ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ミーナカリ

索引 ミーナカリ

ミーナカリとは金属の表面を着色し、非常に繊細な柄を施した伝統工芸品である。 ミナとはペルシャ語でミノーの女性形であり、天国と言う意味である。ミナとは天国における青色を意味する。サーサーン朝ペルシアにおいてこの芸術品がイラン人工芸家達によって発案され、モンゴル人達によりインドやその他の国へともたらされた。フランスの宝石商であるジャン・シャルダンはサファヴィー朝(1501 - 1736)のイランを訪れ、イスファハーンのホーロー鉄器について、水色、緑、黄色や赤で描かれた花柄の背景に鳥や動物がなどが描かれている旨記述している。伝統的にミーナカリの宝石には、ホーローにより密着し、その光沢がホーローの色を引き出し、より長持ちするという理由で金が使われる。その後採用される事となった銀は箱やお椀、スプーンやその他の美術工芸品に使われた。工芸品に銅が使われるようになったのは金規制法が施行された後である。これはインドで施行された法律でミーナカリの工芸家達は金以外の原料を使うようにと強制された。初期はミーナカリの作品はあまり気付かれる事が無かった。何故ならこの芸術品は有名な宝石をふんだんに使ったインドの宝飾品であるクンダンの土台として使われていたからである。この宝飾品を身に付ける者はこれらの隠されたデザインを密かに楽しんだのだ。.

1 関係: イランの芸術

イランの芸術

ペルシアの芸術(ペルシアのげいじゅつ)とは、イラン文化圏(Greater Iran)における芸術をさし、この地域は現在のイラン・アフガニスタン・タジキスタン・アゼルバイジャン・ウズベキスタンとその周辺にまたがり、世界史上もっとも豊かな芸術遺産を残す地域のひとつである。そこでは建築・絵画・手織物・陶芸・書道・金属工芸・石彫などの分野で技芸の修養が続いている。なお『イラン』は、この文化圏の中心に現在位置する一国家とその主要民族の名称であるが、ペルシア帝国時代より現代まで伝わりこの地域に共通の基盤をもつ文化を叙述するさいには現在でもイランではなく『ペルシア』を冠する場合がある。 磁器(13世紀).

新しい!!: ミーナカリとイランの芸術 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »