ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ダニッチ

索引 ダニッチ

ダニッチ (Dunwich) あるいはダンウィッチは、怪奇小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの作品に登場する架空の村。.

14 関係: 地獄の門 (映画)ラムジー・キャンベルリング0 バースデイルー=クトゥの魔神たちヘンリー・アーミテイジビヨンドダンウィッチの怪アリシア・Yアーカムキャッスルロッククトゥルフの呼び声 (TRPG)クトゥルフ神話H・P・ラヴクラフトの ダニッチ・ホラー栞と紙魚子

地獄の門 (映画)

『地獄の門』(じごくのもん、原題:Paura nella città dei morti viventi)は、ルチオ・フルチ監督のゾンビ物ホラー映画。 1980年のイタリア映画。アメリカでの公開タイトルは『THE GATES OF HELL』。日本では劇場未公開、ビデオ・DVD発売。.

新しい!!: ダニッチと地獄の門 (映画) · 続きを見る »

ラムジー・キャンベル

ョン・ラムジー・キャンベル(英:John Ramsey Campbell、1946年1月4日- )はイギリス(イングランド)のホラー小説作家である。 1960年代に最初の名声を得たときから、批評家達はキャンベルをホラーの分野における筆頭作家の1人とみなしている。T・E・D・クラインは「キャンベルは今日のその分野で最高峰に君臨している。」と書き記している。一方、S・T・ジョシは「後代の者たちは彼を、ラヴクラフトやブラックウッドにも等しい、我々の世代における筆頭のホラー作家とみなすだろう。」と述べている。.

新しい!!: ダニッチとラムジー・キャンベル · 続きを見る »

リング0 バースデイ

『リング0 バースデイ』は、2000年1月22日に公開された日本映画。原作は、鈴木光司の小説集『バースデイ』の一編「レモンハート」。鈴木光司の小説を原作とする、映画版『リング』シリーズの完結編。同時上映は『ISOLA 多重人格少女』PG-12。.

新しい!!: ダニッチとリング0 バースデイ · 続きを見る »

ルー=クトゥの魔神たち

ルー=クトゥの魔神たち(ルー=クトゥのまじんたち、Devil Gods of Lu-Kthu)は、クトゥルフ神話と呼ばれる一連の創作群中、主にジェームズ・アンビュールの作品において言及される架空の神々。 ウルタールの大聖堂や一部のネイティブ・アメリカンの部族の間など、ごく一部でのみ伝承が伝わっている。 伝承では、最初に三柱の外なる神々が存在し、次いで様々な旧支配者たちが誕生して行ったとされる。ルー=クトゥが何であるかはいくつかの説がある。.

新しい!!: ダニッチとルー=クトゥの魔神たち · 続きを見る »

ヘンリー・アーミテイジ

ヘンリー・アーミテイジ(1855年~?? Henri Armitage)は、クトゥルフ神話に登場する架空の人物。.

新しい!!: ダニッチとヘンリー・アーミテイジ · 続きを見る »

ビヨンド

『ビヨンド』(原題:...E tu vivrai nel terrore! L'aldilà, 英題:The Beyond)は、1981年4月29日公開のイタリア映画。ルチオ・フルチ監督による、ゾンビもののホラー映画である。 日本では劇場未公開であり、ビデオスルーとなった。.

新しい!!: ダニッチとビヨンド · 続きを見る »

ダンウィッチの怪

『ダンウィッチの怪』(ダンウィッチのかい、The Dunwich Horror)または『ダニッチの怪』(ダニッチのかい)は、アメリカ合衆国のホラー小説家ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説。.

新しい!!: ダニッチとダンウィッチの怪 · 続きを見る »

アリシア・Y

『アリシア・Y』 (ALICIA.Y) は、後藤寿庵による日本の漫画作品。『キャンディータイム海賊版』(富士美出版)にて連載された。なお、『月刊COMICロリポップ』(笠倉出版社)に掲載された予告編では「封印者」というタイトルだった。 2006年に出版された『クトゥルー神話 ダークナビゲーション』(ぶんか社)において、ミスカトニック大学在学中を描いた新作読切『アリシア・Y外伝 ロバート・ゴドラムの研究』が掲載された。 茜新社より刊行された単行本全1巻は絶版になっており、2010年6月27日よりDLsite.comにて後藤の運営するサークル「千堂屋」から電子書籍の形式で販売されていた(単行本収録分に加えて外伝も収録)が、こちらも2013年以降は販売が終了。2015年には絶版マンガ図書館での公開の他、同年1月7日よりAmazon Kindleで販売が行われており、両媒体共に書下ろし短編『アリシア・Y 20周年おまけ漫画』を併録している。.

新しい!!: ダニッチとアリシア・Y · 続きを見る »

アーカム

アーカム(Arkham)は、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトなどの作品に登場する架空の都市。.

新しい!!: ダニッチとアーカム · 続きを見る »

キャッスルロック

ャッスルロック(Castle Rock)は、スティーヴン・キングが創造したアメリカ合衆国メイン州に位置する架空の街である。 キャッスルロックはニューイングランドの典型的な田舎街であるが、無数の暗い秘密を有している。この街は同著者の『デッド・ゾーン』で初めて登場し、『ニードフル・シングス』の大破壊を持ってその歴史に幕を閉じた。しかし、それ以降の作品においても言及されることはある。また、『呪われた町』の舞台となったセイラムズ・ロットはキャッスルロックの原型とされている。 キングのホームタウンであるメイン州ダラム(Durham)や高校生活を過ごしたメイン州リスボン(Lisbon Falls)はキャッスルロックの街並みに大きく影響している。 H.P. ラヴクラフトはその作品群の舞台としてアーカム、ダニッチ、インスマスといった街を作り上げた。キングはそのアイデアを拝借して、ジェルサレムス・ロット、キャッスルロック、そしてデリーといった街を創造した。キングはラヴクラフトの大ファンを公言しており、彼を「20世紀の暗闇とバロックの貴公子」と称している。.

新しい!!: ダニッチとキャッスルロック · 続きを見る »

クトゥルフの呼び声 (TRPG)

『クトゥルフの呼び声』(クトゥルフのよびごえ、Call of Cthulhu)とは、アメリカのゲーム会社であるケイオシアム社が製作したクトゥルフ神話の世界観を体験するホラーテーブルトークRPG(TRPG)である。日本語版はホビージャパンとKADOKAWA(エンターブレイン)から発売されている。 翻訳版のタイトルはホビージャパン版は『クトゥルフの呼び声』であったが、エンターブレイン版は『クトゥルフ神話TRPG』となっている。なお、d20システムをつかったスピンオフ作品である『コール・オブ・クトゥルフ d20』という製品も新紀元社より翻訳されており、それについてもこの項目で併せて扱う。.

新しい!!: ダニッチとクトゥルフの呼び声 (TRPG) · 続きを見る »

クトゥルフ神話

トゥルフ神話(Cthulhu Mythos)とは、パルプ・マガジンの小説を元にした架空の神話体系である。.

新しい!!: ダニッチとクトゥルフ神話 · 続きを見る »

H・P・ラヴクラフトの ダニッチ・ホラー

『H・P・ラヴクラフトの ダニッチ・ホラー』は、H・P・ラヴクラフトの小説を原作としたオムニバス形式のストップモーション・アニメーション映画である。2007年に劇場公開された。 発売元の東映アニメーションでは、「画ニメ」と称し、従来のアニメーション作品とは一線を画したアート作品であると主張している。なお、画ニメとは東映アニメーションによる造語で、各分野の実力派アーティストが集結して、新しいアート映像を目指した作品群の総称である。.

新しい!!: ダニッチとH・P・ラヴクラフトの ダニッチ・ホラー · 続きを見る »

栞と紙魚子

『栞と紙魚子』(しおりとしみこ)は、諸星大二郎による日本の漫画。少女向けホラー雑誌である『ネムキ』に不定期連載中。2008年、第12回文化庁メディア芸術祭においてマンガ部門優秀賞を受賞した。 「栞と紙魚子の怪奇事件簿」として連続ドラマ化され、栞役を南沢奈央、紙魚子役を前田敦子(当時AKB48)が演じた。.

新しい!!: ダニッチと栞と紙魚子 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ダンウィッチ

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »