ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

チャントラカティ

索引 チャントラカティ

チャントラカティ(ปฏิทินจันทรคติ、Patithin Chantharakhati)は、タイの太陰太陽暦を採用する暦法である。1888年にタイ太陽暦が導入されるまで使われていた。今でも民間では使われている。ソンクラーンは、もともとはチャントラカティ(タイの旧暦)の新年だった。 一か月が、「白分」と「黒分」の2つに分かれている。「白分」は、新月の翌日から満月までで、日没時に月が出ている期間である。「黒分」は、満月の翌日から新月までで、日没時に月が出ていない期間である。19年に7回の閏年が設けられる。.

6 関係: ソンクラーンタイ太陽暦タイ王国の祝日タイ時間暦法の一覧4月13日

ソンクラーン

2007年ウッタラディット県ムアンウッタラディット郡のクンタパオ村におけるソンクラーンの水掛の儀式。非常に伝統的なスタイルの祝い方で、年少者が年長者の手に少量の水をかけ敬意を表している。 ロサンゼルスのワットタイにおけるソンクラーン チェンマイの水掛けの様子 ソンクラーン (ソンクランとも、สงกรานต์) とはタイにおける旧正月のことであり、チャントラカティ(タイの旧暦)の新年である。現在、政府によって4月13日から15日(仏暦・西暦)に固定されており、祝日になっている。 また、ソンクラーンの前後約10日間はテーサカーン・ソンクラーン(ソンクラーン期間)と呼ばれ、休日ではないが祭典が行われることがある。 もともとは、純粋に新年のお祝いであり、家族が一堂に集って共同で仏像のお清めを行ったり、年輩の家族のお清めを行う期間であったが、後に単なる水の掛け合いに発展したため、現在では新年と言うよりも祭りという色彩が強い。このため日本では(タイの)水掛け祭りという言い方もする事がある。 なお、同じ趣旨の祭日がミャンマー スリランカ カンボジア やラオスにも存在する。ミャンマーの旧正月に関してはシンジャンを参考のこと。.

新しい!!: チャントラカティとソンクラーン · 続きを見る »

タイ太陽暦

タイ太陽暦 (タイたいようれき、英語:Thai solar calendar、タイ語:สุริยคติ) は、ラーマ5世によって1888年に導入されたタイ王国独自のグレゴリオ暦(太陽暦)である。民間ではタイ太陰暦も用いられているが、タイ太陽暦はタイの公式な暦である。年は西暦よりも543年大きい仏滅紀元で数えられる。便宜のために、カレンダーには通常、漢数字とアラビア数字で西暦も記されている。 ๒๕๔๗」はタイ文字で2547を表し、仏滅紀元2547年の意味である。 2004年8月のカレンダー。.

新しい!!: チャントラカティとタイ太陽暦 · 続きを見る »

タイ王国の祝日

タイ王国の祝日。ここでは、タイ王国政府によって規定されている祝日について記載する。.

新しい!!: チャントラカティとタイ王国の祝日 · 続きを見る »

タイ時間

タイ王国では、協定世界時を7時間進めたインドシナ時間(UTC+7)を使用している。夏時間はない。1920年にインドシナ時間を採用するまで使用されていた、バンコクのはGMT+6:42:04であった。.

新しい!!: チャントラカティとタイ時間 · 続きを見る »

暦法の一覧

イスラム暦、グレゴリオ暦、ベルベル暦の数字を記したチュニジアのカレンダー 暦法の一覧は、暦の一覧である。.

新しい!!: チャントラカティと暦法の一覧 · 続きを見る »

4月13日

4月13日(しがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から103日目(閏年では104日目)にあたり、年末まではあと262日ある。誕生花はクマガイソウ、エビネ。.

新しい!!: チャントラカティと4月13日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

タイ太陰暦

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »