ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ハザード(hazard)は、危険の原因・危険物・障害物などを意味する英語。潜在的危険性。日本ではいろいろな外来語・和製英語として使用される。英語の“hazard”には「偶然」という意味あいもあるが、日本語ではもっぱら「危険」という意味あいで用いられる。.

24 関係: 危害危害分析重要管理点対策共同事業センター危険有害性安全化学品の分類および表示に関する世界調和システムリスクリスクマネジメントレジスタ・リネーミングブラウフレンキッシュフェアウェイアブドル・アルハズラットアザールガラパゴス化クリーンルームスマートエントリータイミング図石丸謙二郎Deus ExHACCPRAMS規格SH-07BSH-08B技術士総合技術監理部門機能安全

危害

危害(きがい、harm)は、「人の障害や健康喪失の状態、または財産や環境の価値喪失状態」と定義すると合理的であると、佐藤吉信は述べている一般社団社団法人 電気情報通信学会 Fundamentals Review Vol.1, No.2 安全性研究会 解説論文。 国際基本安全規格においては「人の受ける身体的傷害若しくは健康傷害,又は財産若しくは環境の受ける害」と定義されている。 公益財団法人日本食肉消費センターの用語集では、ハザード(hazard)を「危害」と訳している例もあるが、電気の国際標準ではハザードと危害は別の定義である。 ハザードは、危険の源が潜在的で暴露していない状態である。このハザードが危険事象というイベントによって状態遷移をして危害(harm)というハザードが暴露した状態になる。 危害の影響の大きさ(ひどさ)は、保護対象の性質(人、財産、環境)や、傷害または健康障害の強度(軽い、重い、死亡)、危害の範囲(1人、複数)などが考慮される機械安全/機能安全 実用マニュアル、日刊工業新聞。 危害の発生確率は、危険源にさらされる頻度及び時間、危険事象の発生確率、危害回避または制限の可能性から算出する。.

新しい!!: ハザードと危害 · 続きを見る »

危害分析重要管理点対策共同事業センター

危害分析重要管理点対策共同事業センター(きがいぶんせきじゅうようかんりてんたいさくきょうどうじぎょうせんたー/略称:HACCP・AJVC(はせっぷ・えーじぇいぶいしー))は、HACCP・PAS220・ISO22000,FSSC22000,ISO9001構築・運用支援、ISO22000ネットコンサルティング、ISO/HACCPセミナーとHACCP研究会運営、施設・設備及び衛生管理高度化支援、新製品の開発、危害対策製品の認定を行なっている団体である。.

新しい!!: ハザードと危害分析重要管理点対策共同事業センター · 続きを見る »

危険有害性

危険有害性(きけんゆうがいせい)は、爆発物や引火性などの危険性と、発がん性、急性毒性、水生環境有害性などの有害性の総称である。同じ意味でハザード、危害、危害要因とよばれることもある。単に危険性と呼ばれることもある。 2008年に国際的に導入が予定されている化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)の日本語訳で、英語の"hazard"として公的に使われている。 中国語では単に(危险)である。 国連危険物輸送勧告で対象としている危険性と同じである。.

新しい!!: ハザードと危険有害性 · 続きを見る »

安全

安全(あんぜん、safety、セイフティ、sécurité セキュリテ)に関して、安全の国際標準の定義「許容できないリスクがないこと」ISO/IEC GUIDE 51:2014向殿政男「」2014と、「危険をゼロにする(絶対安全)」について解説をする。 概説では、安全を、一般の人々がどのように考えているのか、工学分野の研究者・技術者が20世紀後半(1900年代後半)から最近(2014年時点)においてどのように考えていたかを紹介する。次に、安全の定義や、安全を達成するためのリスクマネジメントについて紹介する。「命や財産を保護すること」という意味については、「セキュリティ(security)」または「保安」を参照。.

新しい!!: ハザードと安全 · 続きを見る »

化学品の分類および表示に関する世界調和システム

化学品の分類および表示に関する世界調和システム(かがくひんのぶんるいおよびひょうじにかんするせかいちょうわシステム、; )とは、化学品(物質および混合物)の危険有害性(hazard)に関する国際的な危険有害性分類基準と表示方法(ラベルとSDS)に関するシステムである。ここで、「ラベル」とは、必ずしも、パッケージや容器に貼り付けるものを意味しているわけではなく、あらかじめパッケージや容器に印刷されているものも含まれている。英語のLabelの意味である。.

新しい!!: ハザードと化学品の分類および表示に関する世界調和システム · 続きを見る »

リスク

リスク (英: risk)は、OXFORD現代英英辞典によると、"the probability of something bad happening at some time in the future(将来のいずれかの時において何か悪い事象が起こる可能性)" とされている。この概念をベースとして、金融学や工学、あるいはリスクマネジメントの理論の中で派生的にバリエーションのある定義づけがなされている場合がある。近年では「悪い事象が起こる可能性」だけではなく「良い事象が起こる可能性」もリスクに含むという「主張」もなされているが、「リスク」という言葉の一般的な意味が「主張」によって変えられることはありえないため、鵜呑みにすることなく、主張の意味や目的を十分に理解した上で、限られた範囲において使用するなど慎重に対応すべきである。 日本語では「危険」などと訳されることもあるが、「危険」では「可能性」という概念が十分に表されていない。上記OXFORD英英辞典の定義のとおり、リスクは「悪い事象」ではなく「悪い事象が起こる可能性」であるから、悪い事象の「重大性」と「可能性」のマトリックスによって「リスク」の大小が決定づけられることとなる。 語源であるラテン語の「risicare」は「(悪い事象が起こる可能性を覚悟の上で)勇気をもって試みる」ことを意味する。.

新しい!!: ハザードとリスク · 続きを見る »

リスクマネジメント

リスクマネジメント(risk management)とは、リスクを組織的に管理(マネジメント)し、損失などの回避または低減をはかるプロセスをいう。リスクマネジメントは、主にリスクアセスメントとリスク対応とから成る(JIS Q 31000 「リスクマネジメント―原則及び指針」による)。さらに、リスクアセスメントは、リスク特定、リスク分析、リスク評価から成る。リスクマネジメントは、各種の危険による不測の損害を最小の費用で効果的に処理するための経営管理手法である。.

新しい!!: ハザードとリスクマネジメント · 続きを見る »

レジスタ・リネーミング

レジスタ・リネーミング(register renaming)とは、コンピュータのプログラム内でレジスタを再利用しているために不必要な順序性が生じているのを、より多くの実在するレジスタを利用して再利用されているレジスタに割り当て、依存を無くす技術である。.

新しい!!: ハザードとレジスタ・リネーミング · 続きを見る »

ブラウフレンキッシュ

ブラウフレンキッシュ (ドイツ語で"青いフランクのブドウ")は赤ワイン用の暗色の皮を持つブドウ品種である, accessed on January 23, 2013。晩生品種であるブラウフレンキッシュは、典型的なタンニンが豊富な赤ワインを生産し、スパイシーな特徴を明確に発揮するAppellation America "" Accessed: January 20th, 2013。 主に中央ヨーロッパに広範に栽培されており、オーストリア、チェコ (特に南モラヴィア州で"フランコフカ"として知られる)、ドイツ、スロバキア (現地では"フランコフカ・モドラ"と呼ばれる)、クロアチア、セルビア ("フランコフカ")、スロベニア ("モドラ・フランキーニャ"として知られる)、およびイタリアのフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州のワイン ("フランコニア"と呼ばれる)を含む。ハンガリーでは"ケークフランコシュ" (これも青いフランクの意)と呼ばれ、ショプロン、ヴィラーニー、セクサールドおよびエゲル (カダルカに大部分が置き換えられているものの (エゲルの牡牛の血の意)として知られる有名な赤ワインブランドの主要なブレンド品種である)のワイン生産地域のいくつかで栽培されている。また、東ヨーロッパでの普及と評判のため、"東のピノ・ノワール"と呼ばれることがある。アメリカではこのブドウはアイダホ州、ワシントン州およびドイツに良く似た気候のニューヨーク州のフィンガーレイクス周辺で栽培されており、"レンベルガー"、"ブラウアー・リンバーガー"あるいは"ブルー・リンバーガー"として知られている。 DNA型鑑定ではブラウフレンキッシュが (ドイツではヴァイサー・ホイニッシュ;男系親)とブラウ・ツィメートトラウベ (アルガン (ドイツではブラウゲンズフュッサー)の子孫; 女系親)との交配であることが分かっている。歴史的なアンペルグラフ (ブドウ品種学)の情報源では、この品種の起源としての地理的領域は下シュタイアーマルク (今日ではスロベニアのシュタイエルスカ地方)であるという非常に堅実な証拠を提供してきた。 ブラウフレンキッシュは、DNA分析が適用される以前からガメ品種のクローンであると誤って考えられていたが、これは形態学上のある種の類似性のためであるほか、ブルガリアで"Gamé"という別名で呼ばれていることも一因である可能性がある。 ドイツ語名のレンベルガー (Lemberger)は、19世紀にオーストリア・ハンガリー帝国に含まれた当時のスロベニアの下シュタイアーマルクのレンベルク・プリ・シュマリエからドイツに輸出されていたことの名残である。1877年にレンベルガー種ブドウのドイツへの輸出の記録が残っている。ほぼ同じ名前のリンバーガー (Limberger)は、下オーストリアののリンベルクを指し、19世紀後半には「非接木のリンバーガー・ブラウフレンキッシュ」 (wurzelechte LimbergerBlaufränkisch-Reben)が販売された。 ワシントン州は北米のいくつかの主要なワイン生産地域の一つであり、レンベルガーの栽培を行っている。このに使われるブドウはほとんどがヤキマバレー (Yakima Valley)で栽培されているが、オリンピック半島でも栽培されている。ミシガン州でも少量のレンベルガーが栽培されており、ニュージャージー州、アイダホ州、ニューヨーク州、コロラド州MacNeil, K. The Wine Bible Workman Publishing, New York 、 オハイオ州、バージニア州Blue Frankish – A Great Wine By Any Name 、およびカリフォルニア州でも栽培されている 。.

新しい!!: ハザードとブラウフレンキッシュ · 続きを見る »

フェアウェイ

フェアウェイ フェアウェイ()は、ゴルフにおけるコースの一要素である。短く刈り込まれた芝で構成されており、ここからは打ちやすい。またボールが落ちた場合、よく弾み、よく転がる性質がある。.

新しい!!: ハザードとフェアウェイ · 続きを見る »

アブドル・アルハズラット

アブドル・アルハズラット (Abdul Alhazred) は、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの一連の小説に登場する奇書「ネクロノミコン」の著者とされる架空の人物。アブドゥル・アルハザードとも(どちらかというとこの表記の方が一般的である)。鬼神論者または妖術師である。.

新しい!!: ハザードとアブドル・アルハズラット · 続きを見る »

アザール

アザール(Hazard)は、フランス語圏の姓。.

新しい!!: ハザードとアザール · 続きを見る »

ガラパゴス化

ラパゴス化(ガラパゴスか、Galapagosization)とは日本で生まれたビジネス用語のひとつで、孤立した環境(日本市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)の高い種(製品・技術)が導入されると最終的に淘汰される危険に陥るという、進化論におけるガラパゴス諸島の生態系になぞらえた警句である。ガラパゴス現象(Galápagos Syndrome)とも言う。.

新しい!!: ハザードとガラパゴス化 · 続きを見る »

クリーンルーム

リーンルーム内部(写真中の黄色の照明はクリーンルームとしての機能とは無関係) クリーンルームで使用される保護衣の代表例の1つ クリーンルーム(clean room)とは、空気清浄度が確保された部屋のことである。防塵室(ぼうじんしつ)ともいう。 JIS Z 8122では、 コンタミネーションコントロールが行われている限られた空間であって、空気中における浮遊微小粒子、浮遊微生物が限定されて清浄度レベル以下に管理され、また、その空間に供給される材料、薬品、水などについても要求される清浄度が保持され、必要に応じて温度、湿度、圧力などの環境条件についても管理が行われている空間 と定義されている。.

新しい!!: ハザードとクリーンルーム · 続きを見る »

スマートエントリー

マートエントリーとは、機械的な鍵を使用せずに車両のドア・トランクの施錠・開錠、エンジンの始動が可能な自動車の機能のことである。.

新しい!!: ハザードとスマートエントリー · 続きを見る »

タイミング図

タイミング図およびタイミングチャートとは、電子工学において複数の信号の関係や振る舞いを時間軸に表した図(ダイアグラム)である。他の信号とタイミング関係を比較するために、通常は複数行になりクロック信号を含んでいる場合もある。デジタル回路の基礎から、集積回路検査・デバッグなど幅広く使われている。 タイミング関係の全体的な説明をするだけでなく、組み合せからデジタルロジックのハザードを見つけることもできる。同期式データ転送の場合は、クロック信号に対しデータ信号がサンプリングされるタイミングが分かり、シリアル通信ならばデータの並び順も分かる。.

新しい!!: ハザードとタイミング図 · 続きを見る »

年越し

年越し(としこし)は1年の最後の日、グレゴリオ暦で12月31日であり、多くの地域ではシルヴェスターの日と呼ぶ。多くの国で、年越しの夜の会合で多くの人が踊り、食べ、酒を飲んで、新年を迎える花火で祝う。年越しの礼拝に行く人たちもいる。祝祭は通常、深夜0時を過ぎ1月1日(元日)まで続く。キリバスとサモアが最も早く新年を迎える国であり、ハワイ州ホノルルが最後の地域である。.

新しい!!: ハザードと年越し · 続きを見る »

年末年始

年末年始(ねんまつねんし)は、厳密な定義はないが、1年の終わりから翌年の初頭の期間の総称である(具体的な期間は使用する場面によって異なる)。 当項目では日本における年末年始を主題として解説している。.

新しい!!: ハザードと年末年始 · 続きを見る »

クリスマス

リスマス()は、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(誕生日ではなく降誕を記念する日)『キリスト教大事典 改訂新版』350〜351頁、教文館、1977年 改訂新版第四版。毎年12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う()。ただし、キリスト教で最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である正教会の出典:()カトリック教会の出典:(カトリック中央協議会)聖公会の出典:(日本聖公会 東京教区 主教 植田仁太郎)プロテスタントの出典:『キリスト教大事典』910頁、教文館、1973年9月30日 改訂新版第二版。 キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。教会では降誕祭といった表記もある。 一般的年中行事としても楽しまれ、ジングルベルなどのクリスマスソングは多くの人に親しまれている。.

新しい!!: ハザードとクリスマス · 続きを見る »

クリスマス・イヴ

リスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画。 クリスマス・イヴ()、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」() は「(夜、晩)」と同義の古語「」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。.

新しい!!: ハザードとクリスマス・イヴ · 続きを見る »

元日

元日(がんじつ)は年の最初の日。日付はグレゴリオ暦では1月1日(改暦前は旧暦正月一日)。元旦(がんたん)ともいうが、この場合は特にその日の朝を指すこともある日本国語大辞典第二版編集委員会・小学館国語辞典編集部編『日本国語大辞典』第二版、小学館。.

新しい!!: ハザードと元日 · 続きを見る »

新年

新年(しんねん、)は世界各地で使われている暦年の新しい年の始めをいう。学年、会計年度上の新年という場合もある。.

新しい!!: ハザードと新年 · 続きを見る »

石丸謙二郎

石丸 謙二郎(いしまる けんじろう、1953年11月1日 - )は、日本の俳優、声優、ナレーター。本名同じ。大分県大分市出身。2006年1月1日より青年座映画放送株式会社所属。身長173cm。血液型はA型。.

新しい!!: ハザードと石丸謙二郎 · 続きを見る »

Deus Ex

『Deus Ex』(デウスエクス)は、緻密に設定されたサイバーパンクの世界観をベースに、ロールプレイングゲームとファーストパーソン・シューティングゲームという2つのジャンルを融合したゲーム作品。製作総指揮はウォーレン・スペクター(Warren Spector)。作者は過去にもSystem Shockシリーズや『Ultima Underworld』(ウルティマシリーズで、初の3D表示のCRPG)などの開発に携わっており、欧米のゲーム開発者としては著名な人物である。このゲームの名前の由来はデウス・エクス・マキナからきており、これは、科学技術によって強化された主人公が、最終的にゲーム内世界にもたらす決定的な影響力を暗に表している。 本作は40以上のメディアから ゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞し、現在でもFPSとRPGを融合させたジャンルの初期の傑作として認知されている。.

新しい!!: ハザードとDeus Ex · 続きを見る »

HACCP

HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point-日本語読みは決まっていないがハサップ()またはハセップと呼ばれることが多い)は 食品を製造する際に工程上の危害を起こす要因(ハザード;Hazard)を分析しそれを最も効率よく管理できる部分(CCP;必須管理点)を連続的に管理して安全を確保する管理手法である。 日本では食品衛生法において厚生労働省が「危害分析重要管理点」と訳したが、海外の事情に詳しい専門家は「危害要因分析(に基づく)必須管理点」と訳している(近年日本では、たとえばISO 22000:2005などにおいて“危害分析”から“ハザード分析”と云う呼び方に変更されつつあり、「ハザード」とは危害要因であるとする解釈が増えてきている)。.

新しい!!: ハザードとHACCP · 続きを見る »

RAMS規格

RAMS規格 (ラムズきかく) とは、システム全体の安全性・信頼性の評価をおこなう手法を規格化したもの。.

新しい!!: ハザードとRAMS規格 · 続きを見る »

SH-07B

docomo PRIME series SH-07B(ドコモ プライム シリーズ エスエイチ ゼロ なな ビー)は、シャープが開発した、NTTドコモの第三世代携帯電話(FOMA)端末、docomo PRIME seriesの一つである。.

新しい!!: ハザードとSH-07B · 続きを見る »

SH-08B

docomo STYLE series SH-08B(ドコモ スタイル シリーズ エスエイチ ゼロ はち ビー)は、シャープが開発した、NTTドコモの第三世代携帯電話(FOMA)端末、docomo STYLE seriesの一つである。.

新しい!!: ハザードとSH-08B · 続きを見る »

技術士総合技術監理部門

技術士 総合技術監理部門(ぎじゅつし そうごうぎじゅつかんりぶもん)は、技術士国家資格のうちの1つ。文部科学省管轄。 この資格を得るには、まず認定教育機関を修了するか、技術士一次試験を受験して合格し(部門は何でも良い)、修習技術者となる必要がある(技術士補登録を行う必要はない)。 その後、実務経験を7年(もしくは10年、ただし、大学院修了者は2年間短縮)を行った後で技術士2次試験を総合技術監理部門で受験し、合格して、技術士 (総合技術監理部門)の登録を行う。 国家試験は年1回実施する。実施は日本技術士会。.

新しい!!: ハザードと技術士総合技術監理部門 · 続きを見る »

機能安全

機能安全(きのうあんぜん、functional safety)は「監視装置や防護装置などの付加機能によるリスク低減策」であり、安全方策(安全を確保する為の考え方)の1つである。人間、財産、環境などに危害を及ぼすリスクを、機能や装置の働きにより、許容可能なまでに低減する一つのやり方である。JIS C 0508(IEC 61508)は「被制御機器(EUC)及び被制御機器制御系の全体に関する安全のうち、電気・電子・プログラマブル電子安全関連系及び他のリスク軽減措置の正常な機能に依存する部分」と定義している。自動車の機能安全規格ISO 26262は、機能安全の対象を「電気電子(E/E)システムの機能不全のふるまい」 に限定しているISO 26262:2011。→#自動車の機能安全 電気・電子・プログラマブル電子(Electrical・Electronic・Programmable Electronic)は、E/E/PE(またはE/E/PES)という略号を使用している。 機能安全は、本質安全という考え方と対比して説明される事ある。例えば踏切では、列車と道路を通行する車輌等との事故の危険がある。安全を確保する為に交差しないというのが本質安全に基づいた考え方である。立体交差にするというのは、事故の原因が少なくなるので、機能安全の考え方を適用したものと言える。立体交差で鉄道が上か自動車道が上かで、物の落下や柵のつけ方によって事故の被害の大きさが変動することからも立体交差が本質安全ではないことが分かる。踏切に警報機や遮断機を設置するというのも、事故の可能性は無くなりはしないが、これらの機能や装置の働きにより、許容可能なまでに危険を低減できるので、機能安全の考え方を適用したものと言える。.

新しい!!: ハザードと機能安全 · 続きを見る »

2018年

この項目では、国際的な視点に基づいた2018年について記載する。.

新しい!!: ハザードと2018年 · 続きを見る »

2019年

この項目では、国際的な視点に基づいた2019年について記載する。.

新しい!!: ハザードと2019年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »