ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

マンナール

索引 マンナール

マンナール(、、Mannar)は、スリランカの北部州マンナール県の都市である。スリランカ北西部のに位置しており、マンナール県の県都でもある。マナーとも表記される。 マンナールはバオバブの木と植民地時代の要塞で知られている。この要塞は1560年にポルトガルが建設し、1658年にオランダが再構築したものである。しかし、城壁と建物は現在でも残っているものの、内装については大きな損傷を受けてしまっている。1世紀に書かれたエリュトゥラー海案内記によれば、古代のマンナールは真珠取りの中心地として名高い土地であったという。現在のマンナールは、近代的な中にモスクと教会が並ぶ町である。 Mannar Islandとアダムスブリッ.

13 関係: 北部州 (スリランカ)マンナール県ニゴンボアダムスブリッジコロンボジャフナ空港スリランカの交通スリランカのイスラム教スリランカの県スリランカの都市の一覧スリランカの鉄道スリランカ関係記事の一覧セイロン侵攻

北部州 (スリランカ)

北部州(வட மாகாணம்、උතුරු පළාත、Northern Province)は、スリランカの最北部に位置する州。スリランカの中でも、シンハラ人が多数派を占めない2つの州のうちのひとつである。州都はジャフナ。 スリランカ内の少数派であるタミル人がここでは多数派を占めており、かつての独立国であるジャフナ王国の土地であった。現在の民族対立の原点はこの州にあるとされる。また、州の西部は、2009年の内戦終結までタミル・イーラム解放の虎の勢力圏で、政府の実効支配が及んでいなかった。.

新しい!!: マンナールと北部州 (スリランカ) · 続きを見る »

マンナール県

マンナール県( Maṉṉār Māvaṭṭam、、)は、スリランカ北部州に属する県。県都はマンナール。マナー県とも表記される。.

新しい!!: マンナールとマンナール県 · 続きを見る »

ニゴンボ

ニゴンボ(මීගමුව 、நீர்கொழும்பு 、)は、スリランカの西部州ガンパハ県の都市である。スリランカの西海岸、の入り口に位置している。人口は約12万8千人で、スリランカで5番目に大きな都市である。スリランカ最大の都市コロンボから北に約37kmの地点に位置するスリランカの主要な商業のハブの一つである。ニゴンボは古代から続く漁業と美しいビーチで知られている。スリランカの中でも特に西欧風のライフスタイルが浸透している都市である。ネゴンボと表記されることもある。.

新しい!!: マンナールとニゴンボ · 続きを見る »

アダムスブリッジ

アダムスブリッジ は、インドとスリランカの間のポーク海峡にある、石灰岩でできた砂州と浅瀬の連なりである。ラーマズブリッジ とも。 7つの小島が橋脚のように点在する。103のサンゴ礁からなり、地質学的成因は未解明である。 長さ48kmで、北のポーク海峡と南のマンナール湾を隔てる。水深は1~10mで、船舶の航行を困難にしている。記録によると1480年のサイクロンで壊される前は非常に浅く、歩いて渡ることが出来たという。.

新しい!!: マンナールとアダムスブリッジ · 続きを見る »

コロンボ

ンボ(කොළඹ、கொழும்பு、Colombo)はスリランカの最大都市である。同国の経済的な中心都市であり、かつては首都であった。.

新しい!!: マンナールとコロンボ · 続きを見る »

ジャフナ空港

ャフナ空港(ジャフナくうこう、、、)は、スリランカ民主社会主義共和国北部州ジャフナ県に位置する国内線空港である。州都ジャフナから北に約16kmの距離にあり、パラリ空港 としても知られる。軍民共用空港であり、スリランカ空軍のパラリ空軍基地 が置かれている。1983年の内戦勃発以前は、スリランカ第2の国際空港であった。.

新しい!!: マンナールとジャフナ空港 · 続きを見る »

スリランカの交通

都市間鉄道 スリランカの交通(すりらんかのこうつう)では、スリランカの交通について述べる。 スリランカの交通は、スリランカ最大の都市コロンボを中心とした道路網を基盤とする。鉄道網も存在するが、イギリス植民地時代の遺産に大きく依存しており、今日では国内の物流に占める割合は限られている。その他には水路や港湾、空港といった施設が存在しており、主要な国際空港はコロンボから北に約35 kmのカトゥナーヤカに位置している。コロンボ周辺の道路網は状態もよく、日々更なる改良が加えられている。.

新しい!!: マンナールとスリランカの交通 · 続きを見る »

スリランカのイスラム教

リランカの国旗に見られる緑色の部分はイスラム教やムーア人を象徴 コロンボ最古のモスク 本項目ではスリランカのイスラム教について記述する。.

新しい!!: マンナールとスリランカのイスラム教 · 続きを見る »

スリランカの県

リランカの県(スリランカのけん、,, )は、スリランカの行政区画である。州の下に置かれており、9つの州に合計25の県が存在している。各県は中央政府に任命された県次官により運営される。県事務所の主な役割は、中央政府とより下位の行政区画であるDivisional Secretary (DS) とのコミュニケーション・活動を調整することである。県事務所はまた、県レベルの開発計画の推進と監視ならびに下位の行政区の活動の支援、さらに徴税と県内での選挙の実施に責任を持つ。県は複数のDivisional Secretary地区(DS地区、郡と訳される)に分割され、DS地区はさらに小さなGrama Niladhari地区(GN地区)に分割される。スリランカ全体では、256のDS地区が存在する。.

新しい!!: マンナールとスリランカの県 · 続きを見る »

スリランカの都市の一覧

リランカの地図 スリランカ最大の都市コロンボ キャンディ クルネーガラ スリランカの都市の一覧。.

新しい!!: マンナールとスリランカの都市の一覧 · 続きを見る »

スリランカの鉄道

リランカの鉄道(-てつどう)では、スリランカ(セイロン島)における鉄道について記す。.

新しい!!: マンナールとスリランカの鉄道 · 続きを見る »

スリランカ関係記事の一覧

リランカ関係記事の一覧(スリランカかんけいきじのいちらん)は、スリランカに関係する記事の一覧。.

新しい!!: マンナールとスリランカ関係記事の一覧 · 続きを見る »

セイロン侵攻

イロン侵攻(セイロンしんこう、Invasion of Ceylon)は、フランス革命戦争中の1795年7月から1796年2月まで、インド洋のセイロン島(現スリランカ)のバタヴィア共和国駐留軍と、インドから派遣されたイギリス軍の間で起こった戦闘である。ネーデルラント連邦共和国(オランダ)はフランス革命戦争中はイギリスの同盟国だったが、1794年冬のフランス共和国による侵攻で崩壊、代わりにフランスの衛星国であるバタヴィア共和国が成立した。イギリス政府は追放されたオランダ総督ウィレム5世とともに植民地を含むバタヴィア資産の奪取を命令した。植民地のうち、最初に目標となったのがセイロン島のトリンコマリーだった。 植民地奪取のため、イギリス政府はであったにセイロン島侵攻を命令した。補佐には陸軍の大佐と海軍の少将が任命された。ステュアート大佐はバタヴィア共和国のセイロン総督に降伏を要求し、実際多くの交易地が抵抗せずに降伏したが、1795年8月にトリンコマリーで、1796年2月にコロンボで、それぞれ短期間の抵抗があった。イギリス軍は短期間の包囲を経てセイロン島のオランダ植民地を支配下に置き、セイロン島はそれ以降153年もの間イギリス帝国の一部となった。.

新しい!!: マンナールとセイロン侵攻 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »