ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

メトロ (リール)

索引 メトロ (リール)

リールのメトロ(fr:Métro de Lille)はフランス、リール都市圏に1983年4月25日に開業した最初のVAL方式を採用した地下鉄で、運営はTranspole.

17 関係: 中量軌道輸送システム地下鉄地下鉄一覧メトロメトロ (パリ)リール (フランス)リール・ユーロップ駅リール=フランドル駅ヴェイキュロトマティクレジェオルリーヴァルゴムタイヤ式地下鉄CBTC自動案内軌条式旅客輸送システムOuigoVAL 206VAL 208新交通システム

中量軌道輸送システム

中量軌道輸送システム(ちゅうりょうきどうゆそうシステム、英語:Medium-capacity rail transport system)とは、従来の都市鉄道(メトロ)と路面電車との中間の路線輸送量を持つ都市軌道系交通機関の総称である。.

新しい!!: メトロ (リール)と中量軌道輸送システム · 続きを見る »

地下鉄

地下鉄道(ちかてつどう)、略して地下鉄(ちかてつ)とは路線の大部分が地下空間に存在する鉄道である。主に都市高速鉄道として建設される。.

新しい!!: メトロ (リール)と地下鉄 · 続きを見る »

地下鉄一覧

地下鉄一覧(ちかてついちらん)は、世界各国の地下鉄を一覧表にしてまとめたものである。 ここでは地下鉄としての名称を持つ路線網以外に、近郊鉄道等の都市高速鉄道、新交通システム、ライトレール、モノレールであっても地下区間がある路線は掲載している。また、地下鉄の定義があいまいであり、地下区間が無い路線も地下鉄とされることもあるために掲載している。 ※ 語末の●は、地下区間がない地下鉄路線※ 語末の★は、地下区間があるライトレール路線(地下鉄に分類されない場合が少なくない)※ 語末の◎は、地下区間がある近郊鉄道路線(地下鉄に分類されない場合が少なくない).

新しい!!: メトロ (リール)と地下鉄一覧 · 続きを見る »

メトロ

メトロ(métro、metro).

新しい!!: メトロ (リール)とメトロ · 続きを見る »

メトロ (パリ)

MP89系 1号線ナシオン駅。この「MPxx」系はゴムタイヤを装着している点が特徴的である MF67系 5号線Bobigny地上車庫付近。この「MFxx」系は一般的な金属レールと金属車輪である パリのメトロ(Métro de Paris)はパリ市内、および一部郊外へ路線を有する地下鉄である。既存の鉄道路線との乗り入れはない。パリ中心部から郊外に直通するRERについても、市内では地下路線であり、メトロと重複する路線もあるのでパリ市内においては地下鉄と扱われることもある。本稿では以下、メトロと記す。.

新しい!!: メトロ (リール)とメトロ (パリ) · 続きを見る »

リール (フランス)

リール(フランス語:Lille, オランダ語・フラマン語:Rijsel ドイツ語:Ryssel)は、フランス北部の都市で、ベルギーと国境を接するオー=ド=フランス地域圏の首府、ノール県の県庁所在地である。.

新しい!!: メトロ (リール)とリール (フランス) · 続きを見る »

リール・ユーロップ駅

リール・ウロップ駅(フランス語:Gare de Lille-Europe )は、フランス・ノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県リール市にあるフランス国鉄(SNCF)・リール都市圏交通局の駅である。.

新しい!!: メトロ (リール)とリール・ユーロップ駅 · 続きを見る »

リール=フランドル駅

リール=フランドル駅(フランス語:Gare de Lille-Flandres)はフランス・ノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県リールにある主要鉄道駅である。フランス国鉄のターミナル駅としてフランス国内の都市間列車、ローカル列車やベルギー方面への国際列車、パリ北駅からノンスットップのTGVなどが発着している。フランドルと言う名称が追加されたのは1993年にLGV北線のリール・ウロップ駅が開業してからである。リール・ウロップ駅とはショッピングセンターを挟んで500m程しか離れておらず、徒歩でも移動可能だが、両駅間をVAL方式のリールメトロで結んでいる。.

新しい!!: メトロ (リール)とリール=フランドル駅 · 続きを見る »

ヴェイキュロトマティクレジェ

VAL208 VAL256型中運量電聯車 案内軌条を備える ヴェイキュロトマティクレジェ(Véhicule Automatique Léger)とはフランスの自動案内軌条式旅客輸送システム(AGT)で、略してVALと呼ばれる。フランスのマトラ社が開発し、GECアルストム(現アルストム)が製造を行っていたが、シーメンスのフランス法人に買収され、現在はシーメンス・モビリティのブランドとなっている。.

新しい!!: メトロ (リール)とヴェイキュロトマティクレジェ · 続きを見る »

オルリーヴァル

ルリーヴァル(英・仏: )は、フランス共和国パリにある自動化ライトメトロ・シャトルサービスである。RER B線のとオルリー空港を連絡しており、アントニー駅を経由してパリ市内のRER交通網に連絡することができる。.

新しい!!: メトロ (リール)とオルリーヴァル · 続きを見る »

ゴムタイヤ式地下鉄

パリメトロ MP73 札幌市交通局 5000形 モントリオールメトロの案内軌条 パリメトロ MP89の台車 ゴムタイヤ式地下鉄(Rubber-tyred metro) は、道路と鉄道の技術を合わせた軌道輸送機関である。車両の車輪はゴムタイヤを備え、従来の鉄道が鉄製の車輪のフランジによって鉄軌条に沿って走るのと同様に案内軌条に導かれて走る。ほとんどのゴムタイヤ方式の列車は専用に設計されたシステムにより運行されている。案内軌条式鉄道の一種。.

新しい!!: メトロ (リール)とゴムタイヤ式地下鉄 · 続きを見る »

CBTC

CBTC()は、列車と地上設備の間での通信を使って列車の運行と制御を行う信号保安技術である。従来型の信号システムに比べて、CBTCでは列車のより正確な位置を利用して制御を行うことができる。これにより、従来より安全かつ効率的な列車の運行を実現することができる。都市鉄道でもその他の鉄道でも、安全性を維持あるいは向上させながら、運転時隔を短縮することができる。 IEEE 1474の標準では、CBTCは「軌道回路によらない高精度列車位置検知技術と、連続大容量の双方向車上-地上間データ通信と、自動列車保安装置および、場合によっては自動列車運転装置と運行管理の機能を実現できる車上および地上装置を利用した、連続的な自動列車制御システム」と定義されているIEEE Standard for CBTC Performance and Functional Requirements (1474.1-1999).

新しい!!: メトロ (リール)とCBTC · 続きを見る »

自動案内軌条式旅客輸送システム

ポートライナー 日暮里・舎人ライナー 自動案内軌条式旅客輸送システム(じどうあんないきじょうしきりょきゃくゆそうシステム、AGT: Automated Guideway Transit)とは、小型軽量車両が自動運転により専用軌道上の案内軌条に従ってゴムタイヤで走行する中量軌道輸送システムの一種である。三菱重工業では、日本の都市向けをAGT、空港及び海外向け車両をAPM (Automated People Mover)「全自動無人運転車両」と呼称しているAPM に自動運転のモノレールが含まれる場合や、国内の AGT を含む場合もあり、定義が定まっていない。本来 APM とは AGT のうちウェスティングハウス・エレクトリックが開発したシステムのことであるが、海外で初期に多く普及したシステムが APM であったため、それ以降登場したシステムも含めた自動運転システムの総称として使用されている。フランスでは同様の理由で、マトラが開発したシステムである VAL (Véhicule Automatique Léger) が自動運転システムの総称として使用されている。。他に、この種の交通機関についてピープルムーバーということもある。 日本では、「新交通システム」の名称が広まると同時にAGTが広く普及したため、AGT そのものを「新交通システム」と呼称することが多い同じく日本で多く普及したシステムにモノレールがあるが、「新交通システム」の名称が普及する前に登場し一般的に呼称しやすく親しまれた「モノレール」の名称に対して、AGT はそのような一般的な名称が存在せず、メディアでも新交通システムとして案内されたことから、AGT が新交通システムの代表格となった。また、「新交通システム」の呼称は日本独自のものであり、決まった定義はない。。三菱重工業では、2015年より「AGTの時代」として「新交通システム」ではなく「AGT」で呼称することを提案し名称の普及を進めている。.

新しい!!: メトロ (リール)と自動案内軌条式旅客輸送システム · 続きを見る »

Ouigo

Ouigo(ウィゴー)は、2013年4月よりフランス国鉄 (SNCF) が運行する廉価版TGVの列車名およびサービスである。名称は"Here we go!"をフランス語読みでもじったもので、既存のTGVから独立したSNCFの子会社として運営される。 線路使用料を抑えるため、パリでは都心から東部約30kmに位置し、ディズニーランド・リゾート・パリに隣接するマルヌ=ラ=ヴァレ=シェシー駅を起点として、フランス南東部のリヨン・サン=テグジュペリTGV駅、マルセイユ・サン・シャルル駅、モンペリエ・サン=ロシュ駅など10駅を結び、2015年末より北部や西部の8駅にも乗り入れを拡大した。LCC同様の需給曲線に基づくを取り入れ、2013年に160万人、2020年に250万人の利用を見込んでいる。 2017年夏よりストラスブールやボルドーにも乗り入れる.

新しい!!: メトロ (リール)とOuigo · 続きを見る »

VAL 206

VAL 206は、VALシリーズの1つで、マトラ(現・シーメンス・モビリティ)によって開発された、自動運転式の自動案内軌条式旅客輸送システムである。ゴムタイヤを使用するため、高い加減速性が求められる用途に適している。 名称にある206という数字は、車両の幅が206cmであることに由来する。 各列車は2両編成。無人運転であるが、必要に応じて手動運転とすることも可能。 現在は製造終了、後継車のVAL 208に移行した。VAL 208と共通運用することが可能である。.

新しい!!: メトロ (リール)とVAL 206 · 続きを見る »

VAL 208

VAL 208は、VALシリーズの1つで、マトラおよびシーメンス・モビリティによって開発された、自動運転式の自動案内軌条式旅客輸送システムである。車両はオーストリア・ウィーンを拠点とするimmering-Graz-Pauker AG/シーメンスSGPで製造されている。 2000年より複数の鉄道事業者で採用されている。 名称にある208という数字は、車両の幅が208cmであることに由来する。 VAL206の後継車で、VAL206と共通運用することが可能。通常は自動運転が行われるが、必要に応じて運転士が手動で運転できるようになっている。.

新しい!!: メトロ (リール)とVAL 208 · 続きを見る »

新交通システム

新交通システム(しんこうつうシステム、)とは、日本における自動運転を指向した都市公共交通機関で、従来のバス・路面電車・地下鉄などの短所を改善した交通システム全般を指す、日本独自の呼称である。本来、特定の形態は定まっていないが、日本では普及が進んだ「自動案内軌条式旅客輸送システム (AGT) 」の呼称として多く用いられている。.

新しい!!: メトロ (リール)と新交通システム · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

リールメトロリール地下鉄

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »