ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

スタニスワフ・レシニェフスキ

索引 スタニスワフ・レシニェフスキ

タニスワフ・レシニェフスキ(Stanisław Leśniewski, 1886年3月30日 - 1939年5月13日)はポーランドの論理学者。モスクワ近郊のセルプコフ生まれ。.

13 関係: ネルソン・グッドマンポーランド人の一覧ヤン・ウカシェヴィチアルフレト・タルスキカジミェシュ・トヴァルドフスキゴットロープ・フレーゲスタニスワフセルプホフタデウシュ・コタルビンスキ論理学者1939年3月30日5月13日

ネルソン・グッドマン

ネルソン・グッドマン(Nelson Goodman、1906年8月7日 - 1998年11月25日)はアメリカの哲学者。認識論、言語哲学、美学などで業績を残した。1951年の著書「The Structure of Appearance」では師のC.I.ルイスから継承した議論を展開し、そのなかでクオリアに関する研究の先鞭をつけたことでも知られる。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキとネルソン・グッドマン · 続きを見る »

ポーランド人の一覧

ポーランド人の一覧(ポーランドじんのいちらん)は、ポーランド出身の著名な人物を姓の50音順に配列したものである。日本での慣例的な読みとポーランド語での読みが異なる場合(例:Wałęsa・・・pl「ヴァウェンサ」、jp「ワレサ」)、便宜的に日本で使用される読みに従う。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキとポーランド人の一覧 · 続きを見る »

ヤン・ウカシェヴィチ

ヤン・ウカシェヴィチ(, 1878年12月21日 - 1956年2月13日)はポーランドの論理学者、哲学者。ルヴフ(現ウクライナのリヴィウ)に生まれ、ルヴフ大学にてカジミェシュ・トヴァルドフスキの薫陶を受ける。 1911年にルヴフ大学員外教授に就任。1915年にはワルシャワ大学に移り、1920年から1939年にかけて教授職を務めた。また、1919年には文部大臣に就任している。ワルシャワではスタニスワフ・レシニェフスキらとともに、いわゆる「」の中心的存在として活躍した。 第二次世界大戦の勃発によりベルギーへの亡命を余儀なくされ、戦後はアイルランドに渡り、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリンで教えた。 アリストテレス論理学に関する研究、多値論理に関する研究等が有名。また、式の記法であるいわゆる「ポーランド記法」は、彼の発案によるものである。 1998年に発見された小惑星ウカシェヴィチは、彼の名前に由来する。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキとヤン・ウカシェヴィチ · 続きを見る »

アルフレト・タルスキ

アルフレト・タルスキ(Alfred Tarski, 1901年1月14日 - 1983年10月26日)はポーランドおよびアメリカの数学者・論理学者。彼の生年を1902年とする記述も散見されるが、これは誤りである。 アリストテレス、クルト・ゲーデル、ゴットロープ・フレーゲとともに、「四人の偉大な論理学者」の一人として数えられる。また、彼の名前は「バナッハ=タルスキーの定理」などで知られる。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキとアルフレト・タルスキ · 続きを見る »

カジミェシュ・トヴァルドフスキ

カジミェシュ・トヴァルドフスキ オゴンチクの騎士カジミェシュ・イェジ・スクシプナ=トヴァルドフスキ(Ritter Kazimierz Jerzy Skrzypna-Twardowski von Ogończyk, 1866年10月20日 - 1938年2月11日)はポーランドの哲学者。ウィーンに生まれ、ウィーン大学にてフランツ・ブレンターノの薫陶を受ける。 1891年、デカルトに関する論文で博士号を取得。1894年には教授資格を取得し、1895年よりルヴフ大学哲学教授に就任。精力的な教育活動を展開し、いわゆる「ルヴフ=ワルシャワ学派」の礎を築いた。彼の熱っぽい講義は絶大な人気を博し、早朝より聴講のための場所取りをする学生までいたという。 主要な弟子にヤン・ウカシェヴィチ、スタニスワフ・レシニェフスキ、タデウシュ・コタルビンスキ、ローマン・インガルデンらがいる。 哲学的には真理の対応説に基づいた実在論的立場をとったが、哲学者としての独創性よりもむしろ、偉大な教育者として高く評価されている。 Category:ポーランドの哲学者 Category:リヴィウ大学の教員 Category:ウィーン出身の人物 Category:1866年生 Category:1938年没.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキとカジミェシュ・トヴァルドフスキ · 続きを見る »

ゴットロープ・フレーゲ

フリードリヒ・ルートヴィヒ・ゴットロープ・フレーゲ(Friedrich Ludwig Gottlob Frege, 1848年11月8日 - 1925年7月26日)は、ドイツの哲学者、論理学者、数学者であり、現代の数理論理学、分析哲学の祖にあたる。 フレーゲはバルト海に面したドイツの港町ヴィスマールの生まれである。母のアウグステ・ビアロブロツキーはポーランド系である。彼ははじめイェーナ大学で学び、その後ゲッティンゲン大学に移り1873年に博士号を取得した。その後イェーナに戻り、1896年から数学教授。1925年に死去した。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキとゴットロープ・フレーゲ · 続きを見る »

スタニスワフ

タニスワフ(Stanisław)は、ポーランドに多い男性名。ロシア語ではスタニスラフ(Stanislav)になる(日本ではスタニスワフ・レムについて、作品がロシア語版からの重訳だったなどの関係でそのように書かれることがある)。他にもスラヴ系の諸語圏で使われる(スタニスラフの記事を参照)。 以下は同名の著名な人物。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキとスタニスワフ · 続きを見る »

セルプホフ

ルプホフの紋章 セルプホフ(Се́рпухов, Serpukhov)は、ロシア連邦のモスクワ州南部にある古都。大河オカ川にナーラ川が合流する地点に位置する。モスクワからは南へ100km弱の距離にあり、モスクワ-トゥーラ-オリョール-クルスク-ベルゴロドを経てウクライナ国境に向かいシンフェロポリに至る高速道路M2、およびモスクワ-トゥーラ間の鉄道が通る。人口は、2002年国勢調査で131,097人。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキとセルプホフ · 続きを見る »

タデウシュ・コタルビンスキ

タデウシュ・コタルビンスキ (Tadeusz Kotarbiński, 1886年3月31日–1981年10月3日)はポーランド の哲学者、論理学者、倫理学者 。 ルヴフ=ワルシャワ学派(ポーランド学派)の創始者カジミェシュ・ドヴァルドフスキの弟子の一人であり、そのなかでも最も影響力のある人物の一人。ポーランド人文学アカデミー(PAU)、ポーランド科学アカデミー(PAN)のメンバー。事物主義(reism)という哲学的立場とindependent ethicsというethical systemを発展させた。また人間行動学(praxeology)の発展についても、特筆すべき貢献をした。 教え子にアルフレト・タルスキ、:pl:Henryk Greniewski、:pl:Kazimierz Pasenkiewiczがいる。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキとタデウシュ・コタルビンスキ · 続きを見る »

論理学者

論理学者(ろんりがくしゃ)とは、論理学を専門に研究する人のことである。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキと論理学者 · 続きを見る »

1939年

記載なし。

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキと1939年 · 続きを見る »

3月30日

3月30日(さんがつさんじゅうにち)はグレゴリオ暦で年始から89日目(閏年では90日目)にあたり、年末まであと276日ある。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキと3月30日 · 続きを見る »

5月13日

5月13日(ごがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から133日目(閏年では134日目)にあたり、年末まではあと232日ある。誕生花はサンザシ。.

新しい!!: スタニスワフ・レシニェフスキと5月13日 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

レシニェフスキレスニェウスキー

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »