ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ウィリアム・タウンゼント・エイトン

索引 ウィリアム・タウンゼント・エイトン

ウィリアム・タウンゼント・エイトン(William Townsend Aiton、 1766年2月2日 - 1849年10月9日)は、イギリスの植物学者、園芸家である。父親のウィリアム・エイトンの後を継いで、王立植物園(キューガーデン)の園長を務めた。.

3 関係: ウィリアム・エイトン王立園芸協会植物学者の略記一覧 (S-Z)

ウィリアム・エイトン

ウィリアム・エイトン(William Aiton, 1731年 - 1793年2月2日)は、スコットランド出身の植物学者。 ハミルトンに生まれた。造園家としての訓練を受た後、1754年にロンドンへと向かい、チェルシー・フィジック・ガーデンの顧問であったフィリップ・ミラーの元で助手を務めている。1759年に新設されたキュー・ガーデンの園長に任命され、その死まで職を務めた。 1789年に著書 "Hortus Kewensis" を出版している。この書物の第2版は1810年から1813年にかけて息子のウィリアム・タウンゼント・エイトンによって出版された。ウィリアム・タウンゼント・エイトンはエイトンの没後、キュー・ガーデンズの園長の仕事を引き継いだ。 Category:18世紀の植物学者 Category:スコットランドの植物学者 Category:サウス・ラナークシャー出身の人物 Category:1731年生 Category:1793年没.

新しい!!: ウィリアム・タウンゼント・エイトンとウィリアム・エイトン · 続きを見る »

王立園芸協会

王立園芸協会 (おうりつえんげいきょうかい、Royal Horticultural Society、略称RHS)は、1804年にイギリス、ロンドンにおいて設立されたロンドン園芸協会(Horticultural Society of London)を前身とする学会。イギリスのみならずヨーロッパにおいてガーデニング・園芸の奨励を目的とする慈善団体である。一連のフラワー・ショーの開催、多くのモデル・ガーデンの一般公開を通じて活動を行っている。 1861年、王配アルバート・オブ・サクス=コバーグ=ゴータによって王室勅許を授けられたことから現在の名称となった。協会は2004年に創立200周年を迎えた。.

新しい!!: ウィリアム・タウンゼント・エイトンと王立園芸協会 · 続きを見る »

植物学者の略記一覧 (S-Z)

植物学者の略記一覧(しょくぶつがくしゃのりゃっきいちらん)は、植物の学名で命名者を示す場合に使われる、植物学者の命名者略記の一覧である。.

新しい!!: ウィリアム・タウンゼント・エイトンと植物学者の略記一覧 (S-Z) · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »