ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

ウィリアム・アンダーソン (博物学者)

索引 ウィリアム・アンダーソン (博物学者)

ウィリアム・アンダーソン(William Anderson、1750年12月28日 - 1778年8月3日)は、スコットランドの博物学者である。ジェームズ・クックの航海に参加し、ベーリング海で病没した。.

6 関係: ルリオーストラリアムシクイデイヴィッド・ネルソン (植物学者)アンダーソンウィリアム・アンダーソン荒俣宏の博物探検史植物学者の略記一覧 (S-Z)

ルリオーストラリアムシクイ

ルリオーストラリアムシクイ(Malurus cyaneus)はスズメ目オーストラリアムシクイ科の鳥類で、オーストラリア南東部で普通に観察される鳥である。オーストラリアの固有種。留鳥であり、なわばりを持ち、性的二型の程度が非常に高い。オスの繁殖羽は鮮やかな青色の冠羽、耳羽、片羽および尾羽をしており、顔は黒色で、のどは黒色もしくは濃紺色である。繁殖しないオス、メス、幼鳥は灰褐色である。このことは、すべての鈍い色の羽毛はメスであると受け取られ、そしてこの種が一夫多妻制であるという印象をすぐに与えるのである。2つの亜種が記録されている。より大きく濃い色のタスマニア亜種M.

新しい!!: ウィリアム・アンダーソン (博物学者)とルリオーストラリアムシクイ · 続きを見る »

デイヴィッド・ネルソン (植物学者)

デイヴィッド・ネルソン(David Nelson、1740年頃 - 1789年7月20日)は、イギリスの植物学者である。ジェームズ・クックの第3回探検航海や、ウィリアム・ブライのバウンティ号の航海に参加した。「バウンティ号の反乱」の際に救命艇による41日間、3800マイルのティモールへの航海をして生還した19人の乗組員の一人となった。 クックの航海に参加する前の経歴は知られていないが、1776年から1779年のクックの第3回探検航海に植物学者として選ばれ、ジョゼフ・バンクスやウィリアム・エイトンのもとで、訓練を受けた後、レリゾリューション号でウィリアム・アンダーソンとともに働いた。航海中にアンダーソンが病死したので、植物学的業務をネルソンが担うことになった。1790年にロンドンへ帰還した後は7年間、キューガーデンで働いた後、ウィリアム・ブライのバウンティ号のタヒチへの航海に参加した。航海の目的のひとつはパンノキを採集することであった。「バウンティ号の反乱」でネルソンは軍人ではなかったがブライ船長に忠誠心が厚いとして、救命艇で追放された19人の一人となった。ティモールへの困難な航海の末、生き残ったが数日後、ティモールのクバンで病没した。 キツネノマゴ科の属名、に献名された。.

新しい!!: ウィリアム・アンダーソン (博物学者)とデイヴィッド・ネルソン (植物学者) · 続きを見る »

アンダーソン

アンダーソンまたはアンダースン(Anderson、Andersen、)は英語圏などに見られる姓名。キリスト十二使徒の一人アンデレに由来する人名の子孫を意味し、アンドルーズ(Andrews)とも同様である。Andersenの綴りの方はデンマーク・ノルウェー系である。 ポルトガル語では Anderson(、アンデルソン)となる。オランダ語、ノルウェー語、デンマーク語などではアンデルソンとなる。スウェーデン語では Andersson(アンデション、アンデショーン)となる。これらはそれぞれの別記事を参照のこと。.

新しい!!: ウィリアム・アンダーソン (博物学者)とアンダーソン · 続きを見る »

ウィリアム・アンダーソン

ウィリアム・アンダーソン (William Anderson).

新しい!!: ウィリアム・アンダーソン (博物学者)とウィリアム・アンダーソン · 続きを見る »

荒俣宏の博物探検史

『年表で読む荒俣宏の博物探検史-あの珍種この珍種が発見された探検航海を年表で辿る』は荒俣宏の著書である。『世界大博物図鑑』シリーズ(全5巻+別巻2巻)のスペシャル版として2000年9月に平凡社から出版された。博物学の歴史で重要な探検航海などの概要が、豊富な図版とともに紹介されている。.

新しい!!: ウィリアム・アンダーソン (博物学者)と荒俣宏の博物探検史 · 続きを見る »

植物学者の略記一覧 (S-Z)

植物学者の略記一覧(しょくぶつがくしゃのりゃっきいちらん)は、植物の学名で命名者を示す場合に使われる、植物学者の命名者略記の一覧である。.

新しい!!: ウィリアム・アンダーソン (博物学者)と植物学者の略記一覧 (S-Z) · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »