ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アレン・エマーソン

索引 アレン・エマーソン

アーネスト・アレン・エマーソン(Ernest Allen Emerson、1954年6月2日 - )は、アメリカ合衆国の計算機科学者であり、テキサス大学オースティン校の教授。 エドムンド・クラーク、ジョセフ・シファキスと共にモデル検査の先駆的研究で2007年のチューリング賞を受賞した。1998年には、記号的モデル検査 (Symbolic Model Cheking) の研究に対してACMのパリス・カネラキス実践的理論賞を受賞した。 1976年、テキサス大学オースティン校で数学の学士号を取得し、1981年、ハーバード大学で応用数学の博士号を取得した。 1980年代にエドムンド・クラークと共同研究し、計算木論理を考案した。 ACMの会員である。.

5 関係: チューリング賞モデル検査エドムンド・クラークジョセフ・シファキス時相論理

チューリング賞

ACMチューリング賞(ACM A.M. Turing Award)は、計算機科学分野で革新的な功績を残した人物に年に1度、ACMから贈られる賞であり世界最高の権威を持つ賞とされている。その功績は長く影響が続くもので、コンピュータ業界で技術的にも重要なものとされている。計算機科学におけるノーベル賞と広く認識されており、事実、受賞者にはハーバート・サイモンなどノーベル賞受賞者が存在している。 「チューリング」の名は、現代計算機科学の父の1人とされるアラン・チューリングの名にちなむ。2014年11月3日、Googleの後援により受賞者には100万ドルが贈られると発表された。 1966年の最初の受賞者はカーネギーメロン大学のアラン・パリスだった。初の女性受賞者は、2006年のフランシス・E・アレン(IBM)である。2008年には再び女性であるバーバラ・リスコフが受賞している。.

新しい!!: アレン・エマーソンとチューリング賞 · 続きを見る »

モデル検査

モデル検査(Model Checking)とは、形式システムをアルゴリズム的に検証する手法である。ハードウェアやソフトウェアの設計から導出されたモデルが形式仕様を満足するかどうか検証する。仕様は時相論理の論理式の形式で記述することが多い。.

新しい!!: アレン・エマーソンとモデル検査 · 続きを見る »

エドムンド・クラーク

ドムンド・クラーク エドムンド・メルソン・クラーク・ジュニア(Edmund Melson Clarke, Jr.、1945年7月27日 - )は、ハードウェアやソフトウェアの設計を形式的に検証するモデル検査の開発で知られている計算機科学者。カーネギーメロン大学計算機科学科の教授。アレン・エマーソン、ジョセフ・シファキスと共に、2007年のACMチューリング賞を受賞。.

新しい!!: アレン・エマーソンとエドムンド・クラーク · 続きを見る »

ジョセフ・シファキス

ョセフ・シファキス(Joseph Sifakis、Ιωσήφ Σηφάκης、1946年12月26日 - )は、ギリシャ系フランス人の計算機科学者で、エドムンド・クラークとアレン・エマーソンと共にモデル検査に関する業績で2007年のチューリング賞を受賞した。 1946年、クレタ島イラクリオンに生まれた(Eleftherotypia - 05 Feb 2008) 。国立アテネ工科大学で電気工学を学び、フランスから奨学金を得てグルノーブル大学で計算機科学を学んだ(Kathimerini - 04 Feb 2008) 。1974年、グルノーブル大学で博士号を取得し、1979年には state doctorate を取得したグルノーブル大学には理系の大学が2つある。Université scientifique et médicale de Grenoble (USMG, Grenoble-1) は後に Joseph Fourier University と改称。Grenoble Institute of Technology (INPG) は後に Grenoble-INP と改称した。VERIMAG は両者の共同研究施設である。。 シファキスは1976年にフランス市民権を得て以来ずっとフランスに住み、グルノーブル近郊のVERIMAGにあるフランス国立科学研究センター (CNRS) で働いており、実際CNRSの創設者の1人であるCNRS website - 。 また、Artist2(European Network of Excellence for research on Embedded Systems)のコーディネーターも務めている。 また、フランスの国家功労勲章の役員も務めている。.

新しい!!: アレン・エマーソンとジョセフ・シファキス · 続きを見る »

時相論理

時相論理(Temporal Logic)とは、時間との関連で問題を理解し表現するための規則と表記法の体系である。時相論理では、「私はいつも腹ペコだ」、「私はそのうち腹ペコになる」、「私は何かを食べるまで腹ペコだろう」といった文を表現できる。1950年代末にが提唱した様相論理に基づいた時相論理を特に時制論理(Tense Logic)と呼ぶことがある。が重要な業績を残した。その後、そこから発展し、アミール・プヌーリら計算機科学者や論理学者が研究を進めた。 時相論理はシステムのハードウェアやソフトウェアの要求仕様を記述する方法として形式的検証で利用される。例えば、「要求が発生したら常にリソースへのアクセスがそのうちに承認される。ただし、決して2つの要求を同時に承認してはならない」といった文章は時相論理で表せる。.

新しい!!: アレン・エマーソンと時相論理 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »