ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ウスチュルト台地

索引 ウスチュルト台地

ウズベキスタンのウスチュルト台地 ウスチュルト台地(ウスチュルトだいち、Üstirt、Üstyurt)は、中央アジアのカザフスタンとウズベキスタンにある台地。アラル海とカスピ海のあいだのおよそ20万平方kmにわたって広がる。平均標高は150mで、主に石質の砂漠からなる。羊や山羊、ラクダを飼育する半遊牧民が分布する。 Category:カザフスタンの地形 Category:ウズベキスタンの地形 Category:アジアの砂漠.

4 関係: 北緯45度線マンギスタウ州ノビチョクアラル海

北緯45度線

北緯45度線(ほくい45どせん)は、地球の赤道面より北に地理緯度にして45度の角度を成す緯線である。ヨーロッパ、アジア、太平洋、北アメリカ、大西洋を通過する。 よく北極点から赤道までの距離の中間地点だといわれるが、実際の中間地点は北緯45度線よりも16キロメートル北にある。これは地球が、自転による遠心力で赤道付近が膨らみ極付近が平らな楕円体であることに起因する。 この緯度の下では、夏至点時の可照時間は15時間37分で、冬至点時は8時間46分である。 この緯度上では、度数法による度・分・秒で分画される子午線弧長は概ね以下の長さに相当する。.

新しい!!: ウスチュルト台地と北緯45度線 · 続きを見る »

マンギスタウ州

マンギスタウ州の拡大図 マンギスタウ州(Маңғыстау облысы)は、中央アジアのカザフスタンの州の1つ。州都はアクタウ。面積は約16万5000平方km。州の人口は約37万人。.

新しい!!: ウスチュルト台地とマンギスタウ州 · 続きを見る »

ノビチョク

ノビチョク(Новичо́к, 意味は「新参者」)はソビエト連邦とロシアが1971年から1993年に開発した神経剤の一種である。この神経剤を開発したロシアの科学者は、VXガスと比べて5倍から8倍、ソマンの10倍以上の致死性があると主張している。 これらはソビエト社会主義共和国連邦のコードネーム「フォリアント」計画の一部である。5種類の異なるノビチョクは、軍事用に兵器化されているとされている。最も用途が広いものはA-232(ノビチョク5)である。ノビチョクが戦場で用いられたことはない。イギリスの首相テリーザ・メイは2018年3月、イングランドにおけるロシアの元スパイ毒殺事件に使用されたと発表した。ロシア連邦当局はノビチョクの生産や研究を否定している。 2013年に化学兵器禁止機関の科学諮問委員会は、ノビチョクの存在または特性に関する情報が不十分であると報告し、2011年にはノビチョクに関する学術論文に査読論文が存在しないと指摘している。.

新しい!!: ウスチュルト台地とノビチョク · 続きを見る »

アラル海

アラル海(アラルかい、Арал Теңізі、Orol dengizi、Аральское море、Aral Sea、鹹海)はカザフスタンとウズベキスタンにまたがる塩湖である。.

新しい!!: ウスチュルト台地とアラル海 · 続きを見る »

ここにリダイレクトされます:

ウスチウルト台地

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »