註) Portal:化学#新着記事の一部は、ノート:化学に関する記事の一覧/化学周辺に属する記事に分離されています。.

新しい!!: リボースと化学に関する記事の一覧 · 続きを見る »

ペントース

ペントース(Pentose)または五炭糖(ごたんとう)は、5個の炭素原子を含む単糖である。1位にアルデヒド基を持つアルドペントースと、2位にケトン基を持つケトペントースが存在する。.

新しい!!: リボースとペントース · 続きを見る »

ペントースリン酸経路

ペントースリン酸経路 ペントースリン酸経路(ペントースリンさんけいろ、pentose phosphate pathway: PPP)は、解糖系のグルコース-6-リン酸から出発して、同じく解糖系のグリセルアルデヒド-3-リン酸へとつながる経路で、NADPHや、デオキシリボース、リボースといった核酸の生合成に不可欠な糖を含む各種ペントースの産生に関与する。また、NADPHの供給源として脂質の生産にも関与している。ペントースリン酸経路によって、1分子のグルコース-6-リン酸から1分子のCO2と2分子のNADPHが生成される。肝臓、脂肪組織、精巣、副腎皮質、授乳期の乳腺においてペントースリン酸経路の活性は高い。.

新しい!!: リボースとペントースリン酸経路 · 続きを見る »

ペプチド核酸

ペプチド核酸(ペプチドかくさん、英:Peptide Nucleic Acid)は主鎖にペプチド構造を保持した、DNAやRNAに似た構造を持つ分子である。PNAと略される。PNAは自然界には存在せず、完全に人工的に合成された分子であり、生物学や医療の分野で研究が進められている。 DNAとRNAは糖(デオキシリボース、もしくはリボース)を主鎖に持つが、PNAでは糖の代わりにN-(2-アミノエチル)グリシンがアミド結合で結合したものが主鎖となっている。そして核酸塩基に相当するプリン環やピリミジン環が、メチレン基とカルボニル基を介して主鎖に結合している。PNAではペプチドと同様にN末端を左側に、C末端を右側に書く。 PNAにはDNAやRNAに存在するようなリン酸部位の電荷が存在しないため、静電反発の影響が小さくなり、PNA/DNAの2重鎖はDNA/DNAの2重鎖よりも強い結合を形成する。PNA/DNAの2重鎖(チミン6残基のPNA / アデニン6残基のDNA)で融解温度 Tm を測定したところ31であったが、同様の塩基を持つDNA/DNAの2重鎖の融解温度は10℃以下であったことが判明している。DNAの代わりにPNAを用いても、DNA同様に分子認識される。PNA/PNAの2重鎖はPNA/DNAの2重鎖よりも強い結合を有する。 人工ペプチド核酸のオリゴマーは分子生物学分野で研究が進められており、診断分析やアンチセンス療法などへの応用が検討されている。強い結合力を持つためそれほど長い鎖長は必要ないと考えられており、20–25残基で核酸認識が可能だと考えられている。PNAの鎖長を検討する際には、認識の特異性をどれだけ上げられるのかが重要な問題となる。PNA鎖が相補的DNAに結合する際にも正確な分子認識が行われており、ミスマッチ塩基対を含むPNA/DNAの2重鎖は、同様のミスマッチを持つDNA/DNAの2重鎖より不安定になることが知られている。PNA/RNAの2重鎖の場合もPNA/DNAの2重鎖と同様の結合力と特異性を持つ。また生体内に存在する分解酵素であるヌクレアーゼやプロテアーゼに認識されにくいため、酵素に対する分解耐性を持っている。広い範囲のpHで安定に存在するという特徴も持つ。 生命の起源に関して、DNA/RNAが遺伝情報を担っている現在のプロテインワールド以前には、非常に安定に存在し得るPNAが遺伝情報を担っていたという説がある。しかしこの仮説が広く受け入れられているわけではない。.

新しい!!: リボースとペプチド核酸 · 続きを見る »

チミジン

チミジン (Thymidine)は化学物質の一つで、正確にはピリミジンデオキシヌクレオシドに属する。チミジンはDNAヌクレオシド(記号 dT), でありDNAの二重鎖ではデオキシアデノシン(dA)と対を形成する。細胞生物学的には細胞周期G1期/S期初期に同期するために使用される。.

新しい!!: リボースとチミジン · 続きを見る »

チミジン二リン酸

チミジン二リン酸(チミジンにリンさん、Thymidine diphosphate)、略号 dTDPTDPはよくある間違いである。 はデオキシヌクレオチドの一種である。すなわちチミジンデオキシヌクレオシドのピロリン酸エステルである。TDPはピロリン酸基、五炭糖のリボース、核酸塩基のチミンより構成される。.

新しい!!: リボースとチミジン二リン酸 · 続きを見る »

チアミン

チアミン(thiamin, thiamine)は、ビタミンB1(vitamin B1)とも呼ばれ、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。この他、サイアミン、アノイリンとも呼ばれる。 日本では1910年に鈴木梅太郎がこの物質を米糠から抽出し、1912年にオリザニンと命名したことでも知られる。脚気を予防する因子として発見された。 糖質および分岐脂肪酸の代謝に用いられ、不足すると脚気や神経炎などの症状を生じる。酵母、豚肉、胚芽、豆類に多く含有される。 補酵素形はチアミン二リン酸(TPP)。.

新しい!!: リボースとチアミン · 続きを見る »

ハナビラタケ

ハナビラタケ(Sparassis crispa)は、担子菌門ハラタケ綱タマチョレイタケ目に属し、ハナビラタケ科のハナビラタケ属に分類されるキノコの一種である。後述するように、この和名が当てられている日本産の菌に対しては、二種以上を含んでいる可能性がある。.

新しい!!: リボースとハナビラタケ · 続きを見る »

リボース-1-デヒドロゲナーゼ (NADP+)

リボース-1-デヒドロゲナーゼ (NADP+)(ribose 1-dehydrogenase (NADP+))は、次の化学反応を触媒する酸化還元酵素である。 すなわち、この酵素の基質はD-リボースとNADP+と水、生成物はD-リボン酸とNADPHとH+である。 組織名はD-ribose:NADP+ 1-oxidoreductaseで、別名にD-ribose dehydrogenase (NADP+), NADP+-pentose-dehydrogenase, ribose 1-dehydrogenase (NADP+)がある。.

新しい!!: リボースとリボース-1-デヒドロゲナーゼ (NADP+) · 続きを見る »

リボースイソメラーゼ

リボースイソメラーゼ(Ribose isomerase、)は、以下の化学反応を触媒する酵素である。 従って、この酵素の基質はD-リボース、生成物はD-リブロースである。 この酵素は、異性化酵素、特にアルドースやケトースを相互転換する分子内酸化還元酵素に分類される。系統名は、D-リボース アルドース-ケトース-イソメラーゼ(D-ribose aldose-ketose-isomerase)である。.

新しい!!: リボースとリボースイソメラーゼ · 続きを見る »

リボヌクレオチド

リボヌクレオチド(Ribonucleotide)またはリボチド(Ribotide)は、ペントース成分としてD-リボースを含むヌクレオチドである。核酸の前駆体であると考えられている。ヌクレオチドは、DNAやRNAを構築する基礎的なブロックである。リボヌクレオチド自体は、RNAの構成単位となるが、リボヌクレオチドレダクターゼによって還元されたデオキシリボヌクレオチドは、DNAの構成単位となる。連続するヌクレオチドの間は、ホスホジエステル結合で連結される。 リボヌクレオチドは、他の細胞機能にも用いられる。例えばAMPは、細胞調整や細胞シグナリングなどに用いられる。さらにリン酸基が2つついたATPは生物のエネルギー通貨となるり、環化した環状AMPはホルモンを調節する。生体で最も一般的なリボヌクレオチドの塩基は、アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、ウラシル(U)である。窒素塩基は、プリンとピリミジンの2つの種類に大別される。 リボヌクレオチドの一般的な構造:リン酸基 - D-リボース - 核酸塩基.

新しい!!: リボースとリボヌクレオチド · 続きを見る »

リボヌクレオシド

リボヌクレオシド(Ribonucleoside)は、リボースを成分として含むヌクレオシドである。.

新しい!!: リボースとリボヌクレオシド · 続きを見る »

リボキナーゼ

リボキナーゼ(Ribokinase、)は、以下の化学反応を触媒する酵素である。 ATP + D-リボース \rightleftharpoons ADP + D-リボース-5-リン酸 従って、この酵素の基質はATP、D-リボースの2つ、生成物はADP、D-リボース-5-リン酸の2つである。 この酵素は転移酵素、特にアルコールを受容体とするホスホトランスフェラーゼに分類される。この酵素の系統名は、ATP:D-リボース 5-ホスホトランスフェラーゼ(ATP:D-ribose 5-phosphotransferase)である。この酵素は、ペントースリン酸経路に関与している。.

新しい!!: リボースとリボキナーゼ · 続きを見る »

リボシルピリミジンヌクレオシダーゼ

リボシルピリミジンヌクレオシダーゼ(Ribosylpyrimidine nucleosidase、)は、以下の化学反応を触媒する酵素である。 従って、この酵素は、ピリミジンヌクレオシドと水の2つの基質、D-リボースとピリミジン塩基の2つの生成物を持つ。 この酵素は加水分解酵素、特にN-グリコシル化合物を分解するグリコシダーゼに分類される。系統名はピリミジン-ヌクレオシド リボヒドロラーゼ(pyrimidine-nucleoside ribohydrolase)である。N-リボシルピリミジンヌクレオシダーゼ、ピリミジンヌクレオシダーゼ、RihB、YeiK、ヌクレオシドリボヒドロラーゼ等とも呼ばれる。プリンの代謝及びピリミジンの代謝に関与している。.

新しい!!: リボースとリボシルピリミジンヌクレオシダーゼ · 続きを見る »

リボシド

リボシド(Riboside)は、リボースの配糖体である。リボヌクレオシドやリボヌクレオチドの形のリボシドは、生化学において重要な役割を果たす。 Category:配糖体.

新しい!!: リボースとリボシド · 続きを見る »

リボ核酸

リボ核酸(リボかくさん、ribonucleic acid, RNA)は、リボヌクレオチドがホスホジエステル結合でつながった核酸である。RNAと略されることが多い。RNAのヌクレオチドはリボース、リン酸、塩基から構成される。基本的に核酸塩基としてアデニン (A)、グアニン (G)、シトシン (C)、ウラシル (U) を有する。RNAポリメラーゼによりDNAを鋳型にして転写(合成)される。各塩基はDNAのそれと対応しているが、ウラシルはチミンに対応する。RNAは生体内でタンパク質合成を行う際に必要なリボソームの活性中心部位を構成している。 生体内での挙動や構造により、伝令RNA(メッセンジャーRNA、mRNA)、運搬RNA(トランスファーRNA、tRNA)、リボソームRNA (rRNA)、ノンコーディングRNA (ncRNA)、リボザイム、二重鎖RNA (dsRNA) などさまざまな分類がなされる。.

新しい!!: リボースとリボ核酸 · 続きを見る »

リブロース

リブロース (ribulose) はケトース、五炭糖に分類される糖の一種。化学式は C5H10O5 で、自然界にはL体、D体の両エナンチオマーがともに存在する。 1位と5位にリン酸基のついたリブロース-1,5-ビスリン酸は、光合成のカルビン - ベンソン回路において、二酸化炭素を固定する重要な働きをしている。そのため、この反応を触媒するリブロース1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼは地球上で最も多いタンパク質となっている。 また、5位にリン酸基のついたリブロース-5-リン酸は、ペントースリン酸経路で作られ、核酸を構成するリボースを作る原料となる。 りふろおす.

新しい!!: リボースとリブロース · 続きを見る »

リビトール

リビトール (Ribitol) またはアドニトール (adonitol) は、リボースの還元で生成される、結晶性のペントースアルコールである。天然にはヨウシュフクジュソウに含まれるほか、グラム陽性菌の細胞壁、特に、タイコ酸中のリビトールリン酸として含まれる。リボフラビンやフラビンモノヌクレオチドの化学構造にもなっている。.

新しい!!: リボースとリビトール · 続きを見る »

リアノジン受容体

リアノジン受容体は、筋細胞や神経細胞といった興奮性の動物組織中で、細胞間カルシウムチャネルの働きを担っている。3つの主要アイソフォームが知られており、それぞれ異なる組織中で、細胞内小器官からのカルシウム放出を伴うそれぞれ異なるシグナル伝達経路に関与している。RyR2受容体アイソフォームは動物細胞中のカルシウム誘発性カルシウム放出(CICR)において、主な調節機構として機能する。.

新しい!!: リボースとリアノジン受容体 · 続きを見る »

ヌクレオシド

ヌクレオシド (nucleoside) は塩基と糖が結合した化合物の一種。塩基としては、アデニン、グアニンなどのプリン塩基、チミン、シトシン、ウラシルなどのピリミジン塩基、ニコチンアミド、ジメチルイソアロキサジンなどを含む。 アデノシン、チミジン、グアノシン、シチジン、ウリジンなどが代表的なヌクレオシドである。このほか、ジメチルイソアロキサジンとリボースからなるヌクレオシドはビタミンB2として有名である。.

新しい!!: リボースとヌクレオシド · 続きを見る »

ヌクレオシド三リン酸

ヌクレオシド三リン酸(Nucleoside triphosphate、NTP)は、3つのリン酸が結合したヌクレオシドを含む分子である。天然のヌクレオシド三リン酸には、アデノシン三リン酸(ATP)、グアノシン三リン酸(GTP)、シチジン三リン酸(CTP)、5-メチルウリジン三リン酸(m5UTP)、ウリジン三リン酸(UTP)がある。これらの用語は、リボースを含むヌクレオシド三リン酸に対しても使われる。デオキシリボースを含むヌクレオシド三リン酸は、名前の前に「デオキシ」という接頭辞を付け、略称には"d"を付ける。デオキシアデノシン三リン酸(dATP)、デオキシグアノシン三リン酸(dGTP)、デオキシシチジン三リン酸(dCTP)、デオキシチミジン三リン酸(dTTP)、デオキシウリジン三リン酸がある。 (d)ATP、(d)GTP、(d)CTP、(d)TTP、(d)UTP以外にも、ヌクレオチド代謝の中間体など、多量には存在しないヌクレオシド三リン酸もあるが、さらに「珍しい」天然のヌクレオチドや人工のヌクレオチドさえある。珍しいヌクレオチドは、通常のヌクレオチドの互変異性体である。これらは、DNA複製の際にミスマッチ塩基対を作る。例えば、シトシンの互変異性体は、アデニンと3つの水素結合を形成することができ、元々のシトシンと入れ替わってミスマッチを引き起こす。同様に、シトシンの脱アミノ化物はウラシル、真核生物ではよく見られる5-メチルシトシンの脱アミノ化物はチアミンを誘導する。しかし、5'から16'のDNA複製では、このようなミスマッチ塩基は削除される。 ヌクレオチド誘導体は、核酸の構成ブロックとなり、その他、細胞内の代謝や制御に数千の役割を持つため、生物にとって必須である。ATPは、細胞のエネルギーの主要な源である。GTPはしばしば酵素やタンパク質の補因子となる。また、ヌクレオシド三リン酸はリン酸化の際にエネルギーやリン酸基の供給源となる。 一般的に、ヌクレオシドは、ヌクレオチド(窒素塩基に糖が共有結合したもの)がリン酸基を欠いたものである。しかし、専門用語としては、ヌクレオチドは、ヌクレオシドにリン酸基の数を付して表される。例えば、ヌクレオチドがリン酸基を1つ持っていれば、ヌクレオチド一リン酸、ヌクレオチドがリン酸基を2つ持っていれば、ヌクレオチド二リン酸、3つ持っていればヌクレオチド三リン酸と呼ばれる。リボース糖を含むヌクレオチドは、リボ核酸のモノマーとなり、デオキシリボースを含むヌクレオチドは、デオキシリボ核酸のモノマーとなる。 ヌクレオシド三リン酸、ヌクレオシド二リン酸、及びヌクレオシド一リン酸は、細胞質、細胞核、細胞小器官内に遍在する。多様な機能を持っているため、そのレベルは厳しい代謝制御下にある。 Category:核酸 Category:ヌクレオチド.

新しい!!: リボースとヌクレオシド三リン酸 · 続きを見る »

トレオース

トレオース (threose) は、四炭糖およびアルドースに分類される糖の一種である。 不斉炭素原子を2個持ち、異性体のエリトロースとともに、不斉原子が2個ある化合物における命名の基準となっている。すなわち、フィッシャー投影図で同じリガンドが同じ側にくるものをエリトロ体 (erythro-) 、反対側に来るものをトレオ体 (threo-) という。 DNAやRNAのリボースの代わりにトレオースが結合したトレオヌクレオチド (TNA) は、ワトソン-クリック塩基対形成 によって、DANやRNAとも安定な2重らせんを形成する。 構造の似ている酒石酸の英語名 (threaric acid) から命名された。また、アミノ酸のトレオニンは、トレオースに構造が似ていることから命名された。 とれおす.

新しい!!: リボースとトレオース · 続きを見る »

トレオース核酸

トレオース核酸(Threose nucleic acid、TNA)は、アルバート・エッシェンモーザーが作成した人工の核酸ポリマーである。TNAは、ホスホジエステル結合で繋がれたトレオース糖の繰り返し構造からなる骨格を持つ。DNAやRNAと同様に、TNAもヌクレオチド配列の中に遺伝情報を蓄えることができる。TNAは天然には生成せず、実験室内で作られる。一部の人からは、TNAは、RNAに至る進化の過程上にあったと信じられている。 TNAポリマーは、ヌクレアーゼ分解に対して耐性を持つため、合成生物学において大きな興味を持たれている。この性質と、試験管内でダーウィン進化を経験できる性質から、TNAは、生物学的に安定な分子になり得る。 TNAは、ワトソン・クリック型の塩基対を形成して、A型のRNA螺旋構造と類似する二本鎖に自己集合する。また、TNAは、DNA及びRNAとも相補的な塩基対を形成し、天然の遺伝ポリマーとも情報を共有することができる。これらの性質及び化学的な単純性から、TNAは、遺伝物質としてRNAに先立つものであると提案されている。 TNAポリマーを実験室内で複製させることができるポリメラーゼは同定されている。TNAは、RNA複製を模倣した過程により行われる。これらのシステムでは、TNAはDNAに逆転写され、ポリメラーゼ連鎖反応で増幅し、その後、TNAに再転写される。 TNA複製をin vitro選別と組み合わせることで、ヒトのトロンビンと結合するアプタマーが生産される。この例は、TNAが、生命の特徴である遺伝と進化を担うことができることを意味する。TNAは、高いアフィニティと特異性で特定の標的と結合しうる複雑な形に折り畳まれることができる。初期の生命を維持するのに必要な機能を持つTNA酵素への進化も可能だったかもしれない。.

新しい!!: リボースとトレオース核酸 · 続きを見る »

プリンヌクレオシダーゼ

プリンヌクレオシダーゼ(Purine nucleosidase、)は、以下の化学反応を触媒する酵素である。 プリンヌクレオシド + 水\rightleftharpoonsD-リボース + プリン塩基 従って、この酵素は、プリンヌクレオシドと水の2つの基質、D-リボースとプリン塩基の2つの生成物を持つ。 この酵素は加水分解酵素、特にN-グリコシル化合物を分解するグリコシダーゼに分類される。系統名はプリン-ヌクレオシドリボヒドロラーゼ(purine-nucleoside ribohydrolase)である。ヌクレオシダーゼ、プリンβ-リボシダーゼ等と呼ばれることもある。プリンの代謝、またニコチン酸やニコチンアミドの代謝に関与している。.

新しい!!: リボースとプリンヌクレオシダーゼ · 続きを見る »

ビタミンB12全合成

生体物質であるビタミンB12の全合成はハーバード大学のロバート・ウッドワードとチューリッヒ工科大学のアルバート・エッシェンモーザーらの研究グループによって1972年に達成され、1973年に論文が発表された。ビタミンB12の全合成は現在でも2例目の報告が上がっておらず、この業績は天然物合成の金字塔と考えられている。全合成の研究は1960年にETH(チューリッヒ工科大学)、1961年にハーバード大学で始まった「ビタミンB12の全合成」『化学の領域』第27巻9号、p.26。1965年からは二者の協力事業となり、少なくとも91人の博士研究員(ほとんどはハーバード大学)と12人の博士課程の学生(ETH)が関わった。関係者の出身国は19か国にわたる。全合成の論文には、研究に深く携わったチューリッヒの7人、ケンブリッジの17人の名前が載せてある。 ビタミンB12は構造が複雑であるため、合成は不可能ではないかと考えられてきた。 ビタミンB12の合成には2つの異なる方法があり、この全合成に伴って1972年に達成された。この2つは複雑に組み合わさっており、ビタミンの大員環配位子であるコリンの作り方で、全体的に見れば根本的に異なっている。環Aと環Bを合成する方法("A/B法")がハーバード大学で、環Aと環Dを光反応で合成する方法("A/D法")がETHで研究された。ウッドワードはA/B法を1968年(ロンドン講演)、1971年、1973年の講演で公表しており、1972年7月にニューデリーで開かれた国際純正・応用化学連合での講演「Total Synthesis of Vitamin B12」(ビタミンB12の全合成)で完成が報告された。エッシェンモーザーも1970年に行われたETHの100年記念講演でA/B法を公表しているほか、環A/Dを光反応で合成するビタミンB12の合成法を1971年にボストンで行われた第23回 IUPAC会議で公表している。光反応を用いる方法の完成形はサイエンスで1977年に公表された。これはチューリッヒ化学協会においてエッシェンモーザーが行った講演を基に1974年に公表されたの記事を英訳、加筆したものである。 以下では、AB法について述べる。AD法は、初期の段階では非立体化学的だったが、1971年7月にボストンで行われた第23回IUPAC国際会議のエッシェンモーザーによる特別講演では収率が70%以上であり、天然型と非天然型の生成比率が2:1であることが公表された。また、1972年8月のバンクーバーでの国際有機合成討論会では、同じくエッシェンモーザーによりカドミウム誘導体を用いることで90%以上の選択性で天然型に閉環することが発表された「ビタミンB12の全合成」『化学の領域』第27巻9号、p.18。 この合成では、環ADの合成をウッドワードが、環BCの合成をエッシェンモーザーが行なった。総工程数は90段階以上にのぼる『有機化学美術館』p.135。 2つのビタミンB12を合成する方法はR.V.スティーブンスやニコラウ、ソーレンセンなどによって評価され、そのほかの40以上の出版物上で議論された。これはウッドワードが行った3つのB12に関する講演に基づいているので、ハーバード-ETHのA/B法のみを扱っている。 ビタミンB12のX線回折による結晶解析はオックスフォード大学のドロシー・ホジキンがカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のやプリンストン大学のジョン・G・ホワイトらと協力して1956年に行った。ウッドワードによれば、ハーバードのA-D合成法が有機反応がかかわる軌道対称性をコントロールするウッドワード・ホフマン則(1965年)を思いつくのに重要な役割を果たしたということである。.

新しい!!: リボースとビタミンB12全合成 · 続きを見る »

ピラノース

ピラノース(Pyranose)は、5つの炭素と1つの酸素を頂点として六員環を構成している炭水化物の総称である。 鎖状の状態から、C-5のヒドロキシ基とC-1のアルデヒド基が分子内ヘミアセタール反応を起こすことによって六角形が形成される。六員環のエーテル化合物であるピランに形が似ていることから名前がつけられた。C-1位のアノマーOH基がOR基に変換されているピラノースはピラノシドと呼ばれる。 水溶液中では五員環のフラノースと平衡状態になるが、アラビノースなど一部を除いて、糖には主にピラノース構造を取るものが多い。.

新しい!!: リボースとピラノース · 続きを見る »

デオキシリボース

デオキシリボース (deoxyribose) またはD-デオキシリボース、2-デオキシリボースは、アルドース、ペントース及びデオキシ糖の一つでアルデヒド基を含む単糖である。リボースの2位のヒドロキシル基が水素に置換され、元より酸素原子が1つ減少した構造をしている。デオキシリボ核酸(DNA)の構成成分。 1929年にフィーバス・レヴィーンによって発見された。 五員環構造は特にデオキシリボフラノース(Deoxyribofuranose)と呼ばれる。 飲料などには、主にモンスターエナジー等に含まれる。.

新しい!!: リボースとデオキシリボース · 続きを見る »

デオキシリボ核酸

DNAの立体構造 デオキシリボ核酸(デオキシリボかくさん、deoxyribonucleic acid、DNA)は、核酸の一種。地球上の多くの生物において遺伝情報の継承と発現を担う高分子生体物質である。.

新しい!!: リボースとデオキシリボ核酸 · 続きを見る »

デオキシアデノシン

デオキシアデノシン(英:Deoxyadenosine)は、デオキシリボヌクレオシドである。デオキシアデノシンは、アデノシンヌクレオシドの誘導体であり、リボース糖の片側の2'位のヒドロキシ基が水素基に置換されているものがヌクレオチシドとの相違である。.

新しい!!: リボースとデオキシアデノシン · 続きを見る »

デオキシグアノシン

デオキシグアノシン(Deoxyguanosine、dG)は、ヌクレオシドの一つ。グアノシンに構造が似ているが、リボースの2'位の酸素原子が除去されてデオキシリボースになっている。5'位にリン酸が結合した場合、デオキシグアノシン一リン酸(Deoxyguanosine monophosphate)となる。.

新しい!!: リボースとデオキシグアノシン · 続きを見る »

フラノース

フラノース(Furanose)はフラン様の五員環を持った糖の総称である。.

新しい!!: リボースとフラノース · 続きを見る »

ニコチンアミドモノヌクレオチド

ニコチンアミドモノヌクレオチド(nicotinamide mononucleotide、略称: NMN、β-NMN)は、リボースとニコチンアミドに由来するヌクレオチドである。牛乳など様々な栄養源に含まれている。 NAD+の生化学的前駆体として、ペラグラの予防に有用かもしれない。 2011年、ワシントン大学の今井紳一郎教授を中心とした実験により、存在とその効果が報告された物質である。ビタミンB群中のビタミンB3に含まれる、ニコチンアミドモノヌクレオチドと呼ばれる物質で、本来はあらゆる生物の細胞に存在し体内で自然に生成されている物質てであるが、加齢に伴い体内での生成能力が減少し、その結果、体内の修復機能が失われていくと言われている。また、7種類ある全ての長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)に作用し、若返りや抗老化が期待できる物質と言われる。今井紳一郎教授の研究成果により、研究Ⅱ型糖尿病に劇的な治療効果をあげるとも言われている。 成長遺伝子といわれるサーチュイン遺伝子に働きかけ、遺伝子レベルでの若返りが期待できる次世代の成分といえる。 ( を参照) 視床下部からのシグナルは骨格筋へと伝わり、他の臓器に何らかの作用をもたらす(エフェクター)と考えられるが現在解明中である。それぞれの組織でNAD+によるサーチュインの活性化という反応が重要と考えられており、尚、脂肪組織の脂肪細胞内にあるNAMPT(iNAMPT)は血中に分泌されるとeNAMPTとなり、それがNMNの合成を促進する。NMNは脳血液関門を通って視床下部でのNAD+合成を賦活化し、それがサーチュインを活性化すると考えられる。 ■研究結果 • NMNを与えられたマウスの寿命が16%延びる事が確認された • 生後22ヶ月のマウスにNMNを投与した場合、体の細胞が生後6ヶ月の状態に若返った • 糖尿病のマウスにNMNを投与した場合、血糖値が正常な値に戻った • 完治が難しいとされる心臓や肝臓の疾患に効果を示した NMNは老化に伴い働きが弱まるミトコンドリアに働きかける物質と言われ、老化に伴い減少してしまうNMNを摂取することにより、ミトコンドリアの活力を補いエネルギーの供給源をサポートできると考えられている。 過去NHKスペシャルで取り上げられている。脂肪組織のシグナルが視床下部に送られる際、脂肪組織からは、NAMPT(ニコチナミド・ホスホリボシルトランスフェラーゼ)というNAD+合成の鍵酵素が血中に分泌され、この酵素それ自体は、脳内に入るための脳血液関門を通過できないが、その反応産物のNMN(NAD+合成の中間代謝産物)は脳に入って、NAD+合成を賦活化し、その結果、サーチュインが活性化すると言われている。.

新しい!!: リボースとニコチンアミドモノヌクレオチド · 続きを見る »

ホルモース反応

ホルモース反応(formose reaction)は、ホルムアルデヒドから糖を合成する化学反応で、アレクサンドル・ブートレロフによって1861年に発見された。ホルモース(formose)とは、ホルムアルデヒド(formaldehyde)とアルドース(aldose)を組み合わせて作られた語である。.

新しい!!: リボースとホルモース反応 · 続きを見る »

呈味性ヌクレオチド

呈味性ヌクレオチド(ていみせいヌクレオチド)は、1913年に小玉新太郎博士により発見された鰹節のうま味成分であるイノシン酸、1957年にヤマサ醤油の国中明らや武田薬品工業の緒方浩一・大村栄之助・杉野幸夫らによって作られたシイタケのうま味成分であるグアニル酸など、うま味を感じさせる核酸関連物質の総称である。ヌクレオチド呈味物質とも言われる。 これらの呈味性ヌクレオチドと、うま味を生じるアミノ酸であるグルタミン酸の相乗作用が発見されたことから複合調味料が誕生し、市販されるようになった。さらにこれにより微生物による種々の核酸関連物質の生産に関する研究が進歩し、後の核酸発酵に多大な影響を与えた。その後の呈味性ヌクレオチド生産についての研究は生化学の発展に伴って多くの成果を挙げた。また、糖はリボース以外にデオキシリボースの場合にも弱い呈味性があり、イノシン酸、グアニル酸、キサンチル酸のグルタミン酸ナトリウム共存下での呈味力は1:2.3:0.6といわれ、グルタミン酸ナトリウム92%や5’-リボヌクレオチド二ナトリウム8%を含む複合調味料などが現在、市販されている。.

新しい!!: リボースと呈味性ヌクレオチド · 続きを見る »

アルドース

アルドース (aldose) は糖質をその構造により分類する際に用いられる化学の用語で、鎖の末端にアルデヒド基を1つ持ち、CnH2nOn (n ≥ 3) の化学式を持つ単糖類を指す。炭素原子が3つのグリセルアルデヒドが、最も単純な骨格を持つアルドースである。 アルドースはロブリー・ドブリュイン-ファン エッケンシュタイン転位によりケトースへ異性化する。.

新しい!!: リボースとアルドース · 続きを見る »

アデノシン

アデノシン (Adenosine) はアデニンとリボースからなるヌクレオシドの一つ。アデニンとリボースは β-N9-グリコシド結合している。 分子量(C10H13N5O4)で267。 アデノシンは生体内で重要な役割を担っている。DNA や RNA の塩基として遺伝情報のコードに用いられている他、生化学過程でもATPやADPの一部としてエネルギー輸送に関わったり、環状AMPとしてシグナル伝達に関わったりする。 カフェインによりその作用が抑制される。 Category:生体物質 Category:プリン Category:ヌクレオシド.

新しい!!: リボースとアデノシン · 続きを見る »

アデノシン-3',5'-ビスリン酸

アデノシン-3',5'-ビスリン酸(Adenosine 3',5'-bisphosphate)は、リボース環の異なる炭素に2つのリン酸が結合したアデノシンヌクレオチドである。リボースの5'炭素に二リン酸が結合したアデノシン二リン酸とは異なるヌクレオチドである。 アデノシン-3',5'-ビスリン酸は、補酵素の3'-ホスホアデノシン-5'-ホスホ硫酸からの硫酸基の供与によるスルホトランスフェラーゼの酵素反応生成物として生じる。 この生成物は、3'(2'),5'-ビスリン酸ヌクレオチダーゼによって加水分解され、アデノシン一リン酸(AMP)を与える。生じたAMPはアデノシン三リン酸(ATP)にリサイクルされる。.

新しい!!: リボースとアデノシン-3',5'-ビスリン酸 · 続きを見る »

アデノシン三リン酸

アデノシン三リン酸(アデノシンさんリンさん、adenosine triphosphate)とは、アデノシンのリボース(=糖)に3分子のリン酸が付き、2個の高エネルギーリン酸結合を持つヌクレオチドのこと。IUPAC名としては「アデノシン 5'-三リン酸」。一般的には、「adenosine triphosphate」の下線部のアルファベットをとり、短縮形で「ATP(エー・ティー・ピー)」と呼ばれている。.

新しい!!: リボースとアデノシン三リン酸 · 続きを見る »

アデノシン二リン酸

アデノシン二リン酸(アデノシンにリンさん、Adenosine diphosphate, ADP と略)は、アデニン、リボース、および二つのリン酸分子からなる化学物質。リン酸は高エネルギーリン酸結合をとっており、ATP から ADP とリン酸基に分かれる際に放出されるエネルギーは生体内での主要なエネルギー源となっている。詳細は ATP の項目を参照のこと。 アデニル酸(AMP)とATPからアデニル酸キナーゼによって生成される。 ATPアーゼ(ATPase)によりATPが加水分解される場合にも生成される。 ADPは上記の化学反応のようにATPの分解やAMPのリン酸化によって生ずる。.

新しい!!: リボースとアデノシン二リン酸 · 続きを見る »

アデノシンヌクレオシダーゼ

アデノシンヌクレオシダーゼ(Adenosine nucleosidase、)は、以下の化学反応を触媒する酵素である。 アデノシン + 水\rightleftharpoonsD-リボース + アデニン 従って、この酵素は、アデノシンと水の2つの基質、D-リボースとアデニンの2つの生成物を持つ。 この酵素は加水分解酵素、特にN-グリコシル化合物を分解するグリコシダーゼに分類される。系統名はアデノシンリボヒドロラーゼ(Adenosine ribohydrolase)である。アデノシナーゼ、N-リボシルアデニンリボヒドロラーゼ、ANアーゼ等と呼ばれることもある。プリンの代謝に関与している。.

新しい!!: リボースとアデノシンヌクレオシダーゼ · 続きを見る »

アデニル酸

アデニル酸(アデニルさん、adenylic acid)は別称をアデノシン一リン酸(Adenosine monophosphate)ともいう有機化合物で、RNA中に見られるヌクレオチドの一種である。AMPと略される。AMPは核酸塩基のアデニン、五炭糖のリボース、1つのリン酸より構成されており、リン酸とアデノシン(ヌクレオシド)の間でリン酸エステルを形成している。リン酸部位の結合位置により 2'-体、3'-体、5'-体の構造異性体があるが、RNA中に部品として見られるのは 5'-アデニル酸 である。.

新しい!!: リボースとアデニル酸 · 続きを見る »

アカデシン

アカデシン(Acadesine、国際一般名)、5-アミノイミダゾール-4-カルボキシアミド-1-β-D-リボフラノシド(5-aminoimidazole-4-carboxamide-1-β-D-ribofuranoside)、AICA-リボシド(AICA-riboside)またはAICARは、AMP活性化プロテインキナーゼのアクチベーターであり、急性リンパ性白血病の治療に用いられている。また糖尿病等の他の病気の治療への活用も期待されている。 アカデシンは、PeriCor Therapeuticsが開発したアデノシン制御剤であり、2007年にSchering-Ploughが第3段階研究のライセンスを付与された。この薬は、冠動脈大動脈バイパス移植術での有力な再かん流傷害防止薬なる可能性がある。第3段階の研究は2009年5月から始まり、臨床は2010年末に終わった。.

新しい!!: リボースとアカデシン · 続きを見る »

イノシン

イノシン (inosine) は、ヌクレオシド構造を持つ有機化合物の一種である。ヒポキサンチン(6-ヒドロキシプリン)とD-リボースからなる N-リボシドで、その構造は ヒポキサンチンリボシド とも表される。Ino、I と略記される。肉類などの中に存在する天然化合物である。.

新しい!!: リボースとイノシン · 続きを見る »

イノシンヌクレオシダーゼ

イノシンヌクレオシダーゼ(Inosine nucleosidase、)は、以下の化学反応を触媒する酵素である。 イノシン + 水\rightleftharpoonsD-リボース + ヒポキサンチン 従って、この酵素は、イノシンと水の2つの基質、D-リボースとヒポキサンチンの2つの生成物を持つ。 この酵素は加水分解酵素、特にN-グリコシル化合物を分解するグリコシダーゼに分類される。系統名はイノシンリボヒドロラーゼ(inosine ribohydrolase)である。イノシナーゼ、イノシン-グアノシンヒドロラーゼ等と呼ばれることもある。プリンの代謝に関与している。.

新しい!!: リボースとイノシンヌクレオシダーゼ · 続きを見る »

イノシン酸

イノシン酸(イノシンさん、inosinic acid)は、ヌクレオチド構造を持つ有機化合物の一種である。ヒポキサンチン(6-ヒドロキシプリン)と D-リボースとリン酸各1分子ずつで構成されたリボヌクレオチドで、イノシン 5'-リン酸、イノシン 5'-モノリン酸、イノシン一リン酸などとも呼ばれ、IMP と略記される。主に肉類の中に存在する天然化合物である。 呈味性ヌクレオチドの1つであり、日本では鰹節に含まれるうま味成分のひとつとして語られることが多い。 致死量はLD50.

新しい!!: リボースとイノシン酸 · 続きを見る »

ウリジル酸

ウリジル酸(ウリジルさん、uridylic acid)は、ヌクレオチド構造を持つ有機化合物の一種である。ウリジン一リン酸 (uridine monophosphate) とも呼ばれ、UMPと略される。UMPはウラシル、五炭糖のリボース、1つのリン酸より構成されており、リン酸とウリジン(ヌクレオシド)との間でリン酸エステルが形成されている。リン酸エステルの位置により、2'-体、3'-体、5'-体が知られる。5'-体は RNA の部分構造としてあらわれ、その二ナトリウム塩はうま味調味料として用いられる。.

新しい!!: リボースとウリジル酸 · 続きを見る »

ウリジン

ウリジン (Uridine) は、ピリミジンヌクレオシドの1つでウラシルがリボース環にβ-N1-グリコシド結合で接続した構造をもつ物質(詳細はヌクレオチドを参照)である。 RNAの構成成分の1つである。一方、ウラシルがデオキシリボース環に接合しているものは、デオキシウリジンである。 吸収極大波長はpH2で262nmであり、希酸で加水分解されにくい性質を持ち、濃酸で加水分解するとウラシルとフルフラールになる。.

新しい!!: リボースとウリジン · 続きを見る »

ウリジン三リン酸

ウリジン三リン酸(ウリジンさんリンさん、Uridine triphosphate、略号UTP)は 糖であるリボースの1'位で核酸塩基のウラシルと連結し、糖の5' 位に三リン酸のエステル化された構造の ピリミジン ヌクレオチドである。ウリジン三リン酸のおもな役割は、転写のRNA合成の基質である。 他にはUTPには、ATPのように代謝反応の基質となることでエネルギー源や活性化因子となるの役割があるが、ATPの場合より特異性が高い。 UTPが活性化因子となる場合は、通常、基質はUDP化されて、無機リン酸が遊離する。 UDPグルコースはグリコーゲン合成の出発点である。UTPはガラクトース代謝にも利用され、UTPガラクトースがUTPグルコースに変換される。ウリジン二リン酸グルクロン酸はビリルビンの抱合にも利用され、水溶性の高い、ジグルクロン酸ビリルビンを生成する。.

新しい!!: リボースとウリジン三リン酸 · 続きを見る »

ウリジン二リン酸

ウリジン二リン酸(ウリジンにリンさん、Uridine diphosphate)、略号 UDPはヌクレオチドの一種である。すなわちウリジンヌクレオシドのピロリン酸エステルである。UDPはピロリン酸基、五炭糖のリボース、核酸塩基のウラシルより構成される。.

新しい!!: リボースとウリジン二リン酸 · 続きを見る »

ウリジン二リン酸グルコース

ウリジン二リン酸グルコース(ウリジンにリンさんグルコース、Uridine diphosphate glucose)は、ヌクレオチド糖の一種である。UDP-グルコースとも言う。代謝過程でグリコシルトランスフェラーゼの基質となる。.

新しい!!: リボースとウリジン二リン酸グルコース · 続きを見る »

ウェルシュ菌

ウェルシュ菌(ウェルシュきん、学名:Clostridium perfringens)とはクロストリジウム属に属する嫌気性桿菌である。河川、下水、海、土壌中など自然界に広く分布している『スタンダード栄養・食物シリーズ8 食品衛生学(第3版)』 一色賢司編、2010年、東京化学同人、p.69-70、ISBN 978-4-8079-1603-0。ヒトを含む動物の腸内細菌叢における主要な構成菌であることが多い。少なくとも12種類の毒素を作り、α, β, ε, ιの4種の主要毒素の産生性によりA, B, C, D, E型の5つの型に分類される。Clostridium perfringens B型菌の毒素はヒツジの赤痢の原因となる。 かつてClostridium welchiiという学名で呼ばれていたことがある。が分離培養し1892年にBacillus aerogenes capsulatusと命名したが、後年ウェルチにちなんでBacterium welchii Migula 1900という学名が与えられ、ついでBacillus welchiiやClostridium welchiiと呼ばれるようになった。しかし命名規約上はBacterium welchiiよりも早く命名されたBacillus perfringens Veillon and Zuber 1898に優先権があるため、これが1937年にクロストリジウム属に移されて現在の学名として登録されている。 一般に、ビフィズス菌などと対比され、悪玉菌の代表とされている。臭い放屁の原因、悪玉の常在菌である。.

新しい!!: リボースとウェルシュ菌 · 続きを見る »

キシルロース

ルロース (xylulose) はケトース、五炭糖に分類される単糖の一種である。化学式はC5H10O5で、自然界にはL体、D体の両エナンチオマーがともに存在する。 代謝系においては、キシロースからキシロースイソメラーゼによる異性化、またはキシリトールからキシリトールデヒドロゲナーゼによる脱水素化により生成する。その後キシルロキナーゼによってリン酸化されキシルロース-5-リン酸となり、ペントースリン酸経路に入る。 L-キシルロースは五炭糖尿症患者の尿に蓄積する。L-キシルロースはD-グルコースと同様に還元糖としての反応を持つため、五炭糖尿症患者は昔、糖尿病であるという誤った診断を下されることがあった。.

新しい!!: リボースとキシルロース · 続きを見る »

キシロース

ース(xylose,木糖,Xyl)は、C5H10O5、分子量150.13の糖で、単糖、五炭糖及びアルドースに分類される。 天然にはD体のみが存在し、L体、DL体は有機化学合成によって作られる。CAS登録番号は、D体が、L体が、DL体が。 D-キシロースは、小腸で吸収されにくく、α-グルコシダーゼの活性を抑えるためグルコースの吸収を抑える作用があり、血糖値を抑制する作用がある。L-アラビノースにも同様の活性が認められ、D-キシロースよりも活性が強い、檜作進、Journal of Applied Glycoscience, Vol.46 (1999) No.2。.

新しい!!: リボースとキシロース · 続きを見る »

キサンチル酸

ンチル酸(キサンチルさん、xanthylic acid)は、ヌクレオチド構造を持つ有機化合物の一種である。キサントシン一リン酸 (xanthosine monophosphate) とも呼ばれ、XMPと略される。XMPはキサンチン、五炭糖のリボース、1つのリン酸より構成されており、リン酸とキサントシン(ヌクレオシド)との間でリン酸エステルが形成されている。リン酸エステルの位置により、2'-体、3'-体、5'-体が知られる。5'-体はうま味を持つ呈味性ヌクレオチドのひとつでもある。.

新しい!!: リボースとキサンチル酸 · 続きを見る »

キサントシン

ントシン(Xanthosine)は、キサンチンとリボースから生じるヌクレオシドである。.

新しい!!: リボースとキサントシン · 続きを見る »

グリコール核酸

リコール核酸(Glycol nucleic acid、GNA)は、DNAやRNAに似ているが、「骨格」の組成が異なるポリマーである。GNAは天然での生成は知られておらず、合成化学で作られる。2,3-ジヒドロキシプロピルヌクレオシドアナログは、1971年にウエダらによって初めて合成された。その後すぐ、アナログのリン酸結合オリゴマーは、RNAとDNAの溶液中で淡色効果を示すことが示された。ポリマーの合成法は、後にCookら、またAcevedo and Andrews らによって記述された。GNA同士の自己二量化は、Zhang and Meggersによるものが有名で、相互作用の特異性が示された。 DNAとRNAは、骨格としてそれぞれデオキシリボース及びリボースを持つが、GNAの骨格は、ホスホジエステル結合で繋がれたグリコールの繰り返し構造からなる。グリコールは3つの炭素原子から構成されるが、ワトソン・クリック塩基対を示す。GNAの2本鎖を融解させるには高い温度が必要であるため、GNA中のワトソン・クリック塩基対は、DNAやRNA中よりも安定である。恐らく核酸として最も単純な構造であるため、RNAの先駆けとも考えられている。.

新しい!!: リボースとグリコール核酸 · 続きを見る »

グアノシン

アノシン〈Guanosine〉はグアニンにリボース環がβ-N9-グリコシド結合で構成されたヌクレオシドである。 グアノシンはリン酸化されてGMP〈グアニル酸〉、cGMP〈環状グアノシン一リン酸〉、GDP〈グアノシン二リン酸〉そしてGTP〈グアノシン三リン酸〉 グアニンがデオキシリボース環に結合したものが、デオキシグアノシンと呼ばれる。.

新しい!!: リボースとグアノシン · 続きを見る »

グアノシン二リン酸

アノシン二リン酸(グアノシンにリンさん、Guanosine diphosphate)、はヌクレオチドの一種であり、略号はGDPである。それはグアノシンヌクレオシドのピロリン酸エステルである。すなわち、GDPはピロリン酸基、五炭糖のリボースそして核酸塩基のグアニンから構成される。 GDPはGTPアーゼのGTPを用いた二リン酸化、例えばシグナル伝達の際にGタンパク質、により生成する。 生化学的にはGDPはピルビン酸キナーゼやホスホエノールピルビン酸の助けによりGTPに変換される。.

新しい!!: リボースとグアノシン二リン酸 · 続きを見る »

グアニル酸

アニル酸(グアニルさん、guanylic acid)は、ヌクレオチド構造を持つ有機化合物の一種である。グアノシン一リン酸 (Guanosine monophosphate) とも呼ばれ、GMPと略される。GMPは核酸塩基のグアニン、五炭糖のリボース、1つのリン酸より構成されており、リン酸とグアノシン(ヌクレオシド)の間でリン酸エステルを形成している。リン酸エステルの位置により、2'-体、3'-体、5'-体が知られる。5'-体はRNA中の部分構造として現れ、呈味性ヌクレオチドとしても用いられる。.

新しい!!: リボースとグアニル酸 · 続きを見る »

ゲムシタビン

ムシタビン(Gemcitabine、略号:GEM)とは、抗癌剤として用いられる含フッ素ヌクレオシドの一種である。シチジンのリボース環の2'位がフッ素2個で置換された構造を持つ。 イーライリリー・アンド・カンパニーが開発し、商品名ジェムザール(Gemzar)で販売している。ジェムザールの性状は白色~微黄白色の結晶性の粉末である。.

新しい!!: リボースとゲムシタビン · 続きを見る »

コドン

mRNA分子に沿って一連のコドンを示している。各コドンは3ヌクレオチドからなり、一つのアミノ酸を指定している。 コドン(英: codon)とは、核酸の塩基配列が、タンパク質を構成するアミノ酸配列へと生体内で翻訳されるときの、各アミノ酸に対応する3つの塩基配列のことで、特に、mRNAの塩基配列を指す。DNAの配列において、ヌクレオチド3個の塩基の組み合わせであるトリプレットが、1個のアミノ酸を指定する対応関係が存在する。この関係は、遺伝暗号、遺伝コード(genetic code)等と呼ばれる。 ほぼ全ての遺伝子は厳密に同じコードを用いるから(#RNAコドン表を参照)、このコードは、しばしば基準遺伝コード(canonical genetic code)とか、標準遺伝コード(standard genetic code)、あるいは単に遺伝コードと呼ばれる。ただし、実際は変形コードは多い。つまり、基準遺伝コードは普遍的なものではない。例えば、ヒトではミトコンドリア内のタンパク質合成は基準遺伝コードの変形したものを用いている。 遺伝情報の全てが遺伝コードとして保存されているわけではないということを知ることは重要である。全ての生物のDNAは調節性塩基配列、遺伝子間断片、染色体の構造領域を含んでおり、これらは表現型の発現に寄与するが、異なった規則のセットを用いて作用する。これらの規則は、すでに十分に解明された遺伝コードの根底にあるコドン対アミノ酸パラダイムのように明解なものかも知れないし、それほど明解なものではないかも知れない。.

新しい!!: リボースとコドン · 続きを見る »

シチジル酸

チジル酸(シチジルさん、cytidylic acid)は、リン酸とリボースとシトシンが結合した有機化合物。シチジン一リン酸(cytidine monophosphate、CMP)ともいう。リボース部位上のどのヒドロキシ基にリン酸が結合しているかによって、2'-シチジル酸、3'-シチジル酸、5'-シチジル酸 (2'-CMP、3'-CMP、5'-CMP) の3種類の構造異性体がある。通常5'-体はナンバリングを省略して記載されるので、CMPと表記される。CMP はリボ核酸 (RNA) を構成するヌクレオチドである。.

新しい!!: リボースとシチジル酸 · 続きを見る »

シチジン

チジン(Cytidine)は、ピリミジンヌクレオシドの1つでシトシンがリボース環にβ-N1-グリコシド結合で接続した構造をもつ物質〈ヌクレオチド参照〉である。 シトシンがデオキシリボース環に接合しているものは、デオキシシチジンである。 亜硝酸を作用させると、ウリジンになる。吸収極大波長はpHで変化し、pH2で280nm、pH12で271nmである。.

新しい!!: リボースとシチジン · 続きを見る »

シチジン二リン酸

チジン二リン酸(シチジンにリンさん、Cytidine diphosphate, CDP)は、シチジンヌクレオシドのピロリン酸エステルである。すなわち、CDPはピロリン酸基、五炭糖のリボースそして核酸塩基のシトシンから構成される。.

新しい!!: リボースとシチジン二リン酸 · 続きを見る »

シュードモナス・メリアエ

ュードモナス・メリアエ(Pseudomonas meliae)とは、センダン(Melia azedarach Lin.)のこぶ病(センダンこぶ病)の原因となる、蛍光性のグラム陰性土壌細菌である。16S rRNA系統解析により、P.

新しい!!: リボースとシュードモナス・メリアエ · 続きを見る »

ゼノ核酸

ノ核酸(、XNA)とは、情報貯蔵生体高分子として、DNA、RNAの代替となる合成物質である。2011年時点で、少なくとも6つのタイプの合成糖が、リボースやデオキシリボースの代替として遺伝情報の貯蔵・読出しが可能な核酸骨格を形成しうることが示されている。現在は、XNAに変換する合成ポリメラーゼの作成が研究されている。この作成と応用は、と呼ばれる合成生物学における新しい分野を作り出した。 ゼノ核酸でも、遺伝情報は4つの標準塩基対に貯蔵されるが、天然のDNAポリメラーゼは、この情報を読み出したり複製することはできない。従って、XNAに保存された遺伝情報は「見ること」ができず、従って、DNAに基づいた生物は使うことができないhttp://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2909387/。.

新しい!!: リボースとゼノ核酸 · 続きを見る »

サイトカイニン

イトカイニン (cytokinin) は植物ホルモンの一種。一般に オーキシン存在下で細胞分裂、シュート形成の誘導効果をもつ化合物一群の総称とされる。略称 CK。.

新しい!!: リボースとサイトカイニン · 続きを見る »

糖(とう)とは、多価アルコールの最初の酸化生成物であり、アルデヒド基 (−CHO) またはケトン基 (>C.

新しい!!: リボースと糖 · 続きを見る »

環状アデノシン二リン酸リボース

アデノシン二リン酸リボース(かんじょうアデノシンにリンさんリボース、Cyclic ADP-ribose、cADPR)は、アデノシンの5'位に2つのリン酸基が結合してさらに5'位で別のリボースと結合し、それがアデニンのN1の位置とグリコシド結合を作って環状化した、環状のアデノシンヌクレオチドである。これは、ADPリボシルシクラーゼの作用によってニコチンアミドアデニンジヌクレオチドからセカンドメッセンジャーとして作られる。.

新しい!!: リボースと環状アデノシン二リン酸リボース · 続きを見る »

炭水化物異化

炭水化物異化(たんすいかぶついか、Carbohydrate catabolism)とは、炭水化物を小さな分子に分解することである。炭水化物の実験式はモノマーの組成式を使って、CX(H2YOY)のように表す。炭水化物は燃焼によって、結合の持っている大きなエネルギーを取り出すことができる。 炭水化物には、デンプン、アミロペクチン、グリコーゲン、セルロースなどの多糖、グルコース、ガラクトース、フルクトース、リボースなどの単糖、マルトース、ラクトースなどの二糖等、様々な種類がある。 グルコースは酸素と反応し、次のような酸化還元反応を受ける。 C6H12O6 + 6O2 → 6CO2 + 6H2O この反応は発熱反応で、二酸化炭素と水が廃棄物として発生する。 グルコースを分解し、アデノシン三リン酸 (ATP) 分子の形でエネルギーを取り出すことは生物の持つ代謝経路の最も重要なものの1つである。嫌気呼吸は、酸素の非存在下でグルコースを分解する経路である。それに対して好気呼吸は酸素の存在下でグルコースを分解する経路である。.

新しい!!: リボースと炭水化物異化 · 続きを見る »

生物学に関する記事の一覧

---- 生物学に関する記事の一覧は、生物学と関係のある記事のリストである。ただし生物学者は生物学者の一覧で扱う。また生物の名前は生物学の研究材料としてある程度有名なもののみ加える。 このリストは必ずしも完全ではなく、本来ここにあるべきなのに載せられていないものや、ふさわしくないのに載せられているものがあれば、適時変更してほしい。また、Portal:生物学の新着項目で取り上げたものはいずれこのリストに追加される。 「⇒」はリダイレクトを、(aimai) は曖昧さ回避のページを示す。並べ方は例えば「バージェス動物群」なら「はしえすとうふつくん」となっている。 リンク先の更新を参照することで、このページからリンクしている記事に加えられた最近の変更を見ることが出来る。Portal:生物学、:Category:生物学も参照のこと。.

新しい!!: リボースと生物学に関する記事の一覧 · 続きを見る »

解糖系

解糖系 解糖系(かいとうけい、Glycolysis)とは、生体内に存在する生化学反応経路の名称であり、グルコースをピルビン酸などの有機酸に分解(異化)し、グルコースに含まれる高い結合エネルギーを生物が使いやすい形に変換していくための代謝過程である。ほとんど全ての生物が解糖系を持っており、もっとも原始的な代謝系とされている。嫌気状態(けんきじょうたい、無酸素状態のこと)でも起こりうる代謝系の代表的なものである一方で、得られる還元力やピルビン酸が電子伝達系やクエン酸回路に受け渡されることで好気呼吸の一部としても機能する。.

新しい!!: リボースと解糖系 · 続きを見る »

配糖体

配糖体(はいとうたい)あるいはグリコシド は、糖がグリコシド結合により様々な原子団と結合した化合物の総称である。配糖体の元となる糖をグリコンと呼び、残りの原子団に水素を結合させたものをアグリコンと呼ぶ。広義には、グリコシド結合における酸素原子が窒素(窒素配糖体)や硫黄(チオグリコシド)など他の原子によって置換された構造の化合物をも含む。.

新しい!!: リボースと配糖体 · 続きを見る »

N-メチルヌクレオシダーゼ

N-メチルヌクレオシダーゼ(N-methyl nucleosidase、)は、以下の化学反応を触媒する酵素である。 従って、この酵素の2つの基質はN-メチルキサントシンと水、2つの生成物はN-メチルキサンチンとD-リボースである。 この酵素は加水分解酵素、特にN-グリコシル化合物を加水分解するグリコシラーゼである。系統名は、N-メチルキサントシン リボヒドロラーゼである。その他によく用いられる名前に、7-methylxanthosine nucleosidase、N-MeNase、N-methyl nucleoside hydrolase、methylpurine nucleosidase等がある。.

新しい!!: リボースとN-メチルヌクレオシダーゼ · 続きを見る »

Pre-mRNA スプライシング

pre-mRNAスプライシング(プレ・エムアールエヌエー・スプライシング, pre-mRNA splicing)とは、タンパク質代謝において、転写 (生物学)で合成された一次転写産物からイントロンが除去されエクソンが結合する過程をいう。pre-mRNAとは、mRNA前駆体のことである。この過程の結果生じるRNAをメッセンジャーRNA(mRNA)といい、次の段階である翻訳でタンパク質合成の直接の引き金となる。生物学の分野でRNAスプライシング RNA splicing または単にスプライシングという時はこれを指すことが多い。.

新しい!!: リボースとPre-mRNA スプライシング · 続きを見る »

核酸

RNAとDNA、それぞれの核酸塩基 核酸(かくさん)は、リボ核酸 (RNA)とデオキシリボ核酸 (DNA)の総称で、塩基と糖、リン酸からなるヌクレオチドがホスホジエステル結合で連なった生体高分子である。糖の部分がリボースであるものがRNA、リボースの2'位の水酸基が水素基に置換された2-デオキシリボースであるものがDNAである。RNAは2'位が水酸基であるため、加水分解を受けることにより、DNAよりも反応性が高く、熱力学的に不安定である。糖の 1'位には塩基(核酸塩基)が結合している。さらに糖の 3'位と隣の糖の 5'位はリン酸エステル構造で結合しており、その結合が繰り返されて長い鎖状になる。転写や翻訳は 5'位から 3'位への方向へ進む。 なお、糖鎖の両端のうち、5'にリン酸が結合して切れている側のほうを 5'末端、反対側を 3'末端と呼んで区別する。また、隣り合う核酸上の領域の、5'側を上流、3'側を下流という。.

新しい!!: リボースと核酸 · 続きを見る »

核酸医薬

核酸医薬(oligonucleotide therapeutics)とは天然型ヌクレオチドまたは化学修飾型ヌクレオチドを基本骨格とする薬物であり、遺伝子発現を介さずに直接生体に作用し、化学合成により製造されることを特徴とする。代表的な核酸医薬にはアンチセンスオリゴヌクレオチド、RNAi、アプタマー、デコイなどがあげられる。核酸医薬は化学合成により製造された核酸が遺伝子発現を介さずに直接生体に作用するのに対して、遺伝子治療薬は特定のDNA遺伝子から遺伝子発現させ、何らかの機能をもつ蛋白質を産出させる点が異なる。核酸医薬は高い特異性に加えてmRNAやnon-coding RNAなど従来の医薬品では狙えない細胞内の標的分子を創薬ターゲットにすることが可能であり、一度プラットフォームが完成すれば比較的短時間で規格化しやすいという特徴がある。そのため核酸医薬は低分子医薬、抗体医薬に次ぐ次世代医薬であり癌や遺伝性疾患に対する革新的医薬品としての発展が期待されている。.

新しい!!: リボースと核酸医薬 · 続きを見る »

1-メチルアデノシンヌクレオシダーゼ

1-メチルアデノシンヌクレオシダーゼ(1-methyladenosine nucleosidase、)は、以下の化学反応を触媒する酵素である。1-メチル 従って、この酵素は、1-メチルアデノシンと水の2つの基質、D-リボースと1-メチルアデニンの2つの生成物を持つ。 この酵素は加水分解酵素、特にN-グリコシル化合物を分解するグリコシダーゼに分類される。系統名は1-メチルアデノシンリボヒドロラーゼ(1-methyladenosine ribohydrolase)である。1-メチルアデノシンヒドロラーゼとも呼ばれる。.

新しい!!: リボースと1-メチルアデノシンヌクレオシダーゼ · 続きを見る »

5'キャップ

5'キャップとは、真核生物の細胞質mRNAなどの5'末端に見られる修飾構造で、成熟mRNAの安定性と翻訳開始などに関与している。ミトコンドリアや葉緑体のmRNAにはキャップ構造は存在しない。.

新しい!!: リボースと5'キャップ · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ライボース

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »