ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ジャン・シャルダン

索引 ジャン・シャルダン

ャン・シャルダン(Jean Chardin, 1643年 - 1713年)は、フランスに生まれ、後にイギリスへ亡命した商人。.

14 関係: 古代ペルシア楔形文字ミーナカリハンマームイスラーム世界の少年愛エスファハーンガズヴィーンガズヴィーン州シャルダンジョージアの国名サファヴィー朝羽田正殉教者ケテヴァン17世紀17・18世紀大旅行記叢書

古代ペルシア楔形文字

古代ペルシア楔形文字(こだいペルシアくさびがたもじ)は、古代ペルシア語を記すためにアケメネス朝で使用された文字。紀元前6世紀から紀元前4世紀までの碑文がペルセポリス、スーサ、ハマダーン(エクバタナ)、ナクシェ・ロスタム、バビロンなどの地に残るが、そのうちもっとも長文でかつ重要なものはベヒストゥン碑文である。 楔形文字の一種であるが、他の楔形文字が音節文字と表語文字の組み合わせであるのと異なり、基本的に音素文字(アルファベット)である。左から右へと書かれる。.

新しい!!: ジャン・シャルダンと古代ペルシア楔形文字 · 続きを見る »

ミーナカリ

ミーナカリとは金属の表面を着色し、非常に繊細な柄を施した伝統工芸品である。 ミナとはペルシャ語でミノーの女性形であり、天国と言う意味である。ミナとは天国における青色を意味する。サーサーン朝ペルシアにおいてこの芸術品がイラン人工芸家達によって発案され、モンゴル人達によりインドやその他の国へともたらされた。フランスの宝石商であるジャン・シャルダンはサファヴィー朝(1501 - 1736)のイランを訪れ、イスファハーンのホーロー鉄器について、水色、緑、黄色や赤で描かれた花柄の背景に鳥や動物がなどが描かれている旨記述している。伝統的にミーナカリの宝石には、ホーローにより密着し、その光沢がホーローの色を引き出し、より長持ちするという理由で金が使われる。その後採用される事となった銀は箱やお椀、スプーンやその他の美術工芸品に使われた。工芸品に銅が使われるようになったのは金規制法が施行された後である。これはインドで施行された法律でミーナカリの工芸家達は金以外の原料を使うようにと強制された。初期はミーナカリの作品はあまり気付かれる事が無かった。何故ならこの芸術品は有名な宝石をふんだんに使ったインドの宝飾品であるクンダンの土台として使われていたからである。この宝飾品を身に付ける者はこれらの隠されたデザインを密かに楽しんだのだ。.

新しい!!: ジャン・シャルダンとミーナカリ · 続きを見る »

ハンマーム

ハンマーム(حمّام, hammām)は、トルコやアゼルバイジャン、アラブ諸国・イランなどの中東全域、アフガニスタン、中央アジア諸国、東アジア諸国に広く見られる伝統的な公衆浴場のことである。 語源は「温める」「熱する」を意味するアラビア語の動詞「ハンマ」に由来する。トルコ語では「ハマム (もしくはハマーム、hamam)」という。 美的な外観と排水・熱効率が計算された内部の構造は建築学の視点から高く評価されている板垣『イスラーム世界がよくわかるQ&A100』、156-157頁。.

新しい!!: ジャン・シャルダンとハンマーム · 続きを見る »

イスラーム世界の少年愛

イスラーム世界における少年愛は、9世紀以後19世紀半ばにいたる時代、詩、芸術、スピリチュアリティとともにイベリア半島から北インドまでの地域におけるイスラーム文化の広範かつ特徴的な要素であった。イスラーム世界における少年愛の概念は、美少年の無垢への精神的崇拝を一方の極みとして、少年への否応なしの強制までの広がりをもつ。ソドミーは宗教的文脈において重い罪悪として捉えられたが、地域・時代ごとにさまざまに問題視されつつも、同性間の関わりは多面性をもち、罪とされない要素も存在した。 イスラームの勃興と少年愛の相関関係について、現代の歴史家は少年への愛は、公共空間からの排除による女性の保護というイスラーム的観点に関連すると指摘している。社会秩序上問題となるほどでない限り、必然的「個人的な行動」を考慮に入れるイスラーム法の傾向も影響するとされるのである。また「イシュク(英雄的愛)」のトポスは女性同様、髭のない美少年をも対象としており、特に文学においてはこのような傾向が強い。.

新しい!!: ジャン・シャルダンとイスラーム世界の少年愛 · 続きを見る »

エスファハーン

ファハーン(اصفهان; Eṣfahān) は、イランの都市。エスファハーン州の州都。テヘランの南約340kmに位置する『西アジア』、108頁。日本語では、慣例的にイスファハン、イスファハーンとも表記される。 古くからの政治・文化・交通の拠点であり蒲生「イスパハーン」『アジア歴史事典』1巻、168頁、16世紀末にサファヴィー朝の首都に定められ発展した。当時の繁栄は「エスファハーンは世界の半分(Esfahān nesf-e jahān ast、エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン)」と賞賛され20世紀のイランの作家サーデグ・ヘダーヤトは、1932年に同名の紀行文『エスファハーンは世界の半分』を発表した。(『事典 イスラームの都市性』、59頁)、この街を訪れたヨーロッパの商人も繁栄の記録を残している。イラン人にとってエスファハーンは歴史的・文化的に重要な町であり、町の美しさは「イランの真珠」と例えられる。 町は16世紀以前に建設された旧市街と、サファヴィー朝の王アッバース1世が建設した新市街で構成される。有名なイマーム・モスク(王のモスク1979年のイラン革命でパフラヴィー朝が崩壊した後、王(シャー)という言葉の使用が禁止されたため、王のモスクはイマーム・モスク、王の広場はイマーム広場に改称された。(宮田『物語イランの歴史 誇り高きペルシアの系譜』、83-84頁))などがある新市街のイマーム広場(王の広場)は、ユネスコにより世界遺産に登録されている。 町の住人は出費に厳しい「倹約家」「吝嗇家」として良くも悪くも有名であり、他の地域の人間からは敬遠されることがある『西アジア』、111頁。イランでは「エスファハーンはいいところだ。エスファハーン人さえいなければ」という住民を揶揄する言葉も知られている上岡『イラン』、291-293頁。また、エスファハーンの人間は訛りが強いことでも知られ、言葉を聞いただけで容易に出身地が判別できるほどだと言われる。.

新しい!!: ジャン・シャルダンとエスファハーン · 続きを見る »

ガズヴィーン

ャーザーデ・ホセイン廟 ガズヴィーン(قزوین; Qazvīn、前近代ペルシア語ではカズウィーン)はイラン・ガズヴィーン州最大の都市で州都。人口は2005年の統計で331,409人。.

新しい!!: ジャン・シャルダンとガズヴィーン · 続きを見る »

ガズヴィーン州

ヴィーン州(ペルシア語: استان قزوین Ostān-e Qazvīn)はイランの州(オスターン)。イラン北西部に位置し、州都はガズヴィーン。.

新しい!!: ジャン・シャルダンとガズヴィーン州 · 続きを見る »

シャルダン

ャルダン.

新しい!!: ジャン・シャルダンとシャルダン · 続きを見る »

ジョージアの国名

本項では、南コーカサスにあり日本語でジョージア(, )、またはグルジア(, )と呼ばれている国家の名称について解説する。 英語圏で使われている同国の外名(エクソニム)である"Georgia"の語源は明らかではないが、ギリシャ語起源説、キリスト教の聖人説、ペルシア語起源説などがあり、これらのいくつかが混ざった説もある。ジョージア国政府はラテン文字表記の"Georgia"を基準的な外名と定義しており、ロシア語由来(異説あり)とされる外名"Gruziya"(, グルジア)の使用を積極的に排除しようとしている。.

新しい!!: ジャン・シャルダンとジョージアの国名 · 続きを見る »

サファヴィー朝

ファヴィー朝(ペルシア語:صفويان Safaviyān)は、16世紀から18世紀前半にかけてペルシア (現在のイランを中心とした地域)を支配したイスラーム王朝(1501年 - 1736年)。.

新しい!!: ジャン・シャルダンとサファヴィー朝 · 続きを見る »

羽田正

羽田 正(はねだ まさし、1953年7月9日 - )は、日本の歴史学者。東京大学東洋文化研究所教授。専門は、イスラーム建築史、近世イスラーム史。.

新しい!!: ジャン・シャルダンと羽田正 · 続きを見る »

殉教者ケテヴァン

殉教者ケテヴァン(ქეთევან წამებული / ketevan tsamebuli, 1560年ごろ – 1624年9月13日) は、歴史的グルジアの東部にあったの王妃又は王太后(以下、地位について特に正確に言及する必要がある場合を除き、「女王」と呼ぶ)であった人物。1605年に生じた王室の内紛に際して、在地の貴族たちをまとめ、内紛を終わらせた。1614年にイランへ行き、シーラーズで人質生活を送った。キリスト教の信仰が篤い人物であったとされ、サファヴィー朝のシャー・アッバース大王にイスラームへの改宗を要求されたが、これを拒んだため、拷問を受けて殉教したと伝えられる。グルジア正教会やローマ・カトリック教会の聖人。.

新しい!!: ジャン・シャルダンと殉教者ケテヴァン · 続きを見る »

17世紀

ルイ14世の世紀。フランスの権勢と威信を示すために王の命で壮麗なヴェルサイユ宮殿が建てられた。画像は宮殿の「鏡の間」。 スペインの没落。国王フェリペ4世の時代に「スペイン黄金時代」は最盛期を過ぎ国勢は傾いた。画像は国王夫妻とマルガリータ王女を取り巻く宮廷の女官たちを描いたディエゴ・ベラスケスの「ラス・メニーナス」。 ルネ・デカルト。「我思う故に我あり」で知られる『方法序説』が述べた合理主義哲学は世界の見方を大きく変えた。画像はデカルトとその庇護者であったスウェーデン女王クリスティナ。 プリンキピア』で万有引力と絶対空間・絶対時間を基盤とするニュートン力学を構築した。 オランダの黄金時代であり数多くの画家を輩出した。またこの絵にみられる実験や観察は医学に大きな発展をもたらした。 チューリップ・バブル。オスマン帝国からもたらされたチューリップはオランダで愛好され、その商取引はいつしか過熱し世界初のバブル経済を生み出した。画像は画家であり園芸家でもあったエマヌエル・スウェールツ『花譜(初版は1612年刊行)』の挿絵。 三十年戦争の終結のために開かれたミュンスターでの会議の様子。以後ヨーロッパの国際関係はヴェストファーレン体制と呼ばれる主権国家を軸とする体制へと移行する。 チャールズ1世の三面肖像画」。 ベルニーニの「聖テレジアの法悦」。 第二次ウィーン包囲。オスマン帝国と神聖ローマ帝国・ポーランド王国が激突する大規模な戦争となった。この敗北に続いてオスマン帝国はハンガリーを喪失し中央ヨーロッパでの優位は揺らぐことになる。 モスクワ総主教ニーコンの改革。この改革で奉神礼や祈祷の多くが変更され、反対した人々は「古儀式派」と呼ばれ弾圧された。画像はワシーリー・スリコフの歴史画「貴族夫人モローゾヴァ」で古儀式派の信仰を守り致命者(殉教者)となる貴族夫人を描いている。 スチェパン・ラージン。ロシアではロマノフ朝の成立とともに農民に対する統制が強化されたが、それに抵抗したドン・コサックの反乱を率いたのがスチェパン・ラージンである。画像はカスピ海を渡るラージンと一行を描いたワシーリー・スリコフの歴史画。 エスファハーンの栄華。サファヴィー朝のシャー・アッバース1世が造営したこの都市は「世界の半分(エスファハーン・ネスフェ・ジャハーン・アスト)」と讃えられた。画像はエスファハーンに建てられたシェイク・ロトフォラー・モスクの内部。 タージ・マハル。ムガル皇帝シャー・ジャハーンが絶世の美女と称えられた愛妃ムムターズ・マハルを偲んでアーグラに建てた白亜の霊廟。 アユタヤ朝の最盛期。タイでは中国・日本のみならずイギリスやオランダの貿易船も来訪し活況を呈した。画像はナーラーイ王のもとで交渉をするフランス人使節団(ロッブリーのプラ・ナーライ・ラーチャニーウエート宮殿遺跡記念碑)。 イエズス会の中国宣教。イエズス会宣教師は異文化に対する順応主義を採用し、中国の古典教養を尊重する漢人士大夫の支持を得た。画像は『幾何原本』に描かれたマテオ・リッチ(利瑪竇)と徐光啓。 ブーヴェの『康熙帝伝』でもその様子は窺える。画像は1699年に描かれた読書する40代の康熙帝の肖像。 紫禁城太和殿。明清交代の戦火で紫禁城の多くが焼亡したが、康熙帝の時代に再建がなされ現在もその姿をとどめている。 台湾の鄭成功。北京失陥後も「反清復明」を唱え、オランダ人を駆逐した台湾を根拠地に独立政権を打ち立てた。その母が日本人だったこともあり近松門左衛門の「国姓爺合戦」などを通じて日本人にも広く知られた。 江戸幕府の成立。徳川家康は関ヶ原の戦いで勝利して征夷大将軍となり、以後260年余にわたる幕府の基礎を固めた。画像は狩野探幽による「徳川家康像」(大阪城天守閣蔵)。 日光東照宮。徳川家康は死後に東照大権現の称号を贈られ日光に葬られた。続く三代将軍徳川家光の時代までに豪奢で絢爛な社殿が造営された。画像は「日暮御門」とも通称される東照宮の陽明門。 歌舞伎の誕生。1603年に京都北野社の勧進興業で行われた出雲阿国の「かぶき踊り」が端緒となり、男装の女性による奇抜な演目が一世を風靡した。画像は『歌舞伎図巻』下巻(名古屋徳川美術館蔵)に描かれた女歌舞伎の役者采女。 新興都市江戸。17世紀半ばには江戸は大坂や京都を凌ぐ人口を擁するまでとなった。画像は明暦の大火で焼失するまで威容を誇った江戸城天守閣が描かれた「江戸図屏風」(国立歴史民俗博物館蔵)。 海を渡る日本の陶磁器。明清交代で疲弊した中国の陶磁器産業に代わり、オランダ東インド会社を通じて日本から陶磁器が数多く輸出された。画像は1699年に着工されたベルリンのシャルロッテンブルク宮殿の「磁器の間」。 海賊の黄金時代。西インド諸島での貿易の高まりはカリブ海周辺に多くの海賊を生み出した。画像はハワード・パイルが描いた「カリブ海のバッカニーア」。 スペイン副王支配のリマ。リマはこの当時スペインの南米支配の拠点であり、カトリック教会によるウルトラバロックとも呼ばれる壮麗な教会建築が並んだ。画像は1656年の大地震で大破したのちに再建されたリマのサン・フランシスコ教会・修道院。 17世紀(じゅうしちせいき、じゅうななせいき)は、西暦1601年から西暦1700年までの100年間を指す世紀。.

新しい!!: ジャン・シャルダンと17世紀 · 続きを見る »

17・18世紀大旅行記叢書

17・18世紀大旅行記叢書(じゅうなな・じゅうはちせいきだいりょこうきそうしょ)は岩波書店で、1990年代から2000年代にかけ、2期に分け全21巻で刊行された叢書。.

新しい!!: ジャン・シャルダンと17・18世紀大旅行記叢書 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »