ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

フランクリン街シャトル

索引 フランクリン街シャトル

フランクリン街シャトル(ふらんくりんがいしゃとる、Franklin Avenue Shuttle)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区を走るニューヨーク市地下鉄のBディビジョンに属するシャトル鉄道路線である。かつてブルックリン・マンハッタン交通会社 (BMT) が路線を保有・運営していた区間の一部である。フランクリン・アベニュー駅からプロスペクト・パーク駅を結んでいる。.

14 関係: マルボーン・ストリート鉄道事故ブルックリン・マンハッタン・トランジットプロスペクト・パーク駅 (ニューヨーク市地下鉄)パークプレイスフランクリン・アベニュー-フルトン・ストリート駅ニューヨーク市地下鉄ニューヨーク市地下鉄の運行系統の一覧ニューヨーク市地下鉄の駅一覧ニューヨーク市地下鉄の路線の一覧ニューヨーク市地下鉄Bディビジョンニューヨーク市地下鉄S系統コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅BMTブライトン線BMTフランクリン・アベニュー線

マルボーン・ストリート鉄道事故

マルボーン・ストリート鉄道事故(マルボーン・ストリートてつどうじこ、Malbone Street Wreck)、または (BRT) ブライトン・ビーチ線事故とも、は1918年11月1日にブルックリン区フラットブッシュ (en) にあるフラットブッシュ・アベニューとオーシャン・アベニュー、マルボーン・ストリート(現在のエンパイア・ブールバード)の交差点地下で発生した地下鉄事故である。少なくとも93人が死亡し、アメリカの鉄道史上最悪の事故の1つとなったCudahy, Brian (1999).

新しい!!: フランクリン街シャトルとマルボーン・ストリート鉄道事故 · 続きを見る »

ブルックリン・マンハッタン・トランジット

ニューヨークの路面電車網 コニー・アイランド駅入口 ブルックリン・マンハッタン・トランジット(、略称BMT)は、1923年に設立され、アメリカ合衆国のニューヨーク・ブルックリン区に本拠を置いていた、都市鉄道の会社である。BMTの鉄道網は、1940年にニューヨーク市に売却された。こんにちでは、インディペンデント・サブウェイ・システム (IND) の鉄道網とともに、ニューヨーク市地下鉄のBディビジョンとなっている。当時のBMTの路線網は現在では、、、、およびの各系統、そしてフランクリン街シャトル、さらにBMTのブルックリンにおける線路にINDが運行する、、の各系統、そしてクイーンズにおける系統の短い区間などになっている。系統の列車はウィリアムズバーグ橋を渡ったのち、クリスティー・ストリート連絡線を通じてINDの線路に乗り入れ、また系統の列車は60丁目トンネル連絡線を通じてINDの線路に乗り入れていた。系統の列車は系統のラッシュ時のピーク方向の輸送を補完する。.

新しい!!: フランクリン街シャトルとブルックリン・マンハッタン・トランジット · 続きを見る »

プロスペクト・パーク駅 (ニューヨーク市地下鉄)

プロスペクト・パーク駅(Prospect Park)はニューヨーク市地下鉄BMTブライトン線の急行停車駅である。ブルックリン区フラットバッシュのエンパイア・ブールバード-フラットバッシュ・アベニューにある。Q系統とフランクリン街シャトルが終日運転され、平日にはB系統も運行されている。.

新しい!!: フランクリン街シャトルとプロスペクト・パーク駅 (ニューヨーク市地下鉄) · 続きを見る »

パークプレイス

パークプレイス(Park place).

新しい!!: フランクリン街シャトルとパークプレイス · 続きを見る »

フランクリン・アベニュー-フルトン・ストリート駅

フランクリン・アベニュー-フルトン・ストリート駅 (Franklin Avenue–Fulton Street) はニューヨーク市地下鉄BMTフランクリン・アベニュー線とINDフルトン・ストリート線の乗換駅である。ブルックリン区ベッドフォード=スタイベサントのフルトン・ストリートとフランクリン・アベニューの交差点に位置し、以下の系統が停車する。.

新しい!!: フランクリン街シャトルとフランクリン・アベニュー-フルトン・ストリート駅 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄

R160A電車 ニューヨーク市地下鉄(ニューヨークしちかてつ、New York City Subway)は、ニューヨークシティー・トランジット・オーソリティー (NYCTA) によりニューヨーク州ニューヨーク市内で運行されている地下鉄(ラピッド・トランジット)である。 1904年に米国ではボストンに次ぐ2番目の地下鉄として開業した。開業当初は民営であったが、1932年にはそれとは別個に市営地下鉄も開業し、1940年の完全市営化を経て1953年からNYCTAによる運営が開始された。 路線網はマンハッタンを中心にスタテンアイランドを除く市内のほぼ全域に広がっており、路線延長は233マイル(375km)で地下鉄としては北京、上海、ロンドンに次いで世界で4番目の規模を有する。468駅が設置されており、全ての路線と駅で24時間営業が行われている。年間利用者数は約17億5000万人(2014年)で、世界で7番目に利用者が多い地下鉄でもある。.

新しい!!: フランクリン街シャトルとニューヨーク市地下鉄 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄の運行系統の一覧

ニューヨーク市地下鉄の運行系統の一覧を以下に示す。 、ニューヨーク市地下鉄では25のアルファベットまたは数字でラベルされた運行系統が使われている。.

新しい!!: フランクリン街シャトルとニューヨーク市地下鉄の運行系統の一覧 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄の駅一覧

在のニューヨーク市地下鉄とスタテンアイランド鉄道の路線図。 ニューヨーク市地下鉄の駅一覧(ニューヨークしちかてつのえきいちらん)は、ニューヨーク市地下鉄にある駅の一覧である。.

新しい!!: フランクリン街シャトルとニューヨーク市地下鉄の駅一覧 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄の路線の一覧

ニューヨーク市地下鉄は、ニューヨーク市の5つの行政区のうち4区内で運行している公共地下鉄システムである。現在のシステムは、かつてのインターボロー・ラピッド・トランジット (IRT)、ブルックリン・マンハッタン・トランジット (BMT)、そしてインディペンデント・サブウェイ・システム (IND) から受け継がれている。ニューヨーク市はINDの発足時からこの会社を所有しており、BMTとIRTは1940年に買収した。かつてのIRTのシステムは現在はAディビジョンに属しており、かつてのBMTとINDのシステムを統合したものはBディビジョンに属している。.

新しい!!: フランクリン街シャトルとニューヨーク市地下鉄の路線の一覧 · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄Bディビジョン

Bディビジョン (B Division) あるいはBMTディビジョン (BMT Division)、INDディビジョン (IND Division) はニューヨーク市地下鉄のディビジョンの一つでアルファベットの系統 (A~G、J、L、M、N、Q、R、W、Z) とフランクリン街シャトル・ロッカウェイ・パーク・シャトルとその他25路線が属している。これらの系統および路線は1940年の地下鉄市営化以前はブルックリン・マンハッタン・トランジット (BMT) とインディペンデント・サブウェイ・システム (IND) の2社が運営しており、インターボロー・ラピッド・トランジット (IRT) の運営していた系統と路線の属しているAディビジョンよりも規格が大きく、それに伴い車両も大きくなっている。.

新しい!!: フランクリン街シャトルとニューヨーク市地下鉄Bディビジョン · 続きを見る »

ニューヨーク市地下鉄S系統

ニューヨーク市地下鉄S系統(ニューヨークしちかてつSけいとう、シャトル系統)はニューヨーク市地下鉄の運行系統の一つ。カラーはダーク・スレート・グレー。公式には3つの系統(うち2つは常時運行、1つは深夜運休)がS系統とされており、さらに4つの系統が深夜のみシャトルとして運行しているが、深夜のみ運行するシャトルにはS系統の系統記号が用いられない。.

新しい!!: フランクリン街シャトルとニューヨーク市地下鉄S系統 · 続きを見る »

コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅

ニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅またはコニー・アイランド・ターミナル駅(Coney Island - Stillwell Avenue, or Coney Island Terminal)は、ブルックリン区コニー・アイランドにあるニューヨーク市地下鉄の駅で、4つの運行系統の南端駅である。世界でも最大級の高架上交通ターミナルで、アメリカ合衆国で最もエネルギー効率の高い大量輸送施設でもある。 この大量輸送能力はコニー・アイランドがニューヨーク都市圏随一のサマーリゾート地であった頃に設計されたためで、ブルックリン区南部のすべての鉄道路線が集まり、また広がっている。 当駅はコニー・アイランドのスティルウェル・アベニューとサーフ・アベニューの角にあり、過去にはニューヨーク市地下鉄で最南端のターミナル駅だったウェスト・エンド・ターミナル駅が置かれていた(ただし、ニューヨーク市の交通システムで最南端の駅はスタテンアイランド鉄道のである)。島式ホーム4面8線を有し、地図上では南北両方から入線してくるが、路線呼称上はD系統、F系統、N系統およびQ系統の南端の駅となる。 さらに、BMTウェスト・エンド線とBMTシー・ビーチ線の線路が近くにあるコニーアイランド車両基地に繋がっている.

新しい!!: フランクリン街シャトルとコニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅 · 続きを見る »

BMTブライトン線

BMTブライトン線(BMT Brighton Line)はニューヨーク市ブルックリン区を走るニューヨーク市地下鉄Bディビジョンの路線である。終日各駅停車のQ系統が運行され、平日には急行のB系統も加わる。Q系統は南端のコニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅からブライトン線全線を走行した後マンハッタン橋南線からBMTブロードウェイ線に乗り入れているB系統はブライトン・ビーチ駅から出てマンハッタン橋北線を通ってIND6番街線に乗り入れている。.

新しい!!: フランクリン街シャトルとBMTブライトン線 · 続きを見る »

BMTフランクリン・アベニュー線

BMTフランクリン・アベニュー線(BMT Franklin Avenue Line)はニューヨーク市ブルックリン区内を走るニューヨーク市地下鉄の路線である。終日フランクリン街シャトルが運行されている。過去にはBMTブライトン線と直通運転を行っていたため、ブライトン-フランクリン線(Brighton-Franklin Line)とも呼ばれていた。 During renovation, a temporary shuttle bus and the B48 bus replaced train service.

新しい!!: フランクリン街シャトルとBMTフランクリン・アベニュー線 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »