ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

アポロA-102

索引 アポロA-102

アポロA-102(SA-7とも言われる)はアメリカ合衆国のアポロ計画において、サターンI 型ロケットに模擬のアポロ司令・機械船を搭載して発射した二度目の試験飛行である.

5 関係: アポロA-103ケープカナベラル空軍基地第37発射施設サターンロケットサターンI1964年の宇宙飛行

アポロA-103

アポロA-103はアメリカ合衆国のアポロ計画において打ち上げられた、8基目のサターンI 型ロケットである。アポロ司令・機械船の模型を軌道上に乗せるのは、これが3度目になる。このロケットはまた、宇宙から飛来する宇宙塵(微少隕石)が衛星の船体に及ぼす影響を調べるペガサスA(Pegasus A)衛星を搭載していた。.

新しい!!: アポロA-102とアポロA-103 · 続きを見る »

ケープカナベラル空軍基地第37発射施設

ープカナベラル空軍基地第37発射施設(Cape Canaveral Air Force Station Space Launch Complex 37, SLC-37、かつてはLaunch Complex 37, LC-37)はケープカナベラル空軍基地の発射施設。 建造は1959年に始まり、1963年にサターンI計画を補助する目的でアメリカ航空宇宙局に承認された。施設はLC-37AとLC-37Bの2台の発射台から構成され、Aは一度も使用されず、BはサターンI(1966-1968)、サターンIB(1964-1965)の打上げに使用された。初の打上げはサターンIロケットによるアポロSA-5無人試験だった。 1972年に役目を終えたが、2001年にユナイテッド・ローンチ・アライアンスが運用するデルタIVの射場として変更され、2002年11月20日にデルタIVの初飛行を行った。.

新しい!!: アポロA-102とケープカナベラル空軍基地第37発射施設 · 続きを見る »

サターンロケット

ターンロケットは、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が開発・運用していたロケット。元ドイツのロケット科学者ヴェルナー・フォン・ブラウンが中心となって開発した。後期型のサターンVは有人月ロケットとして知られる。アポロ計画で、計12人もの宇宙飛行士を月に送り込んだ、人類史上(当時)、もっとも速く、もっとも高価で、もっとも遠い場所に行った乗り物である。 サターンという名は、土星から。先代のロケットがジュピター(木星)であったため、「次は土星だろう」という経緯で決まったとされる。 その後、サターンVはアメリカ初の宇宙ステーション「スカイラブ」の打ち上げにも使用され、現在は2機が展示保存されている。.

新しい!!: アポロA-102とサターンロケット · 続きを見る »

サターンI

ターンI(英語ではサターン・ワンと発音される。日本ではサターン1型(さたーんいちがた)ロケットと呼ばれるのが一般的である)は、アメリカ合衆国が特に地球周回軌道に衛星を乗せることを目的に開発した初めてのロケット(宇宙専用機)である。第一段は、新規に大きなエンジンを開発するのではなく、すでに完成されている小さいロケットエンジンを組み合わせる (clustered) ことによって大推力を発生させていることが特徴である。このクラスター方式は「技術の停滞だ」と批判されたこともあったが、サターンはこの方式が、より手堅くて融通のきくものであることを実証してみせた。 サターンIは、元々は1960年代において全世界を射程圏内に収める軍用ミサイルとなるべきはずのものであったが、実際には10機のみが、より強力な第二段ロケットを搭載したサターンIBが登場するまでの短期間、アメリカ航空宇宙局 (NASA) によって使用されただけだった。.

新しい!!: アポロA-102とサターンI · 続きを見る »

1964年の宇宙飛行

1964年の宇宙飛行(1964ねんのうちゅうひこう)は、宇宙飛行の年表の1964年の打ち上げ記録一覧である。.

新しい!!: アポロA-102と1964年の宇宙飛行 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »