ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
ダウンロード
ブラウザよりも高速アクセス!
 

X/Open

索引 X/Open

X/Open Company, Ltd. は、ヨーロッパのいくつかのUNIXシステム製造業者が1984年に設立したコンソーシアムであり、情報技術分野のオープン標準の確立と振興を目的としていた。特に当初の目的は、UNIX系のオペレーティングシステムの唯一の仕様を定義することで、それによってアプリケーションの相互運用性を高め、ソフトウェア移植のコストを削減しようとしていた。当初のメンバーは、Bull、ICL、シーメンス、オリベッティ、ニクスドルフであった(頭文字をとって BISON とも)。フィリップス、エリクソンがほどなく参加し、その時点で X/Open という名称となった。 X/Open は策定した仕様を X/Open Portability Guide (XPG) の名前で公表した。第1版では基本的なオペレーティングシステムのインタフェースをカバーし、最初の結成から1年以内に発表にこぎつけている。第2版は1987年で、初期化、端末インタフェース、プロセス間通信、C言語、COBOL、FORTRAN、Pascal、SQL、ISAM などもカバーしている。これらの多くは、既存の国際標準を参照しているだけである。 1988年に出た XPG3 では、POSIX のオペレーティングシステム仕様をカバーすることに注力している。このバージョンが最もよく使われ、その後にも影響を与えた。 1990年までに、X/Open は21の企業や団体が参加するようになった。当初の5社以外は以下の通り.

31 関係: AT&T富士通ノキアユニシスヒューレット・パッカードディジタル・イクイップメント・コーポレーションフィリップスアポロコンピュータエリクソンオリベッティオープン標準コンソーシアムシーメンスサン・マイクロシステムズ商標BullIBMNCR (企業)Open Software FoundationPOSIXThe Open GroupUNIXUNIX International情報技術日立製作所日本電気1984年1987年1988年1993年1996年

AT&T

AT&T Inc.(エイ ティ アンド ティ)は、アメリカ最大手の電話会社。インターネット接続、映像配信サービス等も提供する。本社はテキサス州ダラスにあり、AT&Tとは旧社名 The American Telephone & Telegraph Company の略。.

新しい!!: X/OpenとAT&T · 続きを見る »

富士通

富士通株式会社(ふじつう、Fujitsu Limited)は、日本の総合エレクトロニクスメーカーであり、総合ITベンダーである。ITサービス提供企業として収益で国内1位、世界4位(2015年)ITサービスを提供する世界の企業の収益(revenue)順位、1位「IBM」、2位「HP」、3位「アクセンチュア」、4位「富士通」「」HfS Research 2015。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。.

新しい!!: X/Openと富士通 · 続きを見る »

ノキア

ノキア(Nokia Corporation、Nokia Oyj)は、フィンランド・エスポーに本社を置く、通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダー。現CEOは、Rajeev Suri。 日本法人は1989年4月設立のノキア・ジャパン株式会社、および旧ノキア シーメンス日本法人の後身であるノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社(2013年9月1日にノキア シーメンス ネットワークス株式会社より改称、2018年4月1日に合同会社化)。.

新しい!!: X/Openとノキア · 続きを見る »

ユニシス

ユニシス (Unisys Corporation, NYSE) は、アメリカのITサービスとソリューションを提供する国際的企業。またユニシスはシステム機器などの設計/製造も行っている。 日本での事業は関連会社である日本ユニシスが実施していたが、2006年に持株の全てを売却。資本関係は存在しない。ただし業務提携は継続されている。.

新しい!!: X/Openとユニシス · 続きを見る »

ヒューレット・パッカード

創業場所に転用した、パロアルトにある旧パッカード家の車庫(en:Packard's garage)。2007年にアメリカ合衆国の史跡に指定された。 ヒューレット・パッカード (Hewlett-Packard Company) は、かつて存在した、主にコンピュータやプリンターなどコンピュータ関連製品の開発・製造・販売・サポートを行うアメリカ合衆国の企業である。2015年11月1日をもって、二つの独立した公開会社であるHP Inc.及びヒューレット・パッカード・エンタープライズに分割された。HP(エイチピー)の略称で呼ばれることが多い。本項でもHPと記す部分がある。スローガンは「invent」。 本体の会社分割を受けて、従来の日本法人の日本ヒューレット・パッカード株式会社はヒューレット・パッカード・エンタープライズの日本法人となり、HP Inc.の日本法人として日本HPが分離・設立された。.

新しい!!: X/Openとヒューレット・パッカード · 続きを見る »

ディジタル・イクイップメント・コーポレーション

ディジタル・イクイップメント・コーポレーション (Digital Equipment Corporation) は、かつて存在した、アメリカ合衆国を代表するコンピュータ企業のひとつである。1957年、ケン・オルセンによってマサチューセッツ州メイナードに設立された。通称 DEC(デック)ディジタル・イクイップメント・コーポレーション自身が "DEC" を使った例: PDP11 Processor Handbook (1973): page 8, "DEC, PDP, UNIBUS are registered trademarks of Digital Equipment Corporation;" page 1-4, "Digital Equipment Corporation (DEC) designs and manufactures many of the peripheral devices offered with PDP-11's.

新しい!!: X/Openとディジタル・イクイップメント・コーポレーション · 続きを見る »

フィリップス

ーニンクレッカ フィリップス(Koninklijke Philips N.V. 、英文正式表記:Royal Philips 、, )は、ヘルスケア製品・医療関連機器を中心とする電気機器関連機器メーカーで、オランダのアムステルダムに本拠を置く多国籍企業である。 日本法人である株式会社フィリップス・ ジャパンは、東京都港区港南に所在。(日本法人については、2017年10月に株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパンから株式会社フィリップス・ジャパンに社名を変更した。).

新しい!!: X/Openとフィリップス · 続きを見る »

アポロコンピュータ

アポロコンピュータ (Apollo Computer, Inc.) はアメリカのコンピュータ会社で商用エンジニアリング ワークステーションの草分け的存在。 サン・マイクロシステムズより2年先行していた。.

新しい!!: X/Openとアポロコンピュータ · 続きを見る »

エリクソン

リクソン(Telefonaktiebolaget LM Ericsson)は、スウェーデンの通信機器メーカー。世界最大の移動体通信(携帯電話)地上固定設備のメーカーとして知られるほか、スウェーデン国産戦闘機JAS 39 グリペンの電子機器を手がける。本社はスウェーデンのストックホルム。.

新しい!!: X/Openとエリクソン · 続きを見る »

オリベッティ

Egon Eiermann) オリベッティ社のマニフェスト オリベッティ(伊:Olivetti)は、イタリア・ピエモンテ州イヴレーアでタイプライターの製造・販売会社として創業された会社である。かつては大型コンピューター開発生産事業を行っていた。現在はテレコム・イタリアに買収されて傘下に入り、主にシステムソリューション事業を運営している。フィアットなどと共にイタリアを代表する歴史的会社である。現在の本社は、ピエモンテ州トリノにある。.

新しい!!: X/Openとオリベッティ · 続きを見る »

オープン標準

ープン標準(オープンひょうじゅん、Open standard)は、使用に当たっての各種権利を伴って公然と利用可能な標準である。 「オープン(open)」および「標準(standard)」という用語には様々な意味がある。「オープン」は使用料が徴収されない技術という意味に限定されることもある。「標準」は、全ての利害関係者が参加可能な委員会で合意を形成することで承認された技術という意味に限定されることもある。 「オープン標準」は定義によっては、特許権保有者がその標準の実装者やユーザーに「妥当かつ非差別的」なロイヤリティ料金や他のライセンス条項(いわゆるRANDライセンス)を課すことを許す。例えば、ITU、ISO、IEC といった国際的に認知されている主要な標準化団体が策定する標準では、実装に当たって特許料を徴収することを許している。しかし、欧州連合やデンマーク政府の定義によれば、無料で利用できるものをオープン標準としている。ライセンス料を徴収するなら、フリーソフトウェアやオープンソースソフトウェアでオープン標準を実装できないということにもなり、特許権を保有しない者にとっては差別的であるとの議論もある。しかし「オープン標準」の多くの定義では、料金を徴収しないことを前提とする場合が多い。 「オープン標準」は「オープンソース」と組み合わせて語られることが多く、完全なフリーかつオープンソースの実装が存在しない標準はオープン標準とは言えないという考え方もある。 フォーマットを指定するオープン標準をオープンフォーマットと呼ぶこともある。 単に標準と呼ばれる仕様の多くは、所有権者がいて、その仕様の所有権者である組織から与えられる制限された契約条件下でのみ利用可能である。そのような仕様は「オープン」とは見なされない。.

新しい!!: X/Openとオープン標準 · 続きを見る »

コンソーシアム

ンソーシアム(Consortium)あるいは共同事業体(きょうどうじぎょうたい)は、2つ以上の個人、企業、団体、政府(あるいはこれらの任意の組合せ)から成る団体であり、共同で何らかの目的に沿った活動を行ったり、共通の目標に向かって資源を蓄える目的で結成される。 Consortium はラテン語で「提携、共同、団体」を意味する。語の成り立ちは、consors(パートナー)が語源であり、さらに consors は con-(一緒に)と sors(運命)から成る単語で、「同志」を意味する。.

新しい!!: X/Openとコンソーシアム · 続きを見る »

シーメンス

単体:44,814名(2008年6月30日現在) |決算期.

新しい!!: X/Openとシーメンス · 続きを見る »

サン・マイクロシステムズ

ン・マイクロシステムズ本社 サン・マイクロシステムズ(Sun Microsystems)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララに本社を置いていたコンピュータの製造・ソフトウェア開発・ITサービス企業である。2010年1月27日にオラクルにより吸収合併され、独立企業・法人としては消滅した。.

新しい!!: X/Openとサン・マイクロシステムズ · 続きを見る »

商標

商標(しょうひょう)は、商品や役務を提供される需要者に、提供者を伝達する標識。本記事はおもに商取引上の意味を記す。.

新しい!!: X/Openと商標 · 続きを見る »

Bull

''Honeywell-Bull DPS 7'' メインフレーム、1990年 Groupe Bull(グループ・ブル)は、フランスのコンピュータ企業である。Bull Computer、単にBullとも呼ばれる。 かつてBull General Electric、Honeywell Bull、CII Honeywell Bull、Bull HNなどと呼ばれたことがある。 Bullは1931年、ノルウェー人技術者 Fredrik Rosing Bullの持つパンチカード関連技術の特許を資本化するために H.W. Egli - Bullとして設立された。 1933年に再編成されてオーナーが交代となり、名称もCompagnie des Machines Bullとなった。 この会社は設立当初から数々の買収や合併を経験してきた。 特に1960~1980年代にかけては、ゼネラル・エレクトリック社、ハネウェル社、NECと関係が深く、その後はモトローラ、Debeka、France Telecomなどと深い関係がある。 1991年にハネウェルのコンピュータ部門を獲得し、Zenith Data SystemsとPackard Bellも獲得している。 1982年、Bull は国有化され、フランスの他のコンピュータ企業と合併された。1994年、Bullは再び私企業化した。 Bullは公共、銀行、保険、通信、工業といった業種のシステムに強い。 2005年、Bullは100ヶ国以上で活動を行っている。 最近の主な製品として、Itanium 2ベースサーバ NovaScale と、Power 5アーキテクチャサーバ Escalaがある。 Bullは汎用コンピュータクラスの製品ラインも持っており、多くの古くからの顧客を抱えている。 さらにはブレードサーバのラインもある。 最近の新製品ではLinuxサポートをオプションとして行っている。.

新しい!!: X/OpenとBull · 続きを見る »

IBM

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。.

新しい!!: X/OpenとIBM · 続きを見る »

NCR (企業)

NCR(NCR Corporation)は、アメリカ合衆国の総合情報システム企業。 主に流通システムや金融システムに強く、POSシステム、現金自動預け払い機、小切手処理システム、バーコードリーダー、オフィスの消耗品、などを販売している。IT保守サポートサービスも提供している。1988年から1997年まで、ノンフィクション作品を表彰する NCR Book Award を主催していた。1884年からオハイオ州デイトンを本拠地としていたが、2009年6月にアトランタ近郊の非法人地域付近に本社を移した。 1884年に創業し、1991年にAT&Tに買収され子会社化。1997年1月1日にNCRとして再び独立した。 日本法人として日本NCR株式会社 (NCR Japan, Ltd.) がある。.

新しい!!: X/OpenとNCR (企業) · 続きを見る »

Open Software Foundation

Open Software Foundation(OSF)は、UNIXオペレーティングシステムの実装のためのオープン標準を策定するため1988年に創設された組織である。DECが(ハミルトングループと呼ばれる)いくつかのUNIXベンダーを招待した会議で、DEC の Armendo Stettner が AT&T とサン・マイクロシステムズがUNIX統合を行おうとしている件に対抗して共同開発を持ちかけたのが発端であった。 なお、名称が似ていて、所在地も同じマサチューセッツ州ケンブリッジだが、OSFとフリーソフトウェア財団 (FSF) には何の関係もない。.

新しい!!: X/OpenとOpen Software Foundation · 続きを見る »

POSIX

POSIX(ポシックス、ポジックス、Portable operating system interface)は、各種UNIXを始めとする異なるオペレーティングシステム (OS) 実装に共通のアプリケーションプログラミングインタフェース (API) を定め、移植性の高いアプリケーションソフトウェアの開発を容易にすることを目的としてIEEEが策定したAPI規格である。POSIXという名前はリチャード・ストールマンがIEEEに提案したものである。末尾の「」はUNIX互換OSに「」の字がつく名前が多いことからつけられた。ISO/IEC JTC 1/SC 22でISO/IEC 9945として国際規格になっている。.

新しい!!: X/OpenとPOSIX · 続きを見る »

The Open Group

The Open Group とは、オープンでベンダーに依存しないIT標準と認証の開発を多様な分野で進め、IT標準を通じたビジネス目標の達成を可能にするためのグローバルコンソーシアムである。 1996年に、X/OpenとOpen Software Foundation (OSF) が合併して生まれた。The Open Group はUNIXの商標管理団体であり、POSIX標準を拡張した公式のUNIXの定義であるSingle UNIX Specificationの策定でも知られている。.

新しい!!: X/OpenとThe Open Group · 続きを見る »

UNIX

UNIX (ユニックス、Unix、)は、コンピュータ用のマルチタスク・マルチユーザーのオペレーティングシステムの一種である。公式な商標は「UNIX」だが、商標以外の意味として「Unix」、またはスモールキャピタルを使用して「Unix」などとも書かれる。Unixは1969年、AT&Tのベル研究所にて、ケン・トンプソン、デニス・リッチーらが開発を開始した。 当初はアセンブリ言語のみで開発されたが、1973年にほぼ全体をC言語で書き直した。このため、Unixは歴史上、初めて高水準言語で書かれたOSであると言われる。 1973年の段階ではPDP-11に依存したコードが多く、移植性は低かったが、その後徐々にPDP-11に依存したコードを減少させ、1978年にInterdata 8/32への移植に成功して以降、徐々に他のプラットフォームにも移植されていった。 現在では「Unix」という語は、Unix標準に準拠するあらゆるオペレーティングシステムの総称でもある。現在ではUnixシステムは多数の系統に分かれており、AT&Tの開発停止後も、多数の商用ベンダーや非営利組織などによって開発が続けられている。 1970年代から1980年代の初期にかけて、Unixは大学や研究所などの教育機関で広範囲に採用され、特にカリフォルニア大学バークレー校をオリジナルとするBSD系統が誕生した。また Version 7 Unix や UNIX System V の特徴を持つオペレーティングシステムは「伝統的なUNIX」(traditional Unix)とも呼ばれる。 2007年に、「UNIX」の商標の所有者である標準化団体のThe Open Groupは、Single UNIX Specificationを完全に満たすと認証を受けたシステムのみが「UNIX」の商標を得られるとした。このためそれ以外のシステムは(ずっと以前から、AT&T版およびBSD以外を指して使われていた用語だが)「Unixシステムライク」または「Unixライク(Unix系)」と呼ばれるようになった。ただし The Open Groupはその呼称を気に入っていない。 現在では多く使われているUnixとしてはmacOS、AIX、HP-UX、Solarisなどがある(いずれも商用)。また認証を受けていないUnix系としてはLinux(派生OSにAndroid他)やMINIX、BSDの派生OS(FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、DragonFly BSDなど)がある。.

新しい!!: X/OpenとUNIX · 続きを見る »

UNIX International

Unix International(UI)はオープン標準、特にUNIXオペレーティングシステムの振興を目的として1988年に設立された業界団体。主なメンバーはAT&Tとサン・マイクロシステムズであり、両社の協業に対抗すべく Open Software Foundation (OSF) が結成され、さらにそれに対抗すべく結成されたものである。UI と OSF は、1980年代末から1990年代初めのUNIX戦争における二大陣営を表している。 UIには、サン・マイクロシステムズと関係の深い富士通、通信事業でAT&Tとも関係の深い日本電気および東芝も参加した。 1993年、UI と OSF の主要メンバー企業は Common Open Software Environment (COSE) イニチアティブの結成を発表した。その後、UI と OSF は合併することとなり、1994年3月に新たな OSF に統合された。これがさらに1996年に X/Open と合併し、The Open Group が結成されたのである。.

新しい!!: X/OpenとUNIX International · 続きを見る »

情報技術

情報技術(じょうほうぎじゅつ、information technology、IT)とは、情報に関する、特にコンピュータなどの技術(の総称)に関連した表現である。また、通信を含めて情報通信技術(じょうほうつうしんぎじゅつ、information and communication technology、ICT)という表現も使用されている。 米国のITAAの定義では「コンピュータをベースとした情報システム、特にアプリケーションソフトウェアやコンピュータのハードウェアなどの研究、デザイン、開発、インプリメンテーション、サポートあるいはマネジメント」である。 日本では戦前以来の縄張りに由来して、通信事業は総務省の所管であるため、総務省はICTの語を、経済産業省はITの語を用いることが多い。.

新しい!!: X/Openと情報技術 · 続きを見る »

日立製作所

株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。国内最大の電気機器メーカー。 通称は日立やHITACHIなど。特に創業の地であり、主力工場を抱える茨城県日立市などでは、行政機関の日立市や他の日立グループ各社などと区別するため日立製作所の略称で日製(にっせい)とも呼ばれている(後述参照)。 前身は、現在の茨城県日立市にあった銅と硫化鉄鉱を産出する久原鉱業所日立鉱山である。日立鉱山を母体として久原財閥が誕生し、久原財閥の流れを受けて日産コンツェルンが形成された。また、日立鉱山で使用する機械の修理製造部門が、1910年に国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させて、日立製作所が設立された。やがて日本最大規模の総合電機メーカー、そして世界有数の大手電機メーカーとして発展することとなる。.

新しい!!: X/Openと日立製作所 · 続きを見る »

日本電気

日本電気株式会社(にっぽんでんき、NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧英社名 の略)は、東京都港区芝五丁目(元・東京都港区芝三田四国町)に本社を置く住友グループの電機メーカー。 日電(にちでん)と略されることも稀にあるが、一般的には略称の『NEC』が使われ、ロゴマークや関連会社の名前などにも「NEC」が用いられている。 住友電気工業と兄弟会社で、同社及び住友商事とともに住友新御三家の一角であるが、住友の象徴である井桁マークは使用していない。.

新しい!!: X/Openと日本電気 · 続きを見る »

1984年

この項目では、国際的な視点に基づいた1984年について記載する。.

新しい!!: X/Openと1984年 · 続きを見る »

1987年

この項目では、国際的な視点に基づいた1987年について記載する。.

新しい!!: X/Openと1987年 · 続きを見る »

1988年

この項目では、国際的な視点に基づいた1988年について記載する。.

新しい!!: X/Openと1988年 · 続きを見る »

1993年

この項目では、国際的な視点に基づいた1993年について記載する。.

新しい!!: X/Openと1993年 · 続きを見る »

1996年

この項目では、国際的な視点に基づいた1996年について記載する。.

新しい!!: X/Openと1996年 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »