ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
無料
ブラウザよりも高速アクセス!
 

コンスタンチン・ニコラエヴィチ

索引 コンスタンチン・ニコラエヴィチ

ンスタンチン・ニコラエヴィチ大公 大公一家の肖像写真、コンスタンチン大公は前列右端で末息子ヴャチェスラフを膝に抱いている コンスタンチン・ニコラエヴィチ(ロシア語表記:Константин Николаевич,1827年9月9日 - 1892年1月13日)は、ロシア大公。ロシア皇帝ニコライ1世の次男、母は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ。.

44 関係: いとこ同士の夫婦一覧常陸丸事件幕末の砲艦外交弦楽四重奏曲第2番 (チャイコフスキー)ペレスヴェート級戦艦マリア・カレルギスノヴゴロド (砲艦)チャールズ (プリンス・オブ・ウェールズ)ポサードニク (コルベット)ヤーコフ・ロストフツェフヨハン・シュトラウス2世ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)ロマノフ家ロシアの帝位請求者ロシア大公女・大公妃一覧ロシア大公一覧ロシア帝国ロシア軍艦対馬占領事件ヴャチェスラフ・コンスタンチノヴィチヴェラ・コンスタンチノヴナフィリップ (エディンバラ公)ドミトリー大公ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)ニコライ1世ニコライ・ビリリョフニコライ・コンスタンチノヴィチニコラエヴィチホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家アレクサンデル・ヴィエロポルスキアレクサンドラアレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)アレクサンドラ・イオシフォヴナウラジーミル・キリロヴィチ・ロマノフエリザヴェータ・マヴリキエヴナエフィム・プチャーチンオルガ (ギリシャ王妃)オプリーチニク (オペラ)グロモボーイ (フリゲート)グスタヴ・セーデルストレムゲオルギオス1世 (ギリシャ王)コンスタンチン大公コンスタンチン・コンスタンチノヴィチコンスタンチン・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)ソヴィエツカヤ・ガヴァニ

いとこ同士の夫婦一覧

いとこ同士の夫婦一覧は、いとこ婚を行った有名人の一覧である。 本記事で扱う「いとこ」は、厳密に4親等の親族にとどまらず、いとこ違いやはとこなど、4親等から8親等までの関係にある傍系親族同士とする。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチといとこ同士の夫婦一覧 · 続きを見る »

常陸丸事件

常陸丸事件(ひたちまるじけん)とは、日露戦争中の1904年(明治37年)6月15日に玄界灘を西航中の、陸軍徴傭運送船3隻がロシア帝国海軍ウラジオストク巡洋艦隊(ウラジオ艦隊)所属の3隻の装甲巡洋艦、「」、「リューリク」および「グロモボーイ」によって相次いで攻撃され、降伏拒否などにより撃沈破された事件である。特に、陸軍徴傭運送船「常陸丸」(日本郵船、6,172トン)の喪失は日本の国内世論を憤激させ、連合艦隊、特に日本海の海上警備を担当していた上村彦之丞中将の第二艦隊に対して非難の声が向けられることとなり、第二艦隊は事件から二か月後の8月14日に起こった蔚山沖海戦でウラジオ艦隊を事実上壊滅させるまでの間、強い批判にさらされた。 本項では、事件当日の6月15日とそれにかかわる事項に極力絞って記述する。ウラジオストク巡洋艦隊のその他の行動については当該項目を参照されたい。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチと常陸丸事件 · 続きを見る »

幕末の砲艦外交

この項では、幕末の砲艦外交(ばくまつのほうかんがいこう)について概説する。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチと幕末の砲艦外交 · 続きを見る »

弦楽四重奏曲第2番 (チャイコフスキー)

弦楽四重奏曲第2番 ヘ長調 作品22は、ピョートル・チャイコフスキーが1874年に作曲した弦楽四重奏曲。有名な第1番の影に隠れてあまり知られていないが、ロシアでは比較的ポピュラーであり、チャイコフスキー自身もこの作品に自信をもっていたという。 コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公に献呈されている。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチと弦楽四重奏曲第2番 (チャイコフスキー) · 続きを見る »

ペレスヴェート級戦艦

ペレスヴェート級戦艦(ロシア語:Эскадренные броненосцы типа "Пересвет"エスカードリェンヌィイェ・ブラニノースツィ・チーパ・ピリスヴィェート)は、ロシア帝国の建造した戦艦である。ロシア海軍では艦隊装甲艦(Эскадренный броненосец)に分類された。装甲巡洋艦の本質的な拡大型であり、のちに装甲巡洋艦に類別を変更されている。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとペレスヴェート級戦艦 · 続きを見る »

マリア・カレルギス

マリア・カレルギス(Maria Kalergis, 1822年8月7日 ワルシャワ - 1874年5月22日 ワルシャワ)は、ポーランドの貴族女性、ピアニスト、芸術の後援者。パリやワルシャワの社交界でその美貌をもてはやされ、多くの芸術家に慕われた。結婚前の姓名はマリア・ネッセルローデ(Maria Nesselrode)であり、またフランスではマリー・カレルギー(Marie Kalergi)の名で呼ばれた。リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー伯爵の曾祖母にあたる。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとマリア・カレルギス · 続きを見る »

ノヴゴロド (砲艦)

ノヴゴロドとは、1870年代にロシア帝国海軍むけに建造されたモニター艦である。喫水を減らし、また同サイズの艦船よりも強固な装甲と重武装を備えるために円形の船体を有していた。1877年から1878年の露土戦争において、この艦は小さな役割を果たすにとどまり、1892年には沿岸防衛用の装甲艦に類別しなおされた。本艦は1903年に退役、1911年にスクラップとして売却されるまで倉庫船として働いた。やや大型化し装甲を強化した艦にヴィツェ・アドミラール・ポポーフがある。 この艦には、今までに建造された軍艦の中で非常に特異な艦の1つであった。そして、建造されたうちで最悪の軍艦であったという、今もよく知られる海の伝説が残っている。しかし、より公平な評価では、この艦の設計用途である海防戦艦としては本艦が比較的有効だったことが示されている。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとノヴゴロド (砲艦) · 続きを見る »

チャールズ (プリンス・オブ・ウェールズ)

ウェールズ公チャールズ(Prince Charles, The Prince of Wales、洗礼名: チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ(Charles Philip Arthur George)、1948年11月14日 - )は、イギリス王位の法定推定相続人で、第21代ウェールズ公(プリンス・オブ・ウェールズ)。イギリス陸海空軍元帥。公邸はクラレンス・ハウス。 母・エリザベスが1952年に女王に即位して以来、年間王位継承順位第1位であり(法定推定相続人として世界歴代最長記録、プリンス・オブ・ウェールズとしての期間も年間で最長記録)、歳での法定推定相続人は現在世界第2位の年長者である。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとチャールズ (プリンス・オブ・ウェールズ) · 続きを見る »

ポサードニク (コルベット)

ポサードニク(ロシア語:Посадникパサードニク)は、ロシア帝国の保有した11門級コルベット(Корвет «11-пушечного ранга»)である。動力関係からは、蒸気機関で航走する機走コルベット(Винтовой корвет)に分類される。艦名は、ノヴゴロド公国やプスコフ公国など、ルーシの諸公国における官職名「ポサードニク」に由来する。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとポサードニク (コルベット) · 続きを見る »

ヤーコフ・ロストフツェフ

ヤーコフ・イワノヴィッチ・ロストフツェフ( 、Yakov Ivanovich Rostovtsev、1804年1月9日(ユリウス暦12月28日 – 1860年2月18日(ユリウス暦2月6日))は、帝政ロシアの軍人、政治家。ロシア皇帝アレクサンドル2世の大改革の下行われた、農奴解放令制定過程における中心人物のひとり。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとヤーコフ・ロストフツェフ · 続きを見る »

ヨハン・シュトラウス2世

ヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauss II., 1825年10月25日 - 1899年6月3日)は、オーストリアのウィーンを中心に活躍した作曲家・指揮者。 ヨハン・シュトラウス1世の長男。弟にヨーゼフ・シュトラウスとエドゥアルト・シュトラウス1世が、甥にヨハン・シュトラウス3世がいる。(シュトラウス家も参照).

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとヨハン・シュトラウス2世 · 続きを見る »

ヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公)

ン=アルテンブルク公ヨーゼフ、1848年頃 ヨーゼフ・ゲオルク・フリードリヒ・エルンスト・カール(ドイツ語:Joseph Georg Friedrich Ernst Karl von Sachsen-Altenburg, 1789年8月27日 - 1868年11月25日)は、ザクセン=アルテンブルク公(在位:1834年 - 1848年)。 ザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(1826年よりザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒとその妃でメクレンブルク=シュトレーリッツ大公カール2世の娘であるシャルロッテの間の次男、事実上の長男として生まれた。1814年には同盟国側についてナポレオン戦争に参加し、その後はザクセン王国軍に少将として仕えた。1834年に父の後を継いでザクセン=アルテンブルク公となった。ヨーゼフの政府は保守反動的だと見なされ、このためドイツで1848年革命が発生した際、ヨーゼフは退位を余儀なくされ、公爵位を弟のゲオルクに譲った。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとヨーゼフ (ザクセン=アルテンブルク公) · 続きを見る »

ロマノフ家

マノフ家 (ロマノフけ) は、ロシア帝国を統治していた帝室。紋章は双頭の鷲。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとロマノフ家 · 続きを見る »

ロシアの帝位請求者

ア皇帝の紋章 ロシアの帝位請求者では、1917年の2月革命によって崩壊したロシア帝国皇帝の後継者を名乗る人物たちについて述べる。現在の正統なロシア帝位請求権者が誰であるかについては、議論がある。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとロシアの帝位請求者 · 続きを見る »

ロシア大公女・大公妃一覧

以下はロシア帝室の成員のうち、ヴェリーカヤ・クニャージナ(Великая Княжна)の称号を許された人物の一覧である。ヴェリーカヤ・クニャージナは基本的にはロシア皇帝の男系子孫の女子、および男系男子の配偶者に許される儀礼称号であり、妃殿下(Her Imperial Highness)の敬称と一緒に授けられた。1886年にロシア皇帝アレクサンドル3世が行ったロシア帝室の家内法に関する修正により、この称号を許されるのはロシア皇帝の娘と男系の孫娘、およびロシア大公と正式な条件の下で結婚した妻のみに制限された。ヴェリーカヤ・クニャージナは日本語では「大公女」あるいは「大公妃」に相当し、ロシア皇帝の娘ないし孫娘の場合はロシア大公女を、ロシア大公の正式の妻の場合はロシア大公妃を、それぞれ訳語に充てている。その他、英語では「Grand Duchess」と訳される場合が多いが、「Grand Princess」の方がより正確な訳語と言える。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとロシア大公女・大公妃一覧 · 続きを見る »

ロシア大公一覧

アレクサンドル3世は、ロシア大公の称号に関する規定に重要な修正を加えた 以下はロシア帝室の成員のうち、ヴェリーキー・クニャージ(ロシア語:Великий князь)の称号を許された人物の一覧である。ヴェリーキー・クニャージは日本語では「大公」に相当する。その他、英語では「Grand Duke」と訳されることが多いものの、「Grand Prince」の方がより正確な訳語といえる。この儀礼称号はロシア皇帝の男系子孫のみに許される称号であり、殿下(His Imperial Highness)の称号と一緒に授けられた。ロシア大公は主権者ではないが、ロシア帝国を統べる一族に属し、帝国の支配者の一員とみなされていた。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとロシア大公一覧 · 続きを見る »

ロシア帝国

ア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、外満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。通常は1721年のピョートル1世即位からロシア帝国の名称を用いることが多い。統治王家のロマノフ家にちなんでロマノフ朝とも呼ばれるがこちらはミハイル・ロマノフがロシア・ツァーリ国のツァーリに即位した1613年を成立年とする。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとロシア帝国 · 続きを見る »

ロシア軍艦対馬占領事件

対馬 ロシア軍艦対馬占領事件(ロシアぐんかんつしませんりょうじけん)は、幕末にロシア帝国の軍艦が対馬芋崎を占拠し、兵舎・工場・練兵場などを建設して半年余にわたって滞留した事件。ポサドニック号事件とも呼ばれる。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとロシア軍艦対馬占領事件 · 続きを見る »

ヴャチェスラフ・コンスタンチノヴィチ

ヴャチェスラフ大公 ヴャチェスラフ・コンスタンチノヴィチ(Вячеслав Константинович, 1862年7月13日 - 1879年2月27日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫息子の一人で、ロシア大公の称号を有した。 ヴャチェスラフはコンスタンチン・ニコラエヴィチ大公とその妻アレクサンドラ・イオシフォヴナ大公妃(ザクセン=アルテンブルク公女アレクサンドラ)との間の末息子として、サンクトペテルブルクで生まれた。末っ子として家族から溺愛されていたが、1879年に突然の激しい頭痛に襲われ、わずか1週間で世を去った。死因は脳内の炎症であった。 Category:ロシア大公 Category:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家 Category:聖アンドレイ勲章受章者 Category:サンクトペテルブルク県出身の人物 Category:サンクトペテルブルク出身の人物 Category:1862年生 Category:1879年没.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとヴャチェスラフ・コンスタンチノヴィチ · 続きを見る »

ヴェラ・コンスタンチノヴナ

ヴェラ・コンスタンチノヴナ ヴェラ・コンスタンチノヴナ (, 1854年2月16日 - 1912年4月11日)は、ロシア大公女。ヴュルテンベルク公ヴィルヘルム・オイゲンの妻。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとヴェラ・コンスタンチノヴナ · 続きを見る »

フィリップ (エディンバラ公)

ディンバラ公フィリップ王配Princeの称号は必ずしも適当な訳語があるものではないが、外務省において「王配殿下」、宮内庁において「英国王配エディンバラ公フィリップ殿下」と呼称していることに鑑み、「王配」の訳を当てている。なお、エリザベス2世女王との間の息子らも同じ称号を名乗るが、この場合には同様の理由により「王子」の訳を当てている。イギリスにおけるPrinceという称号の意義についてはBritish princeを参照。(Prince Philip, Duke of Edinburgh、1921年6月10日 - )は、イギリス王室の成員、イギリス女王エリザベス2世の夫(王配)。次期王位継承者・チャールズの実父。爵位・称号は Prince of the United Kingdom、エディンバラ公爵、メリオネス伯爵、グリニッジ男爵、イギリス海陸空軍元帥、Lord High Admiral(:en:List of Lord High Admirals (United Kingdom)) 、日本学士院名誉会員。敬称は His Royal Highness(殿下)。 祖父にギリシャ王ゲオルギオス1世 、曾祖父にデンマーク王クリスチャン9世、高祖父にロシア皇帝ニコライ1世、高祖母にイギリス女王ヴィクトリアがいる。 イギリス海軍で第2次世界大戦に従軍後、当時即位前のエリザベスと結婚。女王即位後は海軍を退役し、長年女王を支えてきた。女王の公務の大半に同伴、単独での海外訪問も143カ国637回に上り、公務は単独でも65年間で2万2千件以上行った。現在も785団体の会長や支援者を務める読売新聞 東京本社版 2017年5月6日。 96歳と高齢になっていた2017年8月2日にバッキンガム宮殿でイギリス海兵隊を閲兵したのを最後に、全ての公務から引退した。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとフィリップ (エディンバラ公) · 続きを見る »

ドミトリー大公

ドミトリー大公と呼ばれる人物は複数存在する。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとドミトリー大公 · 続きを見る »

ドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)

ドミトリー・コンスタンチノヴィチ(Дмитрий Константинович, 1860年6月13日 - 1919年1月28日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫で、ロシア大公の称号を有した。コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公とその妻アレクサンドラ・イオシフォヴナ大公妃(ザクセン=アルテンブルク公女アレクサンドラ)の間の第5子、三男。長くロシア帝国軍で軍務についた。ドミトリーはロシアの国政に関わったことはなかったが、皇帝ニコライ2世の系累であるため、ロシア革命後の1919年、ボリシェヴィキ政府の命令でペトロパヴロフスク要塞の城壁で銃殺された。従兄弟のニコライ・ミハイロヴィチ大公、ゲオルギー・ミハイロヴィチ大公、パーヴェル・アレクサンドロヴィチ大公も、この時ドミトリーと共に処刑された。 Category:ロシア帝国の軍人 Category:ロシア大公 Category:聖アンドレイ勲章受章者 Category:聖ウラジーミル勲章受章者 Category:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家 Category:ソビエトにおける赤色テロの犠牲者 Category:サンクトペテルブルク県出身の人物 Category:サンクトペテルブルク出身の人物 Category:1860年生 Category:1919年没.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとドミトリー・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公) · 続きを見る »

ニコライ1世

ニコライ1世(、ニコライ・パヴロヴィチ・ロマノフ、、1796年7月6日 - 1855年3月2日)はロマノフ朝第11代ロシア皇帝(在位:1825年12月1日 - 1855年3月2日)、第2代ポーランド立憲王国国王(ミコワイ1世)、第2代フィンランド大公。父はパーヴェル1世、母は皇后マリア・フョードロヴナ。 帝政時代にロシア帝国銀行が発行した50ルーブル紙幣に肖像が描かれていた。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとニコライ1世 · 続きを見る »

ニコライ・ビリリョフ

ニコライ・アレクセーヴィチ・ビリリョフ(、1829年12月21日〈ユリウス暦12月9日〉 - 1882年6月5日〈5月24日〉)は、ロシア帝国の海軍軍人。日本では幕末に対馬芋崎を占拠したポサドニック号事件の当事者として知られている。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとニコライ・ビリリョフ · 続きを見る »

ニコライ・コンスタンチノヴィチ

ニコライ・コンスタンチノヴィチ大公 ニコライ・コンスタンチノヴィチ(Николай Константинович, 1850年2月14日 - 1918年1月26日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫息子の一人で、ロシア大公の称号を有した。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとニコライ・コンスタンチノヴィチ · 続きを見る »

ニコラエヴィチ

ニコラエヴィチ(ロシア語:Никола́евич、ラテン文字表記例:Nikolaevich)は、主にロシア語圏の父称。「ニコライの息子」を意味する。女性形はニコラエヴナ。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとニコラエヴィチ · 続きを見る »

ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家

ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家(、)は、1762年から1917年までロシア帝国を統治したホルシュタイン=ゴットルプ家の分家。ロマノフ家が占めていたロシア皇帝位を引き継いだことで、一般にはロマノフ家と区別することなく扱われる場合が多い。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ家 · 続きを見る »

アレクサンデル・ヴィエロポルスキ

アレクサンデル・ヴィエロポルスキ(ポーランド語:Aleksander Wielopolski、1803年 - 1877年)は、ポーランドの貴族、保守政治家。伯爵、ゴンザーガ=ムィシュコフスキ侯爵、ピンチュフの第13代オルディナト。1862年、ロシア皇帝アレクサンドル2世によってロシア領ポーランド会議王国の政府首班に任命された。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとアレクサンデル・ヴィエロポルスキ · 続きを見る »

アレクサンドラ

アレクサンドラ(Alexandra、Aleksandra、)は、ヨーロッパの女性名。アレクサンドロスに由来する男性名(アレクサンダー、アレクサンドルなど)の女性形。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとアレクサンドラ · 続きを見る »

アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后)

アレクサンドラ・フョードロヴナ(Александра Фёдоровна, 1798年7月13日 - 1860年11月1日)は、ロシア皇帝ニコライ1世の皇后。プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世とその王妃ルイーゼの第4子(長女)。ドイツ語名はフリーデリケ・ルイーゼ・シャルロッテ・ヴィルヘルミーネ(Friederike Luise Charlotte Wilhelmine)。シャルロッテ・フォン・プロイセン(Charlotte von Preußen)とも呼ばれる。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとアレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ1世皇后) · 続きを見る »

アレクサンドラ・イオシフォヴナ

アレクサンドラ・イオシフォヴナ(ヨシフォヴナとも、, 1830年7月8日 - 1911年7月6日)は、ロシアの皇族、ロシア大公妃。ニコライ1世の次男コンスタンチン・ニコラエヴィチ大公の妻。結婚前の名前はアレクサンドラ・フリーデリケ・ヘンリエッテ・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Alexandra Friederike Henriette von Sachsen-Altenburg)。 ザクセン=アルテンブルク公ヨーゼフとその妃であるアマーリエ・フォン・ヴュルテンベルクの第5子として、アルテンブルク(現在のテューリンゲン州、アルテンブルガー・ラント郡)で生まれた。長姉アレクサンドリーネ・マリーはハノーファー王ゲオルク5世の妃。コンスタンティンの姉、ヴュルテンベルク王妃オリガ・ニコラエヴナの仲介により、シュトゥットガルトでコンスタンチンと見合いをし、婚約した。 1848年9月にコンスタンチンと結婚。6子の母となった。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとアレクサンドラ・イオシフォヴナ · 続きを見る »

ウラジーミル・キリロヴィチ・ロマノフ

ウラジーミル・キリロヴィチ・ロマノフ(, 1917年8月30日[ユリウス暦8月17日] - 1992年4月21日)は、ロシアの帝位請求者。ロシア帝室家長(1938年 - 1992年)。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとウラジーミル・キリロヴィチ・ロマノフ · 続きを見る »

エリザヴェータ・マヴリキエヴナ

リザヴェータ・マヴリキエヴナ(Елизавета Маврикевна, 1865年1月25日 マイニンゲン - 1927年3月24日 ライプツィヒ)は、ドイツのザクセン=アルテンブルク家の公女で、ロシアの皇族女性。コンスタンチン・コンスタンチノヴィチ大公と結婚し、ロシア大公妃の称号を有した。ドイツ語名はエリーザベト・アウグステ・マリー・アグネス・フォン・ザクセン=アルテンブルク(Elisabeth Auguste Marie Agnes von Sachsen-Altenburg)。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとエリザヴェータ・マヴリキエヴナ · 続きを見る »

エフィム・プチャーチン

フィーミー(エフィーム)・ヴァシーリエヴィチ・プチャーチン(Евфимий(Ефим) Васильевич Путятин、Jevfimij Vasil'jevich Putjatin、1803年11月8日(グレゴリオ暦11月20日) - 1883年10月16日(グレゴリオ暦10月28日))は、ロシア帝国(ロマノフ朝)の海軍軍人、政治家、教育大臣(在任期間:1861年6月26日 – 1861年12月25日)。 1853年、日本に来航し日露和親条約を締結するなど、ロシア帝国の極東における外交で活躍した。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとエフィム・プチャーチン · 続きを見る »

オルガ (ギリシャ王妃)

リガ・コンスタンチノヴナ(Ольга Константиновна, 1851年9月3日 - 1926年6月18日)は、ギリシャ王ゲオルギオス1世の王妃、ロシア大公女。ギリシャ語名はオルガ()。ロシア皇帝ニコライ1世の次男コンスタンチン大公とその妻であるアレクサンドラ・イオシフォヴナ大公妃の長女として、パヴロフスクで生まれた。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとオルガ (ギリシャ王妃) · 続きを見る »

オプリーチニク (オペラ)

『オプリーチニク』(Опричник)は、ピョートル・チャイコフスキーが作曲した全4幕5場のオペラ。『親衛隊』という日本語訳題があてられることもある。リブレットはの悲劇『Опричники』を下敷きに作曲者自身の手で執筆された。扱われている題材はオプリーチニキであり、オプリーチニナの時代(1565年-1573年)のイヴァン雷帝の宮殿を舞台としている。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとオプリーチニク (オペラ) · 続きを見る »

グロモボーイ (フリゲート)

モボーイ」、「グロモボイ」()は、ロシア帝国の建造した 53 門級帆走スクリューフリゲート()である。ロシア帝国海軍でのでは、フリゲート()に類別されたロシア帝国海軍では、外輪船型のフリゲートを蒸気フリゲート()、それ以外のフリゲートを帆走、機走(スクリュー推進)に関わらずフリゲート()に分類していた。。艦名は、著名な作家・詩人による文学作品におけるキエフ・ルーシ時代の人物の名前。ロシア史上、 5 番目のスクリューフリゲートである。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとグロモボーイ (フリゲート) · 続きを見る »

グスタヴ・セーデルストレム

タヴ・セーデルストレム グスタヴ・セーデルストレム(Gustaf Olof Cederström。1845年4月12日、ストックホルム - 1933年8月20日、ストックホルム)は、スウェーデンの画家である。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとグスタヴ・セーデルストレム · 続きを見る »

ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)

ルギオス1世(、1845年12月24日 - 1913年3月18日)は、ギリシャの国王(在位:1863年3月30日 - 1913年3月18日)。元々はデンマーク王子だったが、1863年に議会で初代国王オソン1世の廃位と、自身の即位が可決されると、イギリスやフランス、ロシアなど列強諸国の支援もあって、17歳で王位に就いた。これに伴い、デンマークの国教であるルーテル教会からギリシャ正教会に改宗した。 王位に就いた当時は、ギリシャは後進国の位置に甘んじており、このような同国の問題点の解決に努めた。ゲオルギオス1世は一院制議会を施行し、ギリシャが立憲君主制国家であることを宣布し、経済面に力点を置いた近代化を志向した。中でも特に力を注いだ農村環境の改善は、1920年に実現することとなった。一方で、1864年にはイオニア諸島、1881年にはテッサリア、1912年にはマケドニア・イピロス・テッサロニキ、1913年にはクレタ島を獲得した。 しかし、ギリシャの領土獲得のためには手段を選ばないかのような発言を繰り返して周辺諸国の反発を買い、第一次バルカン戦争中の1913年に、前年オスマン帝国から奪還したテッサロニキを訪問した際、暗殺された。 没後、1954年から発行されていた10ドラクマ紙幣に肖像が使用されていた。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとゲオルギオス1世 (ギリシャ王) · 続きを見る »

コンスタンチン大公

ンスタンチン大公(ロシア語:Великий князь Константин)と呼ばれるロシア皇族は、歴史上3人存在する。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとコンスタンチン大公 · 続きを見る »

コンスタンチン・コンスタンチノヴィチ

ンスタンチン・コンスタンチノヴィチ(Константин Константинович).

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとコンスタンチン・コンスタンチノヴィチ · 続きを見る »

コンスタンチン・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公)

ンスタンチン・コンスタンチノヴィチ大公 コンスタンチン・コンスタンチノヴィチ(, 1858年8月22日 - 1915年6月15日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の孫息子の一人で、ロシア大公の称号を有した。詩人、劇作家でもあり、姓名「Константин Романов(Konstantin Romanov)」の頭文字から採ったペンネーム「К.(KR)」の呼び名でよく知られた。1889年から亡くなるまでロシア科学アカデミー総裁を務めた。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとコンスタンチン・コンスタンチノヴィチ (ロシア大公) · 続きを見る »

ソヴィエツカヤ・ガヴァニ

ヴィエツカヤ・ガヴァニの紋章ソヴィエツカヤ・ガヴァニを含むソヴィエツカヤ・ガヴァニ地区のハバロフスク地方内での位置 ソヴィエツカヤ・ガヴァニ(ソビエツカヤ・ガバニ、Сове́тская Га́вань、英語:Sovetskaya Gavan、中国語苏维埃港)は、ロシアの極東部に位置する港湾都市で、ハバロフスク地方に属する。サハリン(樺太)の対岸に位置し、日本海最北部のタタール海峡(間宮海峡)に面する。バイカル・アムール鉄道の東の終点でもある。人口は30,480人(2002年国勢調査)、2007年の推定人口は 29,247人。.

新しい!!: コンスタンチン・ニコラエヴィチとソヴィエツカヤ・ガヴァニ · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »