ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

X/Open XA

索引 X/Open XA

X/Open XA とは、X/Openが策定した分散トランザクション処理のための標準規格。各ノードのローカルなリソースマネージャと、それらを分散システムとして統合するトランザクションマネージャとの間のプログラムインタフェースを規定している。 XA は、トランザクションマネージャとリソースマネージャ間で2相コミットプロトコルを実行するためのC言語プログラムインタフェースを規定している。主にTXインタフェースおよびXAインタフェースがある。 本来の XA インターフェースは製品に依存せず同一であるが、XA 準拠の各 トランザクションマネージャ では、リソースマネージャ が製品固有の方法で組み込まれている場合がある。.

7 関係: トランザクションモニタートランザクション処理分散コンピューティングDRDAJava Transaction APIX/Open2相コミット

トランザクションモニター

トランザクションモニター(トランザクションマネージャ又はトランザクションコーディネータ)とは、各種通信プロトコル上のセッションとその上に流れるデータとアプリケーションプログラムと永続性記憶資源(トランザクショナルなファイルやデータベース)間での不可分な処理単位であるトランザクションを監視し、その一貫性を保持する役目を担うトランザクション管理ミドルウェアのこと。.

新しい!!: X/Open XAとトランザクションモニター · 続きを見る »

トランザクション処理

トランザクション処理 (Transaction Processing) とは、トランザクションと呼ばれる不可分な操作から構成される情報処理の形態。.

新しい!!: X/Open XAとトランザクション処理 · 続きを見る »

分散コンピューティング

分散コンピューティング(ぶんさんコンピューティング、英: Distributed computing)とは、プログラムの個々の部分が同時並行的に複数のコンピュータ上で実行され、各々がネットワークを介して互いに通信を行いながら全体として処理が進行する計算手法のことである。複雑な計算などをネットワークを介して複数のコンピュータを利用して行うことで、一台のコンピュータで計算するよりスループットを上げようとする取り組み、またはそれを実現する為の仕組みである。分散処理(ぶんさんしょり)ともいう。並列コンピューティングの一形態に分類されるが、一般に並列コンピューティングと言えば、同時並行に実行する主体は同じコンピュータシステム内のCPU群である。ただし、どちらもプログラムの分割(同時に実行できる部分にプログラムを分けること)が必須である。分散コンピューティングではさらに、それぞれの部分が異なる環境でも動作できるようにしなければならない。例えば、2台の異なるハードウェアを使ったコンピュータで、それぞれ異なるファイルシステム構成であっても動作するよう配慮する必要がある。 問題を複数の部分問題に分けて各コンピュータに実行させるのが基本であり、素数探索や数多く試してみる以外に解決できない問題の対処として用いられているものが多い。分散コンピューティングの例としてBOINCがある。これは、大きな問題を多数の小さな問題に分割し、多数のコンピュータに分配するフレームワークである。その後、それぞれの結果を集めて大きな解を得る。一般的に処理を分散すると一台のコンピュータで計算する場合と比べ、問題データの分配、収集、集計するためのネットワークの負荷が増加し、問題解決の為のボトルネックとなるため、部分問題間の依存関係を減らすことが重要な課題となる。 分散コンピューティングは、コンピュータ同士をネットワーク接続し、効率的に通信できるよう努力した結果として自然に生まれた。しかし、分散コンピューティングはコンピュータネットワークと同義ではない。単にコンピュータネットワークと言った場合、複数のコンピュータが互いにやり取りするが、単一のプログラムの処理を共有することはない。World Wide Web はコンピュータネットワークの例であるが、分散コンピューティングの例ではない。 分散処理を構築するための様々な技術や標準が存在し、一部はその目的に特化して設計されている。例えば、遠隔手続き呼出し (RPC)、Java Remote Method Invocation (Java RMI)、.NET Remoting などがある。.

新しい!!: X/Open XAと分散コンピューティング · 続きを見る »

DRDA

DRDAは、IBMの分散関係データベース体系 (Distributed Relational Database Architecture)、もしくはそのプロトコルおよび実装のことを指す。分散された複数のデータベース管理システム (DBMS) およびアプリケーション・プログラムの協働と連携を行い、データアクセスとトランザクションを制御する。DRDAをサポートするDBMS同士であればどのような組み合わせでも 分散データベースシステムを構成することができる。 DRDA(R) は、DBMSとの通信プロトコルを定義するが、API は定義しない。 DRDA DRDA.

新しい!!: X/Open XAとDRDA · 続きを見る »

Java Transaction API

Java トランザクション API(Java transaction API、JTA)とは、Java EE のAPIの1つであり、XAリソース間の分散トランザクション処理を扱う。JTA は Java コミュニティ・プロセスで JSR 907 として開発された仕様である。JTA は以下を提供する.

新しい!!: X/Open XAとJava Transaction API · 続きを見る »

X/Open

X/Open Company, Ltd. は、ヨーロッパのいくつかのUNIXシステム製造業者が1984年に設立したコンソーシアムであり、情報技術分野のオープン標準の確立と振興を目的としていた。特に当初の目的は、UNIX系のオペレーティングシステムの唯一の仕様を定義することで、それによってアプリケーションの相互運用性を高め、ソフトウェア移植のコストを削減しようとしていた。当初のメンバーは、Bull、ICL、シーメンス、オリベッティ、ニクスドルフであった(頭文字をとって BISON とも)。フィリップス、エリクソンがほどなく参加し、その時点で X/Open という名称となった。 X/Open は策定した仕様を X/Open Portability Guide (XPG) の名前で公表した。第1版では基本的なオペレーティングシステムのインタフェースをカバーし、最初の結成から1年以内に発表にこぎつけている。第2版は1987年で、初期化、端末インタフェース、プロセス間通信、C言語、COBOL、FORTRAN、Pascal、SQL、ISAM などもカバーしている。これらの多くは、既存の国際標準を参照しているだけである。 1988年に出た XPG3 では、POSIX のオペレーティングシステム仕様をカバーすることに注力している。このバージョンが最もよく使われ、その後にも影響を与えた。 1990年までに、X/Open は21の企業や団体が参加するようになった。当初の5社以外は以下の通り.

新しい!!: X/Open XAとX/Open · 続きを見る »

2相コミット

2相コミット(Two-Phase Commit)とは、コンピュータネットワークやデータベースにおいて、分散システム内の全ノードがトランザクションのコミットに合意するための分散アルゴリズムあるいはプロトコルである。ネットワーク障害やノード故障の場合も考慮され、結果としてトランザクションはコミットされるか失敗するかのいずれかの状態となる。しかし、Dale Skeen とマイケル・ストーンブレーカーの研究によれば、2相コミットは同時に複数のサイトが(無作為に)障害に陥った場合に対応できない。このアルゴリズムの2相とは、「調整者; coordinator」が全「参加者; cohorts」の調整を行う「コミット要求相; commit-request phase」と、調整者の決定によって全参加者がトランザクションを完了させる「コミット相; commit phase」である。.

新しい!!: X/Open XAと2相コミット · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »