ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

プラナブ・ムカルジー

索引 プラナブ・ムカルジー

プラナブ・クマール・ムカルジー(ヒンディー語:प्रणव कुमार मुखर्जी、英語:Pranab Kumar Mukherjee、ベンガル語:প্রণবকুমার মুখোপাধ্যায় 1935年12月11日 - )は、インドの政治家。インドの13代現大統領(2012年7月-2017年7月)。インド国民会議派所属。中央政府の大臣を歴任した。日本の報道では主に「ムカジー」や「ムケルジー」と英語名で呼ばれるが、ヒンディー語での発音は「ムカルジー」。.

24 関係: ナレンドラ・モディナレンドラ・モディ内閣マハラジャ・クリシュナ・ラスゴトラマンモハン・シンネルソン・マンデラの死ラーム・ナート・コーヴィンドラーニー・ムカルジーブッダガヤ爆弾テロ事件プラティバ・パティルベンガル人インドにおける死刑インドの大統領インドの国会インドの歴代首相インド・ルピースバス・チャンドラ・ボース西ベンガル州P・チダンバラム日米豪印戦略対話2012年2012年の政治2012年インド集団強姦事件2014年の政治2017年のインド

ナレンドラ・モディ

ナレンドラ・ダモダルダス・モディ(नरेन्द्र दामोदरदास मोदी、Narendra Damodardas Modi、1950年9月17日 - )は、インドの政治家、第18代インド首相。前グジャラート州首相。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとナレンドラ・モディ · 続きを見る »

ナレンドラ・モディ内閣

ナレンドラ・モディ内閣とは 2014年5月26日に成立したナレンドラ・モディを首班とするインドの内閣である。閣僚は、閣僚23名(モディ首相)、閣外大臣(専管)10名、担当大臣12名の計45名。 農村開発大臣は当初ゴピナートラオ・ムンデであったが、2014年6月3日に交通事故で逝去したため、大規模輸送大臣のニティン・ガドカリが就任した。 なお、インド人民党以外の政党で閣僚になったのはラムヴィラス・パスワン(全国ジャナタ・ダル」)、アショク・ガジャパティ・ラジュプサパティ(テルグ・デサム党)、アナント・ギーテ(シヴ・セーナー)、ハルシラト・コール・バダル(アカリ・ダル)の4名である。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとナレンドラ・モディ内閣 · 続きを見る »

マハラジャ・クリシュナ・ラスゴトラ

マハラジャ・クリシュナ・ラスゴトラ(Maharaja Krishna Rasgotra)は、インドの外交官で外務次官や国家安全保障諮問委員会議長を務めた。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとマハラジャ・クリシュナ・ラスゴトラ · 続きを見る »

マンモハン・シン

マンモハン・シン(英語:Manmohan Singh、ヒンディー語:मनमोहन सिंह、パンジャーブ語:ਮਨਮੋਹਨ ਸਿੰਘ、1932年9月26日 - )はインドの政治家、経済学者。第17代首相。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとマンモハン・シン · 続きを見る »

ネルソン・マンデラの死

2013年12月5日、南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラは、気道感染により95歳で死去した。 アパルトヘイト撤廃と人種間の和解に尽力したマンデラの死は、国内外の注目を集めた。南アフリカ政府は10日間の服喪期間を設け、各地でマンデラを悼む礼拝が行われた。12月10日には、ヨハネスブルグのFNBスタジアムで公式追悼式が開催された。遺体は12月11日から13日までユニオンビルに安置され、15日に東ケープ州クヌで国葬が執り行われた後、同地に埋葬された。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとネルソン・マンデラの死 · 続きを見る »

ラーム・ナート・コーヴィンド

ラーム・ナート・コーヴィンド(राम नाथ कोविंद、Ram Nath Kovind、1945年10月1日 - )は、インドの政治家。同国第14代大統領。前ビハール州首相(知事)。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとラーム・ナート・コーヴィンド · 続きを見る »

ラーニー・ムカルジー

イベントにて(2012年) ラーニー・ムカルジー(রাণী মুখার্জী、रानी मुखर्जी、Rani Mukerji、1978年3月21日 - )は、インドの女優。姓は ムカジー、ムケルジー などとも表記される。主にインド映画、なかでもボリウッド映画で活動している。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとラーニー・ムカルジー · 続きを見る »

ブッダガヤ爆弾テロ事件

ブッダガヤ爆弾テロ事件(ブッダガヤばくだんテロじけん、Bodh Gaya bombings)は、2013年7月7日早朝にインド東部、ビハール州ガヤー県の仏教の聖地で世界遺産でもあるブッダガヤで発生した連続爆破テロ事件。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとブッダガヤ爆弾テロ事件 · 続きを見る »

プラティバ・パティル

プラティバ・デーヴィーシン・パティル(प्रतिभा देवीसिंह पाटिल、英語:Pratibha Devisingh Patil、1934年12月19日 - )は、インドの政治家。同国初の女性大統領(2007年-2012年)。ニックネームは「プラティバ・ターイー(伯母さん)」(प्रतिभा ताई)。インド国民会議派所属。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとプラティバ・パティル · 続きを見る »

ベンガル人

ベンガル人(বাঙালি)は、ベンガル地方(バングラデシュおよびインドの西ベンガル・ビハール州)を中心に住むインド・アーリア人に属する民族で、一部は先住民族のドラヴィダ人と混血している。言語はベンガル語を話す。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとベンガル人 · 続きを見る »

インドにおける死刑

このインドにおける死刑では、インドにおける死刑について解説する。 死刑制度は現在も継続中で死刑執行は増加傾向にある。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとインドにおける死刑 · 続きを見る »

インドの大統領

インドの大統領(インドのだいとうりょう、President of Republic of India)は、インド共和国の国家元首たる大統領である。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとインドの大統領 · 続きを見る »

インドの国会

インドの国会(いんどのこっかい、, Bhārat kī Sansad)は、インドの立法府である。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとインドの国会 · 続きを見る »

インドの歴代首相

インドの歴代首相(インドのれきだいしゅしょう)では、1947年のイギリスからの独立以後に政権を担当したインドの歴代首相(Prime Minister of India)を示す。 Category:インド史の人物 Category:インドの政治家 *.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとインドの歴代首相 · 続きを見る »

インド・ルピー

インド・ルピー(India Rupee)は、インドの通貨の単位のひとつである。英字では「Rs」と、ISO 4217では「INR」と表示される。インド・ルピー通貨の発行はインド準備銀行が実施している。補助単位として「パイサ(単数:Paisa、複数:Paise)」があり、1ルピー.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとインド・ルピー · 続きを見る »

スバス・チャンドラ・ボース

バス・チャンドラ・ボース(Subhas Chandra Bose、ベンガル文字:সুভাষচন্দ্র বসু 、1897年1月23日 - 1945年8月18日)は、インドの独立運動家、インド国民会議派議長(1938 - 1939年)、自由インド仮政府国家主席兼インド国民軍最高司令官。民族的出自はベンガル人。ネータージー(指導者、नेताजी, Netāji。ネタージ、ネタジ とも)の敬称で呼ばれる。なおベンガル語の発音は、シュバーシュ・チャンドラ・ボーシューが近い。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとスバス・チャンドラ・ボース · 続きを見る »

西ベンガル州

西ベンガル州/ウェストベンガル州(ベンガル語:পশ্চিম বঙ্গ (Pôščim Bôngô)、英語:West Bengal)は、インド東部の州。州都はコルカタ。公用語はベンガル語。面積8万8752km2、人口9,134万人(2011年)。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーと西ベンガル州 · 続きを見る »

P・チダンバラム

P・チダンバラム(.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーとP・チダンバラム · 続きを見る »

日米豪印戦略対話

日米豪印戦略対話(にちべいごういんせんりゃくたいわ)、または四カ国戦略対話(よんかこくせんりゃくたいわ、英語:Quadrilateral Security Dialogue)は、非公式な戦略的同盟を組んでいる日本、アメリカ合衆国、オーストラリアおよびインドの四カ国間における会談で、二カ国間同盟によって維持されている。対話は当時日本の首相であった安倍晋三によって提唱され47NEWS 2007年8月3日、その後ディック・チェイニー米副大統領の支援を得て、ジョン・ハワード豪首相とマンモハン・シン印首相が参加し開催される。対話後、全参加国による大規模な合同演習の実施および中華人民共和国の公式な外交ルートによる抗議が続いた。 四カ国関係は一時期オーストラリアのケビン・ラッド政権の成立によって暗礁に乗り上げたが、アジア太平洋地域における米中関係の緊張が増す中でオーストラリアの政策はアンビバレンスを反映していた。ラッド豪労働党政権の退陣と後継のジュリア・ギラード豪労働党政権の成立によりオーストラリアは対話に復帰し、その結果ティモール海とロンボク海峡を臨むダーウィン近郊へのアメリカ海兵隊駐留に至った。対話は成長を続ける中国の経済力と政治力に対応した外交的取り決めであると新聞やシンクタンクによって広くみられる。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーと日米豪印戦略対話 · 続きを見る »

2012年

この項目では、国際的な視点に基づいた2012年について記載する。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーと2012年 · 続きを見る »

2012年の政治

記載なし。

新しい!!: プラナブ・ムカルジーと2012年の政治 · 続きを見る »

2012年インド集団強姦事件

ニューデリーのデモの様子 デモ隊に向けて、放水と催涙ガスを放つ警察 2012年インド集団強姦事件(にせんじゅうにねんインドしゅうだんごうかんじけん)は、2012年12月16日にインドのデリーで発生した強姦事件。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーと2012年インド集団強姦事件 · 続きを見る »

2014年の政治

2014年の政治(2014ねんのせいじ)では、2014年の政治分野で起きた出来事について記述する。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーと2014年の政治 · 続きを見る »

2017年のインド

2017年のインド (2017ねんのインド)では、2017年のインドに関する出来事について記述する。.

新しい!!: プラナブ・ムカルジーと2017年のインド · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

プラナブ・ムカジー

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »