ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)

索引 フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒ、1790年頃 フリードリヒ(ドイツ語:Friedrich, 1763年4月29日 - 1834年9月29日)は、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(在位1780年 - 1826年)、のちザクセン=アルテンブルク公(在位1826年 - 1834年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公エルンスト・フリードリヒ3世と、その妻でザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ公エルンスト・アウグスト1世の娘であるエルネスティーネの一人息子として生まれた。1780年に父の死に伴ってヒルトブルクハウゼン公位を継承したが、まだ17歳と若かったため、曾祖父の弟でオーストリア元帥のヨーゼフ・フリードリヒ公子が摂政を務めた。1787年にヨーゼフ・フリードリヒが死ぬと、フリードリヒは親政を開始した。 1785年9月3日、フリードリヒはメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘シャルロッテと結婚した。 フリードリヒは人気者で賢い為政者だった。治世中、彼とその美貌の妻シャルロッテのもとで、ヒルトブルクハウゼンの小さな町は文化の全盛期を迎えた。多くの詩人や芸術家がフリードリヒの宮廷を訪れ、ヒルトブルクハウゼンは「小ヴァイマル(Klein Weimar)」と呼ばれるようになった。1825年にザクセン=ゴータ=アルテンブルク公フリードリヒ4世が後継者なく没すると、エルネスティン系諸公国の間で領土再編が行われた。フリードリヒはザクセン=ヒルトブルクハウゼン公国をザクセン=マイニンゲン公国に譲渡し、1826年11月12日にザクセン=アルテンブルク公となった。 1831年、フリードリヒは新たな領国に最初の国家基本法を制定している。.

22 関係: いとこ同士の夫婦一覧マリー・フォン・プロイセン (1855-1888)マティルデ・カロリーネ・フォン・バイエルンマクシミリアン2世 (バイエルン王)ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)ルイトポルト・フォン・バイエルンヴィルヘルム (ナッサウ公)パウル・フォン・ヴュルテンベルクヒルデガルト・フォン・バイエルン (1825-1864)テレーゼ・フォン・ナッサウテレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼンフリーデリケ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット (1752-1782)フリードリヒ・フォン・ヴュルテンベルクアレクサンドラ・フォン・バイエルンアーデルグンデ・フォン・バイエルン (1823-1914)エルネスティン家エドゥアルト・フォン・ザクセン=アルテンブルクカール2世 (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)ザクセン=ヒルトブルクハウゼンザクセン=アルテンブルク公国シャルロッテ・ツー・メクレンブルク (1769-1818)

いとこ同士の夫婦一覧

いとこ同士の夫婦一覧は、いとこ婚を行った有名人の一覧である。 本記事で扱う「いとこ」は、厳密に4親等の親族にとどまらず、いとこ違いやはとこなど、4親等から8親等までの関係にある傍系親族同士とする。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)といとこ同士の夫婦一覧 · 続きを見る »

マリー・フォン・プロイセン (1855-1888)

マリー・フォン・プロイセン(Marie von Preußen, 1855年9月14日 - 1888年6月20日)は、プロイセン王子フリードリヒ・カールの長女。全名はマリー・エリーザベト・ルイーゼ・フリーデリケ(Marie Elisabeth Luise Friederike)。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とマリー・フォン・プロイセン (1855-1888) · 続きを見る »

マティルデ・カロリーネ・フォン・バイエルン

マティルデ・カロリーネ・フォン・バイエルン(Mathilde Karoline von Bayern, 1813年8月30日 - 1862年5月25日)は、バイエルン王国の王女。全名はマティルデ・カロリーネ・フリーデリケ・ヴィルヘルミーネ・シャルロッテ(Mathilde Karoline Friederike Wilhelmine Charlotte)。バイエルン王ルートヴィヒ1世の長女で、ヘッセン大公ルートヴィヒ3世の妃となった。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とマティルデ・カロリーネ・フォン・バイエルン · 続きを見る »

マクシミリアン2世 (バイエルン王)

マクシミリアン2世(Maximilian II., 1811年11月28日 - 1864年3月10日)は、バイエルン王国の第3代国王(在位:1848年 - 1864年)。第2代国王ルートヴィヒ1世の長男。全名はマクシミリアン・ヨーゼフ(Maximilian Joseph)。 1811年11月28日、ルートヴィヒ1世(当時王太子)とその妃であったザクセン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒの娘テレーゼの間に第一子としてミュンヘンで生まれた。弟にギリシャ国王オソン1世、バイエルン摂政ルイトポルトらがいる。 1832年、シュヴァンシュタイン城を購入、1853年にこの城をホーエンシュヴァンガウ城に改築。1864年3月10日にミュンヘンで死去、当地のテアティナー教会に葬られた。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とマクシミリアン2世 (バイエルン王) · 続きを見る »

ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ヨーゼフ、1848年頃 ヨーゼフ・ゲオルク・フリードリヒ・エルンスト・カール(ドイツ語:Joseph Georg Friedrich Ernst Karl von Sachsen-Altenburg, 1789年8月27日 - 1868年11月25日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1834年 - 1848年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の次男、事実上の長男として生まれた。1814年には同盟国側についてナポレオン戦争に参加し、その後はザクセン王国軍に少将として仕えた。1834年に父の後を継いでザクセン=アルテンブルク公となった。ヨーゼフの政府は保守反動的だと見なされ、このためドイツで1848年革命が発生した際、ヨーゼフは退位を余儀なくされ、公爵位を弟のゲオルクに譲った。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

ルイトポルト・フォン・バイエルン

摂政王子ルイトポルト ルイトポルト・フォン・バイエルン(Luitpold von Bayern, 1821年3月12日 - 1912年12月12日)は、バイエルン王国の王族。バイエルン摂政(在職:1886年 - 1912年)。ルートヴィヒ1世の三男で、全名はルイトポルト・カール・ヨーゼフ・ヴィルヘルム・ルートヴィヒ(Luitpold Karl Joseph Wilhelm Ludwig)。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とルイトポルト・フォン・バイエルン · 続きを見る »

ヴィルヘルム (ナッサウ公)

ヴィルヘルム・ゲオルク・アウグスト・ハインリヒ・ベルグス・ツー・ナッサウ(Wilhelm Georg August Heinrich Belgus zu Nassau, 1792年6月14日 - 1839年8月20日)は、ナッサウ公(在位:1816年 - 1839年)。最後のナッサウ公でもあったルクセンブルク大公アドルフの父。 ナッサウ=ヴァイルブルク侯フリードリヒ・ヴィルヘルムとその妻でザイン=ハヒェンブルク伯領の女子相続人であるルイーゼ・フォン・キルヒベルクの間の長男として、プファルツ地方のキルヒハイムボランデン(Kirchheimbolanden)に生まれる。1816年1月9日に父の死にともないナッサウ=ヴァイルブルク侯位を相続、その2カ月後にナッサウ=ウジンゲン家のフリードリヒ・アウグストからナッサウ公位を継承した。同年のうちに、それまで分かれて存在していたナッサウ=ヴァイルブルク侯領をナッサウ公国へ統合した。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とヴィルヘルム (ナッサウ公) · 続きを見る »

パウル・フォン・ヴュルテンベルク

パウル・カール・フリードリヒ・アウグスト・フォン・ヴュルテンベルク(Paul Karl Friedrich August von Württemberg, 1785年1月19日 - 1852年4月16日)は、ヴュルテンベルクの王族、ヴュルテンベルク王子(Prinz von Württemberg)およびヴュルテンベルク公(Herzog von Württemberg)。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とパウル・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

ヒルデガルト・フォン・バイエルン (1825-1864)

ヒルデガルト・フォン・バイエルン(Hildegard von Bayern, 1825年6月10日 - 1864年4月2日)は、バイエルン王国の王族。バイエルン王ルートヴィヒ1世の四女で、テシェン公アルブレヒトの妃となった。全名はヒルデガルト・ルイーゼ・シャルロッテ・テレジア・フリーデリケ(Hildegard Luise Charlotte Theresia Friederike)。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とヒルデガルト・フォン・バイエルン (1825-1864) · 続きを見る »

テレーゼ・フォン・ナッサウ

テレーゼ・フォン・ナッサウ=ヴァイルブルク(Therese von Nassau-Weilburg, 1815年4月17日 ヴァイルブルク - 1871年12月8日 プラハ)は、ドイツのナッサウ公ヴィルヘルムの娘で、オルデンブルク公子ピョートル・ゲオルギエヴィチの妻。全名はテレーゼ・ヴィルヘルミーネ・フリーデリケ・イザベレ・シャルロッテ(Therese Wilhelmine Friederike Isabelle Charlotte von Nassau-Weilburg)。 ナッサウ=ヴァイルブルク侯(1816年よりナッサウ公)ヴィルヘルムとその最初の妻でザクセン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒの娘であるルイーゼの間の次女として生まれた。1837年にビーブリッヒにおいて、オルデンブルク大公家の公子でロシア皇帝パーヴェル1世の外孫であるピョートルと結婚した。夫妻はロシア貴族として生涯を送り、間に8人の子女をもうけた。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とテレーゼ・フォン・ナッサウ · 続きを見る »

テレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン

テレーゼ・シャルロッテ・ルイーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン(Therese Charotte Luise von Sachsen-Hildburghausen, 1792年7月8日 - 1854年10月26日)は、バイエルン国王ルートヴィヒ1世の王妃。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とテレーゼ・フォン・ザクセン=ヒルトブルクハウゼン · 続きを見る »

フリーデリケ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット (1752-1782)

メクレンブルク公爵夫人フリーデリケ フリーデリケ・カロリーネ・ルイーゼ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット(Friederike Caroline Luise von Hessen-Darmstadt, 1752年8月20日 ダルムシュタット - 1782年5月22日 ハノーファー)は、ドイツのヘッセン=ダルムシュタット方伯家の侯女で、メクレンブルク=シュトレーリッツ公(のちに大公)カール2世の最初の妻。 ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の弟ゲオルク・ヴィルヘルムと、ライニンゲン=ダークスブルク=ファルケンブルク伯クリスティアン・カール・ラインハルトの娘でブロイヒ(Herrschaft Broich)の女領主であるルイーゼの間の長女として生まれた。 1768年9月18日、メクレンブルク=シュトレーリッツ公アドルフ・フリードリヒ4世の弟で、当時はハノーファー選帝侯領の総督を務めていたカールと結婚した。夫との間に10人の子供をもうけた後、29歳で早世した。夫はフリーデリケの死後、その妹シャルロッテを後妻に迎えている。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とフリーデリケ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット (1752-1782) · 続きを見る »

フリードリヒ・フォン・ヴュルテンベルク

フリードリヒ・カール・アウグスト・フォン・ヴュルテンベルク(Friedrich Karl August von Württemberg, 1808年2月21日 - 1870年5月9日)は、ヴュルテンベルクの王族。ヴュルテンベルク王子(Prinz von Württemberg)およびヴュルテンベルク公(Herzog von Württemberg)。最後のヴュルテンベルク王ヴィルヘルム2世の父親である。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とフリードリヒ・フォン・ヴュルテンベルク · 続きを見る »

アレクサンドラ・フォン・バイエルン

アレクサンドラ・アマーリエ・フォン・バイエルン(Alexandra Amalie Prinzessin von Bayern, 1826年8月26日 - 1875年9月21日)は、ドイツのバイエルン王国の王族で、作家、翻訳家。バイエルン王女(Prinzessin von Bayern)。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とアレクサンドラ・フォン・バイエルン · 続きを見る »

アーデルグンデ・フォン・バイエルン (1823-1914)

アーデルグンデ・フォン・バイエルン(ドイツ語:Adelgunde von Bayern, 1823年3月19日 - 1914年10月28日)は、バイエルン王国の王族。全名はアーデルグンデ・アウグステ・シャルロッテ・カロリーネ・エリーザベト・アマーリエ・マリー・ゾフィー・ルイーゼ(Adelgunde Auguste Charlotte Caroline Elisabeth Amalie Marie Sophie Luise)。バイエルン王ルートヴィヒ1世の三女で、モデナ公フランチェスコ5世の妃となった。イタリア語名はアデルゴンダ・ディ・バヴィエーラ(Adelgonda di Baviera)。 1823年3月19日、ルートヴィヒ1世(当時王太子)とその妃であったザクセン=ヒルトブルクハウゼン公フリードリヒの娘テレーゼの間に第六子としてヴュルツブルクで生まれた。 1842年3月30日にミュンヘンでモデナ公子フランチェスコ(オーストリア=エステ大公フランツ)と結婚し、1846年に夫が即位したことによりモデナ公妃となった。1859年、イタリア統一を目指すサルデーニャ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世によってモデナ公国が併合されるとフランチェスコ5世とともにウィーンへ亡命し、フランチェスコ5世の歿後はミュンヘンに戻った。 1914年10月28日、ミュンヘンで死去した。遺骨はウィーンのカプツィーナー教会にある皇帝納骨所(カイザーグルフト)に収められている。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とアーデルグンデ・フォン・バイエルン (1823-1914) · 続きを見る »

エルネスティン家

ルネスティン家の始祖、選帝侯エルンスト エルネスティン家またはエルネスティン系()は、ドイツのザクセン地方を支配していたヴェッティン家の分枝。家名は始祖のザクセン選帝侯エルンストに由来し、エルンスト系と呼ばれることもある。1464年から1547年まで選帝侯の地位にあった。選帝侯位は後に失うことになるが、諸分家はドイツの領邦()として存続した。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とエルネスティン家 · 続きを見る »

エドゥアルト・フォン・ザクセン=アルテンブルク

ドゥアルト・フォン・ザクセン=アルテンブルク エドゥアルト・カール・ヴィルヘルム・クリスティアン・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Eduard Karl Wilhelm Christian von Sachsen-Altenburg, 1804年7月3日 ヒルトブルクハウゼン - 1852年5月16日 ミュンヘン)は、ドイツのザクセン=アルテンブルク家(1826年まではザクセン=ヒルトブルクハウゼン家)の公子で、バイエルンの軍人、陸軍中将。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とエドゥアルト・フォン・ザクセン=アルテンブルク · 続きを見る »

カール2世 (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公)

ール2世(Karl II., 1741年10月10日 - 1816年11月6日)は、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公国の初代大公(在位:1816年)。初めはメクレンブルク=シュトレーリッツ公(在位:1794年 - 1816年)。全名はカール・ルートヴィヒ・フリードリヒ(Karl Ludwig Friedrich)。メクレンブルク=シュトレーリッツ公子カールの次男。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とカール2世 (メクレンブルク=シュトレーリッツ大公) · 続きを見る »

ゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ゲオルク、1820年頃 ゲオルク・カール・フリードリヒ・フランツ(ドイツ語:Georg Karl Friedrich Franz von Sachsen-Altenburg, 1796年7月24日 - 1853年8月3日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1848年 - 1853年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の四男、事実上の次男として生まれた。1848年革命の煽りを受けて退位した兄ヨーゼフの後を継いで、ザクセン=アルテンブルク公となった。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とゲオルク (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

ザクセン=ヒルトブルクハウゼン

ン=ヒルトブルクハウゼン()は1680年から1826年まで存在した、ヴェッティン家エルネスティン系が統治した公国。領土は現ドイツのテューリンゲン州の一部(現とほぼ同じ)にあたる。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とザクセン=ヒルトブルクハウゼン · 続きを見る »

ザクセン=アルテンブルク公国

ン=アルテンブルク公国 (Sachsen-Altenburg) は、ドイツ中部のテューリンゲン地方に存在した領邦国家。 17世紀に神聖ローマ帝国の領邦として存在したが、ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公国に編入されて消滅。同公家が1825年に断絶すると領土の再編が行われて復活し、ドイツ帝国成立以後はその領邦となった。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とザクセン=アルテンブルク公国 · 続きを見る »

シャルロッテ・ツー・メクレンブルク (1769-1818)

ン=ヒルトブルクハウゼン公爵夫人シャルロッテ、ヨハン・フィリップ・バッハ画、1790年頃 シャルロッテ・ゲオルギーネ・ルイーゼ・フリーデリケ・ツー・メクレンブルク(Charlotte Georgine Luise Friederike Herzogin zu Mecklenburg, 1769年11月17日 ハノーファー - 1818年5月14日 ヒルトブルクハウゼン(現在のテューリンゲン州ヒルトブルクハウゼン郡))は、ドイツのメクレンブルク=シュトレーリッツ公爵家の公女で、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(後にザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒの妻。プロイセン王妃ルイーゼの長姉である。 メクレンブルク=シュトレーリッツ公(のち大公)カール2世とその最初の妻でヘッセン=ダルムシュタット侯子ゲオルク・ヴィルヘルムの娘であるフリーデリケの間の第1子、長女として生まれた。1785年9月3日にヒルトブルクハウゼンにおいて、ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公爵家の当主フリードリヒと結婚し、間に12人の子女をもうけた。.

新しい!!: フリードリヒ (ザクセン=アルテンブルク公)とシャルロッテ・ツー・メクレンブルク (1769-1818) · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

フリードリヒ (ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公)

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »