ロゴ
ユニオンペディア
コミュニケーション
Google Play で手に入れよう
新しい! あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!
インストール
ブラウザよりも高速アクセス!
 

WASP-1

索引 WASP-1

WASP-1 は、アンドロメダ座の方角の約1330光年の位置にある12等星である。太陽と比べて、大きく重いF型主系列星で、金属に富んでいる。 ※以上の大きさ比較の図はに基づく。.

22 関係: ArXiv太陽半径太陽光度太陽系外惑星太陽系外惑星の発見方法太陽質量パーセクホット・ジュピターアンドロメダ座ケルビンスーパーWASP光年CGS単位系食変光星金属量 (天文)F型主系列星J2000.0NASA Exoplanet ArchiveWASP-1b木星型惑星時速

ArXiv

arXiv(アーカイヴ、archiveと同じ発音)は、物理学、数学、計算機科学、量的生物学、計量ファイナンス、統計学の、を含む様々な論文が保存・公開されているウェブサイトである。論文のアップロード(投稿)、ダウンロード(閲覧)ともに無料で、論文はPDF形式である。1991年にスタートして、プレプリント・サーバーの先駆けとなったウェブサイトである。大文字の X をギリシャ文字のカイ(Χ)にかけて archive と読ませている。 現代(2012年)においてはこうした仕組みのサイトは特に珍しいものでもない。しかし、arXivの設立当初(1990年代初頭)においては、学術出版社や大学図書館を介さずに研究者同士がインターネットを介して直接に論文をやりとりできる場として、学術出版関係者に大きな驚きをもって受けとめられた。 2015年8月現在106万報以上の論文が保存されている。毎月8,000報を超える論文が追加されている。1991年、LANL preprint archiveという名称でロスアラモス国立研究所を運営元としてスタートし、1999年にarXiv.orgと改名。現在はコーネル大学図書館が運営元となっている。.

新しい!!: WASP-1とArXiv · 続きを見る »

太陽半径

太陽半径(たいようはんけい、Solar radius)とは、天文学において、恒星の大きさを表すための単位である。名の通り太陽の半径であって、 で与えられる。これは地球の半径の約109倍である。.

新しい!!: WASP-1と太陽半径 · 続きを見る »

太陽光度

太陽光度(たいようこうど、Solar luminosity)とは、光度の単位の1つであり、記号L_\odotで表す。通常、恒星などの天体の光度(見かけの明るさではなく、実際の明るさ)を表すのに用いられる。1太陽光度は、3.839 × 1026 W、3.839 × 1033erg/sに当たる太陽の光度と等しい。ただし、太陽は弱い変光星であり、太陽変動によって光度は常に一定ではない。.

新しい!!: WASP-1と太陽光度 · 続きを見る »

太陽系外惑星

太陽系外惑星(たいようけいがいわくせい、Extrasolar planet, Exoplanet)とは、太陽系にとっての系外惑星、つまり、太陽系の外にある惑星である。 多くは(太陽以外の)恒星の周りを公転するが、白色矮星や中性子星(パルサー)、褐色矮星などを回るものも見つかっており、他にもさまざまな星を回るものが想定される。自由浮遊惑星(いかなる天体も回らない惑星大の天体)を惑星に含めるかどうかは議論があるが、発見法が異なることなどから、系外惑星についての話題の中では自由浮遊惑星は別扱いすることが多い。 観測能力の限界から実際に発見されずにきたが、1990年代以降、多くの系外惑星が実際に発見されている。 ドップラー法.

新しい!!: WASP-1と太陽系外惑星 · 続きを見る »

太陽系外惑星の発見方法

本項では、太陽系外惑星の発見方法について述べる。惑星は、自ら光る恒星と比べて、非常にかすかな光を反射しているに過ぎないため発見しにくい。例えば、太陽のような恒星は、惑星が反射する光の約10億倍の明るさを持つ。そのようなわずかな光を検出するという本質的な難しさに加え、恒星の光が惑星からの光をかき消してしまう場合もある。こうした理由から、2014年4月までに発見された太陽系外惑星のほとんどは、直接観測されていない。 よって、天文学者は、間接的な方法を主として観測せざるを得なかった。2016年時点で、数種類の間接的方法が成功を収めている。.

新しい!!: WASP-1と太陽系外惑星の発見方法 · 続きを見る »

太陽質量

太陽質量(たいようしつりょう、Solar mass)は、天文学で用いられる質量の単位であり、また我々の太陽系の太陽の質量を示す天文定数である。 単位としての太陽質量は、惑星など太陽系の天体の運動を記述する天体暦で用いられる天文単位系における質量の単位である。 また恒星、銀河などの天体の質量を表す単位としても用いられている。.

新しい!!: WASP-1と太陽質量 · 続きを見る »

年(ねん、とし、year)は、時間の単位の一つであり、春・夏・秋・冬、あるいは雨季・乾季という季節のめぐりが1年である。元来は春分点を基準に太陽が天球を一巡する周期であり、平均して約365.242 189日(2015年時点)である(太陽年)。 1年の長さを暦によって定義する方法が暦法であり、現在世界各国で用いられるグレゴリオ暦佐藤 (2009)、pp.77-81、世界統一暦の試み(現行暦)では、一年または「一ヵ年」を365日とするが、一年を366日とする閏年を400年間に97回設けることによって、一年の平均日数を365.2425日とする。 なお、天文学における時間の計量の単位としての「年」には通常、ユリウス年を用いる。ユリウス年は正確に31 557 600秒=365.25 d(d.

新しい!!: WASP-1と年 · 続きを見る »

パーセク

パーセク(、記号: pc)は、距離を表す計量単位であり、約 (約3.26光年)である。主として天文学で使われる。 1981年までは天文学の分野に限り国際単位系 (SI) と併用してよい単位とされていたが、現在ではSIには含まれていない単位である。 年周視差が1秒角 (3600分の1度) となる距離が1パーセクである。すなわち、1天文単位 (au) の長さが1秒角の角度を張るような距離を1パーセクと定義する。 1 パーセクは次の値に等しい。.

新しい!!: WASP-1とパーセク · 続きを見る »

ホット・ジュピター

ホット・ジュピターの想像図 ホット・ジュピターの一つ、HD 188753 bの想像図 ホット・ジュピター() は、木星ほどの質量を持ちながら、主星の恒星から、わずか0.015au(224万km)から0.5au(7480万km)しか離れておらず、表面温度が非常に高温になっている太陽系外惑星の分類の一つである。roaster planets、epistellar jovians、pegasidsとも呼ばれる。恒星に極めて近く、強烈な恒星光を浴びるため表面温度は高温になっていると予想されている。「ホット・ジュピター」は直訳すれば「熱い木星」となるが、このような特徴に由来したものである。この種の系外惑星は1995年頃から続々と発見されつつある。 主星の近くを高速で公転しているため、質量が大きい惑星の重力によって生じる主星のわずかな揺れを検出するドップラー分光法での発見が最も簡単なタイプである。最もよく知られているホット・ジュピターはペガスス座51番星bである。ペガスス座51番星は、太陽に似た恒星を、わずか4日間で公転しており、1995年に発見された。 他にも、離心率の大きい彗星のような楕円軌道を描き、灼熱期と極寒期をめまぐるしく繰り返す巨大惑星エキセントリック・プラネットも発見されている。両者はこれまでに発見された太陽系外惑星のうち大半を占めているが、後者の方が圧倒的に多い。いずれも、我々の太陽系の惑星からは想像もつかない惑星である。.

新しい!!: WASP-1とホット・ジュピター · 続きを見る »

アンドロメダ座

アンドロメダ座(アンドロメダざ、)は、ペガスス座に隣接している星座。トレミーの48星座の1つ。アンドロメダ銀河 (M31) があることで知られている。.

新しい!!: WASP-1とアンドロメダ座 · 続きを見る »

ケルビン

ルビン(kelvin, 記号: K)は、熱力学温度(絶対温度)の単位である。国際単位系 (SI) において基本単位の一つとして位置づけられている。 ケルビンの名は、イギリスの物理学者で、絶対温度目盛りの必要性を説いたケルビン卿ウィリアム・トムソンにちなんで付けられた。なお、ケルビン卿の通称は彼が研究生活を送ったグラスゴーにあるから取られている。.

新しい!!: WASP-1とケルビン · 続きを見る »

スーパーWASP

ーパーWASPのカメラ スーパーWASPは全天に亘って、15等級までの太陽系外惑星の通過を検出するプロジェクトである。WASPとはWide Angle Search for Planetsという言葉の略である。 スーパーWASPは、2つの機械的な観測から成り立っている。北半球ではカナリア諸島ラ・パルマ島のロケ・デ・ロス・ムチャーチョス天文台、南半球では南アフリカ共和国の南アフリカ天文台が担当している。それぞれの天文台には、2k×2kの高品質のCCDイメージセンサを備えた8機のキヤノン200 mm f1.8レンズを設置している。望遠鏡はOptical Mechanics, Inc.で作られたものである。キヤノンのレンズの広い視野により、それぞれの天文台で点当たり500°という広い範囲の観測が可能である。 天文台は継続的に観測を行ない、およそ1分間に1枚の画像を撮影する。これは一晩では合計100ギガバイトのデータ量に及ぶ。トランジット法を用いることにより、集められたデータでそれぞれの画像ごとの各恒星の明るさを測定し、恒星の前面を通過する大きな惑星による恒星の明るさのわずかな変化を検出することができる。 スーパーWASPは、Instituto de Astrofisica de Canarias、the Isaac Newton Group of Telescopes、キール大学、レスター大学、オープン大学、クイーンズ大学ベルファスト、セント・アンドルーズ大学の8つの研究機関からなるコンソーシアムによって運営されており、将来の地球型惑星探索のために惑星の進化を解明することが期待されている。.

新しい!!: WASP-1とスーパーWASP · 続きを見る »

光年

光年(こうねん、light-year、Lichtjahr、記号 ly)は、主として天文学で用いられる距離(長さ)の単位であり、正確に 、約9.5兆キロメートルである。1981年まではSI併用単位であった。.

新しい!!: WASP-1と光年 · 続きを見る »

CGS単位系

CGS単位系(シージーエスたんいけい)は、センチメートル (centimetre)・グラム (gram)・秒 (second) を基本単位とする、一貫性のある単位系である。"CGS" は基本単位の頭文字をつなげたものである。 この単位系は1832年にカール・フリードリヒ・ガウスが提唱したのに始まる、物理学における量を距離・質量・時間の3つの独立な次元によって表そうとするものである。今日的な観点からは電磁気学を扱うには電荷の次元が欠けていたが、その導入は後のジョヴァンニ・ジョルジによる理論的な整理を待たなくてはならなかった。現在では電荷の次元が導入された、CGS静電単位系やCGS電磁単位系(後述)などとして用いられる。.

新しい!!: WASP-1とCGS単位系 · 続きを見る »

食変光星

アルゴル型食変光星の変光の原理(動画)。実際は、青白い主星の方が、赤色がかった伴星より半径が小さい場合がほとんどである。動画の例では、食が皆既食・金環食なので、実際の光度曲線は食の中央が平坦になる。 食変光星(しょくへんこうせい)(eclipsing variable (star))とは、共通重心の周りを回る2つの星が互いの光を覆い隠し合うことによって、みかけの明るさ(2星の合成光度)が変わるタイプの変光星である。そのため、食変光星は必ず連星系を形成している。また、地球から見てこの連星系が食変光星に見えるためには、2つの星の軌道面が、地球と連星系とを結んだ直線を含む平面の近くに存在する必要がある。一般的に、恒星自身の明るさは変わらず、規則的に変光するのが特徴である(ただし、後述するカシオペヤ座RZ星のように、連星系の一方が脈動変光星の場合はこの限りではない)。なお、「食変光星」は変光星としての分類であり、連星の分類として食連星(しょくれんせい)(eclipsing binary)と呼ばれることもある。.

新しい!!: WASP-1と食変光星 · 続きを見る »

金属量 (天文)

金属量(きんぞくりょう、metallicity)とは天文学で、天体に含まれる水素・ヘリウム以外の元素の割合を指す。(天文学では水素・ヘリウム以外の全ての元素を総称して重元素 (heavy elements) または金属 (metals) と呼ぶ場合がある。) 天体の金属量はその天体の年齢の指標となる。ビッグバンモデルによれば、誕生直後の宇宙にはほぼ水素原子のみが存在し、その後ビッグバン元素合成の過程によってヘリウムとごくわずかのリチウムが生成された。そのため、宇宙の最初期に生まれた最も古い恒星は金属量が非常に小さい。その後宇宙の進化が進むと、恒星内部での元素合成によって作られた重元素が星の進化に伴って惑星状星雲や超新星となって星間物質に戻され、宇宙全体の重元素量や恒星の金属量は次第に増加することになる。よってこのような重元素の多い星間物質から星形成によって生まれた新しい恒星は金属量が多い。 太陽の金属量は質量比で約1.6%である。太陽以外の恒星の金属量はしばしば という指標で表される。これはその恒星に含まれる鉄と水素の質量比を太陽における鉄と水素の質量比と比較してその比率を常用対数で示したものである。すなわち、 となる。よって太陽と金属量が同じ星では.

新しい!!: WASP-1と金属量 (天文) · 続きを見る »

F型主系列星

F型主系列星(Fがたしゅけいれっせい)は、スペクトル型がF、光度階級がVの水素を燃やして燃える主系列星である。太陽質量の1.0倍から1.4倍の質量を持ち、表面温度は6000Kから7600Kの間である。10万立方パーセク(一辺がおよそ150光年の立方体に相当する体積)あたりに25個の密度で分布し、主系列星全体のうち3%程度の個数を占めているとされる。プロキオンAやおとめ座γ星A、Bがこの型に分類される。.

新しい!!: WASP-1とF型主系列星 · 続きを見る »

J2000.0

J2000.0またはJ2000とは、天文学または測量学でいう元期のひとつであり、地球時の西暦2000年1月1.5日(1月1日12:00、正午)を指す。この時刻は、協定世界時では2000年1月1日11:58:55.816 UTC、日本標準時では、2000年1月1日20:58:55.816 に当たる。なお、地球時(TT)は、過去の暦表時と連続していて、閏秒のない時刻系で、世界時(UT)より約1分進んでいる。 J2000.0元期を使う状況では、以前にはB1950.0元期が使われていた。 特に、J2000.0分点の赤道座標を指す。1992年1月1日から、B1950.0分点のものに代わり使用されている。.

新しい!!: WASP-1とJ2000.0 · 続きを見る »

NASA Exoplanet Archive

NASA Exoplanet Archiveとは太陽系外惑星と主星を特徴付けるための検索を支援するためにパブリックデータを収集し提供するカタログとデータのオンラインサービスである。の一部でカリフォルニア州パサデナにあるカリフォルニア工科大学(Caltech)のキャンパスで運営されている。このアーカイブはアメリカ航空宇宙局(NASA)が支援しており、2011年12月初めにNASAの太陽系外惑星探査プログラムの一環としてが立ち上げた。2014年1月、アーカイブが集めた確認された太陽系外惑星のコレクションが1,000を突破した。 アーカイブのデータには光度曲線、画像、スペクトル、パラメータ、そして通過する太陽系外惑星を発見する目的の探査から得られる時系列データが含まれている。またこのアーカイブではデータを活用するためのウェブ型のツールやサービスを開発していて、特にアメリカ合衆国のデータポータルであるExoplanet Archive向けにケプラーやCOROTからのトランジットデータセットの表示や解析で使用されている。スーパーWASP、HATNet、XO、TrES、といった他の天体探査や望遠鏡もアーカイブにデータセットを提供している。.

新しい!!: WASP-1とNASA Exoplanet Archive · 続きを見る »

WASP-1b

WASP-1b とは、アンドロメダ座の方角にある太陽系外惑星(ホット・ジュピター)で、太陽系から1000光年以上離れた位置にある恒星WASP-1を公転している。発見チームは、ラ・パルマ島での惑星探査計画へのガラフィア地域のサポートを称えて、惑星にガラフィア1 (Garafia-1) という別名を与えた。.

新しい!!: WASP-1とWASP-1b · 続きを見る »

木星型惑星

木星型惑星(もくせいがたわくせい、英語: jovian planet)とは、惑星を分類する場合の、木星と類似の惑星の総称。大惑星(英語: giant planet)ともいう。.

新しい!!: WASP-1と木星型惑星 · 続きを見る »

時速

時速(じそく)とは、速度の表現のひとつ。1時間あたりに進む距離は、〜部分に単位つきの数字を置いて、「時速〜(じそく)」と表現される。 これはどちらかというと日常的な表現であり、対して工学などでは40 km/h(キロメートル毎時)と表現されるのが普通である。両者を比較して考えると分かるように、「時速」の部分は速さの単位の一部であるはずのものである。しかし日常会話では厳密さを問題としないため、そのことが忘れられがちになる。英語なら、工学では "40 km per hour" を、日常語では "40 km an hour" を用いるのが普通であり、双方の理解に乖離はない。 同種の表現に「分速〜(ふんそく)」「秒速〜(びょうそく)」などがある。.

新しい!!: WASP-1と時速 · 続きを見る »

出ていきます入ってきます
ヘイ!私たちは今、Facebook上です! »