ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

XDM (データベース)

索引 XDM (データベース)

XDM (Extensible Data Manager) は、日立製作所が提供するメインフレーム (汎用コンピュータ) のデータ管理システムである。 構成要素であるデータベース管理システム (DBMS; DataBase Management System) としては、構造型ではXDM/SD、リレーショナル型ではXDM/RDと密に接続できる他、階層型のADMやネットワーク型のPDM2とも接続できる。 DCMS (Data Communication Management System) は、XDM/DCCM3、TMS-4V DC、ADM DCなどと接続できる。XDMではHiRDBからの検索・更新に加え、ODBC経由でのMicrosoft AccessやMicrosoft ExcelおよびXDM/RDではCosminexusからのJDBC経由 での検索・更新をサポートしている。.

16 関係: AIM富士通メインフレームデータベース管理システムデータ管理システムCosminexusHiRDBIBMIMSJDBCMicrosoft AccessMicrosoft ExcelOpen Database ConnectivityVIS (汎用機)日立製作所日本電気

AIM

AIMは、以下の意味で用いられる.

新しい!!: XDM (データベース)とAIM · 続きを見る »

富士通

富士通株式会社(ふじつう、Fujitsu Limited)は、日本の総合エレクトロニクスメーカーであり、総合ITベンダーである。ITサービス提供企業として収益で国内1位、世界4位(2015年)ITサービスを提供する世界の企業の収益(revenue)順位、1位「IBM」、2位「HP」、3位「アクセンチュア」、4位「富士通」「」HfS Research 2015。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。.

新しい!!: XDM (データベース)と富士通 · 続きを見る »

メインフレーム

IBM 704 メインフレーム メインフレーム(mainframe)は、主に企業など巨大な組織の基幹業務用などに使用される、大型コンピュータを指す用語。汎用コンピュータ、汎用機、汎用大型コンピュータ、大型汎用コンピュータ、ホストコンピュータ、大型汎用計算機 などとも呼ばれる。対比語は時代にもより専用機、分散コンピュータ(オープン系システム)など。.

新しい!!: XDM (データベース)とメインフレーム · 続きを見る »

データベース管理システム

right データベース管理システム(データベースかんりシステム、DBMS; )とは、コンピュータのデータベースを構築するために必要なデータベース運用、管理のためのシステム、およびそのソフトウェアのことである。データベースマネジメントシステムとも呼ばれる。.

新しい!!: XDM (データベース)とデータベース管理システム · 続きを見る »

データ管理システム

データ管理システム(Data Management System、データマネジメントシステム)とは、以下の意味がある。.

新しい!!: XDM (データベース)とデータ管理システム · 続きを見る »

Cosminexus

Cosminexus(コズミネクサス)は、日立製作所が提供するアプリケーションサーバを構築・運用するためのミドルウェア製品。JavaEE 7に対応したシステム構築が可能となっている。最新のバージョンは10.0である。.

新しい!!: XDM (データベース)とCosminexus · 続きを見る »

HiRDB

HiRDB(ハイ アール デービー)は日立製作所が提供する関係データベース管理システム (RDBMS)。シェアードナッシング方式を採用し、データの検索や更新などを並列で実行できるため、高い柔軟性と迅速な処理性能を実現している。.

新しい!!: XDM (データベース)とHiRDB · 続きを見る »

IBM

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。.

新しい!!: XDM (データベース)とIBM · 続きを見る »

IMS

IMS (Information Management System、アイエムエス)は、IBMが開発・販売する、メインフレーム専用のデータ管理システム。最新版の名称は「IMS Transaction and Database Servers」。IMSはトランザクション処理システムであるIMS TM(IMS Transaction Manager)と、階層型のデータベース管理システム (DBMS) であるIMS DB(IMS Database Manager)から構成される。.

新しい!!: XDM (データベース)とIMS · 続きを見る »

JDBC

Java Database Connectivity (JDBC)は、Java と関係データベースの接続のためのAPI。ODBCをベースにサン・マイクロシステムズおよび DataDirect が共同で開発していると言われている。そのためドライバのデフォルトの自動コミットの有効化など似ている点も多々ある。 Java においてSQLを使用して、関係データベース管理システム (RDBMS) などと接続する機能を標準化(抽象化)している。 元はJDK 1.0の拡張APIという位置付けであったが、JDK 1.1で正式にJavaの基本SDKに同梱されるようになった。標準的な機能 (API) は Java SE に含まれている。JDBCの規格は Java SDK とは独立して行われており、APIのアップデートは随時行われている。.

新しい!!: XDM (データベース)とJDBC · 続きを見る »

Microsoft Access

Microsoft Office Access(マイクロソフト・オフィス・アクセス)は、マイクロソフトがMicrosoft Windows 向けに販売している、関係データベース管理システム (RDBMS) のソフトウェアである。 Microsoft Officeの上位版に同梱され、同社のMicrosoft SQL Serverに似たソフトウェアである。 Accessは、マイクロソフトによるRDBMSであり、(Microsoft Access 2007以降はACE=Access Connectivity Engine)とGUI開発環境を組み合わせてMicrosoft Office Professionalへの同梱形態や、単体で販売されている。 Accessは、Access/Jet、Microsoft SQL Server、OracleやODBC準拠のデータを取り扱うことができる。データベースに精通した技術者であれば、比較的高度なアプリケーションが開発できるが、そうではない方でも各種のウィザード機能を使用することにより小規模で簡単なアプリケーションの構築が可能であるとしている。データベース入門者に対して敷居が低いように見えるが、効率のよい実用的なシステムを構築するには、それなりの技術が必要である。現在Accessはオブジェクト指向に基づいたアプリケーション作成が可能であるが、完全なオブジェクト指向開発ツールには至っていない。 「Microsoft Access」は、以前マイクロソフトが販売していた通信ソフトウェアの名前でもあった。これはProCommなどといったソフトと競合していたが、販売不振のため製品ラインナップから消滅していた。それから数年後、現在知られているデータベース・ソフトウェアの名前として再登場した。.

新しい!!: XDM (データベース)とMicrosoft Access · 続きを見る »

Microsoft Excel

Microsoft Excel(マイクロソフト・エクセル)は、マイクロソフトがWindows、macOS、iOSおよびAndroid向けに開発・販売している表計算ソフトである。Microsoft Wordとともに、同社のオフィススイート「Microsoft Office」の中核をなすアプリケーションである。.

新しい!!: XDM (データベース)とMicrosoft Excel · 続きを見る »

Open Database Connectivity

Open Database Connectivity (ODBC) は、関係データベース管理システム (RDBMS) にアクセスするための共通インタフェース (API)である。 データへのアクセスを統一化することを目的としており、たとえばクライアント/サーバ型ではないMicrosoft Accessの管理するデータベースファイル (MDB) や、そもそもRDBMSではないCSVファイルへのアクセスなども、それに対応するODBCドライバがあれば、他の一般的なデータベースへのアクセスするのと同様な方法で利用することが可能になる。 ODBCは、主にWindows上で利用されることが多いが、Linux、UNIXなどで利用されるケースもある。.

新しい!!: XDM (データベース)とOpen Database Connectivity · 続きを見る »

VIS (汎用機)

VIS 及びVIS II (VERSATILE INFORMATION SYSTEM) とは、日本電気 (NEC) が提供するメインフレーム(汎用コンピュータ)であるACOS-4やACOS-2 用のデータ管理システムである。.

新しい!!: XDM (データベース)とVIS (汎用機) · 続きを見る »

日立製作所

株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。国内最大の電気機器メーカー。 通称は日立やHITACHIなど。特に創業の地であり、主力工場を抱える茨城県日立市などでは、行政機関の日立市や他の日立グループ各社などと区別するため日立製作所の略称で日製(にっせい)とも呼ばれている(後述参照)。 前身は、現在の茨城県日立市にあった銅と硫化鉄鉱を産出する久原鉱業所日立鉱山である。日立鉱山を母体として久原財閥が誕生し、久原財閥の流れを受けて日産コンツェルンが形成された。また、日立鉱山で使用する機械の修理製造部門が、1910年に国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させて、日立製作所が設立された。やがて日本最大規模の総合電機メーカー、そして世界有数の大手電機メーカーとして発展することとなる。.

新しい!!: XDM (データベース)と日立製作所 · 続きを見る »

日本電気

日本電気株式会社(にっぽんでんき、NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧英社名 の略)は、東京都港区芝五丁目(元・東京都港区芝三田四国町)に本社を置く住友グループの電機メーカー。 日電(にちでん)と略されることも稀にあるが、一般的には略称の『NEC』が使われ、ロゴマークや関連会社の名前などにも「NEC」が用いられている。 住友電気工業と兄弟会社で、同社及び住友商事とともに住友新御三家の一角であるが、住友の象徴である井桁マークは使用していない。.

新しい!!: XDM (データベース)と日本電気 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »