ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)

索引 ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ヨーゼフ、1848年頃 ヨーゼフ・ゲオルク・フリードリヒ・エルンスト・カール(ドイツ語:Joseph Georg Friedrich Ernst Karl von Sachsen-Altenburg, 1789年8月27日 - 1868年11月25日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1834年 - 1848年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の次男、事実上の長男として生まれた。1814年には同盟国側についてナポレオン戦争に参加し、その後はザクセン王国軍に少将として仕えた。1834年に父の後を継いでザクセン=アルテンブルク公となった。ヨーゼフの政府は保守反動的だと見なされ、このためドイツで1848年革命が発生した際、ヨーゼフは退位を余儀なくされ、公爵位を弟のゲオルクに譲った。.

17 関係: ペーター2世 (オルデンブルク大公)マリー・フォン・ハノーファー (1849-1904)マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルクマリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルクヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルクフリーデリケ・フォン・ハノーファー (1848-1926)フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒ・アウグスト (オルデンブルク大公)フィリップ (エディンバラ公)アレクサンドラ・イオシフォヴナエルネスティン家ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)ゲオルク5世 (ハノーファー王)コンスタンチン・ニコラエヴィチザクセン=アルテンブルク公国シャルロッテ・ツー・メクレンブルク (1769-1818)

ペーター2世 (オルデンブルク大公)

ペーター2世 ペーター2世(Peter II., 1827年7月8日 - 1900年6月13日)は、オルデンブルク大公(在位1853年 - 1900年)。全名のニコラウス・フリードリヒ・ペーター(Nikolaus Friedrich Peter)でも呼ばれる。 オルデンブルク大公アウグストと、その2番目の妻でアンハルト=ベルンブルク=シャウムブルク=ホイム侯ヴィクトル2世の娘であるイーダとのあいだに生まれ、1853年に父が死ぬとその長男として後を継いだ。1864年、オルデンブルクにおける負傷兵士看護協会(Verein zur Pflege verwundeter Krieger)の創設を支援し、以後オルデンブルク大公国はドイツ赤十字社の活動拠点となっていった。 普墺戦争に際し、同じホルシュタイン=ゴットルプ家の本家筋にあたるロシア皇帝家がシュレースヴィヒ公国およびホルシュタイン公国の相続請求を取り下げたため、それに代わってホルシュタイン=ゴットルプ家の請求権者となった。1866年にシュレースヴィヒ=ホルシュタインを占領しているプロイセン王国と協定を結び、請求権の放棄と引き換えに、補償としてアーレンスベック領(Ahrensbök)の支配権を与えられた。同じ1866年、ペーター2世は北ドイツ連邦に加盟してプロイセンと軍事協定を結び、自軍をプロイセンのマイン川駐留軍に合流させた。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とペーター2世 (オルデンブルク大公) · 続きを見る »

マリー・フォン・ハノーファー (1849-1904)

マリー・プリンツェシン・フォン・ハノーファー・ウント・クンバーラント(, 1849年12月2日 - 1904年6月4日)は、ハノーファー王女およびグレートブリテン及びアイルランド王女。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とマリー・フォン・ハノーファー (1849-1904) · 続きを見る »

マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク

ン=アルテンブルク公家に、マリー(Marie von Sachsen-Altenburg)と呼ばれる人物は複数いる。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とマリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク · 続きを見る »

マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907)

マリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク(, 1818年4月14日 - 1907年1月9日)は、ハノーファー王妃。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とマリー・フォン・ザクセン=アルテンブルク (1818-1907) · 続きを見る »

ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルク

ルートヴィヒの肖像画、1800年 ルートヴィヒ・フリードリヒ・アレクサンダー・フォン・ヴュルテンベルク(ドイツ語:Ludwig Friedrich Alexander von Württemberg, 1756年8月30日 トゥシェビャトゥフ - 1817年9月20日 キルヒハイム)は、ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンと、その妃でブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムの娘であるフリーデリケ・ドロテア・ゾフィアの間の次男。初代ヴュルテンベルク王フリードリヒ1世のすぐ下の弟で、ロシア皇后マリア・フョードロヴナの兄。 ルートヴィヒは1784年にポーランド・リトアニア共和国の大貴族アダム・カジミェシュ・チャルトリスキ公の娘マリア・アンナと結婚し、リトアニア軍に騎兵隊の将軍として出仕していた。しかし1792年にロシア・ポーランド戦争が始まると、ロシア皇太子妃の実兄であるルートヴィヒはロシアと戦うのを拒んで戦線を離脱した。妻マリア・アンナは夫がポーランドを裏切ったことを知ると離婚を決意し、夫妻は翌1793年に離婚した。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク

ヴュルテンベルク公爵夫人ヘンリエッテ ヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク(Henriette von Nassau-Weilburg, 1780年4月22日 - 1857年1月2日)は、ドイツのナッサウ=ヴァイルブルク家の侯女で、ヴュルテンベルク王族であるヴュルテンベルク公ルートヴィヒの妻。 ナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンとその妃でオラニエ公ウィレム4世の娘であるカロリーネの間に末娘として生まれた。ごく幼い頃に両親を亡くしたため、兄のナッサウ=ヴァイルブルク侯フリードリヒ・ヴィルヘルムの手元で育てられた。 1797年1月28日、ヘンリエッテはヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの次男ルートヴィヒと結婚した。ルートヴィヒはマリア・アンナ・チャルトリスカと離婚しており、この結婚は再婚だった。ヘンリエッテと24歳年上の夫ルートヴィヒの夫婦仲は良好だったと言われる。ルートヴィヒはプロイセンやロシアに将軍として仕えていたため、ヘンリエッテも夫の転勤に従い各国を転々とした。ヴュルテンベルクに帰国後の1811年、夫妻はルートヴィヒの兄であるヴュルテンベルク王フリードリヒ1世よりキルヒハイム城を一家の住居として与えられた。 夫の死後、ヘンリエッテは熱心に社会事業を行うようになり、キルヒハイムの町は彼女のおかげで発展した。晩年のヘンリエッテは敬虔主義派の指導者アルベルト・クナップに深く帰依し、キルヒハイムではその後長いあいだ敬虔主義の説教師たちが盛んに活動していた。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とヘンリエッテ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク · 続きを見る »

フリーデリケ・フォン・ハノーファー (1848-1926)

フリーデリケ・フォン・ハノーファー・ウント・クンバーラント(, 1848年1月9日 - 1926年10月16日)は、ハノーファー王女およびカンバーランド公女、グレートブリテン及びアイルランド王女。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とフリーデリケ・フォン・ハノーファー (1848-1926) · 続きを見る »

フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒ、1790年頃 フリードリヒ(ドイツ語:Friedrich, 1763年4月29日 - 1834年9月29日)は、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(在位1780年 - 1826年)、のちザクセン=アルテンブルク公(在位1826年 - 1834年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公エルンスト・フリードリヒ3世と、その妻でザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ公エルンスト・アウグスト1世の娘であるエルネスティーネの一人息子として生まれた。1780年に父の死に伴ってヒルトブルクハウゼン公位を継承したが、まだ17歳と若かったため、曾祖父の弟でオーストリア元帥のヨーゼフ・フリードリヒ公子が摂政を務めた。1787年にヨーゼフ・フリードリヒが死ぬと、フリードリヒは親政を開始した。 1785年9月3日、フリードリヒはメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘シャルロッテと結婚した。 フリードリヒは人気者で賢い為政者だった。治世中、彼とその美貌の妻シャルロッテのもとで、ヒルトブルクハウゼンの小さな町は文化の全盛期を迎えた。多くの詩人や芸術家がフリードリヒの宮廷を訪れ、ヒルトブルクハウゼンは「小ヴァイマル(Klein Weimar)」と呼ばれるようになった。1825年にザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ4世が後継者なく没すると、エルネスティン系諸公国の間で領土再編が行われた。フリードリヒはザクセン=ヒルトブルクハウゼン公国をザクセン=マイニンゲン公国に譲渡し、1826年11月12日にザクセン=アルテンブルク公となった。 1831年、フリードリヒは新たな領国に最初の国家基本法を制定している。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とフリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

フリードリヒ・アウグスト (オルデンブルク大公)

フリードリヒ・アウグスト (オルデンブルク大公) フリードリヒ・アウグスト2世(Friedrich August II.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とフリードリヒ・アウグスト (オルデンブルク大公) · 続きを見る »

フィリップ (エディンバラ公)

ディンバラ公フィリップ王配Princeの称号は必ずしも適当な訳語があるものではないが、外務省において「王配殿下」、宮内庁において「英国王配エディンバラ公フィリップ殿下」と呼称していることに鑑み、「王配」の訳を当てている。なお、エリザベス2世女王との間の息子らも同じ称号を名乗るが、この場合には同様の理由により「王子」の訳を当てている。イギリスにおけるPrinceという称号の意義についてはBritish princeを参照。(Prince Philip, Duke of Edinburgh、1921年6月10日 - )は、イギリス王室の成員、イギリス女王エリザベス2世の夫(王配)。次期王位継承者・チャールズの実父。爵位・称号は Prince of the United Kingdom、エディンバラ公爵、メリオネス伯爵、グリニッジ男爵、イギリス海陸空軍元帥、Lord High Admiral(:en:List of Lord High Admirals (United Kingdom)) 、日本学士院名誉会員。敬称は His Royal Highness(殿下)。 祖父にギリシャ王ゲオルギオス1世 、曾祖父にデンマーク王クリスチャン9世、高祖父にロシア皇帝ニコライ1世、高祖母にイギリス女王ヴィクトリアがいる。 イギリス海軍で第2次世界大戦に従軍後、当時即位前のエリザベスと結婚。女王即位後は海軍を退役し、長年女王を支えてきた。女王の公務の大半に同伴、単独での海外訪問も143カ国637回に上り、公務は単独でも65年間で2万2千件以上行った。現在も785団体の会長や支援者を務める読売新聞 東京本社版 2017年5月6日。 96歳と高齢になっていた2017年8月2日にバッキンガム宮殿でイギリス海兵隊を閲兵したのを最後に、全ての公務から引退した。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とフィリップ (エディンバラ公) · 続きを見る »

アレクサンドラ・イオシフォヴナ

アレクサンドラ・イオシフォヴナ(ヨシフォヴナとも、, 1830年7月8日 - 1911年7月6日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃。ニコライ1世の次男コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公の妻。結婚前の名前はアレクサンドラ・フリーデリケ・ヘンリエッテ・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Alexandra Friederike Henriette von Sachsen-Altenburg)。 ザクセン=アルテンブルク公ヨーゼフとその妃であるアマーリエ・フォン・ヴュルテンベルクの第5子として、アルテンブルク(現在のテューリンゲン州、アルテンブルガー・ラント郡)で生まれた。長姉アレクサンドリーネ・マリーはハノーファー王ゲオルク5世の妃。コンスタンティンの姉、ヴュルテンベルク王妃オリガ・ニコラエヴナの仲介により、シュトゥットガルトでコンスタンチンと見合いをし、婚約した。 1848年9月にコンスタンチンと結婚。6子の母となった。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とアレクサンドラ・イオシフォヴナ · 続きを見る »

エルネスティン家

ルネスティン家の始祖、選帝侯エルンスト エルネスティン家またはエルネスティン系()は、ドイツのザクセン地方を支配していたヴェッティン家の分枝。家名は始祖のザクセン選帝侯エルンストに由来し、エルンスト系と呼ばれることもある。1464年から1547年まで選帝侯の地位にあった。選帝侯位は後に失うことになるが、諸分家はドイツの領邦()として存続した。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とエルネスティン家 · 続きを見る »

ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ゲオルク、1820年頃 ゲオルク・カール・フリードリヒ・フランツ(ドイツ語:Georg Karl Friedrich Franz von Sachsen-Altenburg, 1796年7月24日 - 1853年8月3日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1848年 - 1853年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の四男、事実上の次男として生まれた。1848年革命の煽りを受けて退位した兄ヨーゼフの後を継いで、ザクセン=アルテンブルク公となった。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

ゲオルク5世 (ハノーファー王)

ルク5世とマリー王妃・家族 ゲオルク5世(Georg V. ゲオルク・フリードリヒ・アレクサンダー・カール・エルンスト・アウグスト(Georg Friedrich Alexander Karl Ernst August),1819年5月27日 - 1878年6月12日)は、最後のハノーファー王(在位:1851年 - 1866年)。イギリス王ジョージ3世(ハノーファー王ゲオルク3世)の孫であり、イギリス王族としてカンバーランド公の爵位も継承している。英語名はジョージ(George)。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とゲオルク5世 (ハノーファー王) · 続きを見る »

コンスタンチン・ニコラエヴィチ

ンスタンチン・ニコラエヴィチ大公 大公一家の肖像写真、コンスタンチン大公は前列右端で末息子ヴャチェスラフを膝に抱いている コンスタンチン・ニコラエヴィチ(ロシア語表記:Константин Николаевич,1827年9月9日 - 1892年1月13日)は、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世の次男、母は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とコンスタンチン・ニコラエヴィチ · 続きを見る »

ザクセン=アルテンブルク公国

ン=アルテンブルク公国 (Sachsen-Altenburg) は、ドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家。 17世紀に神聖ローマ帝国の領邦として存在したが、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公国に編入されて消滅。同公家が1825年に断絶すると領土の再編が行われて復活し、ドイツ帝国成立以後はその領邦となった。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とザクセン=アルテンブルク公国 · 続きを見る »

シャルロッテ・ツー・メクレンブルク (1769-1818)

ン=ヒルトブルクハウゼン公爵夫人シャルロッテ、ヨハン・フィリップ・バッハ画、1790年頃 シャルロッテ・ゲオルギーネ・ルイーゼ・フリーデリケ・ツー・メクレンブルク(Charlotte Georgine Luise Friederike Herzogin zu Mecklenburg, 1769年11月17日 ハノーファー - 1818年5月14日 ヒルトブルクハウゼン(現在のテューリンゲン州ヒルトブルクハウゼン郡))は、ドイツのメクレンブルク=シュトレーリッツ公爵家の公女で、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(後にザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒの妻。プロイセン王妃ルイーゼの長姉である。 メクレンブルク=シュトレーリッツ公(のち大公)カール2世とその最初の妻でヘッセン=ダルムシュタット侯子ゲオルク・ヴィルヘルムの娘であるフリーデリケの間の第1子、長女として生まれた。1785年9月3日にヒルトブルクハウゼンにおいて、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公爵家の当主フリードリヒと結婚し、間に12人の子女をもうけた。.

新しい!!: ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)とシャルロッテ・ツー・メクレンブルク (1769-1818) · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »